ハンムラビ法典

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標48°51′40.13″ N 2°20′16.9″ E / 48.8611472°N 2.338028°E / 48.8611472; 2.338028

ハンムラビ法典
Photograph. The stele of the Code of Hammurabi in the Louvre Museum in Paris
ルーヴル美術館の石碑
作成したNS。紀元前1755年から1750年(中年代
位置ルーブル(もともとシッパルで発見、スーサ、イラン)
レプリカ:さまざまな
著者ハンムラビバビロン
メディアタイプ玄武岩または閃緑岩の 石碑
主題法、正義
目的討論:立法法律報告、または法学

ハンムラビ法典は、あるバビロニア法的テキストで構成C。紀元前1755年から1750年。それは古代近東からの最も長く、最もよく組織され、そして最もよく保存された法的テキストです。これは、バビロン第1王朝の6番目の王であるハンムラビによって書かれたとされるアッカド語の旧バビロン方言で書かれています。テキストの主要なコピーは、玄武岩または閃緑岩の石碑2.25 m(7 ft 4 +1 / 2 トールで)。石碑は1901年に、現在のイランのスーサの場所で発見されました。そこでは、石碑が作成されてから600年後に略奪と見なされていました。テキスト自体は、メソポタミアの書記によって千年以上にわたってコピーされ、研究されました。石碑は現在、ルーブル美術館にあります

石碑の上部には、バビロニアの太陽神であり正義の神であるシャマシュと一緒にハンムラビ法典を浮き彫りにした像が描かれています。浮き彫りの下には、楔形文字の約4,130行があります。5分の1には詩的なスタイルのプロローグとエピローグが含まれ、残りの5分の4には一般に法律と呼ばれるものが含まれています。プロローグの中で、ハンムラビは「強者が弱者を抑圧するのを防ぐために」神々から彼の支配を与えられたと主張している。法則は決疑論的であり、「if ... then」条件文として表されます。それらの範囲は、例えば、刑法家族法財産法を含む広いです。 、および商法

現代の学者たちは、法の支配に対する公正さと敬意、そして旧バビロン社会の複雑さを称賛し、規範に応えましたモーセの律法への影響についても多くの議論がありました学者たちは、「目には目を」の原則であるlextalionisを2つのコレクションの根底にあるものとしてすぐに特定しました。それ以来アッシリア学者の間での議論は、その目的、その根底にある原則、その言語、および以前と後の法のコレクションとの関係など、規範のいくつかの側面を中心に行われてきました。

これらの問題を取り巻く不確実性にもかかわらず、ハンムラビはアッシリア学の外では法の歴史における重要な人物と見なされており、文書は真の法典と見なされています。米キャピトルは、他のlawgiversのそれらと並んハンムラビのレリーフ肖像画を持っている、とを含む多数の機関で石碑のレプリカ、ある国連の本部ニューヨーク市ペルガモン博物館ベルリン

背景

ハンムラビ

Map of Babylonian territory before and after Hammurabi's reign
ハンムラビ法典の治世前(赤)と後(オレンジ)のバビロニアの領土

ハンムラビ(またはHammurapi)、第六の王アモリ人 バビロンの最初の王朝は、1792年から1750年BC(に支配真ん中年表)。彼は、軍事力、外交、裏切りを通じてメソポタミア平原に対するバビロニアの支配を確保しました。ハンムラビが父親のシン・ムバリットの王位を継承したとき[1] バビロンは地元の影響力をほとんど持たなかった。地元の覇権者はラルサのリム・シンでした。ハンムラビはリム・シンが年をとるまで待ってから、1回の迅速なキャンペーンで領土を征服し、組織を無傷のままにしました。[2]その後、ハンムラビエラムのエシュヌンナ同盟国を裏切った、そしてマリは彼らの領土を獲得します。[3]

ハンムラビは積極的な外交政策をとっていましたが、彼の手紙は彼が彼の多くの主題の福祉に関心があり、法と正義に興味を持っていたことを示唆しています。[4]彼は大規模な建設工事を依頼し、彼の手紙の中で、彼は頻繁に彼の人々の羊飼いとして自分自身を提示します。[5]正義は、規範のプロローグのテーマでもあり[6]、「「正義」と訳された言葉[ ešērum ] ...は、そのルーツがプロローグとエピローグの両方を貫くものです」。[7]

以前の法律コレクション

ハンムラビ法典は最初に発見されたメソポタミア法典でしたが、最初に書かれたものではありませんでした。以前のいくつかのコレクションは存続しています。これらのコレクションはシュメールアッカド語で書かれています。彼らはまた、支配者によって書かれたと主張している。他の支配者の声明が習慣が広まったことを示唆しているように、ほぼ確実にそのようなコレクションがもっとありました。[8]これらの法のコレクション間の類似性は、一貫した基礎となる法制度を仮定することを誘惑します。[8]しかしながら、ハムラビの規範と同様に、これらの初期のコレクションの目的と基礎となる法制度を解釈することは困難であり、多くの学者にこれを試みるべきかどうか疑問を投げかけています。[9] 現存するコレクションは次のとおりです。

さらに、旧バビロン時代の前と最中の法務からの何千もの文書があります。これらの文書には、契約書、司法判決、訴訟に関する書簡、紀元前3千年半ばのラガシュの王ウルカギナのような改革文書が含まれます。メソポタミアには、古代ギリシャローマのものと比較しても、ユスティニアヌス帝ダイジェスト以前から最も包括的に存続している合法的なコーパスがあります。[12]

コピー

ルーヴルの石碑

Photograph. Refer to caption
コードがサイトで発見される4年前の1897年から1898年スーザアクロポリスの発掘
Photograph. Refer to caption
2007年のスーサの王立都市(L)とアクロポリス(R)

見つかったテキストの最初のコピーであり、それでも最も完全なものは、2.25 m(7 ft 4)にあります。+1 / 2  )で。中心柱は、ルーヴル美術館の1階、リシュリューウィングの227号室に展示されています。 [13]学者は、石碑の材料に関して分かれています。ルーブル美術館やマーサロスを含む一部の人々は、玄武岩であると述べています [14]しかし、マーク・バン・デ・ミアロープと父ジーン・ヴィンセント・シェイル、フランス語などの他、ドミニカコードの書いたとAssyriologist初版は- [15]は、それがあると述べた閃緑岩 [16]上部には、バビロニア人のシャマシュとハンムラビ法典の画像があります太陽神と正義の神。画像の下には、楔形文字の約4,130行があります。5分の1にはプロローグとエピローグが含まれ、残りの5分の4には一般に法律と呼ばれるものが含まれています。[17]下部近くでは、それぞれが80行を超える法律の7つの列が、古代に磨かれ、消去されました。[18]石碑は、3つの大きな断片で発見され、再建された。[19]それは225cm(7 ft 4+1 / 2 周とで)高いが165センチ(サミットで5フィート5)および190センチ(ベースで6立方フィート)です。[19]ハンムラビ法典の画像は65cm(2 ft 1+1 / 2  )で高く、60センチメートル(1フィート11+1 / 2 で)広いです。[19]

ルーヴルの石碑は、古代エラム人の都市スーサの遺跡で発見されました。スーサは現代であるフーゼスターン州イラン(掘削時のペルシャ)。石碑は、ジャック・デ・モーガンの指揮の下、フランス考古学ミッションによって発掘されました[20]ジャン=ヴァンサン・シェール神父は、ペルシャへの代表団報告書の第4巻MémoiresdelaDélégationenPerse)で最初の報告書を発表しました。 Scheilによると、石碑の破片は、1901年12月から1902年1月の間に、スーザアクロポリス(l'Acropole de Suseテル発見されました[19]少数の大きな破片により、組み立てが容易になりました。[19]

シェールは、石碑がエラム人の王シュトルク・ナフンテによってスーサに運ばれ、そこに彼の伝説を書くためにいくつかの法の列の消去を依頼したと仮定しました。[19]ロスは、石碑がシッパルから略奪されたと示唆している[21]。ハンムラビは彼の治世の終わりに向かって住んでいた。[22]

その他のコピー

コードを記録した2番目、場合によっては3番目の石碑の断片が、スーザのルーブル石碑とともに発見されました。[23]法律を含む50以上の写本が知られています。それらはスーサだけでなく、バ​​ビロン、ニネベアシュルボルシッパニップルシッパル、ウル、ラルサなどでも発見されました[24]コピーは、ハンムラビ法典の治世中、およびその後も、テキストがカリキュラムの一部になったために作成されました。[25]コピーは、石碑の作成後に千年から交際を発見された[18]からのカタログライブラリ新アッシリアの王シュルバニパル(紀元前685年から631年)には、「ハンムラビ法典」の写しが掲載されています。[26]追加のコピーは、消去されたセクションの多くを含む、石碑の元のテキストのほとんどを埋めます。[18]

初期の奨学金

Photograph of Jean-Vincent Scheil at a desk with piles of books and paper
ジャン=ヴァンサン・シェール神父、コードの最初の現代編集者

初版コードのは、1902年に父ジーン・ヴィンセント・シェイルによって出版された[15]の第四巻でペルシャへの委任のレポートMémoires・デ・ラ・委任エンペルス)。発掘調査の詳細を簡単に紹介した後、[27]シェールは音訳とフランス語への無料翻訳[28]、および画像の選択を行いました。[29]他の言語のエディションがすぐに続く者:ドイツ語フーゴー・ウィンクラー1902年、[30]による英語でCHWジョンズ1903で、[31]もピエトロBonfanteによると、イタリアでは、1903年[32]

この法典は、1902年に発見されたとき、最も初期のメソポタミア法典であると考えられていました。たとえば、CHWジョンズの1903年の本は、「世界最古の法典」と題されていました[31]イギリスの作家HGウェルズ、世界史綱の第1巻にハンムラビ法典を含めており、ウェルズにとっても、この法典は「最も初期の既知の法典」でした。[33]しかし、3つの以前のコレクションは、その後発見された:1947年リピト・イシュタルの規範、1948年にエシュヌンナの法律、および1952年におけるウル・ナンムのコード[34]ハンムラビ日付早期のコメンテーターとの石碑紀元前23世紀。[35]しかし、これは「超長い年表」が支持するだろう。コードはハンムラビ法典の治世の終わり近くに編集された。[36]これはプロローグでの彼の業績のリストから部分的に推測された。[37]

シェールは石碑の重要性と認識された公平性について熱狂し、それを「道徳的および政治的傑作」と呼んだ。[19] CHWジョンズは、それを「人類の歴史の中で最も重要な記念碑の1つ」と呼んだ。[38]彼は「多くの人道的条項があり、多くの保護が弱くて無力なものに与えられている」と述べ[39]、さらに「精神の素晴らしい現代性」を称賛した。[40] ジョン・ダイネリー・プリンスは、コードの発見を「ローリンソンレイヤードの時代以来、アッシリア学の発展において起こった最も重要な出来事呼んだ。[41] チャールズ・フランシス・ホーン「賢明な法を与える者」と彼の「祝福された規範」を賞賛した。[42] ジェームズ・ヘンリー・ブレストは、コードの「未亡人、孤児、貧しい人々への正義」に言及したが、「古くて素朴な正義の考えの多くを支持することもできる」と述べた。[43]コメンテーターは、コードが明らかにしたと信じている先進社会を賞賛した。[44]いくつかの認識された世俗主義を選び出しました例えば、オーウェン・ジェンキンス[45]、しかしカトリック百科事典のチャールズ・スベイでさえ、モーセの律法とは異なり、コードは「理由の指示に基づいている」意見を述べました。[15]モーセの律法に対する規範の影響の問題は、かなり早い段階で注目を集めました。[46]学者はまた、聖書図でハンムラビを同定アムラフェル[47]が、この提案は、以降放棄されています。[48]

「フレーム」

救済

浮き彫りは、座っているシャマシュの前に立っているハンムラビを示しているようです。[23]シャマシュは神性の角のある冠をかぶっており[49]、太陽の属性である炎[50]を肩から噴出している。[51]これに対して、彼にScheil、初版[15]ハンムラビとシャマシュとして立っ図形として着座図形を同定しました。[19]シェールはまた、ハンムラビが筆記者のスタイラスを持って神を注意深く見つめている間、シーンはシャマシュがハンムラビに口述するのを示していると主張した[19]マーサ・ロスは他の解釈を挙げています:「王は神に法を提供している、王はロッドとリングの主権のエンブレムを受け入れている、または提供している、あるいは-おそらく-これらのエンブレムはロッドの測定ツールである-寺院建築で使用されるメジャーとロープメジャー」。[52]ハンムラビはシャマシュを模倣しているかもしれない。[53]しかし、製図技師がハンムラビ法典と神の領域との密接なつながりを示したことは確かであり[54]、構図と図像を使用している。[55]

プロローグ

プロローグとエピローグは合わせてテキストの5分の1を占めます。約4,130行のうち、プロローグは300行を占め、エピローグは500行を占めます。[17]法律と区別する視覚的な区切りはありませんが、法律の周りリング構成になっています。[56]どちらも詩的なスタイルで書かれており[57]、ウィリアムW.デイビスが書いたように「多くを含んでいる ...それはブラガドシオのように聞こえる」。[58]

The 300-line prologue begins with an etiology of Hammurabi's royal authority (1–49). Anum, the Babylonian sky god and king of the gods, granted rulership over humanity to Marduk. Marduk chose the centre of his earthly power to be Babylon, which in the real world worshipped him as its tutelary god. Marduk established the office of kingship within Babylon. Finally, Anum, along with the Babylonian wind god Enlil, chose Hammurabi to be Babylon's king. Hammurabi was to rule "to prevent the strong from oppressing the weak" (37–39: dannum enšam ana lā ḫabālim). He was to rise like Shamash over the Mesopotamians (the ṣalmātqaqqadim、文字通り「黒人の人々」)そして土地を照らします(40–44)。[59] [注1]

次に、ハンムラビは彼の業績と美徳をリストします(50–291)。これらは、アッカド語の一人称単数名詞文構文「[名詞]  ... anāku」(「私は[名詞]」)で名詞形式で表現されます。[60]最初の名目上の文(50–53)は短く、「私はエンリル神によって選ばれた羊飼いのハンムラビです」(ḫammurabirē'ûmnibītenlilanāku)。その後、ハンムラビは1つの名目上の文で200行以上続き、アナクは最後まで遅れます(291)。[61] [注1]

ハンムラビは繰り返し自分自身を「敬虔な」と呼びます61、149、241、および272行目)。彼の民の羊飼いとしてのハンムラビの比喩も繰り返されます。それは古代オリエントの王たちの一般的な比喩でしたが、ハンムラビ法典が彼の主題に関心を持っていることによっておそらく正当化されます。[62]多くの異なる神々との彼の親和性は全体を通して強調されています。彼は、寺院の修復と維持に忠実であり、戦場で比類のない人物として描かれています。彼の業績のリストは、テキストがハンムラビの治世の後半に書かれたことを立証するのに役立ちました。リストの後、ハンムラビは「真実と正義」を確立するというマルドゥクの要求を果たしたと説明します(kittamumīšaram) for the people (292–302), although the prologue never directly references the laws.[63] The prologue ends "at that time:" (303: inūmišu) and the laws begin.[64][note 1]

Epilogue

Ea or Enki, depicted on a cylinder seal with streams of fish spouting from his shoulders. Refer to caption
Ea/Enki, god of wisdom whom Hammurabi implores to confuse any defacer of his stele, depicted on a cylinder seal c. 2300 BC

プロローグとは異なり、500行のエピローグは明示的に法律に関連しています。[63]エピローグが始まる(3144'–3151 '):「これらはハンムラビ法典 が確立した正しい決定である」(dīnātmīšarimšaḫammurabi... ukinnu-ma)。彼は彼の法則と彼の威厳を高めます(3152'–3239 ')。[65]次に彼は、「訴訟を起こした不当な扱いを受けた人」(awīlumḫablumšaawātamiraššû)が石碑の法則を声に出して読み上げ、彼の権利を知ることができるようになることを期待している(3240'–3256 ')。[66]これは、ハンムラビの賞賛(3257'–3275 ')と神の好意(3276'–3295')をもたらすでしょう。[67]ハンムラビは、彼の宣言に耳を傾け、彼の石碑(3296'–3359 ')を尊重する支配者の幸運を願っています。[68]しかしながら、彼は彼の宣言に従わないか、または消す人に神々の怒りを呼び起こします(3360'–3641 '、テキストの終わり)。 [69] [注1]

The epilogue contains much legal imagery, and the phrase "to prevent the strong from oppressing the weak" (3202'–3203': dannum enšam ana lā ḫabālim)[70] is reused from the prologue. However, the king's main concern appears to be ensuring that his achievements are not forgotten and his name not sullied.[71] The list of curses heaped upon any future defacer is 281 lines long and extremely forceful. Some of the curses are very vivid: "may the god Sin ... decree for him a life that is no better than death" (3486'–3508': sîn... balāṭam ša itti mūtim šitannu ana šīmtim lišīmšum);[72]「彼(将来の改ざん者)が、彼の治世の毎日、月、年をうめき声と喪で締めくくることができますように」(3497'–3501 ':ūmīwarḫīšanātpalēšuinatānēḫimudimmatimlišaqti); [72]彼は「水のように彼の生命力がこぼれる」ことを経験するかもしれません(3435'–3436 ':tabāknapištišukīmamê)。[73]ハンムラビは、さまざまな神々に個別に、彼らの特定の属性を改ざん者に向けるように懇願している。例:「[嵐]の神 アダドが ...天からの雨と泉からの洪水の恩恵を彼から奪うように」(3509'–3515 ':アダド...zunnīinašamêmīlaminanagbimlīṭeršu); [72][知恵の]神 よろしくお願いします ...彼からすべての理解と知恵を奪い、彼を混乱に導くかもしれません」(3440'–3451 ':ea ...uznamunēmeqamlīṭeršu-mainamīšītimlittarrūšu[73] [注1]神々と女神は次の順序で呼び出されます:[69]

  1. アナム(3387'–3394 ')
  2. エンリル(3395'–3422 ')
  3. ニンリル(3423'–3439 ')
  4. Ea(3440'–3458 ')
  5. シャマッシュ(3459'–3485 ')
  6. 罪(3486'–3508 ')
  7. アダド(3509'–3525 ')
  8. ザババ(3526'–3536 ')
  9. イシュタル(3537'–3573 ')
  10. ネルガル(3574'–3589 ')
  11. ニントゥ(3590'–3599 ')
  12. ニンカラク(3600'–3619 ')
  13. すべての神々(3620'–3635 ')
  14. エンリル、2回目(3636'–3641 ')

Laws

The Code of Hammurabi is the longest and best-organised legal text from the ancient Near East,[74] as well as the best-preserved.[75] The classification below (columns 1–3) is Driver & Miles',[76] with several amendments, and Roth's translation is used.[77] Laws represented by letters are those reconstructed primarily from documents other than the Louvre stele.

Legal areas covered in the Code of Hammurabi, along with specific provisions and examples
Legal area Laws Specific provisions Example (English) Example (Akkadian)
Offences against the administration of law 1–5

false charges (1–2)
false testimony (3–4)
falsification of judgement (5)

男が別の男を非難し、殺人で告発したが、彼に対して証拠を提出できない場合、彼の告発者は殺される。(1)[78] šummaawīlumawīlamubbir-manērtamelišuiddi-malāuktīnšumubbiršuiddâk(1)
財産犯罪 6〜25

盗まれた財産を盗んで受け取る(6–13)
誘拐(14)
逃亡奴隷を収容する(15–20)
侵入して侵入する(21)
強盗(22–24)
燃えている家を略奪する(25)

男が家に侵入した場合、彼らは彼を殺し、その非常に違反の前に彼を吊るす(?)。(21)[79] šummaawīlumbītamiplušinapānipilšimšuātiidukkūšu-maiḫallalūšu(21)
土地と家 26–k

tenure of fiefs (26–41)
duties of farmers (42–48)
debts of farmers (49–52)
irrigation offences (53–56)
cattle trespass (57–58)
cutting down trees (59)
care of date orchards (60–a)
offences connected with houses (b–k)

If a man has a debt lodged against him, and the storm-god Adad devastates his field or a flood sweeps away the crops, or there is no grain grown in the field due to insufficient water—in that year he will not repay grain to his creditor; he shall suspend performance of his contract [literally "wet his clay tablet"] and he will not give interest payments for that year. (48)[80] SUMMAawīlumḫubullumelišuibašši-MAeqelšuアダドirtaḫiṣU LU bibbulum itbal U LU INA LA MEše'umINA eqlim LAittabšiINAšattimšuātiše'amANA BELḫubullišuULutārṭuppašuuraṭṭabUṣibtamSAšattimšuātiUL inaddin(48)
商業 l–126

ローンと貿易(l–107)
宿屋(108–111)
宅配便業者による詐欺(112)
債務の差し押さえと質権(113–119)
安全な保管または預金(120–126)

商人が投資ベンチャーのために商人に銀を与えるべきであり、彼[商人]が彼の旅で損失を被った場合、彼は資本金の額で銀を商人に返すものとします。(102)[81] šummatamkārumanašamallimkaspamanatadmiqtimittadin-maašarillikubitiqtamītamarqaqqadkaspimanatamkārimutār(102)
結婚、家族、財産 127〜194

slander of ugbabtum-priestesses or married women (127)
definition of "married woman" (128)
adultery (129–132)
remarriage in husbands' absence (133–136)
divorce (137–143)
marriage to nadītum-women (144–147)
maintenance of sick wives (148–149)
gifts from husbands to wives (150)
liability of spouses for debt (151–152)
murder of husbands (153)
incest (154–158)
inchoate marriage (159–161)
devolution of marriage-gifts after wives' deaths (162–164)
gifts to sons inter vivos (165)
succession amongst sons (166–167)
disinheritance of sons (168–169)
legitimation (170)
widows' property (171–174)
marriage of awīlum-class women to slaves (175–176)
remarriage of widows (177)
sacral women (178–184)
adoption and nursing of infants (185–194)

If a man takes in adoption a young child at birth [literally "in its water"] and then rears him, that rearling will not be reclaimed. (185)[82] šumma awīlum ṣeḫram ina mêšu ana mārūtim ilqe-ma urtabbīšu tarbītum šī ul ibbaqqar (185)
Assault 195–214

assaults on fathers (195)
assaults on awīlum-class men (196–208)
assaults causing miscarriage (209–214)

[ awīlum ]が別の[ awīlum ]の目を盲目にする必要がある場合、彼らは彼の目を盲目にします。(196)[83] šummaawīlumīnmārawīlimuḫtappidīnšuuḫappadū(196)
プロの男性 215〜240

外科医(215–223)
獣医(224–225)
理髪師(226–227)
ビルダー
(228–233)造船業者および船頭(234–240)

建築業者が男性のために家を建てたが、壁が座屈するように仕様に適合させなかった場合、その建築業者は自分の銀を使用してその壁の音を出すものとします。(233)[84] šummaitinnumbītamanaawīlimīpuš-mašipiršulāušteṣbi-maigārumiqtūpitinnumšūinakasapramānišuigāramšuātiudannan(233)
農業 241〜273

牛(241–252)
テナントによる飼料の盗難(253–256)
農業労働者の雇用(257–258)
農具の盗難(259–260)
牧夫の雇用(261)
羊飼いの義務(262–267)の
雇用獣と荷馬車(268–272)
季節労働者の雇用(273)

牛が通りを通り抜けている間に男を死に至らしめた場合、その事件は主張の根拠がありません。(250)[85] šummaalpumsūqaminaalākišuawīlamikkip-mauštamītdīnumšūrugummâmulišu(250)
雇用率 274〜277

職人の賃金(274)
ボートの雇用(275–277)

男性が60- [ kur ]の容量のボートを借りる場合、彼はその雇用として1日あたり[シェケルの] 6分の1の銀を与えなければならない。(277)[86] šummaawīlumelepšūšimīgurinaūmimištēnšuduškaspamidīšainaddin(277)
奴隷 278〜282

奴隷の販売に関する保証(278–279)
海外での奴隷の購入(280–282)

奴隷が主人に「あなたは私の主人ではない」と宣言した場合、彼[主人]は彼が本当に彼の奴隷であることを告発し、彼に対して証拠を提出し、彼の主人は彼の耳を切り落とす。(282)[86] šummawardumanabēlišuulbēlīattaiqtabikīmawarassuukānšu-mabēlšuuzunšuinakkis(282)

目的の理論

The purpose and legal authority of the Code have been disputed since the mid-20th century.[87] Theories fall into three main categories: that it is legislation, whether a code of law or a body of statutes; that it is a sort of law report, containing records of past cases and judgments; and that it is an abstract work of jurisprudence. The jurisprudence theory has gained much support within Assyriology.[88]

Legislation

Mosaic of Justinian I
Painting of Napoleon Bonaparte in His Study at the Tuileries
Justinian I of Byzantium (L) and Napoléon Bonaparte of France (R) both created legal codes to which the Louvre stele has been compared.

The term "code" presupposes that the document was intended to be enforced as legislation. It was used by Scheil in his editio princeps,[89] and widely adopted afterwards. C. H. W. Johns, one of the most prolific early commentators on the document, proclaimed that "the Code well deserves its name".[40] Recent Assyriologists have used the term without comment,[90] as well as scholars outside Assyriology.[91] However, only if the text was intended as enforced legislation can it truly be called a code of law and its provisions laws.

この文書は、最初の検査では、ユスティニアヌス法典フランス民法典に似た高度に組織化された法典に似ています[92]ハンムラビ法典で時々個々の「法律」を示すdīnātumが施行されたという証拠もある[93]コードの1つのコピーは、それをṣimdatšarrim、「王政令」と呼んでおり、これは一種の施行された法律を示しています。[94]

しかし、この見方に反対する議論は強い。第一に、それは非常に珍しいコードを作成します。ルーヴェン・ヤロンは、「コード」という呼称を「永続的な誤称」と呼びました。[95]社会と商業の重要な分野は省略されています。[96]たとえば、マーク・ヴァン・デ・ミエループは、この規範は「牛と農地を扱っているが、バビロニアの経済に不可欠な羊飼いの仕事をほぼ完全に無視している」と述べている。[97]次に、より一般的な立法理論に反して、ヤギの脱穀、動物の手に負えないほどの作業など、非常にあり得ない状況がカバーされます(法律270)。[98]法律も厳密に決疑論的である(「 ... then"); unlike in the Mosaic Law, there are no apodictic laws (general commands). These would more obviously suggest prescriptive legislation. The strongest argument against the legislation theory, however, is that most judges appear to have paid the Code no attention. This line of criticism originated with Benno Landsberger in 1950.[87] No Mesopotamian legal document explicitly references the Code or any other law collection,[92] despite the great scale of the corpus.[99] Two references to prescriptions on "a stele" (narû)[100] come closest. In contrast, numerous judgments cite royal mīšarum-decrees.[92] Raymond Westbrookこれは、古代オリエントの法的な「法典」が法的に重要であるという沈黙から議論を強化したと主張した[101]さらに、多くの旧バビロニアの判決は、規範の規定に完全に反している。[102]

法律報告書

Photograph. Refer to caption
大英博物館からタブレットのディスプレイアッシュールバニパルの図書館図書館には、ハンムラビの死後、千年以上にわたる「ハンムラビの判決」の写しが掲載されています。

第2の理論は、コードは一種の法律報告であり、抽象的に表現されているものの、過去の事件と判決の記録が含まれているというものです。これは、「法則」の決疑論的形式についての1つの説明を提供します。確かに、ジャン・ボテロは、彼が人に影響を与えた事件の記録を見つけたと信じていました。[103]しかしながら、メソポタミアの法的コーパスの規模にもかかわらず、そのような発見は決定的ではなく、非常にまれです。[104]さらに、メソポタミアでは法的な判決が頻繁に記録されており、それらは一般化することなく事件の事実を語っている。[105]これらの判決は事実のポイントにほぼ独占的に関係しており、マーサ・ロスは次のようにコメントするように促しました。[106]

法学

A third theory, which has gained traction within Assyriology, is that the Code is not a true code but an abstract treatise on how judgments should be formulated. This led Fritz Rudolf Kraus, in an early formulation of the theory, to call it jurisprudence (Rechtssprüche).[107] Kraus proposed that it was a work of Mesopotamian scholarship in the same category as omen collections like šumma ālu and ana ittišu.[107] Others have provided their own versions of this theory. [108] A. Leo Oppenheim remarked that the Code of Hammurabi and similar Mesopotamian law collections "represent an interesting formulation of social criticism and should not be taken as normative directions".[109]

この解釈は、規範と実際の法的判断との間の一致度が低いという問題を回避します。第二に、この規範はメソポタミアの奨学金の他の作品と著しく類似しています。類似点の重要なポイントは、リストの形式とアイテムの順序[110]であり、AnnGuinanはこれを複雑な「シリアルロジック」と表現しています。[111]マーク・ヴァン・デ・ミエループは、前兆リスト、王リスト、神リストなどのメソポタミア奨学金の他の作品と同様に、ハンムラビ法典のエントリは2つの原則に従って配置されていると説明しています。これらは「反対」(1つのエントリの変数が変更されて別のエントリが作成される)と「点描画」(新しい条件がエントリに追加されるか、パラダイムシリーズが追求されてシーケンスが生成される)です。[112] Van De Mieroop provides the following examples:

If a physician performs major surgery with a bronze lancet upon an [awīlum] and thus heals the [awīlum], or opens an [awīlum]'s temple with a bronze lancet and thus heals the [awīlum]'s eye, he shall take ten shekels of silver (as his fee).

— Law 215[113]

If a physician performs major surgery with a bronze lancet upon an [awīlum] and thus causes the [awīlum]'s death, or opens an [awīlum]'s temple with a bronze lancet and thus blinds the [awīlum]'s eye, they shall cut off his hand.

— Law 218[113]

Laws 215 and 218 illustrate the principle of opposition: one variable of the first law, the outcome of the operations, is altered to create the second.[114]

If there is either a soldier or [an auxiliary] who is taken captive while serving in a royal fortress [...] if he should [...] return and get back to his city, they shall return to him his field and orchard and he himself shall perform his service obligation.

If there is either a soldier or [an auxiliary] who is taken captive in a royal fortress, and his son is able to perform the service obligation, the field and orchard shall be given to him, and he shall perform his father's service obligation.

息子が若くて父親の奉仕義務を果たせない場合は、畑と果樹園の3分の1を母親に与え、母親が彼を育てなければならない。

— 法律27–29 [115]

ここでは、点描画の原則に従って、最初のエントリに状況を追加して、さらにエントリを作成します。[116]点描画では、複数の学問分野に共通する一連のパラダイムに従ってリストエントリを生成することもできます。したがって、それは信じがたいエントリを説明することができます。たとえば、脱穀に使用された山羊の場合(法律270)、[117]以前の法律、脱穀使用された他の動物に関係してます。飼いならされた獣の確立されたシリーズは、ヤギが次に来ることを指示しました。[118]

何十年も前にこの考え方をListenwissenschaft(「リストサイエンス」)と呼んだWolfram von Soden [119]は、しばしばそれを軽蔑しました。[120]しかしながら、マーク・ヴァン・デ・ミエループ、ジャン・ボテロ、アン・ギナンなどの最近の作家は、価値判断を回避するか、賞賛を表明している。リストはメソポタミアの科学と論理の中心であり、その独特の構造原理により、エントリを無限に生成できます。[118]コードを「リストサイエンス」が出現した書記の伝統にリンクすることは、研修生の筆記者が千年以上にわたってそれをコピーして研究した理由も説明しています。[24]コードは、バビロニア後期(紀元前7〜6世紀)の文学的および学術的テキストのリストに記載されています。[121]他の法律コレクションがカリキュラムにこれほど定着することはありませんでした。[122]それなら、法典というよりは、学術論文かもしれない。[100]

旧バビロン社会とその法制度について法典が示唆していることについては、多くのことが書かれています。たとえば、それがプロの擁護者がいないことを示しているか[123]、またはプロの裁判官がいたことを示しているかどうか[124]自己完結型の文書として規範にアプローチする学者は、そのような主張を放棄します。[125]

根底にある原則

One principle widely accepted to underlie the Code is lex talionis, or "eye for an eye". Laws 196 and 200 respectively prescribe an eye for an eye and a tooth for a tooth when one man destroys another's. Punishments determined by lex talionis could be transferred to the sons of the wrongdoer.[123] For example, law 229 states that the death of a homeowner in a house collapse necessitates the death of the house's builder. The following law 230 states that if the homeowner's son died, the builder's son must die also.[84]

Persons were not equal before the law; not just age and profession but also class and gender dictated the punishment or remedy they received. Three main kinds of person, awīlum, muškēnum, and wardum (male)/amtum (female), are mentioned throughout the Code. A wardum/amtum was a male/female slave. As for awīlum and muškēnum, though contentious, it seems likely that the difference was one of social class, with awīlum meaning something like "gentleman" and muškēnum something like "commoner".[126] The penalties were not necessarily stricter for a muškēnum than an awīlum: a muškēnum's life may have been cheaper, but so were some of his fines.[127] There was also inequality within these classes: laws 200 and 202, for example, show that one awīlum could be of higher rank than another.[128]

Martha Roth has shown that ideas of shame and honour motivated certain laws.[129] Most readers will also be struck by the violence of many of the punishments. This prompted Driver and Miles to remark that "the Babylonians believed in corporal punishments ... and did not highly value human life".[130]

The above principles are distant in spirit from modern systems of common and civil law, but some may be more familiar. One such principle is the presumption of innocence; the first two laws of the stele prescribe punishments, determined by lex talionis, for unsubstantiated accusations. Written evidence was valued highly,[131] especially in matters of contract.[42] One crime was given only one punishment.[132] The laws also recognized the importance of the intentions of a defendant.[123]最後に、公共の石碑に関するコードの制定は、おそらく司法へのアクセスを増やすことを目的としていました。これが真実であるかどうかにかかわらず、バビロン第1時代の筆記教育が利用できなかったことを考えると、不当な扱いを受けた男が石碑を声に出して読んでもらうことを示唆することは、この方向への具体的な手段です[注1]。[133]

最後の質問は、コードがその正当性について主張している情報源は何かということです。プロローグは、ハンムラビが神々によって選ばれたと主張しています。レイモンド・ウェストブルックは、古代の近東法では、「国王が立法の主要な情報源であった」と述べました。[134]しかしながら、彼らは彼らの神から与えられた法的​​権限を裁判官に委任することができた。[135]しかしながら、オーウェン・B・ジェンキンスが観察したように、処方箋自体は「 すべての神学的または儀式的な法律の驚くべき欠如... 」を負っている[45]

言語

Cuneiform on the stele. Refer to adjacent text
テキスト。コードの楔形文字の配置は、それが書かれたときには時代遅れでした。

法律はアッカド語の旧バビロン方言で書かれています。それらのスタイルは規則的で反復的であり、今日、それらはアッカド語の入門クラスの標準的なセットテキストです。[136]しかしながら、A。レオ・オッペンハイムが要約するように、楔形文字自体は「垂直に配置されている ...右から左に並んでバンドに配置された箱の中に」、ハンムラビの時代にはすでに時代遅れの配置である。[137]今日のアッカド語の学習者は、標識が90度回転している楔形文字の後期を研究することから始める傾向があるため、ルーブルの石碑を読むには頭を片側に向ける必要があります。[54]

The laws are expressed in casuistic format: they are conditional sentences with the case detailed in the protasis ("if" clause) and the remedy given in the apodosis ("then" clause). The protasis begins šumma, "if",[138] except when it adds to circumstances already specified in a previous law (e.g. laws 36, 38, and 40).[139] The preterite is used for simple past verbs in the protasis, or possibly for a simple conditional.[138] The perfect often appears at the end of the protasis after one or more preterites to convey sequence of action, or possibly a hypothetical conditional.[138] The durative, sometimes called the "present" in Assyriology, may express intention in the laws.[138] For ease of English reading, some translations give preterite and perfect verbs in the protasis a present sense.[140] In the apodosis, the verbs are in the durative, though the sense varies between permissive—"it is permitted that x happen"—and instructive—"x must/will happen".[141] In both protasis and apodosis, sequence of action is conveyed by suffixing verbs with -ma, "and".[142] -ma can also have the sense "but".[143]

The Code is relatively well-understood, but some items of its vocabulary are controversial. As mentioned, the terms awīlum and muškēnum have proved difficult to translate. They probably denote respectively a male member of a higher and lower social class.[144] Wolfram von Soden, in his Akkadisches Handwörterbuch, proposed that muškēnum was derived from šukênum, "to bow down/supplicate".[145] As a word for a man of low social standing, it has endured, possibly from a Sumerian root, into Arabic (miskīn), Italian (meschino), Spanish (mezquino), and French (mesquin)。[146]しかし、ムシュケヌムの特別な扱いについても説明しようとした初期の翻訳者の中には、それを「ハンセン病」、さらには「高貴」と翻訳した人もいた。[147]一部の翻訳者は、「seignior」、[148]eliteman」、[149]、「member of the aristocracy」などawīlumの高床式の読み物を提供しています[150]他の人はそれを翻訳せずに残しました。[151]特定の法的用語も翻訳が難しいことが証明されています。たとえば、dīnumdīttumは、一般的な法律だけでなく、個々の法律、評決、神の宣言、その他の現象を表すことができます。[152] mīšarum 同様に、一般的な法律だけでなく、一種の王政令を表すこともできます。[153]

他の法律コレクションとの関係

その他のメソポタミア

Photograph. A clay tablet containing the prologue to the Code of Lipit-Ishtar written in cuneiform
リピト・イシュタル法典のプロローグ

The Code of Hammurabi bears strong similarities to earlier Mesopotamian law collections. Many purport to have been written by rulers, and this tradition was probably widespread.[8] Earlier law collections express their god-given legitimacy similarly.[154] Like the Code of Hammurabi, they feature prologues and epilogues: the Code of Ur-Nammu has a prologue, the Code of Lipit-Ishtar a prologue and an epilogue, and the Laws of Eshnunna an epilogue. Also, like the Code of Hammurabi, they uphold the "one crime, one punishment" principle.[155] The cases covered and language used are, overall, strikingly similar.[8] Scribes were still copying e.g. the Code of Ur-Nammu when Hammurabi produced his own Code.[156]これは、以前のコレクションがコードに似ているだけでなく、それに影響を与えた可能性があることを示唆しています。レイモンド・ウェストブルックは、ハンムラビ法典[157]を含む「古代近東法」のかなり一貫した伝統があり、これは主に慣習法であると主張した[158]それにもかかわらず、違いがあります。たとえば、スティーブン・バートマンは、以前のコレクションが犠牲者の補償に関係している場合、コードは犯罪者を物理的に罰することに関係していると示唆しています。[159]さらに、類似性と影響力に関する上記の結論は、法のコレクション自体にのみ適用されます。各コードのコンテキストからの実際の法的慣行は神秘的です。[160]

The Code of Hammurabi also bears strong similarities to later Mesopotamian law collections: to the casuistic Middle Assyrian Laws and to the Neo-Babylonian Laws,[161] whose format is largely relative ("a man who ..."). It is easier to posit direct influence for these later collections, given the Code's survival through the scribal curriculum.[24] Lastly, although influence is more difficult to trace, there is evidence that the Hittite laws may have been part of the same tradition of legal writing outside Mesopotamia proper.[162]

Mosaic, Graeco-Roman, and modern

Illumination from the Byzantine Leo Bible of Moses on Mount Sinai, receiving the law from heaven
ビザンチンのレオ聖書に描かれている、シナイ山に関する法律を受け取っているモーセ

The relationship of the Code of Hammurabi to the Mosaic Law, specifically the Covenant Code of Exodus 20:22–23:19, has been a subject of discussion since its discovery.[46] Friedrich Delitzsch argued the case for strong influence in a 1902 lecture, in one episode of the "Babel und Bibel" ("Babel and Bible", or "Panbabylonism") debate on the influence of ancient Mesopotamian cultures on ancient Israel. However, he was met with strong resistance.[163] There was cultural contact between Mesopotamia and the Levant, and Middle Bronze Age tablets of casuistic cuneiform law have been found at Hazor.[164] There are also similarities between the Code of Hamurabi and the Covenant Code: in the casuistic format, in principles such as lex talionis ("eye for an eye"), and in the content of the provisions. Some similarities are striking, such as in the provisions concerning a man-goring ox (Code of Hammurabi laws 250–252,[85] Exodus 21:28–32).[165] Certain writers have posited direct influence: David P. Wright, for example, asserts that the Covenant Code is "directly, primarily, and throughout dependent upon the Laws of Hammurabi", "a creative rewriting of Mesopotamian sources ... to be viewed as an academic abstraction rather than a digest of laws".[166] Others posit indirect influence, such as via Aramaic or Phoenician intermediaries.[167] The consensus, however, is that the similarities are a result of inheriting common traditions.[168] In 1916, George A. Barton cited "a similarity of antecedents and of general intellectual outlook".[169] More recently, David Winton Thomas has stated: "There is no ground for assuming any direct borrowing by the Hebrew from the Babylonian. Even where the two sets of laws differ little in the letter, they differ much in the spirit".[170]

ハンムラビ法典が後の法律集に与える影響を確立することは困難です。 Marc Van De Mieroopは、それがギリシャのゴルテュス法典とローマの十二表法に影響を与えた可能性があることを示唆しています。[171]しかしながら、ヴァン・デ・ミエループでさえ、ほとんどのローマ法が規範に類似していないか、またはそれによって影響を受けた可能性が高いことを認めています。[172]

現代法に対するコードの影響を知るには、モザイク法およびグラエコローマ法に対するコードの影響を知る必要があります。これは論争の的であるため、コメンテーターは、コードと、たとえば米国法および中世との間の類似点と相違点を観察することに制限しています。[173]規範に見られる罰はこれ以上厳しくなく、場合によってはそれほど厳しくないという意見もある。[174]

Law 238 stipulates that a sea captain, ship-manager, or ship charterer that saved a ship from total loss was only required to pay one-half the value of the ship to the ship-owner.[175][176][177] In the Digesta seu Pandectae (533), the second volume of the codification of laws ordered by Justinian I (527–565) of the Eastern Roman Empire, a legal opinion written by the Roman jurist Paulus at the beginning of the Crisis of the Third Century in 235 AD was included about the Lex Rhodia ("Rhodian law") that articulates the general average principle of marine insurance established on the island of Rhodes in approximately 1000 to 800 BC as a member of the Doric Hexapolis, plausibly by the Phoenicians during the proposed Dorian invasion and emergence of the purported Sea Peoples during the Greek Dark Ages (c. 1100–c. 750) that led to the proliferation of the Doric Greek dialect.[178][179][180] The law of general average constitutes the fundamental すべての保険の根底にある原則[179]

アッシリア学外のレセプション

Photograph. Refer to caption
トーマスハドソンジョーンズによる米国議会議事堂のハンムラビ法典のレリーフの肖像画

法典は、その規定が法律であると想定され、文書が真の法典であると想定される法学奨学金でしばしば言及されます。これは学外でも当てはまります。[181]一部の作家は、ハンムラビ法典が最も古い法典であると誤って述べています。[182]すべてがその重要性と肯定的な属性を強調している。たとえば、ルーヴル美術館はそれを「メソポタミア文明の紋章」と呼んでいる。[13]イラクのハムラビ人権団体は、コードにちなんで名付けられました。[183]

Hammurabi leads Babylon in five of the six Civilization video games, and in Civilization VI his leader ability is "Ninu Ilu Sirum".[184] This is an early reading of the Code's incipit,[185] īnu anum ṣīrum ("when the august god Anu[m] ...").[186] The soundtrack to the South Korean television series Ms. Hammurabi, which is about a judge, features the track "Code of Hammurabi".[187] The thrash metal band Testament's 2020 album Titans of Creation also features a track called "Code of Hammurabi".[188]

There is a relief portrait of Hammurabi over the doors to the House Chamber of the U.S. Capitol, along with portraits of 22 others "noted for their work in establishing the principles that underlie American law".[189] There are replicas of the Louvre stele in institutions around the world, including: the Headquarters of the United Nations in New York City,[190] the Peace Palace in The Hague (seat of the International Court of Justice),[191] the National Museum of Iran in Tehran,[192] the Pergamon Museum in Berlin,[193] the University of Chicago Oriental Institute,[194] the University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology,[195] the University of Kansas Clendening History of Medicine Library,[196] and the Prewitt–Allen Archaeological Museum of Corban University.[197]

See also

Notes

  1. ^ a b c d e f CDLI (2019)'s line numbering, Roth (1995a)'s translation. The line numbers may seem low, since the CDLI edition does not include sections not found on the Louvre stele.

References

Citations

  1. ^ Renger (2020).
  2. ^ Van De Mieroop (2007), pp. 92–93.
  3. ^ Van De Mieroop (2007), pp. 100–104.
  4. ^ Driver & Miles (1952), p. 52; Van De Mieroop (2007), pp. 111–113.
  5. ^ Van De Mieroop (2007), pp. 111–113.
  6. ^ Driver & Miles (1952), p. 36.
  7. ^ Driver & Miles (1952), p. 37.
  8. ^ a b c d Driver & Miles (1952), p. 9.
  9. ^ Kraus (1960), pp. 295–296; Bottéro (1992), p. 181; Roth (1995b), p. 13.
  10. ^ Roth (1995a), pp. 36–39.
  11. ^ Roth (1995a), p. 36.
  12. ^ Driver & Miles (1952), pp. 56–57.
  13. ^ a b Louvre (n.d.).
  14. ^ Roth (1995b), p. 21; Louvre (n.d.).
  15. ^ a b c d Souvay (1910).
  16. ^ Scheil (1902), p. 12; Van De Mieroop (2005), p. 99.
  17. ^ a b Roth (1995b), pp. 15–16.
  18. ^ a b c Roth (1995a), p. 74.
  19. ^ a b c d e f g h i Scheil (1902), p. 12.
  20. ^ Roth (1995b), pp. 23–24.
  21. ^ Roth (1995b), pp. 21–22.
  22. ^ Driver & Miles (1952), pp. 29–30.
  23. ^ a b Roth (1995a), p. 73.
  24. ^ a b c Roth (1995b), p. 20.
  25. ^ Driver & Miles (1952), pp. 25–56; Van De Mieroop (2016), p. 145.
  26. ^ Van De Mieroop (2016), p. 147.
  27. ^ Scheil (1902), pp. 11–12.
  28. ^ Scheil (1902), pp. 13–162.
  29. ^ Scheil (1902), plates 3–15.
  30. ^ Winckler (1902).
  31. ^ a b Johns (1903a).
  32. ^ Bonfante (1903).
  33. ^ Wells (1920), p. 245.
  34. ^ Kramer (1988), pp. 51–52.
  35. ^ Johns (1903b), p. 257; Harper (1904), the title; Equitable Trust Company (1910), the title.
  36. ^ Driver&Miles(1952)、p。34ff。; Roth(1995a)、p。71。
  37. ^ Finkelstein(1961)、p。101。
  38. ^ ジョンズ(1903a)、p。v。
  39. ^ ジョンズ(1904)、p。68。
  40. ^ a b ジョンズ(1903b)、p。258。
  41. ^ 王子(1904)、p。601。
  42. ^ a b ホーン(1915)
  43. ^ ブレスト(1916)、p。131。
  44. ^ ジョンズ(1903b)、p。257; Souvay(1910) ; エバーツ(1920)、p。45。
  45. ^ a b Jenkins(1905)、p。335。
  46. ^ a b Sampey (1904a); Sampey (1904b); Davies (1905); Johns (1914); Everts (1920); Edwards (1921).
  47. ^ Johns (1903a), pp. v–vi; Prince (1904), pp. 601–602; Souvay (1910).
  48. ^ North (1993), p. 5.
  49. ^ Van Buren (1943); Black & Green (1998), pp. 102–103; Slanski (2012), p. 106.
  50. ^ Black & Green (1998), p. 183.
  51. ^ Breasted (1916), p. 132.
  52. ^ Roth (1995b), pp. 22–23.
  53. ^ Charpin (2010), pp. 81–82.
  54. ^ a b Roth (1995b), p. 23.
  55. ^ Elsen-Novák & Novák (2006), pp. 148–149.
  56. ^ Roth (1995b), p. 16.
  57. ^ Huehnergard (2011), p. 160.
  58. ^ Davies (1905), p. 15.
  59. ^ Roth (1995a), pp. 76–77.
  60. ^ Huehnergard (2011), pp. 11–12.
  61. ^ Roth (1995a), pp. 77–80.
  62. ^ Van De Mieroop (2005), p. 82.
  63. ^ a b Driver & Miles (1952), pp. 40–41.
  64. ^ Roth (1995a), pp. 80–81.
  65. ^ Roth (1995a), pp. 133–134.
  66. ^ Roth (1995a), p. 134.
  67. ^ Roth (1995a), pp. 134–135.
  68. ^ Roth (1995a), pp. 135–136.
  69. ^ a b Roth (1995a), pp. 136–140.
  70. ^ Roth (1995a), p. 133.
  71. ^ Driver & Miles (1952), p. 37; Bottéro (1992), p. 167.
  72. ^ a b c Roth (1995a), p. 138.
  73. ^ a b Roth (1995a), p. 137.
  74. ^ Roth (1995a), p. 71.
  75. ^ Van De Mieroop (2016), p. 144.
  76. ^ Driver & Miles (1952), pp. 43–45.
  77. ^ Roth (1995a), pp. 76–142.
  78. ^ Roth (1995a), p. 81.
  79. ^ Roth (1995a), p. 85.
  80. ^ Roth (1995a), p. 90.
  81. ^ Roth (1995a), p. 100.
  82. ^ Roth (1995a), p. 119.
  83. ^ Roth (1995a), p. 121.
  84. ^ a b Roth (1995a), p. 125.
  85. ^ a b Roth (1995a), p. 128.
  86. ^ a b Roth (1995a), p. 132.
  87. ^ a b Kraus (1960), p. 292.
  88. ^ Kraus (1960); Oppenheim (1977); Bottéro (1992), chapter 10; Van De Mieroop (2016), chapters 6–7.
  89. ^ Souvay (1910); Kraus (1960), p. 283.
  90. ^ Pfeifer (2011); Rositani (2017).
  91. ^ Alkadry (2002–2003); Pearn (2016).
  92. ^ a b c Van De Mieroop (2016), p. 170.
  93. ^ Oppenheim & Reiner (1959), pp. 150–153.
  94. ^ Bottéro (1992), pp. 180–181.
  95. ^ Yaron (2013), p. 580.
  96. ^ Driver & Miles (1952), pp. 45ff.; Bottéro (1992), p. 161.
  97. ^ Van De Mieroop (2016), p. 165.
  98. ^ Van De Mieroop (2016), p. 167; Roth (1995a), p. 130.
  99. ^ Van De Mieroop (2016), p. 172.
  100. ^ a b Van De Mieroop (2016), p. 173.
  101. ^ Westbrook (2003), p. 19.
  102. ^ Oppenheim (1977), p. 282; Bottéro (1992), pp. 163–164; Roth (1995a), pp. 5–6.
  103. ^ Bottéro (1992), pp. 171–172.
  104. ^ Bottéro (1992), pp. 163–164.
  105. ^ Roth (2001); Klein (2007).
  106. ^ Roth (2001), p. 255.
  107. ^ a b Kraus (1960), p. 288.
  108. ^ Saggs (1965), pp. 80ff.; Oppenheim (1977), p. 287; Bottéro (1992), pp. 166–167; Van De Mieroop (2016), chapters 6–7.
  109. ^ Oppenheim (1977), p. 287.
  110. ^ Bottéro (1992), pp. 173ff.; Van De Mieroop (2016), pp. 165ff.
  111. ^ Guinan (2014), p. 115.
  112. ^ Van De Mieroop (2016), pp. 165ff..
  113. ^ a b Roth (1995a), p. 123.
  114. ^ Van De Mieroop (2016), p. 166.
  115. ^ Roth (1995a), p. 86.
  116. ^ Van De Mieroop (2016), pp. 166–167.
  117. ^ Roth (1995a), p. 130.
  118. ^ a b Van De Mieroop (2016), p. 167.
  119. ^ von Soden (1936).
  120. ^ von Soden (1936); von Soden (1994), pp. 146, 158.
  121. ^ Van De Mieroop (2016), p. 175.
  122. ^ Charpin (2010), p. 81.
  123. ^ a b c Johns (1910).
  124. ^ Charpin (2010), p. 52.
  125. ^ Kraus (1960), pp. 295–296; Roth (1995b), pp. 13ff.
  126. ^ Roth (1995a), pp. 72–73.
  127. ^ Jenkins (1905), p. 339.
  128. ^ Roth (1995b), pp. 34ff.; Roth (1995a), p. 121.
  129. ^ Roth (1995b), pp. 25ff.
  130. ^ Driver & Miles (1952), p. 53.
  131. ^ Johns (1910); Roth (1995a), p. 72.
  132. ^ Prince (1904), p. 607.
  133. ^ George (2005), p. 7.
  134. ^ Westbrook (2003), p. 26.
  135. ^ Bottéro (1992), p. 165.
  136. ^ Richardson (2004), p. 7.
  137. ^ Oppenheim (1977), p. 240.
  138. ^ a b c d Roth (1995a), p. 8.
  139. ^ Roth (1995a), p. 88.
  140. ^ Roth (1995a); Van De Mieroop (2016), chapters 6–7.
  141. ^ Roth (1995a), pp. 7–8.
  142. ^ Huehnergard (2011), pp. 49–50.
  143. ^ Huehnergard (2011), p. 50.
  144. ^ Roth (1995a), pp. 8–9.
  145. ^ von Soden (1972), p. 684.
  146. ^ Wohl (1968), p. 6.
  147. ^ Johns (1914), p. 76.
  148. ^ Meek (1958), pp. 139ff.
  149. ^ Van De Mieroop (2016).
  150. ^ Bottéro (1992), p. 166.
  151. ^ Roth (1995a), pp. 76ff.
  152. ^ Kraus (1960), p. 285; Roth (1995b), p. 20; Charpin (2010), p. 72.
  153. ^ Kraus (1960), p. 294; Finkelstein (1961); Charpin (2010), p. 72.
  154. ^ Driver & Miles (1952), p. 5.
  155. ^ Van De Mieroop (2016), p. 161.
  156. ^ Van De Mieroop (2016), pp. 144–145.
  157. ^ Westbrook (2003), pp. 4ff..
  158. ^ Westbrook (2003), p. 21.
  159. ^ Bertman (2003), p. 71.
  160. ^ Kraus (1960), pp. 295–296; Roth (1995b), p. 13.
  161. ^ Roth (1995a), p. 145.
  162. ^ Roth (1995b), p. 19.
  163. ^ Ziolkowski (2012), p. 25.
  164. ^ Horowitz, Oshima & Vukosavović (2012).
  165. ^ Wright (2009), chapter 8.
  166. ^ Wright (2009), p. 3.
  167. ^ Van De Mieroop (2016), p. 152.
  168. ^ Wright (2009), p. vii.
  169. ^ Barton (1916), p. 340.
  170. ^ Thomas (1958), p. 28.
  171. ^ Van De Mieroop (2016), pp. 152–153.
  172. ^ Van De Mieroop (2016), pp. 153–154.
  173. ^ Equitable Trust Company (1910); Jenkins (1905); Driver & Miles (1952), p. 57; Van De Mieroop (2016), p. 154.
  174. ^ Johns (1903b), p. 258; Driver & Miles (1952), p. 57.
  175. ^ Hammurabi (1903). Translated by Sommer, Otto. "Code of Hammurabi, King of Babylon". Records of the Past. Washington, DC: Records of the Past Exploration Society. 2 (3): 86. Retrieved 20 June 2021. 238. If a skipper wrecks ... money to its owner.
  176. ^ Hammurabi (1904). "Code of Hammurabi, King of Babylon" (PDF). Liberty Fund. Translated by Harper, Robert Francis (2nd ed.). Chicago: University of Chicago Press. p. 85. Retrieved 20 June 2021. §238. If a boatman sink ... one-half its value.
  177. ^ Hammurabi (1910). "Code of Hammurabi, King of Babylon". Avalon Project. Translated by King, Leonard William. New Haven, CT: Yale Law School. Retrieved 20 June 2021. 238. If a sailor wreck ... its value in money.
  178. ^ "The Civil Law, Volume I, The Opinions of Julius Paulus, Book II". Constitution.org. Translated by Scott, S.P. Central Trust Company. 1932. Retrieved 16 June 2021. TITLE VII. ON THE LEX RHODIA. It is provided by the Lex Rhodia that if merchandise is thrown overboard for the purpose of lightening a ship, the loss is made good by the assessment of all which is made for the benefit of all.
  179. ^ a b The Documentary History of Insurance, 1000 B.C.–1875 A.D. Newark, NJ: Prudential Press. 1915. pp. 5–6. Retrieved 15 June 2021.
  180. ^ "Duhaime's Timetable of World Legal History". Duhaime's Law Dictionary. Retrieved 9 April 2016.
  181. ^ United Nations (1985); Schwartz (1993); writer873 (2011); International Court of Justice (2014); Rattini (2019); Scharping (2020); United Nations (n.d.); Louvre (n.d.); Hammurabi Human Rights Organization (n.d.).
  182. ^ United Nations (1985); United Nations (n.d.).
  183. ^ Hammurabi Human Rights Organization (n.d.).
  184. ^ Civilopedia (n.d.).
  185. ^ Harper (1904), p. 2.
  186. ^ Roth (1995a), p. 76; CDLI (2019).
  187. ^ Music&NEW (2018).
  188. ^ Nuclear Blast (2020).
  189. ^ Architect of the Capitol (n.d.).
  190. ^ United Nations (n.d.).
  191. ^ International Court of Justice (2014).
  192. ^ Majdfar (n.d.).
  193. ^ Waymarking (n.d.).
  194. ^ Oriental Institute (n.d.).
  195. ^ Penn Museum (n.d.).
  196. ^ Stark & McNeill (2016), p. 18.
  197. ^ Corban University (n.d.).

Sources

Books and journals

Web

External links