チェリーアイ

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
チェリーアイのクローズアップ

チェリーアイは、犬や猫の目に存在する第三のまぶたとも呼ばれる瞬膜(NM)の障害です。[1]チェリーアイは、2歳未満の若い犬に最もよく見られます。[2]一般的な誤称には、腺炎、過形成、第三眼瞼腺の腺腫などがあります。ただし、チェリー アイは、過形成、新形成、または一次炎症によって引き起こされるものではありません。[3]多くの種において、第三のまぶたは、涙の生成を介して目に酸素と栄養素を供給することにより、視覚に不可欠な役割を果たします. [4]通常、腺は剥離することなく裏返しに回転できます。[3]チェリーアイは、腺を眼窩周囲に固定する役割を担う網膜の欠陥に起因します。この欠陥により、腺が脱出し、赤い肉質の塊として目から突き出ます. [3]敏感な組織が乾燥して外傷を受けると、問題が発生します[3]組織が露出すると、二次的な炎症、腫れ、または感染が生じることがよくあります。[3]治療せずに放置すると、この状態はドライアイ症候群やその他の合併症につながる可能性があります。[4]

説明

チェリーアイは若い犬、特にキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルイングリッシュ・ブルドッグラサ・アプソシーズーウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアパグブラッドハウンドアメリカン・コッカー・スパニエルボストン・テリアなどの犬種で最も一般的です。[1]チェリーアイは猫ではまれですが、発生する可能性があります。この欠陥は、ビルマ種のネコ科動物で最も一般的です。[5]同様の状態がドワーフ垂れ耳のウサギに存在し、ハーディアン腺で発生します。同様の外科的治療が必要です。[3]

遺伝的危険因子を含む複雑で多遺伝子の要素が存在する可能性があります。[6]一部の品種は、ブルドッグ、ボストン テリア、ブル テリア、ラサ アプソ、コッカー スパニエル、セント バーナード、シャーペイ、シーズー、プードルなど、他の品種よりもその発生の影響を受けやすいと考えられています[7] NM多くの腺が合体して単一の腺として現れる。[8]通常、腺は角膜の潤滑のために涙を分泌します。[8]固定の欠如により、腺が跳ね上がり、腺の脱出を引き起こします。症状には、目に見える肉質の塊、異常な涙の生成、および目からの分泌物または排液が含まれます。チェリーアイは通常、結膜検査によって診断されます。瞬膜[2]チェリーアイの最も明白な症状は、目頭の内側にある丸い肉質の塊であり、その外観は、その名前が付けられた果物に似ています. [8]この塊は、片側性または「両側性」である可能性があります。動物の生涯のさまざまな時期に、両目がチェリーアイを発症することがあります。[1]チェリーアイのその他の症状には、目からの分泌物や異常な涙の分泌が含まれます。チェリーアイになると、最初は涙が過剰に分泌されますが、最終的には実質的な涙の分泌がなくなります。[1]

治療

非外科的

チェリーアイは、早期に発見された場合、影響を受けた目の下向きの斜めから鼻に向かって閉じた目のマッサージで解決できます。または、単独で、または抗生物質とステロイドを使用して自己修正することもあります. [3] 場合によっては、何の干渉もなく、または必要に応じて薬物療法と組み合わせてわずかな物理的な手動マッサージ操作を行うことで、脱出が自然に治る場合があります。[3]

外科

手術は、チェリーアイを修復する最も一般的な手段です。手術には、膜を眼窩縁に固定するか、ポケット技術を使用することにより、切除ではなく、腺の置換が含まれます。[3]重度の感染症の場合、抗生物質の眼軟膏による術前の抗生物質が必要になる場合があります。[3]腺の除去は、かつては容認できる治療法であり、眼は完全に正常に見えました。[5]美容上の魅力にもかかわらず、涙腺を除去すると涙の量が 30% 減少します。涙の生成は、目を維持し、外部環境から保護するために不可欠です。[5]涙液産生の減少は、乾性角結膜炎にかかりやすい品種の動物で特に問題となります。(KCS)、ドライアイ症候群としても知られています。この方法で手術が行われると、KCS は多くの場合、後年になります。[3]

小型犬の腺脱出の拡大図

KCS は犬では一​​般的ではなく、犬の人口の 1% に影響を与えます。[9] KCS は慢性変性結膜炎で、視力障害や失明につながる可能性があります。[2] KCS には、薬物毒性、チェリー アイ、以前の手術、外傷、放射線照射など、さまざまな原因があります。[2] KCS は治療することができますが、治療は多くの場合、動物の生涯にわたって行われます。[2]

これとは対照的に、チェリーアイを治すためにいくつかの置換外科的処置が存在します. [2]腺の交換により、後の人生でのドライアイの発生率が低下します。[10]手術の種類は 2 つのグループに分けられます。固定手術とポケット/封筒手術です。[1]現在、少なくとも 8 つの手術手技が存在します。[1]固定手順では、脱出した腺を眼窩周囲筋膜、強膜、または第三眼瞼の基部に縫合する必要があります[5]対照的に、ポケット処置では、脱出した周囲の健康な組織を縫合して、脱出した組織を囲み、固定します。[5]これらの技術のそれぞれは、縫合のどの方向が眼への合併症を最小限に抑えるかに応じて、前方または上方アプローチで実行できます。[5]

固定方法

もともと、固定方法には、腺を眼球に縫合することが含まれていました。この方法は、手術が危険で困難な性質を持ち、再発率が高いため、時間の経過とともに取って代わられました。[3]後方からの固定アプローチは、正常な体液排泄を妨害する可能性があります。[10]その後、前方アプローチが導入されました。[10]固定技術の欠点には、液体の分配と自己洗浄の機能に不可欠な第 3 のまぶたの可動性が制限されることが含まれます。[10]現在、第三のまぶたの動きを制限することなく NM を固定できるようにするための新しい手順が検討されています。[10]手術の結果を比較した研究はほとんどないため、手術の選択は好みの問題です。[10]

封筒・ポケット方式

しばしばポケット技術と呼ばれるエンベロープ法では、脱出の周囲の組織を縫合し、結膜の層に包む必要があります。[5]ポケット技術は、医師が最も習得しやすいものです。[1]ポケット法には、前方バージョンと後方バージョンもあります。後方縫合法は、合併症を最小限に抑え、涙液の分泌を変化させないため、最も一般的に使用されています。[10]経験豊富な外科医のみが手術を試みるべきです。[3]不適切な手術手技は、目の嚢胞を含む多くの合併症を引き起こす可能性があります。[10]

予後

治療なし

以前は、NM の役割が完全に理解されるまで、治療は任意であると考えられていました。[1] NM 腺は、涙の生成の 40 ~ 50% を担っています。[11]長時間さらされると、涙腺は外傷、二次感染、涙液分泌の減少の危険にさらされます。[11]治療せずに放置すると、多くの合併症が発生する可能性があります。炎症を防ぐために、早期に目を閉じてマッサージすることをお勧めします。[3]

後処理

術後の治療には、抗生物質の眼軟膏を 1 日 3 回、2 週間使用することが含まれます。[5]手術後に腺が再発し、複数回の手術が必要になる可能性があります。[3]治療により、動物は通常の生活を送ることができます。

も参照

  • 結膜炎、一般にピンクアイと呼ばれる

参考文献

  1. ^ a b c d e f g h Gelatt、KN (2000)。獣医眼科の必需品ボルチモア: リッピンコット ウィリアムズ & ウィルキンズ。
  2. ^ a b c d e f Gelatt、KN (2001). 獣医眼科のカラーアトラスボルチモア: リッピンコット ウィリアムズ & ウィルキンズ。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m no Slatter , D. (2001). 獣医眼科の基礎:第3版。フィラデルフィア: WB サンダース カンパニー。
  4. ^ a b Robledo, EP, Serrano, RD, Sanches, NQ, & Ramirez, AM (nd). 乾性角結膜炎(ドライアイ)の犬におけるペットの視力の影響」は、2012 年 12 月 18日にWayback Machineでアーカイブされました。2012 年 12 月 1 日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h Griffin, C., & Glaze, MB (2008). 「目と耳」。セント ジョン USVI 11 月 3 ~ 6 日。国際獣医セミナー。
  6. ^ Edelmann, ML, Miyadera, K., Iwabe, S., & Komáromy, AM (2013). 大型犬の血統における瞬膜腺脱出腺の遺伝の調査。獣医眼科、16(6)、416–422。https://doi.org/10.1111/vop.12015
  7. ^ 「シーズー犬の一般的な眼の問題」. Canadian Veterinary Journal、第 33 巻、392。
  8. ^ a b c Sarma, B. (2010). 「犬のチェリーアイ。Intas Polivet、11、pp。80–81。
  9. ^ ブラント、W.(nd)。"ドライアイ: より正式には Keratoconjuntivis Sicca または KCS として知られています。2012 年 12 月 1 日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h Plummer, C.、Kallberg, M.、Gelatt, K.、Gelatt, J.、および Barrie, KP (2008). 「犬の第三のまぶたの脱出した腺の置換のための Intranictitans のタッキング」. 獣医眼科、pp. 228–233。
  11. ^ a b 「第三のまぶたの脱出腺」 . アメリカ獣医眼科大学。2017-08-04のオリジナルからのアーカイブ2017 年8 月 3 日閲覧

外部リンク