公民権運動

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

公民権運動
Civil Rights March on Washington, D.C. (Leaders marching from the Washington Monument to the Lincoln Memorial) - NARA - 542010.tif
日にち1954–1968 [a]
1968-現在(継続的な市民権の抗議)
位置
アメリカ
のせいで人種差別分離権利剥奪ジム・クロウ法社会経済的不平等
をもたらしました

アメリカ公民権運動[b]は、1954年から1968年にかけて米国で行われた政治運動であり、全米での制度的人種差別差別権利剥奪を廃止するためのキャンペーンでしたこの運動は19世紀後半の復興時代に起源を持っていますが、何年にもわたる直接行動と草の根の抗議の後、1960年代半ばに最大の立法上の利益をもたらしました。社会運動の主要な非暴力的抵抗市民的不服従キャンペーンは、最終的にすべてのアメリカ人の公民権のための連邦法

南北戦争とそれに続く1860年代の奴隷制の廃止の、米国憲法の再建改正により、最近奴隷にされたすべてのアフリカ系アメリカ人に市民権の解放と憲法上の権利が与えられました。短期間、アフリカ系アメリカ人の男性は投票して政権を握りましたが、しばしばいわゆるジム・クロウ法の下で公民権をますます奪われ、アフリカ系アメリカ人は白人至上主義者による差別と持続的な暴力にさらされました。南。次の世紀にわたって、アフリカ系アメリカ人は彼らの法的および市民的権利を確保するためにさまざまな努力をしました(公民権運動(1865–1896)および公民権運動(1896–1954))。1954年、ジム・クロウ法の施行を支援した分離すれども平等な政策は大幅に弱体化し、最終的には合衆国最高裁判所ブラウン対教育委員会の判決およびその後のその他の判決により解体されました。[1] 1955年から1968年の間に、非暴力の大衆抗議と市民的不服従は、危機的状況と活動家と政府当局の間の生産的な対話を生み出した。連邦政府、州政府、地方自治体、企業、およびコミュニティは、これらの状況に即座に対応しなければならないことが多く、全国のアフリカ系アメリカ人が直面している不平等。ミシシッピ州でのシカゴのティーンエイジャー、エメット・ティルリンチと、母親が棺桶の葬式を決意したときに虐待された様子を見て怒りが生じ、全国のアフリカ系アメリカ人コミュニティが活気づきました。[2]抗議および/または市民の不服従の形態には、アラバマでの成功したモンゴメリーバスボイコット(1955–1956)、ノースカロライナでのグリーンズボロ座り込み(1960)などの座り込み」および成功したナッシュビルなどのボイコットが含まれていました。テネシー州の座り込み、1963年の子供の十字軍などの大規模な行進バーミンガムと1965年にアラバマ州でセルマからモンゴメリーへの行進(1965年)、およびその他のさまざまな非暴力活動と抵抗。

アフリカ系アメリカ人が追求した法的戦略の集大成として、1954年にアールウォーレンの指導の下で米国最高裁判所は、人種差別と差別を違憲として合法にすることを許可していた多くの法律を無効にしました。[3] [4] [5] [6]ウォーレン裁判所は、ブラウン対教育委員会(1954)、ハートオブアトランタモーテル社対アメリカ合衆国(1964 )など、人種差別に対する一連の画期的な判決を下しました。 )、および公立学校と公共施設での差別を禁止し、打ち倒したラヴィング対ヴァージニア(1967)異人種間結婚を禁止するすべての州法[7] [8] [9]判決はまた、南部の州で普及している分離主義者の ジム・クロウ法に終止符を打つ上で重要な役割を果たした。[10] 1960年代、運動の穏健派は米国議会と協力して、差別的な法律や慣行を覆し、連邦政府による監視と執行を承認したいくつかの重要な連邦法の成立を達成しました。1964年公民権法[11]は、 Heart of Atlanta Motel、 Inc.v。UnitedStatesの最高裁判所によって支持されました。(1964)、人種、肌の色、宗教、性別、または雇用慣行における出身国に基づくすべての差別を明示的に禁止し、有権者登録要件の不平等な適用を終了し、学校、職場、および公共施設での人種差別を禁止しました。1965年の投票権法は、少数派が有権者として歴史的に過小評価されている地域での登録と選挙の連邦政府による監視を承認することにより、少数派の投票権を回復し保護しました。1968年の公正住宅法は、住宅の販売または賃貸における差別を禁止しました。

アフリカ系アメリカ人は南部で再び政治に参入し、全国の若者は行動を起こすように促されました。1964年から1970年にかけて、黒人コミュニティでの都市内の暴動と抗議の波は、白人の中産階級からの支持を弱めましたが、民間財団からの支持を増やしました。[12] 1965年から1975年まで続いたブラックパワー運動の出現は、その協力的な態度と法家主義非暴力の絶え間ない実践のために確立された黒人指導者に挑戦した代わりに、その指導者たちは、非暴力運動を通じて得られた新しい法律に加えて、黒人コミュニティで政治的および経済的自給自足を発展させなければならないと要求した。ブラックパワー運動への支持は、1960年代半ばの公民権運動のピーク以来ほとんど物質的な改善が見られず、依然として雇用、住宅、教育、政治における差別に直面しているアフリカ系アメリカ人から来ました。市民権運動の多くの人気のある表現は、1964年のノーベル平和賞を受賞したマーティンルーサーキングジュニアのカリスマ的なリーダーシップと哲学に集中しています。非暴力的な抵抗を通じて人種的不平等と闘うため。しかし、一部の学者は、運動があまりにも多様であり、特定の個人、組織、または戦略にクレジットすることができないと指摘しています。[13]

バックグラウンド

南北戦争と復興

南北戦争の前は8人の奉仕する大統領が奴隷を所有し、南部では400万人近くの黒人が奴隷にされたままでした。一般に、財産を持つ白人男性だけが投票でき、1790年の帰化法は米国市民権を白人に制限していました。[14] [15] [16]南北戦争後、奴隷制を終わらせた第13修正(1865年)を含む3つの憲法修正が可決された。黒人に市民権を与え、議会の配分のために彼らの合計を追加した第14修正(1869) 。と第15修正(1870)それは黒人男性に投票する権利を与えました(当時米国では男性だけが投票できました)。[17] 1865年から1877年にかけて、米国は激動の復興期を迎え、その間、連邦政府は奴隷制の終了後、南部で解放奴隷の自由労働と公民権を確立しようとした。多くの白人は社会の変化に抵抗し、クー・クラックス・クランのような反乱運動の形成につながりました。クー・クラックス・クランのメンバーは、白人至上主義を維持するために黒人と白人の共和党員を攻撃しました。1871年、ユリシーズS.グラント大統領、米陸軍、および米国司法長官のエイモスT.アカーマン施行法の下でKKKを抑圧するキャンペーンを開始しました。[18]一部の州は、この法律の連邦措置を実施することに消極的でした。さらに、1870年代初頭までに、アフリカ系アメリカ人の法の下の平等と参政権に激しく反対し、黒人の有権者を威嚇して抑圧し、共和党の役人を暗殺する他の白人至上主義者と反乱を起こした準軍事組織が生まれました。[19] [20]しかしながら、州が法律を実施しなかった場合、法律は連邦政府が関与することを許可した。[20]多くの共和党知事は、戦争を恐れてクランと戦うために黒人民兵隊を派遣することを恐れていた。[20]

再建後の権利剥奪

1876年の選挙で争われ、再建が終了し、連邦軍が撤退した後、南部の白人はこの地域の州議会の政治的支配を取り戻しました。彼らは選挙前と選挙中に黒人を威嚇し、激しく攻撃し続け、投票を抑制しましたが、最後のアフリカ系アメリカ人は、以下に説明するように、地域全体の州による黒人の公民権剥奪の前に南部から議会に選出されました。

ウィル・ジェームス暴徒スタイルのリンチ、イリノイ州カイロ、1909年

1890年から1908年にかけて、南部の州は、有権者登録の障壁を作ることにより、アフリカ系アメリカ人と多くの貧しい白人の権利を剥奪するための新しい憲法と法律を可決しました。黒人と貧しい白人が選挙人名簿から追い出されたため、投票者名簿は劇的に減少しました。白人予備選挙を禁止したスミス対オールライトの画期的な最高裁判所事件(1944年)の後、リムサウスアカディアナでの黒人の政治参加の増加が進展しましたほとんどの黒人はプランテーションの外で働いていました。[22]戦争前の原状アフリカ系アメリカ人を政治システムから排除することは、1960年代半ばに憲法上の投票権の連邦執行を提供するための国家公民権法が可決されるまで、南部の残りの地域、特にノースルイジアナ、ミシシッピ、アラバマで続いた。60年以上の間、南部の黒人は本質的に政治から排除され、議会や地方政府への利益を代表する人を選ぶことができませんでした。[20]彼らは投票できなかったので、地元の陪審員に仕えることができなかった。

この期間中、白人が支配する民主党は南部の政治的支配を維持した。白人が南部の総人口を代表するすべての議席を支配していたため、彼らは議会で強力な投票ブロックを持っていました。共和党(「リンカーンの党」とほとんどの黒人が所属していた党)は、黒人の有権者登録が抑制されたため、アパラチアとオザークの遠隔ユニオニスト地域を除いて、取るに足らないもの縮小まし共和党の百合白運動も黒人を排除することで力をつけた。1965年まで、「ソリッドサウス「白人民主党の下での一党制だった。前述の歴史的なユニオニストの拠点を除いて、民主党の指名は州および地方の選挙に等しい。[23] 1901年、セオドア・ルーズベルト大統領はブッカー・T・ワシントン大統領を招待した。タスケジー研究所ホワイトハウスで食事をし、そこでの公式ディナーに出席した最初のアフリカ系アメリカ人となった。「招待状は南部の政治家や新聞から厳しく批判された。」[24]ワシントンは大統領を説得して、南部の連邦政府のポストにさらに黒人を任命し、州の共和党組織におけるアフリカ系アメリカ人のリーダーシップを高めようと試みた。しかし、これらの行動は、州の政治への望ましくない連邦の侵入として、白人の民主党員と白人の共和党員の両方によって抵抗されました。[24]

1919年のネブラスカ州オマハでの人種暴動の際に切断され火傷を負ったリンチの犠牲者ウィル・ブラウン。はがきやリンチの写真は、アメリカで人気のお土産でした[25]。

アフリカ系アメリカ人が権利を剥奪されていたのと同じ時期に、白人の南部人は法律によって人種的分離を課しました。黒人に対する暴力は増加し、世紀の変わり目に多くのリンチが発生しました。復興後の南部から出現した、デ・ジュリ国家が認可した人種差別と抑圧のシステムは、「ジム・クロウ」システムとして知られるようになりました。合衆国最高裁判所はほぼ完全に北部人で構成され、1896年の判決であるプレッシー対ファーガソンで公共施設での人種的分離を要求する州法の合憲性を支持し、「分離すれども平等」の教義を通じてそれらを正当化した。[26]奴隷制から始まった分離は、ジム・クロウ法に続き、合法的に歩いたり、話したり、飲んだり、休んだり、食べたりできる場所を黒人に示すために使用された標識がありました。[27]人種的に混血した場所では、非白人はすべての白人の顧客が最初にサービスを受けるまで待たなければなりませんでした。[27] 1912年に選出されたウッドロウ・ウィルソン大統領は、南部の内閣のメンバーによる要求に屈し、連邦政府全体で職場の分離を命じた。[28]

20世紀初頭は、リンチの数が最も多かった「アメリカの人種関係の最下層」と呼ばれる時期です。緊張と公民権侵害は南部で最も激しいものでしたが、社会的差別は他の地域のアフリカ系アメリカ人にも影響を及ぼしました。[29]全国レベルでは、南部ブロックは議会の重要な委員会を管理し、リンチに対する連邦法の通過を打ち負かし、南部の白人の数を超えてかなりの権力を行使した。

復興後の特徴:

  • 人種の分離法律により、公共施設と教育などの政府サービスは、別々の「白」と「色付き」のドメインに分割されていました。[30]特徴的に、着色されたものは資金が不足しており、品質が劣っていた。
  • 権利の剥奪白人の民主党員が権力を取り戻したとき、彼らは有権者登録をより制限的にする法律を可決し、本質的に黒人の有権者を選挙人名簿から追い出しました。アフリカ系アメリカ人の有権者の数は劇的に減少し、彼らはもはや代表を選出することができませんでした。1890年から1908年にかけて、旧南軍の南部の州は、数万人のアフリカ系アメリカ人の権利を剥奪する条項を備えた憲法を作成し、アラバマなどの米国の州も貧しい白人の権利を剥奪しました。
  • 搾取囚人貸出制度、ラテン系アメリカ人アジア人による黒人の経済的抑圧の増加、経済的機会の否定、および広範な雇用差別。
  • 暴力。黒人(および南西部のラテン系アメリカ人と西海岸のアジア人)に対する個人、警察、準軍事組織、組織、および暴徒の人種的暴力
1920年代のシカゴ近郊でのKKKナイトラリー

アフリカ系アメリカ人やその他の少数民族はこの体制を拒否しました。彼らは多くの方法でそれに抵抗し、訴訟、新しい組織、政治的救済、および労働組織化を通じてより良い機会を求めました(公民権運動(1896–1954)を参照)。全米有色人地位向上協会NAACP)は、1909年に設立されました。訴訟、教育、ロビー活動を通じて人種差別をなくすために戦いました。その最高の業績はウォーレン裁判所米国の公立学校の分離は違憲であり、含意によって「1896年のプレッシー対ファーガソンで確立された分離すれども同じ教義。 [7] [31]全会一致の最高裁判所の判決を受けて、多くの州が徐々に学校を統合し始めたが、南部の一部の地域は公立学校を完全に閉鎖することに抵抗した。 7] [31]

南部の公共図書館の統合は、より大きな公民権運動の他の要素に見られる技術を使用したデモと抗議に続いた。[32]これには、座り込み、殴打、および白の抵抗が含まれていました。[32]たとえば、1963年にアラバマ州アニストン市で、2人の黒人牧師が公立図書館の統合を試みたとして残酷に殴打された。[32]抵抗と暴力があったが、図書館の統合は一般的に他の公的機関の統合よりも速かった。[32]

国の問題

第一次世界大戦の着色された船員の部屋

南部以外の黒人の状況はやや良かった(ほとんどの州では、住宅や仕事で差別に直面していても、投票して子供たちを教育することができた)。1900年、バージニア州で毎年開催されるハンプトンネグロ会議でマシューアンダーソン牧師は次のように述べています。北部全域、特に都市部では、有色労働者をより高い賃金労働のすべての道から締め出すための明らかな努力があり、南部よりも彼の経済状態を改善することはより困難になっています。」[33]1910年から1970年まで、黒人は南部から北と西に移動することでより良い生活を求めていました。第二次世界大戦中および第二次世界大戦後、合計700万人近くの黒人が大移動として知られている南部を去りました。非常に多くの人々が移住したため、以前は黒人多数派だった州の人口統計が(他の開発と組み合わせて)白人多数派に変わりました。黒人の急速な流入は、北部と西部の都市の人口統計を変えました。ヨーロッパ、ヒスパニック、アジアの移民が拡大した時期に起こったことは、社会的競争と緊張を増し、新しい移民と移民が仕事と住居の場所を求めて戦っていました。

1919年のシカゴ人種暴動の最中に黒人を探していた白人ギャング

第一次世界大戦後の社会的緊張を反映して、退役軍人が労働力に戻るのに苦労し、労働組合が組織されていたため、1919年の赤い夏は、黒人に対する白人の人種暴動の結果として、全米で数百人の死者とより多くの死傷者が出ました。 1919年のシカゴ人種暴動や1919年オマハ人種暴動など、3ダース以上の都市に配置されます犯罪や病気などの都市の問題は、アフリカ系アメリカ人南部の田舎のステレオタイプに基づいて、北部と西部の都市への南部の黒人の大規模な流入のせいにされました。全体として、北部と西部の都市の黒人は体系的な差別を経験しました人生の多くの側面で。雇用の中で、黒人の経済的機会は最も低い地位に導かれ、潜在的な移動が制限されていました。住宅市場では、流入に関連してより強力な差別的措置が採用され、「標的を絞った暴力、制限的な契約レッドライニング人種的操舵」が混在していました。[34]大移動の結果、多くのアフリカ系アメリカ人が都市化され、特に1930年代の大恐慌中のフランクリン・D・ルーズベルト政権のニューディール下での機会のために、共和党から民主党に再編し始めた。[35]ワシントン大行進を始めたアフリカ系アメリカ人の支持者からの圧力を受けて、ルーズベルト大統領は差別を禁止する最初の連邦命令を出し、公正雇用慣行委員会を設立しました。両方の世界大戦後、軍の黒人退役軍人は完全な公民権を要求し、しばしば活動家運動を主導しました。1948年、ハリー・トルーマン大統領は大統領命令9981を発行し、軍隊での分離を終わらせました[36]

黒人が住宅プロジェクトに移動するのを防ごうとしている白人のテナントは、この看板を建てました、デトロイト、1942年。

南部からの黒人の大移動に続いて、住宅の分離は全国的な問題となった。人種的契約は、「白い」近隣を「白い」状態に保つことを主な目的として、細分化全体を「保護」するために多くの不動産開発業者によって採用されました。第二次世界大戦後の数年間に建設された住宅プロジェクトの90%は、そのような契約によって人種的に制限されていました。[37]人種的契約の広範な使用で知られている都市には、シカゴボルチモアデトロイトミルウォーキー[38]ロサンゼルスシアトル、および セントルイス[39]

当該施設は、白人または白人種以外の者に賃貸、賃貸、譲渡、または占有してはならない。

— カリフォルニア州ビバリーヒルズの家の人種的契約。[40]

多くの白人が黒人に対する暴力、脅迫、または法的戦術で自分たちの空間を守った一方で、他の多くの白人は、より人種的に均質な郊外または準郊外地域に移住しました。これは、ホワイトフライトとして知られるプロセスです。[41] 1930年代から1960年代にかけて、全米不動産委員会(NAREB)は、不動産業者が「性格、財産、居住者、人種や国籍を問わず、近所に紹介するのに役立つことは決してない」と規定したガイドラインを発行しました。 、またはその存在が近隣の資産価値に明らかに有害である個人。」その結果、真っ黒なゲットーが開発されました。多くの住宅が古かった北と西、そして南で。[42]

最初の異人種間混交防止法は、1691年にメリーランド州議会で可決され、異人種間結婚を犯罪化しました。[43] 1858年にイリノイ州チャールストンで行われた演説で、エイブラハムリンカーンは次のように述べています。 "。[44] 1800年代後半までに、38の米国の州が異人種間混交防止法を制定した。[43] 1924年までに、異人種間結婚の禁止は29の州でまだ施行されていた。[43]異人種間結婚は1948年以来カリフォルニアで合法であったが、1957年に俳優のサミーデイビスジュニア。白人女優のキム・ノヴァクとの関わりで反発に直面した[45]デイビスは、暴徒の暴力から身を守るために、1958年に黒人ダンサーと簡単に結婚した。[45] 1958年、バージニア州の将校はミルドレッドとリチャード・ラビングの家に入り、「白人は有色人と交際する」、またはその逆に基づいて、異人種間のカップルとして同棲するためにベッドから引きずり出した。各党は「重罪で有罪となり」、5年の懲役に直面する。[43]

ブラウンの勝利によって活気づけられ、即時の実用的な効果の欠如に不満を感じた民間人は、分離をもたらすための主要なツールとして漸進的で合法的なアプローチをますます拒否しました彼らは、人種分離と有権者抑圧の支持者によって南部で「大規模な抵抗」に直面した。反抗して、アフリカ系アメリカ人の活動家は、直接行動非暴力非暴力抵抗、および市民的不服従と呼ばれる多くの出来事の組み合わせ戦略を採用し、1954年から1968年の市民権運動を引き起こしました。

A.フィリップ・ランドルフは、防衛産業における雇用差別の撤廃の要求を支援するために、1941年にワシントンDCで行進を計画していました。彼は、ルーズベルト政権が人種差別を禁止する大統領命令8802を発行し、命令の遵守を監督する機関を設立することによって要求に応えたとき、行進を中止した。[46]

抗議が始まる

20世紀前半の公民権運動を代表していた公教育、立法ロビー活動、訴訟の戦略は、ブラウンの後、「直接行動」を強調する戦略にまで拡大しました。ボイコット、座り込みフリーダムライド、行進、散歩、そして大衆の動員、非暴力の抵抗、列に並んでいること、そして時には市民的不服従に依存した同様の戦術。[47]

教会、地元の草の根組織、友愛団体、黒人経営の企業がボランティアを動員して、幅広い活動に参加しました。これは、NAACPやその他の人々が使用していた法廷での挑戦を開始するという従来のアプローチよりも、より直接的で潜在的に迅速な変化を生み出す手段でした。

1952年、黒人外科医、起業家、プランターであるTRMハワードが率いる地域黒人リーダーシップ評議会(RCNL)は、ミシシッピ州で黒人用トイレの提供を拒否したガソリンスタンドのボイコットを成功させました。ハワードはRCNLを通じて、ミシシッピ州のハイウェイパトロールによる残虐行為を暴露し、黒人が所有するナッシュビルのトライステート銀行に預金するよう黒人に奨励するキャンペーンを主導しました。ホワイトシチズンズカウンシルによる「クレジットスクイーズ」[48]

1955年3月にアラバマ州モンゴメリーバスの座席を放棄しなかったためにクローデットコルビンが逮捕された後、バスボイコットが検討され、拒否されました。しかし、12月にローザパークスが逮捕されたとき、モンゴメリー女性政治評議会のジョーアンギブソンロビンソンはバスボイコット抗議を発動させました。その夜遅く、彼女、ジョン・キャノン(アラバマ州立大学のビジネス学部の会長)と他の人々は、ボイコットを要求する何千ものリーフレットを謄写版で配布しました。[49] [50]ボイコットの最終的な成功により、そのスポークスマンはマーティンルーサーキングジュニアになりました。、全国的に知られている人物。また、1956年から57年にかけて成功したフロリダ州タラハシーのボイコットなど、他のバスボイコットにも影響を与えました。[51]

1957年、モンゴメリ改善協会の指導者であるキングとラルフアバナシーは、タラハシーのC.K.スティールやバトンルージュのT.J.ジェミソンなど、同様のボイコット活動を主導した他の教会指導者や、フレッドシャトルワースエラなどの他の活動家と合流しました。ベイカーA。フィリップランドルフバイヤードラスティンスタンリーレビソン、南部キリスト教指導会議(SCLC)を結成。ジョージア州アトランタ本社を置くSCLC、NAACPのように支部のネットワークを作成しようとはしませんでした。それは、分離と戦うための地元の努力のための訓練とリーダーシップ支援を提供しました。本部組織は、そのようなキャンペーンを支援するために、主に北部の資金源から資金を調達しました。それは、その中心的な信条と人種差別に立ち向かうその主要な方法の両方を非暴力にしました。

1959年、セプティマクラーク、バーニスロビンソン、エサウジェンキンスは、テネシー州にあるマイルスホートンハイランダーフォークスクールの助けを借りて、サウスカロライナ州シー諸島で最初の市民権学校を始めました彼らは、黒人が投票テストに合格できるようにするための識字能力を教えました。このプログラムは大成功を収め、ジョンズ島の黒人有権者の数は3倍になりました。SCLCがプログラムを引き継ぎ、その結果を他の場所に複製しました。

歴史

ブラウン対教育委員会、1954年

1951年の春、バージニア州の黒人学生は、州の隔離された教育システムにおける彼らの不平等な地位に抗議しました。モートン高校の生徒たちは、過密状態と施設の故障に抗議しました。[52] NAACPの一部の地元の指導者は、学校分離のジムクロウ法に対する抗議から撤退するように生徒を説得しようとした。生徒たちが動揺しなかったとき、NAACPは学校の分離との戦いに加わりました。NAACPは、学校制度に異議を唱える5件の訴訟を進めました。これらは後にブラウン対教育委員会として今日知られているものの下で結合されました[52]ウォルター・ルーサーのリーダーシップの下で、全米自動車労働組合最高裁判所でのNAACPの取り組みの支払いを支援するために75,000ドルを寄付しました。[53]

1954年、アールウォーレン裁判長の下の合衆国最高裁判所は、公立学校での人種的分離は違憲であると満場一致で裁定しました。

1954年5月17日、アールウォーレン最高裁判所長官、カンザス州トピーカのブラウン対教育委員会で、公立学校を人種によって隔離することを義務付け、さらには許可することは違憲であると満場一致で裁定しました。[7]ウォーレン裁判長は、裁判所の多数意見で[7] [31]

公立学校での白人と有色の子供たちの分離は、有色の子供たちに有害な影響を及ぼします。法律の制裁がある場合、影響はより大きくなります。人種を分離するという方針は、通常、ニグログループの劣等性を示すものとして解釈されます。[54]

NAACPの弁護士は、ブラウン対教育委員会の訴訟に勝つために、もっともらしい証拠を収集する必要がありました学校の分離の問題に取り組む彼らの方法は、いくつかの議論を列挙することでした。1つは、学校環境で異人種間の接触にさらされることに関係していました。異人種間の接触は、次に、人種に関して社会が及ぼす圧力に耐える子供たちを準備するのに役立ち、それによって子供たちに民主主義に生きるより良いチャンスを与えると主張されました。さらに、別の議論は、「「教育」が人間の精神的、肉体的、道徳的な力と能力を開発し訓練するプロセス全体をどのように理解するか」を強調しました。[55]

Risa Goluboffは、NAACPの意図は、アフリカ系アメリカ人の子供たちが学校の分離の犠牲者であり、彼らの将来が危険にさらされていることを裁判所に示すことであったと書いています。裁判所は、一般に「分離すれども同等」の基準を確立したプレッシー対ファーガソン(1896)と、その基準を学校に適用した カミング対リッチモンド郡教育委員会(1899)の両方が違憲であるとの判決を下しました。

連邦政府は、冷戦時代のアメリカのイメージに分離が及ぼした影響を検討するよう裁判官に求めた事件で、裁判所の友人に概要書面を提出しました。国務長官のディーン・アチソンは、 「米国は、この国でのさまざまな差別慣行のために、外国の報道機関、外国のラジオ、および国連などの国際機関で絶えず攻撃を受けている」と述べた。[56] [57]

翌年、ブラウンIIとして知られる事件では、裁判所は、「すべての意図的なスピードで」、時間の経過とともに分離を段階的に廃止するよう命じました。[58] ブラウン対教育委員会、カンザス州トピーカ(1954)は、プレッシー対ファーガソン(1896)を覆しませんでした。プレッシー対ファーガソンは輸送モードでの分離でした。ブラウン対教育委員会は、教育における分離を扱った。ブラウン対教育委員会は、「分離すれども」の将来の転覆を開始しました。

学校統合、バーナードスクール、ワシントンDC、1955年

1954年5月18日、ノースカロライナ州グリーンズボロは、最高裁判所のブラウン対教育委員会の判決に従うことを公に発表した南部で最初の都市になりました。「私たちが合衆国の法律を[無効にする]ことを試みることは考えられない」と教育委員会の監督ベンジャミン・スミスは述べた。[59]ブラウンに対するこの前向きな歓迎は、1953年にアフリカ系アメリカ人のデビッド・ジョーンズが教育委員会に任命されたこととともに、グリーンズボロが進歩的な方向に向かっていることを多くの白人と黒人の市民に確信させた。グリーンズボロでの統合は、アラバマ州、アーカンソー州、バージニア州などの南部の州でのプロセスと比較して、かなり平和的に発生しました。「バージニア州では、一部の郡が統合ではなく公立学校を閉鎖し、公立学校に通っていた生徒を収容するために多くの白人クリスチャン私立学校が設立されました。グリーンズボロでも、多くの地元の抵抗がありました。分離への移行が続き、1969年に連邦政府は市が1964年の市民権法に準拠していないことを発見しました。完全に統合された学校システムへの移行は1971年まで始まりませんでした。[59]

多くの北部の都市にも事実上の分離政策があり、その結果、黒人と白人のコミュニティの間で教育資源に大きな隔たりが生じました。たとえば、ニューヨークのハーレムでは、世紀の変わり目以降、新しい学校は1つも建設されませんでした。また、第二次大移住が過密状態を引き起こしていたとしても、保育園は1つも存在しませんでした。既存の学校は老朽化する傾向があり、経験の浅い教師が配置されていました。ブラウンは、NAACPの支援を受けて、ブラウン市と州に対して訴訟を成功させたメイ・マロリーのようなニューヨーク市の両親の間で活動を刺激するのを助けました。原則。マロリーと他の何千人もの親は、1959年に学校のボイコットで訴訟の圧力を強めました。ボイコットの間に、その期間の最初のフリーダムスクールのいくつかが設立されました。市はキャンペーンに対応して、質の高い歴史的に白い学校へのより多くのオープンな転校を許可しました。(しかし、ニューヨークのアフリカ系アメリカ人コミュニティ、および一般的に北部の分離活動家は、現在、ホワイトフライトの問題に取り組んでいることに気づきました。)[60] [61]

エメット・ティルの殺害、1955年

1955年に息子の葬式でエメットティルの母親のマミー(中央)。白人女性が家族の食料品店で彼女を怒らせたと非難した後、彼は白人男性に殺されました。

シカゴ出身の14歳のアフリカ系アメリカ人、エメットティルは、夏の間、ミシシッピ州マネーの親戚を訪ねました。彼はミシシッピ文化の規範に違反する小さな食料品店で白人女性のキャロリン・ブライアントと交流し、ブライアントの夫ロイと彼の異母兄弟のJWミラムは若いエメットティルを残酷に殺害したとされています。彼らは彼を殴り、切断した後、彼の頭を撃ち、 タラハッチー川に彼の体を沈めた。3日後、ティルの遺体が発見され、川から回収されました。エメットの母親、メイミー・ティル[ 62]が息子の遺体を特定するようになった後、彼女は「私が見たものを人々に見てもらいたい」と決心しました。[63]その後、ティルの母親は遺体をシカゴに持ち帰り、葬儀中に何千人もの訪問者が敬意を表するために到着した棺桶に遺体を展示しました。[63]ジェットの葬式での画像のその後の出版は、アメリカの黒人に向けられていた暴力的な人種差別を鮮明に詳細に表示するための公民権時代の決定的な瞬間として信じられています。[64] [63]アトランティックのコラムで、ヴァンR.ニューカークは次のように書いている。「彼の殺人者の裁判は、白人至上主義の専制政治を照らすページェントになった」。[2]ミシシッピ州は2人の被告を裁判にかけたが、彼らは真っ白な陪審員によって無罪判決を受けた。[65]

「エメットの殺害」と歴史家のティム・タイソンは書いている。[66]棺桶を開けた葬式を行うという母親の決定に対する内臓の反応は、全米の黒人コミュニティを動員した[2]殺人とその結果としての裁判は、数人の若い黒人活動家の見解に著しく影響を与えた。[66] ジョイス・ラッドナーはそのような活動家を「エメット・ティル世代」と呼んだ。エメット・ティルが殺害されてから100日後、ローザ・パークスはアラバマ州モンゴメリーのバスの座席を放棄することを拒否した。[67]パークスは後にティルの母親に、彼女の席にとどまるという彼女の決定は、ティルの残忍な遺体を今でも鮮明に思い出しているイメージによって導かれたことを知らせました。[67]ティルのシカゴの葬式に使用されたガラス張りの棺は、2009年に墓地のガレージで発見されました。ティルは2005年に発掘された後、別の棺に再埋葬されました。スミソニアン国立アフリカ系アメリカ人文化歴史博物館で、現在展示されています。[69] 2007年、ブライアントは1955年に彼女の物語の最もセンセーショナルな部分を作り上げたと述べた。[64] [70]

ローザパークスとモンゴメリーバスボイコット、1955年から1956年

白人にバスの座席を譲らなかったために逮捕された後、指紋をとられているローザ・パークス

1955年12月1日、15歳の高校生であるクローデットコルビンがアラバマ州モンゴメリーの公共バスで白人の乗客に席を譲ることを拒否し、逮捕されてから9か月後、ローザパークスは同じことをしました。もの。公園はすぐに結果として生じたモンゴメリーバスボイコットの象徴となり、全国的な宣伝を受けました。彼女は後に「公民権運動の母」として歓迎された。[71]

パークスはモンゴメリーNAACP支部の書記官であり、最近、テネシー州のハイランダーフォークスクールでの会議から戻ってきました。そこでは、戦略としての非暴力がマイルスホートンなどによって教えられました。パークスが逮捕された後、アフリカ系アメリカ人はモンゴメリーバスボイコットを集めて組織し、乗客が平等に扱われるバスシステムを要求しました。[72]この組織は、バスシステムをボイコットする機会を待っていた女性政治評議会のメンバーであるジョーアンロビンソンによって率いられました。ローザパークスの逮捕後、ジョーアンロビンソンはボイコットを要求する52,500枚のリーフレットを謄写版で作成しました。それらは市中に配布され、公民権指導者の注目を集めるのに役立ちました。市が提案された改革の多くを拒否した後、 EDニクソンが率いるNAACP、公共バスの完全な分離を推進。モンゴメリーの5万人のアフリカ系アメリカ人のほとんどの支援を受けて、ボイコットは381日間続き、アフリカ系アメリカ人と白人を公共バスで分離する地方条例が廃止されました。モンゴメリーのアフリカ系アメリカ人の90%がボイコットに参加しました。これは、乗客の大多数を占めるため、バスの収益を大幅に減少させました。この動きはまた、 1956年のシュガーボウルに至るまでの暴動を引き起こしました[73] 1956年11月、合衆国最高裁判所は、ブラウダー対ゲイルの場合の地方裁判所の判決を支持し、モンゴメリーのバスを分離するよう命じ、ボイコットを終わらせた。[72]

地元の指導者たちは、彼らの努力に集中するためにモンゴメリ改善協会を設立しました。マーティンルーサーキングジュニアがこの組織の会長に選出されました。長い抗議は彼と都市のために国民の注目を集めました。クリスチャンの兄弟愛とアメリカのイデオロギーに対する彼の雄弁な訴えは、南部の内外の人々に前向きな印象を与えました。[50]

リトルロック危機、1957年

アーカンソー州リトルロックで危機が発生し、アーカンソー知事が9月4日、統合学校である リトルロック中央高校に通う権利を求めて訴えた9人のアフリカ系アメリカ人学生の入場を阻止するために国家警備隊呼びかけました。[74]デイジー・ベイツの指導の下で、9人の学生は彼らの優れた成績のために中央高校に出席するために選ばれました。

学校の初日、15歳のエリザベスエックフォードは、学校に行く危険性についての電話を受けなかったために現れた9人の学生のうちの1人だけでした。学校の外で白人の抗議者に嫌がらせを受けているエックフォードの写真が撮られ、警察は彼女を保護するためにパトカーに連れて行かなければなりませんでした。[75]その後、9人の学生は学校に相乗りし、軍人にジープで護衛されなければならなかった。

白人の両親はリトルロックの学校を統合することに反対します

フォーバスは宣言された分離主義者ではありませんでした。その後、州の政治を支配していたアーカンソー州民主党は、アーカンソー州をブラウンの決定に準拠させることを調査することを彼が示した後、フォーバスに大きな圧力をかけた。その後、フォーバスは統合と連邦裁判所の判決に反対した。フォーバスの抵抗は、連邦裁判所の命令を執行することを決意したドワイト・D・アイゼンハワー大統領の注目を集めました。批評家たちは、公立学校の分離を目的として、せいぜい生ぬるい彼だと非難した。しかし、アイゼンハワーはアーカンソー州の州兵を連邦化し、兵舎に戻るように命じました。アイゼンハワーは第101空挺師団の要素を配備しました学生を保護するためにリトルロックに。

生徒たちは過酷な条件で高校に通った。彼らは、初日に学校に到着し、残りの年は他の生徒からの嫌がらせに耐えるために、唾を吐き、白人を嘲笑するガントレットを通過しなければなりませんでした。連邦軍はクラスの合間に生徒を護衛しましたが、兵士がいないときは生徒はからかわれ、白人の生徒にさえ攻撃されました。リトルロック高校事件の1人であるミニジャンブラウンは、学校給食の列で彼女に嫌がらせをしている白人の学生の頭に唐辛子のボウルをこぼしたために停止されました。その後、彼女は白人の女子学生を言葉で虐待したために追放された。[76]

リトルロック高校のアーネストグリーンだけが中央高校を卒業しました。1957年から1958年の学年が終わった後、リトルロックは統合を続けるのではなく、公立学校のシステムを完全に閉鎖しました。南部の他の学校制度もそれに続いた。

非暴力と非暴力の訓練の方法

「アフリカ系アメリカ人の公民権」時代と見なされていた期間中、抗議の主な使用は非暴力的または平和的でした。[77]しばしば平和主義と呼ばれる非暴力の方法は、社会にプラスの影響を与える試みであると考えられています。人種差別の行為は歴史的に米国全体で発生しましたが、おそらく最も暴力的な地域は旧南軍の州でした。1950年代から1960年代にかけて、公民権運動に対する非暴力的な抗議は明確な緊張を引き起こし、国民の注目を集めました。

身体的および心理的に抗議に備えるために、デモ参加者は非暴力の訓練を受けました。元公民権活動家のブルース・ハートフォードによると、非暴力訓練には2つの主要な部門があります。非暴力の方法とそれが有用であると考えられる理由を理解することを含む哲学的方法があり、最終的にデモ参加者に「抗議者になる方法-座る方法、ピケットする方法、方法攻撃から身を守り、人々が人種差別主義者の侮辱をあなたの顔に叫び、あなたに物を注ぎ、あなたを殴るときに冷静さを保つ方法についての訓練を与えます」(公民権運動アーカイブ)。アメリカの公民権運動における非暴力の哲学的方法は、主にマハトマ・ガンディーインド独立運動への彼の関与中の「非協力」政策は、国民が「事前に介入する」か、「取るべき行動を支持するために国民に圧力をかける」ように注目を集めることを目的としていた(Erikson、415 )。ハートフォードが説明しているように、哲学的な非暴力の訓練は、「危機と暴力に対する個人の態度と精神的反応を形作る」ことを目的としています(公民権運動アーカイブ)。ハートフォードと彼のような活動家は、戦術的非暴力の訓練を受けており、身体の安全を確保し、規律を植え付け、デモ参加者にデモの方法を教え、デモ参加者間の相互信頼を形成するために必要であると考えました(公民権運動アーカイブ)。[77] [78]

多くの人にとって、非暴力的な抗議の概念は生き方、文化でした。しかし、誰もがこの概念に同意したわけではありません。元SNCC (そして後にブラックパンサー)のメンバーであり、非暴力のトレーナーであるジェームズ・フォーマンは、そうしなかった人々の中にいました。フォーマンは自伝 『黒人革命家のメイキング』で、非暴力の方法についての彼の見解を「厳密に戦術であり、制限のない生き方ではない」と明らかにした。同様に、SNCCの積極的なメンバーでもあったボブ・モーゼズは、非暴力の方法が実用的であると感じました。著者のロバート・ペン・ウォーレンにインタビューされたとき、モーセは「彼(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)に疑いの余地はありません。)大衆に多大な影響を及ぼしました。しかし、私はそれが愛の方向にあるとは思いません。それは実用的な方向にあります。。」(誰が黒人のために話すのか?ウォーレン)。[79] [80]

American Political Science Reviewの2020年の調査によると、非暴力の市民権抗議は、近隣の郡の大統領選挙で民主党の投票シェアを押し上げましたが、暴力的な抗議は、暴力的な抗議に近い郡の共和党員に対する白人の支持を大幅に押し上げました。[81]

座り込み、1958〜1960

1958年7月、NAACP青年評議会は、カンザス州ウィチタのダウンタウンにあるDockumドラッグストアのランチカウンターで座り込みを後援しました3週間後、この運動により、店舗は分離席のポリシーを変更することに成功し、その後すぐにカンザス州のすべてのDockum店舗が分離されました。この動きは、同じ年にクララ・ルーパーが率いるオクラホマシティのカッツドラッグストアでの学生の座り込みによってすぐに続き、これも成功しました。[82]

1960年2月10日、ノースカロライナ州ダーラムのウールワースでの学生の座り込み

ノースカロライナ州グリーンズボロにあるウールワースの店で、地域の大学のほとんどの黒人学生が座り込みをしました[83] 1960年2月1日、真っ黒な大学であるノースカロライナ農業技術大学の4人の学生、エゼルA.ブレアジュニア、デビッドリッチモンド、ジョセフマクニールフランクリンマケイン隔離されたランチカウンターに腰を下ろした。アフリカ系アメリカ人をそこで食事を提供することから排除するというウールワースの方針に抗議する。[84]4人の学生は店の他の場所で小物を購入してレシートを保管し、次にランチカウンターに座って出されるように頼みました。サービスを拒否された後、彼らは領収書を作成し、ランチカウンターではなく、店内の他の場所でお金が良い理由を尋ねました。[85]

抗議者たちは、プロの服装をし、静かに座り、他のすべてのスツールを占有して、潜在的な白人の共感者が参加できるようにすることを奨励されていまし[86] [87] テネシー州ナッシュビル; ジョージア州アトランタ。[88] [89]これらの中で最もすぐに効果があったのはナッシュビルで、そこでは何百人ものよく組織され、高度に訓練された大学生がボイコットキャンペーンと協調して座り込みを行った。[90] [91] 南部の学生が地元の店のランチカウンターに「座り込み」始めたとき、警察や他の当局者は時々残忍な力を使ってデモ参加者をランチ施設から物理的に護衛しました。

「座り込み」手法は新しいものではありませんでした。1939年まで、アフリカ系アメリカ人の弁護士サミュエルウィルバートタッカーは、当時隔離されていたバージニア州アレクサンドリアの図書館で座り込みを組織しました。[92] 1960年、この技術は国民の注目を集めることに成功した。[93] 1960年3月9日、アトランタ大学センターの学生グループは、アトランタ憲法アトランタジャーナルアトランタデイリーワールドなどの新聞に全ページ広告として人権の訴えを発表しました。[94]人権アピール委員会として知られている(COAHR)、グループはアトランタ学生運動を開始し、1960年3月15日から座り込みを主導し始めた。[89] [95] 1960年の終わりまでに、座り込みのプロセスはすべての南部と国境に広がった。、そして黒人を差別し たネバダイリノイオハイオの施設にさえ。

デモンストレーターは、ランチカウンターだけでなく、公園、ビーチ、図書館、劇場、美術館、その他の公共施設にも焦点を当てました。1960年4月、これらの座り込みを主導した活動家は、SCLC活動家のエラベイカーから、ノースカロライナ州ローリーにある歴史的黒人大学であるショー大学で会議を開くよう招待されましたこの会議は、学生非暴力調整委員会(SNCC)の形成につながりました。[96]SNCCは、これらの非暴力的対立の戦術をさらに発展させ、フリーダムライドを組織しました。憲法が州間通商を保護したので、彼らは州間バスと公共バス施設での分離に異人種間のチームを配置することによって、北から分離された南を通って移動することに挑戦することを決定しました。[97]

フリーダムライド、1961年

フリーダムライドは、州間高速道路のバスで、州間高速道路を利用する乗客にとって人種差別は違憲であるとの判決を下した合衆国最高裁判所の判決Boyntonv。Virginia (1960)をテストするための州間バスでの市民権活動家による旅でした。COREが主催した、1960年代の最初のフリーダムライドは1961年5月4日にワシントンDCを出発し、5月17日にニューオーリンズに到着する予定でした。[98]

最初とその後のフリーダムライドの間、活動家はバスの座席パターンを統合し、トイレや噴水を含むバスターミナルを分離するためにディープサウスを旅しました。それは危険な使命であることが証明されました。アラバマ州アニストンでは1台のバスが焼夷弾を受け、乗客は命をかけて逃げることを余儀なくされました。[99]

暴徒がバーミンガムのフリーダムライダーを打ち負かします。この写真は、同じく殴打され、カメラが破壊された地元のジャーナリストからFBIによって回収されました。

アラバマ州バーミンガムでFBIの情報提供者は、公安局長のEugene "Bull" ConnorがKuKlux Klanのメンバーに、警察に「保護」させる前に、フリーダムライダーの次のグループを攻撃するために15分を与えたと報告しました。ライダーたちは「ブルドッグが彼らを捕まえたように見えるまで」激しく殴打された。白人の活動家であるジェームズ・ペックはひどく殴打されたため、頭に50針を必要としました。[99]

アラバマ州モンゴメリーでの同様の出来事で、フリーダムライダーはローザパークスの足跡をたどり、バーミンガムから統合されたグレイハウンドバスに乗りました。彼らは平和的に州間バスの分離に抗議していたが、大きな白い暴徒が彼らの活動のために彼らを攻撃したので、彼らはモンゴメリーで暴力に遭遇した。彼らは巨大な2時間の暴動を引き起こし、22人の負傷者を出し、そのうち5人が入院した。[100]

アニストンとバーミンガムでの暴徒の暴力は一時的に乗り物を止めました。ナッシュビルのSNCC活動家は、バーミンガムからニューオーリンズへの旅を続けるために新しいライダーを連れてきました。アラバマ州モンゴメリーグレイハウンドバスステーションで、暴徒が別のバスロードのライダーを充電し、ジョンルイス[101]を木枠で無意識にノックライフフォトグラファードンアーブロックを自分のカメラで顔にぶつけた。フィスク大学の白人学生であるジェームズ・ツヴェルグ[102]を取り囲み、スーツケースで顔を殴り、歯をノックアウトした。[99]

1961年5月24日、フリーダムライダーはミシシッピ州ジャクソンへの乗車を続け、 「白のみ」の施設を使用して「治安妨害」で逮捕されました。新しいフリーダムライドは多くの異なる組織によって組織され、南部に流れ続けました。ライダーがジャクソンに到着したとき、彼らは逮捕されました。夏の終わりまでに、300人以上がミシシッピ州で投獄されました。[98]

..疲れたライダーがジャクソンに到着し、「白のみ」のトイレとランチカウンターを使おうとすると、彼らは治安妨害と役員に従うことの拒否で直ちに逮捕されます。ミシシッピ州知事のロス・バーネットは、分離を擁護していると述べています。「神が彼を罰するために彼を異なったものにしたので、ニグロは異なります。」ロックアップから、ライダーは「刑務所の保釈」を発表します—彼らは違憲の逮捕と違法な有罪判決に対して罰金を支払うことはありません—そして刑務所にとどまることによって彼らは問題を存続させます。各囚人は39日間刑務所に留まります。これは、逮捕、裁判、有罪判決の違憲性を訴える権利を失うことなく奉仕できる最長の時間です。39日後、彼らは上訴を提出し、保証金を提出します... [103]

投獄されたフリーダムライダーは厳しく扱われ、小さな汚い細胞に詰め込まれ、散発的に殴打されました。ジャクソンでは、何人かの男性囚人が100°F(38°C)の暑さの中で重労働を強いられました。他の人々はパーチマンのミシシッピ州立刑務所に移送され、そこで過酷な条件に扱われました。時々、男性は壁から「リストブレーカー」によって吊り下げられました。通常、暑い日には細胞の窓がしっかり閉まり、呼吸が困難になります。

国民の共感とフリーダムライダーへの支持により、ジョンF.ケネディ政権は州際通商委員会(ICC)に新しい分離命令を出すよう命じました。新しいICC規則が1961年11月1日に発効したとき、乗客はバスのどこにでも座ることが許可されていました。「白」と「色付き」の標識がターミナルに降りてきました。個別の水飲み場、トイレ、待合室が統合されました。ランチカウンターは肌の色に関係なく人々にサービスを提供し始めました。

学生運動には、ひたむきな活動家であるジョン・ルイスのような有名な人物が関わっていました。ジェームズ・ローソン[104]非暴力の理論と戦術の尊敬される「教祖」。ダイアン・ナッシュ[105]正義の明確で勇敢な公のチャンピオン。ミシシッピ州の投票登録のパイオニアであるボブ・モーゼズ。ジェームズ・ベベルは、熱烈な説教者であり、カリスマ的な主催者、ストラテジスト、ファシリテーターです。他の著名な学生活動家には、ディオン・ダイアモンド[106] チャールズ・マクデューバーナード・ラファイエット[107] チャールズ・ジョーンズロニー・キングジュリアン・ボンド[108] ホージア・ウィリアムズ、およびストークリー・カーマイケル

投票者登録の整理

フリーダムライドの後、アムジームーアアーロンヘンリーメドガーエヴァースなど、ミシシッピ州の地元の黒人指導者は、SNCCに黒人有権者の登録を支援し、州の政治権力の一部を獲得できるコミュニティ組織を構築するよう要請しました。ミシシッピ州は1890年に人頭税、居住要件、識字率テストなどの条項で新憲法を批准して以来、登録をより複雑にし、選挙人名簿と投票から黒人を取り除いた。また、選挙時の暴力は以前は黒人投票を抑制していました。

20世紀半ばまでに、黒人の投票を防ぐことは、白人至上主義の文化の不可欠な部分になりました。1959年6月と7月、テネシー州ファイエット郡の黒人コミュニティのメンバーがファイエット郡市民福祉連盟を結成しました。投票に拍車をかける。当時、郡内には16,927人の黒人がいましたが、過去7年間に投票したのは17人だけでした。1年以内に約1,400人の黒人が登録し、白人コミュニティは厳しい経済的報復で対応しました。ホワイトシチズンズカウンシルは、登録ロールを使用して、登録されたすべての黒人有権者のブラックリストを配布し、銀行、地元の店舗、ガソリンスタンドが共謀して登録された黒人有権者の基本的なサービスを拒否できるようにしました。さらに、投票に登録した小作黒人は家から追い出されていました。全体として、小作農立ち退きの数は257家族に達し、その多くは1年以上もの間仮設テントシティーに住むことを余儀なくされました。最後に、1960年12月、[109]翌年、マコームと州の南西隅にある周辺の郡での最初の有権者登録プロジェクト。彼らの努力は、州および地方の法執行官、白人市民会議、およびクー・クラックス・クランからの暴力的な弾圧に見舞われた。活動家は殴打され、地元住民は何百人も逮捕され、投票活動家のハーバート・リーは殺害されました。[110]

ミシシッピ州では黒人の有権者登録に対する白人の反対が非常に強かったため、自由運動活動家は、州のすべての公民権団体が成功のチャンスを得るために協調した努力で団結しなければならないと結論付けました。1962年2月、SNCC、CORE、およびNAACPの代表者が、連合組織評議会(COFO)を結成しました。その後の8月の会議で、SCLCはCOFOの一部になりました。[111]

1962年の春、投票者教育プロジェクトからの資金で、SNCC / COFOは、グリーンウッド周辺のミシシッピデルタ地域、およびハティスバーグローレルホリースプリングス周辺の地域で投票者登録の組織化を開始しましたマコームのように、彼らの努力は、逮捕、殴打、銃撃、放火、殺人などの激しい反対に直面した。レジストラは、識字能力テストを使用して、高学歴の人々でさえ満たすことができない基準を作成することにより、黒人を投票の役割から遠ざけました。さらに、雇用主は登録しようとした黒人を解雇し、家主は彼らを賃貸住宅から追い出しました。[112]これらの行動にもかかわらず、その後の数年間で、黒人投票者登録キャンペーンは州全体に広がりました。

ルイジアナ州アラバマ州、ジョージア州南西部サウスカロライナ州で、SNCC、CORE、SCLCが同様の投票者登録キャンペーンを開始しました1963年までに、南部での有権者登録キャンペーンは、分離の取り組みと同様に自由運動に不可欠でした。1964年の公民権法の成立後[11]州の障壁にもかかわらず有権者登録を保護し、促進することが運動の主な取り組みとなった。その結果、1965年の投票権法が可決されました。この法律には、すべての市民に投票する憲法上の権利を行使する規定がありました。

ミシシッピ大学の統合、1956年から1965年

1956年以降、朝鮮戦争の黒人退役軍人であるクライドケナードは、 GI法案の下ハティスバーグのミシシッピサザンカレッジ(現在のサザンミシシッピ大学)に入学したいと考えていました。大学の学長であるウィリアム・デイビッド・マケインは、地元の黒人指導者と分離主義国家の政治的確立に訴えることによって彼の登録を防ぐために、ミシシッピ州主権委員会を使用しました。[113]

国の資金による組織は、分離主義者の政策を積極的に描写することにより、公民権運動に対抗しようとした。さらに重要なことに、それは活動家に関するデータを収集し、彼らを合法的に嫌がらせし、彼らの仕事を脅かす(または彼らに仕事を失う)ことによって彼らに対して経済的ボイコットを使用して彼らの仕事を抑制しようとした。

ケナードは切り詰められた容疑で2回逮捕され、最終的には州刑務所で7年の刑を宣告されました。[114]勤勉に3年間働いた後、ケナードはミシシッピ州知事ロス・バーネットによって仮釈放された。ジャーナリストは彼の症例を調査し、彼の結腸癌に対する州の虐待を公表した。[114]

ケナードの逮捕と有罪判決におけるマケインの役割は不明です。[115] [116] [117] [118]ケナードの登録を阻止しようとしている間、マケインはミシシッピ州主権委員会が後援した彼の旅行でシカゴで演説をした。彼は、黒人が南部の学校を北部からの「輸入品」として分離しようとしていると説明した。(ケナードはハティスバーグの出身で居住者でした。)マケインは言った:

私たちは教育的および社会的に、隔離された社会を維持することを主張します...公平に言えば、私たちはニグロの投票を奨励していないことを認めます...ニグロは政府の支配が白人の手にとどまるのを好みます。[115] [117] [118]

注:ミシシッピ州は1890年に新憲法を可決し、選挙および有権者の登録要件を変更することで、ほとんどの黒人の権利を事実上剥奪しました。それは彼らに内戦後の改正の下で認可された憲法上の権利を奪ったが、それは当時の合衆国最高裁判所の挑戦を生き延びた。ミシシッピ州と他の南部の州のほとんどの黒人が市民の投票権を行使するために連邦政府の保護を得た のは、1965年の投票権法の成立後のことでした。

ジェームズ・メレディスが米国の元帥と司法省の職員を伴ってクラスに歩いている

1962年9月、ジェームズメレディスは、以前は隔離されていたミシシッピ大学への入学を確保するための訴訟に勝ちました彼は9月20日、9月25日、そして再び9月26日にキャンパスに入ろうとしました。彼はミシシッピ州知事 ロスバーネットによってブロックされました。5回米国巡回控訴裁判所は、バーネットと副知事のポールB.ジョンソンジュニア侮辱し、メレディスの登録を拒否した日ごとに1万ドル以上の罰金を科して逮捕するよう命じました。

ミシシッピ大学のキャンパスに連邦法執行要員を積んだ米陸軍のトラック1962年

司法長官のロバート・F・ケネディは、連邦保安官と代理の米国国境警備隊の代理人および連邦刑務所局の職員を派遣しました。1962年9月30日、メレディスは彼らの護衛の下でキャンパスに入った。学生と他の白人はその夜暴動を起こし始め、岩を投げ、リセウムホールでメレディスを守っている連邦政府のエージェントに発砲した。暴動はフランスのジャーナリストを含む2人の民間人を殺害することになった。28人の連邦政府機関が銃創を負い、160人が負傷した。ジョン・F・ケネディ大統領陸軍と連邦化されたミシシッピ国家警備隊を派遣しました暴動を鎮圧するためにキャンパスに強制します。メレディスは軍隊が到着した翌日に授業を開始した。[119]

ケナードと他の活動家は、公立大学の分離に取り組み続けました。1965年、レイローニ支部グウェンドリンエレインアームストロングは、南ミシシッピ大学に通う最初のアフリカ系アメリカ人学生になりましたその時までに、マケインは彼らが平和的な入国を確実にするのを助けました。[120] 2006年、ロバート・ヘルフリッヒ裁判官は、ケナードが1950年代に有罪判決を受けたすべての容疑について事実上無実であると裁定した。[114]

オールバニ運動、1961年から1962年

一部の学生活動家からフリーダムライドへの参加が不十分であると批判されていたSCLCは、1961年11月にジョージア州アルバニーでの分離キャンペーンにその名声とリソースの多くを費やしました。個人的に批判されたキング。一部のSNCC活動家は、地元の主催者が直面した危険からの距離を理由に、SNCCの主催者と地元の指導者の両方が主導するキャンペーンを支援するために個人的に介入しました。

地元の警察署長であるローリー・プリチェットの気の利いた戦術と黒人コミュニティ内の部門のために、キャンペーンは失敗に終わった。目標は十分に具体的ではなかった可能性があります。プリチェットは、国民の意見に火をつけたデモ隊への暴力的な攻撃なしに行進者を封じ込めた。彼はまた、逮捕されたデモ参加者を周囲のコミュニティの刑務所に連れて行くよう手配し、彼の刑務所に十分な余地を残した。プリチェットはまた、キングの存在を危険と予見し、キングが黒人コミュニティを結集するのを避けるために彼の釈放を余儀なくされた。キングは劇的な勝利を収めることなく1962年に去りました。しかし、地元の運動は闘争を続け、次の数年で大きな利益を得ました。[121]

バーミンガムキャンペーン、1963年

しかし、1963年にバーミンガムキャンペーンを実施したとき、アルバニー運動はSCLCにとって重要な教育であることが示されました。ワイアットティーウォーカー常務理事は、キャンペーンの初期の戦略と戦術を慎重に計画しました。それは、アルバニーのように完全に分離するのではなく、バーミンガムのダウンタウンの商人を分離するという1つの目標に焦点を合わせました。

この運動の努力は、地方自治体、特に公共安全委員会のユージーン「ブル」コナーの残忍な対応によって助けられました。彼は長い間多くの政治的権力を握っていたが、最近の市長選挙で、それほど過激ではない分離主義者の候補者に敗れた。コナーは新市長の権限を受け入れることを拒否し、在任するつもりだった。

キャンペーンでは、座り込み、地元の教会でのひざまずき、郡庁舎への行進など、さまざまな非暴力的な対決方法を使用して、有権者登録の推進の始まりを示しました。しかし、市はそのようなすべての抗議を禁止する差し止め命令を取得しました。命令は違憲であると確信し、キャンペーンはそれを無視し、支持者の大量逮捕に備えました。キングは1963年4月12日に逮捕された者の1人に選ばれた。[122]

国立公民権運動博物館のバーミングハム刑務所にあるマーティンルーサーキングジュニアの独房のレクリエーション

刑務所にいる間、キングは彼の有名な「バーミングハム刑務所からの手紙[123]を新聞の余白に書いた。なぜなら、彼は独房に閉じ込められている間は紙を書くことを許されていなかったからである。[124]支持者は、キングの釈放を得るために介入したケネディ政権に上訴した。全米自動車労働組合の社長であるウォルター・ルーサーは、キングと彼の仲間の抗議者を救済するために16万ドルを手配した。[125]キングは、4人目の子供が生まれた後、自宅で回復していた妻に電話をかけることを許可され、4月19日初めに釈放された。

しかし、逮捕の危険を冒そうとするデモ参加者が足りなくなったため、キャンペーンは失敗に終わった。その後、SCLCの直接行動ディレクターで非暴力教育ディレクターのジェームズベベルは、大胆で物議を醸す代替案を思いつきました。それは、デモに参加する高校生を訓練することです。その結果、いわゆる少年十字軍に、5月2日に1,000人以上の学生が学校をスキップして、16番通りバプティスト教会でデモに参加しました。バーミンガムの市長に分離について話すために市庁舎まで歩いて行こうとして、一度に600人以上が教会から50人以上行進しました。彼らは逮捕され、刑務所に入れられました。この最初の出会いでは、警察は拘束して行動した。しかし翌日、さらに千人の生徒が教会に集まりました。ベベルが一度に50匹の行進を開始したとき、ブルコナーはついに警察犬を解き放ち、市の消防ホースの水流を子供たちに向けました。全国のテレビネットワークは、犬がデモ隊を攻撃しているシーンと、消防ホースからの水が学童をノックダウンしているシーンを放送しています。[126]

広範囲にわたる大衆の怒りにより、ケネディ政権は白人ビジネスコミュニティとSCLCの間の交渉により強力に介入するようになりました。5月10日、両当事者は、ダウンタウンのランチカウンターやその他の公共施設を分離し、差別的な雇用慣行を排除する委員会を設立し、投獄された抗議者の釈放を手配し、黒人と白人の間の定期的なコミュニケーション手段を確立することで合意したと発表しました。リーダー。

A black and white photograph of a building in ruins next to an intact wall
1963年5月11日の爆弾爆発後のガストンモーテルの残骸

黒人コミュニティの全員が合意を承認したわけではありません。フレッドシャトルスワースは、バーミンガムの権力構造の誠実さに懐疑的だったため、特に批判的でした。白人コミュニティの一部は激しく反応しました。彼らは、SCLCの非公式本部とキングの兄弟であるADキング牧師の家を収容していガストンモーテルを爆撃しました。それに応じて、何千人もの黒人が暴動を起こし、多数の建物を燃やし、そのうちの1人が警察官を刺して負傷させた。[127]

ケネディは、必要が生じた場合、アラバマ国家警備隊を連邦化する準備をしました。4か月後の9月15日、クークラックスクランのメンバーの陰謀がバーミンガムの16番通りバプティスト教会を爆撃し、4人の若い女の子を殺害しました。

「不満の高まり」とケネディの反応、1963年

バーミンガムは、春と夏の混沌とし​​た抗議によって揺さぶられた100以上の都市のうちのひとつに過ぎず、そのうちのいくつかは北部にありましたが、主に南部にありました。ワシントン大行進の間、マーティンルーサーキングジュニアはそのような抗議を「反乱の旋風」と呼ぶでしょう。シカゴでは、強盗の現場から逃げていた14歳の黒人少年を白人の警官が撃った後、5月下旬に黒人がサウスサイドで暴動を起こしました。[128]フィラデルフィアとハーレムの両方で、州の建設プロジェクトを統合するための成功した努力において、黒人活動家と白人労働者の間の激しい衝突が起こった。[129] [130] 6月6日、ノースカロライナ州レキシントンで1000人以上の白人が座り込みを攻撃した。黒人は反撃し、一人の白人男性が殺されました。[131] [132]全米都市同盟のエドウィンC.ベリーは、人種関係が完全に崩壊したことを警告しました。「ビアガーデンと理髪店からの私のメッセージはすべて、ニグロが戦争の準備ができているという事実を示しています。」[128]

メリーランド州ケンブリッジの東岸ある労働者階級の都市で、SNCCのグロリアリチャードソンは、分離を迫る運動を主導しましたが、低家賃の公営住宅、職業訓練、公的および私的仕事、そして警察の残虐行為の終結も要求しまし[133] 6月11日、黒人と白人の間の闘争が暴力的な暴動にエスカレートし、メリーランド州知事J. MillardTawesが戒厳令を宣言した。リチャードソンとメリーランドの当局者の間の交渉が失敗したとき、司法長官ロバートF.ケネディは分離協定を交渉するために直接介入しました。[134]リチャードソンは、貧しい労働者階級の黒人の参加の増加が運動の力とパラメーターの両方を拡大していると感じ、「人々は全体として、彼らの指導者の数人よりも実際に多くの知性を持っている」と主張した[133]。

この抗議の波の中での彼らの審議の中で、ケネディ政権は、過激派デモは「国にとって悪い」ものであり、「ニグロはこれをやり過ぎてしまうだろう」と個人的に感じた。[135] 5月24日、ロバート・ケネディは著名な黒人知識人と会い、人種的状況について話し合った。黒人たちは、ケネディが公民権を揺るがしていることを厳しく批判し、アフリカ系アメリカ人コミュニティの考えはますます暴力に転じていると述べた。会議はあらゆる面で悪意を持って終わった。[136] [137] [138]それにもかかわらず、ケネディは最終的に、活動家を「法廷に出入りさせる」ためには、平等な公共施設のための新しい法律が不可欠であると決定した。[135][139]

ナショナルモールでの仕事と自由のためのワシントン大行進
1963年8月28日にリンカーン記念館の前でポーズをとるワシントン大行進の指導者

1963年6月11日、アラバマ州知事のジョージ・ウォレスはアラバマ大学の統合を阻止しようとした[140]ジョン・F・ケネディ大統領は、ウォレス知事を脇に追いやるために軍隊を派遣し、ビビアン・マローン・ジョーンズジェームズ・フッドの登録を許可しました。その夜、ケネディ大統領は彼の歴史的な公民権演説でテレビとラジオで国に演説し、そこで彼は「公共の安全を脅かす不満の高まり」を嘆いた。彼は議会に新しい公民権法を可決するよう呼びかけ、国に「私たちの日常生活における道徳的問題」として公民権を受け入れるよう促した。[141] 6月12日の早い時間に。ミシシッピNAACPのフィールドセクレタリーであるメドガーエヴァースは、クランのメンバーによって暗殺されました。[142] [143]翌週、約束通り、1963年6月19日、ケネディ大統領は公民権法案を議会に提出した。[144]

ワシントン大行進、1963年

1963年8月7日、3月の主催者であるバイヤードラスティン(左)クリーブランドロビンソン (右)

ランドルフとバイヤード・ラスティンは、1962年に提案したワシントン大行進の主な計画者でした。1963年、ケネディ政権は、公民権法の可決への意欲に悪影響を与えることを懸念して、最初は行進に反対しました。しかし、ランドルフとキングは行進が進むことを固く決心していた。[145]行進が進むにつれ、ケネディはその成功を確実にするために働くことが重要であると決定した。ケネディ大統領は、その参加者数を懸念して、白人教会の指導者とUAWの会長であるウォルタールーサーの助けを借りて、行進のために白人の支持者を動員するのを手伝いました。[146] [147]

行進は1963年8月28日に開催されました。ランドルフが計画に黒人主導の組織のみを含めた計画された1941年の行進とは異なり、1963年の行進は、すべての主要な市民権組織の共同作業であり、労働運動、および他のリベラルな組織。行進には6つの公式目標がありました。

  • 意味のある公民権法
  • 大規模な連邦作業プログラム
  • 完全かつ公正な雇用
  • まともな住宅
  • 選挙権
  • 適切な統合教育。

これらのうち、行進の主な焦点は、バーミンガムでの激動の後にケネディ政権が提案した公民権法の可決にありました。

ワシントンDCの公民権運動でのマーティンルーサーキングジュニア

全国的なメディアの注目も、行進の全国的な露出と予想される影響に大きく貢献しました。エッセイ「ワシントン大行進とテレビニュース」[148]の中で、歴史家のウィリアム・トーマスは次のように述べています。前回の大統領就任式を撮影しました。1台のカメラがワシントン大行進の高い位置に配置され、行進者の劇的な景色を眺めることができました。」主催者のスピーチを行い、独自の解説を提供することで、テレビ局は地元の視聴者がイベントを見て理解する方法を組み立てました。[148]

行進は成功したが、論争がなかったわけではない。キングが有名な「IHavea Dream」のスピーチを行ったリンカーン記念館の前には、推定20万人から30万人のデモ参加者が集まりました。多くの講演者は、選挙権を保護し、分離を非合法化する新しい、より効果的な公民権法を取得するためにケネディ政権が行った努力を称賛しましたが、 SNCCのジョンルイス、南部の黒人と市民を保護するためにこれ以上何もしないという任務に政権を任せましたディープサウスで攻撃を受けている権利労働者。

行進の後、キングと他の公民権指導者はホワイトハウスでケネディ大統領と会談したケネディ政権は法案の可決に真摯に取り組んでいるように見えたが、議会で可決するのに十分な票があったかどうかは明らかではなかった。しかし、1963年11月22日にケネディ大統領が暗殺されたとき[144] 、リンドン・ジョンソン新大統領は議会で彼の影響力を利用してケネディの立法議題の多くをもたらすことを決定した。

マルコムXが運動に参加、1964年から1965年

1964年3月、イスラム国家の国家代表であるマルコムX (el-Hajj Malik el-Shabazz)は正式にその組織を破り、自己防衛の権利を受け入れた市民権組織と協力することを公に申し出ました。そして黒人ナショナリズムの哲学(マルコムはもはや黒人隔離主義を必要としないと言った)。メリーランド州ケンブリッジの長であり、SNCCの支部であり、ケンブリッジの反乱のリーダーであるグロリア・リチャードソン[149]は、ワシントン大行進の名誉あるゲストであり、すぐにマルコムの申し出を受け入れた。リチャードソン夫人、「国内で最も著名な女性[公民権]指導者」[150]は語ったボルチモアのアフリカ系アメリカ人は、「マルコムは非常に実用的です...連邦政府は、問題が暴動のレベルに近づいたときにのみ紛争状況に移行しました。自衛はワシントンにもっと早く介入することを強いるかもしれません。」[150]以前、1963年5月、作家で活動家のジェイムズ・ボールドウィンは、「ブラック・ムスリム運動は、私たちが草の根と呼ぶことができる国で唯一の運動である。私はそれを言いたくない...マルコムは黒人のために明確に述べている。 ...彼は彼らの現実を裏付けている...」 [151]地方レベルでは、マルコムとNOIは、少なくとも1962年以来、人種平等会議(CORE)のハーレム支部と同盟を結んでいた。 [152]

1964年3月26日、公民権法が議会で激しい反対に直面していたため、マルコムは国会議事堂でマーティンルーサーキングジュニアとの公開会議を行いました。マルコムは早くも1957年にキングとの対話を始めようとしましたが、キングは彼を拒絶しました。マルコムは、キングを「アンクル・トム」と呼び、白人至上主義を和らげるために黒人至上主義に背を向けたと述べた。しかし、二人の男は彼らの対面の会合で仲が良かった。[153]キングが、アフリカ系アメリカ人に対する人権侵害の容疑で米国政府を国連に正式に持ち込むというマルコムの計画を支持する準備をしていたという証拠がある。[154]マルコムは現在、ブラック・ナショナリストに、運動を再定義し拡大するために、有権者登録ドライブや他の形態のコミュニティ組織化に参加することを奨励しています。[155]

公民権活動家は、1963年から1964年の期間にますます戦闘的になり、アルバニーキャンペーンの阻止、警察の弾圧、バーミンガムでのクークラックスクランのテロ、メドガーエヴァースの暗殺などの出来事に逆らおうとしました。ミシシッピNAACPフィールドディレクターを引き継いだ後者の兄弟チャールズエバーズは、1964年2月15日の公開NAACP会議で、「非暴力はミシシッピでは機能しない...私たちは決心した...白人男性がミシシッピ州の黒人を撃ちます、私たちは撃ち返します。」[156]フロリダ州ジャクソンビルでの座り込みの弾圧は、1964年3月24日に黒人の若者が警察に火炎瓶を投げた暴動を引き起こした。[157]マルコムXはこの時期に多数の演説を行い、アフリカ系アメリカ人の権利が完全に認められなかった場合、そのような過激な活動はさらにエスカレートするだろうと警告した。1964年4月の画期的なスピーチ「 TheBallotor the Bullet」で、マルコムはホワイトアメリカに最後通告を提示しました。火炎瓶になるか、弾丸になるでしょう。」[158]

PBSのドキュメンタリー「アイズ・オン・ザ・プライズ」に記されているように、「マルコムXは公民権運動に広範囲にわたる影響を及ぼしました。南部では、自立の長い伝統がありました。マルコムXのアイデアは今やその伝統に触れています」。[159] 1964年の民主党全国大会がミシシッピ自由民主党(MFDP)への議席を拒否し、代わりに党の違反で選出された通常の州代表団の議席を決定したことを踏まえると、自立が最重要になりつつあった。独自のルール、そして代わりにジムクロウ法によって。[160] SNCCはますます戦闘的な方向に動き、1964年12月に2つのハーレムMFDP募金活動でマルコムXと協力した。

ファニー・ルー・ハマーがミシシッピで受けたジム・クロウの暴力についてハーレマイトに話したとき、彼女はそれをマルコムが抗議した黒人に対する北部警察の残虐行為に直接結び付けました。[161]マルコムがアフリカ系アメリカ人が彼らの独立を得るための努力においてケニアのマウマウ軍を模倣すべきであると主張したとき、SNCCの多くは拍手喝采した。[162]

1965年のセルマの議決権キャンペーン中に、マルコムはセルマ周辺でリンチの脅威が高まっているという報告を聞いたことを知らせました。1月下旬、彼はアメリカ・ナチ党の党首であるジョージ・リンカーン・ロックウェル次のように述べ た公開電報を送った。

「アラバマにいる私たちの人々に対するあなたの現在の人種差別的な動揺がキング牧師や他の黒人アメリカ人に肉体的危害をもたらす場合...あなたとあなたのKKKの友人は、武装解除の哲学に手錠をかけられていない私たちの人々からの最大の肉体的報復に遭遇します非暴力の」[163]

翌月、SNCCのセルマ支部はマルコムにそこでの大衆集会に話すように勧めました。マルコムの登場の日に、ジョンソン大統領はセルマキャンペーンを支持する彼の最初の公式声明を発表しました。[164] NAACP法務防衛基金の共同ディレクターであるポール・ライアン・ヘイグッドは、連邦政府による支援を得るための役割をマルコムに認めています。ヘイグッド氏は、「マルコムがセルマを訪れた直後、司法省が提起した訴訟に応じて、アラバマ州ダラス郡の登録機関は、事務所が開いている日に少なくとも100件のブラックアプリケーションを処理する必要があった」と述べた。[165]

フロリダ州セントオーガスティン、1963〜 1964年

1938年、オハイオ州ランカスターのレストランの窓に「We Cater to White Trade Only」の看板があります。1964年、マーティンルーサーキングジュニアは、セントオーガスティンの白人専用レストランで食事をしようとしたために逮捕され、刑務所で一晩過ごしました。フロリダ州オーガスティン

聖アウグスティヌスは、1565年にスペイン人によって設立された「国の最古の都市」として有名でした。これは、1964年の画期的な公民権法の成立に至るまでの素晴らしいドラマの舞台となりました。ロバートBが率いる地方運動。NAACPに所属する黒人歯科医で空軍のベテランであるヘイリングは、1963年以来、隔離された地元の機関をピケットしていました。1964年の秋、ヘイリングと3人の仲間はKu KluxKlan集会で残酷に殴打されました。

ナイトライダーが黒い家に飛び込み、ティーンエイジャーのオードリーネルエドワーズ、ジョーアンアンダーソン、サミュエルホワイト、ウィリーカールシングルトン(「セントオーガスティンフォー」として知られるようになった)が地元のウールワースのランチカウンターに座り、サービスを受けようとしました。 。彼らは逮捕され、不法侵入で有罪判決を受け、刑務所と改革学校で6か月の刑を宣告されました。ピッツバーグ・クーリエジャッキー・ロビンソンなどによる全国的な抗議の後、フロリダ州知事と内閣の特別な行動で彼らを釈放した

Black and white photograph of segregationists fighting on a beach
1964年のモンソンモーターロッジの抗議行動中に、セントオーガスティンの「白人のみ」のビーチで黒人が泳ぐのを阻止しようとしている白人の分離主義者(前景)

弾圧に応えて、セントオーガスティン運動は非暴力の直接行動に加えて武装した自衛を実践した。1963年6月、ヘイリングは「私と他の人々は武装しました。最初に撃ち、後で質問に答えます。メドガー・エヴァースのように死ぬことはありません」と公に述べました。コメントは全国的な見出しになりました。[166]クランのナイトライダーがセントオーガスティンの黒い近所を恐怖に陥れたとき、ヘイリングのNAACPメンバーはしばしば銃撃で彼らを追い払った。1963年10月、クランズマンが殺害されました。[167]

1964年、ヘイリングと他の活動家は南部キリスト教指導会議にセントオーガスティンに来るように促しました。マサチューセッツ州の著名な4人の女性、メアリー・パークマン・ピーボディ、エスター・バージェス、ヘスター・キャンベル(夫はすべて米国聖公会の司教)、フローレンス・ロウ(夫はジョン・ハンコック・インシュアランス・カンパニーの副社長)も彼らを支援するようになりました。マサチューセッツ州知事の72歳の母親であるピーボディが、隔離されたポンセデレオンモーターロッジで統合されたグループで食事をしようとしたとして逮捕され、全国のトップニュースになり、セントオーガスティンに運動をもたらしました。世界の注目を集めるオーガスティン。[168]

広く公表された活動は、その後の数ヶ月間続いた。キングが逮捕されたとき、彼は「聖アウグスティヌス刑務所からの手紙」を北部の支持者であるラビ イスラエルS.ドレスナーに送った。一週間後、彼らが隔離されたモンソンモーテルで祈りを行っている間に、アメリカの歴史の中で最大のラビの大量逮捕が起こりました。セントオーガスティンで撮影された有名な写真は、黒人と白人が泳いでいる間、プールに塩酸を注いでいるモンソンモーテルのマネージャーを示しています。彼がそうしている間、彼は「プールを掃除している」と叫んだ。彼の目には、人種的に汚染されていると推定される。[169]この写真は、上院が1964年の公民権法の可決に投票する日にワシントンの新聞の表紙に掲載されました。

チェスター学校の抗議、1964年春

1963年11月から1964年4月まで、チェスターの学校の抗議は、全米黒人地位向上協会(NAACP)のジョージレイモンドとチェスターを作った今の自由委員会(CFFN)のスタンリーブランシュが率いる一連の公民権運動でした。 、ペンシルベニアは公民権運動の重要な戦場の1つです。人種平等会議の全国理事であるジェームズ・ファーマーは、チェスターを「北のバーミンガム」と呼んだ。[170]

1962年、BrancheとCFFNは、チェスターにある主に黒人のフランクリン小学校の状態を改善することに焦点を当てました。学校は500人の生徒を収容するために建てられましたが、1200人の生徒で混雑していました。学校の平均クラスサイズは39で、近くの真っ白な学校の2倍でした。[171]学校は1910年に建てられ、更新されたことはありませんでした。学校全体で利用できるバスルームは2つだけでした。[172] 1963年11月、CFFNの抗議者がフランクリン小学校とチェスター市庁舎への入り口を封鎖し、240人の抗議者が逮捕された。大量逮捕のメディア報道によって引き起こされた抗議に対する世間の注目に続いて、市長と教育委員会はCFFNとNAACPと交渉した。[170]チェスター教育委員会は、フランクリン学校のクラスの規模を縮小し、不衛生なトイレ設備を撤去し、ボイラー室と石炭貯蔵所で開催されたクラスを移転し、学校の敷地を修理することに合意しました。[172]

フランクリン小学校のデモの成功に勇気づけられて、CFFNは新しいメンバーを募集し、有権者登録ドライブを後援し、チェスター学校の市全体のボイコットを計画しました。Brancheは、デモや抗議で大勢の人が集まるように、近くのSwarthmore CollegePennsylvania Military CollegeCheyney StateCollegeの学生と緊密な関係を築きました。ブランチはディック・グレゴリーマルコムXをチェスターに招待して「自由の今の会議」[173]参加させ、グロリア・リチャードソンなどの他の公民権指導者はデモを支援するためにチェスターに来た。[174]

1964年、チェスター教育委員会が事実上 学校を分離 したと抗議者が主張したため、ほぼ毎晩行われる一連の抗議がチェスターに混乱をもたらしましたチェスター市長のジェームズ・ゴーベイは、「公の平和を維持するための警察の立場」を発表しました。これは、法と秩序への即時の復帰を約束する10点の声明です。市は、デモ隊の処理を支援するために消防士とごみ収集員を代理しました。[170]ペンシルベニア州は、77人のチェスター警察を支援するために50人の州警察を配備した。[172]デモは、暴力と警察の残虐行為の告発によって特徴づけられた。[175]公民権集会、行進、ピケット、ボイコット、座り込みの2か月間に、600人以上が逮捕されました。[170]ペンシルベニア州知事ウィリアム・スクラントンは交渉に関与し、デモンストレーションで裁判所命令のモラトリアムに従うようにブランチを説得した。[173]スクラントンは、公立学校の事実上の分離に関する公聴会を実施するためにペンシルベニア人間関係委員会を設立した。委員会が1964年の夏に公聴会を開いている間、すべての抗議は中止された。[176]

1964年11月、ペンシルベニア州人間関係委員会は、チェスター教育委員会が法律に違反したと結論付け、チェスター学区に市内の6つの主にアフリカ系アメリカ人の学校を分離するよう命じました。市は、施行を遅らせた判決を上訴した。[172]

フリーダムサマー、1964年

1964年の夏、COFOは1,000人近くの活動家をミシシッピに連れて行きました。そのほとんどは北と西の白人大学生で、地元の黒人活動家と一緒に投票者を登録し、「フリーダムスクール」で教え、ミシシッピ自由民主党を組織しました。 (MFDP)。[177]

ミシシッピの白人居住者の多くは、部外者に深く憤慨し、彼らの社会を変えようとしています。州および地方政府、警察、白人市民会議、およびクー・クラックス・クランは、逮捕、殴打、放火、殺人、スパイ、発砲、追放、およびその他の形態の脅迫および嫌がらせを使用して、プロジェクトに反対し、黒人が投票に登録するのを防ぎました。または社会的平等を達成する。[178]

1964年6月21日、3人の公民権労働者が失踪しました。若い黒人ミシシッピ人で左官の見習いであるジェームズ・チェイニー。クイーンズカレッジの人類学の学生であるアンドリューグッドマンという2人のユダヤ人活動家。マンハッタンローワーイーストサイドのCOREオーガナイザーあるMichaelSchwerner彼らは数週間後に発見され、クランの地元のメンバーであることが判明した共謀者、ネショバ郡のメンバーの一部によって殺害されました保安官の部門。これは大衆を怒らせ、FBI(以前は黒人の分離と迫害の問題に対処することを避けていた後者)とともに米国司法省を率いて行動を起こさせた。これらの殺人に対する怒りは、1964年の公民権法と1965年の投票権法の成立につながりました。

6月から8月まで、フリーダムサマーの活動家は、州全体に散在する38の地域プロジェクトに取り組み、最大数はミシシッピデルタ地域に集中しました。3,500人近くの学生を擁する少なくとも30のフリーダムスクールが設立され、28のコミュニティセンターが設立されました。[179]

夏のプロジェクトの過程で、約17,000人のミシシッピ州の黒人が官僚的形式主義に逆らって登録有権者になろうとし、白人至上主義の勢力が彼らに対抗しました。成功したのは1,600人(10%未満)だけでした。しかし、80,000人以上が、代替の政治組織として設立されたミシシッピ自由民主党(MFDP)に参加し、投票して政治に参加したいという彼らの願望を示しました。[180]

フリーダムサマーは多くの有権者を登録できませんでしたが、公民権運動の過程に大きな影響を及ぼしました。それは、ジム・クロウ法の基礎であった何十年にもわたる人々の孤立と抑圧を打破するのに役立ちましたフリーダムサマーの前は、全国のニュースメディアは、ディープサウスでの黒人有権者の迫害と黒人の公民権労働者が耐える危険性にほとんど注意を払っていませんでした。南中の出来事の進行は、ミシシッピへのメディアの注目を高めました。[181]

裕福な北部の白人学生の死と非南部人への脅威は、州にメディアのスポットライトの完全な注目を集めました。多くの黒人活動家は、メディアが白人と黒人の生活を異なって評価していると信じて、憤慨しました。おそらく、フリーダムサマーの最も重要な影響はボランティアにあり、そのほとんどすべて(黒と白)は、それが彼らの人生の決定的な期間の1つであったと今でも考えています。[181]

1964年公民権法

ケネディ大統領は公民権法案を提案し、両党の上院議員と上院議員の支持を得たが、南部上院議員は議事妨害を脅かすことで法案を阻止しかなりの議会制裁と米国上院の議事妨害の54日間の後、ジョンソン大統領は議会を通じて法案を受け取りました。[182]

リンドン・B・ジョンソンが1964年の歴史的な公民権法に署名

1964年7月2日、ジョンソンは1964年の公民権法[11]に署名し雇用慣行および公共施設における「人種、肌の色、宗教、性別または出身国」に基づく差別を禁止しました。この法案は、司法長官が新法を施行するために訴訟を起こすことを承認した。法律はまた、そのような差別を要求する州法および地方法を無効にした。

1964年のハーレム暴動

1964年7月に警察がハーレムで非武装の黒人ティーンエイジャーを射殺したとき、緊張は制御不能にエスカレートしました。住民は人種の不平等に不満を持っていました。暴動が発生し、ブルックリンの主要な黒人地区であるベッドフォード・スタイベサントが次に噴火した。その夏、同様の理由でフィラデルフィアでも暴動が発生しました。暴動は1965年以降に発生するよりもはるかに小規模でした。

ワシントンは、 ProjectUpliftと呼ばれるパイロットプログラムで対応しましたハーレムの何千人もの若者が1965年の夏に仕事を与えられました。このプロジェクトは、ゲットーの若者と呼ばれるHARYOUによって作成されたレポートに触発されました。[183]​​ HARYOUは、全米都市同盟および100近くの小規模なコミュニティ組織とともに、プロジェクトの組織化において主要な役割を与えられました。[184]生活賃金での恒久的な仕事は、まだ多くの若い黒人男性の手の届かないところにあった。

ミシシッピ自由民主党、1964年

ミシシッピ州の黒人は、19世紀後半以降、法定および憲法の改正によって権利を剥奪されていました。1963年、COFOはミシシッピ州で自由投票用紙を開催し、黒人のミシシッピ人が投票したいという願望を示しました。80,000人以上が模擬選挙に登録し、投票しました。模擬選挙では、「自由党」の候補者の統合されたスレートが、公式の州民主党の候補者と対戦しました。[185]

1964年、主催者はミシシッピ自由民主党(MFDP)を立ち上げ、真っ白な公式党に挑戦しました。ミシシッピ州の投票登録機関が候補者の承認を拒否したとき、彼らは自分たちのプライマリーを保持しました。彼らは、ファニー・ルー・ハマーアニー・ディバインビクトリア・グレイを議会に立候補させ、1964年の民主党全国大会でミシシッピを代表する代表団を選出しました。[177]

しかし、ニュージャージー州アトランティックシティでのミシシッピ自由民主党の存在は、大会主催者にとって不便でした。彼らは、民主党内での人種差別をめぐる争いではなく、公民権におけるジョンソン政権の功績を称える勝利の祝賀会を計画していた。他の南部の州からの真っ白な代表団は、ミシシッピからの公式のスレートが着席していなかった場合、立ち去ると脅した。ジョンソンは、共和党のバリーゴールドウォーターのキャンペーンが、以前は「ソリッドサウス」の白い民主党の拠点であった場所への侵入と、ジョージウォレスが民主党予備選挙の間に北部で受けた 支援について心配していました。

しかし、ジョンソンは、MFDPがその訴訟を資格委員会に持ち込むのを防ぐことはできませんでした。そこでファニー・ルー・ハマーは、彼女や他の人々が耐えた殴打と、投票登録を試みるために直面​​した脅威について雄弁に証言しました。テレビカメラに目を向けると、ハマーは「これはアメリカですか?」と尋ねました。

ジョンソンはMFDPに「妥協」を提案し、その下で2つの非投票の大規模な議席を獲得し、公式の民主党によって派遣された白人の代表団はその議席を維持しました。MFDPは怒って「妥協」を拒否しました。

MFDPは、公式の承認を拒否された後も、大会で興奮を続けました。「通常の」ミシシッピ代表の3人を除くすべてが党への忠誠の誓いを拒否したために去ったとき、MFDP代表は同情的な代表からパスを借り、公式のミシシッピ代表によって空席になりました。全国党の主催者はそれらを削除しました。彼らが翌日戻ったとき、彼らは大会主催者が前日にそこにあった空いている席を取り除いたことに気づきました。彼らはとどまり、「自由の歌」を歌いました。

1964年の民主党大会は、MFDPと公民権運動の多くを幻滅させましたが、MFDPを破壊することはありませんでした。MFDPは、アトランティックシティの後にさらに急進的になりました。マルコムXを招き、その大会の1つで講演し、ベトナム戦争に反対しました。

セルマ議決権運動

SNCCは、1963年にアラバマ州セルマで野心的な有権者登録プログラムを実施しましたが、1965年までに、セルマの保安官ジム・クラークからの反対に直面してほとんど前進していませんでした。地元住民がSCLCに支援を求めた後、キングはセルマに来ていくつかの行進を指揮し、そこで250人の他のデモ参加者とともに逮捕されました。行進者たちは警察からの暴力的な抵抗に会い続けた。近くのマリオンの住人であるジミー・リー・ジャクソンは、1965年2月17日の後半の行進警察に殺害されました。国家資本。

1965年3月7日、ベベルの計画に基づいて、SCLCのホージアウィリアムズとSNCCのジョンルイスが600人の行進を指揮し、セルマからモンゴメリーの州都まで54マイル(87 km)を歩きました。行進の6ブロック後、行進者が街を出て郡に移動したエドマンドペタス橋で、州の兵士、地元の郡の法執行機関が馬に乗って、ビリークラブ、催涙ガス、ゴム管で平和なデモ隊を攻撃しました。有刺鉄線に包まれ、ブルホイップ。彼らは行進者をセルマに連れ戻しました。ルイスは無意識にノックされ、安全に引きずり込まれました。少なくとも16人の他の行進者が入院した。ガス処刑され殴打されたものの中には、アメリア・ボイントン・ロビンソンがいました、当時公民権活動の中心であった人。

警察は、セルマからモンゴメリーへの行進の初日である「血の日曜日」に非暴力の行進者を攻撃します。

選挙権を行使しようとする抵抗力のない行進者を攻撃する法執行官のニュース映像の全国放送は、全国的な反応を引き起こし、全国から何百人もの人々が2回目の行進に来ました。これらの行進者は、連邦の差し止め命令に違反しないように、土壇場でキングによって振り返られました。これは多くのデモ参加者、特にキングの非暴力に憤慨した人々(ジェームズ・フォルマンロバート・F・ウィリアムズなど)を不快にさせました。

その夜、地元の白人が議決権支持者のジェームズ・リーブを攻撃した。彼は3月11日にバーミンガムの病院で負傷して死亡した。白人大臣に対する国民の抗議が非常に勇敢に殺害されたため(そしてその後のゴーマンや他のSNCC指導者が率いる市民的不服従、特にモンゴメリーとホワイトハウスで)、行進者は差し止め命令を解除し、連邦軍からの保護を得ることができ、2週間後に何事もなくアラバマを横切って行進することができました。行進の間、ゴーマン、ウィリアムズ、および他のより過激な抗議者は、彼ら自身のレンガと棒を運びました。

その夜、デトロイトの主婦ヴィオラ・リウッゾが行進者をセルマに連れ戻したとき 、4人のクランスマンが射殺した。

1965年の投票権法

最初の行進の8日後、最後の行進の前に、ジョンソン大統領は議会に送った投票権法案を支持するためにテレビでの演説を行いました。その中で彼は次のように述べています。

彼らの原因も私たちの原因であるに違いありません。それは黒人だけでなく、偏見と不公正の壊滅的な遺産を克服しなければならないのは私たち全員だからです。そして、私たちは克服します。

8月6日、ジョンソンは1965年の投票権法に署名し、識字率テストやその他の主観的な投票者登録テストを一時停止しました。それは、そのようなテストが使用されていて、アフリカ系アメリカ人が適格な人口と比較して投票人名簿で歴史的に過小評価されていた州および個々の投票区での有権者登録の連邦監督を承認しました。投票登録を禁じられていたアフリカ系アメリカ人は、訴訟を成功に導くことはめったになかった地方裁判所または州裁判所に訴訟を起こす代わりになりました。有権者登録で差別が発生した場合、1965年の法律により、米国司法長官は、地方の登録機関に代わる連邦審査官を派遣することが承認されました。

法案が可決されてから数か月以内に、25万人の新しい黒人有権者が登録され、その3分の1が連邦審査官によって登録されました。4年以内に、南部の有権者登録は2倍以上になりました。1965年、ミシシッピ州は黒人投票率が74%と最も高く、選出された黒人公務員の数で全国をリードしました。1969年、テネシー州の黒人投票者の投票率は92.1%でした。アーカンソー、77.9%; テキサス、73.1%。

投票権法に反対した何人かの白人は、迅速な代償を払った。1966年、アラバマ州セルマの保安官ジム・クラークは、公民権運動家に対して牛の刺しを使用したことで悪名高く、再選されました。彼は彼のユニフォームの悪名高い「決して」ピンを外したが、彼は敗北した。選挙で、クラークは黒人が彼を不在にすることを投票したので負けました。

黒人が投票権を取り戻すことで、南部の政治情勢が変わりました。議会が投票権法を可決したとき、すべて北部の州で、約100人のアフリカ系アメリカ人だけが選挙公職に就きました。1989年までに、南部の4,800人以上を含む、7,200人以上のアフリカ系アメリカ人が就任しました。アラバマ州の人口が過半数を占めるほぼすべての郡には、黒い保安官がいました。南部の黒人は、市、郡、および州政府でトップの地位を占めていました。

アトランタは、ミシシッピ州ジャクソンハーベイ・ジョンソン・ジュニアニューオーリンズアーネスト・モリアルと同様に、黒人市長のアンドリュー・ヤングを選出しました。全国レベルの黒人政治家には、議会でテキサス州の代表として選出されたバーバラ・ジョーダンが含まれ、ジミー・カーター大統領はアンドリュー・ヤングを国連大使に任命しましたジュリアン・ボンドは1965年にジョージア州議会に選出されましたが、ベトナム戦争への米国の関与に対する国民の反対に対する政治的反応により、 1967年まで彼は議席を獲得できませんでした。ジョン・ルイス1986年に米国下院でジョージアズ5番目の議会地区を代表するために最初に選出され、1987年から2020年に亡くなるまで務めました。

1965年のワッツ暴動

1965年8月、ロサンゼルスでのワッツ暴動中に警察が男を逮捕

1965年の新しい投票権法は、貧しい黒人の生活条件に直接的な影響を及ぼしませんでした。法律が制定されてから数日後、ロサンゼルス中南部のワット地区で暴動が発生しました。ハーレムのように、ワッツは非常に高い失業率とそれに伴う貧困を抱えた黒人の過半数の地域でした。その住民は、黒人に対する虐待の歴史を持つ主に白人の警察署に直面しました。[186]

飲酒運転で若い男を逮捕している間、警察官は見物人の前で容疑者の母親と議論した。火花はロサンゼルスでの6日間の暴動を通じて財産の大規模な破壊を引き起こしました。34人が死亡し[187]、約4,000万ドル相当の財産が破壊され、1992年のロドニーキング暴動までワッツ暴動が市内で最悪の不安となった。 [188] [189]

黒人の戦闘力が高まる中、ゲットーの住民は警察に怒りの行動を向けました。警察の残虐行為にうんざりしている黒人居住者は暴動を続けた。一部の若者はブラックパンサー党などのグループに参加しました。その人気は、警察官と対峙するという評判に一部基づいていました。黒人の間の暴動は、1966年と1967年に、アトランタサンフランシスコオークランドボルチモアシアトルタコマクリーブランドシンシナティコロンバスニューアーク、シカゴ、ニューヨーク市(特にブルックリン、ハーレム、ブロンクス)、そしてデトロイトで最悪。

公正な住宅運動、1966年から1968年

当時の住宅分離に対する最初の大きな打撃であるランフォード公正住宅法は、1963年にカリフォルニアで可決されました。翌年、ワッツ暴動を助長する動きである提案14により、カリフォルニアの白人有権者と不動産ロビイストによって覆されました。[190] [191] 1966年、カリフォルニア最高裁判所は提案14を無効にし、ランフォード公正住宅法を復活させた。[192]

公正住宅法のための作業と組織化は、マーティンルーサーキングジュニア、ジェームズベベル、アルレイビーが1966年にこの問題をめぐってシカゴ自由運動を主導し、次の2年間で運動の主要なプロジェクトになりました。ジェームズ・グロッピNAACP青年評議会も、ミルウォーキーでの公正な住宅キャンペーンで全国的な注目を集めました。[193] [194]どちらの運動も、白人の住宅所有者からの激しい抵抗と保守的な政治家からの法的な反対に直面した。

公正住宅法案は、その時代の最も論争の的となった公民権法でした。この法案を提唱したウォルター・モンデール上院議員は、この法案は、米国の歴史の中で最も議事妨害された法案であったと述べた。これは、ほとんどの北部および南部の上院議員、ならびに全米不動産委員会によって反対されました。提案された「1966年公民権法」は、その公正な住宅供給のために完全に崩壊しました。[195]モンデールは次のようにコメントしています。

多くの公民権[立法]は南部を振る舞わせ、ジョージ・ウォレスから歯を奪うことに関するものでしたが、[しかし]これは全国の近所に正しくもたらされました。これは個人的な公民権でした。[196]

1967年の全国的な暴動

ホワイトハウス海軍写真ユニットによって作成された暴動の映画

1967年、デトロイト、ニューアーク、シンシナティ、クリーブランド、ワシントンDCを含む100以上の米国の都市の黒い地域で暴動が発生しました[197]。これらの中で最大のものは1967年のデトロイト暴動でした。

デトロイトでは、自動車産業で組合員として働いていたアフリカ系アメリカ人の間で、大規模な黒人中産階級が発達し始めていました。これらの労働者は、人種差別的慣行が持続し、彼らが持つことができる仕事と昇進の機会を制限していると不平を言った。全米自動車労働組合は、これらの苦情を官僚的で効果のない苦情処理手続きに振り向けました。[198]暴力的な白い暴徒は、1960年代まで住宅の隔離を強制した。[199]上向きに移動しなかった黒人は、ワットとハーレムの貧しいアフリカ系アメリカ人と同じ問題にさらされて、標準以下の状態で生活していた。

暑い夏の間に白人のデトロイト警察署(DPD)の警官が違法なバーを閉鎖し、大勢の常連客を逮捕したとき、猛烈な黒人居住者が暴動を起こしました。狙撃兵が屋上や窓からの銃撃戦に従事している間、暴動者は財産を略奪して破壊し、障害を削減するDPDの能力を弱体化させました。これに応じて、ミシガン陸軍国家警備隊米陸軍 空挺部隊が配備され、DPDを強化し、デトロイト消防署を保護しました。(DFD)消火中の攻撃からの消防士。住民は、警察官と州兵が黒人の民間人と容疑者を無差別に撃ったと報告した。5日後、43人が死亡し、数百人が負傷し、数千人が家を失いました。4,000万ドルから4,500万ドル相当の損害が発生しました。[199] [200]

州政府と地方政府は暴動に対応し、マイノリティの雇用を劇的に増やしました。[201]混乱の余波で、大デトロイト商工会議所はまた、圧倒的な数の黒人である1万人の「以前は失業していた」人々の仕事を見つけるキャンペーンを開始した。[202]ジョージ・ロムニー知事は、1967年の暴動に即座に対応し、ミシガン州議会の特別会期で、公正な住宅だけでなく、「重要な移転、テナントの権利」を含む抜本的な住宅提案を転送した。ロムニーは1965年にそのような提案を支持したが、組織的な反対に直面してそれらを放棄した。法律は議会の両院を通過させた。歴史家のシドニー・ファインは次のように書いている。

1968年11月15日に施行されたミシガン州の公正住宅法は、連邦の公正住宅法よりも強力でした... 1960年代の最も深刻な人種的混乱を経験した州もそれを採用したのは偶然ではないでしょう。最強のステートフェア住宅法の。[203]

ジョンソン大統領は、全国的な暴動の波に応えて、市民障害に関する全国諮問委員会を設立しました。委員会の最終報告書は、黒人コミュニティにおける雇用と公共政策の大幅な改革を求めていました。それは、米国が別々の白と黒の社会に向かって動いていることを警告しました。

メンフィス、王の暗殺と1968年の公民権法

貧者の行進の一環として、1968年にナショナルモールに復活都市と呼ばれる3,000人の貧民街が設立されました。

1968年が始まると、公正な住宅法案は再び議事妨害されていましたが、2つの進展がそれを復活させました。[196] 1967年のゲットー暴動に関するカーナー委員会の報告書は3月1日に議会に提出され、市民の混乱に対する救済策として「包括的で強制力のある連邦公開住宅法」を強く推奨した。上院はその週の議事妨害を終わらせるために動かされました。[204]

ジェームズ・ローソンは、1968年3月にテネシー州メンフィスにキングを招待し、衛生労働者のストライキを支援したこれらの労働者は、 2人の労働者がその仕事で誤って殺された後、組合代表のキャンペーンを開始した。彼らは公正な賃金と改善された労働条件を求めていました。キングは彼らの闘争が彼が計画 していた貧者の行進の重要な部分であると考えました。

アメリカ社会のビジョンで有名になった彼の感動的な「私は山頂に行った」説教を行った翌日、キング1968年4月4日に暗殺されました。その後の数日間の米国、特にシカゴボルチモアワシントンDC

キングの葬式の前日である4月8日、コレッタスコットキングSCLC 、およびUAWのウォルタールーサー大統領との完全に静かな行進には、約42,000人の参加者が集まりました。[205] [206]武装した州兵が、行進者を保護するためにM-48戦車に座って通りに並び、ヘリコプターが頭上を旋回した。4月9日、キング夫人はアトランタの通りを葬列でさらに15万人を率いました。[207]彼女の尊厳は、運動の多くのメンバーの勇気と希望を復活させ、人種的平等のための闘いにおける新しいリーダーとしての彼女の地位を確認した。

コレッタスコットキングは言った、[208]

マーティンルーサーキングジュニアは、世界の貧しい人々、メンフィスのゴミ労働者、そしてベトナムの農民のために彼の人生を捧げました。ネグロの人々やボンデージの人々が本当に自由である日、欲しがる日は廃止され、戦争はもう終わらない日、私は私の夫が長い間平和に休むことを知っています。

ラルフ・アバーナシーは、SCLCの長としてキングを引き継ぎ、貧者の行進のためのキングの計画を実行しようとしました。それは、黒人と白人を団結させて、アメリカの社会と経済構造の根本的な変化を訴えることでした。行進はアバナシーの率直なリーダーシップの下で前進したが、その目標を達成しなかった。

1968年の公民権法

下院は、キングの暗殺とそれに続く前述の不安の波の前に、南北戦争以来最大の4月初旬に公正住宅法を審議していた。[209]チャールズ・マティアス上院議員は次のように書いている。

[S]一部の上院議員および代表者は、騒乱のために脅迫されたり、法制化に駆り立てられたりすることはないと公に述べた。それにもかかわらず、暴動のニュース報道と、白人と黒人のアメリカ人の間の収入、仕事、住居、教育の根本的な格差は、巨大な社会問題の厳しい現実について市民と議会を教育するのに役立ちました。国会議員は、キングが雄弁に説いた夢を実現するために、アメリカの生活におけるこれらの不均衡を是正するために行動しなければならないことを知っていました。[204]

下院は、キングが殺害されてから1週間も経たないうちに、4月10日に法案を可決し、ジョンソン大統領は翌日法案に署名しました。1968年の公民権法は、人種、宗教、出身国に基づく住宅の販売、賃貸、資金調達に関する差別を禁止していました。それはまた、「人種、肌の色、宗教、または出身国を理由に、力によって、または力の脅威によって、誰かを傷つけたり、脅迫したり、妨害したりすることによって」連邦犯罪になりました。[210]

ゲイツ対コリアー

当時パーチマンファームとして知られていたパーチマンのミシシッピ州立刑務所の状況は、活動家がそこで投獄された後、公民権に関する公の議論の一部となった。1961年の春、フリーダムライダーは、公共施設の分離をテストするために南部にやって来ました。1963年6月末までに、フリーダムライダーはミシシッピ州ジャクソンで有罪判決を受けました。[211]多くはパーチマンのミシシッピ州立刑務所で投獄された。ミシシッピ州は、他の受刑者の処罰を管理および執行するために一部の受刑者を使用した受刑者の階層的順序である信頼できるシステムを採用しました。[212]

1970年、公民権弁護士のロイ・ハーバーは、囚人から声明を出し始めました。彼は、1969年から1971年にミシシッピ州立刑務所で受刑者が被った殺人、レイプ、殴打、その他の虐待の詳細を50ページ収集しました。Gatesv。Collier (1972)として知られる画期的な事件では、ハーバーに代表される4人の囚人が、合衆国憲法に基づく権利を侵害したとしてパーチマン農場の監督を訴えた

連邦判事ウィリアムC.キーディは、パーチマンファームが残酷で異常な刑罰を科すことにより、囚人の市民権を侵害したと述べ、囚人に有利な判決を下しました。彼はすべての違憲な条件と慣行の即時終了を命じました。受刑者の人種的分離は廃止され、信頼できるシステムは、特定の受刑者が他の受刑者を支配する力を持つことを可能にしました。[213]

刑務所は、刑務所が「現代の品位の基準」に対する侮辱であると書いたキーディによる痛烈な判決の後、1972年に改装されました。他の改革の中でも、宿泊施設は人間の居住に適したものになりました。信託制度は廃止されました。(刑務所はライフルで生活者を武装させ、他の囚人を監督し警備する権限を彼らに与えた。それは虐待と殺人の多くの事件につながった。)[214]

北部と西部の州の統合された矯正施設では、黒人は一般人口の割合を超えて、不釣り合いな数の囚人を表していた。彼らはしばしば白人の刑務官によって二級市民として扱われました。黒人はまた、死刑囚の数が不釣り合いに多いことを表していたEldridgeCleaverの本Soulon Iceは、カリフォルニアの矯正システムでの彼の経験から書かれました。それは黒人の戦闘に貢献しました。[215]

遺産

公民権抗議活動は、時間の経過とともに人種と政治に関する白人アメリカ人の見解に目に見える影響を及ぼしました。[216]歴史的に重要な市民権の抗議が起こった郡に住む白人は、黒人に対する人種的恨みのレベルが低く、民主党と同一視する可能性が高く、アファーマティブアクションを支持する可能性が高い[216]

ある研究によると、その時代の非暴力的活動は、メディアの好意的な報道と、主催者が提起している問題に焦点を当てた世論の変化を生み出す傾向がありましたが、暴力的な抗議は、法と秩序を回復したいという国民の欲求を生み出す不利なメディア報道を生み出す傾向がありました。[217]

1964年法は、雇用および公共施設の分野における人種、肌の色、宗教、性別、または出身国に基づくさまざまな分野での差別をなくすために可決されました。[218] [219] 1964年法は、教育機関で雇用されている人に対する性差別を禁止していなかった。並行法であるタイトルVIも、連邦政府が資金提供する民間および公的機関での差別を禁止するために1964年に制定されました。人種、肌の色、出身国をカバーしましたが、性別は除外しました。1970年代初頭のフェミニストは、保護されたクラスのカテゴリーとしてセックスを追加するよう議会に働きかけました。1972年、このギャップを埋め、連邦政府が資金提供するすべての教育プログラムにおける差別を禁止するために、タイトルIXが制定されました。タイトルIX、または1972年の教育改正2002年にミンクが亡くなった後、後にパッツイー・T・ミンクの教育における機会均等法に改名された。 [220]

特徴

ミシシッピ自由民主党(および他のミシシッピを拠点とする組織)のファニールーハマーは、運動における地元の草の根のリーダーシップの例です。

アフリカ系アメリカ人の女性

公民権運動に参加したアフリカ系アメリカ人の女性は、その成功にとって極めて重要でした。[221]彼らは、公民権運動のために活動家、擁護者、教育者、聖職者、作家、スピリチュアルガイド、世話人および政治家として志願した。公民権の目的に貢献した組織を率いて参加する。[221] ローザパークスが公共バスの後ろに座ることを拒否した結果、1年間のモンゴメリーバスボイコット[221]が発生し、最終的には米国での州間高速道路の分離が解除された。[222]女性は、公民権の目的に貢献できると信じていたため、NAACPのメンバーでした。[221]ブラックパンサー党に関与した人々の一部は全国的に指導者として認められ、さらに他の人々はブラックパンサー党の新聞の編集作業を行い、ジェンダー問題に関する内部の議論に拍車をかけた。[223] エラ・ベイカーはSNCCを設立し、公民権運動の著名人でした。[224] [225] SNCCに参加した女子学生は、座り込みとフリーダムライドの組織化を支援した。[224]同時に、米国南部の町の多くの年配の黒人女性が自宅で組織のボランティアの世話をし、学生に食べ物、ベッド、癒しの援助、そして母親の愛を提供しました。[224]関係する他の女性もまた、教会グループ、ブリッジクラブ、および全米黒人女性協議会などの専門組織を結成し、自分自身とその人種の自由を達成するのを支援した。[223]これらの組織に参加した何人かは、彼らの関与のために職を失った。[223]

性差別

運動に参加した多くの女性は、性差別セクハラを経験しました。[226] SCLCでは、エラ・ベイカーの意見は、彼女がスタッフの中で最も年上で最も経験豊富な人物であるにもかかわらず、落胆しました。[227]他にも多くの説明と例があります。[228] [229] [230] [231]

「共産主義者」のラベルを避ける

1951年12月17日、共産党加盟の市民権会議は、米国連邦政府が私刑に反対する行動をとらなかったことにより、米国連邦政府が米国は、国連ジェノサイド条約の第2条に基づくジェノサイドの罪を犯しましたブラックジェノサイドを参照)。[232]請願書は、2つの別々の場所で国連に提出された。コンサート歌手で活動家のポール・ロブソンがニューヨーク市の国連職員に提出したのに対し、ウィリアム・L・パターソンは、CRCの常務理事は、ドラフトされた請願書のコピーをパリの国連代表団に届けました。[233]

請願書の編集者であるパターソンは、米国共産党の指導者であり、共産党員、労働組合員、および政治的または人種的迫害。ILDは、1931年にアラバマ州のスコッツボロボーイズの防衛を主導したことで知られており、1930年代には共産党がアフリカ系アメリカ人の間でかなりの影響力を持っていました。この影響は1950年代後半までに大幅に減少しましたが、国際的な注目を集めることはできました。ロベソン、デュボア、パターソンなどの初期の公民権の人物がより政治的に急進的になったので(したがって冷戦の反共産主義の標的になった)米国政府による)、彼らは主流のブラックアメリカとNAACPの支持を失いました。[233]

政治の主流の場所を確保し、最も幅広い支持基盤を獲得するために、新世代の公民権活動家は、共産党に関係するあらゆるものから公然と距離を置く必要があると信じていました。エラベイカーによると、南部キリスト教指導会議は、共産主義に関連しているという非難を阻止するために、その名前に「クリスチャン」という言葉を追加しました[234] J。エドガーフーバーの下で、FBIは20世紀初頭から共産主義を懸念しており、公民権活動家を厳重に監視し、その一部を「共産主義者」または「破壊的」と名付けました。これは公民権運動の間も続いた慣行です。1960年代初頭、公民権運動を「レッズ」から遠ざける慣行は、SNCCの政治プログラムを支持し、「自分たちの体を置くことをいとわない人からの支援と参加を受け入れるという方針を採用した学生非暴力調整委員会によって挑戦されました。政党に関係なく、オンラインで」SNCCの政治的開放政策は、NAACPと対立する場合があります。[233]

草の根のリーダーシップ

運動の最も人気のある表現はマーティンルーサーキングジュニアのリーダーシップと哲学に集中していますが、一部の学者は、運動が多すぎて1人の人物、組織、または戦略にクレジットできないと指摘しています。社会学者ダグ・マカダム「キングの場合、彼が現代の公民権運動のリーダーであったと言うのは不正確だろう...しかしもっと重要なことに、単一の公民権運動はなかった。運動は実際には連合だった。数十年にわたる全国の何千もの地域の取り組み、何百もの個別のグループ、そしてあらゆる種類の戦略と戦術-合法、違法、制度的、非制度的、暴力的、非暴力的。キングの重要性を軽視しなければ、それはまったくのフィクションになるでしょう。彼を、基本的に無定形で流動的な分散した運動のリーダーと呼ぶこと。」[235]分散型の草の根のリーダーシップは、歴史家のジョン・ディトマーチャールズ・ペインバーバラ・ランズビー、その他。

人気のある反応

アメリカのユダヤ人

ユダヤ人の公民権活動家ジョセフ・L・ラウ・ジュニアが1963年にマーティン・ルーサー・キング・ジュニアと行進

ユダヤ人コミュニティの多くは、公民権運動を支持しました。実際、統計的には、ユダヤ人は運動に最も積極的に関与した非黒人グループの1つでした。多くのユダヤ人学生は、公民権時代にフルタイムの主催者および夏のボランティアとして、CORE、SCLC、およびSNCCのためにアフリカ系アメリカ人と協力して働きました。ユダヤ人は、1964年のミシシッピフリーダムサマープロジェクトに関与した白人の北部および西部のボランティアの約半分と、1960年代に南部で活動していた公民権弁護士の約半分を占めていました。[236]

ユダヤ人の指導者たちは、1964年6月にフロリダ州セントオーガスティンでマーティンルーサーキングジュニアからの電話に耳を傾けている間に逮捕されました。そこでは、アメリカ史上最大のラビの大量逮捕がモンソンモーターロッジで行われました。作家、ラビ、そしてニューヨークのユダヤ神学校の神学教授であるアブラハム・ヨシュア・ヘシェルは、公民権の主題について率直に発言しました。彼は1965年のセルマからモンゴメリーへの行進でキングと腕を組んで行進した。1964年にミシシッピ州、グッドマン州、シュヴェルナー州が殺害されたとき、殺害された2人の白人活動家、アンドリュー・グッドマンマイケル・シュヴェルナーはどちらもユダヤ人でした。

世界で唯一の無宗派のユダヤ人が後援する大学であるブランダイス大学は、マーティンルーサーキングジュニアの暗殺に一部応えて、1968年に移行年プログラム(TYP)を作成しました。 ブランダイスを優れた学問に取り組む大学として認識しているこれらの教員は、恵まれない学生が力を与える教育体験に参加する機会を生み出しました。

アメリカユダヤ人委員会アメリカユダヤ人議会、および名誉毀損防止連盟(ADL)は、公民権を積極的に推進しました。ユダヤ人は南部の公民権運動に非常に積極的でしたが、北部では、多くの人がアフリカ系アメリカ人とのより緊張した関係を経験していました。黒人の過激派とブラックパワー運動の増加に伴い、「黒人の反ユダヤ主義」が増加し、北部のコミュニティで黒人とユダヤ人の間の緊張した関係につながったと主張されてきました。ニューヨーク市では、特に、ユダヤ人によるアフリカ系アメリカ人の認識に大きな社会経済的階級の違いがありました。[237]教育水準の高いアッパーミドルクラスのバックグラウンドを持つユダヤ人は、アフリカ系アメリカ人の市民権活動を非常に支持することが多く、少数派になりつつある貧しい都市コミュニティのユダヤ人は、主に2つのグループ間のより否定的で暴力的な相互作用のために、支持が弱くなることがよくありました。

政治学者のマイケル・ロギンによれば、ユダヤ人と黒人の敵意は、初期の数十年に及ぶ双方向の道でした。第二次世界大戦後の時代には、ユダヤ人は白人の特権を与えられ、黒人がゲットーに置き去りにされている間、ほとんどが中産階級に移りました。[238]都市部のユダヤ人は、他の白人民族が行ったのと同じ種類の黒人との紛争に従事し、統合バス、学校の地域管理、住宅、犯罪、共同体のアイデンティティ、階級の分裂をめぐって、ユダヤ人がホワイトフライトに参加することになった。これの集大成は、1968年のニューヨーク市の教師のストライキであり、主にユダヤ人の学校教師を主に黒人の両親と戦わせた。ブラウンズビル、ニューヨーク[239]

公開プロフィール

アフリカ系アメリカ人の公民権を支持した南部の州の多くのユダヤ人は、反黒人および反ユダヤ主義のクー・クラックス・クランの注目を集めることを避けるために、「人種問題」について目立たない傾向がありました。[240]しかし、クラングループは、暴力的な反ユダヤ主義のヘイトクライムを犯すために、アフリカ系アメリカ人の統合とユダヤ人の闘争への関与の問題を利用したこの憎悪の例として、1957年11月から1958年10月までの1年間だけで、アトランタナッシュビルジャクソンビルマイアミで寺院やその他のユダヤ人の共同集会が爆撃され、冒涜され、シナゴーグの下でダイナマイトが発見されました。ノースカロライナ州バーミンガムシャーロットガストニアで一部のラビは殺害の脅迫を受けましたが、これらの暴力の爆発による負傷はありませんでした[240]

黒人の分離主義者

マーティン・ルーサー・キング・ジュニアマルコムXブラック・パワーの考えは互いに対立し、公民権運動の唯一のイデオロギーであるという一般的な考えにもかかわらず、多くの黒人が感じた他の感情がありました。運動中の出来事があまりにも早く起こっていることを恐れて、リーダーが漸進的なペースで彼らの活動をとるべきであると感じた何人かの黒人がいました。他の人々は、黒人が運動にどのように焦点を合わせているかについて留保し、そのような注意は黒人コミュニティ内の問題の改革によりよく費やされていると感じました。

保守派は一般的に統合を支持しましたが、一部の擁護者は同化に対するバックストップとして分離を段階的に段階的に廃止しました。ドナルド・マシューズとジェームズ・プロスロが行った1966年の研究の彼女の解釈に基づいて、統合のための黒人の相対的な割合を、それに対して、または何か他のものを感じて詳細に説明し、ローレン・ウィナーは次のように主張します。

分離の黒人擁護者は、特にすべて黒人の制度を好むという点で、一見、黒人の民族主義者に非常によく似ています。しかし、分離の黒人擁護者は、2つの重要な点でナショナリストとは異なります。第一に、両方のグループがNAACPスタイルの統合を批判している一方で、ナショナリストは統合とジム・クロウの3番目の代替案を明確に述べ、分離主義者は現状に固執することを好みました。第二に、分離の政治的語彙の黒人擁護者には、自己決定の要求がなかった。彼らは真っ黒な機関を求めたが、自律的な真っ黒な機関は求めなかった。実際、分離の擁護者の中には、黒人が繁栄するためには白人の父性主義と監視が必要であると主張した人もいます。[241]

多くの場合、アフリカ系アメリカ人のコミュニティリーダーは、分離の堅固な擁護者になるでしょう。教会の牧師、ビジネスマン、教育者は、金銭的利益など、白人からの支援から得た特権を維持するために、分離と分離主義の理想を維持したいと望んでいた人々の中にいました。さらに、彼らはコミュニティでの仕事と経済を繁栄させ続けるために分離に依存していました。南部で統合が広まると、黒人が所有する企業やその他の事業所は、白人が所有する企業に顧客基盤の大部分を失い、多くの黒人は現在自分たちの利益に限定されている仕事の機会を失うことが懸念されました。[242]一方で、統合を批判する日常の平均的な黒人もいました。彼らにとって、彼らは公民権運動のさまざまな部分と、黒人が白人に邪魔されることなく消費主義と経済的自由を行使する可能性に問題を抱えていました。[243]

マーティンルーサーキングジュニア、マルコムX、および運動中の他の主要な活動家やグループにとって、これらの反対の視点は彼らの考えに対する障害として機能しました。これらの異なる見解は、そのような指導者の仕事を達成するのをはるかに困難にしましたが、それにもかかわらず、彼らは運動の全体的な範囲において重要でした。ほとんどの場合、活動家の運動やイデオロギーのさまざまな側面に留保していた黒人は、彼らの努力にゲームを変えるような凹みを作ることができませんでしたが、これらの代替案の存在は、一部の黒人に表現するための出口を与えました変化する社会構造についての彼らの懸念。

「ブラックパワー」過激派

金メダリストのトミー・スミス (中央)と銅メダリストのジョン・カルロス (右)は、 1968年の夏季オリンピックでの200mレースの後に表彰台で上げられた握りこぶしを見せています。どちらも人権を求めるオリンピックプロジェクトのバッジを着用しています。オーストラリアのピーター・ノーマン(銀メダリスト、左)も、スミスとカルロスと連帯してOPHRバッジを着用しています。

1964年のフリーダムサマーキャンペーンの間に、公民権運動内の多くの緊張が最前線に来ました。SNCCの多くの黒人は、北と西の白人活動家が運動を引き継いでいるという懸念を抱きました。多くの白人学生の参加は、SNCCが受けた暴力の量を減らすことはありませんでしたが、それを悪化させたようです。さらに、民主党全国大会でのミシシッピ自由民主党に対するリンドン・ジョンソンの投票状況の否定には、深い幻滅がありました。[244] [245]一方、CORE中その夏のルイジアナでの仕事で、そのグループは、連邦政府が1964年の公民権法の規定を施行する、または隔離に異議を唱えた活動家の命を守るという要求に応じないことを発見しました。ルイジアナのキャンペーンは、白人至上主義者の暴力と警察の弾圧を撃退するために武器を使用した、防衛と正義のためのディーコンと呼ばれる地元のアフリカ系アメリカ人民兵に依存することによって生き残った。COREの執事とのコラボレーションは、ルイジアナの多くの地域でジム・クロウを混乱させるのに効果的でした。[246] [247]

1965年、SNCCは、同じくクランの領土であるアラバマブラックベルトの中心部で、独立した政党であるLowndes County Freedom Organisation (LCFO)の組織化を支援しました。それはその黒人指導者が武装した自己防衛の使用を公然と促進することを許可した。一方、防衛と正義のためのディーコンはミシシッピ州に拡大し、ナチェズでのキャンペーンの成功でチャールズエバーズのNAACP支部を支援しましたチャールズは、1963年に兄のメドガーエヴァースが暗殺された後、主導権を握っていた。 [248]同じ年、1965年のワッツ暴動がロサンゼルスで起こった。多くの黒人の若者は、不平等と抑圧に抗議するために暴力の使用に取り組んでいました。[249]

ジェームズ・メレディスによって開始された1966年のマーチ・アゲインスト・フィアの間、SNCCとCOREは「ブラック・パワー」のスローガンを完全に受け入れ、過激派と自立へのこれらの傾向を説明しました。ミシシッピ州で、ストークリー・カーマイケルは、「私がふさわしいものを白人に頼むつもりはない。私はそれを取るつもりだ。私たちは力が必要だ」と宣言した。[250]

ブラックパワー運動に従事している何人かの人々は、黒人のプライドとアイデンティティの感覚が高まっていると主張しました。黒人は、文化的アイデンティティの感覚をさらに深めるために、白人がアイルランド系アメリカ人やイタリア系アメリカ人などの他の民族グループと同様に、彼らを「黒人」ではなく「アフリカ系アメリカ人」と呼ぶように要求しました。1960年代半ばまで、黒人は白人と同じように服を着て、しばしば髪をまっすぐにしていました。彼らのアイデンティティを確認する一環として、黒人はアフリカを拠点とするダシキを身に着け始め、自然なアフロとして髪を伸ばしました「フロ」と呼ばれることもあるアフロは、1970年代後半まで人気のある黒いヘアスタイルでした。伝統的なアフリカのスタイルの他のバリエーションが人気になり、多くの場合、ブレード、エクステンション、

1966年にカリフォルニア州オークランドでヒューイニュートンボビーシールによって設立されたブラックパンサー党(BPP)は、全国的にブラックパワーの注目を集めました。このグループは、人種的不平等を阻止するための「あらゆる手段で必要な」アプローチを使用して、後期マルコムXの革命的な汎アフリカ主義を追跡し始めました。彼らは、アフリカ系アメリカ人の近所の警察の残虐行為を取り除き、ゲットーで社会主義コミュニティの統制を確立しようとしました。彼らは警察と武力衝突を行った一方で、子供向けの無料の朝食と医療プログラムも設定しました。[251] 1968年から1971年の間、BPPは国内で最も重要な黒人組織の1つであり、NAACP、SCLC、平和と自由党などからの支援を受けていました。[252]

ブラックパワーは刑務所の壁の内側で別のレベルに引き上げられました。1966年、ジョージジャクソンはカリフォルニア州サンクエンティン州立刑務所にブラックゲリラファミリーを結成しましたこのグループの目標は、アメリカの白人政府と刑務所システムを打倒することでした。1970年、このグループは、白い刑務所の看守が刑務所の塔から3人の黒い囚人を射殺した罪を犯していないことが判明した後、彼らの献身を示しました。彼らは白い刑務所の警備員を殺すことによって報復した。

この時、ブラックパワーに関連する多くの人気のある文化的表現が登場しました。1968年8月にリリースされたビルボードの年末リストでナンバーワンのリズム&ブルースのシングルは、ジェームス・ブラウンの「Say It Loud – I'm Black andI'mProud」でした。[253] 1968年10月、トミー・スミスジョン・カルロスは、 1968年の夏季オリンピックでそれぞれ金メダルと銅メダルを授与されたが、人権バッジを着用し、表彰台式でそれぞれ黒手袋のブラックパワーサリュートを掲げた。

キングは、彼にとって黒人のナショナリズムのように聞こえる「ブラックパワー」のスローガンに満足していませんでした。キングが1968年に暗殺されたとき、ストークリーカーマイケルは、白人が暴動の蔓延を防ぐために1人を殺害し、黒人がすべての主要都市を焼き払うと述べました。暴動は全国の100以上の都市で発生しました。一部の都市は、1世代以上にわたって被害から回復しませんでした。他の都市の近隣は決して回復しませんでした。

ネイティブアメリカン

キングと公民権運動は、1960年代のネイティブアメリカンの権利運動とその指導者の多くに影響を与えました。[254]ネイティブアメリカンは米国独立宣言[255]や、キングの1964年の著書 『Why We Ca n't Wait』で「無慈悲なインドの野蛮人」として非人間化されていた。元々のアメリカ人、インディアンは劣った種族だったという教義。」[256]ポーニー族のメンバーであり、常務取締役であり、ネイティブアメリカン権利基金の創設者の1人であるジョンエチョホークは、次のように述べています。 1831年以来ずっと私たちと共にあった部族の主権の原則の下で私たち自身の法律。私たちは米国の法律と一致する自己決定の方針のために戦うことができ、私たち自身の業務を統治し、私たち自身の方法を定義し、[257]ネイティブアメリカンはまた、1960年代を通じてキングの運動を積極的に支持していた。これには、1963年3月にワシントンで行われたジョブズアンドフリーダムのためのかなりのネイティブアメリカン派遣団が含まれていた。[ 254]

北アイルランド

北アイルランドに存在する分離と権利剥奪の政策のために、多くのアイルランドの活動家はアメリカの公民権活動家からインスピレーションを得ました。人民民主主義は、セルマからモンゴメリーへの行進に触発されたベルファストからデリーへの「長征」を組織しました[258]北アイルランドの公民権運動の間、抗議者たちはしばしばアメリカの抗議歌「勝利を我等に」を歌い、時には「北アイルランドの黒人」と呼ばれた。[259]

ソビエト連邦

これらの年の間、米国連邦政府の行動には国際的な文脈がありました。ソビエトメディアは米国での人種差別を頻繁に取り上げた[260]自国の人権侵害に対するアメリカの批判は偽善的であるとみなし、ソビエト政府は「そしてあなたは黒人をリンチしている」と述べた。[261]彼の1934年の本RussiaTodayで:私たちはそれから何を学ぶことができますか?シャーウッド・エディは次のように書いています。[262]

冷戦市民権:人種とアメリカ民主主義のイメージで、歴史家メアリーL.ドゥジアックは、米国を批判した共産主義者が、米国を「自由世界のリーダー」と表現したときに偽善を実践したと非難したと書いています。非常に多くの市民が深刻な人種差別と暴力にさらされていました。彼女は、これが公民権法を支持するように政府を動かす主な要因であると主張した。[263]

白は穏健

ホワイトサザン人の大多数は、公民権運動を支持も抵抗もしなかったと推定されています。[264]多くの人は公民権を拡大するという考えを楽しんでいなかったが、大規模な抵抗の一部として公民権運動に抵抗した人々によって使用された言葉としばしば暴力的な戦術に不快感を覚えた。[265]多くの人は、変化する環境によって一度強制された運動にのみ反応し、彼らが行動したとき、彼らの反応は通常、彼らが日常生活を最も邪魔しないと感じたものでした。彼らの個人的な反応のほとんどは、最終的には支持であろうと抵抗であろうと、極端ではありませんでした。[264]

白人の分離主義者

1964年にフロリダ州セントオーガスティンで行われたクークラックスクランのデモ

キングは、1964年にノーベル平和賞を受賞したとき、生涯で高い評価を得ましたその後、彼のキャリアは苛立たしい挑戦に満ちていました。1964年の公民権法と1965年の投票権法の成立を獲得したリベラルな連立は争い始めた。

キングはジョンソン政権からより疎遠になりつつあった。1965年に彼は和平交渉とベトナムの爆撃の停止を要求することによってそれを破った彼はその後数年でさらにに移動し、経済的正義の必要性とアメリカ社会の徹底的な変化について話しました。彼は、運動によって得られた公民権を超えて変化が必要であると信じていました。

しかし、公民権運動の範囲を拡大しようとするキングの試みは停止し、ほとんど成功しませんでした。1965年、キングは住宅差別に対処するために運動を北に向けようと何度か試みましたシカゴのリチャード・J・デイリー市長が市の問題を「調査」することを約束してSCLCのキャンペーンを軽視したため、シカゴでのSCLCのキャンペーンは公に失敗しました。1966年、シカゴ郊外の悪名高い人種差別主義者Ciceroの白人デモ参加者は、「白人至上主義」の看板を掲げ、住宅の分離に反対するデモを行っていた行進者に石を投げました[266]

政治家やジャーナリストは、1960年代半ばにブラックパワー運動に移行したことで、この白い反発をすぐに非難しました。今日、ほとんどの学者は、反発は1950年代半ばにすでに発生していた現象であり、南部の「大規模な抵抗」運動に具体化されたと信じています。 NAACPによって)公然と人種差別的な立場にシフトしました。[267] [268]北と西の人種差別主義者は、地域的および文化的基盤で南部の人々に反対しましたが、公民権運動が北と西に向かうにつれてより顕著になった分離主義的な態度も保持しました。たとえば、ワッツ暴動の前に、カリフォルニアの白人は、州の1963年の公正住宅法を廃止するためにすでに動員されていました。[266]

それでも、当時起こった反発は、達成された主要な公民権の勝利を巻き戻すことも、国を反応に駆り立てることもできなかった。社会史家のマシュー・ラシターとバーバラ・エーレンライヒは、反発の主要な構成員は労働者階級の白人ではなく、郊外と中産階級であったと述べています。 1968年のヒューバートハンフリー…ジョージウォレスがホワイトカラーの支持よりも実質的に多くのブルーカラーを描いたのは南部だけでした。」[269]

ロバート・F・ウィリアムズと非暴力に関する議論、1959年から1964年

ヘイズ池の戦いでクランスマンと積極的に対峙する武装したラムビーインディアン

ジム・クロウ法は「社会的統制の手段としてのテロ」[270]を採用しており、最も組織化された兆候はクー・クラックス・クランと地元の警察署の協力者でした。この暴力は、1950年代後半の公民権運動の進展を阻止する上で重要な役割を果たしました。南部のいくつかの黒人組織は、武装した護身術を実践し始めました。最初に公然とそうしたのは、ノースカロライナ州モンローで、ロバートF.ウィリアムズが率いるNAACPの章でした。ウィリアムズは、そのメンバーシップがクランによって公の生活から恐怖に陥った後、章を再構築しました。彼は、それ自体を徹底的に武装させ、攻撃から身を守るために、新しい、より労働者階級の会員を奨励することによってそうしました。[271]1957年10月にクランナイトライダーがNAACPメンバーのアルバートペリーの家を攻撃したとき、ウィリアムズの民兵は唖然としたクランスマンと銃撃戦を交わし、クランスマンはすぐに撤退した。翌日、市議会は緊急会合を開き、KKKの車列を禁止する条例を可決した。[272] 1年後、ノースカロライナ州のランビーインディアンはクラン(ヘイズ池の戦いとして知られる)と同様に武装したスタンドオフを成功させ、KKKのリーダーであるジェームズW.「キャットフィッシュ」コールが煽動で有罪判決を受けた。暴動。[273]

モンローで黒人女性を性的暴行で起訴された数人の白人男性が無罪となった後、ウィリアムズはユナイテッドプレスインターナショナルの記者に、政策として「暴力と暴力に会う」と発表した。ウィリアムズの宣言はニューヨークタイムズのフロントページに引用されており、カロライナタイムズはそれを「1959年の最大の公民権物語」と見なしていました。[274]NAACP全国委員長のロイウィルキンスはすぐにウィリアムズを彼の立場から停止させましたが、モンローの主催者は全国の多数のNAACP支部からの支持を得ました。最終的に、ウィルキンスは、NAACP全国大会でウィリアムズに反対するキャンペーンを行うために、影響力のある主催者であるデイジーベイツに賄賂を贈ることに頼りました。それにもかかわらず、条約は、「私たちは否定しませんが、違法な暴行に対する個人および集団の自衛権を再確認します」と述べた決議を可決しました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアはウィリアムズの解任を主張したが[ 276 ] 、エラ・ベイカー[277]WEBデュボア[13]はどちらもモンローの指導者の立場を公に称賛した。

ウィリアムズは、妻のメイベルウィリアムズとともに、モンロー運動で、そしてある程度は国民運動で指導的役割を果たし続けました。ウィリアムズは、1960年に発行された全国的に発行されたニュースレターであるThe Crusaderと、1962年に影響力のある本Negroes With Gunsを発行しました。[278]ウィリアムズは、1958年の国際的に知られている「キス事件」で成功裏に使用した法的な戦術と宣伝、およびモンローのランチカウンターの座り込みで使用した非暴力的な方法に精通していた。補完的な戦術としての武装した自己防衛。

ウィリアムズは、1961年8月のフリーダムライド中に白人至上主義者との別の武装したスタンドオフでモンロー運動を主導しました。彼は、学生非暴力調整委員会(SNCC)のエラベイカージェームズフォルマンによってキャンペーンに参加するよう招待されていました。事件は(キューバとの平和のための彼のキャンペーンと共に)彼がFBIの標的にされ、誘拐の罪で起訴された結果となった。彼は1976年にすべての容疑を免除された。[279]一方、南部運動では、 SNCCのアムジー・ムーア[279] ハートマン・ターンバウ[ 280]ファニー・ルー・ハマー[281]などの人物による武装護身術が慎重に続けられた。ナイトライドから自分たちの生活を守るために武器を使うことをいとわないすべての人。キューバのFBIから避難したウィラムスは、1962年からラジオプログレッソを介して米国東部全体にラジオ番組Radio Free Dixieを放送しました。この期間、ウィリアムズは人種差別主義機関に対するゲリラ戦争を提唱し、当時の大規模なゲットー暴動を次のように見ました。彼の戦略の現れ。

ノースカロライナ大学の歴史家ウォルター・ラッカーは、次のように書いています。彼らのコミュニティは積極的に—必要に応じて明白な力を行使します。これは次に白人に黒人の復讐に対する本当の恐れを呼び起こしました...」これはアフリカ系アメリカ人が致命的な報復の恐れが少ない非暴力的なデモンストレーションを使用するためのスペースを開きました。[282]この見解を共有する多くの公民権活動家の中で、最も著名なのはローザパークスでした。パークスは1996年にウィリアムズの葬式で賛辞を送り、「彼の勇気と自由へのコミットメント」を称賛し、「彼が行った犠牲と彼がしたことは歴史に残り、決して忘れられない」と結論付けました。[283]

政治的対応

アイゼンハワー政権、1953-1961

アイゼンハワー大統領は、彼の政権の重要な焦点ではありませんが、アメリカを人種統合国にするためにいくつかの保守的な進歩を遂げました。彼が選出された年、アイゼンハワーはホテルの部屋を借りたり、食事を買ったり、飲料水にアクセスしたり、映画に参加したりすることができなかったアフリカ系アメリカ人の男性の話を聞いた後、ワシントンDCを分離しました。[284]この行為の直後、アイゼンハワーはハリウッドの個性を利用して、映画館にも分離を迫った。[285]

前政権下で、トルーマン大統領は軍を分離するための大統領命令9981に署名した。しかし、トルーマンの大統領命令はほとんど執行されていませんでした。アイゼンハワー大統領は、大統領命令を執行することを強調した。1954年10月30日までに、米国には分離された戦闘部隊はありませんでした。[284]これだけでなく、アイゼンハワーは退役軍人省と南部の軍事基地(軍の扶養家族のための連邦学校を含む)を分離した。アイゼンハワーは軍隊を超えて彼の仕事を拡大し、2つの非差別委員会を設立しました。1つは政府の請負業者との無差別協定を仲介し、もう1つは政府の省庁内の差別を終わらせるためです。[284]

1875年の公民権法以来の最初の主要な公民権法もアイゼンハワー政権の下で可決されました。アイゼンハワー大統領は、1957年の公民権法を提案、支持、署名しました。この法律は、公民権委員会と司法省の公民権課を設立し、市民の選挙権を妨害する脅迫、強制、およびその他の手段を禁止しました。アイゼンハワーの司法制度の分離における取り組みも注目に値する。彼が任命した裁判官は、公民権/分離の問題に関しては自由主義的であり、彼は積極的に分離主義者を連邦裁判所に置くことを避けた。[284]

ケネディ政権、1961年から1963年

司法長官ロバート・ケネディは、1963年6月14日、司法省で少数派の雇用少ないことに抗議する敵対的な公民権の群衆の前で話しました[286]。

ケネディ政権の最初の2年間、公民権活動家は大統領と司法長官ロバートF.ケネディの両方の意見を混ぜ合わせていました。自由主義政治に対する歴史的な懐疑論の多くは、アフリカ系アメリカ人に、自由への懸念を共有すると主張する白人政治家、特に歴史的に親分離主義の民主党に関係する政治家に対して不安な軽蔑の感覚を残しました。それでも、多くの人々は、ケネディがキングに与えた慎重な支援と、市民的不服従からの劇的な圧力の後、人種的に平等主義的なイニシアチブを生み出すという政権の意欲に勇気づけられました。

イニシアチブの多くは、ロバート・ケネディの情熱から生まれました。若いケネディは、ボールドウィン-ケネディ会議などのイベントを通じて人種差別の現実についての迅速な教育を受けました大統領はこの問題に関する兄の切迫感を共有するようになり、1963年6月の画期的な公民権演説と10年ぶりの主要な公民権法の導入をもたらしました。[287] [288]

ロバート・ケネディは、1961年5月中旬のフリーダムライド中に最初に公民権に関心を持ち、アニストンとバーミンガムで燃えているバスと野蛮な殴打の写真が世界中に放送されました。ケネディ大統領がウィーンでソビエト首相と首脳会談をしようとしていたとき、彼らは特に恥ずかしい時期にやって来ました。ホワイトハウスは、アフリカとアジアの新たに独立した国々の人々の間でのそのイメージに関心を持っており、ロバート・ケネディはボイス・オブ・アメリカの演説で応えました人種関係の問題で大きな進歩があったと述べた。一方、舞台裏では、政権は最小限の暴力で危機を解決し、フリーダムライダーが大統領の国際的な議題から注意をそらす可能性のある新しい見出しを生成するのを防ぐために働きました。フリーダムライダードキュメンタリーは、「公民権のバックバーナー問題は冷戦の現実主義の緊急の要求と衝突した」と述べています[289]

5月21日、アラバマ州モンゴメリーのファーストバプテスト教会を白い暴徒が攻撃して燃やしたとき、ロバートケネディはキングに電話をかけ、米連邦保安官と州兵が範囲。キングは、「状況の継続を許した」としてケネディを非難し始めた。キングは後に、そうでなければキン​​グの人生を終わらせたかもしれない攻撃を解散させるために部隊を配備してくれたケネディに公に感謝した。

議会の過半数が非常に少ないため、立法を推進する大統領の能力は、南部の上院議員および下院議員とのバランスの取れたゲームに大きく依存していました。議会で長年の経験とそこでの長年の関係を持っていた元上院議員であるジョンソン副大統領の支援がなければ、司法長官のプログラムの多くは進展しなかったでしょう。

1962年後半までに、政治的変化の遅いペースでの欲求不満は、すべての米国政府部門にわたる行政代表や投票箱へのアクセスの拡大など、立法イニシアチブに対する運動の強力な支援によってバランスがとられました。ジョージ・ウォレス知事との対決から、ジョンソン副大統領への「引き裂き」(政権の領域の分離に失敗したため)、堕落した白人の南部裁判官の脅迫、州間輸送の分離まで、ロバート・ケネディは公民権運動。彼は1968年の大統領選に向けて、これらの社会正義の問題に取り組み続けました。

アラバマ大学へのアフリカ系アメリカ人の入学に対するウォレス知事の捕虜の夜、ケネディ大統領は国に演説をしました。これは変化する潮流を示し、その後の政治政策の変化の目印となる演説でした。公民権。1966年、ロバート・ケネディは南アフリカを訪れ、アパルトヘイトに反対を表明しました。これは、米国の主要な政治家が初めて行ったものです。

ダーバンのナタール大学で、私は白人人口のほとんどが属する教会が道徳的必要性としてアパルトヘイトを教えていると言われました。ある質問者は、神が奉仕するために黒人を創造したので、聖書がそうあるべきであると言っているので、黒人のアフリカ人が白人と一緒に祈ることを許可する教会はほとんどないと宣言しました。「でも、神は黒人だとしたら」と私は答えた。「もし私たちが天国に行き、私たちすべての人生がニグロを劣等者として扱い、神がそこにいて、私たちが見上げて神が白人ではない場合はどうなりますか?それでは私たちの反応はどうですか?」答えは無かった。沈黙だけ。

— ルックマガジン[290]

ロバート・ケネディと運動との関係は必ずしも前向きではありませんでした。司法長官として、彼は、1963年6月の演説で彼をブーイングした活動家から、司法省自身の黒人採用の記録が不十分であると説明するよう求められました。[286]彼はまた、 FBI長官の J.エドガーフーバーと彼のCOINTELPROプログラムを主宰した。このプログラムは、FBI捜査官に、共産党のフロントグループの活動を「暴露、混乱、誤解、信用の失墜、またはその他の方法で無力化」するよう命じました。[291] [292]ケネディはいくつかのプログラムを個人的に承認した。[293]ティム・ワイナーによると、「RFKは、彼がこれまでに認めたよりも、この監視についてはるかに多くのことを知っていました。」ケネディはキングの電話の限定的な盗聴を「試験的に、1か月かそこら」しか承認しなかったが。フーバーはクリアランスを延長したので、彼の部下は彼らが重要だと考えた黒人指導者の生活のあらゆる領域で証拠を探すために「解き放たれた」。その後、彼らはこの情報を使用してキングに嫌がらせをしました。[294]ケネディは、1963年の敵対的な人種サミットの後、ジェイムズ・ボールドウィンの監視を直接命じた。 [295] [296]

ジョンソン政権:1963年から1969年

リンドン・ジョンソンは公民権を彼の最優先事項の1つとし、貧困との白人戦争と結びつけました。しかし、ベトナム戦争への反対を強めることは、戦争の費用と相まって、彼の国内プログラムへの支持を弱めました。[297]

ケネディの下で、主要な公民権法は議会で行き詰まっていた。彼の暗殺はすべてを変えました。一方で、リンドン・ジョンソン大統領はケネディよりもはるかに巧みな交渉者でしたが、彼の背後には、道徳的および感情的な理由で即時の行動を要求する強力な国民的勢いがありました。即時行動の要求は、予期しない方向性、特に白人のプロテスタント教会グループから生じました。ロバート・ケネディが率いる司法省は、ケネディを人種政治の泥沼の地雷原から守る姿勢から、彼の遺産を実現するために行動する姿勢に移行しました。暴力的な死と世論の反応は、1964年の公民権法の勝利の余地を支持したエバレット・マッキンリー・ダークセン上院議員が率いる保守的な共和党員を劇的に動かしましたこの法律は、デ・ジュリ(法的な)分離とジム・クロウの時代を即座に終わらせました。[298]

リンドン・ジョンソンは、市民権運動が本格化する中、黒人起業家精神と貧困との戦いを結びつけ、中小企業局、経済機会局、その他の機関に特別プログラムを立ち上げました。[299]今回は、マイノリティの事業所有権を高めるために設計されたローンのためのお金がありました。リチャード・ニクソンはプログラムを大幅に拡大し、黒人起業家が人種間の緊張を和らげ、おそらく彼の再選を支援することを期待して、マイノリティビジネスエンタープライズオフィス(OMBE)を設立しました。[300]

大衆文化の中で

1954年から1968年の公民権運動は、アメリカおよび国際的な劇場、歌、映画、テレビ、および民芸に強力な文化的糸口をもたらしました。

活動家組織

国/地域の公民権団体

国家経済エンパワーメント組織

地元の公民権団体

個々の活動家

も参照してください

歴史の保存

公民権運動後

ノート

  1. ^ 公民権運動が開始または終了した日付として、他のさまざまな日付が提案されています。
  2. ^ 社会運動は、アメリカ市民権運動、1960年代の市民権運動、アフリカ系アメリカ人市民権運動、アフリカ系アメリカ人市民権運動、アメリカ自由運動、黒人市民権運動、黒人革命とも呼ばれています。 、黒人の権利運動、市民権革命、現代の市民権運動、黒人アメリカ革命、黒人自由運動、黒人運動、黒人反乱、黒人革命、第二次再建、南部自由運動、米国州の市民権運動と米国の市民権運動。公民権闘争という用語は、このまたは他の社会運動を表すことができます同じ時期に米国で発生しました。社会運動の期間は公民権時代と呼ばれています。

参考文献

  1. ^ 「ブラウン対教育委員会」History.com 2019年11月12日取得
  2. ^ a b c II、ヴァンR.ニューカーク。「どのように 『エメット・ティルの血』は今日でもアメリカを汚している」大西洋2017年7月28日にオリジナルからアーカイブされました2017年7月3日取得
  3. ^ Horwitz、Morton J.(1993年冬)。「ウォーレン裁判所と正義の追求」ワシントンとリーの法律レビュー50
  4. ^ Powe、Jr.、Lucas A.(2002)。ウォレンコートとアメリカの政治ハーバード大学出版局。
  5. ^ Swindler、William F.(1970)。「ウォーレン裁判所:憲法革命の完了」(PDF)ヴァンダービルト法のレビュー232019年10月3日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  6. ^ ドライバー、ジャスティン(2012年10月)。「ウォーレン裁判所の憲法上の保守主義」。カリフォルニア法レビュー100(5):1101–1167。JSTOR23408735_ 
  7. ^ a b c d e 「ブラウン対トピーカ教育委員会(1)」Oyez 2019年10月3日取得
  8. ^ 「HeartofAtlanta Motel、Inc.v。UnitedStates」Oyez 2019年10月3日取得
  9. ^ 「愛するv。バージニア」Oyez 2019年10月3日取得
  10. ^ 「公民権のための闘争」ミラーセンター2018年1月5日2019年10月3日取得
  11. ^ a b c 「1964年公民権法– CRA –タイトルVII –平等な雇用機会– 42米国法第21章–findUSlaw」2010年10月21日にオリジナルからアーカイブされました2016年7月29日取得
  12. ^ ヘインズ、ハーバートH.(1995)。ブラックラジカルと公民権の主流、1954年から1970年大学 テネシープレスの。pp。98–118。ISBN 978-1-57233-260-7
  13. ^ a b "ティモシー・B・タイソン、"ロバート・F・ウィリアムズ、 『ブラック・パワー』、およびアフリカ系アメリカ人の自由闘争のルーツ、 "ジャーナル・オブ・アメリカン・ヒストリー85、No。2(1998年9月):540–570" ( PDF)
  14. ^ 「奴隷制の終焉が何百万人もの黒人アメリカ人の飢餓と死にどのようにつながったか」ガーディアン2015年8月30日。
  15. ^ Schultz、Jeffrey D.(2002)。アメリカの政治における少数派の百科事典:アフリカ系アメリカ人とアジア系アメリカ人p。284. ISBN 978-1-57356-148-82010年3月25日取得
  16. ^ Leland T. Saito(1998)。人種と政治:ロサンゼルス郊外のアジア系アメリカ人、ラテン系アメリカ人、白人p。154.イリノイ大学出版局
  17. ^ 「黒人の議決権、憲法修正第15条は150年経ってもまだ異議を唱えている」USAトゥデイ2020年12月3日取得
  18. ^ スミス、ジャン・エドワード(2001)。グラントサイモン&シュスター。pp。244–247  _ ISBN 978-0-7432-1701-9
  19. ^ ワームサー、リチャード。「施行法(1870–71)」PBS:ジムクロウストーリー2012年5月12日取得
  20. ^ a b c d 議会によるアフリカ系アメリカ人の代表者および上院議員、1870年–現在 2009年1月1日、ウェイバックマシンでアーカイブ—米国下院
  21. ^ Klarman、Michael J。; 「白い予備選挙の判決:最高裁判所の意思決定の結果における事例研究」; フロリダ州立大学ローレビュー、vol。29、55号、55〜107ページ
  22. ^ ウォルトン、ヘインズ(ジュニア); パケット、シャーマン、デスクンズドナルドR.(ジュニア); アフリカ系アメリカ人の有権者:統計史、p。539 ISBN 0872895084 
  23. ^ Otis H Stephens、Jr; ジョンMシェブ、II(2007)。アメリカ憲法:公民権と自由センゲージラーニング。p。528. ISBN 978-0-495-09705-1
  24. ^ a b ポール・フィンケルマン編 (2009)。アフリカ系アメリカ人の歴史の百科事典オックスフォード大学出版局。第4巻の199〜200ページ。ISBN 978-0-19-516779-5
  25. ^ モイヤーズ、ビル。「LegacyofLynching」は 、2017年8月29日、 WaybackMachineでアーカイブされました。PBS。2016年7月28日取得
  26. ^ レイフォード・ローガンラザフォード・B・ヘイズからウッドロー・ウィルソンへの黒人の裏切り、 97-98ページ。ニューヨーク:ダカーポプレス、1997年。
  27. ^ a b Leon Litwack、Jim Crow Blues、Magazine of History(OAH Publications、2004)
  28. ^ マイケル・カジン、レベッカ・エドワーズ、アダム・ロスマン(2009)。アメリカの政治史のプリンストン百科事典p。245.プリンストン大学出版局
  29. ^ C. Vann Woodward、ジムクロウの奇妙なキャリア、第3版。ed。(オックスフォード大学出版局、1974年)、67〜109ページ。
  30. ^ 2011年2月4日、ウェイバックマシンでアーカイブされたバーミンガム分離法  –公民権運動アーカイブ
  31. ^ a b c 「裁判所の決定–個別は等しくない」americanhistory.si.edu 2019年10月3日取得
  32. ^ a b c d Fultz、M。(2006)。「デジュリ分離の時代の南部の黒人公共図書館」、図書館と文化記録、41(3)、338–346。
  33. ^ マシュー、アンダーソン(1900)。「ニグロ問題の経済的側面」ブラウンでは、ヒュー。クルーゼ、エドウィナ; ウォーカー、トーマスC。; モトン、ロバート・ルッサ; Wheelock、Frederick D.(編)。ハンプトン黒人会議の年次報告4.バージニア州ハンプトン:ハンプトンインスティテュートプレス。p。39. hdl2027 /chi.14025588
  34. ^ Tolnay、Stewart(2003)。「アフリカ系アメリカ人の「大移動」とその先」。社会学の年次レビュー29:218–221。土井10.1146 /annurev.soc.29.010202.100009JSTOR30036966_ S2CID145520215_  
  35. ^ 「党の再編成とニューディール」米国下院:歴史、芸術、アーカイブ。2018年5月30日にオリジナルからアーカイブされました2018年5月31日取得
  36. ^ 「大統領命令9981」ハリーS.トルーマン図書館と博物館2019年5月18日取得
  37. ^ ケネディ、ステットソン(1959)。「誰がどこに住むことができるか」ジムクロウガイド:それがあった方法
  38. ^ ミシェルMaternowski; ジョイパワーズ(2017年3月3日)。「メトロミルウォーキーはどのようにしてそれほど分離されたのですか?」WUWM.com
  39. ^ 「人種制限規約:シアトルでの近隣分離の実施–シアトル公民権および労働史プロジェクト」ワシントン大学2020年12月5日取得
  40. ^ 「人種差別的な言葉は、今でもアメリカ全土の家庭の行為に織り込まれています。それを消すことは簡単ではなく、一部の人はそうしたくないです」CNN 2021年1月26日取得
  41. ^ セリグマン、アマンダ(2005)。ブロックごと:シカゴのウェストサイドの近隣地域と公共政策シカゴ:シカゴ大学出版局。pp。213–14。ISBN 978-0-226-74663-0
  42. ^ 「公正な住宅の未来:私達がここに着いた方法」2016年7月7日にオリジナルからアーカイブされました2016年7月29日取得
  43. ^ a b c d 「優生学、人種、結婚」History.orgに直面しています。2021年2月23日取得
  44. ^ ダグラス、スティーブンA.(1991)。1858年の完全なリンカーンダグラス論争シカゴ大学出版局。p。235。
  45. ^ a b Lanzendorfer, Joy (August 9, 2017) "Hollywood Loved Sammy Davis Jr. Until He Dated a White Movie Star", Smithsonian Retrieved February 23, 2021.
  46. ^ Clawson, Laura. "A. Philip Randolph, the union leader who led the March on Washington". Daily Kos. Daily Kos Group. Retrieved May 6, 2015.
  47. ^ Carter, April (January 14, 2005). Direct Action and Democracy Today. Polity. pp. x. ISBN 978-0-7456-2936-0.
  48. ^ David T. Beito and Linda Royster Beito, Black Maverick: T.R.M. Howard's Fight for Civil Rights and Economic Power, Urbana: University of Illinois Press, 2009, pp. 81, 99–100.
  49. ^ "Robinson, Jo Ann Gibson". The Martin Luther King Jr. Research and Education Institute. Stanford University. June 22, 2017. Retrieved December 3, 2019.
  50. ^ a b Robinson, Jo Ann & Garrow, David J. (foreword by Coretta Scott King) The Montgomery Bus Boycott and the Women Who Started It (1986) ISBN 0-394-75623-1 Knoxville, University of Tennessee Press
  51. ^ "The Tallahassee Bus Boycott—Fifty Years Later," The Tallahassee Democrat, May 21, 2006 Archived December 10, 2007, at the Wayback Machine
  52. ^ a b Klarman, Michael J.,Brown v. Board of Education and the Civil Rights Movement [electronic resource] : abridged edition of From Jim Crow to Civil Rights: The Supreme Court and the Struggle for Racial Equality, Oxford; New York : Oxford University Press, 2007, p. 55.
  53. ^ Boyle, Kevin (November 21, 1995). The UAW and the Heyday of American Liberalism, 1945–1968. Cornell University Press. p. 121. ISBN 978-1-5017-1327-9.
  54. ^ "Brown v. Board of Education (Kansas)". The Leadership Conference on Civil and Human Rights. Archived from the original on March 25, 2016. Retrieved March 28, 2016.
  55. ^ Risa L. Goluboff, The Lost Promise of Civil Rights, Harvard University Press, MA: Cambridge, 2007, pp. 249–251
  56. ^ "Antonly Lester, "Brown v. Board of Education Overseas" PROCEEDINGS OF THE AMERICAN PHILOSOPHICAL SOCIETY VOL. 148, NO. 4, DECEMBER 2004" (PDF). Archived from the original (PDF) on May 1, 2015.
  57. ^ "Mary L Dudziak "Brown as a Cold War Case" Journal of American History, June 2004". Archived from the original on December 7, 2014.
  58. ^ Brown v Board of Education Decision Archived June 5, 2008, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  59. ^ a b "Civil Rights Greensboro". Archived from the original on May 15, 2014. Retrieved July 29, 2016.
  60. ^ Weiner, Melissa F. (2010). Power, Protest, and the Public Schools: Jewish and African American Struggles in New York City. Rutgers University Press. ISBN 978-0-8135-4772-5.
  61. ^ "Adina Back "Exposing the Whole Segregation Myth: The Harlem Nine and New York City Schools" in Freedom north: Black freedom struggles outside the South, 1940–1980, Jeanne Theoharis, Komozi Woodard, eds.(Palgrave Macmillan, 2003) pp. 65–91" (PDF).
  62. ^ American Experience; The Murder of Emmett Till; Interview with Mamie Till Mobley, mother of Emmett Till, retrieved June 10, 2020
  63. ^ a b c "How The Horrific Photograph Of Emmett Till Helped Energize The Civil Rights Movement". 100 Photographs | The Most Influential Images of All Time. Archived from the original on July 6, 2017. Retrieved July 3, 2017.
  64. ^ a b Weller, Sheila (January 26, 2017). "How Author Timothy Tyson Found the Woman at the Center of the Emmett Till Case". Vanity Fair.
  65. ^ Whitfield, Stephen (1991). A Death in the Delta: The story of Emmett Till. pp 41–42. JHU Press.
  66. ^ a b c "'The Blood of Emmett Till' remembers a horrific crime". USA Today. Archived from the original on August 7, 2017. Retrieved July 3, 2017.
  67. ^ a b Haas, Jeffrey (2011). The Assassination of Fred Hampton. Chicago: Chicago Review Press. p. 17. ISBN 978-1-56976-709-2.
  68. ^ "| Authorities discover original casket of Emmett Till". archive.is. September 13, 2009. Archived from the original on September 13, 2009. Retrieved September 30, 2018.
  69. ^ Callard, Abby. "Emmett Till's Casket Goes to the Smithsonian". Smithsonian. Retrieved September 30, 2018.
  70. ^ Tyson, Timothy B. (2017). The Blood of Emmett Till. New York: Simon & Schuster. p. 221. ISBN 978-1-4767-1486-8. Carolyn Bryant Donham, interview with the author, Raleigh, NC, September 8, 2008.
  71. ^ J. Mills Thornton III, "Challenge and Response in the Montgomery Bus Boycott of 1955–1956." Alabama Review 67.1 (2014): 40–112.
  72. ^ a b Chafe, William Henry (2003). The Unfinished Journey: America since World War II. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-515049-0.
  73. ^ Thamel, Pete (January 1, 2006). "Grier Integrated a Game and Earned the World's Respect". New York Times. Retrieved April 15, 2009.
  74. ^ The Little Rock Nine Archived May 4, 2017, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  75. ^ Margolick, David (2011). Elizabeth and Hazel Two Women of Little Rock. New Haven: Yale University Press. p. 34–37, 47–51, 59–61, 80–82. ISBN 978-0-300-14193-1.
  76. ^ Minnijean Brown Trickey, America.gov Archived November 28, 2010, at the Wayback Machine
  77. ^ a b Erikson, Erik (1969). Gandhi's Truth: On the Origins of Militant Nonviolence. New York City: Norton. p. 415. ISBN 978-0-393-31034-4.
  78. ^ "Civil Rights Movement". Civil Rights Movement Archive. Retrieved May 18, 2015.
  79. ^ "Bruce Hartford (full interview)". Retrieved May 18, 2015 – via Vimeo.
  80. ^ Forman, James (1972). The Making of Black Revolutionaries. New York: Macmillan. ISBN 978-0-940880-10-8.
  81. ^ Wasow, Omar (2020). "Agenda Seeding: How 1960s Black Protests Moved Elites, Public Opinion and Voting". American Political Science Review. 114 (3): 638–659. doi:10.1017/S000305542000009X. ISSN 0003-0554.
  82. ^ "Kansas Sit-In Gets Its Due at Last" Archived April 21, 2018, at the Wayback Machine; NPR; October 21, 2006
  83. ^ First Southern Sit-in, Greensboro NC Archived March 6, 2007, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  84. ^ Chafe, William Henry (1980). Civilities and civil rights : Greensboro, North Carolina, and the Black struggle for freedom. New York: Oxford University Press. p. 81. ISBN 978-0-19-502625-2.
  85. ^ "Civil Rights Greensboro". Archived from the original on June 30, 2014. Retrieved July 29, 2016.
  86. ^ "60 years ago, the Richmond 34 were arrested during a sit-in at the Thalhimers lunch counter". Richmond Times-Dispatch. Retrieved February 20, 2020.
  87. ^ I, Stations, Community (January 1, 2008). "Rising Up". Southern Spaces. 2008. doi:10.18737/M7HP4M. Retrieved July 29, 2016.
  88. ^ Atlanta Sit-ins Archived March 6, 2007, at the Wayback Machine – Civil Rights Archive
  89. ^ a b "Atlanta Sit-Ins" Archived January 17, 2013, at the Wayback Machine, The New Georgia Encyclopedia
  90. ^ Houston, Benjamin (2012). The Nashville Way: Racial Etiquette and the Struggle for Social Justice in a Southern City. Athens, Georgia: University of Georgia Press. ISBN 978-0-8203-4326-6.
  91. ^ Nashville Student Movement Archived March 6, 2007, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  92. ^ "America's First Sit-Down Strike: The 1939 Alexandria Library Sit-In". City of Alexandria. Archived from the original on May 28, 2010. Retrieved February 11, 2010.
  93. ^ Davis, Townsend (1998). Weary Feet, Rested Souls: A Guided History of the Civil Rights Movement. New York: W. W. Norton & Company. p. 311. ISBN 978-0-393-04592-5.
  94. ^ "Atlanta Sit-ins". Retrieved July 29, 2016.
  95. ^ Students Begin to Lead Archived January 13, 2016, at the Wayback Machine – The New Georgia Encyclopedia—Atlanta Sit-Ins
  96. ^ Carson, Clayborne (1981). In Struggle: SNCC and the Black Awakening of the 1960s. Cambridge: Harvard University Press. p. 311. ISBN 978-0-674-44727-1.
  97. ^ Student Nonviolent Coordinating Committee Founded Archived March 6, 2007, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  98. ^ a b Freedom Rides Archived July 7, 2010, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  99. ^ a b c Arsenault, Raymond (2006). Freedom Riders: 1961 and the Struggle for Racial Justice. Oxford Press.
  100. ^ Black Protest (1961)
  101. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with John Lewis, 1 of 3, retrieved June 10, 2020
  102. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with Jim Zwerg, 1 of 4, retrieved June 10, 2020
  103. ^ Hartford, Bruce Hartford. "Arrests in Jackson MS". The Civil Rights Movement Archive. Retrieved October 21, 2011.
  104. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with James Lawson, 1 of 4, retrieved June 10, 2020
  105. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with Diane Nash, 1 of 3, retrieved June 10, 2020
  106. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with Dion Diamond, 1 of 2, retrieved June 10, 2020
  107. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with Bernard Lafayette, Jr., 1 of 3, retrieved June 10, 2020
  108. ^ American Experience; Freedom Riders; Interview with Julian Bond, 1 of 2, retrieved June 10, 2020
  109. ^ Our Portion of Hell: Fayette County, Tennessee, an Oral History of the Struggle For Civil Rights by Robert Hamburger (New York; Links Books, 1973)
  110. ^ Voter Registration & Direct-action in McComb MS Archived July 7, 2010, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  111. ^ Council of Federated Organizations Formed in Mississippi Archived October 4, 2006, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  112. ^ Mississippi Voter Registration—Greenwood Archived October 4, 2006, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  113. ^ handeyside, Hugh. "What Have We Learned from the Spies of Mississippi?". American Civil Liberty Union. ACLU National Security Project. Retrieved May 6, 2015.
  114. ^ a b c "Carrying the burden: the story of Clyde Kennard" Archived October 9, 2007, at the Wayback Machine, District 125, Mississippi. Retrieved November 5, 2007
  115. ^ a b William H. Tucker, The Funding of Scientific Racism: Wickliffe Draper and the Pioneer Fund, University of Illinois Press (May 30, 2007), pp 165–66.
  116. ^ Neo-Confederacy: A Critical Introduction, Edited by Euan Hague, Heidi Beirich, Edward H. Sebesta, University of Texas Press (2008) pp. 284–85
  117. ^ a b "A House Divided". Southern Poverty Law Center. Archived from the original on February 2, 2010. Retrieved October 30, 2010.
  118. ^ a b Jennie Brown, Medgar Evers, Holloway House Publishing, 1994, pp. 128–132
  119. ^ "James Meredith Integrates Ole Miss" Archived October 4, 2006, at the Wayback Machine, Civil Rights Movement Archive
  120. ^ [1], University of Southern Mississippi Library Archived September 17, 2009, at the Wayback Machine
  121. ^ Albany GA, Movement Archived July 7, 2010, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  122. ^ The Birmingham Campaign Archived June 15, 2009, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  123. ^ Letter from a Birmingham Jail Archived April 7, 2008, at the Wayback Machine ~ King Research & Education Institute at Stanford Univ.
  124. ^ Bass, S. Jonathan (2001) Blessed Are The Peacemakers: Martin Luther King Jr., Eight White Religious Leaders, and the "Letter from Birmingham Jail". Baton Rouge: LSU Press. ISBN 0-8071-2655-1
  125. ^ "The Great Society: A New History with Amity Shlaes". Hoover Institution. Retrieved April 29, 2020.
  126. ^ "Children have changed America before, braving fire hoses and police dogs for civil rights". The Washington Post. March 23, 2018.
  127. ^ Freedom-Now" Time, May 17, 1963 Archived March 9, 2015, at the Wayback Machine; Glenn T. Eskew, But for Birmingham: The Local and National Struggles in the Civil Rights Movement (University of North Carolina Press, 1997), 301.
  128. ^ a b Nicholas Andrew Bryant, The Bystander: John F. Kennedy And the Struggle for Black Equality (Basic Books, 2006), pg. 2
  129. ^ "Thomas J Sugrue, "Affirmative Action from Below: Civil Rights, Building Trades, and the Politics of Racial Equality in the Urban North, 1945–1969" The Journal of American History, Vol. 91, Issue 1" (PDF).
  130. ^ "Pennsylvania Historical and Museum Commission website, "The Civil Rights Movement"".
  131. ^ T he Daily Capital News(Missouri) June 14, 1963, pg. 4 Archived September 25, 2015, at the Wayback Machine
  132. ^ "The Dispatch – Google News Archive Search". Retrieved July 29, 2016.
  133. ^ a b Jackson, Thomas F. (July 17, 2013). From Civil Rights to Human Rights. Philadelphia: University of Pennsylvania Press. p. 167. ISBN 978-0-8122-0000-3.
  134. ^ "Teaching American History in Maryland – Documents for the Classroom – Maryland State Archives". Retrieved July 29, 2016.
  135. ^ a b "Thomas F. Jackson, "Jobs and Freedom: The Black Revolt of 1963 and the Contested Meanings of the March on Washington" Virginia Foundation for the Humanities April 2, 2008, pg. 10–14" (PDF).
  136. ^ Ortega, Tony (May 4, 2009). "Miss Lorraine Hansberry & Bobby Kennedy". Archived from the original on October 18, 2012. Retrieved July 29, 2016.
  137. ^ Hilty, James (April 1, 2000). Robert Kennedy: Brother Protector. Temple University Press. ISBN 978-1-4399-0519-7. Retrieved July 29, 2016 – via Google Books.
  138. ^ Schlesinger, Robert Kennedy and His Times (1978), pp. 332–333.
  139. ^ ""Book Reviews-The Bystander by Nicholas A. Bryant" The Journal of American History (2007) 93 (4)". Archived from the original on October 10, 2012.
  140. ^ Standing In the Schoolhouse Door Archived June 15, 2009, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  141. ^ "Radio and Television Report to the American People on Civil Rights," June 11, 1963, transcript from the JFK library. Archived February 5, 2007, at the Wayback Machine
  142. ^ Medgar Evers Archived November 7, 2005, at the Wayback Machine, a worthwhile article, on The Mississippi Writers Page, a website of the University of Mississippi English Department.
  143. ^ Medgar Evers Assassination Archived June 15, 2009, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  144. ^ a b Civil Rights bill submitted, and date of JFK murder, plus graphic events of the March on Washington. Archived October 12, 2007, at the Wayback Machine This is an Abbeville Press website, a large informative article apparently from the book The Civil Rights Movement (ISBN 0-7892-0123-2).
  145. ^ Rosenberg, Jonathan; Karabell, Zachary (2003). Kennedy, Johnson, and the Quest for Justice: The Civil Rights Tapes. WW Norton & Co. p. 130. ISBN 978-0-393-05122-3.
  146. ^ Schlesinger Jr., Arthur M. (2002) [1978]. Robert Kennedy and His Times. Houghton Mifflin Books. pp. 350, 351. ISBN 978-0-618-21928-5.
  147. ^ Thompson, Krissah (August 25, 2013). "In March on Washington, white activists were largely overlooked but strategically essential". The Washington Post. ISSN 0190-8286. Archived from the original on March 20, 2018. Retrieved March 24, 2018.
  148. ^ a b William G. Thomas III (November 3, 2004). "Television News and the Civil Rights Struggle: The Views in Virginia and Mississippi". Southern Spaces. doi:10.18737/M73C7X. Retrieved November 8, 2012.
  149. ^ "Cambridge, Maryland, activists campaign for desegregation, USA, 1962–1963". Global Nonviolent Action Database. Swarthmore College. Retrieved January 13, 2015.
  150. ^ a b "Baltimore Afro-American – Google News Archive Search". Retrieved July 29, 2016.
  151. ^ "The Negro and the American Promise," Archived December 25, 2016, at the Wayback Machine produced by Boston public television station WGBH in 1963
  152. ^ Harlem CORE, "Film clip of Harlem CORE chairman Gladys Harrington speaking on Malcolm X" Archived March 4, 2016, at the Wayback Machine.
  153. ^ "Malcolm X". The Martin Luther King, Jr., Research and Education Institute. June 29, 2017.
  154. ^ Marable, Manning (April 4, 2011). Malcolm X: A Life of Reinvention. Penguin. ISBN 9781101445273 – via Google Books.
  155. ^ Media, American Public. "Say it Plain, Say it Loud – American RadioWorks". Retrieved July 29, 2016.
  156. ^ Akinyele Umoja, We Will Shoot Back: Armed Resistance in the Mississippi Freedom Movement (NYU Press, 2013), p. 126
  157. ^ Francis Fox Piven and Richard Cloward, Regulating the Poor (Random House 1971), p. 238; Abel A. Bartley, Keeping the Faith: Race, Politics and Social Development in Jacksonville, 1940–1970 (Greenwood Publishing Group, 2000), 111
  158. ^ "The Ballot or the Bullet". Archived from the original on January 10, 2015. Retrieved July 29, 2016.
  159. ^ Blackside Productions, Eyes on the Prize: America's Civil Rights Movement 1954–1985, " Archived April 23, 2010, at the Wayback Machine, The Time Has Come", Public Broadcasting System
  160. ^ Lewis, John (1998). Walking With the Wind. Simon & Schuster. ISBN 9780684810652.
  161. ^ Fannie Lou Hamer, Speech Delivered with Malcolm X at the Williams Institutional CME Church, Harlem, New York, December 20, 1964 Archived January 14, 2016, at the Wayback Machine.
  162. ^ George Breitman, ed. Malcolm X Speaks: Selected Speeches and Statements (Grove Press, 1965), pp. 106–109
  163. ^ Strain, Christopher B. (September 20, 2005). Pure Fire: Self-defense as Activism in the Civil Rights Era. University of Georgia Press. ISBN 9780820326870 – via Google Books.
  164. ^ Juan Williams, et al, Eyes on the Prize: America's Civil Rights Years 1954–1965 (Penguin Group, 1988), p. 262
  165. ^ Paul Ryan Haygood, "Malcolm's Contribution to Black Voting Rights" Archived March 4, 2016, at the Wayback Machine, The Black Commentator
  166. ^ Civil Rights Movement Archive. "St. Augustine FL, Movement—1963" Archived August 16, 2016, at the Wayback Machine; "Hayling, Robert B.", Martin Luther King Jr. Research and Education Institute, Stanford University; "Black History: Dr. Robert B. Hayling" Archived January 22, 2016, at the Wayback Machine, Augustine.com; David J. Garrow, Bearing the Cross: Martin Luther King Jr. and the Southern Christian Leadership Conference (Harper Collins, 1987) p 316–318
  167. ^ Civil Rights Movement Archive. "St. Augustine FL, Movement—1963" Archived August 16, 2016, at the Wayback Machine; David J. Garrow, Bearing the Cross: Martin Luther King Jr. and the Southern Christian Leadership Conference (Harper Collins, 1987) p 317;
  168. ^ "MARY PEABODY, 89, RIGHTS ACTIVIST, DIES". The New York Times. February 7, 1981.
  169. ^ Snodgrass, M. E. (2009). Civil Disobedience: A-Z entries. New York: Sharpe Reference. p. 181. ISBN 978-0-76568-127-0.
  170. ^ a b c d e Mele, Christopher (2017). Race and the Politics of Deception: The Making of an American City. New York: New York University Press. pp. 74–100. ISBN 978-1-4798-6609-0. Retrieved October 27, 2018.
  171. ^ Holcomb, Lindsay (October 29, 2015). "Questions surround student activism fifty-two years later". www.swarthmorephoenix.com. Retrieved October 25, 2018.
  172. ^ a b c d "African American residents of Chester, PA, demonstrate to end de facto segregation in public schools, 1963–1966". www.nvdatabase.swarthmore.edu. Retrieved October 26, 2018.
  173. ^ a b McLarnon, John M. (2002). ""Old Scratchhead" Reconsidered: George Raymond & Civil Rights in Chester, Pennsylvania". Pennsylvania History. 69 (3): 318–326. Retrieved October 27, 2018.
  174. ^ "Chester NAACP Scrapbook 1963–1964". www.digitalwolfgram.widener.edu. Retrieved October 20, 2018.
  175. ^ "RIOTS MAR PEACE IN CHESTER, PA.; Negro Protests Continue – School Policy at Issue". The New York Times. April 26, 1964. Retrieved July 13, 2018.
  176. ^ Mele 2017, p. 96.
  177. ^ a b The Mississippi Movement & the MFDP Archived April 24, 2008, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  178. ^ Mississippi: Subversion of the Right to Vote Archived May 5, 2010, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  179. ^ McAdam, Doug (1988). Freedom Summer. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-504367-9.
  180. ^ Carson, Clayborne (1981). In Struggle: SNCC and the Black Awakening of the 1960s. Harvard University Press.
  181. ^ a b Veterans Roll Call Archived April 23, 2008, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  182. ^ Reeves 1993, pp. 521–524.
  183. ^ Youth in the Ghetto: A Study of the Consequences of Powerlessness, Harlem Youth Opportunities Unlimited, Inc., 1964
  184. ^ Poverty and Politics in Harlem, Alphnso Pinkney and Roger Woock, College & University Press Services, Inc., 1970
  185. ^ Freedom Ballot in MS Archived August 16, 2016, at the Wayback Machine – Civil Rights Movement Archive
  186. ^ Spencer Crump, Black riot in Los Angeles: the story of the Watts tragedy (1966).
  187. ^ Hinton, Elizabeth (2016). From the War on Poverty to the War on Crime: The Making of Mass Incarceration in America. Harvard University Press. pp. 68–72. ISBN 9780674737235.
  188. ^ Joshua, Bloom; Martin, Waldo (2016). Black Against Empire: The History And Politics Of The Black Panther Party. University of California Press. p. 30.
  189. ^ Szymanski, Michael (August 5, 1990). "How Legacy of the Watts Riot Consumed, Ruined Man's Life". Orlando Sentinel. Retrieved June 22, 2013.
  190. ^ Self, Robert O. (August 8, 2005). American Babylon: Race and the Struggle for Postwar Oakland. Princeton University Press. ISBN 978-1-4008-4417-3. Retrieved July 29, 2016 – via Google Books.
  191. ^ Reitman, Valerie; Landsberg, Mitchell (August 11, 2005). "Watts Riots, 40 Years Later". Los Angeles Times. Retrieved July 29, 2016.
  192. ^ "No on Proposition 14: California Fair Housing Initiative Collection". Retrieved July 29, 2016.
  193. ^ "Black Thursday". Retrieved July 29, 2016.
  194. ^ Folkart, Burt A. (November 5, 1985). "James Groppi, Ex-Priest, Civil Rights Activist, Dies". Los Angeles Times. Retrieved July 29, 2016.
  195. ^ "Darren Miles "Everett Dirksen's Role in Civil Rights Legislation" Western Illinois Historical Review, Vol. I Spring 2009" (PDF).
  196. ^ a b Hannah-Jones, Nikole (June 25, 2015). "Living Apart: How the Government Betrayed a Landmark Civil Rights Law". Retrieved July 29, 2016.
  197. ^ "A Walk Through Newark. History. The Riots". Thirteen/WNET. Retrieved July 29, 2016.
  198. ^ Miller, Karen (October 1, 1999). "Review of Georgakas, Dan; Surkin, Marvin, Detroit, I Do Mind Dying: A Study in Urban Revolution".
  199. ^ a b "American Experience.Eyes on the Prize.Profiles – PBS". PBS. Retrieved July 29, 2016.
  200. ^ Hubert G. Locke, The Detroit Riot of 1967 (Wayne State University Press, 1969).
  201. ^ Sidney Fine, Expanding the Frontier of Civil Rights: Michigan, 1948–1968 (Wayne State University Press, 2000) p. 325
  202. ^ Fine, Sidney (September 20, 2000). Expanding the frontiers of civil rights : Michigan, 1948-1968. Detroit : Wayne State University Press. ISBN 9780814328750 – via Internet Archive.
  203. ^ "Sidney Fine, "Michigan and Housing Discrimination 1949–1969" Michigan Historical Review, Fall 1997" (PDF). Archived from the original (PDF) on May 4, 2013.
  204. ^ a b "Honorable Charles Mathias Jr. "Fair Housing Legislation: Not an Easy Row To Hoe" US Department of Housing and Urban Development, Office of Policy Development and Research" (PDF).
  205. ^ "Memphis, Tennessee, sanitation workers strike, 1968 | Global Nonviolent Action Database". nvdatabase.swarthmore.edu. Retrieved May 19, 2020.
  206. ^ University, Stanford; Stanford; California 94305 (June 21, 2017). "Reuther, Walter Philip". The Martin Luther King, Jr., Research and Education Institute. Retrieved May 19, 2020.
  207. ^ "Coretta Scott King". Spartacus Educational Publishers. Archived from the original on July 5, 2010. Retrieved October 30, 2010.
  208. ^ Gregg, Khyree. A Concise Chronicle History of the African-American People Experience in America. Henry Epps. p. 284.
  209. ^ "Peter B. Levy, "The Dream Deferred: The Assassination of Martin Luther King Jr., and the Holy Week Uprisings of 1968" in Baltimore '68 : Riots and Rebirth in an American city(Temple University Press, 2011), p. 6" (PDF). Archived from the original (PDF) on September 24, 2015. Retrieved December 29, 2014.
  210. ^ "Public Law 90-284, Government Printing Office" (PDF).
  211. ^ "Riding On". Time. July 7, 2007. Archived from the original on March 4, 2008. Retrieved October 23, 2007.
  212. ^ "ACLU Parchman Prison". Archived from the original on March 7, 2008. Retrieved November 29, 2007.
  213. ^