結束(地質)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

凝集力は、粒子間の摩擦に依存しない土のせん断強度要素です

土壌では、真の凝集は次のことによって引き起こされます。

  1. 硬い過圧密 粘土の静電力(風化によって失われる可能性があります
  2. Fe 2 O 3Ca C O 3NaClなどによるセメント 固定

明らかな結束もあります。これは次の原因で発生します:

  1. 負の毛細管圧力(濡れると失われます)
  2. 非排水負荷時の間隙水圧応答(時間の経過とともに失われます)
  3. の凝集力(貢献している植物の伐採火災、または解決策によって失われる可能性があります)

凝集力の典型​​的な値

凝集力(または凝集力とも呼ばれます)は、通常、モール・クーロン理論に基づいて測定されます。岩石と一般的な土壌のいくつかの値を以下の表に示します。

一部の材料の凝集力(c)
素材 kPa単位の凝集力 psi単位の凝集力
10000 _ 1450
シルト 75 10
粘土 10から20 1.5から3
とても柔らかい粘土 0から48 0から7
柔らかい粘土 48から96 7から14
ミディアムクレイ 96から192 14から28
固い粘土 192から384 28から56
非常に硬い粘土 384から766 28から110
硬い粘土 >>766 >>110

土の見かけの凝集

土壌の臨界状態の流れの間、排水されていない凝集は、土壌粒子間の化学結合ではなく、有効応力と臨界状態の摩擦から生じます。軟弱地盤の定常的な塑性変形中に小さな粘土鉱物粒子と化学物質が行うことは、測定可能な間隙水吸引を引き起こすことだけです。分類試験で軟弱地盤を再成形すると、その強度は[(吸引)x(摩擦)]であり、一定の有効応力があるため、一定の体積で流れる間、一定の「見かけの凝集力」を備えた延性のあるプラスチック材料のままです。臨界状態の摩擦は一定です。臨界状態の土質力学は、臨界状態の湿潤側の軟弱粘土の支持力を、排水されていない「見かけの」凝集力を備えた完全な塑性材料の観点から分析します。

参考文献

も参照してください