極相コミュニティ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
米国ミシガン州のウォレンウッズは、ブナカエデの極相林の一例です。ブナ(中央)とサトウカエデ(左下)は、そびえ立つ高さと日陰の耐性のために森を支配しています。

科学生態学では極相群集または極相群集は、植物動物、および菌類の群集歴史的な用語であり 、時間の経過とともに地域の植生の発達における生態遷移のプロセスを通じて、定常状態に達しました。この平衡は、極相群集がその地域の平均的な条件に最もよく適応した種で構成されているために発生すると考えられていました。この用語は、土壌にも適用されることがあります発達。それにもかかわらず、「定常状態」は、特に長いタイムスケールにわたって、実際よりも明白であることがわかっています。それにもかかわらず、それは有用な概念のままです。

地域の気候に関連して定義される単一のクライマックスのアイデアは、1900年代初頭にフレデリッククレメンツに端を発しました。クライマックスのようなものにつながるものとしての継承の最初の分析は、1899年にヘンリー・カウルズによって書かれましたが、継承の理想的なエンドポイントを説明するために「クライマックス」という用語を使用したのはクレメンツでした。[1]

フレデリック・クレメンツによる「クライマックス」の使用

クレメンツは、個々の生物の個体発生的発達に匹敵する生態学的群集の連続的な発達について説明しました[2]クレメンツは、非常に単純な生物との比較のみを提案しました。[3]後の生態学者は、生態学的コミュニティは「超個体」であるというこの考えを発展させ、コミュニティは複雑な生物と相同である可能性があると主張し、各地域に単一のクライマックスタイプを定義しようとした。イギリスの植物学者ArthurTansleyは、このアイデアを「ポリクライマックス」で開発しました。これは、土壌学によって決定された複数の定常状態のエンドポイントです。与えられた気候帯における要因。クレメンツは、これらのエンドポイントをクライマックスではなく別の用語と呼んでおり、定義上、クライマックスの植生は特定の地域の気候に最もよく適応しているため、安定していないと考えていました。ヘンリー・グリーソンのクレメンツの生物の直喩に対する初期の挑戦、および植生を説明するための彼の他の戦略は、1950年代と1960年代の研究によって実質的に立証されるまで、数十年間ほとんど無視されていました(以下)。一方、極相理論は理論生態学と植生管理の両方に深く組み込まれていました。極相前、極相後、極相などのクレメンツの用語そしてdisclimaxは、特定の地域に理想的なクライマックスから逸脱した状態で存続する多くのコミュニティを説明するために引き続き使用されました。

アラスカ州トンガス国有林の極相群集、シトカトウヒ-アメリカツガの森。主な障害は洪水、地滑り、塩水噴霧であり、これらはすべて小さな地域でのみ発生し、比較的安定した平衡を可能にします。[4]

意見は時々彼に帰せられますが、クレメンツは、極相群落が常に発生しなければならない、生態学的群落の異なる種が生理学的に緊密に統合されている、または植物群落が時間または空間に鋭い境界を持っていると主張しませんでした。むしろ、彼は、特定の地域の植生を説明するための概念的な出発点として、理想的な一連の環境条件に最適な植生の形の極相群集のアイデアを採用しました。ある条件に最もよく適応した種が、それらの条件が発生したときにそこに現れるかもしれないと信じるのには十分な理由があります。しかし、クレメンツの仕事の多くは、それらの理想的な条件が発生しないときに何が起こるかを特徴づけることに専念していました。そのような状況では、理想的なクライマックス以外の植生が代わりに発生することがよくあります。しかし、これらのさまざまな種類の植生は、クライマックスの理想からの逸脱として説明することができます。したがって、クレメンツは、植生のさまざまな考えられる原因を説明する理論用語の非常に大きな語彙を開発し、その結果、植生が採用するさまざまな非クライマックス状態になりました。生態学的な複雑さに対処する彼の方法は、理想的な植生の形態、つまり極相群集を定義し、他の形態の植生をその理想からの逸脱として説明することでした。[5]

「クライマックス」の継続使用

極相理論の全体的な放棄にもかかわらず、1990年代に、極相の概念の使用は、一部の理論生態学者の間で再び人気が高まりました。[6]多くの作家や自然愛好家は、「クライマックス」という用語を希薄な形で使用し続けており、そうでなければ成熟した、または原生林と呼ばれる可能性のあるコミュニティを指します「クライマックス」という用語は、海洋大型無脊椎動物群集の後期連続段階の説明としても採用されています。[7]

さらに、一部の現代の生態学者は、かつての在来種の再導入を競争的に妨げる侵入種によって支配される生態系を説明するために、依然として「ディスクライマックス」という用語を使用しています。この概念は、外部の種による植民地化に耐性のある生態系を指すものとして、クレメンツのクライマックスの初期の解釈から借用しています。Disclimaxという用語は、Clements(1936)によって文脈で使用され、真の極相コミュニティへの促進と継承を妨げる人為的現象であるにもかかわらず、自然界で観察できる唯一の極相の例の1つです。[8] [9]

も参照してください

参照

  1. ^ カウルズ、ヘンリーチャンドラー(1899年)。「ミシガン湖の砂丘における植生の生態学的関係」。ボタニカルガゼット27(2):95-117; 27(3):167-202; 27(4):281-308; 27(5):361-391。
  2. ^ クレメンツ、フレデリックE. 1916年。植物の継承:植物の発達の分析。ワシントンDC:ワシントンのカーネギー研究所。
  3. ^ ハーゲン、ジョエルB. 1992年。絡み合った銀行:生態系生態学の起源。ニューブランズウィック:RutgersUniversityPress。
  4. ^ 「アラスカ太平洋の海洋生態系」www.fs.fed.us。_ 2021-05-08を取得
  5. ^ エリオット、クリストファー(2007年3月)。「クレメンツとグリーソンの生態学的説明における方法と形而上学」。科学の歴史と哲学の研究パートC:生物医科学の歴史と哲学の研究38(1):85–109。土井10.1016/j.shpsc.2006.12.006PMID17324810_ 
  6. ^ たとえば、Roughgarden、Jonathan、Robert M. May、SimonA.Levinの編集者を参照してください。1989年。生態学的理論の展望。プリンストン:プリンストン大学出版局。
  7. ^ ローゼンバーグ、R; アグレニウス、S; ヘルマン、B; ニルソン、Hc; Norling、K(2002)。「改善された酸素条件に続くスウェーデンのフィヨルドにおける海洋底生生物の生息地と動物相の回復」マリンエコロジープログレスシリーズ234:43–53。土井10.3354/MEPS234043
  8. ^ クレメンツ、フレデリックE.(1936年2月)。「クライマックスの性質と構造」。エコロジージャーナル24(1):252 . doi10.2307/2256278
  9. ^ Johnson、K. 1984.米国中部で、プレーリーと平野は絶滅し、消えていく蝶。アタラ。10〜12ページ、20〜30ページ

外部リンク