カテゴリ:CS1メンテナンス:日付形式

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

これは、さまざまな日付保持パラメーターのいずれかを使用して、区切り文字が正しいエンダッシュではなくハイフンである日付範囲を保持するCS1テンプレートの追跡カテゴリーですModule:Citation / CS1は、endashを使用して日付範囲をレンダリングし、修復のために記事をこのカテゴリに追加します。このカテゴリのページは、Module:Citation / CS1によってのみ追加する必要があります

これは、ハイフンを使用して引用を修正するのに適したエンダッシュです


デフォルトでは、引用スタイル1および引用スタイル2のエラーメッセージはすべてのリーダーに表示され、メンテナンスカテゴリメッセージはすべてのリーダーから非表示になります。

メンテナンスメッセージを表示するには、共通のCSSページまたは特定のスキンのCSSページ(それぞれcommon.cssskin.css)に次のテキストを含めます

MW-パーサ出力 スパンcs1-maint  { display  inline ;}  / *引用スタイル1のメンテナンスメッセージを表示します* /

デフォルトで非表示のエラーメッセージを表示するには:

MW-パーサ出力 スパンcs1-hidden-error  { display  inline ;}  / *非表示の引用スタイル1エラーメッセージを表示する* /

このCSSがインストールされていても、ウィキペディアのキャッシュ内の古いページは、ページが追跡カテゴリの1つにリストされていても、これらのエラーメッセージを表示するように更新されていない可能性があります。ヌル編集はその問題を解決します。

通常表示されるエラーメッセージを非表示にするには:

MW-パーサ出力 スパンcs1-visible-error  { display  none ;}  / *引用スタイル1のエラーメッセージを非表示にする* /

これらのメッセージの表示(色の変更など)をパーソナライズすることはできますが、方法がわからない場合 CSSを知っている人またはテクニカルビレッジポンプで尋ねる必要があります。

カテゴリ「CS1maint:日付形式」のページ

合計約1,168ページのうち、次の200ページがこのカテゴリに含まれます。このリストは最近の変更を反映していない可能性があります(詳細)。

(前のページ)(次のページ

NS

NS

(前のページ)(次のページ