中央の丸みのない母音を閉じる

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
中央の丸みのない母音を閉じる
ɨ
IPA番号317
エンコーディング
エンティティ(10進数)ɨ
Unicode (16進数)U + 0268
X-SAMPA1
点字⠴(点字ドット-356)⠊(点字ドット-24)
オーディオサンプル

非円唇中舌狭母音、または高い中央丸められていない母音[1]の一種である母音の一部で使用される音声言語シンボル国際音声記号、この音を表す⟨あるɨ、すなわち小文字の⟩文字I水平バーを有します。シンボルとサウンドの両方は、一般的に禁止されたiと呼ばれます。

時折、この母音が転写⟨あるï ⟩(集中私は⟩)または⟨ ɯ̈ ⟩(中央集中⟨ ɯ ⟩)。[2]

非円唇前舌狭音は、まれな口蓋後近似 音[j̈]に相当する音声です。[3]

一部の言語は、わずかに低い、ほぼ非円唇前舌狭音listen)を備えています。これは、最も頻繁に⟨にIPAに転写されɨ̞ ⟩と⟨ ɪ̈ ⟩が、そのような⟨などの他のトランスクリプションɪ̠ ⟩と⟨ ɘ̝ ⟩も可能です。多くの英国の辞書では、この母音は⟨転写されたɪ ⟩、その高さを捉えていると、でアメリカの伝統、それは⟨より多いɨその中心性、または⟨キャプチャ⟩、ᵻを⟩、[4]の両方をキャプチャします。 ⟨ この音について ⟩はジョンC.ウェルズによる英語のアクセントなど、他の多くの出版物でも使用されています。第3版ではオックスフォード英語辞典、⟨ ᵻは⟩間の変動を表す/ɪ//ə/を[5]

機能

発生

/ɨ/はとしてまれである音素インド・ヨーロッパ言語として最も一般的に発生する、異音一部ではスラヴ語派など、ロシア。しかし、それはの先住民の言語で別の音素として非常に一般的であるアメリカや他の近くのような母音音素は対照的であることが多い/ I // U /両方現代の生活言語と同様に、再構築における原言語など(プロト宇土-Aztecan)。キャンベル、カウフマン・スミス・スターク(1986)は、この母音音素の存在を同定面積機能AのMesoamerican Sprachbund(ただし、これは地域全体の特徴ではありません)。

言語 言葉 IPA 意味 ノート
アチェ人 tup eu e [tupɨə] 「知る」 Asyik [6]とAl- AhmadiAl -Harbi [7]はこの音をそのように説明し、Durie [8]はそれを[ɯ]に近いと説明しています
アムハラ語[9] ሥር /sərə [sɨ̞r] '根' ほぼ近い。[9]
アンガミ コノーマ[10] PR ü [pɻɨ˨] 「あられの石」 高さは、近く[ɨ]と中央[ ə ]の間で異なります[10]典型的⟨とIPAで転写ə ⟩。
アルワコ ikʉ [ɪk'ɨ] 「アルワコ語」
ベルベル人 中央アトラスタマジット[11] khd i m(ⵅⴷⵉⵎ) [χdɨ̞m] 「働く」 唇音および冠状子音の前に子音クラスターにエペンテティックに挿入されます。
中国語 潮州語 T 3/4 [tɨ˦] '豚'
英語 南アメリカ内陸部[12] g oo d [ɡɨ̞d] '良い' 他の方言の[ ʊ ]対応します。英語の音韻論を見る
南東英語[13] [ɡɪ̈d] 代わりに丸めることができます[ ʊ̈ ][13]他の方言の[ ʊ ]対応します。英語の音韻論を見る
ロンドン[14] [15] l i p [lɪ̈ʔp] 'リップ' /ɪ/の実現の可能性[14] [15]
南アフリカ[16] [lɨ̞p] 一部のスピーカーでは、[ ə ]と等しくなる場合がありますSAEの一般と幅広い品種で、異音バリエーションを持っている[ɪ] [ I ]広域での)近く軟口蓋および口蓋子音を発生し、[ɨ̞〜ə ]他の場所。南アフリカ英語の音韻論を参照してください
南アメリカ[17] [lɪ̈p] 唇音の/ɪ/の異音、時には他の環境でも。[17]
南東英語[18] r u de [ɹɨːd] '失礼' 代わりに丸め[ ʉː ]、または二重母音[ʊʉ̯〜əʉ̯]を使用できます。
グアラニー語[19] y v y [ɨʋɨ] '地球'
ハウサ語[20] cin ab i nci [t̠ʃinabɨnt̠ʃi] 'たべる' / i /の異音[20]
アイルランド人 ミュンスター[21] c ao ra [kɨːɾˠə] '羊' 広い子音間/ i /の異音[21]アイルランドの音韻論を参照
アルスター[22] [必要な例] /ɪ/の異音ほぼ近い。[22]
カラガン[23] [pɨˈnɨt̪] 'ひげ'
カシミール語[24] ژٕنُن [t͡sɨnʊn] '桃'
ケラ[25] [ɡɨ̀ɡɨ̀r] '膝'
クメール語 គិត / K I T [kɨt] 「考える」 クメール語の音韻論を参照してください
クルド人[26] [27] パレワニ(南部) ケルマーン(کرماشان [cʰɨɾmäːʃäːn] 「ケルマーンシャー」 クルマンジーソラニーに 等しい[ ɪ ]参照クルド音韻論を
ラトガリア語[28] D Y ZAN [ˈd̪ɨʒän̪] 'とても' ラトガリアの音韻論を参照してください
マーメリ[29] [d͡ʑäbɨ̞ʔ͡k̚] '酔った'
マレー語 クランタン-パタニ ng e cat [ŋɨ.caʔ] '塗る' Kelantan-PattaniMalayを参照してください
マプチェ語[30] M ü NA [mɘ̝ˈn̪ɐ̝] 「父親の側の男性のいとこ」 /ɘ/のストレスのない異音[30]
モンゴル語[31] khüchir(хүчир [xutʃʰɨɾɘ̆] '難しい'
モノ[32] D ɨ [dɨ] 'カウント'
パーチン語[33] [必要な例] ⟨にIPAに転写することができますɯ ⟩。
ルーマニア語[34] Îありません [ɨˈn̪o̞t̪] '私は泳ぎます' ルーマニア語の音韻論を見る
ロシア語[35] т ы / TY この音について[t̪ɨ] 「あなた」(単数/非公式) 口当たりの悪い子音の後にのみ発生します。ストレスがないときはほぼ閉じます。[35]ロシアの音韻論を参照してください
サハプチン[36] 座って [kʼsɨt] '寒い' 音挿入延長された同等物はありません
サヌマ[37] [taˈaɨ] '見る' 鼻バージョン[ɨ̃]も発生します。[38]
セマ[39] S ü [ʃɨ̀] '傷つける' 非円唇中舌狭音[ɨ] [39]および非円唇中舌狭音[ɨ̞]としてさまざまに説明されています。[40]
シピボ[41] t e naitianronki [ˈt̪ɨnɐọti̞ɐ̃ɽõ̞ɣī] [翻訳が必要] 冠状子音後/ɯ/の実現の可能性[41]
シリオノ[42] [eˈsɨ] 「ドライウッド」
スウェーデンの ブーヒュースレーン[43] bl i [blɨᶻː] 「なる」 中央標準スウェーデン語の[ ]対応する摩擦母音[43]スウェーデン語の音韻論を参照
ネルケ[43]
タジク語 ブハラ[44] ġižġiž(ғ и жғ и ж [ʁɨʑʁɨʑ]
木のこぎりの
口蓋垂音の環境における/ i /の異音[44]
タミル語[45] vāli வால் [väːlɨ] 'しっぽ' 単語の最後の液体の後に口語のスピーチに挿入された音挿入母音。代わりに丸めることができます[ ʉ ][45]タミル語の音韻論を参照
テラ[46] z u [zɨ] '言った'
v u r [vɨ̞r] 「与える」 閉じた音節/ɨ/の異音[47]
トルコ語 標準[48] S IG [sɨː] '浅い' また、周辺バックとして説明[ ɯ ] [49]と近近い近バック[ ɯ̽ ] [50] ⟨と典型的にIPAで転写ɯ ⟩。トルコ語の音韻論を見る
バルカン半島[51] [必要な例] 標準トルコ音のワード最終合併/ I /及び/ɯ/の、シフト/ Y /及び/ U /起因バルカン言語連合によって引き起こされる相互作用に単一音素に。Dombrowski [51]は、この音素を/ i /と表記します。
ウドムルト人[52] urgetė、yrgjete(у ргетэ、ы ргетэ [53] [ɨrgete] 「うなる」
ベトナム語[54] B U NG [ʔɓɨŋ˧˧] 「運ぶ」
ウェールズ 北方言[55] ll u n [ɬɨːn] '写真' 長い場合は閉じ、短い場合はほぼ閉じます。[55]南方言/ɪ/と融合します。ウェールズ語の音韻論を参照してください
P uの融点 [pɨ̞mp] '五'
八重山 P ï TU [pɨtu] '人'
Zapotec ティルキアパン[56] nはɨ [nɨ] 「酸っぱい」

ポーランド⟨y⟩ことが多いように表される/ /ɨが、実際それは中央丸められていない母音を進めてクローズ半ば、より狭く転写[ɘ̟] [57]同様に、多くの場合のように表さヨーロッパポルトガルストレスのない⟨e⟩、/ɨ/は、実際に近い近くにあり、近隣にバック丸められていない母音[58] より狭く用いて転写アドホックなどの記号[ɯ̽] ミッド集中を)、[ɯ̟]正面)および[ʊ̜]丸みが少ない、つまり丸みがない)

も参照してください

メモ

  1. ^ ながら国際音声学会は用語「近い」とは「オープン」好む母音の高さを、多くの言語学者は「高」と「低」を使用します。
  2. ^ たとえば、英語のGOOSE母音/uː/の丸められていない中央の実現を記号[ɯ̈ː]で転写するGimson(2014:133)を参照してください
  3. ^ 「後口蓋」の代わりに、「収縮口蓋」、「後口蓋」、「口蓋口蓋」、「前口蓋」、「前口蓋」、「前口蓋」または「前口蓋」と呼ぶことができます。 。
  4. ^ Pullum&Ladusaw(1996:298)
  5. ^ Upton(2012)、pp。63、68。
  6. ^ Asyik、Abdul Gani(1982)、 Acehneseの合意システム」(PDF)Mon-Khmer Studies11:1–33、2013年6月5日にオリジナル (PDF)からアーカイブ、2012年11月9日取得
  7. ^ Al-Ahmadi Al-Harbi、Awwad Ahmad(2003)、 Acehnese coda condition: Optimity -theoretic account」Umm Al-Qura University Journal of Educational and Social Sciences and Humanities15:9–21、オリジナルからアーカイブ2009年7月29 20093月6日取得
  8. ^ ミッド母音アチェで のアーカイブで2010-07-14ウェイバックマシン
  9. ^ a b Hayward&Hayward(1999)、p。47。
  10. ^ a b Blankenship etal。(1993)、p。129。
  11. ^ Abdel-Massih(1971:15)
  12. ^ ウェルズ(1982)、pp。534–535。
  13. ^ a b ロッジ(2009:174)
  14. ^ a b Altendorf&Watt(2004:188–189)
  15. ^ a b モット(2012:75)
  16. ^ Lass(2002)、pp。113–115。
  17. ^ a b ウェルズ(1982:534)
  18. ^ ロッジ(2009)、p。174。
  19. ^ 「パラグアイグアラニーの音韻目録」南アメリカの音韻目録データベースバークレー校:カリフォルニア大学。2015年。
  20. ^ a b Schuh&Yalwa(1999)、p。90。
  21. ^ B ÓSé(2000)、P。?。
  22. ^ B NíChasaide(1999:114)
  23. ^ Wendel&Wendel(1978)、p。198。
  24. ^ 「Koshur:話されたカシミール語:言語コース:転写」取り出さ年1月16 2016
  25. ^ Pearce(2011)、p。251。
  26. ^ Thackston(2006a)、p。1.1。
  27. ^ Khan&Lescot(1970)、8〜16ページ。
  28. ^ Nau(2011)、pp。9–10。
  29. ^ Kruspe&Hajek(2009)、p。244。
  30. ^ a b Sadowsky etal。(2013:92)
  31. ^ Iivonen&Harnud(2005) pp。62、66–67
  32. ^ オルソン(2004)、p。235。
  33. ^ Gordon&Maddieson(1996)、p。118。
  34. ^ Sarlin(2014)、p。18.18。
  35. ^ a b Jones&Ward(1969)、pp。33、38。
  36. ^ Hargus&Beavert(2002)
  37. ^ アウトゥオリ(2019)、p。45。
  38. ^ アウトゥオリ(2019)、45、47ページ。
  39. ^ a b Teo(2014)、p。28。
  40. ^ Teo(2012)、p。368。
  41. ^ a b Valenzuela、MárquezPinedo&Maddieson(2001)、p。283。
  42. ^ ファイアストン(1965)、p。?。
  43. ^ a b c Riad(2014)、p。21。
  44. ^ a b Ido(2014)、p。91。
  45. ^ a b Keane(2004)、p。114。
  46. ^ テンチ(2007)、p。230。
  47. ^ テンチ(2007:231)
  48. ^ Zimmer&Organ(1999:155)
  49. ^ Göksel&Kerslake(2005:10)
  50. ^ Kılıç&Öğüt(2004)
  51. ^ a b Dombrowski、Andrew。「西ルメリアトルコ語の母音調和損失」
  52. ^ Iivonen&Harnud(2005) 64、68ページ。
  53. ^ ургетыны[ウドムルト語-ロシア語辞書](ロシア語)
  54. ^ "bưng"en.wiktionary.org 2021-03-08を取得
  55. ^ a b ボール(1984)、p。?。
  56. ^ メリル(2008)、p。109。
  57. ^ Jassem(2003)、p。105。
  58. ^ Cruz-Ferreira(1995)、p。91。

参考文献

  • Abdel-Massih、Ernest T.(1971)、A Reference Grammar of Tamazight、Ann Arbor:University of Michigan
  • アルテンドルフ、ウルリケ; ワット、ドミニク(2004)、「イングランド南部の方言:音韻論」、シュナイダー、エドガーW。; ケイト・バリッジ; Kortmann、Bernd; Mesthrie、Rajend; Upton、Clive(eds。)、Handbook of varies of English、1:Phonology、Mouton de Gruyter、pp。181–196、ISBN 3-11-017532-0
  • ブランケンシップ、バーバラ; ラディフォグ、ピーター; Bhaskararao、ペリ; Chase、Nichumeno(1993)、"Khonoma Angamiの音声構造"Maddieson、Ian(ed。)、対象言語のフィールドワーク研究84、ロサンゼルス:UCLA音声学研究所グループ、pp。127–141
  • Cruz-Ferreira、マダレーナ(1995)、「ヨーロッパポルトガル語」、Journal of the International Phonetic Association25(2):90–94、doi10.1017 / S0025100300005223
  • Ball、Martin J.(1984)、 "Phonetics for phonology"、in Ball、Martin J。; ジョーンズ、GE(編)、ウェールズ音韻論、カーディフ:ウェールズ大学出版局、ISBN 978-0-7083-0861-5
  • キャンベル、ライル; カウフマン、テレンス; Smith-Stark、Thomas C(1986)、「言語領域としてのメソアメリカ」、Language62(3):530–570、doi10.2307 / 415477JSTOR  415477
  • Firestone、Homer L.(1965)、「Sirionóの説明と分類:Tupí-Guaraní言語」、Janua linguarum、Series Practica、ロンドン:Mouton&Co
  • Gimson、Alfred Charles(2014)、Cruttenden、Alan(ed。)、Gimson's発音の英語(第8版)、Routledge、ISBN 9781444183092
  • Göksel、Asli; Kerslake、Celia(2005)、トルコ語:包括的な文法、Routledge、ISBN 978-0415114943
  • ゴードン、マシューJ。; マディソン、イアン(1996)、「パーチン語の音声学」マディソン、イアン(編)、音声学におけるUCLAワーキングペーパー:対象言語のフィールドワーク研究IV93、ロサンゼルス:UCLA音声学研究所グループ、111ページ–124
  • ハーガス、シャロン; ヴァージニア・ビーバート(2002)、「ヤキマ・シャハプティン語の予測可能な母音と基礎となる母音」、International Journal of American Linguistics68(3):316–340、doi10.1086 / 466492S2CID  143594461
  • Ido、Shinji(2014)、 "Bukharan Tajik"、Journal of the International Phonetic Association44(1):87–102、doi10.1017 / S002510031300011X
  • イヴォネン、アンティ; Harnud、Huhe(2005)、「フィンランド語、モンゴル語、ウドムルト語の単母音システムの音響比較」、Journal of the International Phonetic Association35(1):59–71、doi10.1017 / S002510030500191XS2CID  145733117
  • Jassem、Wiktor(2003)、 "Polish"、Journal of the International Phonetic Association33(1):103–107、doi10.1017 / S0025100303001191
  • ジョーンズ、ダニエル; ワード、デニス(1969)、ロシア語の音声学、ケンブリッジ大学出版局
  • Keane、Elinor(2004)、 "Tamil"、Journal of the International Phonetic Association34(1):111–116、doi10.1017 / S0025100304001549
  • クルスペ、ニコール; Hajek、John(2009)、 "Mah Meri"、Journal of the International Phonetic Association39(2):241–248、doi10.1017 / S0025100309003946
  • ラス、ロジャー(2002)、「南アフリカ英語」、メスリー、ラジェンド(編)、南アフリカの言語、ケンブリッジ大学出版局、ISBN 9780521791052
  • Lodge、Ken(2009)、A Critical Introduction to Phonetics、Continuum International Publishing Group、ISBN 978-0-8264-8873-2
  • Merrill、Elizabeth(2008)、"Tilquiapan Zapotec" (PDF)Journal of the International Phonetic Association38(1):107–114、doi10.1017 / S0025100308003344
  • モット、ブライアン(2012)、「伝統的なコックニーと人気のあるロンドンのスピーチ」方言学、RACO(Revistes CatalanesambAccésObert)、9:69–94、ISSN  2013-2247
  • ナウ、ニコル(2011)、ミュンヘンのラトガリア語の短い文法:Lincom Europa、ISBN 978-3-86288-055-3
  • NíChasaide、Ailbhe(1999)、 "Irish"、Handbook of the International Phonetic Association、Cambridge University Press、pp。111–16、ISBN 0-521-63751-1
  • ÓSé、Diarmuid(2000)、Gaeilge Chorca Dhuibhne(アイルランド語)、ダブリン:InstitiúidTeangeolaíochtaÉireann、ISBN 978-0-946452-97-2
  • Olson、Kenneth S.(2004)、"Mono" (PDF)Journal of the International Phonetic Association34(2):233–238、doi10.1017 / S0025100304001744
  • Pearce、Mary(2011)、 "Kera"、Journal of the International Phonetic Association41(2):249–258、doi10.1017 / S0025100311000168S2CID  232344047
  • Pullum、Geoffrey K。; Ladusaw、William A.(1996)、Phonetic Symbol Guide、シカゴ、イリノイ、米国:シカゴ大学出版局、ISBN 9780226685366
  • Riad、Tomas(2014)、The Phonology of Sweden、Oxford University Press、ISBN 978-0-19-954357-1
  • サドウスキー、スコット; Painequeo、Héctor; サラマンカ、ガストン; Avelino、Heriberto(2013)、"Mapudungun"Journal of the International Phonetic Association43(1):87–96、doi10.1017 / S0025100312000369
  • Sarlin、Mika(2014)[2013年初版]、「Sounds of Romanian and theirpelling Romanian Grammar(2nd ed。)、Helsinki:Books on Demand GmbH、pp。16–37、ISBN 978-952-286-898-5
  • シュー、ラッセルG。; Yalwa、Lawan D.(1999)、 "Hausa"、Handbook of the International Phonetic Association、Cambridge University Press、pp。90–95、ISBN 978-0-521-63751-0
  • Tench、Paul(2007)、 "Tera"、Journal of the International Phonetic Association37(1):228–234、doi10.1017 / s0025100307002952
  • Teo、Amos B.(2012)、 "Sumi(Sema)"、Journal of the International Phonetic Association42(3):365–373、doi10.1017 / S0025100312000254
  • Teo、Amos B.(2014)、ナガランドのチベト-バーマン言語であるスミの音声および音声による説明 (PDF)、キャンベラ:アジア太平洋言語学、ISBN 978-1-922185-10-5
  • Upton、Clive(2012)、「進化する標準的なイギリス英語の発音モデル」、Hickey、Raymond(ed。)、Standards of English:Codified Varieties Around the World、Cambridge University Press、pp。55–71、doi10.1017 / CBO9781139023832.004ISBN 978-0-521-76389-9
  • ヴァレンズエラ、ピラールM。; マルケス・ピネド、ルイス; Maddieson、Ian(2001)、"Shipibo"Journal of the International Phonetic Association31(2):281–285、doi10.1017 / S0025100301002109
  • ウェルズ、ジョンC.(1982)。英語のアクセント第3巻:イギリス諸島を越えて(pp。i–xx、467–674)。ケンブリッジ大学出版局。 ISBN  0-52128541-0 
  • ウェンデル、Åsa; ウェンデル、ダグ(1978)、"Kaagan-Kalagan音素声明" (PDF) フィリピン言語学の研究で2(1):191-203、からアーカイブ (PDF) 2015年5月11日には、取得した2017から03を-08
  • ジマー、カール; Orgun、Orhan(1999)、"Turkish" (PDF)Handbook of the International Phonetic Association:Guide to the use of the International Phonetic Alphabet、Cambridge:Cambridge University Press、pp。154–158、ISBN 978-0-521-65236-0
  • Autuori、Joana Dworecka(2019)。Fonologia emorfossintaxedalínguaSanöma(ヤノマミ)(博士論文)(ポルトガル語)。サンパウロ大学土井10.11606 /T.8.2019.tde-18122019-164856

外部リンク