カタマンタロデス

カタマンタロデス(またはカタマンタレデス)は、紀元前 1 世紀初頭から中期にかけてガリア東部のセクアニの統治者であり、ローマ元老院によって「友人」として認められました。彼の息子カスティクスは、後にオルジェトリクスの陰謀の一員となった。紀元前60年。

参考文献