生物多様性

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ラロンジュ近郊のサスカチュワン州北部の混交林で2008年夏に収集された菌類のサンプルは、菌類の種の多様性に関する例です。この写真には、葉の地衣類コケもあります。

生物多様性とは、地球上の生命の生物学的多様性と多様性です。生物多様性は、遺伝、および生態系レベルでの変動の尺度です。[1]陸域の生物多様性は通常、赤道付近で大きくなります[2]。これは温暖な気候と高い一次生産性の結果です。[3]生物多様性は地球上に均等に分布しておらず、熱帯地方に豊富にあります。[4]これらの熱帯林の生態系は、地球の表面の10%未満を覆い、世界の種の約90%を含んでいます。[5] 海洋の生物多様性は通常、海面水温が最も高い西太平洋の海岸に沿って高く、すべての海の中央緯度帯で高くなっています。[6]種の多様性には緯度勾配があります[6]生物多様性は一般にホットスポットに集まる傾向があり[7]、時間とともに増加している[8] [9]が、森林破壊の主な結果として将来的に減速する可能性があります。[10]それは、生命を維持する進化的、生態学的、文化的プロセスを網羅しています。

急速な環境変化は通常、大量絶滅を引き起こします。[11] [12] [13]これまで地球上に生息していた全種の99.9%以上、50億種以上、[14]は絶滅したと推定されています[15] [16]地球の現在のの数の推定値は、 1,000万から1,400万の範囲であり、[17]そのうち、約120万が記録されており、86%以上はまだ記述されていません。[18]地球上の関連するDNA 塩基対の総量は、5.0 x 1037と推定されます。重さは500億トンです。[19]比較すると、生物圏の総質量は4兆トンもの炭素と推定されています[20] 2016年7月、科学者は、地球上に生息するすべての生物の最後のユニバーサル共通祖先(LUCA)から355個の遺伝子のセットを特定したと報告しました。 [21]

地球の年齢は約45.4億年です。[22] [23] [24]地球上の生命の最も初期の明白な証拠は、少なくとも35億年前、[25] [26] [27]原始始生代の間に、地殻が以前の溶融に続いて固化し始めた後のものである。冥王代のイオン。西オーストラリアで発見された34億8000万年前の砂岩で見つかった微生物マットの 化石があります[28] [29] [30]生体物質の他の初期の物理的証拠は、グリーンランド西部で発見された37億年前のメタ堆積岩に含まれるグラファイトです。[31]最近では、2015年に、西オーストラリアの41億年前の岩石で「生物の残骸」が発見されました。[32] [33]ある研究者によると、「地球上で生命が比較的早く発生した場合、それは宇宙で一般的である可能性があります。」[32]

地球上で生命が始まって以来、5つの主要な大量絶滅といくつかの小さな出来事が、生物多様性の大幅かつ突然の低下をもたらしました。顕生代(過去5億4000万年)は、カンブリア紀の爆発を介して生物多様性の急速な成長を示しました。この期間に、多細胞 の大部分が最初に出現しました。[34]次の4億年には、大量絶滅イベントとして分類された、繰り返される大規模な生物多様性の喪失が含まれていました。石炭紀では熱帯雨林の崩壊により、動植物生命が大幅に失われました。[35] 2億5100万年前の二畳紀-三畳紀の絶滅イベントは最悪だった。脊椎動物の回復には3000万年かかりました。 [36]最新の白亜紀-古第三紀の絶滅イベントは、6500万年前に発生し、鳥類以外の 恐竜の絶滅をもたらしたため、他のイベントよりも多くの注目を集めています。 [37]

人間の出現からの期間は、進行中の生物多様性の減少とそれに伴う遺伝的多様性の喪失を示しています。完新世の絶滅と呼ばれ、しばしば第6の大量絶滅と呼ばれるこの減少は、主に人間の影響、特に生息地の破壊によって引き起こされます。[38] [39]逆に、生物多様性は多くの点で人間の健康にプラスの影響を与えますが、いくつかのマイナスの影響が研究されています。[40]

国連2011年から2020年を国連生物多様性の10年に指定しました。[41]および2021年から2030年までの国連生態系回復の10年、[42] IPBESによる生物多様性と生態系サービスに関する2019年世界評価報告書によると、動植物種の25%が人間活動の結果として絶滅の危機に瀕しています。 。[43] [44] [45] 2020年10月のIPBES報告書は、生物多様性の喪失を促進するのと同じ人間の行動がパンデミックの増加をもたらしたことを発見した。[46]

2020年、国連の地球規模生物多様性展望報告書の第5版[47]は、国連の10年の初めに、2010年に設定された一連の20の目標である愛知目標の「最終報告書」として機能しました。 2020年末までにそのほとんどが達成されると想定されていた生物多様性は、生態系の保護と持続可能性の促進に関係する目標のいずれも完全には達成されていないと述べた。[48]

用語の歴史

  • 1916年–生物多様性という用語は、J。アーサーハリスが「TheVariableDesert」で最初に使用しました。ScientificAmerican:その本当の生物多様性の説明。」[49]
  • 1974 –自然多様性という用語は、ジョン・ターボーによって導入されました[50]
  • 1980 – Thomas Lovejoyは、生物学的多様性という用語を科学界に本で紹介しました。[51]それは急速に一般的に使用されるようになりました。[52]
  • 1985 –エドワード・O・ウィルソンによると、契約形態の生物多様性はWGローゼンによって造られました:「生物多様性に関する全国フォーラムは...ウォルターG.ローゼンによって考案されました...ローゼン博士は計画段階を通してNRC / NASを代表しましたさらに、彼は「生物多様性」という用語を紹介しました。[53]
  • 1985年-「生物多様性」という用語は、LauraTangleyによる「地球の生物相を保護するための新しい計画」という記事に登場します。[54]
  • 1988年-生物多様性という用語が最初に出版物に登場しました。[55] [56]
  • 現在-この用語は広く使用されています。

定義

前期

「生物多様性」は、より明確に定義され、長く確立された用語、種の多様性種の豊富さを置き換えるために最も一般的に使用されます。[57]

代替用語

生物学者は、ほとんどの場合、生物多様性を「地域の遺伝子生態系の全体」と定義しています[58] [59]この定義の利点は、ほとんどの状況を説明しているように見え、以前に特定された伝統的な種類の生物学的品種の統一された見方を提示することです。

Wilcox 1982

この解釈と一致する明確な定義は、1982年の世界国立公園会議のために国際自然保護連合(IUCN)から委託されたブルースA.ウィルコックスの論文で最初に与えられました。[63]ウィルコックスの定義は、「生物多様性とは、あらゆるレベルの生物学的システム(すなわち、分子、生物、個体群、種、生態系)における生命体の多様性である...」でした。[63]

遺伝学:Wilcox 1984

生物多様性は、対立遺伝子、遺伝子、生物の多様性として遺伝的に定義することができます彼らは、進化を推進する突然変異遺伝子導入などのプロセスを研究しています。[63]

国連1992

1992年の国連 地球サミットでは、「生物多様性」を「とりわけ陸域海洋、その他の水生生態系、およびそれらが含まれる生態系複合体を含む、すべてのソースからの生物間の変動性」と定義しました。これには、種内の多様性が含まれます。種と生態系の間」。[64]この定義は、生物多様性に関する国連条約で使用されています。[64]

Gaston and Spicer 2004

Gaston&Spicerの著書「生物多様性:はじめに」での定義は、「生物組織のすべてのレベルでの生命の変化」です。[65]

食糧農業機関2020

森林の生物多様性とは?

森林の生物多様性とは、森林地帯に見られるすべての生物とそれらが果たす生態学的役割を指す広義の用語です。このように、森林の生物多様性には、樹木だけでなく、森林地域に生息する多数の植物、動物、微生物、およびそれらに関連する遺伝的多様性が含まれます。森林の生物多様性は、生態系、景観、種、個体群、遺伝など、さまざまなレベルで考えることができます。これらのレベル内およびレベル間で複雑な相互作用が発生する可能性があります。生物学的に多様な森林では、この複雑さにより、生物は絶えず変化する環境条件に適応し、生態系機能を維持することができます。

決定II / 9(CBD、nda)の付属書で、CBDの締約国会議は、次のように認識しています。気候、火事、競争、混乱など。さらに、森林生態系の多様性(物理的および生物学的特徴の両方)は、生物多様性の不可欠な要素である森林生態系の特徴である高レベルの適応をもたらします。特定の森林生態系内では、生態学的プロセスの維持は、それらの生物多様性の維持に依存しています。」[66]

配布

生きている陸生脊椎動物種の分布、赤道域で赤で示される多様性の最高濃度、極方向に(スペクトルの青の端に向かって)減少する(Mannion 2014)

生物多様性は均等に分布しているわけではなく、世界中や地域内で大きく異なります。他の要因の中でも、すべての生物(生物相)の多様性は、気温降水量高度土壌地理、および他の種の存在に依存します。生物、種、生態系の空間分布の研究は、生物地理学の科学です[67] [68]

多様性は、熱帯およびケープ植物区などの他の局地的な地域で一貫して高く、極地では一般的に低く測定されます。エクアドルのヤスニ国立公園ように、長い間湿った気候にあった熱帯雨林は、特に生物多様性が高いです。[69] [70]

陸域の生物多様性は、海洋の生物多様性の最大25倍であると考えられています。[71]森林は、地球の陸域の生物多様性のほとんどを抱えています。したがって、世界の生物多様性の保全は、私たちが世界の森林と相互作用し、使用する方法に完全に依存しています。[72] 2011年に使用された新しい方法では、地球上の種の総数は870万種であり、そのうち210万種が海洋に生息していると推定されています。[73]しかしながら、この推定値は微生物の多様性を過小評価しているようです。[74]森林は、両生類の80パーセント、鳥類の75パーセント、哺乳類種の68パーセントに生息地を提供します。すべての維管束植物の約60%が熱帯林に見られます。マングローブは、多くの種類の魚介類の繁殖地と養殖場を提供し、そうでなければ多くの海洋種の生息地である海草床とサンゴ礁に悪影響を与える可能性のある堆積物をトラップするのに役立ちます。[75]

森林の生物多様性は、人間の利用に加えて、森林の種類、地理、気候、土壌などの要因によって大きく異なります。[76]温帯地域のほとんどの森林生息地は、比較的少数の動植物種および地理的分布が大きい傾向のある種をサポートしているが、アフリカ、南アメリカ、東南アジアの山岳林およびオーストラリア、ブラジル沿岸、カリブ海諸島の低地林、中央アメリカと島の東南アジアには、地理的分布が小さい多くの種があります。[76]ヨーロッパ、バングラデシュの一部、中国、インド、北アメリカなど、人口が密集し、農地が集中している地域は、生物多様性の点でそれほど損なわれていません。北アフリカ、オーストラリア南部、ブラジル沿岸、マダガスカル、南アフリカも、生物多様性の完全性が著しく失われている地域として特定されています。[76]

緯度勾配

一般的に、極から熱帯への生物多様性の増加があります。したがって、低緯度の地域は、高緯度の地域よりも多くの種を持っています。これは、種の多様性における緯度勾配と呼ばれることがよくあります。いくつかの生態学的要因が勾配に寄与する可能性がありますが、それらの多くの背後にある最終的な要因は、極の平均温度と比較して赤道の平均温度が高いことです。[77] [78] [79]

陸域の生物多様性は赤道から極に向かって低下しますが[80] 、この特性は水生生態系、特に海洋生態系では検証されていないと主張する研究もあります[81]寄生虫の緯度分布は、この規則に従っていないようです。[67]

2016年には、生物多様性の緯度勾配を説明するための対立仮説(「フラクタル生物多様性」)が提案されました。 [82]この研究では、のプールサイズと生態系のフラクタル性を組み合わせて、この勾配のいくつかの一般的なパターンを明らかにしました。この仮説では、気温水分純一次生産(NPP)を、生態系のニッチの主な変数として、また生態系のハイパーボリュームの軸として考慮しています。このようにして、フラクタル次元が赤道に向かって3に上昇する、フラクタルハイパーボリュームを構築することができます。[83]

生物多様性ホットスポット

生物多様性ホットスポットは、生息地の大幅な喪失を経験した固有種のレベルが高い地域です[84]ホットスポットという用語は、1988年にノーマンマイヤーズによって導入されました[85] [86] [87] [88]ホットスポットは世界中に広がっていますが、大部分は森林地帯であり、ほとんどが熱帯地方にあります。

ブラジル大西洋岸森林は、そのようなホットスポットの1つと見なされており、約20,000の植物種、1,350の脊椎動物、数百万の昆虫が含まれ、その約半分は他の場所では発生しません。[89] [要出典]マダガスカルインドも特に注目に値する。コロンビア生物多様性が高く、地域単位での種の割合が世界で最も高く、どの国よりも風土病(他の場所では自然に見られない種)の数が最も多いという特徴があります。地球の種の約10%は、1,900種以上の鳥を含め、コロンビアで見つけることができます。これは、ヨーロッパと北米を合わせたものよりも多く、コロンビアには、世界の哺乳類種の10%、両生類種の14%、18%があります。世界の鳥種の。[90] マダガスカルの乾燥した落葉樹林と低地の熱帯雨林は、固有性の比率が高い。[91] [92]この島が6600万年前にアフリカ本土から分離して以来、多くの種と生態系が独立して進化してきました。[93] インドネシアの17,000の島々は、735,355平方マイル(1,904,560 km 2)をカバーし、世界の顕花植物の10% 、哺乳類の12%、爬虫類両生類鳥類の17%を含み、約2億4,000万人が住んでいます。[94]生物多様性および/または固有性の高い多くの地域は、異常な適応を必要とする特殊な生息地から生じます。たとえば、高山の高山環境北ヨーロッパの泥炭などです。[92]

生物多様性の違いを正確に測定することは難しい場合があります。研究者間の選択バイアスは、生物多様性の現代的な推定のためのバイアスされた実証研究に寄与する可能性があります。1768年、ギルバートホワイト牧師は、ハンプシャーのセルボーン を簡潔に観察しました。[95]

進化

歴史

生物多様性は35億年の進化の結果です。[12]生命の起源は科学によって確立されていませんが、いくつかの証拠は、生命が地球の形成からわずか数億年後にすでに確立されている可能性があることを示唆しています。約25億年前まで、すべての生命は古細菌細菌単細胞の原生動物原生生物などの微生物で構成されていました。[74]

顕生代における見かけの海洋化石の多様性[96]

顕生代(過去5億4000万年)の生物多様性の歴史は、カンブリア紀の爆発の急速な成長から始まります。この期間には、多細胞生物のほぼすべての最初に出現しました。[97]次の4億年かそこらで、無脊椎動物の多様性は全体的な傾向をほとんど示さず、脊椎動物の多様性は全体的な指数関数的な傾向を示しています。[60]この多様性の劇的な上昇は、大量絶滅イベントとして分類される多様性の周期的で大規模な喪失によって特徴づけられました。 [60]石炭紀で熱帯雨林が崩壊したとき、重大な損失が発生した。[35]最悪の事態は、2億5100万年前の二畳紀-三畳紀の絶滅イベントでした。脊椎動物はこの出来事から回復するのに3000万年かかりました。[36]

過去の生物多様性は古生物多様性と呼ばれています。化石の記録は、過去数百万年が歴史上最大の生物多様性を特徴としていたことを示唆しています。[60]しかし、最近の地質セクションの利用可能性と保存性の向上によって化石記録がどれほど強く偏っているのかについて不確実性があるため、すべての科学者がこの見解を支持しているわけではありません。 [25]一部の科学者は、サンプリングアーティファクトを修正すると、現代の生物多様性は3億年前の生物多様性とそれほど変わらない可能性があると考えていますが[97]、他の科学者は化石記録が生命の多様化を合理的に反映していると考えています。[60]現在の世界的な巨視的種の多様性の推定値は200万から1億までさまざまであり、最良の推定値は900万近くであり、[73]大多数の節足動物です。[98]多様性は、自然淘汰がない場合に継続的に増加するように思われる。[99]

多様化

一度に生きることができる生命の量を制限する世界的な環境収容力の存在は、そのような制限が種の数を制限するかどうかの問題と同様に議論されています。海での生活の記録は成長のロジスティックパターンを示していますが、陸上での生活(昆虫、植物、テトラポッド)は多様性の指数関数的な上昇を示しています。[60]ある著者が述べているように、「テトラポッドは潜在的に居住可能なモードの64%にまだ侵入しておらず、人間の影響がなければ、テトラポッドの生態学的および分類学的多様性は、利用可能なエコスペースのほとんどまたはすべてまで指数関数的に増加し続ける可能性がありますいっぱいです。」[60]

また、特に大量絶滅後も、多様性は時間とともに増加し続けているようです。[100]

一方、顕生代による変化は、指数モデルやロジスティックモデルよりも、双曲面モデル(集団生物学人口統計学、マクロ社会学、および化石の生物多様性で広く使用されている)とはるかによく相関します。後者のモデルは、多様性の変化が一次の正のフィードバック(より多くの祖先、より多くの子孫)および/またはリソースの制限から生じる負のフィードバックによって導かれることを意味します。双曲面モデルは、2次の正のフィードバックを意味します。[101]種間競争の強度の違いによる二次フィードバックの強さの違いは、ペルム紀末の絶滅後の二枚貝と比較して、アンモナイトのより速い再多様化を説明するかもしれませ[101]世界の人口増加の双曲線パターンは、人口規模と技術的成長率の間の二次的な正のフィードバックから生じます。[102]生物多様性の成長の双曲線特性は、多様性とコミュニティ構造の複雑さの間のフィードバックによって同様に説明することができます。[102] [103]生物多様性の曲線と人口の曲線の類似性は、おそらく両方が双曲線の傾向と周期的および確率論的ダイナミクスとの干渉に由来するという事実に由来します。[102] [103]

しかし、ほとんどの生物学者は、人間の出現からの期間は、主に人間が環境に与えている影響によって引き起こされる完新世の絶滅イベントと呼ばれる新しい大量絶滅の一部であることに同意します。[104]現在の絶滅率は、100年以内に地球上のほとんどの種を排除するのに十分であると主張されてきた。[105]

新種は定期的に発見され(平均して毎年5〜10,000の新種、ほとんどが昆虫)、多くは発見されていますが、まだ分類されていません(推定では、すべての節足動物の90%近くがまだ分類されていません)。[98]陸域の多様性のほとんどは熱帯林に見られ、一般に、陸地には海よりも多くの種が生息しています。地球上には約870万種が存在する可能性があり、そのうち約210万種が海洋に生息しています。[73]

生態系サービス

ベルギー(アモワ)のサマーフィールド。青い花はヤグルマギク、赤い花はヒナゲシです。

証拠のバランス

「生態系サービスは、生態系が人類に提供する一連の利点です。」[106]自然種、または生物相は、すべての生態系の世話人です。それはまるで自然界が無期限に生命維持配当を支払うことができる資本資産の巨大な銀行口座であるかのようですが、それは資本が維持されている場合に限られます。[107]

これらのサービスには、次の3つの種類があります。

  1. 再生可能資源(例:食料、木材、淡水)の生産を伴うプロビジョニングサービス[106]
  2. 環境変化を緩和するサービスである規制サービス(例:気候規制、害虫/病害防除)[106]
  3. 文化的サービスは、人間の価値と楽しみを表しています(例:景観美学、文化遺産、アウトドアレクリエーション、精神的重要性)[108]

これらの生態系サービス、特にプロビジョニングと規制サービスに対する生物多様性の影響について多くの主張がありました。[106]生態系サービスに対する生物多様性の影響に関する36の異なる主張を評価するための査読済み文献による徹底的な調査の後、それらの主張のうち14が検証され、6が混合支持または支持されていないことを示し、3が正しくなく、13が引き出すのに十分な証拠を欠いている決定的な結論。[106]

強化されたサービス

プロビジョニングサービス

種の多様性の拡大

  • 植物の収穫量は飼料収量を増加させます(271の実験的研究の統合)。[68]
  • 植物の数(すなわち、単一の種内の多様性)は、全体的な作物収量を増加させます(575の実験的研究の統合)。[109] 100の実験的研究の別のレビューは、さまざまな証拠を報告しているが。[110]
  • 樹木の生産は全体的な木材生産を増加させます(53の実験的研究の合成)。[111]しかしながら、木材生産に対する樹木形質の多様性の影響について結論を出すのに十分なデータはありません。[106]
サービスの規制

種の多様性の拡大

  • 魚の量は漁獲量の安定性を高める(8つの観察研究の統合)[106]
  • 自然の害虫の敵が草食性の害虫の個体数を減少させる(2つの別々のレビューからのデータ; 266の実験的および観察的研究の統合; [112] 18の観察研究の統合。[113] [114] 38の実験的研究の別のレビューは、これに対する混合サポートを発見したが主張し、相互のギルド内捕食が発生した場合、単一の捕食種がより効果的であることが多いことを示唆している[115]。
  • 植物の病気の蔓延を減少させる(107の実験的研究の合成)[116]
  • 植物の侵入に対する抵抗力を高める(2つの別々のレビューからのデータ; 105の実験的研究の統合; [116] 15の実験的研究の統合[117]
  • 植物の炭素隔離は増加しますが、この発見は二酸化炭素の実際の摂取にのみ関係し、長期貯蔵には関係しないことに注意してください。以下を参照してください。479の実験的研究の統合)[68]
  • 植物は土壌養分の 再石灰化を増加させます(103の実験的研究の合成)[116]
  • 植物の減少は土壌有機物を増加させる(85の実験的研究の合成)[116]

証拠が混在するサービス

プロビジョニングサービス
  • 現在までなし
サービスの規制
  • 植物の種の多様性が大きくなると、草食性の害虫の個体数が減少する場合と減少しない場合があります。2つの別々のレビューからのデータは、多様性が大きくなると害虫の個体数が減少することを示唆しています(40の観察研究の統合; [118] 100の実験研究の統合)。[110]あるレビューでは混合証拠が見つかり(287の実験研究の合成[119])、別のレビューでは反対の証拠が見つかりました(100の実験研究の合成[116]) 。
  • 動物の種の多様性が大きいと、それらの動物の病気の蔓延が減少する場合と減少しない場合があります(45の実験的および観察的研究の合成)[120]が、2013年の研究は、生物多様性が実際に動物群集内の耐病性を高める可能性があることを示すより多くのサポートを提供しています。両生類のカエルの池で。[121]証拠のバランスを揺るがすために、多様性を支持するさらに多くの研究が発表されなければならず、それにより、このサービスに関する一般的な規則を描くことができる。
  • 植物のより大きな種と形質の多様性は、長期の炭素貯蔵を増加させるかもしれないし、増加させないかもしれない(33の観察研究の合成)[106]
  • 花粉交配者の多様性が高まると、受粉が増える場合と増えない場合があります(7つの観察研究の合成)[106]が、2013年3月の出版物は、ネイティブの花粉交配者の多様性が増えると花粉の沈着が促進されることを示唆しています(ただし、著者が信じているように、必ずしも実を結ぶとは限りません。詳細は、それらの長い補足資料を調べます)。[122]

サービスが妨げられた

プロビジョニングサービス
  • 植物の種の多様性が大きくなると、一次生産が減少します(7つの実験的研究の合成)[68]
サービスの規制
  • 多くの生物の遺伝的および種の多様性が大きくなると、淡水浄化が低下します(8つの実験研究の合成、ただし、利用可能な証拠がないため、腐食生物の多様性が淡水浄化に及ぼす影響を調査する試みは失敗しました(1つの観察研究のみ)見つかった[106]
プロビジョニングサービス
  • 植物の種の多様性がバイオ燃料の収量に及ぼす影響(文献の調査では、研究者は3つの研究しか発見しませんでした)[106]
  • 魚の種の多様性が漁獲量に及ぼす影響(文献の調査では、研究者は4つの実験的研究と1つの観察研究のみを発見しました)[106]
サービスの規制
  • バイオ燃料収量の安定性に対する種の多様性の影響(文献の調査では、研究者は研究を発見しませんでした)[106]
  • 飼料収量の安定性に対する植物の種の多様性の影響(文献の調査では、研究者は2つの研究しか発見しませんでした)[106]
  • 植物の種の多様性が作物収量の安定性に及ぼす影響(文献の調査では、研究者は1つの研究しか発見しませんでした)[106]
  • 作物収量の安定性に対する植物の遺伝的多様性の影響(文献の調査では、研究者は2つの研究しか発見しませんでした)[106]
  • 木材生産の安定性に対する多様性の影響(文献の調査では、研究者は研究を見つけることができませんでした)[106]
  • 複数の分類群の種の多様性が砂防に及ぼす影響(文献の調査では、研究者は研究を見つけることができませんでしたが、種の多様性と根のバイオマスの影響に関する研究を見つけました)[106]
  • 洪水規制に対する多様性の影響(文献の調査では、研究者は研究を見つけることができませんでした)[106]
  • 土壌水分に対する植物の種と形質の多様性の影響(文献の調査では、研究者は2つの研究しか発見しませんでした)[106]

他の情報源は幾分矛盾する結果を報告しており、1997年にRobert Costanzaと彼の同僚は、生態系サービスの推定世界価値(従来の市場では捉えられていない)を年間平均33兆ドルと報告しました。[123]

石器時代以来、種の喪失は人間の活動によって引き起こされ、平均基礎速度を超えて加速しています。種の損失の推定値は、化石の記録で一般的なものの100〜10,000倍の速度です。[124]生物多様性はまた、精神的および美的価値、知識システムおよび教育を含む多くの非物質的な利益をもたらします。[124]

農業

農業の多様性は2つのカテゴリーに分けることができます:種内多様性は、多くの異なる形態と種類で構成されるジャガイモ( Solanum tuberosum )のような単一の種内の遺伝的変異を含みます(たとえば、米国では、ラセットジャガイモを新しいものと比較する可能性がありますジャガイモまたは紫色のジャガイモ、すべて異なるが、すべて同じ種の一部、S.tuberosum)。

農業の多様性の他のカテゴリーは種間多様性と呼ばれ、異なる種の数と種類を指します。この多様性について考えると、多くの小さな野菜農家は、ジャガイモやニンジン、ピーマン、レタスなどのさまざまな作物を栽培していることに気付くかもしれません。

農業の多様性は、それが「計画された」多様性であるか「関連する」多様性であるかによっても分けることができます。これは私たちが課す機能分類であり、生命や多様性の本質的な特徴ではありません。計画された多様性には、農民が奨励、植え付け、または育てた作物(たとえば、作物、カバー、シンビオント、家畜など)が含まれます。これは、招かれざる作物(たとえば、草食動物、雑草種)の間に到着する関連する多様性とは対照的です。とりわけ病原体)。[125]

関連する生物多様性は、損害を与えたり、有益な場合があります。関連する有益な生物多様性には、たとえば、作物を受粉する野生のハチやハナアブなどの野生の花粉媒介者[126]や、天敵や害虫や病原体に対する拮抗薬が含まれます。有益な関連する生物多様性は作物畑で豊富に発生し、作物生産をサポートする害虫駆除、養分循環、受粉などの複数の生態系サービスを提供します。[127]

関連する生物多様性の損傷を管理することは、農民が直面する大きな農業上の課題の1つです。単一栽培農場では、アプローチは一般に、一連の生物学的に破壊的な農薬、機械化されたツール、およびトランスジェニック工学技術を使用して、関連する多様性の損傷を抑制し、次に輪作を行うことです。一部の多文化農家は同じ技術を使用していますが、総合的病害虫管理戦略やより労働集約的な戦略も採用していますが、一般的に資本、バイオテクノロジー、エネルギーへの依存度は低くなっています。

種間作物の多様性は、部分的には、私たちが食べるものに多様性を提供する責任があります。種内多様性、単一種内の対立遺伝子の多様性も、私たちの食事の選択肢を提供します。モノカルチャーで作物が失敗した場合、私たちは農業の多様性に依存して、新しいもので土地を植え替えます。小麦の作物が害虫によって破壊された場合、種内の多様性に依存して、来年はより硬い品種の小麦を植えることがあります。その地域での小麦の生産をやめ、種間の多様性に依存して、まったく異なる種を植えることができます。主にモノカルチャーを育む農業社会でさえ、ある時点で生物多様性に依存しています。

  • 1846年のアイルランドのジャガイモ疫病は、100万人の死者と約200万人の移民の主な要因でした。これは、 1845年に到着したジャガイモ疫病菌Phytophthorainfestansに対して脆弱な2種類のジャガイモのみを植えた結果でした[125]。
  • 1970年代にインドネシアからインドまでの水田でイネグラススタントウイルスが発生したとき、6,273品種の耐性がテストされました。[128] 1つだけが耐性があり、インドの品種であり、1966年以来科学に知られていました。[128]この品種は他の品種と雑種を形成し、現在広く栽培されています。[128]
  • コーヒーさび病は、1970年にスリランカブラジル、中央アメリカのコーヒー農園を襲いました。耐性のある品種がエチオピアで発見されました。[129]病気は、それ自体が生物多様性の一形態です。

モノカルチャーは、19世紀後半のヨーロッパのワイン産業の崩壊や1970年の米国南部のトウモロコシの葉枯病の流行を含むいくつかの農業災害の要因でした。 [130]

人間の食糧供給の約80パーセントはたった20種類の植物から来ていますが、[131]人間は少なくとも40,000種を使用しています。[132]多くの人々は、食料、住居、衣類をこれらの種に依存しています。[要出典]地球の生き残った生物多様性は、現在の絶滅率はその可能性を縮小しますが、人間の使用に適した食品やその他の製品の範囲を拡大するためのリソースを提供します。[105]

人間の健康

パナマのバロコロラド島の多様な森林キャノピーは、さまざまな果物のこの展示をもたらしました

科学的証拠が生物多様性の喪失の世界的な健康への影響に基づいているため、生物多様性と人間の健康との関連性は国際的な政治的問題になりつつあります。[133] [134] [135]この問題は、気候変動の問題と密接に関連しています[136]気候変動の予想される健康リスクの多くは、生物多様性の変化に関連している(例えば、人口の変化と病気の媒介生物の分布、淡水の不足、農業の生物多様性と食料資源への影響など)。これは、共同で行われた研究によると、消失する可能性が最も高い種は感染症の伝染を緩衝する種であり、生き残った種はウエストナイルウイルス、ライム病、ハンタウイルスなどの病気の伝染を増加させる傾向があるためです。 -バード大学の生態学者であるフェリシア・キーシングと、コーネル大学の持続可能な未来のためのアトキンソンセンター(ACSF)の環境担当副所長であるドリューハーベルによって執筆されました[137]

地球上での需要の高まりと飲用水の不足は、人間の健康の未来にさらなる課題をもたらしています。部分的には、問題は水供給者が供給を増やすことに成功し、水資源の保全を促進するグループの失敗にあります。[138]きれいな水の分布は増加しているが、世界の一部の地域では不平等なままである。世界保健機関(2018)によると、世界人口の71%だけが安全に管理された飲料水サービスを利用していました。[139]

生物多様性の影響を受ける健康問題には、食事の健康と栄養の安全、感染症、医学と薬用資源、社会的および心理的健康が含まれます。[140]生物多様性は、災害リスクの軽減、および災害後の救援と復旧の取り組みにおいて重要な役割を果たしていることも知られています。[141] [142]

国連環境計画によると、ウイルスのような病原は、多様な集団で耐性に遭遇する可能性が高くなります。したがって、遺伝的に類似した集団では、より容易に拡大します。たとえば、COVID-19のパンデミックは、生物多様性の高い世界で発生する可能性が低くなりました。[143]

生物多様性は、創薬と薬用資源の利用可能性に重要なサポートを提供します。[144] [145]医薬品のかなりの割合が、直接的または間接的に生物学的供給源に由来しています。米国市場の医薬品化合物の少なくとも50%は植物、動物、微生物に由来し、世界の約80%は人口は、一次医療のために自然からの薬(現代または伝統的な医療行為のいずれかで使用される)に依存しています。[134]医学的可能性について調査されたのは、野生種のごく一部にすぎません。生物多様性は、生体工学の分野全体で進歩するために重要でした。市場分析と生物多様性科学からの証拠は、1980年代半ば以降の製薬部門からの生産量の減少は、ゲノミクスと合成化学を支持する天然物探査(「バイオプロスペクティング」)からの移行に起因する可能性があることを示しています。未発見の医薬品の価値は、開発コストが高いため、自由市場の企業がそれらを検索するのに十分なインセンティブを提供しない可能性があります。[146]一方、天然物は、重要な経済的および健康的革新を支援してきた長い歴史があります。[147] [148]海洋生態系は特に重要ですが、[149]不適切な生物探査生物多様性の喪失を増やすだけでなく、資源が奪われる地域社会や州の法律に違反する可能性があります。[150] [151] [152]

ビジネスと産業

多くの工業材料は、生物学的供給源から直接派生しています。これらには、建築材料、繊維、染料、ゴム、および油が含まれます。生物多様性は、水、木材、紙、繊維、食料などの資源の安全にとっても重要です。[153] [154] [155]その結果、生物多様性の喪失は事業開発における重大なリスク要因であり、長期的な経済的持続可能性に対する脅威です。[156] [157]

レジャー、文化、美的価値

生物多様性は、ハイキングバードウォッチング、自然史研究などのレジャー活動を豊かにします。生物多様性は、ミュージシャン、画家、彫刻家、作家、その他の芸術家に刺激を与えます。多くの文化は、他の生物を尊重することを要求する自然界の不可欠な部分として自分自身を見ています。

ガーデニングの飼育などの人気のある活動は、生物多様性に強く依存しています。そのような追跡に関与する種の数は数万にのぼりますが、大多数は商業に参入していません。[説明が必要]

これらのしばしばエキゾチックな動植物の本来の自然地域と、商業コレクター、サプライヤー、ブリーダー、プロパゲーター、そして彼らの理解と楽しみを促進する人々との関係は複雑で、よく理解されていません。一般大衆は、その固有の価値を反映して、希少で珍しい生物への曝露によく反応します。

哲学的には、生物多様性は人類 自体に本質的な美的および精神的価値を持っていると主張することができますこのアイデアは、熱帯林やその他の生態系の領域は、それらが提供するサービスのために保全に値するだけであるという概念に対するカウンターウェイトとして使用できます。[158]

生態系サービス

生物多様性は多くの生態系サービスをサポートしています:

「現在、生物多様性の喪失は、生態系コミュニティが生物学的に不可欠な資源を獲得し、バイオマスを生産し、生物学的に不可欠な栄養素を分解およびリサイクルする効率を低下させるという明白な証拠があります...生物多様性が時間の経過とともに生態系機能の安定性を高めるという証拠が増えています...多様なコミュニティは、生産性に大きな影響を与える主要な種を含み、生物間の機能特性の違いが総資源獲得を増加させるため、より生産的です...生態学的プロセスに対する多様性の喪失の影響は、他の多くの影響に匹敵するほど十分に大きい可能性があります環境変化の世界的な推進力...複数の場所と時間で複数の生態系プロセスを維持するには、単一の場所と時間で単一のプロセスを行うよりも高いレベルの生物多様性が必要です。」[106]

それは私たちの大気水の供給の化学的性質を調節する役割を果たします生物多様性は、水の浄化、栄養素のリサイクル、肥沃な土壌の提供に直接関与しています。制御された環境での実験は、人間が人間のニーズをサポートするための生態系を簡単に構築できないことを示しています。[159]たとえば、無人航空機を使用して人工花粉媒介者を作成する試みがなされてきたが、昆虫受粉を模倣することはできない[160]受粉だけの経済活動は2003年に21から146億ドルの間で表されました。[161]

種数

陸と海の種の発見と予測の総数

モーラらによると、陸生種の総数は約870万種と推定されていますが、海洋種の数ははるかに少なく、220万種と推定されています。著者らは、これらの推定値は真核生物にとって最も強力であり、原核生物の多様性の下限を表している可能性が高いと述べています。[162]その他の見積もりは次のとおりです。

絶滅の速度が増しているため、多くの現存種は、記載される前に絶滅する可能性があります。[174]当然のことながら、動物界で最も研究されているグループは哺乳類ですが、節足動物は最も研究されていない動物グループです。[175]

生物多様性の測定

生物多様性を経験的に測定するためのさまざまな客観的手段が存在します。各測定値はデータの特定の使用に関連しており、さまざまな遺伝子に関連している可能性があります。生物多様性は通常、ある時間間隔での地理的領域の分類学的豊かさの観点から測定されます。

種の損失率

人間の病気を治す薬を使って植物を運ぶかもしれないという弱い理由で、湿った熱帯林が存在することを正当化する必要はもうありません。ガイア理論は、それらがこれよりもはるかに多くのものを提供することを私たちに見させます。大量の水蒸気を蒸発させる能力を通じて、彼らは白い反射する雲の日よけを身に着けることによって惑星を涼しく保つのに役立ちます。それらを耕作地に置き換えることは、世界規模の災害を引き起こす可能性があります。

— ジェームズ・ラブロック生物多様性EO Wilson(Ed))[176]

前世紀の間に、生物多様性の減少がますます観察されてきました。 2007年、ドイツ連邦環境大臣のSigmar Gabrielは、2050年までに全種の最大30%が絶滅すると推定しています。[177]これらのうち、既知の植物種の約8分の1が絶滅の危機に瀕しています。[178]推定値は、年間140,000種に達します(種数面積理論に基づく)。[179]この数字は、毎年出現する種が少ないため、持続不可能な生態学的慣行を示しています。 [要出典]ほとんどすべての科学者は、種の喪失率が人類の歴史のどの時点よりも大きく、絶滅がバックグラウンドの絶滅率の数百倍の割合で発生していることを認めています。[178] [180] [181]そして、今後数年間はまだ成長すると予想されています。[181] [182] [183] 2012年の時点で、いくつかの研究は、すべての哺乳類種の25%が20年で絶滅する可能性があることを示唆しています。[184]

世界自然保護基金による2016年の調査によると、絶対的には、地球は1970年以来生物多様性の58%を失っています。リビングプラネットレポート2014は、「世界中の哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類の数は、平均して40年前の約半分である」と述べています。その数のうち、39%が陸生野生生物の消失、39%が海洋野生生物の消失、76%が淡水野生生物の消失を占めています。ラテンアメリカで生物多様性が最大の打撃を受けた、83パーセント急落。高所得国では生物多様性が10%増加しましたが、低所得国での損失により相殺されました。これは、高所得国が低所得国の5倍の生態系資源を使用しているという事実にもかかわらず、これは、富裕国が最大の生態系損失に苦しんでいる貧しい国に資源枯渇をアウトソーシングしているプロセスの結果として説明されました。[185]

PLOS Oneで発表された2017年の調査によると、ドイツの昆虫のバイオマスは過去25年間で4分の3減少しました。サセックス大学のデイブ・グールソンは、彼らの研究は、人間が「ほとんどの形態の生命にとって住みにくい広大な土地を作っているように見え、現在、生態学的なアルマゲドンに向かっている。昆虫を失うと、すべてが崩壊するだろう」と述べた。[186]

2020年、世界自然保護基金は「生物多様性は人類の歴史上前例のない速度で破壊されている」との報告を発表しました。報告書は、調査された種の個体数の68%が1970年から2016年の間に破壊されたと主張しています。[187]

脅威

森林景観保全指数、残りの森林の地球規模の人為的変化を毎年測定します。0 =ほとんどの変更。10 =最小。[188]

2006年には、多くの種が正式に希少種、絶滅危惧種、絶滅危惧種に分類されました。さらに、科学者たちは、正式に認識されていない何百万もの種が危険にさらされていると推定しています。IUCNレッドリスト基準を使用して評価された40,177種の約40%が、現在、絶滅の危機に瀕していると記載されています。合計で16,119種です。[189]

ジャレド・ダイアモンドは、生息地の破壊過剰殺戮、外来、二次絶滅の「邪悪なカルテット」について説明しています。[190] エドワード・O・ウィルソン頭字語HIPPO好み、Hアビタットの破壊、侵略的な種、汚染、人間の過剰摂取、そして収穫を意味します。[191] [192]

IUCNによると、自然保護に対する主な直接の脅威は11のカテゴリーに分類されます[193]。

1.住宅および商業開発

  • 住宅および都市部(都市部)、郊外、村、別荘、ショッピングエリア、オフィス、学校、病院)
  • 商業および工業地域(製造工場、ショッピングセンター、オフィスパーク、軍事基地、発電所、鉄道および造船所、空港)
  • 観光&レクリエーションエリア(スキー、ゴルフコース、スポーツフィールド、公園、キャンプ場)

2.農業活動

  • 農業(作物農場、果樹園、ブドウ園、プランテーション、牧場)
  • 水産養殖 (エビまたはフィンフィッシュの水産養殖、農場の養魚池、孵化場の鮭、種をまく貝のベッド、人工藻類のベッド)

3. エネルギー生産鉱業

4.輸送およびサービスの回廊

  • サービス回廊(電気および電話線、水道橋、石油およびガスパイプライン)
  • 輸送回廊(道路、鉄道、航路、飛行経路)
  • 廊下を使用した車両との衝突
  • 関連する事故と大災害油流出、感電死、火災)

5.生物資源の使用

  • 狩猟 (ブッシュミート、トロフィー、毛皮)
  • 迫害捕食者防除害虫駆除、迷信)
  • 植物の破壊または除去(人間の消費、放し飼いの家畜の採餌、材木病との闘い、ランの収集)
  • 伐採または木材収穫(選択的または皆伐、薪の収集、木炭生産)
  • 釣り(トロール、捕鯨、生きたサンゴ、海藻、卵の採集)

6.生息地や種が自然な行動を示すのを変えたり、破壊したり、単に邪魔したりする人間の侵入や活動

  • レクリエーション活動(オフロード車、モーターボート、ジェットスキー、スノーモービル、超軽量飛行機、ダイビングボート、クジラウォッチング、マウンテンバイク、ハイカー、バードウォッチャー、スキーヤー、レクリエーションエリアのペット、一時的なキャンプ場、洞窟、ロッククライミング)
  • 戦争、市民不安、および軍事演習(武力紛争、地雷原、戦車およびその他の軍用車両、訓練演習および射程、落葉、軍需品のテスト)
  • 違法行為密輸、移民、破壊行為)

7.自然なシステム変更

8.侵略的で問題のある種、病原体、遺伝子

  • 侵入種 (野生の馬と家庭用ペット、ゼブラムール貝、ミコニアの木、葛、生物防除の紹介)
  • 問題のある在来種(在来の鹿やカンガルーが多すぎる、在来の放牧魚の喪失による藻類が多すぎる、イナゴ型の疫病)
  • 導入された遺伝物質農薬耐性作物、生物防除のための遺伝子組み換え昆虫、遺伝子組み換え樹木またはサーモン、脱出した孵化場サーモン、非地元の種子ストックを使用した修復プロジェクト)
  • 病原体と微生物(げっ歯類やウサギに影響を与える疫病、ニレ立枯病やクリ胴枯病、アフリカ以外の両生類に影響を与えるキトリド菌)

9. 汚染

  • 下水 (未処理の下水、機能不全の下水処理プラントからの排出物、浄化槽ピットラトリン、道路からの油または堆積物、芝生およびゴルフコースからの肥料および農薬、道路塩)
  • 産業および軍事排水(工場からの有毒化学物質、化学物質の不法投棄、鉱山尾鉱、金採掘からのヒ素、燃料タンクからの漏出、河川堆積物中のPCB)
  • 農林業排水(肥料流出、除草剤流出、飼料場からの肥料、水産養殖からの栄養素、土壌侵食からの栄養素負荷)
  • ごみと固形廃棄物都市ごみ、ごみと投棄された所有物、レクリエーションボートからの漂流物とジェットサム、野生生物を巻き込む廃棄物、建設廃棄物)
  • 大気汚染物質酸性雨車両排出物からのスモッグ、過剰な窒素沈着、放射性フォールアウト、農地からの汚染物質または堆積物の風分散、森林火災または薪ストーブからの煙)
  • 過剰なエネルギー(高速道路や飛行機からの騒音、クジラを乱す潜水艦からのソナー、発電所からの温水、昆虫を引き付けるランプ、カメの方向を変えるビーチライト、オゾンホールからの大気放射)

10.壊滅的な地質学的イベント

11.気候変動

  • 生態系の侵入(海岸線の生態系の浸水と海面上昇によるサンゴ礁の溺死、砂漠化による砂丘の侵入、草地への木質の侵入)
  • 地球化学的レジームの変化海洋酸性化、植物の成長に影響を与える大気中のCO2の変化、大規模な沈下につながる堆積物の喪失)
  • 気温レジームの変化熱波、寒冷地、海洋温度変化、氷河/海氷の融解)
  • 降水量と水文レジームの変化干ばつ、雨のタイミング、積雪の喪失、洪水の深刻度の増加)
  • 荒天イベント(雷雨、熱帯暴風雨、ハリケーン、サイクロン、竜巻、雹嵐、氷嵐または吹雪、砂嵐、嵐の間のビーチの浸食)

生息地破壊

ボリビアのアマゾン熱帯雨林における森林伐採と道路建設の増加は、野生地域への人間の侵入の増加、資源の抽出の増加、そして生物多様性へのさらなる脅威のために重大な懸念を引き起こしています。

生息地の破壊は、特に熱帯林の破壊に関連して、絶滅において重要な役割を果たしてきました[194]生息地の喪失に寄与する要因には、過剰消費過密土地利用の変化森林伐採[195] 汚染大気汚染水質汚染土壌汚染)、地球温暖化または気候変動が含まれます。[196] [197]

生息地のサイズと種の数は体系的に関連しています。物理的に大きな種や低緯度または森林や海に生息する種は、生息域の減少に対してより敏感です。[198]「些細な」標準化された生態系への転換(例えば、森林伐採後の単一栽培)は、転換に先立つより多様な種の生息地を効果的に破壊します。最も単純な形態の農業でさえ、土地の開墾/排水、雑草や「害虫」の阻止、家畜化された動植物の限られたセットの奨励を通じて、多様性に影響を与えます。一部の国では、財産権[199]または緩い法律/規制の執行は、森林破壊と生息地の喪失に関連しています。[200]

国立科学財団が実施した2007年の調査では、生物多様性と遺伝的多様性は相互依存していることがわかりました。種間の多様性には種内の多様性が必要であり、その逆も同様です。「誰かのタイプがシステムから削除されると、サイクルが崩壊し、コミュニティが単一の種によって支配されるようになる可能性があります。」[201]生物多様性プラットフォームとフランス国立開発研究所(MNHNP )が主催する「淡水動物多様性評価」によって確認されたミレニアム生態系評価2005によると、 現在、最も脅威にさらされている生態系は淡水で発生しています。 )。[202]

共絶滅は生息地破壊の一形態です。共絶は、ある種の絶滅または衰退が、植物や甲虫などの別の種でも同様のプロセスを伴う場合に発生します。[203]

2019年の報告によると、ハチやその他の受粉昆虫は、英国全土の生息地のほぼ4分の1から一掃されています。人口の激減は1980年代から起こっており、生物多様性に影響を及ぼしています。工業的農業と農薬使用の増加は、病気、侵入種、気候変動と相まって、これらの昆虫とそれらが支援する農業の将来を脅かしています。[204]

2019年に、生息地破壊農薬中毒侵入種気候変動などの人間の活動によって昆虫が破壊され、それを止められない場合、今後50年間で生態系の崩壊を引き起こすことを示す研究が発表されました。[205]

外来種と侵入種

観賞用の理由でヨーロッパの一部に導入された東アジア原産のオスのLophuranycthemeraハッカン)

大きな砂漠などの障壁は、異所的種分化のプロセスを介して、障壁の両側で独立した進化を可能にすることにより、多様性を促進します侵入種という用語は、通常は拘束されたままになる自然の障壁を破る種に適用されます。障壁がなければ、そのような種は新しい領域を占領し、多くの場合、ニッチを占領することによって、または通常は在来種を維持する資源を使用することによって、在来種に取って代わります。

種の侵入数は、少なくとも1900年代の初めから増加しています。種はますます人間によって動かされています(故意にそして偶然に)。場合によっては、侵入者が新しい生息地に劇的な変化と被害をもたらしています(例:五大湖地域のゼブラムール貝とエメラルドアッシュボーラー、北米大西洋岸のミノカサゴ)。いくつかの証拠は、侵入種は病原体の乱れが少ないため、新しい生息地で競争力があることを示唆しています。[206]他の人は、種が豊富なコミュニティが同時に多くの在来種と外来種を抱えていることを時折示唆する交絡証拠を報告します[207]一方で、多様な生態系はより回復力があり、侵入植物や動物に抵抗すると言う人もいます。[208]重要な質問は、「侵入種は絶滅を引き起こすのか?」です。多くの研究は、侵入種が先住民に及ぼす影響を引用していますが[209]、絶滅は引用していません。侵入種は、局所的な(すなわち:アルファ多様性)多様性を増加させるようであり、それは多様性(すなわち:ベータ多様性)の売上高を減少させます。種が他の原因で絶滅しているため、全体的なガンマ多様性が低下する可能性があります[210]が、最も陰湿な侵入者の一部(例:オランダのニレ病、エメラルドアッシュボーラー、北米のクリ胴枯病)でさえ宿主種を引き起こしていません絶滅する。絶滅人口減少および均質化地域の生物多様性ははるかに一般的です。人間の活動は、侵入種が食物や他の目的のためにそれらを導入することによって、それらの障壁を回避する原因であることがよくあります[211] 。したがって、人間の活動により、種がその範囲を拡大するために歴史的に必要とされてきたよりもはるかに短い時間スケールで発生した新しい地域への種の移動(したがって侵入性)が可能になります。

導入されたすべての種が侵入種であるわけではなく、意図的に導入されたすべての侵入種でもありません。カワホトトギスガイなどの場合、米国の水路へ侵入は意図的ではありませんでした。ハワイのマングースなどの他のケースで、導入は意図的ですが効果がありません(夜行性のラットは日中のマングースに対して脆弱ではありませんでした)。インドネシアやマレーシアのアブラヤシのような他のケースでは、導入はかなりの経済的利益を生み出しますが、その利益は費用のかかる意図しない結果を伴います。

最後に、導入された種は、それが置き換える種に依存する種を意図せずに傷つける可能性があります。ベルギーでは、東ヨーロッパのPrunus spinosaは、西ヨーロッパの対応するものよりもはるかに早く葉を出し、Thecla betulae蝶(葉を食べる)の食性を乱します。新しい種を導入すると、多くの場合、固有種や他の地元の種が外来種と競争できなくなり、生き残ることができなくなります。エキゾチックな生物は、捕食者寄生虫、または単に栄養素、水、光を求めて在来種を凌駕する可能性があります。

現在、いくつかの国はすでに非常に多くの外来種、特に農作物や観賞植物を輸入しているため、それらの固有の動物相/植物相は数を上回っている可能性があります。たとえば、東南アジアからカナダや米国へのクズの導入は、特定の地域の生物多様性を脅かしています。[212]自然は、気候変動を緩和するのに役立つ効果的な方法を提供します。[213]

遺伝子汚染

固有種は、遺伝子汚染のプロセス、すなわち、制御されていない交配遺伝子移入、および遺伝子の圧倒によって絶滅の危機に瀕する可能性があります[214]。遺伝子汚染は、導入された種の数値的および/または適合性の利点の結果として、局所ゲノムの均質化または置換につながります。 [215] ハイブリダイゼーションと遺伝子移入は、導入と遺伝子移入の副作用です。これらの現象は、より豊富な種と接触する希少種にとって特に有害である可能性があります。豊富な種は希少種と交配し、その遺伝子プールを圧倒する可能性がありますこの問題は、形態学的(外見)観察だけでは必ずしも明らかではありません。ある程度の遺伝子流動は正常な適応であり、すべての遺伝子および遺伝子型の星座を保存できるわけではありません。しかし、遺伝子移入の有無にかかわらず、交配は、それにもかかわらず、希少種の存在を脅かす可能性があります。[216] [217]

乱獲

乱獲は、リソースが持続不可能な速度で消費されたときに発生します。これは、乱獲、過剰な伐採、農業における不十分な土壌保全、および違法な野生生物取引の形で土地で発生します。

現在、世界の漁業の約25%が乱獲されており、現在のバイオマスは持続可能な生産力を最大化するレベルを下回っています。[218]

人間の移動パターンに関連する大型動物の絶滅のパターンである過剰殺戮仮説は、メガファウナの絶滅が比較的短い期間内に発生する理由を説明するために使用できます。[219]

ハイブリダイゼーション、遺伝子汚染/侵食および食料安全保障

Yecoro小麦(右)の栽培品種は塩分に敏感であり、栽培品種W4910(左)とのハイブリッド交雑から生じる植物は高塩分に対してより大きな耐性を示します

農業畜産では、緑の革命収量を増やすために従来の交配の使用を普及させました。多くの場合、交配された品種は先進国で生まれ、発展途上国の地元の品種とさらに交配されて、地域の気候や病気に耐性のある高収量株を作り出しました。地方自治体や業界はハイブリッド化を推進しています。さまざまな野生および在来種の以前は巨大な遺伝子プールが崩壊し、広範な遺伝子侵食と遺伝子汚染を引き起こしました。その結果、全体として遺伝的多様性と生物多様性が失われています。[220]

遺伝子組み換え生物には、遺伝子工学によって改変された遺伝物質が含まれています。遺伝子組み換え作物は、野生品種だけでなく、古典的な交配に由来する家畜化された品種においても、遺伝子汚染の一般的な原因となっています。[221] [222] [223] [224] [225]

遺伝子侵食と遺伝子汚染は、独特の遺伝子型を破壊する可能性があり、将来の食料安全保障へのアクセスを脅かします遺伝的多様性の減少は、病気に抵抗し、気候の変化に耐えるために交配する作物と家畜の能力を弱めます。[220]

気候変動

北極海の北極海の海氷に浮かぶホッキョクグマ気候変動はクマの個体数に影響を及ぼし始めています。

地球温暖化は、地球規模の生物多様性に対する大きな脅威です。[226] [227]たとえば、生物多様性のホットスポットであるサンゴ礁は、現在の速度で地球温暖化が続くと、1世紀以内に失われるでしょう。[228] [229]

気候変動は生物多様性に影響を与えることが証明されており、その変化を裏付ける証拠は広く行き渡っています。大気中の二酸化炭素の増加は確かに植物の形態に影響を与え[230]、海洋を酸性化し[231]、気温は種の範囲に影響を与えます[232] [233] [234]生物季節学、[235]そして天候[236]、しかし慈悲深く、予測されている主な影響は、依然として潜在的な将来です。気候変動が多くの種の生物学を劇的に変化させたとしても、私たちはまだ主要な絶滅を記録していません。

2004年、4つの大陸を対象とした国際共同研究では、地球温暖化のために2050年までに種の10%が絶滅すると推定されました。「気候変動を制限する必要があります。そうしないと、多くの種が問題を抱えてしまい、おそらく絶滅する可能性があります」と、論文の共著者であり、保全の応用生物多様性科学センターの主任気候変動生物学者であるリー・ハンナ博士は述べています。国際的。[237]

最近の研究では、世界の陸生肉食動物と有蹄類の最大35%が、通常の人間開発シナリオの下で予測される気候と土地利用の変化の共同効果のために、2050年までに絶滅のリスクが高くなると予測しています。[238]

気候変動は、ブラジルオヒキコウモリ(Tadarida brasiliensis)が餌を与えるために出現する夕方の時間を早めました。この変化は、気温が上昇するにつれて地域が乾燥することに関係していると考えられています。この初期の出現は、コウモリを、夕暮れまたは日中の時間帯に餌を与える他の食虫生物とのより大きな捕食の増加した競争にさらします。[239]

人口過多

2017年半ばの時点で世界の人口は約76億人であり(2005年と比較して約10億人多い)、2100年には111億人に達すると予測されます。議会の調査で、「20世紀を通じて人口が大幅に増加したことは、他のどの要因よりも生物多様性に大きな影響を与えてきたことは自明です」と語った。[241] [242]少なくとも21世紀の半ばまで、手付かずの生物多様性の土地の世界的な喪失は、おそらく世界的な人間の出生率に大きく依存するだろう[243]

一部のトップの科学者は、人口のサイズと成長は、過剰消費とともに、生物多様性の喪失と土壌の劣化の重要な要因であると主張しています。[244] [245]生物多様性と生態系サービスに関する2019年IPBES グローバルアセスメントレポート、およびポールR.エーリッヒスチュアートピムを含む生物学者は、人間の人口増加と過剰消費が種の減少の主な要因であると述べています。[246] [247] [248] [249] EOウィルソン人間の人口増加は地球の生物多様性に壊滅的な打撃を与えていると主張する彼は、「20世紀の人間の人口増加のパターンは霊長類よりも細菌性であった」と述べた。彼は、ホモサピエンスが60億の人口に達したとき、それらのバイオマスは、これまで100倍以上存在した他の大規模な陸生動物種のバイオマスを上回り、「私たちと残りの人生は、そのような100年をさらに余裕がない」と付け加えました。 「」[250]

世界自然保護基金による2020年の調査によると、世界の人口はすでに地球の生物容量を超えいます。現在の需要を満たすには、1.56地球の生物容量に相当する量が必要です。[251] 2014年の報告書はさらに、地球上のすべての人がカタールの平均的な居住者の足跡を持っている場合、4.8の地球が必要であり、米国の典型的な居住者のライフスタイルを生きる場合、3.9の地球が必要であると指摘しています。[185]

完新世の絶滅

ベースライン(青)に対する人間主導の変化(赤)のパーセンテージとして表される、主要な生物多様性関連の環境変化カテゴリーの要約

この6回目の大量絶滅における生物多様性の減少率は、化石記録の過去5回の大量絶滅イベントにおける損失率と一致するかそれを上回っています[252] [253] [254] [255] [256] [257] [258]生物多様性の喪失は、生態系の商品やサービスを供給する自然資本の喪失をもたらします。自然経済として知られる方法の観点から、地球の生物圏に対する17の生態系サービスの経済的価値(1997年に計算)は、年間33兆米ドル(3.3x10 13)の推定値を持っています。[259]今日の種はベースラインの100倍から1,000倍の割合で一掃されており、絶滅の割合は増加しています。このプロセスは、地球上の生命の回復力と適応性を破壊します。[260]

2019年に、生物多様性と生態系サービスに関するこれまでで最大かつ最も包括的な研究の政策立案者向けの要約である生物多様性と生態系サービスに関するグローバル評価レポートが、生物多様性と生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)によって公開されました。主な結論:

1.過去50年間で、自然状態は前例のない加速する速度で悪化しました。

2.この悪化の主な要因は、陸と海の利用の変化、生物の搾取、気候変動、汚染、および侵入種でした。これらの5つの推進要因は、消費からガバナンスに至るまでの社会的行動によって引き起こされます。

3.生態系への損害は、貧困、飢餓、健康、水、都市の気候、海、土地に関する国連総会の持続可能な開発目標を含む、44の選択された国連目標のうち35を弱体化させます。それは食糧、水そして人類の空気供給に問題を引き起こす可能性があります。

4.問題を解決するために、人類は持続可能な農業消費の削減を含む変革的な変化を必要とします廃棄物、漁獲割当、共同水管理。報告書は8ページで要約の8ページで「増え続ける材料消費を伴わない質の高い生活のビジョンを可能にする」ことを主要な手段の1つとして提案しています。報告書は、「エネルギー、経済成長、産業とインフラストラクチャー、持続可能な消費と生産に関連する目標(持続可能な開発目標7、8、9、12)、および貧困、食品安全に関連する目標を達成するために選択されたいくつかの経路および都市(持続可能な開発目標1、2、および11)は、自然に、したがって他の持続可能な開発目標の達成に実質的なプラスまたはマイナスの影響を与える可能性があります。[261] [262]

IPBESによる2020年10月の「パンデミックの時代」レポートは、気候変動と生物多様性の喪失の根底にあるドライバーである同じ人間活動が、 COVID-19パンデミックを含むパンデミックの同じドライバーでもあると主張しましたIPBESワークショップの議長であるPeterDaszak博士は、次のように述べています。「COVID-19のパンデミック、または現代のパンデミックの原因については、大きな謎はありません。 ;そして持続不可能な貿易、生産、消費は自然を破壊し、野生生物、家畜、病原体、そして人々の間の接触を増やします。これがパンデミックへの道です。」[263] [46]

保存

生物多様性、生態系サービス、人間の福利、貧困の関係を示す概略画像。[264]この図は、保全活動、戦略、および計画が、地域、地域、世界規模で現在の生物多様性危機の推進力に影響を与える可能性がある場所を示しています。
地球温暖化によるスイスアルプスアレッチ氷河後退(1979年、1991年、2002年の状況)

生態学者自然主義者、その他の科学者が世界的な生物多様性の衰退に関連する問題の研究と取り組みを開始するにつれて、保全生物学は20世紀半ばに成熟しました。[265] [266] [267]

保全倫理は、生態系進化過程、人間の文化や社会における生物多様性を維持することを目的とした天然資源の管理を提唱しています。[253] [265] [267] [268] [269]

保全生物学は、生物多様性を保護するための戦略的計画を中心に改革を進めています。[265] [270] [271]地球規模の生物多様性の保全は、地域、地域、世界規模のコミュニティ、生態系、文化に影響を与える公共政策や懸念に取り組むように設計された戦略的保全計画の優先事項です。[272]行動計画は、自然資本時価総額、および生態系サービスを利用して、人間の幸福を維持する方法を特定します。[273] [274]

EU指令1999/22 / ECでは、動物園は、研究を行ったり、繁殖プログラムに参加したりすることで、野生動物の生物多様性を保護する役割を果たしていると説明されています。[275]

保護と復元のテクニック

外来種の除去は、彼らが悪影響を及ぼした種が彼らの生態学的ニッチを回復することを可能にするでしょう。害虫となった外来種は、分類学的に識別できます(たとえば、生命のバーコードを使用して、デジタル自動識別システム(DAISY)を使用します)。[276] [277]経済的コストのために、個人の大規模なグループが与えられた場合にのみ、除去は実用的です。

ある地域に残っている在来種の持続可能な個体群が確保されると、再導入の候補となる「行方不明」の種は、Encyclopedia ofLifeGlobalBiodiversity InformationFacilityなどのデータベースを使用して特定できます。

  • 生物多様性バンキングは、生物多様性に金銭的価値を置きます。一例は、オーストラリアの在来植生管理フレームワークです。
  • 遺伝子銀行は、標本と遺伝物質のコレクションです。一部の銀行は、銀行種を生態系に再導入することを意図しています(たとえば、苗床を介して)。[278]
  • 農薬の削減とより適切なターゲティングにより、より多くの種が農業および都市化地域で生き残ることができます。
  • 場所固有のアプローチは、移動性の種を保護するのにあまり役立たないかもしれません。1つのアプローチは、動物の動きに対応する野生生物の回廊を作成することです。国境やその他の境界線は、廊下の作成を複雑にする可能性があります。[279]

保護地域

森林保護区や生物圏保護区などの保護地域は、野生動物とその生息地を保護するなど、多くの機能を果たしています。[280]保護地域は、動植物の保護と保護を特に目的として、世界中に設置されています。一部の科学者は、人為的原因による生物多様性の喪失を軽減するために、2030年までに地球の30%、2050年までに50%の保護地域として指定するようにグローバルコミュニティに呼びかけています。[281]サイエンス・アドバンシスで9月4日に発表された研究では、研究者は重要な保全と気候の目標を達成するのに役立つ地域を計画しました。[282]

保護地域は、自然と文化的資源を保護し、特に地域レベルでの生活に貢献しています。世界中に238,563以上の指定された保護地域があり、地球の陸面の14.9%に相当し、その広がり、保護のレベル、管理の種類が異なります(IUCN、2018年)。[283]

2020年の法的に保護された地域の森林の割合。食糧農業機関の出版物「世界の森林の現状2020」から。森林、生物多様性、人々–簡単に[284]

森林保護地域は、地域のかなりの部分が森林であるすべての保護地域のサブセットです。[66]これは、保護地域の全体または一部のみである可能性があります。[66]世界的に、世界の森林面積の18%、つまり7億ヘクタール以上が、国立公園、保護区、動物保護区などの法的に確立された保護区に含まれています。[66]

保護地域のメリットは、直接の環境と時間にとどまりません。自然を保護することに加えて、保護地域は生態系サービスの長期的な提供を確保するために重要です。それらは、食糧と農業のための遺伝資源の保護、医学と健康上の利益の提供、水の提供、レクリエーションと観光、そして災害に対する緩衝としての役割を果たすことを含む多くの利益を提供します。ますます、これらの自然生態系とそれらが提供できる生態系サービスのより広い社会経済的価値の認識があります。[285]

特に森林保護区は、生息地、避難所、食料、遺伝物質の提供者として、また災害に対する緩衝材としてなど、多くの重要な役割を果たしています。彼らは多くの商品と環境サービスの安定した供給を提供します。気候変動の緩和と適応における保護地域、特に森林保護地域の役割は、過去数年にわたってますます認識されてきました。保護地域は、炭素を貯蔵および隔離するだけでなく(つまり、保護地域のグローバルネットワークは陸域炭素の少なくとも15%を貯蔵する)、避難所や移動回廊を提供することにより、種が変化する気候パターンに適応できるようにします。保護地域はまた、突然の気候イベントから人々を保護し、洪水や干ばつなどの気象に起因する問題に対する脆弱性を軽減します(UNEP–WCMC、2016年)。

国立公園

国立公園は、大規模な生態学的プロセスを保護するために確保された大規模な自然または自然に近い地域であり、環境的および文化的に互換性のある、精神的、科学的、教育的、レクリエーションおよび訪問者の機会の基盤も提供します。これらの地域は、その根底にある生態学的構造とともに自然の生物多様性を保護し、環境プロセスを支援し、教育とレクリエーションを促進するために、政府または民間組織によって選択されています。国際自然保護連合IUCN)とその保護地域に関する世界委員会(WCPA)は、「国立公園」をそのカテゴリーIIタイプの保護地域として定義しています。[286]

国立公園は通常、国または州政府によって所有および管理されています。場合によっては、特定の脆弱なエリアへの立ち入りを許可される訪問者の数に制限が設けられています。指定されたトレイルまたは道路が作成されます。訪問者は、研究、文化、レクリエーションの目的でのみ入場できます。林業、動物の放牧、動物の狩猟は規制されており、生息地や野生生物の搾取は禁止されています。

野生生物保護区

野生生物保護区は種の保護のみを目的としており、次の特徴があります。

  1. 聖域の境界は州法によって制限されていません。
  2. 聖域の管理を担当する部門の最高権威によって、またはその管理下にある場合を除いて、種の殺害、狩猟、捕獲は禁止されています。
  3. 個人所有が許可される場合があります。
  4. 林業およびその他の使用も許可されます。

森林保護区

世界中の保護地域には推定7億2600万ヘクタールの森林があります。世界の6つの主要な地域の中で、南アメリカは保護地域の森林の割合が最も高く、31パーセントです。[287]

森林、45,000以上の花と81,000の動物種を収容する上で重要な役割を果たし、そのうち5150の花と1837の動物種が固有種です。[288]さらに、世界には60,065の異なる樹種があります。[289]特定の地理的領域に限定された動植物種は、固有種と呼ばれます。森林保護区では、狩猟や放牧などの活動の権利が、森林の資源や製品から部分的または全体的に生計を維持している森林の周辺に住むコミュニティに与えられることがあります。分類されていない森林は、総森林面積の6.4%を占めており、次の特徴があります。

  1. それらはアクセスできない大きな森です。
  2. これらの多くは空いている。
  3. それらは生態学的および経済的にそれほど重要ではありません。

森林被覆を保護するための手順

  1. 大規模な再植林/植林プログラムに従う必要があります。
  2. 木材以外のバイオガスなど、環境に優しい代替の燃料エネルギー源を使用する必要があります。
  3. 森林火災による生物多様性の喪失は大きな問題であり、森林火災を防ぐための早急な対策を講じる必要があります。
  4. 牛による過剰放牧は、森林に深刻な被害を与える可能性があります。したがって、牛による過剰放牧を防ぐために特定の措置を講じる必要があります。
  5. 狩猟や密猟は禁止されるべきです。

動物園

動物園や動物園では、生きた動物は公共のレクリエーション、教育、保護の目的で飼育されています。現代の動物園は獣医施設を提供し、絶滅の危機に瀕している種が飼育下で繁殖する機会を提供し、通常、飼育している動物の本来の生息地をシミュレートする環境を構築します。動物園は、自然保護の必要性についての 認識を高める上で主要な役割を果たします。

植物園

植物園では、主に科学的および教育的な目的で植物が栽培および展示されています。それらは、屋外または温室や温室のガラスの下で育てられた生きている植物のコレクションで構成されていますまた、植物園には、乾燥した植物や植物標本のコレクション、および講義室、実験室、図書館、美術館、実験植栽または研究植栽などの施設が含まれる場合があります。

リソース割り当て

潜在的な生物多様性の高い限られた領域に焦点を当てることは、資源を均等に分散したり、多様性はほとんどないが生物多様性への関心が高い領域に焦点を当てたりするよりも、すぐに投資収益率が高くなることを約束します。[290]

2番目の戦略は、元の多様性のほとんどを保持する領域に焦点を当てています。これは通常、復元をほとんどまたはまったく必要としません。これらは通常、非都市化、非農業地域です。熱帯地域は、その本来の多様性と開発の相対的な欠如を考えると、しばしば両方の基準に適合します。[291]

社会で

2020年9月、科学者は「より広範な持続可能性アジェンダと一致するが、前例のない野心と調整の即時の努力は、生息地の転換によって引き起こされる世界的な陸域の生物多様性の傾向を逆転させながら、増加する人間人口のための食糧の提供を可能にする可能性がある」と報告し、そのような措置を推奨する土地利用変化の推進要因に対処すること、および保全管理下の土地の範囲を拡大することに関しては、農業の効率と植物ベースの食事のシェア[292] [293]

市民科学

科学研究への市民参加としても知られる市民科学は、環境科学で広く使用されており、生物多様性関連の文脈で特に人気があります。これは、科学者が生物多様性研究に一般市民を参加させることを可能にするために使用されており、それによって科学者は他の方法では取得できなかったデータを収集することができます。ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドの63の生物多様性市民科学プロジェクトにわたる1,160人のCS参加者を対象としたオンライン調査では、(a)科学知識の内容、プロセス、性質、(b)科学調査のスキル、(c)自己有効性に前向きな変化が報告されました。科学と環境については、(d)科学と環境への関心、(e)科学と環境への動機付け、(f)環境に対する行動。[294]

ボランティアのオブザーバーは、生物多様性に関する現場の知識に多大な貢献をしてきました。最近の技術の進歩は、市民の情報源からの発生の流れと質を高めるのに役立っています。Biological Conservation [295]に掲載された2016年の研究は、市民科学者が地球規模生物多様性情報機構(GBIF)によって媒介されるデータに対してすでに行っている多大な貢献を記録しています。データセットレベルの分析にはいくつかの制限がありますが、GBIFネットワークを介して共有されるすべての発生記録のほぼ半分が、ボランティアによる多大な貢献を伴うデータセットからのものであることは明らかです。観測の記録と共有は、 iNaturalisteBirdを含むいくつかのグローバルスケールプラットフォームによって可能になります。[296] [297]

法的地位

訪問者のアクセスを許可し続けながらオーストラリアのホープタウン滝の自然の特徴を維持するために多くの作業が行われています。

インターナショナル

生物多様性条約などの世界的な合意は、「生物資源に対する主権国家の権利」(財産ではない)を与えています。協定は、各国が「生物多様性を保護する」、「持続可能性のための資源を開発する」、そしてそれらの使用から生じる「利益を共有する」ことを約束します。天然物のバイオプロスペクティングまたは収集を許可する生物多様性の国は、資源を発見/利用する個人または機関がそれらを個人的に捕獲することを許可するのではなく、利益の一部を期待します。そのような原則が尊重されない場合、バイオプロスペクティングは一種のバイオパイラシーになる可能性があります。[298]

主権の原則は、アクセスおよび利益共有協定(ABA)としてよく知られているものに依存する可能性があります。生物多様性条約は、どの資源が何のために使用されるかを確立し、利益の共有に関する公正な合意に合意するために、原産国と収集者の間のインフォームドコンセントを意味します。

欧州連合

2020年5月、欧州連合は2030年の生物多様性戦略を発表しました。生物多様性戦略は、欧州連合の気候変動緩和戦略の重要な部分です。気候変動と戦うために使われる欧州予算の25%から、大部分は生物多様性と自然に基づく解決策を回復するために使われます。

2030年のEU生物多様性戦略には、次の目標が含まれています。

  • 海の領土の30%と陸の領土の30%、特に原生林を保護します。
  • 2030年までに30億本の木を植えます。
  • 少なくとも25,000キロメートルの川を復元して、自由に流れるようにします。
  • 2030年までに農薬の使用を50%削減します。
  • 有機農業を増やす農場から食卓までのリンクされたEUプログラムでは、目標は2030年までにEU農業の25%を有機化することであると言われています。[299]
  • 農業における生物多様性を高める
  • この問題に年間200億ユーロを寄付し、それをビジネス慣行の一部にします。

世界のGDPの約半分は自然に依存しています。ヨーロッパでは、年間数兆ユーロを生み出す経済の多くの部分が自然に依存しています。ヨーロッパでのNatura2000だけのメリットは、年間2,000〜3,000億ユーロです。[300]

国家レベルの法律

生物多様性は、いくつかの政治的および司法上の決定において考慮されています。

  • 法と生態系の関係は非常に古く、生物多様性に影響を及ぼします。それは私的および公的財産権に関連しています。絶滅の危機に瀕している生態系の保護だけでなく、いくつかの権利と義務(たとえば、釣りや狩猟の権利)も定義できます。[要出典]
  • 種に関する法律は最近のものです。絶滅の危機に瀕している可能性があるため、保護しなければならない種を定義しています。米国の絶滅危惧種法は、「法と種」の問題に取り組む試みの一例です。
  • 遺伝子プールに関する法律は、わずか約1世紀前のものです。[引用が必要]家畜化と植物育種の方法は新しいものではありませんが、遺伝子工学の進歩により、遺伝子組み換え生物、遺伝子特許、プロセス特許の配布を対象とする法律が強化されています。[301]政府は、例えば、遺伝子、ゲノム、または生物や種に焦点を当てるかどうかを決定するのに苦労しています。[要出典]

しかし、法的な基準としての生物多様性の使用についての統一された承認は達成されていません。ボッセルマンは、生物多様性を法的な基準として使用すべきではないと主張し、科学的不確実性の残りの領域は、容認できない管理上の無駄を引き起こし、保存目標を推進せずに訴訟を増やすと主張しています。[302]

インドは、インドの生物多様性の保全のために2002年に生物多様性法を可決しました。この法律はまた、伝統的な生物学的資源と知識の使用からの利益を公平に共有するためのメカニズムを提供します。

分析限界

分類とサイズの関係

記載されているすべての種の1%未満が、単にそれらの存在に注目することを超えて研究されています。[303]地球の種の大部分は微生物です。現代の生物多様性物理学は「目に見える[巨視的]世界にしっかりと固執している」。[304]例えば、微生物の生命は、多細胞生物よりも代謝的および環境的に多様である(例えば、極限環境微生物を参照)。「生命の木では、小さなサブユニットのリボソームRNAの分析に基づいて、目に見える生命はほとんど目立たない小枝で構成されています。サイズと人口の逆の関係は、進化のはしごでより高く繰り返されます。最初の概算では、地球上のすべての多細胞種は昆虫」。[305] 昆虫の絶滅率は高く、完新世の絶滅仮説を支持しています。[306] [307]

多様性研究(植物学)

多様性研究のためにスコアリングできる形態学的属性の数は一般に限られており、環境の影響を受けやすいです。これにより、系統発生関係を確認するために必要な細かい解像度が低下します。したがって、DNAベースのマーカー-単純配列反復(SSR)としても知られるマイクロサテライトは、特定の種とその野生の近縁種の多様性研究に使用されました。

ササゲの場合、ササゲの生殖質と関連する幅広い種の遺伝的多様性のレベルを評価するために実施された研究では、さまざまな分類群間の関連性が比較され、分類群の分類に役立つプライマーが特定され、栽培されたササゲの起源と系統発生が分類されましたSSRマーカーが種分類で検証し、多様性の中心を明らかにするのに役立つことを示します。[308]

も参照してください

ソース

Definition of Free Cultural Works logo notext.svgこの記事には、無料のコンテンツ作品 からのテキストが組み込まれています。CC BY-SA3.0ライセンスステートメント/許可に基づいてライセンス供与されます。Global Forest Resources Assessment 2020からのテキスト主な調査結果、FAO、FAO。ウィキペディアの記事にオープンライセンステキストを追加する方法については、このハウツーページを参照してください。ウィキペディアのテキストの再利用については、利用規約をご覧ください

Definition of Free Cultural Works logo notext.svgこの記事には、無料のコンテンツ作品 からのテキストが組み込まれています。CC BY-SA3.0ライセンスステートメント/許可に基づいてライセンス供与されます。2020年の世界の森林の状態から取られたテキスト。森林、生物多様性および人々–簡単に言えば、FAOとUNEP、FAOとUNEP。ウィキペディアの記事にオープンライセンステキストを追加する方法については、このハウツーページを参照してください。ウィキペディアのテキストの再利用については、利用規約をご覧ください

参考文献

  1. ^ 「生物多様性とは何ですか?」 (PDF)国連環境計画、世界自然保全モニタリングセンター。
  2. ^ Gaston、Kevin J.(2000年5月11日)。「生物多様性のグローバルパターン」。自然405(6783):220–227。土井10.1038 / 35012228PMID10821282_ S2CID4337597_  
  3. ^ フィールド、リチャード; ホーキンス、ブラッドフォードA。; コーネル、ハワードV。; カリー、デビッドJ。; Diniz-Filho、J。(2009年1月1日)。アレクサンドルF .; Guégan、Jean-François; カウフマン、ドーンM。; カー、ジェレミーT。; ミッテルバッハ、ゲイリーG。; オベルドルフ、ティエリー; オブライエン、アイリーンM。; ターナー、ジョンRG「スケール間の空間的な種の豊富さの勾配:メタ分析」。Journal ofBiogeography36(1):132–147。土井10.1111 /j.1365-2699.2008.01963.xS2CID4276107_ 
  4. ^ ガストン、ケビンJ。; スパイサー、ジョンI.(2013年4月22日)。生物多様性:はじめに。ジョン・ワイリー&サンズ。ISBN 978-1-118-68491-7
  5. ^ ヤング、アンソニー。「地球環境展望3(GEO-3):過去、現在、未来の展望」 地理ジャーナル、vol。169、2003、p。120。
  6. ^ a b Tittensor、Derek P。; モラ、カミロ; ジェッツ、ウォルター; ロッツェ、平家K。; リカード、ダニエル; ベルゲ、エドワードヴァンデン; ワーム、ボリス(2010年7月28日)。「分類群全体の海洋生物多様性の世界的なパターンと予測因子」。自然466(7310):1098–1101。Bibcode2010Natur.466.1098T土井10.1038 / nature09329PMID20668450_ S2CID4424240_  
  7. ^ マイヤーズ、ノーマン;ミッターマイヤー、ラッセルA。; Mittermeier、Cristina G。;ダフォンセカ、グスタボAB;ケント、ジェニファー(2000年2月24日)。 「保全の優先事項のための生物多様性ホットスポット」。自然403(6772):853–858。Bibcode2000Natur.403..853M土井10.1038 / 35002501PMID10706275_ S2CID4414279_  
  8. ^ McPeek、Mark A。; ブラウン、ジョナサンM.(2007年4月1日)。「分岐群の年齢と多様化率ではないことは、動物分類群間の種の豊富さを説明している」。アメリカンナチュラリスト169(4):E97–E106。土井10.1086 / 512135PMID17427118_ S2CID22533070_  
  9. ^ ピーターズ、シャナン。「セプコスキのオンライン属データベース」ウィスコンシン大学マディソン校2013年4月10日取得
  10. ^ Rabosky、Daniel L.(2009年8月1日)。「生態学的限界と多様化率:分岐群と地域間の種の豊富さの違いを説明するための代替パラダイム」。エコロジーレター12(8):735–743。土井10.1111 /j.1461-0248.2009.01333.xPMID19558515_ S2CID10292976_  
  11. ^ チャールズコッケル; クリスチャン・ケーベル&イアン・ギルモア(2006年5月18日)。影響イベントに関連する生物学的プロセス(1版)。シュプリンガーサイエンス&ビジネスメディア。pp。197–219。Bibcode2006bpai.book ..... C。ISBN 978-3-540-25736-3
  12. ^ a b Algeo、TJ; Scheckler、SE(1998年1月29日)。「デボン紀の陸と海のテレコネクション:陸上植物の進化、風化過程、および海洋無酸素事変の間のリンク」王立協会の哲学的取引B:生物科学353(1365):113–130。土井10.1098 /rstb.1998.0195PMC1692181_ 
  13. ^ ボンド、デビッドPG; Wignall、Paul B.(2008年6月1日)。「フラニアン-ファメニアン(デボン紀後期)の大量絶滅における海面変動と海洋無酸素症の役割」(PDF)古地理学、古気候学、古生態学263(3–4):107–118。Bibcode2008PPP ... 263..107B土井10.1016 /j.palaeo.2008.02.015
  14. ^ クニン、私たち; ガストン、ケビン、編 (1996年12月31日)。希少性の生物学:希少性の原因と結果-一般的な違いISBN 978-0-412-63380-52015年5月26日取得
  15. ^ スターンズ、ビバリーピーターソン; スターンズ、SC; スターンズ、スティーブンC.(2000)。絶滅の果てから見守るエール大学プレスp。序文x。ISBN 978-0-300-08469-62017年5月30日取得
  16. ^ Novacek、Michael J.(2014年11月8日)。「先史時代の輝かしい未来」ニューヨークタイムズ2014年12月25日取得
  17. ^ G。ミラー; スコットスプールマン(2012)。環境科学–生物多様性は地球の自然資本の重要な部分ですセンゲージラーニングp。62. ISBN 978-1-133-70787-52014年12月27日取得
  18. ^ モーラ、C。; ティッテンソー、DP; Adl、S。; シンプソン、AG; ワーム、B。(2011年8月23日)。「地球と海には何種類の種がいますか?」PLOS生物学9(8):e1001127。土井10.1371 /journal.pbio.1001127PMC3160336_ PMID21886479_  
  19. ^ Nuwer、レイチェル(2015年7月18日)。「地球上のすべてのDNAを数える」ニューヨークタイムズニューヨーク2015年7月18日取得
  20. ^ 「生物圏:生命の多様性」アスペングローバルチェンジインスティテュートコロラド州バサルト2015年7月19日取得
  21. ^ ウェイド、ニコラス(2016年7月25日)。「すべての生き物の祖先、僕はルカ」ニューヨークタイムズ2016年7月25日取得
  22. ^ 「地球の年齢」米国地質調査所。1997年。 2005年12月23日のオリジナルからアーカイブ2006年1月10日取得
  23. ^ Dalrymple、G。Brent(2001)。「20世紀の地球の時代:問題は(ほとんど)解決されました」。特別刊行物、ロンドン地質学会190(1):205–221。Bibcode2001GSLSP.190..205D土井10.1144 /GSL.SP.2001.190.01.14S2CID130092094_ 
  24. ^ Manhesa、Gérard;アレグル、クロードJ。;デュプレア、バーナード&ハメリン、ブルーノ(1980)。 「塩基性-超塩基性層状複合体の鉛同位体研究:地球の年代と原始マントルの特徴についての推測」。地球惑星科学の手紙47(3):370–382。Bibcode1980E&PSL..47..370M土井10.1016 / 0012-821X(80)90024-2
  25. ^ a b Schopf、J。ウィリアム; Kudryavtsev、Anatoliy B。; Czaja、Andrew D。; Tripathi、Abhishek B.(2007年10月5日)。「始生代の生命の証拠:ストロマトライトと微小化石」。PrecambrianResearch地球上の生命の最も初期の証拠。158(3–4):141–155。Bibcode2007PreR..158..141S土井10.1016 /j.precamres.2007.04.009
  26. ^ Schopf、J。William(2006年6月29日)。「始生代の生命の化石の証拠」王立協会の哲学的取引B:生物科学361(1470):869–885。土井10.1098 /rstb.2006.1834PMC1578735_ PMID16754604_  
  27. ^ ハミルトンレイヴン、ピーター; ブルックスジョンソン、ジョージ(2002)。生物学マグロウヒルエデュケーション。p。68. ISBN 978-0-07-112261-02013年7月7日取得
  28. ^ Borenstein、Seth(2013年11月13日)。「見つかった最古の化石:微生物のお母さんに会いましょう」AP通信
  29. ^ パールマン、ジョナサン(2013年11月13日)。「」「地球上で最も古い生命の兆候が見つかりました」–科学者は、地球上で最も古い生命の兆候を発見しました–オーストラリアの岩石に35億年前の微生物痕跡あります
  30. ^ ノフケ、ノラ; クリスチャン、ダニエル; ウェイシー、デビッド; ハーゼン、ロバートM.(2013年11月8日)。「西オーストラリア州ピルバラの約34億8000万年前のドレッサー層における古代の生態系を記録する微生物によって誘発された堆積構造」宇宙生物学13(12):1103–1124。Bibcode2013AsBio..13.1103N土井10.1089 /ast.2013.1030PMC3870916_ PMID24205812_  
  31. ^ 大友、陽子; 掛川武; 石田明泉; 長瀬、敏郎; Rosing、Minik T.(2013年12月8日)。「始生代初期のイスア変堆積岩における生体黒鉛の証拠」。ネイチャージオサイエンス7(1):25–28。Bibcode2014NatGe ... 7 ... 25O土井10.1038 / ngeo2025S2CID54767854_ 
  32. ^ a b Borenstein、Seth(2011年10月19日)。「初期の地球を荒廃させたと考えられていたものに関する生命のヒント」
  33. ^ ベル、エリザベスA。; ベーニケ、パトリック; ハリソン、T。マーク; etal。(2015年11月24日)。「41億年前のジルコンに保存されている可能性のある生体炭素」Proc。国立 Acad。科学 アメリカ112(47):14518–14521。Bibcode2015PNAS..11214518B土井10.1073 /pnas.1517557112PMC4664351_ PMID26483481_  
  34. ^ 「カンブリア紀」カリフォルニア大学古生物学博物館2012年5月15日にオリジナルからアーカイブされました2012年5月17日取得
  35. ^ a b Sahney、S。;ベントン、MJ&ファルコン-ラング、HJ(2010)。 「熱帯雨林の崩壊は、ユーラメリカ大陸でペンシルバニアンのテトラポッドの多様化を引き起こしました」。地質学38(12):1079–1082。Bibcode2010Geo .... 38.1079S土井10.1130 /G31182.1
  36. ^ a b Sahney、S。&Benton、MJ(2008)。「史上最も深刻な大量絶滅からの回復」王立協会紀要B:生物科学275(1636):759–765。土井10.1098 /rspb.2007.1370PMC2596898_ PMID18198148_  
  37. ^ 「白亜紀-第三紀の大量絶滅のビデオ、ニュースおよび事実」BBCネイチャー。2017年6月9日にオリジナルからアーカイブされました2017年6月5日取得
  38. ^ Vignieri、S。(2014年7月25日)。「消える動物(特集)」科学345(6195):392–412。Bibcode2014Sci ... 345..392V土井10.1126 /science.345.6195.392PMID25061199_ 
  39. ^ ドックリル、ピーター(2022年1月18日)。「第6回大量絶滅が実際に始まった、科学者たちは新しく発表された研究で警告している」ScienceAlert2022年1月19日取得
  40. ^ サラ、オズワルドE。; マイヤーソン、ローラA。; パルメザン、カミーユ(2009年1月26日)。生物多様性の変化と人間の健康:生態系サービスから病気の蔓延までアイランドプレス。pp。3–5。ISBN 978-1-59726-497-62011年6月28日取得
  41. ^ 「生物多様性に関する国連の10年|国連教育科学文化機関」www.unesco.org 2017年8月11日取得
  42. ^ 「大胆な国連環境議会の決定を刺激するための生態系回復に関する新しい国連の10年」2019年3月6日。
  43. ^ スタッフ(2019年5月6日)。「メディアリリース:自然の危険な衰退「前例のない」;種の絶滅率「加速」"生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム。 2019年5月9日取得
  44. ^ ワット、ジョナサン(2019年5月6日)。「地球の自然の生命の喪失による緊急の脅威にさらされている人間社会」ガーディアン2019年5月9日取得
  45. ^ プラマー、ブラッド(2019年5月6日)。「人間は「前例のない」ペースで絶滅を加速し、自然界を変えています」ニューヨークタイムズ2019年5月9日取得
  46. ^ a b 「「パンデミックの時代」からの脱出:専門家は、リスクを軽減するために提供されるオプションが来ると、より深刻な危機を警告する」生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム2020 2020年11月27日取得
  47. ^ 「地球規模の生物多様性の見通し5」2020年8月18日2020年10月19日取得
  48. ^ 「国連の報告書は「前例のない生物多様性の喪失」と病気の蔓延との関連を強調しています」国連ニュース2020年9月15日2020年10月2日取得
  49. ^ ハリス、J。アーサー(1916年)。「可変砂漠」。サイエンティフィックマンスリー3(1):41–50。JSTOR6182_ 
  50. ^ Terbogh、ジョン(1974)。「自然の多様性の保存:絶滅しやすい種の問題」。バイオサイエンス24(12):715–722。土井10.2307 / 1297090JSTOR1297090_ 
  51. ^ Soulé、Michael E。; ウィルコックス、ブルースA.(1980)。保全生物学:進化生態学的展望サンダー*ランド、マサチューセッツ州:シナウアーアソシエイツ。ISBN 978-0-87893-800-1
  52. ^ 「ロバートE.ジェンキンス」Nature.org。2011年8月18日。2012年9月19日のオリジナルからアーカイブ2011年9月24日取得
  53. ^ ウィルソン、EO(1988)。生物多様性ナショナルアカデミープレス。p。vi。土井10.17226 / 989ISBN 978-0-309-03739-6PMID25032475 _
  54. ^ タングリー、ローラ(1985)。「地球の生物相を保護するための新しい計画」。バイオサイエンス35(6):334–336 +341。土井10.1093 / bioscience /356.334JSTOR1309899_ 
  55. ^ ウィルソン、EO(1988年1月1日)。生物多様性国立アカデミープレス。ISBN 978-0-309-03739-6 オンライン版 2006年9月13日にウェイバックマシンでアーカイブ
  56. ^ グローバルな生物多様性評価:政策立案者のための要約ケンブリッジ大学出版局。1995年。ISBN 978-0-521-56481-6付録6、用語集。「生物多様性」によってソースとして使用され、2011年9月10日にウェイバックマシンベルギーのクリアリングハウスメカニズムでアーカイブされたCBDに関連する用語集。 2006年4月26日取得。
  57. ^ ウォーカー、ブライアンH.(1992)。「生物多様性と生態学的冗長性」。保全生物学6(1):18–23。土井10.1046 /j.1523-1739.1992.610018.x
  58. ^ Tor-BjörnLarsson(2001)。ヨーロッパの森林のための生物多様性評価ツールワイリー-ブラックウェル。p。178. ISBN 978-87-16-16434-62011年6月28日取得
  59. ^ Davis. Intro To Env Engg (Sie), 4E. McGraw-Hill Education (India) Pvt Ltd. p. 4. ISBN 978-0-07-067117-1. Retrieved 28 June 2011.
  60. ^ a b c d e f g h Sahney, S.; Benton, M.J.; Ferry, Paul (2010). "Links between global taxonomic diversity, ecological diversity and the expansion of vertebrates on land". Biology Letters. 6 (4): 544–547. doi:10.1098/rsbl.2009.1024. PMC 2936204. PMID 20106856.
  61. ^ Campbell, AK (2003). "Save those molecules: molecular biodiversity and life". Journal of Applied Ecology. 40 (2): 193–203. doi:10.1046/j.1365-2664.2003.00803.x.
  62. ^ Lefcheck, Jon (20 October 2014). "What is functional diversity, and why do we care?". sample(ECOLOGY). Retrieved 22 December 2015.
  63. ^ a b c Wilcox, Bruce A. 1984. In situ conservation of genetic resources: determinants of minimum area requirements. In National Parks, Conservation and Development, Proceedings of the World Congress on National Parks, J.A. McNeely and K.R. Miller, Smithsonian Institution Press, pp. 18–30.
  64. ^ a b D. L. Hawksworth (1996). Biodiversity: measurement and estimation. Philosophical Transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences. Vol. 345. Springer. p. 6. doi:10.1098/rstb.1994.0081. ISBN 978-0-412-75220-9. PMID 7972355. Retrieved 28 June 2011.
  65. ^ Gaston, Kevin J.; Spicer, John I. (13 February 2004). Biodiversity: An Introduction. Wiley. ISBN 978-1-4051-1857-6.
  66. ^ a b c d The State of the World's Forests 2020. In brief – Forests, biodiversity and people. Rome, Italy: FAO & UNEP. 2020. doi:10.4060/ca8985en. ISBN 978-92-5-132707-4. S2CID 241416114.
  67. ^ a b Morand, Serge; Krasnov, Boris R. (1 September 2010). The Biogeography of Host-Parasite Interactions. Oxford University Press. pp. 93–94. ISBN 978-0-19-956135-3. Retrieved 28 June 2011.
  68. ^ a b c d Cardinale, Bradley. J.; et al. (March 2011). "The functional role of producer diversity in ecosystems". American Journal of Botany. 98 (3): 572–592. doi:10.3732/ajb.1000364. hdl:2027.42/141994. PMID 21613148.
  69. ^ "A Durable Yet Vulnerable Eden in Amazonia". Dot Earth blog, New York Times. 20 January 2010. Retrieved 2 February 2013.
  70. ^ Margot S. Bass; Matt Finer; Clinton N. Jenkins; Holger Kreft; Diego F. Cisneros-Heredia; Shawn F. McCracken; Nigel C. A. Pitman; Peter H. English; Kelly Swing; Gorky Villa; Anthony Di Fiore; Christian C. Voigt; Thomas H. Kunz (2010). "Global Conservation Significance of Ecuador's Yasuní National Park". PLOS ONE. 5 (1): e8767. Bibcode:2010PLoSO...5.8767B. doi:10.1371/journal.pone.0008767. PMC 2808245. PMID 20098736.
  71. ^ Benton M. J. (2001). "Biodiversity on land and in the sea". Geological Journal. 36 (3–4): 211–230. doi:10.1002/gj.877.
  72. ^ The State of the World's Forests 2020. In brief - Forests, biodiversity and people. Rome, Italy: FAO & UNEP. 2020. doi:10.4060/ca8985en. ISBN 978-92-5-132707-4. S2CID 241416114.
  73. ^ a b c Mora, C.; et al. (2011). "How Many Species Are There on Earth and in the Ocean?". PLOS Biology. 9 (8): e1001127. doi:10.1371/journal.pbio.1001127. PMC 3160336. PMID 21886479.
  74. ^ a b Microorganisms Editorial Office (9 January 2019). "Acknowledgement to Reviewers of Microorganisms in 2018". Microorganisms. 7 (1): 13. doi:10.3390/microorganisms7010013. PMC 6352028.
  75. ^ The State of the World's Forests 2020. In brief – Forests, biodiversity and people. Rome, Italy: FAO & UNEP. 2020. doi:10.4060/ca8985en. ISBN 978-92-5-132707-4. S2CID 241416114.
  76. ^ a b c The State of the World's Forests 2020. Forests, biodiversity and people – In brief. Rome: FAO & UNEP. 2020. doi:10.4060/ca8985en. ISBN 978-92-5-132707-4. S2CID 241416114.
  77. ^ Mora C, Robertson DR (2005). "Causes of latitudinal gradients in species richness: a test with fishes of the Tropical Eastern Pacific" (PDF). Ecology. 86 (7): 1771–1792. doi:10.1890/04-0883.
  78. ^ Currie, D. J.; Mittelbach, G. G.; Cornell, H. V.; Kaufman, D. M.; Kerr, J. T.; Oberdorff, T. (2004). "A critical review of species-energy theory". Ecology Letters. 7 (12): 1121–1134. doi:10.1111/j.1461-0248.2004.00671.x. S2CID 212930565.
  79. ^ Allen A. P.; Gillooly J. F.; Savage V. M.; Brown J. H. (2006). "Kinetic effects of temperature on rates of genetic divergence and speciation". PNAS. 103 (24): 9130–9135. Bibcode:2006PNAS..103.9130A. doi:10.1073/pnas.0603587103. PMC 1474011. PMID 16754845.
  80. ^ Hillebrand H (2004). "On the generality of the latitudinal diversity gradient" (PDF). The American Naturalist. 163 (2): 192–211. doi:10.1086/381004. PMID 14970922. S2CID 9886026.
  81. ^ Karakassis, Ioannis; Moustakas, Aristides (September 2005). "How diverse is aquatic biodiversity research?". Aquatic Ecology. 39 (3): 367–375. doi:10.1007/s10452-005-6041-y. S2CID 23630051.
  82. ^ Cazzolla Gatti, R (2016). "The fractal nature of the latitudinal biodiversity gradient". Biologia. 71 (6): 669–672. doi:10.1515/biolog-2016-0077.
  83. ^ Cogitore, Clément (1983-....). (January 1988), Hypothesis, ISBN 9780309037396, OCLC 968249007
  84. ^ Biodiversity A-Z. "Biodiversity Hotspots".
  85. ^ Myers N (1988). "Threatened biotas: 'hot spots' in tropical forests". Environmentalist. 8 (3): 187–208. doi:10.1007/BF02240252. PMID 12322582. S2CID 2370659.
  86. ^ Myers N (1990). "The biodiversity challenge: expanded hot-spots analysis" (PDF). Environmentalist. 10 (4): 243–256. CiteSeerX 10.1.1.468.8666. doi:10.1007/BF02239720. PMID 12322583. S2CID 22995882.
  87. ^ Tittensor D.; et al. (2011). "Global patterns and predictors of marine biodiversity across taxa" (PDF). Nature. 466 (7310): 1098–1101. Bibcode:2010Natur.466.1098T. doi:10.1038/nature09329. PMID 20668450. S2CID 4424240.
  88. ^ McKee, Jeffrey K. (December 2004). Sparing Nature: The Conflict Between Human Population Growth and Earth's Biodiversity. Rutgers University Press. p. 108. ISBN 978-0-8135-3558-6. Retrieved 28 June 2011.
  89. ^ Galindo-Leal, Carlos (2003). The Atlantic Forest of South America: Biodiversity Status, Threats, and Outlook. Washington: Island Press. p. 35. ISBN 978-1-55963-988-0.
  90. ^ "Colombia in the World". Alexander von Humboldt Institute for Research on Biological Resources. Archived from the original on 29 October 2013. Retrieved 30 December 2013.
  91. ^ godfrey, laurie. "isolation and biodiversity". pbs.org. Retrieved 22 October 2017.
  92. ^ a b Harrison, Susan P. (15 May 2013), "Plant Endemism in California", Plant and Animal Endemism in California, University of California Press, pp. 43–76, doi:10.1525/california/9780520275546.003.0004, ISBN 978-0-520-27554-6
  93. ^ "Madagascar – A World Apart: Eden Evolution". www.pbs.org. Retrieved 6 June 2019.
  94. ^ Normile, Dennis (10 September 2010). "Saving Forests to Save Biodiversity". Science. 329 (5997): 1278–1280. Bibcode:2010Sci...329.1278N. doi:10.1126/science.329.5997.1278. PMID 20829464.
  95. ^ White, Gilbert (1887). "letter xx". The Natural History of Selborne: With A Naturalist's Calendar & Additional Observations. Scott.
  96. ^ Rosing, M.; Bird, D.; Sleep, N.; Bjerrum, C. (2010). "No climate paradox under the faint early Sun". Nature. 464 (7289): 744–747. Bibcode:2010Natur.464..744R. doi:10.1038/nature08955. PMID 20360739. S2CID 205220182.
  97. ^ a b Alroy, J; Marshall, CR; Bambach, RK; Bezusko, K; Foote, M; Fursich, FT; Hansen, TA; Holland, SM; et al. (2001). "Effects of sampling standardization on estimates of Phanerozoic marine diversification". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 98 (11): 6261–6266. Bibcode:2001PNAS...98.6261A. doi:10.1073/pnas.111144698. PMC 33456. PMID 11353852.
  98. ^ a b "Mapping the web of life". Unep.org. Archived from the original on 14 February 2007. Retrieved 21 June 2009.
  99. ^ Okasha, S. (2010). "Does diversity always grow?". Nature. 466 (7304): 318. Bibcode:2010Natur.466..318O. doi:10.1038/466318a.
  100. ^ "Stanford researchers discover that animal functional diversity started poor, became richer over time". biox.stanford.edu. 11 March 2015.
  101. ^ a b Hautmann, Michael; Bagherpour, Borhan; Brosse, Morgane; Frisk, Åsa; Hofmann, Richard; Baud, Aymon; Nützel, Alexander; Goudemand, Nicolas; Bucher, Hugo; Brayard, Arnaud (2015). "Competition in slow motion: the unusual case of benthic marine communities in the wake of the end-Permian mass extinction". Palaeontology. 58 (5): 871–901. doi:10.1111/pala.12186.
  102. ^ a b c Markov, AV; Korotaev, AV (2008). "Hyperbolic growth of marine and continental biodiversity through the phanerozoic and community evolution". Journal of General Biology. 69 (3): 175–194. PMID 18677962.
  103. ^ a b Markov, A; Korotayev, A (2007). "Phanerozoic marine biodiversity follows a hyperbolic trend". Palaeoworld. 16 (4): 311–318. doi:10.1016/j.palwor.2007.01.002.
  104. ^ National Survey Reveals Biodiversity Crisis Archived 7 June 2007 at the Wayback Machine American Museum of Natural History
  105. ^ a b Wilson, Edward O. (1 January 2002). The Future of Life. Alfred A. Knopf. ISBN 978-0-679-45078-8.
  106. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Cardinale, Bradley; et al. (2012). "Biodiversity loss and its impact on humanity" (PDF). Nature. 486 (7401): 59–67. Bibcode:2012Natur.486...59C. doi:10.1038/nature11148. PMID 22678280. S2CID 4333166.
  107. ^ Wright, Richard T., and Bernard J. Nebel. Environmental Science : toward a Sustainable Future. Eighth ed., Upper Saddle River, N.J., Pearson Education, 2002.
  108. ^ Daniel, T. C.; et al. (21 May 2012). "Contributions of cultural services to the ecosystem services agenda". Proceedings of the National Academy of Sciences. 109 (23): 8812–8819. Bibcode:2012PNAS..109.8812D. doi:10.1073/pnas.1114773109. PMC 3384142. PMID 22615401.
  109. ^ Kiaer, Lars P.; Skovgaard, M.; Østergård, Hanne (1 December 2009). "Grain yield increase in cereal variety mixtures: A meta-analysis of field trials". Field Crops Research. 114 (3): 361–373. doi:10.1016/j.fcr.2009.09.006.
  110. ^ a b Letourneau, Deborah K. (1 January 2011). "Does plant diversity benefit agroecosystems? A synthetic review". Ecological Applications. 21 (1): 9–21. doi:10.1890/09-2026.1. PMID 21516884. S2CID 11439673.
  111. ^ Piotto, Daniel (1 March 2008). "A meta-analysis comparing tree growth in monocultures and mixed plantations". Forest Ecology and Management. 255 (3–4): 781–786. doi:10.1016/j.foreco.2007.09.065.
  112. ^ Futuyma, Douglas J.; Shaffer, H. Bradley; Simberloff, Daniel, eds. (1 January 2009). Annual Review of Ecology, Evolution and Systematics: Vol 40 2009. Palo Alto, Calif.: Annual Reviews. pp. 573–592. ISBN 978-0-8243-1440-8.
  113. ^ Philpott, Stacy M.; Soong, Oliver; Lowenstein, Jacob H.; Pulido, Astrid Luz; Lopez, Diego Tobar (1 October 2009). Flynn, Dan F. B.; DeClerck, Fabrice. "Functional richness and ecosystem services: bird predation on arthropods in tropical agroecosystems". Ecological Applications. 19 (7): 1858–1867. doi:10.1890/08-1928.1. PMID 19831075. S2CID 9867979.
  114. ^ Van Bael, Sunshine A; et al. (April 2008). "Birds as predators in tropical agroforestry systems". Ecology. 89 (4): 928–934. doi:10.1890/06-1976.1. hdl:1903/7873. PMID 18481517.
  115. ^ Vance-Chalcraft, Heather D.; et al. (1 November 2007). "The Influence of Intraguild Predation on Prey Suppression and Prey Release: A Meta-analysis". Ecology. 88 (11): 2689–2696. doi:10.1890/06-1869.1. PMID 18051635. S2CID 21458500.
  116. ^ a b c d e Quijas, Sandra; Schmid, Bernhard; Balvanera, Patricia (1 November 2010). "Plant diversity enhances provision of ecosystem services: A new synthesis". Basic and Applied Ecology. 11 (7): 582–593. CiteSeerX 10.1.1.473.7444. doi:10.1016/j.baae.2010.06.009.
  117. ^ Levine, Jonathan M.; Adler, Peter B.; Yelenik, Stephanie G. (6 September 2004). "A meta-analysis of biotic resistance to exotic plant invasions". Ecology Letters. 7 (10): 975–989. doi:10.1111/j.1461-0248.2004.00657.x. S2CID 85852363.
  118. ^ Crowder, David W.; et al. (2010). "Organic agriculture promotes evenness and natural pest control". Nature. 466 (7302): 109–112. Bibcode:2010Natur.466..109C. doi:10.1038/nature09183. PMID 20596021. S2CID 205221308.
  119. ^ Andow, D A (1 January 1991). "Vegetational Diversity and Arthropod Population Response". Annual Review of Entomology. 36 (1): 561–586. doi:10.1146/annurev.en.36.010191.003021.
  120. ^ Keesing, Felicia; et al. (December 2010). "Impacts of biodiversity on the emergence and transmission of infectious diseases". Nature. 468 (7324): 647–652. Bibcode:2010Natur.468..647K. doi:10.1038/nature09575. PMC 7094913. PMID 21124449.
  121. ^ Johnson, Pieter T. J.; et al. (13 February 2013). "Biodiversity decreases disease through predictable changes in host community competence". Nature. 494 (7436): 230–233. Bibcode:2013Natur.494..230J. doi:10.1038/nature11883. PMID 23407539. S2CID 205232648.
  122. ^ Garibaldi, L. A.; et al. (28 February 2013). "Wild Pollinators Enhance Fruit Set of Crops Regardless of Honey Bee Abundance". Science. 339 (6127): 1608–1611. Bibcode:2013Sci...339.1608G. doi:10.1126/science.1230200. PMID 23449997. S2CID 88564525.
  123. ^ Costanza, Robert; et al. (1997). "The value of the world's ecosystem services and natural capital". Nature. 387 (6630): 253–260. Bibcode:1997Natur.387..253C. doi:10.1038/387253a0. S2CID 672256.
  124. ^ a b Hassan, Rashid M.; et al. (2006). Ecosystems and human well-being: current state and trends : findings of the Condition and Trends Working Group of the Millennium Ecosystem Assessment. Island Press. p. 105. ISBN 978-1-55963-228-7.
  125. ^ a b Vandermeer, John H. (2011). The Ecology of Agroecosystems. Jones & Bartlett Learning. ISBN 978-0-7637-7153-9.
  126. ^ IPBES (26 June 2018). "Assessment Report on Pollinators, Pollination and Food Production". ipbes.org. IPBES. Retrieved 13 April 2021.
  127. ^ Bommarco (2013). "Ecological intensification: harnessing ecosystem services for food security". Trends in Ecology and Evolution. 28 (4): 230–238. doi:10.1016/j.tree.2012.10.012. PMID 23153724.
  128. ^ a b c "Rice Grassy Stunt Virus". Lumrix.net. Archived from the original on 23 July 2011. Retrieved 21 June 2009.
  129. ^ Wahl, GM; Robert de Saint Vincent B; Derose, ML (1984). "Effect of chromosomal position on amplification of transfected genes in animal cells". Nature. 307 (5951): 516–520. Bibcode:1984Natur.307..516W. doi:10.1038/307516a0. PMID 6694743. S2CID 4322191.
  130. ^ "Southern Corn Leaf Blight". Archived from the original on 14 August 2011. Retrieved 13 November 2007.
  131. ^ Aswathanarayana, Uppugunduri (2012). Natural Resources – Technology, Economics & Policy. Leiden, Netherlands: CRC Press. p. 370. ISBN 978-0-203-12399-7.
  132. ^ Aswathanarayana, Uppugunduri (2012). Natural Resources – Technology, Economics & Policy. Leiden. Netherlands: CRC Press. p. 370. ISBN 978-0-203-12399-7.
  133. ^ World Health Organization(WHO) and Secretariat of the Convention on Biological Diversity (2015) Connecting Global Priorities: Biodiversity and Human Health, a State of Knowledge Review . See also Website of the Secretariat of the Convention on Biological Diversity on biodiversity and health. Other relevant resources include Reports of the 1st and 2nd International Conferences on Health and Biodiversity. Archived 7 January 2009 at the Wayback Machine See also: Website of the UN COHAB Initiative Archived 4 February 2009 at the Wayback Machine
  134. ^ a b Chivian, Eric, ed. (15 May 2008). Sustaining Life: How Human Health Depends on Biodiversity. OUP US. ISBN 978-0-19-517509-7.
  135. ^ Corvalán, Carlos; Hales, Simon; Anthony J. McMichael (2005). Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis. World Health Organization. p. 28. ISBN 978-92-4-156309-3.
  136. ^ (2009) "Climate Change and Biological Diversity" Convention on Biological Diversity Retrieved 5 November 2009
  137. ^ Ramanujan, Krishna (2 December 2010). "Study: Loss of species is bad for your health". Cornell Chronicle. Retrieved 20 July 2011.
  138. ^ The World Bank (30 June 2010). Water and Development: An Evaluation of World Bank Support, 1997–2007. World Bank Publications. p. 79. ISBN 978-0-8213-8394-0.
  139. ^ "Drinking-water". World Health Organization.
  140. ^ Gaston, Kevin J.; Warren, Philip H.; Devine-Wright, Patrick; Irvine, Katherine N.; Fuller, Richard A. (2007). "Psychological benefits of greenspace increase with biodiversity". Biology Letters. 3 (4): 390–394. doi:10.1098/rsbl.2007.0149. PMC 2390667. PMID 17504734.
  141. ^ "COHAB Initiative: Biodiversity and Human Health – the issues". Cohabnet.org. Archived from the original on 5 September 2008. Retrieved 21 June 2009.
  142. ^ "World Wildlife Fund (WWF): "Arguments for Protection" website". Wwf.panda.org. Retrieved 24 September 2011.
  143. ^ "Science points to causes of COVID-19". United Nations Environmental Programm. United Nations. 22 May 2020. Retrieved 24 June 2020.
  144. ^ Mendelsohn, Robert; Balick, Michael J. (1 April 1995). "The value of undiscovered pharmaceuticals in tropical forests". Economic Botany. 49 (2): 223–228. doi:10.1007/BF02862929. S2CID 39978586.
  145. ^ (2006) "Molecular Pharming" GMO Compass Retrieved 5 November 2009, GMOcompass.org Archived 8 February 2008 at the Wayback Machine
  146. ^ Mendelsohn, Robert; Balick, Michael J. (1 July 1997). "Notes on economic plants". Economic Botany. 51 (3): 328. doi:10.1007/BF02862103. S2CID 5430635.
  147. ^ Harvey, Alan L. (1 October 2008). "Natural products in drug discovery". Drug Discovery Today. 13 (19–20): 894–901. doi:10.1016/j.drudis.2008.07.004. PMID 18691670.
  148. ^ Hawkins E.S., Reich; Reich, MR (1992). "Japanese-originated pharmaceutical products in the United States from 1960 to 1989: an assessment of innovation". Clin Pharmacol Ther. 51 (1): 1–11. doi:10.1038/clpt.1992.1. PMID 1732073. S2CID 46010944.
  149. ^ Roopesh, J.; et al. (10 February 2008). "Marine organisms: Potential Source for Drug Discovery" (PDF). Current Science. 94 (3): 292. Archived from the original (PDF) on 11 October 2011.
  150. ^ Dhillion, SS; Svarstad, H; Amundsen, C; Bugge, HC (2002). "Bioprospecting: Effects on environment and development". Ambio. 31 (6): 491–493. doi:10.1639/0044-7447(2002)031[0491:beoead]2.0.co;2. JSTOR 4315292. PMID 12436849.
  151. ^ Cole, A. (16 July 2005). "Looking for new compounds in sea is endangering ecosystem". BMJ. 330 (7504): 1350. doi:10.1136/bmj.330.7504.1350-d. PMC 558324. PMID 15947392.
  152. ^ "COHAB Initiative – on Natural Products and Medicinal Resources". Cohabnet.org. Archived from the original on 25 October 2017. Retrieved 21 June 2009.
  153. ^ IUCN, WRI, World Business Council for Sustainable Development, Earthwatch Inst. 2007 Business and Ecosystems: Ecosystem Challenges and Business Implications
  154. ^ Millennium Ecosystem Assessment 2005 Ecosystems and Human Well-being: Opportunities and Challenges for Business and Industry
  155. ^ "Business and Biodiversity webpage of the U.N. Convention on Biological Diversity". Cbd.int. Retrieved 21 June 2009.
  156. ^ WRI Corporate Ecosystem Services Review. See also: Examples of Ecosystem-Service Based Risks, Opportunities and Strategies Archived 1 April 2009 at the Wayback Machine
  157. ^ Corporate Biodiversity Accounting. See also: Making the Natural Capital Declaration Accountable.
  158. ^ Tribot, A.; Mouquet, N.; Villeger, S.; Raymond, M.; Hoff, F.; Boissery, P.; Holon, F.; Deter, J. (2016). "Taxonomic and functional diversity increase the aesthetic value of coralligenous reefs" (PDF). Scientific Reports. 6: 34229. Bibcode:2016NatSR...634229T. doi:10.1038/srep34229. PMC 5039688. PMID 27677850.
  159. ^ Broad, William (19 November 1996). "Paradise Lost: Biosphere Retooled as Atmospheric Nightmare". The New York Times. Retrieved 10 April 2013.
  160. ^ Ponti, Crystal (3 March 2017). "Rise of the Robot Bees: Tiny Drones Turned into Artificial Pollinators". NPR. Retrieved 18 January 2018.
  161. ^ LOSEY, JOHN E.; VAUGHAN, MACE (1 January 2006). "The Economic Value of Ecological Services Provided by Insects". BioScience. 56 (4): 311. doi:10.1641/0006-3568(2006)56[311:TEVOES]2.0.CO;2.
  162. ^ Mora, Camilo; Tittensor, Derek P.; Adl, Sina; Simpson, Alastair G. B.; Worm, Boris; Mace, Georgina M. (23 August 2011). "How Many Species Are There on Earth and in the Ocean?". PLOS Biology. 9 (8): e1001127. doi:10.1371/journal.pbio.1001127. PMC 3160336. PMID 21886479.
  163. ^ Wilson, J. Bastow; Peet, Robert K.; Dengler, Jürgen; Pärtel, Meelis (1 August 2012). "Plant species richness: the world records". Journal of Vegetation Science. 23 (4): 796–802. doi:10.1111/j.1654-1103.2012.01400.x. S2CID 53548257.
  164. ^ Appeltans, W.; Ahyong, S. T.; Anderson, G; Angel, M. V.; Artois, T.; and 118 others (2012). "The Magnitude of Global Marine Species Diversity". Current Biology. 22 (23): 2189–2202. doi:10.1016/j.cub.2012.09.036. PMID 23159596.
  165. ^ "Numbers of Insects (Species and Individuals)". Smithsonian Institution.
  166. ^ Galus, Christine (5 March 2007). "Protection de la biodiversité : un inventaire difficile". Le Monde (in French).
  167. ^ Proceedings of the National Academy of Sciences, Census of Marine Life (CoML) News.BBC.co.uk
  168. ^ Hawksworth, D. L. (24 July 2012). "Global species numbers of fungi: are tropical studies and molecular approaches contributing to a more robust estimate?". Biodiversity and Conservation. 21 (9): 2425–2433. doi:10.1007/s10531-012-0335-x. S2CID 15087855.
  169. ^ Hawksworth, D (2001). "The magnitude of fungal diversity: The 1.5 million species estimate revisited". Mycological Research. 105 (12): 1422–1432. doi:10.1017/S0953756201004725. S2CID 56122588.
  170. ^ "Acari at University of Michigan Museum of Zoology Web Page". Insects.ummz.lsa.umich.edu. 10 November 2003. Retrieved 21 June 2009.
  171. ^ "Fact Sheet – Expedition Overview" (PDF). J. Craig Venter Institute. Archived from the original (PDF) on 29 June 2010. Retrieved 29 August 2010.
  172. ^ Mirsky, Steve (21 March 2007). "Naturally Speaking: Finding Nature's Treasure Trove with the Global Ocean Sampling Expedition". Scientific American. Retrieved 4 May 2011.
  173. ^ "Article collections published by the Public Library of Science". PLoS Collections. doi:10.1371/issue.pcol.v06.i02 (inactive 31 October 2021). Retrieved 24 September 2011. {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)CS1 maint: DOI inactive as of October 2021 (link)
  174. ^ McKie, Robin (25 September 2005). "Discovery of new species and extermination at high rate". The Guardian. London.
  175. ^ Bautista, Luis M.; Pantoja, Juan Carlos (2005). "What species should we study next?". Bulletin of the British Ecological Society. 36 (4): 27–28. hdl:10261/43928.
  176. ^ Richard E. Leakey; Roger Lewin (4 November 1996). The sixth extinction: biodiversity and its survival. Phoenix. pp. 137–142. ISBN 978-1-85799-473-5. Retrieved 27 June 2011.
  177. ^ Gabriel, Sigmar (9 March 2007). "30% of all species lost by 2050". BBC News.
  178. ^ a b Reid, Walter V. (1995). "Reversing the loss of biodiversity: An overview of international measures". Arid Lands Newsletter. Ag.arizona.edu.
  179. ^ Pimm, S. L.; Russell, G. J.; Gittleman, J. L.; Brooks, T. M. (1995). "The Future of Biodiversity" (PDF). Science. 269 (5222): 347–350. Bibcode:1995Sci...269..347P. doi:10.1126/science.269.5222.347. PMID 17841251. S2CID 35154695. Archived from the original (PDF) on 15 July 2011. Retrieved 4 May 2011.
  180. ^ Carrington D (2 February 2021). "Economics of biodiversity review: what are the recommendations?". The Guardian. Retrieved 17 December 2021.
  181. ^ a b Dasgupta, Partha (2021). "The Economics of Biodiversity: The Dasgupta Review Headline Messages" (PDF). UK government. p. 1. Retrieved 16 December 2021. Biodiversity is declining faster than at any time in human history. Current extinction rates, for example, are around 100 to 1,000 times higher than the baseline rate, and they are increasing.
  182. ^ De Vos JM, Joppa LN, Gittleman JL, Stephens PR, Pimm SL (April 2015). "Estimating the normal background rate of species extinction" (PDF). Conservation Biology. 29 (2): 452–62. doi:10.1111/cobi.12380. PMID 25159086.
  183. ^ Ceballos G, Ehrlich PR, Raven PH (June 2020). "Vertebrates on the brink as indicators of biological annihilation and the sixth mass extinction". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 117 (24): 13596–13602. Bibcode:2020PNAS..11713596C. doi:10.1073/pnas.1922686117. PMC 7306750. PMID 32482862.
  184. ^ "Researches find threat from biodiversity loss equals climate change threat". Winnipeg Free Press. 7 June 2012.
  185. ^ a b Living Planet Report 2014 (PDF), World Wildlife Fund, archived from the original (PDF) on 6 October 2014, retrieved 4 October 2014
  186. ^ Editor, Damian Carrington Environment (18 October 2017). "Warning of 'ecological Armageddon' after dramatic plunge in insect numbers". The Guardian. {{cite news}}: |last1= has generic name (help)
  187. ^ Briggs, Helen (10 September 2020). "Wildlife in 'catastrophic decline' due to human destruction, scientists warn". BBC. Retrieved 3 December 2020.
  188. ^ Grantham, H. S.; Duncan, A.; Evans, T. D.; Jones, K. R.; Beyer, H. L.; Schuster, R.; Walston, J.; Ray, J. C.; Robinson, J. G.; Callow, M.; Clements, T.; Costa, H. M.; DeGemmis, A.; Elsen, P. R.; Ervin, J.; Franco, P.; Goldman, E.; Goetz, S.; Hansen, A.; Hofsvang, E.; Jantz, P.; Jupiter, S.; Kang, A.; Langhammer, P.; Laurance, W. F.; Lieberman, S.; Linkie, M.; Malhi, Y.; Maxwell, S.; Mendez, M.; Mittermeier, R.; Murray, N. J.; Possingham, H.; Radachowsky, J.; Saatchi, S.; Samper, C.; Silverman, J.; Shapiro, A.; Strassburg, B.; Stevens, T.; Stokes, E.; Taylor, R.; Tear, T.; Tizard, R.; Venter, O.; Visconti, P.; Wang, S.; Watson, J. E. M. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity". Nature Communications. 11 (1): 5978. Bibcode:2020NatCo..11.5978G. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. PMC 7723057. PMID 33293507.
  189. ^ Lovett, Richard A. (2 May 2006). "Endangered Species List Expands to 16,000". National Geographic. Archived from the original on 5 August 2017.
  190. ^ Moulton, Michael P.; Sanderson, James (1 September 1998). Wildlife Issues in a Changing World. CRC-Press. ISBN 978-1-56670-351-2.
  191. ^ Chen, Jim (2003). "Across the Apocalypse on Horseback: Imperfect Legal Responses to Biodiversity Loss". The Jurisdynamics of Environmental Protection: Change and the Pragmatic Voice in Environmental Law. Environmental Law Institute. p. 197. ISBN 978-1-58576-071-8.
  192. ^ "Hippo dilemma". Windows on the Wild. New Africa Books. 2005. ISBN 978-1-86928-380-3.
  193. ^ "The IUCN Red List of Threatened Species". IUCN Red List of Threatened Species. Retrieved 28 June 2021.
  194. ^ Ehrlich, Paul R.; Ehrlich, Anne H. (1983). Extinction: The Causes and Consequences of the Disappearance of Species. Ballantine Books. ISBN 978-0-345-33094-9.
  195. ^ C.Michael Hogan. 2010. Deforestation Encyclopedia of Earth. ed. C.Cleveland. NCSE. Washington DC
  196. ^ Mac Nally, Ralph; Bennett, Andrew F.; Thomson, James R.; Radford, James Q.; Unmack, Guy; Horrocks, Gregory; Vesk, Peter A. (July 2009). "Collapse of an avifauna: climate change appears to exacerbate habitat loss and degradation". Diversity and Distributions. 15 (4): 720–730. doi:10.1111/j.1472-4642.2009.00578.x.
  197. ^ Nogué, Sandra; Rull, Valentí; Vegas-Vilarrúbia, Teresa (24 February 2009). "Modeling biodiversity loss by global warming on Pantepui, northern South America: projected upward migration and potential habitat loss". Climatic Change. 94 (1–2): 77–85. Bibcode:2009ClCh...94...77N. doi:10.1007/s10584-009-9554-x. S2CID 154910127.
  198. ^ Drakare, Stina; Lennon, Jack J.; Hillebrand, Helmut (2006). "The imprint of the geographical, evolutionary and ecological context on species-area relationships". Ecology Letters. 9 (2): 215–227. doi:10.1111/j.1461-0248.2005.00848.x. PMID 16958886.
  199. ^ Liscow, Zachary D. (March 2013). "Do property rights promote investment but cause deforestation? Quasi-experimental evidence from Nicaragua". Journal of Environmental Economics and Management. 65 (2): 241–261. doi:10.1016/j.jeem.2012.07.001. S2CID 115140212.
  200. ^ Giam, Xingli; Bradshaw, Corey J.A.; Tan, Hugh T.W.; Sodhi, Navjot S. (July 2010). "Future habitat loss and the conservation of plant biodiversity". Biological Conservation. 143 (7): 1594–1602. doi:10.1016/j.biocon.2010.04.019.
  201. ^ "Study: Loss of Genetic Diversity Threatens Species Diversity". Enn.com. 26 September 2007. Retrieved 21 June 2009.
  202. ^ Science Connection 22 (July 2008)
  203. ^ Koh L. P.; Dunn R. R.; Sodhi N. S.; Colwell R. K.; Proctor H. C.; Smith V. S. (2004). "Species Coextinctions and the Biodiversity Crisis" (PDF). Science. 305 (5690): 1632–1634. Bibcode:2004Sci...305.1632K. doi:10.1126/science.1101101. PMID 15361627. S2CID 30713492. Archived from the original (PDF) on 26 March 2009.
  204. ^ "Bees and other pollinating insects disappear from quarter of UK habitats in population crash". The Independent. 26 March 2019.
  205. ^ Walker, Robert (10 April 2019). "The Insect Apocalypse Is Coming: Here Are 5 Lessons We Must Learn". Ecowatch. Retrieved 10 May 2019.
  206. ^ Torchin, Mark E.; Lafferty, Kevin D.; Dobson, Andrew P.; McKenzie, Valerie J.; Kuris, Armand M. (6 February 2003). "Introduced species and their missing parasites". Nature. 421 (6923): 628–630. Bibcode:2003Natur.421..628T. doi:10.1038/nature01346. PMID 12571595. S2CID 4384385.
  207. ^ Levine, Jonathan M.; D'Antonio, Carla M. (1 October 1999). "Elton Revisited: A Review of Evidence Linking Diversity and Invasibility". Oikos. 87 (1): 15. doi:10.2307/3546992. JSTOR 3546992. S2CID 13987518.
  208. ^ Levine, J. M. (5 May 2000). "Species Diversity and Biological Invasions: Relating Local Process to Community Pattern". Science. 288 (5467): 852–854. Bibcode:2000Sci...288..852L. doi:10.1126/science.288.5467.852. PMID 10797006. S2CID 7363143.
  209. ^ GUREVITCH, J; PADILLA, D (1 September 2004). "Are invasive species a major cause of extinctions?". Trends in Ecology & Evolution. 19 (9): 470–474. doi:10.1016/j.tree.2004.07.005. PMID 16701309.
  210. ^ Sax, Dov F.; Gaines, Steven D.; Brown, James H. (1 December 2002). "Species Invasions Exceed Extinctions on Islands Worldwide: A Comparative Study of Plants and Birds". The American Naturalist. 160 (6): 766–783. doi:10.1086/343877. PMID 18707464. S2CID 8628360.
  211. ^ Jude, David auth., ed. by M. Munawar (1995). The lake Huron ecosystem: ecology, fisheries and management. Amsterdam: S.P.B. Academic Publishing. ISBN 978-90-5103-117-1. {{cite book}}: |first= has generic name (help)
  212. ^ "Are invasive plants a threat to native biodiversity? It depends on the spatial scale". ScienceDaily. 11 April 2011.
  213. ^ Vimal, Anupama (15 June 2021). "Tackle Biodiversity Loss, Climate Change Together for A Better Tomorrow". Indian Flash News. Retrieved 15 June 2021.
  214. ^ Mooney, H. A.; Cleland, EE (2001). "The evolutionary impact of invasive species". Proceedings of the National Academy of Sciences. 98 (10): 5446–5451. Bibcode:2001PNAS...98.5446M. doi:10.1073/pnas.091093398. PMC 33232. PMID 11344292.
  215. ^ "Glossary: definitions from the following publication: Aubry, C., R. Shoal and V. Erickson. 2005. Grass cultivars: their origins, development, and use on national forests and grasslands in the Pacific Northwest. USDA Forest Service. 44 pages, plus appendices.; Native Seed Network (NSN), Institute for Applied Ecology, Corvallis, OR". Nativeseednetwork.org. Archived from the original on 22 February 2006. Retrieved 21 June 2009.
  216. ^ Rhymer, Judith M.; Simberloff, Daniel (1996). "Extinction by Hybridization and Introgression". Annual Review of Ecology and Systematics. 27: 83–109. doi:10.1146/annurev.ecolsys.27.1.83. JSTOR 2097230.
  217. ^ Potts, Bradley M.; Barbour, Robert C.; Hingston, Andrew B. (2001). Genetic Pollution from Farm Forestry Using Eucalypt Species and Hydrids: A Report for the RIRDC/L & WA/FWPRDC Joint Venture Agroforestry Program. Research Report, Chicken Meat & Egg Programs. RIRDC. ISBN 978-0-642-58336-9. RIRDC.gov.au RIRDC Publication No 01/114; RIRDC Project No CPF – 3A Archived 5 January 2016 at the Wayback Machine; Australian Government, Rural Industrial Research and Development Corporation
  218. ^ Grafton, R. Q.; Kompas, T.; Hilborn, R. W. (2007). "Economics of Overexploitation Revisited". Science. 318 (5856): 1601. Bibcode:2007Sci...318.1601G. doi:10.1126/science.1146017. PMID 18063793. S2CID 41738906.
  219. ^ Burney, D. A.; Flannery, T. F. (July 2005). "Fifty millennia of catastrophic extinctions after human contact" (PDF). Trends in Ecology & Evolution. 20 (7): 395–401. doi:10.1016/j.tree.2005.04.022. PMID 16701402. Archived from the original (PDF) on 10 June 2010.
  220. ^ a b "Genetic Pollution: The Great Genetic Scandal"; Archived 18 May 2009 at the Wayback Machine
  221. ^ Pollan, Michael (9 December 2001). "The year in ideas: A TO Z.; Genetic Pollution; By Michael Pollan, The New York Times, December 9, 2001". The New York Times. Retrieved 21 June 2009.
  222. ^ Ellstrand, Norman C. (2003). Dangerous Liaisons? When Cultivated Plants Mate with Their Wild Relatives. Nature Biotechnology. Vol. 22. The Johns Hopkins University Press. pp. 29–30. doi:10.1038/nbt0104-29. ISBN 978-0-8018-7405-5. S2CID 41155573. Reviewed in Strauss, Steven H; DiFazio, Stephen P (2004). "Hybrids abounding". Nature Biotechnology. 22 (1): 29–30. doi:10.1038/nbt0104-29. S2CID 41155573.
  223. ^ Zaid, A. (1999). "Genetic pollution: Uncontrolled spread of genetic information". Glossary of Biotechnology and Genetic Engineering. Food and Agriculture Organization of the United Nations. ISBN 978-92-5-104369-1. Retrieved 21 June 2009.
  224. ^ "Genetic pollution: Uncontrolled escape of genetic information (frequently referring to products of genetic engineering) into the genomes of organisms in the environment where those genes never existed before". Searchable Biotechnology Dictionary. University of Minnesota. Archived from the original on 10 February 2008.
  225. ^ "The many facets of pollution". Bologna University. Retrieved 18 May 2012.
  226. ^ "Climate change and biodiversity" (PDF). Intergovernmental Panel on Climate Change. 2005. Archived from the original (PDF) on 5 February 2018. Retrieved 12 June 2012.
  227. ^ Kannan, R.; James, D. A. (2009). "Effects of climate change on global biodiversity: a review of key literature" (PDF). Tropical Ecology. 50 (1): 31–39. Retrieved 21 May 2014.
  228. ^ "Climate change, reefs and the Coral Triangle". wwf.panda.org. Retrieved 9 November 2015.
  229. ^ Aldred, Jessica (2 July 2014). "Caribbean coral reefs 'will be lost within 20 years' without protection". The Guardian. Retrieved 9 November 2015.
  230. ^ Ainsworth, Elizabeth A.; Long, Stephen P. (18 November 2004). "What have we learned from 15 years of free-air CO2 enrichment (FACE)? A meta-analytic review of the responses of photosynthesis, canopy properties and plant production to rising CO2". New Phytologist. 165 (2): 351–372. doi:10.1111/j.1469-8137.2004.01224.x. PMID 15720649. S2CID 25887592.
  231. ^ Doney, Scott C.; Fabry, Victoria J.; Feely, Richard A.; Kleypas, Joan A. (1 January 2009). "Ocean Acidification: The Other CO Problem". Annual Review of Marine Science. 1 (1): 169–192. Bibcode:2009ARMS....1..169D. doi:10.1146/annurev.marine.010908.163834. PMID 21141034. S2CID 402398.
  232. ^ Loarie, Scott R.; Duffy, Philip B.; Hamilton, Healy; Asner, Gregory P.; Field, Christopher B.; Ackerly, David D. (24 December 2009). "The velocity of climate change". Nature. 462 (7276): 1052–1055. Bibcode:2009Natur.462.1052L. doi:10.1038/nature08649. PMID 20033047. S2CID 4419902.
  233. ^ Walther, Gian-Reto; Roques, Alain; Hulme, Philip E.; Sykes, Martin T.; Pyšek, Petr (1 December 2009). Kühn, Ingolf; Zobel, Martin; Bacher, Sven; Botta-Dukát, Zoltán; Bugmann, Harald. "Alien species in a warmer world: risks and opportunities" (PDF). Trends in Ecology & Evolution. 24 (12): 686–693. doi:10.1016/j.tree.2009.06.008. PMID 19712994.
  234. ^ Lovejoy, Thomas E.; Hannah, Lee Jay (2005). Climate Change and Biodiversity. Revue Scientifique et Technique (International Office of Epizootics). Vol. 27. New Haven: Yale University Press. pp. 41–55. ISBN 978-0-300-10425-7. PMID 18819663.
  235. ^ Hegland, Stein Joar; Nielsen, Anders; Lázaro, Amparo; Bjerknes, Anne-Line; Totland, Ørjan (1 February 2009). "How does climate warming affect plant-pollinator interactions?". Ecology Letters. 12 (2): 184–195. doi:10.1111/j.1461-0248.2008.01269.x. PMID 19049509. S2CID 9483613.