クリスチャン移民

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

キリスト教徒の大規模な移住という現象は、多くの国でキリスト教徒の人口の割合が減少している主な理由です。多くのイスラム教国は、数世代にわたって、キリスト教徒のマイノリティの間で不釣り合いに高い移民率を目撃してきました。今日、米国のほとんどの中東の人々はキリスト教徒であり、アラブ世界の外に住むアラブ人の大多数はアラブ人キリスト教徒です

クリスチャンが移住する動機となるプッシュ要因には、宗教的差別迫害、および浄化が含まれます。プルファクターには、海外の親戚に加わるだけでなく、上向きの機動性の見通しが含まれます。

中東からのキリスト教移民

アラブ世界の外に住むアラブ人の大多数はアラブ人キリスト教徒です。キリスト教徒は中東から移住しました。さまざまな原因に起因する現象には、経済的要因、政治的および軍事的紛争、少数派のキリスト教徒の間の不安感や孤立感などがあります。他の宗教団体と比較して、キリスト教徒の移民率が高いのは、既存の移民コミュニティの形で、海外で利用できるより強力な支援ネットワークを持っていることにも起因しています。

エジプト

ほとんどのディアスポラアラブ人と同様に、エジプトのディアスポラのかなりの割合がアラブ人キリスト教徒で構成されています。コプト人は、彼らの経済状況を改善し、彼らの故郷での体系的な嫌がらせと迫害から逃れるために、エジプトから移住してきました

イラン

キリスト教徒やその他の宗教的少数派は、イランのディアスポラの不釣り合いに高い割合を占めています

イラク

イラク戦争後、イラクのキリスト教徒の人口は崩壊しました。ほぼ100万人のアシロカルデア人クリスチャンのうち、ほとんどが米国、カナダ、オーストラリア、および欧州連合の28の加盟国の一部に移住し、残りのほとんどはイラクのクルド人の北部クルド人の飛び地に集中しています。反乱が続く中、イラクのキリスト教徒は絶え間ない脅威または過激なイスラムの暴力にさらされています。

2003年の米国主導のイラク侵攻とその結果としての同国の法と秩序の崩壊以来、多くのシリアを話すアッシリア人や他のキリスト教徒が国を逃れ、シリアヨルダン、さらに遠くに避難しました。人口に占める割合は、1948年の12%(480万人)から1987年には7%(2000万人)、2003年には6%(2700万人)に減少しました。アッシリア人はイラクの人口のわずか3%を占めていますが、2005年10月、国連難民高等弁務官は、2003年10月から2005年3月の間にシリアに避難した70万人のイラク人について報告しました。

レバノン

レバノンは何世代にもわたってレバノンのクリスチャンの大規模な移住を経験してきました。レバノンの外に住んでいるレバノン人の数は、内(430万)よりも多い(860 [1] -14 [2]百万)。ディアスポラの人口のほとんどはレバノンのキリスト教徒ですが、一部はイスラム教徒、ドゥルーズ派、またはユダヤ人です。彼らは、オスマンシリアでの1860年のレバノン紛争続く脱出から始まる、キリスト教移民のいくつかの波にその起源をたどります。

現在のレバノン国籍法では、ディアスポラのレバノン人は自動的にレバノンに戻る権利を持っていませんさまざまな程度の同化と高度な民族間結婚により、ほとんどのディアスポラのレバノン人は子供たちアラビア語を伝えませんでしたが、それでも彼らはレバノンの民族的アイデンティティを維持しています。

レバノン内戦さらに高いキリスト教移民率をもたらしました。より高いイスラム教徒の出生、レバノンのパレスチナ人シリアの移民労働者の存在は、レバノンの人口のキリスト教の割合を減らすことに貢献しました。レバノンのキリスト教徒は依然として文化的および政治的に著名であり、人口の35〜40%を占めています。レバノン内戦の終結以来、イスラム教徒の移民はキリスト教徒を上回っていますが、キリスト教徒は人口の割合に比べてやや過大評価されています。[3]

オスマン帝国パレスチナ

パレスチナのキリスト教徒の移民は、キリスト教徒に対するオスマン帝国の差別の結果として19世紀に始まりました。1948年と1967年の占領と戦争により、多くのクリスチャンは家を逃げたり失ったりしました。パレスチナ自治政府では、かなりの移民があり、パレスチナのキリスト教徒はパレスチナのディアスポラ内に不釣り合いに代表されています。ガザ地区のクリスチャンのほとんどは、2007年のハマスの買収に続いてガザ地区から逃げ出し、主に西岸に移転しました。

シリア

シリア国外には(1800万人)とほぼ同じ数のシリア人が住んでいます(1500万人)。ディアスポラの人口のほとんどはシリアのキリスト教徒です。[要出典]彼らは、オスマンシリアでの脱出から始まり、キリスト教移民のいくつかの波にその起源をたどります。

現在の国籍法の下では、ディアスポラのシリア人はシリアに自動的に戻る権利を持っていません[要出典]さまざまな程度の同化と高度な民族間結婚により、ほとんどのディアスポラのシリア人は子供たちアラビア語を伝えていませんが、それでもシリアの民族的アイデンティティを維持しています。

2011年のシリア内戦の噴火により、キリスト教徒は過激派イスラム教徒の標的にされたため、彼らはシリア難民の主要な構成要素になりました。

2016年度、米国がシリアからの難民の数を劇的に増やしたとき、米国はシリアからの難民を12,587人受け入れ、99%がイスラム教徒でした(シーア派イスラム教徒はほとんど受け入れられませんでした)。国務省難民処理センターのデータのピュー研究所の分析によると、1%未満がキリスト教徒でした。[5]

2016年のシリアの1,720万人の宗教的所属は、約74%がスンニ派イスラム教、13%がアラウィー派、イスマーイール派、シーア派、10%がキリスト教徒、3%がドゥルーズ派でした。[6]内戦により、人口は600万人以上減少しました。

トルコ

もともと、現在のトルコからの移民のほとんどは、ギリシャ難民を含むオスマン帝国のキリスト教徒でした今日、トルコからの移民は主にイスラム教徒で構成されています。

トルコのクリスチャンの割合は、1914年の19%(オスマン帝国の過小評価のために24%の可能性があります)から1927年には2.5%に低下しました[7]。 500,000人のギリシャ人と375,000人のアッシリア人クリスチャンの虐殺、ギリシャとトルコ間の人口交換[8] 、そしてクリスチャン(レバントギリシャ人アルメニア人など)の外国(主にヨーロッパアメリカレバノンシリア)への移住)それは実際には19世紀後半に始まり、20世紀の第1四半期、特に第一次世界大戦中とトルコ独立戦争後にペースを上げました[9]報告されているように、オスマン帝国の国勢調査はキリスト教徒の数を過小評価しており、これは人口の24.5%に非常に近く、300万人ではなく430万人でした。今日、さまざまなキリスト教宗派の160,000人以上がトルコの人口の0.2%未満を占めています。 [10]今日、トルコの人口のおよそ0.3〜0.4%を占めるさまざまなキリスト教宗派の20万〜32万人以上がいます。[11]

南アジアからのキリスト教移民

インド

キリスト教徒もインドから移住しましたが、インドは南アジアで最も安全な場所の1つと見なされているため、彼ら自身の理由と少数です。さらに、インドは、米国、ヨーロッパ、南アジアの人々のお気に入りの観光地の1つです。

パキスタン

キリスト教徒はまた、特にイスラムの冒涜法の適用に応じて、パキスタンから逃亡した

東アジアからのキリスト教移民

中国

クリスチャンも中国から逃げてきました。特に宗教的迫害の波に応えて、中国は自称共産主義国であり、国家無神論を宣言しているため、中国からの移民の要因となっています。

北朝鮮

キリスト教徒も北朝鮮から逃げてきました。特に宗教的迫害の波に応えて、北朝鮮は自称共産主義国であり、国家無神論を宣言しているため、北朝鮮からの移民の要因となっています。

も参照してください

参照

  1. ^ Bassilは、駐在員の市民権を緩和することを約束します
  2. ^ 「国のプロフィール:レバノン」FCO2007年4月3日。2008年2月6日のオリジナルからアーカイブ。
  3. ^ 「アーカイブされたコピー」2006年4月27日にオリジナルからアーカイブされまし2005-10-01を取得{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  4. ^ シン、シュバ。「インドのように、シリアには大きなディアスポラがあります(シリア大統領の訪問に関する話があります)」インドのニュース。2014年10月16日にオリジナルからアーカイブされました2014年3月15日取得
  5. ^ 「国務省難民データ」
  6. ^ 「CIAファクトブック」
  7. ^ İçduygu、Ahmet; Toktaş、Şule; Ali Soner、B.(2008年2月1日)。「国造りの過程における人口の政治:トルコからの非イスラム教徒の移住」。民族および人種研究31(2):358–389。土井10.1080/01419870701491937
  8. ^ ギリシャ(1821-1930)の難民の質問 ΘέματαΝεοελληνικήςΙστορίας 」、ΟΕΔΒ(「現代ギリシャの歴史からのトピック」)。第8版(PDF)、Nikolaos Andriotis、2008年
  9. ^ "「編集者の紹介:なぜ特別な問題なのか?:中東の失踪したクリスチャン」 (PDF)。編集者の紹介.2001。20136月11日閲覧。
  10. ^ 「宗教」中央情報局2013年2月9日取得
  11. ^ name = "cia-rel"

外部リンク