ブルキナファソ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標12°20'N1 °50'W / 12.333°N 1.833°W / 12.333; -1.833

ブルキナファソ
モットー:  「Unité–Progrès–Justice」 フランス語
「Unity–Progress–Justice」
Anthem: Une Seule Nuit /Ditanyè  (フランス語)
One Single Night / Hymn of Victory

Burkina Faso (orthographic projection).svg
Location Burkina Faso AU Africa.svg
資本
そして最大の都市
ワガドゥグー北緯12度22分西経1度32分
 / 12.367°N 1.533°W / 12.367; -1.533
公用語フランス語
民族グループ
(2010年推定)[1]
宗教
(2006)[2]
住民の呼称
  • ブルキナファソ
  • ブルキナファソ
  • ブルキナファソ
政府 軍事政権下の単一臨時政府
•  MPSR会長
ポール・アンリ・サンダオゴ・ダミバ
• 大統領
ポール・アンリ・サンダオゴ・ダミバ(演技)
• 首相
空室
立法府国民議会
歴史
1958年12月11日
•フランスからの独立
1960年8月5日
1966年1月3日
2014年10月28日〜11月3日
2022年1月23〜24日
領域
• 合計
274,200 km 2(105,900平方マイル)(74番目
• 水 (%)
0.146%
人口
•2020年の見積もり
21,510,181 [3]58日)
•2006年の国勢調査
14,017,262
• 密度
64 / km 2(165.8 / sq mi)(137番目
GDP  PPP2020年の見積もり
• 合計
453.39億ドル
• 一人あたり
2,207ドル[4]
GDP  (名目)2020年の見積もり
• 合計
162億2600万ドル
• 一人あたり
926ドル[5]
ジニ (2020)Steady 38.9 [6]
HDI  (2019)Increase 0.452 [7]
 ・ 182位
通貨西アフリカCFAフラン[8]XOF
タイムゾーンUTC GMT
運転側正しい
市外局番+226
ISO3166コードBF
インターネットTLD.bf
ここでのデータは、2005年4月に国際通貨基金によって作成された2005年の推定値です。

ブルキナファソ英国/ bɜːrˌkiːnəˈfæsoʊ / 米国/ - ˈfɑːsoʊ / 聞く; [ 9 ]フランス語 [ buʁkinafaso ] 西アフリカ内陸です audio speaker icon_ _ _面積が274,200平方キロメートル(105,900平方キロメートル)のアフリカ。北西はマリ、北東はニジェールベニンと国境を接しています。 南東にトーゴガーナ、南西にコートジボワール人口は20,321,378人です。[10]以前はオートボルタ共和国(1958–1984)と呼ばれていましたが、トーマス・サンカラ大統領によってブルキナファソに改名されました。その市民はブルキナファソ/ bɜːrˈkiːnəbeɪ / bur - KEE --bay として知られており、その首都で最大の都市はワガドゥグーです。

ブルキナファソで最大の民族グループは、11世紀と13世紀にこの地域に定住したモシ人です。彼らは、ワガドゥグー、テンコドゴ、ヤテンガなどの強力な王国を設立しました。1896年に、それはフランス領西アフリカの一部としてフランス人によって植民地化されました。1958年、オートボルタはフランス共同体内の自治植民地になりました。1960年、モーリス・ヤメオゴ大統領として完全に独立しました。当初、国は不安定、干ばつ、飢饉、汚職にさらされていました。1966年1980年は、この国でもさまざまなクーデターが発生しました。1982年、1983年、1987年、 1989年2015年2022年の試みトーマス・サンカラは1982年から国を統治し、1987年のクーデターでブレーズ・コンパオレが率いるクーデターで殺害されました。ブレーズ・コンパオレは大統領になり、2014年10月31日に解任されるまで国を統治しました。サンカラは、全国的な識字キャンペーン、農民への土地再分配、鉄道と道路の建設、女性性器切除強制結婚一夫多妻制の非合法化を含む野心的な社会経済プログラムを開始しました[11] [12] [13][14] [15] [16] [17]

ブルキナファソは、2010年代半ば以降、サヘルでのイスラム過激派テロの台頭によって深刻な影響を受けてきました。部分的にイスラム国(IS)またはアルカイダと同盟を結んでいるいくつかの民兵は、マリニジェールの国境を越えて活動しています国の2100万人の住民のうち100万人以上が国内避難民です。2022年1月24日、とその「保護と回復のための愛国運動」(MPSR)は、権力を握っていると宣言しました。以前、軍はロック・マルク・カボレ大統領に対してクーデターを実行していました1月31日、軍事政権は憲法を復活させ、ポール・アンリ・サンダオゴ・ダミバを暫定大統領に任命した。[18]

ブルキナファソは後発開発途上国であり、GDPは162億2600万ドルです。その人口の63%がイスラム教を実践し、22%がキリスト教を実践しています。フランス植民地主義のため、国の政府と企業の公用語はフランス語です。ブルキナファソには59の母国語があり、最も一般的な言語であるモシ語はブルキナファソの約50%が話しています。[19] [20]この国は、行政権、立法権、司法権を持つ半大統領制共和国として統治されている。ブルキナファソは、国連ラフランコフォニーイスラム協力機構のメンバーです。現在、ECOWASおよびアフリカ連合から停止されています。

語源

旧アッパーボルタ共和国であったこの国は、1984年8月4日に当時のトーマスサンカラ大統領によって「ブルキナファソ」に改名されました。「ブルキナ」と「ファソ」という言葉は、この国で話されているさまざまな言語に由来しています。「ブルキナ」はモシ語に由来し、「直立」を意味し、人々が自分たちの誠実さを誇りに思っていることを示しています。「ファソ」はジュラ語に由来していますンコ文字で書かれているように:��������������̫fasoそして国」(文字通り「父の家」)を意味します。住民の呼称「ブルキナファソ」を形成するために「ブルキナ」に追加された「-bè」接尾辞は、フラニ語に由来し、「女性または男性」を意味します。[21] CIAは、語源を「正直な(腐敗しない)男性の土地」として要約している。[22]

オートボルタのフランス植民地は、ボルタ川の上流(白のボルタ)にあることから名付けられました。[23]

歴史

初期の歴史

現在のブルキナファソの北西部には、紀元前14000年から紀元前5000年まで狩猟採集民が住んでいました。スクレーパーノミなどの道具は、1973年に発掘調査によって発見されました。[24]農業集落は、紀元前3600年から2600年の間に設立されました。[24]ブラ文化は、現代のニジェール川の南西部と現代のブルキナファソの南東部を中心とした鉄器時代の文明 でした。[25] 製錬および鍛造における鉄産業道具と武器のために、紀元前1200年までにサハラ以南のアフリカで開発されました。[26] [27]これまで、ブルキナファソで発見された鉄製錬の最も古い証拠は、紀元前800年から700年にさかのぼり、古代鉄精錬世界遺産の一部を形成しています。[28]西暦3世紀から13世紀にかけて、鉄器時代の ブラ文化は、現在のブルキナファソ南東部とニジェール南西部の領土に存在していました。モシ族フラニ族、ジュラ族など、現在のブルキナファソのさまざまな民族グループが、8世紀から15世紀にかけて次々と波に乗ってやって来ました11世紀から、モシの人々は確立しましたいくつかの別々の王国

1875年頃の西アフリカ

8世紀から18世紀

ブルキナファソの多くの民族グループがこの地域に到着した正確な日付については議論があります。プロトモシは現在のブルキナファソの極東部に8世紀から11世紀の間に到着し、[ 29 ]サモは15世紀頃に到着し、[30]ドゴン族はブルキナファソの北西部と北西部にいつか住んでいました15世紀または16世紀[31]に、国の人口を構成する他の多くの民族グループがこの時期にこの地域に到着しました。

モシ王国の騎兵隊は、恐るべきマリ帝国に対してさえ、敵の領土の奥深くを襲撃する専門家でした
武装した男たちは、1892年4月の滞在中に、フランスの探検家ルイ・ギュスターヴ・ビンガーがシア(ボボ・ディウラッソ)に入るのを防ぎます。

中世の間に、モシはタンコドゴ、ヤテンガ、ザンドマ、ワガドゥグーの王国を含むいくつかの別々の王国を設立しました。[32] 1328年から1338年の間に、モシの戦士がティンブクトゥを襲撃したが、1483年にマリで行われたコビの戦いでソンガイのスンニ・アリに敗れた。 [33]

16世紀初頭、ソンガイは今日のブルキナファソに多くの奴隷狩りを行いました。[30] 18世紀に、グウィリコ帝国はボボディウラッソに設立され、ダイアン、ロビ、ビリフォーなどの民族グループが黒ボルタ川沿いに定住しました。[34]

植民地から独立へ(1890年代から1958年)

1890年代初頭のアフリカ分割のヨーロッパ時代から、一連のヨーロッパ軍将校が今日のブルキナファソの一部を主張しようとしました。時々、これらの植民地主義者と彼らの軍隊は地元の人々と戦った。時には彼らは彼らと同盟を結び、条約を結んだ。植民地主義の将校とその自国政府もまた、彼らの間で条約を結んだ。ブルキナファソの領土はフランスに侵略され 1896年にフランスの保護領となった。 [35]

強力な統治者サモリ・トゥーレの勢力に対する対立が状況を複雑にした東部と西部の地域は、1897年にフランスの占領下に置かれました。1898年までに、ブルキナファソに対応する領土の大部分は名目上征服されました。しかし、多くの部分のフランスの支配は不確実なままでした。[24]

1898年6月14日のフランコブリティッシュコンベンションは、国の近代的な国境を作成しました。フランスの領土では、地域社会や政権に対する征服戦争が約5年間続いた。1904年、フランス領西アフリカ植民地帝国の再編の一環として、ボルタ川流域の大部分が鎮静化した領土がフランス領西アフリカのセネガル北部とニジェールの植民地に統合されました。植民地はバマコに首都がありました

植民地行政と学校教育の言語はフランス語になりました。公教育制度は、謙虚な起源から始まりました。ダカールの植民地時代には、長年にわたって高度な教育が提供されていました。

先住民族は非常に差別されています。たとえば、アフリカの子供たちは自転車に乗ったり、木から果物を摘んだりすることは許可されていませんでした。これは入植者の子供たちのために予約された「特権」です。これらの規制に違反すると、両親は刑務所に入れられる可能性があります。[36]

領土からのドラフトは、セネガルのライフルの大隊で第一次世界大戦のヨーロッパの前線に参加しました1915年から1916年の間に、現在のブルキナファソの西部とマリの国境を接する東端の地区は、植民地政府に対する最も重要な武力反対の1つであるボルタバニ戦争の舞台となりました。[37]

フランス政府はついに運動を抑制したが、敗北に苦しんだ後だった。また、反乱を鎮圧するために国に派遣するために、植民地史上最大の遠征軍を組織しなければなりませんでした。トゥアレグとドリ地域の同盟グループが政府との交渉を終えた とき、武装した反対派がサヘル北部を破壊した。

1930年の首都ワガドゥグー

フランス領オートボルタは1919年3月1日に設立されました。フランス人は武装蜂起の再発を恐れ、関連する経済的配慮を持っていました。植民地政府は、その政権を強化するために、現在のブルキナファソの領土をセネガル北部とニジェールから分離しました。

新しい植民地は、ボルタ川の上流(白のボルタ)にあることから名付けられたオートボルタと名付けられ、フランソワ・チャールズ・アレクシス・エドゥアール・ヘスリングが最初の知事になりました。ヘスリングは、インフラを改善し、輸出用の綿花の成長を促進するために、野心的な道路建設プログラムを開始しました。強制に基づく綿花政策は失敗し、植民地によって生み出された収入は停滞した。植民地は1932年9月5日に解体され、コートジボワールフランス領スーダンニジェールのフランス植民地に分割されました。コートジボワールが最大のシェアを獲得し、ワガドゥグーとボボ・ディウラッソの都市だけでなく、人口の大部分が含まれていました。

フランスは、第二次世界大戦の終結に続く激しい反植民地主義の動揺の期間中にこの変化を逆転させました1947年9月4日、フランス連合の一部として、以前の境界線であったオートボルタの植民地を復活させましたフランス人はその植民地をヨーロッパ大陸 の大都市フランスの部門として指定しました。

1958年12月11日、植民地はオートボルタ共和国として自治を達成しましたそれはフランコアフリカ共同体に加わった。フランスの海外領土の組織の改正は、1956年7月23日の基本法(ロイ・カドレ)の成立とともに始まりました。この法律に続いて、1957年の初めにフランス議会によって承認された再編成措置により、高度な自己を確保しました。個々の領土のための政府。オートボルタは1958年12月11日にフランス共同体の自治共和国になりました。フランスからの完全な独立は1960年に受け入れられました。[38]

オートボルタ(1958–1984)

オートボルタ共和国(フランス語:RépubliquedeHaute-Volta)は、1958年12月11日に、フランス共同体内の自治植民地として設立されました。オートボルタという名前は、ボルタ川の上流に沿った国の場所に関連しています。川の3つの支流は、赤のボルタと呼ばれています。これらは旧国旗の3色で表現されていました。

自治を達成する前は、仏領オートボルタとフランス連合の一部でした。1960年8月5日、フランスから完全に独立しました初代大統領のモーリス・ヤメオゴは、ボルタイック民主連合(UDV)のリーダーでした。1960年の憲法は、5年の任期で大統領と国会の普通選挙による選挙を規定した。政権を握った直後、ヤメオゴはUDV以外のすべての政党を禁止しました。政府は1966年まで続いた。学生、労働組合、公務員による大規模なデモやストライキを含む多くの不安の後、軍が介入した。

ラミザナのルールと複数のクーデター

1966年の軍事クーデターは、ヤメオゴを追放し、憲法を一時停止し、国会を解散させ、サンゴール・ラミザナ中佐を上級陸軍将校の政府の長に任命しました。軍は4年間権力を維持した。1976年6月14日、Voltansは、完全な文民支配に向けた4年間の移行期間を確立した新憲法を批准しました。ラミザナは、1970年代を通じて、軍事政権または混合民軍政権の大統領として政権を維持しました。ラミザナの支配は、サヘル旱魃の始まりと一致しましたオートボルタと近隣諸国に壊滅的な影響を与えた飢饉。1976年の憲法をめぐる紛争の後、1977年に新しい憲法が作成され、承認されました。ラミザナは1978年の公開選挙によって再選されました。

ラミザナ政権は、国の伝統的に強力な労働組合との問題に直面し、1980年11月25日、セイェ・ゼルボ大佐は無血のクーデターでラミザナ大統領を倒したゼルボ大佐は、国家進歩のための軍事回復委員会を最高の政府当局として設立し、1977年の憲法を根絶した。

ゼルボ大佐も労働組合からの抵抗に遭遇し、2年後の1982年のアッパーボルタンクーデターでジャンバプティストウエドラオゴ少佐と大衆救済評議会(CSP)によって打倒されましたCSPは引き続き政党と組織を禁止しましたが、文民支配への移行と新憲法を約束しました。[39] [40]

1983年クーデター

CSPの右派閥と左派閥の間で争いが発生した。左翼の指導者であるトーマス・サンカラ大尉は1983年1月に首相に任命されたが、その後逮捕された。ブレーズ・コンパオレ大尉が指揮した彼を解放するための努力は、1983年8月4日に軍事クーデターをもたらしました。

クーデターによりサンカラは権力を握り、彼の政府は大量予防接種、インフラの改善、女性の権利の拡大、国内の農業消費の奨励、砂漠化防止プロジェクトを含む一連の革命的なプログラムを実施し始めました。[14]

ブルキナファソ(1984年以降)

オートボルタ共和国(1983–1984)RépubliquedeHaute-Volta

ブルキナファソ(1984–1987)
1983–1987
モットー:  「Unité–Progrès–Justice」 フランス語
「Unity–Progress–Justice」
Anthem: Une Seule Nuit /Ditanyè  (フランス語)
One Single Night / Hymn of Victory

資本ワガドゥグー
公用語フランス語
認識されている国語MòoréFulaDioula
[
41 ]
住民の呼称
  • ブルキナファソ
  • ブルキナファソ
  • ブルキナファソ
政府単一 マルクス主義- 軍事政権下のレーニン主義一党 社会主義国家
大統領 
•1983–1987
トーマス・サンカラ
確率1983年8月4日
歴史 
•1983年ブルキナファソクーデター
1983年
1985年12月25日
•1987年ブルキナファソクーデター
1987年10月15日
•廃止
1987年
領域
• 合計
274,200 km 2(105,900平方マイル)
GDP  PPP1986年の見積もり
• 合計
20億3600万ドル
通貨西アフリカCFAフラン[8]XOF
ISO3166コードBF

1984年8月2日、サンカラ大統領の主導により、国の名前は「オートボルタ」から「ブルキナファソ」または正直な男性の土地に変更されました。(直訳は直立した男性の土地です。)[42] [43] [確認するには引用が必要] [44] [45]大統領令は、8月4日に国会で確認された。ブルキナファソの人々の呼称である「ブルキナファソ」には、ブルキナファソ出身の駐在員または子孫が含まれます。

サンカラ政府は、サンカラを大統領とする国民議会(CNR –フランス語ConseilNationalrévolutionnaire)で構成され、人気のある革命防衛委員会(CDR)を設立しました。革命少年団の青年プログラムも設立されました。

Sankaraは、変化のための野心的な社会経済プログラムを開始しました。これは、アフリカ大陸でこれまでに行われた最大のプログラムの1つです。[14]彼の外交政策は反帝国主義を中心としており、彼の政府はすべての対外援助を拒否し、いやらしい債務削減を推進し、すべての土地と鉱物の富を国有化し、国際通貨基金(IMF)と世界銀行権力と影響力を回避した。彼の国内政策には、全国的な識字キャンペーン、農民への土地の再分配、鉄道と道路の建設、女性性器切除の非合法化、強制結婚一夫多妻制が含まれていました。[15] [14]

サンカラは、髄膜炎黄熱病はしかに対して25万人の子供たちに予防接種を行うことで、農業の自給自足を推進し、公衆衛生を促進しました。[15]彼の国家議題には、サヘルの砂漠化の進展を食い止めるために、1,000万本以上の木を植えることも含まれていましたサンカラはすべての村に診療所を建設するよう呼びかけ、350以上のコミュニティに独自の労働力で学校を建設させました。[14] [46]

生態学的意識がまだ非常に低い1980年代、トーマス・サンカラは、環境保護を優先事項と見なした数少ないアフリカの指導者の1人でした。彼は3つの主要な戦いに従事しました:「犯罪と見なされ、そのように罰せられる」山火事に対して。「無人の動物が自然を破壊するために人々の権利を侵害する」牛の放浪に対して。そして、「その職業は組織化され、規制されなければならない」薪の無秩序な伐採に反対します。人口の大部分が関与する開発プログラムの一環として、「革命」の15か月間にブルキナファソに1,000万本の木が植えられました。進行する砂漠と繰り返される干ばつに立ち向かうために、トーマスサンカラは約50キロ、東から西に国を横断します。その後、彼はこの植生帯を他の国に拡大することを考えました。1983年以前は11億トン近くだった穀物生産は、1987年には16億トンに増加する。元国連食糧の権利特別報告者であるジャン・ジグレールは、この国は「食糧自給自足になった」と強調した。[47]

1987年クーデター

1987年10月15日、サンカラは他の12人の役人とともに、1987年10月から2014年10月までブルキナファソの大統領を務めたブレーズコンパオレが主催したクーデターで亡くなりました。サンカラは死んでいることが知られており、一部のCDRは数日間軍に武装抵抗をかけた。[要出典]ブルキナファソ市民の過半数[定量化]は、フランスの外務省であるオルセー通りがクーデターの組織化においてコンパオレの背後にあったと考えています。

コンパオレは、クーデターの理由の1つとして、近隣諸国との関係の悪化を挙げました。[49]コンパオレは、サンカラがかつての植民地支配国(フランス)および隣接するコートジボワールとの外交関係を危うくしたと主張した[13]クーデター後、コンパオレはすぐに国有化を逆転させ、サンカラの政策のほぼすべてを覆し、国をIMFに戻し、最終的にサンカラの遺産のほとんどに拍車をかけた。1989年のクーデター未遂の疑いに続いて、コンパオレは1990年に限定的な民主的改革を導入しました。新しい(1991)憲法の下で、コンパオレは1991年12月に反対なしに再選されました。1998年にコンパオレは勝利しました。地滑りでの選挙。2004年、コンパオレ大統領に対してクーデターを企てたとして13人が裁判にかけられ、クーデターの首謀者とされる者は終身刑を宣告されました。[50] 2014年現在、ブルキナファソは世界で後発開発途上国の1つであり続けています。[51]

コンパオレ政権は、 2010〜11年のコートジボワール危機、トーゴ間対話(2007年)、2012年のマリ危機など、いくつかの西アフリカ紛争で交渉者の役割を果たしました

2011年2月から4月の間に、男子生徒の死は、軍の反乱と治安判事のストライキと相まって、全国で 抗議を引き起こした。

2014年10月の抗議

2014年10月28日から、抗議者たちはワガドゥグーでブレーズコンパオレ大統領に対して行進し、デモを開始しました。ブレーズコンパオレ大統領憲法を改正し、27年間の規則を延長する準備ができているようです10月30日、一部の抗議者が国会議事堂に発砲し[52]、国営テレビ本部を乗っ取った。[53] ワガドゥグー国際空港は閉鎖され、議員は憲法の変更に関する投票を一時停止した(この変更により、コンパオレは2015年の再選に立候補することができた)。その日の後半、軍はすべての政府機関を解散させ、夜間外出禁止令を課しました。[54]

2014年10月31日、高まる圧力に直面したコンパオレ大統領は、27年間の在任後に辞任しました。[55] イザック・ジダ中尉は、予定されている2015年の大統領選挙前の移行期間中に国を率いると述べたが、懸念があった[誰が?]前大統領との緊密な関係について。[56] 2014年11月、野党、市民社会グループ、および宗教指導者は、ブルキナファソを選挙に導くための暫定当局の計画を採択した。[57]計画の下で、ミシェル・カファンドはブルキナファソの暫定大統領になった。そして、ジダ大佐が首相代理兼国防相になりました。

2015年クーデター

2015年9月16日、大統領安全保障連盟(RSP)は国の大統領と首相を押収し、民主主義国家評議会を新国家政府と宣言しました。[58]しかし、2015年9月22日、クーデターのリーダーであるジルベール・ディエンデレは謝罪し、文民政府を復活させることを約束した。[59] 2015年9月23日、首相と暫定大統領は政権に復帰した。[60]

2015年11月の選挙

2015年11月29日にブルキナファソで総選挙が行われました。ロック・マルク・クリスチャン・カボレが第1ラウンドで53.5%の票を獲得し、29.7%を獲得したビジネスマンのゼフィリン・ディアブレを破りました。[61]カボレは2015年12月29日に大統領に就任した。[62]

2020年11月の選挙

2020年の総選挙で、ロック・マルク・クリスチャン・カボレ大統領が再選されました。しかし、彼の党であるMouvement du people MPPは、議会の絶対多数に達することができませんでした。合計127議席のうち56議席を確保した。ブレーズ・コンパオレ前大統領の党である民主主義と進歩のための議会(CDP)は、20議席で2番目に遠かった。[63]

テロ攻撃

2016年2月、ワガドゥグーの中心部にあるSplendidHotelとCapuccinoカフェバーでテロ攻撃が発生しました。30人が死亡しました。イスラムマグレブ(AQIM)のアルカエダとアルムラービトゥーンは、それまで主に隣接するマリで活動していた2つのグループであり、攻撃の責任を主張した。それ以来、同様のグループが国の北部と東部で多数の[定量化]攻撃を実行してきました。2019年10月11日金曜日の夕方、マリとの国境近くのサルモシ村のモスクで1回のテロ攻撃が発生し、16人が死亡、2人が負傷しました。[64] [65]

2020年7月8日、ヒューマン・ライツ・ウォッチの報告が、兵士がジハード主義者と戦っていたブルキナファソ北部で発見された、少なくとも180体の集団墓地を明らかにした後、米国は懸念を表明した。[66]

2021年6月4日、AP通信はブルキナファソ政府によると、ニジェール国境近くのブルキナファソ北部のソルハン村で少なくとも100人が殺害されたと報じた。地元の市場といくつかの家も全焼しました。政府のスポークスマンはジハード主義者を非難した。西アフリカの国が約5年前にアルカイダとイスラム国に関連するジハード主義者に襲われて以来、これはブルキナファソで記録された最も致命的な攻撃でした、と武力紛争場所とイベントデータプロジェクトの主任研究員であるヘニンサイビアは言いました。[67]

2022年のクーデター

2022年1月24日のクーデターの成功で、銃撃を受けた後、反乱を起こした兵士がロック・マルク・クリスチャン・カボレ大統領を逮捕し、証言録取しました。[68]軍によって支援された保護と回復のための愛国運動(MPSR)は、権力を握っていると宣言した[69] [70]ポール・アンリ・サンダオゴ・ダミバ中佐が率いる[71] 1月31日、軍事政権は憲法を復活させ、ポール・アンリ・サンダオゴ・ダミバを暫定大統領に任命した。クーデターの余波で、ECOWASアフリカ連合はブルキナファソの会員資格を停止しました。[72] [73]

政府

ブレーズ・コンパオレ大統領は、1987年のクーデターから2014年に政権を失うまで、ブルキナファソを統治しました。
ワガドゥグーダウンタウンにある国会議事堂

フランスの助けを借りて、ブレーズ・コンパオレは1987年にクーデターで権力を掌握しました。彼は彼の長年の友人であり、クーデターで殺された同盟国のトーマス・サンカラを倒しました。[74]

1991年6月2日憲法により、半大統領制政府が設立されました。その議会は、7年間の任期で選出される共和国大統領によって解散される可能性があります。2000年に憲法が改正され、大統領の任期が5年に短縮され、任期の制限が2年に設定され、その後の再選が阻止された。改正は2005年の選挙中に発効した。事前に合格していれば、コンパオレが再選されるのを防いだでしょう。

他の大統領候補は選挙結果に異議を唱えた。しかし、2005年10月、憲法評議会は、コンパオレが2000年の現大統領であったため、2期目の任期が終了するまで修正は適用されないという判決を下しました。これにより、2005年の選挙での彼の立候補への道が開かれました2005年11月13日、政治的反対が分裂したため、コンパオレは地滑りで再選された。

2010年の大統領選挙では、コンパオレ大統領が再選されました。その10倍の総人口のうち、わずか160万人のブルキナファソが投票しました。

2011年のブルキナベ抗議は、コンパオレの辞任、民主的改革、軍隊と公務員の賃金の引き上げ、経済的自由を求める一連の人気のある抗議でした。[75] [76] [77]その結果、知事が交代し、公務員の賃金が引き上げられた。[78] [79]

議会は国会と呼ばれる1つの議会構成れ、111議席があり、議員は5年の任期で選出されました。また、10人のメンバーで構成される憲法会議所と、純粋に協議的な役割を果たした経済社会理事会もありました。1991年の憲法は二院制の議会を創設したが、2002年に参議院(衆議院)は廃止された。

コンパオレ政権は、その権限の一部を地域や地方自治体に委譲することにより、権限の分散化に取り組んできました。しかし、政治家の広範な不信と多くの住民による政治的関与の欠如は、このプロセスを複雑にしました。批評家はこれをハイブリッド地方分権化と表現しました。[80]

ブルキナファソでは、政治的自由が厳しく制限されています。人権団体は、ジャーナリストやその他の政治的に活動的な社会の構成員に対する国家が後援する多数の暴力行為について、コンパオレ政権を批判していた。[81] [82]

2015年9月中旬、カファンド政権は、2014年10月以降の残りの政治秩序とともに、大統領安全保障連盟(RSP)によるクーデターの試みで一時的に打倒されました。彼らは、ジルベール・ディエンデレを新しい全国民主主義評議会の議長として任命しました。[16] 2015年9月23日、首相と暫定大統領は政権に復帰した。[83] [84]その後、全国選挙は11月29日に再スケジュールされた。

カボレは第1ラウンドの投票で選挙に勝利し、2位の候補者であるゼフィリンディアブレの29.7%に対して53.5%の票を獲得しました[61]彼は2015年12月29日に大統領に就任した。[ 62] BBCは大統領を「フランスの教育を受けた銀行家... [彼は]自分を社会民主主義者と見なし、若者の失業を減らすことを約束した。教育と医療を改善し、6歳未満の子供に無料で医療を提供する」。[85]

首相は政府の長であり、国会の承認を得て大統領によって任命されます。彼は大統領による任命のために内閣を推薦する責任があります。Paul KabaThiebaは2016年の初めに首相に任命されました。[86]

2018年後半の世界銀行の報告によると、政治情勢は安定していた。政府は「給与の引き上げと社会的利益を要求するために、いくつかの経済部門の組合によって組織された大規模なストライキと抗議によって特徴づけられる社会的不満と、ますます頻繁なジハード主義者の攻撃」に直面していた。次の選挙は2020年に行われるだろう。[87]

憲法

2015年、カボレは1991年の憲法を改正することを約束しました。改訂は2018年に完了しました。1つの条件は、個人が10年以上連続してまたは断続的に大統領を務めることを妨げ、大統領を弾劾する方法を提供します。第五共和政の憲法に関する国民投票は2019年3月24日に予定されていた。[88]

改訂された文言には、特定の権利も祀られています。たとえば、飲料水へのアクセス、まともな住宅へのアクセス、市民的不服従の権利の承認などです。議会の野党が提案されたテキストを制裁することを拒否したため、国民投票が必要でした。[89]

外交

ブルキナファソは、G5サヘルサヘル・サハラ諸国共同体ラ・フランコフォニーイスラム協力機構、および国連のメンバーです。現在、ECOWASおよびアフリカ連合から停止されています。

ミリタリー

軍隊は、軍と民間の両方の任務の訓練を受けた25歳から35歳までの民間人で構成されるパートタイムの国民民兵によって増強された、自発的な奉仕に従事する約6,000人の男性で構成されています。ジェーンのセンチネルカントリーリスク評価によると、ブルキナファソの軍隊はその部隊構造と装備が不十分であるために無人ですが、軽装甲車両を動かしており、リベリアやアフリカの他の場所での介入を通じて有用な戦闘の専門知識を開発した可能性があります。[90]

訓練と装備に関しては、正規軍は大統領安全保障のエリート連隊(フランス語: RégimentdelaSécuritéPrésidentielle– RSP)に関して無視されていると考えられています。賃金と条件をめぐる論争の近年の報告が出てきました。[91]国が内陸国であるため、約19機の運用中の航空機を備えた空軍がありますが、海軍はありません。軍事費は国のGDPの約1.2%を占めています。

2011年4月、軍の反乱がありました。大統領が新しい参謀長を指名し、ワガドゥグーに夜間外出禁止令が課された。[92]

法執行機関

ブルキナファソは、フランスの警察が使用する組織をモデルにした多数の警察と治安部隊を雇用しています。フランスは警察に重要な支援と訓練を提供し続けています。憲兵隊軍隊に沿って組織されており、ほとんどの警察サービスは旅団レベルで提供されています。憲兵隊は国防大臣の権限の下で運営されており、そのメンバーは主に地方と国境沿いで雇用されています。[93]

領土管理省によって管理されている自治体警察があります。安全保障省によって管理されている国家警察。共和国大統領の保護に専念する「宮殿の警備員」である大統領安全連隊RégimentdelaSécuritéPrésidentielle 、またはRSP )。憲兵隊と国家警察はどちらも、行政と司法の両方の警察機能に細分されています。前者は公序良俗を保護し、安全を確保するために詳細に説明されており、後者は犯罪捜査の責任を負っています。[93]

すべての外国人と市民は、写真付き身分証明書のパスポート、またはその他の形式の身分証明書を携帯する必要があります。そうしないと罰金が科せられます。自動車、タクシー、バスで旅行する人は、警察の身分証明書を確認するのが一般的です。[94] [95]

行政区画

国は13の行政区域に分かれていますこれらの地域には、45の州301の部門が含まれます。各地域は知事によって管理されています。

地理

ブルキナファソの衛星画像
ブルキナファソの地図

ブルキナファソは主に緯度から15°N(15°の北にある小さな地域)と経度6°W3°Eの間にあります。

それは2つの主要なタイプの田舎で構成されています。国の大部分は準平原で覆われています。準平原は、先カンブリア時代の 山塊の最後の痕跡であるいくつかの孤立した丘があり、穏やかに起伏のある風景を形成しています。一方、国の南西部は砂岩の山塊を形成しており、最高峰のテナコウルー山は標高749メートル(2,457フィート)にあります。山塊は、高さ150 m(492フィート)までの切り立った崖に囲まれています。ブルキナファソの平均高度は400m(1,312 ft)で、最高地形と最低地形の差は600 m(1,969 ft)以下です。したがって、ブルキナファソは比較的平坦な国です。

この国は、黒ボルタ(またはMouhoun ) 、白ボルタNakambé)、および赤ボルタNazinon )の3つの川を横切る3つの川に由来する以前の名前のUpperVoltaに由来しています。黒ボルタ川は、一年中流れる国で2つしかない川のひとつであり、もう1つは、南西に流れるコモエ川です。ニジェール川の流域国の表面の27%を 排水します。

ニジェールの支流であるBéli、Gorouol、Goudébo、およびDargolは季節的な小川であり、1年にわずか4〜6か月しか流れません。ただし、それでもフラッディングやオーバーフローが発生する可能性があります。この国には数多くの湖もあります。主な湖はティングレラ、バム、デムです。この国には、ウルシ、ベリ、ヨンボリ、マルコワなどの大きな池もあります。特に国の北部では、 水不足がしばしば問題になります。

ブルキナファソは、サヘルのアカシアサバンナ西スーダンのサバンナの2つの陸域エコリージョン内にあります。[96]

気候

ブルキナファソは主に熱帯気候で、2つの非常に異なる季節があります。雨季には、国は600〜900 mm(23.6〜35.4インチ)の降雨量を受け取ります。乾季には、ハルマッタン(サハラからの熱く乾いた風)が吹きます。梅雨は5月/ 6月から9月までの約4か月続き、北部では短くなります。サヘル、スーダン-サヘル、スーダン-ギニアの3つの気候帯を定義できます。北のサヘルは、通常、年間600 mm(23.6インチ) [97]未満の降雨量を受け取り、  5〜47° C(41〜117  °F)の高温になります。

比較的乾燥した熱帯サバンナであるサヘルは、アフリカの角から大西洋までブルキナファソの国境を越えて広がり、北はサハラ、南はスーダンの肥沃な地域と国境を接しています。北緯11°3 'から13°5'の間に位置するスーダン-サヘル地域は、降雨量と気温に関する移行帯です。さらに南にあるスーダン-ギニアゾーンでは、毎年900 mm(35.4インチ)[97]以上の雨が降り、平均気温は低くなっています。

2007年のDourtenga洪水による被害

地理的および環境的原因も、ブルキナファソの食糧不安の一因となる重要な役割を果たしている可能性があります。[98]国はサヘル地域に位置しているため、ブルキナファソは、深刻な洪水から極端な干ばつに至るまで、世界で最も過激な気候変動のいくつかを経験しています。[99]ブルキナファソ市民がしばしば直面する予測不可能な気候ショックは、農業手段を通じて富を信頼し蓄積することができることを非常に困難にする結果となる。[100]

ブルキナファソの気候はまた、作物を破壊し、食糧生産をさらに阻害するイナゴコオロギからの攻撃を含む昆虫の攻撃に対して作物を脆弱にします。[101]ブルキナファソの人口のほとんどは、収入源として農業に依存しているだけでなく、世帯に直接食料を供給するために農業部門にも依存しています。[102]農業の脆弱性のために、ますます多くの家族が非農業収入の他の源を探す必要があり[103]、仕事を見つけるためにしばしば彼らの地域の外に旅行しなければなりません。[102]

天然資源

ブルキナファソの天然資源には、金、マンガン石灰岩大理石リン酸塩軽石などがあります。

野生生物

ブルキナファソには、西アフリカの多くの国よりも多くの象がいます。ライオン、ヒョウ、バッファローもここで見つけることができます。ドワーフや赤いバッファローは、激しい種類の足の短い牛のように見える小さな赤褐色の動物です。チーター、カラカルまたはアフリカンリンクス、ブチハイエナ、アフリカ大陸で最も絶滅の危機に瀕している種の1つであるリカオンなど、他の大型捕食者がブルキナファソに生息しています。[104]

ブルキナファソの動植物は、4つの国立公園で保護されています。

  • ブルキナファソ、ベニン、ニジェールを通過する東W国立公園
  • アーリー野生生物保護区(東のアーリー国立公園)
  • 西部のレラバ-コモエ分類された森林と野生生物の部分保護区
  • 西マーレ・オ・ヒポポタメス

およびいくつかの保護区:アフリカの国立公園のリストおよびブルキナファソの自然保護区を参照してください。

経済

ブルキナファソの輸出の比例代表、2019年

ブルキナファソの輸出額は2011年の27.7億ドルから2012年には7億5400万ドルに減少しました。[105]農業は国内総生産の32%を占め、労働人口の80%を占めています。主に家畜の飼育で構成されています。特に南と南西では、人々はソルガムパールミレット、トウモロコシ(トウモロコシ)、ピーナッツ、米、綿花の作物を栽培し、余剰分を販売しています。金鉱石が豊富にあるにもかかわらず、国の経済活動の大部分は国際援助によって賄われています。

2017年の上位5つの輸出商品は、重要度の高い順に、宝石と貴金属、19億ドル(総輸出の78.5%)、綿、1億9,870万ドル(8.3%)、鉱石、スラグ、灰、1億3,760万ドル(5.8%)でした。 )、果物、ナッツ:7,660万ドル(3.2%)、油糧種子:5,950万ドル(2.5%)。[106]

世界銀行からの2018年12月のレポートによると、主に金の生産とインフラへの投資の増加により、2017年の経済成長は2017年には6.4%に増加しました(2016年には5.9%)。賃金法案の伸びに伴う消費の増加も経済成長を支えた。その年のインフレ率は0.4%と低いままでしたが、財政赤字はGDPの7.7%にまで拡大しました(2016年は3.5%)。政府は債務を賄うために財政援助と融資を受け続けていた。公的赤字を賄うために、政府は譲許的援助と地域市場での借入を組み合わせた。世界銀行は、マイナスの影響を受ける可能性はあるものの、短期および中期的には経済見通しは引き続き良好であると述べた。リスクには、石油価格の高騰(輸入)、[87]

ブルキナファソは西アフリカ通貨同盟(UMEOA)の一部であり、CFAフランを採用しています。これは、セネガルのダカールにある西アフリカ諸国中央銀行(BCEAO)によって発行されています。BCEAOは、加盟国の金融政策と準備政策を管理し、金融セクターと銀行業務の規制と監視を提供します。ライセンス、銀行活動、組織および資本要件、検査および制裁(すべて連合のすべての国に適用可能)に関する法的枠組みが整備されており、1999年に大幅に改革されました。マイクロファイナンス金融機関は、すべてのWAEMU諸国でのマイクロファイナンス活動を規制する別の法律に準拠しています。保険セクターは、保険市場に関するアフリカ間会議(CIMA)を通じて規制されています。[107]

ブルキナファソのエサカネ鉱山の処理施設

2018年には、国の大部分で観光業はほとんど存在していませんでした。米国政府(およびその他)は、ブルキナファソの大部分に旅行しないように市民に警告しています。「サヘル北部の国境地域は、犯罪とテロのためにマリとニジェールと共有されていました。犯罪とテロによる地域」。[108]

2018 CIA World Factbookは、この更新された要約を提供します。「ブルキナファソは貧しい内陸国であり、適切な降雨に依存しています。不規則な降雨パターン、貧弱な土壌、適切な通信やその他のインフラストラクチャの欠如が、経済の外部からの衝撃に対する脆弱性の一因となっています。人口の約80%が自給自足農業と綿花が主な現金作物です。国は天然資源が少なく、産業基盤が弱いです。綿花と金はブルキナファソの主要な輸出品です...国は金の探査、生産、輸出が増加しています。

政治危機の終焉によりブルキナファソの経済は前向きな成長を再開することができましたが、国の脆弱な治安状況はこれらの利益を危険にさらす可能性があります。近隣のマリの政治不安、信頼性の低いエネルギー供給、交通機関の接続不良は長期的な課題をもたらします。」この報告書は、「財政赤字を削減し、社会への重要な支出を維持する」という政府の計画を含む、2018〜2020年の国際通貨基金プログラムにも焦点を当てています。サービスと優先的な公共投資」。[22]

アフリカ開発銀行グループによる2018年の報告書は、マクロ経済の進化について論じています。「財政赤字を拡大する社会福祉と安全保障への投資の増加と継続的な支出」。このグループの2018年の予測では、財政赤字は2018年にGDPの4.8%、2019年に2.9%に削減されることが示されました。国家経済社会開発計画に関連する公的債務は2017年にGDPの36.9%と推定されました。[109 ]

ブルキナファソは、アフリカのビジネス法の調和のための組織(OHADA)のメンバーです。[110]この国は、国連、国際通貨基金、世界銀行、および世界貿易機関にも属しています。[111]

マイニング

銅、鉄、マンガン、金、石(スズ鉱石)、およびリン酸塩の採掘があります。[112]これらの作戦は雇用を提供し、国際援助を生み出す。2011年の金生産量は6つの金鉱山サイトで32%増加し、ブルキナファソは南アフリカ、マリ、ガーナに次ぐアフリカで4番目に大きな金生産国になりました。[113]

2018年の報告によると、同国はその年に55トンの金を記録し、2013年に比べて3分の2増加すると予測しています。井谷王丸氏によると、さらに重要な問題があります。「私たちは生産を多様化する必要があります。私たちは主に金しか生産しませんが、マンガン、亜鉛、鉛、銅、ニッケル、石灰石には大きな可能性があります」。[114]

食糧不安

国の飢餓レベルを測定および追跡するために使用される多次元ツールである世界飢餓指数によると、 [115]ブルキナファソは2013年に78か国中65位にランクされました。[116]現在150万人以上の子供がいると推定されています。ブルキナファソでは食糧不安のリスクがあり、緊急医療支援を必要としている約35万人の子供たちがいます。[116]しかしながら、これらの子供たちの約3分の1だけが実際に適切な治療を受けます。[117] 2歳未満の子供の11.4パーセントだけが1日あたりの推奨される食事の数を受け取ります。[116]ブルキナファソでは、食糧不安の結果としての発育阻害は深刻な問題であり、2008年から2012年にかけて人口の少なくとも3分の1に影響を及ぼしています。開発、[117]ブルキナファソの人口の低レベルの教育にさらに貢献します。[119]

欧州委員会は、ブルキナファソの5歳未満の約50万人の子供が、最も生命を脅かす形態に苦しむ約149,000人を含め、2015年に急性栄養失調に苦しむと予測しています。[120]微量栄養素欠乏症の発生率も高いです。[121]人口統計および健康調査(DHS 2010)によると、女性の49パーセントおよび5歳未満の子供の88パーセントが貧血に苦しんでいます。[121]乳児死亡の40%は栄養失調に起因する可能性があり、これらの乳児死亡率はブルキナファソの総労働力を13.6%減少させ、食料安全保障が健康以外の生活のより多くの側面にどのように影響するかを示しています。[116]

農村部の医療サービスへのアクセスははるかに制限されており、子供の栄養ニーズの認識と教育が低いため、これらの高い食料不安率とそれに伴う影響は、都市部の人口と比較して農村部の人口でさらに蔓延しています。[122]

USAidによる2018年10月の報告書は、干ばつと洪水は依然として問題があり、「暴力と不安がブルキナファソの北部と東部の一部の市場、貿易、生活活動を混乱させている」と述べています。報告書は、954,300人以上が食料安全保障の支援を必要とし、ユニセフによれば、「5歳未満の推定187,200人の子供が重度の急性栄養失調を経験する」と推定した。当時支援を提供していた機関には、国連世界食糧計画NGOOxfamIntermónACDI / VOCAと協力しているUSAIDのピースフード事務所(FFP)が含まれていました[123]

食料安全保障を改善するためのアプローチ

世界食糧計画

国連の世界食糧計画は、ブルキナファソの食糧安全保障の向上に向けたプログラムに取り組んできました。2012年の食糧と栄養の危機に続いて、ブルキナファソの高レベルの栄養失調に対応するために、長引く救援と回復作戦200509(PRRO)が設立されました。[124]このプロジェクトの取り組みは、主に栄養失調であり、栄養失調の治療を受けている子供たちの世話人のために家に持ち帰る食料を含みます。[124]さらに、この作戦の活動は、将来の食糧危機に耐える家族の能力に貢献します。最も脆弱な2つのグループ、幼児と妊婦の間のより良い栄養は、干ばつなどの食料安全保障が危うくされたときに、より良い対応ができるように準備します。[124]

カントリープログラム(CP)には、HIV / AIDS患者への食糧と栄養の支援、およびサヘル地域のすべての小学校を対象とした学校給食プログラムの2つの部分があります。[125] HIV / AIDS栄養プログラムは、HIV / AIDSとともに生きる人々の栄養回復を改善し、リスクのある子供や孤児を栄養失調や食料安全保障から保護することを目的としています。[125]学校給食の要素の一部として、カントリープログラムの目標は、入学率が全国平均を下回っているサヘル地域の学校への入学と出席を増やすことです。[124]さらに、このプログラムは、小学校の最後の2年間に出席率の高い女の子に、家庭へのインセンティブとして穀物の持ち帰り用の配給を提供し、女の子を学校に通わせることによって、これらの学校のジェンダー平等率を改善することを目的としています。[124]

WFPは、2018年8月に、「民主的で統一された統一国家」という政府のビジョンを支持し、経済構造を変革し、持続可能な消費と生産のパターンを通じて強力で包括的な成長を達成するための、その後承認された計画の策定を締結しました。 ' 政府と地域社会が2030年までに食糧と栄養の安全保障プログラムを所有、管理、実施できるようにするために、国と地方の能力を強化するためのWFPの新しい戦略的方向性において重要な一歩を踏み出すでしょう。[126]

世界銀行

世界銀行1944年に設立され、2030年までに極度の貧困を終わらせ、各国の40%未満の所得の伸びを促進することで繁栄を促進することを共通の目標とする、5つの機関で構成されています。[127]世界銀行がブルキナファソの食糧不安を減らすために取り組んでいる主なプロジェクトの1つは、農業生産性と食糧安全保障プロジェクトです。[128]世界銀行によると、このプロジェクトの目的は、「貧しい生産者が食料生産を増やし、農村市場での食料製品の入手可能性を確実に向上させる能力を向上させること」です。[128]農業生産性と食料安全保障プロジェクトは、3つの主要な部分で構成されています。その最初の要素は、助成金の融資や、現金で拠出金を支払うことができない世帯のための「仕事のためのバウチャー」プログラムの提供など、食料生産の改善に向けて取り組むことです。[128]プロジェクトの次の要素は、特に農村地域における食品の能力を向上させることです。[128]これには、食品のマーケティングの支援が含まれ、地方および国レベルで食品および供給の変動性を管理する利害関係者の能力を強化することを目的としています。[128]最後に、このプロジェクトの3番目のコンポーネントは、制度開発と能力開発に焦点を当てています。その目標は、プロジェクトの実施に特に関与しているサービスプロバイダーや機関の能力を強化することです。[128]プロジェクトの活動は、サービス提供者の能力を構築し、食料生産者組織の能力を強化し、農業投入物供給方法を強化し、プロジェクト活動を管理および評価することを目的としている。[128]

世界銀行による2018年12月の報告によると、貧困率は2009年から2014年の間にわずかに低下し、46%から依然として高い40.1%になりました。報告書は、国の開発課題のこの更新された要約を提供しました:「ブルキナファソは、降雨パターンの変化と世界市場での輸出商品の価格の変動に関連する気候ショックに対して脆弱なままです。その経済的および社会的発展はある程度、国とサブリージョンの政治的安定、国際貿易への開放性、および輸出の多様化を条件とします。」[129]

食料安全保障

ブルキナファソ、タルフィラの農民グループ

ブルキナファソは、高水準の食糧不安に直面しています。[124] 1996年の世界食糧サミットで定義されているように、「食糧安全保障は、すべての人々が常に、アクティブで健康的なライフスタイルのための食事のニーズと食糧の好みを満たす十分な安全で栄養価の高い食糧に物理的および経済的にアクセスできるときに存在します。 「」[130]近年、この食料安全保障の問題についてはあまり成功していない。[124]ブルキナファソの急速に増加している人口(年間約3.6%)は、国の資源とインフラに負担をかけ続けており、それが食料へのアクセスをさらに制限する可能性があります。[131]

国は内陸国であり、干ばつや洪水などの自然災害に見舞われやすいため、多くの家族は深刻な飢餓から身を守るために奮闘しています。[124]最近の収穫生産はいくらか改善したが、人口の多くは過去10年間の継続的な食糧と栄養の危機を克服するのにまだ苦労している。[120] 栄養失調は特に女性と子供によく見られ、多くの人々が発育阻害貧血などの微量栄養素欠乏症に苦しんでいます。[132]食糧不安はブルキナファソの構造的問題に成長しましたが、食品価格これらすべての要因と高い貧困レベルが相まって、ブルキナファソは慢性的な高レベルの食糧不安と栄養失調に対して脆弱なままになっています。[124]

社会的および経済的原因

貧困は引き続き食糧不安と強く結びついています。[133]世界で最も貧しい国の1つとして、人口の約43.7%が貧困ラインの下に住んでいます[134]ブルキナファソは、2015年のUNDP人間開発指数で188か国中185位にランクされました。 [124]人間開発指数は、人間開発の3つの主要な分野である長寿、教育、経済的生活水準を考慮した、生活の質の尺度です。[135]ブルキナファソで見られるこれらの高水準の貧困は、世界的な食糧危機の高騰と相まって、ブルキナファソの食糧不安の問題に引き続き貢献しています。[136]2007年から2008年の世界的な食糧危機は、食糧価格の急激な高騰であり、世界中の国々で高率の飢餓、栄養失調、政治的および経済的不安定をもたらしました。[137]ブルキナファソの人口の約80%が農村部にあり、生計を立てるために自給農業に依存しているため、これはブルキナファソに大きな影響を及ぼしました。[120]たとえば、洪水、干ばつ、イナゴの攻撃などの自然災害が発生して作物が不作になると、ブルキナファソの農民は穀物の購入に依存するようになります。[138]世界的な食糧危機のために、地元の穀物価格は劇的に上昇し、市場交換を通じて農家が穀物にアクセスすることを制限した。[138]

インフラストラクチャとサービス

ブルキナファソクドゥググランドマルシェ

サービスは未発達のままですが、商業ラインに沿って運営されている国営の 公益事業会社である国立水衛生局(ONEA)は、アフリカで最も業績の良い公益事業会社の1つとして浮上しています。[139]高度な自律性と熟練した献身的な管理により、ONEAはきれいな水の生産とアクセスを改善することができます。[139]

2000年以降、国内の4つの主要な都市部で200万人近くの人々が水を利用できるようになりました。同社はインフラストラクチャの品質を高く維持し(リークによって失われる水の18%未満–サハラ以南のアフリカで最も低いものの1つ)、財務報告を改善し、年間収益を平均12%増加させました(インフレ以上)。[139]インフラストラクチャを拡張するために国際援助に依存する必要があるため、一部の顧客がサービスに支払うことの難しさなど、課題が残っています。[139]国営の商業経営ベンチャーは、国が水関連分野でミレニアム開発目標(MDG)の目標を達成するのを助け、実行可能な企業として成長しました。[139]

However, access to drinking water has improved over the last 28 years. According to UNICEF, access to drinking water has increased from 39 to 76% in rural areas between 1990 and 2015. In this same time span, access to drinking water increased from 75 to 97% in urban areas.[140]

Electricity

A 33-megawatt solar power plant in Zagtouli, near Ouagadougou, came online in late November 2017. At the time of its construction, it was the largest solar power facility in West Africa.[141]

Other

The growth rate in Burkina Faso is high although it continues to be plagued by corruption and incursions from terrorist groups from Mali and Niger.[142]

Transport

The railway station in Bobo Dioulasso was built during the colonial era and remains in operation.

Transport in Burkina Faso is limited by relatively underdeveloped infrastructure.

As of June 2014 the main international airport, Ouagadougou Airport, had regularly scheduled flights to many destinations in West Africa as well as Paris, Brussels and Istanbul. The other international airport, Bobo Dioulasso Airport, has flights to Ouagadougou and Abidjan.

Rail transport in Burkina Faso consists of a single line which runs from Kaya to Abidjan in Ivory Coast via Ouagadougou, Koudougou, Bobo Dioulasso and Banfora. Sitarail operates a passenger train three times a week along the route.[143]

There are 15,000 kilometres of roads in Burkina Faso, of which 2,500 kilometres are paved.[144]

Science and technology

In 2009, Burkina Faso spent 0.20% of GDP on research and development (R&D), one of the lowest ratios in West Africa. There were 48 researchers (in full-time equivalents) per million inhabitants in 2010, which is more than twice the average for sub-Saharan Africa (20 per million population in 2013) and higher than the ratio for Ghana and Nigeria (39). It is, however, much lower than the ratio for Senegal (361 per million inhabitants). In Burkina Faso in 2010, 46% of researchers were working in the health sector, 16% in engineering, 13% in natural sciences, 9% in agricultural sciences, 7% in the humanities and 4% in social sciences.[145] Burkina Faso was ranked 118th in the Global Innovation Index in 2020, down from 117th in 2019.[146][147][148][149]

In January 2011, the government created the Ministry of Scientific Research and Innovation. Up until then, management of science, technology and innovation had fallen under the Department of Secondary and Higher Education and Scientific Research. Within this ministry, the Directorate General for Research and Sector Statistics is responsible for planning. A separate body, the Directorate General of Scientific Research, Technology and Innovation, co-ordinates research. This is a departure from the pattern in many other West African countries where a single body fulfils both functions. The move signals the government's intention to make science and technology a development priority.[145]

In 2012, Burkina Faso adopted a National Policy for Scientific and Technical Research, the strategic objectives of which are to develop R&D and the application and commercialization of research results. The policy also makes provisions for strengthening the ministry's strategic and operational capacities. One of the key priorities is to improve food security and self-sufficiency by boosting capacity in agricultural and environmental sciences. The creation of a centre of excellence in 2014 at the International Institute of Water and Environmental Engineering in Ouagadougou within the World Bank project provides essential funding for capacity-building in these priority areas.[145]

A dual priority is to promote innovative, effective and accessible health systems. The government wishes to develop, in parallel, applied sciences and technology and social and human sciences. To complement the national research policy, the government has prepared a National Strategy to Popularize Technologies, Inventions and Innovations (2012) and a National Innovation Strategy (2014). Other policies also incorporate science and technology, such as that on Secondary and Higher Education and Scientific Research (2010), the National Policy on Food and Nutrition Security (2014) and the National Programme for the Rural Sector (2011).[145]

In 2013, Burkina Faso passed the Science, Technology and Innovation Act establishing three mechanisms for financing research and innovation, a clear indication of high-level commitment. These mechanisms are the National Fund for Education and Research, the National Fund for Research and Innovation for Development and the Forum of Scientific Research and Technological Innovation.[145]

Society

Demographics

A Burkinabè Tuareg man in Ouagadougou
Population[150][151]
Year Million
1950 4.3
2000 11.6
2018 19.8

Burkina Faso is an ethnically integrated, secular state where most people are concentrated in the south and centre, where their density sometimes exceeds 48 inhabitants per square kilometre (120/sq mi). Hundreds of thousands of Burkinabè migrate regularly to Ivory Coast and Ghana, mainly for seasonal agricultural work. These flows of workers are affected by external events; the September 2002 coup attempt in Ivory Coast and the ensuing fighting meant that hundreds of thousands of Burkinabè returned to Burkina Faso. The regional economy suffered when they were unable to work.[152]

In 2015, most of the population belonged to "one of two West African ethnic cultural groups: the Voltaic and the Mandé. Voltaic Mossi make up about 50% of the population and are descended from warriors who moved to the area from Ghana around 1100, establishing an empire that lasted over 800 years".[10]

The total fertility rate of Burkina Faso is 5.93 children born per woman (2014 estimates), the sixth highest in the world.[153]

In 2009 the U.S. Department of State's Trafficking in Persons Report reported that slavery in Burkina Faso continued to exist and that Burkinabè children were often the victims.[154] Slavery in the Sahel states in general, is an entrenched institution with a long history that dates back to the trans-Saharan slave trade.[155] In 2018, an estimated 82,000 people in the country were living under "modern slavery" according to the Global Slavery Index.[156]

 
 
Largest cities or towns in Burkina Faso
According to the 2006 Census[157]
Rank Name Region Pop.
Ouagadougou
Ouagadougou
Bobo-Dioulasso
Bobo-Dioulasso
1 Ouagadougou Centre 1,475,223 Koudougou
Koudougou
Banfora
Banfora
2 Bobo-Dioulasso Hauts-Bassins 489,967
3 Koudougou Centre-Ouest 88,184
4 Banfora Cascades 75,917
5 Ouahigouya Nord 73,153
6 Pouytenga Centre-Est 60,618
7 Kaya Centre-Nord 54,365
8 Tenkodogo Centre-Est 44,491
9 Fada N'gourma Est 41,785
10 Houndé Hauts-Bassins 39,458

Ethnic groups

Burkina Faso's 17.3 million people belong to two major West African ethnic cultural groups—the Voltaic and the Mandé (whose common language is Dioula). The Voltaic Mossi make up about one-half of the population. The Mossi claim descent from warriors who migrated to present-day Burkina Faso from northern Ghana around 1100 AD. They established an empire that lasted more than 800 years. Predominantly farmers, the Mossi kingdom is led by the Mogho Naba, whose court is in Ouagadougou.[152]

Languages

Languages in Burkina Faso
Languages percent
Mossi
50.5%
Fula
9.3%
Gourmanche
6.1%
Bambara
4.9%
Bissa
3.2%
Bwamu
2.1%
Dagara
2%
San
1.9%
Lobiri
1.8%
Lyele
1.7%
Bobo
1.4%
Senoufo
1.4%
Nuni
1.2%
Dafing
1.1%
Tamasheq
1%
Kassem
0.7%
Gouin
0.4%
Dogon
0.3%
Songhai
0.3%
Gourounsi
0.3%
Ko
0.1%
Koussasse
0.1%
Sembla
0.1%
Siamou
0.1%
Other National
5%
Other African
0.2%
French
1.3%
Other Foreign
0.1%

Burkina Faso is a multilingual country. The official language is French, which was introduced during the colonial period. French is the principal language of administrative, political and judicial institutions, public services, and the press. It is the only language for laws, administration and courts. Altogether, an estimated 69 languages are spoken in the country,[158] of which about 60 languages are indigenous. The Mooré language is the most spoken language in Burkina Faso, spoken by about half the population, mainly in the central region around the capital, Ouagadougou.

According to the 2006 Census, the languages spoken natively in Burkina Faso were Mooré by 50.5% of the population, Fula by 9.3%, Gourmanché by 6.1%, Bambara by 4.9%, Bissa by 3.2%, Bwamu by 2.1%, Dagara by 2%, San by 1.9%, Lobiri with 1.8%, Lyélé with 1.7%, Bobo and Sénoufo with 1.4% each, Nuni by 1.2%, Dafing by 1.1%, Tamasheq by 1%, Kassem by 0.7%, Gouin by 0.4%, Dogon, Songhai, and Gourounsi by 0.3% each, Ko, Koussassé, Sembla, and Siamou by 0.1% each, other national languages by 5%, other African languages by 0.2%, French (the official language) by 1.3%, and other foreign languages by 0.1%.[159]

In the west, Mandé languages are widely spoken, the most predominant being Dioula (also known as Jula or Dyula), others including Bobo, Samo, and Marka. Fula is widespread, particularly in the north. Gourmanché is spoken in the east, while Bissa is spoken in the south.

Religion

Religion in Burkina Faso (2006)[2]

  Islam (60.5%)
  Christianity (23.2%)
  Indigenous beliefs (15.3%)
  Irreligious and others (1.0%)
The Grand Mosque of Bobo-Dioulasso

Statistics on religion in Burkina Faso can be misleading because Islam and Christianity are often practiced in tandem with indigenous religious beliefs. The government of Burkina Faso's 2006 census reported that 60.5% of the population practice Islam, and that the majority of this group belong to the Sunni branch,[160][161] while a small minority adheres to Shia Islam.[162]

A significant number of Sunni Muslims identify with the Tijaniyah Sufi order. The government estimated that 23.2% of the population are Christians (19% being Roman Catholics and 4.2% members of Protestant denominations); 15.3% follow traditional indigenous beliefs such as the Dogon religion, 0.6% have other religions, and 0.4% have none.[160][161]

Health

In 2016, the average life expectancy was estimated at 60 for males and 61 for females. In 2018, the under-five mortality rate and the infant mortality rate was 76 per 1000 live births.[163] In 2014, the median age of its inhabitants was 17 and the estimated population growth rate was 3.05%.[153]

In 2011, health expenditures was 6.5% of GDP; the maternal mortality ratio was estimated at 300 deaths per 100000 live births and the physician density at 0.05 per 1000 population in 2010. In 2012, it was estimated that the adult HIV prevalence rate (ages 15–49) was 1.0%.[164] According to the 2011 UNAIDS Report, HIV prevalence is declining among pregnant women who attend antenatal clinics.[165] According to a 2005 World Health Organization report, an estimated 72.5% of Burkina Faso's girls and women have had female genital mutilation, administered according to traditional rituals.[166]

Central government spending on health was 3% in 2001.[167] As of 2009, studies estimated there were as few as 10 physicians per 100,000 people.[168] In addition, there were 41 nurses and 13 midwives per 100,000 people.[168] Demographic and Health Surveys has completed three surveys in Burkina Faso since 1993, and had another in 2009.[169]

A Dengue fever outbreak in 2016 killed 20 patients. Cases of the disease were reported from all 12 districts of Ouagadougou.[170]

Education

The Gando primary school. Its architect, Diébédo Francis Kéré, received the Aga Khan Award for Architecture in 2004.

Education in Burkina Faso is divided into primary, secondary and higher education.[171] High school costs approximately CFA 25,000 (US$50) per year, which is far above the means of most Burkinabè families. Boys receive preference in schooling; as such, girls' education and literacy rates are far lower than their male counterparts. An increase in girls' schooling has been observed because of the government's policy of making school cheaper for girls and granting them more scholarships.

To proceed from primary to middle school, middle to high school or high school to college, national exams must be passed. Institutions of higher education include the University of Ouagadougou, The Polytechnic University of Bobo-Dioulasso, and the University of Koudougou, which is also a teacher training institution. There are some small private colleges in the capital city of Ouagadougou but these are affordable to only a small portion of the population.

There is also the International School of Ouagadougou (ISO), an American-based private school located in Ouagadougou.

The 2008 UN Development Program Report ranked Burkina Faso as the country with the lowest level of literacy in the world, despite a concerted effort to double its literacy rate from 12.8% in 1990 to 25.3% in 2008.[172]

Culture

A masked Winiama dancer, c. 1970

Literature in Burkina Faso is based on the oral tradition, which remains important. In 1934, during French occupation, Dim-Dolobsom Ouedraogo published his Maximes, pensées et devinettes mossi (Maximes, Thoughts and Riddles of the Mossi), a record of the oral history of the Mossi people.[173]

The oral tradition continued to have an influence on Burkinabè writers in the post-independence Burkina Faso of the 1960s, such as Nazi Boni and Roger Nikiema.[174] The 1960s saw a growth in the number of playwrights being published.[173] Since the 1970s, literature has developed in Burkina Faso with many more writers being published.[175]

The theatre of Burkina Faso combines traditional Burkinabè performance with the colonial influences and post-colonial efforts to educate rural people to produce a distinctive national theatre. Traditional ritual ceremonies of the many ethnic groups in Burkina Faso have long involved dancing with masks. Western-style theatre became common during colonial times, heavily influenced by French theatre. With independence came a new style of theatre inspired by forum theatre aimed at educating and entertaining Burkina Faso's rural people.

Arts and crafts

Artisan garland of decorative painted gourds in Ouagadougou

In addition to several rich traditional artistic heritages among the peoples, there is a large artist community in Burkina Faso, especially in Ouagadougou. Much of the crafts produced are for the country's growing tourist industry.

Burkina Faso also hosts the International Art and Craft Fair, Ouagadougou. It is better known by its French name as SIAO, Le Salon International de l' Artisanat de Ouagadougou, and is one of the most important African handicraft fairs.

Cuisine

A plate of fufu (right) accompanied with peanut soup

Typical of West African cuisine, Burkina Faso's cuisine is based on staple foods of sorghum, millet, rice, maize, peanuts, potatoes, beans, yams and okra.[176] The most common sources of animal protein are chicken, chicken eggs and fresh water fish. A typical Burkinabè beverage is Banji or Palm Wine, which is fermented palm sap; and Zoom-kom, or "grain water" purportedly the national drink of Burkina Faso. Zoom-kom is milky-looking and whitish, having a water and cereal base, best drunk with ice cubes. In the more rural regions, in the outskirts of Burkina, you would find Dolo, which is drink made from fermented millet.[177]

Cinema

The cinema of Burkina Faso is an important part of West African and African film industry.[178] Burkina's contribution to African cinema started with the establishment of the film festival FESPACO (Festival Panafricain du Cinéma et de la Télévision de Ouagadougou), which was launched as a film week in 1969. Many of the nation's filmmakers are known internationally and have won international prizes.

For many years the headquarters of the Federation of Panafrican Filmmakers (FEPACI) was in Ouagadougou, rescued in 1983 from a period of moribund inactivity by the enthusiastic support and funding of President Sankara. (In 2006 the Secretariat of FEPACI moved to South Africa, but the headquarters of the organization is still in Ouagadougou.) Among the best known directors from Burkina Faso are Gaston Kaboré, Idrissa Ouedraogo and Dani Kouyate.[179] Burkina produces popular television series such as Les Bobodiouf. Internationally known filmmakers such as Ouedraogo, Kabore, Yameogo, and Kouyate make popular television series.

Sports

Burkina Faso national football team in white during a match

Sport in Burkina Faso is widespread and includes soccer, basketball, cycling, rugby union, handball, tennis, boxing and martial arts. Soccer is the most popular sport in Burkina Faso, played both professionally, and informally in towns and villages across the country. The national team is nicknamed "Les Etalons" ("the Stallions") in reference to the legendary horse of Princess Yennenga.

In 1998, Burkina Faso hosted the Africa Cup of Nations for which the Omnisport Stadium in Bobo-Dioulasso was built. Burkina Faso qualified for the 2013 African Cup of Nations in South Africa and reached the final, but then lost to Nigeria 0–1. The country is currently ranked 53rd in the FIFA World Rankings, and has shown improvement in recent years, although they have never qualified for a FIFA World Cup.[180]

Basketball is another sport which enjoys much popularity for both men and women.[181] The country's men's national team had its most successful year in 2013 when it qualified for the AfroBasket, the continent's prime basketball event.

At the 2020 Summer Olympics, the athlete Hugues Fabrice Zango won Burkina Faso's first Olympic medal, winning bronze in the men's triple jump.[182] Cricket is also picking up in Burkina Faso with Cricket Burkina Faso running a 10 club league ,[183]

Media

A cameraman in Ouagadougou, Burkina Faso in 2010

The nation's principal media outlet is its state-sponsored combined television and radio service, Radiodiffusion-Télévision Burkina (RTB).[184] RTB broadcasts on two medium-wave (AM) and several FM frequencies. Besides RTB, there are privately owned sports, cultural, music, and religious FM radio stations. RTB maintains a worldwide short-wave news broadcast (Radio Nationale Burkina) in the French language from the capital at Ouagadougou using a 100 kW transmitter on 4.815 and 5.030 MHz.[185]

Attempts to develop an independent press and media in Burkina Faso have been intermittent. In 1998, investigative journalist Norbert Zongo, his brother Ernest, his driver, and another man were assassinated by unknown assailants, and the bodies burned. The crime was never solved.[186] However, an independent Commission of Inquiry later concluded that Norbert Zongo was killed for political reasons because of his investigative work into the death of David Ouedraogo, a chauffeur who worked for François Compaoré, President Blaise Compaoré's brother.[187][188]

In January 1999, François Compaoré was charged with the murder of David Ouedraogo, who had died as a result of torture in January 1998. The charges were later dropped by a military tribunal after an appeal. In August 2000, five members of the President's personal security guard detail (Régiment de la Sécurité Présidentielle, or RSP) were charged with the murder of Ouedraogo. RSP members Marcel Kafando, Edmond Koama, and Ousseini Yaro, investigated as suspects in the Norbert Zongo assassination, were convicted in the Ouedraogo case and sentenced to lengthy prison terms.[187][188]

Since the death of Norbert Zongo, several protests regarding the Zongo investigation and treatment of journalists have been prevented or dispersed by government police and security forces. In April 2007, popular radio reggae host Karim Sama, whose programs feature reggae songs interspersed with critical commentary on alleged government injustice and corruption, received several death threats.[189]

Sama's personal car was later burned outside the private radio station Ouaga FM by unknown vandals.[190] In response, the Committee to Protect Journalists (CPJ) wrote to President Compaoré to request his government investigate the sending of e-mailed death threats to journalists and radio commentators in Burkina Faso who were critical of the government.[186] In December 2008, police in Ouagadougou questioned leaders of a protest march that called for a renewed investigation into the unsolved Zongo assassination. Among the marchers was Jean-Claude Meda, the president of the Association of Journalists of Burkina Faso.[191]

Cultural festivals and events

Every two years, Ouagadougou hosts the Panafrican Film and Television Festival of Ouagadougou (FESPACO), the largest African cinema festival on the continent (February, odd years).

Held every two years since 1988, the International Art and Craft Fair, Ouagadougou (SIAO), is one of Africa's most important trade shows for art and handicrafts (late October-early November, even years).

Also every two years, the Symposium de sculpture sur granit de Laongo takes place on a site located about 35 kilometres (22 miles) from Ouagadougou, in the province of Oubritenga.

The National Culture Week of Burkina Faso, better known by its French name La Semaine Nationale de la culture (SNC), is one of the most important cultural activities of Burkina Faso. It is a biennial event which takes place every two years in Bobo Dioulasso, the second-largest city in the country.

The Festival International des Masques et des Arts (FESTIMA), celebrating traditional masks, is held every two years in Dédougou.

See also

References

  1. ^ "Africa: Burkina Faso The World Factbook – Central Intelligence Agency". cia.gov. 2019. Retrieved 22 December 2019.
  2. ^ a b Comité national du recensement (July 2008). "Recensement général de la population et de l'habitation de 2006" (PDF). Conseil national de la statistique. Archived from the original (PDF) on 11 May 2011. Retrieved 20 January 2011.
  3. ^ "Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on 2016-12-21. Retrieved 2016-02-18.CS1 maint: archived copy as title". 16 November 2021.
  4. ^ "Report for Selected Countries and Subjects".
  5. ^ "World Economic Outlook Database, October 2021". IMF.org. International Monetary Fund. October 2021. Retrieved 10 January 2022.
  6. ^ "Distribution of family income – Gini index". The World Factbook. CIA. Archived from the original on 13 June 2007. Retrieved 1 September 2009.
  7. ^ Human Development Report 2020 The Next Frontier: Human Development and the Anthropocene (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. pp. 343–346. ISBN 978-92-1-126442-5. Retrieved 16 December 2020.
  8. ^ a b CFA Franc BCEAO. Codes: XOF / 952 ISO 4217 currency names and code elements Archived 7 April 2014 at the Wayback Machine. ISO.
  9. ^ "burkina-faso noun – Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner's Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com". www.oxfordlearnersdictionaries.com. Retrieved 20 November 2017.
  10. ^ a b "Burkina Faso Population 2021 (Demographics, Maps, Graphs)". worldpopulationreview.com.
  11. ^ "Violent Protests Topple Government in Burkina Faso". The New York Times. 31 October 2014.
  12. ^ Tens of thousands attend Burkina Faso protest, Protesters voice opposition to referendum that would allow Blaise Campaore to extend his presidential term, Al Jazeera (Reuters). Last updated: 1 June 2014 01:34.
  13. ^ a b Burkina Faso Salutes "Africa's Che" Thomas Sankara by Mathieu Bonkoungou, Reuters, 17 October 2007
  14. ^ a b c d e Thomas Sankara: the Upright Man by California Newsreel
  15. ^ a b c Commemorating Thomas Sankara by Farid Omar, Group for Research and Initiative for the Liberation of Africa (GRILA), 28 November 2007
  16. ^ a b "Burkina Faso coup: military says it now controls country after arresting leaders". The Daily Telegraph (Online edition). United Kingdom. 17 September 2015. Archived from the original on 19 September 2015. Retrieved 17 September 2015.
  17. ^ "Burkina Faso coup: Michel Kafando reinstated as president". BBC News. 23 September 2015. Retrieved 23 September 2015.
  18. ^ "Burkina Faso restores constitution, names coup leader president". www.aljazeera.com. Retrieved 31 January 2022.
  19. ^ Brion, Corinne (November 2014). "Global voices Burkina Faso: Two languages are better than one". Phi Delta Kappan. Retrieved 12 October 2020.
  20. ^ "Africa :: Burkina Faso – People and Society – The World Factbook – Central Intelligence Agency". cia.gov. CIA. Retrieved 11 March 2020.
  21. ^ "Why the name: Burkina Faso?". 12 September 2013.
  22. ^ a b "Africa – Burkina Faso". CIA. 21 December 2018. Retrieved 16 January 2019.
  23. ^ iAfrica – Ancient History UNTOLD. Forbidden Fruit Books LLC. p. 21.
  24. ^ a b c "Burkina Faso". Smoke Tree Manor. 23 October 2019. Retrieved 30 May 2020.
  25. ^ UNESCO World Heritage Centre. "Site archéologique de Bura". UNESCO.
  26. ^ Miller, D. E.; Van Der Merwe, N. J. (2009). "Early Metal Working in Sub-Saharan Africa: A Review of Recent Research". The Journal of African History. 35 (1): 1–36. doi:10.1017/S0021853700025949. JSTOR 182719.
  27. ^ Stuiver, Minze; van der Merwe, Nicolaas J. (1968). "Radiocarbon Chronology of the Iron Age in Sub-Saharan Africa". Current Anthropology. 9 (1): 54–58. doi:10.1086/200878. JSTOR 2740446. S2CID 145379030.
  28. ^ "Ancient Ferrous Metallurgy Sites of Burkina Faso". UNESCO World Heritage List. UNESCO. Retrieved 21 March 2021.
  29. ^ Rupley, p. 27
  30. ^ a b Rupley, p. 28
  31. ^ Shoup, John A. (2011). Ethnic Groups of Africa and the Middle East: An Encyclopedia. ABC-CLIO, 2011. ISBN 9781598843620.
  32. ^ "Encyclopedia of the Nations." History. Advameg, Inc., n.d. Web. 8 October 2014.
  33. ^ Rupley, p. xxvioi
  34. ^ Rupley, p. xxvix
  35. ^ Rupley, pp. 30–33
  36. ^ Figures de la révolution africaine, de Kenyatta à Sankara, La Découverte, 2014, p. 271-288.
  37. ^ Mahir Saul and Patrick Royer, West African Challenge to Empire, 2001
  38. ^ "More (Language of the Moose people) Phrase Book". World Digital Library. Retrieved 16 February 2013.
  39. ^ Anyangwe, Carlson (2012). Revolutionary Overthrow of Constitutional Orders in Africa. African Books Collective. ISBN 9789956727780.
  40. ^ "Burkina Faso's history, also called Upper Volta, endured between 1960 and 1987, 6 military coups and the establishment of 3 republics". Blaise Compaore. Retrieved 5 November 2020.
  41. ^ André, Géraldine (31 May 2007). "École, langues, cultures et développement". Cahiers d'Études Africaines (in French). 47 (186): 221–247. doi:10.4000/etudesafricaines.6960. ISSN 0008-0055.
  42. ^ More (Language of the Mossi Tribe) Phrase Book – "Burkina Faso is a former French colony, which became the independent state of Upper Volta in 1960. In 1984 the country adopted its present name, meaning 'Land of Incorruptible People.'"
  43. ^ Kingfisher Geography Encyclopedia. ISBN 1-85613-582-9. Page 170
  44. ^ Manning, Patrick (1998). Francophone Sub-Saharan Africa: 1880–1995. Cambridge: Cambridge University Press. p. 126. ISBN 9780521645195. The name of the country was chnged to Burkina Faso, and Sankara launched it on an aggressive, populist program of self-help.
  45. ^ The name is an amalgam of More burkina ("honest", "upright", or "incorruptible men") and Jula faso ("homeland"; literally "father's house"). The "-be" suffix in the name for the people – Burkinabe – comes from the Fula plural suffix for people, -ɓe.
  46. ^ X, Mr (28 October 2015). "Resurrecting Thomas Sankara – My Blog". My Blog. Retrieved 25 April 2017.
  47. ^ Lepidi, Pierre (3 January 2020). "Thomas Sankara, l'écologiste". Le Monde (in French). Paris.
  48. ^ "Reviving Thomas Sankara's spirit". Al Jazeera. Retrieved 25 April 2017.
  49. ^ Kasuka, Bridgette (2011). African Leaders. 3rd Paragraph: Bankole Kamara Taylor. p. 13. ISBN 978-1468114362.{{cite book}}: CS1 maint: location (link)
  50. ^ "Burkina Faso Profile." Burkina Faso Profile. BBC NEWS AFRICA, 21 March 2014. Web. 24 September 2014.
  51. ^ United Nation (2016). "List of Least Developed Countries" (PDF). United Nations. Archived from the original (PDF) on 1 March 2011.
  52. ^ "Burkina Faso parliament set ablaze". BBC News. 30 October 2014. Retrieved 30 October 2014.
  53. ^ "Burkina Faso protesters set parliament on fire, take over state TV and march on presidency". The Sydney Morning Herald. 30 October 2014. Retrieved 30 October 2014.
  54. ^ Gongo, Simon & Bax, Pauline. "Burkina Faso General Takes Power After President Resigns". Bloomberg BusinessWeek. Archived from the original on 2 January 2015.
  55. ^ Herve, Taoko and Cowelloct, Alan (31 October 2014) Burkina Faso's President Resigns, and General Takes Reins. The New York Times.
  56. ^ "Army backs new Burkina Faso leader Isaac Zida". BBC News. November 2014.
  57. ^ "Burkina Faso talks agree on plan for return to civilian rule". Reuters. Archived from the original on 10 November 2014. Retrieved 9 November 2014.
  58. ^ Raziye Akkoc (17 September 2015). "Burkina Faso coup: military says it now controls country after arresting leaders: live". The Daily Telegraph. agencies. Archived from the original on 10 January 2022.
  59. ^ Andrusewicz, Marie (22 September 2015). "Burkina Faso Leader Apologizes To Nation For Seizing Power in a Coup". NPR. Retrieved 23 September 2015.
  60. ^ Wagner, Laura (23 September 2015). "A Week After Coup, Burkina Faso's Interim President Back in Power". NPR. Retrieved 23 September 2015.
  61. ^ a b Mathieu Bonkoungou and Nadoun Coulibaly, "Kabore wins Burkina Faso presidential election", Reuters, 1 December 2015.
  62. ^ a b "Burkina Faso swears in new president, capping transition", Agence France-Presse, 29 December 2015.
  63. ^ "Burkina Faso elections: Kabore's party fails to clinch majority parliamentary seats". 30 November 2020.
  64. ^ "16 killed in Burkina Faso mosque attack: security sources". France 24. 12 October 2019. Retrieved 13 October 2019.
  65. ^ "Deadly attack on Burkina Faso mosque". BBC. 12 October 2019. Retrieved 13 October 2019.
  66. ^ "U.S. Embassy Ouagadougou Statement on Human Rights Watch Report (July 8): Burkina Faso Allegations of Extrajudicial Killings". U.S. Embassy in Burkina Faso. 8 July 2020. Retrieved 8 July 2020.
  67. ^ Portland Press Herald, June 5, 2021
  68. ^ Ndiaga, Thiam; Mimault, Anne (24 January 2022). "Burkina Faso President Kabore detained at military camp, security sources say". Reuters. Retrieved 24 January 2022.
  69. ^ "ZEIT ONLINE | Lesen Sie zeit.de mit Werbung oder im PUR-Abo. Sie haben die Wahl". www.zeit.de. Retrieved 25 January 2022.
  70. ^ "Burkina Faso military says it has seized power". BBC News. 24 January 2022. Retrieved 25 January 2022.
  71. ^ "Burkina Faso coup: New leader Damiba gives first speech". BBC News. 28 January 2022. Retrieved 29 January 2022.
  72. ^ "ECOWAS suspends Burkina Faso over military coup". www.aljazeera.com. Archived from the original on 28 January 2022. Retrieved 28 January 2022.
  73. ^ "AU suspends Burkina Faso after coup as envoys head for talks". www.aljazeera.com. Retrieved 31 January 2022.
  74. ^ "Burkina Faso's Blaise Compaore sacks his government", BBC News, 15 April 2011.
  75. ^ "Burkina opposition calls anti-president demo". The Daily Star. 23 April 2011. Retrieved 24 April 2011.
  76. ^ Taoko, Hervé; Nossiter, Adam (27 April 2011). "Mayor's Home Burned as Burkina Faso Protests Continue". The New York Times. Archived from the original on 30 April 2011. Retrieved 30 April 2011.
  77. ^ Gongo, Simon (28 April 2011). "Burkina Faso Riot Police Join Wave of Protests After Government Dissolved". Bloomberg L.P. Retrieved 30 April 2011.
  78. ^ "Burkina Faso teachers' strike: Union agrees deal". BBC News. 25 May 2011. Archived from the original on 27 May 2011. Retrieved 28 May 2011.
  79. ^ "Burkina Faso government replaces its governors". Taiwan News. 9 June 2011. Retrieved 11 June 2011.
  80. ^ Tiendrebeongo, Aristide (March 2013). "Failure Likely". dandc.eu.
  81. ^ "Africa's human rights court and the limits of justice". Al Jazeera. Archived from the original on 27 October 2017. Retrieved 27 October 2017.
  82. ^ "Burkina Faso 2015 Human Rights Report" (PDF). United States Department of State. 2015. Retrieved 3 June 2018.
  83. ^ "A Week After Coup, Burkina Faso's Interim President Back in Power". NPR. 23 September 2015. Retrieved 23 September 2015.
  84. ^ "Burkina Faso Leader Apologizes To Nation For Seizing Power in a Coup". NPR. 22 September 2015. Retrieved 23 September 2015.
  85. ^ "Burkina Faso profile". BBC News. 5 March 2018.
  86. ^ "Burkina Faso". 4 January 2018. Archived from the original on 7 January 2019. Retrieved 6 January 2019.
  87. ^ a b "Burkina Faso". Danube Travel. 26 November 2017. Retrieved 6 January 2019.
  88. ^ "Burkina Faso: Referendum on new constitution set for March 2019". Danube Travel. 28 August 2018. Archived from the original on 7 January 2019. Retrieved 6 January 2019.
  89. ^ "Burkina Faso: Le référendum constitutionnel prévu le 24 mars 2019 – Radio France Internationale". 27 August 2018.
  90. ^ Online, Peace FM. "Coup Underway In Burkina Faso, President Detained By Military". Peacefmonline.com - Ghana news. Retrieved 24 January 2022.
  91. ^ Jane's Sentinel Security Assessment – West Africa, 15 April 2009
  92. ^ "Burkina Faso capital under curfew after army mutiny". BBC News. 16 April 2011. Retrieved 17 April 2011.
  93. ^ a b Das, Dilip K. and Palmiotto, Michael J. (2005) World Police Encyclopedia, Routledge, ISBN 0-415-94250-0. pp. 139–141
  94. ^ U.S. Dept. of State, Burkina Faso: Country Specific Information
  95. ^ Foreign and Commonwealth Office,"Sub-Saharan Africa: Burkina Faso". Archived from the original on 27 August 2009. Retrieved 13 August 2009. . Government of the United Kingdom
  96. ^ Dinerstein, Eric; Olson, David; Joshi, Anup; Vynne, Carly; Burgess, Neil D.; Wikramanayake, Eric; Hahn, Nathan; Palminteri, Suzanne; Hedao, Prashant; Noss, Reed; Hansen, Matt; Locke, Harvey; Ellis, Erle C; Jones, Benjamin; Barber, Charles Victor; Hayes, Randy; Kormos, Cyril; Martin, Vance; Crist, Eileen; Sechrest, Wes; Price, Lori; Baillie, Jonathan E. M.; Weeden, Don; Suckling, Kierán; Davis, Crystal; Sizer, Nigel; Moore, Rebecca; Thau, David; Birch, Tanya; Potapov, Peter; Turubanova, Svetlana; Tyukavina, Alexandra; de Souza, Nadia; Pintea, Lilian; Brito, José C.; Llewellyn, Othman A.; Miller, Anthony G.; Patzelt, Annette; Ghazanfar, Shahina A.; Timberlake, Jonathan; Klöser, Heinz; Shennan-Farpón, Yara; Kindt, Roeland; Lillesø, Jens-Peter Barnekow; van Breugel, Paulo; Graudal, Lars; Voge, Maianna; Al-Shammari, Khalaf F.; Saleem, Muhammad (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  97. ^ a b "SIM Country Profile: Burkina Faso". Archived from the original on 9 March 2008. Retrieved 5 August 2006.
  98. ^ Reardon, Thomas (1996). "Agroclimatic Shock, Income Inequality, and Poverty: Evidence from Burkina Faso". World Development. 24 (5): 901–914. doi:10.1016/0305-750x(96)00009-5.
  99. ^ Ostergaard Nielsen, Jonas (February 2010). "Cultural barriers to climate change adaptation: A case study from Northern Burkina Faso". Global Environmental Change. 20: 142–152. doi:10.1016/j.gloenvcha.2009.10.002.
  100. ^ Barbier; et al. (2009). "Human Vulnerability to Climate Variability in the Sahel: Farmers' Adaptation Strategies in Northern Burkina Faso". Environmental Management. 43 (5): 790–803. Bibcode:2009EnMan..43..790B. doi:10.1007/s00267-008-9237-9. PMID 19037691. S2CID 9634833.
  101. ^ Groten, S. M. E. (1993). "NDVI—crop monitoring and early yield assessment of Burkina Faso". International Journal of Remote Sensing. 14 (8): 1495–1515. Bibcode:1993IJRS...14.1495G. doi:10.1080/01431169308953983.
  102. ^ a b Reardon, Thomas; Matlon, Peter; Delgado, Christopher (September 1988). "Coping with household-level food insecurity in drought-affected areas of Burkina Faso" (PDF). World Development. 16 (9): 1065–1074. doi:10.1016/0305-750X(88)90109-X.
  103. ^ Roncoli, Ingram, and Kirshen (2001). "The costs and risks of coping with drought: livelihood impacts and farmers' responses in Burkina Faso". Climate Research. 19: 119–132. Bibcode:2001ClRes..19..119R. doi:10.3354/cr019119.{{cite journal}}: CS1 maint: uses authors parameter (link)
  104. ^ Geography & Wildlife Archived 3 September 2015 at the Wayback Machine. our-africa.org
  105. ^ "OEC: Products exported by Bulgaria (2012)". The Observatory of Economic Complexity. Archived from the original on 29 October 2012. Retrieved 30 October 2014.
  106. ^ "Burkina Faso's Top 10 Exports". 17 January 2019.
  107. ^ "Burkina Faso Financial Sector Profile". Archived from the original on 10 December 2014. Retrieved 11 June 2015.{{cite web}}: CS1 maint: bot: original URL status unknown (link), MFW4A
  108. ^ "Burkina Faso Travel Advisory". Government of USA. 11 October 2016. Retrieved 6 January 2019.
  109. ^ "Burkina Faso Economic Outlook". 27 March 2019.
  110. ^ "OHADA.com: The business law portal in Africa". Retrieved 22 March 2009.
  111. ^ "Burkina Faso".
  112. ^ Profile – Burkina Faso. Inadev.org. Retrieved 5 April 2014.
  113. ^ York, Jeoffrey (15 April 2012). "Iamgold's growing investment in Burkina Faso". The Globe and Mail. Toronto.
  114. ^ "Shiny future for Burkina Faso's gold-mining industry".
  115. ^ "Global Hunger Index | IFPRI". ifpri.org. Retrieved 20 November 2015.
  116. ^ a b c d "UN World Food Program". wfp.org. Archived from the original on 12 October 2015. Retrieved 19 October 2015.
  117. ^ a b "The Cost of Hunger in Africa: Burkina Faso 2015" (PDF). African Union Commission.
  118. ^ "Statistics". UNICEF. Archived from the original on 21 November 2015. Retrieved 19 October 2015.
  119. ^ "Education of Marginalized Populations in Burkina Faso". Archived from the original on 21 November 2015. Retrieved 20 November 2015.
  120. ^ a b c "ECHO Factsheet – Burkina Faso" (PDF). European Commission. 3 October 2013.
  121. ^ a b "The DHS Program – Burkina Faso: DHS, 2010 – Final Report (French)". dhsprogram.com. April 2012. Retrieved 19 October 2015.
  122. ^ "Gains and losses as Burkina Faso fights child hunger". IRIN. 11 March 2014. Retrieved 19 October 2015.
  123. ^ "Food Assistance Fact Sheet – Burkina Faso | U.S. Agency for International Development". 19 October 2018.
  124. ^ a b c d e f g h i j "Burkina Faso | WFP | United Nations World Food Programme – Fighting Hunger Worldwide". wfp.org. Archived from the original on 10 September 2015. Retrieved 19 October 2015.
  125. ^ a b "Burkina Faso Brief" (PDF). World Food Programme.
  126. ^ "Burkina Faso Transitional ICSP (January – December 2018) | World Food Programme".
  127. ^ "What We Do". World Bank. Retrieved 2 November 2015.
  128. ^ a b c d e f g "Projects : Agricultural Productivity and Food Security Project | The World Bank". World Bank. Retrieved 2 November 2015.
  129. ^ "Overview".
  130. ^ Pinstrup-Andersen, Per (21 January 2009). "Food security: definition and measurement" (PDF). Food Security. 1: 5–7. doi:10.1007/s12571-008-0002-y. S2CID 207431757. Archived from the original (PDF) on 4 March 2016.
  131. ^ "Burkina Faso ICE Case Study". 1.american.edu. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 2 November 2015.
  132. ^ "USAID Office of Food for Peace Burkina Faso Food Security Country Framework" (PDF). United States Agency International Development.
  133. ^ Burns, Cate (April 2004). "A review of the literature describing the link between poverty, food insecurity and obesity with specific reference to Australia" (PDF). VicHealth. Archived from the original (PDF) on 21 November 2015.
  134. ^ Hagberg, Sten (2001). "Poverty in Burkina Faso" (PDF).
  135. ^ Youngblood Coleman, Denise (2015). "Burkina Faso 2015 Country Review". Burkina Faso Country Review.[permanent dead link]
  136. ^ Sasson, Albert (2012). "Food security for Africa: an urgent global challenge" (PDF). Agriculture and Food Security. 1: 2. doi:10.1186/2048-7010-1-2. S2CID 13248687.
  137. ^ Headey, Derek & Shenggen Fan. "Reflections on the global food crisis: How did it happen? How has it hurt? And how can we prevent the next one? Vol. 165. Intl Food Policy Res Inst, 2010" (PDF).
  138. ^ a b West, Colin Thor (2014). "Famines are a Thing of the Past: Food Security Trends in Northern Burkina Faso". Human Organization. 73 (4): 340–350. doi:10.17730/humo.73.4.t6952215w6281m36. PMC 6660007. PMID 31354167. ProQuest 1640567666.
  139. ^ a b c d e Peter Newborne 2011. Pipes and People: Progress in Water Supply in Burkina Faso's Cities, London: Overseas Development Institute
  140. ^ "Burkina Faso: Programme Overview: Water, Sanitation & Hygiene (WASH)" (PDF). UNICEF. Archived from the original (PDF) on 3 May 2018. Retrieved 1 May 2018.
  141. ^ "Burkina Faso launches Sahel region's largest solar power plant". EURACTIV. 27 November 2017. Retrieved 6 March 2018.
  142. ^ "Burkina Faso". Archived from the original on 6 October 2014. Retrieved 17 October 2014.
  143. ^ European Rail Timetable, Summer 2014 Edition
  144. ^ "Burkina Faso Road Network". Logistics Capacity Assessments (LCAs). Retrieved 4 August 2018.
  145. ^ a b c d e UNESCO Science Report: towards 2030 (PDF). UNESCO. 2015. pp. 472–497. ISBN 978-92-3-100129-1.
  146. ^ "Release of the Global Innovation Index 2020: Who Will Finance Innovation?". www.wipo.int. Retrieved 2 September 2021.
  147. ^ "Global Innovation Index 2019". www.wipo.int. Retrieved 2 September 2021.
  148. ^ "RTD - Item". ec.europa.eu. Retrieved 2 September 2021.
  149. ^ "Global Innovation Index". INSEAD Knowledge. 28 October 2013. Retrieved 2 September 2021.
  150. ^ ""World Population prospects – Population division"". population.un.org. United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  151. ^ ""Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision" (xslx). population.un.org (custom data acquired via website). United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  152. ^ a b "Burkina Faso", U.S. Department of State, June 2008.
    Public Domain This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  153. ^ a b Burkina Faso. The World Factbook
  154. ^ "Country Narrative – Burkina Faso". gvnet.com.
  155. ^ "West Africa slavery still widespread". BBC News. 27 October 2008.
  156. ^ "Country Data".
  157. ^ "Burkina Faso: Regions, Cities & Urban Localities - Population Statistics, Maps, Charts, Weather and Web Information".
  158. ^ Lewis, M. Paul (ed.), 2009. Ethnologue: Languages of the World, 16th edition. Dallas, Tex.: SIL International. (Page on "Languages of Burkina Faso.")
  159. ^ Ouedraogo, Mathieu; Ripama, Toubou. "RECENSEMENT GENERAL DE LA POPULATION ET DE L'HABITATION (RGPH) DE 2006. ANALYSE DES RESULTATS DEFINITIFS. THEME 2: ETAT ET STRUCTURE DE LA POPULATION" (PDF). MINISTÈRE DE L’ÉCONOMIE ET DES FINANCES, BURKINA FASO.
  160. ^ a b Comité national du recensement (July 2008). "Recensement général de la population et de l'habitation de 2006" (PDF). Conseil national de la statistique. Archived from the original (PDF) on 11 May 2011. Retrieved 20 January 2011.
  161. ^ a b International Religious Freedom Report 2010: Burkina Faso. United States Bureau of Democracy, Human Rights and Labor (17 November 2010). This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  162. ^ Mapping the Global Muslim Population. Estimate Range of Shia by Country Archived 15 December 2016 at the Wayback Machine. Pew Forum, 2010
  163. ^ "Statistics in Burkina Faso". World Health Organization.
  164. ^ UN AIDS: HIV/AIDS – adult prevalence rate. Retrieved 25 July 2014.
  165. ^ UNAIDS World AIDS Day Report 2011 (PDF), UNAIDS, archived from the original (PDF) on 1 June 2013, retrieved 29 March 2012
  166. ^ Female genital mutilation and other harmful practices, WHI.int
  167. ^ "Globalis – an interactive world map – Burkina Faso – Central government expenditures on health". Globalis.gvu.unu.edu. Archived from the original on 16 May 2011. Retrieved 1 October 2009.
  168. ^ a b "WHO Country Offices in the WHO African Region – WHO | Regional Office for Africa". Afro.who.int. Retrieved 20 June 2010.
  169. ^ Burkina Faso DHS Surveys, measuredhs.com
  170. ^ "Dengue fever kills 20 in Burkina Faso". BBC News. 23 November 2016.
  171. ^ "Education – Burkina Faso". Nationsencyclopedia.com. Retrieved 1 October 2009.
  172. ^ "UNDP Human Development Report 2007/2008" (PDF). Archived from the original on 29 April 2011. Retrieved 13 January 2016.{{cite web}}: CS1 maint: bot: original URL status unknown (link). Palgrave Macmillan. 2007. ISBN 978-0-230-54704-9
  173. ^ a b Salhi, Kamal (1999). Francophone Voices. Intellect Books. p. 37. ISBN 978-1-902454-03-0. Retrieved 26 April 2014.
  174. ^ Allan, Tuzyline Jita (1997). Women's Studies Quarterly: Teaching African Literatures in a Global Literary. Feminist Press. p. 86. ISBN 978-1-55861-169-6. Retrieved 26 April 2014.
  175. ^ Marchais, Julien (2006). Burkina Faso (in French). Petit Futé. pp. 91–92. ISBN 978-2-7469-1601-2. Retrieved 26 April 2014.
  176. ^ "Oxfam's Cool Planet – Food in Burkina Faso". Oxfam. Archived from the original on 17 May 2012. Retrieved 21 May 2008.
  177. ^ "article in French on Burkinabe Zoom-kom".
  178. ^ Spaas, Lieve (2000) "Burkina Faso," in The Francophone Film: A Struggle for Identity, pp. 232–246. Manchester: Manchester University Press, ISBN 0719058619.
  179. ^ Turégano, Teresa Hoefert (2005) African Cinema and Europe: Close-Up on Burkina Faso, Florence: European Press Academic, ISBN 888398031X.
  180. ^ "The FIFA/Coca-Cola World Ranking". FIFA. Archived from the original on 7 October 2011. Retrieved 4 February 2017.
  181. ^ Keim, Marion (2014) [1st pub. 2014]. "COUNTRY PROFILE OF SPORT AND DEVELOPMENT – Sport and Popularity". Sport and Development Policy in Africa – Results of collaborative study of selected country cases. SUN PRESS. p. 206. ISBN 978-1-920689-20-9.
  182. ^ Culpepper, Chuck (5 August 2021). "The thing about poignant triple-jump moments? They sneak up on you". The Washington Post. Retrieved 10 August 2021.
  183. ^ "Cricket in Francophone Africa: Report from Burkina Faso and Côte d'Ivoire". Emerging Cricket. 13 December 2021. Retrieved 25 January 2022.
  184. ^ "Radiodiffusion-Télévision Burkina". Rtb.bf. Retrieved 1 October 2009.
  185. ^ Radio Station World, Burkina Faso: Governmental Broadcasting Agencies
  186. ^ a b Committee to Protect Journalists, Burkina Faso
  187. ^ a b Reporters Sans Frontieres, What’s Happening About The Inquiry Into Norbert Zongo’s Death? Archived 21 April 2014 at the Wayback Machine
  188. ^ a b Reporters Sans Frontieres, Outrageous Denial Of Justice 21 July 2006
  189. ^ IFEX, Radio Station Temporarily Pulls Programme After Host Receives Death Threats, 26 April 2007
  190. ^ FreeMuse.org, Death threat against Reggae Radio Host Archived 26 April 2014 at the Wayback Machine, 3 May 2007
  191. ^ Keita, Mohamed, Burkina Faso Police Question Zongo Protesters, Committee to Protect Journalists, 15 December 2008

Bibliography

  • Rupley, Lawrence; Bangali, Lamissa & Diamitani, Boureima (2013). Historical Dictionary of Burkina Faso. The Scarecrow Press. ISBN 978-0-8108-6770-3.

Further reading

  • Engberg-Perderson, Lars, Endangering Development: Politics, Projects, and Environment in Burkina Faso (Praeger Publishers, 2003).
  • Englebert, Pierre, Burkina Faso: Unsteady Statehood in West Africa (Perseus, 1999).
  • Howorth, Chris, Rebuilding the Local Landscape: Environmental Management in Burkina Faso (Ashgate, 1999).
  • McFarland, Daniel Miles and Rupley, Lawrence A, Historical Dictionary of Burkina Faso (Scarecrow Press, 1998).
  • Manson, Katrina and Knight, James, Burkina Faso (Bradt Travel Guides, 2011).
  • Roy, Christopher D and Wheelock, Thomas G B, Land of the Flying Masks: Art and Culture in Burkina Faso: The Thomas G.B. Wheelock Collection (Prestel Publishing, 2007).
  • Sankara, Thomas, Thomas Sankara Speaks: The Burkina Faso Revolution 1983–1987 (Pathfinder Press, 2007).
  • Sankara, Thomas, We are the Heirs of the World's Revolutions: Speeches from the Burkina Faso Revolution 1983–1987 (Pathfinder Press, 2007).

External links

Trade