ブルガリア語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ブルガリア語
български
発音bǎlgarski [ˈbɤɫɡɐrski]
原産のブルガリアアルバニア[1] ギリシャルーマニア北マケドニア[2] [3] モルドバセルビアトルコウクライナ
民族性ブルガリア人
ネイティブスピーカー
800万[4] [疑わしい ]
方言
公式ステータス
公用語
で認識されている少数
言語
によって規制ブルガリア語研究所BAS
言語コード
ISO 639-1bg
ISO 639-2bul
ISO 639-3bul
Glottologbulg1262
Linguasphere53-AAA-hb < 53-AAA-h
ブルガリア語Speakers.pngの配布
ブルガリア語圏の世界:[要出典]
  ブルガリア語が過半数の言語である地域
  ブルガリア語が重要な少数民族の言語である地域
この記事には、IPA音声記号が含まれています。適切なレンダリングサポートがないと、 Unicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の紹介ガイドについては、Help:IPAを参照してください。

ブルガリア/ bʌlˈɡɛəriən / listenオーディオスピーカーアイコン/ bʊlˈ- / buul - GAIR - ee - ən ; българскиbălgarski発音 [ ˈbɤɫɡɐr _ _ _南東ヨーロッパ、主にブルガリアで話されている南スラヴ語。ブルガリア人の言語です オーディオスピーカーアイコン

密接に関連するマケドニア語(集合的に東南スラヴ語を形成する)とともに、それはインド・ヨーロッパ語族のバルカン・スプラッシュバンド南スラヴ語族の 連続体のメンバーです2つの言語には、他のすべてのスラブ言語とは一線を画すいくつかの特徴があります。変更には、格の曲用の削除、接尾辞の定冠詞の開発、動詞の不定詞の欠如が含まれます。彼らはスラヴ祖語を保持し、さらに発展させてきました動詞システム(分析的ではありますが)。そのような主要な開発の1つは、情報源(目撃、推測、または報告)をエンコードするため の証拠動詞形式の革新です。

ブルガリアの公用語であり、2007年から欧州連合の公用語の1つになっています。[8] [9]他のいくつかの国の少数民族によっても話されています。

歴史

ブルガリア語の発達はいくつかの時期に分けることができます。

コーデックスゾグラフェンシスは、10世紀後半または11世紀初頭にさかのぼる、旧ブルガリア語で最も古い写本の1つです。

ブルガリア語は、書面で証明された最初の「スラブ」言語でした。[10]スラブ語の統一は古代末期まで続いたため、最も古い写本は当初、この言語を「スラブ語」と呼んでいました。ブルガリア中期に、この名前は徐々に「ブルガリア語」という名前に置き換えられました。場合によっては、この名前は、写字家の現代のミドルブルガリア語だけでなく、旧ブルガリアの時代にも使用されていました。時代錯誤の最も顕著な例は、マケドニア北部の13世紀のブルガリア中部の写本であるスコピエ(Скопскиминей)の聖キリルの奉仕です。それによると、聖キリルはモラヴィアのスラブ人の間で「ブルガリア」の本で説教しました。「スラヴ語」ではなく「ブルガリア語」としての言語の最初の言及は、11世紀オフリド大司教のギリシャの聖職者の仕事にあります。オーリド(11世紀後半)。

ブルガリア中期に、言語は劇的な変化を遂げ、スラヴ語の格体系を失いましたが、豊かな動詞体系を維持し(他のスラブ言語では発展は正反対でしたが)、定冠詞を発展させました。それは、バルカン語圏の非スラブ語の隣人(主に文法的に)の影響を受け、後にオスマン帝国の公用語であるトルコ語の影響を受けました。これは、主に語彙的にオスマントルコ語の形式でした。オスマン帝国の統治時代の終わり頃(主に19世紀)に国家の復活が起こったとき、現代のブルガリアの文学言語が徐々に出現し、それは大きく引き込まれまし教会スラヴ語/古代ブルガリア語(そして教会スラヴ語からの多くの語彙アイテムを保存していた文学ロシア語についてはある程度)そして後にトルコ語や他のバルカン半島のローンの数を減らしました。今日、この国のブルガリア語の方言と文学的に話されているブルガリア語の違いの1つは、古いブルガリア語の単語、さらには後者の単語形式の重要な存在です。ロシアのローンは、оборот(売上高、収益)、непонятен(理解できない)、ядро(核)などのように、特にロシアの音声の変化の存在に基づいて、古いブルガリアのローンと区別されます。その後、フランス語、英語、および古典言語からの他の多くのローンもこの言語に組み込まれました。

現代のブルガリア語は基本的に言語の東方言に基づいていましたが、その発音は多くの点で東ブルガリア語と西ブルガリア語の間の妥協点です(特に以下の音声セクションを参照)。ブルガリアの国民的目覚めのいくつかの人物(特にNeofitRilskiIvanBogorov)の努力に続いて、[11]標準的なブルガリア語を成文化する多くの試みがありました。しかし、規範の選択をめぐって多くの議論がありました。1835年から1878年の間に、25以上の提案が提案され、「言語の混乱」が起こりました。[12]最終的には東方言が普及した[13]。 そして1899年、ブルガリア教育省は、ドジーノフ-イヴァンチェフ正書法に基づいた標準的なブルガリア語を正式に成文化しました[12] 。[13]

地理的分布

ブルガリア語はブルガリアの公用語であり[14]、公共生活のあらゆる分野で使用されています。 2011年現在、ブルガリア国民の約600万人、つまりブルガリア国民の5人に4人が第一言語として話しています。[15]

海外にも重要なブルガリアのディアスポラがあります。歴史的に確立された主要なコミュニティの1つは、ベッサラビアのブルガリア人です。現在のモルダビアとウクライナのベッサラビア地域に定住したのは、主に19世紀初頭にさかのぼります。2001年の国勢調査ではウクライナに134,000人のブルガリア語話者がおり、 [16] 2014年の国勢調査の時点でモルドバには41,800人(うち15,300人はこの言語の常用者でした)[17]、おそらくブルガリア人13,200人のかなりの割合が2016年に隣接するトランスニストリア。 [18]

海外のもう1つのコミュニティは、17世紀にルーマニア、セルビア、ハンガリーに分かれたバナト地方に移住したバナトブルガリア人です。彼らは、独自の書面による基準と歴史的に重要な文学の伝統を持っている バナトブルガリア方言を話します。

近隣諸国にもブルガリア語を話す人がいます。ブルガリア語とマケドニア語の地域の方言は方言連続体を形成し、一方の言語が終了し、もう一方の言語が開始する明確な境界はありません。北マケドニア共和国の範囲内で、第二次世界大戦以来、ブルガリア語として自分の言語を特定する市民がまだ少数であるにもかかわらず、強力な別個のマケドニア人のアイデンティティが出現しました。北マケドニアの国境を越えて、状況はより流動的であり、アルバニアギリシャの関連する地域の方言の話者のポケットは、彼らの言語をマケドニア語またはブルガリア語としてさまざまに識別します。セルビアでは、2011年の時点で13,300人の講演者がいました[19]。主にブルガリアとの国境沿いのいわゆる西方失地に集中していた。ブルガリア語はトルコでも話されています。ネイティブはポマクによって、そして主に1989年の「ビッグエクスカーション」中にブルガリアから移住し た多くのブルガリアトルコ人によって第二言語として話されています。

この言語は、1990年代から着実に成長している西ヨーロッパと北アメリカのディアスポラの間でも表されています。講演者の数が多い国には、ドイツスペインイタリア英国(2011年時点でイングランドとウェールズで38,500人の講演者)、[20] フランス米国カナダ(2011年には19,100人)が含まれます。[21]

方言

ブルガリア国内のブルガリア方言の地図
ブルガリア科学アカデミー[22]によると、東南スラブ方言を含むブルガリア方言の範囲サブリージョンは、人の発音によって区別されます。

言語は主に、スラヴ祖語の yat母音(Ѣ)の異なる反射に基づいて、2つの広い方言領域に分割されます。中世のある時点で発生したこの分裂は、ブルガリアの発展につながりました。

  • 西洋方言(非公式にтвърдговор/ tvurd govor –「ハードスピーチ」と呼ばれる)
    • 前者のヤットは、すべての位置で「e」と発音されます。例:млеко(mlekò)–ミルク、хлеб(hleb)–パン。[23]
  • 東方言(非公式にмекговор/ mek govor –「ソフトスピーチ」と呼ばれる)
    • 前者のヤットは「ya」と「e」を交互に繰り返します。ストレスがあり、次の音節に前舌母音(eまたはi)が含まれていない場合は、「ya」と発音ますмлякоmlyàko 、 хляб hl ya b)、それ以外の場合は「e」–例:млекарmlekàrミルクマン、хлебар hlebàr パンこの規則は、ほとんどの東方言で得られますが、すべての位置に「ya」または特別な「opene」音があるものもあります。

一般に東方言に基づく文語規範には、yatの東方交互反射もあります。ただし、前舌母音の前の「e」に、すべての同期または歴史的な「ya」音一般的な東部のウムラウトは組み込まれてませ vs. _ _ _ _ [24]

文語で のyatumlautのその他の例は次のとおりです。

  • mlyàko (ミルク)[n。]→ mlekàr ミルクマン); mlèchen ミルキー)など
  • syàdam 座る)[vb。]→ sedàlka 座る); sedàlishte (政府や機関の座席、バット[ 25]など)など。
  • svy a t (聖なる) [形容詞]→svetètz 聖人 ; svetìlishte(聖域)など(この例では、ya / e歴史的なyatからではなく、ブルガリア語では通常eになる小さなyus (ѧ)から来ていますが、この単語はロシア語とyat umlautの影響を受けています)

1945年まで、ブルガリアのオルソグラフィーはこの交替を明らかにせず、当時一般にдвойное( dvoyno e )と呼ばれていた元の古代スラブ語 キリル文字yat (Ѣ)を使用して、歴史的なyat母音または少なくともルート母音を表示していました。ya –e交替。この文字は、母音の実際の発音に関係なく、そのようなルートが出現するたびに使用されました。したがって、ml yakoとmlekarの両方使用まし(Ѣ)でつづられました。とりわけ、これは、ブルガリアの西方言地域の多くがセルビアギリシャによって支配されていた時代に、西方言と東方言を「和解」させ、言語の統一を維持する方法と見なされていましたが、それでも希望と時折の試みがありましたそれを回復します。1945年の正書法の改革により、この文字は廃止され、現在のスペルが導入されました。これは、発音の交代を反映しています。

これは、いくつかの文法構造に影響を及ぼしました。

  • 第三者の複数形の代名詞とその派生語。1945年以前は、代名詞「they」はтѣ()と綴られており、その派生語はこれをルートとしています。正書法の変更後、代名詞とその派生語には、ソフトスペルとハードスペルが同じ割合で割り当てられました。
    • "they" –теte)→ "them" –тяхtyah);
    • "彼らの" – t e hen(masc。); t ya hna(fem。); t ya hno(neut。); t e hni(plur。)
  • 形容詞は、тѣと同じ扱いを受けました。
    • 「全体」– ts yal →「全体 ...」:ts e liyat ( masc。); ts ya lata(fem。); ts ya loto(neut。); ts e lite(plur。)

時々、変更に伴い、単語は異なる意味を持つ他の単語として綴られ始めました。

  • свѣт(svět)–「世界」はсвят(svyat)になり、スペルト小麦と発音はсвят–「聖なる」と同じになりました。
  • тѣ()–「彼ら」はте(te)になりました、

ヤット母音に関する文学的規範にもかかわらず、首都ソフィアを含む西ブルガリアに住む多くの人々は、その規則を守ることができません。規範はvidyalvideliの実現を要求しますが(彼は見ました;彼らは見ました)、西ブルガリアの一部の原住民は、「yat」のすべてのインスタンスに対して「e」で地元の方言の発音を保持します(例:videlvideli)。標準語に「e」が含まれている場合でも、標準に準拠しようとする他の人は、実際には「ya」の音を使用します(例:vidyalvidyali)。後者の過剰修正は、свръхякане(svrah-yakane≈ " )と呼ばれます。ya -ing ")。

/jɛ/から/ɛ/にシフト

ブルガリア語は、文学的基準にイオテーション音/jɛ/(または非スラブ語の外国語を除いて口蓋化された異形/ʲɛ/ が自然に含まれていない唯一のスラブ語です。音はすべての現代スラブ言語で一般的です(例:チェコ語medvěd / ˈmɛdvjɛt / "bear"、ポーランド語pięć / pʲɛɲtɕ / "five"、セルビア・クロアチア語je len /jělen/ " deer "、ウクライナ語немає / /「ありません...」、マケドニア語пишување / piʃuvaɲʲɛ /   [ストレス?]「書く」など)、およびいくつかの西ブルガリア語の方言形式–例:ора̀н'е / oˈraɲʲɛ /(標準ブルガリア語:оране / oˈranɛ /、「耕作」)、[26]ただし、標準ブルガリア語では表されませんスピーチまたはライティング。他のスラブ語で/jɛ/が出現する場合でも、標準的なブルガリア語では、通常、純粋な/ɛ/と表記され、発音されます。たとえば、 Boris Yeltsinは「Eltsin」(БорисЕлцин Yekaterinburgは「Ekaterinburg」(Екатеринбургです。サラエボ」(Сараево)、ただし-単語の先頭にある強調された音節に音が含まれているため -エレナ・ヤンコビッチは「イェレナ」です–ЙеленаЯнкович

マケドニア語との関係

第二次世界大戦直後の期間まで、すべてのブルガリア人と外国の言語学者の大多数は、現代ブルガリア、北マケドニア、および北ギリシャの一部にまたがる南スラブ方言連続体をブルガリア方言のグループと呼んでいました。[27] [28] [29] [30] [31] [32]対照的に、セルビアの情報源はそれらを「南セルビア」方言とラベル付けする傾向があった。[33] [34]いくつかのローカル命名規則には、 bolgárskibugárskiなどが含まれていました。[35]ただし、標準的なブルガリア語のコード化者は、複数中心の「ブルガリア-マケドニア語」の妥協を考慮に入れようとはしませんでした。[36] 1870年、ブルガリア語の標準化において決定的な役割を果たしたマリン・ドリノフは、ブルガリア語の標準的な東西の混合基盤に関するパルテニー・ゾグラフスキーとクズマン・シャプカレフ提案を拒否し、彼の記事に述べた。新聞マケドニアで:「このような書かれた言語の人工的な組み立ては、不可能で、達成不可能で、聞いたこともないものです。」[37] [38] [39]

1944年以降、ブルガリア人民共和国とユーゴスラビア社会主義連邦共和国は、マケドニアを新しいバルカン連邦共和国の設立のための接続リンクにし、ここでマケドニアの明確な意識の発達を刺激する政策を開始しました。[40]ユーゴスラビア連邦の一部としてのマケドニア社会主義共和国の宣言に伴い、新しい当局はまた、その人口の一部の間で親ブルガリアの感情を克服する措置を開始し、1945年に別のマケドニア語が体系化された。[41]1958年以降、モスクワからの圧力が低下したとき、ソフィアはマケドニア語は別の言語として存在しなかったという見方に戻りました。今日、ブルガリア語とギリシャ語の言語学者、および他の国の一部の言語学者は、さまざまなマケドニア語の方言を、より広いブルガリア語の複数中心地言語の連続体の一部と見なしています。[42] [43]ブルガリアとギリシャ以外では、マケドニア語は一般に南スラブ方言連続体内の自律言語と見なされています。[44]社会言語学者は、マケドニア語がブルガリア語の方言であるか言語であるかという問題は政治的なものであり、方言連続体ではどちらかまたは両方の判断ができないため、純粋に言語学的に解決できないことに同意します。[45] [46]それにもかかわらず、ブルガリア人はしばしば、ブルガリア人とマケドニア人の間の高度な相互理解性は、彼らが異なる言語ではなく、同じ言語の方言であることを証明していると主張しますが、マケドニア人は違いが類似点を上回ると信じています。

アルファベット

ブルガリアの筆記体アルファベット

西暦886年、ブルガリア帝国は850年代に聖キリルとメトディウスによって考案されたグラゴル文字を導入しました。グラゴル文字は、9世紀後半 ブルガリアのプレスラフ文学校周辺で開発されたキリル文字によって、後の世紀に徐々に取って代わられました。

マリン・ドリノフによって提案された32文字のアルファベットが1870年代に目立つようになるまで、現代ブルガリア語の成文化の取り組み中に、28〜44文字のいくつかのキリル文字が19世紀の初めと半ばに使用されましたマリン・ドリノフのアルファベットは、1945年の正統派改革まで使用されていました。このとき、文字yat(大文字Ѣ、小文字ѣ)とyus(大文字Ѫ、小文字ѫ)がアルファベットから削除され、文字数が30に減りました。

2007年1月1日にブルガリアが欧州連合に加盟したことで、キリル文字はラテン語ギリシャ語の文字に続いて、欧州連合の3番目の公式文字になりました。[47]

音韻論

ブルガリア語は、他の南スラヴ語と同様の音韻論を持っており、特にセルビア・クロアチア語の音素の長母音と音色、および破擦音が欠けています。東方方言は、前舌母音( / ɛ /および/ i / )の前の子音の口蓋化と、ストレスのない位置での母音音素の減少を示します(/ ɛ /および / i // ɔ /および / u // a /および/ ɤ /)-両方のパターンはロシア語で部分的に類似しており、部分的に類似した音になります。西方言は、異音の口蓋化がなく、母音弱化がほとんどないという点で、マケドニア語やセルビアクロアチア語に似ています。

ブルガリア語には6つの母音音素がありますが、還元異音を考慮に入れると、少なくとも8つの異なる音素を区別できます。

文法

ブルガリア語の品詞は10種類に分けられ、可変と不変の2つの大きなクラスに分類されます。違いは、可変の品詞は文法的に変化するのに対し、不変の品詞は使用に関係なく変化しないことです。可変形の5つのクラスは、名詞形容詞数詞代名詞動詞です。構文的には、これらの最初の4つは、名詞のグループまたは名目上のグループを形成します。不変は、副詞前置詞接続詞助詞感動詞です。動詞と副詞は、動詞のグループまたは動詞のグループを形成します。

名目上の形態

名詞と形容詞には、ブルガリア語の文法的な性別(呼格のみ、および定性のカテゴリがあります。 形容詞と形容詞の代名詞は、数と性別の名詞と一致します。代名詞には性別と数があり、(ほぼすべてのインド・ヨーロッパ語族のように)格体系のより重要な部分を保持します。

名義語尾変化

性別

ブルガリア語には、男性女性中性の3つの文法上の性別があります。名詞の性別は、主にその語尾から推測できます。名詞で終わる名詞(「ゼロ語尾」)は、一般に男性的です(たとえば、град /ɡrat/ 'city'、син / sin / 'son'、мъж /mɤʃ / 'man'; –а / –я(-a / -ya)(жена / ʒɛˈna / 'woman'、дъщеря / dɐʃtɛrˈja / 'daughter'、улица / ˈulitsɐ / 'street')で終わるものは通常女性です;そして–е、–оで終わる名詞は、ほとんどの場合中性です(дете / dɛˈtɛ / 'езеро / ˈɛzɛro / 'lake')、–и、–у、–ю( цунами / tsoˈnami / ' tsunami '、 табу / tɐˈbu / 'taboo'、 меню /mɛ / 'メニュー')。おそらく、上記の最も重要な例外は、子音で終わり、それでも女性である比較的多数の名詞です。これらは、最初に、品質、程度、または抽象化を表すゼロで終わる名詞の大規模なグループで構成されます。 ост/ –ест- {ost / est}( мъдрост / ˈmɤdrost / 'wisdom'、 низост / ˈnizost / 'vileness'、 прелест / ˈprɛlɛst / 'болест / ˈbɔlɛst / 'sickness'、 любов / ljuˈbɔf / 'love')、そして第二に、有形のオブジェクトまたは概念を定義するゼロエンディングの不規則な名詞のはるかに小さなグループ( кръв /krɤf/ 'blood'、 кост /kɔ骨 '、 вечер / ˈvɛtʃɛr / '夕方 '、 нощ /nɔʃt/ '夜 ')。母音で終わり、それでも男性的である一般的に使用される単語もいくつかあります: баща '父'、 дядо '祖父'、 чичо / вуйчо 'おじ'など。

名詞の複数形は、単数形ほど明確に性別を表現していませんが、いくつかの手がかりを提供する場合もあります。末尾の–и(-i)は、男性名詞または女性名詞(факти / ˈfakti / 'facts'、болести / ˈbɔlɛsti / 'sicknesses')、–а/ –яの1つは中性名詞( езера / ɛzɛˈra / 'lakes')に属することが多いです。また、複数形の語尾–ове /ovɛ/は男性名詞でのみ発生します。

番号

ブルガリア語では、単数形複数形の2つの数字が区別されます。さまざまな複数形の接尾辞が使用され、それらの間の選択は、部分的に単数形で終わることによって決定され、部分的に性別によって影響を受けます。さらに、不規則な曲用や代替の複数形が一般的です。–а / –яで終わる単語(通常は女性)は、通常、単数形の語尾を削除すると、複数形の語尾–иを持ちます。子音で終わる名詞のうち、女性名詞も–иを使用しますが、男性名詞は通常、多音節には–и、単音節には–овеを使用ます(ただし、このグループでは例外が特に一般的です)。–® / –еで終わる名詞(ほとんどが中性です)ほとんどの場合、接尾辞–а、–я(どちらも単数の語尾を削除する必要があります)および–таを使用します。

基数とняколкоいくつか」)などの関連する単語を使用する男性名詞は、–а / –яで特別なカウント形式を使用ますтезистолове(「これらの椅子」); cf. フェミニンなдве/три/тезикниги(「2/3 /これらの本」)と中性のдве/три/тезилегла(「2/3 /これらのベッド」)。ただし、最近開発された言語規範では、カウント形式は人を表さない男性名詞でのみ使用する必要があります。したがって、двама/тримаученици(「2/3人の学生」、その区別は、два/тримолива(「2/3鉛筆」)とтезимоливи(「これらの鉛筆」)などの場合に保持されます。

ケース
Дд

格は、主格対格与格、呼格の形で、個人および他のいくつかの代名詞(他の多くの現代インドヨーロッパ語族の言語と同様)にのみ存在します。痕跡は、多くの言い回しやことわざに存在します。主な例外は呼格であり、単数形の男性名詞( 、-о、-юで終わる)と女性名詞(-[ь/й]о、-е)でまだ使用されています。

確定性(記事)

現代のブルガリア語では、定冠詞は、スカンジナビア語ルーマニア語(不定代名詞:човек、「人」、定冠詞:човекът、「人」)ように、名詞に後置される定冠詞によって表されます。定冠詞の構成要素(不定代名詞:добърчовек良い人」;定冠詞:добриятчовек 良い人」)。4つの特異な定冠詞があります。繰り返しますが、それらの間の選択は、主に名詞が単数で終わることによって決定されます。[48]子音で終わり、男性的な名詞は、文法的な主語の場合は–ът / –ят、その他の場合は–а / –яを使用します。子音で終わり女性らしい名詞、および–а / –яで終わる名詞(ほとんどが女性的です)は–таを使用します。–е / –оで終わる名詞は–тоを使用します。

複数形の定冠詞は、複数形が–а / –яで終わる名詞を除くすべての名詞に対して–теです。これらは代わりに–таを取得します。形容詞に後置された場合、定冠詞は、男性の性別(ここでも、長い形式は文法的な主題用に予約されています)、女性の性別、中性の性別、および複数形の–ят / –яです。

形容詞と数詞の語尾変化

どちらのグループも、性別と数が、付加される名詞と一致しています。彼らはまた、上で説明したように定冠詞を取るかもしれません。

代名詞

代名詞は、性別、数、および明確さで異なる場合があり、大文字小文字の変化を保持している唯一の品詞です。主格、対格、与格の3つのケースが代名詞のいくつかのグループによって示されます。識別可能なタイプの代名詞には、個人、相対、反射、疑問、否定、不確定、[スペルチェック]合計および所有格が含まれます。

動詞の形態と文法

ブルガリア語の動詞は、人称、数、声、アスペクト、気分、時制、場合によっては性別によって異なるため、最大3,000 [49] [疑わしい ]異なる形をとることがあります。

有限の言語形式

有限の言語形式は単純または複合であり、人称(1番目、2番目、3番目)および数(単数形、複数形)と一致します。それに加えて、分詞を使用した過去の複合形は、性別(男性、女性、中性)、声(能動的および受動的)、およびアスペクト(完結相/アオリストおよび不完全)が異なります。

アスペクト

ブルガリア語の動詞は語彙的アスペクトを表します。完結相は動詞の動作の完了を意味し、過去形(アオリスト)を形成します。不完全なものはそれに関して中立であり、過去の不完全な形を形成します。ほとんどのブルガリア語の動詞は、完全-不完全のペアにグループ化できます(不完全/完全:идвам/дойда "come"、пристигам/пристигна "arrive")。完全な動詞は通常、接尾辞または接頭辞によって不完全な動詞から形成できますが、結果として得られる動詞は、元の動詞とは意味が異なることがよくあります。上記のペアの例では、アスペクトは語幹固有であるため、意味に違いはありません。

ブルガリア語には、文法的な側面もあります。3つの文法的側面が区別できます:中立、完了、過去形。中立的な側面は、3つの単純な時制と未来形で構成されます。大過去形は、過去形の接続法のように、二重または三重の助動詞「be」分詞を使用する時制で現れます。完璧な構造は、単一の補助「be」を使用します。

気分

伝統的な解釈は、他のほとんどのヨーロッパ言語で共有されている4つのムード(наклонения/ nəkloˈnɛnijɐ /)加え説法изявително、/ izʲəˈvitɛɫno / 命令 повелително / po условно、/ oˈsɫɔvno /)–ブルガリア語では、目撃されていないイベントの一般的なカテゴリを説明するもう1つがあります–推論(преизказно / prɛˈiskɐzno / ) ムード。ただし、ほとんどの現代のブルガリア語学者は通常、接続法と推論法をブルガリア法のリストから除外し(したがって、ブルガリア法の数を合計3に設定します)[50]、それらを考慮しません。気分であるが、それらを動詞の形態統語構造または動詞クラスの別個の法法として見る。他のいくつかの気分の存在の可能性は、文献で議論されています。ほとんどのブルガリアの学校の文法は、4つのブルガリアの気分の伝統的な見方を教えています(上記のように、接続法を除き、推論を含みます)。

時制

時間には、現在、過去、未来の3つの文法的に特徴的な位置があり、アスペクトとムードを組み合わせて、多くのフォーメーションを生成します。通常、文法書では、これらの形成は別々の時制と見なされます。つまり、「過去形」は、動詞が過去形、不完全な側面、および直説法(他の法則が表示されていないため)にあることを意味します。ブルガリアの2つの側面と5つの気分には、40以上の異なる時制があります。

直説法では、3つの単純な時制があります。

  • 現在時制は、幹母音 /ɛ// i /または/ a /と人/番号の終わり(пристигам/ priˈstigɐm /、 "私が到着します/私は到着しています "); 現在形で独立して立つことができるのは、不完全な動詞だけです。
  • 過去形は、他の過去形と同時または従属する行動を表現するために使用される単純な動詞形式です。それは不完全または完全な言葉の語幹と人/番号の終わりで構成されています(пристигах / priˈstiɡɐx /пристигнех / priˈstiɡnɛx /、 '私は到着しました');
  • 過去アオリストは、一時的に独立した特定の過去の行動を表現するために使用される単純な形式です。それは、完全または不完全な言葉の語幹と、人/番号の終わりで構成されています(пристигнах/ priˈstiɡnɐx /、 '私は到着しました'、четох/ ˈtʃɛtox /、 '私は読んだ');

直説法には、次の複合時制もあります。

  • 未来時制は、助詞ще /ʃtɛ/と現在時制(щеуча / ʃtɛˈutʃɐ /、「私は勉強します」)で構成される複合形です。否定は、構文нямада / ˈɲamɐdɐ /と現在時制(нямадауча / ˈɲamɐdɐˈutʃɐ /、または昔ながらの形式нещеуча/nɛʃtɛ)で表されます。
  • 過去形は、過去に完了する予定だったが、別の過去の行動に関しては未来であった行動を表現するために使用される複合形です。動詞ща /ʃtɤ/(「意志」)の過去形、助詞да /dɐ/(「to」)、動詞の現在時制(例:щяхдауча/ ʃtʲaxdɐˈutʃɐ /、 '私は勉強するつもりでした');
  • 現在完了形は、過去に完了したが現在に関連または関連するアクションを表現するために使用される複合形式です。動詞съм /sɤm/( 'be')の現在時制と過去分詞(例:съмучил / sɤmˈutʃiɫ /、 '私は勉強しました')で構成されています。
  • 過去完了は、過去に完了したアクションを表現するために使用される複合形式であり、別の過去のアクションに関連しています。動詞съмの過去形と過去分詞で構成されています(例:бяхучил / bʲaxˈutʃiɫ /、「私は勉強しました」)。
  • Future perfectは、別の将来のアクションの前に将来行われるアクションを表現するために使用される複合形式です。動詞съмの未来形と過去分詞で構成されています(例:щесъмучил / ʃtɛsɐmˈutʃiɫ /、 '私は勉強しました');
  • 過去完了完了は、それ自体が別の過去の行動の前にある過去の行動に関して未来である過去の行動を表現するために使用される複合形式です。それは、щаの過去形、動詞の現在形の粒子、動詞の過去分詞で構成されています(例:щяхдасъмучил/ ʃtʲaxdɐsɐmˈutʃiɫ / '私は勉強したでしょう')。

上記の4つの完全な構造は、主動詞分詞のアスペクトに応じてアスペクトが異なる場合があります。それらは実際には不完全な側面と完全な側面のペアです。過去分詞を使用した形の動詞も、声と性別が異なります。

命令法である現在の時制は1つだけであり、二人称単数形-и/-й(-i、-y / i)と複数形-ете/-йтеの単純な形があります。 (-ete、-yte)、例:уча / ˈutʃɐ /(「勉強する」):учи / oˈtʃi /、sg。、учете/ oˈtʃɛtɛ /pl。; играя / ˈiɡrajɐ / '再生する':играй / iɡˈraj /играйте / iɡˈrajtɛ /現在完了命令法( даиграеdaiɡˈrae /)、現在完了形命令法(даиграе、daiɡˈrae /)には、すべての人と数の複合命令形があります。даеиграл / dɐɛiɡˈraɫ /)およびめったに使用されない現在形の複合語命令( даебилиграл / dɐɛbiliɡˈraɫ /)。

条件法は5つの複合時制で構成されており、そのほとんどは文法的に区別できません。現在形、未来形、過去形は、語幹の特別な過去形би-(bi – "be")と過去分詞(бихучил/ bix ˈutʃiɫ /、 '私は勉強します')を使用します。過去未来条件法と過去未来完了条件法は、それぞれの直説法と形が一致しています。

接続法は、ブルガリア語で別個の動詞形式として文書化されることはめったにありません(形態学的には、助詞даと通常の定形動詞形式を使用した準不定詞構文サブインスタンスです)が、それでも定期的に使用されます。現在形と間違われることが多い最も一般的な形式は、現在接続法です([по-добре]даотида (ˈpɔdobrɛ)dɐoˈtidɐ /、 '私は行った方がいい')。現在時制と現在接続法の時制の違いは、接続法は完結動詞と不完全動詞の両方で形成できることです。複雑な表現から不定詞と仰臥位を完全に置き換えました(以下を参照)。また、可能性についての意見を表明するために使用されます将来のイベント。過去形の接続法([подобре]дабяхотишъл ˈpɔdobrɛ)dɐbʲaxoˈtiʃɐl /、「私は行ったほうがいい」)は、過去に起こりうる出来事を指します。 дасъмбилотишъл / dɐsɐmbiloˈtiʃɐl / 、これは失禁感や疑惑などを引き起こす過去と未来の両方の出来事について使用される可能性があり完全な英語訳はありません。[疑わしい]

推論ムードには5つの純粋な時制があります。それらのうちの2つは単純であり、過去形のアオリスト推論過去形の不完全な推論であり、それぞれ、完全動詞と不完全動詞の過去分詞によって形成されます。また、過去形、過去形、過去形、過去形の3つの複合時制がありますこれらの時制の形式はすべて、単数形では性別固有です。条件付きおよび複合命令型のクロスオーバーもあります。推論形式の存在は、ほとんどのブルガリア語の言語学者によるチュルク語の影響に起因しています。[要出典] [51]形態学的には、それらは完全なものから派生しています。

準動詞形

ブルガリア語には次の分詞があります。

  • 現在分詞(сегашнодеятелнопричастие)は、接尾辞–ащ / –ещ / –ящ(четящ、 'reading')が追加された不完全な語幹から形成され、属性としてのみ使用されます。
  • 現在分詞(сегашнострадателнопричастие)は、接尾辞-им/аем/уем(четим、 '読み取り可能、読み取り可能')の追加によって形成されます
  • 過去形のアクティブなアオリスト分詞(миналосвършенодеятелнопричастие)は、完結相(чел、 '[have] read')に接尾辞–л–を追加することによって形成されます
  • 過去形のアクティブな不完全分詞(миналонесвършенодеятелнопричастие)は、不完全な語幹に接尾辞–ел / –ал / –ялを追加することによって形成されます(четял、 '[読んでいる]');
  • 過去形の受動的アオリスト分詞 '(миналосвършенострадателнопричастие)は、接尾辞-н/ –т(прочетен、' read ';убит)が追加されたアオリスト/完結相から形成ます述語的および属性的に使用されます。
  • 過去形の不完全分詞 '(миналонесвършенострадателнопричастие)は、接尾辞–н(прочитан ' [been] read ';убиван ' 述語的および属性的に使用されます。
  • 副詞分詞(деепричастие)は通常、接尾辞–(е)йки(четейки、「読みながら」)が付いた不完全な現在の語幹から形成され主動詞と同時かつ従属するアクションに関連し、元々は西ブルガリア語の形式です。

分詞は、性別、数、および明確さによって変化し、複合時制を形成するときに主語と調整されます(上記の時制を参照)。属性の役割で使用される場合、語尾変化の属性は、属性付けされている名詞と調整されます。

再帰動詞

ブルガリア語は、フランス語やスペイン語など、他の多くのインド・ヨーロッパ語族と同じように動作する反射的な言語形式(つまり、エージェントが自分自身に対して実行するアクション)を使用します。反射は不変助詞seによって表されます[注1]元々は対格反射代名詞の接語形ですしたがって -

  • miya –私は洗う、miya se –私は自分自身を洗う、miesh se –あなたは自分自身を洗う
  • pitam –私は尋ねます、pitam se –私は自分自身に尋ねます、pitash se –あなたは自分自身に尋ねます

他の人に対してアクションが実行されると、通常の動詞と同じように、他の助詞が使用されます。

  • みやて–私はあなたを洗います
  • 私をピタッシュ–あなたは私に尋ねます

時々、再帰動詞の形は、非再帰動詞と似ていますが、必ずしも同じ意味ではありません–

  • kazvam –私は言います、kazvam se –私の名前は(点灯します。「私は自分自身を呼びます」)
  • vizhdam –なるほど、vizhdame se –「私たちは自分自身を見る」または「私たちはお互いに会う」

その他の場合、再帰動詞は、非再帰動詞とはまったく異なる意味を持ちます–

  • karam –運転する、karam se –誰かと列を作る
  • gotvya –料理する、gotvya se –準備する
  • smeya –あえて、smeya se –笑う
間接的な行動

アクションが間接オブジェクトに対して実行されると、パーティクルはsiとその派生物に変わります–

  • kazvam si –私は自分自身に言いますkazvash si –あなたは自分自身に言いますkazvam ti –私はあなたに言います
  • peya si –私は自分自身に歌っています、pee si –彼女は自分自身に歌っています、pee mu –彼女は彼に歌っています
  • gotvya si –私は自分で料理します、gotvyat si –彼らは自分で料理します、gotvya im –私は彼らのために料理します

場合によっては、助詞siは、間接目的語と所有格の意味の間であいまいです–

  • miya si ratete –手を洗う、miya ti ratete –手を洗う
  • pitam si priyatelite –友達に聞いて、pitam ti priyatelite –友達に聞いて
  • iskam si topkata –ボールが欲しい(戻る)

他動詞と自動詞の違いは、最小限の変更で意味に大きな違いをもたらす可能性があります。

  • haresvash me –あなたは私が好きです、haresvash mi –私はあなたが好きです(点灯します。あなたは私を喜ばせています)
  • otivam –私は行きます、otivam si –私は家に帰ります

パーティクルsiは、アクションとのより個人的な関係を示すためによく使用されます。たとえば、–

  • haresvam go –私は彼が好きです、haresvam si go –正確な翻訳はありません、大まかに「彼は私の心にとても近い」と翻訳します
  • stanahme priyateli –私たちは友達になりました、stanahme si priyateli –同じ意味ですが、より友好的に聞こえます
  • mislya –私は(通常は深刻なことについて)考えています、mislya si –同じ意味ですが、通常は個人的および/または些細なことについて考えています

副詞

副詞を形成する最も生産的な方法は、対応する形容詞の中性単数形(例:бързо(速い)、силно(硬い)、странно(奇妙な))から派生させることですが、-киで終わる形容詞男性の単数形を使用します(つまり、代わりに-ки )で終わります。たとえば、 юнашки(英雄的)、мъжки(勇敢に、男のように)、майсторски(巧みに)。同じパターンを使用して、(形容詞のような)序数詞から副詞を形成します。たとえば、първо(最初に)、второ(2番目に)、трето(3番目)、場合によっては(形容詞のような)基数詞から。たとえば、двойно(2倍/ double)、тройно(3倍)、петорно(5倍)。

残りの副詞は、その言語ではもはや生産的ではない方法で形成されます。少数はオリジナルです(他の単語から派生したものではありません)。たとえば、тук(ここ)、там(そこ)、вътре(内側)、вън(外側)、много(非常に/多く)など。残りはほとんどが化石化したケースです。次のようなフォーム:

  • いくつかの形容詞の古語の処格形式。たとえば、добре(よく)、зле(ひどい)、твърде(あまりにも)、名詞горе(上)、утре(明日)、лете(夏)
  • いくつかの形容詞の古語的な器楽形式、たとえばтихом(静かに)、скришом(ひそかに)、слепешком(盲目的に)、および名詞、たとえばденем(日中)、нощем 夜中)духом(霊的に)、цифром(数字で)、словом(言葉で); または動詞:тичешком(走っている間)、лежешком(横臥中)、стоешком(立っている間)
  • いくつかの名詞の古語対格:днес(今日)、нощес(今夜)、сутрин(朝)、зиме/зимъс(冬)
  • いくつかの名詞の古語属格:довечера(今夜)、снощи(昨夜)、вчера(昨日)
  • 同名で語源的には、定冠詞で使用される対応する形容詞の女性の単数形と同じです同じパターンがいくつかの動詞に適用されています。たとえば、 тичешката(実行中)、лежешката(横臥中)、стоешката(立っている間)
  • 非生産的な接尾辞を使用して基数から派生:веднъж(1回)、дваж(2回)、триж(3回)

副詞は、文の主語によって実行される行動、気分、または関係の質的または量的特性を強調するために畳語になることがあります:「бавно-бавно」(「かなりゆっくり」)、「едва-едва」(「非常に困難」 )、 " съвсем-съвсем "( "かなり"、 "徹底的に")。

構文

ブルガリア語では、主に強調目的で、接語の倍増を採用しています。たとえば、口語的なブルガリア語では、次の構造が一般的です。

Аз(го)дадохподаръканаМария。
(点灯。「マリアにプレゼントをあげました。」
Аз(ѝго)дадохподаръканаМария。
(点灯。「マリアにプレゼントをあげた。」)

この現象は、反転シグナリング情報構造の場合、話されている言語では実質的に必須です(書面では、このような場合、接語の倍増はスキップされる可能性があり、やや本気の効果があります)。

Подаръка(ѝ)годадохнаМария。
(点灯。「現在[彼女に]それは私がマリアに与えた。」)
НаМарияѝ(го)дадохподаръка。
(点灯。「マリアに彼女に[それ]私はプレゼントをくれた。」)

場合によっては、倍増は構文上の関係を示します。したがって、次のようになります。

ПетъриИвангиизядохавълците。
(点灯。「ペタルとイワンはオオカミ食べました。」)
翻訳:「ペタルとイワンはオオカミに食べられた」。

これは、以下とは対照的です。

ПетъриИванизядохавълците。
(点灯。「ペタルとイワンはオオカミを食べた」)
Transl.:「PetarとIvanはオオカミを食べました」。

この場合、接語の倍増は、次のように構成される、より正式なまたは本っぽい受動態の口語的な代替手段になる可能性があります。

ПетъриИванбяхаизядениотвълците。
(点灯。「ペタルとイワンはオオカミに食べられた。」)

接語の倍増は、「играемисе」(私は演奏したい)、студеномие(I寒いです)、そしてболимеръката(私の腕が痛い):

Наменмисеспи、анаИванмусеиграе。
(点灯。「私にとって眠っているような感じで、Ivanにとっては遊んでいるような感じです」
Transl。:「私は寝ているような気がして、Ivanは遊んでいるような気がします。」
Нанасниестудено、анавасвиетопло。
(点灯。「私たちにとってはそれは寒い、そしてあなたにとっては-プル。あなたにとって-プル。それは-暖かい」)
翻訳:「私たちは寒いです、そしてあなたは暖かいです。」
Ивангоболигърлото、аменемеболиглавата。
(lit. Ivanは喉を痛め、私頭を痛めます)
Transl。:Ivanは喉が痛くて、頭痛がします。

上記の例を除いて、正式な文脈では、接語の倍増は不適切と見なされます。

その他の機能

質問

ブルガリア語で質問語(誰?何?など)を使用しない質問は、動詞の後に助詞лиを付けて形成されます。口頭の活用は誰が行動を実行しているのかを示唆しているので、主題は必要ありません:

  • Идваш– 'あなたは来ています'; Идвашли?–「あなたは来ますか?」

助詞лиは通常動詞の後に続きますが、対比が必要な場合は名詞または形容詞の後に続くことがあります。

  • Идвашлиснас?– 'あなたは私たちと一緒に来ますか?';
  • Снаслиидваш?– 'あなたは私たちと一緒に来ていますか?

動詞は必ずしも必要ではありません。たとえば、選択肢を提示する場合です。

  • Тойли?- '彼?'; Жълтиятли?–「黄色いもの?」【注2】

修辞的な質問は、質問語にлиを追加することで形成できます。これにより、「二重の質問」が形成されます–

  • Кой?- 'WHO?'; Койли?! - '誰かな(?)'

同じ構文+не( 'no')は、強調されたポジティブです–

  • Койбешетам?- '誰がそこにいましたか?' –Койлине–「ほぼ全員!」(点灯。「誰がいなかったのかしら」)

重要な動詞

Съм

動詞съм /sɤm/ [注3] – 'to be'は、完全受動態条件付きを形成するための助動詞としても使用されます。

  • 過去形– / oˈdariɫsɐm / – '私はヒットしました'
  • パッシブ– / oˈdarɛnsɐm / – '私は打たれました'
  • 過去形– / bʲaxoˈdarɛn / –「私は打たれた」
  • 条件付き– / bix oˈdaril / – 'ヒットします'

съмの2つの代替形式が存在します:

  • бъда / ˈbɤdɐ / –ほとんどの時制と気分でсъмと交換可能ですが、現在形では決してありません–例: / ˈiskɐmdɐˈbɤdɐ /( 'I want to be')、 / ʃtɛˈbɤdɐ tuk /( 'I will be here'); 命令法では、бъдаのみが使用されます– / bɤˈdi tuk /( 'be here');
  • бивам / ˈbivɐm / –少し古語的で不完全な形式のбъда–例: / ˈbivɐʃɛzaˈplaʃɛn /(「彼は脅威を得るのに使用された」); 現代の使用法では、それは主に「すべきではない」を意味するために否定的に使用されます。【注4】
Ще

非人称動詞ще(lit。'itwants ')[注5]は、(正の)未来形を形成するために使用されます。

  • / oˈtivɐm / – '私は行きます'
  • / ʃtɛoˈtivɐm / – '私は行きます'

負の未来は、不変の構文нямада / ˈɲamɐdɐ /で形成されます(以下のнямаを参照):[注6]

  • / ˈɲamɐdɐoˈtivɐm / – '私は行きません'

この動詞の過去形–щях /ʃtʲax/は、過去形を形成するために共役されます( 'would have' –再び、それは非現実的であるため、даで

  • / ʃtʲaxdɐoˈtidɐ / – '私は行っていただろう;' /ʃtɛʃɛdaotidɛʃ/ 'あなたは行っていただろう'
Имамとнямам

動詞имам / ˈimɐm /( 'to have')およびнямам / ˈɲamɐm /( 'to not have'):

  • これら2つの単数形の3人称は、「ある/ある」または「ない/ない」を意味するために非人称的に使用できます。[注7]
    • / imɐˈvrɛmɛ /(「まだ時間があります」–スペインの干し草を比較してください);
    • / ˈɲamɐ ˈnikoɡo /(「そこには誰もいない」)。
  • 非人称形のнямаは、否定的な将来に使用されます–(上記のщеを参照)。
    • 単独で使用されることは、単に「私はしない」という意味である可能性があります–提案または指示に対する単純な拒否。

接続詞と粒子

しかし

ブルガリア語では、すべて「しかし」として英語に翻訳されるいくつかの接続詞があり、それらはすべて異なる状況で使用されます。それらは、ноno)、амаamà)、аa)、амиamì)、およびалаalà)(およびобачеobache)– "ただし"、使用法はно)と同じです。

それらの用途の間にはいくつかの重複がありますが、多くの場合、それらは特定のものです。たとえば、amiは選択に使用されます– ne tova、ami onova –「これではなく、あれ」(スペイン語のsinoと比較)、amaは追加情報や意見を提供するためによく使用されます– kazah go、ama sgreshih – 「私はそれを言ったが、私は間違っていた」。一方、aは、2つの状況の対比を提供し、一部の文では、「しかし」、「ながら」、または「そして」と翻訳することもできます– az rabotya、おもちゃのブリー–「私は働いています。彼は空想にふけっています」。

非常に多くの場合、文の強調を変更するためにさまざまな単語を使用できます。たとえば、pusha、no ne tryabva、 pusha 、ne tryabvaはどちらも「私は吸うが、吸うべきではない」という意味です。事実(「...しかし、私はしてはいけない」)、2番目は判断のように感じます(「...しかし、私はすべきではありません」 )。同様に、az ne iskam、ama toy iskaaz ne iskam、toy iskaはどちらも「私はしたくないが、彼はそうする」という意味ですが、最初はが望んでいるという事実を強調し、2番目はむしろ欲求を強調しいます人より。

アラは古風な感じがしますが、かなり道徳的で不吉な感じがあるため、詩や童話でよく使われます。

一般的な表現の中にはこれらの単語を使用するものもあれば、感動詞として単独で使用できるものもあります。

  • da、ama ne(lit。 "yes、but no")–「あなたはそう考えるのは間違っている」という意味です。
  • amaを文にタグ付けして、驚きを表現することができます: ama toy spi!- "彼は寝ている!"
  • ами!–「あなたは言わないでください!」、「本当に!」
呼応粒子

ブルガリア語には、ステートメントを強化するために使用されるいくつかの抽象的な粒子があります。これらは英語で正確に翻訳されていません。[注8]粒子は厳密に非公式であり、一部の人々や状況によっては失礼とさえ見なされる可能性があります。それらは主に質問や指示の最後に使用されます。

  • бе be)–最も一般的な粒子。声の調子に助けられて、声明を強化するために、または時には意見の嘲笑を示すために使用することができます。(元々は純粋に男性的でしたが、今では男性と女性の両方に使用できます。)
    • kazhi mi、be –教えてください(主張); タカリ、なりますか?- そうですか?(派生); vyarno li、なりますか?–あなたは言わないでください!
  • де de) –緊急性を表し、時には訴えかける。
    • stavay、de!–さあ、起きろ!
  • ма ma)(女性のみ)–元々はbeの女性的な対応物でしたが、今日では失礼で嘲笑的であると認識されています(女性の名前の呼格の同様の進化を比較してください)。
  • бре bre、masculine)、 мари mari 、feminine)– bemaに似ていが、古語です。非公式ですが、高齢者が使用しているのが聞こえることもあります。
心態詞

これらは、文の最初または最後に「タグ付け」されて、状況に関連する話者の気分を表現します。それらは、本質的にほとんど質問的またはわずかに命令的です。これらを使用しても、文法的なムードに変化はありません(ただし、他の言語では異なる文法的なムードで表現される場合があります)。

  • нали nalì)–「それではない」/「あなたではない」などのような普遍的な肯定的なタグです(フランス語のn'est-ce pasのように不変です)。文中のほぼどこにでも配置でき、動詞は必ずしも必要ではありません。
    • shte doydesh、nali?–あなたは来ていますね?ナリ・イスカハ?–彼らはしたくなかったのですか?; ナリオンジ?–あれ、そうですか?;
    • 単純な構造で非常に複雑な考えを表現できます– nali nyamashe?–「あなたは行かないと思った!」または「何もないと思った!」(文脈に応じて–動詞nyamaは一般的な否定/欠如を示します。上記の「nyama」を参照してください)。
  • дали dalì)–不確実性を表します(節の途中にある場合は、「かどうか」と翻訳できます)–例: dali shte doyde?–「彼が来ると思いますか?」
  • нима nimà)–不信感を示します〜「それを教えてはいけません ...」–例: nima iskash?!–「あなたがしたいことを私に言わないでください!」。少し古風ですが、まだ使用されています。感動詞として単独で使用できます nima!
  • дано danò)–希望を表す– shte doyde –「彼は来る」; dano doyde –「彼が来ることを願っています」(スペイン語のojaláと比較してください)。文法的に、 danoは動詞nadyavam se –「希望する」とは完全に分離されています。
  • нека nèka)–「let( 's)」を意味します–例: neka doyde –「彼を来させてください」; 一人称で使用する場合、それは極端な礼儀正しさを表します: neka da otidem ... –「行かせてください」(口語的な状況では、以下のhaydeが代わりに使用されます)。
    • 感動詞としてのnekaは、判断を表現したり、シャーデンフロイデを表現したりするためにも使用できます neka mu!–「彼はそれに値する!」。
意図的な粒子

これらは意図や欲求を表しており、おそらく懇願することさえあります。それらは、言語に対する一種のコホート的な側面と見なすことができます。(単独で使用できるため、それ自体が動詞と見なすこともできます。)また、非常に非公式です。

  • хайде hàide)–「さあ」、「レッツ」
    • 例:hayde、po-barzo –「より速く!」
  • я ya)– "let me" –他の誰かに何かを頼むときだけ。リクエストまたは指示として(使用するトーンに応じて)単独で使用することもできます。これは、スピーカーが参加したり、リスナーが行っていることを試したりすることを示します。
    • ya da vidya –見てみましょう。y A?またはya!–「私に... /私に...」
  • недей nedèi)(複数形nedèyte)–否定的な命令を発行するために使用できます–例: nedey da idvash –「来ない」( nedey +接続法)。一部の方言では、代わりに構文nedey idva nedey + preterite)が使用されます。感動詞として– nedei!–「しないでください!」(命令法のセクションを参照してください)。

これらの助詞は呼格助詞と組み合わせて効果を高めることができます。たとえば、ya da vidya、be(私に見せてください)、またはそれらと組み合わせて、他の要素、たとえばhayde、de!(来て!); ネディ、デ!(私はあなたにそうしないように言いました!)。

品質の代名詞

ブルガリア語には、英語に直接類似するものがない品質の代名詞がいくつかあります– kakav(どのような種類)。takuv(この種); onakuv(そのような– colloq。); nyakakav(ある種の); nikakav(種類なし); vsyakakav(あらゆる種類); 関係代名詞kakavto(一種の...その...)。形容詞ednakuv(「同じ」)は同じ部首に由来します。【注9】

フレーズの例は次のとおりです。

  • カカオチョベク?!–「何人?!」; カカオ豆のおもちゃ?–彼はどんな人ですか?
  • ne poznavam takuv –「私は何も知らない(そのような人)」(点灯。「私はこの種の(人)を知らない」)
  • nyakakvi hora –点灯。「ある種の人」ですが、理解されている意味は「知らない人の集まり」です
  • vsyakakvi hora –「あらゆる種類の人々」
  • カカオ豆カシュ?– "どのタイプが必要ですか?"; ニカカフ!–「私は何も欲しくない!」/「なし!」

興味深い現象は、これらが非常に長い構造で次々につながれる可能性があることです。

ありのままの意味 文全体の意味
エドナコラ
タカバ この種の edna takava kola..。 この車(私が説明しようとしている)
nikakva 何の種類もありません edna takava nikakva kola この価値のない車(私が説明しようとしている)
nyakakva ある種の edna takava nyakakva nikakva kola この種の価値のない車(私が説明しようとしている)

物理的な意味がほとんどない極端な(口語的な)文は、ブルガリアの耳にとって完全な意味を持って いますが、次のようになります。

  • 「kakvaetaya takava edna nyakakva nikakva ?!」
  • 推測された翻訳–「彼女はどんな悪い人ですか?」
  • 直訳:「これはここ(彼女)–この種– 1 –ある種–ある種–ない」

—注:文の主語は単に代名詞「taya」(lit.「thisone here」、colloq。「she」)です。

口語のスピーチで観察されるもう1つの興味深い現象は、形容詞の代わりとしてだけでなく、動詞の代わりとしてタコバtakyvの避妊去勢手術)を使用することです。その場合、基本形のタコバは現在形で単数の三人称として使用され、他のすべての形は言語の他の動詞との類推によって形成されます。「動詞」は、その意味を変える派生接頭辞を取得することさえあります。例:

  • takovah ti shapkata –私はあなたの帽子に何かをしました(おそらく:私はあなたの帽子を取りました)
  • takovah si ochilata –メガネに何かをしました(おそらく:メガネをなくしました)
  • takovah se –私は自分自身に何かをしました(おそらく:私は自分自身を傷つけました)

口語でのタコバの別の使用法は、タコバタという単語です。これは、名詞の代わりに使用できますが、話者が何かを覚えていないか、言い方がわからない場合は、タコバタと言ってから一時停止します。それについて考えてください:

  • 私はおもちゃのタコバタをポッスルします...–そして彼は[翻訳なし]..。
  • izyadoh ti takovata –私はあなたの何かを食べました(おそらく:私はあなたのデザートを食べました)。ここでは、takovataという単語が名詞の代わりに使用されています。

この多様性の結果として、タコバという言葉文字通り何でも婉曲表現として使用することができます。これは一般的に、生殖器官や性行為に関連する単語を置き換えるために使用されます。たとえば、次のようになります。

  • toy si takova takovata v takovatai-彼[動詞]彼の[名詞]彼女の[名詞]

同様の「意味のない」表現は、特に話者が何かを説明するのが難しいと感じている場合、話されているブルガリア語で非常に一般的です。

その他

  • ブルガリアの人々が「はい」に頭を振って「いいえ」にうなずくという一般的に引用される現象は真実ですが、西洋文化の影響を受けて、これまでになくまれであり、若い世代にはほとんど存在しません。[要出典](揺れとうなずきは西洋のジェスチャーと同じではありません。noの「うなずき」は実際には頭を下向きではなく上向きに動かすことですが、 yesの頭を振ることは完全に水平ではありません。ただし、わずかに「波状」の側面もあります。)
    • 歯吸着音 [ǀ] (英語の「tsk」と同様)は、 ъ-ъ [ʔəʔə](ブルガリア語で唯一の声門破裂音)と同様に、「いいえ」(非公式)を意味します。2つはしばしば上向きの「うなずき」で言われます。
  • ブルガリア語には、家族関係をカバーする幅広い語彙があります。言葉の最大の範囲は、叔父と叔母のためのものです。例えば、 chicho (あなたの父の兄弟)、vuicho(あなたの母の兄弟)、svako(あなたの叔母の夫)。これら3つの同義語は、カレコ、レリンチョ、テティーンなど、ブルガリア語のさまざまな方言にさらに多く存在します。これらの単語は、家族の最も近いメンバー(brat – brotherだけでなく、batko / bateなど)を指します。 –兄、セストラ–姉妹、しかしカカ–姉)、しかしその最も遠い範囲まで伸びる、例えばからのbadzhanakトルコの バカナック(2人の姉妹の夫同士の関係)とエタルバ(2人の兄弟の妻同士の関係)。すべての義理の人には、特定の名前があります。たとえば、女性の夫の兄弟は彼女のディーバーであり、彼女の夫の姉妹は彼女のザルバです。1900年以前の伝統的な田舎の拡大家族では、女性の義理の兄弟/義理の姉妹ごとに、彼女との相対的な年齢に関して別々のサブカテゴリが存在してまし年上の)、ドラギンコ(若い)、またはウベンキョウ(まだ子供です)。
  • 多くのスラブ言語と同様に、二重否定ブルガリア語では文法的に正しいのに対し、単一の否定形の代わりに使用された場合、文法的に正しくないものもあります。以下は、二重否定または複数否定を利用した、文法的に正しいブルガリア語の文の直訳です。「Никойникъденикоганищонеенаправил」(複合二重否定形式を使用しない複数の否定、つまり、いくつかの連続する単一の否定語のリストを使用する)–「誰もどこにも何もしなかったことはありません。」(「誰も、どこでも、これまで何もしなかった」と訳されています); 「Никоганесъмбилтам。」(複合二重否定形式を使用しない二重否定、つまり、いくつかの連続する単一否定単語のリストを使用する)–私はそこに行ったことがありません(「[I]は行ったことがない」)。Никоганикаквичувстванесъмимал!–私は決して感情がなかったことがありませんでした!(私は何の感情も持っていませんでした!)。同じことがマケドニア語にも当てはまります。

語彙

現代ブルガリア語の語彙のほとんどは、スラヴ祖語と地元ブルガリア語の革新から受け継がれた用語と、旧ブルガリア語と中期ブルガリア語の仲介によるそれらの形成で構成されています。ブルガリア語のネイティブ用語は、語彙の70%から80%を占めます。

残りの25%から30%は、多くの言語からの外来語と、そのような単語の派生語です。ブルガリア語は、トラキア語ブルガリア語に由来するいくつかの単語も採用しました外国語の借用の方法としてブルガリア語に最も貢献した言語は次のとおりです。

ラテン語ギリシャ語の古典言語は多くの単語の出典であり、主に国際用語で使用されています。現在のブルガリアがローマ帝国の一部であった時期に、また後の世紀にブルガリア帝国時代にルーマニア語、アルーマニア語、メグレノルーマニア語を経て、多くのラテン語がブルガリア語に入りました。ブルガリア語でギリシャ語に由来する外来語は、正教会の典礼言語の影響を受けたものです。別のチュルク語、オスマントルコ語、およびオスマントルコ語を介してアラビア語からの多数の外来語の多くは、オスマン語の長い期間にブルガリア語に採用されましたルールが、ネイティブブルガリア語に置き換えられました。さらに、1878年にブルガリアがオスマン帝国から独立した後、ブルガリアの知識人は多くのフランス語の語彙を輸入しました。さらに、専門(通常は科学の分野から来ている)とありふれた英語の両方単語(特に抽象的な、商品/サービス関連または技術用語)も、20世紀の後半から、特に1989年以降、ブルガリア語に浸透しています。この英語由来の用語の注目すべき部分は、その過程でいくつかのユニークな特徴を獲得しています。ネイティブスピーカーの紹介により、多くのローンワードはソースワードと完全に同一ですが、これにより、新しく形成されたローンワードが元の単語(主に発音)とは異なる独特の派生語が生成されました。ますます多くの国際的な造語も広く採用されており、一般にデジタルグローバリゼーションの時代に育った若い世代と、より古く、より保守的な教育を受けた純粋主義者との間で論争を引き起こしています。

語源によるブルガリア語の語彙[53]
スラヴ祖語から直接継承
50%
後のフォーメーション
30%
外国からの借り入れ
17%
ブルガリア語での外国からの借り入れ(1955–59)[52]
ラテン
26%
ギリシャ語
23%
フランス語
15%
オスマントルコ語、アラビア語
14%
ロシア
10%
イタリアの
4%
ドイツ人
4%
英語
4%
他の
2%

サンプルテキスト

ブルガリア語 の世界人権宣言の第1条:

Bсичкихорасераждатсвободнииравниподостойнствоиправа。Tесанадаренисразумисъвестиследвадасеотнасятпомеждусивдухнабратство。[54]

テキストのラテンアルファベットへのローマ化

Vsichki khora se razhdat svobodniiravnipodostoĭnstvoiprava。Te sa nadareni srazumisŭvestisledvadase otnasyat pomezhdu si v dukh nabratstvo。

英語での世界人権宣言の第1条

すべての人間は自由に生まれ、尊厳と権利において平等です。彼らは理性と良心に恵まれており、兄弟愛の精神でお互いに向かって行動する必要があります。[55]

も参照してください

メモ

  1. ^ フランス語やスペイン語とは異なり、 seは3人称にのみ使用され、 meteなどの他の助詞は、1人称と2人称の単数形に使用されます。たとえば、 je me lave / me lavo –私は自分自身を洗います。
  2. ^ 単語или( 'どちらか')は、同様の語源を持っています:и+ли( 'および')–例( или)Жълтиятиличервеният– '(どちらか)黄色のものまたは赤いもの。ウィクショナリー
  3. ^ съмは英語の「sum」と同じように発音されます。
  4. ^ それは質問Kakeへの一般的な回答ですか? / ˈkakɛ / '調子はどう?' (点灯。 'お元気ですか?')– / ˈbivɐ / '大丈夫'(点灯。 '[繰り返し]は')または/ ˈkak si / 'お元気ですか?' - / ˈbivɐm / '私は大丈夫です'。
  5. ^ ще–動詞щаから– '欲しい' 「欲しい」という意味でのこの動詞の現在形は古語であり、口語的にのみ使用されます。代わりに、искам / ˈiskɐm /が使用されます。
  6. ^ 非人称動詞няма (点灯。「ありません」)と接続法助詞да /dɐ/(「それ」)から
  7. ^ 返信として単独で使用することもでき、次のオブジェクトはありません。има– 'いくつかあります'; / ˈɲamɐ / – '何もありません' –ドイツ語のkeineを比較してください。
  8. ^ おそらく最もよく似た使用法は「男」というタグですが、ブルガリア語の助詞はさらに抽象的なものです。
  9. ^ 指示詞のように、これらは形容詞と同じ形で代名詞と同じ形を取りますtakuvは、「この種の ...」(形容詞)とこの種の人/物(文脈に応じてpron。)の両方を意味します。

参考文献

  1. ^ 「アルバニアのブルガリア人」Omda.bg。 _ 2008年5月4日にオリジナルからアーカイブされました2008年4月23日取得
  2. ^ Loring M. Danforth、The Macedonian Conflict:Ethnic Nationalism in a Transnational World、1995、Princeton University Press、p.65、 ISBN 0-691-04356-6 
  3. ^ ユーゴスラビア主義:失敗したアイデアの歴史、1918年から1992年、DejanDjokić 、C。Hurst&Co。Publishers、2003年、 ISBN 1-85065-663-0、p。122。 
  4. ^ 「ブルガリア語」
  5. ^ 「Národnostn​​ímenšinyvČeskérepubliceajejichjazyky」 [チェコ共和国の少数民族とその言語] (PDF)(チェコ語)。チェコ共和国政府。p。2.Podlečl 3odst。2 StatutuRadyjejejichpočet12ajsouuživatelitěchtomenšinovýchjazyků:...、srbštinaaukrajinština
  6. ^ 「ハンガリーの憲章の実施」地域言語またはマイノリティ言語のヨーロッパ憲章のデータベース欧州比較少数派研究のための公的財団。2014年2月27日にオリジナルからアーカイブされました2014年6月16日取得
  7. ^ フローリー、ウィリアム(2003)。言語学の国際百科事典オックスフォード大学出版局、米国。p。83. ISBN 978-0-19-513977-8
  8. ^ EUR-Lex(2006年12月12日)。「2006年11月20日の評議会規則(EC)No1791 / 2006」欧州連合官報ヨーロッパのウェブポータル2007年2月2日取得
  9. ^ 「ヨーロッパの言語–公式のEU言語」EUROPAウェブポータル。2009年2月2日にオリジナルからアーカイブされました2009年10月12日取得
  10. ^ a b Bourchier、James David(1911)。「ブルガリア§言語と文学」 チザムでは、ヒュー(編)。ブリタニカ百科事典4(第11版)。ケンブリッジ大学出版局。p。785。
  11. ^ MichalKopeček。中央および南東ヨーロッパ(1770–1945)における集団的アイデンティティの言説:テキストと解説、第1巻(中央ヨーロッパ大学出版、2006年)、p。248
  12. ^ ab グランヴィルプライスヨーロッパの言語の百科事典(Wiley-Blackwell、2000)、p.45
  13. ^ a b ビクター・ルドメトフ。集合的記憶、国民的アイデンティティ、および民族紛争:ギリシャ、ブルガリア、およびマケドニアの質問(Greenwood Publishing Group、2002年)、p。92
  14. ^ 「ブルガリア共和国の憲法」(ブルガリア語)2020年10月27日取得
  15. ^ НационаленСтатистическиИнститут(2012)。Преброяваненанаселениетоижилищнияфондпрез2011年(ブルガリア語)。Том1:Население。София。pp。33–34、190。2011年の国勢調査でオプションの言語の質問に回答した664万人のうち、566万人(または85.2%)がブルガリア語のネイティブスピーカーであると報告しました(これは736万人の総人口の76.8%に相当します)。
  16. ^ 「表19A05050102。母国語(0,1)によるウクライナの地域の人口の分布」2020年10月15日取得
  17. ^ 「国勢調査時のモルドバ共和国の人口は2,998,235人でした」2017年3月31日2020年10月16日取得完全なデータは、「特性-人口」というタイトルのリンクされたスプレッドシート、シート8および9で入手できます。
  18. ^ " Статистическийежегодник2017-МинистерствоэкономическогоразвитияПриднестровскойМолдавскойР mer.gospmr.org 2020年10月16日取得スピーカー数に関するデータはありません。
  19. ^ EtnokonfesionalniijezičkimozaikSrbije(Popisstanovništa、domaćinstavaistanova2011. u Republici Srbiji)(PDF)(レポート)(セルビア語)。pp。151–56。
  20. ^ 「DC2210EWr-英語能力による主要言語(地域)」2020年10月18日取得
  21. ^ 「国勢調査プロファイル」2020年10月27日取得
  22. ^ Кочев(Kochev)、Иван(Ivan)(2001)。Българскидиалектенатлас(ブルガリア語方言アトラス)(ブルガリア語)。София:ブルガリア科学アカデミー。ISBN 954-90344-1-0OCLC48368312 _
  23. ^ "Стойков、Стойко.2002(1962)Българскадиалектология.Стр.101"Promacedonia.org 2010年4月17日取得
  24. ^ "Стойков、Стойко.2002(1962)Българскадиалектология.Стр.99"Promacedonia.org 2010年4月17日取得
  25. ^ "Речникнадумитевбългарскиятезик"rechnik.info 2020年11月28日取得
  26. ^ ブルガリア方言学:西方言、ストイコ・ストイコフ、1962年(p.144)。2013年5月に取得。
  27. ^ マゾン、アンドレ。Contes SlavesdelaMacédoineSud-Occidentale:Etude linguistique; テキストと翻訳; ノート・ド・フォークロア、パリ1923年、p。4.4。
  28. ^ Селищев、Афанасий。Избранныетруды、Москва1968。
  29. ^ マックス・ファスマーのグリーヘンランドで奴隷を死ぬ。Verlag der Akademie der Wissenschaften、ベルリン1941年。Kap。VI:Allgemeines und sprachliche Stellung der SlavenGriechenlands。
  30. ^ K. Sandfeld、 Balkanfilologien(København、1926、MCMXXVI)。
  31. ^ KonstantinJosefJireček DieBalkanvölkerundihrekulturellen und politischen Bestrebungen、Urania、II、Jg。13、27。März1909、p。195。
  32. ^ StefanVerković、Описаниебытамакедонскихболгар; Топографическо-этнографическийочеркМакедонии(Петербург、1889)。
  33. ^ ジェームズミナハン。One Europe、Many Nations:A Historical Dictionary of European National Groups、p.438(Greenwood Press、2000)
  34. ^ バーナードコムリー。スラヴ語派、p.251(Routledge、1993)。
  35. ^ Шклифов、БлагойおよびЕкатеринаШклифова、БългарскидеалектнитекстовеотЕгейскаМакедония、С 28–36(Shklifov、Blagoy、EkaterinaShklifova。エーゲマケドニアソフィア2003年のブルガリア語方言テキスト、28–33ページ)
  36. ^ Clyne、Michael(1992)。複数中心言語:マケドニア語の成文化Walter de Gruyter p。440. ISBN 978-3110128550
  37. ^ マケドニア1870年7月31日
  38. ^ チャブダーマリノフ。母国語の擁護:マケドニア語の標準化とブルガリア語-マケドニア語の言語論争。バルカン半島の絡み合った歴史-第1巻。DOI: https ://doi.org/10.1163/9789004250765_010p 。443
  39. ^ БлагойШклифов、Заразширениетонадиалектнатаоснованабългарскиякнижовенезикинегово "Македонската"азбукаикнижовнанормасанелегитимни、дружество "Огнище"、София、2003г。стр。7-10。
  40. ^ クック、バーナードアンソニー(2001)。1945年以来のヨーロッパ:百科事典、第2巻p。808. ISBN 978-0-8153-4058-4
  41. ^ Djokić、Dejan(2003)。ユーゴスラヴ主義:失敗したアイデアの歴史、1918年から1992年C.ハーストアンドカンパニー出版社。p。122. ISBN 978-1-85065-663-0
  42. ^ 言語プロファイルマケドニア語 2009年3月11日、カリフォルニア大学ロサンゼルス校インターナショナルインスティテュートのウェイバックマシンでアーカイブ
  43. ^ ポールトン、ヒュー(2000)。マケドニア人は誰ですか?C.ハーストアンドカンパニー出版社。p。116. ISBN 978-1-85065-534-3
  44. ^ トラッドギル、ピーター(1992)。「Ausbauの社会言語学と現代ヨーロッパにおける言語状態の認識」。応用言語学の国際ジャーナル2(2):167–177。土井10.1111 /j.1473-4192.1992.tb00031.xただし、言語の名前が反対されているギリシャ(トラッドギルの近日公開を参照)とブルガリア以外では、言語としてのマケドニア語のステータスは一般的に受け入れられています。
  45. ^ チャンバー、ジャック; トラッドギル、ピーター(1998)。方言学(第2版)。ケンブリッジ大学出版局。pp。7  _ 同様に、ブルガリアの政治家は、マケドニア語は単にブルガリア語の方言であると主張することがよくあります。これは、もちろん、マケドニア語はブルガリアの一部であるべきだと感じているという言い方です。しかし、純粋に言語学的な観点からは、方言連続体は多かれ少なかれ、どちらか一方の判断を認めていないため、そのような議論は解決できません。
  46. ^ Danforth、Loring M.(1997)。マケドニアの紛争:国境を越えた世界における民族ナショナリズムプリンストン大学出版局。p。67. ISBN 978-0691043562社会言語学者は、そのような状況では、特定の種類のスピーチが言語を構成するか方言を構成するかに関する決定は、言語学的基準ではなく、常に政治的基準に基づくことに同意します(Trudgill1974:15)。言い換えれば、言語は「陸軍と海軍の方言」として定義することができます(Nash1989:6)。
  47. ^ Leonard Orban(2007年5月24日)。「EUの3番目の公式アルファベットであるキリル文字は、真に多言語のヨーロッパ人によって作成されました」(PDF)europe.eu 2014年8月3日取得
  48. ^ Пашов、Петър(1999)Българскаграматика。Стр。73–74。
  49. ^ 2011年8月21日に取得された、KatinaBontchevaによるブルガリア語動詞エレメンタリーオンライン ブルガリア語文法
  50. ^ Зидарова、Ваня(2007)。Българскиезик。Теоретиченкурсспрактикум、pp。177–180
  51. ^ Bubenik、Vit(1995年8月)。「古代スラブ人からブルガリア-マケドニア人への側面の発展」歴史言語学1995129。ISBN 9789027283986–Googleブックス経由。
  52. ^ a b c d e f g h i Corbett、Greville教授; コムリー、バーナード教授(2003)。スラヴ語派ラウトレッジ。p。240. ISBN 9781136861444
  53. ^ コーベット、グレビル教授; コムリー、バーナード教授(2003)。スラヴ語派ラウトレッジ。p。239. ISBN 9781136861444継承されたスラヴ祖語の相対的な重みは、会話型ブルガリア語の100,000語のコーパスの研究であるNikolova(1987)から推定できます。そこに10回以上出現する806のアイテムのうち、約50%はスラヴ祖語の直接反射であり、30%は後のブルガリアのフォーメーションであり、17%は外国からの借り入れです。
  54. ^ 「世界人権宣言」ohchr.org
  55. ^ 「世界人権宣言」un.org

参考文献

  • ピサーニ、ヴィットーレ(2012)。古いブルガリア語ソフィア:ブクヴィツァ。ISBN 978-9549285864
  • コムリー、バーナード; コーベット、グレヴィルG.(1993)。スラヴ語派ラウトレッジ。ISBN 978-0-415-04755-5
  • Klagstad Jr.、Harold L.(1958)、ブルガリア語の口語標準の音素システム、アメリカのスラブ語および東ヨーロッパ言語教師協会、42〜54ページ
  • テルネス、エルマー; Vladimirova-Buhtz、Tatjana(1999)、「ブルガリア語」、国際音声学会ハンドブック、ケンブリッジ大学出版局、55〜57ページ、ISBN 978-0-521-63751-0
  • Бояджиевидр。(1998)Граматиканасъвременниябългарскикнижовенезик。ふりがな1.Фонетика
  • Жобов、Владимир(2004)Звуковетевбългарскияезик
  • Кръстев、Боримир(1992)Граматиказавсички
  • Пашов、Петър(1999)Българскаграматика
  • ウラジミールI.ゲオルギエフ; et al。、eds。(1971–2011)、Българскиетимологиченречник [ブルガリア語源辞典]、vol。I–VII、Българскаакадемиянанауките
  • ブルガリア語の文法に関する注記-1844年-スマーナ(現在のイズミル)-エリアス・リッグス

外部リンク

言語レポート

辞書

コース