植民地時代のモーリタニア

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

モーリタニアの植民地
モーリタニア植民地
1903〜1960
モーリタニアの旗
国歌: ラ・マルセイエーズ
1936年のフランス領西アフリカの7つの植民地の地図。8番目の植民地である仏領オートボルタは、この時期に隣人の間で分割されていたことに注意してください。 フランス領スーダンには、現在モーリタニアの東半分にあるものの大部分も含まれています。
1936年のフランス領西アフリカの7つの植民地の地図。8番目の植民地である仏領オートボルタは、この時期に隣人の間で分割されていたことに注意してください。フランス領スーダンには、現在モーリタニアの東半分にあるものの大部分も含まれています。
スターテスフランス領西アフリカの構成員
資本セントルイス(治外法権)
(1903–1957)
ヌアクショット
(1957–1960)
共通言語フランス語
アラビア語
政府保護領
(1903–1904)
市民領土
(1904–1920)
植民地
(1920–1946)
海外領土
(1946–1958)
自治共和国
(1958–1960)
コミッショナー 
•1903〜1905
ザビエルコッポラーニ
•1916〜1920
ニコラスジュールスアンリガーデン
副知事 
•1920〜1926
ニコラスジュールスアンリガーデン
•1956〜1958
アルバートジャンムーラゲス
高等弁務官 
•1958–1959
アンリ・ジョセフ・マリー・バーナード
•1959–1960
AmédéeJosephÉmileJeanPierreAnthonioz
歴史 
•保護領が設立されました
1903年5月12日
•市民の領土
1904年10月18日
•コロニーが確立されました
1920年1月12日
1946年10月27日
• 自律性
1958年11月28日
• 独立
1960年11月28日
領域
1936年[1]833,977 km 2(322,000平方マイル)
1948 [2]942,995 km 2(364,092平方マイル)
人口
•1936 [1]
383,000
•1948 [2]
518,000
通貨フランス領西アフリカフラン
(1903–1945)
CFAフラン
(1945–1960)
ISO3166コード
前任者
成功
ふたとろのイマメイト
モーリタニア

19世紀半ばから20世紀半ばまでの期間は、モーリタニアの植民地時代です。

ヨーロッパとの初期の関係

19世紀以前は、西アフリカのヨーロッパ諸国は沿岸貿易にのみ関心を持っていました。彼らは重要な内陸の探検を試みず、恒久的な居住地を確立しませんでした(セントルイスを除く)。沿岸のヨーロッパの商社は、可能な限り最高の利益を上げることで起訴されました。そのようなフランスの4つの企業は、 1659年から1798年までセネガル川の貿易をフランス政府が公式に独占していました。モーレスと谷の黒人住民との接触は貿易の過程でのみ起こりました。当初から、モーリタニアの北と東の伝統的な貿易相手国と競争するフランスの影響力は、セネガルを通じてもたらされました。[3]

1825年、トラルザの新しい首長であるムハンマドアルハビブは、セネガル川の南にあるフランスの保護されたオウアロ王国に対する彼の主権を、王国の相続人と結婚させることによって再主張しようとしました。フランス当局が敵対的な脅威と見なしたこの行動は、アラビアガムを英国に販売するという首長の努力と相まって、フランスの強い反応をもたらした。モーレスはセントルイスを包囲することができましたが、フランスの大規模な遠征軍がアミールの軍を打ち負かしました。フランス人は、アラビアガム貿易の継続的な収益性を確保するために、彼らはセネガル川の北岸を強制的に占領しなければならないと結論付けました。[3]

ルイ・フェデルブ

この新しい政策を実施したのは、1854年から1861年までと1863年から1865年までセネガルのフランス知事であったルイ・フェデルブでした。 、モーリタニアのものを含む。これらのモーリタニアの入植地の統治に着手することにより、フランスの統治者はモーリタニアの主権の主張に直接異議を唱えました。ルイナポレオンの新政府からの命令の下で、クチュームを終わらせ、アラビアガムの貿易を確保し、南岸の座りがちな人々をモーレの襲撃から守るために、ファイデルベはオウアロ王国を征服しましたそれから彼は彼に対して団結したトラルザとブラクナの首長に注意を向けました。モーレスは1855年にセントルイスを攻撃し、入植地の開拓にほぼ成功しましたが、1年後、セネガル川の北で撃退され、敗北しました。戦争を終わらせる条約は、トラルザとブラクナに対するフランスの保護区を拡大、アラビアガムの価値に対する年間3%のリベートに置き換え、セネガル川の北岸に対するフランスの主権を認めました。[3]

彼の軍事ベンチャーに加えて、ファイデルベは地理的研究を実施し、政治的および商業的関係を確立するための積極的なプログラムを後援しました。1859年と1860年に、ファイデルベはモーリタニア西部と南部のすべての地域に、アドラルをマッピングしたものを含む5つの遠征を後援しました。[3]

ファイデルベの後継者たちは彼の利益を維持することに満足しており、さらなる軍事ベンチャーに乗り出すことはありませんでした現時点でのフランス植民地政策は、1870年代後半に植民地省がセネガルの知事に与えた警告によって最もよく特徴付けることができます。フランスがセネガルを事実上放棄したことで、ファイデルベの努力によってケママとモーリタニア南部で生み出された比較的穏やかな状況は終わりを告げました。モーレスは、伝統的なインターネシンの慣習を再開しましたケママの戦争と略奪の村。植民地政権の事実上の支配において、セントルイスの商業会社は、フランスの懲罰的任務を装備すると同時に、モーレスに武器を売りました。モーリタニアへの科学的遠征はますます攻撃の対象となり、彼らのヨーロッパの指導者は殺されるか身代金のために拘束されました。フランス人の明らかな弱さと、この地域の他の場所での出来事に対する彼らの気晴らしは、クチュームの復活を要求し、確保するためにアミールを大胆にした。[3]

20世紀初頭、モーリタニアに250年間フランス人が駐在した後、状況はほとんど変わりませんでした。フランスの商人が武器をすぐに利用できるようにし、植民地軍がセネガル川の北にあるキャンプをモーレの柱から守ったため、異なるモーレグループ間の儀礼戦争はさらに増加し​​た可能性があります。正式にはフランス人の「保護」下にありましたが、モーレスは相変わらず激しく独立していました。[3]

パシフィケーション

1901年、フランス政府は、当時モーレ宗主国であった地域の行政組織に「平和的浸透」の計画を採択しました。計画の作者は、アルジェリアで育っコルシカ島のザビエル・コッポラーニで、フランス政府からの代表としてモーリタニアに派遣されました。コッポラーニは、モーレを分裂させ、弱体化させ、鎮静化するだけでなく、モーレを保護するための方針を打ち立てました。彼はモーリタニアでわずか4年間(1901〜05年)勤務しましたが、フランス人はモーリタニアのフランス植民地の父であるコッポラーニと呼び、モーリタニアは彼を領土の「太平洋征服者」として知っていました。[4]

この期間中、モーリタニアには3つの大きな影響力のあるマラブーがありました。トラルザ、ブラクナ タガントで最も権威のあるシャイフシディヤババShaykh Saad Bu、その重要性はタガントとセネガルにまで及んだ。そして、アドラと北部、そしてスペイン領サハラとモロッコ南部でリーダーシップを発揮したシャイフ・マール・アイニン戦士の一族の非難に反対し、パックス・ガリカを支持して、シャイフ・シディヤとシャイフ・サードの支援を求めることによって、コッポラーニはモーレ社会の根本的な対立を利用することができました。彼の任務は、セネガル川の北の荒れ地で価値が見られなかったセネガルの政権からの反対と、平和化が儲かる武器取引の終わりを意味したサンルイの商業会社によって困難にされました。それにもかかわらず、1904年までに、コッポラーニはトラルザ、ブラクナ、タガントを平和的に鎮圧し、モーリタニア南部の中央地域にフランス軍の駐屯地を設立しました。[4]

ファイデルベが50年前に示唆したように、モーリタニアの鎮静化の鍵はアドラルにありました。そこで、Shaykh Ma al Ayninは、彼の2人のライバルである南部のマラブーであるShaykhSidiyaとShaykhSaadの影響を打ち消し、フランス軍の前進を阻止するキャンペーンを開始しました。Shaykh Ma al Ayninはモロッコからの軍事的支援と道徳的支援を享受していたため、平和的平和の政策は積極的な征服に取って代わった。支援の見返りとして、Shaykh Ma al Ayninは、モーリタニアに対する主権に対するモロッコのスルタンの主張を認めました。これは、20世紀後半のモーリタニアに対するモロッコの主張の多くの基礎を形成しました。1905年5月、フランスの列がアドラーに向けて出発する前に、コッポラーニはティジクジャで殺害されました。[4]

アンリ・グロー

コッポラーニの死により、モロッコの助けを約束して多くのモーレを結集させることができたシャイフ・マール・アイナインに有利になりました。フランス政府は3年間躊躇しましたが、Shaykh Ma alAyninはジハードにフランス人をセネガルに追いやるように促しました。1908年、フランス領スーダン(現在のマリ)でレジスタンス運動を打ち負かしたアンリ・グロー大佐が、モーリタニアの新しい市民領土(1904年に創設)の政府長官としてフランス軍の指揮を執り、アタールを占領しました。、そして翌年、すべてのアドラの人々の提出を受けました。1912年までに、アドラーとモーリタニア南部のすべての抵抗は鎮圧されました。アドラの征服の結果、フランス人の戦闘能力が確立され、モーレ社会内の戦士の一族に対するフランス人支援のマラブーの優位性が保証されました。[4]

戦いは、他のキャンプを襲撃することによって、伝統的な方法で彼らの群れを補充しようとした遊牧民のモーア人の動物の群れに大きな犠牲を払った。1912年から1934年まで、フランスの治安部隊はそのような襲撃を繰り返し阻止しました。特に厄介で広範囲にわたる北部遊牧民の最後の襲撃であるルギバト部族は、1934年に発生し、6,000キロメートルの距離をカバーし、800頭の牛、270頭のラクダ、10人の奴隷を網にかけました。しかし、軽微な襲撃と時折の攻撃を除いて、ポートエティエンヌ(現在のヌアジブ)は1924年と1927年に攻撃されましたが、モーレスは一般的にフランスの権威に同意しました。平和化とともに、フランス人はモーリタニアの広大な領土を統治する責任を獲得しました。[4]

フランス植民地政策

1789年のフランス革命の時から、西アフリカにおけるフランス植民地政策の2つの主な特徴は、国際的な名声の追求と先住民の文化的同化でした。植民地帝国を築くためのフランスの努力は、イギリス帝国の成功への反応と見なされるかもしれません。植民地は、フランスが国際的な地位を維持するために必要な負担でした。これらの努力は常に大陸政治の考慮に従属していました。その結果、海外領土の政治的、社会的、経済的発展にはほとんど注意が払われませんでした。[5]

同化政策は、1794年の国民公会が植民地に住むすべての人々がフランス市民であり、すべての共和党の権利を享受すると宣言したときのフランス革命に端を発しています。ナポレオン領事館(1799–1804)の下で、法律はすぐに廃止されました。1848年、第二共和国の発足時に、市民権が再び拡大され、セネガルの4つのコミューン(サンルイダカールリュフィスクゴレ)に国会での代表が提供されました。)。これらの権利はセネガル人によって保持されていましたが、モーリタニアや西アフリカの他のフランス領には適用されませんでした。西アフリカの他の場所では、同化が行政の理論的基礎でしたが、イギリスの植民地慣行の要素を共有する政策が発展しました。たとえば、アフリカ人は市民ではなくフランスの対象であり、政治的権利や代表権はありませんでした。しかし、同化の教義に具体化された中央集権的かつ直接的な管理は維持され、フランスの支配者と同化された先住民のエリートの間の機能的な協力が発展しました。第二次世界大戦によるものですが植民地政策は依然として同化主義者と呼ばれ、同化されたアフリカ人はごくわずかでした。大多数のアフリカ人にとって、フランス植民地政策の現実はフランスの平等主義の精神からはほど遠いものでした。[5]

第二次世界大戦中のフランス政権

セネガルの長年の付属物であるモーリタニアは、コッポラーニがフランス政府の態度を変えることに成功するまで、それを鎮静化して発展させるために必要な費用の価値があるとは考えられていませんでした。1904年、フランスはモーリタニアをセネガルとは別の組織として認識し、セントルイスの代表団の下でフランス領保護区として組織しました。最初の鎮静化の試みが成功したことで、モーリタニアの地位は、政府の長官(最初のコッポラーニ、後にグーロー)によって管理された民事領の地位にアップグレードされました。正式にはフランス領西アフリカとは別ですが1895年に創設された(Afrique OccidentaleFrançaise—AOF)モーリタニアは、その行政構造と密接に結びついており、年間予算がAOFの予算に追加されていました。1920年12月4日、パリの植民地省の法令により、モーリタニアは、セネガルフランス領スーダンギニアコートジボワールダホメ王国の6つの他のフランス領西アフリカの領土とともにAOFに正式に含まれました(現在ベニン)、およびニジェール[6]

AOFは、ダカールの中央集権化された連邦構造の下でピラミッド状に組織されました。フランス共和国大統領によって直接任命されたAOF総督は、パリの第三共和政の不安定さと期間の短さのために大きな権力を持つようになりました。総督は、各領土の副知事セルクル(植民地行政区画)の司令官、および区画、カントンの首長で構成される中央行政官僚の長でした。、および村。システムの重要人物は、ほとんどの場合ヨーロッパ人であり、税金の徴収、作業プロジェクトの監督、平和と安全の維持、および行政命令の実行の任務において先住民に最も近い各セルクルの司令官でした。一般的に、司令官に従属する下位区分はアフリカ人によって配置されました。これらの地位について、フランス人は首長またはその息子の伝統的なヒエラルキーに大きく依存していました。フランス人は、直接的な中央集権的な統治の方針に沿って、これらのアフリカの酋長が彼らの伝統的な立場のためではなく、現代の植民地管理者としての地位のために権威を行使したことを明らかにしました。[6]

1946年以前は、AOFには立法機関は存在していませんでした。総督は、1925年以来、連邦の主要な利益団体(軍人、公務員、実業家)を代表していたセネガルのダカールにある大評議会の支援を受けました。しかし、評議会は協議資格しかなく、そのメンバーはすべて総督によって任命されました。同様の行政評議会は、モーリタニアとニジェールを除くすべての地域の副知事に助言しました。[6]

モーリタニアの行政構造は、他のAOF地域の行政構造と概ね一致していました。ただし、いくつかの非常に重要な違いがありました。他の領土(ニジェールを除く可能性があります)とは異なり、領土の鎮静化が遅れたため、ほとんどのセルクルには依然として軍事司令官がいました。結果として生じた軍と文民当局間の紛争は、混乱を引き起こす傾向のある境界の変化を含む、頻繁な行政上の変更と再編成を引き起こした。[6]

行政における伝統的なモーリタニアの首長の役割の重要性は、モーリタニアと他のAOF地域との間の最も重要な違いであり、おそらく最大の継続的な影響を及ぼしてきました。モーリタニアの行政慣行がフランスの直接統治政策と矛盾し、英国の間接統治に類似していたことは注目に値する。コッポラーニの時代から、政権は支援と行政のためにマラブーに大きく依存していました。トラルザのシャイフ・シディヤによる支援を認めて、フランス人はブティリミトにあるイスラム学の学校を彼の管理下に置いた。イスラム正義の伝統的な管理者、カーディー、監督なしでフランスの給与に置かれ、チーフの管理上の任命は、伝統的なジャマーの承認を条件としていました[6]

激動の領土全体で秩序を維持するために、フランス人は特定の戦士グループの指導者を政権に仕えるために採用しました。これらの中で注目に値するのは、植民地で最も強力な3人の男性であるトラルザ、ブラクナ、アドラルのアミールで、50人の小グループの長と、800人を超える派閥とサブ派閥の首長に助けられました。伝統的な当局の活動にはフランスの広範な干渉があったが、モーリタニアの伝統的な社会構造は維持され、現代世界に押し込まれた。[6]

1939年の第二次世界大戦の勃発に伴い、フランスのアフリカの領土は、軍隊と戦争努力のための準備を供給するように求められました。1940年にフランスが崩壊した後、ヴィシー政権はAOFの支配権を獲得し、同化の公式政策を店、電車、ホテルでの人種差別の政策に置き換えました。既存の民主的制度は抑圧され、行政評議会は廃止された。indigénatなどのフランス植民地政策の要素と強制労働は、虐待されました。ダカールのヴィシー政権が依存していた首長は、戦争に関連した農業生産の要求と強制労働が彼らを包囲したため、彼らの人々からますます協力者と見なされていました。これらの虐待に対する散発的な抵抗は、要約的な罰で満たされました。[6]

戦争中のAOF地域の人々の苦しみと、自由フランス軍の戦争努力へのAOFの貢献(かつては自由フランス軍の半分以上がアフリカ人であった)を認めて、自由フランス当局者は1944年6月コンゴのブラザビルは、植民地政権の戦後改革を提案しました。会議は、連邦憲法による統一の維持と相まって、各植民地におけるより大きな行政の自由を支持した。また、憤慨と強制労働の廃止、労働組合の設立、教育の急速な拡大、普通選挙権の付与を勧告した。しかし、会議はフランスのブロック外の進化論の概念に固く反対し、同化主義の教義の完全な適用を求めた。ブラザビル会議は、モーリタニアや他のフランスのアフリカ諸国を17年足らずで独立させるという大きな政治的および社会的変化の始まりでした。[6]

戦後の改革

わずかに発展し、長い間無視されてきたモーリタニアは、第二次世界大戦後のAOFにおけるナショナリズムの高まりに何の役割も果たしませんでした。1946年のフランス第四共和政憲法は、フランスの海外領土がフランス連合と一体的に結びついたものとして、AOFの旧植民地を設立しましたセントルイスのフランス政府は、刑法、公共の自由、政治的および行政的組織の管轄権を保持していました。植民地省は、法令に違反していなければ、依然として法令によって統治することができます。憤慨と強制労働は廃止され、フランスの市民権は、地元の法的地位を放棄することをいとわないフランス領土のすべての住民に拡大されました。[7]

選択的表現は、領土、連邦(AOF)、および全国(フランス語)の3つのレベルで存在しました。総評議会( 1952年に領土議会に改名)が各領土に設立され、予算を広範囲に管理しましたが、他のすべての問題については協議権しかありませんでした。モーリタニア総評議会は24名のメンバーで構成され、そのうち8名はヨーロッパ人によって選出され、16名はモーリタニア人によって選出されました。各地域には、セネガルのダカールにあるAOFの大評議会で、総評議会から選出された5人の代表者がおり、AOF全体の予算、政治、管理、計画、およびその他の事項について一般的な権限を持っていました。各領土はまた、国会代表を送りました。共和国評議会、およびパリでのフランス連合の議会。[7]

1946年のフランス憲法によって作成されたフランチャイズは小さく、政府関係者、賃金稼ぎ手、退役軍人、登録資産の所有者、地元の協会、協同組合、または労働組合のメンバーまたは元メンバーに限定されていました。その結果、1946年のモーリタニア選挙では、有権者は10,000人未満でした。1947年にフランス語とアラビア語の識字者が有権者に加わり、1951年に世帯主と2人の子供の母親が有権者になりました。1956年までに、参政権は普遍的になりました。[7]

1946年以前、モーリタニアの領土はセネガルと1つの選挙単位を形成し、それはフランス上院の1人の上院議員によって代表されていました。しかし、1946年の憲法は、モーリタニアをセネガルから政治的に分離し、フランス国民議会の代理を務めました。同時に、1952年に一院制の領土議会に再編成された二院制の総評議会がモーリタニアに設立されました。それにもかかわらず、モーリタニアの政治活動は最小限でした。領土の最初の党であるモーリタニアのエンテンテは、フランス国民議会の最初のモーリタニアの副官を務めたホルマ・オールド・ババナによって率いられました。[7]

Mauritanian Ententeは、フランス社会党のセネガル支部のLeopoldSenghorとLamineGueyeの支援の下、1946年に設立されました。1946年の選挙のために特別に結成されたモーリタニアのエンテンテは、組織化も大衆ベースでもありませんでした。しかし、独立と諸公国の排除に向けた動きを求めるプラットフォームで、ババナは保守的なフランス政府の候補者と主要な聖職者を簡単に打ち負かしました。しかし、新しい副官は、モーリタニアの政治との接触から離れて、彼の5年間の任期のほとんどをパリで過ごしました。その結果、1951年の選挙に戻ったババナは、シディエルモクタールンダイェが率いるモーリタニアプログレッシブユニオンに敗れ、植民地政権とその同盟国である伝統的なモーレ世俗支配階級と聖職者支配階級に支持されました。モーリタニアのエンテンテの「社会主義」プログラムを恐れた人。領土議会のメンバーのための1952年の選挙で、モーリタニアプログレッシブユニオンは24議席のうち22議席を獲得しました。[7]

1956年の改革、つまりLoi-Cadreは、1946年の改革よりもさらに広範囲に及んだ。ナショナリズムの高まりとAOFにおける政治意識の発達に直面して、Loi-Cadreはフランス植民地政策の統合主義段階を終わらせ、授けた。海外領土におけるかなりの程度の内部自治。普通選挙と二重大学選挙制度の廃止は、地区と地方の代表評議会の創設と領土議会の権限の大幅な拡大につながりました。領土は外交、防衛、高等教育、経済援助に関する決定をフランスに依存し続けたが、各領土は今や独自の国内政策を策定することができた。[7]

1956年のロイカドレの最も重要な規定は、それまでパリに任命された植民地当局によって行われていた各領土の主要な行政機能を引き受ける政府評議会の設立でした。評議会は、支配政党の助言に基づいて領土議会によって選出された3〜6人の大臣で構成されていました。各大臣は、政府の機能部門を監督する責任がありました。大臣の長は評議会の副首相になり、事実上、肩書きがない場合は首相になりました。モーリタニアでは、その人物は、国内で唯一の弁護士であり、著名な親フランスの事務家の一員であるモクタル・ウルド・ダダーでした。[7]

独立への道と国民統一の探求

モーリタニアの最初の政府は1957年5月に投資され、その新しい首都ヌアクショットとして象徴的に選ばれました。ヌアクショットは、主に黒人農民が住むセネガル川渓谷とアドラーのモーレ要塞の間にほぼ正確に位置していました。この選択は、これら2つの競合する領域間の妥協点を表しています。それはまた、モーリタニアの政治的紛争へのダダのアプローチのトーンを設定しました:国家の統一のための妥協と和解。[8]

国民統一への最大の挑戦は、モーリタニアの異質な人口でした。すべてのサヘル州と同様に、モーリタニアの南部地域には主に黒人アフリカに人種的および文化的に属する農民が住んでいましたが、北部地域の人口はアラブ世界と同一視する砂漠の遊牧民でした。独立時には、モーリタニアの推定150万人から180万人は、3つのグループに分けることができます。住民の3分の1は、人種的および民族的にモーリタニア人でした。別の3分の1は、人種的に黒人または混合されたMaure-blackでしたが、民族的にはMauresでした(この黒人のMauresのグループは、奴隷制が廃止された1980年まで本質的に奴隷制でした)。残りの3分の1は人種的および民族的に黒く、多くの点で隣接するセネガルとマリの人口に似ていました。

国民の団結の達成は、主に国の北部からの一部のムーア人がモロッコと団結したいという願望と、多くの黒人がモーリタニアから脱退してマリ連邦に参加したいという反対の願いによって妨げられました。モーリタニアプログレッシブユニオンの支配を確立した1951年と1956年の選挙でのモーリタニアプログレッシブユニオンによるモーリタニアエンテンテとババナの敗北により、ババナと彼の信奉者の何人かは1956年の夏にモロッコに逃げました。モーリタニア抵抗の全国評議会の。モーリタニア内の多くのモーリタニアの支援を受けて、このグループは、モーリタニアに対するモロッコの主張、ひいては、モーリタニアの独立に対するモロッコの反対を支持しました。[8]

多くのムーア人の親モロッコの同情を相殺するために、南部の少数民族グループは、マグリビ組合の防止とアフリカの黒人諸国との緊密な関係の維持に取り組む地域党、ゴルゴル民主党を結成しました。さまざまな黒人マイノリティの知識人が1957年にセネガルのダカールで集まり、モーレの支配に対してマイノリティの権利を争うためにリバーバレーの住民連合を設立しました。[8]

国家の統一をさらに妨げたのは、財務および経済計画の主要省庁にフランス当局者を含めることでした。ダダはフランスで教育を受けており、政府を形成するためにモーリタニアに戻ったばかりで、競争や権力闘争に関与していませんでした。フランスに対する彼の結果としての相性は、完全な独立と厳格な反植民地主義を提唱した重要なグループであるモーリタニア青年協会を疎外しました[8]

断片化と政情不安が高まるこの雰囲気の中で、ダダはフランスの強力な支援を受けて、すべての派閥間の団結を求めた。1958年5月のアレグ会議で、モーリタニア再編成党モーリタニアプログレッシブユニオン、ババナを追放したモーリタニアエンテンテの要素、およびゴルゴル民主ブロックの合併で結成されました。この党は、事務総長としてのダダと大統領としてのシディ・エル・モクタルによって率いられました。そのプラットフォームは、モーリタニアがフランス共同体(フランコフォンアフリカ)に参加し、モーリタニアに対するモロッコの主張と、フランスが支配する共同サハラ諸国組織でモーリタニアをフランコフォンサハラ諸国と統合するという1957年のフランスの提案の両方を拒否することを求めました。プラットフォームはまた、党内の人口のすべてのセクターを巻き込むために地方党委員会の国内の体系的な組織を提案しました。党のプログラムは、モーリタニアの統一の3つの主要なテーマを反映していた。[8]

モーリタリアン再編成党は、北と南のバランスだけでなく、現代と伝統的な要素の結合を表しています。しかし、フランスとの緊密な関係を支持する伝統的な要素の支配は、団結の終わりにつながりました。1958年7月にヌアクショットで開催された党大会での意思決定から除外された進歩的な青年指導者は、亡命し、新しい野党であるモーリタニア国民ルネッサンス党(ナーダ)を結成し、アーメド・ババ・ミスケを事務総長とした。ナフダのプラットフォームは、フランスからの完全かつ即時の独立とモロッコとの和解を求めました。プログラムは、伝統的なモーリタニア再編成党に対する多様な反対を結集するように設計されましたが、モロッコとの和解の呼びかけにより、ナーダの反対派はそれをモーレ党と名付け、それは黒人の少数派の支持を犠牲にした。しかし、ババナを含む元モーリタニアのエンテンテメンバーはナーダを支持した。その反植民地主義のナショナリストのプラットフォームはまた、多くの若いムーア人を魅了しました。[8]

も参照してください

参考文献

メモ

  1. ^ アメリカーナ年次1946
  2. ^ ブリタニカ百科事典1953年
  3. ^ a b c d e f ワーナー、レイチェル。「フランス植民地政権」。Handloffで。
  4. ^ a b c d e ワーナー、レイチェル。「平和」。Handloffで。
  5. ^ a b ワーナー、レイチェル。「フランス植民地政策」。Handloffで。
  6. ^ a b c d e f g h ワーナー、レイチェル。「第二次世界大戦を通じたフランスの管理」。Handloffで。
  7. ^ a b c d e f g ワーナー、レイチェル。「戦後の改革」。Handloffで。
  8. ^ a b c d e f g ワーナー、レイチェル。「独立への道と国民統一の探求」。Handloffで。

引用された作品

  • Handloff、Robert E.、編集者。モーリタニア:国別調査米国議会図書館 連邦調査部(1988年6月)。この記事には、パブリックドメインにあるこのソースからのテキストが組み込まれています。