カテナリス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

カテナリス
時間範囲:初期のデボン紀
科学的分類 e
王国: 植物
クレード 陸上植物
属: CatenalisS.G.Hao
&CBBeck(1991)[1]
種族
  • C. Digitata S.G. Hao&CBBeck(1991)[1]

Catenalis、初期デボン紀(プラギアン、約4 億1000万年前)の絶滅した植物のです。化石は、中国雲南省東部のポソンチョン層で最初に発見されました。葉のない茎(斧)は、側枝に10〜12個の楕円形の胞子形成器官または胞子嚢を持っていました。それらの胞子を解放するために、胞子嚢はそれらの茎への付着の反対側の端で分裂した。他の陸上植物との系統発生的関係は、現時点では不確実であると考えられています。[2]

参照

  1. ^ a b Hao、S.-G. &Beck、CB(1991)、 " Catenalis digitata、gen。&sp。nov。a plant from the Lower Devonian(Siegenian)of Yunnan、China"、Can。J.ボット 69(4):873–882、doi10.1139 / b91-113Li&Edwards1996で引用
  2. ^ Li、C.-S. &Edwards、D.(1996)、 " Demersatheca Li et Edwards、gen。nov。、New genus of Early Land Plants from the Lower Devonian、Yunnan Province、China"、Review of Palaeobotany and Palynology93(1–4) :77–88、doi10.1016 / 0034-6667(95)00120-4