境界(言語学)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学では有界性語彙アイテムの参照制限の理解に関連する意味論的特徴です。[1]基本的に、参照の時空間境界を指定する単語は制限付きと見なされますが流動的に解釈可能な指示対象を許可する単語は制限なしと見なされます。この区別は、語彙アイテムの指示対象を別個のセグメントまたは階層に分割できるかどうかにも依存します。[2]この機能は、ほとんどの場合、名詞の可算性と動詞のアスペクトを区別しますが、より一般的にはすべての構文カテゴリに適用されます。

動詞の境界

動詞の場合、特定の文法的側面は有界性を表します。

境界は、古代ギリシャのアオリストスペインの点過去形などの完結相の特徴です英語の単純な過去形は、一般に、限定されたイベント( "I found")を表しますが、たとえば、状態動詞( "I know")を表すこともあります。

完結相には、多くの場合、動詞や動詞に似た文脈の変化が含まれ、状態の始まりを表します。

名詞の境界

名詞が意味的に制限されるためには、その指示対象項目は、有形であろうと抽象的であろうと、それが包含するものの範囲と内容に明確に定義された制限を持たなければなりません。構造的に、有界名詞と非有界名詞は、いくつかの記述基準と相関しています。最初の基準は内部の均質性です。有界名詞の指示対象は別個のセグメントで構成できますが、非有界名詞は通常、まとまりのある広がりと見なされるものを指します。次の基準は、拡張性再現性の相互に関連する概念です無制限名詞は内部的に均質な指示対象、それらの拡張指示対象の任意の部分は、その名詞のインスタンスとして分析できます。さらに、広がりを削除しても、その指示対象への名詞の適用可能性は変わりません。これらの2つの性質は、有界名詞では不可能です。[1]

名詞の有界性は、可算性と同義であると考えるべきではないことに注意してください。むしろ、有界性は、可算性を動機付ける根本的な意味上の区別です。

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b Frawley、William(1992)。言語セマンティクスニュージャージー州ヒルズデール:ラウトレッジ。pp。81–88。ISBN 978-0805810752
  2. ^ Corver、Norbert(2015)。「統語範疇全体の(非)境界」。理論言語学41(3/4):151–152。土井10.1515 / tl-2015-0009