COVID-19不況

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

COVID-19不況
IMF World Economic Outlook January 2021 Real GDP growth rate (map).svg
2021年1月26日現在の国際通貨基金によって記録された2020年の実質GDP成長率を示す地図。茶色の国は不況に直面している国です。
日にち2020年2月20日–進行中[a]
タイプ世界的な不況
原因
結果

COVID-19の不況COVID-19のパンデミックによって引き起こされた世界的な景気後退です。景気後退は2020年2月にほとんどの国で始まりました。

経済成長と消費者活動の停滞が見られた1年の世界経済の減速の後、 2020年初頭に取られたCOVID-19の封鎖およびその他の予防措置は、世界経済を危機に追いやった。[1] [2] [3] [4] 7か月以内に、すべての先進国経済は不況に陥りました。[5] [6]

景気後退の最初の主要な兆候は2020年の株式市場の暴落であり、2月下旬と3月に主要指数が20〜30%下落しました。回復は2020年4月初旬に始まり[7]、多くの市場指数は2020年後半までに回復または新記録を樹立しました。[8] [9] [10]

不況により、多くの国で失業率が異常に高く急速に増加しました。2020年10月までに、米国では1,000万件を超える失業訴訟が提起されており[11] 、国の資金による失業保険のコンピューターシステムとプロセスが圧倒されています。[12] [13]国連(UN)は、2020年4月に、世界の失業率が2020年の第2四半期に世界の労働時間の6.7%を一掃すると予測しました。これは、1億9500万人のフルタイム労働者に相当します。[14]一部の国では、失業率は約10%と予想され、コロナウイルスのパンデミックにより深刻な影響を受けた国では失業率が高くなっています。[15] [16] [17] 発展途上国送金の減少の影響を受け[18] 、 COVID-19パンデミック関連の飢饉を悪化させました。[19]

不況と2020年のロシアとサウジアラビアの石油価格戦争は石油価格の下落につながりました観光業ホスピタリティ産業エネルギー産業の崩壊過去10年間と比較して消費者活動が落ち込んでいます。[20] [21] [22] 2021年の世界的なエネルギー危機は、特にアジアでの強いエネルギー需要により、コロナウイルスによる景気後退を世界がやめたため、世界的な需要の急増によって引き起こされました。[23] [24] [25]その後、これは、ロシア・ウクライナ戦争 の緊張の高まりとエスカレーションへの反応によってさらに悪化した。2022年のロシアのウクライナ侵攻をもたらした[26]

背景

企業債務バブル

2007年から2008年の金融危機以来、社債は大幅に増加し、2009年の世界総生産の84%から2019年には92%、つまり約72兆ドルに増加しました。[27] [28]世界の8大経済圏(中国、米国、日本、英国、フランス、スペイン、イタリア、ドイツ)では、2009年の34兆ドルに対し、2019年の社債総額は約51兆ドルでした。 。[29]経済情勢が悪化した場合、高水準の債務を抱える企業は、貸し手に利息を支払ったり、債務を借り換えたりすることができなくなり、再編を余儀なくされるリスクがあります。[ 30]国際金融協会は2019年に、2008年の危機の半分の深刻な景気後退の中で、19兆ドルの債務が、発行した債務の利払いをカバーする収益がない非金融会社によって負われると予測しています。[29]マッキンゼーグローバルインスティテュートは2018年に、債券の25〜30%が高リスク企業によって発行されている中国、インド、ブラジルなどの新興市場に最大のリスクがあると警告しました[31]

2019年の世界経済の減速

2019年、IMFは、世界経済が「同期的な減速」を経験していると報告しました。これは、世界金融危機以来最も遅いペースになりました[32]製造業活動の「急激な悪化」により世界市場が苦しみ始めたため、消費者市場には「亀裂」が見られた。[33]世界の成長は、世界の総産業生産高が2018年初頭に持続的な減少を開始した2017年にピークに達したと考えられていた。 [34] IMFは、減速の主な理由として「貿易と地政学的緊張の高まり」を非難したBrexit_2019年の減速の主な理由として米中貿易戦争があり、他のエコノミストは流動性の問題を非難しました。[32] [35]

2019年4月、米国のイールドカーブは逆転し、2020年の世界的な景気後退の恐れが高まりました。[36]逆利回り曲線と米中貿易戦争への懸念が、2019年3月の世界の株式市場の売り切りを促し、景気後退が差し迫っていることへの懸念が高まった。[37]欧州連合と米国の債務水準の上昇は、経済学者にとって常に懸念事項でした。しかし、2019年には、景気減速の間にその懸念が高まり、エコノミストは次の金融危機の間に「債務爆弾」が発生することを警告し始めました。2019年の債務は、2007年から2008年の金融危機時よりも50%高かった[38]エコノミスト[誰?]この増加した債務は、不況時に世界中の経済や企業の債務不履行につながったものであると主張してい[39] [40]崩壊に至るまでの問題の最初の兆候は、米国連邦準備制度がレポ市場に資金を提供するための投資家の役割に介入し始めその間、夜間のレポレートは前例のない6%を超えて急上昇しました。これは、クラッシュにつながるイベントをトリガーする上で重要な要素となります。[41] [検証に失敗しました]

米中貿易戦争

中貿易戦争は2018年から2020年初頭にかけて発生し、世界経済全体に重大な被害をもたらしました。[42] 2018年、米国のドナルド・トランプ大統領は、米国が「不公正な貿易慣行」と呼んでいるものに変更を加えることを強制することを目的として、中国に関税やその他の貿易障壁を設定し始めた。[43]これらの貿易慣行とその影響の中には、貿易赤字の拡大、知的財産の盗難、およびアメリカの技術の中国への強制移転があります。[44]

米国では、貿易戦争が農民と製造業者の闘争と消費者の高値をもたらし、その結果、米国の製造業は2019年に「穏やかな不況」に陥りました。[45]他の国でも、経済的損害を引き起こしました。輸送とエネルギー価格の高騰によるチリとエクアドルでの激しい抗議を含むが、一部の国はギャップを埋めるために製造業の増加から恩恵を受けている。それはまた、株式市場の不安定さをもたらしました。中国や米国を含むいくつかの国の政府は、米中関係の悪化としっぺ返し関税によって引き起こされた被害の一部に対処するための措置を講じています。[46] [47] [48] [49]不況の間、貿易戦争からの消費主義と製造業の低迷は経済危機を悪化させたと信じられています。[50] [51]

Brexit

ヨーロッパでは、英国のEU離脱( Brexitとしてよく知られている)を取り巻く不確実性のために、経済が妨げられました。英国とEUの成長は、ブレグジットに至るまでの2019年に停滞しました。これは主に、2016年のブレグジット国民投票に反対、逆転、またはその他の方法で妨害することを目的とした政治家や運動によって引き起こされた英国の不確実性が原因で、遅延と延長が発生しました。[52] [検証に失敗]英国は2019年に「ほぼ不況」を経験し、2020年に入ると英国経済を弱体化させました。多くの企業が英国を離れてEUに移行し、その結果、貿易損失と景気後退が発生しました。 EU加盟国と英国の両方。[53] [54][55] [52]

恒大集団流動性危機

2021年8月、中国で2番目に大きな不動産開発業者であるEvergrandeGroupが3,000億ドルの債務を抱えていると報告されました。[56] 2021年9月にいくつかの支払い期限を逃した[57]政府の救済介入がない限り、会社は折りたたまれる可能性があり、会社内の株はすでに85%急落している。中国は世界第2位の経済大国であり、GDPの大部分を不動産が占めているため、特に中国が現在米国住宅バブル凌駕する住宅バブルの奥深くにあることを考えると、COVID-19の景気後退をさらに不安定化させる恐れがあります。以前の世界的な不況につながった。

2021年から2022年ロシアに対する世界的なエネルギー危機と制裁

2021年から2022年の世界的なエネルギー不足は、過去50年間に経験した一連の周期的なエネルギー不足の中で最も最近のものです。ウクライナ国外でのロシアの軍事力増強とその後の侵略もまた、ロシアからヨーロッパへのエネルギー供給を脅かし、ヨーロッパ諸国がエネルギー輸入の源を多様化させている。石油のコストを上昇させる一方で、2021年から2022年の世界的なエネルギー危機2022年のロシアのウクライナ侵攻による経済の落ち込みは、世界中の石油価格に影響を及ぼしました。[58]最も注目すべきは、SWIFTシステムおよび他国からの包括的な制裁に対するしっぺ返し対応に対して講じられた前例のない措置です。[59]2022年3月8日の輸入禁止に関する公式発表に先立ち、米国とEUによるロシアの石油とガスの輸入に関する協議で禁止案が報告された。[60] これは、ロシア政府と関係のある複数のロシアの実体に対して米国および米国の企業がとった既存の行動に追加されるものです。ロシアの貿易状況も安全保障上の理由で疑問視されています。禁止はまだ実施されていませんが、投資家による既存の懸念により、ロシアの石油市場に影響を与えているとすでに報告されています。[61] 3月10日の時点で、ロシアの債務格付けがフィッチによって「B」から「C」に格下げされたという報告もあり、潜在的なデフォルトが差し迫っていることを示しています。[62]

原因

COVID-19のパンデミック 1918年のスペイン風邪以来最も影響力のあるパンデミックです[63]パンデミックが最初に発生したのは2019年後半で、その結果として2020年に、世界は経済の停滞と深刻な消費者の低迷を経験していました。ほとんどのエコノミストは、特に深刻ではないものの、景気後退が来ると信じていました。パンデミックの急速な拡大の結果として、世界中の経済は、パンデミックの拡大を抑制するために人口の封鎖を開始しました。その結果、さまざまな産業消費主義が崩壊しました一度に、銀行(金利が上昇)と雇用に大きな圧力をかけました。[64] [65] [66]これは株式市場の暴落を引き起こし、その後不況を引き起こした。パンデミックに対応して新たな社会的距離を置く措置が取られたため、世界経済の大部分で封鎖が発生しました。[9]

COVID-19パンデミック

COVID -19パンデミックは、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)によって引き起こされるコロナウイルス病2019 (COVID-19)の進行中のパンデミックです。発生は2019年12月に中国のウーハンで確認され、2020年1月30日に国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態であると宣言され、 2020年3月11日に世界保健機関によってパンデミックとして認識されました。[67] [68]パンデミックは深刻な世界的経済的混乱を引き起こし[69]、スポーツ、宗教、政治、文化的イベントの延期または中止[70]。そして、パニック買いによって悪化する供給の広範囲にわたる不足[71] [72] 学校、大学、およびカレッジは、63か国で全国的または地域的に閉鎖されており、世界の学生人口の約47パーセントに影響を及ぼしています。多くの政府は、発生の影響を受けた国や地域への、およびそこからのすべての必須ではない旅行を制限または助言しています。[73]しかし、ウイルスはすでに世界の大部分のコミュニティ内に広がっており、多くの人はどこでどのように感染したかを知りません。[74]

SARS-CoV-2の走査型電子顕微鏡画像(中央、黄色)

COVID-19のパンデミックは、病気の蔓延とそれを検疫する努力を超えて、広範囲にわたる結果をもたらしました。パンデミックが世界中に広がるにつれ、懸念は供給側の製造業の問題からサービス部門のビジネスの減少に移りました。[75]パンデミックは、不況を引き起こす主な要因として満場一致で考えられています。パンデミックは、ほぼすべての主要産業に悪影響を及ぼし、株式市場の暴落の主な原因の1つであり、社会的自由と運動の大きな制限をもたらしました。[76] [77] [78] [79] [80]

封鎖

在宅注文は、多くの種類のビジネス、特に対面サービスを提供するビジネス(小売店、レストラン、ホテル、娯楽施設、美術館、診療所、美容院、スパなど)に明らかに影響しますが、政府の注文はそうではありませんそれらのビジネスへの唯一の圧力。米国では、地方自治体が外出禁止令を宣言する10〜20日前に人々の経済行動が変化し始め[81]、5月までに(スマートフォンのデータによる)個人の移動速度の変化は変化しませんでした。常に現地の法律と相関しています。[82] [83] [必要な非一次資料] [84]2021年の調査によると、経済活動の低下の7%のみが、政府が課した活動制限によるものでした。減少の大部分は、個人が自発的に商取引から離れたことによるものでした。[85]

ロシア・サウジアラビアの石油価格戦争

COVID-19のパンデミックによる旅行需要の減少と工場活動の欠如は、石油需要に大きな影響を与え、価格を下落させました。[86]ロシアとサウジアラビアの石油価格戦争は、石油価格を暴落させたため、景気後退をさらに悪化させた。2月中旬、国際エネルギー機関は2020年の石油需要の伸びは2011年以来最小になると予測しました。[87]中国の需要の低迷により、石油輸出国機構(OPEC)が会議を開き、潜在的な可能性について話し合いました。需要の損失のバランスをとるために生産を削減します。[88]カルテルは当初、2020年3月5日にウィーンで開催された会議の後、石油生産を1日あたり150万バレル削減するという暫定合意を結びました。これにより、生産レベルはイラク戦争 以来の最低水準になります[89]

OPEC とロシアが3月6日に石油生産の削減に合意できず、サウジアラビアとロシアが3月7日に石油生産の増加を発表した、石油価格は25%下落しました。[90] [91] 3月8 日、サウジアラビアは、内訳に続いて、原油の生産を増やし、アジア、米国、ヨーロッパの顧客に割引価格(1バレル6〜8ドル)で販売すると発表しました。ロシアが減産の呼びかけに抵抗したため、交渉の結果。最大の割引は北西ヨーロッパのロシアの石油顧客を対象とした。[92]

発表前は、年初から石油価格が30%以上下落しており、サウジアラビアが発表するとさらに30%下落したが、その後は幾分回復した。[93] [94] 世界の原油供給量の3分の2の価格設定に使用されていた石油市場であるブレント原油は、3月8日の夜の1991年の湾岸戦争 以来最大の落ち込みを経験した。同時に、世界の石油価格のベンチマークとして使用される別の市場であるウェストテキサスインターミディエイトの価格は、2016年2月以来の最低水準に下落しました。[95]エネルギー専門家のボブマクナリーは次のように述べています。大規模な負の需要ショック供給ショックと一致している;" [96]その場合、それは大恐慌の間の国際貿易の崩壊を引き起こしたスムート・ホーリー関税法であり、テキサス石油ブームの間の東テキサス油田の発見と一致した。ロシアとサウジアラビアの石油価格戦争は米国の在庫の急落を引き起こし、シェールオイルの米国の生産者に特別な影響を及ぼしました。[97]

2020年4月初旬、サウジアラビアとロシアはともに石油生産を削減することに合意しました。[98] [99] ロイター通信は、「サウジアラビアが生産量の抑制に失敗した場合、米国上院議員はリヤドに制裁を課し、王国から米軍を撤退させ、サウジアラビアの石油に輸入関税を課すようホワイトハウスに求めた」と報告した。[100] 2020年4月20日に石油の価格は一時的にマイナスになりました。[101]

金融危機

2017年1月から2020年12月までのDJIAの動き。
連邦準備制度のバランスシートは、2008年から2020年半ばまでの複数回の量的緩和を通じて大幅に拡大しました。2019年9月の間に、一晩のレポ金利が急上昇し、それにより連邦準備制度は量的緩和を再開しました。バランスシートは、パンデミック宣言後に放物線状に拡大しました。

2020年の株式市場の暴落2020年2月20日に始まりましたが、COVID-19不況の経済的側面は、2019年後半に具体化し始めました。[102] [103] [104] COVID-19の大流行により、世界市場、銀行、1929年の大不況以来見られなかった危機に企業はすべて直面していました。[引用が必要]

2月24日から28日まで、株式市場は2007年から2008年の金融危機以来1週間で最も下落し[105] [106] [107] 、修正に入った[108] [109] [110] 3月初旬までの世界市場は非常に不安定になり、大きな変動が発生した。[111] [112] 3月9日、ほとんどの世界市場は、主にCOVID-19のパンデミックと、サウジアラビアが主導するロシアとOPEC諸国間の石油価格戦争に対応して深刻な縮小を報告した。[113] [114]これは口語的にブラックマンデーIとして知られるようになり、当時は2008年の大不況。 [115] [116]

ブラックマンデーの3日後、私は別のドロップ、ブラックサーズデイがあり、ヨーロッパと北アメリカ全体の在庫が9%以上下落しました。ウォール街は1987年のブラックマンデー以来最大の1日の割合の低下を経験し、ボルサイタリアーナのFTSE MIB17%近く下落し、ブラックマンデーの最悪の打撃を受けた市場になりました。[117] [118] [119] 3月13日の一時的な上昇(市場は2008年以来最高の日を記録)にもかかわらず、3月16日に市場が再開したとき、3つのウォール街指数はすべて12%以上下落しました。[120] [121]この間、すべてのG7で1つのベンチマーク株価指数国とG20諸国のうち14カ国はベア市場にあると宣言されていました。[要出典]

ブラックマンデーI(3月9日)

クラッシュ

ダウ工業株30種平均先物市場は、開場前に、上記のパンデミックと原油価格の下落に基づいて1,300ポイント下落し、取引抑制またはサーキットブレーカーを引き起こし、先物市場は15分間取引を停止しました。 。[122]  3月9日のこの予測された1,300ポイントの低下は、ダウ工業株30種平均が1日で低下した最も多くのポイントの1つです。[123] [124]  3月9日に市場がオープンしたとき、ダウ工業株30種平均はオープン時に1800ポイント急落し、予測より500ポイント低くなりました。[125]

米国のダウジョーンズ工業株30種平均は2000ポイント以上下落し[126] 、ニュースインターナショナルは「日中の取引で史上最大の落ち込み」と説明しました。[127]ダウ工業株30種平均は、パニックに陥った販売を抑制するために、多くの取引「サーキットブレーカー」に打撃を与えた。[122]石油会社のシェブロンエクソンモービルは約15%下落した。[128]同じく米国にあるナスダック総合指数は、620ポイント以上を失った。[説明が必要] S&P 500は7.6%下落しました[129]石油価格は22%下落し、[130]そして10年および30年の米国債の利回りはそれぞれ0.40%および1.02%を下回りました。[131]カナダのS&P / TSX総合指数は、10%以上の休日を終えました。[132]ブラジルのIBOVESPAは12%をあきらめ、指数の15か月以上の上昇を消去しました。[133]オーストラリアのASX200は7.3%を失いました。これは、2008年以来の最大の日次減少です[134] [135]が、その日の後半にリバウンドしました。ロンドンのFTSE100は7.7%を失い、 2008年の金融危機以来最悪の落ち込みに見舞われました[136] [137] BPおよびシェルオイル日中の価格は約20%下落しまし[138] FTSE MIBCAC 40、およびDAXも同様にタンクに入れられ、イタリアではCOVID-19のパンデミックが続く中で最も影響を受けましたそれぞれ11.2%、8.4%、7.9%下落しました。[139] [140] [141] STOXX Europe 600、今年の初めのピークを20%以上下回りました。[142]

日本、シンガポール、フィリピン、インドネシアなどの多くのアジア市場では、シェアは直近のピークから20%以上下落し、ベアマーケットの領域に入りました。[143]日本では、日経225は5.1%急落しました。[144]シンガポールでは、ストレーツタイムスインデックスは6.03%下落しました。[145]中国では、CSI 300指数は3%下落しました。[146]香港では、ハンセン指数は4.2%下落した。[147]パキスタンでは、PSXは国の歴史の中で史上最大の日中の急落を経験し、2,302ポイントまたは6.0%を失った。市場はKSE100指数が3.1%下落して取引を終えました。[148]インドでは、 BSE SENSEXは1,942ポイント下落して35,635でしたが、 NSENifty50は538ポイント下がって10,451でした。[149]

ワシントンポスト紙は、パンデミック関連の混乱が企業の債務バブルの崩壊を引き起こし、景気後退を引き起こし悪化させる[150]ロシア中央銀行は、国内市場での外国為替市場の購入を30日間停止すると発表しましたが、 [151]ブラジル中央銀行は2つの別々の取引とメキシコ銀行でさらに34億6500万ドルの外国為替市場を競売にかけました。メキシコは、外国為替オークションプログラムを200億ドルから300億ドルに増やしました。[152] [153] 2日に1200億ドルの財政刺激策を発表した後 12月[154]日本の安倍晋三首相は追加の政府支出を発表し[155]、インドネシアのスリ・ムルヤニ財務相も追加の刺激策を発表した。[156]

ブラックサーズデイ(3月12日)

ブラックサーズデイ[157]は、2020年の大暴落の一環として、2020年3月12日の世界的な株式市場の暴落でした。米国の株式市場は、1987年の株式市場の暴落以来、1日で最大の減少率に見舞われました。[158] 3日前のブラックマンデーに続いて、ブラックマンデーはCOVID-19のパンデミックと、シェンゲン圏に対する30日間の渡航禁止を宣言した後の米国大統領ドナルドトランプに対する投資家の信頼の欠如に起因した。[159]さらに、クリスティーヌ・ラガルド率いる欧州中央銀行、市場の期待にもかかわらず金利を引き下げないことを決定し[160]、1時間以内に200ポイント以上のS&P500先物の低下につながりました。[161]

インドネシア銀行は国債で4兆ルピア(または2億7,653万ドル)の公開市場での購入を発表しましたが[162]、インドネシア銀行のペリー・ワルジヨ総裁は、インドネシア銀行による国債の公開市場での購入は年間で130兆ルピア、それ以降は110兆ルピアに上昇したと述べました。 1月末。[163]預金金利の引き下げを拒否したにもかかわらず、欧州中央銀行は資産購入を1,200億ユーロ(または1,350億ドル)増加させ[164]、連邦準備制度は公開市場での購入で1.5兆ドルを発表しました。[165]オーストラリアのスコット・モリソン首相は、176億豪ドルの財政刺激策を発表した。[166]インド準備銀行は、米ドルに対して6か月間20億ドルの通貨スワップを実施すると発表し、 [167]オーストラリア準備銀行は、国債の買戻しとして88億豪ドルを発表しました。[168]ブラジル中央銀行は、17.8億ドルの外国為替スポットを競売にかけました。[169]

アジア太平洋の株式市場は閉鎖された(東京証券取引所日経225 、香港証券取引所ハンセン指数インドネシア証券取引所IDXコンポジット52週間の最高値を20%以上下回った) )、[170] [171] [172]ヨーロッパの株式市場は11%下落しました(ロンドン証券取引所のFTSE 100インデックスフランクフルト証券取引所DAXユーロネクストパリCAC 40、およびFTSE MIBボルサイタリアーナはすべて直近のピークを20%以上下回っています)、[173] [174]ダウジョーンズ工業株30種平均はさらに10%下落しました( 3月9日に設定された1日の記録を上回っています)、NASDAQコンポジットは9.4%下落し、S&P 500は9.5%下落し(NASDAQとS&P 500もピークを20%以上下回った)、この下落により、ニューヨーク証券取引所での取引抑制がその週に2度目になりました。 。[175] [176]石油価格は8%下落し[177]、10年および30年の米国債の利回りは0.86%および1.45%に上昇しました(そしてそれらのイールドカーブは正常に終了しました)。[178]

クラッシュ

米国のダウジョーンズ工業株30種平均S&P 500指数は、 1987年の株式市場の暴落以来最大の1日のパーセンテージの下落に見舞われ、英国のFTSE 100は10.87%下落しました。[179]カナダのS&P / TSX総合指数は12%低下し、1940年以来最大の1日低下となりました。[180] FTSE MIBイタリア指数は16.92%の損失で終了し、史上最悪でした。[181]ドイツのDAXは12.24%低下し、フランスのCACは12.28%低下しました。[182]ブラジルでは、 B3で取引した後、 Ibovespaは14.78%急落しました。日中に2回停止されました; また、その上で閉じる前に70,000マークの下に移動しました。[183]​​ [184]インド国立証券取引所のNIFTY50最新のピークを7.89%下落して20%以上下回ったが、ボンベイ証券取引所のBSE SENSEXは2,919(または8.18%)下落して32,778となった。[185]ヨハネスブルグ証券取引所のベンチマーク株価指数は9.3%下落した。[186]ブエノスアイレス証券取引所メルバル指数は、その週に9.5%下落して19.5%になりました。[187] 3月12日は、9月に続いて2回目でした。 2013年に実装されて以来、7%ドロップサーキットブレーカーがトリガーされた3月。[159]

コロンビアでは、ペソが記録上初めて4000ペソを超えて取引されたとき、ペソは米ドルに対して史上最低値を記録しました。[188] [189]メキシコペソも、22.99ペソで取引され、米ドルに対して史上最低の記録を打ち立てました。[190]

ブラックマンデーII(3月16日)

前週末、サウジアラビア通貨庁は中小企業に130億ドルのクレジットラインパッケージを発表し[191]、南アフリカのシリルラマポーザ大統領は財政刺激策を発表しました。[192]連邦準備制度は、フェデラルファンド金利の目標を0%〜0.25%に引き下げ、準備預金の要件をゼロに引き下げ、7,000億ドルの量的緩和プログラムを開始すると発表しました。[193] [194] [195]

ダウ先物は1,000ポイント以上下落し、スタンダード&プアーの500先物は5%下落し、サーキットブレーカーを引き起こしました。[196] 3月16日月曜日、アジア太平洋およびヨーロッパの株式市場は閉鎖された(S&P / ASX 200は1日で9.7%の記録的な下落を記録し、2月20日に達したピークから30%下落した)。[197] [198] [199]ダウ工業株30種平均、ナスダック総合指数、S&P 500はすべて12〜13%下落し、ダウは3月12日に設定された1日の落ち込み記録を上回り、取引抑制は3回目の取引開始時(3月9日 と12日以降)にアクティブになります。[200]石油価格は10%下落した[201]一方、10年物と30年物の米国債のイールドカーブはそれぞれ0.76%と1.38%に低下しました(3回連続の取引セッションではイールドカーブは正常なままでした)。[202]

Cboe Volatility Indexは3月16日に82.69で引けました。これは、この指数の過去最高の終値です(ただし、2008年には日中のピークが高くなりました)。[203] [204] 3月16日の正午頃、ニューヨーク連邦準備銀行は、その日の午後までに5,000億ドルの買い戻しを行うと発表した。[205]インドネシアのスリ・ムルヤニ財務相は、税関連の財政刺激策としてさらに22兆ルピアを発表した。[206]トルコ共和国中央銀行は、預金準備率を8%から6%に引き下げました。[207]日本銀行は、銀行金利をマイナス0.1%から引き下げるのではなく、上場投資信託のより多くの公開市場での購入を行うと発表しました。[208] 2月7日に銀行金利を25ベーシスポイント引き下げた後 [209]ロシア中央銀行は、銀行金利を6%に維持すると発表し、[210]韓国銀行は、一晩のレートは50ベーシスポイントで0.75%になります。[211]チリ中央銀行はベンチマークレートを引き下げ[212]ニュージーランド準備銀行は公式キャッシュレートを75ベーシスポイント引き下げて0.25%にしました。[213]チェコ国立銀行、銀行金利を50ベーシスポイント引き下げて1.75%にすることを発表しました。[214]

国別の影響

アフリカ

2020年4月、サハラ以南のアフリカは25年ぶりの不況に突入する準備ができているように見えましたが、今回はさらに長い期間でした。[215] 世界銀行は、サハラ以南のアフリカ全体の経済は2020年中に2.1%–⁠5.1%縮小すると予測しまし 2020年5月現在、中国は返済期限の延長を検討しており、2020年6月、中国の指導者習近 は、特定の国への無利子融資の一部は免除されると述べた。[217] [218]

ボツワナ

ボツワナは、ダイヤモンド貿易、観光、その他のセクターの急激な落ち込みの影響を受けています。[219]

エジプト

エジプトの経済はCOVID-19不況に苦しんでいました。エジプト人の10人に1人を雇用し、GDPの約5%を占める観光業は大幅に停止し、海外の移民労働者からの送金(GDPの9%)も減少すると予想されています。[220]燃料価格の安さと需要の低迷により、一部の海運会社はスエズ運河を避け、代わりに喜望峰での旅行を選択し、政府の交通費を削減しました。[220]

エチオピア

エチオピアは、80の飛行ルートの停止を発表した国営航空会社であるエチオピア航空の輸出収入に大きく依存しています。[219]花やその他の農産物の輸出は急激に減少した。[219]

ナミビア

ナミビア中央銀行は、国の経済が6.9%縮小すると見ています[221]これは、1990年の独立以来最大のGDPの縮小になります。 [222]中央銀行はまた、ダイヤモンド採掘部門が2020年に14.9%減少する一方で、ウラン採掘は22%縮小する可能性があると発表した。[221]

ザンビア

ザンビアは深刻な債務危機に直面しました[223]国家予算のほぼ半分は利子の支払いに向けられており、国が将来のすべての支払いを行うことができるかどうかについての質問があります。[223]

南北アメリカ

アルゼンチン

アルゼンチンは不況のために歴史上9番目のソブリンデフォルトに突入しました。[224]政府は、13億5000万ドル以上の債務を負った後、最大の農業輸出企業の1つであるVicentínSAICを買収することを提案しました。[225]

ベリーズ

旅行の減少は、2020年にベリーズを深刻な不況に追い込むと予想されています。[219]

ブラジル

ブラジル政府は、国内総生産が4.7%縮小し、1900年以来最大の経済危機を経験すると予測しています。[226] 2020年の第1トリメスターでは、国内総生産は2019年の第1トリメスターのGDPより1.5%小さく、2012年の同じレベルに減少しました。[227] 2020年4月9日、少なくとも60万の企業が破産し、900万人が解雇された。[228]

パンデミックが発生したとしても、サンパウロ州は2020年に約0.4%のGDP成長率を示した唯一のブラジルの州でした。[229]

カナダ

2020年2月から4月にかけて、総失業率は300万人増加し、総労働時間は30%減少しました。3月のカナダの製造業売上高は、自動車メーカーと部品サプライヤーの売上高が30%以上急落したため、2016年半ば以来の最低水準に落ち込みました。[230]

これに応えて、カナダ政府は、カナダ緊急対応手当カナダ緊急学生手当カナダ緊急賃金補助金など、いくつかの手当を導入しました[231]

2020年6月までに、カナダの全国失業率は12.5%で、5月の13.7%から減少しました。[232]

メキシコ

メキシコの見通しは、COVID-19パンデミックの前にすでに貧弱で、2019年には穏やかな不況でした。 [233]アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の経済開発計画は、国営石油会社ペメックスからの収入に基づいていましたが、石油価格の崩壊は今やそれらの計画に疑問を投げかけた。[233]石油以外にも、この国の経済は観光業、米国との貿易、送金に依存しており、これらもすべて影響を受けています。[234]これらすべてが、1世紀でメキシコで最悪の不況になり、ベネズエラに次ぐラテンアメリカで最悪の景気後退につながる可能性があります。[234]この予測に加えて、2020年に縮小するメキシコの経済は、ベネズエラ、ペルーパナマアルゼンチンの経済よりも小さく、エクアドルの経済と同等でした。[235]

アメリカ合衆国

米国の非農業部門雇用者数、2005年から2022年1月

全米経済研究所、不況の日付の非公式な仲裁者と見なされ、米国の不況は2020年2月に始まり、2か月後に終了し、1854年までの記録で最短の不況になっていることを発見しました。[236] [237]

パンデミックの前に、不況の兆候がありました。米国のイールドカーブは2019年半ばに反転し、通常は今後の景気後退を示しています。[238] [239]

2020年3月以降、失業は急速に進んだ。4月4日までの3週間で、米国では約1,600万人の雇用が失われました [240]失業保険の請求は過去最高に達し、3月21日に終了する週に330万件の請求が行われた。(以前の記録は1982年から70万でした。)[241] [242]しかし、3月28日までの週は失業保険金請求が670万に達し、5月13日までに新しい保険金請求額は3500万を超えました。[243] 5月8日、労働統計局はU-3失業(公式失業)の数値を14.7%と報告しました。これは、1941年以来の最高レベルであり、U-6失業(総失業率にわずかな数の失業率とパートタイムの不完全就業率を加えたもの)があります。労働者)22.8%に達する。[244]

個々の州について、労働統計局は、2020年4月にネバダ州(30.1%)、ミシガン州(24.0%)、ハワイ州(23.8%)で最も高いU-3失業率が発生したと報告しました[ 245 ]続いて、4月にロードアイランド(18.1%)、6月にマサチューセッツ(17.7%)、4月にオハイオ(17.6%)が続きました。[245] 2020年12月までに、ネバダ州(9.2%)、ミシガン州(7.5%)、ハワイ州(9.3%)の上位3州の失業率が回復し、他の7州は4.0%未満に回復した。[245]しかしながら、これらの利益の高い割合はパートタイムの仕事であった可能性があり、2020年5月の仕事の利益は40%がパートタイムであると報告された。[246]

レストランの利用者数は全国で急激に減少し[247]、主要航空会社は大規模な運航を縮小しました。[248]ビッグスリーの自動車メーカーはすべて生産を停止した。[249] 4月、新築住宅の建設は30%減少し、5年間で最低レベルに達した。[250]

2020年2月から5月にかけて、約540万人のアメリカ人が職を失った後、健康保険を失いました。[251] [252]

セントルイス連邦財政ストレス指数は、2020年3月にゼロ以下から5.8に急上昇しました。[ 253] [254]米国商務省は、2020年3月の間に個人消費が7.5%減少したと報告しました。これは最大でした。 1959年に記録保持が開始されて以来、毎月の減少。その結果、2020年の第1四半期に国の国内総生産は4.8%の割合で減少しました。[255]

アメリカ史上最大の経済刺激法であるCARES法と呼ばれる2兆ドルのパッケージが、 2020年3月27日に法制化されました。[256]

議会予算局は2020年5月に次 のように報告しました。

  • 失業率は2月の3.5%から4月には14.7%に上昇し、2500万人以上の雇用が減少し、さらに800万人が労働力を失った。
  • 雇用の減少は、小売、教育、医療サービス、レジャー、ホスピタリティなどの「対面でのやり取り」に依存する業界に集中していました。たとえば、1700万人のレジャーとホスピタリティの仕事のうち8人が3月と4月に失われました。
  • 経済的影響は、通常、経済的クッションが少ないため、小規模で新しいビジネスに大きな打撃を与えると予想されていました。
  • 社会的距離がピークに達したため、実際の(インフレ調整後の)個人消費は2月から4月にかけて17%減少しました。4月の自動車と小型トラックの売上高は、2019年後半の月平均を49%下回りました。住宅ローンの申し込みは、2020年4月に2019年4月と比較して30%減少しました。
  • 実質GDPは、第2四半期に年率38%近く、つまり前四半期に比べて11.2%低下すると予測され、四半期ごとのプラス成長率は第3四半期に5.0%、第4四半期に2.5%に戻りました。 、実質GDPは、2022年以降まで2019年第4四半期の水準に戻るとは予想されていませんでした。
  • 失業率は2020年に平均11.5%、2021年に9.3%と予測された。[257]

2020年6月、経済アナリストのジムクレイマーは、COVID-19不況への対応が、近代史上最大の富の超富裕層への移転につながったと述べました。[258] 2020年7月30日、米国の第2四半期の国内総生産は年率33%で減少したと報告された。[259]

ラテンアメリカ

COVID-19によって引き起こされた不況は、ラテンアメリカの歴史の中で最悪であると予想されます。[260] ラテンアメリカ諸国は「失われた10年」に陥ると予想され、ラテンアメリカのGDPは2010年のレベルに戻り、9.1%減少します。国ごとのGDPの低下が見込まれる金額は以下のとおりです。[261]

GDPの縮小
ベネズエラ −26%
ペルー -13%
ブラジル -10.5%
アルゼンチン −9.2%
エクアドル −9%
メキシコ −9%
エルサルバドル −8.6%
ニカラグア −8.3%
キューバ −8%
チリ −7.9%
パナマ −6.5%
ホンジュラス −6.1%
コロンビア −5.6%
コスタリカ −5.5%
ドミニカ共和国 −5.3%
ボリビア −5.2%
ウルグアイ −5%
グアテマラ −4.1%
パラグアイ −2.3%

他の情報源は異なる数字を期待するかもしれません。[262] [263] [264] [265] パナマでは、COVID-19はパナマのGDPから58億米ドルを差し引くと予想されています。[266]チリの衰退を支援することは、COVID-19による米国と中国からの銅の需要の減少です。[261]

アジア太平洋

オーストラリア

不況前のオーストラリアは、経済と国内の交易路に損害を与えた異常に厳しく高価な山火事の季節に苦しんでいました。[267]それだけでなく、オーストラリアは経済成長の大幅な減速を経験しており、2019年後半のエコノミストは、オーストラリアは「不況の危機に瀕している」と述べた。[268]これと不況の影響の結果として、オーストラリアのアナリストは、オーストラリアの財務省によれば、有能な労働人口の少なくとも10.0%が失業し、GDPが少なくとも6.7%後退するという深刻な不況を予想した。 IMF。[269] [270]2020年4月、水コンサルタントは、農民の水配分が変更されない限り、パンデミックの際にコメやその他の主食が不足すると予測しました。[271]

2020年4月に発表された財務省のデータによると、 5.1 %の失業率は25年ぶりの最高値である10.0%に上昇すると予測されました。 4月から9月にかけて250豪ドルに減少し、12月31日以降は150豪ドルに減少しました。サプリメントは2021年3月31日に終了しました。[274] [275]

2020年4月現在、不況の影響で最大100万人が解雇されています。[276]ピーク日に28万人以上の個人が失業支援を申請した。[277]

2020年7月23日、財務大臣のJosh Frydenbergは、政府が2,890億ドルの経済支援パッケージを実施したことを示す四半期予算の更新を発表しました。その結果、2020〜21年の予算は、第二次世界大戦以来最大の1,840億ドルの赤字を記録することになります。オーストラリアはトリプルAの信用格付けを維持します。純負債は2021年6月20日時点で6,771億ドルに増加します。さらに、実質GDPは6月四半期に7%急落し、失業率は12月四半期に9.25%に達すると予測されました。しかし、ビクトリア州の制限、特にステージ4の制限がさらに復活したため、全国の失業率は11%に達すると予想されていました。[要出典]

2020年8月、全国の失業率は7.5%でピークに達し、[278] 2021年4月までに5.6%に低下しました。[279] 2020年12月、オーストラリアは9月四半期にGDPが3.3%増加した後、景気後退から脱却したと発表されました。 。しかし、フライデンバーグ財務相は、景気後退の影響は長続きし、回復はまだ終わっていないと述べた。オーストラリアは、GDPが2019年の数値から依然として縮小している可能性が高いものの、今年初めに予測されたように、景気後退を回避するように設定されています。[280]

バングラデシュ

バングラデシュ経済は、縫製産業と移民労働者からの送金に大きく依存しています。[281]衣料産業は大きな影響を受けており、2019年にはすでに縮小している。[281]送金は、22%減少すると予想されている。[281]

中国

不況の結果、中国の経済はほぼ50年ぶりに縮小しました。[282] 2020年第1四半期の国内総生産は前年比6.8%、四半期比10.0%減少し、湖北省のGDPは同期間に39.2%減少した。[283]

2020年5月、中国の 李克強首相は、歴史上初めて、中央政府が2020年の経済成長目標を設定しないことを発表しました。経済は2019年と比較して6.8%縮小し、中国は「予測不可能な」時期に直面しています。 。しかし、政府はまた、2020年末までに900万人の新しい都市雇用を創出する意向を表明した。[284]

2020年10月、中国の第3四半期のGDPは4.9%で成長したことが発表されました。これにより、アナリストの期待(5.2%に設定)が失われました。しかし、それは中国の経済が実際に数十年の低成長を引き起こしたコロナウイルスショックから着実に回復していることを示しています。[285]経済成長を促進するために、国は主要なインフラプロジェクトのために数千億ドルを確保し、人口追跡政策を使用し、ウイルスを封じ込めるために厳格な封鎖を実施した。[286]国際通貨基金によると、2020年に成長が見込まれる唯一の主要経済国です。[287]

2020年12月までに、工業製品の需要が高まる中、中国の景気回復は加速していました。[288]英国に本拠を置く経済ビジネス研究センターは、中国の「パンデミックの巧みな管理」により、中国経済が米国を上回り、2028年には名目GDPで世界最大の経済になると予測した。期待される。[289] [290]中国の経済は2020年に2.3%拡大した。[291]

韓国

2020年第2四半期の韓国の国内総生産(GDP)成長率は、前四半期から3.3%低下しました。これは、第1四半期(-1.3%)に続く2四半期連続のマイナス成長です。これは、 1997年のアジア金融危機後の1998年の第1四半期(-6.8%)以来、22年3か月で最低のパフォーマンスでした専門家は、韓国経済の40%を占める輸出を、1963年以来の57年間で最悪の業績報告として、マイナス成長の主な要因として挙げた。[292]

雇用市場の状況も大きな打撃です。国家統計局によると、6月の雇用者数は、COVID-19の蔓延による雇用市場のショックにより、前年比35万人以上減少した。失業率は、統計がまとめられ始めた1999年以来最高に急上昇しました。特に、経済的に活躍する若者の数は大幅に減少し、失業者数は前年比12万人増の166万人に達した。[292]

フィジー

3月18日、フィジー準備銀行は翌日物政策金利(OPR)を引き下げ[b]、数十年にわたる経済成長の後、国内経済は不況に陥ると予測しました。[293] 6月25日の後半、国立銀行は、継続的な失業に伴う消費と投資の減少により、今年はフィジー経済が大幅に縮小すると予測した。[294] 5月の年間インフレ率はマイナスの領域にとどまり(-1.7%)、年末までに最大1.0%まで上昇すると予測されています。[295]

  1. ^ 米国では3月から4月
  2. ^ OPRは、フィジー準備銀行(RBF)が金融政策のスタンスを公式に示し、伝達するために使用する主要な金利OPRの低下は、金融政策の緩和を意味します。

インド

IMFは、 2020〜21会計年度のインドの成長率を1.9%と予測しましたが[296]、次の会計年度には7.4%と予測しています。[297] IMFはまた、インドと中国がプラスの成長率を維持する唯一の2つの主要経済国であると予測した。[298]しかし、後で予測は間違っていたことが判明した。[要出典]

2020年6月24日、IMFはインドの成長率を過去最低の-4.5%に修正しました。しかし、IMFは、インドの経済は2021年に6%の堅調な成長率で回復すると予想されていると述べた。[要出典]

2020年8月31日、国家統計局(NSO)がデータを発表し、2020〜21会計年度の第1四半期に国内総生産が23.9%縮小したことを明らかにしました。経済の縮小は、COVID-19のパンデミックを封じ込めるための厳しい封鎖に続き、推定1億4000万人の雇用が失われました。経済協力開発機構によると、これは史上最悪の落ち込みでした。 [299]

イラク

政府の収入の90%は石油からのものであるため、価格の下落によって非常に大きな打撃を受けるでしょう。[233]

日本

日本では、2019年第4四半期のGDPは、2つの主な要因により、前四半期[300]から7.1%縮小しました。一つは、国民の反対にもかかわらず、政府が消費税を8%から10%に引き上げたことです。もう1つは、日本本土を襲った数十年で最強の台風である令和元年東経の壊滅的な影響です。これは、記録上最も高額な太平洋台風でした。[301]日本の韓国への輸出も日韓貿易紛争の悪影響を受け、総需要とGDP成長率が低下した。これはすべて、パンデミックが人々の生活と経済に与える影響を増大させ、首相はGDPの20%に相当する「大規模な」刺激策を発表しました。[302]

レバノン

2019年8月以降、レバノンは、レバノンポンドと米ドルの間の公式為替レートの上昇によって引き起こされた大きな経済危機を経験していました。[303] [304]これはベイルートでの大爆発によってさらにエスカレートし、ベイルート港に重大な被害をもたらし、レバノンの貿易に害を及ぼし、全国 で抗議した。

マレーシア

マレーシアでのCOVID-19パンデミックは、マレーシア経済に重大な影響を及ぼし、マレーシアリンギット(MYR)の切り下げと、国内総生産の減少につながりました。パンデミックは、エンターテインメント、市場、小売、ホスピタリティ、観光などのいくつかの主要セクターにも悪影響を及ぼしました。商品やサービスの不足に加えて、多くの企業は、事業と収益に影響を与える社会的距離と封鎖の制限に対処しなければなりませんでした。パンデミックは、職場の安全とマレーシアの産業で働く移民労働者の搾取にも注目を集めました。

ネパール

数百万人のネパール人が国外で働いているため、「ネパール国家を圧倒する」可能性のある「危機」と呼ばれる海外での一時解雇により、少なくとも数十万人が帰国すると予想されています。[305]

ニュージーランド

2020年4月、ニュージーランド財務省は、国が4週間封鎖された場合、13.5%の失業率を経験する可能性があり、封鎖が延長された場合、17.5%から26%の範囲になると予測しました。封鎖前の失業率は4.2%でした。グラント・ロバートソン財務相は、政府が失業率を10%未満に抑えると誓った。[306] [307] [308] 2020年の第2四半期に、失業率は0.2パーセントポイント低下して4パーセントになりました。しかし、過少使用率(労働市場の予備能力の尺度)は、前四半期から1.6ポイント上昇して過去最高の12%に上昇し、労働時間は10%減少しました。[309]

ニュージーランドのGDPは2020年の第1四半期に1.6%縮小しました。[310]ニュージーランド統計局が9月に報告した2020年の第2四半期のGDPが12.2%縮小した後、国は公式に不況に突入しました[311] [312]

フィリピン

フィリピン実質GDPは2020年の第1四半期に0.2%縮小しました。これは、1997年のアジア金融危機の翌年である1998年の第4四半期以来の最初の縮小です。[313]第2四半期に16.5%の落ち込みが記録された後、経済は技術的不況に陥った。[314]

政府は、GDPが2020年に5.5%縮小すると予測しています。FirstMetroInvestment Corpは、GDPが前年比で8〜9%減少すると予測しています。この減少は、通常、国のGDPの70%を占める家計支出の減少と、COVID-19コミュニティ検疫措置による支出への躊躇によって引き起こされています。[315]

2021年1月28日に発表された年次経済パフォーマンスレポートで、フィリピン統計局は、フィリピンのGDPが2020年に9.5%縮小したと報告しました。これは、第二次世界大戦以来の最悪の縮小です。最後の通年の縮小は、GDPが-0.5%増加した1997年のアジア金融危機の間でした。2020年の収縮も1984年の7%の収縮よりも悪かった。[316]

シンガポール

4月13日のCushman&Wakefieldのレポートによると、シンガポールの不動産投資売上高は、パンデミックが投資家のセンチメントに打撃を与えたため、今年の第1四半期は過去3か月から37%減少して30億2,000万ドルになりました。[317]

4月28日、シンガポール金融管理局(MAS)は、最新の半年ごとのマクロ経済レビューで、COVID-19の大流行による打撃により、シンガポールは今年不況に陥り、失業と賃金の低下をもたらすと述べました。景気後退がどれほど長くそして激しいかについての重大な不確実性」。パンデミックがどのように進展し、世界中の政策対応の有効性に応じて、シンガポールの経済成長は、史上最悪の縮小を記録するために、マイナス4〜マイナス1パーセントの予測範囲を下回る可能性さえあります。[318]

4月29日、労働省(MOM)は、主に外国人雇用の大幅な減少により、外国人家事労働者を除いた総雇用は、今年の最初の3か月で19,900人減少したと述べた。シンガポール国民の失業率は3.3%から3.5%に上昇し、永住者を含む居住者の失業率は3.2%から3.3%に上昇しました。[319]

5月14日、シンガポール航空(SIA)は、48年ぶりの年間純損失を計上しました。第4四半期の純損失は7億3,240万シンガポールドルで、前年同期の2億260万シンガポールドルの純利益から逆転しました。[320]

ヨーロッパ

経済活動の主要な指標であるEuropeanPurchasingManagers'Indexは、2020年4月に過去最低の13.5に急落しました。[321]通常、50未満の数値は経済の衰退の兆候です。[321]

アルメニア

アルメニア経済は7.6%急落し、2019年からのすべての利益を消し去った。[322]

ベラルーシ

ベラルーシ経済は、ロシアの石油補助金の喪失とベラルーシの精製石油製品の価格の下落によって悪影響を受けています。[219]

フランス

フランスはパンデミックに大きな打撃を受けており、年の半ばまでに2か月間の「厳格な封鎖」が課せられました。[323] 2020年4月8日、フランス銀行は、フランス経済が不況にあり、2020年の第1四半期に6%縮小したと宣言しました。[324]

2020年の第2学期の終わりに、いくつかの企業が人員削減を開始しました。ノキア(1233人)、[325] ルノー(4600人)、[326] エールフランス(7580人)、[326] エアバス(5000人)、[326] Derichebourg(700ジョブ)、[327] TUI France(583ジョブ)[328]NextRadio TV(330–380ジョブ)。[328]

イタリア

イタリアの失業率は11.2%に上昇すると予想され、51%が3月の失業を恐れています。[329] [330]

イタリアの第1四半期のGDPの暫定的な見積もりでは、四半期の落ち込みで4.7%の四半期(前年比-4.8%)を示しました。これは、大不況または欧州の債務危機のいずれの期間よりもはるかに急激な落ち込みです。[331]

イギリス

2020年3月19日、イングランド銀行は金利を過去最低の0.1%に引き下げました。[332]量的緩和は、大不況の開始以来、2,000億ポンド増加して合計6,450億ポンドになりました[333]翌日、大蔵大臣の リシ・スナックは、政府が経済を強化するために3500億ポンドを費やすと発表した。[334] 3月24日、SARS-CoV-2の蔓延を制限するために、英国では必須ではないビジネスと旅行が公式に禁止された。[335] 4月、世銀は政府の当座貸越ファシリティを2008年以来初めて3億7000万ポンドから非公開額に拡大することに合意した。[336] 2020年4月の家計支出は2019年4月と比較して41.2%減少しました。 [337] 4月の購買管理者指数スコアは13.8ポイントで、1996年の記録開始以来最低であり、事業活動の深刻な落ち込みを示しています。[338]

5月の初めまでに、英国の労働力の23%が一時解雇されました(一時解雇されました)。政府の制度は、発生によって収入が影響を受けた一時解雇された従業員と自営業者を支援するために開始され、適格性を条件として、通常の収入の80%を効果的に支払いました。[339]世銀は、英国経済は2020年上半期に30%縮小する可能性があり、失業率は2021年に9%に上昇する可能性が高いと推定しまし。 2019年第4四半期の成長率。[341] 5月13日、国家統計局2020年の第1四半期にGDPが2%減少したことを発表しました。これには、当時の記録的な3月の月間5.8%の減少が含まれます。首相は、英国が深刻な不況を経験している可能性が非常に高いと警告した。[342]

ロンドンを拠点とするHSBCは、2020年上半期に43億ドルの税引前利益を報告しました。これは、前年上半期の利益の3分の1に過ぎませんでした。[343]

8月12日、英国が11年ぶりに不況に陥ったことが発表されました。[344]

パンデミックの間、英国からの多くの食品および飲料製品の輸出は大幅に減少しました[345]。これは、世界中のホスピタリティ業界が大きな不振を経験したことも一因です。[346] 2021年2月のニュース報道によると、スコッチウイスキーセクターだけでも11億ポンドの売り上げの損失がありました。[347]

英国の観光(英国と他の国の両方からの訪問者による)は、旅行の制限と封鎖のために大幅に減少しました。2020年のほとんどの間、そして2021年まで、休暇旅行は許可されず、英国への入国は非常に厳しく制限されていました。たとえば、出張は、前年に比べて90%近く減少しました。[348] [349]これは観光収入に影響を与えただけでなく、多くの失業につながった。[350]

中東

中東では、アラブ首長国連邦サウジアラビアの経済状況は、この地域の他のどの国よりも悪化しました。観光業に大きく依存していたドバイは、観光業を再開した最初の企業の1つでした。[351]しかし、2021年1月までに、UAEでのCovid症例の大幅な急増が観察され、世界中のいくつかの国でも、ウイルスが海外に拡散したことでエミラティ市を非難し始めた。[352]

一方、世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアの経済は、COVID-19のパンデミックにより深刻な不況に直面しました。第2四半期に、サウジアラビアの経済は7%縮小し、石油部門と非石油部門の両方に打撃を与えました。さらに、この四半期の失業率も過去最高の15.4%に達しました。[353]第3四半期、王国は失業率の評価のための労働市場報告を発表しなかった。2021年1月、サウジは2020年12月に市民の失業に関するデータを公開することになっていたと報告されました。しかし、当局がサウジ統計局のWebサイトから公開日を完全に削除する前に、4回遅れました。[354]

セクター別の影響

COVID-19の不況により、さまざまなサービス部門が特に大きな打撃を受けると予想されます。[355]

自動車産業

米国の新車販売は40%減少しました。[356]アメリカのビッグスリーはすべて彼らのアメリカの工場を閉鎖した。[357]ドイツの自動車産業は、フォルクスワーゲン排出量スキャンダルと電気自動車との競争にすでに苦しんでいた後、苦しんだ[358]

エネルギー

石油タンカーは、2020年4月23日、南カリフォルニアの沖合に座ります。

石油への需要ショックは非常に深刻で、アメリカの石油先物契約の価格はマイナスになりました(ウェストテキサスインターミディエイトでは1バレルあたり37.63ドルで底を打ちました)。[359]これは、世界の生産を10%削減し、2020年のロシアとサウジアラビアの石油価格戦争を終わらせた以前のOPEC +協定にもかかわらずでした。[360]

観光

世界的な観光産業は、パンデミックにより最大50%縮小する可能性があります。[361]

レストラン

COVID-19のパンデミックは、レストラン事業に影響を与えました。2020年3月の初めに、米国のいくつかの主要都市は、バーやレストランが着席式の食事をするために閉鎖され、テイクアウトの注文と配達に限定されることを発表しました。[362]一部の従業員は解雇され、同様のセクターと比較して、より多くの従業員がこのセクターで病欠を欠いていました。[363] [364]

小売

世界中のショッピングセンターやその他の小売業者は、時間を短縮するか、完全に閉鎖しました。多くは回復しないと予想され、それによって小売業の黙示録の影響を加速させました。[365] デパート衣料品店は特に打撃を受けています。[365]

交通機関

パンデミック中の北京からロサンゼルスへのほぼ空のフライト

パンデミックは、結果として生じる旅行制限と旅行者の需要の低迷により、航空業界に大きな影響を及ぼしました。乗客数の大幅な減少により、空港間を空を飛ぶ飛行機とフライトのキャンセルが発生しました。[要出典]

次の航空会社は破産または管理に入っています:

クルーズ船業界も景気後退の影響を大きく受けており、主要なクルーズ船株価は70〜80%下落しています。[370]

職業と人口統計による米国の影響

職業間の違いは、グループ間の経済効果の違いを引き起こしました。特定の仕事は、リモートワークにはあまり適していませんでした。たとえば、人と緊密に協力したり、特定の資料を使用したりするためです。女性は男性よりも影響を受ける傾向がありました。[371]米国での移民の雇用は、移民の仕事の種類があったこともあって、先住民よりも減少した。[372] Inequity in economic impact on workers in similar professions occurred when employees laid-off completely were awarded both State unemployment benefits and up to $600/week in federal pandemic assistance – which together could equal or exceed pre-layoff income – while peers reduced to part-time employment struggled, ineligible for either unemployment insurance compensation or the accompanying pandemic payments.[citation needed]

Impact of U.S. protests

Boarded-up storefronts at New York City's Saks Fifth Avenue during the George Floyd protests

米国での抗議の経済的影響は、消費者の信頼を大幅に低下させることにより、COVID-19の不況を悪化させました[373]推定5000万ドルの費用がかかります。[374] [375]しかし、最初の抗議の時が来る前にウイルスの拡散を遅らせるために実施された封鎖のために、失業率は1か月足らずで突然上昇し、米国だけで2100万人以上が失業した。 +%から14 +%)。[376]すでにCOVID-19パンデミックの経済的影響に苦しんでいる多くの中小企業は、破壊行為、財産の破壊、略奪によって被害を受けました。[377] [378] Curfews instated by local governments – in response to both the pandemic and protests – have also "restricted access to the downtown [areas]" to essential workers, lowering economic output.[373]

The U.S. stock market remained unaffected or otherwise increased in the week after the protests on 26 May.[379] The protest's first fortnight coincided with a 38% rise in the stock market.[380] A resurgence of COVID-19 (facilitated by mass protests) could exacerbate the 2020 stock market crash according to Canadian economists at RBC.[381] The protests have disrupted national supply chains over uncertainty regarding public safety, a resurgence of COVID-19, and consumer confidence. A number of Fortune 500 companies, with large distribution networks, have scaled back deliveries and shuttered stores in high-impact areas.[373] Mass demonstrations, of both peaceful and violent varieties, has been linked to diminished consumer confidence and demand stemming from the public health risks of group gatherings amid COVID-19.[373]

Large-scale property damage stemming from the protests has led to increased insurance claims, bankruptcies, and curbed economic activity among small businesses and state governments. Insurance claims arising from property damage suffered in rioting is still being assessed, but is thought to be significant, perhaps record-breaking.[382]

特に州レベルでの公的資金と資金も、抗議の影響を受けています。COVID-19の不況は、州の予算の大部分を侵食し、その後、警察の残業代、セキュリティ費用、およびデモに関連するインフラストラクチャの修理に資金を提供するのに苦労しました。[373]州政府は、6月以降、警察署への予算削減と他の公安対策への資金提供の増加を発表した。[383]

食糧不安

Unlike the Great Recession, it is expected that the COVID-19 recession will also affect the majority of developing nations. On 21 April, the United Nations World Food Programme warned that a famine "of biblical proportions" was expected in several parts of the world as a result of the pandemic.[384][385] The release of 2020 Global Report on Food Crises indicated that 55 countries were at risk,[386] with David Beasley estimating that in a worst-case scenario "about three dozen" countries would succumb to famine.[385][387] This is particularly an issue in several countries affected by war, including the Yemeni Civil War, the Syrian civil war, insurgency in the Maghreb and the Afghanistan Conflict and occurs on a background of the 2019 locust infestations in East Africa. Nestlé, PepsiCo, the United Nations Foundation and farmers' unions have written to the G20 for support in maintaining food distributions to prevent food shortages.[388] It is estimated that double the number of people "will go hungry" when compared to pre-pandemic levels.[388]

The United Nations forecasts that the following member states will have significant areas with poor food security categorised as under "stress" (IPC phase 2), "crisis" (IPC phase 3), "emergency" (IPC phase 4) or "critical emergency" (IPC phase 5) in 2020:[386]

It also raises alerts around:[386]

On 9 July, Oxfam released a report warning that "12,000 people per day could die from COVID-19 linked hunger" by 2021, estimating an additional 125 million people are at risk of starvation due to the pandemic.[389][390] In particular the report highlighted "emerging epicentres" of hunger, alongside famine-stricken areas, including areas in Brazil, India, Yemen and the Sahel.[390]

National fiscal responses

Several countries have announced stimulus programs to counter the effects of the recession. Below is a summary table based on data from the International Monetary Fund (unless otherwise specified).[219]

Country Direct spending (billions US$) Direct spending (% GDP) Loan guarantees and asset purchases (billions US$) Notes Additional sources
 Australia 139 9.7 125
 Austria 43 9
 Azerbaijan 1.9 4.1
 Bahrain 1.5 4.2 9.8
 Belgium 11.4 2.3 51.9
 Canada 145 8.4 170
 Chile 11.75 4.7
 China 380 2.5 770
 Cyprus 1.00 4.3
 Czech Republic 4 2 40
 Denmark 9 2.5 Another 2.5% is estimated to come from automatic stabilizers.
 Egypt 6.13 1.8
 Estonia 2 7
 European Union 600 4 870 Not including individual action by states. Further information: Next Generation EU [391]
 France 129 5 300
 Germany 175 4.9 825 States have announced additional spending.
 Greece 27 14
 Hong Kong 36.69 10
 India 267 9
 Iran 55 10+
 Ireland 14.9 4
 Israel 26 7.2 10
 Italy 90 3.1 400
 Japan 1,070 21.1 15
 Kazakhstan 13 9
 Luxembourg 3.5 4.9
 Macau 6.6 12.1
 Malaysia 7.5 2.1 10
 New Zealand 40.9 21
 Norway 18 5.5
 Pakistan 8.8 3.8 Provincial governments have also announced fiscal measures
 Peru 20 8 announced expenditure of 12% from total GDP
 Philippines 21.45 5.83 [392]
 Qatar 20.6 13
 Russia 72.7 4.3 Total of the recovery plan in 2020–2021. [393]
 Serbia 3.35 6.5 Assistance in total amounts to about 5.7 billions USD (11% of the total GDP) [394]
 South Korea 14 0.6 90
 Singapore 54.5 11
  Switzerland 73 10.4
 Thailand 480 9.6
 Turkey 20 2
 United Arab Emirates 7.22 2
 United Kingdom 360 10.6
 United States 2,900 14.5 4000

See also

References

  1. ^ McFall-Johnsen, Juliana Kaplan, Lauren Frias, Morgan (14 March 2020). "A third of the global population is on coronavirus lockdown – here's our constantly updated list of countries and restrictions". Business Insider Australia. Retrieved 15 April 2020.
  2. ^ The return of Keynesianism? Exploring path dependency and ideational change in post-covid fiscal policy. Policy & Society. Volume 41, Issue 1, January 2022, Pages 68–82
  3. ^ Elliott, Larry (8 October 2019). "Nations must unite to halt global economic slowdown, says new IMF head". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  4. ^ Cox, Jeff (21 November 2019). "The worst of the global economic slowdown may be in the past, Goldman says". CNBC. Retrieved 15 April 2020.
  5. ^ Zumbrun, Josh (10 May 2020). "Coronavirus Slump Is Worst Since Great Depression. Will It Be as Painful?". The Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. Retrieved 20 January 2021.
  6. ^ "World Economic Outlook, April 2020 : The Great Lockdown". IMF. Retrieved 15 April 2020.
  7. ^
  8. ^ "World Economic Outlook Update, June 2020: A Crisis Like No Other, An Uncertain Recovery". IMF. Retrieved 11 September 2020.
  9. ^ a b "The Great Lockdown: Worst Economic Downturn Since the Great Depression". IMF Blog. Retrieved 16 April 2020.
  10. ^ "COVID-19 to Plunge Global Economy into Worst Recession since World War II". World Bank. Retrieved 11 September 2020.
  11. ^ "Unemployment cases jump in the United States". CNBC. 15 October 2020.
  12. ^ Aratani, Lauren (15 April 2020). "'Designed for us to fail': Floridians upset as unemployment system melts down". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  13. ^ "The coronavirus has destroyed the job market. See which states have been hit the hardest". NBC News. Retrieved 15 April 2020.
  14. ^ "ILO: COVID-19 causes devastating losses in working hours and employment". 7 April 2020. Retrieved 19 April 2020.
  15. ^ Partington, Richard (14 April 2020). "UK economy could shrink by 35% with 2m job losses, warns OBR". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  16. ^ Sullivan, Kath (13 April 2020). "Unemployment forecast to soar to highest rate in almost 30 years". ABC News. Retrieved 15 April 2020.
  17. ^ Amaro, Silvia (15 April 2020). "Spain's jobless rate is set to surge much more than in countries like Italy". CNBC. Retrieved 15 April 2020.
  18. ^ "Covid stops many migrants sending money home". The Economist. ISSN 0013-0613. Retrieved 23 April 2020.
  19. ^ Picheta, Rob. "Coronavirus pandemic will cause global famines of 'biblical proportions,' UN warns". CNN. Retrieved 13 July 2020.
  20. ^ Yergin, Daniel (7 April 2020). "The Oil Collapse". Foreign Affairs : An American Quarterly Review. ISSN 0015-7120. Retrieved 15 April 2020.
  21. ^ Dan, Avi. "Consumer Attitudes And Behavior Will Change in the Recession, And Persist When It Ends". Forbes. Retrieved 15 April 2020.
  22. ^ "The $1.5 Trillion Global Tourism Industry Faces $450 Billion Collapse in Revenues, Based on Optimistic Assumptions". Wolf Street. 30 March 2020. Retrieved 15 April 2020.
  23. ^ "Energy crunch: How high will oil prices climb?". Al-Jazeera. 27 September 2021.
  24. ^ "Covid is at the center of world's energy crunch, but a cascade of problems is fueling it". NBC News. 8 October 2021.
  25. ^ "Energy Crisis 2021: How Bad Is It, And How Long Will It Last?". Forbes. 19 October 2021.
  26. ^ "Biggest stock slide on Wall Street since '20 as oil surges". AP News (STAN CHOE and ALEX VEIGA). 7 March 2022.
  27. ^ "Corporate bonds and loans are at the centre of a new financial scare". The Economist. 12 March 2020. Retrieved 12 April 2020.
  28. ^ "April 2020 Global Debt Monitor: COVID-19 Lights a Fuse". Institute of International Finance. 7 April 2020. Retrieved 12 April 2020.
  29. ^ a b "Transcript of October 2019 Global Financial Stability Report Press Briefing". International Monetary Fund. 16 October 2019. Retrieved 12 April 2020.
  30. ^ Alster, Norm (16 April 2020). "Companies With High Debt Are Paying a Price". The New York Times. Retrieved 16 April 2020.
  31. ^ Lund, Susan (21 June 2018). "Are we in a corporate debt bubble?". McKinsey Global Institute. Retrieved 11 March 2020.
  32. ^ a b "The World Economy: Synchronized Slowdown, Precarious Outlook". IMF Blog. Retrieved 15 April 2020.
  33. ^ Gurdus, Lizzy (10 October 2019). "'Yellow flag on recession risk': Top forecaster warns of cracks in consumer spending". CNBC. Retrieved 15 April 2020.
  34. ^ Achuthan, Lakshman; Banerji, Anirvan. "Opinion: Here's what is really causing the global economic slowdown". CNN. Retrieved 15 April 2020.
  35. ^ Barone, Robert. "A Strange New World: Economic Slowdown, Liquidity Issues". Forbes. Retrieved 15 April 2020.
  36. ^ Chappelow, Jim. "Inverted Yield Curve Definition". Investopedia. Retrieved 15 April 2020.
  37. ^ DeCambre, Mark. "Dow, S&P 500 set for worst May tumble in nearly 50 years amid U.S.-China trade clash". MarketWatch. Retrieved 15 April 2020.
  38. ^ Robertson, Andrew (12 September 2019). "'How'd you go broke? Slow and then very fast': Economists warn on debt". ABC News. Retrieved 15 April 2020.
  39. ^ "Household debt up 7.4% in 2019 amid economic woes". Bangkok Post. Retrieved 15 April 2020.
  40. ^ Lee, Yen Nee (15 April 2020). "Coronavirus could cause more countries to default on their debt, economist says". CNBC. Retrieved 15 April 2020.
  41. ^ "Statement Regarding Monetary Policy Implementation". Federal Reserve. 11 October 2019.
  42. ^ Casselman, Ben; Chokshi, Niraj; Tankersley, Jim (22 January 2020). "The Trade War, Paused for Now, Is Still Wreaking Damage". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 15 April 2020.
  43. ^ Swanson, Ana (5 July 2018). "Trump's Trade War With China Is Officially Underway". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 15 April 2020.
  44. ^ "Findings of the Investigation into China's Acts, Policies, and Practices Related to Technology Transfer, Intellectual Property, and Innovation Under Section 301 of the Trade Act of 1974" (PDF). Office of the U.S. Trade Representative. Retrieved 15 April 2020.
  45. ^ Long, Heather; Van Dam, Andrew. "U.S. manufacturing was in a mild recession during 2019, a sore spot for the economy". The Washington Post. Retrieved 15 April 2020.
  46. ^ "China–US trade war: Sino-American ties being torn down brick by brick". Al Jazeera. Retrieved 18 August 2019.
  47. ^ "For the U.S. and China, it's not a trade war anymore – it's something worse". Los Angeles Times. 31 May 2019. Retrieved 18 August 2019.
  48. ^ "NDR 2019: Singapore will be 'principled' in approach to China–US trade dispute; ready to help workers". CNA. Retrieved 18 August 2019.
  49. ^ Rappeport, Alan; Bradsher, Keith (23 August 2019). "Trump Says He Will Raise Existing Tariffs on Chinese Goods to 30%". The New York Times. Retrieved 25 August 2019.
  50. ^ "IMF – The "Great Lockdown" Is Set To Triggers The World's Worst Recession Since The 1929 Great Depression". Retrieved 15 April 2020.
  51. ^ "Great lockdown as bad as Great Depression: IMF". The News International. Retrieved 15 April 2020.
  52. ^ a b "Shadow of Brexit still looms over economy: experts debate the data". The Guardian. 27 December 2019. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  53. ^ Partington, Richard (25 October 2019). "How has Brexit vote affected the UK economy? October verdict". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  54. ^ Amadeo, Kimberly. "Brexit Consequences for the U.K., the EU, and the United States". The Balance. Retrieved 15 April 2020.
  55. ^ "The Economic Impact of Brexit". rand.org. Retrieved 15 April 2020.
  56. ^ "Evergrande's Total Liabilities Swell to Over $300 Billion". Bloomberg. 1 September 2021.
  57. ^ "Evergrande: Chinese property giant 'misses another payment deadline'". BBC. 30 September 2021.
  58. ^ "Biggest stock slide on Wall Street since '20 as oil surges". CBS News (CBS/AP). 7 March 2022.
  59. ^ "Swift:EU leaders line up to back banning Russia from banking network". The Guardian (Miranda Bryant). 26 February 2022.
  60. ^ "Swift:The US and Europe's Next Punch at Putin May Be Oil Import Ban". Bloomberg (Natalia Drozdiak). 7 March 2022.
  61. ^ "U.S. has not sanctioned Russian oil but traders avoiding it". Reuters (Jarrett Renshaw and Laura Sanicola). 1 March 2022.
  62. ^ "War in Ukraine: Russia soon unable to pay its debts, warns agency". BBC (BBC News). 9 March 2022.
  63. ^ "What The 1918 Flu Pandemic Teaches Us About The Coronavirus Outbreak". wbur.org. Retrieved 15 April 2020.
  64. ^ Long, Stephen (8 September 2019). "How a consumer go-slow and a pile of debt is killing the economy". ABC News. Retrieved 16 April 2020.
  65. ^ Chau, David (4 November 2019). "Retail slumps to 'weakest' level in 28 years as tax cuts fail to stimulate consumer spending". ABC News. Retrieved 16 April 2020.
  66. ^ Ellyatt, Holly (23 March 2020). "Global economic hit from coronavirus will be felt 'for a long time to come,' OECD warns". CNBC. Retrieved 16 April 2020.
  67. ^ "Statement on the second meeting of the International Health Regulations (2005) Emergency Committee regarding the outbreak of novel coronavirus (2019-nCoV)". World Health Organization. 30 January 2020. Archived from the original on 31 January 2020. Retrieved 30 January 2020.
  68. ^ "WHO Director-General's opening remarks at the media briefing on COVID-19 – 11 March 2020". World Health Organization. 11 March 2020. Retrieved 11 March 2020.
  69. ^ "Here Comes the Coronavirus Pandemic: Now, after many fire drills, the world may be facing a real fire". Editorial. The New York Times. 29 February 2020. Retrieved 1 March 2020.
  70. ^ "A List of What's Been Canceled Because of the Coronavirus". The New York Times. 1 April 2020. Retrieved 11 April 2020.
  71. ^ Scipioni, Jade (18 March 2020). "Why there will soon be tons of toilet paper, and what food may be scarce, according to supply chain experts". CNBC. Retrieved 19 March 2020.
  72. ^ "The Coronavirus Outbreak Could Disrupt the U.S. Drug Supply". Council on Foreign Relations. Retrieved 19 March 2020.
  73. ^ "COVID-19 Information for Travel". US Centers for Disease Control and Prevention. 11 February 2020. Retrieved 25 February 2020.
  74. ^ "Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) – Transmission". Centers for Disease Control and Prevention. 17 March 2020. Retrieved 29 March 2020.
  75. ^ "Real-time data show virus hit to global economic activity". Financial Times. 22 March 2020. Archived from the original on 22 March 2020. Retrieved 22 March 2020.
  76. ^ Schwartz, Nelson D. (21 March 2020). "Coronavirus Recession Looms, Its Course 'Unrecognizable'". The New York Times. Archived from the original on 24 March 2020. Retrieved 24 March 2020.
  77. ^ Horowitz, Julia. "A 'short, sharp' global recession is starting to look inevitable". CNN. Archived from the original on 20 March 2020. Retrieved 26 March 2020.
  78. ^ Lowrey, Annie (9 March 2020). "The Coronavirus Recession Will Be Unusually Difficult to Fight". The Atlantic. Archived from the original on 24 March 2020. Retrieved 24 March 2020.
  79. ^ Jenkins, Simon (9 March 2020). "There will be no easy cure for a recession triggered by the coronavirus". The Guardian. Archived from the original on 24 March 2020. Retrieved 24 March 2020.
  80. ^ "ECR Risk Experts Contemplate another Financial Crisis", Euromoney, 20 March 2020 Jeremy Weltman
  81. ^ Badger, Emily; Parlapiano, Alicia (7 May 2020). "Government Orders Alone Didn't Close the Economy. They Probably Can't Reopen It". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 8 May 2020.
  82. ^ Murray, Dr. Christopher (11 May 2020). "Expert explains why estimated US deaths have doubled". CNN Video. Retrieved 11 May 2020.
  83. ^ Silver, Nate (10 May 2020). "A lot of evidence suggests that formal re-opening policies are only loosely correlated with people's behavior". @NateSilver538. Retrieved 10 May 2020.
  84. ^ "Mobility Trends Reports". Apple Maps. Retrieved 10 May 2020.
  85. ^ Goolsbee, Austan; Syverson, Chad (1 January 2021). "Fear, lockdown, and diversion: Comparing drivers of pandemic economic decline 2020". Journal of Public Economics. 193: 104311. doi:10.1016/j.jpubeco.2020.104311. ISSN 0047-2727. PMC 7687454. PMID 33262548.
  86. ^ "Oil prices fall as coronavirus spreads outside China". Associated Press. 29 February 2020. Archived from the original on 8 March 2020.
  87. ^ "Coronavirus set to knock oil demand growth to slowest since 2011". Financial Times. 13 February 2020. Archived from the original on 14 February 2020.
  88. ^ Kollewe, Julia (4 February 2020). "Opec discusses coronavirus as Chinese oil demand slumps – as it happened". The Guardian. Archived from the original on 6 February 2020.
  89. ^ Johnson, Keith (5 March 2020). "OPEC Tries to Forestall a Coronavirus Oil Collapse". Foreign Policy. Archived from the original on 7 March 2020.
  90. ^ Stevens, Pippa; Meredith, Sam (6 March 2020). "Oil plunges 10% for worst day in more than 5 years after OPEC+ fails to agree on a massive production cut". CNBC. Archived from the original on 8 March 2020.
  91. ^ Kelly, Stephanie (8 March 2020). "Oil plunges 25%, hit by erupting Saudi-Russia oil price war". Reuters. Archived from the original on 9 March 2020.
  92. ^ "Saudi-Russian price war sends oil and stockmarkets crashing". The Economist. 9 March 2020. Archived from the original on 9 March 2020.
  93. ^ Stevens, Pippa (8 March 2020). "Oil prices plunge as much as 30% after OPEC deal failure sparks price war". CNBC. Archived from the original on 9 March 2020.
  94. ^ "Oil Prices, Stocks Plunge After Saudi Arabia Stuns World With Massive Discounts". NPR. 8 March 2020. Archived from the original on 10 March 2020.
  95. ^ Telford, Taylor; Englund, Will; Heath, Thomas. "U.S. markets crater with stocks down more than 5 percent as coronavirus spreads". The Washington Post. Archived from the original on 8 March 2020.
  96. ^ Mufson, Steven; Englund, Will. "Oil price war threatens widespread collateral damage". The Washington Post. Retrieved 9 March 2020.
  97. ^ Egan, Matt (9 March 2020). "Oil crashes by most since 1991 as Saudi Arabia launches price war". CNN. Archived from the original on 9 March 2020.
  98. ^ "Saudi Arabia and Russia Reach Deal to Cut Oil Production". Foreign Policy. 10 April 2020.
  99. ^ "Saudi, Russia agree oil cuts extension, raise pressure for compliance". Reuters. 3 June 2020.
  100. ^ "Saudi Arabia, Russia Agree to Record Oil Cut Under US Pressure as Demand Crashes". VOA News. Reuters. 9 April 2020.
  101. ^ Lee, Nathaniel (16 June 2020). "How negative oil prices revealed the dangers of the futures market". CNBC. Retrieved 5 July 2020.
  102. ^ Samuelson, Robert J. (12 March 2020). "What Crash of 2020 Means". The Washington Post. Retrieved 12 March 2020.
  103. ^ Wearden, Graeme; Jolly, Jasper (12 March 2020). "Wall Street and FTSE 100 plunge on worst day since 1987 – as it happened". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 12 March 2020.
  104. ^ Williams, Sean (10 March 2020). "Stock Market Crash 2020: Everything You Need to Know". The Motley Fool. Retrieved 12 March 2020.
  105. ^ Smith, Elliot (28 February 2020). "Global stocks head for worst week since the financial crisis amid fears of a possible pandemic". CNBC. Archived from the original on 28 February 2020.
  106. ^ Imbert, Fred; Huang, Eustance (27 February 2020). "Dow falls 350 points Friday to cap the worst week for Wall Street since the financial crisis". CNBC. Archived from the original on 28 February 2020.
  107. ^ Smith, Elliot (28 February 2020). "European stocks fall 12% on the week as coronavirus grips markets". CNBC. Archived from the original on 28 February 2020.
  108. ^ Menton, Jessica (27 February 2020). "Dow plunges 1,191 points, its biggest one-day point drop, as coronavirus fears escalate". USA Today. Retrieved 12 March 2020.
  109. ^ Peltz, James F. (27 February 2020). "Stock market enters a correction, down 10% from recent peak". Los Angeles Times. Archived from the original on 4 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  110. ^ Huang, Eustance (28 February 2020). "Seven major Asia-Pacific markets have tumbled into correction territory". CNBC. Archived from the original on 29 February 2020. Retrieved 24 March 2020.
  111. ^ "Asian shares rise following stimulus-led surge on Wall St". MyNorthwest. Associated Press. 4 March 2020. Archived from the original on 5 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  112. ^ DeCambre, Mark (7 March 2020). "Wild stock-market swings are 'emotionally and intellectually wearing' on Wall Street". MarketWatch. Archived from the original on 5 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  113. ^ Partington, Richard; Wearden, Graeme (9 March 2020). "Global stock markets post biggest falls since 2008 financial crisis". The Guardian. ISSN 0261-3077. Archived from the original on 14 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  114. ^ He, Laura; Duffy, Clare; Horowitz, Julia. "US stocks halted after falling 7%. Global stocks plunge as oil crashes and coronavirus fear spreads". CNN. Archived from the original on 14 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  115. ^ Prynn, Jonathon; English, Simon; Murphy, Joe (9 March 2020). "Black Monday: Fourth biggest City fall as virus panic hits markets". London Evening Standard. Archived from the original on 11 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  116. ^ Partington, Richard; Wearden, Graeme (9 March 2020). "Global stock markets post biggest falls since 2008 financial crisis". The Guardian. ISSN 0261-3077. Archived from the original on 12 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  117. ^ "Milan bourse closes almost 17% down – English". ANSA.it. 12 March 2020. Archived from the original on 18 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  118. ^ Lopez, Jonathan (12 March 2020). "Europe crude, petchems prices extend losses as stocks suffer 'Black Thursday'". Icis. Archived from the original on 22 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  119. ^ Burch, Sean (12 March 2020). "Dow Suffers Biggest Point Drop Ever, as Disney and Apple Fall Hard". TheWrap. Archived from the original on 22 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  120. ^ "Stock market today: Live updates on the Dow, S&P 500, companies and more". CNN. 13 March 2020. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  121. ^ Imbert, Fred (16 March 2020). "Here's what happened to the stock market on Monday". CNBC. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  122. ^ a b "Global shares plunge in worst day since financial crisis". BBC. 9 March 2020. Archived from the original on 9 March 2020.
  123. ^ Li, Yun (8 March 2019). "Dow futures tumble as Saudi-Russia oil price war adds to coronavirus stress". NBC News. Archived from the original on 9 March 2020.
  124. ^ Bayly, Lucy (9 March 2020). "Dow closes with decline of 2,000 points, almost ending 11-year bull market". NBC News. Archived from the original on 9 March 2020.
  125. ^ Ruhle, Stephanie (9 March 2019). "Stocks plunge at market open, trading halts after Dow drops 1800 points". MSNBC.
  126. ^ Menton, Jessica. "Dow plummets 2,000 points, oil prices drop as global recession concerns mount". USA Today. Retrieved 10 March 2020.
  127. ^ "Trillions vaporise from world economy". The News International. Retrieved 10 March 2020.
  128. ^ "Dow Dives 2,000 Points After Oil Shock". Haaretz. Reuters. 9 March 2020. Retrieved 10 March 2020.
  129. ^ "Worst day in a decade: Nasdaq, S&P, Dow down nearly 8% in massive market rout". Fortune. Retrieved 10 March 2020.
  130. ^ Defterios, John (9 March 2020). "Why oil prices are crashing and what it means". CNN. Archived from the original on 15 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  131. ^ Franck, Thomas; Li, Yun (9 March 2020). "10-year Treasury yield hits new all-time low of 0.318% amid historic flight to bonds". CNBC. Archived from the original on 9 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  132. ^ "TSX sinks 10.3%, U.S. stocks plunge most since the financial crisis". Financial Post. 9 March 2020. Retrieved 10 March 2020.
  133. ^ "Brazil stocks post biggest fall since 1998, central bank intervenes twice in FX". Reuters. 9 March 2020. Retrieved 10 March 2020.
  134. ^ "Australian shares drop most in over 11 years on virus fears, oil plunge". Reuters. 9 March 2020. Retrieved 10 March 2020.
  135. ^ "'Real fear': ASX plunges 7.3 per cent as $136b wiped from bourse". The Sydney Morning Herald. 9 March 2020. Archived from the original on 10 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  136. ^ Marris, Sharos (9 March 2020). "Coronavirus: FTSE 100 in biggest fall since 2008 financial crisis on outbreak fears". Sky News.
  137. ^ Ashworth, Louis (9 March 2020). "Stock markets crash after oil price collapses". The Telegraph. ISSN 0307-1235. Retrieved 10 March 2020.
  138. ^ Ashworth, Louis (9 March 2020). "Stock markets crash after oil price collapses". The Telegraph. Retrieved 9 March 2020.
  139. ^ "FTSE falls 11% in a week as virus spreads". The Times. 9 March 2020. Archived from the original on 2 March 2020.
  140. ^ "FTSE tumbles 8.2% on opening rout". BBC. 9 March 2020. Archived from the original on 10 March 2020.
  141. ^ "US stocks halted after falling 7%. Global stocks plunge as oil crashes and coronavirus fear spreads". Q13 FOX. 9 March 2020. Archived from the original on 10 June 2020. Retrieved 15 April 2020.
  142. ^ Smith, Elliot; Ellyatt, Holly (9 March 2020). "European stocks close 7% lower and enter bear market territory as oil prices crash". CNBC. Archived from the original on 9 March 2020. Retrieved 26 March 2020.
  143. ^ Vishnoi, Abhishek; Mookerjee, Ishika (9 March 2020). "Perfect Storm Plunges Asia Stocks into Bear Markets One by One". Bloomberg. Retrieved 10 March 2020.
  144. ^ He, Laura (9 March 2020). "US stocks halted after falling 7%. Global stocks plunge as oil crashes and coronavirus fear spreads". 8 KPAX.
  145. ^ Tang, See Kit (9 March 2020). "Singapore stocks near 4-year low as oil rout, COVID-19 fears send investors 'dumping everything'". CNA. Retrieved 10 March 2020.
  146. ^ "China stocks slide 3%, leading sharp losses for Asia as coronavirus spreads". Market Watch. 23 January 2020. Archived from the original on 10 March 2020.
  147. ^ Price, Deb (9 March 2020). "Hong Kong stocks plunge more than 1,100 points as collapsing oil market adds to the woes of a widening coronavirus outbreak". South China Morning Post. Archived from the original on 9 March 2020.
  148. ^ "Crash and recover: Stocks register largest intra-day fall in history before rebounding". Dawn. 9 March 2020. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 26 March 2020.
  149. ^ Raj, Shubham (9 March 2020). "Monday mayhem marks worst day for Sensex: 5 factors causing this crash". The Economic Times. Archived from the original on 19 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  150. ^ Lynch, David J. (10 March 2020). "Fears of corporate debt bomb grow as coronavirus outbreak worsens". The Washington Post. Archived from the original on 11 March 2020.
  151. ^ Soldatkin, Vladimir (9 March 2020). "Russian cenbank says suspends forex purchases for 30 days". Reuters. Archived from the original on 9 March 2020.
  152. ^ McGeever, Jamie; Laier, Paula (9 March 2020). "Brazil stocks post biggest fall since 1998, central bank intervenes twice in FX". Reuters. Archived from the original on 10 March 2020.
  153. ^ Esposito, Anthony (9 March 2020). "Mexico central bank props up battered peso, rates outlook uncertain". Reuters. Archived from the original on 10 March 2020.
  154. ^ Takemoto, Yoshifumi; Kajimoto, Tetsushi (2 December 2019). "Japan preparing $120 billion stimulus package to bolster fragile economy". Reuters. Archived from the original on 21 February 2020.
  155. ^ Kajimoto, Tetsushi; Leussink, Daniel (9 March 2020). "Japan announces $4 billion coronavirus package, not yet eyeing extra budget". Reuters. Archived from the original on 11 March 2020.
  156. ^ Akhlas, Adrian Wail (9 March 2020). "Lower income, rising debt expected as Indonesia unveils extra stimulus". The Jakarta Post. PT Niskala Media Tenggara. Retrieved 9 March 2020.
  157. ^ For an explanation regarding the title "Black Thursday", see:
  158. ^ Imbert, Fred; Franck, Thomas (12 March 2020). "Dow drops more than 8%, heads for biggest one-day plunge since 1987 market crash". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  159. ^ a b Barnes, Brooks; Ewing, Jack; Goodman, Peter S.; Tankersley, Jim; Koblin, John; Hsu, Tiffany; Smialek, Jeanna; McKenna, Kevin; Reed, Stanley; Bradsher, Keith; Alderman, Liz; Stevenson, Alexandra; Kwai, Isabella; Bradsher, Keith; Perlroth, Nicole; Goldstein, Matthew; Abdul, Geneva; Tejada, Carlos (12 March 2020). "Stocks Plunge as Trump's Travel Ban Adds to Distress: Live Updates". The New York Times. Archived from the original on 12 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  160. ^ Amaro, Silvia (12 March 2020). "ECB surprises markets by not cutting rates, but announces stimulus to fight coronavirus impact". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  161. ^ Zabelin, Dimitri (12 March 2020). "ECB rate decision, Lagarde outlook: What to expect". DailyFX. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  162. ^ "Indonesia c.bank buys 4 trln rupiah of bonds in auction, may run 2nd auction". Reuters. 12 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  163. ^ Akhlas, Adrian Wail (12 March 2020). "Bank Indonesia spends Rp 110t to stabilize markets as virus stokes sell-off". The Jakarta Post. PT Niskala Media Tenggara. Retrieved 13 March 2020.
  164. ^ Amaro, Silvia (12 March 2020). "ECB surprises markets by not cutting rates, but announces stimulus to fight coronavirus impact". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  165. ^ Cox, Jeff (12 March 2020). "Fed to pump in more than $1 trillion in dramatic ramping up of market intervention amid coronavirus meltdown". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  166. ^ Zhou, Naaman (12 March 2020). "Australian government unveils $17.6bn stimulus package as coronavirus hammers stock market". The Guardian. Archived from the original on 12 March 2020.
  167. ^ Gopakumar, Gopika (12 March 2020). "Reserve Bank steps into forex market to support rupee". Mint. Retrieved 13 March 2020.
  168. ^ "Asia markets look to central bank action as liquidity tightens". Reuters. 12 March 2020. Archived from the original on 13 March 2020.
  169. ^ McGeever, Jamie (12 March 2020). "UPDATE 2-Brazil ups FX intervention, pledges to ease bond market strains". Reuters. Retrieved 13 March 2020.
  170. ^ Huang, Eustance (11 March 2020). "Japan stocks follow Dow into a bear market as Trump suspends travel from Europe; WHO declares coronavirus outbreak a pandemic". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  171. ^ Sin, Noah; Shen, Samuel (12 March 2020). "Hong Kong's Hang Seng Index plunges into bear market". NASDAQ. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  172. ^ Rahman, Riska; Samboh, Esther (12 March 2020). "Time-out: IDX halts trading as shares plunge 5%". The Jakarta Post. PT Niskala Media Tenggara. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  173. ^ Smith, Elliot; Ellyatt, Holly (12 March 2020). "European stocks close 11% lower in worst one-day drop ever on coronavirus fears". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  174. ^ Aslam, Naeem (12 March 2020). "The Bear Market Is Here! Fastest Plunge Of 20% On Record". Forbes. Retrieved 15 March 2020.
  175. ^ Imbert, Fred; Franck, Thomas (12 March 2020). "Dow plunges 10% amid coronavirus fears for its worst day since the 1987 market crash". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  176. ^ Culp, Stephen (12 March 2020). "Wall Street plunges, bringing record bull run to an end". Reuters. Retrieved 12 March 2020.
  177. ^ Stevens, Pippa (12 March 2020). "Oil drops as much as 8%, on pace for worst week in more than a decade". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  178. ^ Smith, Elliot; Li, Yun (12 March 2020). "10-year Treasury yield rises even as stocks tumble into bear market". CNBC. Archived from the original on 12 March 2020.
  179. ^ "Coronavirus: FTSE 100, Dow, S&P 500 in worst day since 1987". BBC. 12 March 2020. Archived from the original on 12 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  180. ^ "Canadian stock market bloodbath: Worst one-day fall in 80 years". Toronto Star. 12 March 2020. Archived from the original on 13 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  181. ^ "Borse, Piazza Affari chiude a −16,92%. E' il peggior crollo di sempre". Affaritaliani.it (in Italian). 12 March 2020. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  182. ^ "European Markets Plummet On Trump's Travel Ban". NASDAQ. RTTNews. 12 March 2020. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 13 March 2020.
  183. ^ "Ibovespa ameniza queda e recua 14% após anúncio de estímulos do Fed; dólar sobe a R$4,84". InfoMoney (in Brazilian Portuguese). 12 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  184. ^ "Ibovespa cai 14,8% e tem seu pior pregão desde 1998; dólar sobe a R$4,78". InfoMoney (in Brazilian Portuguese). 12 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  185. ^ "MARKETS: Sensex slumps 2,919 pts, Nifty at 33-mth low in biggest 1-day fall". Business Standard. Business Standard Ltd. 12 March 2020. Archived from the original on 13 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  186. ^ Changole, Adelaide (12 March 2020). "JSE stocks plunge the most since 1997 in 'panic' sell-off". Moneyweb. African Media Entertainment. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  187. ^ "Merval suffers another rout fuelled by Covid-19 pandemic". Buenos Aires Times. 12 March 2020. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  188. ^ "Colombia's central bank holds extraordinary meeting amid sharp fall in peso". Reuters. 12 March 2020. Archived from the original on 23 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  189. ^ "Dólar en Colombia alcanzó este jueves una cifra histórica de $4.034". Caracol Radio (in Spanish). 12 March 2020. Archived from the original on 22 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  190. ^ "Dólar alcanza máximo histórico de 22.98 pesos en la madrugada". El Universal (in Spanish). 12 March 2020. Retrieved 12 March 2020.
  191. ^ "Coronavirus: Saudi Central Bank announces 50 billion riyal package". Gulf News. Al Nisr Publishing. 14 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  192. ^ Maeko, Thando (15 March 2020). "Ramaphosa pledges Covid-19 economic stimulus package". Mail & Guardian. M&G Media Ltd. Retrieved 17 March 2020.
  193. ^ Liesman, Steve (15 March 2020). "Federal Reserve cuts rates to zero and launches massive $700 billion quantitative easing program". CNBC. Retrieved 15 March 2020.
  194. ^ "Fed cuts interest rates to near zero, coordinates with other central banks to combat coronavirus". Reuters. 15 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  195. ^ "Federal Reserve issues FOMC statement" (PDF). Federal Reserve Board. 15 March 2020. Retrieved 17 March 2020.
  196. ^ Menton, Jessica. "Stocks poised for plunge Monday as Dow futures drop 1,000 points despite Fed rate cut to zero". USA Today. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  197. ^ Huang, Eustance (16 March 2020). "Australia stocks drop nearly 10% as Asia markets tumble; Fed cuts rates to zero". CNBC. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  198. ^ Smith, Elliot; Ellyatt, Holly (16 March 2020). "European stocks close down 5%, travel stocks tank 10% as EU proposes flight restrictions". CNBC. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  199. ^ Hutchens, Gareth; Chalmers, Stephanie (16 March 2020). "ASX 200 posts biggest fall on record, Reserve Bank flags further measures amid coronavirus fears". ABC News. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  200. ^ Imbert, Fred (16 March 2020). "Dow drops nearly 3,000 points, as coronavirus collapse continues; worst day since '87". CNBC. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  201. ^ Stevens, Pippa (16 March 2020). "Oil drops nearly 10%, breaking below $29 as demand evaporates". CNBC. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  202. ^ Li, Yun; Smith, Elliot (16 March 2020). "10-year Treasury yield falls below 0.8% after Fed's emergency move to cut rates to zero". CNBC. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  203. ^ "Stock Market Volatility Tops Financial Crisis With VIX at Record". Bloomberg. 16 March 2020. Archived from the original on 18 March 2020. Retrieved 17 March 2020.
  204. ^ Li, Yun (16 March 2020). "Wall Street's fear gauge closes at highest level ever, surpassing even financial crisis peak". CNBC. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 17 March 2020.
  205. ^ Cox, Jeff (16 March 2020). "Fed says it will offer an additional $500 billion in overnight repo funding markets". CNBC. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  206. ^ Akhlas, Adrian Wail (16 March 2020). "Indonesia deploys second stimulus amid market, rupiah routs". The Jakarta Post. PT Niskala Media Tenggara. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  207. ^ "Turkish central bank lowers remuneration rate on required reserves -bankers". Reuters. 16 March 2020. Archived from the original on 18 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  208. ^ "BOJ ramps up risky asset buying as central banks fight coronavirus fallout". The Japan Times. News2u Holdings, Inc. 16 March 2020. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  209. ^ Kollmeyer, Barbara (7 February 2020). "Russian ruble falls as central bank cuts key rate by 25 basis points to 6%". MarketWatch. Retrieved 5 March 2020.
  210. ^ Ostroukh, Andrey; Fabrichnaya, Elena (16 March 2020). "Russia seen holding key rate at 6% on Friday amid coronavirus, low oil". Reuters. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  211. ^ "Bank of Korea slashes rate in emergency move after US Fed cut". The Straits Times. 16 March 2020. Archived from the original on 17 March 2020. Retrieved 16 March 2020.
  212. ^ Sanyal, Shreyashi (16 March 2020). "EMERGING MARKETS-Latam FX caught in virus-driven rout; Chile central bank cuts rates". Reuters. Archived from the original on 16 March 2020. Retrieved 17 March 2020.
  213. ^ Menon, Praveen (15 March 2020). "New Zealand central bank slashes rates at emergency meeting as coronavirus worsens". Reuters. Retrieved 30 March 2020.
  214. ^ Komuves, Anita; Hovet, Jason (16 March 2020). "UPDATE 2-CEE MARKETS-Assets fall even as central banks act to fight virus impact". Reuters. Retrieved 31 March 2020.
  215. ^ World Bank (9 April 2020). "COVID-19 (Coronavirus) Drives Sub-Saharan Africa Toward First Recession in 25 Years". World Bank. Retrieved 24 April 2020.
  216. ^ "Coronavirus: World Bank predicts sub-Saharan Africa recession". BBC News. Retrieved 5 June 2020.
  217. ^ Villamil, Justin (18 May 2020). "China May Agree to Delay, Not Forgive, $150 Billion Africa Debt". Yahoo Finance. Retrieved 18 May 2020.
  218. ^ He, Laura (19 June 2020). "China is promising to write off some loans to Africa. It may just be a drop in the ocean". CNN. Retrieved 19 June 2020.
  219. ^ a b c d e f "Policy Responses to COVID19". IMF. Retrieved 9 April 2020.
  220. ^ a b "Egypt chose a looser lockdown. Its economy is still in crisis". The Economist. ISSN 0013-0613. Retrieved 26 May 2020.
  221. ^ a b "Namibia GDP to Shrink Most Since 1991 Independence This Year". BloombergQuint. Retrieved 6 May 2020.
  222. ^ Nakale, Albertina (15 April 2020). "Tourism plunges over coronavirus". New Era Live. Retrieved 6 May 2020.
  223. ^ a b "Zambia was already a case study in how not to run an economy". The Economist. ISSN 0013-0613. Retrieved 18 May 2020.
  224. ^ "Argentina entró en default: por qué a pesar del "default selectivo" muchos son optimistas sobre el futuro de la deuda del país". BBC. Retrieved 26 June 2020.
  225. ^ "Vicentin, una empresa en concurso de acreedores con una deuda de 1.350 millones de dólares". Télam. Retrieved 9 June 2020.
  226. ^ "Brazil govt cuts 2020 GDP forecast to −4.7%, the biggest fall since 1900". Reuters. 13 May 2020. Retrieved 19 May 2020.
  227. ^ "Queda de 1,5% do PIB no primeiro trimestre põe economia brasileira ao nível de 2012". Agência do Rádio Mais (in Portuguese). 1 June 2020. Retrieved 3 June 2020.
  228. ^ "Mais de 600 mil pequenas empresas fecharam as portas com coronavírus" (in Portuguese). 9 April 2020. Retrieved 24 July 2020.
  229. ^ "Com pandemia, PIB de São Paulo cresce 0,4% em 2020" (in Portuguese). 4 March 2021. Retrieved 10 May 2021.
  230. ^ "Recent Developments in the Canadian Economy, 2020: COVID-19, first edition". Statistics Canada. 26 May 2020. Retrieved 27 May 2020.
  231. ^ "Benefits, credits and financial support: CRA and COVID-19". Canada Revenue Agency. Retrieved 27 May 2020.
  232. ^ "Canadian economy adds 953,000 jobs in June, unemployment rate falls". CTV News. 10 July 2020. Retrieved 30 July 2020.
  233. ^ a b c Gladstone, Rick (22 April 2020). "Oil Collapse and Covid-19 Create Toxic Geopolitical Stew". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 23 April 2020.
  234. ^ a b "Mexico's bazooka-shy president". The Economist. ISSN 0013-0613. Retrieved 23 April 2020.
  235. ^ "The 6 Latin American economies that shrunk the most in 2020 (In spanish)". BBC. December 2020.[permanent dead link]
  236. ^ "Business Cycle Dating Committee Announcement July 19, 2021". NBER.
  237. ^ "US Business Cycle Expansions and Contractions". NBER.
  238. ^ "A closely followed recession indicator is flashing its most worrying sign in 12 years | Markets Insider". Business Insider. May 2019. Archived from the original on 30 September 2019.
  239. ^ "U.S. Yield Curve Inverts for the First Time Since March". Bloomberg L.P. May 2019.
  240. ^ Rushe, Dominic; Sainato, Michael (9 April 2020). "US unemployment rises 6.6m in a week as coronavirus takes its toll". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 10 April 2020.
  241. ^ Yglesias, Matthew (26 March 2020). "Chart: New unemployment claims soar to 3.3 million, shattering previous records". Vox. Retrieved 27 March 2020.
  242. ^ "U.S. Jobs Report Shows Clearest Data Yet on Economic Toll: Live Updates". The New York Times. 8 May 2020. Retrieved 8 May 2020.
  243. ^ "Almost 3 million workers likely filed jobless claims last week as record unemployment grows". Economic Preview. 13 May 2020.
  244. ^ "The Employment Situation – April 2020" (PDF). Bureau of Labor Statistics. 12 May 2020. Archived (PDF) from the original on 8 May 2020. Retrieved 12 May 2020.
  245. ^ a b c "Current Unemployment Rates for States and Historical Highs/Lows". U.S. Bureau of Labor Statistics. Retrieved 15 February 2021.
  246. ^ "Part-time jobs accounted for 40% of US job growth in May". Quartz Media. 9 June 2020.
  247. ^ Molla, Rani (16 March 2020). "Chart: How coronavirus is devastating the restaurant business". Vox. Retrieved 26 March 2020.
  248. ^ Gilbertson, Dawn. "American Airlines cuts 55,000 flights, parks 450 planes amid coronavirus: 'Fight of our lives'". USA Today. Retrieved 26 March 2020.
  249. ^ Valdes-Dapena, Peter; Yurkevich, Vanessa. "GM, Ford and other automakers to halt production in the US". CNN. Retrieved 26 March 2020.
  250. ^ Wiseman, Paul (19 May 2020). "US home construction drops 30.2% in April as virus rages". Yahoo Finance. Retrieved 19 May 2020.
  251. ^ "Millions Have Lost Health Insurance in Pandemic-Driven Recession". The New York Times. 13 July 2020.
  252. ^ "5.4 million Americans have lost their health insurance. What to do if you're one of them". CNBC. 14 July 2020.
  253. ^ "The St. Louis Fed's Financial Stress Index, Version 2.0 | FRED Blog". 26 March 2020. Archived from the original on 27 March 2020. The revised STLFSI, however, has increased sharply—reminiscent of the worst of the financial market turmoil during the Great Recession in 2008–2009—registering a value close to 5.8.
  254. ^ "St. Louis Fed Financial Stress Index (STLFSI2)". FRED, Federal Reserve Bank of St. Louis. 26 March 2020. Archived from the original on 27 March 2020.
  255. ^ "US consumer spending plunges 7.5% in March, reflecting virus". CNBC. 30 April 2020. Retrieved 30 April 2020.
  256. ^ Hughes, Siobhan; Andrews, Natalie (27 March 2020). "House Passes $2 Trillion Coronavirus Stimulus Package". The Wall Street Journal. ISSN 0099-9660.
  257. ^ "Interim economic projections for 2020 and 2021". cbo.gov. 19 May 2020. Retrieved 30 May 2020.
  258. ^ "Cramer: The pandemic led to a great wealth transfer". CNBC. 11 May 2020. Retrieved 5 June 2020.
  259. ^ Reinicke, Carmen (30 July 2020). "US GDP plunged by a record 33% annual rate in the 2nd quarter as coronavirus lockdowns raged". Business Insider. Retrieved 31 July 2020.
  260. ^ "Latinoamérica encara su peor recesión por la pandemia que le deja ya 23.000 muertes". efe.com.
  261. ^ a b "Coronavirus en América Latina: los países en que se prevén las mayores caídas económicas este año (y los que serán menos golpeados)". BBC. 21 July 2020.
  262. ^ "América Latina entraría en recesión y Panamá no se escapa | La Prensa Panamá". prensa.com. 13 April 2020.
  263. ^ "La crisis económica derivada de la pandemia podría reavivar las protestas en Latinoamérica". France 24. 26 June 2020.
  264. ^ "Latinoamérica afrontará peor recesión por pandemia". Deutsche Welle.
  265. ^ "América Latina sufrirá la mayor recesión económica de su historia por el coronavirus". Noticias ONU. 21 April 2020.
  266. ^ "COVID-19 deja un hueco de $5,800 millones en Panamá". laestrella.com (in Spanish). 27 March 2020.
  267. ^ Butler, Ben (8 January 2020). "Economic impact of Australia's bushfires set to exceed $4.4bn cost of Black Saturday". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  268. ^ Taylor, David (4 December 2019). "'80 per cent of the economy is going backwards', and that's likely to continue for some time". ABC News. Retrieved 15 April 2020.
  269. ^ Hutchens, Gareth (14 April 2020). "IMF says Australia's economy will shrink by 6.7 per cent this year". ABC News. Retrieved 15 April 2020.
  270. ^ "Unemployment rate predicted to reach 10 per cent amid coronavirus pandemic, pushing Australia into recession". MSN. Retrieved 15 April 2020.
  271. ^ "Top water expert predicts rice shortage". 9now.nine.com.au. Retrieved 15 April 2020.
  272. ^ "Australia to see 25-year high in unemployment: Report". aa.com.tr. Retrieved 15 April 2020.
  273. ^ Ormsby, Grace (14 April 2020). "Treasury expects 10% unemployment". nestegg.com.au. Retrieved 15 April 2020.
  274. ^ "Scott Morrison says JobSeeker payment will be cut after pandemic". SBS World News. 23 April 2020.
  275. ^ Henriques-Gomes, Luke (24 March 2020). "Newly unemployed Australians queue at Centrelink offices as MyGov website crashes again". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 26 March 2020.
  276. ^ Bonyhady, Nick (25 March 2020). "'Surge in demand': 280,000 ask Centrelink for help in one day". The Sydney Morning Herald. Retrieved 26 March 2020.
  277. ^ "Unemployment rate falls but job seekers say finding work is still 'really hard'". ABC News. 23 September 2020.
  278. ^ "Unemployment falls again, Treasurer says Australians can be 'confident' about the future". 9 News. 15 April 2021.
  279. ^ "Australian National Accounts: National Income, Expenditure and Product, September 2020". abs.gov.au. Australian Bureau of Statistics. 12 February 2020. Retrieved 28 March 2021.
  280. ^ a b c Ramachandran, Sudha. "The COVID-19 Catastrophe in Bangladesh". thediplomat.com. Retrieved 19 May 2020.
  281. ^ Bradsher, Keith (16 April 2020). "China's Economy Shrinks, Ending a Nearly Half-Century of Growth". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 22 April 2020.
  282. ^ "China's Hubei, Epicentre of Coronavirus Outbreak, Posts First-Quarter GDP Slump". The New York Times. Reuters. Archived from the original on 23 April 2020. Retrieved 22 April 2020.
  283. ^ "South China Morning Post – China GDP: Beijing abandons 2020 economic growth target, Premier Li Keqiang confirms at NPC". South China Morning Post. 22 May 2020. Archived from the original on 22 May 2020.
  284. ^ "China's third-quarter GDP grows 4.9% year-on-year, misses expectations". Reuters. 19 October 2020.
  285. ^ Business, Laura He, CNN. "China's economic recovery gains even more momentum". CNN.
  286. ^ Hansen, Sarah. "China's Economy Continues Rebound With 4.9% Growth In Third Quarter". Forbes.
  287. ^ "China's factory recovery steps up as export, consumer demand grows". Reuters. 15 December 2020. Retrieved 27 December 2020.
  288. ^ "China set to surpass U.S. as world's biggest economy by 2028, says report". CNBC. 26 December 2020. Retrieved 27 December 2020.
  289. ^ "China to leapfrog U.S. as world's biggest economy by 2028: think tank". Reuters. 26 December 2020. Retrieved 27 December 2020.
  290. ^ "China Is the Only Major Economy to Report Economic Growth for 2020". 18 January 2021.
  291. ^ a b "'코로나 충격'... 경기 침체에 빠진 한국, South Korea in Corona-Shocked Recession". BBC News 코리아 (in Korean). Retrieved 11 April 2021.
  292. ^ "COVID-19: Reserve Bank Reduce Overnight Policy Rate". Retrieved 26 June 2020.
  293. ^ "Fiji's central bank forecasts recession in domestic economy". FijiTimes. Retrieved 26 June 2020.
  294. ^ "Fijian economy expected to contract further says RBF". Fiji Broadcasting Corporation. Retrieved 26 June 2020.
  295. ^ Noronha, Gaurav (14 April 2020). "IMF projects India's growth rate at 1.9% in 2020, forecasts global recession due to COVID-19". The Economic Times. Retrieved 26 April 2020.
  296. ^ Dhasmana, Indivjal (14 April 2020). "India to grow at 1.9% in FY21, recover to 7.4% path in 2021–22: IMF". Business Standard India. Retrieved 26 April 2020.
  297. ^ "India, China to register positive growth rate despite Coronavirus: IMF | DD News". ddnews.gov.in. Retrieved 26 April 2020.
  298. ^ "ESTIMATES OF GROSS DOMESTIC PRODUCT FOR THE FIRST QUARTER (APRIL-JUNE) OF 2020–21". Government of India. Retrieved 31 August 2020.
  299. ^ "Japan's Q4 GDP downgraded to annualized 7.1% contraction". Nikkei Asian Review. 9 March 2020. Retrieved 20 April 2020.
  300. ^ "Real-Time Northwest Pacific Ocean Statistics compared with climatology". Tropical.atmos.colostate.edu. Retrieved 20 April 2020.
  301. ^ "Abe unveils 'massive' coronavirus stimulus worth 20% of GDP". The Japan Times. 6 April 2020. Retrieved 20 April 2020.
  302. ^ "Data Series". Bdl.gov.lb. Retrieved 23 April 2020.
  303. ^ "Lebanon's GDP declines to $44 billion from $55 billion | Business, Local". The Daily Star. 11 March 2020. Retrieved 23 April 2020.
  304. ^ "With hundreds of thousands of migrants predicted to return home, Nepal needs to brace for a crisis". kathmandupost.com. Retrieved 24 April 2020.
  305. ^ Walls, Jason (14 April 2020). "Jobless rate could reach 26% if lockdown extended, according to the Treasury". The New Zealand Herald. ISSN 1170-0777. Archived from the original on 31 August 2020. Retrieved 16 May 2020.
  306. ^ "Coronavirus: Treasury models paint dire economic picture, mass unemployment | Stuff.co.nz". 13 April 2020. Archived from the original on 13 April 2020. Retrieved 16 May 2020.
  307. ^ "Unemployment rate | Stats NZ". 16 May 2020. Archived from the original on 16 May 2020. Retrieved 16 May 2020.
  308. ^ Hargreaves, David (5 August 2020). "Statistics New Zealand says unemployment rate actually FELL to 4%, but the 'underutilisation' rate had a record climb, up to 12%, employment fell by 11,000 jobs and 37,000 people left the workforce". Interest.co.nz. Archived from the original on 7 August 2020. Retrieved 4 September 2020.
  309. ^ "Covid-19 took 1.6 per cent chunk out of GDP by end of March". Stuff. 17 June 2020. Retrieved 18 June 2020.
  310. ^ "Revealed:New Zealand plunges into recession as economy shrinks record 12%". Deccan Herald. 17 September 2020. Retrieved 17 September 2020.
  311. ^ Pullar-Strecker, Tom (17 September 2020). "NZ in recession as Covid shrinks GDP by 12.2%". Stuff. Stuff Ltd. Retrieved 17 September 2020.
  312. ^ Venzon, Cliff (7 May 2020). "Coronavirus snaps Philippines' 21-year growth streak". Nikkei Asia Review. Retrieved 9 May 2020.
  313. ^ Venzon, Cliff (6 August 2020). "Philippines plunges into recession as economy shrinks 16.5% in Q2". Nikkei Asia Review. Retrieved 13 August 2020.
  314. ^ Cigaral, Ian Nicolas (12 August 2020). "After entering recession, Philippines set for record collapse this year". The Philippine Star. Retrieved 13 August 2020.
  315. ^ News, ABS-CBN (28 January 2021). "PH posts worst GDP contraction since World War 2 with −9.5 pct growth in 2020". ABS-CBN News. Retrieved 28 January 2021.
  316. ^ "Singapore property investment sales take coronavirus hit with 37% Q1 drop: Report". The Straits Times. 13 April 2020. Retrieved 28 April 2020.
  317. ^ "Singapore will enter a recession this year, 'significant uncertainty' over duration and intensity: MAS". CNA. Retrieved 28 April 2020.
  318. ^ "Total employment falls by 19,900 in first quarter, sharpest contraction since Sars: MOM". Today. Singapore. Retrieved 30 April 2020.
  319. ^ "Singapore Airlines posts first annual net loss in 48-year history after COVID-19 cripples demand". CNA. Retrieved 14 May 2020.
  320. ^ a b Amaro, Silvia (23 April 2020). "European business activity crashes to 'shocking' lows on coronavirus pandemic". CNBC. Retrieved 24 April 2020.
  321. ^ The World Bank. "GDP growth (annual %) - Armeni". data.worldbank.org. Retrieved 11 December 2021.
  322. ^ Willsher, Kim (13 April 2020). "France to remain in strict lockdown for another month". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 15 April 2020.
  323. ^ "French economy enters recession with 6% drop in first quarter, its worst since 1945". France 24. 8 April 2020. Retrieved 9 April 2020.
  324. ^ "Nokia : le gouvernement dénonce un plan social " inacceptable en l'état "". Le Monde (in French). 8 July 2020. Retrieved 10 July 2020.
  325. ^ a b c "La seconde vague, celle des plans sociaux, touche la France". Le Monde (in French). 8 July 2020. Retrieved 10 July 2020.
  326. ^ "Menace de plan social : les salariés de Derichebourg, sous-traitant d'Airbus, manifestent à Toulouse". France 3 Occitanie (in French). Retrieved 10 July 2020.
  327. ^ a b "Deux tiers des emplois supprimés chez TUI France: les syndicats dénoncent le "pire plan social de l'histoire"" (in French). BFMTV. Retrieved 10 July 2020.
  328. ^ "Italy: COVID-19 impact on unemployment rate 2020–2021". Statista. Retrieved 10 April 2020.
  329. ^ "Italy: fear of losing the job due to coronavirus 2020". Statista. Retrieved 10 April 2020.
  330. ^ Pizzoli, Paolo. "Italy tumbles into a technical recession". ING Think. Retrieved 16 May 2020.
  331. ^ "Coronavirus: UK interest rates cut to lowest level ever". BBC News. 19 March 2020. Retrieved 19 March 2020.
  332. ^ "Quantitative Easing". Bank of England. Retrieved 16 April 2020.
  333. ^ "Highlights: UK's Sunak goes all out to avert economic collapse". Reuters. 20 March 2020. Retrieved 16 April 2020.
  334. ^ Burgess, Matt (11 May 2020). "When will lockdown end? The UK's new lockdown rules, explained". Wired. Retrieved 11 May 2020.
  335. ^ Giles, Chris; Georgiadis, Philip (9 April 2020). "Bank of England to directly finance UK government's extra spending". Financial Times. Retrieved 11 May 2020.
  336. ^ Giles, Chris (11 May 2020). "Coronavirus hit household spending much harder than BoE assumed". Financial Times. Retrieved 11 May 2020.
  337. ^ Romei, Valentina (5 May 2020). "UK business activity drops to lowest level on record". Financial Times. Retrieved 10 May 2020.
  338. ^ Elliott, Larry (4 May 2020). "Nearly a quarter of British employees furloughed in last fortnight". The Guardian. Retrieved 11 May 2020.
  339. ^ Giles, Chris (7 May 2020). "BoE warns UK set to enter worst recession for 300 years". Financial Times. Retrieved 7 May 2020.
  340. ^ "Gross Domestic Product: Quarter on Quarter growth: CVM SA %". Office for National Statistics. 31 March 2020. Retrieved 10 May 2020.
  341. ^ Elliott, Larry (13 May 2020). "Britain is facing 'significant recession', says Rishi Sunak". The Guardian. Retrieved 13 May 2020.
  342. ^ Toh, Michelle (3 August 2020). "HSBC posts sharp fall in profits and warns of 'challenging' US-China tensions". CNN. Retrieved 3 August 2020.
  343. ^ Szu Ping Chan; Plummer, Robert (12 August 2020). "UK officially in recession for first time in 11 years". BBC News. Retrieved 12 August 2020.
  344. ^ "Data shows collapse of UK food and drink exports post-Brexit". TheGuardian.com. 22 March 2021. Retrieved 23 March 2021.
  345. ^ "Scotland's whisky islands are dealing with a major Covid hangover". CNN. Retrieved 23 March 2021.
  346. ^ "Scotch whisky exports slump to 'lowest in a decade'". BBC News. 12 February 2021. Retrieved 23 March 2021.
  347. ^ "Covid: When can I go on holiday abroad or in the UK?". Retrieved 23 March 2021.
  348. ^ "The global effects of Covid on the UK travel industry". Retrieved 23 March 2021.
  349. ^ "Tourism hotspots hit hard by Covid-19 jobs crisis industry". BBC News. 2 March 2021. Retrieved 23 March 2021.
  350. ^ "Thermometers in hand, Dubai opens for tourists amid pandemic". Associated Press. Retrieved 7 July 2020.
  351. ^ "Dubai blamed for virus cases abroad; questions swirl at home". Associated Press. Retrieved 29 January 2021.
  352. ^ Barbuscia, Davide (30 September 2020). "Saudi unemployment spikes as virus-hit economy shrinks by 7% in second-quarter". Reuters. Retrieved 30 September 2020.
  353. ^ "Saudi Arabia Delays Release of Sensitive Jobless Data Four Times". Bloomberg. Retrieved 21 January 2021.
  354. ^ Tomaskovic-Devey, Donald T.; Hoyt, Eric; Swerzenski, J. D.; Dominguez-Villegas, Rodrigo. "How the coronavirus recession puts service workers at risk". The Conversation. Retrieved 7 April 2020.
  355. ^ Wayland, Michael (1 April 2020). "Worst yet to come as coronavirus takes its toll on auto sales". CNBC. Retrieved 10 April 2020.
  356. ^ Higgins-Dunn, Phil LeBeau, Noah (18 March 2020). "General Motors, Ford and Fiat Chrysler to temporarily close all US factories due to the coronavirus". CNBC. Retrieved 10 April 2020.
  357. ^ "China coronavirus adds to German automakers' woes". Deutsche Welle. 14 February 2020. Retrieved 10 April 2020.
  358. ^ "US oil prices turn negative as demand dries up". BBC News. 21 April 2020. Retrieved 21 April 2020.
  359. ^ "Record deal to cut oil output ends price war". BBC News. 12 April 2020. Retrieved 21 April 2020.
  360. ^ Cobanoglu, Cihan; Ali, Faizan. "Global tourism industry may shrink by more than 50% due to the pandemic". The Conversation. Retrieved 18 May 2020.
  361. ^ "Chart: How coronavirus is devastating the restaurant business". 16 March 2020. Archived from the original on 19 March 2020. Retrieved 19 March 2020.
  362. ^ "Coronavirus exposes sick leave gap for retail, restaurant workers". Press Enterprise. 17 March 2020. Archived from the original on 18 March 2020. Retrieved 20 March 2020.
  363. ^ Sick leave National Bureau of Economic Research
  364. ^ a b Jennings, Rebecca (19 April 2020). "Nobody's buying clothes right now. So stores are filing for bankruptcy". Vox. Retrieved 22 April 2020.
  365. ^ a b c Slotnick, David. "Many of the world's airlines could be bankrupt by May because of the COVID-19 crisis, according to an aviation consultancy. These airlines have already collapsed because of the pandemic". Business Insider. Retrieved 21 April 2020.
  366. ^ "Virgin Australia enters voluntary administration". Virgin Australia Newsroom. 21 April 2020. Archived from the original on 23 April 2020. Retrieved 28 April 2020.
  367. ^ "Air Mauritius enters voluntary administration". Travel Weekly. Retrieved 28 April 2020.
  368. ^ "Alitalia chiude, oggi l'ultimo volo da Cagliari per Roma (Ma è in ritardo di venti minuti)". 14 October 2021.
  369. ^ "The coronavirus may sink the cruise-ship business". The Economist. ISSN 0013-0613. Retrieved 7 April 2020.
  370. ^ The impact of COVID-19 on women: UN Secretary-General’s policy brief. 9 April 2020.
  371. ^ George J. Borjas; Hugh Cassidy. 2020. The Adverse Effect of the COVID-19 Labor Market Shock on Immigrant Employment. NBER Working paper 27243.
  372. ^ a b c d e Alberight, Amanda (31 May 2020). "George Floyd protests hammer cities as they reopen from coronavirus lockdowns". Fortune. Retrieved 6 June 2020.
  373. ^ Keshner, Andrew. "This is the insurance bill for damage and looting during protests over George Floyd's death — and that's just in Minnesota". MarketWatch.
  374. ^ Casiano, Louis (10 September 2020). "Damage blamed on rioting in Kenosha tops $50 million, county asks for federal help to rebuild". FOXBusiness. Retrieved 13 September 2020.
  375. ^ "THE EMPLOYMENT SITUATION — OCTOBER 2020" (PDF).
  376. ^ Leticia Miranda, First came a pandemic. Then, looting. Small businesses pick up the pieces as their debt mounts., NBC News (4 June 2020).
  377. ^ Russell Lynch, US riots set to scar economy for years to come, The Telegraph (6 June 2020).
  378. ^ Meredith, Sam (2 June 2020). "What history can tell us about how stock markets react to civil unrest". CNBC. Retrieved 13 June 2020.
  379. ^ Rabouin, Dion. "Pandemic and protests can't stop the stock market". Axios. Retrieved 13 June 2020.
  380. ^ Marcilious, Siblie (1 June 2020). "3 ways civil unrest following George Floyd nationwide protests hurts the stock market". Yahoo! Finance. Retrieved 1 June 2020.
  381. ^ Jim Sams, Insured Losses from Riots Reach 'Catastrophe' Levels, May Rival Record, Claims Journal (2 June 2020).
  382. ^ "LA Mayor Faces Backlash For Defunding Police With $150 Million Budget Cut". Newsweek. 5 June 2020.
  383. ^ Harvey, Fiona (21 April 2020). "Coronavirus pandemic 'will cause famine of biblical proportions'". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 29 April 2020.
  384. ^ a b "World risks 'biblical' famines due to pandemic – UN". BBC News. 21 April 2020. Retrieved 29 April 2020.
  385. ^ a b c "2020 GLOBAL REPORT ON FOOD CRISES". WFP. 22 April 2020.
  386. ^ Picheta, Rob. "Coronavirus pandemic will cause global famines of 'biblical proportions,' UN warns". CNN. Retrieved 29 April 2020.
  387. ^ a b Harvey, Fiona (9 April 2020). "Coronavirus could double number of people going hungry". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 29 April 2020.
  388. ^ Ahmed, Kaamil (9 July 2020). "Hunger could kill millions more than Covid-19, warns Oxfam". The Guardian. ISSN 0261-3077. Retrieved 9 July 2020.
  389. ^ a b "12,000 people per day could die from Covid-19 linked hunger by end of year, potentially more than the disease, warns Oxfam". Oxfam International. 9 July 2020. Retrieved 9 July 2020.
  390. ^ Special European Council, 17–21 July 2020 – Main results Retrieved 15 November 2020.
  391. ^ de Vera, Ben (26 September 2020). "Bayanihan 2 raises COVID-19 response fund to $21.45B". Philippine Daily Inquirer. Retrieved 22 October 2020.
  392. ^ "Putin approves Cabinet's plan as basis for economic recovery". Retrieved 2 June 2020.
  393. ^ "EUR 5.1 billion to support the Serbian economy". 1 April 2020.
0.20759701728821