つぼみ

フリー百科事典ウィキペディアより
ヨーロッパ ブナ( Fagus sylvatica ) のつぼみ

植物学では芽は未発達または胚芽 あり、通常、腋窩またはの先端に発生しますつぼみが形成されると、しばらく休眠状態のままになるか、すぐにシュートを形成することがあります。つぼみは、花や短いシュートの発達に特化している場合もあれば、一般的なシュートの発達の可能性がある場合もあります。芽という用語は動物学でも使用され、新しい個体に発展する可能性のある体からの成長を指します.

概要

多くの木本植物の芽は、特に温暖な気候や寒冷な気候では、と呼ばれる変化した葉で覆われ、芽のより繊細な部分をしっかりと囲んで保護されています. 多くのつぼみの鱗は、追加の保護として機能する粘着性物質で覆われています. つぼみが発達すると、鱗は多少大きくなることがありますが、通常はそのまま落ちて、横に細長い一連の傷跡が残ります成長している茎の表面に。毎年の成長はつぼみの形成で終わり、その形成はつぼみのスケールの傷跡の追加のグループを生成するため、これらの傷跡によって、若い枝の年齢を決定できます。枝の継続的な成長により、これらの傷跡は数年後に消滅するため、古い枝の合計年齢はこの方法では決定できません. [引用が必要]

多くの植物では、つぼみの上に鱗が形成されず、つぼみは裸のつぼみと呼ばれます。[1]このようなつぼみの未発達の葉は、多くの場合、過度に毛が生えています。裸の芽は、ウルシガマズミ属の木(ガマズミ属の木V. lantana ) [2]のようないくつかの低木や草本植物に見られます。後者の多くでは、芽はさらに減少しており、多くの場合、葉腋にある未分化の細胞塊で構成されています。茎の先に頂芽、側枝に側芽ができます。キャベツの頭(アブラナ属を参照) は非常に大きな末端芽ですが、芽キャベツは大きな側芽です。[引用が必要]

芽は葉腋に形成されるため、茎への分布は葉と同じです。茎の先端には頂芽の他に、互生芽、対生芽、輪生芽があります。多くの植物では、芽が思いがけない場所に現れます。これらは不定芽として知られています。[3]

多くの場合、つぼみのスケールの顕著な一連のグラデーションでつぼみを見つけることができます。たとえば、バックアイでは、小さな茶色の外側の鱗片から、展開するとやや緑色になる大きな鱗片を経て、著しく葉のような芽の内側の鱗片まで完全なグラデーションが見られる場合があります。このようなシリーズは、芽の鱗が実際には葉であり、好ましくない時期に植物のより繊細な部分を保護するために改変されていることを示唆しています.

つぼみの種類

植物の芽の分類
イチジクの末端、栄養芽

芽は植物の識別に役立つことが多く、特に葉が落ちた冬の木本植物の識別に役立ちます。[4]芽は、位置、状態、形態、機能などのさまざまな基準に従って分類および説明される場合があります。

植物学者は一般的に次の用語を使用します。

  • 場所: [要出典]
    • 末端、茎の先端にある場合 (apicalは同等ですが、植物の上部にあるもののために予約されています)。
    • axillary、葉の腋窩に位置する場合 (側面は同等ですが、一部の不定芽は側面にもある場合があります)。
    • 不定芽、幹や根など、他の場所で発生する場合(一部の不定芽は、樹皮の下に縮小して隠されている以前の腋芽である場合があり、他の不定芽は完全に新しく形成されたものです).
  • ステータス:
    • 付属品、主芽(腋芽または末端)のほかに形成された二次芽用。
    • 休息、成長期の終わりに形成される芽の場合、次の成長期が始まるまで休眠状態になります。
    • 休止状態または潜在的な、成長がかなり長い間遅れている芽の場合。この用語は休息の同義語として使用できますが、エピコルムの芽など、何年も未発達で待機している芽に適しています。
    • 疑似末端、末端芽の機能を引き継ぐ腋芽の場合 (成長がシンポジウムである種の特徴: 末端芽は死に、近くの腋芽に置き換えられます。たとえば、ブナカキプラタナスはシンポジウムの成長があります)。
  • 形態の場合:
    • うろこ状または覆われたperulate)、perule(lat。perula、perulaei)とも呼ばれる鱗(実際には葉が変形して減少している)が胚の部分を覆い、保護する場合。
    • 鱗で覆われていないときは裸。
    • 毛むくじゃら, 毛で保護されている場合 (うろこ状または裸のつぼみに適用される場合があります)。
  • 関数の場合:
    • vegetative、栄養部分のみを含む場合:葉のある胚芽(葉の芽も同じ);
    • 生殖性, 胚性花を含む場合 (花芽も同じ);
    • 胚葉と花の両方が含まれている場合は混合。

画像ギャラリー

参考文献

  1. ^ Walters、Dirk R.、David J. Keil. 1996.維管束植物分類学. ダビューク、アイオワ州:ケンドール/ハントパブ。Co. 598ページ。
  2. ^ クロンキスト、アーサー、ヘンリー・A・グリーソン. 1991.米国北東部および隣接するカナダの維管束植物のマニュアルニューヨーク州ブロンクス:ニューヨーク植物園プレス。512ページ。
  3. ^ Coulter, John G. 1913.植物の生命と植物の用途。小学校の教科書、農業、家庭科学、または大学の植物学の研究のための基礎ニューヨーク:アメリカの書籍会社。188ページ
  4. ^ Trelease, W. (1967) [1931], Winter botany: An Identification Guide to Native Trees and Shrubs , New York: Dover Publications, Inc, ISBN 0486218007