ブロックと灰の流れ

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
米国ニューメキシコ州ツチコマ累層のブロックの露頭と灰の流れ

ブロックと灰の流れ、またはブロックと灰の流れは、火山灰と大きな (>26 cm) 角張ったブロック[1]の流動混合物であり、溶岩ドームまたは溶岩流の重力崩壊の結果として一般的に形成されます。[2]ブロックと火山灰流は火砕流の一種であり、火山噴火の際に形成されます。[3]他のタイプの火砕流とは対照的に、ブロックおよび灰流は軽石を含まず[4]、ブロックおよび灰流堆積物の体積は通常小さいです。[2]ブロックおよび灰流堆積物の密度は 1600 ~ 2000 kg/m 3の範囲で、降灰堆積物の 2 ~ 5 倍です。[2]ブロックおよび灰流堆積物の一部のブロックには、流れによって閉じ込められた植生から形成された木炭に由来する炭素の薄くて光沢のあるコーティングがある場合があります。[5]

1990 年代以降、岩塊と火山灰の流れを生成することで知られる火山には、日本の雲仙山、ジャワ島のメラピ山小アンティル諸島のスフリエール丘陵などがあります。[6]

参考文献

  1. ^ "用語集 - ブロックと灰の流れ" . Volcanes.usgs.gov . 米国地質調査所2018年 10 月 22 日閲覧26 cm (10 インチ) を超える灰と角張った岩片の流れ。
  2. ^ a b c Pyle、David M. (2015). 「第13章 – 火山噴火の規模」. Sigurdsson では、Haraldur (編)。火山の百科事典(第 2 版)。アムステルダム: アカデミック プレス。pp.257–264。ISBN 978-0-12-385938-9.
  3. ^ タヒデ、ウイ。松尾典道。マリット・スミタ。藤縄明彦(1999).「日本の雲仙火山の1990年から1995年の噴火中のブロックと灰の流れの生成」. 火山学と地熱研究のジャーナル89 (1–4): 123–137. ドイ10.1016/S0377-0273(98)00128-0 .
  4. ^ 「ブロックアンドアッシュフロー堆積物か石角礫岩か?」. サンドサトラ201810 月 22 日閲覧
  5. ^ Donoghue、E.; トロール、VR; Schwarzkopf、LM。クレイトン、G.; Goodhue, R. (2009 年 1 月 1 日)。「中部ジャワのメラピ火山のブロックと灰流堆積物における有機ブロックコーティング」。地質雑誌146 (1): 113–120. ドイ: 10.1017/S0016756808005359 .
  6. ^ 「ブロックアンドアッシュフロー堆積物」 . サンドサトラ201810 月 22 日閲覧