動物の意識

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

灰色のオウムがカメラをのぞき込む
ケンブリッジの意識宣言によると、ヨウムには「人間に近いレベルの意識」が観察されています。[1]

動物の意識、または動物の意識は、人間以外の動物の自己認識の質または状態、または外部の物体またはそれ自体の中にある何かを認識している状態です。[2] [3]人間では、意識は、感性意識主観性クオリア、経験または感じる能力覚醒、自己意識を持っていること、および心の実行制御システムとして定義されています。[4]定義の難しさにもかかわらず、多くの哲学者は、意識が何であるかについて広く共有された根底にある直感があると信じています。[5]

動物の意識の話題は多くの困難に悩まされています。人間の言語を使う能力がない動物は彼らの経験について私たちに話すことができないので、それは特に深刻な形で他の心の問題を引き起こします。[6]また、動物が意識しているという否定は、動物が感じていないこと、その人生には価値がないこと、そして動物を傷つけることは道徳的に間違っていないことを意味すると見なされることが多いため、質問について客観的に推論することは困難です。[7]たとえば、 17世紀のフランスの哲学者ルネ・デカルトは、人間だけが意識していると主張したため、動物の虐待の論理的根拠を提供したとして批判されることがあります。[8]

主観的な経験を意識の本質と考える哲学者はまた、一般的に、動物の意識の存在と性質を厳密に知ることは決してできないと相関関係として信じています。アメリカの哲学者トマス・ネーゲルは、影響力のあるエッセイ「コウモリであるのはどうですか?」でこの見方を詳しく説明しています。彼は、有機体は「その有機体であるように見える何かがある場合にのみ、その有機体に似ている何かがある場合にのみ」意識していると述べました。そして彼は、動物の脳と行動についてどれだけ知っていても、動物の心に自分自身を入れて、それ自体のようにその世界を体験することは決してできないと主張しました。[9]認知科学者などの他の思想家ダグラス・ホフスタッター、この議論を首尾一貫していないとして却下します。[10]いくつかの心理学者や倫理学者は、動物が直接知覚できないものについての信念を持っていることを示すように見える行動の範囲を説明することによって、動物の意識の存在を主張しています—ドナルドグリフィンの2001年の本AnimalMindsは証拠のかなりの部分をレビューします。[11]

動物の意識は100年以上にわたって活発に研究されてきました。[12] 1927年、アメリカの機能心理学者ハーベイ・カーは、動物の意識の有効な測定または理解は「人間の本質的な状態の正確で完全な知識」に依存すると主張した。[13] 1985年に結論付けられた最近のレビューでは、「最良のアプローチは、実験(特に精神物理学)と観察を使用して、正常な人間の胎児における自己意識、知覚、コミュニケーション、意図、信念、および反射の夜明けと個体発生を追跡することです。 、幼児、そして子供たち」。[12] 2012年、神経科学者のグループが意識に関するケンブリッジ宣言に署名しましたは、「人間は意識を生み出す神経基質を持っているという点で独特ではない。すべての哺乳類や鳥を含む人間以外の動物、およびタコを含む他の多くの生き物もこれらの神経基質を持っている」と「明確に」主張した。[14]

動物の心をめぐる議論で最もよく知られている研究手法はミラーテストです

哲学的背景

ルネ・デカルトは、人間だけが意識していて、他の動物は意識していないと主張しました

哲学における心身問題は、と物質の関係、特に意識と脳の関係を調べます。さまざまなアプローチが提案されています。ほとんどは二元論または一元論のいずれかです。二元論は、心と物質の領域の間の厳格な区別を維持します。一元論は、1種類のものしかなく、心と物質の両方がその側面であると主張しています。この問題は、アリストテレス以前の哲学者によって対処され[15] [16]、17世紀にルネデカルトによって有名に対処され、デカルト二元論をもたらしましデカルトは、他の動物ではなく、人間だけがこの非物理的な心を持っていると信じていました。

心身二分法の拒絶はフランスの構造主義に見られ、戦後のフランスの哲学を一般的に特徴づけた立場です。[17] 非物理的心とその物理的拡張の間に経験的に識別可能な出会いの場所がないことは、二元論にとって問題があることが証明されており、多くの現代の心の哲学者は、心は体から離れたものではないと主張しています。[18]これらのアプローチは、科学、特に社会生物学コンピューター科学進化心理学、および神経科学の分野で特に影響力があります[19] [20] [21][22]

随伴現象説

随伴現象説は、精神現象が脳の物理的メカニズムを駆動するのとは対照的に、精神現象は脳の物理的プロセスによって引き起こされる、または両方が共通の原因の影響であるという心の哲学の理論です。したがって、思考、感情、または感覚が身体的影響を引き起こすという印象は、ある程度幻想として理解されるべきです。たとえば、心拍数の増加を引き起こすのは恐怖感ではなく、どちらも共通の生理学的起源の兆候であり、おそらく正当な外部の脅威に反応します。[23]

随伴現象説の歴史は、デカルト二元論の謎、つまり心と体がどのように相互作用するかを解決するためのデカルト後の試みにまでさかのぼります。La MettrieLeibnizSpinozaはすべて独自の方法でこの考え方を始めました。動物が意識していても、人間のタイプの動物でさえ、行動の生成に何も追加されないという考えは、最初にラ・メットリー(1745)によって、次にカバニス(1802)によって表明され、さらにホジソン(1870)とハクスリー(1874)。[24] [25]ハクスリー(1874)は、精神的な現象を蒸気機関車の笛に例えました。しかし、随伴現象説は、主に方法論的または科学的行動主義の間にニッチを見つけたために繁栄しました。1900年代初頭、イワンパブロフジョンB.ワトソンBFスキナーなどの科学行動主義者は、内面の精神現象に関係なく、刺激と反応の関係を説明する法則を明らかにする試みを始めました。消去主義的唯物論や精神的虚構主義の形式を採用する代わりに、内面の精神的現象が存在することを否定する立場で、行動主義者は心の存在を可能にするために随伴現象説を採用することができました。しかし、1960年代までに、科学的行動主義はかなりの困難に直面し、最終的には認知革命に道を譲りました。ジェリー・フォーダーのようなその革命の参加者は、随伴現象説を拒絶し、心の効力を主張します。フォドールは「エピフォビア」についてさえ語っています—人が随伴現象説になりつつあることへの恐れ。

トマス・ヘンリー・ハクスリーは、「動物はオートマトンであるという仮説とその歴史について」というエッセイで、意識が神経活動の原因となる不活性効果であるという随伴現象説の意識を擁護しています。エンジンはその機械に影響を与えません。」[26]これに対して、ウィリアム・ジェームズは彼のエッセイで反対している心と脳の相互作用についての進化論的議論を述べることによって、生物学的進化における意識の保存と発達が自然淘汰の結果である場合を意味します、意識が神経プロセスの影響を受けているだけでなく、それ自体が生存価値を持っていることはもっともらしいです。そしてそれが効果的であったならば、それはこれを持っていたかもしれません。[27] [28] カール・ポパーは、本「自己とその脳」で同様の進化論的議論を展開しています。[29]

動物倫理

動物の痛みの緩和を規制する2つの米国連邦法の主執筆者であるコロラド州立大学のバーナード・ローリンは、動物が痛みを感じるかどうかについて研究者は1980年代まで確信が持てず、1989年以前に米国で訓練を受けた獣医は単に動物を無視するように教えられたと書いています痛み。[30]科学者や他の獣医との交流の中で、ロリンは動物が意識を持っていることを証明し、痛みを感じていると主張するための科学的に受け入れられる根拠を提供するように定期的に求められた。[30]科学者による動物の意識の否定は、ドナルド・グリフィンによってメントフォビアとして説明されています。[31]このトピックの学術的レビューはあいまいであり、動物は少なくとも単純な意識的思考と感情を持っているという議論は強力な支持を持っているが[32]、一部の批評家は動物の精神状態をどれほど確実に決定できるか疑問を持ち続けている。[33] [34]米国人道協会の科学政策研究所によって2015年に創刊された査読付きジャーナルAnimalSentience [35]は、このトピックおよび関連するトピックの研究に専念しています。

意識の定義

意識という用語に起因する約40の意味は、機能経験に基づいて識別および分類できます単一の、合意された、理論に依存しない意識の定義に到達する見込みは遠いように見えます。[36]

意識はとらえどころのない概念であり、それを定義しようとすると多くの困難をもたらします。[37] [38]その研究は、動物行動学者、神経学者、認知神経科学者、哲学者、心理学者、精神科医を含む多くの研究者にとって、次第に学際的な課題となっています。[39] [40]

1976年にリチャード・ドーキンスは、「シミュレートする能力の進化は主観的な意識に至ったようです。なぜこれが起こったのかは、現代生物学が直面している最も深い謎です」と書いています。[41] 2004年、8人の神経科学者は、定義するにはまだ時期尚早であると感じた。彼らは「人間の脳機能」に謝罪を書いた:[42]

「私たちは、脳の身体活動から意識がどのように現れるのかわかりません。また、コンピューターなどの非生物学的システムから意識が現れるかどうかもわかりません。この時点で、読者は注意深く正確な定義を見つけることを期待します。意識の。あなたは失望するでしょう。意識はまだこのように定義できる科学用語にはなりません。現在、私たちは皆、意識という用語を多くの異なる、そしてしばしば曖昧な方法で使用しています。意識の異なる側面の正確な定義が現れるでしょう。 。しかし、この段階で正確な定義をするのは時期尚早です。」

意識は、外部の物体や自分の中にある何かを意識していることの質や状態として定義されることがあります。[3] [43]それは、主観性気づき感性、経験または感じる能力、覚醒、自己意識を持っていること、および心の実行制御システムとして、やや漠然と定義されています。[4]定義の難しさにもかかわらず、多くの哲学者は、意識が何であるかについて広く共有された根底にある直感があると信じています。[5] マックス・ベルマンスとスーザン・シュナイダーは次のように書いています意識へのブラックウェルコンパニオン:「私たちが特定の瞬間に気づいているものはすべて私たちの意識の一部を形成し、意識的な経験を私たちの生活の中で最も身近で最も神秘的な側面にします。」[44]

関連する用語は、あいまいまたはあいまいな方法でよく使用されますが、次のとおりです。

  • 意識:イベント、オブジェクト、または感覚パターンを知覚、感じ、または意識する状態または能力このレベルの意識では、感覚データは、必ずしも理解を意味することなく、観察者によって確認することができます。より広義には、それは何かに気づいている状態または質です。生物学的心理学では、意識は、状態またはイベントに対する人間または動物の知覚および認知反応として定義されます。
  • 自己認識内省する能力と、環境や他の個人から離れた個人として自分自身を和解させる能力。
  • 自己意識:自己認識の鋭い感覚。それは、自己認識の哲学的状態とは対照的に、自分自身へのこだわりです。それは、個人が個人として存在するという認識です。一部の作家は、両方の用語を交換可能または同義語として使用していますが。[45]
  • 感性:周囲を意識する(感じる知覚する、または意識する)能力、または主観的な経験をする能力。感性は、意識を定義する最小限の方法であり、それ以外の場合は、感性と心の他の特性をまとめて説明するために一般的に使用されます。
  • 知恵:しばしば知恵、または適切な判断で行動する生物または実体の能力として定義され、知性の構成要素であるか、あるいは知性とは別に、独自の特性を持つ追加の学部と見なされる可能性があります。
  • クオリア主観的意識的な経験の個々のインスタンス。

感性(主観を感じたり、知覚したり、体験したりする能力)は、自己認識(個人として自分自身を認識する)と同じではありません。ミラーテストは、自己認識の運用テストと見なされることがあり、ミラーテストに合格した少数の動物は、自己認識と見なされることがよくあります。[46] [47]特にテストに合格したように見えるロボットが構築されていることを考えると、自分の鏡像の認識が完全な自己認識を意味すると適切に解釈できるかどうかは議論の余地があります。[49] [50]

神経科学では、脳の活動と主観的で意識的な経験との相関関係について多くのことが学ばれており、多くの人が神経科学が最終的に意識を説明することを示唆しています。「...意識は生物学的プロセスであり、神経細胞の相互作用する集団によって使用される分子シグナル伝達経路の観点から最終的に説明されます...」[51]しかし、意識がまだプロセスであることが示されていないため、この見解は批判されており[52] 、意識を脳活動に直接関連付けるといういわゆる「難しい問題」はとらえどころのないままです。[53]

科学的アプローチ

デカルトの二元論の提案以来、心は哲学の問題になり、科学は意識の問題に浸透することができなかったという一般的なコンセンサスになりました–意識は時空の外にありました。しかし、ここ数十年で多くの学者が意識の科学に向かって動き始めました。アントニオ・ダマシオジェラルド・エーデルマンは、自己と意識の神経相関への移行を主導した2人の神経科学者です。ダマシオは、感情とその生物学的基盤が高レベルの認知において重要な役割を果たすことを実証しました[54] [55]そしてエーデルマンは、科学的展望を通して意識を分析するためのフレームワークを作成しました。意識研究者が直面している現在の問題は、意識が神経計算からどのようにそしてなぜ生じるのかを説明することを含みます。[56] [57]この問題に関する彼の研究で、エーデルマンは意識の理論を開発しました。そこでは、彼は一次意識二次意識という用語を作り出しました。[58] [59]

The Parrot'sLamentの著者であるEugeneLindenは、人々が動物の意識の境界であると想定するものを超える動物の行動と知性の例がたくさんあることを示唆しています。リンデンは、これらの文書化された例の多くで、さまざまな動物種が、感情と、通常は自分の種にのみ起因する意識レベルにのみ起因する行動を示すと主張しています。[60]

哲学者ダニエル・デネットは次のように反論しています。

意識には、人間には「ハードワイヤード」ではないように見えるが、人間の文化によって浸透しているある種の情報組織が必要です。さらに、意識は、しばしば想定されるように、黒または白、オールオアナッシングタイプの現象ではありません。人間と他の種との違いは非常に大きいので、動物の意識についての推測は根拠がないように見えます。多くの著者は、コウモリのような動物が視点を持っていると単純に想定していますが、関連する詳細を調査することにほとんど関心がないようです。[61]

哺乳類(人間を含む)の意識は、主観性感性、自分と自分の環境との関係を知覚する能力などの性質を含むと一般的に考えられている心の側面ですそれは心の哲学心理学神経科学、そして認知科学の多くの研究の主題です一部の哲学者は、意識を、主観的な経験そのものである現象的意識と、脳内の処理システムへの情報のグローバルな利用可能性を指すアクセス意識に分割します。[62]現象的意識には多くの異なる経験的資質があり、しばしばクオリアと呼ばれます。現象的意識は通常何かまたは何かについての意識であり、心の哲学では志向性として知られている特性です。[62]

人間の場合、意識を研究するための3つの一般的な方法があります。すなわち、口頭での報告、行動のデモンストレーション、および意識活動との神経相関です。残念ながら、これらは難易度の異なる非人間分類群にのみ一般化することができます。[63]動物は彼らの心を話すことができないが、新しい研究は神経科学者が動物の無意識の知覚から意識的な認識を分離することを可能にする非常にユニークな方法を採用した。[64]アカゲザルで実施されたこの研究では、ベンハイムと彼のチームは、2つの知覚モードに対して反対の行動結果を予測するプロセス解離アプローチを使用しました。彼らは、サルが提示された刺激を認識している場合と認識していない場合に、人間とまったく同じ反対の行動結果を示すことを発見しました。

ミラーテスト

象は鏡で自分自身を認識することができます。[65]
外部ビデオ
ビデオアイコン 類人猿の自己認識
ナショナルジオグラフィック

動物(または人間の乳児)が意識自己概念を持っていると言える感覚は、熱く議論されてきました。それはしばしば動物の心をめぐる議論と呼ばれます。この分野で最もよく知られている研究手法は、ゴードンG.ギャラップが考案したミラーテストです。このテストでは、動物(または人間の乳児)の皮膚に、眠っているときや鎮静しているときに、直接見ることはできませんがマークを付けます。鏡に映っています。その後、動物は鏡に映った自分の姿を見ることができます。動物が自発的にグルーミング行動をマークに向ける場合、それはそれが自分自身を認識していることの指標と見なされます。[66] [67]過去30年間、多くの研究で、動物が鏡で自分自身を認識するという証拠が見つかりました。この基準による自己認識は、次の場合に報告されています。

最近まで、新皮質のない動物には自己認識がなく、脳が大きく社会的認知が発達している哺乳類に限定されていたと考えられていました。しかし、2008年にカラスの自己認識の研究はカササギの重要な結果を報告しました。哺乳類と鳥は、ほぼ3億年前に最後の共通の祖先から同じ脳の構成要素を継承し、それ以来、独立して進化し、大幅に異なる脳の種類を形成してきました。ミラーとマークのテストの結果は、新皮質のないカササギが鏡像が自分の体に属していることを理解することができます。調査結果は、カササギが類人猿、イルカ、ゾウと同じように鏡とマークのテストで反応することを示しています。これは、自己認識の決定において完全に具体的ではありませんが、少なくとも自己認識の前提条件である注目に値する機能です。これは、社会的知能の収斂進化に関して興味深いだけではありません。また、認知の進化とその根底にある神経メカニズムを支配する一般的な原理を理解するためにも役立ちます。カササギは、自己認識能力の前兆となる可能性のある共感/ライフスタイルに基づいて研究するために選ばれました。[67]しかし、チンパンジーでさえ、最も研究され、最も説得力のある発見があった種でさえ、テストされたすべての個体で自己認識の明確な証拠が得られるわけではありません。発生率は若年成人で約75%であり、老若男女ではかなり少ないです。[76]サル、非霊長類の哺乳類、および多くの鳥類では、鏡の探索と社会的展示が観察された。ただし、ミラーによって誘発される自主的な行動のヒントが得られています。[77]

2019年の調査によると、よりきれいなベラは、ミラーテストに合格した最初の魚になりました。[78]しかし、テストの発明者であるゴードン・ギャラップは、魚は別の魚の知覚された寄生虫をこすり落とそうとしている可能性が高く、自己認識を示さなかったと述べています。研究の著者は、魚がこする前後に鏡で自分自身をチェックしたので、これは魚が自己認識を持っていて、彼らの反射が自分の体に属していることを認識したことを意味すると反論した。[79] [80] [81]

ミラーテストは、人間の主要な感覚である視覚に完全に焦点を当てているため、一部の研究者の間で論争を呼んでいますが、他の種は、犬の嗅覚などの他の感覚に大きく依存しています。[82] [83] [84] 2015年の研究では、「自己認識のスニフテスト(STSR) 」が犬の自己認識の証拠を提供することが示されました。[84]

言語

外部ビデオ
ビデオアイコン クジラの歌 –オセアニアプロジェクト
ビデオアイコン アインシュタインです! –ノックスビル動物園

人間以外の動物が意識を持っているかどうかを判断する別のアプローチは、コンゴウインコを使った受動態研究から導き出されます(Arielleを参照)。一部の研究者は、動物の自発的なスピーチを受動的に聞くことによって、別の生き物の考えについて学び、話者が意識していると判断することが可能であると提案しています。このタイプの調査は、もともとウィアー(1962)による子供のベビーベッドのスピーチの調査、およびグリーンフィールドなどによる子供の初期のスピーチの調査(1976)に使用されました。

ジップの法則は、動物のコミュニケーションの特定のデータセットがインテリジェントな自然言語を示しているかどうかを示すために使用できる可能性があります。一部の研究者は、バンドウイルカの言語を研究するためにこのアルゴリズムを使用しています。[85]

痛みや苦しみ

さらなる議論は、動物が痛み苦しみを感じる能力を中心に展開しています。苦しみは意識を意味します。動物が人間と同様または同一の方法で苦しんでいることを示すことができれば、人間の苦しみに対する議論の多くは、おそらく動物にまで及ぶ可能性があります。他の人は、痛みは、目的がない、あるいは不適応でさえある負の刺激に対する副作用によって示される可能性があると主張しています。[86]そのような反応の1つは、神経衰弱に似た人間や一部の動物で観察される現象である、限界を超えた抑制です。

アメリカの宇宙学者であるカール・セーガンは、人間が動物を否定する傾向があった理由を指摘しています。

他の動物を奴隷にし、去勢し、実験し、そしてフィレットする人間は、動物が痛みを感じないふりをするという理解できる傾向を持っていました。人間と「動物」を明確に区別することは、罪悪感や後悔の不快な色合いなしに、私たちが彼らを私たちの意志に曲げ、私たちのために働かせ、身に着け、食べるために不可欠です。人間だけが苦しむことができると主張することは、他の動物に対して非常に無感覚に振る舞うことが多い私たちの見苦しいことです。他の動物の行動は、そのようなふりを疑わしいものにします。彼らは私たちにとても似ています。[87]

ブリストルの畜産教授であるジョン・ウェブスターは次のように論じています。

人々は、知性は苦しむ能力に関連していると考えており、動物は脳が小さいため、人間よりも苦しむことが少ないと考えています。それは哀れな論理です。知覚力のある動物は喜びを体験する能力があり、それを求める意欲があります。牛と子羊の両方が、頭を太陽に向けて完璧に持ち上げて横たわっているときに、どのように喜びを求めて楽しむかを見るだけです。英語の夏の日。人間と同じように。[88]

しかし、痛みを感じることができる生物とそうでない生物との間に線を引くべきであるという合意はありません。オックスフォード大学の哲学教授であるジャスティン・ライバーは次のように書いています。

Montaigneはこの点でエキュメニカルであり、クモやアリに対する意識を主張し、木や植物への私たちの義務を書いています。歌手クラークは、スポンジへの意識を否定することに同意します。歌手はエビとカキの違いをどこかに見つけます。彼は、他の人に激しい告発をしている人にとってはかなり便利で、昆虫やクモやバクテリアの場合にはスライドし、明らかにそしてかなり便利に痛みを感じません。一方、勇敢なミッドグレーは、条虫の主観的な経験について推測することをいとわないようです...ネーゲル...ヒラメやハチに線を引くように見えますが、最近ではゴキブリの内面について語っています。[89]

苦しんでいる動物は苦しみを感じますが、苦しんでいる植物も生き続けるのに苦労していると主張して、議論を完全に拒否する人もいます(あまり目立たない方法ではありますが)。実際、他の生物の栄養のために死ぬことを望んでいる生物はいない。ニューヨークタイムズのために書かれた記事の中で、キャロル・ケスク・ユンは次のように主張しています。

植物が負傷すると、その体はすぐに保護モードになります。それは揮発性化学物質の花束を放出し、それはある場合には隣接する植物に彼ら自身の化学的防御を先制的に強化するように誘導し、他の場合には植物に損傷を与えるかもしれない獣の捕食者を誘惑することが示されています。植物の内部では、修復システムが使用され、防御が実装されています。その分子の詳細はまだ科学者が研究中ですが、細胞の軍隊を結集するために体を駆け巡るシグナル伝達分子、さらにはゲノム自体の参加が含まれています。防御関連のタンパク質を排除する...しかし、それについて考えると、なぜ私たちは夕食のために横になって死ぬ生物を期待するのでしょうか?生物は、絶滅を避けるために自分たちの力ですべてを行うように進化してきました。[90]

認知バイアスと感情

ガラスは半分空っぽですか、それとも半分いっぱいですか?

動物の認知バイアスは判断の逸脱のパターンであり、それによって他の動物や状況についての推論が非論理的な方法で描かれる可能性があります。[91]個人は、入力の認識から独自の「主観的な社会的現実」を作成します。[92]楽観主義または悲観主義の指標として使用される、「ガラスは半分空っぽですか、それとも半分いっぱいですか? 」という質問を指します。認知バイアスは、ラット、イヌ、アカゲザル、ヒツジ、ヒヨコ、ムクドリ、ミツバチなど、幅広い種で示されています。[93] [94] [95]

神経科学者のジョセフ・ルドゥーは、動物の脳機能について議論する際に、人間の主観的な経験に由来する用語を避けることを提唱しています。[96]たとえば、脅威を検出して対応する脳回路を「恐怖回路」と呼ぶ一般的な慣行は、これらの回路が恐怖感の原因であることを意味します。LeDouxは、ラットや人間で「恐怖」が獲得されているという意味を避けるために、パブロフの恐怖条件付けをパブロフの脅威条件付けに変更する必要があると主張しています。[97]彼の理論的変化の鍵は、生存回路によって媒介される生存関数の概念です。その目的は、感情を作ることではなく、生物を生き続けることです。たとえば、脅威を検出して対応するための防御的なサバイバル回路が存在します。すべての生物がこれを行うことができますが、自分の脳の活動を意識できる生物だけが恐怖を感じることができます。恐怖は意識的な経験であり、他の種類の意識的な経験と同じように起こります:特定の形態の脳活動への注意を可能にする皮質回路を介して。LeDouxは、感情的な意識状態と非感情的な意識状態の唯一の違いは、その状態に寄与する根本的な神経成分であると主張しています。[98] [99]

神経科学

神経科学神経系の科学的研究です。[100]他の多くの分野と協力している、非常に活発な学際的科学です。神経科学の範囲は、神経系の分子的細胞的、発達的構造的機能的進化的計算的、および医学的側面を含むように最近拡大しましたニューラルネットワークの理論的研究は、の感覚および運動課題を画像化するための技術で補完されています2008年の論文によると、心理学的現象の神経科学的説明は現在「魅惑的な魅力」を持っており、神経科学的情報を含まない説明よりも「より多くの公益を生み出すように思われる」。[101]彼らは、神経科学の専門家ではない被験者が、「論理的に無関係な神経科学情報を伴う説明は、そうでない説明よりも満足のいくものであると判断した。[101]

神経相関

意識の神経相関は、特定の意識的知覚に十分なニューロンイベントとメカニズムの最小セットを構成します[102]神経科学者は、経験的アプローチを使用して、主観的現象の神経相関を発見します。[103]脳が与えられた意識的な経験を生み出すのに十分である場合、問題はそれを生み出すためにその構成要素のどれが必要であるかであるため、 セットは最小限でなければなりません。

視覚と表現は、1998年にFrancisCrickChristofKochによってレビューされました。彼らは、感覚神経科学は意識を研究するためのボトムアップアプローチとして使用できると結論付け、この研究ストリームでさまざまな仮説をテストするための実験を提案しました。[104]

人間とほとんどの動物を区別する特徴は、私たちが自分自身で生き残ることを可能にする行動プログラムの広範なレパートリーを持って生まれていないことです(「生理学的未熟児」")これを補うために、私たちは比類のない学習能力を持っています。つまり、模倣や探索によってそのようなプログラムを意識的に取得します。意識的に取得して十分に実行すると、これらのプログラムは、実行が領域を超えて行われる範囲で自動化できます。例として、ベートーベンのピアノソナタを演奏する際に発揮される信じられないほどの細かい運動技能や、曲がりくねった山道に沿ってオートバイに乗るのに必要な感覚運動の調整を取り上げます。このような複雑な行動は、十分な数のサブプログラムがあるためにのみ可能です。関与することは、最小限の、あるいは中断された意識的な制御で実行することができます。実際、意識的なシステムは、これらの自動化されたプログラムに実際にいくらか干渉する可能性があります

分子生物学の手法を光学ツールと組み合わせて使用​​してニューロンを操作する神経科学者の能力の向上は、大規模なゲノム分析と操作に適した適切な行動アッセイとモデル生物の同時開発に依存しています。[106]堅牢な理論的予測フレームワークの開発によって補完された、動物におけるそのようなきめ細かいニューロン分析と、人間におけるこれまで以上に感度の高い精神物理学的および脳画像技術の組み合わせは、意識の合理的な理解につながることを願っています。

新皮質

以前の研究者は、キンカチョウが示す神経睡眠のパターンには哺乳類の新皮質が必要であると考えていました[1]。

皮質は哺乳類の脳の一部です。それは、大脳のより深い白質有髄軸索)を取り囲む灰白質、または神経細胞体と無髄線維で構成されています。新皮質はげっ歯類や他の小型哺乳類では滑らかですが、霊長類では滑らかです そして他のより大きな哺乳類はそれが深い溝としわを持っています。これらのひだは、あまり多くの体積を占めることなく、新皮質の表面積を大幅に増加させます。また、同じしわ内のニューロンは接続の機会が多くなりますが、異なるしわのニューロンは接続の機会が少なくなり、皮質の区画化につながります。新皮質は、前頭葉頭頂葉後頭葉側頭葉に分けられ、さまざまな機能を果たします。たとえば、後頭葉には一次視覚野が含まれ、側頭葉には一次聴覚野が含まれます新皮質のさらなる細分化または領域は、より具体的な認知プロセスに関与しています。新皮質は、進化する大脳皮質の最新の部分です(したがって、接頭辞「neo」)。大脳皮質の他の部分は、総称して不等皮質として知られている皮質と大脳皮質です人間では、大脳皮質の90%が新皮質です。

研究者たちは、哺乳類の意識は新皮質で発生するため、新皮質を欠く動物では発生しないと主張しています。たとえば、ローズは2002年に、「魚は有害な刺激に対する効果的な逃避と回避の反応を媒介する神経系を持っていますが、これらの反応は、別々に依存する痛み、苦痛、苦痛の同時の人間のような認識なしに発生しなければなりません。進化した新皮質。」[107]最近、その見方は異議を唱えられており、多くの研究者は現在、動物の意識は相同な 皮質下脳ネットワークから生じる可能性があると信じています。[1]

注意

注意は、他のことを無視しながら、環境のある側面に選択的に集中する認知プロセスです。注意は、処理リソースの割り当てとも呼ばれます。[108]注意は文化によっても異なります。自発的な注意は、より有能なコミュニティメンバーとの文化的活動への関与を通じて、特定の文化的および制度的文脈で発展します。[109]

ほとんどの実験は、注意の1つの神経相関が強化された発火であることを示しています。動物が刺激に参加していないときにニューロンが刺激に対して特定の応答を示す場合、動物が刺激に参加しているときは、刺激の物理的特性が同じままであっても、ニューロンの応答が強化されます。多くの場合、注意は脳波に変化をもたらします。人間を含む多くの動物は、特定の物体や活動に注意を向けると、ガンマ波(40〜60 Hz)を生成します。[110]

拡張意識

拡張意識は、動物の自伝的自己認識です。それは、記憶と理性のための実質的な能力を持っている動物の脳で発生すると考えられています。必ずしも言語は必要ありません。歴史的で未来的な自己の知覚は、身近な環境からの情報の流れと、記憶に関連する神経構造から生じます。この概念はアントニオ・ダマシオによって普及し、生物学的心理学で使用されています。拡張意識は、イメージ空間および性向空間として記述される人間の脳の構造で発生すると言われています。画像スペースは、感覚的な領域を意味しますコア意識の集中的な意識を含む、すべてのタイプの印象が処理されます性向空間には、記憶が処理されて想起され、知識が即時の経験と融合する脳内のネットワークである収束帯が含まれます。[111] [112]

メタ認知

メタ認知は、「認知についての認知」または「知ることについて知ること」として定義されます。[113]それは多くの形をとることができます。これには、学習または問題解決のために特定の戦略をいつどのように使用するかについての知識が含まれています。[113]一部の動物のメタ認知は、認知的自己認識の証拠を提供することが示唆されています。[114] メタ認知には一般に、認知に関する知識と認知の調節という2つの要素があります。[115]メタ認知に関する著作は、少なくともギリシャの哲学者アリストテレスのデ・アニマ自然学小論集までさかのぼることができます[116]メタコグノロジストは、思考について意識的に考える能力は知性のある種に特有であり、実際に知性の定義の1つであると信じています。[要出典]アカゲザルと類人猿が事実の記憶の強さについて正確な判断を下し、彼ら自身の不確実性を監視できるという証拠があります[117]が、鳥のメタ認知を実証する試みは決定的ではありませんでした。[118] 2007年の研究は、ラットにおけるメタ認知のいくつかの証拠を提供した[ 119] [120] [121]が、さらなる分析は、それらが単純なオペラント条件付けに従っている可能性があることを示唆した。原則、[122]または行動経済モデル。[123]

ミラーニューロン

ミラーニューロン、動物が行動するときと、動物が別の動物によって実行される同じ行動を観察するときの両方発火するニューロンです。[124] [125] [126]したがって、ニューロンは、観察者自身が行動しているかのように、他のニューロンの行動を「反映」します。このようなニューロンは、霊長類やを含む他の種で直接観察されていますミラーシステムの機能は多くの憶測の対象です。認知神経科学および認知心理学の多くの研究者は、このシステムが知覚行動結合の生理学的メカニズムを提供すると考えています(一般的なコーディング理論を参照)。[126]彼らは、ミラーニューロンが他の人々の行動を理解するために、そして模倣によって新しいスキルを学ぶために重要であるかもしれないと主張します。一部の研究者はまた、ミラーシステムが観察された行動をシミュレートし、したがって心の理論に寄与する可能性があると推測しているが[127] [128]、他の研究者はミラーニューロンを言語能力に関連付けている。[129]マルコ・イアコボニ(UCLA)などの神経科学者は、人間の脳のミラーニューロンシステムが他の人々の行動や意図を理解するのに役立つと主張しています。2005年3月に発表された研究で、Iacoboniと彼の同僚は、お茶を手に取っている別の人がお茶を飲むか、テーブルから片付けるかをミラーニューロンが識別できると報告しました。さらに、Iacoboniと他の多くの研究者は、ミラーニューロンが共感などの感情に対する人間の能力の神経基盤であると主張しています。[126] [130] Vilayanur S. Ramachandranは、ミラーニューロンが自己認識の神経学的基盤を提供する可能性があると推測しています。[131] [132]

進化心理学

意識は、種の普遍性、複雑さ、[133]および機能性に関するジョージ・ウィリアムズの基準を満たしているため、進化した適応である可能性が高く、明らかに適応度を高める特性です。[134]生物学的進化のどこで意識が出現したか、そして意識が生存価値を持っているかどうかについての意見は分かれている。意識は、(i)最初の人間だけで、(ii)最初の哺乳類だけで、(iii)哺乳類と鳥類で独立して、または(iv)最初の爬虫類で出現したと主張されてきました。[135]ドナルド・グリフィンは彼の著書でアニマルマインドを示唆している 意識の漸進的な進化。[11]これらのシナリオのそれぞれは、意識の可能な生存価値の問題を提起します。

ジョン・エクルズは、彼の論文「意識の進化」の中で、哺乳類の大脳皮質の特別な解剖学的および物理的適応が意識を引き起こしたと主張しています。[136]対照的に、意識を引き受ける再帰回路ははるかに原始的であり、エネルギーを節約する「中立」を提供することによって社会的環境自然環境の両方との相互作用の能力を向上させるため、最初は哺乳類以前の種で進化したと主張する人もいます。それ以外の場合はエネルギーを消費するモーター出力機のギア。[137]Bernard J. Baarsによって概説されているように、一度配置されると、この再帰回路は、意識が高等生物で促進する機能の多くのその後の開発の基礎を提供した可能性があります[138] リチャード・ドーキンスは、人間が自分自身を思考の対象にするために意識を進化させたと示唆した。[139]ダニエル・ポビネッリは、大きな木登りの類人猿は、木の枝の間を安全に移動するときに自分の質量を考慮に入れて意識を進化させたと示唆しています。[139]この仮説と一致して、ゴードン・ギャラップは、チンパンジーとオランウータンが、ミラーテストで自己認識を示したが、小さなサルや陸生ゴリラではないことを発見した。[139]

意識の概念は、自発的な行動、意識、または覚醒を指すことができます。しかし、自発的な行動でさえ無意識のメカニズムを伴います。多くの認知プロセスは、意識的な無意識の中で起こり、意識的な認識には利用できません。一部の行動は、学習すると意識がありますが、その後意識を失い、一見自動的に見えます。学習、特に暗黙のうちにスキルを学習することは、意識の外で行うことができます。たとえば、自転車に乗るときに右に曲がる方法を知っている人はたくさんいますが、実際にどのように曲がるかを正確に説明できる人はほとんどいません。[139]

ニューラルダーウィニズム

神経ダーウィニズムは、1978年にアメリカの生物学者ジェラルド・エーデルマンによって最初に提案された脳機能の大規模な理論です[140]エーデルマンは、彼が一次意識と二次意識と呼んでいるものを区別しています。

  • 主な意識:人間や一部の動物に見られる、観察された出来事を記憶と統合して、周囲の世界の現在と直近の過去の意識を作り出す能力です。この形態の意識は、「感覚意識」と呼ばれることもあります。言い換えれば、一次意識は、感覚知覚などの意識のさまざまな主観的な感覚内容の存在です。、およびメンタルイメージ。たとえば、主な意識には、海の青さ、鳥のさえずり、痛みの感覚などの人の経験が含まれます。したがって、一次意識とは、過去と未来の感覚なしに、現在の世界の事柄を精神的に意識することを指します。それは、測定可能な現在の周りの時間にバインドされた精神的なイメージで構成されています。[141]
  • 二次意識:個人の歴史と計画へのアクセス可能性です。この概念はまた、大まかに、そして一般的に、自分自身の意識を意識することに関連しています。この能力により、所有者は記憶されている一次意識の現在の限界を超えることができます。[58]

一次意識は、知覚感情を含む単純な意識として定義することができますこのように、それはほとんどの動物に帰されます。対照的に、二次意識は、内省的意識、抽象的な思考意志メタ認知などの機能に依存し、それらを含みます。[58] [142]

エーデルマンの理論は、2つの神経系組織に焦点を当てています。一方の側に脳幹大脳辺縁系、もう一方の側に視床大脳皮質です。脳幹と大脳辺縁系は本質的な身体機能と生存を処理し、視床皮質系は感覚受容体から信号を受け取り、腕や脚などの随意筋に信号を送ります。理論は、進化中のこれら2つのシステムの接続が、動物が適応行動を学ぶのに役立ったと主張しています[141]

他の科学者は、エーデルマンの理論に反対し、代わりに、一次意識が脳の基本的な栄養システムで出現した可能性があることを示唆しています。つまり、進化の起源は、内部と表面の両方のセンサー受容体から生じる感覚と原始的な感情に由来している可能性があります。これは、生き物の幸福がすぐに脅かされていることを示します。たとえば、空気への渇望、喉の渇き、空腹、痛みなどです。 、および極端な温度変化。これは、視床海馬眼窩前頭皮質、島、および中脳部位が喉の渇きの意識の鍵であることを示す神経学的データに基づいています。[143]これらの科学者はまた、皮質は一部の神経科学者が信じているほど一次意識にとって重要ではないかもしれないと指摘しています。[143]これの証拠は、動物の皮質の一部を体系的に無効にしても意識が失われないことを研究が示しているという事実にあります。別の研究では、皮質なしで生まれた子供は意識があることがわかりました。これらの科学者は、皮質メカニズムの代わりに、脳幹メカニズムを意識に不可欠なものとして強調しています。[143]それでも、これらの科学者は、高次の意識には大脳皮質と脳の異なる領域間の複雑なコミュニケーションが関係していることを認めています。

一次意識を持つ動物は長期記憶を持っていますが、明確な物語がなく、せいぜい、記憶された現在の直接の場面にしか対処できません。それらはまだそのような能力を欠いている動物よりも有利ですが、進化は、特に哺乳類において、意識の複雑さを増しています。この複雑さを持つ動物は二次意識を持っていると言われています。二次意識は、4匹の類人猿などの意味能力を持つ動物に見られます。それは、構文で構成された複雑な言語を所有しているという点で独特である、人間の種の中で最も豊かな形で存在していますとセマンティクス。一次意識の根底にある神経メカニズムがどのように発生し、進化の過程で維持されたかを考えると、爬虫類が哺乳類に、次にに分岐する頃に、多数の新しい相互接続胚発生が豊かな再入を可能にしたことが提案されています知覚的分類を実行するより後方の脳システムと、価値カテゴリーの記憶に関与するより前方に位置するシステムとの間で行われる活動。[58]動物が現在の複雑な場面をそれ自身の以前の学習の歴史に関連付ける能力は、適応進化の利点を与えた。ずっと後の進化の時代に、意味論的および言語学的パフォーマンスをカテゴリー的および概念的記憶システムにリンクするさらなるリエントラント回路が現れました。この発達は二次意識の出現を可能にしました。[144] [145]

ボン大学のUrsulaVossは、プロトコンシャスネスの理論[146]は、レム睡眠中に二次意識を発達させるため、鳥に見られる自己認識の適切な説明として役立つ可能性があると考えています。[147]彼女は、多くの種類の鳥が非常に洗練された言語システムを持っていると付け加えた。アルバータ大学のドン・クイケンは、そのような研究が興味深いと感じています。また、動物モデル(さまざまな種類の意識)で意識を研究し続けると、今日の世界で見られるさまざまな形の反射を分離することができます。[148]

二次意識のアイデアの支持者にとって、自己認識は重要な要素であり、重要な定義手段として機能します。そのとき最も興味深いのは、自己認識の概念から生じる進化的魅力です。人間以外の種や子供では、ミラーテスト(上記を参照)が自己認識の指標として使用されてきました

意識に関するケンブリッジ宣言

意識に関するケンブリッジ宣言

新皮質の欠如は、生物が情動状態を経験することを妨げるようには見えません。収束する証拠は、人間以外の動物が、意図的な行動を示す能力とともに、意識状態の神経解剖学的、神経化学的、および神経生理学的基質を持っていることを示していますその結果、証拠の重みは、人間が意識を生成する神経学的基質を所有するという点で独特ではないことを示しています。すべての哺乳類や鳥を含む人間以外の動物、およびタコを含む他の多くの生き物も、これらの神経学的基質を持っています。[149]

2012年、英国のケンブリッジ大学で開催された「人間と人間以外の動物の意識」に関する会議に出席した神経科学者のグループが、ケンブリッジの意識宣言に署名しました(右のボックスを参照)。[1] [150]

付随するテキストの中で、彼らは「明白に」主張しました:[1]

  • 「意識研究の分野は急速に進化しています。人間と人間以外の動物の研究のための豊富な新しい技術と戦略が開発されました。その結果、より多くのデータがすぐに利用できるようになり、この分野で以前に保持されていた先入観を定期的に再評価する必要があります人間以外の動物の研究では、意識的な経験と知覚に関連する相同 な脳回路を選択的に促進および破壊して、それらが実際にそれらの経験に必要かどうかを評価できることが示されています。さらに、人間では、新しい非侵襲的技術がすぐに利用できます。意識の相関関係を調査するために。」[1]
  • 「感情の神経基盤は皮質構造に限定されているようには見えません。実際、人間の情動状態の間に引き起こされる皮質下神経ネットワークは、動物の感情的行動を生成するためにも非常に重要です。同じ脳領域の人工的な覚醒は、対応する行動を生成し、人間と人間以外の動物の両方の感情状態脳内のどこでも、人間以外の動物の本能的な感情的行動を呼び起こす場合、その後の行動の多くは、やりがいがあり罰する内部状態を含む、経験した感情状態と一致しています。人間のこれらのシステムの刺激も同様の感情状態を生成する可能性があります。感情に関連するシステムは、神経が存在する皮質下領域に集中しています。相同性はたくさんあります。新皮質のない若い人間と人間以外の動物は、これらの脳と心の機能を保持しています。さらに、注意力、睡眠、意思決定の行動/電気生理学的状態をサポートする神経回路は、無脊椎動物の放射線と同じくらい早く進化して生じたようであり、昆虫や頭足類の軟体動物(タコなど)で明らかです。」[1]
  • 「鳥は、行動、神経生理学、神経解剖学において、意識の平行進化の印象的な事例を提供しているようです。人間に近いレベルの意識の証拠は、ヨウムで最も劇的に観察されています。哺乳類と鳥類の感情的なネットワークと認知微小回路が現れます。さらに、特定の種類の鳥は、REM睡眠を含む哺乳類と同様の神経睡眠パターンを示し、ゼブラフィンチで実証されたように、以前は哺乳類の新皮質を必要とすると考えられていた神経生理学的パターンを示すことがわかっています。 カササギ特に、ミラー自己認識の研究では、人間、類人猿、イルカ、ゾウと非常によく似ていることが示されています。」[1]
  • 「人間では、特定の幻覚剤の影響は、皮質フィードフォワードおよびフィードバック処理の混乱に関連しているようです。人間の意識的行動に影響を与えることが知られている化合物による非人間動物への薬理学的介入は、非人間の行動に同様の混乱をもたらす可能性があります人間では、意識が皮質活動と相関していることを示唆する証拠があります。これは、視覚認識のように、皮質下または初期の皮質処理による寄与の可能性を排除するものではありません。人間と人間以外の動物の感情的感情は、相同な皮質下から生じるという証拠脳のネットワークは、進化的に共有された原始的な感情の質の説得力のある証拠を提供します。」[1]

動物の脳の進化の理論。古いスカラナチュラエモデルと現代のアプローチ。

一般的なイメージはスカラナチュラエです。これは、さまざまな種の動物が連続して高いラングを占め、通常は人間が一番上にある自然のはしごです。[151]より有用なアプローチは、さまざまな動物がさまざまな種類の認知プロセスを持っている可能性があることを認識することでした。 。[152] [153]

哺乳類

犬は以前は非自己認識動物としてリストされていました。伝統的に、自己意識はミラーテストによって評価されていました。しかし、犬や他の多くの動物は、視覚的に方向付けられていません。[154] [155]2015年の研究によると、「自己認識のスニフテスト」(STSR)は、犬の自己認識の重要な証拠を提供し、この能力が類人猿、人間、および他のいくつかの動物ですが、それは研究者がそれを検証しようとする方法に依存します。生物学者のロベルト・カゾラ・ガッティ(研究を発表した)によると、「匂いテストで自己認識をテストする革新的なアプローチは、人間中心主義の意識のパラダイムを種固有の視点にシフトする必要性を浮き彫りにします」。[84] [156]この研究は、別の研究によって確認されています。[157]

ヨウム

捕獲されたヨウム、特にアレックスという名前の個人とのアイリーンペッパーバーグの研究は、彼らが単純な人間の言葉を意味と関連付け、形、色、数、ゼロセンスの抽象的な概念をインテリジェントに適用する能力を持っていることを示しましたペッパーバーグや他の科学者によると、彼らはイルカ、チンパンジー、さらには人間の幼児のレベルで多くの認知タスクを実行します。[158]もう一つの注目すべきヨウムはN'kisiであり、2004年には彼女が創造的な方法で使用した950語以上の語彙を持っていると言われていました。[159]たとえば、ジェーン・グドールがニューヨークの自宅でN'kisiを訪れたとき、彼は彼女に「チンパンジーを手に入れましたか?」と挨拶しました。彼はアフリカでチンパンジーと一緒に彼女の写真を見たからです。[160]

2011年、パリ西部大学ナンテールラデフェンセのダリラボベットが率いる調査では、ヨウムがある程度協調し、協力できることが示されました。二羽の鳥が餌を手に入れるために同時にひもを引っ張らなければならないなどの問題を解決することができました。別の例では、1羽の鳥がとまり木に立って餌を含んだトレイを解放し、もう1羽の鳥がトレイを試験装置から引き出しました。その後、両方が餌をやります。鳥は彼らの行動が同期できるように彼らのパートナーが必要な行動を実行するのを待っているのが観察されました。オウムは、他のどのテスト鳥と一緒に作業するかについて、個々の好みを表現しているように見えました。[161]

カササギ

最近、自己認識は大脳と高度に進化した社会的認知を持つ哺乳類に限定されているが、新皮質のない動物には存在しないと考えられていた。しかし、2008年には、カラスの自己認識の調査行われ、カササギの自己認識の能力が明らかになりました。哺乳類と鳥は、ほぼ3億年前に最後の共通の祖先から同じ脳の構成要素を継承し、それ以来、独立して進化し、大幅に異なる脳の種類を形成してきました。ミラーテストの結果は、カササギが新皮質を持っていない、彼らは鏡像が自分の体に属していることを理解することができます。調査結果は、カササギが類人猿、イルカ、キラークジラ、ブタ、ゾウと同じようにミラーテストで反応することを示しています。これは、自己認識の決定において完全に具体的ではありませんが、少なくとも自己認識の前提条件である注目に値する機能です。これは、社会的知能の収斂進化に関して興味深いだけでなく、認知進化とその根底にある神経メカニズムを支配する一般原則を理解するためにも価値があります。カササギは、自己認識能力の前兆となる可能性のある共感/ライフスタイルに基づいて研究するために選ばれました。[67]

2020年の研究によると、カリオンのカラスは刺激の知覚と相関する神経反応を示します。これは、(鳥の)感覚意識の経験的マーカーであると主張しています。大脳皮質これにより、この研究は、意識的知覚は大脳皮質を必要とせず、その基本的な基盤、そしておそらく人間型の意識は、最後の共通祖先> 320 Myaの前に、または鳥の中で独立して進化した可能性があるという理論を実証します。[162] [163]関連する研究は、鳥のパリウムの神経構造が哺乳類の皮質を彷彿とさせることを示した。[164]

無脊椎動物

保護のために集められた貝殻を持って移動するタコ

タコは非常に知性があり、おそらく他のどの無脊椎動物よりも知性があります彼らの知性と学習能力のレベルは議論されていますが[165] [166] [167] [168]迷路と問題解決の研究は、彼らが短期記憶と長期記憶の両方を持っていることを示しますタコは非常に複雑な神経系を持っており、その一部だけがに局在しています。タコのニューロンの3分の2は、腕の神経索に見られます。タコの腕は、脳からの入力がない場合でも持続するさまざまな複雑な反射作用を示します。[169]脊椎動物とは異なり、タコの複雑な運動技能は、体の内部ソマトトピーマップを使用して脳内で組織化されるのではなく、大脳の無脊椎動物に特有の非ソマトトピーシステムを使用します。[170]ミミックオクトパスなどの一部のタコは、他の海の生き物の形や動きをエミュレートする方法で腕を動かします

実験室での研究では、タコはさまざまな形やパターンを区別するように簡単に訓練できます。伝えられるところによると、これらの発見の妥当性は争われているが、彼らは観察学習を使用している[171] 。[165] [166]タコが遊ぶことも観察されています:水槽内の循環流にボトルやおもちゃを繰り返し放出し、次にそれらを捕まえます。[172]タコはしばしば水族館から逃げ出し、時には他の人に侵入します。彼らは漁船に乗り込み、カニを食べるために船倉を開いた。[167]メジロダコ( Amphioctopus marginatus )の少なくとも4つの標本が廃棄されたものを回収するのを目撃されたココナッツの殻、それらを操作し、そして避難所として使用するためにそれらを再組み立てします。[173] [174]

シャーマニズム的および宗教的見解

伝統的なシャーマニズム文化は、動物の精神と動物の意識について語っています。[175] [176]インドでは、ジャイナ教徒はすべてのジバ(植物、動物、昆虫を含む生物)を意識していると見なしています。ジャイナ教の経典によると、ニゴダ(微視的な生き物)でさえ、高い意識レベルを持ち、意思決定能力を持っています。[要出典]

研究者

動物の意識に関する関連研究への貢献者は次のとおりです。

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c d e f g h i 意識に関するケンブリッジ宣言(アーカイブ) 2012年7月7日。PhilipLowによって書かれ、Jaak Panksepp、Diana Reiss、David Edelman、Bruno Van Swinderen、Philip Low、ChristofKochによって編集されました。ケンブリッジ大学。
  2. ^ 「意識」メリアム・ウェブスター2014年4月22日取得
  3. ^ a b Robert van Gulick(2004)。「意識」スタンフォード哲学百科事典。
  4. ^ a b ファージングG(1992)。意識の心理学プレンティスホール。ISBN 978-0-13-728668-3
  5. ^ a b ジョン・サール(2005)。"意識"。ホンデリックT(編)。オックスフォードの哲学の仲間オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-926479-7
  6. ^ コリン・アレン。エドワード・N・ザルタ(編)。「動物の意識」スタンフォード哲学百科事典(2011年夏版)。
  7. ^ Peter Carruthers(1999)。「同情と主観」。哲学のオーストラリアジャーナル77(4):465–482。土井10.1080 / 00048409912349231S2CID49227874_ 
  8. ^ Miller、Michael R.(2013)。「動物のデカルトの再考」。哲学研究ジャーナル38:89–114。土井10.5840 / jpr2013386
  9. ^ Thomas Nagel(1991)。「12章コウモリになるのはどんな感じ?」致命的な質問ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0-521-40676-5
  10. ^ ダグラス・ホフスタッター(1981)。コウモリになるのはどんな感じか?ダグラスホフスタッター; ダニエル・デネット(編)。マインドの私ベーシックブックス。pp。403–414  _ ISBN 978-0-7108-0352-8
  11. ^ a b ドナルド・グリフィン(2001)。動物の心:認知を超えて意識へシカゴプレス大学。ISBN 978-0-226-30865-4
  12. ^ a b Burghardt、Gordon M(1985)。「動物の認識:現在の認識と歴史的展望」(PDF)アメリカの心理学者40(8):905–919。土井10.1037 /0003-066X.40.8.905PMID3898938_ 2012年9月16日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。  
  13. ^ カー、H(1927)。「動物の心の解釈」。心理学レビュー34(2):87–106 [94]。土井10.1037 / h0072244
  14. ^ Andrews、K。(2014)。動物の心:動物の認知の哲学の紹介テイラーアンドフランシス。p。51. ISBN 978-1-317-67676-8
  15. ^ ロバートM.ヤング(1996)。「心身問題」RCオルビーでは; GNカンター; JRクリスティ; MJSホッジス(編)。現代科学の歴史へのコンパニオン(Routledge 1990 ed。のペーパーバックの再版)。テイラーアンドフランシス。pp。702–11。ISBN 978-0415145787
  16. ^ ロビンソン、ハワード(2011年11月3日)。「二元論」エドワード・N・ザルタ(編)。スタンフォード哲学百科事典(2011年冬版)
  17. ^ ブライアンS.ターナー(2008)。身体と社会:社会理論の探求(第3版)。セージ出版物。p。78. ISBN 978-1412929875...心と体の間の二元論の拒絶、そしてその結果としての体は単なる物理的な物体ではなく、常に意識の具体化であるという議論の主張。
  18. ^ キム、ジェグワン(1995)。「緊急プロパティ」ホンデリックでは、テッド(編)。心の哲学の問題。哲学へのオックスフォードコンパニオンオックスフォード:オックスフォード大学出版局。p。 240ISBN 9780198661320
  19. ^ Pinel、J。(2009)。心理生物学(第7版)。ピアソン/アリンアンドベーコン。ISBN 978-0205548927
  20. ^ LeDoux、J。(2002)。シナプスの自己:私たちの脳がどのように私たちであるかになる方法。バイキングペンギン。ISBN 978-88-7078-795-5
  21. ^ ラッセル、S。; Norvig、P。(2010)。人工知能:現代的なアプローチ(第3版)。プレンティスホール。ISBN 978-0136042594
  22. ^ Dawkins、R。(2006)。わがままな遺伝子(第3版)。オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0199291144
  23. ^ 哲学のインターネット百科事典。「随伴現象説」2016年12月27日取得
  24. ^ ハクスリー、TH(1874)。「動物はオートマトンであるという仮説とその歴史について」、隔週評論、ns16:555-580。方法と結果に転載:トーマス・H・ハクスリーによるエッセイ(ニューヨーク:D・アップルトン・アンド・カンパニー、1898年)
  25. ^ Gallagher、S。2006.「行動はどこにあるのか?:随伴現象説と自由意志の問題」。W.バンクス、S。ポケット、S。ギャラガー。意識は行動を引き起こしますか?直観の性質の調査(109-124)。マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  26. ^ THハクスリー(1874年)。「動物はオートマトンであるという仮説とその歴史について」隔週評論16(253):555–580。Bibcode1874Natur..10..362。土井10.1038 / 010362a0
  27. ^ W.ジェームズ(1879)。「私たちはオートマトンですか?」4(13):1–22。土井10.1093 / mind /os-4.13.1
  28. ^ BIB Lindahl(1997)。「意識と生物学的進化」。理論生物学ジャーナル187(4):613–629。Bibcode1997JThBi.187..613L土井10.1006 /jtbi.1996.0394PMID9299304_ 
  29. ^ カール・R・ポパー; ジョンC.エックルズ(1977)。自己とその脳スプリンガーインターナショナル。ISBN 978-0-387-08307-0
  30. ^ a b ローリン、バーナード。耳を貸さない叫び:動物の意識、動物の痛み、そして科学ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、1989年、xii頁、117-118頁、Carbone 2004、p。150。
  31. ^ リカール、マチウ(2016)。動物への嘆願:すべての存在を思いやりをもって扱うための道徳的、哲学的、そして進化論的義務(最初の英語版)。ボルダー:シャンバラ。p。132. ISBN 978-0-8348-4054-6OCLC960042213 _
  32. ^ グリフィン、DR ; スペック、GB(2004)。「動物の意識の新しい証拠」(PDF)動物の認知7(1):5–18。土井10.1007 / s10071-003-0203-xPMID14658059_ S2CID8650837_ 2013年1月21日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年11月29日取得   
  33. ^ 動物を含む研究の倫理 2008年6月25日にWaybackMachine Nuffield Council on Bioethicsでアーカイブされ、2008年2月27日にアクセスされました
  34. ^ アレン、C(1998)。「動物の認知の評価:動物行動学的および哲学的視点」J.Anim。科学76(1):42–7。土井10.2527 /1998.76142xPMID9464883_ 2016年1月21日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月5日取得 
  35. ^ 動物の感性動物の感情に関する学際的なジャーナル
  36. ^ Vimal、RLP; Sansthana、DA(2010)。「意識の定義の探求について」(PDF)心と物質8(1):93–121。
  37. ^ ヒルシュタイン、W(2013)。「意識状態:それらは脳のどこにあり、それらの必要な成分は何ですか?」"。MensSanaMonographs .11 1 230–8。doi10.4103 / 0973-1229.109343 .PMC 3653223 .PMID23678244  
  38. ^ Dulany、DE(2014)。「何が意識を説明しますか?または...何の意識が説明しますか?」"。MensSanaMonographs .12 1 11–34。doi10.4103 / 0973-1229.130283 .PMC 4037891 .PMID24891796  
  39. ^ De Sousa、Avinash(2013)。「意識の統合理論に向けて:パート1(神経生物学的および認知モデル)」"。MensSanaMonographs .11 1 100–50。doi10.4103 / 0973-1229.109335 .PMC 3653219 .PMID23678241  
  40. ^ ペレイラジュニア、A(2013)。「」「DeSousaの「統合的意識理論に向けて」についての解説」" 。MensSanaMonographs。11 1 210–29。doi10.4103 / 0973-1229.104495.PMC3653222。PMID23678243_ _ _ _  
  41. ^ リチャード・ドーキンス利己的遺伝子
  42. ^ 人間の脳機能、リチャード・フラッコウィアックと他の7人の神経科学者による、第16章「意識の神経相関」(32ページからなる)の269ページ、2004年発行
  43. ^ 「意識」メリアム・ウェブスター2012年6月4日取得
  44. ^ スーザン・シュナイダー&マックス・ベルマンス(2008)。"序章"。マックス・ベルマンズ&スーザン・シュナイダー(編)。意識へのブラックウェルコンパニオンワイリー。ISBN 978-0-470-75145-9
  45. ^ リチャードP.リプカ/トーマスM.ブリンソープ生涯にわたる自己展望、p。228、SUNY Press、1992 ISBN 978-0-7914-1003-5 
  46. ^ ギャラップジュニアGG; アンダーソンJR; Shillito DJ(2002)。「ミラーテスト」(PDF)BekoffMでは; アレンC; Burghardt GM(編)。認知動物:動物の認知に関する経験的および理論的展望シカゴプレス大学。pp。325–333。2014年10月6日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  47. ^ Haikonen POA(2007)「意識の反射:ミラーテスト」意識に関する2007 AAAI秋のシンポジウムの議事録、 pp。67–71。
  48. ^ Asendorpf、JB; Warkentin、V。; ボードニエール、P.-M。(1996)。「自己認識と他の認識II:ミラー自己認識、社会的偶発性認識、および同期模倣」。発達心理学32(2):313–321。土井10.1037 /0012-1649.32.2.313S2CID21762291_ 
  49. ^ 世界初の自己認識ロボットとミラーイメージ認知の成功 2009年2月3日にウェイバックマシン(カールスルーヘ大学とミュンヘン大学、ドイツでの講義)でアーカイブされました。2006年11月8日
  50. ^ モレノ、ラウルアラバレス(2008年1月8日)。「ロボットはミラーテストに合格できますか?」意識のあるロボット2013年1月5日にオリジナルからアーカイブされました。
  51. ^ エリックR.カンデル(2007)。記憶を求めて:新しい心の科学の出現WWノートン。p。9. ISBN 978-0393329377
  52. ^ オズワルドハンフリング(2002)。ウィトゲンシュタインと人間の生活形式心理学プレス。pp。108–109。ISBN 978-0415256452
  53. ^ Eugene O Mills(1999)によるDavidChalmersに起因する用語「意識の難しい問題をあきらめる」ジョナサンシアー(編)。意識の説明:難しい問題MITプレス。p。109. ISBN 978-0262692212
  54. ^ Damasio、A。(1999)。何が起こるかの感覚:身体、感情、意識の形成ハーコートブレイス、1999年。
  55. ^ Damasio、A。(2003)。感情と自己の感情。J. LeDoux、J。Debiec&H。Moss(編)、Self:from Soul to Brain(Vol。1001、pp.253-261)。ニューヨーク:ニューヨークアカデミーサイエンス。
  56. ^ チャーマーズDJ、意識の問題に立ち向かう、J Cons Stud、2(1995)200。
  57. ^ チャーマーズDJ、意識的な心:基本的な理論を求めて(オックスフォード大学出版局、ニューヨーク)1996年。
  58. ^ a b c d Edelman、GM(2003)。「意識の自然化:理論的枠組み」Proc。国立 Acad。科学 アメリカ100(9):5520–5524。Bibcode2003PNAS..100.5520E土井10.1073 /pnas.0931349100PMC154377_ PMID12702758_  
  59. ^ Edelman、GM、Tononi、G。(2000)。意識の宇宙:物質がどのように想像力になるか。ニューヨーク:ベーシックブックス
  60. ^ Linden、Eugene(2000)。オウムの嘆き:そして動物の陰謀、知性、そして創意工夫の他の実話ソーンダイク、私:GKホール。ISBN 978-0-7838-9031-9
  61. ^ 動物の意識:重要なこととダニエル・デネット
  62. ^ a b ブロック、ネド(1995)。「意識の機能についての混乱について」(PDF)行動科学と脳科学18(2):227–287。CiteSeerX10.1.1.207.6880_ 土井10.1017 / s0140525x00038188  
  63. ^ バロン、AB; クライン、C。(2016)。「昆虫が私たちに意識の起源について教えてくれること」国立科学アカデミーの議事録113(18):4900–4908。Bibcode2016PNAS..113.4900B土井10.1073 /pnas.1520084113PMC4983823_ PMID27091981_  
  64. ^ ベンハイム、モシェシェイ; モンテ、オルガダル; フェイガン、ニコラスA。; ダンハム、ノコギリソウ; Hassin、Ran R。; チャン、スティーブWC; サントス、ローリーR.(2021年4月13日)。「アカゲザル(Macaca mulatta)の無意識の処理から知覚意識を解きほぐす」国立科学アカデミーの議事録118(15):e2017543118。土井10.1073 /pnas.2017543118ISSN0027-8424_ PMC8053918_ PMID33785543_   
  65. ^ a b Plotnik、JM; de Waal、FBM; リース、D(2006)。「アジアゾウの自己認識」国立科学アカデミーの議事録103(45):17053–17057。Bibcode2006PNAS..10317053P土井10.1073 /pnas.0608062103PMC1636577_ PMID17075063_  
  66. ^ Bischof-Köhler、D。(1991)。乳児における共感の発達。ME Lamb&H。Keller(eds。)、InfantDevelopment。ドイツ語圏の国(245-273)からの視点。
  67. ^ a b c d 以前、H; シュワルツ、A; Gunturkun、O(2008)。「カササギ(カササギ)の鏡に誘発された行動:自己認識の証拠」PLOS生物学6(8):1642–1650。土井10.1371 /journal.pbio.0060202PMC2517622_ PMID18715117_  
  68. ^ ギャラップ、GGジュニア(1970)。「チンパンジー:自己認識」。科学167(3914):86–87。Bibcode1970Sci ... 167 ... 86G土井10.1126 /science.167.3914.86PMID4982211_ S2CID145295899_  
  69. ^ Walraven、V; ヴァンエルサッカー、L; Verheyen、R(1995)。「ピグミーチンパンジー(Pan paniscus)のグループの鏡像への反応:自己認識の証拠」。霊長類36:145–150。土井10.1007 / bf02381922S2CID38985498_ 
  70. ^ Patterson FGP、Cohn RH(1994)低地のゴリラにおける自己認識と自己認識。で:パーカーST、ミッチェルRW、編集者。動物と人間の自己認識:発達の視点。ニューヨーク(ニューヨーク):ケンブリッジ大学出版局。pp。273–290。
  71. ^ Marten、K。; Psarakos、S。(1995)。「バンドウイルカ(Tursiops truncatus)の自己認識の証拠」パーカーでは、ST; ミッチェル、R。; ボッチャ、M。(編)。動物と人間の自己認識:発達の展望ケンブリッジ大学出版局。pp。361–379。2008年10月13日にオリジナルからアーカイブされました。
  72. ^ Reiss、D。; マリノ、L。(2001)。「バンドウイルカの鏡の自己認識:認知収束の事例」国立科学アカデミーの議事録98(10):5937–5942。Bibcode2001PNAS ... 98.5937R土井10.1073 /pnas.101086398PMC33317_ PMID11331768_  
  73. ^ Delfour、F。; マーテン、K。(2001)。「3つの海洋哺乳類種における鏡像処理:オキゴンドウ(Orcinus orca)、オキゴンドウ(Pseudorca crassidens)、カリフォルニアアシカ(Zalophus californianus)」。行動プロセス53(3):181–190。土井10.1016 / s0376-6357(01)00134-6PMID11334706_ S2CID31124804_  
  74. ^ 以前、ヘルムート; シュワルツ、A; Güntürkün、O; De Waal、Frans(2008)。De Waal、Frans(ed。)「カササギ(Pica pica)の鏡に誘発された行動:自己認識の証拠」(PDF)PLOS生物学6(8):e202。土井10.1371 /journal.pbio.0060202PMC2517622_ PMID18715117_ 2008年11月19日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2008年8月21日取得   
  75. ^ 内野恵美子; 渡辺茂(2014年11月1日)。「ハトの自己認識の再考」。行動の実験的分析のジャーナル102(3):327–334。土井10.1002 /jeab.112ISSN1938-3711_ PMID25307108_  
  76. ^ Povinelli、DJ; ラルフ、AB; ランダウ、KR; Bierschwale、DT(1993)。「チンパンジー(Pantroglodytes)の自己認識:分布、個体発生、および出現パターン」。J CompPsychol107(4):347–372。土井10.1037 /0735-7036.107.4.347PMID8112048_ 
  77. ^ ハイアット、CW(1998)。「鏡像に対するテナガザル(Hylobateslar)の反応」。Jプリマトールです。45(3):307–311。土井10.1002 /(SICI)1098-2345(1998)45:3 <307 :: AID-AJP7> 3.0.CO; 2-#PMID9651653_ 
  78. ^ ええ、イヴェイン。「ある種の魚が初めてミラーテストに合格しました」ニューサイエンティスト
  79. ^ 「この小さな魚は鏡で自分自身を認識することができます。それは自己認識ですか?」動物2019年2月7日2020年5月11日取得
  80. ^ ええ、イヴェイン。「ある種の魚が初めてミラーテストに合格しました」ニューサイエンティスト2020年5月11日取得
  81. ^ コウダ、マサノリ; タカシ、ハッタ; 竹山、知宏; 粟田聡; 田中宏和; 浅井淳也; ジョーダン、アレックス(2018年8月21日)。「よりきれいなベラはマークテストに合格します。動物の意識と自己認識テストにはどのような影響がありますか?」bioRxiv:397067。doi 10.1101 / 397067
  82. ^ Lea SEG(2010)非霊長類の哺乳類における概念学習:証拠を求めてD Mareschal、PCQuinnおよびSEGLea、 The Making of Human Concepts、pp。173–199。オックスフォード大学出版局。ISBN9780199549221 _ 
  83. ^ 優れた人間? –ドキュメンタリー。公式サイトでの文字起こし
  84. ^ a b c Cazzolla Gatti、Roberto(2015)。「自己意識:鏡を超えて、犬がそこで見つけたもの」。動物行動学エコロジー&エボリューション28(2):232–240。土井10.1080 /03949370.2015.1102777ISSN0394-9370_ S2CID217507938_  
  85. ^ 鈴木隆二; バック、ジョン; Tyack、Peter(2005年1月)。「動物のコミュニケーション分析におけるジップの法則の使用」(PDF)動物の行動69(1):F9–F17。CiteSeerX10.1.1.112.5869_ 土井10.1016 /j.anbehav.2004.08.004S2CID14968885_   
  86. ^ カーター、アラン(2005)。「動物、痛み、道徳」。応用哲学ジャーナル22(1):17–22。土井10.1111 /j.1468-5930.2005.00289.xPMID15948329_ 
  87. ^ Sagan、CarlおよびAnn Druya ​​n (1993) Shadows of Forgotten Ancestors、BallantineBooks。ISBN 9780345384720 
  88. ^ Webster、ジョン「不機嫌そうな牛の秘密の生活」タイムズ
  89. ^ ライバー、ジャスティン(1988年12月)。「カルテシアン言語学?」。哲学18(4):309–46。土井10.1007 / BF02380646S2CID189835510_ 
  90. ^ 顔はないが、生命のような植物キャロル・ケスク・ユン、ニューヨークタイムズ
  91. ^ Haselton、MG; イラクサ、D。&アンドリュース、PW(2005)。「認知バイアスの進化」。DMバス(編)。進化心理学ハンドブック米国ニュージャージー州ホーボーケン:John Wiley&Sons Inc. pp。724–746。
  92. ^ 祝福、H。; Fiedler、K。&Strack、F。(2004)。社会的認知:個人が社会的現実を構築する方法ホーブとニューヨーク:心理学プレス。p。2.2。
  93. ^ Mendl、M。; バーマン、OHP; パーカー、RMA&ポール、ES(2009)。「動物の感情と福祉の指標としての認知バイアス:新たな証拠と根底にあるメカニズム」。応用動物行動科学118(3–4):161–181。土井10.1016 /j.applanim.2009.02.023
  94. ^ ハーディング、EJ; ポール、ES; Mendl、M(2004)。「動物の行動:認知バイアスと情動状態」。自然427(6972):312。Bibcode2004Natur.427..312H土井10.1038 / 427312aPMID14737158_ S2CID4411418_  
  95. ^ Rygula、R; プルタ、H; P、ポピック(2012)。「笑うネズミは楽観的です」PLOSONE7(12):e51959。Bibcode2012PLoSO ... 751959R土井10.1371 /journal.pone.0051959PMC3530570_ PMID23300582_  
  96. ^ LeDoux、J(2012)。「感情的な脳を再考する」Neuron73(4):653–676。土井10.1016 /j.neuron.2012.02.004PMC3625946_ PMID22365542_  
  97. ^ LeDoux、JE(2014)。「恐れをもって合意する」Proc Natl Acad SciUSA111(8):2871–2878。Bibcode2014PNAS..111.2871L土井10.1073 /pnas.1400335111PMC3939902_ PMID24501122_  
  98. ^ LeDoux、JE(2015)。「感情:それらは何であり、脳はどのようにそれらを作るのですか?」(PDF)ダイダロス144(1):96–111。土井10.1162 / DAED_a_00319S2CID57561276_  
  99. ^ LeDoux JE(2015)不安:脳を使って恐怖と不安を理解し、治療する、ペンギン出版グループ。ISBN9781101619940 _ 
  100. ^ 「神経科学」メリアム・ウェブスター医学辞典
  101. ^ a b ワイスバーグ、DS; キール、FC; グッドスタイン、J; ローソン、E; グレイ、JR(2008)。「神経科学の説明の魅惑的な魅力」認知神経科学ジャーナル20(3):470–477。土井10.1162 /jocn.2008.20040PMC2778755_ PMID18004955_  
  102. ^ Koch 2004、p。304。
  103. ^ 関連用語の用語集については、 WaybackMachineで2013年3月13日にアーカイブされたここを参照
  104. ^ Crick、F。; コッホ、C。(1998)。「意識と神経科学」(PDF)CerebCortex8(2):97–107。土井10.1093 / cercor /8.2.97PMID9542889_   全文
  105. ^ Beilock etal。2002年
  106. ^ Adamantidis AR、Zhang F.、Aravanis AM、Deisseroth K.、de Lecea L.(2007)「ヒポクレチンニューロンのオプトジェネティック制御で調べた覚醒の神経基質」。自然
  107. ^ ローズ、ジェームズD(2002)。「魚の神経行動学的性質と意識と痛みの問題」(PDF)水産学のレビュー10(1):1–38。CiteSeerX10.1.1.598.8119_ 土井10.1080 / 20026491051668S2CID16220451_ 2012年10月10日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。   
  108. ^ アンダーソン、ジョンR.(2004)。認知心理学とその意味(第6版)。価値のある出版社。p。519. ISBN 978-0-7167-0110-1
  109. ^ Chavajay、Pablo; バーバラ・ロゴフ(1999)。「子供とその保護者による注意の管理における文化的変化」。発達心理学35(4):1079〜1090。土井10.1037 /0012-1649.35.4.1079PMID10442876_ 
  110. ^ カイザーJ、ルッツェンベルガーW(2003)。「誘発されたガンマバンド活動と人間の脳機能」。神経科学者9(6):475–84。土井10.1177 / 1073858403259137PMID14678580_ S2CID23574844_  
  111. ^ 意識の「層」または「レベル」? 2013年4月10日にウェイバックマシンでアーカイブ
  112. ^ 「意識の謎」時間1999年。
  113. ^ a b Metcalfe、J。、&Shimamura、AP(1994)。メタ認知:知ることについて知ること。マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  114. ^ カウチマン、ジャスティンJ。; コウチーニョ、MVC; ベラン、MJ; スミス、JD(2010)。「刺激の手がかりと強化信号を超えて:動物のメタ認知への新しいアプローチ」(PDF)比較心理学ジャーナル124(4):356–368。土井10.1037 / a0020129PMC2991470_ PMID20836592_ 2012年3月24日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。   
  115. ^ Schraw、Gregory(1998)。「一般的なメタ認知意識の促進」。教育科学26(1/2):113–125。土井10.1023 / A:1003044231033S2CID15715418_ 
  116. ^ オックスフォード心理学辞書;メタ認知
  117. ^ カウチマン、ジャスティンJ。; コウチーニョ、MVC; ベラン、MJ; スミス、JD(2010)。「刺激の手がかりと強化信号を超えて:動物のメタ認知への新しいアプローチ」(PDF)比較心理学ジャーナル124(4):356–368。土井10.1037 / a0020129PMC2991470_ PMID20836592_   
  118. ^ 「メタ認知:既知の未知数」ニューサイエンティスト誌の2582号、購読者のみ。
  119. ^ 「精神的なプロセスに反映することができるラット」ScienceDaily
  120. ^ フット、AL; クリスタル、JD(2007年3月)。「ラットのメタ認知」Curr。Biol17(6):551–5。土井10.1016 /j.cub.2007.01.061PMC1861845_ PMID17346969_  
  121. ^ Foote、Allison L。; クリスタル、JD(2007年3月20日)。「ラットのメタ認知」カレントバイオロジー17(6):551–555。土井10.1016 /j.cub.2007.01.061PMC1861845_ PMID17346969_ 2012年7月3日にオリジナルからアーカイブされました。  
  122. ^ スミス、J。デビッド; ベラン、MJ; カウチマン、JJ; コウチーニョ、MVC(2008)。「メタ認知の比較研究:より鋭いパラダイム、より安全な推論」Psychonomic Bulletin&Review15(4):679–691。土井10.3758 /pbr.15.4.679PMC4607312_ PMID18792496_  
  123. ^ Jozefowiez、J。; スタドン、JER; セルッティ、DT(2009)。「動物のメタ認知:動物が知っていることをどうやって知るのか?」比較認知と行動のレビュー4:29–39。土井10.3819 /ccbr.2009.40003
  124. ^ リッツォラッティ、ジャコモ; クレイゲロ、ライラ(2004)。「ミラーニューロンシステム」(PDF)神経科学の年次レビュー27:169–192。土井10.1146 /annurev.neuro.27.070203.144230PMID15217330_  
  125. ^ Keysers、クリスチャン(2010)。「ミラーニューロン」(PDF)カレントバイオロジー19(21):R971–973。土井10.1016 /j.cub.2009.08.026PMID19922849_ S2CID12668046_ 2013年1月19日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。   
  126. ^ a b c Keysers、クリスチャン(2011年6月23日)。共感的な脳Kindle。
  127. ^ クリスチャンキーザー; ヴァレリアガッゾラ(2006)。アンダース; エンデ; Unghofer; キスラー; ワイルドグルーバー(編)。社会的認知の統一神経理論に向けて(PDF)脳研究の進歩。156. pp。379–401。CiteSeerX10.1.1.132.4591_ 土井10.1016 / S0079-6123(06)56021-2ISBN   9780444521828ISSN0079-6123 _ PMID17015092 _ 2007年6月30日にオリジナル (PDF)からアーカイブされました。
  128. ^ Michael Arbib、ミラーシステム仮説。言語と心の理論のリンク 2009年3月29日にウェイバックマシンでアーカイブ、2005年、2006年2月17日検索
  129. ^ Théoret、Hugo; Pascual-Leone、Alvaro(2002)。「言語習得:あなたが聞くように」カレントバイオロジー12(21):R736–7。土井10.1016 / S0960-9822(02)01251-4PMID12419204_ S2CID12867585_  
  130. ^ Blakeslee、サンドラ(2006年1月10日)。「心を読む細胞」ニューヨークタイムズ化学。
  131. ^ Oberman、L。; ラマチャンドラン、VS(2009)。「ミラーニューロンシステムに関する反射:運動表現を超えたそれらの進化的機能」。ピネダでは、JA(編)。ミラーニューロンシステム:社会的認知におけるミラーリングプロセスの役割ヒューマナプレス。pp。39–62。ISBN 978-1-934115-34-3
  132. ^ ラマチャンドラン、VS(2009年1月1日)。「自己認識:最後のフロンティア、エッジ財団のウェブエッセイ」2011年7月26日取得
  133. ^ * Nichols、S。; グランサム、T。(2000)。「適応の複雑さと現象的意識」。科学哲学67(4):648–670。CiteSeerX10.1.1.515.9722_ 土井10.1086 / 392859JSTOR188711_ S2CID16484193_   
  134. ^ フリーマンとヘロン。進化的分析2007.ピアソンエデュケーション、ニュージャージー。
  135. ^ ピーターÅrhem; BIB Lindahl; ポール・R・マンガー&アン・B・バトラー(2008)。「意識の起源について—いくつかの羊膜類のシナリオ」。HansLiljenström&PeterÅrhem(編)。意識の遷移:系統発生的、個体発生的、および生理学的側面エルゼビア。ISBN 978-0-444-52977-0
  136. ^ Eccles、JC(1992)。「意識の進化」アメリカ合衆国科学アカデミー紀要89(16):7320–7324。Bibcode1992PNAS ... 89.7320E土井10.1073 /pnas.89.16.7320JSTOR2360081_ PMC49701_ PMID1502142_   
  137. ^ ピーターズ、フレデリック「再帰的で時空間的な自己位置としての意識」
  138. ^ Baars、BernardJ。意識の認知理論。1993年。ケンブリッジ大学出版局。
  139. ^ a b c d Gaulin、Steven JC、Donald H. McBurney(2003)進化心理学プレンティスホール、101〜121ページ。ISBN 978-0-13-111529-3 
  140. ^ セス、AK; Baars、BJ(2005)。「神経ダーウィニズムと意識」。意識と認知14(1):140–168。土井10.1016 /j.concog.2004.08.008PMID15766895_ S2CID6262356_  
  141. ^ a b Edelman、G。(2004)。空より広い:意識の驚異的な贈り物:エール大学Pr。
  142. ^ エーデルマン、GM(1992)。明るい空気、輝かしい火:心の問題について。ベーシックブックス、ニューヨーク。
  143. ^ a b c Merker、B(2007)。「大脳皮質のない意識:神経科学と医学への挑戦」。行動科学および脳科学30(1):63–81。土井10.1017 / s0140525x07000891PMID17475053_ S2CID16994436_  
  144. ^ エーデルマン、GM(2004)。空よりも広い:意識の革命的な見方。ペンギンプレスサイエンス、ロンドン、英国。
  145. ^ エーデルマン、GM(200)。第二の性質:脳科学と人間の知識。エール大学出版局、コネチカット州ニューヘブン。
  146. ^ ホブソン、JA(2009)。「レム睡眠と夢:プロトコンシャスネスの理論に向けて」(PDF)ネイチャーレビュー神経科学10(11):803–862。土井10.1038 / nrn2716PMID19794431_ S2CID205505278_   [永久リンク切れ]
  147. ^ Voss、Ursula(2010)。「覚醒前後の脳波の変化」。目覚めの科学神経生物学の国際レビュー。93. pp。23–56。土井10.1016 / S0074-7742(10)93002-XISBN 9780123813244PMID20970000 _
  148. ^ Kuiken、Don(2010)。「夢を見ている間の一次および二次意識」夢研究の国際ジャーナル3(1):21–25。
  149. ^ 低い、フィリップ等。(2012)意識に関するケンブリッジ宣言は、2012年7月7日に英国のケンブリッジで、人間および非人間動物の意識に関するフランシスクリック記念会議で公に宣言されました。
  150. ^ 「人間および非人間の動物の意識」フランシスクリック記念会議、2012年7月7日、ケンブリッジ、英国。
  151. ^ キャンベル、CBG; Hodos、W。(1991)。「ScalaNaturaeの再考:比較心理学における進化の尺度と成長」。J.Comp。サイコール105(3):211–221。土井10.1037 /0735-7036.105.3.211PMID1935002_ 
  152. ^ シェトルワース(1998)。
  153. ^ Reznikova(2007)。
  154. ^ 乗組員、ベック。「犬は新しい「スニフテスト」で自己意識の兆候を示しています" 。ScienceAlert_
  155. ^ Coren、Stanley(2008)。犬の考え方サイモン&シュスター。ISBN 97818473970652018年7月8日取得覚えておくべき重要なことは、犬は人間ほど視覚的に方向付けられていないということです
  156. ^ 「犬(そしておそらく他の多くの動物)にも良心があります!」en.tsu.ru。_ 2016年12月5日取得
  157. ^ 「犬は自己認識を持っています。それはSTSRテストによって確認されました」en.tsu.ru。 _ トムスク州立大学2018年7月8日取得
  158. ^ PEPPERBERG、Irene M.(2009年6月30日)。アレックス研究:ヨウムの認知能力とコミュニケーション能力ハーバード大学出版局。ISBN 9780674041998
  159. ^ 「Nkisiオーディオテキスト1」www.sheldrake.org
  160. ^ マリアアーメンタル(2008年5月8日)。「ジェーン・グドールは鳥類保護区のオープニングに出席します」www.projo.com2011年6月29日にオリジナルからアーカイブされました。
  161. ^ PéronF、Rat-Fischer L、Bovet D(2011)。「アフリカヨウム(Psittacus erithacus)における協調的問題解決」動物の認知14(4):545–553。土井10.1007 / s10071-011-0389-2PMID21384141_ S2CID5616569_  
  162. ^ 「研究者は初めて鳥の脳の意識的なプロセスを示します」phys.org 2020年10月9日取得
  163. ^ ニーダー、アンドレアス; ワーゲナー、リザン; リンナート、ポール(2020年9月25日)。「カラス科の鳥の感覚意識の神経相関」科学369(6511):1626–1629。Bibcode2020Sci ... 369.1626N土井10.1126 /science.abb1447ISSN0036-8075_ PMID32973028_ S2CID221881862 _ 2020年10月9日取得   
  164. ^ スタチョ、マーティン; ヘロルド、クリスティーナ; ルーク、ノエミ; ワーグナー、ヘルマン; Axer、Markus; Amunts、カトリン; Güntürkün、Onur(2020年9月25日)。「鳥の前脳における皮質のような正準回路」科学369(6511):eabc5534。土井10.1126 /science.abc5534ISSN0036-8075_ PMID32973004_ S2CID221882087 _ 2020年10月16日取得   
  165. ^ a b このタコは何を考えていますか? 2012年4月7日にWaybackMachineでアーカイブされました。ギャリーハミルトンによる。
  166. ^ a b NFW.org?2009年12月15日にウェイバックマシンでアーカイブされたタコは、ダグ・スチュワートによって本当に海の無脊椎動物の知性です。で:国立野生生物。1997年2月/ 3月、vol.35no.2。
  167. ^ a b ジャイアントタコ—強大だが秘密主義の深淵の住人
  168. ^ Slate.com、タコはどれくらい賢いですか?
  169. ^ Yekutieli、Yoram; Sagiv-Zohar、Roni; アハロノフ、ラニット; エンゲ、ヤアコフ; Hochner、Binyamin; フラッシュ、タマール(2005)。「タコの腕の動的モデル。I。タコの到達運動の生体力学」。J.Neurophysiol94(2):1443–1458。土井10.1152 /jn.00684.2004PMID15829594_ S2CID14711055_  
  170. ^ Zullo、L; Sumbre、G; アグニソラ、C; フラッシュ、T; Hochner、B(2009)。「タコの高等運動センターの非細胞性組織」Curr。Biol19(19):1632–6。土井10.1016 /j.cub.2009.07.067PMID19765993_ S2CID15852956_  
  171. ^ 「エビのためのタコのねじれ」2003年2月25日–news.bbc.co.uk経由。
  172. ^ タコにはどのような行動が期待できますか?レスブリッジ大学心理学・神経科学部のジェニファー・マザー博士とシアトル水族館のローランド・C・アンダーソン
  173. ^ 「タコはココナッツをひったくって走ります」BBCニュース2009年12月14日2010年5月20日取得
  174. ^ 「アーカイブされたコピー」2013年10月24日にオリジナルからアーカイブされました2012年12月21日取得{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  175. ^ Stone-Miller、Rebecca(2004)。「人間-動物のイメージ、シャーマニズムのビジョン、そして古代アメリカの美学」。Res:人類学と美学45(45):47–68。土井10.1086 / RESv45n1ms20167621JSTOR20167621_ S2CID193758322_  
  176. ^ Metzner、Ralf(1987)「シャーマニズム、錬金術、およびヨガにおける変容プロセス」で:ニコルソン、S。シャーマニズム、pp。233–252、クエストブック。ISBN9780835631266 _ 

さらに読む

無脊椎動物

外部リンク