Bibcode

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Bibcode
フルネーム書誌コード
紹介された1990年代
特許 桁19
チェックディジットなし
1924MNRAS..84..308E

bibcode(としても知らrefcodeは)いくつかで使用されるコンパクトな識別子である天文一意の参考文献を指定するデータシステム。

採用

Bibliographic Reference Code(refcode)は、もともとSIMBADおよびNASA / IPAC銀河系外データベース(NED)で使用するために開発されましたが、事実上の標準になり、現在では、たとえばNASA天体物理データシステムによってより広く使用されています。これは造語であり、「bibcode」という用語を好みます。[1] [2]

フォーマット

コードの長さは19文字に固定されており、形式は

YYYYJJJJJVVVVMPPPPA

ここYYYYで、は参照の4桁の年でJJJJJあり、は参照が発行された場所を示すコードです。ジャーナル参照の場合、VVVVは巻番号でMあり、参照が発行されたジャーナルのセクションを示し(たとえば、L文字セクションの場合)、PPPP開始ページ番号Aを示し、の姓の最初の文字です。筆頭著者。ピリオド(.)は、未使用のフィールドを埋め、短すぎる場合はフィールドを固定長にパディングするために使用されます。パブリケーションコードのパディングは右側で、ボリューム番号とページ番号の左側で行われます。[1] [2] 9999を超えるページ番号はM桁。1990年代後半以降にPhysicalReviewの出版物で使用されていた6桁の記事ID番号(ページ番号の代わり)は、次のように扱われます。発行番号に対応する記事IDの最初の2桁は小文字に変換されます。大文字と小文字(01 = aなど)で列に挿入されますM残りの4桁は、ページフィールドで使用されます。[2]

Bibcodeの例は次のとおりです。

Bibcode リファレンス
1974AJ.....79..819H ハインツ、WD(1974)。「4つの視覚連星の位置天文学研究」。アストロノミカルジャーナル79:819–825。Bibcode1974AJ ..... 79..819H土井10.1086 / 111614
1924MNRAS..84..308E エディントン、AS(1924)。「星の質量と光度の関係について」王立天文学会月報84(5):308–332。Bibcode1924MNRAS..84..308E土井10.1093 / mnras /84.5.308
1970ApJ...161L..77K ケンプ、JC; スウェーデン、JB; ランドストリート、JD; エンジェル、JRP(1970)。「白色矮星からの円偏光の発見」。アストロフィジカルジャーナルレター161:L77〜L79。Bibcode1970ApJ ... 161L..77K土井10.1086 / 180574
2004PhRvL..93o0801M Mukherjee、M。; ケラーバウアー、A。; ベック、D。; etal。(2004)。"のマス22のMg" (PDF) 物理的レビューレター93(15):150801. Bibcode2004PhRvL..93o0801M土井10.1103 /PhysRevLett.93.150801PMID  15524861

も参照してください

参考文献

  1. ^ B M.シュミッツ。G. Helou; P.デュボア; C.ラグー; BFマドア; HG Corwin Jr.&S。Lesteven(1995)。「書誌参照コーディングのためのNEDおよびSIMBAD規則」。ダニエル・イーグリット&ミゲル・A・アルブレヒト(編)。天文学における情報とオンラインデータKluwer AcademicPublishersISBN 0-7923-3659-32011年6月7日にオリジナルからアーカイブされました20116月22日取得
  2. ^ a b c 「ADSデータ、ヘルプページ」NASAADS。2007年10月14日にオリジナルからアーカイブされました2007年11月5日取得