Colonial Sugar Refining Company (フィジー)

From Wikipedia, the free encyclopedia

コロニアルシュガー リファイニング カンパニー(CSR) は、1880 年にフィジーで事業を開始し、1973 年に操業を停止するまで、フィジーの政治的および経済的生活に大きな影響を与えました。フィジーに進出する前は、CSR はメルボルンオークランド砂糖精製所を運営していました。粗糖とサトウキビ農園の生産に参入するという決定は、精製事業を運営するために必要な粗糖の価格の変動から身を守りたいという会社の願望によるものでした。1880 年 5 月、フィジーの植民地長官ジョン・ベイツ・サーストンコロニアル・シュガー・リファイニング・カンパニーを説得して、農園を設立するために2,000エーカー(8平方キロメートル)の土地を利用可能にすることで、事業をフィジーに拡大しました。

フィジーの CSR 工場

フィジーでの砂糖生産は、1860 年代初頭の綿花価格の崩壊とともに始まりました。多くの小さな製糖工場が設立されましたが、これらは管理が悪く、利益を上げていませんでした。1890 年代の砂糖価格の低迷期に、これらの製粉所のほとんどが閉鎖され、20 世紀の変わり目にフィジーで稼働していた製粉所は 4 つだけでした。CSR の最初のフィジー工場は、1882 年にナウソリでサトウキビの粉砕を開始しました。別の工場がビリアに建設され、1886 年から 1895 年にかけて粉砕されました。規模が小さすぎて実行できなかったため、閉鎖されました。Chalmers 兄弟は1880 年にペナン工場を建設し、1896 年にメルボルン トラストカンパニーに売却しました。(工場は 1895 年に閉鎖された場所でした) 好天条件と相まって粉砕能力が向上したため、工場は独立して操業することができました。ペナンは 1922 年に閉鎖されましたが、1925 年にペナン会社によって再開されました。[1] 1926 年に CSR に引き継がれました。1886 年にBaに、 1894 年にLabasaに、1903 年にLautokaに、他の工場が設立された。この段階では、フィジーで稼働している非 CSR 工場は 1 つだけであった。ナブア_製糖工場は 1884 年にスタンレイク リーによって建設され、フィジー シュガー カンパニー リミテッドの名前で運営されていました。工場はまったく利益を上げず、サポートを CSR に依存していました。CSR は 1905 年に工場が売りに出されたとき、植民地に他の製粉業者が欲しかったので購入しなかった。1906 年にブリティッシュ コロンビア リファイニング カンパニーに買収され、バンクーバー フィジー シュガー カンパニーとして運営されました。それでも利益を上げられず、1923 年に閉鎖されました。ナウソリ工場は、供給されたサトウキビの糖度が低かったため、1959 年に閉鎖されました。

CSR 工場のサトウキビのサプライヤー

サトウキビの供給源としてのフィジー人

1870 年代と 1880 年代にフィジーで製糖工場が設立されたとき、フィジー人がサトウキビの主要な供給者になることが期待されていました。当初、サトウキビは税金作物としてフィジー人によって栽培されていました。各州は税を査定され、政府に渡された作物の価値が査定額を超えた場合、州に還付が支払われました。1884 年、フィジー人は 8,884 トンのサトウキビを生産しましたが、これはその年に粉砕された総サトウキビの 12% でした。1900 年までに、フィジーから供給されたサトウキビは 15,447 トンに増加しましたが、全体に占める割合はわずか 6% でした。1902年以降、政府の方針が変更され、税金を現金で支払うことができるようになると、フィジー人が供給するサトウキビは減少し、1914年までにフィジー人が生産するサトウキビはごくわずかになった.

ヨーロッパの請負業者

1880 年、令和の入植者は CSR のためにサトウキビを 1 トン 10 シリングで栽培することに同意した。1884 年と 1885 年にボーナスがあったとしても、プランターは生計を立てることができませんでした。多くの農園主が不採算の土地を売却したいと考えていましたが、CSR はこれを許可しませんでした。契約が切れると、CSR はこれらのプランテーションを引き継ぐことを余儀なくされました。CSR はサトウキビを栽培するためにより多くの土地を取得し、1914 年までに 100,000 エーカー (400 km²) 以上を管理しました。また、フィジーには、サトウキビを自分で植えるか、サトウキビを植えるために土地を借りる新しい土地所有者が到着しました。

ヨーロッパのテナント

1890 年、CSR は農園管理者やその他の資本家に土地を賃貸し始めました。現時点では、サトウキビ農園は栽培方法の改善により経済的に実行可能であるという一般的な信念があり、CSRテナントは一般に他の請負業者よりも少ない家賃を支払っていました. 1905 年以降、CSR は、監督者が砂糖産業の利益の分け前を望んでいたため、監督者から大きな不動産をリースするようにますます圧力を受けるようになりました. 1908 年、CSR の経営者は、その不動産を 400 から 1000 エーカー (1.6 から 4 km²) の区画に分割し、それらを監督者にリースすることを決定しました。インド人労働者。1914 年までに、CSR の杖のほとんどはこれらのテナントから購入されました。これが CSR に与えたマイナスの影響の 1 つは、経験豊富な監督者がすべてテナントになった一方で、経験の浅い監督者が残り、労務トラブルにつながったことです。

も参照

外部リンク

参考文献

  1. ^ フィジー: 植民地ハンドブック、政府印刷所、スバ、1936 年、p. 65
  • M. モイナ、茶色ですか、それとも白ですか? A history of the Fiji sugar industry 1873 – 1973、オーストラリア国立大学、1981