クライマックス種

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
パイオニア種から始まり、極相種が優勢な原生林で終わる生態遷移のイメージ。これはVIIIで示されます。

極相種は、後期血清、後期連続K選択または平衡とも呼ばれ、限られた資源で発芽および成長できる植物 種です。例えば、彼らは熱への暴露または低い水の利用可能性を必要とします。[1]それらは、安定した予測可能な環境により適応した森林遷移内の種であり、サイトが乱されない限り、種の構成に関して本質的に変化しません。[2]

クライマックス種の苗木は親木の陰で育ち、無期限に優勢になります。極相種の存在は、生態系内の他の種の蔓延を減らすこともできます。[3]しかし、火事などの妨害はクライマックス種を殺し、開拓者またはそれ以前の継承種がしばらくの間再定着することを可能にするかもしれません。[4]極相種は良い競争相手であるが植民地化が不十分であるのに対し、パイオニア種は植民地化が良好であるが競争相手が貧弱であるという意味で、人里植物、逃亡者、日和見主義またはR選択種として知られるパイオニア種の反対です。[5]

一般的な生態学的条件を考えると、極相種は極相群集を支配します生態学的恒常性の結果として遷移のペースが遅くなると、許容される最大の生物多様性に到達します。[6]それらの繁殖戦略および他の適応特性は、日和見的種のものよりも洗練されていると見なすことができます。[7]

負帰還を通じて、彼らは特定の環境条件に適応します。クライマックス種は主に森林に見られます。環境収容力によって厳密に制御されているクライマックス種は、K戦略に従います。この戦略では、種は潜在的な子孫の数を減らしますが、特定の生態学的ニッチの微小環境条件に対してそれぞれの繁殖成功を確保するためにより多くの投資を行いますクライマックス種は、反復性がありエネルギー消費が効率的で、養分循環である可能性があります。[8]

異議のある用語

クライマックス種のアイデアは、最近の生態学の文献で批判されています。[9] 継承状態の評価は、自然火災体制に関する仮定に依存します。しかし、優占種の考え方は、林業プログラムやカリフォルニア州森林保護局の文献 で今でも広く使用されています。

ホワイトスプルースPicea glauca)は、資源が不足している安定した条件に適応する能力があるため、北米の北部の森林におけるクライマックス種の例であり、障害がない場合は北部の森林生態系を支配します。[10]

原生林における極相種の他の例:

も参照してください

参照

  1. ^ Shimano K(2000-02-01)。「パッチモザイク林における開拓者とクライマックス種の森林構造と再生パターンのべき関数」。植物生態学146(2):205–218。土井10.1023 / A:1009867302660ISSN1573-5052 _ S2CID275790 _
  2. ^ Wehenkel C、Bergmann F、Gregorius HR(2006-07-01)。「森林樹木群集における種の多様性と遺伝的多様性の間にトレードオフはありますか?」植物生態学185(1):151–161。土井10.1007/s11258-005-9091-2S2CID20085178_ 
  3. ^ Do HT、Grant JC、Zimmer HC、Trinh BN、Nichols JD(2020-05-29)。「ベトナム南部の湿った落葉性熱帯林を回復するための鍵となるクライマックス種の再生のための場所条件」PLOSONE15(5):e0233524。Bibcode2020PLoSO..1533524D土井10.1371/journal.pone.0233524PMC7259571_ PMID32496962_  
  4. ^ Wehenkel C、Bergmann F、Gregorius HR(2006-07-01)。「森林樹木群集における種の多様性と遺伝的多様性の間にトレードオフはありますか?」植物生態学185(1):151–161。土井10.1007/s11258-005-9091-2ISSN1573-5052_ S2CID20085178_  
  5. ^ Brown S、Dockery J、Pernarowski M(2005年3月)。「競合するパイオニア種とクライマックス種の反応拡散モデルの移動波解」。数学的生物科学194(1):21–36。土井10.1016/j.mbs.2004.10.001PMID15836862_ 
  6. ^ アーネストSK(2008年1月)。「ホメオスタシス」。JørgensenSEでは、Fath BD(編)。エコロジー百科事典オックスフォード:アカデミックプレス。pp。1879–1884。土井10.1016/b978-008045405-4.00507-3ISBN 978-0-08-045405-4
  7. ^ Shimano K(2000-02-01)。「パッチモザイク林における開拓者とクライマックス種の森林構造と再生パターンのべき関数」。植物生態学146(2):205–218。土井10.1023 / A:1009867302660ISSN1573-5052_ S2CID275790_  
  8. ^ McShaffreyD. 「種間の関係」マリエッタ大学。2009年6月16日にオリジナルからアーカイブされました。
  9. ^ 結果、サンノゼウォーターカンパニーが所有するティンバーランドの分析2013年6月17日 ウェイバックマシンアーカイブ2007年4月27日
  10. ^ 「Piceaglauca」www.fs.fed.us。_ 2020年12月3日取得

さらに読む

  • セレックGW(1960年10月)。「クライマックスコンセプト」。植物レビュー26(4):534–45。土井10.1007/BF02940574S2CID25696601 _
  • Drury WH、Nisbet IC(1973)。「継承」 (PDF)アーノルド樹木園のジャーナル54:331–368。
  • ホーンHS(1974年11月)。「二次継承の生態学」。生態学と分類学の年次レビュー5(1):25–37。土井10.1146/annurev.es.05.110174.000325\
  • Swaine MD、Whitmore TC(1988年5月)。「熱帯雨林における生態学的種グループの定義について」。植物生態学スプリンガー。75(1–2):81–86。土井10.1007/BF00044629S2CID37620288 _
  • ブキャナンJR(2005年4月)。「パイオニア/クライマックス種の相互作用における不安定性の調整」。数学的生物科学194(2):199–216。土井10.1016/j.mbs.2004.10.010PMID15854676 _