ベルントハイネ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ベルントハイネ
生まれ1939-05-251939年5月25日(82歳)
Mohrungen東プロイセン
(現在はMorąg、ポーランド
国籍ドイツ人
職業言語学者
学歴
母校ケルン大学
学術研究
機関ケルン大学
主な関心事アフリカの言語

Bernd Heine(1939年5月25日生まれ)はドイツ語の言語学者であり、アフリカ研究の専門家です。

1978年から2004年まで、ハイネはドイツのケルン大学でアフリカ研究の議長を務め、現在は名誉教授を務めています。研究と教育における彼の主な焦点は、アフリカ言語学社会言語学文法化理論、言語接触談話文法です。文法の変化を扱い、7冊の本と多数の記事を寄稿した文法化理論が彼の主な焦点です。Tania KutevaおよびGuntherKaltenböckと共同で、Heineは談話文法のフレームワークの創設者です。

初期と教育

ハイネは東プロイセンのモロンク(現在はポーランドのモロンク)で生まれました二次世界大戦中、1944年に彼の両親はオーストリアに逃亡し、後にバイエルンに居住し、1948年にレバークーゼンに定住しました。1949年から1959年まで、ハイネはオプラデンのランドラット-ルーカス-体育館に出席しました。その後、ケルン大学とハンブルク大学で学びまし1967年に彼はケルンで博士号を取得しました。1972年に彼はアフリカ研究のための博士研究員の資格を取得しました。

プロとしてのキャリア

1968年から1969年まではケルン大学アフリカ研究科の助手、1969年から1972年までは講師、1975年から1978年まではナイロビ大学の客員教授でした。1978年に彼はケルン大学でアフリカ研究の議長を引き継ぎました。

彼は、ガーナトーゴケニアタンザニアウガンダナミビアへの25回のフィールド調査旅行と、オーストラリア、オーストリア、ブラジルイングランドエストニアエチオピアフィンランド、フランス、イタリア、日本、ケニア、メキシコ、ナミビアへの講義旅行を実施しました。 、オランダポーランド、スペイン、南アフリカ韓国、スウェーデン、タンザニアアメリカ合衆国

ゲスト教授は彼を1994/1995年メルボルンのラ・トローブ大学に、 1999年から2000年に米国スタンフォードの行動科学高等研究センターに、2002年に米国のダートマス大学に、2005年に大学に連れて行った。グラーツ大学、2005年から2006年にかけて、オランダワセナールにあるオランダ高等研究所、2006年にハンブルク大学、2007年にEcole des Hautes Etudes(Centre de Recherches Linguistiques sur l'Asie Orientale "CRLAO")、パリ、2007年にリオデジャネイロ連邦大学へ、2008年から2009年に東京外国語大学に、2009年に全南大学校に。彼は2012年と2015年にケープタウン大学の客員教授を務め、2014年には中国広東外語大学のYunshan議長に任命されました(2014年から2016年)。

Bernd Heineは、100を超える国際会議の基調講演者または招待講演者を務めてきました。彼の出版物には、アフリカ言語学、社会言語学、歴史言語学文法化理論、談話文法に​​関する40冊以上の本が含まれています。彼は、17のジャーナルまたは一連の本の共同編集者および/または諮問委員会のメンバーです。2014年以来、彼の主な関心は、GuntherKaltenböckundTania Kutevaと共同で、言語談話の分析にありました。これらの著者によって開発された談話文法の枠組みでは、談話計画の2つの要素が区別され、一方の文文法は文の構成に中心的に関係し、もう一方はThetical Grammarは、話し手、聞き手、およびテキストの間の関係に専念しています。

彼の賞には、ロンドンのインターナショナルアフリカンインスティテュートのエグゼクティブカウンシルのメンバーシップが含まれています。1986年に彼はアメリカのインディアナ大学でハンス・ウルフ記念講師になり、1990年に南アフリカのヨハネスブルグ大学でレイモンド・ダート記念講師になりました。1990年にナイロビでケニアスワヒリ協会賞を受賞し、1994年にオーストラリア研究評議会のフェローを務め、1995年にタンザニア共和国の国立スワヒリ評議会から賞を受賞しました。1995年に彼はライプツィヒ大学の8月クリンゲンヘーベン記念講師になりましたそして1996年に英国学士院のフェロー1997年から2000年まで、彼はアフリカ言語学の世界会議委員会の委員長を務め、1999年には、ノルトラインヴェストファーレン科学アカデミーの正会員になりました。2008年、韓国の教育科学技術部は彼を著名な世界クラスの学者に任命し、2009年には、ブリュッセル進化言語学協会の生涯功労賞を受賞しました。彼は2015年にAcademiaEuropaea(MAE)のメンバーになり、2016年にEuropeanScienceFoundationのメンバーになりました。2012年に彼はアメリカ言語学会、そして2020年にロンドン 言語学会。

選択した出版物

  • アフリカの言語での文法化と再分析Buske、1984年(Mechthild Rehによる共著)。
  • 文法化:概念フレームワークシカゴプレス大学、1991年(Ulrike ClaudiとFriederikeHünnemeyerの共著)。
  • 文法化へのアプローチ2巻、1991年。ベンジャミンズ(エリザベスC.トラウゴットと共同編集)。
  • 補助:認知力と文法化、1993年。オックスフォード大学出版局。
  • Mukogodo Maasai:民族植物学的調査、1994年Köppe(MatthiasBrenzingerとIngoHeineの共著)。
  • スワヒリ植物ケルン:KöppeVerlag、1995年(KarstenLegère共著)。
  • 文法の認知的基盤オックスフォード大学出版局、1997年。
  • 所持:認知的情報源、力、および文法化ケンブリッジ大学出版局、1997年。
  • Ik辞書(Nilo-Saharan、15)Köppe、1999。
  • アフリカの言語:はじめにケンブリッジ大学出版局、2000年(デレクナースによる共同編集)。
  • 文法化の世界レキシコンケンブリッジ大学出版局、2002年(Tania Kuteva共著)。
  • 言語接触と文法上の変更ケンブリッジ大学出版局、2005年(Tania Kuteva共著)。
  • ヨーロッパの変化する言語オックスフォード大学出版局、2006年(Tania Kuteva共著)。
  • 文法の起源:再構成オックスフォード大学出版局、2007年(Tania Kuteva共著)。
  • アフリカの言語地理ケンブリッジ大学出版局、2008年(デレクナースによる共同編集)。
  • 言語分析のオックスフォードハンドブックオックスフォード大学出版局、2010年(Heiko Narrogが共同編集)。
  • 類型的な観点からの文法化オックスフォード大学出版局、2019年(Heiko Narrogが共同編集)
  • 文法化の世界レキシコン第二に、大幅に改訂および更新されたエディション。ケンブリッジ大学出版局、2019年(Tania Kuteva、Bo Hong、Haiping Long、Heiko Narrog、およびSeongha Rheeが共同編集)。
  • タンザニアのAkie言語:テキストと辞書Köppe、2020年(ChristaKönig、KarstenLegère、およびIngo Heineによる共著)。
  • 文法化オックスフォード大学出版局、2021年(Heiko Narrog共著)。
  • 談話マーカーの台頭ケンブリッジ大学出版局、2021年(GuntherKaltenböck、Tania Kuteva、およびHaiping Longによる共著)。
  • 文法化のオックスフォードハンドブックオックスフォード大学出版局、2021年(Heiko Narrogが共同編集)。

外部リンク