ブラインダー(家禽)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
1935年に出願された米国特許「家禽の摘み取りを防止する装置」から

ピーパーとしても知られるブラインダーは、家禽のくちばしに取り付けられた、またはそれを介して、前方の視界を遮り、羽のつつき共食い、時には卵を食べることの制御を支援する装置です。デバイスの特許は早くも1935年に出願されました。[1] これらは主に狩猟キジウズラに使用されますが、七面鳥産卵鶏にも使用されます。眼鏡と呼ばれる同様のデバイスとは異なり、ブラインダーは不透明で前方視界を妨げます透明なレンズがあります。ブラインダーは、色付きのレンズを備え、鳥が前方を見ることができるが、知覚される色、特に血液の色を変える眼鏡ではなく、別の鳥の羽や体をつつく精度を下げることによって機能します。ブラインダーは、サークリップの配置または鳥の鼻孔へのラグ、または鼻中隔を貫通するピンで所定の位置に保持されますそれらは金属(アルミニウム)、ネオプレン、またはプラスチックで作ることができ、多くの場合明るい色であるため、デバイスを紛失した鳥を簡単に識別できます。一部のバージョンでは、各ブラインドの中央に穴が開いているため、前方視界が制限されます。[要出典]

メリット

キジでは、目隠しをすることで、鳥がお互いをつついたり、羽や皮膚に損傷を与えたりする可能性を減らすことが示されています。[2]

産卵鶏では、目隠しは羽のつつきを減らし、餌の利用を改善し(こぼれが少ないため)、産卵を増やすことが示されています。[3]

福祉上の懸念

鼻中隔を貫通してデバイスを所定の位置に保持するためにピンを必要とするブラインダーは、ほぼ確実に鳥に痛みを引き起こします。英国では、これらのデバイスの使用は福祉上の理由で違法です。環境食糧農村地域は、家畜の福祉に関する勧告のコードの中で、次のように述べています。「家畜の福祉(禁止された操作)規則1982(SI 1982 No.1884)は...鼻中隔の貫通または他の切断を含む方法によって鳥に視力を制限する目的または効果を有する器具。」[4]

ピンレスブラインドに関する研究は、これらの装置が少なくとも一時的に鳥に苦痛を与えることを示しています。キジでは、目隠しを取り付けると、頭の揺れや引っかき傷が増加し、鳥のくちばしや鼻孔への損傷が増加します。[2] 産卵鶏にピンレスブラインドを装着すると、活動の低下、休息の増加、給餌の調整の問題、定型的な頭の揺れ、装着後1か月間の首の長引く変位につながります。[3]産卵鶏に関する別の研究では、くちばしでトリミングされた鶏と比較して、目隠しをしている鶏の死亡率が高かった[5]

も参照してください

参照

  1. ^ US2079107 ただし、以前の特許US730918も参照してください。 
  2. ^ ab "Defraレポート"ゲーム鳥へのビットと眼鏡の適用の影響を研究するために"" 。 2011年12月21日取得
  3. ^ a b Arbi、A.、Cumming、RB and Wodzicka-Tomaszewska。、M.、(1983)。適応、摂食中の産卵鶏の行動、一般的な活動、敵対行動、およびつつく損傷に対する視覚制限「ポルピーパー」の影響。英国家禽科学、24:371-381
  4. ^ 環境・食品・農村局(2002年7月)。「Mutilations」(PDF)家畜の福祉のための勧告のコード:産卵鶏:21。
  5. ^ ロビンソン、D。、(1979)。産卵成績に対するケージの形状、コロニーのサイズ、床面積、共食い防止剤の影響。英国家禽科学、20:345-356。土井 10.1080 / 00071667908416592

外部リンク