保全生物学

2016 年の保全指標には次の指標が含まれます: 海洋保護区、陸域生物群系保護 (世界および国内)、および種の保護 (世界および国内)

保全生物学は、過剰な絶滅速度や生物相互作用の侵食から、その生息地、生態を保護することを目的とした、自然と地球の生物多様性の保全に関する研究です[1] [2] [3]これは、自然科学と社会科学、および天然資源管理の実践に基づいた学際的な主題です[4] [5] [6] [7] : 478 

保全倫理は保全生物学の知見に基づいています。

起源

オーストラリアのホープタウン滝の自然の特徴を、訪問者のアクセスに影響を与えることなく保存するための取り組みが行われています。

保存生物学という用語と新しい分野としてのその概念は、1978 年にアメリカの生物学者ブルース A の主導でカリフォルニア大学サンディエゴ校 (カリフォルニア州ラホーヤ) で開催された「保存生物学研究に関する第 1 回国際会議」が開催されたことに端を発しています。ウィルコックスとマイケル E. スーレは、クルト・ベニルシュケオットー・フランケル卿、トーマス・ラブジョイジャレド・ダイアモンドを含む一流の大学および動物園の研究者および保護活動家のグループと協力しましたこの会議は、熱帯の森林破壊、種の消滅、種内の遺伝的多様性の侵食に対する懸念から促されました。[8]会議とその結果の議事録[2]は、一方では生態学と進化遺伝学の理論と、他方では保全政策と実践の間のギャップを埋める取り組みを始めようとしました。[9]

保全生物学と生物多様性 (生物多様性)の概念は同時に出現し、現代の保全科学と政策の具体化に貢献しました。保全生物学に固有の学際的な基礎は、保全社会科学、保全行動、保全生理学などの新しい下位分野につながりました。[10]これは、オットー・フランケルが最初に考案した保存遺伝学のさらなる発展を刺激しましたが、現在ではサブ学問ともみなされることがよくあります。

説明

世界中で確立された生物学的システムが急速に衰退していることは、保全生物学がしばしば「期限付きの学問」と呼ばれることを意味しています。[11]保全生物学は、希少または絶滅危惧種の個体群生態分散、移動、人口動態有効個体群サイズ近親交配抑制最小個体群生存率の研究において生態学と密接に結びついています[12] [13]保全生物学は、生物多様性の維持、喪失、回復に影響を与える現象と、遺伝個体群、生態系の多様性を生み出す進化のプロセスを維持する科学に関係します。[5] [6] [7] [13]この懸念は、今後 50 年以内に地球上の全種の最大 50% が消滅し、貧困と飢餓が増加し、リセットされるだろうという推計に由来していますこの地球上の進化の過程。[15] [16]研究者らは、新しい生物地理的環境への種の導入や非アナログ気候など、多くの変数の未知の潜在的な影響を考慮すると、予測が困難であることを認めています。[17]

保全生物学者は、生物多様性の損失、種の絶滅の傾向と過程、そしてそれらが人間社会の幸福を維持する能力に及ぼす悪影響について研究し、教育しています。保全生物学者は、政府、大学、非営利団体、産業界の現場やオフィスで働いています。これは生物学および社会科学の専門家と連携した学際的なネットワークであるため、彼らの研究テーマは多岐にわたります。大義と職業に専念する人々は、道徳倫理に基づいて現在の生物多様性の危機に対する世界的な対応を提唱しています。、そして科学的な理由。組織や市民は、地域から地球規模までの懸念に取り組む調査、監視、教育プログラムを指示する保全行動計画を通じて生物多様性の危機に対応しています。[4] [5] [6] [7]保全とは、何を達成するかだけではなく、どのように行うかが重要であるという認識が高まっています。[18] 「保全のアクロスティック」は、C = 共同制作、O = オープン、N = 機敏、S = ソリューション指向、E = 力を与える、R = 関係性、V = 価値観に基づく、という点を強調するために作成されました。 A = 実行可能、T = 学際的、I = 包括的、O = 楽観的、N = 育成。[18]

歴史

天然資源の保全は根本的な問題です。その問題を解決しない限り、他のすべての問題を解決してもほとんど役に立ちません。

– セオドア・ルーズベルト[19]

天然資源の保全

地球規模の生物多様性を保全し保護するための意識的な取り組みは最近の現象です。[7] [20]しかし、天然資源の保全には、保全の時代以前からの歴史があります。資源倫理は、自然との直接的な関係を通じて必然的に生まれました。利己的な動機によって地域で維持できる以上のものが摂取され、その結果、コミュニティの残りの部分への長期的な供給が損なわれることを防ぐために、規制や共同体の抑制が必要になりました。[7]天然資源管理に関するこの社会的ジレンマは、しばしば「コモンズの悲劇」と呼ばれます。[21] [22]

この原則に基づいて、保全生物学者は、共有資源の対立の解決策として、文化全体にわたる共有資源に基づく倫理を追跡することができます。[7]例えば、アラスカのトリンギット族と太平洋北西部ハイダ族には、ベニザケ漁に関して氏族間で資源の境界、規則、制限があったこれらの規則は、彼らが管理する各川や小川の生涯の詳細を知っていた一族の長老によって導かれました。[7] [23]歴史上、文化が共同体の天然資源管理に関して規則、儀式、組織化された慣行に従ってきた例は数多くあります。[24] [25]

紀元前 250 年頃のマウリヤ朝のアショーカ王は、動物や特定の種類の鳥の屠殺を制限する布告を出し、動物病院を開設しました。

保存倫理は初期の宗教書や哲学書にも見られます。タオ神道ヒンズー教イスラム教仏教の伝統にも例があります[7] [26]ギリシャ哲学では、プラトンは牧草地の劣化について嘆いた:「今残っているのは、いわば病気で消耗した体の骨格である。豊かで柔らかな土壌は持ち去られ、裸地だけが残っている」地区の枠組みは残された。」[27]聖書の中で、神はモーセを通して、7年ごとに土地の耕作を休ませるように命じました。[7] [28]しかし、18 世紀以前は、ヨーロッパ文化の多くが自然を賞賛することを異教の見解と考えていました。農業の発展は賞賛される一方で、自然は非難されました。[29]しかし、早くも西暦 680 年には、聖カスバートによって彼の宗教的信念に応えてファーン諸島に野生動物保護区が設立されました。[7]

初期の博物学者

ジョン・ジェームス・オーデュボンが描いた白いシロハヤブサ
中国中部のドールの生態と行動を理解するには、さらなる保護研究が必要です。

18 世紀には自然史が大きな関心事であり、ヨーロッパ北アメリカでは大規模な探検が行われ、人気の高い一般公開が行われました。1900 年までに、ドイツに150 の自然史博物館、イギリスに 250 の自然史博物館、米国に 250 の自然史博物館、そしてフランスに 300 の自然史博物館がありました[30]保存主義者または自然保護主義者の感情は、18 世紀後半から 20 世紀初頭に発展したものです。

チャールズ・ダーウィンがビーグル号で出航する前は、ダーウィンを含む世界中のほとんどの人々が特別な創造物を信じ、すべての種は変わらないと信じていました。[31]ジョルジュ=ルイ・ルクレールは、この信念に疑問を抱いた最初の博物学者の一人であった。彼は 44 巻の博物誌の本の中で、種は環境の影響によって進化すると提案しました。エラスムス・ダーウィンも博物学者であり、種が進化したことを示唆した。エラスムス・ダーウィンは、一部の種には痕跡構造があると指摘しました。これは、現在その種では明らかな機能を持たない解剖学的構造ですが、種の祖先にとっては有用であったであろうということです。[31]これら 18 世紀初頭の博物学者の考え方は、19 世紀初頭の博物学者の考え方や考え方を変えるのに役立ちました。

19 世紀初頭までに、アレクサンダー フォン フンボルトチャールズ ライエルチャールズ ダーウィンの努力によって生物地理学が始まりました。[32] 19世紀の自然史への熱意は、他の収集家によって絶滅してしまう前に、珍しい標本を最初に収集するという熱意を生み出した。[29] [30] 18世紀と19世紀の多くの博物学者の作品は自然愛好家や保護団体にインスピレーションを与えるものであったが、現代の基準からすると、彼らの著作はコレクションのために何百もの標本を殺すことになるため、自然保護に対する無神経さを示していた。[30]

自然保護運動

保全生物学の現代的なルーツは、18 世紀後半の啓蒙時代、特にイングランドスコットランドに見られます[29] [33]モンボド卿を含む思想家は「自然を保護する」ことの重要性を述べた。この初期の重点の多くはキリスト教神学に由来しています[33]

科学的保護原則は、イギリス領インドの森林に初めて実際に適用されました進化し始めた保全倫理には、人間の活動が環境を破壊すること将来の世代のために環境を維持する市民の義務があること、そしてこの義務が確実に遂行されるように科学的で経験に基づいた方法が適用されるべきであるという 3 つの核となる原則が含まれていました。 サー・ジェームス・ラナルド・マーティンこのイデオロギーの推進において傑出した人物であり、大規模な森林伐採と乾燥によってもたらされた被害の規模を実証する多くの医学地誌報告書を出版し、森林局の設立を通じて英領インドにおける森林保護活動の制度化を求めて広範にロビー活動を行っ[34]

マドラス歳入庁は 1842 年に地元の保全活動を開始し、科学的原理に基づいた森林保全プログラムを体系的に採用したプロの植物学者であるアレクサンダー ギブソンが長官を務めました。国家による森林の保全管理は世界初の事例となった。[35]ダルハウジー総督は1855 年に世界初の恒久的かつ大規模な森林保全プログラムを導入しました。このモデルはすぐに他の植民地や米国にも広がりました[36] [37] [38]イエローストーン国立公園は、 1872 年に世界初の国立公園として開園されました。[39]

保全という用語は19 世紀後半に広く使われるようになり、主に経済的理由から、木材、魚、狩猟鳥獣、表土牧草地、鉱物などの天然資源を管理することを指しました。さらに、森林林業)、野生動物野生生物保護区)、公園、原生林流域の保護にも言及しましたこの時期には、最初の自然保護法の可決と最初の自然保護協会の設立も見られました。1869 年の海鳥保護この法律は、海鳥保護協会[41]と尊敬される鳥類学者アルフレッド・ニュートンからの大規模なロビー活動を経て、世界初の自然保護法として英国で可決された[40][42]ニュートンは、1872 年に最初の狩猟法の可決にも尽力した。この法律は、家畜が絶滅に近づくのを防ぐために繁殖期に動物を保護した。[43]

最初の保護団体の 1 つは、カンムリカイツブリミツユビカモメの皮や羽を毛皮の衣類に使用することに反対する抗議団体として1889 年にマンチェスターで設立された王立鳥類保護協会です[44]当初は「羽毛連盟」として知られていたが[45]このグループは人気を博し、最終的にはクロイドンの毛皮連盟と合併し、RSPBを結成した。[46]ナショナルトラスト1895年に設立され、「国家の利益のために、土地の永久保存を推進し、(可能な限り)その自然の側面を保存する」というマニフェストを掲げている。タイタニック号が沈没してから 1 か月後の 1912 年 5 月、銀行家で博物学者のチャールズ ロスチャイルドはロンドンの自然史博物館で会議を開き、イギリス諸島の野生生物にとって最適な場所を守るための新しい組織のアイデアについて話し合いました。この会議は、後に野生動物トラストとなる自然保護区推進協会の設立につながりました

米国では1891 年の森林保護区法により、大統領に公共所有の土地から森林保護区を確保する権限が与えられました。ジョン・ミューアは1892 年にシエラ・クラブを設立しニューヨーク動物協会は1895 年に設立されました。一連の国有林と保護区は 1901 年から 1909 年にかけてセオドア・ルーズベルトによって設立されました。 [47] [48] 1916 年の国立公園法、これにはジョン・ミューアが求めた「減損なしの使用」条項が含まれており、最終的には1959年に恐竜国定記念物にダムを建設するという提案が削除される結果となった[49] 。

ヨセミテ国立公園グレイシャー・ポイントでのルーズベルトミューア

20 世紀には、チャールズ ゴードン ヒューイット[50]ジェームス ハーキンを含むカナダの公務員が野生動物保護運動の先頭に立った[51]

21 世紀に入ると、カナダの野生動物を保護するために、専門の保護官が先住民コミュニティと協力し始めました。[52]

地球規模の保全活動

20 世紀半ばには、個々の種を保護の対象とする取り組みが始まり、特にニューヨーク動物協会が主導する南米での大型ネコ科動物の保護活動が注目されました。[53] 20世紀初頭、ニューヨーク動物協会は、特定の種の保護区を設立し、保護の優先事項として最も適切な場所が適切であるかを判断するために必要な保護研究を実施するという概念の開発に貢献した。この時代では、ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン・ジュニア、カール・E・エイクリー、アーチー・カーとその息子アーチー・カー三世の業績が注目に値します。[54] [55] [56]例えば、エイクリーは遠征隊を率いてヴィルンガ山脈で野生のマウンテン ゴリラを観察し、この種とその地域が保全の優先事項であると確信しました。彼は、ベルギー王アルベール 1 世に、マウンテン ゴリラの保護に行動し現在のコンゴ民主共和国にアルベール国立公園(その後、ヴィルンガ国立公園と改名) を設立するよう説得するのに尽力しました[57]

1970年代までに、カナダの絶滅危惧種法[58]危険種法(SARA)に基づく主に米国での活動を中心に、オーストラリアスウェーデン英国生物多様性行動計画が策定され、数百の種に特有の生物多様性行動計画が策定された。保護計画が続いた。特に国連は、人類共通の遺産にとって顕著な文化的または自然的重要性のある場所を保存するために行動しました。このプログラムはユネスコ総会で採択されました2006 年の時点で、文化遺産 644 件、自然遺産 162 件の合計 830 件がリストされています。国内法を通じて積極的な生物保全を追求した最初の国は米国であり、絶滅の危機に瀕する種に関する法律 [59 ] (1966 年) と国家環境政策法(1970 年) [60]を立て続けに可決し、合わせて多額の資金を投入した。大規模な生息地の保護と絶滅危惧種の調査に対する保護措置。しかし、他の保全活動も世界中で定着しています。たとえば、インドは1972 年野生動物保護法を可決しました。[61]

1980 年に大きな発展があったのは、都市保全運動の出現でした。地元の組織が英国のバーミンガムに設立され、英国中の都市、そして海外へと次々と発展が続きました。草の根運動として認識されていますが、その初期の発展は都市の野生動物に関する学術研究によって推進されました。当初は過激なものとして認識されていましたが、保全を他の人間の活動と密接に結びつけているというこの運動の見方は、現在では保全思想の主流となっています。現在、都市保全生物学に多大な研究努力が向けられています。保存生物学協会は1985年に設立されました。[7] : 2 

1992 年までに、世界のほとんどの国が生物多様性条約により生物多様性の保全原則に取り組むようになりまし[62]その後、多くの国が国境内の絶滅危惧種を特定して保護し、関連する生息地を保護するための生物多様性行動計画のプログラムを開始した。1990 年代後半には、生態環境管理研究所や環境協会などの組織が成熟し、この分野の専門性が高まりました

2000 年以降、景観規模の保全という概念が注目を集めるようになり、単一種や単一生息地に焦点を当てた活動はあまり重視されなくなりました。代わりに、生態系アプローチがほとんどの主流の保護活動家によって提唱されていますが、いくつかの注目を集める種の保護に取り組んでいる人々によって懸念が表明されています。

生態学は生物圏の仕組みを明らかにしましたつまり、人間、他の種、物理的環境の間の複雑な相互関係です。人口の急増それに伴う農業工業、そしてそれに伴う汚染は、生態系の関係がいかに簡単に破壊され得るかを証明しています。[63]

無知の最後の言葉は、動物や植物について「それが何の役に立つの?」と言う人です。土地の仕組みが全体として優れていれば、私たちが理解しているかどうかに関係なく、すべての部分が優れています。生物相が永い年月をかけて、私たちが気に入っているが理解できないものを構築してきたとしたら、愚か者以外に誰が、一見無駄に見える部分を捨てるでしょうか?すべての歯車を維持することが、賢明な工作の第一の予防策です。

概念と基礎

絶滅率の測定

絶滅率はさまざまな方法で測定されます。保全生物学者は、化石記録生息地の喪失率[1] [64] 、および生息地の喪失率と敷地占有率の関数としての生物多様性の喪失[65]などの他の多数の変数の統計的尺度を測定および適用して、次の情報を取得します。そのような見積もり。[66]島嶼生物地理学理論[67]はおそらく、種の絶滅の過程とその速度の測定方法の両方の科学的理解に最も重要な貢献をしたものです。現在のバックグラウンド絶滅率は、数年に 1 種であると推定されています。 [68]実際の絶滅率はこれよりも桁違いに高いと推定されている。[69]これは重要ですが、種の移動、非アナログ気候、変化する種の相互作用、より細かい時間スケールでの進化速度、その他多くの予測不可能な要因の複雑さを説明するモデルが存在しないことは注目に値します。確率変数。[70] [17]

進行中の種の減少の尺度は、地球上のほとんどの種が記載も評価もされていないという事実により、より複雑になっています。推定値は、実際に存在する種の数 (推定範囲: 3,600,000 ~ 1 億 1,170 万種) [71]から種の二項分布を受け取った種の数 (推定範囲: 150 ~ 800 万種) によって大きく異なります。[71]単にその存在に注目する以外に記載されている種は全種の 1% 未満です。[71]これらの数字から、IUCN は、評価された脊椎動物の 23%、無脊椎動物の 5% 、植物の 70% が絶滅危惧種または絶滅危惧種に指定されていると報告しています。[72] [73]実際の種の数については、 The Plant Listによってより良い知識が構築されています。

体系的な保全計画

体系的な保全計画は、最優先の生物多様性の価値を確保または維持し、地域社会と協力して地域の生態系を支援するために、効率的かつ効果的な保護区設計を模索および特定する効果的な方法です。Margules と Pressey は、体系的な計画アプローチにおいて相互に関連する 6 つの段階を特定しています: [74]

  1. 計画地域の生物多様性に関するデータの収集
  2. 計画地域の保全目標を特定する
  3. 既存の保護地域を見直す
  4. 追加の保護地域を選択する
  5. 保全活動の実施
  6. 保全地域の必要な価値を維持する

保全生物学者は、助成金の提案のため、または行動計画を効果的に調整し、最良の管理方法を特定するために、詳細な保全計画を定期的に作成します (例[75] )。体系的な戦略では通常、意思決定プロセスを支援するために地理情報システムのサービスが利用されます。SLOSSの議論は計画の際によく考慮されます。

保存生理学: 保存への機械論的アプローチ

保存生理学はSteven J. Cookeらによって次のように定義されました[10]

生理学的概念、ツール、知識を応用して生物学的多様性とその生態学的影響を特徴づける統合的な科学分野。生物、個体群、生態系が環境変化やストレス要因にどのように反応するかを理解し、予測する。そして、広範囲の分類群(つまり、微生物、植物、動物を含む)にわたる保全問題を解決します。生理学は、あらゆるスケールでの機能的および機構的な反応を含む、可能な限り広範な用語で考慮され、保全には、個体群の再構築、生態系の回復、保全政策の情報提供、意思決定支援ツールの生成、および天然資源の管理のための戦略の開発と洗練が含まれます。

保全生理学は、因果関係を生成し、個体数減少に寄与する要因を明らかにする可能性があるという点で、専門家にとって特に重要です。

専門職としての保全生物学

Society for Conservation Biology は、生物多様性保全の科学と実践の進歩に専念する保全専門家の世界的なコミュニティです。学問としての保存生物学は生物学を超えて、哲学法律経済学人文科学芸術人類学教育などの主題にまで及びます。[5] [6]生物学の中で、保全遺伝学進化はそれ自体が巨大な分野ですが、これらの分野は保全生物学の実践と職業にとって最も重要です。

自然保護活動家は、生息地の劣化健全な生態系などの定性的な説明を使用する政策を支持するときにバイアスを導入します保全生物学者は、天然資源の合理的かつ賢明な管理を提唱し、保全管理計画において科学理性論理、および価値観の開示された組み合わせを使用して管理を行っています。[5]この種の擁護は、健康的なライフスタイルの選択肢を擁護する医療専門家と似ており、どちらも人間の幸福に有益でありながら、そのアプローチは科学的であり続けます。

保全生物学では、問題の全容を社会全体に伝えることができるより効果的な学問に保全生物学を動員するために、新しい形のリーダーシップが必要であることを示唆する動きがあります。[76]この運動は、適応的な管理と並行する、適応的なリーダーシップのアプローチを提案しています。アプローチ。この概念は、力、権威、支配といった歴史的な概念から離れた、新しい哲学またはリーダーシップ理論に基づいています。適応的保全リーダーシップは、インスピレーションを与え、目的を持った、合議的なコミュニケーション手法を使用して有意義な変化に向けて他者を動員できる社会のあらゆるメンバーに適用されるため、内省的でより公平です。適応型保全リーダーシップと指導プログラムは、アルド レオポルド リーダーシップ プログラムなどの組織を通じて保全生物学者によって実施されています。[77]

アプローチ

保全は、自然生息地で絶滅危惧種を保護する現場保全、または自然生息地の外で行われる生息地外保全に分類できます。[78]原位置保全には、生息地の保護または回復が含まれます。一方、生息地外保全には、保護区や遺伝子バンクなど、生物の自然生息地外で、生存可能な個体群が自然生息地に存在しない可能性がある状況での保護が含まれます。[78]

また、非干渉法を使用することもでき、これは保存主義的方法と呼ばれます。自然保護活動家は、自然と種の地域に、人間からの干渉を阻止する保護された存在を与えることを主張しています。[5]この点において、保全生物学は社会に関与し、社会と生態系の両方に対する公平な解決策を模索するため、社会的側面において保護主義者は保存主義者とは異なります。保護活動家の中には、人間のいない世界における生物多様性の可能性を強調する人もいます。

保全における生態学的モニタリング

生態学的モニタリングは、定義された方法を使用して、種または生息地の生態学に関連するデータを繰り返し間隔で体系的に収集することです。[79]環境および生態学的指標を長期的に監視することは、保全活動を成功させる上で重要な部分です。残念ながら、多くの場合、多くの種生息地の長期データは入手できません。[80]種の個体に関する歴史的データの欠如、生息地、および生態系は、現在または将来の保全作業が個体数や生態系の健全性に何らかの影響を与えているかどうかを判断するために仮定を行う必要があることを意味します。生態学的モニタリングは、生態系とその種に対する有害な影響(人間の活動や環境の自然変化による)を早期に警告することができます。[79]生態系や種の健全性におけるマイナスの傾向の兆候を検出するには、モニタリング方法が適切な時間間隔で実行されなければならず、その指標は個体群や生息地の全体的な傾向を捉えることができなければなりません。

長期モニタリングには、年間繁殖成功率、個体数推定値、水質、生物多様性(さまざまな方法で測定できる、すなわちシャノン指数)、およびその他の多くの方法を含む、多くの生物学的、生態学的、および環境的指標の継続的な測定が含まます保全プロジェクトのためにどの指標を監視するかを決定する際には、生態系がどのように機能するか、またシステム内でさまざまな種や非生物的要因がどのような役割を果たしているかを理解することが重要です。[81]生態学的モニタリングを実施する理由を正確に把握することが重要です。保全の文脈では、この推論は多くの場合、種や生息地の劣化からの回復や完全性の維持を支援するために、保全措置が講じられる前、最中、またはその後の変化を追跡することを目的としています。[79]

生態学的モニタリングのもう 1 つの利点は、科学者が保全活動について政策立案者や資金提供団体にアドバイスするために使用できる確かな証拠を提供することです。生態モニタリングデータは、政治家、資金提供者、一般の人々に保護プログラムの実施が重要である理由を説得するために重要であるだけでなく、プログラムは継続的に支援されるべきであると確信させるためにも重要です。[80]

保全資源を最も効率的に使用する方法については、多くの議論があります。生態学的モニタリングの中でも、プラスの影響をもたらす可能性を最大限に高めるために、どの指標にお金、時間、人員を投入すべきかについては議論があります。一般的な議論の具体的なトピックの 1 つは、人間の影響がほとんどない場所 (人間によって劣化していないシステムを理解するため)、人間の影響がある場所 (人間からの影響を調査できる)、または人間の影響が存在する場所でモニタリングを行うべきかどうかです。データは砂漠にあり、人間の混乱に対する生息地やコミュニティの反応についてはほとんど知られていません[79]

生物指標/指標種の概念は、汚染が生態系にどのような影響を与えているかを調査する方法として、生態学的モニタリングに適用できます。[82]両生類鳥類のような種は、他の種よりも速い速度で汚染物質を吸収する行動や生理学的特徴のため、環境中の汚染物質の影響を非常に受けやすくなっています。両生類は時間の一部を水中と陸上で過ごすため、両方の環境の変化の影響を受けやすくなります。[83]また、彼らは呼吸したり水を摂取したりできる非常に透過性の高い皮膚を持っています。つまり、空気や水溶性の汚染物質も同様に取り込みます。鳥は毎年、さまざまな種類の生息地をカバーすることが多く、通常、同じ営巣地を毎年訪れます。これにより、研究者はその種の個体レベルと集団レベルの両方で生態学的影響を追跡することが容易になります。[84]

多くの保全研究者は、保全プロジェクト、保護地域、環境被害の軽減が行われる地域では、長期的な生態学的モニタリングプログラムを実施することが優先事項であるべきだと考えています。

倫理と価値観

保全生物学者は、生物学および社会科学における倫理を実践する学際的な研究者です。Chan は[85]、自然保護活動家は生物多様性を擁護しなければならず、他の競合する価値観に対する同時の擁護を促進しないことによって、科学的に倫理的な方法でそうすることができると述べています。

自然保護活動家はどのような対策が「最長期間にわたり、最大多数の人々に最大の利益」をもたらすかを特定しようとする資源保護倫理[7] : 15 にインスピレーションを受けるかもしれません。[5] :13 対照的に、一部の保全生物学者は、自然には人間中心主義的な有用性や功利主義とは独立した本質的な価値があると主張しています。[7] : 3、12、16–17 アルド レオポルドは、そのような保存倫理に関する古典的な思想家であり作家であり、その哲学、倫理、著作は現代の保存生物学者によって今でも評価され、再考されています。[7] : 16-17 

保全の優先事項

絵や芸術作品からの子供たちの認識の要約 (左)、実際の生物量の科学的推定 (中央)、および生物多様性の尺度 (右) を通じて、熱帯雨林の相対的な生物量の表現を示す円グラフ画像。社会性昆虫の生物量(中央)は種の数(右)をはるかに上回ります。

国際自然保護連合(IUCN) は、絶滅の危機に取り組むために、変化する自然の状態を監視するために、世界中の科学者と研究ステーションを世界規模で組織しました。IUCN は、レッドリストを通じて種の保存状況に関する最新情報を毎年提供しています。[86] IUCNレッドリストは、保護への配慮が最も必要な種を特定し、生物多様性の状況に関する世界的な指標を提供する国際的な保護ツールとして機能します。[87]しかし、保全科学者らは、種の減少の劇的な速度以上に、6度目の大量絶滅は生物多様性の危機であり、希少生物に重点を置くことよりもはるかに多くの行動が必要であると指摘している。固有種または絶滅危惧種生物多様性の損失への懸念には、移動などの生態学的プロセスや、遺伝的多様性、個体群多様性、生態系多様性など、種を超えたレベルでの生物多様性の総合的検査を検討する、より広範な保全義務が含まれます。[88]生物多様性の広範囲かつ組織的かつ急速な損失は、遺伝的および生態系の多様性の複雑で進化する全体的なネットワークによって再生される生態系サービスの供給を制限することにより、人類の持続的な幸福を脅かしています。種の保存状況は保全管理に広く利用されていますが、 [87]一部の科学者は、人類による搾取と生息地の改変の主な原因は一般的な種であることを強調しています。さらに、一般的な種は、生態系サービスの主要な供給源としての役割にもかかわらず、過小評価されていることがよくあります。[89] [90]

保全科学コミュニティのほとんどは生物多様性の維持の「重要性を強調」しているが、[91]、生物多様性のすべての構成要素である遺伝子、種、または生態系にどのように優先順位を付けるかについては議論がある(例えば、Bowen、1999)。これまでの主流のアプローチは、生物多様性のホットスポットを保全することによって絶滅危惧種に重点的に取り組むことであったが、一部の科学者 (例) [92]やネイチャー・コンサーバンシーなどの保護団体は、そのほうが費用対効果が高く、論理的で、社会的にも有効であると主張している生物多様性のコールドスポットへの投資に関連します[93]あらゆる種の発見、命名、分布図の作成にコストがかかるのは、賢明でない保護活動であると彼らは主張する。彼らは、種の生態学的役割の重要性を理解することがより良いと主張しています。[88]

生物多様性のホットスポットとコールドスポットは、遺伝子、種、生態系の空間的集中が地球の表面に均一に分布していないことを認識する方法です。たとえば、「...維管束植物の全種の 44% と 4 つの脊椎動物グループの全種の 35% が、地球の地表のわずか 1.4% を構成する 25 のホットスポットに限定されています。」[94]

コールドスポットに優先順位を設けることに賛成している人たちは、生物多様性以外にも考慮すべき対策があると指摘している。彼らは、ホットスポットを強調することは、生物多様性ではなくバイオマスが最高の地位を占める地球の生態系の広大な領域との社会的および生態学的つながりの重要性を軽視していると指摘しています。[95]地球表面の 36% (世界の脊椎動物の 38.9% を含む) には、生物多様性ホットスポットに該当する固有種が存在しないと推定されています。[96]さらに、生物多様性の保護を最大化しても、ランダムに選択された地域を対象とすることよりも生態系サービスをうまく捕捉できないことが、対策によって示されています。[97]個体群レベルの生物多様性(主に寒冷地)は、種レベルの生物多様性の10倍の速度で消滅しています。[92] [98]保全生物学への懸念としてバイオマスと固有性を扱うことの重要性のレベルは、必ずしも固有性の領域に存在するとは限らない地球生態系の炭素貯蔵量に対する脅威のレベルを測定する文献で強調されている。[99] [100]ホットスポット優先アプローチ[101]では、草原セレンゲティ北極タイガなどの場所にそれほど多額の投資をすることはありませんこれらの地域は、人口 (種ではなく) レベルの生物多様性の豊かさに貢献しています[98]文化的価値や地球の栄養循環を含む生態系サービス[93]

IUCNの保全状況ExtinctionExtinctionExtinct in the wildCritically EndangeredEndangered speciesVulnerable speciesNear ThreatenedThreatened speciesLeast ConcernLeast Concern

2006 年のIUCN レッドリストカテゴリ の概要

ホットスポットアプローチを支持する人々は、種は地球生態系のかけがえのない構成要素であり、最も脅威にさらされている場所に集中しているため、最大限の戦略的保護を受ける必要があると指摘する。[102]ウィキペディアの種の記事に掲載されている IUCN レッドリストのカテゴリーは、ホットスポット保護アプローチが実際に行われている例です。珍しい種や固有種ではない種は最も懸念されていないものとしてリストされ、それらの種のウィキペディア記事は重要性の尺度で低くランクされる傾向があります。[疑わしい ]優先順位が個体群レベルやバイオマスよりも種レベルの懸念を対象とするように設定されているため、これはホットスポット アプローチです。[98] [検証に失敗しました]種の豊かさと遺伝的生物多様性は、生態系の安定性、生態系プロセス、進化的適応性、バイオマスに寄与し、それらを生み出します。[103]しかし、双方とも、絶滅率を低下させ、自然界に固有の価値を特定するには生物多様性の保全が必要であるという点で同意している。議論は、最も費用対効果の高い方法で限られた保全資源に優先順位を付ける方法にかかっています。

経済的価値と自然資本

サハラ砂漠の一部、リビア西部のタドラト・アカクス砂漠

保全生物学者は、自然の富サービスを測定し、それらの価値を世界市場取引で明らかにする方法を決定するために、世界の主要な経済学者と協力し始めています[104]この会計システムは自然資本と呼ばれ、たとえば、開発のための道が開けられる前に生態系の価値を登録します。[105] WWF生きた惑星レポートを発行1,686 種の脊椎動物 (哺乳類、鳥類、魚類、爬虫類、両生類) の約 5,000 個体群を監視することで生物多様性の世界的な指標を提供し、株式市場を追跡するのとほぼ同じ方法で傾向を報告します。[106]

自然の世界的な経済的利益を測定するこの方法は、 G8+5首脳および欧州委員会によって承認されています[104]自然は、人類に利益をもたらす多くの生態系サービス[107]を維持しています。[108]地球の生態系サービスの多くは市場のない公共財であり、したがって価格価値もありません。[104]株式市場が金融危機を記録すると、ウォール街のトレーダーたちは彼らは、生態系に蓄えられている地球上の生きた自然資本の多くを株で取引するビジネスを行っているわけではありません。社会にとって価値のある生態系サービスの持続可能な供給を提供するタツノオトシゴ、両生類、昆虫、その他の生物への投資ポートフォリオを備えた自然の株式市場は存在しません。[108]社会の生態学的フットプリントは、地球の生態系の生物再生能力の限界を約 30 パーセント超えています。これは、1970 年から 2005 年までに減少を記録した脊椎動物の個体数の同じ割合です。 [106 ]

生態学的信用収縮は世界的な課題です。Living Planet Report 2008 によると、世界の人口の 4 分の 3 以上が環境保護の債務者である国々に住んでおり、その国の消費量が自国の生物生産能力を上回っています。このように、私たちのほとんどは、世界の他の地域の環境資本を利用する(そしてますます過剰利用する)ことによって、現在のライフスタイルと経済成長を支えています。

WWF リビングプラネットレポート[106]

固有の自然経済は、地球規模の大気化学の制御作物の受粉害虫駆除[ 110]土壌栄養素の循環、水供給の浄化[111]医薬品や健康上の利益の供給など、人類を維持する上で重要な役割を果たしています[112]そして定量化できない生活の質の向上。市場と自然資本、および社会所得の不平等の間には関係、相関関係がある そして生物多様性の損失。これは、富の不平等が最も大きい場所では生物多様性の損失率がより高いことを意味する[113]

自然資本の市場での直接比較は、人間の価値という観点からはおそらく不十分ですが、生態系サービスの 1 つの尺度によると、その貢献が年間数兆ドルに達することが示唆されています。[114] [115] [116] [117]たとえば、北米の森林の一部には年間 2,500 億ドルの価値が割り当てられています。[118]別の例として、ミツバチの受粉は年間 100 億ドルから 180 億ドルの価値をもたらすと推定されています。[119]ニュージーランドの1 つの島における生態系サービスの価値は、GDPと同じくらい大きいと考えられています。その地域の。[120]人間社会の需要が地球の生物再生能力を超えているため、この惑星の富は信じられないほどの速度で失われています。生物多様性と生態系には回復力がありますが、それらを失う危険性は、人間が技術革新によって多くの生態系機能を再構築できないことです。

戦略種の概念

キーストーン種

キーストーン種と呼ばれる一部の種は、その生態系に特有の中心的な支持ハブを形成します。[121]このような種の喪失は、生態系機能の崩壊をもたらし、また、共存する種の喪失にもつながります。[5]キーストーン種は、生態系内の獲物の個体数を制御する能力があるため、通常は捕食者です。[121]キーストーン種の重要性はラッコ、ウニケルプとの相互作用によるオオカイギュウ( Hydrodamalis gigas )の絶滅によって示されました昆布床浅瀬で成長し、食物連鎖を支える生物を保護するための苗床を形成します。ウニは昆布を食べ、ラッコはウニを食べます。乱獲によるラッコの急速な減少により、ウニの個体数が昆布床で無制限に放牧され、生態系が崩壊しました。ウニは野放しにしておくと、トドカイギュウの食生活を支えていた浅海のケルプ群落を破壊し、その終焉を早めた。[122]ケルプ層での多くの生態学的仲間の共存は、その生存をカワウソに依存していたため、ラッコはキーストーン種であると考えられていた。しかし、これは後にターベイとリズリーによって疑問視された[123]彼は、狩猟だけでトドカイギュウを絶滅させていたであろうことを示した。

インジケーターの種類

指標種には生態学的要件が限られているため、生態系の健全性を観察するための有用なターゲットになります。半透性の皮膚と湿地とのつながりを持つ両生類などの一部の動物は、環境への危害に対して非常に敏感であるため、鉱山労働者のカナリアとして機能する可能性があります。指標種は、汚染やその他の人間活動との密接な関係による環境悪化を把握するために監視されます。[5]指標種のモニタリングは、さまざまな森林造林などを通じて慣行をアドバイスまたは修正するのに役立つ重大な環境影響があるかどうかを判断するための尺度です。処理と管理シナリオを検討したり、農薬が生態系の健全性に与える可能性 のある害の程度を測定したりするために使用されます。

政府規制当局、コンサルタント、またはNGO は指標種を定期的に監視していますが、このアプローチを効果的にするには多くの実際的な考慮事項に伴う制限があります。[124]一般に、生態系動態からの複雑な、そして多くの場合予測不可能な反応への危害を防ぐ効果的な保全測定のために、複数の指標 (遺伝子、個体群、種、群集、景観) を監視することが推奨されます (Noss, 1997 [125] ) : 88–89  )。

傘と主力種

傘の種の例としてオオカバマダラが挙げられます。その理由は、その長い移動美的価値のためです。オオカバマダラは北米中を移動し、複数の生態系をカバーするため、存在するには広い地域が必要です。オオカバマダラに与えられるあらゆる保護は、同時に他の多くの種や生息地にも影響を与えることになります。アンブレラ種は、ジャイアントパンダシロナガスクジラトラマウンテンゴリラ、オオカバマダラなど、一般の注目を集め、保護対策への支持を集める種の主力種としてよく使用されます。[5]しかし、逆説的ですが、主力種に対する保護バイアスが、他の主要な種を脅かすことがあります。[126]

背景と傾向

保全生物学者は、種の絶滅に関連する背景を理解しながら、古生物学的な過去から生態学的現在に至る傾向とプロセスを研究します[1]地球の歴史に記録される、5 つの主要な地球規模の大量絶滅があったことは一般に受け入れられています。これらには、オルドビス紀(4 億 4000 万)、デボン紀(3 億 7000 万年)、ペルム紀から三畳紀(2 億 4500 万年)、三畳紀からジュラ紀(2 億年)、および白亜紀から古第三紀の絶滅イベントが含まれます。(6600万) 消失けいれん。過去 10,000 年以内に、地球の生態系に対する人間の影響は非常に広範囲に及ぶため、科学者たちは失われた種の数を見積もることが困難になっています。[127]つまり、森林破壊サンゴ礁の破壊湿地の排水、その他の人間の行為の速度は、人間による種の評価よりもはるかに速く進んでいます。世界自然保護基金による最新の生きた地球レポートでは、私たちは地球の生物再生能力を超えており、天然資源への需要を支えるには地球 1.6 個分が必要であると推定されています。[128]

完新世の絶滅

(a) 子供の認識と (b) 重要性の科学的推定の比較の概要を通じて、熱帯雨林における動物の相対的な重要性を示すアート スケープ イメージ。動物の大きさはその重要性を表します。子どもの心のイメージは、社会性昆虫(アリなど)の実際の優位性に対して、大きな猫、鳥、蝶、そして爬虫類を重視します。

保全生物学者たちは、人類が6番目で最速の惑星絶滅を引き起こしている可能性があることを示す証拠を地球の隅々まで調査し、公表している[129] [130] [131]完新世の絶滅現象として知られる現象により、前例のない数の種が絶滅しつつあることが示唆されている[132]全球絶滅率は、自然バックグラウンド絶滅率より約 1,000 倍高い可能性がある。[133]すべての哺乳類の属の 3 分の 2 、およびすべての哺乳類のの 2 分の 1が、 少なくとも体重44キログラム(97ポンド)の動物は過去5万年以内に絶滅した。[123] [134] [135] [136]世界両生類評価[137]は、両生類が他の脊椎動物グループよりも早く地球規模で減少しており、全生存種の 32% 以上が絶滅の危機に瀕していると報告している。絶滅の危機に瀕している地域の 43% では、生き残っている個体数が減少し続けています。1980 年代半ば以降、実際の絶滅速度は化石記録から測定された速度の 211 倍を超えています。[138]しかし、「現在の両生類の絶滅率は、両生類のバックグラウンド絶滅率の25,039倍から45,474倍の範囲である可能性がある。」[138]世界的な絶滅の傾向は、監視されているすべての主要な脊椎動物グループで発生しています。たとえば、全哺乳類の 23% 、全鳥類の 12%が国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されており、これらも絶滅の危機に瀕していることを意味します。絶滅は自然なことであるにもかかわらず、種の減少は進化がまったく追いつかないほど信じられないほどの速度で起こっており、したがって地球上で最大規模の継続的な大量絶滅につながっています。[139]人間が地球を支配し、資源を大量に消費し、発生した汚染が他の種が生息する環境に影響を与えています。[139][140]ハワイのカラスやテキサスのアメリカヅルなど、人間が保護に取り組んでいる種は多岐にわたります。[141]人々は、気候緩和気候回復の概念に基づいて、気候を改善する世界的および国家的政策を提唱し投票することによって、種の保存に向けた行動を起こすこともできます気候変動によりpHレベルが変化し続け、その結果、殻が溶けて生物が住めなくなるため、地球の海洋には特に注意が必要です。[133]

海洋とサンゴ礁の状況

世界のサンゴ礁に対する世界的な評価では、急激かつ急速な減少率が報告され続けています。2000 年までに、世界のサンゴ礁生態系の 27% が事実上崩壊しました。最大の減少期は 1998 年の劇的な「白化」現象で起こり、世界のすべてのサンゴ礁の約 16% が 1 年足らずで消滅しました。サンゴの白化は、海水温や酸性度の上昇などの環境ストレスの組み合わせによって引き起こされ、共生藻類の放出とサンゴの死滅の両方を引き起こします。[142] サンゴ礁の生物多様性の減少と絶滅のリスクは、過去 10 年間で劇的に増加しました。次世紀には絶滅すると予測されているサンゴ礁の損失は、地球規模の生物多様性のバランスを脅かし、経済に多大な影響を及ぼし、何億もの人々の食糧安全保障を危険にさらします。[143] 保全生物学は、世界の海洋[142] (および生物多様性に関するその他の問題[144] ) を対象とする国際協定において重要な役割を果たしている。

これらの予測は間違いなく極端に見えるでしょうが、人間の行動の根本的な変化なしにそのような変化がどのようにして実現しないのかを想像するのは困難です。

JB ジャクソン[16] : 11463 

海洋は、CO 2レベルの増加による酸性化の脅威にさらされていますこれは、海洋天然資源に大きく依存している社会にとって最も深刻な脅威です懸念されているのは、すべての海洋種の大部分が海洋化学の変化に応じて進化したり順応したりできなくなることだ。[145]

「海洋の大型(平均約50kg以上)外洋マグロ、カジキ、サメの90%」 [16]が絶滅したと伝えられている場合、大量絶滅を回避する見通しは低そうだ現在の傾向を科学的に検討すると、海洋には多細胞生物がほとんど生き残っておらず、海洋生態系を支配するのは微生物だけであると予測されています[16]

脊椎動物以外のグループ

脊椎動物ほど社会的な注目を集めておらず、資金も集めていない分類群についても、深刻な懸念が提起されている。これらには、菌類(地衣類形成種を含む) [146] 、無脊椎動物 (特に昆虫[14] [147] [148] )、および生物多様性の大部分が代表される植物 群落[149]が含まれます。特に菌類の保存と昆虫の保存は、どちらも保存生物学にとって非常に重要です。菌根共生生物として、また分解者およびリサイクル者として、菌類は森林の持続可能性に不可欠です。[146]生物圏における昆虫の価値は、種の豊富さの点で他のすべての生物群を上回るため、非常に大きな価値があります陸上のバイオマスの大部分は植物にあり、昆虫との関係によって維持されています。昆虫のこの素晴らしい生態学的価値は、これらの美的に「不快な」生き物に対してしばしば否定的な反応を示す社会によって打ち消されています。[150] [151]

昆虫の世界で注目を集めている懸念事項の 1 つは、ミツバチ( Apis mellifera )の行方不明という謎の事件ですミツバチは、多種多様な農作物を支える受粉活動を通じて、不可欠な生態学的サービスを提供しています。蜂蜜とワックスの使用は世界中で広く使用されています。[152]ミツバチが空の巣箱やコロニー崩壊障害(CCD)を残して突然失踪することは珍しいことではない。しかし、2006 年から 2007 年の 16 か月間で、577 人の養蜂家のうち 29% が全米では植民地の最大76%でCCDの喪失が報告されている。この突然の人口動​​態によるミツバチの数の減少は、農業部門に負担をかけています。大幅な減少の背後にある原因は科学者らを困惑させている。害虫殺虫剤地球温暖化はすべて、考えられる原因として考えられています。[153] [154]

保全生物学を昆虫、森林、気候変動と結び付けるもう一つのハイライトは、カナダブリティッシュコロンビア州で蔓延したマツクイムシ( Dendroctonusponderosae )です。これは 1999 年以来、470,000 km 2 (180,000 平方マイル) の森林地帯に蔓延しています。 [99]この問題に対処するために、ブリティッシュコロンビア州政府によって行動計画が作成されました。[155] [156]

この影響[マツクイムシの流行]により、森林は発生中および発生直後の両方で、小さな正味炭素吸収源から大きな正味炭素源に変わりました。最悪の年には、ブリティッシュコロンビア州でのカブトムシの大発生による影響は、1959 年から 1999 年にかけてカナダ全土から年間平均森林火災直接排出量の 75% に相当しました。

— クルツ[100]

寄生虫の保存生物学

寄生虫種の大部分が絶滅の危機に瀕しています。そのうちのいくつかは人間や家畜の害虫として根絶されています。ただし、それらのほとんどは無害です。寄生虫は地球上のすべての種の大部分を占めていることを考えると、地球規模の生物多様性のかなりの部分を占めており[157] 、寄生虫に対する保護の関心がますます高まっています。脅威には、宿主個体群の減少または断片化、あるいは宿主種の絶滅が含まれます。寄生虫は生態系と食物網に複雑に織り込まれており、それによって生態系の構造と機能において貴重な役割を占めています。[158] [157]

生物多様性への脅威

今日、生物多様性に対する多くの脅威が存在します。現在の HIPPO の最大の脅威を表すために使用できる頭字語は、生息地の喪失、侵入種、汚染、人口、および過剰収穫を表します。[159]生物多様性に対する主な脅威は、生息地の破壊(森林破壊農地の拡大都市開発など)と乱獲(野生生物の取引など)です。[127] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167]生息地の分断また、保護地域の世界的なネットワークは地球表面の 11.5% しかカバーしていないため、課題も生じています。[168]断片化と連携した保護地域 の欠如の重大な結果は、地球規模での動物の移動の減少である。何十億トンものバイオマスが地球上の栄養循環に関与していることを考えると、移動の削減は保全生物学にとって深刻な問題です。[169] [170]

人間の活動は、現在の絶滅のけいれんのほぼすべての側面に直接的または間接的に関連しています。

ウェイクとフレデンブルク[129]

しかし、人間の活動が必ずしも生物圏に取り返しのつかない損害を引き起こすとは限りません。遺伝子から生態系に至るあらゆるレベルでの生物多様性の保全管理と計画により、人間と自然が持続可能な方法で相互に共存する例があります。[171]生物多様性に対する現在の脅威があっても、現状を改善して新たにスタートできる方法はあります。

病気や気候変動を含む生物多様性に対する脅威の多くは、保護地域の境界線の内側にまで及んでいて、保護地域は「それほど保護されていない」状態になっています(例:イエローストーン国立公園)。[172] たとえば、種の絶滅と大気中への二酸化炭素の放出の間にはフィードバック ループがあるため、気候変動はこの点で深刻な脅威としてよく引用されます。[99] [100]生態系は地球の状態を制御する大量の炭素を貯蔵し、循環させます。[173]現在、気温の変化による大きな気候変動があり、一部の種の生存が困難になっています。[159]地球温暖化の影響は、地球規模の生物多様性の大量絶滅に向けた壊滅的な脅威を与えています。[174]将来的には、さらに多くの種が、人口増加、気候変動、経済発展により、前例のないレベルの絶滅のリスクに直面すると予測されています。[175]自然保護活動家たちは、すべての種を救うことができるわけではなく、どの種を保護するために自分たちの努力を使うべきかを決定する必要があると主張している。この概念は保全トリアージとして知られています。[159]絶滅の脅威は、2050 年までに全種の 15 ~ 37 パーセントに及ぶと推定されており[174]、今後 50 年間では全種の 50 パーセントに達すると推定されています。[14]現在の絶滅速度は、過去数十億年に比べて 100 ~ 100,000 倍速くなっています。[159]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ abc サーニー、S.; ベントン、M.J (2008)。「史上最も深刻な大量絶滅からの回復」。王立協会議事録 B: 生物科学275 (1636): 759–65。土井:10.1098/rspb.2007.1370。PMC  2596898PMID  18198148。
  2. ^ ab スーレ、マイケル E.; ウィルコックス、ブルース A. (1980)。保全生物学: 進化生態学の視点マサチューセッツ州サンダーランド: Sinauer Associates。ISBN 978-0-87893-800-1
  3. ^ スーレ、マイケル E. (1986)。「保全生物学とは何ですか?」(PDF)バイオサイエンスアメリカ生物科学研究所。35 (11): 727–34。土井:10.2307/1310054。JSTOR  1310054。
  4. ^ ab Soule、マイケル E. (1986)。保全生物学: 希少性と多様性の科学シナウアーアソシエイツ。p. 584.ISBN _ 978-0-87893-795-0
  5. ^ abcdefghij ハンター、マルコム L. (1996)。保全生物学の基礎。オックスフォード: ブラックウェルサイエンス。ISBN 978-0-86542-371-8
  6. ^ abcd メッフェ、ゲイリー K.; マーサ J. グルーム (2006)。保全生物学の原則(第 3 版)。マサチューセッツ州サンダーランド: Sinauer Associates。ISBN 978-0-87893-518-5
  7. ^ abcdefghijklmn ヴァン・ダイク、フレッド (2008). 保全生物学: 基礎、概念、応用 (第 2 版)。ニューヨーク: Springer-Verlag土井:10.1007/978-1-4020-6891-1。hdl :11059/14777。ISBN 9781402068904OCLC  232001738。
  8. ^ J.ダグラス。1978. 生物学者は米国に保全のための寄付を要請。ネイチャー Vol. 275、1978年9月14日。キャット・ウィリアムズ。1978年。自然科学。科学ニュース。1978 年 9 月 30 日。
  9. ^ 会議の開催そのものにも、遺伝学と生態学の間のギャップを埋めることが含まれていた。スーレは進化遺伝学者で、小麦遺伝学者のオットー・フランケル卿と協力して、当時の新しい分野として保存遺伝学を推進していました。ウィルコックスに会議のアイデアを提案したジャレド・ダイアモンドは、群集生態学と島嶼生物地理学理論の保全への応用に関心を持っていました。ウィルコックスとトーマス・ラブジョイは、ラブジョイが世界自然保護基金で種子資金の提供を確保した1977年6月に一緒に会議の計画を開始したが、遺伝学と生態学の両方を表現する必要があると感じた。ウィルコックスは保全生物学という新しい用語の使用を提案した フランケルの「保存遺伝学」の概念と造語を補完し、生物科学の保存への応用全般を包含するものである。その後、スーレとウィルコックスは、1978 年 9 月 6 ~ 9 日に共同で開催した「保存生物学研究に関する第一回国際会議」というタイトルの会議の議題を考案したと書きました。プログラムでは、「この会議の目的は、主に個体群生態学、群集生態学、社会生物学、個体群遺伝学から洞察と方法論を引き出す学際的な分野である保全生物学と呼ばれる厳格な新しい分野の開発を加速し、促進することです。そして生殖生物学。」この会議に動物繁殖に関する議題が含まれたことは、動物園と飼育下繁殖コミュニティの参加と支援を反映しています。
  10. ^ アブ ・クック、SJ; サック、L. フランクリン、CE、ファレル、AP通信。ビアドール、J. ウィケルスキー、M. チョウン、SL (2013)。「保存生理学とは何ですか? ますます統合され本質的な科学への展望」。保存生理学1 (1):cot001。土井:10.1093/conphys/cot001。PMC 4732437PMID  27293585。 
  11. ^ ウィルソン、エドワード・オズボーン (2002). 人生の未来ボストン: リトル、ブラウン。ISBN 978-0-316-64853-0[必要なページ]
  12. ^ カラ、チャンドラ・プラカシュ (2005)。「インドヒマラヤの保護地域における先住民の利用、人口密度、絶滅の危機に瀕している薬用植物の保全」。保全生物学19 (2): 368–78。土井:10.1111/j.1523-1739.2005.00602.x。JSTOR  3591249。S2CID 85324142  。
  13. ^ ab サーニー、S.; ミネソタ州ベントン。ペンシルベニア州フェリー (2010)。「世界的な分類学的多様性、生態学的多様性、および陸上における脊椎動物の拡大の間の関連性」。生物学の手紙6 (4): 544–7。土井:10.1098/rsbl.2009.1024。PMC 2936204PMID  20106856。 
  14. ^ abc コー、リアン・ピン; ダン、ロバート R. ソディ、ナブジョット S. コルウェル、ロバート K. プロクター、ヘザー C. スミス、ヴィンセント S. (2004)。「種の共存と生物多様性の危機」。科学305 (5690): 1632–4。Bibcode :2004Sci...305.1632K。土井:10.1126/science.11​​01101。PMID  15361627。S2CID 30713492  。
  15. ^ ミレニアム生態系評価 (2005)。生態系と人間の幸福: 生物多様性の総合。世界資源研究所、ワシントン DC。[1]
  16. ^ abcd ジャクソン、JBC (2008). 「勇敢な新しい海における生態学的絶滅と進化」。米国科学アカデミーの議事録105 (補足 1): 11458–65。Bibcode :2008PNAS..10511458J。土井10.1073/pnas.0802812105PMC 2556419PMID  18695220。 
  17. ^ ab フィッツパトリック、マシュー C.; ウィリアム W. ハーグローブ (2009-07-01)。「種分布モデルの予測と非アナログ気候の問題」。生物多様性と保全18 (8): 2255–2261。土井:10.1007/s10531-009-9584-8。ISSN  1572-9710。S2CID  16327687。
  18. ^ アブ ・クック、SJ; マイケルズ、S. EA、ナイボア。シラー、L. リトルチャイルド、DBR。デラウェア州ハンナ; ロビショー、CD; マードック、A. ロシュ、D.ソロエ、P. ヴェルメール、JC(2022-05-31)。「保全の再概念化」。PLOS の持続可能性と変革1 (5): e0000016。土井10.1371/journal.pstr.0000016ISSN  2767-3197。
  19. ^ セオドア・ルーズベルト、深水路大会での演説、テネシー州メンフィス、1907年10月4日
  20. ^ “生物多様性の保護と保全”. fem.fr2016 年 10 月 18 日にオリジナルからアーカイブされました2016 年 10 月 11 日に取得
  21. ^ ハーディン G (1968 年 12 月)。「コモンズの悲劇」。科学162 (3859): 1243–8。Bibcode :1968Sci...162.1243H。土井10.1126/science.162.3859.1243PMID  5699198。
  22. ^ また、集団選択よりも個人選択が優先される進化の結果とも考えられている。最近の議論については、Kay CE (1997) を参照してください。「コモンズの究極の悲劇」。保守します。バイオル11 (6): 1447–8。土井:10.1046/j.1523-1739.1997.97069.x。S2CID  1397580。
    および ウィルソン DS、ウィルソン EO (2007 年 12 月)。「社会生物学の理論的基礎を再考する」(PDF)Q Rev Biol . 82 (4): 327–48。土井:10.1086/522809。PMID  18217526。S2CID  37774648。オリジナルは 2009 年 3 月 26 日にアーカイブされました
  23. ^ メイソン、レイチェル、ジュディス・ラモス。(2004)。ドライベイエリアのベニザケ漁に関するトリンギット族の伝統的な生態学的知識、内務省国立公園局とヤクタット・トリンギット族の間の協力協定、最終報告書(FIS)プロジェクト01-091、アラスカ州ヤクタット。「ドライベイエリアのベニザケ漁業に関するトリンギット族の伝統的な生態学的知識」(PDF)2009 年 2 月 25 日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2009 年 1 月 7 日に取得
  24. ^ マーフリー、マーシャル W. (2009-05-22)。「共同体天然資源管理の戦略的柱:利益、権限付与、保全」。生物多様性と保全18 (10): 2551–2562。土井:10.1007/s10531-009-9644-0。ISSN  0960-3115。S2CID  23587547。
  25. ^ ウィルソン、デヴィッド・アレック (2002). ダーウィン大聖堂: 進化、宗教、社会の性質シカゴ: シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-90134-3
  26. ^ プリマック、リチャード B. (2004)。保全生物学入門、第 3 版 シナウアーアソシエイツ。320ページ ISBN 978-0-87893-728-8
  27. ^ ハミルトン、E.、および H. ケアンズ (編)。1961年。プラトン:対話集。プリンストン大学出版局、ニュージャージー州プリンストン
  28. ^ 聖書、レビ記、25:4-5
  29. ^ abc エヴァンス、デヴィッド (1997)。英国における自然保護の歴史ニューヨーク:ラウトリッジ。ISBN 978-0-415-14491-9
  30. ^ abc ファーバー、ポール・ローレンス (2000)。自然の中に秩序を見出す:リンネからEOウィルソンまでの自然主義者の伝統ボルチモア: ジョンズ・ホプキンス大学出版局。ISBN 978-0-8018-6390-5
  31. ^ abc マダー、シルビア (2016). 生物学ニューヨーク州ニューヨーク州: マグロウヒル教育。p. 262.ISBN _ 978-0-07-802426-9
  32. ^ “保全生物学と生物地理学への入門”. web2.uwindsor.ca
  33. ^ ab クロイド、エルサレム (1972)。ジェームズ・バーネット、モンボド卿ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。p. 196.ISBN _ 978-0-19-812437-5
  34. ^ Stebbing、EP (1922)インドの森vol. 1、72-81ページ
  35. ^ バートン、グレッグ (2002)。帝国林業と環境保護主義の起源。ケンブリッジ大学出版局。p. 48.ISBN _ 978-1-139-43460-7
  36. ^ MUTHIAH、S. (2007 年 11 月 5 日)。「林業のある暮らし」。ヒンドゥー教インド、チェンナイ。2007 年 11 月 8 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 3 月 9 日に取得
  37. ^ クレッグホーン、ヒュー・フランシス・クラーク (1861)。南インドの森と庭園 (オリジナルはミシガン大学、デジタル化 2006 年 2 月 10 日版)。ロンドン:WHアレン。OCLC  301345427。
  38. ^ ベネット、ブレット M. (2005)。「ベンガルと英領インドにおける初期の保全史:1875年から1922年」。バングラデシュアジア協会のジャーナルバングラデシュアジア協会。50 (1-2): 485-500。ISSN  1016-6947。2012 年 3 月 4 日のオリジナルからアーカイブされました。
  39. ^ ヘインズ、オーブリー (1996)。イエローストーン物語: 私たちの最初の国立公園の歴史: 第 1 巻 改訂版イエローストーン自然科学協会、教育史。
  40. ^ G. バイエンス; ML マルティネス (2007)。海岸砂丘: 生態学と保全。スプリンガー。p. 282.
  41. ^ ジョー、マケル (2011 年 2 月 2 日)。「ベンプトン崖での海鳥の保護」。BBCニュース
  42. ^ Newton A. 1899. プルーム取引: 借りたプルーム。タイムズ紙、 1876年1月28日。そしてプルームトレード。タイムズ紙、 1899 年 2 月 25 日。1899 年 4 月、鳥類保護協会により共同転載。
  43. ^ Newton A. 1868. ゲーム法の動物学的側面。英国協会への演説、セクション D、1868 年 8 月。鳥類保護協会によって再印刷 [nd]。
  44. ^ 「マイルストーン」. RSPB 2007 年2 月 19 日に取得
  45. ^ ペナ、アンソニー N. (1999)。自然の恵み: 歴史的および現代の環境的観点。ニューヨーク州アーモンク:私、シャープp. 99.ISBN _ 978-0-7656-0187-2
  46. ^ 「RSPBの歴史」. RSPB 2007 年2 月 19 日に取得
  47. ^ “セオドア・ルーズベルトとその保全 - セオドア・ルーズベルト国立公園 (米国国立公園局)”. nps.gov 2016 年 10 月 4 日に取得
  48. ^ 「環境年表 1890 ~ 1920 年」. ルネット.edu2005 年 2 月 23 日にオリジナルからアーカイブされました。
  49. ^ ピーター・デイビス (1996)。博物館と自然環境: 生物学的保護における自然史博物館の役割ロンドン:レスター大学出版局。ISBN 978-0-7185-1548-5
  50. ^ “年代伝記スケッチ: チャールズ・ゴードン・ヒューイット”. people.wku.edu 2017-05-07に取得
  51. ^ ジャネット、フォスター (1998-01-01)。野生動物のために働く: カナダにおける保護の始まり。トロント大学出版局。ISBN 978-0-8020-7969-5
  52. ^ Cecco、レイランド (2020 年 4 月 19 日)。「先住民の協力は、わがままなハイイログマを一括殺戮から救うのに役立ちます。」ガーディアン2020 年4 月 23 日に取得
  53. ^ AR ラビノウィッツ、ジャガー: 世界初のジャガー保護区を確立するための一人の男の戦い、アーバー ハウス、ニューヨーク州、ニューヨーク州 (1986)
  54. ^ カー、マージョリー・ハリス; カー、アーチー・フェアリー (1994)。フロリダの博物学者: エデンの祭典コネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局。ISBN 978-0-300-05589-4
  55. ^ “年代伝記スケッチ: (ヘンリー) フェアフィールド・オズボーン・ジュニア”. wku.edu
  56. ^ 「ヴィルンガの物語」。cotf.edu 2022-07-10に取得
  57. ^ Akeley、C.、1923年。最も明るいアフリカ、ニューヨーク、ダブルデイ。188-249。
  58. ^ 1973 年の米国絶滅危惧種法 (7 USC § 136、16 USC § 1531 以降)、ワシントン DC、米国政府印刷局
  59. ^ 「米国法第 16 条 § 1531 - 議会の所見と目的と政策の宣言」. LII / 法務情報研究所
  60. ^ "米国政府出版局 - FDsys - 出版物を閲覧". frwebgate.access.gpo.gov
  61. ^ クラウスマン、ポール R.; ジョンシン、AJT (1990)。「インドにおける自然保護と野生生物の教育」。野生動物協会の会報18 (3): 342–7。JSTOR  3782224。
  62. ^ “生物多様性条約公式ページ”. 2007 年 2 月 27 日のオリジナルからアーカイブ。
  63. ^ ゴア、アルバート (1992). バランスの取れた地球: エコロジーと人間の精神。ボストン:ホートン・ミフリン。ISBN 978-0-395-57821-6
  64. ^ リーガン、ヘレン M. ルピア、リチャード。ドリンナン、アンドリュー N. バーグマン、マーク A. (2001)。「絶滅の通貨とテンポ」。アメリカの博物学者157 (1): 1-10。土井:10.1086/317005。PMID  18707231。S2CID 205983813  。
  65. ^ マッケンジー、ダリル I. ニコルズ、ジェームスD. ハインズ、ジェームス E. ナッツソン、メリンダ G. フランクリン、アラン B. (2003)。「種が不完全に検出された場合の、サイトの占有率、定着、局地的絶滅の推定」。エコロジー84 (8): 2200–2207。土井:10.1890/02-3090。hdl : 2027.42/149732JSTOR  3450043。
  66. ^ アンドリュー・バルムフォード; グリーン、リス E. ジェンキンス、マーティン (2003)。「変化する自然状態の測定」(PDF)生態学と進化のトレンド18 (7): 326-30。土井:10.1016/S0169-5347(03)00067-3。
  67. ^ マッカーサー、RH ; EO ウィルソン(2001)。島の生物地理学理論ニュージャージー州プリンストン:プリンストン大学出版局。ISBN 978-0-691-08836-5
  68. ^ ラウプDM (1991). 「顕生代の海洋生物種の致死曲線」。古生物学17 (1): 37–48。Bibcode :1991Pbio...17...37R。土井:10.1017/S0094837300010332。PMID  11538288。S2CID 29102370  。
  69. ^ セバージョス、ヘラルド; エールリッヒ、ポール R. バーノスキー、アンソニー D. ガルシア、アンドレス。プリングル、ロバート M. パーマー、トッド M. (2015-06-01)。「現生人類が引き起こす種の減少の加速:第6次大量絶滅に突入」。科学の進歩1 (5): e1400253。Bibcode :2015SciA....1E0253C。土井10.1126/sciadv.1400253ISSN  2375-2548。PMC 4640606PMID  26601195。 
  70. ^ ブラン、フィリップ; トゥイラー、ヴィルフリート; ショーヴィエ、ヨアン。ペリシエ、ロイック。ウェスト、ラファエル・O. 王志衡。ジンマーマン、ニクラス E. (2020 年 1 月)。「モデルの複雑さは気候変動下の種分布予測に影響を与える」。生物地理学ジャーナル47 (1): 130–142。土井:10.1111/jbi.13734。ISSN  0305-0270。S2CID  209562589。
  71. ^ abc ウィルソン、エドワード O. (2000)。「保全生物学の将来について」。保全生物学14 (1): 1-3。土井10.1046/j.1523-1739.2000.00000-e1.xS2CID  83906221。
  72. ^ “IUCN レッドリスト統計 (2006)”. 2006 年 6 月 30 日のオリジナルからアーカイブ。
  73. ^ IUCN は、これらの統計を目的として、絶滅危惧種を絶滅危惧種、または絶滅危惧種または絶滅危惧種に分類していません。
  74. ^ Margules CR、Presey RL (2000 年 5 月)。「体系的な保全計画」(PDF)自然405 (6783): 243–53。土井:10.1038/35012251。PMID  10821285。S2CID 4427223。2009 年2月 25 日の オリジナル(PDF)からアーカイブ。
  75. ^ 「両生類保護行動計画」(PDF) . 2007-07-04。2007 年 7 月 4 日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2022-12-29に取得
  76. ^ マノリス JC、チャン KM、フィンケルスタイン ME、スティーブンス S、ネルソン CR、グラント JB、ドンベック MP (2009)。「リーダーシップ: 保存科学の新たなフロンティア」。保守します。バイオル23 (4): 879–86。土井:10.1111/j.1523-1739.2008.01150.x。PMID  19183215。S2CID 36810103  。
  77. ^ “アルド・レオポルド・リーダーシップ・プログラム”. スタンフォード大学ウッズ環境研究所。2007 年 2 月 17 日にオリジナルからアーカイブされました。
  78. ^ ab カラ、チャンドラ・プラカシュ (2009)。「薬用植物の保全と企業の発展」。薬用植物 - 植物医学および関連産業の国際ジャーナル1 (2):79-95。土井:10.5958/j.0975-4261.1.2.011。
  79. ^ abcd スペラーバーグ、イアン F. (2005-08-18)。生態学的変化の監視。ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-1-139-44547-4
  80. ^ ab リンデンマイヤー、デイビッド B.; ティロン州ラヴェリー。シェーレ、ベン C. (2022-12-01)。「なぜ景観生態学と保全生物学における大規模で長期的なモニタリングプログラムに投資する必要があるのか​​」。現在の景観生態レポート7 (4): 137–146。土井10.1007/s40823-022-00079-2ISSN  2364-494X。S2CID  252889110。
  81. ^ ロドリゲス=ゴンサレス、パトリシア・マリア; アルバカーキ、アントニオ。マルティネス・アルマルザ、ミゲル。ディアス・デルガド、リカルド (2017-11-01)。「保全管理のための長期モニタリング: 氾濫原森林におけるリモートセンシングとフィールドアプローチを統合したケーススタディからの教訓」。環境管理ジャーナルPiégay & Lamoroux「生物物理学的診断と持続可能な河川管理のための空間的および時間的スケールの拡大」。202 (パート 2): 392–402。土井:10.1016/j.jenvman.2017.01.067。ISSN  0301-4797。PMID  28190693。
  82. ^ バーガー、ジョアンナ (2006 年 7 月)。「生物指標: 環境文献におけるそれらの使用のレビュー 1970 ~ 2005」。環境生物指標1 (2): 136–144。土井:10.1080/15555270600701540。ISSN  1555-5275。
  83. ^ マクドナルド、N. (2002)。Frogwatch 生態系の健全性の指標としてのカエルに関する教師向けガイド。
  84. ^ ベガゾ、A. (2022)。生態系の健全性の指標としての鳥。2022 年 12 月 14 日に取得
  85. ^ チャン、カイ MA (2008). 「保全生物学における価値と擁護:危機の規律か、それとも危機における規律か?」保全生物学22 (1): 1-3。土井10.1111/j.1523-1739.2007.00869.xPMID  18254846。
  86. ^ “IUCN の絶滅危惧種のレッドリスト”. 2014 年 6 月 27 日にオリジナルからアーカイブされました2013 年 10 月 20 日に取得
  87. ^ ab Vié、JC; ヒルトン・テイラー、C. スチュアート、SN、編。(2009年)。変化する世界の野生生物 – 2008 年の IUCN レッドリストの絶滅危惧種の分析(PDF)スイス、グランド:IUCN。p. 180 2010 年12 月 24 日に取得
  88. ^ ab モルナー、J.; マルヴィエ、M. カレイバ、P. (2004)。「和は部分よりも大きい」。保全生物学18 (6): 1670–1。土井:10.1111/j.1523-1739.2004.00l07.x。
  89. ^ KJ ガストン (2010)。「共通種を大切にする」。科学327 (5962): 154–155。Bibcode :2010Sci...327..154G。土井:10.1126/science.11​​82818。PMID  20056880。S2CID 206523787  。
  90. ^ カーンズ、キャロル・アン (2010). 「生物多様性の保全」。自然教育の知識3 (10):7.
  91. ^ “生物多様性と保全センター | AMNH”. アメリカ自然史博物館2022-12-29に取得
  92. ^ ab Luck、ゲイリー W.; デイリー、グレッチェン C. エールリッヒ、ポール R. (2003)。「人口多様性と生態系サービス」。生態学と進化のトレンド18 (7): 331–6。土井:10.1016/S0169-5347(03)00100-9。
  93. ^ ab カレイヴァ、ピーター; マルヴィエ、ミシェル (2003)。「生物多様性コールドスポットの保全」。アメリカの科学者91 (4): 344–51。土井:10.1511/2003.4.344。
  94. ^ ノーマン、マイヤーズ; ミッターマイヤー、ラッセル A. ミッターマイヤー、クリスティーナ G. ダ・フォンセカ、グスタボAB。ケント、ジェニファー (2000)。「保全が優先される生物多様性ホットスポット」。自然403 (6772): 853–8。Bibcode :2000Natur.403..853M。土井:10.1038/35002501。PMID  10706275。S2CID 4414279  。
  95. ^ アンダーウッド EC、ショー MR、ウィルソン KA、他。(2008年)。サマーズ M (編)。「お金が重要な場合の生物多様性の保護: 投資収益率の最大化」。プロスワン3 (1): e1515。ビブコード:2008PLoSO...3.1515U。土井10.1371/journal.pone.0001515PMC 2212107PMID  18231601。 
  96. ^ ルルー SJ、シュミーゲロー FK (2007 年 2 月)。「生物多様性の調和と固有性の重要性」。保守します。バイオル21 (1): 266–8、ディスカッション 269–70。土井:10.1111/j.1523-1739.2006.00628.x。PMID  17298533。S2CID 1394295  。
  97. ^ Naidoo R、Balmford A、Costanza R、他。(2008 年 7 月)。「生態系サービスと保全の優先事項の世界地図」。手順 国立 アカド。科学。アメリカ105 (28): 9495–500。Bibcode :2008PNAS..105.9495N。土井10.1073/pnas.0707823105PMC 2474481PMID  18621701。 
  98. ^ abc ウッド CC、グロス MR (2008 年 2 月)。「元素保全単位: 保護の対象を指定せずに絶滅のリスクを伝える」(PDF)保守します。バイオル22 (1): 36-47。土井:10.1111/j.1523-1739.2007.00856.x。PMID  18254851。S2CID 23211536。2018 年10月 1 日の オリジナル(PDF)からアーカイブ2009 年 1 月 5 日に取得
  99. ^ abc ランニング、サウスウェールズ州 (2008). 「気候変動:生態系撹乱、炭素、そして気候」。科学321 (5889): 652-3。土井:10.1126/science.11​​59607。PMID  18669853。S2CID 206513681  。
  100. ^ abc クルツ、ワシントン州; ダイモンド、CC; スティンソン、G. ジョージア州ランプリー。ニールソン、ET; アラバマ州キャロル。江端哲也;サフラニーク、L. (2008)。「マツクイムシと森林炭素の気候変動へのフィードバック」。自然452 (7190): 987–90。Bibcode :2008Natur.452..987K。土井:10.1038/nature06777. PMID  18432244。S2CID 205212545  。
  101. ^ 地球保護基金 (2007 年 11 月 16 日にウェイバック マシンにアーカイブ) は、戦略的キャンペーンにおいて生物多様性のコールドスポットを除外する資金提供組織の一例です。
  102. ^ “生物多様性ホットスポット”. 2008年12月22日のオリジナルからアーカイブ。
  103. ^ 以下の論文は、生物多様性、バイオマス、生態系の安定性の間の関係を示す研究の例です: Bowen, BW (1999 年 12 月)。「遺伝子、種、生態系を保存しますか? 保全政策の壊れた基盤を修復する」(PDF)分子生態学8 (12 補足 1): S5–10。土井:10.1046/j.1365-294X.1999.00798.x。PMID  10703547。S2CID 33096004  。

    カルディナーレ BJ、ライト JP、カドット MW、他 (2007 年 11 月)。「植物の多様性がバイオマス生産に及ぼす影響は、種の相補性により時間の経過とともに増大します。」手順 国立 アカド。科学。アメリカ104 (46): 18123–8。Bibcode :2007PNAS..10418123C。土井10.1073/pnas.0709069104PMC  2084307PMID  17991772。
  104. ^ abc ヨーロッパ コミュニティ (2008)。生態系と生物多様性の経済学。中間報告書(PDF)ヴェッセリング、ドイツ: ヴェルゼル+ハルト。ISBN 978-92-79-08960-2
  105. ^ “ガンド環境研究所”. www.uvm.edu 2022-12-29に取得
  106. ^ abc WWF. 「世界自然保護基金」(PDF)2009 年 2 月 25 日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2009 年1 月 8 日に取得
  107. ^ “アメリカ生態学会 (ESA) より”. 2010 年 7 月 26 日にオリジナルからアーカイブされました2008 年 12 月 30 日に取得
  108. ^ ab ミレニアム生態系評価。(2005)。生態系と人間の幸福: 生物多様性の総合。世界資源研究所、ワシントン DC。
  109. ^ 「ミレニアム生態系評価」. 2008 年 12 月 19 日にオリジナルからアーカイブされました2008 年 12 月 30 日に取得
  110. ^ ブラック、リチャード (2008-12-22)。「ミツバチは植物の害虫を羽ばたきで捕まえる」。BBCニュース2010 年 4 月 1 日に取得
  111. ^ エルモーソ、ヴィルヒリオ; アベル、R; リンケ、S; ブーン、P (2016)。「淡水生物多様性保全における保護地域の役割: 急速に変化する世界における課題と機会」。水生保護: 海洋および淡水の生態系26 (S1): 3-11。土井:10.1002/aqc.2681。S2CID  88786689。
  112. ^ ミッチェル R、ポパム F (2008 年 11 月)。「自然環境への曝露が健康格差に及ぼす影響: 集団観察研究」(PDF)ランセット372 (9650): 1655 ~ 1660 年。土井:10.1016/S0140-6736(08)61689-X。PMID  18994663。S2CID 37232884  。
  113. ^ ミケルソン GM、ゴンザレス A、ピーターソン GD (2007)。Chave J (編)。「経済的不平等は生物多様性の損失を予測する」。プロスワン2 (5): e444。Bibcode :2007PLoSO...2..444M。土井10.1371/journal.pone.0000444PMC 1864998PMID  17505535。 
  114. ^ 世界資源プログラムのスタッフ。(1998年)。エコシステム サービスの評価 2008 年 11 月 30 日にWayback Machineにアーカイブされました。世界資源 1998 ~ 1999 年。
  115. ^ 国家研究評議会、生命科学委員会、生物学委員会、生物多様性の非経済的および経済的価値に関する委員会 (1999)。生物多様性に関する視点: 絶え間なく変化する世界における生物多様性の役割の評価。ワシントン DC: ナショナル アカデミー プレス。土井:10.17226/9589。ISBN 978-0-309-06581-8PMID  25077215。
  116. ^ “生態系サービスの評価: バックグラウンダー”. 2007 年 5 月 5 日のオリジナルからアーカイブ。
  117. ^ 生態系サービス: 推定価値 (兆単位) 2007 年 4 月 7 日にウェイバック マシンにアーカイブ
  118. ^ 「推定年間 2,500 億ドル相当の炭素回収、水の濾過、その他の北方林のエコサービス」。ユーレックアラート!
  119. ^ APIS、第 10 巻、第 11 号、1992 年 11 月、MT Sanford: ミツバチ受粉の推定値 2007 年 2 月 2 日にウェイバック マシンにアーカイブ
  120. ^ 「隠された経済」. www.waikatoregion.govt.nz2011 年 7 月 19 日にオリジナルからアーカイブされました2022-12-29に取得
  121. ^ ab Society、ナショナル ジオグラフィック (2011-01-21)。「キーストーン種」。ナショナル ジオグラフィック協会2016 年 10 月 11 日に取得
  122. ^ PKアンダーソン。(1996年)。オオカイギュウHydrodamalis gigasの競争、捕食、進化と絶滅。海洋哺乳類科学、11(3):391-394
  123. ^ セントラル州ターベイ出身。リズリー、CL (2006)。「オオカイギュウの絶滅のモデル化」。生物学の手紙2 (1):94-7。土井:10.1098/rsbl.2005.0415。PMC 1617197PMID  17148336。 
  124. ^ ランドレス PB、ヴァーナー J、トーマス JW (1988)。「脊椎動物の指標種の生態学的利用: 批判」(PDF)保守します。バイオル2 (4): 316-28。土井:10.1111/j.1523-1739.1988.tb00195.x。
  125. ^ キャロル、C. デニス; メッフェ、ゲイリー K. (1997)。保全生物学の原則。マサチューセッツ州サンダーランド:シナウアー。ISBN 978-0-87893-521-5
  126. ^ フェドリアーニ、JM; ガルシア、L; サンチェス、M; カルデロン、J; ラモ、C (2017)。「保護された植民地の鳥が危険にさらされているコルクガシ個体群に与える長期的な影響: 保全バイアスが修復の失敗につながる。」応用生態学ジャーナル54 (2): 450–458。土井:10.1111/1365-2664.12672。hdl : 10261/135920
  127. ^ ab エールリッヒ、アン H.; エールリッヒ、ポール R. (1981)。絶滅: 種の消滅の原因と結果ニューヨーク:ランダムハウス。ISBN 978-0-394-51312-6[必要なページ]
  128. ^ WWF (2016). Living Planet Report 2016. 新しい時代のリスクと回復力(PDF)スイス、グランド: WWF インターナショナル。p. 39.ISBN _ 978-2-940529-40-7
  129. ^ ab ウェイク、DB; バーモント州フレデンブルク (2008)。「私たちは第6次大量絶滅の真っ只中にいるのか?両生類の世界からの視点」。米国科学アカデミーの議事録105 (補足 1): 11466–73。Bibcode :2008PNAS..10511466W。土井10.1073/pnas.0801921105PMC 2556420PMID  18695221。 
  130. ^ http://www.millenniumassessment.org [完全な引用が必要] [永久的なリンク切れ]
  131. ^ “全国調査で生物多様性の危機が明らかに – 科学専門家は、私たちは地球史上最速の大量絶滅の真っ只中にいると信じている”. 2007 年 6 月 7 日にオリジナルからアーカイブされました2022-12-29に取得
  132. ^ メイ、ロバート・ルイス; ジョン・ロートン (1995)。絶滅率。オックスフォード [オックスフォードシャー]: オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-854829-4
  133. ^ ab Dell'Amore、クリスティーン (2014 年 5 月 30 日)。「人間のせいで種の絶滅が1,000倍早く起こっている?」ナショナル ジオグラフィック2016 年10 月 11 日に取得
  134. ^ アヴィス、JC; SP、ハッベル。フロリダ州アヤラ (2008)。「進化の観点から II: 生物多様性と絶滅」。米国科学アカデミーの議事録105 (補足 1): 11453–7。Bibcode :2008PNAS..10511453A。土井10.1073/pnas.0802504105PMC 2556414PMID  18695213。 
  135. ^ ベントレー、モリー (2009 年 1 月 2 日)。「ダイヤモンドは獣の終焉への手掛かり」。BBCニュース
  136. ^ ケネット、DJ; ケネット、日本。ウェスト、A. マーサー、C. やあ、SSQさん。ベメント、L. テネシー州バンチ。セラーズ、M. ウォルバック、WS (2009)。「若いドライアス境界の堆積物層のナノダイヤモンド」(PDF)科学323 (5910): 94。書誌コード:2009Sci...323...94K。土井:10.1126/science.11​​62819。PMID  19119227。S2CID 206514910  。
  137. ^ “2008 IUCN レッドリストの両生類の分析。主要な発見の概要”. 世界的な両生類の評価IUCN。2009 年 7 月 6 日のオリジナルからアーカイブされました。
  138. ^ ab マッカラム、マルコム L. (2007)。「両生類の減少または絶滅? 現在の矮星の背景絶滅率の減少」。爬虫類学ジャーナル41 (3): 483–91。土井:10.1670/0022-1511(2007)41[483:ADOECD]2.0.CO;2. JSTOR  4498614。S2CID 30162903  。
  139. ^ ab ヴィンス、ガイア。「人類による迫り来る大量絶滅」。BBC 2016 年10 月 11 日に取得
  140. ^ カール、テート (2015 年 6 月 19 日)。「新たな死に方: 人間による絶滅が地球に与える影響 (インフォグラフィック)」。ライブサイエンス2016 年10 月 11 日に取得
  141. ^ ウォーラル、サイモン (2016 年 8 月 20 日)。「現在の動物の大量絶滅が人間をどのように脅かしているのか」。ナショナル ジオグラフィック2016 年10 月 11 日に取得
  142. ^ ab オーストラリア州環境委員会。(2001)。2001 年オーストラリア環境状況: 連邦環境遺産大臣への独立報告書(PDF)オーストラリア、ビクトリア州コリングウッド: CSIRO Publishing。ISBN 978-0-643-06745-5
  143. ^ ケイタ州カーペンター; アブラー、M. エイビー、G. アロンソン、RB。バンクス、S. ブルックナー、A. チリボガ、A. コルテス、J. デルベーク、JC。デヴァンティア、L. ジョージア州エドガー。エドワーズ、AJ。フェナー、D. グズマン、HM。ホクセマ、BW。ホジソン、G. ヨハン、O. ワイオミング州リクアナン。サウスカロライナ州リヴィングストン。ER、ラベル。ムーア、JA; オブラ、DO; オチャヴィロ、D. ポリドーロ、バージニア州。プレヒト、ウェストバージニア州。キビラン、MC。レボトン、C. リチャーズ、ZT; 広告塔、ロジャース。サンシアンコ、J. シェパード、A. シェパード、C. スミス、J. スチュアート、S. トゥラック、E. ジェン・ベロン。ウォレス、C. ワイル、E. ウッド、E. (2008)。「造礁サンゴの 3 分の 1 が、気候変動と局地的影響による絶滅の危機に直面しています。」科学321 (5888): 560-3。Bibcode :2008Sci...321..560C。土肥:10.1126/science.11​​59196。PMID  18653892。S2CID 206513451  。
  144. ^ http://laws.justice.gc.ca/en/showdoc/cs/M-7.01///en?page=1 [要全文引用]
  145. ^ 王立協会。2005年。大気中の二酸化炭素の増加による海洋の酸性化。政策文書 12/05。ISBN 0-85403-617-2ダウンロード 
  146. ^ ab 「リオの孤児たち」(PDF) . fungal-conservation.org 2011 年 7 月 9 日に取得
  147. ^ トーマス、JA; MG テルファー。ロイ、DB; CD、プレストン。グリーンウッド、JJ; アッシャー、J; フォックス、R; クラーク、RT; ロートン、JH (2004)。「英国の蝶、鳥、植物の損失の比較と世界的な絶滅の危機」。科学303 (5665): 1879 ~ 1881 年。Bibcode :2004Sci...303.1879T。土井:10.1126/science.1095046。PMID  15031508。S2CID 22863854  。
  148. ^ ダン、ロバート R. (2005)。「現代の昆虫の絶滅、無視される多数派」。保全生物学19 (4): 1030–6。土井:10.1111/j.1523-1739.2005.00078.x。S2CID  38218672。
  149. ^ ムスタヤルヴィ、カイサ; シイカマキ、ピルッコ。リトコネン、サーラ。ラミ、アンティ (2001)。「植物個体群のサイズと密度が植物と花粉媒介者の相互作用と植物のパフォーマンスに与える影響: 植物と花粉媒介者の相互作用」。生態学ジャーナル89 (1): 80-87。土井10.1046/j.1365-2745.2001.00521.xS2CID  84923092。
  150. ^ ウィルソン、エドワード O. (1987)。「世界を動かす小さなもの(無脊椎動物の重要性と保全)」。保全生物学1 (4): 344–6。土井:10.1111/j.1523-1739.1987.tb00055.x。JSTOR  2386020。
  151. ^ サムウェイズ、マイケル J. (1993)。「生物多様性保全における昆虫:いくつかの視点と指針」。生物多様性と保全2 (3): 258-82。土井:10.1007/BF00056672。S2CID  43987366。
  152. ^ 社会、ナショナル ジオグラフィック。"ミツバチ。" ナショナル・ジオグラフィック。ナショナル ジオグラフィックとウェブ。2016 年 10 月 11 日。
  153. ^ ホールデン、C. (2006)。「生態学:北アメリカに迫りくる受粉危機を警告する報告書」。科学314 (5798): 397.土井: 10.1126/science.314.5798.397PMID  17053115。S2CID 30877553  。
  154. ^ Stokstad、E. (2007)。「昆虫学: 空の巣箱の事件」。科学316 (5827): 970–2。土井:10.1126/science.316.5827.970。PMID  17510336。S2CID 170560082  。
  155. ^ 「ブリティッシュコロンビア州のマツクイムシ行動計画 2006 ~ 2011 年」(PDF) . gov.bc.ca2013 年 4 月 19 日のオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  156. ^ “BC州のマツムシ” (PDF) . gov.bc.ca
  157. ^ ab クァク、マッケンジー L. ヒース、アレン CG。カルドーソ、ペドロ (2020-08-01)。「絶滅危惧種の動物寄生虫の評価と保全の方法」。生物学的保全248 : 108696.土井:10.1016/j.biocon.2020.108696. ISSN  0006-3207。S2CID  225517357。
  158. ^ カールソン、コリン・J. ホプキンス、スカイラー。ベル、ケイシー C. ドニャ、ホルヘ。ゴッドフリー、ステファニー S. クァク、マッケンジー L. ラファティ、ケビン D. モイア、メリンダ L. スピアー、ケリーA. ストロナ、ジョバンニ。トーチン、マーク。ウッド、チェルシー L. (2020 年 10 月) 「世界規模の寄生虫保護計画」。生物学的保全250 : 108596.土井:10.1016/j.biocon.2020.108596. hdl : 10919/102428S2CID  225345547。
  159. ^ abcd 「生物多様性への脅威 | GEOG 030: 持続可能性と人間環境システムに関する地理的視点、2011 年」。www.e-education.psu.edu 2016 年 10 月 7 日に取得
  160. ^ ロブ・フレクルトン; ソディ、ナブジョット S. ビックフォード、デイビッド。ディエスモス、アーヴィン C. リー・ティエンミン; コー、リアン・ピン。ブルック、バリー W. セケルチョグル、ケイガン H. ブラッドショー、コーリー JA (2008)。「メルトダウンの測定:世界的な両生類の絶滅と減少の要因」。プロスワン3 (2): e1636。ビブコード:2008PLoSO...3.1636S。土井10.1371/journal.pone.0001636PMC 2238793PMID  18286193。 
  161. ^ ロングコア、トラヴィス; リッチ、キャサリン (2004)。「環境光害」。エコロジーと環境のフロンティア2 (4): 191–8。土井10.1890/1540-9295(2004)002[0191:ELP]2.0.CO;2JSTOR  3868314。S2CID 33259398  。
  162. ^ 「アジアの生物多様性が市場に消えつつある」(プレスリリース)。野生動物保護協会。2004 年 2 月 9 日2016 年10 月 13 日に取得
  163. ^ 「アジアの野生生物に対する最大の脅威は狩猟であると科学者は言う」 (プレスリリース)。野生動物保護協会。2002 年 4 月 9 日2016 年10 月 13 日に取得
  164. ^ ハンス、ジェレミー (2009 年 1 月 19 日)。「野生生物の取引が世界中で『空き林症候群』を引き起こしている」。モンガベイ
  165. ^ クノゾフスキ、パヴェウ; ノヴァコウスキー、ヤチェク J. スタウィツカ、アンナ・マリア。ゴルスキ、アンジェイ。デュリス、ベアタ (2023-11-10)。「草原の自然保護と管理が生物多様性に及ぼす影響 – 氾濫した大河川渓谷(北東ポーランド)の事例」。トータル環境の科学898 : 165280。ビブコード:2023ScTEn.898p5280K。土井10.1016/j.scitotenv.2023.165280ISSN  0048-9697。PMID  37419354。
  166. ^ ベアタ・デュリス; スタウィツカ、アンナ・マリア。クノゾフスキ、パヴェウ。ディセレンス、トム A. ノヴァコウスキー、ヤチェク J. (2022-01-01)。「建物近代化後の鳥よけとして巣箱を使用する効果」生物多様性と保全31 (1): 277–294。土井: 10.1007/s10531-021-02334-0ISSN  1572-9710。S2CID  254280225。
  167. ^ ノゾウスキー、P.; ゴルスキ、A. スタウィッカ、午前中。ノヴァコウスキー、JJ (2022-12-31)。「オルシュティン(ポーランド北東部)の都市部の小さな水域に生息する両生類群集の多様性の長期的変化」。ヨーロッパ動物学ジャーナル89 (1): 791–812。土井: 10.1080/24750263.2022.2087773ISSN  2475-0263。S2CID  250940055。
  168. ^ ロドリゲス、アナSL; アンデルマン、サンディ J. バカール、モハメッド 1 世。ボイタニ、ルイージ。ブルックス、トーマス M. カウリング、リチャード M. フィッシュプール、リンカーン DC; ダ・フォンセカ、グスタボAB。ガストン、ケビン J. ホフマン、マイケル。ロング、ジャニス S. マルケット、パブロ A. ピルグリム、ジョン D. プレッシー、ロバート L. ジャン・シッパー。ウェス・セクレスト。スチュアート、サイモン N. アンダーヒル、レス G。ウォーラー、ロバート W. ワッツ、マシューEJ; ヤン、シェ (2004)。「種の多様性を表現する際の世界的な保護地域ネットワークの有効性」(PDF)自然428 (6983): 640–3。Bibcode :2004Natur.428..640R。土井:10.1038/nature02422. PMID  15071592。S2CID 4320526  。
  169. ^ ウィルコーブ、デヴィッド S; マーティン・ウィケルスキー (2008)。「ゴーイング、ゴーイング、ゴーン:動物の移動は消滅するのか」。PLOS 生物学6 (7): e188。土井10.1371/journal.pbio.0060188PMC 2486312PMID  18666834。 
  170. ^ ベッカー、CG; フォンセカ、CR; ハダド、CFB; RF、バティスタ。プラド、PI (2007)。「生息地の分裂と両生類の世界的な減少」。科学318 (5857): 1775 ~ 7 年。Bibcode :2007Sci...318.1775B。土井:10.1126/science.11​​49374。PMID  18079402。S2CID 22055213  。
  171. ^ ジェラルド、シュミット (2005)。「生態学と人類学: 未来のない分野?」。生態学および環境人類学1 (1): 13-5。OCLC  729066337。
  172. ^ マクメナミン、サウスカロライナ州; ハドリー、EA; ライト、CK (2008)。「気候変動と湿地の乾燥がイエローストーン国立公園における両生類の減少を引き起こしている。」米国科学アカデミーの議事録105 (44): 16988–93。Bibcode :2008PNAS..10516988M。土井10.1073/pnas.0809090105PMC 2579365PMID  18955700。 
  173. ^ ワイマン、リチャード L. (1991)。地球規模の気候変動と地球上の生命ニューヨーク:ラウトリッジ、チャップマン、ホール。ISBN 978-0-412-02821-2
  174. ^ ab トーマス、クリス D.; キャメロン、アリソン。グリーン、リス E. バッケネス、ミシェル。ボーモント、リンダ・J. コリンガム、イヴォンヌ C. エラスムス、バーレンド FN; デ・シケイラ、マリネス・フェレイラ。アラン・グレンジャー。ハンナ、リー。ヒューズ、レスリー。ハントリー、ブライアン。ファン・ヤースフェルト、アルバート・S. ミジリー、ガイ F. マイルズ、レラ。オルテガ・ウエルタ、ミゲル・A. タウンゼント・ピーターソン、A. フィリップス、オリバー L. ウィリアムズ、スティーブン E. (2004)。「気候変動による絶滅のリスク」(PDF)自然427 (6970): 145–8。Bibcode :2004Natur.427..145T。土井:10.1038/nature02121. PMID  14712274。S2CID 969382  。
    • ジョン・ローチ(2004年7月12日)。「2050年までに温暖化により100万種の生物種が絶滅する、と研究結果が発表。」ナショナル ジオグラフィック
  175. ^ デヴィッド・ティルマン; クラーク、マイケル。ウィリアムズ、デビッド R. キンメル、ケイトリン。ポラスキー、スティーブン。パッカー、クレイグ (2017)。「生物多様性に対する将来の脅威とその防止への道筋」。自然546 (7656): 73–81。Bibcode :2017Natur.546...73T。土井:10.1038/nature22900. ISSN  1476-4687。PMID  28569796。S2CID 4400396  。

参考文献

科学文献

  • ボーエン、ブライアン W. (1999)。「遺伝子、種、生態系を保存しますか? 壊れた保全政策の基盤を修復します。」分子生態学8 (s1): S5 ~ S10。土井:10.1046/j.1365-294X.1999.00798.x。PMID  10703547。S2CID 33096004  。
  • ブルックスTM; ミッターマイヤー RA; ガーラック J. ホフマン M. ラモルー JF; ミッターマイヤーCG; ピルグリムJD; ロドリゲス ASL (2006)。「世界的な生物多様性保全の優先事項」。科学313 (5783): 58–61。Bibcode :2006Sci...313...58B。土井:10.1126/science.11​​27609。PMID  16825561。S2CID 5133902  。
  • カレイバ P.; マルヴィエ M. (2003)。「生物多様性コールドスポットの保全」(PDF)アメリカの科学者91 (4): 344–351。土井:10.1511/2003.4.344。2006 年 9 月 6 日のオリジナル(PDF)からアーカイブ。
  • マンリク、オリバー。(2019年)。「成長の遅い動物個体群の保全のための生殖の重要性」。動物保護における生殖科学13~39ページ。土井:10.1007/978-3-030-23633-5_2。ISBN 978-3-030-23633-5PMID  31471793。S2CID 201756810  。 {{cite book}}:|journal=無視されました (ヘルプ)
  • マッカラム ML (2008)。「両生類の減少または絶滅? 現在の矮星の背景絶滅率の減少」(PDF)爬虫類学ジャーナル41 (3): 483–491。土井:10.1670/0022-1511(2007)41[483:ADOECD]2.0.CO;2. S2CID  30162903。2008 年 12 月 17 日のオリジナル(PDF)からアーカイブ。
  • マッカラム ML (2015)。「脊椎動物の生物多様性の喪失は、6度目の大量絶滅を示唆している」。生物多様性と保全24 (10): 2497–2519。土井:10.1007/s10531-015-0940-6。S2CID  254285797。
  • マッカラム、マルコム L. (2021)。「カメの生物多様性の損失は、6度目の大量絶滅が起こることを示唆している。」生物多様性と保全30 (5): 1257–1275。土井:10.1007/s10531-021-02140-8。S2CID  233903598。
  • マイヤーズ、ノーマン。ミッターマイヤー、ラッセル A. ミッターマイヤー、クリスティーナ G. ダ・フォンセカ、グスタボAB。ケント、ジェニファー (2000)。「保全が優先される生物多様性ホットスポット」。自然403 (6772): 853–8。Bibcode :2000Natur.403..853M。土井:10.1038/35002501。PMID  10706275。S2CID 4414279  。
  • ブルックスTM; ミッターマイヤー RA; ガーラック J. ホフマン M. ラモルー JF; ミッターマイヤーCG; ピルグリムJD; ロドリゲス ASL (2006)。「世界的な生物多様性保全の優先事項」。科学313 (5783): 58–61。Bibcode :2006Sci...313...58B。土井:10.1126/science.11​​27609。PMID  16825561。S2CID 5133902  。
  • カレイバ P.; マルヴィエ M. (2003)。「生物多様性コールドスポットの保全」(PDF)アメリカの科学者91 (4): 344–351。土井:10.1511/2003.4.344。2006 年 9 月 6 日のオリジナル(PDF)からアーカイブ。
  • マッカラム、マルコム L. グウェンドリン W. ベリー (2013)。「Google の検索パターンは、環境への関心の低下を示唆しています。」生物多様性と保全22 (6–7): 1355–67。土井:10.1007/s10531-013-0476-6。S2CID  15593201。
  • マイヤーズ、ノーマン。ミッターマイヤー、ラッセル A. ミッターマイヤー、クリスティーナ G. ダ・フォンセカ、グスタボAB。ケント、ジェニファー (2000)。「保全が優先される生物多様性ホットスポット」。自然403 (6772): 853–8。Bibcode :2000Natur.403..853M。土井:10.1038/35002501。PMID  10706275。S2CID 4414279  。
  • ウェイク、DB; バーモント州フレデンブルク (2008)。「私たちは第6次大量絶滅の真っ只中にいるのか?両生類の世界からの視点」。米国科学アカデミーの議事録105 (補足 1): 11466–73。Bibcode :2008PNAS..10511466W。土井10.1073/pnas.0801921105PMC  2556420PMID  18695221。

教科書

  • 新郎、マーサ・J。メッフェ、ゲイリー K. キャロル、C.ロナルド。(2006年)。保全生物学の原則マサチューセッツ州サンダーランド: Sinauer Associates。ISBN 978-0-87893-597-0
  • ノース人、エリオット A. クラウダー、ラリー B. 編 (2005)。海洋保全生物学: 海の生物多様性を維持する科学ワシントン DC: アイランド プレス。ISBN 978-1-55963-662-9
  • プリマック、リチャード B. (2004)。保全生物学の入門書。マサチューセッツ州サンダーランド: Sinauer Associates。ISBN 978-0-87893-728-8
  • プリマック、リチャード B. (2006)。保全生物学の要点マサチューセッツ州サンダーランド: Sinauer Associates。ISBN 978-0-87893-720-2
  • ウィルコックス、ブルース A. スーレ、マイケル E. スーレ、マイケル E. (1980)。保全生物学: 進化生態学の視点マサチューセッツ州サンダーランド: Sinauer Associates。ISBN 978-0-87893-800-1
  • クレイマン、デヴラ G. トンプソン、カテリーナ V。ベア、シャーロット・カーク (2010)。飼育下の野生哺乳類イリノイ州シカゴ:シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-44009-5
  • シェルデマン、X。ヴァン・ゾンネフェルト、M. (2010)。植物の多様性と分布の空間解析に関するトレーニング マニュアル。バイオバーシティ・インターナショナル。2011 年 9 月 27 日にオリジナルからアーカイブされました。
  • ソディ、ナブジョット S. エールリッヒ、ポール R. (2010)。すべての人のための保全生物学。オックスフォード大学出版局。無料でダウンロードできる教科書。
  • サザーランド、W. 他。(2015年)。サザーランド、ウィリアム・J; ディックス、リン V。ナンシー・オッケンドン。スミス、レベッカ K (編)。保全に役立つもの。本の出版社を開きます。土井: 10.11647/OBP.0060ISBN 978-1-78374-157-1無料でダウンロードできる教科書。

一般的なノンフィクション

  • クリスティ、ブライアン (2008)。トカゲの王: 世界最大の爬虫類密輸業者の真の犯罪と情熱。ニューヨーク: 12。ISBN 978-0-446-58095-3
  • ミシェル・ニジュイス(2012年7月23日)。「自然保護活動家はトリアージを利用して、どの生物を救うべきか、どの生物を手放すべきかを決定する。戦場の衛生兵と同様に、自然保護活動家は、どの生物を救い、どれを手放すべきかを決定するために、明確にトリアージを適用することを余儀なくされている。」科学的アメリカ人2017-05-07に取得

定期刊行物

トレーニングマニュアル

  • ホワイト、ジェームズ・エメリー。カプール・ビジェイ、プロミラ (1992)。保全生物学: 生物多様性と遺伝資源に関するトレーニングマニュアルロンドン: 連邦科学評議会、連邦事務局。ISBN 978-0-85092-392-6

外部リンク

  • 保全生物学研究所 (CBI)
  • 国連環境計画 - 世界保全監視センター (UNEP-WCMC)
  • 生物多様性と保全センター - (アメリカ自然史博物館)
  • サルカール、サホトラ。「保全生物学」。『ザルタ』、エドワード N. (編)。スタンフォード哲学百科事典
  • 思想史辞典
  • Conservationevidence.com - 保全研究への無料アクセス