カタロニア語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

カタロニア語
バレンシア語
カタロニア語 valencià
発音[kətəˈla][valensiˈa]
原産のスペインアンドラフランスイタリア
民族性アラゴン
バレアレス
カタロニア
バレンシア人
ネイティブスピーカー
410万人(2021年)[1]
スピーカーの総数:920万人
初期の形
標準形式
ラテン語カタロニア語のアルファベット
カタロニア語点字
署名されたカタロニア語
公式ステータス
公用語
で認識されている少数
言語
によって規制Institut d'
EstudisCatalansAcadèmiaValencianadelaLlengua
言語コード
ISO 639-1ca
ISO 639-2cat
ISO 639-3cat
Glottologstan1289
Linguasphere51-AAA-e
Domínio geolinguístico do catalão
  カタロニア語が話され、公式である地域
  カタロニア語が話されているが公式ではない地域
  カタロニア語が歴史的に話されていないが公式である地域
この記事には、IPA音声記号が含まれています。適切なレンダリングサポートがないと、 Unicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の紹介ガイドについては、Help:IPAを参照してください。
カタロニア語(マヨルカ方言)のスピーカー。
カタロニアの元大統領であるArturMasは、個人のアイデンティティ、集団のアイデンティティ、言語について話し合っています。

カタロニア/ ˈkætələn-ænˌkætəˈlæn / ; [ 3 ] [ 4 ] autonymcatalàまたはllengua catalana ;東部 カタロニア[ kətəˈla ]_ _バレンシア語コミュニティバレンシア語としてのカルチェは、俗ラテン語から派生し西ロマンス語ですこれはアンドラの公用語であり[5]スペイン東部の3つの自治州、カタルーニャ、バレンシア、バレアレス諸島の共同公用語ですまた、イタリアアルゲーロのコムーネでも半公式の地位を占めています。[6]それはまた、フランスのピレネーオリエンタル県スペイン東部のさらに2つの地域、アラゴンの東部ムルシア地方のカルシュ地域でも話されています。 カタロニア語圏は、しばしばパイソスカタロニア語または「カタロニア語圏」と呼ばれます。

この言語は、ピレネー山脈東部周辺の中世の俗ラテン語から発展しました19世紀のスペインでは、カタロニア語の文学が復活[7] [8]、1900年代初頭に最高潮に達しました。

語源と発音

カタロニア語圏 PaïsosCatalans):(オレンジ色の厳密なカタロニア語圏)北東スペインカタロニアバレンシアコミュニティバレアレス諸島)、南東。フランスルシヨンピレネー山脈に接する)とアルゲーロのコムーネ(サルデーニャの北西海岸、イタリアに属する島
1443年のアラゴン連合王国。征服者のジェームズ王[1208–1276]は、完全にカタロニア語で彼の自伝的記録を口述しました。この地域のいくつかは、今日、カタロニア語圏を構成しています。

カタロニア語という言葉は、それ自体が論争のある語源であるカタロニアの領土名に由来しています。主な理論は、カタルーニャ語(ラテン語 Gathia Launia )ゴットランドまたはゴート族(「ゴートの土地」)という名前に由来することを示唆してます>ゴタラニア>カタルーニャは理論的に導き出されました。[9] [10]

英語では、人を指す用語は、14世紀半ばにCatelanerとして最初に表示さ 15世紀にはCatellanフランス語から)として表示されます。少なくとも1652年以来、言語証明ますカタロニア英語/ ˈkætələn // ˈkætəlæn /または/ ˌkætəˈlæn発音できます /[11] [4]

内名発音されます[kətəˈla]東カタロニア語の方言、および西洋方言の[kataˈla] 。バレンシアコミュニティカルシュでは、バレンシアという用語は [valenˈsja、ba-]が代わりに頻繁に使用されます。したがって、「バレンシア語」という名前は、バレンシア語コミュニティとカルチェに固有の品種を指すためによく使用されますが、バレンシア語全体の名前としても使用され、 [12]「カタロニア語」と同義です。[13] [12]この用語の両方の使用法は、 AVL [注1]およびIECによる辞書にそれぞれのエントリを持っています【注2】下記のバレンシア語の状況もご覧ください

歴史

Homiliesd'Organyà(12世紀)
カタロニア語でほぼ完全に書かれた最も初期のテキストの1つであるGreugesde Guitard Isarn (ca。1080-1095)の断片[14] [15]は、有名なHomiliesd'Organyàより1世紀前のものです。
南西ヨーロッパの言語地図

中世

9世紀までに、カタロニア語はピレネー山脈の東端の両側にある俗ラテン語と、南にあるローマの属州ヒスパニアタラコネンシスの領土から進化しました。[8] 8世紀以降、カタロニアの伯爵はイスラム教徒を犠牲にして領土を南および西に拡大し、彼らの言語を彼らにもたらしました。[8]このプロセスは、988年にバルセロナ伯国がカロリング帝国から分離されたことで決定的な推進力となった。 [8]

11世紀になると、マカロニックラテン語で書かれた文書カタロニア要素を示し始め、[15]ほぼ完全にロマンスで書かれたテキストが1080年までに登場しますそして14世紀。[16]

11世紀から12世紀にかけて、カタロニアの支配者たちは南にエブロ川に向かって拡大し[8]、13世紀にはバレンシア州バレアレス諸島を征服しました。[8]サルデーニャのアルゲーロ市は、14世紀にカタロニア語を話す人々で再人口化されましたこの言語は、15世紀にスペイン語を話すようになったムルシアにも到達しました。[17]

低中世では、カタロニア語は黄金時代を経て、成熟と文化的豊かさのピークに達しました。[8]例としては、マヨルカの博学者ラモン・リュイ(1232–1315)、4つの偉大な年代記(13–14世紀)、アウジアス・マルク(1397–1459)で最高潮に達するバレンシアの詩学校があります。[8] 15世紀までに、バレンシアの街はアラゴン連合王国の社会文化の中心地になり、カタロニア語は地中海世界のいたるところに存在していました。[8]この期間中、ロイヤルチャンスリーは高度に標準化された言語を広めました。[8]カタロニア語は、15世紀までシチリア語で、17世紀までサルデーニャ島で公用語として広く使用されていました。[17]この期間中、この言語はコスタ・カレラスが「中世ヨーロッパの「偉大な言語」の1つ」と呼んでいたものでした。[8]

マルトレルの傑出した騎士道物語[8]の小説、ティラン・ロ・ブラン(1490)は、中世からルネッサンスの価値観への移行を示しています。これは、メッゲの作品にも見られます。[8]イベリア半島で活字で作られた最初の本は、カタロニア語で印刷されました。[18] [8]

近世の始まり

1479年にカスティーリャアラゴンの王冠連合ができたことで、スペイン語の使用は徐々に有名になり[17]、カタロニア語の衰退の始まりを示しました。[8] [7] 16世紀以降、カタロニア語文学はスペイン語の影響を受け、都市と文学のクラスはバイリンガルになりました。[17]

ピレネー条約(1659年)により、スペインカタルーニャ北部フランスに譲渡し、その後すぐに地元のカタロニア語の品種がフランス語の影響を受け、1700年にこの地域の唯一の公用語になりました。[5] [19]

フランス革命(1789年)の直後、フランス第一共和政は、カタロニア語、アルザス語ブルトン語オック語フラマン語、バスク語などのフランスの地域言語の公式使用を禁止し、差別的な政策を制定しました。

フランス:19世紀から20世紀

フランスでカタロニア語を禁止する公式の法令
「フランス語を話し、きれいに」、エガテビア・タラウの学校の壁、2010年

1830年以降、フランスがアルジェリアの植民地を設立した後、カタロニア語を話す入植者の波が数回受けました。スペインのアリカンテ州の人々はオラン周辺に定住しましたが、アルジェは北カタロニアメノルカからの移民を受けました彼らのスピーチはpatuetとして知られていました。1911年までに、カタロニア語話者の数は約10万人でした。1962年にアルジェリアの独立が宣言された後、ほとんどすべてのカタロニア語話者が北カタロニア(ピエノワールとして)またはアリカンテに逃げました。[20]

フランス政府は、公用語としてフランス語のみを正式に認めています。それにもかかわらず、2007年12月10日、ピレネーオリエンタルの総評議会はカタロニア語を学科の言語の1つとして公式に認め[21]、公の生活と教育においてそれをさらに促進しようと努めています。

スペイン:18世紀から20世紀

スペインでは、カタロニア語の衰退は18世紀まで続きました。スペイン継承戦争(1714年)でのハプスブルク家連立の敗北は、一連の法律を開始しました。これは、他の集中化措置の中でも、スペイン全土の法的文書 でのスペイン語の使用を課しました。

しかし、19世紀にはカタロニア語の文学の復活(Renaixença)が見られ、それは今日まで続いています。[5]この期間は、アリバウの祖国への頌歌(1833)から始まります。19世紀後半、20世紀初頭には、ヴェルダゲル(詩)、オラー(写実主義小説)、ギマラー(ドラマ)の作品が続きました。[22] 19世紀、ムルシア州のカルチェ地方には、バレンシア国からのカタロニア語話者が再び住み着きました[23]カタロニア語は1913年に正投影の標準化を取得し、スペイン第二共和政(1931〜1939)の間に公用語になりました。スペイン第二共和政は、カタロニア語に対するほとんどの制限が解除され、短期間の寛容が見られました。[5]

カタロニア語と文化は、スペイン内戦(1936〜1939)とその後のフランソイストカタロニアでの数十年間に抑圧されました。[24]フランキスモ独裁政権(1939年から1975年)は、学校や行政でのカタロニア語の使用を禁止した。[25] [7]カタロニア語とアイデンティティの抑圧は、学校、政府機関、および宗教センターで行われた。[26] フランコの均質なスペイン人への欲求は、彼の政権を支持する一部のカタロニア人、主に上流階級のメンバーに共鳴し、カタロニア人の使用を拒否し始めました。これらすべての困難にもかかわらず、カタロニア語は家庭内で個人的に使用され続け、フランシスコ・フランコの独裁政権を乗り切ることができました。何人かの著名なカタロニア人作家は、文学による抑圧に抵抗しました。[27]

カタロニア語の名声の喪失と学校での使用の禁止に加えて、1950年代にスペインの他の地域からカタルーニャに移住したことも、この言語の使用の減少に貢献しました。これらの移民はしばしばカタロニア語の存在に気づかなかったので、それを学んだり使用したりする必要はないと感じました。カタルーニャはスペインの経済大国だったので、これらの移住は国の隅々から起こり続けました。歴史的に、バイリンガルでない人の雇用機会は減少していました。[28]

現在

スペインの民主化への移行(1975年から1982年)以来、カタロニア語は公用語、教育言語、マスメディア言語として制度化されてきました。そのすべてがその名声の向上に貢献しています。[29]カタルーニャは、比類のない大規模なバイリンガルのヨーロッパの非国家言語コミュニティがあります。[29]カタロニア語の教育はすべての学校で義務付けられていますが、[5]クラスに割り当てられた教師がスペイン語を使用することを選択した場合、または最近到着した1人以上の移民学生の学習プロセス。[30]カタロニア語への世代間のシフトもあります。[5]

カタロニア統計研究所によると、2013年にカタロニア語はスペイン語に次いで2番目に一般的に使用されており、母国語または自己定義言語として使用されています。人口の7%が、カタロニア語とスペイン語の両方で等しく自己識別しています。 %はカタロニア語で、47.5%はスペイン語のみです。[31] 2003年、同じ研究では、15歳以上の人口の中で自己識別に対する言語の好みはないと結論付けました。両方の言語で5%、カタロニア語で44.3%、スペイン語で47.5%です。[32]カタロニア語の使用を促進するために、カタルーニャ州政府(カタルーニャの公式自治政府)は、カタルーニャおよび他の地域でのカタロニア語の使用の促進に年間予算の一部を費やしており、ConsorciperalaNormalitzacióLingüística  [ ca ; es ]言語正規化コンソーシアム[33] [34]

アンドラでは、カタロニア語が常に唯一の公用語でした。[5] 1993年憲法の公布以来、カタロニア語の中等教育のように、カタロニア語を支持するいくつかの政策が実施されてきた。[5]

一方、現在行われているいくつかの言語シフトプロセスがあります。フランスの北カタロニア地域では、カタロニア語はフランスの他の少数言語と同じ傾向をたどっており、そのネイティブスピーカーのほとんどは60歳以上です(2004年現在)。[5]カタロニア語は、初等教育の学生の30%、中等教育の学生の15%が外国語として勉強しています。[5]文化協会LaBressolaは、カタロニア語イマージョンプログラムに従事するコミュニティが運営する学校のネットワークを推進しています。

アリカンテ州では、カタロニア語はスペイン語に、アルゲーロではイタリア語に置き換えられています。[29]バレンシアのコミュニティイビサ、そしてより少ない程度で、残りのバレアレス諸島にもよく根付いたダイグロシアがあります。[5]

分類と他のロマンス諸語との関係

構造的および比較基準に基づくロマンス諸語のチャート(社会的機能的基準ではない)。Koryakov(2001)には、イベロロマンスとは異なるオクシタニーロマンスのカタロニア語が含まれています。[35]

カタロニア語の1つの分類は、PèireBècによって与えられます。

ただし、ガロロマンス諸語のオクシタニーロマンス支部へのカタロニア語の帰属は、すべての言語学者や哲学者、特にラモンメネンデスピダルなどのスペイン語で共有されているわけではありません。

カタロニア語は、オック語というカバー用語に含まれる言語の種類とさまざまな程度の類似性を持っています(オック語とカタロニア語およびガロロマンス諸語の違いも参照してください)。したがって、密接に関連する言語から予想されるように、カタロニア語は今日、他のロマンス諸語と多くの特徴を共有しています。

他のロマンス諸語との関係

この言語と一部のオック語方言(ガスコーニュ語など)の間の言語間距離は、さまざまなオック語方言間の距離に類似しているため、オック語のカタロニア語を含むものもあります。カタロニア語は19世紀の終わりまでオック語の方言と見なされ[36]、今日でも最も近い親戚であり続けています。[37]

カタロニア語は、他の隣接するロマンス諸語(オック語、フランス語、イタリア語サルデーニャ語、スペイン語、ポルトガル語など)と多くの特徴を共有しています。[23]しかし、主にイベリア半島で話されているにもかかわらず、カタロニア語は、発音、文法、特に語彙の点で、イベロロマンスグループ(スペイン語ポルトガル語)との違いが顕著です。代わりに、フランスと北イタリアに自生する言語、特にオック語[38] [39] [40]と、より少ない程度でガロロマンス語との最も近い親和性を示しています。Franco-ProvençalFrenchGallo-Italian)。[41] [42] [43] [44] [38] [39] [40]

エスノローグによると、カタロニア語と他のロマンス諸語の語彙の類似度は次のとおりです。イタリア語で87%。ポルトガル語とスペイン語で85%。ラディン語で76%; サルデーニャ語で75%。ルーマニア語で73%。[1]

ロマンス諸語間の24語の語彙比較:
17語はガロ・ロマンス語、5等語線はイベロ・ロマンス語、3等語線はオック語、1語は固有語です。[42] [43]
グロス カタロニア語 オック語 カンピダーノサルデーニャ語 イタリアの フランス語 スペイン語 ポルトガル語 ルーマニア語
いとこ cosí cosin フラディリ いとこ いとこ プリモ プリモ văr
兄弟 ゲルマ フレア フラディ フラテッロ フレール エルマノ irmão 修道士
ネボット ネボット ネボディ ニポテ neveu ソブリノ ソブリーニョ ネポ
estiu estiu istadi エステート été ベラノエスティオ[45] verão estio [45] vară
vespre ser vèspre セル セラ ソワール tarde、noche [46] tarde serão [46] seară
マティ マティン マンジャヌ マティーナ マティン マニャーナ manhãマティーナ dimineață
フライパン パエリヤ パデナ パエリヤ パデラ poêle サルテン フリギデイラ、フリタデイラ tigaie
ベッド llit リヒテンシュタイン lèit レトゥ letto 点灯 カマレコ カマレイト パット
ocell au aucèl pilloni uccello オイソー ave、pájaro ave、pássaro pasăre
行く ca 行くカン カニ ちえん ペロできます cão、cachorro カイン
プルナ プルナ プルナ セイヨウスモモ プルーン シルエラ ameixa prună
バター マンテガ bodre ぶる、ぶる ブロー バター マンテキージャ、マンテカ マンテイガ unt
ピース トロス tròç petaç arrogu ペッツォ morceau pièce ペダゾトロゾ[47] pedaço bocado bucată
グレー グリス グリス できますか グリジオ グリス グリスパルド[48] シンゼントグリス gri [49] sur cenușiu
ホット カレンダー caud カレンティ カルド チャウド カリエンテ quente fierbinte
過度に マッサ tròp tropu troppo trop デマシアド_ _ de mais、de mas iado プレア
したい voler vòler bolli(ri) volere vouloir querer querer vrea
取る prendre prene prendre ピガイ prendere prendre トマールプレンダー apanhar、levar
祈るために プレガー プレガー プレガイ プレガレ プライアー orar orar、rezar、pregar セルガ
聞く、質問する デマナー/プレガンター 要求者 ディマンダイ、プレグンタイ ドマンダレ 要求者 pedir preguntar pedir、perguntar セレ、イントレバ
検索する cercar / buscar cercar サーカイ cercare chercher バスカー 調達バスカー カウタ
到着する arribar arribar アリバイ 到着 到着者 llegar arribar チェガー アジャンジ
話す パーラー パーラー チスティオンナイ、フエダイ パーラー パーラー hablar parlar ファラーパラ ボルビ
たべる メンジャール マンジャール パパイ マンジャレ 飼い葉桶 ルンファルドmanyar ;スラングのpapear コーナースラングのパパー)、マンジャール マンカ
カタロニア語とスペイン語は異なる意味で認識します[44]
ラテン語 カタロニア語 スペイン語
accostare acostar 「近づける」 acostar 「寝る」
levare llevar 「取り除く;
目を覚ます」
llevar 「取る」
トラヘレ トラウレ "削除する" トラー "持ってくる"
サーケア cercar "検索する" cercar 「柵に」
コロケア コルガー 「埋める」 コルガー 「吊るす」
ミュリエ ミュラー "妻" mujer 「女性または妻」

その歴史の多くの間、そして特にフランキスモの独裁政権(1939年から1975年)の間、カタロニア語はスペイン語の単なる方言として嘲笑されました[39] [40]この見解は、政治的およびイデオロギー的考察に基づいており、言語学的な妥当性はありません。[39] [40]スペイン語とカタロニア語は、サウンドシステム、語彙目録、および文法機能に重要な違いがあり、言語をオック語(およびフランス語)に近い機能に配置しています[39] [40]

少なくとも2世紀の広告から、ローマのタラコネンシスの語彙と音韻論は他のローマのヒスパニアとは異なっていたという証拠があります。[38]スペイン語、アストゥリアス語、ガリシア語-ポルトガル語が特定の周辺の古風主義(スペイン語のhervir、アストゥリアス語とポルトガル語の熱狂者対カタロニア語の弾丸、 「沸騰する」オック語のbolir )と革新的な地域主義(Sp novillo、Ast nuviellu vs.猫トレルOctaurèl「ブロック」)、カタロニア語は西洋ロマンスの革新的なコア、特にオック語と歴史を共有しています。[50] [38]

すべてのロマンス諸語と同様に、カタロニア語には、それに固有の、または他の場所では珍しい少数のネイティブ単語があります。これらには以下が含まれます:

  • 動詞:cōnfīgere '固定する; transfix '> confegir '作成、書き込み '、congemināre > conjuminar '結合、共役 '、de-ex-somnitare > deixondar / -ir 'ウェイク; 目覚めさせる '、dēnsāre 'を厚くする; 一緒に群集する ''保存するdesar '保存する'、īgnōrāre > enyorar '見逃す、憧れる、松'、indāgāre '調査する、追跡する'> Old Catalan enagar '刺激する、誘導する'、odiāre > OCat ujar ' 、 倦怠感'、'なだめる、軟化する'、repudiāre > rebutjar '拒否する、拒否する';
  • 名詞:brīsa > brisa'pomace ' 、 buda > boga'reedmace '、catarrhu > cadarn'catarrh '、congesta > congesta'snowdrift '、dēlīrium > deler'ardor、passion '、fretu > freu'brake '、lābem > (a )llau'avalanche '、ōra > vora'edge、border'、pistrīce'sawfish '> pestriu > pestiu 'オナガザメ、ホシザメ;ray '、 prūna '生炭 '>espurna'spark '、 tardātiōnem > tardaó > tardor '秋 '。[51]

ゴシック上層言語は、スペイン語とカタロニア語で異なる結果を生み出しましたたとえば、ゲルマン語起源のカタロニアの「泥」と「ローストする」ロスターは、ラテン語起源のスペイン語のロドアサルとは対照的です。一方、ラテン語起源のカタロニア語filosa「スピニングホイール」とtempla 「 temple」は、ドイツ語起源のスペイン語ruecasienとは対照的です。[38]

同じことがアラビア語の外来語でも起こります。したがって、アラビア語起源のカタロニア語alfàbia「大きな陶器の壺」とrajola「タイル」は、ラテン語起源のスペイン語のtinajatejaとは対照的です。一方、ラテン語起源のカタロニア語のoli "oil"とoliva "olive"は、スペイン語のaceiteaceitunaとは対照的です。[38]しかし、スペイン語のアラビア語の要素は一般的にはるかに普及しています。[38]

2つの大きな言語ブロック(イベロロマンスとガロロマンス)の間に位置するカタロニア語には、「誰かを恋しく思う」enyorar 、 「誰かを落ち着かせる」apaivagar 、「拒否する」 rebutjarなど、多くのユニークな語彙の選択肢があります。[38]

地理的分布

カタロニア語を話す地域

伝統的にカタロニア語を話す地域は濃い灰色です。ライトグレーの伝統的なカタロニア語圏に属する非カタロニア語圏

伝統的にカタロニア語を話す地域は、 PaïsosCatalans (カタルーニャ語圏)と呼ばれることもあります。これは、文化的親和性と共通の遺産に基づく宗派であり、その後の政治的解釈もありますが、公式の地位はありません。この用語のさまざまな解釈には、これらの地域の一部またはすべてが含まれる場合があります。

カタロニア語が話されている地域[23]
地域 カタロニア語の名前 ノート
アンドラ Andorraアンドラ アンドラ カタロニア語がの唯一の公用語である主権国家アンドラ人は西カタロニア語の多様性を話します。
フランス Catalonia 北カタロニア カタルーニャノール ピレネーオリエンタルの県にほぼ対応します。[23]
スペイン Catalonia カタルーニャ カタルーニャ アラン谷(カタルーニャの北西の角)では、現地の言語であるオック語に加えて、カタロニア語、スペイン語、フランス語も話されています。[23]
Valencian Community バレンシアコミュニティ Comunitat Valenciana 少なくとも18世紀以来、アラゴン語/スペイン語を話す西部と南部の一部の地域を除きます。[23]そこで話されている西カタロニア語の品種は「バレンシア語」として知られています。
Aragon
ラ・フランハ
ラ・フランハ アラゴン総評議会の一部、具体的には西カタロニアに隣接するストリップ。リバゴルサリテラバホシンカマタラニャのコマルカで構成されています
Balearic Islands バレアレス諸島 Illes Balears マヨルカ島メノルカ島イビサ島フォルメンテラ島で構成されています。
Region of Murcia カルシュ エルカルチェ 19世紀に定住したムルシア自治コミュニティの小さな地域。[23]
イタリア Siñal d'Aragón.svg アルゲーロ ラルゲーロ サルデーニャ島のサッサリ県にある都市でアルゲレス方言が話されています。

スピーカー数

カタロニア語に堪能であることが知られている人々の数は、使用される情報源によって異なります。2004年の調査では、話者の総数はカウントされませんでしたが、話者の割合をカタロニア語が話されている各地域の人口と一致させることにより、合計で900〜950万人と推定されました。[52] Generalitat de Catalunyaのウェブサイトは、2004年の時点でカタロニア語の話者が9,118,882人いると推定した。[53]これらの数字は、潜在的な講演者のみを反映しています。今日、それはカタロニア語人口のわずか35.6%の母国語です。[54]エスノローグによると、カタロニア語には2021年に410万人のネイティブスピーカーと510万人の第二言語スピーカーがいました。 [1]

2011年の調査によると、カタロニア語を話す人の総数は980万人を超え、そのうち590万人がカタロニアに住んでいます。それらの半分以上が第二言語としてカタロニア語を話し、ネイティブスピーカーはそれらの約440万人です(カタロニア語では2.8以上)。[55]カタロニア語のモノグロットはほとんど存在しません。基本的に、スペインの実質的にすべてのカタロニア語話者はカタロニア語とスペイン語のバイリンガル話者であり、移民出身のスペイン語のみの話者(通常はカタルーニャ国外で生まれた、またはカタルーニャ国外で生まれた両親)のかなりの数の人口が存在します[要出典]主要なカタロニアの都市部も同様です。ルシヨン、現在、フランス語のカタロニア語を話すのは少数派であり、言語シフトの継続的なプロセスの後、フランス語が住民の多数派の言語となっています。カタロニア政府による2019年の調査によると、カタロニアの住民の31.5%が母国語としてカタロニア語を持っているのに対し、52.7%はスペイン語、2.8%はカタロニア語とスペイン語の両方、10.8%は他の言語を持っています。[56]

スペイン語はバルセロナで最も話されている言語であり(2013年にカタルーニャ政府が実施した国勢調査による)、ほぼ普遍的に理解されています。2013年の国勢調査によると、カタロニア語は1,501,262の都市でも非常に一般的に話されています。人口の95%が理解していますが、2歳以上の72.3%は話すことができ(1,137,816)、79%は読むことができます(1,246.555)。 )、53%がそれを書くことができます(835,080)。[57]バルセロナでそれを話すことができる割合72.3%[58]は、15歳以上の81.2%が言語を話すカタロニア語人口全体の割合よりも低い。カタロニア語の知識は、言語の没頭のおかげで、ここ数十年で大幅に増加しました教育システム。カタロニア語の重要な社会的特徴は、それが話されているすべての分野が実際にはバイリンガルであるということです。ルシヨンのフランス語、アルゲーロのイタリア語、アンドラのスペイン語とフランス語、その他の地域のスペイン語と一緒に。

地域 理解する1 [59] 2話せる[59]
 カタルーニャ  スペイン 6,502,880 5,698,400
 バレンシアコミュニティ  スペイン 3,448,780 2,407,951
 バレアレス諸島  スペイン 852,780 706,065
Catalonia ルシヨン  フランス 203,121 125,621
 アンドラ  アンドラ 75,407 61,975
Aragon ラ・フランハアラゴン  スペイン 47,250 45,000
Siñal d'Aragón.svg アルゲーロサルデーニャ  イタリア 20,000 17,625
Region of Murcia カルシュムルシア  スペイン データなし データなし
カタロニア語を話す地域の合計 11,150,218 9,062,637
世界のその他の地域 データなし 350,000
合計 11,150,218 9,412,637
1. ^ カタロニア語を理解している人の数には、それを話すことができる人が含まれています。
2. ^ 数字は、ネイティブスピーカーだけでなく、すべての自己宣言可能なスピーカーに関連しています。

知識のレベル

領域 話す 理解 読む 書く
カタルーニャ[60] 81.2 94.4 85.5 65.3
バレンシアコミュニティ 57.5 78.1 54.9 32.5
バレアレス諸島 74.6 93.1 79.6 46.9
ルシヨン 37.1 65.3 31.4 10.6
アンドラ 78.9 96.0 89.7 61.1
アラゴンのフランハオリエンタル 88.8 98.5 72.9 30.3
アルゲーロ 67.6 89.9 50.9 28.4

(15歳以上の人口の%)。

社会的利用

領域 家に 家の外
カタルーニャ 45 51
バレンシアコミュニティ 37 32
バレアレス諸島 44 41
ルシヨン 1 1
アンドラ 38 51
アラゴンのフランハオリエンタル 70 61
アルゲーロ 8 4

(15歳以上の人口の%)。

母国語

領域 パーセンテージ
カタルーニャ 2,813,000 38.5%
バレンシアコミュニティ 1,047,000 21.1%
バレアレス諸島 392,000 36.1%
アンドラ 26,000 33.8%
アラゴンのフランハオリエンタル 33,000 70.2%
ルシヨン 35,000 8.5%
アルゲーロ 8,000 20%
合計 4,353,000 31.2%

[61] [62] [63]

音韻論

カタロニア語の音韻論は方言によって異なります。注目すべき機能は次のとおりです。[64]

他のロマンス諸語とは対照的に、カタロニア語には多くの単音節の単語があり、これらはいくつかの子音クラスターを含む多種多様な子音で終わる可能性があります。[64]さらに、カタロニア語には最後の無声音があり、それはアミック「(男性の友人」)対アミガ(「女性の友人」)のような二行連句の豊富さを生み出します。[64]

中央カタロニア語の発音は、この言語の標準と見なされています。[65]以下の説明は、主にこの種類の代表的なものです。[66]異なる方言間の発音の違いについては、この記事の方言の発音に関するセクションを参照してください。

母音

標準的な東カタロニア語の母音[67]

カタロニア語は、俗ラテン語の典型的な母音システムを継承しており、7つの強調された音素があります:/aɛeiɔou/ 、スペイン語を除く西ロマンスの一般的な機能[64] Balearicには、強調された/ə/のインスタンスもあります。[68]方言は、母音弱化の程度[69]と、ペア/ɛe/の発生率が異なります[70]

中央カタロニア語では、ストレスのない母音は3つに減少します。/aeɛ/>[ə] ; /oɔu/> [u] ; / i /は区別されたままです。[71]他の方言には、異なる母音弱化プロセスがあります(この記事の方言の発音のセクションを参照してください)。

中央カタロニア語の母音弱化プロセスの例[72]
根は最初の単語で強調され、2番目の単語で強調されていません
前舌母音 後舌母音
単語
ペア
ゲル(「アイス」)
ジェラット(「アイスクリーム」)
ペドラ( 「石」)
ペドレラ(「採石場」)
banya(「彼は入浴する」)
banyem(「私たちは入浴する」)
cosa(「もの」)
coseta(「小さなもの」)
tot( "everything")
total( "total")
IPA
転写
[ˈʒɛl]
[ʒəˈlat]
[ˈpeðɾə]
[pəˈðɾeɾə]
[ˈbaɲə]
[bəˈɲɛm]
[ˈkɔzə]
[kuˈzɛtə]
[ˈtot]
[tuˈtal]

子音

カタロニア語の子音[73]
両唇音 歯茎
/
口蓋 ヴェラール
m n ɲ ŋ
破裂音 無声 p t c〜k _ _
有声 b d ɟ〜ɡ _ _
破擦音 無声 ts
有声 dz
摩擦音 無声 f s ʃ
有声 v z ʒ
近似 中央 j w
ラテラル l ʎ
タップ ɾ
トリル r

カタロニア語の子音システムはかなり保守的です。

  • / l /は、ほとんどの方言で音節コーダの位置にある軟口蓋化された異音を持っています。[74]しかし、/ l /は、マヨルカ[75]や標準的な東カタロニア語のような東方言の位置に関係なく軟口蓋化されています。
  • / v /は、バレアレス諸島、[76] アルゲレス諸島標準的なバレンシア語、およびカタルーニャ南部の一部の地域で発生します。[77]他の場所で/ b /マージされました。[78]
  • 有声両唇破裂者は無声音を発します:/ b /> [p]、/ d /> [t]、/ɡ/> [k][79]
  • 有声両唇破裂音は、連続音の後、音節の始まりの近似音に子音弱化されます: / b / > [ β ]/ d / > [ ð ]/ɡ/ > [ ɣ ][80]例外には、横子音の後の/ d /、および/ f /の後の/ b /が含まれます。コーダの位置では、これらの音は子音弱化されている一部のバレンシア方言を除いて、ストップとして実現されます[81] 。[82]
  • /ʃ//ʒ//tʃ//dʒ/の正確な音声特性については、文献に多少の混乱があります。いくつかの情報源[76]は、それらを「後部歯茎」と説明しています。その他[83] [84]は「後歯茎硬口蓋」であり、文字⟨ɕʑtɕdʑ⟩の方が正確であることを意味します。ただし、すべての文献では、同じ情報源がポーランド語や中国語などの他の言語に⟨ɕʑ⟩を使用している場合でも、口蓋歯茎破擦音と摩擦音の文字のみが使用されています[85] [86] [84]
  • 2つのR音/ r //ɾ/の分布は、スペイン語の分布とほぼ同じです。母音の間では、2つの対照がありますが、それ以外の場合は相補分布になっています。単語の最初の音節の始まりでは、子音が前に付いていない限り、 [ r ]が表示されます。方言は、コーダのR音に関して異なります。西カタロニア語は一般に[ɾ]を特徴中央カタロニア語の方言は、同じ母音単位の母音頭の単語の前にある場合を除き弱くトリル[ r ]を特徴とします[87]
  • 注意深いスピーチでは、/ n // m // l /が発声される場合があります子音/ʎ/も発生する可能性があります。[76]単一のrhotic音素の発声の結果として、母音間子音[r]を分析する人もいます。[88]これは、スペイン語とポルトガル語のR音の一般的な分析に似ています。[89]

音韻進化

社会言語学

カタロニア語の社会言語学は、世界のカタロニア語の状況と、この言語が提示するさまざまな種類を研究しています。これは、カタロニア語学およびその他のアフィン研究 の下位分野であり、カタロニア語、話者、および密接な現実(接触している他の言語の1つを含む)の間の関係を分析することを目的としています。

研究の優先科目

  • カタロニア語の方言
  • クラス、性別、職業、年齢、研究レベルによるカタロニア語のバリエーション
  • 言語正規化のプロセス
  • カタロニア語とスペイン語またはフランス語の関係
  • カタロニア語話者と非話者の言語に関する認識
  • Presence of Catalan in several fields: tagging, public function, media, professional sectors

Dialects

Overview

Main dialects of Catalan[90][91][92]

The dialects of the Catalan language feature a relative uniformity, especially when compared to other Romance languages;[44] both in terms of vocabulary, semantics, syntax, morphology, and phonology.[93] Mutual intelligibility between dialects is very high,[23][94][65] estimates ranging from 90% to 95%.[1] The only exception is the isolated idiosyncratic Algherese dialect.[44]

Catalan is split in two major dialectal blocks: Eastern Catalan, and Western Catalan.[65][93] The main difference lies in the treatment of unstressed a and e; which have merged to /ə/ in Eastern dialects, but which remain distinct as /a/ and /e/ in Western dialects.[44][65] There are a few other differences in pronunciation, verbal morphology, and vocabulary.[23]

Western Catalan comprises the two dialects of Northwestern Catalan and Valencian; the Eastern block comprises four dialects: Central Catalan, Balearic, Rossellonese, and Algherese.[65] Each dialect can be further subdivided in several subdialects. The terms "Catalan" and "Valencian" (respectively used in Catalonia and the Valencian Community) refer to two varieties of the same language.[95] There are two institutions regulating the two standard varieties, the Institute of Catalan Studies in Catalonia and the Valencian Academy of the Language in the Valencian Community.

Central Catalan is considered the standard pronunciation of the language and has the highest number of speakers.[65] It is spoken in the densely populated regions of the Barcelona province, the eastern half of the province of Tarragona, and most of the province of Girona.[65]

Catalan has an inflectional grammar. Nouns have two genders (masculine, feminine), and two numbers (singular, plural). Pronouns additionally can have a neuter gender, and some are also inflected for case and politeness, and can be combined in very complex ways. Verbs are split in several paradigms and are inflected for person, number, tense, aspect, mood, and gender. In terms of pronunciation, Catalan has many words ending in a wide variety of consonants and some consonant clusters, in contrast with many other Romance languages.[64]

Main dialectal divisions of Catalan[65][96]
Block Western Catalan Eastern Catalan
Dialect Northwestern Valencian Central Balearic Northern/Rossellonese Algherese
Area Spain, Andorra Spain France Italy
Andorra, Provinces of Lleida, western half of Tarragona, La Franja Autonomous community of Valencia, Carche Provinces of Barcelona, eastern half of Tarragona, most of Girona Balearic islands Roussillon/Northern Catalonia City of Alghero in Sardinia

Pronunciation

Vowels

Catalan has inherited the typical vowel system of Vulgar Latin, with seven stressed phonemes: /a ɛ e i ɔ o u/, a common feature in Western Romance, except Spanish.[64] Balearic has also instances of stressed /ə/.[68] Dialects differ in the different degrees of vowel reduction,[69] and the incidence of the pair /ɛ e/.[70]

In Eastern Catalan (except Majorcan), unstressed vowels reduce to three: /a e ɛ/ > [ə]; /o ɔ u/ > [u]; /i/ remains distinct.[71] There are a few instances of unreduced [e], [o] in some words.[71] Algherese has lowered [ə] to [a].

In Majorcan, unstressed vowels reduce to four: /a e ɛ/ follow the Eastern Catalan reduction pattern; however /o ɔ/ reduce to [o], with /u/ remaining distinct, as in Western Catalan.[97]

In Western Catalan, unstressed vowels reduce to five: /e ɛ/ > [e]; /o ɔ/ > [o]; /a u i/ remain distinct.[98][99] This reduction pattern, inherited from Proto-Romance, is also found in Italian and Portuguese.[98] Some Western dialects present further reduction or vowel harmony in some cases.[98][100]

Central, Western, and Balearic differ in the lexical incidence of stressed /e/ and /ɛ/.[70] Usually, words with /ɛ/ in Central Catalan correspond to /ə/ in Balearic and /e/ in Western Catalan.[70] Words with /e/ in Balearic almost always have /e/ in Central and Western Catalan as well.[vague][70] As a result, Central Catalan has a much higher incidence of /ɛ/.[70]

Different incidence of stressed /e/, /ə/, /ɛ/[70]
Word Western Eastern
Majorcan Central Northern
set ("thirst") /ˈset/ /ˈsət/ /ˈsɛt/ /ˈset/
ven ("he sells") /ˈven/ /ˈvən/ /ˈbɛn/ /ˈven/
General differences in the pronunciation of unstressed vowels in different dialects[65][101]
Word Western Eastern
Northwestern Valencian Majorcan Central Northern
mare ("mother") /ˈmaɾe/ /ˈmaɾə/
cançó ("song") /kanˈso/ /kənˈso/ /kənˈsu/
posar ("to put") /poˈza(ɾ)/ /puˈza(ɾ)/
ferro ("iron") /ˈfɛro/ /ˈfɛru/
Detailed examples of vowel reduction processes in different dialects[72]
Word pairs:
the first with stressed root,
the second with unstressed root
Western Eastern
Majorcan Central Northern
Front
vowels
gel ("ice")
gelat ("ice cream")
[ˈdʒɛl]
[dʒeˈlat]
[ˈʒɛl]
[ʒəˈlat]
[ˈʒel]
[ʒəˈlat]
pera ("pear")
perera ("pear tree")
[ˈpeɾa]
[peˈɾeɾa]
[ˈpəɾə]
[pəˈɾeɾə]
[ˈpɛɾə]
[pəˈɾeɾə]
[ˈpeɾə]
[pəˈɾeɾə]
pedra ("stone")
pedrera ("quarry")
[ˈpeðɾa]
[peˈðɾeɾa]
[ˈpeðɾə]
[pəˈðɾeɾə]
banya ("he bathes")
banyem ("we bathe")
Majorcan: banyam ("we bathe")
[ˈbaɲa]
[baˈɲem]
[ˈbaɲə]
[bəˈɲam]
[ˈbaɲə]
[bəˈɲɛm]
[ˈbaɲə]
[bəˈɲem]
Back
vowels
cosa ("thing")
coseta ("little thing")
[ˈkɔza]
[koˈzeta]
[ˈkɔzə]
[koˈzətə]
[ˈkɔzə]
[kuˈzɛtə]
[ˈkozə]
[kuˈzetə]
tot ("everything")
total ("total")
[ˈtot]
[toˈtal]
[ˈtot]
[tuˈtal]
[ˈtut]
[tuˈtal]

Consonants

Morphology

Western Catalan: In verbs, the ending for 1st-person present indicative is -e in verbs of the 1st conjugation and -∅ in verbs of the 2nd and 3rd conjugations in most of the Valencian Community, or -o in all verb conjugations in the Northern Valencian Community and Western Catalonia.
E.g. parle, tem, sent (Valencian); parlo, temo, sento (Northwestern Catalan).

Eastern Catalan: In verbs, the ending for 1st-person present indicative is -o, -i, or -∅ in all conjugations.
E.g. parlo (Central), parl (Balearic), and parli (Northern), all meaning ('I speak').

1st-person singular present indicative forms
Conjugation Eastern Catalan Western Catalan Gloss
Central Northern Balearic Valencian Northwestern
1st parlo parli parl parle parlo 'I speak'
2nd temo temi tem tem temo 'I fear'
3rd pure sento senti sent sent sento 'I feel', 'I hear'
inchoative poleixo poleixi poleix or polesc polisc or polesc pol(e)ixo 'I polish'

Western Catalan: In verbs, the inchoative endings are -isc/-esc, -ix, -ixen, -isca/-esca.

Eastern Catalan: In verbs, the inchoative endings are -eixo, -eix, -eixen, -eixi.

Western Catalan: In nouns and adjectives, maintenance of /n/ of medieval plurals in proparoxytone words.
E.g. hòmens 'men', jóvens 'youth'.

Eastern Catalan: In nouns and adjectives, loss of /n/ of medieval plurals in proparoxytone words.
E.g. homes 'men', joves 'youth' (Ibicencan, however, follows the model of Western Catalan in this case[102]).

Vocabulary

Despite its relative lexical unity, the two dialectal blocks of Catalan (Eastern and Western) show some differences in word choices.[38] Any lexical divergence within any of the two groups can be explained as an archaism. Also, usually Central Catalan acts as an innovative element.[38]

Selection of different words between Western and Eastern Catalan
Gloss "mirror" "boy" "broom" "navel" "to exit"
Eastern Catalan mirall noi escombra llombrígol sortir
Western Catalan espill xiquet granera melic eixir

Standards

Casa de Convalescència, Headquarters of the Institut d'Estudis Catalans
Written varieties
Catalan (IEC) Valencian (AVL) gloss
anglès anglés English
conèixer conéixer to know
treure traure take out
néixer nàixer to be born
càntir cànter pitcher
rodó redó round
meva meua my, mine
ametlla ametla almond
estrella estrela star
cop colp hit
llagosta llangosta lobster
homes hòmens men
servei servici service

Standard Catalan, virtually accepted by all speakers,[29] is mostly based on Eastern Catalan,[65][103] which is the most widely used dialect. Nevertheless, the standards of the Valencian Community and the Balearics admit alternative forms, mostly traditional ones, which are not current in eastern Catalonia.[103]

The most notable difference between both standards is some tonic ⟨e⟩ accentuation, for instance: francès, anglès (IEC) – francés, anglés (AVL). Nevertheless, AVL's standard keeps the grave accent ⟨è⟩, while pronouncing it as /e/ rather than /ɛ/, in some words like: què ('what'), or València. Other divergences include the use of ⟨tl⟩ (AVL) in some words instead of ⟨tll⟩ like in ametla/ametlla ('almond'), espatla/espatlla ('back'), the use of elided demonstratives (este 'this', eixe 'that') in the same level as reinforced ones (aquest, aqueix) or the use of many verbal forms common in Valencian, and some of these common in the rest of Western Catalan too, like subjunctive mood or inchoative conjugation in -ix- at the same level as -eix- or the priority use of -e morpheme in 1st person singular in present indicative (-ar verbs): jo compre instead of jo compro ('I buy').

In the Balearic Islands, IEC's standard is used but adapted for the Balearic dialect by the University of the Balearic Islands's philological section. In this way, for instance, IEC says it is correct writing cantam as much as cantem ('we sing') but the University says that the priority form in the Balearic Islands must be cantam in all fields. Another feature of the Balearic standard is the non-ending in the 1st person singular present indicative: jo compr ('I buy'), jo tem ('I fear'), jo dorm ('I sleep').

In Alghero, the IEC has adapted its standard to the Algherese dialect. In this standard one can find, among other features: the definite article lo instead of el, special possessive pronouns and determinants la mia ('mine'), lo sou/la sua ('his/her'), lo tou/la tua ('yours'), and so on, the use of -v- /v/ in the imperfect tense in all conjugations: cantava, creixiva, llegiva; the use of many archaic words, usual words in Algherese: manco instead of menys ('less'), calqui u instead of algú ('someone'), qual/quala instead of quin/quina ('which'), and so on; and the adaptation of weak pronouns.

In 2011,[104] the Aragonese government passed a decree approving the statutes of a new language regulator of Catalan in La Franja (the so-called Catalan-speaking areas of Aragon) as originally provided for by Law 10/2009.[105] The new entity, designated as Acadèmia Aragonesa del Català, shall allow a facultative education in Catalan and a standardization of the Catalan language in La Franja.

Status of Valencian

Subdialects of Valencian

Valencian is classified as a Western dialect, along with the northwestern varieties spoken in Western Catalonia (provinces of Lleida and the western half of Tarragona).[65][96] Central Catalan has 90% to 95% inherent intelligibility for speakers of Valencian.[1]

Linguists, including Valencian scholars, deal with Catalan and Valencian as the same language. The official regulating body of the language of the Valencian Community, the Valencian Academy of Language (Acadèmia Valenciana de la Llengua, AVL) declares the linguistic unity between Valencian and Catalan varieties.[12]

[T]he historical patrimonial language of the Valencian people, from a philological standpoint, is the same shared by the autonomous communities of Catalonia and Balearic islands, and Principality of Andorra. Additionally, it is the patrimonial historical language of other territories of the ancient Crown of Aragon [...] The different varieties of these territories constitute a language, that is, a "linguistic system" [...] From this group of varieties, Valencian has the same hierarchy and dignity as any other dialectal modality of that linguistic system [...]

Ruling of the Valencian Language Academy of 9 February 2005, extract of point 1.[12][106]

The AVL, created by the Valencian parliament, is in charge of dictating the official rules governing the use of Valencian, and its standard is based on the Norms of Castelló (Normes de Castelló). Currently, everyone who writes in Valencian uses this standard, except the Royal Academy of Valencian Culture (Acadèmia de Cultura Valenciana, RACV), which uses for Valencian an independent standard.

Despite the position of the official organizations, an opinion poll carried out between 2001 and 2004[107] showed that the majority of the Valencian people consider Valencian different from Catalan. This position is promoted by people who do not use Valencian regularly.[29] Furthermore, the data indicates that younger generations educated in Valencian are much less likely to hold these views. A minority of Valencian scholars active in fields other than linguistics defends the position of the Royal Academy of Valencian Culture (Acadèmia de Cultura Valenciana, RACV), which uses for Valencian a standard independent from Catalan.[108]

This clash of opinions has sparked much controversy. For example, during the drafting of the European Constitution in 2004, the Spanish government supplied the EU with translations of the text into Basque, Galician, Catalan, and Valencian, but the latter two were identical.[109]

Vocabulary

Word choices

Despite its relative lexical unity, the two dialectal blocks of Catalan (Eastern and Western) show some differences in word choices.[38] Any lexical divergence within any of the two groups can be explained as an archaism. Also, usually Central Catalan acts as an innovative element.[38]

Literary Catalan allows the use of words from different dialects, except those of very restricted use.[38] However, from the 19th century onwards, there has been a tendency towards favoring words of Northern dialects to the detriment of others, even though nowadays there is a greater freedom of choice.[clarify][38]

Latin and Greek loanwords

Like other languages, Catalan has a large list of loanwords from Greek and Latin. This process started very early, and one can find such examples in Ramon Llull's work.[38] In the 14th and 15th centuries Catalan had a far greater number of Greco-Latin loanwords than other Romance languages, as is attested for example in Roís de Corella's writings.[38] The incorporation of learned, or "bookish" words from its own ancestor language, Latin, into Catalan is arguably another form of lexical borrowing through the influence of written language and the liturgical language of the Church. Throughout the Middle Ages and into the early modern period, most literate Catalan speakers were also literate in Latin; and thus they easily adopted Latin words into their writing—and eventually speech—in Catalan.

Word formation

The process of morphological derivation in Catalan follows the same principles as the other Romance languages,[110] where agglutination is common. Many times, several affixes are appended to a preexisting lexeme, and some sound alternations can occur, for example elèctric [əˈlɛktrik] ("electrical") vs. electricitat [ələktrisiˈtat]. Prefixes are usually appended to verbs, as in preveure ("foresee").[110]

There is greater regularity in the process of word-compounding, where one can find compounded words formed much like those in English.[110]

Common types of word compounds in Catalan[110]
Type Example Gloss
two nouns, the second assimilated to the first paper moneda "banknote paper"
noun delimited by an adjective estat major "military staff"
noun delimited by another noun and a preposition màquina d'escriure "typewriter"
verb radical with a nominal object paracaigudes "parachute"
noun delimited by an adjective, with adjectival value pit-roig "robin" (bird)

Writing system

The word novel·la ("novel") in a dictionary. The geminated L (l·l) is a distinctive character used in Catalan.
Billboard in Barcelona (detail), showing the word il·lusió ("illusion")
Main forms A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
Modified forms À Ç È É Í Ï L·L Ò Ó Ú Ü

Catalan uses the Latin script, with some added symbols and digraphs.[111] The Catalan orthography is systematic and largely phonologically based.[111] Standardization of Catalan was among the topics discussed during the First International Congress of the Catalan Language, held in Barcelona October 1906. Subsequently, the Philological Section of the Institut d'Estudis Catalans (IEC, founded in 1911) published the Normes ortogràfiques in 1913 under the direction of Antoni Maria Alcover and Pompeu Fabra. In 1932, Valencian writers and intellectuals gathered in Castelló de la Plana to make a formal adoption of the so-called Normes de Castelló, a set of guidelines following Pompeu Fabra's Catalan language norms.[112]

Pronunciation of Catalan special characters and digraphs (Central Catalan)[113]
Pronunciation Examples[113]
ç /s/ feliç [fəˈlis] ("happy")
gu /ɡ/ ([ɡ~ɣ]) before i and e guerra [ˈɡɛrə] ("war")
/ɡw/ elsewhere guant [ˈɡwan] ("glove")
ig [tʃ] in final position raig [ˈratʃ] ("trickle")
ix /ʃ/ ([jʃ] in some dialects) caixa [ˈkaʃə] ("box")
ll /ʎ/ lloc [ʎɔk] ("place")
l·l Normatively /l:/, but usually /l/ novel·la [nuˈβɛlə] ("novel")
ny /ɲ/ Catalunya [kətəˈɫuɲə] ("Catalonia")
qu /k/ before i and e qui [ˈki] ("who")
/kw/ before other vowels quatre [ˈkwatrə] ("four")
ss /s/
Intervocalic s is pronounced /z/
grossa [ˈɡɾɔsə] ("big-feminine)"
casa [ˈkazə] ("house")
tg, tj [ddʒ] fetge [ˈfeddʒə] ("liver"), mitjó [midˈdʒo] ("sock")
tx [tʃ] despatx [dəsˈpatʃ] ("office")
tz [ddz] dotze [ˈdoddzə] ("twelve")
Letters and digraphs with contextually conditioned pronunciations (Central Catalan)[113]
Notes Examples[113]
c /s/ before i and e
corresponds to ç in other contexts
feliç ("happy-masculine-singular") - felices ("happy-feminine-plural")
caço ("I hunt") - caces ("you hunt")
g /ʒ/ before e and i
corresponds to j in other positions
envejar ("to envy") - envegen ("they envy")
final g + stressed i, and final ig before other vowels,
are pronounced [tʃ]
corresponds to j~g or tj~tg in other positions
boig ['bɔtʃ] ("mad-masculine") - boja ['bɔʒə] ("mad-feminine") -boges ['bɔʒəs] ("mad-feminine plural")
desig [də'zitʃ] ("wish") - desitjar ("to wish") - desitgem ("we wish")
gu /ɡ/ before e and i
corresponds to g in other positions
botiga ("shop") - botigues ("shops")
/ɡw/ before e and i
corresponds to gu in other positions
llengua ("language") - llengües ("languages")
qu /k/ before e and i
corresponds to c in other positions
vaca ("cow") - vaques ("cows")
/kw/ before e and i
corresponds to qu in other positions
obliqua ("oblique-feminine") - obliqües ("oblique-feminine plural")
x [ʃ~tʃ] initially and in onsets after a consonant
[ʃ] after i
otherwise, [ɡz] before stress, [ks] after
xarxa [ˈʃarʃə] ("net")
guix [ˈɡiʃ] ("chalk")
exacte [əɡˈzaktə] ("exact"), fax [ˈfaks] ("fax")

Grammar

The grammar of Catalan is similar to other Romance languages. Features include:[114]

Gender and number inflection

Gender and number inflection of the word gat ("cat")
Regular noun with definite article: el gat ("the cat")
masculine feminine
singular el gat la gata
plural els gats les gates
Adjective with 4 forms:
verd ("green")
masculine feminine
singular verd verda
plural verds verdes
Adjective with 3 forms:
feliç ("happy")
masculine feminine
singular feliç
plural feliços felices
Adjective with 2 forms:
indiferent ("indifferent")
masculine feminine
singular indiferent
plural indiferents

In gender inflection, the most notable feature is (compared to Portuguese, Spanish or Italian), the loss of the typical masculine suffix -o. Thus, the alternance of -o/-a, has been replaced by ø/-a.[64] There are only a few exceptions, like minso/minsa ("scarce").[64] Many not completely predictable morphological alternations may occur, such as:[64]

  • Affrication: boig/boja ("insane") vs. lleig/lletja ("ugly")
  • Loss of n: pla/plana ("flat") vs. segon/segona ("second")
  • Final obstruent devoicing: sentit/sentida ("felt") vs. dit/dita ("said")

Catalan has few suppletive couplets, like Italian and Spanish, and unlike French. Thus, Catalan has noi/noia ("boy"/"girl") and gall/gallina ("cock"/"hen"), whereas French has garçon/fille and coq/poule.[64]

There is a tendency to abandon traditionally gender-invariable adjectives in favor of marked ones, something prevalent in Occitan and French. Thus, one can find bullent/bullenta ("boiling") in contrast with traditional bullent/bullent.[64]

As in the other Western Romance languages, the main plural expression is the suffix -s, which may create morphological alternations similar to the ones found in gender inflection, albeit more rarely.[64] The most important one is the addition of -o- before certain consonant groups, a phonetic phenomenon that does not affect feminine forms: el pols/els polsos ("the pulse"/"the pulses") vs. la pols/les pols ("the dust"/"the dusts").[115]

Determiners

Sign in the town square of Begur, Catalonia, Spain. In plaça de la vila (literally "square of the town"), since the noun vila ("town") is feminine singular, the definite article carries the corresponding form, la ("the").
Definite article in Standard Catalan
(elided forms in brackets)[116]
masculine feminine
singular el (l') la (l')
plural els les
Contractions of the definite article
preposition
a de per
article el al (a l') del (de l') pel (per l')
els als dels pels
Indefinite article
masculine feminine
singular un una
plural uns unes

The inflection of determinatives is complex, specially because of the high number of elisions, but is similar to the neighboring languages.[110] Catalan has more contractions of preposition + article than Spanish, like dels ("of + the [plural]"), but not as many as Italian (which has sul, col, nel, etc.).[110]

Central Catalan has abandoned almost completely unstressed possessives (mon, etc.) in favor of constructions of article + stressed forms (el meu, etc.), a feature shared with Italian.[110]

Personal pronouns

Catalan stressed pronouns[117]
  singular plural
1st person jo, mi nosaltres
2nd person informal tu vosaltres
formal vostè vostès
respectful (vós)[118]
3rd person masculine ell ells
feminine ella elles

The morphology of Catalan personal pronouns is complex, especially in unstressed forms, which are numerous (13 distinct forms, compared to 11 in Spanish or 9 in Italian).[110] Features include the gender-neutral ho and the great degree of freedom when combining different unstressed pronouns (65 combinations).[110]

Catalan pronouns exhibit T–V distinction, like all other Romance languages (and most European languages, but not Modern English). This feature implies the use of a different set of second person pronouns for formality.

This flexibility allows Catalan to use extraposition extensively, much more than French or Spanish. Thus, Catalan can have m'hi recomanaren ("they recommended me to him"), whereas in French one must say ils m'ont recommandé à lui, and Spanish me recomendaron a él.[110] This allows the placement of almost any nominal term as a sentence topic, without having to use so often the passive voice (as in French or English), or identifying the direct object with a preposition (as in Spanish).[110]

Verbs

Simple forms of a regular verb of the first conjugation: portar ("to bring")[119]
Non-finite Form
Infinitive portar
Gerund portant
Past participle portat (portat, portada, portats, portades)
Indicative jo tu ell / ella
[vostè]
nosaltres vosaltres
[vós]
ells / elles
[vostès]
Present porto portes porta portem porteu porten
Imperfect portava portaves portava portàvem portàveu portaven
Preterite (archaic) portí portares portà portàrem portàreu portaren
Future portaré portaràs portarà portarem portareu portaran
Conditional portaria portaries portaria portaríem portaríeu portarien
Subjunctive jo tu ell / ella
[vostè]
nosaltres vosaltres
[vós]
ells / elles
[vostès]
Present porti portis porti portem porteu portin
Imperfect portés portéssis portés portéssim portéssiu portessin
Imperative jo tu ell / ella
[vostè]
nosaltres vosaltres
[vós]
ells / elles
[vostès]
porta porti portem porteu portin

Like all the Romance languages, Catalan verbal inflection is more complex than the nominal. Suffixation is omnipresent, whereas morphological alternations play a secondary role.[110] Vowel alternances are active, as well as infixation and suppletion. However, these are not as productive as in Spanish, and are mostly restricted to irregular verbs.[110]

The Catalan verbal system is basically common to all Western Romance, except that most dialects have replaced the synthetic indicative perfect with a periphrastic form of anar ("to go") + infinitive.[110]

Catalan verbs are traditionally divided into three conjugations, with vowel themes -a-, -e-, -i-, the last two being split into two subtypes. However, this division is mostly theoretical.[110] Only the first conjugation is nowadays productive (with about 3500 common verbs), whereas the third (the subtype of servir, with about 700 common verbs) is semiproductive. The verbs of the second conjugation are fewer than 100, and it is not possible to create new ones, except by compounding.[110]

Syntax

The grammar of Catalan follows the general pattern of Western Romance languages. The primary word order is subject–verb–object.[120] However, word order is very flexible. Commonly, verb-subject constructions are used to achieve a semantic effect. The sentence "The train has arrived" could be translated as Ha arribat el tren or El tren ha arribat. Both sentences mean "the train has arrived", but the former puts a focus on the train, while the latter puts a focus on the arrival. This subtle distinction is described as "what you might say while waiting in the station" versus "what you might say on the train."[121]

Catalan names

In Spain, every person officially has two surnames, one of which is the father's first surname and the other is the mother's first surname.[122] The law contemplates the possibility of joining both surnames with the Catalan conjunction i ("and").[122][123]

Sample text

Selected text[124] from Manuel de Pedrolo's 1970 novel Un amor fora ciutat ("A love affair outside the city").

Original Word-for-word translation[124] Free translation
Tenia prop de divuit anys quan vaig conèixer I was having close to eighteen years, when I go [past auxiliary] know (=I met) I was about eighteen years old when I met
en Raül, a l'estació de Manresa. the Raül, at the station of (=in) Manresa. Raül, at Manresa railway station.
El meu pare havia mort, inesperadament i encara jove, The my father had died, unexpectedly and still young, My father had died, unexpectedly and still young,
un parell d'anys abans, i d'aquells temps a couple of years before, and of those times a couple of years before; and from that time
conservo un record de punyent solitud. I keep a memory of acute loneliness I still harbor memories of great loneliness.
Les meves relacions amb la mare The my relations with the mother My relationship with my mother
no havien pas millorat, tot el contrari, not had at all improved, all the contrary, had not improved; quite the contrary,
potser fins i tot empitjoraven perhaps even they were worsening and arguably it was getting even worse
a mesura que em feia gran. at step that (=in proportion as) myself I was making big (=I was growing up). as I grew up.
No existia, no existí mai entre nosaltres, Not it was existing, not it existed never between us, There did not exist, at no point had there ever existed between us
una comunitat d'interessos, d'afeccions. a community of interests, of affections. shared interests or affection.
Cal creure que cercava... una persona It is necessary to believe that I was seeking... a person I guess I was seeking... a person
en qui centrar la meva vida afectiva. in whom to center the my life affective. in whom I could center my emotional life.

See also

Notes

  1. ^ The Valencian Normative Dictionary of the Valencian Academy of the Language states that Valencian is a "Romance language spoken in the Valencian Community, as well as in Catalonia, the Balearic Islands, the French department of the Pyrénées-Orientales, the Principality of Andorra, the eastern flank of Aragon and the Sardinian town of Alghero (unique in Italy), where it receives the name of 'Catalan'."
  2. ^ The Catalan Language Dictionary of the Institut d'Estudis Catalans states in the sixth definition of "Valencian" that, in the Valencian Community, it is equivalent to Catalan language.

References

  1. ^ a b c d e Catalan at Ethnologue (24th ed., 2021)
  2. ^ a b Some Iberian scholars may alternatively classify Catalan as Iberian Romance/East Iberian.
  3. ^ "Definition of CATALAN".
  4. ^ a b Laurie Bauer, 2007, The Linguistics Student's Handbook, Edinburgh
  5. ^ a b c d e f g h i j k Wheeler 2010, p. 191.
  6. ^ Minder, Raphael (21 November 2016). "Italy's Last Bastion of Catalan Language Struggles to Keep It Alive". The New York Times. Archived from the original on 1 January 2022. Retrieved 21 January 2017.
  7. ^ a b c Wheeler 2010, pp. 190–191.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Costa Carreras & Yates 2009, pp. 6–7.
  9. ^ García Venero 2006.
  10. ^ Burke 1900, p. 154.
  11. ^ "Definition of CATALAN".
  12. ^ a b c d Acadèmia Valenciana de la Llengua (9 February 2005). "Acord de l'Acadèmia Valenciana de la Llengua (AVL), adoptat en la reunió plenària del 9 de febrer del 2005, pel qual s'aprova el dictamen sobre els principis i criteris per a la defensa de la denominació i l'entitat del valencià" (PDF) (in Valencian). p. 52. Archived from the original (PDF) on 23 September 2015. Retrieved 16 February 2013.
  13. ^ Lledó 2011, pp. 334–337.
  14. ^ Veny 1997, pp. 9–18.
  15. ^ a b c Moran 2004, pp. 37–38.
  16. ^ Riquer 1964.
  17. ^ a b c d Wheeler 2010, p. 190.
  18. ^ Trobes en llaors de la Verge Maria ("Poems of praise of the Virgin Mary") 1474.
  19. ^ "L'interdiction de la langue catalane en Roussillon par Louis XIV" (PDF). "CRDP, Académie de Montpellier. Archived from the original (PDF) on 14 December 2010.
  20. ^ Marfany 2002.
  21. ^ "Charte en faveur du Catalan". Archived from the original on 22 December 2012. Retrieved 18 June 2010. "La catalanitat a la Catalunya Nord". Archived from the original on 9 March 2011. Retrieved 13 March 2011.
  22. ^ Costa Carreras & Yates 2009, pp. 10–11.
  23. ^ a b c d e f g h i Wheeler 2005, p. 1.
  24. ^ Wills, Matthew (12 December 2020). "How the Fascists Rewrote Spanish National History". JSTOR Daily. Retrieved 5 December 2021.
  25. ^ Burgen, Stephen (22 November 2012). "Catalan: a language that has survived against the odds". The Guardian. Retrieved 18 January 2017.
  26. ^ Casademont, Enric Pujol (2020). "Culture, language and politics. The Catalan cultural resistance during the Franco regime (1939-1977)" (PDF). Catalan Historical Review. 13: 69–84.
  27. ^ CORNELLÀ-DETRELL, JORDI (2011). Literature as a Response to Cultural and Political Repression in Franco's Catalonia. Boydell & Brewer. doi:10.7722/j.cttn346z. ISBN 978-1-85566-201-8. JSTOR 10.7722/j.cttn346z.
  28. ^ Rendon, Sílvio (2007). "The Catalan premium: language and employment in Catalonia". Journal of Population Economics. 20 (3): 669–686. ISSN 0933-1433.
  29. ^ a b c d e Wheeler 2003, p. 207.
  30. ^ Armora, Esther (9 September 2013). "Cataluña ordena incumplir las sentencias sobre el castellano en las escuelas" [Catalonia orders violate the judgments on the Castilian in schools]. ABC (in Spanish). Retrieved 10 September 2013.
  31. ^ "Idescat. Annual indicators. Language uses. First language, language of identification and habitual language. Results". Institut d'Estadística de Catalunya.
  32. ^ "Idescat. Demographics and quality of life. Language uses. First language, language of identification and habitual language. 2003. Results". Institut d'Estadística de Catalunya. Retrieved 21 January 2017.
  33. ^ "2010 Language Policy Report". Generalitat de Catalunya. Archived from the original on 15 April 2014.
  34. ^ "CPNL".
  35. ^ Koryakov 2001.
  36. ^ Friend, Julius W. (2012). Stateless Nations: Western European Regional Nationalisms and the Old Nations. Palgrave Macmillan. p. 80. ISBN 978-0-230-36179-9. Retrieved 5 March 2016.
  37. ^ Smith, Nathaniel B.; Bergin, Thomas Goddard (1984). An Old Provençal Primer. New York: Garland. p. 9. ISBN 0-8240-9030-6.
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Enciclopèdia Catalana, p. 632.
  39. ^ a b c d e Feldhausen 2010, p. 4.
  40. ^ a b c d e Schlösser 2005, p. 60f.
  41. ^ Ross, Marc Howard (2007). Cultural Contestation in Ethnic Conflict. Cambridge University Press. p. 139. ISBN 9781139463072.
  42. ^ a b Jud 1925.
  43. ^ a b Colón 1993, pp. 33–35.
  44. ^ a b c d e Moll 2006, p. 47.
  45. ^ a b Portuguese and Spanish have estiagem and estiaje, respectively, for drought, dry season or low water levels.
  46. ^ a b Portuguese and Spanish have véspera and víspera, respectively, for eve, or the day before.
  47. ^ Spanish also has trozo, and it is actually a borrowing from Catalan tros. Colón 1993, p 39. Portuguese has troço, but aside from also being a loanword, it has a very different meaning: "thing", "gadget", "tool", "paraphernalia".
  48. ^ Modern Spanish also has gris, but it is a modern borrowing from Occitan. The original word was pardo, which stands for "reddish, yellow-orange, medium-dark and of moderate to weak saturation. It also can mean ochre, pale ochre, dark ohre, brownish, tan, greyish, grey, desaturated, dirty, dark, or opaque." Gallego, Rosa; Sanz, Juan Carlos (2001). Diccionario Akal del color (in Spanish). Akal. ISBN 978-84-460-1083-8.
  49. ^ A 20th century introduction from French.
  50. ^ Colón 1993, p. 55.
  51. ^ Bruguera 2008, p. 3046.
  52. ^ "Sociolinguistic situation in Catalan-speaking areas. Tables. Official data about the sociolinguistic situation in Catalan-speaking areas: Catalonia (2003), Andorra (2004), the Balearic Islands (2004), Aragonese Border (2004), Northern Catalonia (2004), Alghero (2004) and Valencian Community (2004)". Generalitat of Catalonia. 7 August 2008. Retrieved 13 March 2012.
  53. ^ Catalan, language of Europe (PDF), Generalitat of Catalonia, archived from the original (PDF) on 22 December 2012, retrieved 13 March 2012
  54. ^ Población según lengua habitual. Datos comparados 2003–2008. Cataluña. Año 2008, Encuesta de Usos Lingüísticos de la población (2003 y 2008), Instituto de Estadística de Cataluña
  55. ^ Informe sobre la situació de la llengua catalana [Report on the situation of the Catalan language] (PDF) (in Catalan), Xarxa CRUSCAT, 2011, archived from the original (PDF) on 23 January 2013
  56. ^ Geli, Carles (8 July 2019). "El uso del catalán crece: lo entiende el 94,4% y lo habla el 81,2%". El País (in Spanish). ISSN 1134-6582. Retrieved 8 July 2019.
  57. ^ Departament d'Estadística. Ajuntament de Barcelona (2011). "Coneixement del català: Evolució de les característiques de la població de Barcelona (Knowledge of Catalan in Barcelona)". Ajuntament de Barcelona (in Catalan). Archived from the original on 31 December 2015. Retrieved 13 November 2015.
  58. ^ "Coneixement del català: Evolució de les característiques de la població de Barcelona (Knowledge of Catalan in Barcelona)". Ajuntament de Barcelona (in Catalan). 2011. Archived from the original on 31 December 2015. Retrieved 13 November 2015.
  59. ^ a b Sources:
    • Catalonia: Statistic data of 2001 census, from Institut d'Estadística de Catalunya, Generalitat de Catalunya [1].
    • Land of Valencia: Statistical data from 2001 census, from Institut Valencià d'Estadística, Generalitat Valenciana "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 6 September 2005. Retrieved 23 June 2005.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link).
    • Land of Valencia: Statistical data from 2001 census, from Institut Valencià d'Estadística, Generalitat Valenciana [2] Archived 16 February 2015 at the Wayback Machine.
    • Balearic Islands: Statistical data from 2001 census, from Institut Balear d'Estadística, Govern de les Illes Balears [3].
    • Northern Catalonia: Media Pluriel Survey commissioned by Prefecture of Languedoc-Roussillon Region done in October 1997 and published in January 1998 "Archived copy". Archived from the original on 14 April 2005. Retrieved 23 June 2005.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link).
    • Andorra: Sociolinguistic data from Andorran Government, 1999.
    • Aragon: Sociolinguistic data from Euromosaic [4].
    • Alguer: Sociolinguistic data from Euromosaic [5].
    • Rest of World: Estimate for 1999 by the Federació d'Entitats Catalanes outside the Catalan Countries.
  60. ^ "Enquesta d'usos lingüístics de la població. 2018" [Survey of the linguistic usage of the population. 2018]. IDESCAT/Generalitat de Catalunya (in Catalan). 2019.
  61. ^ Red Cruscat del Instituto de Estudios Catalanes
  62. ^ "Tv3 - Telediario: La salud del catalán - YouTube". YouTube. Archived from the original on 16 May 2015.
  63. ^ "El català no avança en la incorporació de nous parlants" [Catalan is not progressing in the incorporation of new speakers]. Telenotícies (in Catalan). 23 October 2007. Archived from the original on 24 November 2007.
  64. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Enciclopèdia Catalana, p. 630.
  65. ^ a b c d e f g h i j k Feldhausen 2010, p. 5.
  66. ^ Wheeler 2005 takes the same approach
  67. ^ Carbonell & Llisterri 1999, p. 62.
  68. ^ a b Wheeler 2005, pp. 37, 53–54.
  69. ^ a b Wheeler 2005, p. 37.
  70. ^ a b c d e f g Wheeler 2005, p. 38.
  71. ^ a b c Wheeler 2005, p. 54.
  72. ^ a b Wheeler 2005, pp. 53–55.
  73. ^ Carbonell & Llisterri 1999, pp. 61–65.
  74. ^ Recasens & Espinosa 2005, p. 20.
  75. ^ Recasens & Espinosa 2005, p. 3.
  76. ^ a b c Carbonell & Llisterri 1992, p. 53.
  77. ^ Veny 2007, p. 51.
  78. ^ Wheeler 2005, p. 13.
  79. ^ Lloret 2004, p. 278.
  80. ^ Wheeler 2005, p. 10.
  81. ^ Hualde, José (1992). Catalan. Routledge. p. 368. ISBN 978-0-415-05498-0.
  82. ^ Recasens & Espinosa 2005, p. 1.
  83. ^ Recasens, Fontdevila & Pallarès 1995, p. 288.
  84. ^ a b Recasens & Espinosa 2007, p. 145.
  85. ^ Recasens 1993. Here Recasens labels these Catalan sounds as "laminoalveolars palatalitzades".
  86. ^ Recasens & Pallarès 2001. Here the authors label these Catalan sounds as "laminal postalveolar".
  87. ^ Padgett 2009, p. 432.
  88. ^ Wheeler 1979.
  89. ^ See Bonet, Eulàlia; Mascaró, Joan (1997). "On the Representation of Contrasting Rhotics". In Martínez-Gil, Fernando; Morales-Front, Alfonso (eds.). Issues in the Phonology and Morphology of the Major Iberian Languages. Georgetown University Press. ISBN 978-0-87840-647-0. for more information.
  90. ^ Feldhausen 2010, p. 6.
  91. ^ Wheeler 2005, p. 2.
  92. ^ Costa Carreras & Yates 2009, p. 4.
  93. ^ a b Enciclopèdia Catalana, pp. 634–635.
  94. ^ Costa Carreras & Yates 2009, p. 5.
  95. ^ Dictamen de l'Acadèmia Valenciana de la Llengua sobre els principis i criteris per a la defensa de la denominació i l'entitat del valencià [Resolution of the Acadèmia Valenciana de la Llengua concerning the principles and criteria for protecting the name and identity of Valencian] (PDF) (in Valencian), Acadèmia Valenciana de la Llengua, 2005, archived from the original (PDF) on 23 September 2015
  96. ^ a b Wheeler 2005, pp. 2–3.
  97. ^ Wheeler 2005, pp. 53–54.
  98. ^ a b c Wheeler 2005, p. 53.
  99. ^ Carbonell & Llisterri 1999, pp. 54–55.
  100. ^ Recasens 1996, pp. 75–76, 128–129.
  101. ^ Melchor & Branchadell 2002, p. 71.
  102. ^ Moll, Francesc de B. (1968). Gramática catalana; referida especialment a les Illes Balears. Palma de Mallorca: Editorial Moll. ISBN 84-273-0044-1. OCLC 2108762.
  103. ^ a b Wheeler 2003, p. 170.
  104. ^ Decreto 89/2011, de 5 de abril, del Gobierno de Aragón, por el que se aprueban los Estatutos de la Academia Aragonesa del Catalán. BOA núm. 77, de 18 de abril de 2011
  105. ^ Ley 10/2009, de 22 de diciembre, de uso, protección y promoción de las lenguas propias de Aragón BOE núm. 30, de 4 de febrero de 2010.
  106. ^ Original full text of Dictamen 1: D'acord amb les aportacions més solvents de la romanística acumulades des del segle XIX fins a l'actualitat (estudis de gramàtica històrica, de dialectologia, de sintaxi, de lexicografia…), la llengua pròpia i històrica dels valencians, des del punt de vista de la filologia, és també la que compartixen les comunitats autònomes de Catalunya i de les Illes Balears i el Principat d'Andorra. Així mateix és la llengua històrica i pròpia d'altres territoris de l'antiga Corona d'Aragó (la franja oriental aragonesa, la ciutat sarda de l'Alguer i el departament francés dels Pirineus Orientals). Els diferents parlars de tots estos territoris constituïxen una llengua, és a dir, un mateix «sistema lingüístic», segons la terminologia del primer estructuralisme (annex 1) represa en el Dictamen del Consell Valencià de Cultura, que figura com a preàmbul de la Llei de Creació de l'AVL. Dins d'eixe conjunt de parlars, el valencià té la mateixa jerarquia i dignitat que qualsevol altra modalitat territorial del sistema lingüístic, i presenta unes característiques pròpies que l'AVL preservarà i potenciarà d'acord amb la tradició lexicogràfica i literària pròpia, la realitat lingüística valenciana i la normativització consolidada a partir de les Normes de Castelló.
  107. ^ "Casi el 65% de los valencianos opina que su lengua es distinta al catalán, según una encuesta del CIS" [Almost 65% of Valencians believe that their language is different from Catalan, according to a CIS survey]. La Vanguardia (in Spanish). Europa Press. 9 December 2004.
  108. ^ "Llistat dels Acadèmics de número" [List of RACV academics]. Real Acadèmia de Cultura Valenciana (in Valencian). Archived from the original on 14 December 2016.
  109. ^ Isabel i Vilar, Ferran (30 October 2004). "Traducció única de la Constitució europea" [Unique translation of the European Constitution]. I-Zefir (in Valencian). Retrieved 29 April 2009.
  110. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Enciclopèdia Catalana, p. 631.
  111. ^ a b Wheeler 2005, p. 6.
  112. ^ Carreras, Joan Costa, ed. (2009). The Architect of Modern Catalan: Selected writings. Translated by Yates, Alan. John Benjamins Publishing. ISBN 978-9027289247.
  113. ^ a b c d Wheeler 2005, p. 7.
  114. ^ a b c d e f Swan 2001, pp. 97–98.
  115. ^ Enciclopèdia Catalana, pp. 630–631.
  116. ^ Fabra 1926, pp. 29–30.
  117. ^ Fabra 1926, p. 42.
  118. ^ Archaic in most dialects.
  119. ^ Fabra 1926, pp. 70–71.
  120. ^ "Catalan". World Atlas of Language Structures (WALS) Online.
  121. ^ Wheeler, Yates & Dols 1999.
  122. ^ a b Wheeler 2005, p. 8.
  123. ^ article 19.1 of Law 1/1998 stipulates that "the citizens of Catalonia have the right to use the proper regulation of their Catalan names and surnames and to introduce the conjunction between surnames"
  124. ^ a b Swan 2001, p. 112.

Works cited

External links

Institutions

About the Catalan language

Monolingual dictionaries

Bilingual and multilingual dictionaries

Automated translation systems

  • Traductor automated, online translations of text and web pages (Catalan ↔ English, French and Spanish), from gencat.cat by the Government of Catalonia

Phrasebooks

Learning resources

Catalan-language online encyclopedia