メルカルトのチッピ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
メルカルトのチッピ
Cippus-Louvre.jpg
ルーヴル美術館
素材白い大理石
サイズ1.05mx 0.34mx 0.31m
書き込みギリシャ文字と古代フェニキア文字
作成した初期ローマ時代(紀元前2世紀)
発見した17世紀、文書化されていない状況
現在地国立考古学博物館 マルタCippusと、ルーブル美術館のSullyウィング、1階、地中海世界、18b号室、[ 1] [2] Louvre Cippus
登録CIS I、122/122ビスまたはKAI 47 マルタCippusAO 4818 ルーブルCippus

メルカルトのチッピは、文書化されていない状況下でマルタで発掘され、紀元前2世紀にさかのぼる2つのフェニキア 大理石の シッピの総称です。これらはメルカルト神への献身的な供物であり、古代ギリシャ語フェニキア文字の2つの言語と、対応する2つの文字であるギリシャ語フェニキア文字のアルファベットで刻まれていますそれらは17世紀後半に発見され、1694年の日付の手紙での碑文の識別により、現代で識別および公開された最初のフェニキア文字になりました。[3]それらは本質的に同じテキストを提示するため(いくつかの小さな違いがあります)、cippiはフェニキア語の現代的な理解への鍵を提供しました。1758年、フランスの学者ジャンジャックバルテレミーは、フェニキア文字の22文字のうち 17 [n 1]を使用して、未知の言語を解読する碑文に依存しました。

マルサシュロックでシッピが発見されたという伝統は、マルタの寺院がタスシリの遺跡と長い間同一視されていたヘラクレスの献身によってのみ推測されました[n2][n3]聖ヨハネ騎士団グランドマスターであるFraEmmanuel de Rohan-Polducは、1782年にルイ16世にシッピの1つを贈呈しました。 [6]このシッパスは現在、パリのルーブル美術館あります。マルタのバレッタにある国立考古学博物館にあります碑文はKAI47として知られています。

説明と履歴

ローマでの展示会でのマルタのcippus。

マルタの考古学に対するcippiの重要性は計り知れません。[5]国際的なレベルでは、彼らはすでに18世紀と19世紀のフェニキア語の解読と研究において重要な役割を果たしていました。[5] [7] フェニキア語とポエニ語の文献学にとって重要であったため、cippiの碑文は、Inscriptio melitensis prima bilinguisラテン語最初のバイリンガルマルタ語の碑文)またはMelitensis prima最初のマルタ語)として知られるようになりました。[8]

cippus(複数形cippi)は小さな柱です。Cippiは、マイルストーン葬式の記念碑、マーカー、または奉納品として機能します。[9] 初期のcippiは立方体の形をしており、砂岩から彫られていました。紀元前5世紀後半までに、これらはギリシャ風の切妻の繊細な石碑になりました。[10]マルタの大理石のcippusは、最高点で約96.52センチメートル(38インチ)の高さで、上部で壊れています。[11] ルーブル美術館は現在、最高点で高さ1.05メートル(3フィート5インチ)、幅0.34メートル(1フィート1インチ)、厚さ0.31メートル(1フィート0インチ)です。[2]それらの形は軽くて優雅に実行されています... " 台座にギリシャ語の碑文があり、  [そして] フェニキアの碑文の傑作です。[11]マルタの島々では自然に見られない石である白い大理石に遺物が刻まれています。[5]熟練した大理石の彫刻家がいる可能性は低いため、完成した状態で輸入された可能性があります。[5 ]しかし、碑文はおそらくマルタで2人の常連客、アブドシルとオシルクサマールに代わって刻まれました。主な碑文の名前から判断すると、常連客はティリアンの抽出物でした。ギリシャ語での献身のあらすじを追加し、献身者の名前とメルカルトの名前をヘレニズム化されたバージョンで示して、ヘレニズム文化の存在と影響を確認します。[5]さらに、マルタは紀元前8世紀からフェニキア人によって植民地化されていましたが、2世紀までには、マルタの島々はローマの占領下にありました。[2] [12]フェニキア文字の使用は、島でのフェニキアの文化と宗教の存続も確認しています。[n 4]

cippiが献身的であるのは珍しいことではありませんが、[14] MelqartのCippiは、2つの部分からなるため、珍しい構造になっています。ベース、または台座は、上部と下部にモールディングを備えた長方形のブロックです。[2] ギリシャ語とフェニキア語の碑文が前面にあり、ギリシャ語で3行、フェニキア語で4行です。碑文は軽く刻まれています。[2]ベースは、枝付き燭台 として解釈される柱を支えます。枝付き燭台の下部は、アカンサスの葉の浅いレリーフで飾られています刻まれたテキストの書道の違い、言葉の位置の違い、レリーフとモールディングの深さの違いは、2つのcippiが別々の供物であり、常連客が兄弟だったために同じ碑文を持っていることを意味します。[n 5]

1853年にギリシャ語の碑文がCorpusInscriptionum Graecarumの第3巻に掲載されたとき、cippiは沿岸の村Marsaxlokkで発見されたと説明されていました。[15]以前は、彼らのマルサシュロックの来歴は誰からも提案されておらず、その主張が信用を失ったのは1世紀以上後のことでした。[16]枝付き燭台は、ある程度の妥当性をもって、ヘラクレスの神殿内に捧げられ設置されたと考えられていたため、タスシリへの帰属は推論によって明らかに到達されました。[5] [n 6] [18]

チッピの碑文

フェニキアのルーヴル美術館の碑文(右から左)

フェニキア人の碑文は次のように書かれています(右から左へ。括弧内の[n 7]文字は塗りつぶされた脱落を示します):

𐤋𐤀𐤃𐤍𐤍𐤋𐤌𐤋𐤒𐤓𐤕𐤁𐤏𐤋𐤑𐤓𐤀𐤔𐤍𐤃𐤓
𐤏𐤁𐤃[𐤊]𐤏𐤁𐤃𐤀𐤎𐤓𐤅𐤀𐤇𐤉𐤀𐤎𐤓𐤔𐤌𐤓
𐤔𐤍𐤁𐤍𐤀𐤎𐤓𐤔𐤌𐤓𐤁𐤍𐤏𐤁𐤃𐤀𐤎𐤓𐤊𐤔𐤌𐤏
𐤒𐤋𐤌𐤉𐤁𐤓𐤊𐤌

フェニキア語のテキストの転写(前のテキストを右から左に読むように左から右に読み、スペースを追加する):

lʾdnnlmlqrtbʿlṣrʾšndr
ʿbd [k] ʿbdʾsrwʾḥyʾsršmr
šnbnʾsršmrbnʿbdʾsrkšmʿ
qlm ybrkm [13]

フェニキア語のテキストの翻訳:

私たちの主メルカルト、タイヤの主に、
あなたのしもべアブド・オシルと彼の兄弟オシルシャマー
アブド・オシルの息子であるオシルシャマルの両方の息子は、彼が聞いたので
彼らの声、彼が彼らを祝福しますように。[19] [n 8]
古代ギリシャ語のルーヴル美術館の碑文

ギリシャ語の碑文は次のとおりです。

ΔΙΟΝΥΣΙΟΣΚΑΙΣΑΡΑΠΙΩΝΟΙ
ΣΑΡΑΠΙΩΝΟΣΤΥΡΙΟΙ
ΗΡΑΚΛΕΙΑΡΧΗΓΕΤΕΙ [13]

後のポリトニックおよび二院制のスクリプトにレンダリングし、スペースを追加すると、ギリシャ語のテキストは次のようになります。

ΔιονύσιοςκαὶΣαραπίωνοἱ
ΣαραπίωνοςΤύριοι
Ἡρακλεῖἀρχηγέτει

ギリシャ語のテキストの音訳(アクセントを含む):

DionýsioskaìSarapíōnhoi
SarapíōnosTýrioi
Hērakleîarchēgétei [13]

ギリシャ語の翻訳:

ディオニュシオスとサラピオン、
サラピオンの息子、タイレン、
創設者のヘラクレスに。[n 9]

発見と出版

マルタの外務省のフェニキアのCippusのコピー。

初期識別

1694年、マルタのカノニクス、イグナツィオディコスタンツォは、彼がフェニキア語であると考えたcippiの碑文を最初に報告しました。[20]この識別は、「フェニキア人」がギリシャの作家トゥキディデスとディオドロス・シキュラスによってマルタの古代の住民として記録されたことに基づいていた[n 10] Costanzoはこれらの碑文を発見しました。これらの碑文は、マルタの有名な歴史家、GianFranġiskAbelaの家であるMarsaのVillaAbela入り口にある2つのほぼ同一の奉納品の一部でした[4] [n 11] ディ・コスタンツォはすぐにギリシャ語の碑文を認識し、他の部分はフェニキア語で書かれていると思いました。[n 12]しかし、マルタの歴史家Ciantarは、cippiが1732年に発見されたと主張し、その発見をイエズス会に委託された博物館となったAbelaの別荘に置いた。[n 13]ディ・コスタンツォの1694年の手紙を考えると、発見の日付の矛盾は紛らわしい。[5]

ビスケーの王子であるイグナツィオ・パテルノは、彼らの発見に関する別の話を報告しています。Paternoは、2つの枝付き燭台がゴゾ島で発見された後、 Bibliotechaでどのように保管されたかを説明しています[24]パテルノは、発見を神父に帰する。ゴゾ島のイエズス会が所有する別荘に放棄されたフェニキアの碑文のある2つの奉納のシッピを見つけたアントン・マリア・ルピは、それらをシアンタルが言及したシッピと結び付けました。[24] [n 14]

1687年にジョヴァンニ・ウヴィットによって作成された碑文のコピーは、ヴェローナに、ホスピタラーの命令である美術史家、詩人、騎士団長、バルトロメオ・ダル・ポッツォに送られました。[20]その後、これらはギリシャのセクションの翻訳を書いた別のヴェロネーゼの高貴な芸術コレクター、フランチェスコ・スパラビエロに手渡されました。[n 15]

1753年、マルタ騎士団の騎士司令官でもあるアベ・グヨ・デ・マルネは、イタリアの雑誌、コルトーナのエトルリアアカデミーのSaggi di dissertazioni accademicheに再びテキストを掲載しましたが、翻訳を仮定しませんでした。[25]最初の試みは、1741年に、同じジャーナルに彼の仮定を発表したフランスの学者ミシェル・フルモンによってなされた。[4]しかし、どちらも有用な翻訳にはつながりませんでした。[26]

フェニキア文字の解読

ギヨー・ド・マルネによるルーヴル美術館のエッチング

短いフェニキア文字のテキストは、Fourmontの出版から20年以上後に、AbbéJean-JacquesBarthélemyによって音訳および翻訳されました。[2]すでにパルミラ帝国を翻訳したバルテレミーは 1758年に彼の作品を提出した。[27]

彼は、テキストで表されている17の異なる文字のうち16を正しく識別しましたが、それでもシン彼を間違えました。[4]バルテレミーは、最初の単語「 lʾdnn」を「私たちの主に」と読むことから、台本の翻訳を始めました[27]ヘラクレスがタイアの主であるメルカルトと一致したという仮説は、バルテレミーにもっと多くの手紙を特定させたが、ギリシャ語のテキストでは同じ父親の息子である常連客の名前は、父親の名前の後退帰納法を可能にした。フェニキアのテキスト。[2]

フェニキア文字は、翻訳されると次のようになります。

私たちの主メルカルト、タイヤの主、あなたのしもべアブド・オシルと彼の兄弟オシルシャマール、アブド・オシルの息子、オシルシャマールの息子たちに捧げられた。彼は彼らの声を聞いたので、彼らを祝福してください2] [n 8]

Barthélémyによって発行された古書体の表には、 TetPeの文字がありませんでした。[4]ルーヴル美術館に基づいたフェニキアの碑文の研究は、フェニキア人とその文明がギリシャ語または聖書のテキストを通してのみ知られていた時代に、フェニキア語とポエニ語の研究の真の基盤と見なすことができます[4]

後の仕事

フランシスコペレスバイエルによって1772年に印刷された本からのフェニキア語とギリシャ語の碑文フェニキア語の文法に関するその後の研究では、ポエニ語の標本とヘブライ語のテキストを比較しました。

現在、マルタでのフェニキア語のテキストの発見の意味だけでなく、フェニキア語の文法のより完全な理解に焦点を当てたcippiの作業。Johann Joachim Bellermannは、マルタ語はポエニ語の遠い子孫であると信じていました[28]これは、彼の前のアベラが好きで、マルタ語はアラビア語の方言であると主張したヴィルヘルム・ゲセニウス によって反駁された[4] Melitensis primaのテキストに関するさらなる研究は、フェニキア語の文法の研究の進展に続き、ポエニ語の標本をヘブライ語のテキストと密接に比較しました。[4] 1772年、フランシスコ・ペレス・バイエルは、テキストを理解するための以前の試みを詳述した本を出版し、彼自身の解釈と翻訳を提供しました。[29]

1782年、マルタ騎士団のグランドマスターであるEmmanuel de Rohan-Polducは、ルイ16世にcippiの1つを贈呈しました。[30] cippusは、AcadémiedesInscriptions et des Belles Lettresに置かれ、 1792年から1796年の間にマザラン図書館に移されました。[2] 1864年、東洋学者の Silvestre de Sacyは、フランスのcippusをルーブル。[2]

慣用的な使用と文化的影響

マルタのロゼッタストーンという用語は、フェニキア文字と言語を解読する際にcippiが果たした役割を表すために慣用的に使用されています。[7] [31] cippi自体は、マルタの秘蔵のシンボルになりました。[32] 彼らの画像は地元の切手に表示されており[33]、アーティファクトの手作りモデルが訪問している高官に提示されています。[34]

脚注と参考文献

ノート

  1. ^ ルーヴル美術館の説明によると、碑文にはフェニキア文字の22文字のうち18文字が含まれています。[2]しかし、レーマンは17が存在すると報告しています。 [4]後者の情報源はより信頼できるようです(レーマンはcippiの適切な来歴の欠如を引用していますが、ルーヴル美術館はcippiがマルサシュロックで発見されたと述べています)。
  2. ^ フェニキアの神メルカルトは、シンクレティズムによってギリシャの神ヘラクレスと関連付けられました
  3. ^ " CorpusInscriptionumGræcarumvol。3、no。5733、680‒681 "-(ラテン語とギリシャ語) " Ambo simul monumenta sunt reperta inter rudera、etiam nunc exstantia、portus hodie Marsa Scirocco、 olimἩρακλέουϛλιµή [5]
  4. ^ (フランス語) " ...enpleinpériodedite'punicò-romaine '(IIsiècleav。J.-C。)、des MaltaisrestentPhéniciens、attachésàlareliginetàlaculturephéniciennes。 " [13]
  5. ^ (フランス語) " ... deuxモニュメントは区別され、chacunétantl'oeuvred'un artisanetd'unscribedifférents。 " [13]
  6. ^ Μελίτηνῆσοςἐνᾗ...καὶἩρακλέουςἱερόν。 そこにあるメリテの島...そしてヘラクレスの神殿。[17]
  7. ^ 残念ながら、フェニキア語のテキストのレンダリング方向はWebブラウザによって異なる場合があります。関連するトークページのセクションを参照してください。
  8. ^ a b 重要な注意:2014年2月25日の時点で、Cippusのルーブル美術館のウェブページで[ 2]以下の太字のテキストは、フェニキアの碑文の3行目の翻訳から欠落しています。
    彼は聞いたので、アブド・オシルの息子であるオシルシャマールの両方の息子のために聞いた
  9. ^ 前述の関連性とは別に、メルカルトからヘラクレスへの変更は、2人の兄弟とその父と祖父の(神話上の)名前が、シンクレティズムの形式に従って、刻まれた言語間で形式を変更し、この場合、エジプトを含む、ヘレニズム時代に特徴的な文化的シンクレティズム Abd'Osir 、「オシリスの召使い」および'Osirshamar 「オシリスは守った」または「オシリスは保存した」は、それぞれ、ディオニュソスに由来する名前である
    サラピオン、セラピスに由来する名前[19]
  10. ^ (イタリア語) " Stimo esser stata simile lamina、qualche superstitioso Amuleto posto presso quel cadavere、ivi esistente per poco meno di tre mila anni、mentredaGeroglifìciEgytii、e da quei segni di caratteri posti su'l in essa、da me giudicati per Fenici、si riconosce esser stato questo amuleo di personaggio Fenice、la di cui natio ne hebbe ne'trasandati tempo per piu secoli il dominio di quest'isola、conforme l'afferma Tucidide ... E Diodoro Sicolo 、parlando delle Colonie de Fenici、e commentando il detto testo di Tucidide、lasciòscritto... "。[20]
  11. ^ 別荘は、発電所を建設するためにイギリス植民地政府によって取り壊されました。[21]
  12. ^ (イタリア語) " Due iscrittioni scolpite con caratteri Greci、e Fenici a miocredere "。[20]
  13. ^ (フランス語) " L'anno 1732 essendo Rettore di questo collegio de'Padri Gesuiti il P. IgnazioBonannosiscavòparted'unviale del Giardino、incuièsituatoilsovraccennatocasino、posseduto un tempo dall'Abela、che scriveva l'anno 1647、per fabbricarvi una scala; e quivi sotterrate si rinvennero le due Pietre co'Fenici、e Greci caratteri segnate; le quali dal P. Luigi Duquait Francese sovrastante all'opera furon collocate nello stesso viale perornamento。 tempo un altro accorto Religioso temendo、chedilàtoltefossero(come fu lor tolto il capo della bella statua d'Ercole、che fu venduto per testa di S. Giuseppe、e poi da essi ricuperato、e riunito al suo luogo)trasportolle stanza contigua al Gabinetto、o Museo dell'Abela "。[22]このエピソードは、Abela-Ciantar、vol。私、p。465、およびpp。527-528でさらに詳細に。[23]
  14. ^ (イタリア語) " Mi fu detto che nella Villetta del Collegio vi erano due Iscrizioni Arabiche sottoduebalaustretti。Ioerostato alla Villa ed avevo visto i balaustri asserti; ma come essi sono vicini a terra sopra di un muricciolo al Sole、non avevo fatto altra riflessione sopra di essi、nèvel'avevafatta niuno、se non che poco eruditamentechimenediènotizia。Presialdunquela barchetta、elàtornai、e trovai due iscrizioni non altrimente Arabiche、ma Fenicie e Greche; dal tenore della Greca、cheèintuttidue i dadi la stessa、credo、che i balaustrelli fossero due Candelabri rotti、offerti in dono ad Ercole Arcbagete、da due fratelli di Tiro inFenicia。 io non so se ha noto altrove "。ルピlet.11s.64[24]
  15. ^ (イタリア語) " […] che tralasciatane la discifratione di quei caratteri stimati Fenici、per essere forse a lui ignoti、mit trasmise la seguente spiegatione delli Greci in essetavolescolpiti。DionysiusetSarapion Sarapionis Tirii、Herculi[20]

参考文献

  1. ^ AO 4818:ルーム18b。マットマン、フィリップ(2013)。古代の遺物の近く聖書のあるルーブル美術館を訪れてください。www.louvrebible.org。ISBN 979-10-92487-05-3Googleブックス
  2. ^ a b c d e f g h i j k l "マルタからのCippus"ルーブル美術館2014年2月15日取得
  3. ^ Lehmann、p210および257、引用:「その後まもなく、17世紀の終わりに、前述のIgnazio di Costanzoは、フェニキア文字を最初に報告し、フェニキア文字を適切に意識的に認識しました...そしてMelitensisprimaと同じように碑文は、史上初のフェニキア文字として重要な役割を果たしました...そしてモニュメンタでナンバーワンの碑文であり続け(図8)、今では卓越した本物のフェニキア文字の見本になりました...メリテンシスプリマMarsa Scirocco(Marsaxlokk)の碑文は、想定された、またはむしろ推定された「古典的な」フェニキア文字(「echtphönikische」)の古地理的ベンチマークとして、その永続的な卓越性を持っていました。
  4. ^ a b c d e f g h Lehmann、Reinhard G.(2013)。「ヴィルヘルム・ゲゼニウスとフェニキア文献学の台頭」(PDF)BeiheftezurZeitschriftfürdiealttestamentlicheWissenschaftベルリン/ボストン:Walter de Gruyter GmbH 427ISBN  978-3-11-026612-22016年3月4日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました2014年2月21日取得マインツ大学のForschungsstellefürAlthebräischeSpracheundEpigraphikにて
  5. ^ a b c d e f g h Bonanno、Anthony(1982)。「クインティニウスとマルサシュロックのヘラクレス神殿の場所」。メリタヒストリカ8(3):190–204。
  6. ^ 「フェニキア人とポエニ人はマルタに残ります-マルタ独立」
  7. ^ a b Castillo、D。(2006)。マルタ十字:マルタの戦略的歴史軍事研究への貢献。WestportPraeger SecurityInternationalp。18. ISBN 0313323291Googleブックスで。
  8. ^ ヴィルヘルム・ゲセニウス(1837)。Scripturae linguaequePhoeniciae。モニュメンタquotquotスーパーサント(ラテン語)。パープリマ。ライプツィヒ:神父 Chr。ギル。フォーゲリウス。p。95。Googleブックスで。
  9. ^ Markoe、Glenn(2000)。フェニキア人過去の人々。カリフォルニア大学出版。p。135. ISBN 0520226135Googleブックスで。
  10. ^ Markoe、Glenn(2000)。フェニキア人過去の人々。カリフォルニア大学出版。p。167. ISBN 0520226135Googleブックスで。
  11. ^ ab 「すべての国の産業の図解されたカタログアートジャーナル美徳。2:224。1853。Googleブックスで。
  12. ^ リング、トゥルーディ; サルキン、ロバートM。; La Boda、Sharon(1995)。南ヨーロッパ史跡の国際辞書。III。シカゴ:フィッツロイディアボーン。p。413.ISBN _ 1884964052Googleブックスで。
  13. ^ a b c d e Sznycer、Maurice(1975)。「Antiquitésetépigraphienord-sémitiques」ÉcolePratiquedesHautesétudes4eセクション:Sciences Historiques etPhilologiques。Annuaire 1974–1975(フランス語)。107(1):191–208。ペルセで。
  14. ^ Amadasi Guzzo、Maria Giulia(2006)。ボルボーン、ジョルジオ; Mengozzi、Alessandro; トスコ、マウロ(編)。Loquenteslinguis。Fabrizio A. Pennacchietti(イタリア語)に敬意を表して言語学と東洋学。オットーハラソヴィッツヴェルラグ。p。15. ISBN 3447054840Googleブックスで。
  15. ^ Böckh、A。(1853)。Corpus Inscriptionum Graecarum、681、5753III。ベルリン。
  16. ^ Borġ、V。(1963)。Tradizioni e documentistoriciミッション。pp。41–51。
  17. ^ (ギリシャ語とラテン語) Claudius Ptolemy(1843)。「本IV、第3章§37[原文のまま、recte§47]」ノブでは、Carolus Fridericus Augustus(ed。)Claudii Ptolemaei Geographia(ギリシャ語とラテン語)。I. CarolusTauchnitiusp。246。Googleブックスで。
  18. ^ アベラ、ジョバンニフランチェスコ(1647)。Della Descrizione di Malta Isola nel Mare Siciliano con lesueAntichità、ed Altre Notizie(イタリア語)。パオロボナコタ。p。5.5。
  19. ^ a b Prag、Jonathan RW; クイン、ジョセフィン・クローリー編 (2013)。ヘレニズムの西:古代地中海を再考するケンブリッジ大学出版局。pp。357–8。ISBN  978-1-107-03242-2 ブラウン、ジョン・ペアマン編 (1995)。イスラエルとヘラスI. Walter deGruyterp。120. ISBN 3-11-014233-3Googleブックスで。
  20. ^ a b c d e Bulifon、Antonio(1698)。Lettere memorabili、istoriche、politiche、ed erudite Scritte、[…] Raccolta Quarta(IV)ナポリ:ブリフォン。pp。117–132。[1]でも
  21. ^ グリマ、ノエル(2016年5月2日)。マルサ発電所の歴史的先駆者マルタ独立2016年7月12日取得。
  22. ^ Ciantar、GADissertazioneマルタ:NLMBiblioteca。pp。Ms166、ff。25〜26r。
  23. ^ Ciantar、GA; アベラ、GF(1772)。マルタillustrata ... accresciuta dal Cte GACiantarマルタ:マリア。pp。460–462。
  24. ^ a b c Paterno、Principe di Biscari、Ignazio(1781)。Viaggio per tutte le antichita della Sicilia(イタリア語)。ナポリ:シモーニ。pp。111–112。Googleブックスで。
  25. ^ マーン、ギヨー(1735)。Dissertazione II del Commendatore F. Giuseppe Claudio Guyot de Marne […] sopra un'inscrizione punica、e greca:Saggi di dissertazioni accademiche pubblicamente lette nella nobileaccademiaetruscadell'antichissimacittàdiCortonaローマ:Tommaso / Pagliarini。pp。24–34。
  26. ^ フォーモント、ミケーレ(1741)。Dissertazione III […] Sopra una Iscrizione Fenicia trovata a Malta、in:Saggi di dissertazioni accademiche pubblicamente lette nella nobile accademiaetruscadell'antichissimacittàdiCortonaローマ:Tommaso / Pagliarini。pp。88–110。
  27. ^ a b バルテレミー、ジャンジャック、アッベ(1764)[1758]。「RéflexionssurquelquesモニュメントPhéniciens、etsurlesalphabetsquienrésultent」Mémoiresdelittérature、tirésdesregistresdel'Académieroyaledesinscriptionsetbelles-lettresAcadémiedesInscriptionsetBelles-Lettres30:405–427、pl。i–iv。ガリカ
  28. ^ Bellermann、Johann Joachim(1809)。Melitensi標本のPhoeniciælinguævestigiorumベルリン:ディーテリチ。
  29. ^ ペレスバイエル、F。(1772)。Del alfabeto y lengua de los Fenices、y de sus Colonias(スペイン語)。スペイン:JoachinIbarra。Googleブックスで。
  30. ^ 「マルタの宝物」Fondazzjoni Patrimonju Malti [マルタヘリテージ財団]。2009年。 2014年2月21日のオリジナルからアーカイブ2014年2月16日取得
  31. ^ Rix、Juliet(2010)。マルタとゴゾブラッドp。123. ISBN 978-1841623122Googleブックスで。
  32. ^ 「遺産マルタはLejlietLapsi NotteGozitanaと合流します」ゴゾニュース。2010年5月13日2014年2月16日取得
  33. ^ 「MaltaPost切手収集」MaltaPost 2014年2月16日取得
  34. ^ 「マルタ-リビア '不法移民に関する非紙'」タイムズオブマルタ2005年6月29日2014年2月15日取得

参考文献

  • クリカン、ウィリアム(1980)。Ebied、Rifaat Y。; ヤング、MJL(編)。東洋学リーズ大学オリエンタルソサエティ-ニアイースタンリサーチII。オランダ、ライデン:EJブリル。ISBN 90-04-05966-0
  • ルイス、ハリソン・アドルファス(1977)。古代マルタ-その古代の研究ジェラーズクロス、バッキンガムシャー:コリンスマイス。
  • サゴナ、クローディア; ベラグレゴリー、イザベル; ブゲジャ、アントン(2006)。マルタの古代遺物および教会および個人のコレクションで保持されているその他の古代の遺物古代オリエント研究。ベルギー:PeetersPublishers。

も参照してください

外部リンク