シロイルカ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

シロイルカ[1]
時間範囲:第四紀–最近
A beluga whale
スペイン 芸術科学都市にて
Size comparison to an average human
平均的な人間と比較したサイズ
CITES付録II  (CITES[3]
科学的分類 edit
王国: 動物界
門: 脊索動物
クラス: 哺乳類
注文: 偶蹄目
インフラオーダー: クジラ目
家族: イッカク科
属: DelphinapterusLacépède
1804
種族:
D. leucas
二名法
Delphinapterus leucas
パラス、1776)
Cetacea range map Beluga.png
ベルーガ山脈

シロイルカ/ bɪˈluːɡə /)(Delphinapterus leucas は、北極圏および北極圏のクジラですこれは、イッカク科の2つのメンバーのうちの1つであり、イッカクとともに、Delphinapterusの唯一のメンバーですシロイルカは、この色で定期的に発生する唯一のクジラ目であるため、シロイルカとしても知られています。甲高い鳴き声のため海のカナリア。メロンヘッド、より一般的には マイルカであるカズハゴンドウ

シロイルカは北極圏での生活に適応しており、他のクジラ類とは異なる解剖学的および生理学的特性を備えています。その中には、真っ白な色と背びれがないため、氷の下で簡単に泳ぐことができます。[4]頭の前に独特の隆起があり、メロンと呼ばれるエコーロケーション器官があり、この種では大きくて変形しやすい。シロイルカの体の大きさはイルカと本物のクジラの中間で、オスは体長5.5 m(18フィート)、体重1,600 kg(3,530ポンド)まで成長します。このクジラは体がずんぐりしています。多くのクジラ類のように、その体重の大部分は脂っこいです(皮下脂肪)。その聴覚は高度に発達しており、そのエコーロケーションにより、氷床の下を動き回って呼吸穴を見つけることができます。

シロイルカは群生しており、平均して10匹の動物のグループを形成しますが、夏の間は、河口や浅い沿岸地域に数百または数千もの動物が集まる可能性があります。彼らはゆっくり泳ぐ人ですが、水面下700 m(2,300フィート)まで潜ることができます。彼らは日和見主義の餌やりであり、彼らの食事は彼らの場所と季節によって異なります。シロイルカの大部分は、北極海と北アメリカ、ロシア、グリーンランド周辺の海と海岸に生息しています。彼らの世界の人口は約20万人と考えられています。[5] [6]彼らは移動性であり、グループの大多数は北極の氷冠の周りで冬を過ごします。いつ海氷は夏に溶け、暖かい川の河口や沿岸地域に移動します。一部の個体群は座りがちで、年間を通じて長距離を移動しません。

北米とロシアの先住民は、何世紀にもわたってベルガスを狩ってきました。彼らはまた、19世紀と20世紀の一部の間に非ネイティブによって狩られました。シロイルカの狩猟は国際捕鯨委員会によって管理されておらず、各国は異なる年に独自の規制を策定しました。現在、カナダとグリーンランドの一部のイヌイット、アラスカ先住民グループ、ロシア人は、1986年の国際捕鯨委員会の狩猟モラトリアムから先住民の捕鯨が除外されているため、消費と販売のためにベルガスを狩ることが許可されています。ロシアとグリーンランドでは数が大幅に減少しましたが、アラスカとカナダでは減少していません。その他の脅威には、自然の捕食者が含まれます(ホッキョクグマキラークマ)、河川の汚染(食物連鎖を生物蓄積するポリ塩化ビフェニル(PCB)のように)、気候変動感染症シロイルカは、2008年に「準絶滅危惧種」として国際自然保護連合レッドリストに掲載されました。ただし、アラスカのクック湾からの亜集団は、絶滅の危機にしていると見なされており、米国の絶滅危惧種法の保護下にあります。現存するカナダのシロイルカの7つの個体群のうち、ハドソン湾東部に生息する個体群Ungava Bay、およびSt.LawrenceRiverは絶滅危惧種として記載されています。

シロイルカは、飼育下で最も一般的に飼育されているクジラ類の1つであり、北米、ヨーロッパ、アジアの水族館、イルカ水族館、野生生物公園に収容されています。彼らは笑顔の外見、コミュニケーションの性質[7]、そしてしなやかな優雅な動きのためにカリスマ的であると考えられています。[8]

分類法

コペンハーゲンの動物学博物館でのイッカクとシロイルカの十字架の頭蓋骨

シロイルカは、1776年にペーターサイモンパラスによって最初に記述されました。[1]これはイッカク科のメンバーであり、イッカク科のオドントセティハクジラ )の一部です。[1]最近の遺伝的証拠によると、これらのイルカはマイルカ科に属していることが示唆されていますが、イラワジイルカはかつて同じ家族に属していました[9] [10]イッカクは、イッカク科の中でシロイルカ以外の唯一の他の種です。[11]ハイブリダイゼーションという仮説を支持する中間的な特徴を持つ頭蓋骨が発見されました これらの2つの種の間で可能です。[12]

名前Delphinapterusは、「ひれのないイルカ」(ギリシャのδελφίν(delphin)、イルカ、απτερος(apteros)、ひれのない)を意味し、種名leucasは「白」(ギリシャのλευκας(leukas) )を意味します。 、 白)。[13]絶滅危機種のレッドリストでは、シロイルカとシロイルカの両方が一般名として挙げられていますが、現在は前者の方が人気があります。英語の名前はロシア語のбелуха(belukha)に由来し、「白」を意味するбелый( bélyj )に由来します。[13]ベルーガという名前ロシア語で、無関係の種、魚、ベルーガチョウザメを指します。

クジラは、甲高い鳴き声、鳴き声、鳴き声、笛のために、口語的に「海のカナリア」としても知られています。日本の研究者は、これらの音を使って3つの異なる物体を識別することでベルーガに「話す」ことを教えたと主張し、人間がいつか海の哺乳類と効果的にコミュニケーションできるようになることを期待しています。[14]カナダの研究者によって同様の観察がなされており、2007年に死亡したシロイルカはまだ未成年のときに「話し合った」。もう1つの例は、人間の言語のリズムとトーンを模倣できるシロイルカであるNOCです。野生のシロイルカは人間の声を模倣していると報告されています。[15]

進化

シロイルカの骨格

ミトコンドリアDNAの研究では、現代のクジラ類が2500万年から3400万年前に共通の祖先を最後に共有したことが示されています[16] [17]数年前。その後、イッカク科はイルカ(マイルカ科)から分裂し、後にネズミイルカ(マイルカ科)から分裂しました。[16] 2017年に、シロイルカのゲノムが配列決定され、29,581個の予測遺伝子をコードする2.327Gbpの組み立てられたゲノム配列が含まれていました。[18]著者らは、シロイルカとキラークジラの間のゲノムワイドな配列類似性を推定したは97.87%±2 × 10です−7%(平均±標準偏差)。

シロイルカの最も初期の既知の特徴的な祖先には、中新世後期(900万年から1000万年前)の先史時代のDenebola brachycephala 、 [19] [20]鮮新世初期(300万年から500万年前)のBohaskaiamonodontoidesが含まれます。[21]バハカリフォルニア[22]とバージニアからの化石の証拠は、家族がかつてより暖かい海に住んでいたことを示しています。[21] 500万年前のイッカク科のカサティア・サーモフィラの化石は、雄牛やイタチザメなどの熱帯種の化石と並んで発見されたため、かつては暖かい海域に生息していたという最も強力な証拠を提供します。[23]

化石の記録はまた、比較的最近では、ベルーガの範囲は、氷河期の間に拡大し、氷が後退したときに収縮する極地のアイスパックの範囲によって変化したことを示しています[24]この理論に対する反証は、1849年に大西洋から240 km(150マイル)離れた米国のバーモント州で化石化したシロイルカの骨が発見されたことに由来します。骨は、バーモント州のラトランドバーリントンの間の最初の鉄道の建設中に、労働者がシャーロットで謎の動物の骨を発掘したときに発見されました厚い青い粘土で地表から約10フィート(3.0 m)下に埋められた、これらの骨は、バーモントで以前に発見された動物の骨とは異なりました。専門家は、骨をシロイルカの骨として特定しました。シャーロットは最も近い海から150マイル(240 km)以上離れているため、初期の自然主義者はバーモント州の田園地帯の下に埋められ た海洋哺乳類の骨の存在を説明するのに途方に暮れていました。

残骸は、約12、000年前の氷河期の終わりの海面上昇に起因する大陸内の大西洋の延長であるシャンプレーン海の堆積物に保存されていることがわかりました。[25]今日、シャーロットクジラは公式のバーモント州の化石です(バーモントを公式の化石がまだ現存する動物のものである唯一の州にします)。[26]

現代のシロイルカ(黒)の頭蓋骨で復元されたシャーロットクジラ(白)の頭蓋骨と下顎骨

説明

飼育下のシロイルカの正面図

その体は、特に十分に餌を与えられたときに丸く、尾よりも頭に向かって滑らかに先細りになりません。首の付け根が急に細くなると、クジラ類の中でも独特の肩のように見えます。尾びれは成長し、動物が年をとるにつれてますます華やかに湾曲します。足ひれは幅が広くて短いので、ほぼ正方形になっています。

長寿

予備調査では、ベルーガの平均余命が30年を超えることはめったにないことが示唆されました。[27]シロイルカの年齢を計算するために使用される方法は、元々年に1、2回堆積すると考えられていた、標本の歯の象牙質歯科用セメントの層を数えることに基づいています。一方の層は不透明で密度の高い材料で構成され、もう一方の層は透明で密度が低いため、これらの層は簡単に識別できます。したがって、特定された層の数と堆積物が置かれる推定頻度を推定することにより、個人の年齢を推定することが可能です。[28]放射性炭素年代測定を使用した2006年の研究象牙質層の一部は、この物質の沈着が以前に考えられていたよりも少ない頻度(1年に1回)で発生することを示しました。したがって、この研究では、ベルガスは70年または80年生きることができると推定されています。[29]しかし、最近の研究では、シロイルカが動物の年齢に応じて1年に異なる数の層を受け取るのか(たとえば、若いシロイルカは1年に1層しか追加されない可能性がある)、それとも単に1年または1年おきに1つの層。[30]

サイズ

男性は女性より25%長く、丈夫であるため、この種は中程度の性的二形性を示します。[31]成人男性のシロイルカは、3.5〜5.5 m(11〜18フィート)の範囲であり、女性は3〜4.1 m(9.8〜13.5フィート)の範囲です。[32]男性の体重は1,100〜1,600 kg(2,430〜3,530 lb)、場合によっては最大1,900 kg(4,190 lb)であり、女性の体重は700〜1,200 kg(1,540〜2,650 lb)です。[33] [34]ハクジラの中型種としてランク付けされています。[35]

両性の個体は、10歳になるまでに最大サイズに達します。[36]シロイルカの体型は、ずんぐりした紡錘形(先端が後ろを向いた円錐形)であり、特に腹側表面に沿って脂肪のひだを持っていることがよくあります。[37]体重の40%から50%は脂肪であり、脂肪が体重の30%にすぎない北極圏に生息しないクジラ類よりも高い割合です。[38] [39]脂肪は頭を除く体全体を覆う層を形成し、最大15 cm(5.9インチ)の厚さにすることができます。それは、0から18°Cの間の温度の水で断熱材として機能するだけでなく、食物がない期間中の重要な予備として機能します。[40]

独特の白い色とメロンを収容する大きな正面の隆起を示すベルーガの頭

成体のシロイルカは、完全に白または白っぽい灰色であるため、他の種と間違われることはめったにありません。[41]子牛は通常灰色で生まれ[32]、生後1か月になるまでに、濃い灰色または青灰色に変わります。その後、女性では7歳、男性では9歳になると、独特の白い色になるまで徐々に色素沈着を失い始めます。[41]皮膚の白い色は、北極圏での生活への適応であり、シロイルカが主な捕食者、ホッキョクグマキラークマからの保護として極地の氷冠でカモフラージュすることを可能にします[42]他のクジラ類とは異なり、シロイルカは季節的に流されます彼らの肌。[43]冬の間、表皮は厚くなり、皮膚は主に背中とひれで黄色がかる可能性があります。彼らが夏の間に河口に移動するとき、彼らは皮膚の覆いを取り除くために川床の砂利に彼ら自身をこすります。[43]

頭と首

シロイルカの頭の後ろのらせん
頭蓋骨

ほとんどのハクジラと同様に、額の中央にコンパートメントがあり、脂肪組織を含むメロンと呼ばれるエコーロケーションに使用される器官が含まれています。[44]シロイルカの頭の形は、他のクジラ類の形とは異なります。メロンは非常に球根状で、葉があり、大きな前頭葉として見えるからです。[44]それが持つもう一つの特徴は、メロンが展性があることです。その形は音の放出中に変化します。[11]シロイルカは、副鼻腔の周りに空気を吹き付けて放出された音を集中させることにより、頭の形を変えることができます。[45] [46]この器官には脂肪酸が含まれています主にイソ吉草酸(60.1%)と長鎖分岐酸(16.9%)で、体脂肪とは非常に異なる組成であり、エコーロケーションシステムで役割を果たす可能性があります。[47]

スケルトン

多くのイルカやクジラとは異なり、首の7つの椎骨は融合していないため、動物は体を回転させることなく頭を横向きに回転させることができます。[48]これにより、頭に横方向の操作性が与えられ、視野と動きが改善され、深海で獲物を捕まえ、捕食者を回避するのに役立ちます。[42]吻側には、顎の両側に約8〜10個の小さく、鈍く、わずかに湾曲した歯があり、合計で36〜40本の歯があります[49]ベルーガは歯を噛むのではなく、獲物を捕まえるために使う。それから彼らはそれらを引き裂き、それらをほぼ完全に飲み込みます。[50]

シロイルカには、メロンの後ろの頭のてっぺんにある単一の気門があり、筋肉の覆いがあり、完全に密閉することができます。通常の状態では、気門は閉じられており、動物は気門を開くために筋肉の覆いを収縮させる必要があります。[51]シロイルカの甲状腺は、陸生哺乳類の甲状腺よりも大きく(馬の3倍の重さ)、川の河口に生息する夏の間、より大きな代謝を維持するのに役立ちます。[52]甲状腺の過形成および腫瘍性病変を最も頻繁に発症するのは、海洋クジラ目です。[53]

フィン

カナダのバンクーバー水族館の浅瀬で尾びれを見せているシロイルカ

ひれは、シロイルカの哺乳類の祖先の骨の痕跡を保持し、結合組織によってしっかりと結合されています。[37]ひれは体の大きさに比べて小さく、丸みを帯びたオール型で、先端がわずかに丸まっている。[13]これらの用途の広い先端は、主に方向を制御するための舵として、尾翼と同期して機能し、深さ3 m(9.8フィート)までの浅瀬で機敏に動くために使用されます。[36]ひれの筋肉に栄養を与える動脈は、熱を増減するために拡張または収縮する静脈に囲まれているため、ひれに体温を調節するメカニズムも含まれています。[37] [54]尾びれは平らで、オールのような葉が2つあり、骨はなく、硬くて密度の高い繊維状の結合組織で構成されています。テールフィンは、下端に沿って独特の湾曲を持っています。[37]背中の縦筋は、胸鰭と同様の体温調節メカニズムを持つ尾鰭の上昇および下降運動を提供します。[37]

シロイルカには背びれではなく背びれがあります。[32]背びれがないことは、種の属名に反映されています。アプテルスギリシャ語で「翼のない」を意味します。ひれではなく背びれの進化的選好は、氷の下の状態への適応であるか、おそらく熱を保存する方法であると考えられています。[11]頂上は硬く、頭と一緒に、最大8 cm(3.1インチ)の厚さの氷に穴を開けるために使用できます。[55]

感覚

ハクジラの音の放出と受信

シロイルカは非常に特殊な聴覚を持っており、その聴覚皮質は高度に発達しています。それは1.2から120kHzの範囲内の音を聞くことができ 、10から75kHzの間で最大の感度を持ちます[56]。ここで人間の平均聴力範囲は0.02から20kHzです。[57]音の大部分はおそらく下顎で受け取られ、中耳に向かって伝達されます。ハクジラでは、下顎骨は広く、その基部に空洞があり、頭蓋につながる場所に向かって突き出ています。この小さな空洞内の脂肪沈着物は中耳に接続します。[58]ハクジラはまた、目の後ろに数センチの小さな外部聴覚穴を持っています。各穴は、外部の聴覚導管および鼓膜と連絡しています。これらの臓器が機能的であるか、単に痕跡器官であるかは不明です。[58]

シロイルカは水の中と外を見ることができますが、イルカと比較すると視力が比較的劣っています。[59]彼らの目は特に水中を見るのに適していますが、空気と接触すると、水晶角膜は関連する近視を克服するように調整されます(水中の視界は短い)。[59]シロイルカの網膜には錐体桿体があり、これはまた、暗い場所でも見ることができることを示唆しています。この示唆は確認されていませんが、錐体細胞の存在は、それらが色を見ることができることを示しています。[59]目の内側の角にある腺は、目を滑らかにし、異物を洗い流すのを助ける油性のゼラチン状の物質を分泌します。この物質は、角膜と結膜を病原菌から保護する膜を形成します。[59]

飼育下の動物に関する研究は、彼らが他のシロイルカとの頻繁な物理的接触を求めていることを示しています。[42]口の中の領域は、さまざまな味の化学受容器として機能する可能性があり、水中の血液の存在を検出できるため、典型的なアラーム動作を表示することで即座に反応します。[42]他のハクジラと同様に、彼らの脳には嗅球と嗅神経がなく、嗅覚がないことを示唆している。[44]

行動

社会構造と遊び

水面を泳ぐシロイルカの群れの空中写真

これらのクジラ類は非常に社交的であり、定期的に小さなグループまたはポッドを形成します。このグループには、平均10人のメンバーがいる2〜25人の個体が含まれる場合があります。[60]ポッドは不安定になる傾向があります。つまり、個体はポッドからポッドへと移動する傾向があります。ラジオ追跡は、ベルガスが1つのポッドで始まり、数日以内にそのポッドから数百マイル離れることができることを示しています。[61]シロイルカの鞘は、苗床(母親と子牛で構成される)、学士(すべてのオスで構成される)、および混合グループの3つのカテゴリにグループ化できます。混合グループには、雌雄の動物が含まれます。[62] [49]夏の間にポッドが川の河口に合流するとき、何百、何千もの個体が存在する可能性があります。これは総人口のかなりの割合を占める可能性があり、狩猟に対して最も脆弱な時期です。[63]

彼らは協力的な動物であり、しばしば協調したグループで狩りをします。[64]さやの中の動物はとても社交的で、遊んだり戦ったりしているようにお互いを追いかけ合うことが多く、お互いにこすり合うことがよくあります。[65]多くの場合、個人は、ミリングとして知られている行動で、同期した方法で浮上し、一緒に飛び込みます。

飼育下では、彼らは絶えず遊んで、声を出して、お互いの周りを泳いでいるのを見ることができます。[66]あるケースでは、1頭のクジラが泡を吹き、もう1頭が泡を弾いた。シロイルカがサイモンのゲームのように、お互いをコピーして模倣しているという報告もあります。個人はまた、口から口への接触を介して、身体的な愛情を示していると報告されています。彼らはまた、人間に対して非常に好奇心を示し、それらを観察するためにタンクの窓に頻繁に近づきます。[67]

シロイルカはまた、野生の人間に対して非常に好奇心を示し、ボートと一緒に泳ぐことがよくあります。[68]彼らはまた彼らが水中で見つけた物で遊ぶ。野生では、彼らは自分たちが作った木、植物、死んだ魚、泡を使ってこれを行います。[38]繁殖期には、成虫が植物、網、さらには死んだトナカイの骨格さえも頭と背中に持っているのが観察された。[66]飼育下の雌も、子牛を失った後、フロートやブイなどのアイテムを持ってこの行動を示しているのが観察されています。専門家は、オブジェクトとのこの相互作用を代替動作と見なします。[69]

飼育下では、シロイルカの母親の行動は個人によって異なります。一部の母親は非常に気配りがあり、他の母親は非常に無愛想で、実際に子牛を失いました。水族館では、特に子牛を失った場合や妊娠している場合に、優勢な雌が母親から子牛を盗んだ場合があります。出産後、優勢な雌は子牛を母親に戻します。さらに、オスの子牛は一時的に母親を離れ、母親に戻る前に、子牛のロールモデルとして機能できる成体のオスと対話します。オスの子牛も頻繁に相互作用しているのが見られます。

水泳とダイビング

シロイルカは、流体力学的特性が低く、尾びれの動きが制限されているため、キラークジラやバンドウイルカなどの他のハクジラよりも泳ぎが遅く、最大の推力を生み出します。[70]彼らは頻繁に3から9km/ h(1.9から5.6 mph)の速度で泳ぎますが、最大15分間22 km/hの速度を維持することができます。[49]ほとんどのクジラ類とは異なり、彼らは後方に泳ぐことができます。[36] [71]ベルーガは、5%から10%の時間、水面を泳ぎ、残りの時間は、体を覆うのに十分な深さで泳ぎます。[36]イルカやキラークジラのように水から飛び出すことはありません。[13]

これらの動物は通常、20 m(66フィート)までの深さまでしか潜ることができませんが[72]、より深い深度まで潜ることができます。個々の飼育下の動物は海面下400〜647 mの深さで記録されており[73]、野生の動物は700 m以上の深さまで潜っていると記録されており、記録されている最大の深さは900mを超えています。[74]ダイビングは通常3〜5分続きますが、最大20分以上続くこともあります。[75] [49] [74] [76]河口の浅瀬では、ダイビングセッションは約2分続くことがあります。シーケンスは、5〜6回の急速で浅いダイビングと、それに続く最大1分間の深いダイビングで構成されます。[36]1日あたりの平均ダイビング回数は31から51の間です。[74]

シロイルカを含むすべてのクジラ類は、水中にいる間、酸素を節約するように設計された生理学的適応を持っています。[77]ダイビング中、これらの動物は心拍数を1分あたり100ビートから12〜20に低下させます。[77]血流は特定の組織や臓器から心臓に向けられます。一定の酸素供給。[77]血液に溶解する酸素の量は5.5%であり、陸上の哺乳類に見られる量よりも多く、ウェッデルアザラシ(潜水する海洋哺乳類)の酸素量と類似しています。ある研究では、女性のシロイルカの血液に16.5Lの酸素が溶けていることがわかりました。[78]最後に、ベルーガの筋肉には、筋肉に酸素を蓄える高レベルのタンパク質ミオグロビンが含まれています。シロイルカのミオグロビン濃度は、陸生哺乳類の数倍であり、ダイビング中の酸素欠乏を防ぐのに役立ちます。[79]

ホッキョククジラは、好奇心と、頭突きによって水中から氷を突き破ることができるため、ポリニアの呼吸の実現可能性を確保するために、ホッキョククジラに同行することがよくあります。[80]

ダイエット

パシフィックサーモン、アラスカ産のベルガスの主食

シロイルカは、この地域で最も豊富なハクジラであるため、北極海の海洋資源の構造と機能に重要な役割を果たしています。[81]彼らは日和見主義のフィーダーです。彼らの食性は彼らの場所と季節に依存します。[31]たとえば、ビューフォート海にいるときは、主に北極のタラBoreogadussida)を食べ、グリーンランドの近くで捕獲されたベルガスの胃には、バラの魚Sebastes marinus)、グリーンランドのオヒョウReinhardtius hippoglossoides)、および北部が含まれていることがわかりました。エビPandalus borealis)、[82]アラスカにいる間、彼らの主食はギンザケOncorhynchus kisutch)です。[83]一般に、これらの鯨類の餌は主に魚で構成されています。前述のものとは別に、彼らが餌にする他の魚には、カラフトシシャモMallotus villosus)、ワカサギウシノシタ、ヒラメニシンカジカおよび他の種類のサーモンが含まれます。[84]彼らはまた、エビイカカニアサリなどの無脊椎動物を大量に消費しますタコ海のカタツムリ剛毛のワームおよび他の深海の種。[84] [85]シロイルカは、冬の終わりと春の初めに脂肪が最も厚く、秋に最も薄くなるため、主に冬に餌を与えます。イヌイットの観察により、科学者たちは、少なくともハドソン湾では、シロイルカは移動中に狩りをしないと信じるようになりました[86]。

アラスカのシロイルカの食事は非常に多様で、季節や移動行動によって異なります。ボフォート海のベルーガは、主にスタッグホーンとショートホーンのスカルピン、スケトウダラ、北極のタラ、コマイ、太平洋のイカナゴを食べます。エビは最も一般的に食べられる無脊椎動物であり、タコ、端脚類、エキウリドが他の無脊椎動物の獲物です。チュクチ海東部でのベルガスの最も一般的な獲物種は、エビ、エキウリドワーム、頭足類、多毛類のようです。チュクチ海東部でシロイルカが消費する最大の獲物は、コマイのようです。東部ベーリング海のシロイルカは、コマイ、レインボースメルト、スケトウダラ、パシフィックサーモン、パシフィックヘリング、数種のヒラメやスカルピンなど、さまざまな魚種を食べています。消費される主な無脊椎動物はエビです。ブリストル湾のベルガスの魚種に関する主な獲物は、5種の鮭であるように思われ、ベニザケが最も一般的です。ワカサギは、この地域でベルガスが食べるもう1つの一般的な魚の家族でもあります。エビは最も普及している無脊椎動物の獲物です。クック湾のベルガスの最も一般的な獲物は、サーモン、タラ、ワカサギのようです。[87]

飼育下の動物は、1日あたり体重の2.5%から3.0%を食べます。これは、18.2から27.2kgに相当します。[88]野生のシロイルカと同様に、捕獲されたシロイルカは秋に食べる量が少ないことがわかった。[89]

海底での採餌は通常、20〜40 mの深さで行われますが[90]、餌を求めて700mの深さまで潜ることができます。[74]彼らの柔軟な首は、海底で食物を探している間、幅広い動きを提供します。一部の動物は、水を吸い上げてから強制的に追い出し、海底の沈泥に隠れている獲物を発見することが観察されています。[64]彼らのは大きくも鋭くもないので、ベルガスは彼らの獲物を彼らの口に運ぶために吸引を使わなければなりません。それはまた、獲物を丸ごと消費しなければならないことを意味します。つまり、獲物が大きすぎたり、シロイルカが喉に詰まるリスクを冒したりすることはできません。[91]彼らはまた、5人以上の調整されたグループに参加して、魚を浅瀬に導き、そこでベルガスが彼らを攻撃することによって、魚の群れを食べます[64]たとえば、主に鮭を食べているアムール川の河口では、6〜8人のグループが参加して、魚の群れを囲み、逃げるのを防いでいます。その後、個体は交代で魚を食べます。[55]

複製

Underwater photo of calf swimming slightly below and behind its mother
女性と子牛

シロイルカの性的成熟年齢の推定値はかなり異なります。著者の大多数は、男性は9〜15歳で性的に成熟し、女性は8〜14歳で成熟すると推定しています。[92]女性が最初に出産する平均年齢は8.5歳であり、25歳になると出産する可能性が低下し始め、最終的に閉経し[93] [94]、41歳以上の女性の出産は記録されずに生殖能力が低下します。[ 92]男性と女性の間で性的成熟期間にわずかな違いがあります。オスのシロイルカは性的に成熟するまでに7〜9年かかりますが、メスは4〜7年かかります。[95]

女性のシロイルカは通常、3年ごとに1頭の子牛を産みます。[32]ほとんどの交配は通常、2月から5月に発生しますが、一部の交配は他の時期に発生します。[11]シロイルカは着床を遅らせた可能性があります。[11]妊娠期間は、12.0〜14.5か月と推定されていますが、[32]飼育下の女性から得られた情報によると、妊娠期間は475日(15.8か月)まで長くなります。[96]交配期には、シロイルカの精巣の重さは2倍になります。テストステロンレベルは増加しますが、交尾とは無関係のようです。交尾は通常、午前3時から4時の間に行われます。

子牛は、場所によって異なる長期にわたって生まれます。カナダ北極圏では3月から9月に子牛が生まれますが、ハドソン湾では6月下旬に子牛が生まれ、カンバーランドサウンドでは7月下旬から8月上旬にほとんどの子牛が生まれます。[97]出産は通常、水温が10〜15°Cの湾または河口で行われます。[60]新生児は、長さが約1.5 m(4 ft 11 in)、体重が約80 kg(180 lb)で、色は灰色です。[49]彼らは出生直後に母親と一緒に泳ぐことができます。[98]生まれたばかりの子牛は水中で看護し、授乳を開始します生後数時間; その後、彼らは約1時間の間隔で餌をやります。[64]飼育下の女性の研究では、乳組成は個人間および授乳期によって異なることが示されています。それは28%の脂肪、11%のタンパク質、60.3%の水、そして1%未満の残留固形物の平均含有量を持っています。[99]ミルクには、オンスあたり約92カロリーが含まれています[100]

子牛は、歯が現れる最初の1年間は、母親に依存して授乳し続けます。[60]この後、彼らはエビと小魚で食事を補うようになります。[44]子牛の大部分は、生後20か月まで授乳を続けますが、授乳が2年以上続くこともあり[49]、授乳期の無発情は起こらない場合があります。自発的および長期的な乳生産を含む、飼育下のシロイルカでは、同種親(母親とは異なる雌による世話)が観察されていますこれは、他の哺乳類にも見られるこの行動が、野生のシロイルカに存在する可能性があることを示唆しています。[101]

シロイルカとイッカク(特にシロイルカの父親とイッカクの母親によって生まれた子孫)の間の雑種が記録されており、そのような雑種は栄養狩り中に殺され、収穫されました。これらのハイブリッドが繁殖できるかどうかは不明のままです。残っている単一の頭蓋骨に見られる異常な歯列は、セイウチと同じように海底でハイブリッドが狩猟されたことを示しており、どちらの親種とも異なる摂食習慣を示しています。[102] [103]

コミュニケーションとエコーロケーション

NOAAが発行したDelphinapterusleucasの発声

シロイルカは、音とエコーロケーションを使用して、動き、コミュニケーション、氷の呼吸穴の発見、暗い海や濁った海での狩猟を行います。[45]それらはメロンを通過するクリックの速いシーケンスを生成します。メロンは音響レンズとして機能し、周囲の水を通って前方に投射されるビームに音を集中させます。[100]これらの音は、毎秒約1.6 kmの速度で水中に広がり、空気中の音速の約4倍の速度です。音波は物体から反射し、動物が聞いて解釈するエコーとして戻ります。[45]これにより、音のビーム内の距離、速度、サイズ、形状、およびオブジェクトの内部構造を決定できます。彼らは、厚い北極の氷床を動き回るときにこの能力を使用して、呼吸のための凍結していない水の領域、または氷の下に閉じ込められたエアポケットを見つけます。[60]

いくつかの証拠は、ベルガスが人間によって生成されたノイズに非常に敏感であることを示しています。ある研究ではカリフォルニア州サンディエゴ湾にいる個人が生成した最大周波数は40〜60kHzでした。同じ個人がハワイのカネオヘ湾移されたとき、最大周波数100〜120kHzの音を出しました周波数の違いは、2つの領域の環境ノイズの違いに対する応答であると考えられます。[104]

これらの動物は高周波の音を使ってコミュニケーションを取ります。彼らの鳴き声は鳥の鳴き声のように聞こえるかもしれないので、ベルガスは「海のカナリア」と呼ばれていました。[105]他のハクジラと同様に、シロイルカは声帯を持たず、音はおそらくブローホールの近くにある鼻袋の間の空気の動きによって生成されます。[45]

ハクジラのように、シロイルカの鳴き声は、笛、クリック音、バースト鳴き声のカテゴリに分類できます。ホイッスルはソーシャルコミュニケーションを示す傾向があり、クリックはナビゲーションと採餌を示します。バーストコールは攻撃性を示す傾向があります。[106]

シロイルカは最も声の大きいクジラ類の1つです。[107]彼らは、エコーロケーション、交配中、コミュニケーションのために発声を使用します。彼らは大きなレパートリーを持っており、カックル、ホイッスル、トリル、スコークなど、最大11の異なる音を発します。[45]彼らは歯を磨いたり、はねたりして音を出しますが、ボディーランゲージを使うことはめったにありません。[45]

クジラの発声が言語を構成できるかどうかについては議論があります。2015年に実施された調査では、ヨーロッパのベルーガ信号は「母音」に匹敵する物理的特徴を共有していることがわかりました。これらの音は時間を通して安定していることがわかりましたが、地理的な場所によって異なります。集団が互いに離れるほど、音は互いに関連してより多様になりました。[108]

配布

主な亜集団を示すベルーガ集団の周極分布

シロイルカは、北極海と亜北極海の不連続な極周辺分布に生息しています。[109]夏の間、それらは主に北緯76度から北緯80度の深海で、特にアラスカ、カナダ北部、グリーンランド西部、ロシア北部の海岸沿いで見られる。[109]その範囲の最南端には、大西洋のセントローレンス川[110]アムール川デルタ、シャンタル諸島、オホーツク海のサハリン周辺の海域の孤立した個体群が含まれます。[111]

移行

シロイルカには季節的な移動パターンがあります。[112]移住パターンは、親から子孫に受け継がれます。年間6,000キロも移動する人もいます。[113]秋に夏の場所が氷で塞がれると、彼らは冬を流氷と一緒に外洋で、または氷で覆われた地域で過ごし、ポリニアを使って浮上して呼吸することで生き残ります。[114]氷床が溶けた後の夏、それらはより浅い水域(深さ1〜3 m)の沿岸地域に移動しますが、より深い水域(> 800 m)に向かって移動することもあります。[112]夏には、彼らは河口と水域を占領します。大陸棚、そして時には、彼らは川を泳いでさえいます。[112]グループまたは個人が海から数百キロ、さらには数千キロ離れた場所で発見された事件が数多く報告されています。[115] [116]そのような例の1つは、2006年6月9日、アラスカ中央部のフェアバンクス近くのタナナ川で、最も近い海洋生息地から約1,700 km(1,100マイル)離れた場所で若いシロイルカの死骸が見つかったときです。シロイルカは時々回遊する魚を追いかけ、アラスカの州の生物学者トム・シートンは、前の秋のある時点で川を上って回遊する鮭を追いかけたと推測しました。[117]彼らが最も頻繁に上る川には、次のものが含まれます。北ドヴィナ川メゼン川ペチョラ川オブ川、アジアエニセイ川。アラスカのユーコンクスコクウィム、そしてカナダのセントローレンス。[109]川で過ごす時間は、動物の新陳代謝を刺激し、表皮層の季節的な更新を促進することが示されています。[52]さらに、川は生まれたばかりの子牛にとって安全な避難所であり、キラークジラに捕食されることはありません。[11]子牛は夏に母親と同じ河口に戻ることが多く、完全に成熟した後でも母親に会うことがあります。[118]しかし、すべてのシロイルカの個体数が河口で夏になるわけではありません。マッケンジー川河口のコアエリアに加えて、ボーフォート海のストックからのベルーガは、東部ボーフォート海の棚、アムンゼン湾、バンクス島の北と西の斜面地域に沿って夏に発見されました。男性のシロイルカは、バイカウントメルビル海峡沿いの深さ600メートルまでの深海で夏を過ごすのが観察されています。バロー峡谷の夏のチュクチ海東部のシロイルカの大部分。[119]

移動の季節は、基本的に日光の量によって決定され、海氷の状態などの他の変動する物理的または生物学的要因によって決定されないため、比較的予測可能です。[120]浮浪者はさらに南に移動して、アイルランド[121]スコットランド海域[122]オークニー諸島[123]ヘブリディーズ諸島[124]そして日本の海域に移動する可能性があります。[125]ボルケーノ湾季節的な居住を示した、いくつかの放浪者[126]がいた[127] [128] [129]2000年代には、毎年、根室海峡の士別隣接する地域にユニークなクジラが戻ってきました。[130]まれに、浮浪者が朝鮮半島に到達することがある。[131]北海道の海岸に戻ることが確認された他の数人の個人、および特定の個人が2014年から能取湖の汽水域に居住するようになった。 [132] [133]

一部の人口は移動性ではなく、特定の居住者グループは、クック湾、セントローレンス川の河口、カンバーランドサウンドなどの明確な地域にとどまります。[134]クック湾の人口は、夏の間、秋の終わりまで、入り江の最も内側の海域にとどまります。その後、冬の間、それらは入口の中央のより深い水に分散しますが、完全にそれを離れることはありません。[135] [136]

4月、ベーリング海の中央と南西で冬を過ごす動物は、アラスカの北海岸とロシアの東海岸に移動します。[134]アンガヴァ湾とハドソン湾の東側と西側に住む個体群は、ハドソン海峡の海氷の下で越冬します流域内で冬の数ヶ月を過ごすジェームズベイのクジラは、ハドソン湾のクジラとは異なるグループである可能性があります。[137]白海カラ海ラプテフ海の個体群はバレンツ海で越冬します。[134]春になると、グループは分かれてそれぞれの夏の場所に移動します。[134]

生息地

カナダハドソン湾のチャーチル川の河口にあるベルーガ

シロイルカはさまざまな生息地を利用しています。それらは海岸に近い浅瀬で最も一般的に見られますが、彼らはまた、彼らが彼らの若者を養い、出産するより深い水域で長期間生きることが報告されています。[134]

沿岸地域では、それらは、日光に絶えず照らされている北極海の入り江フィヨルド運河、および浅瀬で見つけることができます。[38]彼らはまた、夏の間、川の河口でよく見られ、そこで彼らは餌を与え、社交し、そして若者を産む。これらの水は通常8から10°Cの間の温度を持っています。[38]アラスカのクック湾干潟は、これらの動物が夏の最初の数ヶ月を過ごすのに人気の場所です。[138]ボーフォート海東部では、若いオスと未熟なオスがいるメスのシロイルカは陸地に近い外洋を好み、成体のオスは近くの氷に覆われた海に住んでいます。カナダ北極諸島若いオスと少し年上の若いメスは棚氷の近くにいます。[139]一般に、夏の異なる生息地の使用は、各亜集団の摂食習慣、捕食者からのリスク、および繁殖要因の違いを反映しています。[31]

人口

現在、22頭のシロイルカが認識されています:[140]

1.ジェームズベイ– 14,500個体(ベルーガは一年中ここに残っています)2。西部ハドソン湾– 55,000個体3.東部ハドソン湾– 3,400 – 3,800個体4.カンバーランドサウンド– 1,151個体5.ウンガバ湾– 32個体(おそらく機能的に絶滅)6。セントローレンス川河口– 889個体7.カナダ東部北極圏– 21,400個体8.グリーンランド南西部–絶滅9.チュクチ海東部– 20,700個体10.ベーリング海東部– 7,000–9,200個体11.ビューフォート海東部– 39,300個体12.ブリストル湾– 2,000–3,000個体13.クックインレット– 300個体14.白海– 5,600個体15.カラ海/ラプテフ海/バレンツ海–データ不足16.ウルバンスキー– 2,300 17.アナディール–3,00018。 Shelikhov – 2,666 19. Sakhalin / Amur –4,000人20.Tugurskiy –1,500人21.Udskaya – 2500人22.スバールバル–549人[6]

ヤクタット湾のシロイルカは、1980年代からこれらの海域にのみ存在し、クック湾起源であると考えられているため、真の資源とは見なされていません。湾に生息するクジラは一年中20頭未満と推定されています。全体として、シロイルカの個体数は150,000〜200,000頭と推定されています。

脅威

狩猟

ベルーガとイッカクの漁獲量
アラスカ州クック湾でシロイルカを捕まえているデナッイア族の狩猟隊を示す1883年のイラスト

アラスカ、カナダ、グリーンランド、ロシアの北極圏の先住民は、消費と利益の両方のためにシロイルカを狩ります。シロイルカは、予測可能な移動パターンと、夏の間の河口と周辺の沿岸地域での高い人口密度のために、ハンターの餌食になりやすいです。[141]

プレゼント

殺された動物の数は年間約1,000頭です(下の表とその出典を参照)。カナダと米国のベルーガ捕鯨割当量は、持続可能な狩猟を構成するものを決定するために、潜在的な生物学的除去方程式PBR = Nmin * 0.5 * Rmax*FRを使用して確立されます。Nminは人口サイズの控えめな推定値を表し、Rmaxは人口増加の最大率を表し、FRは回復係数を表します。[140]

ハドソン湾のハンターはめったに肉を食べません。彼らは犬に少しを与え、残りは野生動物に任せます。[142]他の地域では、後で人間が消費するために肉を乾燥させることがあります。グリーンランドでは、皮(muktuk)は魚工場に商業的に販売され[143]、カナダでは他のコミュニティに販売されています。[142]シロイルカあたり平均1つまたは2つの椎骨と1つまたは2つの歯が彫られて販売されています。[142] 2013年にハドソン湾でベルーガ狩りから受け取った年間総価値の1つの見積もりは、190ベルガスでCA $ 600,000 、またはベルーガあたりCA$3,000でした。ただし、時間と設備のコストを差し引いた純利益は、60カナダドルの損失でした。一人当たり。狩猟は補助金を受け取りますが、お金のためではなく伝統として継続され、経済分析はホエールウォッチングが代替の収入源であるかもしれないことを指摘しました。総収入のうち、550,000カナダドルは皮肉と肉で、そうでなければ購入される牛肉、豚肉、鶏肉に取って代わりました。刻まれた椎骨と歯に対してCA$50,000が受け取られました。[142]

ロシアは現在、肉用に年間5〜30頭のシロイルカを収穫し、中国の水族館への生の輸出用に年間20〜30頭を捕獲しています。[144] [145]しかし、2018年には、100がライブエクスポートのために違法に捕獲されました。[146] [147]

以前のレベルの商業捕鯨は、クック湾、アンガヴァ湾、セントローレンス川、グリーンランド西部などの地域で種を絶滅の危機に瀕させていました。先住民による狩猟が続くということは、一部の個体群が減少し続けることを意味するかもしれません。カナダ北部のサイトは、種を絶滅の危機にさらさない持続可能な狩猟を許可することを目的として、地域コミュニティとカナダ政府の間の議論の焦点となっています。[148]

1987年から2006年までのベリング、チュクチ、ビューフォートの資源に関して、上陸した(ベルガスの狩猟と回収に成功したと定義される)シロイルカの総量は平均275頭です。収穫は平均62個体でした。ブリストル湾の年間平均水揚げ量は17で、ベーリング海のそれは152でした。統計的研究によると、アラスカでの自給自足の狩猟は、アラスカのシロイルカの群れの個体数に大きな影響を与えませんでした。襲われて失われたシロイルカの数は、チュクチ族とベーリング海のシロイルカに大きな影響を与えたようには見えませんでした。[149]

過去

18世紀から19世紀にかけてのヨーロッパ、アメリカ、ロシアの捕鯨者による商業捕鯨は、北極圏のシロイルカの個体数を減少させました。[141] [150] [151]ヨーロッパ人が灯台の時計、機械、照明の潤滑剤としてメロンからの油を使用している間、動物は肉と脂身を求めて狩られました[141] 1860年代に鉱油が鯨油に取って代わったが、これらの動物の狩猟は衰えることなく続いた。1863年には、硬化した皮膚を使用して、馬具、製材所靴ひもの機械用ベルトを製造することができました。これらの製造されたアイテムは、19世紀の残りと20世紀の初めにベルガスの狩猟が続くことを確実にしました。[152]硬化した皮は、革として使用するのに十分な厚さの唯一の鯨類の皮です。[141]実際、彼らの皮膚は非常に厚いので、最初の防弾チョッキのいくつかを製造するためにさえ使用されました[153]

ロシアは大規模な狩猟を行い、1930年代には年間4,000で、1960年代には年間7,000でピークに達し、1915年から2014年までの合計は86,000でした。[144] [150]カナダは1731年から1970年までに合計54,000を狩りました。[154 ] 1868年から1911年の間に、スコットランドとアメリカの捕鯨船がランカスター海峡とデービス海峡で20,000人以上のベルガスを殺害しました[141]

1920年代、セントローレンス川河口の漁師は、地元の漁師が漁獲したタラ、サーモン、マグロなどの魚を大量に食べるため、ベルガスを漁業にとって脅威と見なしていました。[152]したがって、河口にベルガスが存在することは望ましくないと考えられた。1928年、ケベック政府は死んだシロイルカごとに15ドルの報酬を提供しました。[155]ケベック水産局は、1938年にこれらのクジラ類が地元の魚の個体数に与える影響についての研究を開始しました。魚の個体数に影響を与えます。[152] L'Isle-aux-Coudres古典的な1963年のカナダ国立映画庁のドキュメンタリーPourlasuite du mondeの舞台であり、ベルーガ狩りの1回限りの復活を描いています。1匹の動物が生きたまま捕獲され、トラックで大都市の水族館に運ばれます。捕獲の方法は、イルカ追い込み漁に似ています。

ベルーガは場所で捕まえる

2016年から1954年まで、カナダ、ロシア、グリーンランド、アラスカで毎年捕獲されたシロイルカの数を示す年次表
ボフォート海、マッケンジー、パウラトゥク、ウルカクトック、カナダ カナダ、ヌナブト準州 ヌナビク、ケベック、カナダ 西北極、ロシア、肉を求めて ロシア東部北極圏、肉を求めて 肉を求めてロシアのオホーツク海 ロシアのすべての地域、ライブエクスポート カナダ合計 グリーンランド USSR+ロシア合計 アメリカ(アラスカ) 世界合計、不完全 捕獲された割合として海で失われた
157 2016 157 246
83 303 2015 386 156 326 868
136 302 30 23 2014 438 317 53 346 1154 2%
92 207 30 23 2013 299 353 53 367 1072 2%
102 207 30 44 2012 309 245 74 360 988 4%
72 207 30 33 2011 279 179 63 288 809 3%
94 207 30 30 2010 301 222 60 318 901 3%
102 207 30 24 2009 309 286 54 253 902 6%
79 207 30 25 2008 286 330 55 254 925 8%
85 207 30 0 2007 292 145 30 576 1043 2%
126 207 30 20 2006 333 169 50 226 778 3%
108 207 30 31 2005 315 231 61 282 889 2%
142 207 30 25 2004 349 246 55 234 884 8%
125 250 207 30 26 2003 582 510 56 251 1399 9%
89 170 210 30 10 2002 469 510 40 362 1381 3%
96 370 30 22 2001 466 560 52 416 1494 1%
91 116 243 30 10 2000 450 733 40 280 1503 8%
102 207 243 30 23 1999 552 590 53 217 1412 19%
93 137 243 30 23 1998 473 873 53 342 1741 8%
123 376 243 30 23 1997 742 682 53 276 1753 8%
139 203 243 30 23 1996 585 681 53 389 1708 16%
143 30 23 1995 143 960 53 171 1327 11%
149 30 23 1994 149 757 53 285 1244 6%
120 30 23 1993 120 930 53 369 1472 9%
130 30 23 1992 130 1014 53 181 1378 7%
144 30 23 1991 144 747 53 315 1259 24%
106 30 23 1990 106 933 53 335 1427 22%
156 27 30 23 1989 156 816 80 13 1065 15%
139 7 30 23 1988 139 428 60 19 646 19%
174 15 30 23 1987 174 928 68 22 1192 13%
199 192 30 23 1986 199 973 245 0 1417 15%
148 248 150 30 1985 148 887 428 0 1463 17%
156 850 150 30 1984 156 930 1030 170 2286 20%
102 450 150 30 1983 102 888 630 235 1855 20%
146 116 150 30 1982 146 1217 296 335 1994 19%
155 294 150 30 1981 155 1506 474 209 2344 20%
85 368 150 30 1980 85 1346 548 249 2228 23%
171 200 26 30 1979 171 1116 256 138 1681 22%
157 63 26 30 1978 157 1112 119 177 1565 25%
172 1196 26 30 1977 172 1264 1252 247 2935 22%
183 472 26 30 1976 183 1260 528 186 2157 28%
177 169 23 30 1975 177 995 222 185 1579 23%
152 194 23 30 1974 152 1149 247 184 1732 25%
212 288 23 30 1973 212 1451 341 150 2154 23%
134 288 30 1972 134 1168 318 180 1800 21%
94 612 30 1971 94 913 642 250 1899 23%
137 990 30 1970 137 861 1020 200 2218 25%
302 700 30 1969 0 1364 1032 170 2566 25%
14 30 700 30 1968 14 1490 760 150 2414 26%
40 274 700 30 1967 40 825 1004 225 2094 24%
96 3046 700 30 1966 96 828 3776 225 4925 23%
70 3614 700 30 1965 70 595 4344 225 5234 21%
45 5952 700 30 1964 45 403 6682 225 7355 22%
94 2526 700 30 1963 94 278 3256 225 3853 21%
96 2334 700 30 1962 96 409 3064 225 3794 24%
145 3500 700 30 1961 145 438 4230 300 5113 27%
145 6444 700 30 1960 145 398 7174 375 8092 22%
1945 700 830 1959 472 3475 450 4397 24%
2103 700 830 1958 411 3633 450 4494 23%
796 700 830 1957 770 2326 450 3546 26%
600 700 830 1956 671 2130 450 3251 25%
329 700 130 1955 507 1159 450 2116 24%
776 700 130 1954 767 1606 450 2823 28%
1960–1969[151] 1970–99[156] 2000–2012[157] 2013–15[158] 2014[159] Arviat[160] 1996–2002[161]

2003–16[162]

1954–99[150] 1954–1985 cites Russian papers[151] NMFS cites Russian paper[144] Western[150] Okhotsk[144] Sources Total of columns at left, incomplete 1954–2016[163] Total of columns at left, incomplete 1954–84[151] 1987–90 Cook Inlet[164] 1990–2011[165] 2012–2015 +Cook Inlet[166][167] Total of other columns Greenland source 1954–1999, Beaufort source 2000–2012

捕食

冬の間、ベルガスは通常、数キロ離れている可能性のある開放水域に逃げることができずに氷に閉じ込められます。[168]ホッキョクグマはこれらの状況を特に利用しており、嗅覚を使ってシロイルカを見つけることができます。クマはシロイルカをスワイプし、氷の上にドラッグして食べます。[33]彼らはこの方法で大きな個体を捕獲することができます。記録されたある事件では、体重150〜180 kgのクマが、体重935kgの動物を捕獲することができました。[169]

キラークジラは、若いシロイルカと大人のシロイルカの両方を捕獲することができます。[33]彼らは世界のすべての海に住んでいて、亜寒帯地域のシロイルカと同じ生息地を共有しています。キラークジラによるシロイルカへの攻撃は、グリーンランド、ロシア、カナダ、アラスカの海域で報告されています。[170] [171]クック湾では多くの殺害が記録されており、専門家は、キラークジラによる捕食が、狩猟によってすでにひどく枯渇しているこの亜集団の回復を妨げることを懸念している。[170]キラークジラは8月の初めに到着しますが、シロイルカは時折彼らの存在を聞いて回避することができます。海氷の近くまたは下のグループは、長さ2 mまでのキラークジラの大きな背びれが氷の下での動きを妨げ、海氷の呼吸穴に十分に近づくことができないため、ある程度の保護があります。氷。[38]キラークジラの捕食下でのシロイルカの行動は、ハンターに対して脆弱になります。キラークジラがいると、保護のために多数のシロイルカが浅瀬に集まり、群れで狩りをすることができます。

汚染

ホワイトホエールプログラムに取り組んでいるロシアの科学者は、オホーツク海のクジラに送信機を配置します

シロイルカは、食物網の上部で長寿命であり、大量の脂肪と脂身を持ち、クジラ類について比較的よく研究されているため、優れた歩哨種(環境の健康と変化の指標)と見なされています。やや一般的です。

シロイルカが川の河口に集まると、人間の汚染はシロイルカの健康を脅かす可能性があります。セントローレンス川の住民の中には、 DDTなどの化学物質や、水銀カドミウムなどの重金属が見つかっています。[172]地元のシロイルカの死骸には非常に多くの汚染物質が含まれているため、有毒廃棄物として扱われます。[173] 240〜800 ppmのポリ塩化ビフェニルのレベルがベルガスの肝臓筋肉で発見されており、男性で最も高いレベルが発見されています。[174]これらのレベルは、北極圏の個体群に見られるレベルよりも大幅に高くなっています。[175]これらの物質は、癌、生殖器疾患、免疫系の悪化を引き起こし、肺炎潰瘍嚢胞腫瘍、細菌感染症にかかりやすくなるため、これらの鯨類に悪影響を与えることが証明されています。[175]川の河口に生息する人口は汚染のリスクが最も高いが、高レベルの亜鉛カドミウム、水銀、セレン外洋に生息する動物の筋肉、肝臓、腎臓にも見られます。[176]水銀は特に懸念される分野です。ボフォート海のシロイルカにおける水銀の濃度は、1980年代から1990年代にかけて3倍になりました。しかし、21世紀の時点で、おそらく食事の好みの変化により、ビューフォートベルガスの水銀濃度は低下しています。体のサイズが大きいシロイルカは、水銀が多いタラやエビなどの獲物を狩り、沖合で過ごす時間が長いため、サイズの小さいシロイルカよりも水銀が多い傾向があります。[177]

1983年から1999年の間に調査されたセントローレンス川の129頭のシロイルカの成人のサンプルから、合計27%が癌に苦しんでいました。[178]これは、この種の他の個体群について記録されているパーセンテージよりも高く、他のクジラ類および大多数の陸生哺乳類よりもはるかに高い。実際、この割合は、人間や一部の家畜に見られるレベルにしか匹敵しません。[178]たとえば、サンプル中の腸がんの発生率は、ヒトよりもはるかに高い。この状態は、この場合は多環芳香族炭化水素による環境汚染に直接関係していると考えられており、この地域に住む人間におけるこの病気の高い発生率と一致しています。[178]腫瘍の有病率は、河口に生息する動物で特定された汚染物質が直接発がん性の影響を及ぼしているか、少なくとも免疫学的悪化を引き起こしており、住民の病気に対する抵抗力を低下させていることを示唆しています。[179]

間接的な人間の妨害も脅威となる可能性があります。一部の人々は小さなボートを容認しますが、最も積極的に船を避けようとします。セントローレンス川とチャーチル川の地域ではホエールウォッチングが活況を呈しており、この活動による音響汚染がシロイルカに影響を及ぼしているようです。たとえば、60%減少したサグネー川の河口を横切るシロイルカの通過と、この地域でのレクリエーション用モーターボートの使用の増加との間には相関関係があるようです。[180]船から発生する騒音にさらされた後、動物間の鳴き声の数も劇的に減少し(3.4から10.5鳴き/分から0または<1に減少)、その影響は最も持続的であり、より大きくなると顕著になります。フェリーなどの船小さいボートより。[181]ベルーガは、最大50 km離れた大型船(砕氷船など)の存在を検出でき、海氷の端に沿って最大80 kmの距離で、船に対して反対方向または垂直に急速に移動します。それらを避けてください。輸送の存在は回避行動を生み出し、摂食のためのより深い潜水、グループの分裂、および潜水における非同期を引き起こします。[182]

病原体

他の動物集団と同様に、ウイルス細菌原生動物真菌など、多くの病原体がベルガスに死と病気を引き起こします。これらは主に皮膚、腸、呼吸器の感染症を引き起こします。[183]

パピローマウイルスは、セントローレンス川のベルガスの胃で発見されています。この場所の動物は、ヘルペスウイルスによって引き起こされた感染症に苦しんでいると記録されており、特定の場合には、原生動物の肉胞子虫によって引き起こされた脳炎に苦しんでいる記録されています。特定の個体の気門にコロニーを形成する繊毛虫の原生動物の症例が記録されていますが、それらは病原体であるとは考えられていないか、それほど有害ではありません。[184] :26、303、359 

おそらく感染した魚を食べることから来る細菌Erysipelothrixrhusiopathiaeは、飼育下にあるシロイルカに脅威を与え、敗血症につながる可能性のある食欲不振皮膚のプラークや病変を引き起こします。[184] :26、303、359 この状態は、シプロフロキサシンなどの抗生物質で診断および治療されない場合、死に至る可能性があります。[185] [184] :316–7 

両性の多くの個体における寄生虫によって引き起こされた感染症の研究は、彼らのにコントラチェクム属の種からの幼虫、彼らの胃にアニサキスシンプレックス彼らの耳道にPharurus pallasii、Hadweniusseymouri存在を発見しました彼らの腸と彼らの直腸のLeucasiellaarctica[186]

人間との関係

捕われの身

シロイルカは、飼育下に置かれた最初のクジラ種の1つでした。最初のベルーガは1861年にニューヨーク市のバーナム博物館で展示されました。[187] 20世紀のほとんどの間、カナダは展示用のベルーガスの主要な供給源でした。1960年代初頭を通して、ベルガスはセントローレンス川の河口から採取されました。1967年、チャーチル川の河口がベルガスを捕獲する主な水源になりました。これは、慣行が禁止された1992年まで続きました。[154]カナダがこれらの動物の供給者でなくなって以来、ロシアは最大の供給者になりました。[154]個体はアムール川の三角州と国の極東の海で捕獲され、モスクワサンクトペテルブルクソチの水族館に国内で輸送されるか、中国[145]や以前のカナダなどの外国に輸出されます。[154]カナダは現在、新しい動物を飼育下に置く慣行を禁止している。[188]

Belugaは、エコーロケーションビームを狙って、水中のハイドロフォンの音響「タッチスクリーン」上のスポットを選択します

飼育下にいる間にある程度の豊かさを提供するために、水族館はベルガスを訓練して、一般の人々のために行動を起こし[189]、採血[190] 超音波[191]おもちゃを提供し、[189]一般の人々が遊ぶことを可能にします。録音またはライブ音楽。[192]

1960年から1992年の間に、米国海軍は、水中の物体の検出を改善することを目的として、エコーロケーションを使用した海洋哺乳類の能​​力の研究を含むプログラムを実施しました。プログラムはイルカから始まりましたが、1975年以降はシロイルカも多く使われていました。[193]プログラムには、水中で働くダイバーに機器や材料を運ぶためのこれらの哺乳類の訓練、紛失物の位置、船や潜水艦の監視、口にカメラを持ったカメラを使った水中監視が含まれていました。[193]同様のプログラムが冷戦中にソビエト海軍によって実施された、そこではベルガスも北極海での採掘防止作戦のために訓練されました。[172] 2019年4月24日、ノルウェーのインゴヤ島の近くの漁師によって、ロシアの装備ハーネスを身に着けた飼いならされたシロイルカが発見されたため、このプログラムはロシア海軍内で継続される可能性があります。[194]

トロムソ大学のAudunRikardsenによると、飼育下から解放されたシロイルカは野生の生活に適応するのが困難ですが、人間が餌を与えない場合は、野生のシロイルカのグループに参加して自分自身を餌にすることを学ぶチャンスがあるかもしれません[195]

2019年、アイスランドに、中国の海洋公園から引退した2頭のシロイルカ、リトルホワイトとリトルグレイのための聖域が設立されました。シーライフトラストベルーガクジラサンクチュアリは、マーリンエンターテインメントクジラとイルカ保護(WDC)の支援を受けて作成されました。マーリンはオーストラリアのチェーンの一部として2012年に公園を購入し、それは彼らの最大の水族館の1つです。[196]マーリンは捕獲されたクジラ類に対する方針を持っているので、彼らは聖域として32,000平方メートルのウミエラを後援した。ロシアで捕獲され、飼育下で育てられた12歳のシロイルカは、野生での生活の仕方を知りません。[197] [198]コストは、ISK 3,000,000(US $ 24,000)またはUS$27,000,000としてさまざまにリストされています。[197]Merlinは2015年までBlackstoneGroupによって所有されていました。BlackstoneGroupは、SeaWorldの専門知識を使用して中国で事業を拡大する中国企業に2017年に最後の株式を売却するまで、SeaWorld [199]も所有していました。[200] SeaWorldはまだベルガスを飼育下に置いています。

Photo of two white whales cheek-to-cheek with two trainers
トレーナーと対話する水族館のシロイルカ

シロイルカは、水族館や海洋公園で飼育されている唯一のクジラ種です。それらは、北米、ヨーロッパ、およびアジアで表示されます。[154] 2006年の時点で、カナダと米国では58頭のシロイルカが飼育されており、それまでに米国で42頭の死亡が報告されていた。価格は現在70,000米ドルに下がっていますが、1つの標本の価格は最大100,000米ドルです。[201] [202] [154] 2018年1月の時点で、人間の世話をしているシロイルカとイルカを追跡している非営利のCeta Baseによると、カナダと米国には81頭の捕獲されたシロイルカがおり、残りの地域には不明な数があります。世界。[203] [201] [204]訪問者に人気のあるベルーガは、その魅力的な色とさまざまな表情を反映しています。後者が可能なのは、ほとんどの鯨類の「笑顔」が固定されている一方で、ベルーガの融合していない頸椎によってもたらされる余分な動きにより、より広い範囲の見かけの表現が可能になるためです。[48]

水族館で見つかったほとんどのシロイルカは、飼育下繁殖プログラムがこれまであまり成功していないため、野生で捕獲されています。[205]たとえば、最善の努力にもかかわらず、2010年の時点で、アメリカ動物園水族館協会の シロイルカ個体群でスタッド動物として使用されたのは、シーワールドサンディエゴのナヌクと米国シカゴのシェッド水族館のナルアークの2頭だけでした。 ナヌクは10頭の子牛を産み、そのうち5頭は出生を生き延びました。[206]シェッド水族館のナルアークは、4人の生きている子孫をもうけた。[207]ナルアークは、2匹のメスと繁殖することを期待してミスティック水族館に移された[208]。しかし彼はそうしませんでした、そして2016年に彼はシーワールドオーランドに移されました。[209]ヨーロッパで飼育下で生まれた最初のシロイルカの子牛は、2006年11月にスペインのバレンシアにあるL'Oceanogràfic海洋公園で生まれました。適切に給餌する。[211] 2頭目の子牛は2016年11月16日に生まれ、濃縮乳をベースにした人工給餌によって維持に成功しました。[212]

2009年、中国のハルビンで行われた氷水タンクでのフリーダイビング競技中に、飼育下のシロイルカが足を口にくわえ、けいれんを起こしたダイバーをプールの底から水面まで運び、ダイバーの命を救いました。 。[213] [214]

シロイルカの福祉の問題を公表している映画には、Born to Be Free、[215] Sonic Sea、[216]、VancouverAquariumUncoveredなどがあります。[217]

ホエールウォッチング

セントローレンス川とサグネの合流点にあるベルーガ

ホエールウォッチングは、セントローレンス川とチャーチル川の近くにあるケベック州とハドソン湾の町の経済の回復において重要な活動になっています(実際、チャーチルは世界のベルーガクジラの首都と見なされています)[218]シロイルカを見るのに最適な時期は、川の河口や夏の生息地でたくさん出会う夏の間です。[219]動物の数が多く、人間の存在に対する好奇心があるため、動物は簡単に見られます。[219]

しかし、ボートの存在は、餌やり、社会的相互作用、繁殖などの重要な活動から動物をそらすため、動物に脅威をもたらします。さらに、モーターによって生成されるノイズは、聴覚機能に悪影響を及ぼし、獲物を検出し、通信し、ナビゲートする能力を低下させます。[220]ホエールウォッチング活動中にこれらの海洋動物を保護するために、米国海洋大気庁は「海洋生物を観察するためのガイド」を発行しました。ガイドは、ホエールウォッチングを運ぶボートがクジラ類から距離を置くことを推奨しており、クジラ類を追いかけたり、嫌がらせをしたり、妨害したり、触れたり、餌を与えたりすることを明示的に禁止しています。[221]

いくつかの定期的な移動は、野生のシロイルカとのダイビングがあまり知られていないが人気のあるアトラクションとなったルドナヤ湾など、日本海のロシアのEEZに発生します。[222]

2018年9月25日、テムズ川河口とテムズ川のケント側の町の近くでベルーガが目撃され、新聞でベニーと呼ばれていました。保護活動家が一人で旅行していることに気づいたクジラは、他のグループから離れているように見え、失われた個体であると考えられています。その後の目撃は翌日[223]に報告され、地元の専門家がベニーが河口を離れたと結論付けた2019年まで続いた。[224]

2021年5月13日、カナダ大西洋岸のプリンスエドワード島周辺の海域で2頭のシロイルカが目撃されました1頭のクジラがシャーロットタウン港に入り、ヒルズバラ川を上ってプリンスエドワード島のマウントスチュワートに向かった。5月30日の時点で、クジラはまだその地域で目撃されていました。[225] [226]

人間のスピーチ

飼育下のオスのシロイルカは、人間の発話のパターンを模倣することができ、通常のクジラの鳴き声よりも数オクターブ低くなります。シロイルカが人間のように聞こえることが知られているのはこれが初めてではなく、野生では子供たちのように叫ぶことがよくあります。[227] 1人の飼育下のシロイルカは、水中通信システムを使用してダイバーの声を聞いた後、ダイバーの1人が水から出る命令を模倣して浮上しました。その後の録音では、ベルーガが人間の発話のパターンと頻度を模倣するのに熟練したことが確認されました。数年後、このシロイルカはこれらの音を出すのをやめました。[228]

保全状況

ロシア、オホーツク海での保護活動を説明するビデオ
Photo of stamp showing two adults and one juvenile, swimming
フェロー諸島のスタンプに描かれています

2008年以前は、ベルーガは国際自然保護連合(IUCN)によって「脆弱」と記載されていましたが、これはより高いレベルの懸念事項です。IUCNは、最大の亜集団の安定性と、以前に推定されたよりも多くの集団を示す改善された国勢調査方法を引用しました。2008年、シロイルカの数とその範囲の一部(特にロシア北極圏)でのシロイルカの数に対する脅威が不確実であり、現在の保護活動が停止した場合、特に狩猟管理では、シロイルカの個体数は5年以内に「絶滅危惧種」の資格を得る可能性があります。[229] 2017年6月、そのステータスは「最も懸念が少ない」と再評価された。[2]

シロイルカには約21の亜集団があり、20万個体がまだ存在していると推定されており、IUCNレッドリストに最も懸念が少ないと記載されています。[230]しかし、アラスカ湾沖の非移住性クック湾の亜集団は、2006年の時点でIUCNによって「絶滅危惧種」としてリストされ[2] 、絶滅危惧種法の下で「絶滅危惧種」としてリストされている別個の亜集団です。 2008年10月現在。[231] [232] [233] [2]これは主に、規制されていない過剰収穫によるものでした。報告されている収穫量は少ないものの、個体数は比較的安定しています。2016年の時点で、絶滅危惧種のクック湾の個体数は293個体と推定されています。[234] NOAA Fisheriesによる2018年の最新の推定では、個体数は279個体に減少したことが示唆されました。[234]

シロイルカは全体的に脅威にさらされていませんが、亜集団は絶滅の危機に瀕していると記載されており、人間の行動による死亡率の増加に直面しています。たとえば、海洋哺乳類保護法により商業的狩猟が禁止されたとしても、アラスカ先住民の生計を維持するためにシロイルカは依然として狩猟されています。[235] IUCNおよびNOAA漁業は、生息地の劣化、石油およびガスの掘削、水中騒音、消費のための収穫、および気候変動を、シロイルカの亜集団の長期生存への脅威として挙げています。[235]

シロイルカの個体群は現在、持続可能ではないレベルで収穫されており、シロイルカの個体群を収穫している人々が彼らがどの亜集団から来ているのかを知ることは困難です。[236]亜集団の保護はほとんどないため、移動パターンと生息地の使用の重要性を発見するために、亜集団が将来にわたって存続することを保証するために収穫を管理する必要があります。

シロイルカは、他のほとんどの北極種と同様に、気候変動と北極の氷の融解により生息地の変化に直面しています。[236]海氷の変化により、チュクチベルガスが使用する面積が変化しました。これは、ベルガスが氷の端に近接して過ごす時間が前の年に比べて少ないためです。また、チュクチ海のシロイルカは、10月にボーフォート海側のバローキャニオンで長時間過ごしました。チュクチ海のシロイルカも、1990年代とは対照的に、現在、より深い水域でより多くの時間を費やしているようです。ベルーガはまた、より長く、より深い潜水をしているようでした。なぜこれが当てはまるのかという仮説は、ボーフォート海の豊富な大西洋の湧昇が北極のタラのような集中した獲物をもたらす可能性があるというものです。夏と秋の生息地の選択は変わっていませんが、チュクチベルガスの秋の移動は遅くなっています。チュクチベルガスの秋の移動は、ボーフォート海の凍結と相関しているようです。[237]

シロイルカは、キラークジラの捕食からの保護として、または魚の群れを餌にするために氷を利用していると仮定されています。[238]キラークジラは、海氷の減少により、北極圏にさらに侵入し、北極海に長期間留まる可能性があります。たとえば、コツェビューの住民は、コツェビュー湾でキラークジラがより頻繁に目撃されていると報告しています。

年間の氷の被覆が減少するにつれて、人間はシロイルカの生息地にアクセスして混乱させる可能性があります。[238]たとえば、北極圏では、ガスと石油の探査、漁業、および商業輸送のための船舶の数がすでに増加しており、継続的な傾向により、シロイルカの負傷と死亡のリスクが高まる可能性があります。[238]

さらに、シロイルカは、気候変動の不安定な性質のために、鉛や亀裂の凍結による閉じ込めのリスクが高まる可能性があります。天候の急激な変化により、これらのリードや亀裂が凍結し、最終的にクジラが窒息死する可能性があります。[236]都市化の増加は、シロイルカが食物連鎖の最上位にあり、生物蓄積の影響を受けるため、シロイルカの脂身に有毒な汚染物質の濃度が高くなる可能性があります。[238]海氷の喪失と海水温の変化も、獲物の分布と構成に影響を及ぼしたり、競争に影響を及ぼしたりする可能性があります。[238]気候変動が男性と女性に異なる影響を与える可能性があるといういくつかの証拠もあります。1983年以来、ベルガスはコツェビュー湾で希少性を増しています。しかし、2007年には、数百頭のクジラが音の中に発見され、クジラの90%以上がオスでした。ただし、気候変動がシロイルカの性別の集約にどのように影響するかを理解するには、さらに調査を行う必要があります。[239]

法的保護

米国議会は1972年の海洋哺乳類保護法を可決し、米国沿岸海域内のすべての海洋哺乳類の迫害と狩猟を非合法化しました。この法律は、先住民による自給自足の狩猟、研究、教育、公開のための制限された数の一時的な捕獲を許可し、漁業中の個人の偶発的な捕獲を非犯罪化するために何度も改正されました。[240]この法律はまた、米国領海のすべてのクジラが、NOAAの一部門である米国海洋漁業局の管轄下にあると述べています。[240]

狩猟を防ぐために、シロイルカは1986年の商業捕鯨国際モラトリアムの下で保護されています。ただし、少数のシロイルカの狩猟は引き続き許可されています。シロイルカの生息地には海から離れた内水が含まれているため、シロイルカの正確な個体数を知ることは非常に困難であるため、シロイルカは石油およびガス開発センターと容易に接触します。クジラが産業廃棄物と接触するのを防ぐために、アラスカとカナダの政府はクジラと廃棄物が接触する場所を移転しています。

シロイルカは、移動性野生動物種の保護に関する条約(CMS)の付録II [241]に記載されています。保全状況が不利であるか、調整された協定によって組織された国際協力から大きな恩恵を受けるため、付録II [241]に記載されています。すべてのハクジラは、特定の種の国際的な輸出入を規制するために1973年に署名されたCITESの下で保護されています。[242]

セントローレンス川の孤立したシロイルカの個体数は、1983年以来法的に保護されています。[243] 1988年、国立公園を監督する政府機関であるカナダ水産海洋環境省は、セントローレンス行動計画[244]を実施しました。 1993年までに産業汚染を90%削減することを目指しています。1992年の時点で、排出量は59%削減されています。セントローレンスシロイルカの個体数は、1885年の10,000頭から、1980年には約1,000頭、2012年には約900頭に減少しました。[245]

マネージドケア施設の保全研究

2015年の時点で、北米のマネージドケア施設に収容されている個人は33人でした。[246]これらの施設は動物園水族館協会の会員であり、この種の複雑な繁殖生理学を理解して保護を改善することを目的としています。野生のシロイルカを研究することは非常に困難であり、生物学的サンプルを収集したり、個体の検査を行ったりする能力が不足しているため、マネージドケア施設は重要な役割を果たしています。[247]

北米のマネージドケア施設は、シロイルカの繁殖の研究に基づいて協力して構築することができ、目覚ましい進歩を遂げました。オペラント条件付けを使用して、これらの施設は自主的な生物学的サンプリングと検査のためにシロイルカを訓練しました。血液、[248]尿、[249]およびブローサンプル[250]はすべて、長期ホルモンモニタリング研究のために収集されました。

さらに、シロイルカは精液採取、[246]体温データ収集、[248]腹部超音波による生殖管検査、および内視鏡検査を受けています。[251]新しい技術により、雌と雄の両方のシロイルカの繁殖特性が正確に記述され、世界中の飼育下繁殖プログラムに利益をもたらしました。

より多くの研究が行われるにつれて、マネージドケア施設でのシロイルカの管理は大幅に改善される可能性があり、バンドウイルカのような他のクジラの繁殖や避妊プログラムの開発にも役立つ可能性があります。[246]胎児の健康と妊娠のモニタリングを通じて、施設は妊娠中の動物にも対処するための設備を整えることができます。[248]シロイルカの精液を収集するための訓練が行われているが、塩水と尿の両方の汚染を回避する必要があるため、それを成功させることができた施設はごくわずかである。[252]このプロセスの改善は、飼育下繁殖プログラムの成功を高めるのに役立ちます。

文化的参照

シロイルカの骨の彫刻

Pour la suite du mondeは、セントローレンス川のリルオークードルの住民によって行われた伝統的なベルーガ狩りについて1963年に公開されたカナダのドキュメンタリー映画[253]

子供の歌手ラフィは1980年にベイビーベルーガと呼ばれるアルバムをリリースしました。アルバムはクジラのコミュニケーションの音から始まり、海とクジラの演奏を表す曲が含まれています。「ベイビーベルーガ」という曲は、ラフィがバンクーバー水族館で最近生まれたベルーガの子牛を見た後に作曲されました。[254]

世界最大の貨物機の1つであるエアバスベルーガの胴体のデザインは、ベルーガの胴体のデザインと非常によく似ています。もともとはスーパートランスポーターと呼ばれていましたが、ベルーガというあだ名が人気を博し、正式に採用されました。[255]同社は、2019年のベルーガXLバージョンをペイントして、飛行機がベルーガクジラと類似していることを強調しています。[256]

エアバスベルーガ

ファインディング・ニモ(2003)の続編である2016年のディズニー/ピクサーのアニメーション映画「ファインディング・ドリー」では、キャラクターのベイリーはシロイルカであり、そのエコーロケーション能力はプロットの重要な部分です。[257] [258]

も参照してください

参照

  1. ^ a b c ミード、JG; Brownell、RL Jr.(2005)「クジラ目」ウィルソンでは、 DE ; リーダー、DM(編)。世界の哺乳類の種:分類学的および地理的参照(第3版)。ジョンズホプキンス大学プレス。p。735. ISBN 978-0-8018-8221-0OCLC62265494 _
  2. ^ a b c d Lowry、L .; リーブス、R .; レイドレ、K。(2017)。" Delphinapterusleucas "脅威にさらされている種のIUCNレッドリスト2017:e.T6335A50352346。土井10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T6335A50352346.en2021年11月12日取得
  3. ^ 「付録|CITES」cites.org 2022年1月14日取得
  4. ^ ブラッドフォード、アリナ; 7月19日、ライブサイエンスコントリビューター|; ET、2016 08:45 pm(2016年7月20日)。「シロイルカについての事実」ライブサイエンス2019年6月12日取得 {{cite web}}|first2=一般名があります(ヘルプ
  5. ^ 「イッカク科の株の保全状況のグローバルレビュー|科学出版局」spo.nmfs.noaa.gov 2021年1月2日取得
  6. ^ a bVacquié -Garcia、J; ライダーセン、C; マルケス、TA; アンデルセン、M; Kovacs、KM(2020年2月27日)。「ノルウェー、スバールバル諸島のシロイルカDelphinapterusleucasの最初の生息数の推定」絶滅危惧種の研究41:253–263。土井10.3354/esr01016ISSN1863-5407_ 
  7. ^ 「ベイビーベルーガ、スミソニアン海」スミソニアン協会2021年1月20日取得
  8. ^ ギボンズ、ホイット(2012年5月27日)。「Ecoview|BELUGAWHALESARECOOL」ジョージア大学サバンナ川生態学研究所2021年1月20日取得
  9. ^ アーノルド、P。「IrrawaddyイルカOrcaellabrevirostris海洋哺乳類百科事典p。652。
  10. ^ Grétarsdóttir、S .; アーナソン、Ú。(1992)。「一般的なクジラ類の反復性の高いDNA成分の進化とOrcaellabrevirostrisの体系的な位置」。分子進化ジャーナル34(3):201–208。Bibcode1992JMolE..34..201G土井10.1007/BF00162969PMID1588595_ S2CID8591445_  
  11. ^ a b c d e f O'Corry-Crowe、G. "Beluga WhaleDelphinapterusleucas "海洋哺乳類百科事典pp。94–99。
  12. ^ Heide-Jørgensen、Mads P .; Reeves、Randall R.(1993)。「西グリーンランドからの異常なイッカク科の頭蓋骨の説明:可能なハイブリッド?」。海洋哺乳類科学9(3):258–68。土井10.1111/j.1748-7692.1993.tb00454.x
  13. ^ a b c d レザーウッド、スティーブン; Reeves、Randall R.(1983)。クジラとイルカのシエラクラブハンドブックシエラクラブの本。p。320. ISBN 978-0-87156-340-8
  14. ^ 「日本のクジラのささやきはベルーガに話すことを教えます」meeja.com.au。2008年9月16日。2009年1月13日のオリジナルからアーカイブ2008年9月16日取得
  15. ^ クスマ、ステファニー(2012年10月23日)。「アイン「sprechender」ベルーガウォル」 [「話す」ベルーガクジラ]。NeueZürcherZeitung(ドイツ語)。2012年10月24日にオリジナルからアーカイブされました2012年10月25日取得
  16. ^ a b Waddell、Victor G .; ミリンコビッチ、ミシェルC .; ベルベ、マルティーヌ; スタンホープ、マイケルJ.(2000)。「マイルカ上科の分子系統学的検査:3つの核遺伝子座からの一致した証拠は、ネズミイルカ(イッカク科)が本物のイルカ(マイルカ科)よりも最近の共通の祖先をイッカク科と共有していることを示しています」。分子系統発生と進化15(2):314–8。土井10.1006/mpev.1999.0751PMID10837160_ 
  17. ^ アーナソン、U .; ガルバーグ、A。(1996)。「シトクロムbヌクレオチド配列と現存するクジラ類の5つの主要な系統の同定」モレキュラーバイオロジーアンドエボリューション13(2):407–17。土井10.1093/oxfordjournals.molbev.a025599PMID8587505_ 
  18. ^ ジョーンズ、スティーブンJM; etal。(2017)。「シロイルカ( Delphinapterus leucasのゲノム」 。遺伝子8(12):378 . doi10.3390/genes8120378PMC5748696_ PMID29232881_  
  19. ^ バーンズ、ローレンスG.化石ハクジラ目(哺乳類:クジラ目)、メキシコ、セドロス島のアルメハス層からカリフォルニア大学古生物学博物館。p。46.ASINB0006YRTU4 _ _ 
  20. ^ DenebolabrachycephalaZipcodeZoo.com。2012年8月20日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月1日取得
  21. ^ abVélez -Juarbe、J . ; Pyenson、ND(2012)。北大西洋西部の鮮新世からの新しいイッカク科(クジラ目、ハクジラ目、マイルカ上科)、Bohaskaiamonodontoides」Journal ofVertebratePaleontology32(2):476–484。土井10.1080/02724634.2012.641705S2CID55606151_ 
  22. ^ Barnes、LG(1977)。「東部北太平洋の化石クジラ群集の概要」。体系的な動物学25(4):321–343。土井10.2307/2412508JSTOR2412508_ 
  23. ^ Bianucci、Giovanni; ペシ、ファビオ; コラレタ、アルベルト; ティネリ、キアラ(2019)。「イタリアの鮮新世下部からの新しいイッカク科(クジラ目、マイルカ上科)は、イッカクとシロイルカの温水起源をサポートしています」。Journal ofVertebratePaleontology39(3):e1645148。土井10.1080/02724634.2019.1645148S2CID202018525_ 
  24. ^ ペリン、ウィリアムF .; Würsig、Bernd G .; シューウィッセン、JGM(2009)。海洋哺乳類の百科事典(2版)。アカデミックプレス。p。214. ISBN 978-0-12-373553-9
  25. ^ 「シャーロット、バーモントクジラ–電子博物館」バーモント大学。2010年12月19日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月2日取得
  26. ^ ライト、ウェズリー(2009)。「私たちの州の化石」バーモント大学。2016年8月10日にオリジナルからアーカイブされました2016年8月23日取得
  27. ^ バーンズJJ; シーマンGA(1983)。「アラスカ西部と北部の沿岸海域におけるベルカクジラの調査、1982年から1983年:ブリストル湾のクジラのマーキングと追跡」。生物学と生態学。US Dept Commer、NOAA、OCSEAP Final Rep、II56:221–357。OSTI6361651_ 
  28. ^ ゴーレン、アーサーD .; ブロディ、ポールF .; スポッテ、スティーブン; レイ、G。カールトン; カウフマン、HW; グイネット、A。ジョン; Sciubba、James J .; バック、ジョンD.(1987)。「既知の年齢の成体シロイルカ(Delphinapterus leucas)の歯の成長層グループ(GLG):2つの年次層の証拠」。海洋哺乳類科学3(1):14–21。土井10.1111/j.1748-7692.1987.tb00148.x
  29. ^ スチュワート、REA; カンパーナ、南東; ジョーンズ、CM; スチュワート、BE(2006)。「爆弾放射性炭素年代測定は、ベルーガ(Delphinapterus leucas)の年齢推定値を較正します」できる。J.Zool84(12):1840–1852。土井10.1139/Z06-182[永久デッドリンク]
  30. ^ Suydam、Robert S .; ローリー、ロイドF .; フロスト、キャシーJ .; O'Corry-Crowe、Greg M .; ピコック、ダニー(2001年1月1日)。「チュクチ海東部のシロイルカの北極海への衛星追跡」。北極54(3)。土井10.14430/arctic784
  31. ^ a b c 移動性種に関する条約–CMS。" Delphinapterus leucas(Pallas、1776)"2011年8月21日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月3日取得
  32. ^ a b c d e Shirihai、H.&Jarrett、B.(2006)世界のクジラ、イルカ、その他の海洋哺乳類プリンストン:プリンストン大学 押す。pp。97–100。ISBN 978-0-691-12757-6
  33. ^ a b c Reeves、R .; スチュワート、B .; Clapham、P.&Powell、J.(2003)世界の海洋哺乳類へのガイドニューヨーク:AAクノフ。pp。318–321。ISBN 978-0-375-41141-0
  34. ^ 危険にさらされている水生種–ベルーガクジラ(セントローレンス河口の個体数) 2011年12月11日にウェイバックマシンでアーカイブされました。水産海洋省カナダ
  35. ^ スチュワートBE、スチュワートRE(1989)。Delphinapterusleucas(PDF)哺乳類の種336(336):1–8。土井10.2307/3504210JSTOR3504210_ 2013年6月15日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2011年9月22日取得  
  36. ^ a b c d e Ridgway、S.&Harrison、R.(1981)。海洋哺乳類ハンドブック(6版)。サンディエゴ:アカデミックプレスリミテッド。p。486. ISBN 978-0-12-588506-5
  37. ^ a b c d e 「シロイルカ–身体的特徴」SeaWorld.org。2010年6月19日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月30日取得
  38. ^ a b c d e Paine、S.(1995)。北極クジラの世界サンフランシスコ:シエラクラブ。ISBN 978-0-87156-957-8
  39. ^ 軍曹、DE&Brodie、PF(1969)。「シロイルカ、 Delphinapterusleucasの体の大きさ」。カナダ水産研究委員会のジャーナル26(10):2561–2580。土井10.1139/f69-251
  40. ^ 国連環境計画–野生動物の移動性種の保護(2006年)。小型鯨類のレビュー:分布、行動、移動および脅威:177(海洋哺乳類の行動計画/地域の海の報告および研究)UNEP/CMS。p。356. ISBN 978-3-937429-02-1
  41. ^ a b " Delphinapterus leucas –形態、物理的説明"生命百科事典2010年8月3日取得[永久デッドリンク]
  42. ^ a b c d フリードマンWR(2006年6月)。「シロイルカ( Delphinapterus leucasの環境への適応」 (PDF)認知科学1432012年10月30日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 。
  43. ^ a b St. Aubin、DJ; スミス、TG; Geraci、JR(1990)。「シロイルカ、 Delphinapterusleucasの季節的な表皮脱皮カナダ動物学ジャーナル68(2):339–367。土井10.1139/z90-051[永久デッドリンク]
  44. ^ a b c d Haley、Delphine(1986)。北太平洋東部および北極海の海洋哺乳類(2版)。シアトル:パシフィックサーチプレス。ISBN 978-0-931397-14-1[必要なページ]
  45. ^ a b c d e f 「シロイルカ–コミュニケーションとエコーロケーション」SeaWorld.org。2010年6月19日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月30日取得
  46. ^ Turl、CW(1990)。TGスミス; DJセントオービン; JRゲラチ。(編)。「シロイルカ、 Delphinapterus leucasのエコーロケーション能力:バンドウイルカ、Tursiopstruncatusとのレビューと比較」。できる。ブル。魚。アクアット。科学224:119–128。
  47. ^ リッチフィールド、カーター; アックマン、RG; シポス、JC; イートン、カリフォルニア(1971年)。「シロイルカ( Delphinapterus leucas )の脂身油とメロン油からのイソバレロイルトリグリセリド」。脂質6(9):674–81。土井10.1007/BF02531529PMID5141491_ S2CID4023319_  
  48. ^ a b Bonner、WN(1980)。クジライギリス、プール:阿部本。pp。17、23–24  _ ISBN 978-0-7137-0887-5
  49. ^ a b c d e f Nowak、Ronald M.(1991)。世界のウォーカーの哺乳類2(5版)。ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局。ISBN 978-0-8018-5789-8[必要なページ]
  50. ^ 米国海洋大気庁の国立海洋水産局–アラスカ地域事務所(2018年10月2日)。「シロイルカ」2010年6月4日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月3日取得
  51. ^ 魅惑の学習。「ブローホール」2010年3月5日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月6日取得
  52. ^ a b Aubin DJST(1989)。「シロイルカ、 Delphinapterusleucasの甲状腺機能と表皮成長」。Diss Abst Int Pt B SciandEng50(1)。
  53. ^ Mikaelian、I .; Labelle、P .; コパル、M .; De Guise、S .; マルティノー、D。(2003)。「カナダ、ケベック州のセントローレンス河口およびハドソン湾からのベルーガクジラ( Delphinapterus leucas )の甲状腺の腺腫性過形成」。獣医病理学40(6):698–703。土井10.1354/vp.40-6-698PMID14608025_ S2CID34734748_  
  54. ^ Kasting NW、Adderley SA、Safford T、Hewlett KG(1989)。「シロイルカ(Delphinapterus leucas)とキラー(Orcinus orca)のクジラの体温調節」。生理学的動物学62(3):687–701。土井10.1086/physzool.62.3.30157921JSTOR30157921_ S2CID86884106_  
  55. ^ a b Belkovitch、VM; ミネソタ州シェコトフ(1993)。Belukha Whale:Natural Behavior and Bioacoustics(PDF)マサチューセッツ州ウッズホール:ウッズホール海洋研究所。2014年4月7日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 。
  56. ^ Fay, R. R. (1988). Hearing in Vertebrates: a Psychophysics Databook. The Journal of the Acoustical Society of America. Vol. 86. Winnetka IL: Hill-Fay Associates. p. 621. Bibcode:1989ASAJ...86.2044F. doi:10.1121/1.398550. ISBN 978-0-9618559-0-1.
  57. ^ Olson, Harry F (1967). Music, Physics and Engineering. Dover Journals. p. 249. ISBN 978-0-486-21769-7.
  58. ^ a b Sea World.org. "Beluga Whales – Senses". Archived from the original on 19 June 2010. Retrieved 30 July 2010.
  59. ^ a b c d Herman, Louis (1988). Cetacean Behavior: Mechanisms and Functions. Nueva York: John Wiley and Sons. p. 480. ISBN 978-0-89464-272-2.
  60. ^ a b c d Katona, Steven K.; Valerie Rough & David T. Richardson (1993). Field Guide to Whales, Porpoises, and Seals from Cape Cod to Newfoundland (4 ed.). Smithsonian Institution Press. p. 336. ISBN 978-1-56098-333-0.
  61. ^ Illustrated Encyclopedia of North American Mammals: A Comprehensive Guide to Mammals of North America. MobileReference. 2009. ISBN 978-1-60501-279-7.
  62. ^ Slijper, E. J. (1979). Whales (2 ed.). Ithaca, Nueva York: Cornell University Press. p. 511. ISBN 978-0-8014-1161-8.
  63. ^ Jefferson TA, Leatherwood S, Webber MA (1993). FAO Species identification guide. Marine mammals of the world (PDF). UNEP / FAO, Rome. p. 320. Archived from the original (PDF) on 2 March 2013.
  64. ^ a b c d MacDonald, David (2006). "Beluga whale". The Encyclopedia of Mammals. Nueva York: Facts on File, Inc. p. 895. ISBN 978-0-87196-871-5.
  65. ^ Sjare, Becky L. & Thomas G. Smith (1986). "The Relationship Between Behavioral Activity and Underwater Vocalizations of the White Whale, Delphinapterus leucas". Canadian Journal of Zoology. 64 (12): 2824–2831. doi:10.1139/z86-406.[permanent dead link]
  66. ^ a b Sea World.org. "Beluga Whales – Behavior". Archived from the original on 19 June 2010. Retrieved 30 July 2010.
  67. ^ Georgia Aquarium. "Beluga Whale". Archived from the original on 2 October 2008. Retrieved 12 October 2008.
  68. ^ Alaska Geographic Society (1979). Alaska Whales and Whaling. Edmonds, Washington: Alaska Northwest Publishing Co. Archived from the original on 6 November 2012. Retrieved 12 September 2012.
  69. ^ Smith, T. G. & Sleno, G. A. (1986). "Do White Whales, Delphinapterus leucas, Carry Surrogates in Response to Early Loss of Their Young". Canadian Journal of Zoology. 64 (7): 1581–1582. doi:10.1139/z86-237.
  70. ^ Fish, FE (1998). "Comparative kinematics and hydrodynamics of odontocete cetaceans: Morphological and ecological correlates with swimming performance". The Journal of Experimental Biology. 201 (Pt 20): 2867–2877. doi:10.1242/jeb.201.20.2867. PMID 9739069.
  71. ^ "Georgia Aquarium – Beluga Whale". Archived from the original on 2 October 2008. Retrieved 12 October 2008.
  72. ^ Sea World.org. "Beluga Whales – Adaptations for an Aquatic Environment". Archived from the original on 19 June 2010. Retrieved 30 July 2010.
  73. ^ Ridgway, Sam H.; Carder, Donald A.; Kamolnick, Tricia; Smith, Robert R.; Schlundt, Carolyn E.; Elsberry, Wesley R. (2001). "Hearing and whistling in the deep sea: Depth influences whistle spectra but does not attenuate hearing by white whales (Delphinapterus leucas) (Odontoceti, Cetacea)". The Journal of Experimental Biology. 204 (Pt 22): 3829–41. doi:10.1242/jeb.204.22.3829. hdl:1969.1/180722. PMID 11807101.
  74. ^ a b c d Heide-Jørgensen, M. P.; Richard, P. R.; Rosing-Asvid, A. (March 1998). "Dive Patterns of Belugas (Delphinapterus leucas) in Waters near Eastern Devon Island". Arctic. 51 (1): 17–26. doi:10.14430/arctic1041. JSTOR 40511799. S2CID 52905886.
  75. ^ Hauser, DDW; Laidre, KL; Parker-Stetter, SL; Horne, JK; Suydam, RS; Richard, PR (15 December 2015). "Regional diving behavior of Pacific Arctic beluga whales Delphinapterus leucas and possible associations with prey". Marine Ecology Progress Series. 541: 245–264. Bibcode:2015MEPS..541..245H. doi:10.3354/meps11530.
  76. ^ "Delphinapterus leucas: Beluga Whale". Marine Bio. Archived from the original on 3 March 2014. Retrieved 26 August 2008.
  77. ^ a b c Ridgway, Sam H (1972). Mammals of the Sea. Biology and Medicine. Springfield, Illinois: Charles C. Thomas. p. 812. ISBN 978-0-398-02389-8.
  78. ^ Ridgway, S. H.; Bowers; Miller; Schultz; Jacobs; Dooley; et al. (1984). "Diving and Blood Oxygen in the White Whale". Canadian Journal of Zoology. 6 (11): 2349–2351. doi:10.1139/z84-344.[permanent dead link]
  79. ^ Noren, S.R.; Williams, T.M. (2000). "Body size and skeletal muscle myoglobin of cetaceans: Adaptations for maximizing dive duration". Comparative Biochemistry and Physiology A. 126 (2): 181–91. doi:10.1016/S1095-6433(00)00182-3. PMID 10936758.
  80. ^ Dueck L. (2014). "3.2 Habits – 3.2.1 Diving Characteristics and Sightability Estimates of Eastern Arctic Bowhead Whales Based on Satellite-Linked Telemetry". The Fisheries and Oceans Canada. Archived from the original on 30 January 2015. Retrieved 30 January 2015.
  81. ^ Loseto LL, Stern GA, Connelly TL, Deibel D, Gemmill B, Prokopowicz A, Fortier L, Ferguson SH (2009). "Summer diet of beluga whales inferred by fatty acid analysis of the eastern Beaufort Sea food web". J Exp Mar Biol Ecol. 374 (1): 12–18. doi:10.1016/j.jembe.2009.03.015. Archived from the original on 23 October 2020.
  82. ^ Heide-Jorgensen, M.P.; Teilmann, J (1994). "Growth, reproduction, age structure and feeding habits of white whales (Delphinapterus leucas) in West Greenland waters". Meddr Gronland, Biosci. 39: 195–212.
  83. ^ Frost, K.J. & Lowry, L.F. (1981). "Trophic importance of some marine gadids in Northern Alaska and their body-otolith size relationships". Fish. Bull. 79: 187–192.
  84. ^ a b Lentifer, J (1988). Selected Marine Mammals of Alaska: Species Accounts with Research and Management Recommendations. Marine Mammals Commission. ASIN B000102908.[page needed]
  85. ^ Perez, Michael A – NOAA (1990). NOAA Technical Memorandum NMFS F/NWC-186. Review of Marine Mammal Population and Prey Information for Bering Sea Ecosystem Studies. NOAA.
  86. ^ Breton-Honeyman, K.; Hammill, M.O.; Furgal, C.M.; Hickie, B. (2016). "Inuit Knowledge of beluga whale (Delphinapterus leucas) foraging ecology in Nunavik (Arctic Quebec), Canada". Canadian Journal of Zoology. 94 (10): 713–726. doi:10.1139/cjz-2015-0259. hdl:1807/73843.
  87. ^ Quakenbush, Lori T.; Suydam, Robert S.; Brown, Anna L.; Lowry, Lloyd F.; Frost, Kathryn J.; Mahoney, Barbara A. (2015). "Diet of beluga whales, Delphinapterus leucas, in Alaska from stomach contents, March–November". Marine Fisheries Review. 77 (1): 70–84. doi:10.7755/MFR.77.1.7.
  88. ^ Sea World.org. "Beluga Whales – Diet and Eating Habits". Archived from the original on 12 July 2010. Retrieved 30 July 2010.
  89. ^ Kastelein, R. A., Boxsel, M. van, Wiepkema, P. R., Ford, J., & Berghout, E. (1994). "Food consumption, growth and reproduction of Belugas (Delphinapterus leucas) in human care" (PDF). Aquatic Mammals. 20 (2): 81–97.{{cite journal}}: CS1 maint: uses authors parameter (link)
  90. ^ Katona, Steven K.; Valerie Rough & David T. Richardson. (1983). A Field Guide to the Whales, Porpoises and Seals of the Gulf of Maine and Eastern Canada. New York: Charles Scribner's Sons. p. 255. ISBN 978-0-684-17902-5.
  91. ^ Lentifer, Jack W. (1988). Selected Marine Mammals of Alaska: Species Accounts with Research and Management Recommendations. Washington, D.C.: Marine Mammals Commission. ASIN B000102908. OCLC 18060784.[page needed]
  92. ^ a b Suydam, Robert Scott (2009). "Age, growth, reproduction, and movements of beluga whales (Delphinapterus leucas) from the eastern Chukchi Sea" (PDF). University of Washington. Archived (PDF) from the original on 19 September 2011. Retrieved 4 August 2008.
  93. ^ Ellis, Samuel; Franks, Daniel W.; Nattrass, Stuart; Currie, Thomas E.; Cant, Michael A.; Giles, Deborah; Balcomb, Kenneth C.; Croft, Darren P. (27 August 2018). "Analyses of ovarian activity reveal repeated evolution of post-reproductive lifespans in toothed whales". Scientific Reports. 8 (1): 12833. Bibcode:2018NatSR...812833E. doi:10.1038/s41598-018-31047-8. PMC 6110730. PMID 30150784.
  94. ^ Ellis, Samuel; Franks, Daniel W.; Nattrass, Stuart; Currie, Thomas E.; Cant, Michael A.; Giles, Deborah; Balcomb, Kenneth C.; Croft, Darren P. (27 August 2018). "Analyses of ovarian activity reveal repeated evolution of post-reproductive lifespans in toothed whales". Scientific Reports. 8 (1): 12833. Bibcode:2018NatSR...812833E. doi:10.1038/s41598-018-31047-8. PMC 6110730. PMID 30150784.
  95. ^ Williams, Shavon. Delphinapterus leucas. Animal Diversity Web
  96. ^ Robeck, Todd R.; Monfort, Steven L.; Calle, Paul P.; Dunn, J. Lawrence; Jensen, Eric; Boehm, Jeffrey R.; Young, Skip; Clark, Steven T. (2005). "Reproduction, Growth and Development in Captive Beluga (Delphinapterus leucas)". Zoo Biology. 24 (1): 29–49. doi:10.1002/zoo.20037.
  97. ^ Cosens, S. & Dueck, L. (June 1990). "Spring Sightings of Narwhal and Beluga Calves in Lancaster Sound, N.W.T" (PDF). Arctic. 43 (2): 1–2. doi:10.14430/arctic1602. Archived (PDF) from the original on 28 October 2008.
  98. ^ Animal Diversity Web – Museum of Zoology, University of Michigan. "Delphinapterus leucas". Archived from the original on 6 June 2011. Retrieved 30 July 2010.
  99. ^ Sea World.org. "Beluga Whales – Birth and Care of the Young". Archived from the original on 19 June 2010. Retrieved 30 July 2010.
  100. ^ a b Sea World Education Department (1993). Toothed Whales. San Diego: Sea World Education Department Publication.
  101. ^ Leung, Elaine S.; Vergara, Valeria; Barrett-Lennard, Lance G. (2010). "Allonursing in captive belugas (Delphinapterus leucas)". Zoo Biology. 29 (5): 633–7. doi:10.1002/zoo.20295. PMID 20127963.
  102. ^ Pappas, Stephanie (20 June 2019). "First-Ever Beluga-Narwhal Hybrid Found in the Arctic". Live Science.
  103. ^ Skovrind, M.l; Castruita, J. A. S.; Haile, J.; Treadaway, E. C.; Gopalakrishnan, S.; Westbury, M. V.; Heide-Jørgensen, M. P.; Szpak, P.; Lorenzen, E. D. (2019). "Hybridization between two high Arctic cetaceans confirmed by genomic analysis". Scientific Reports. 9 (1): 7729. Bibcode:2019NatSR...9.7729S. doi:10.1038/s41598-019-44038-0. PMC 6586676. PMID 31221994.
  104. ^ Au, W. W. L.; Carder, D. A.; Penner, R. H.; Scronce, B. L. (1985). "Demonstration of adaptation in beluga whale echolocation signals". The Journal of the Acoustical Society of America. 77 (2): 726–30. Bibcode:1985ASAJ...77..726A. doi:10.1121/1.392341. PMID 3973242.
  105. ^ "The Canaries of the Sea, granted a pardon, this time…". ePluribus Media. Archived from the original on 29 November 2009. Retrieved 7 August 2010.
  106. ^ Madsen, P. T.; Jensen, F. H.; Carder, D.; Ridgway, S. (2011). "Dolphin whistles: a functional misnomer revealed by heliox breathing". Biology Letters. 8 (2): 211–213. doi:10.1098/rsbl.2011.0701. PMC 3297372. PMID 21900314.
  107. ^ Bonner, W (1989). Whales of the World. New York: Facts on File Journals. p. 191. ISBN 978-0-8160-5216-5.
  108. ^ Panova, E. M.; Belikov, R. A.; Agafonov, A. V.; Kirillova, O. I.; Chernetsky, A. D.; Belkovich, V. M. (2015). "Intraspecific variability in the "vowel"-like sounds of beluga whales (Delphinapterus leucas): Intra- and interpopulation comparisons". Marine Mammal Science. 32 (2): 452–465. doi:10.1111/mms.12266.
  109. ^ a b c Rice DW (1998). Wartzok D (ed.). Marine mammals of the world: systematics and distribution (4 ed.). Lawrence, KS. USA: Society for Marine Mammalogy, Special Journal. p. 231. ISBN 978-1-891276-03-3.
  110. ^ Fisheries and Oceans Canada. Beluga Whale Archived 5 August 2017 at the Wayback Machine
  111. ^ Artyukhin, Yu.B.; Burkanov, V.N. (1999). Sea birds and mammals of the Russian Far East: a Field Guide (in Russian). Moscow: АSТ Publishing. p. 215. ISBN 978-5237044751.
  112. ^ a b c Suydam RS, Lowry LF, Frost KJ, O' Corry-Crowe GM, Pikok D JR (2001). "Satellite Tracking of Eastern Chukchi Sea Beluga Whales into the Arctic Ocean". Arctic. 54 (3): 237–243. doi:10.14430/arctic784. Archived from the original on 2 February 2015.
  113. ^ Andrei, Mihai (6 April 2018). "Beluga whales value culture and family ties". ZME Science. Archived from the original on 15 April 2018. Retrieved 14 April 2018.
  114. ^ Barber DG, Saczuk E, Richard PR (2001). "Examination of Beluga-Habitat Relationships through the Use of Telemetry and a Geographic Information System". Arctic. 54 (3): 305–316. doi:10.14430/arctic790. Archived from the original on 2 February 2015.
  115. ^ "Whale Carcass in Alaska River Mystifies Experts". Los Angeles Times. 16 June 2006. Archived from the original on 11 January 2012. Retrieved 3 August 2010.
  116. ^ Gewalt W (1994). "Wale und Delphine 1 -Delphinapterus leucas – Weißwal oder Beluga". Handbuch der Säugetiere Europas. Meeressäuger. Teil IA (in German). Aula-Verlag, Wies-baden. pp. 185–208. ISBN 978-3-89104-560-2.
  117. ^ "Beluga's body in river baffles scientists". South Bend Tribune. Archived from the original on 13 December 2013. Retrieved 10 September 2012.
  118. ^ "Beluga Whale". Alaskan Naure. Archived from the original on 2 June 2013.
  119. ^ Hauser, Donna D. W.; Laidre, Kristin L.; Suydam, Robert S.; Richard, Pierre R. (24 April 2014). "Population-specific home ranges and migration timing of Pacific Arctic beluga whales (Delphinapterus leucas)". Polar Biology. 37 (8): 1171–1183. doi:10.1007/s00300-014-1510-1. S2CID 7223010.
  120. ^ Heide Jørgensen MP & Reeves RR (1996). "Evidence of a decline in beluga, Delphinapterus leucas, abundance off West Greenland". ICES J Mar Sci. 53 (1): 61–72. doi:10.1006/jmsc.1996.0006.
  121. ^ Irish Whale and Dolphin Group. beluga whale Archived 8 March 2016 at the Wayback Machine. Retrieved 2 June 2014
  122. ^ BBC News. (21 February 2012) Beluga whale sightings in SNH marine renewables report Archived 2 June 2014 at the Wayback Machine. Retrieved 2 June 2014
  123. ^ Wildlife Extra. Dolphin and whale watching in the Scotland Archived 2 June 2014 at the Wayback Machine. Retrieved 2 June 2014
  124. ^ Hebridean Whale and Dolphin Trust. Beluga Whale Archived 20 June 2013 at the Wayback Machine. Retrieved 2 June 2014
  125. ^ Sato, H.; Ichimura, M. (2011). "The Sighting Record of Beluga (White Whale) Delphinapterus leucas in Shiretoko–Nemuro Strait Water, Eastern Hokkaido, Japan. Sea Life Watch in Shibetsu". Bulletin of the Shiretoko Museum. 32: 45–52.
  126. ^ Uni, Y (2006). "Whales, Dolphins and Porpoises off Shiretoko" (PDF). Bulletin of the Shiretoko Museum. 27: 37–46. Archived (PDF) from the original on 14 July 2014.
  127. ^ Volcano-bay Marine-animals Waching Association Archived 23 September 2015 at the Wayback Machine of Muroran Renaissance
  128. ^ Mukai. T., KK-ELM Archived 20 October 2015 at the Wayback Machine. Retrieved 2 June 2014
  129. ^ Sasamori K., Muroran Dolphin and Whale Watching Archived 14 July 2014 at the Wayback Machine. Retrieved 2 June 2014
  130. ^ Imai Y., 野生のシロイルカ/ベルーガ in 日本 Beluga, the White Whale observations in Japanese waters. Archived 8 June 2015 at the Wayback Machine. YouTube. Retrieved 2 June 2014
  131. ^ 흰고래 Delphinaterus leucas 영명 : Beluga, White whale 일명 : 시로이루카 Archived 4 March 2016 at the Wayback Machine. whalelove.com
  132. ^ ベルーガ(シロイルカ) Delphinapterus leucas Archived 20 November 2015 at the Wayback Machine. Association for Protection of Marine Communities (1 January 2015)
  133. ^ Nakayama Y.. 2016. 北極のベルーガ、北海道でひとりぼっち 遊び相手は漁師 Archived 25 March 2017 at the Wayback Machine. The Asahi Shimbun. Retrieved 25 March 2017
  134. ^ a b c d e Reyes JC (1991). The conservation of small cetaceans: a review. Report prepared for the Secretariat of the Convention on the Conservation of Migratory Species of Wild Animals. UNEP/CMS Secretariat, Bonn.
  135. ^ Hobbs RC, Laidre KL, Vos DJ, Mahoney BA, Eagleton M (2005). "Movements and Area Use of Belugas, Delphinapterus leucas, in a Subarctic Alaskan Estuary" (PDF). Arctic. 58 (4): 331–340. doi:10.14430/arctic447. Archived (PDF) from the original on 10 February 2012.
  136. ^ Rugh DJ, Mahoney BA, Smith BK (2004). "Aerial Surveys of Beluga Whales in Cook Inlet, Alaska, Between June 2001 and June 2002" (PDF). NOAA Technical Memorandum NMFS AFSC. no. 145. p. 20. Retrieved 7 August 2010.[permanent dead link]
  137. ^ "Research Document 2012/074". Dfo-mpo.gc.ca. Archived from the original on 24 October 2016. Retrieved 23 November 2021.
  138. ^ Goetz, Kimberly T.; Rugh, David J.; Read, Andrew J. & Hobbs, Roderick C. (2 October 2018). "Habitat use in a marine ecosystem: beluga whales Delphinapterus leucas in Cook Inlet, Alaska" (PDF). National Marine Mammal Laboratory, Alaska Fisheries Science Center, NMFS, NOAA, Washington, USA. Archived (PDF) from the original on 15 June 2010.
  139. ^ Loseto, L.L.; Richard, P.; Stern, G.A.; Orr, J.; Ferguson, S.H. (1 December 2006). "Segregation of Beaufort Sea beluga whales during the open-water season". Canadian Journal of Zoology. 84 (12): 1743–1751(9). doi:10.1139/Z06-160.[permanent dead link]
  140. ^ a b NAMMCO (2018) Report of the NAMMCO Global Review of Monodontids. 13–16 March 2017, Hillerød, Denmark.
  141. ^ a b c d e Ellis, Richard (1991). Men and Whales (1st ed.). The Lyons Press. p. 560. ISBN 978-1-55821-696-9.
  142. ^ a b c d Hoover C, Bailey M, Higdon J, Ferguson SH, Sumalia R (March 2013). "Estimating the Economic Value of Narwhal and Beluga Hunts in Hudson Bay, Nunavut". Arctic. 66: 1–16. doi:10.14430/arctic4261. S2CID 59126947.
  143. ^ Heide-Jørgensen, Mads Peter (January 1994). "Distribution, exploitation and population status of white whales (Delphinapterus leucas) and narwhals (Monodon monoceros) in West Greenland". Meddelelser om Grønland, Bioscience. 39: 135–149.
  144. ^ a b c d Bettridge, Shannon, Robert L. Brownell Jr., Melissa Andersen Garcia, Rod C. Hobbs, Cheri L. McCarty, Richard D. Methot Jr., Debra L. Palka, Patricia E. Rosel, Kathryn S. Swails, and Barbara L. Taylor (1 March 2016). "Status Review of the Sakhalin Bay-Amur River Beluga Whale (Delphinapterus leucas) under the Marine Mammal Protection Act" (PDF). cites Shpak, Meschersky, Hobbs, Andrews, Glazov, Chelintsev, Kuznetsova, Solovyev, Nazarenko, Michaud, and Mukhametov. 2011. Current status of the Sakhalin-Amur beluga aggregation (The Okhotsk Sea, Russia): sustainability assessment. Report for 2007–2010 stages: Report presented at IUCN Independent Scientific Review Panel, Chicago, 6–7 March 2011 (unpublished). 68p and 5 Appendices. Archived (PDF) from the original on 30 April 2017. Retrieved 7 April 2018. This table uses their "high" estimate, since they say, page 23: "The high take scenario is considered the better of the two because it accounts for times when takes are known to have occurred but are not documented. Additionally, we did not account for beluga whales that are struck and lost because these data are not available, so the high take option may even be an underestimate."
  145. ^ a b Master, Farah (20 September 2018). "Tidal wave of Chinese marine parks fuels murky cetacean trade". Reuters. Retrieved 17 November 2018.
  146. ^ Kustikova, Alisa (8 November 2018). "It's like a detention center!, "Это как СИЗО!"". Новая газета – Novayagazeta.ru (in Russian). Retrieved 23 November 2018.
  147. ^ "In Primorye, the court arrested killer whales and belugas in the case of the illegal export of mammals abroad, В Приморье суд арестовал косаток и белух по делу о незаконном вывозе млекопитающих за границу". Новая газета – Novayagazeta.ru (in Russian). 23 November 2018. Retrieved 23 November 2018.
  148. ^ Tyrrell, Martina (2007). "Sentient Beings and Wildlife Resources: Inuit, Beluga Whales and Management Regimes in the Canadian Arctic". Human Ecology. 35 (5): 575–86. doi:10.1007/s10745-006-9105-2. S2CID 153470505.
  149. ^ Citta, John J.; Suydam, Robert S.; Quakenbush, Lori T.; Frost, Kathryn J.; O'Corry-Crowe, Gregory M. (22 November 2013). "Dive Behavior of Eastern Chukchi Beluga Whales (Delphinapterus leucas), 1998–2008". Arctic. 66 (4). doi:10.14430/arctic4326.
  150. ^ a b c d Boltunov, Andrei N. and Belikov, Stanislav E. (2002). "Belugas (Delphinapterus leucas) of the Barents, Kara and Laptev seas". NAMMCO Sci. Publ. 4: 149–168. doi:10.7557/3.2842 – via Septentrio Academic Publishing, Arctic University of Norway.{{cite journal}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  151. ^ a b c d Burns, John J. and Glenn A. Seaman (1 November 1986). "Investigations of Belukha Whales in Coastal Waters of Western and Northern Alaska II. Biology and Ecology" (PDF). Outer Continental Shelf Environmental Assessment Program. Alaska Department of Fish and Game. Archived (PDF) from the original on 27 March 2018.
  152. ^ a b c Dionne, Suzan & Gourbilière, Claire (2007). "St. Lawrence Beluga". Encyclopedia of French Cultural Heritage in North America. Archived from the original on 4 March 2013. Retrieved 1 September 2010.
  153. ^ Madison, J. (2014). All About Marine Animals - Animals of the Seas and Oceans.
  154. ^ a b c d e f "Beluga Whales in Captivity" (PDF). Special Report on Captivity 2006. Canadian Marine Environment Protection Society. 2006. Archived from the original (PDF) on 26 December 2014. Retrieved 26 December 2014.
  155. ^ Reeves, R. R. & Mitchell, E. (1984). "Catch history and initial population of white whales (Delphinapterus leucas) in the river and gulf of St. Lawrence, eastern Canada". Canadian Field-Naturalist (111): 63–121. Archived from the original on 5 November 2012. Retrieved 7 September 2010.
  156. ^ Harwood, Lois A., Pamela Norton, Billy Day and Patricia A. Hall (1 March 2002). "The Harvest of Beluga Whales in Canada's Western Arctic: Hunter-Based Monitoring of the Size and Composition of the Catch (has data through 1984)". Arctic. 55: 10–20. doi:10.14430/arctic687. Archived from the original on 3 May 2018. Includes struck and lost.
  157. ^ Fisheries Joint Management Committee (2013). "Beaufort Sea Beluga Management Plan, 4th amended printing" (PDF). Archived (PDF) from the original on 25 March 2018. Retrieved 7 April 2018. Includes struck and lost.
  158. ^ Fisheries, NOAA (17 September 2018). "Marine Mammal Stock Assessment Reports (SARs) by Region :: NOAA Fisheries". fisheries.noaa.gov. Archived from the original on 3 May 2018. Retrieved 7 April 2018. includes struck and lost.
  159. ^ Loseto, Lisa L.; Brewster, Jasmine D.; Ostertag, Sonja K.; Snow, Kathleen; MacPhee, Shannon A.; McNicholl, Darcy G.; Choy, Emily S.; Giraldo, Carolina; Hornby, Claire A. (21 February 2018). "Diet and feeding observations from an unusual beluga harvest in 2014 near Ulukhaktok, Northwest Territories, Canada". Arctic Science. 4 (3): 421–431. doi:10.1139/as-2017-0046. hdl:1807/88141.
  160. ^ Suluk, Thomas K. and Blakney, Sherrie L. (2008). "Land Claims and Resistance to the Management of Harvester Activities in Nunavut" (PDF). Arctic. 61 (5): 62–70. doi:10.14430/arctic102. hdl:10535/5552. Archived (PDF) from the original on 21 September 2017 – via University of Calgary.
  161. ^ Kishigami, Noboru (2005). "Co-Management of Beluga Whales in Nunavik (Arctic Quebec), Canada". Senri Ethnological Studies. 67: 121–144. Archived from the original on 3 May 2018.
  162. ^ Rogers, Sarah (22 August 2016). "Nunatsiaq News 2016-08-22: NEWS: Nunavik's beluga season closes early". Nunatsiaq News. Archived from the original on 12 July 2018. Retrieved 7 April 2018.
  163. ^ Heide-Jorgensen, M.P. and E. Garde (1 March 2017). "Catch statistics for belugas in Greenland 1862 to 2016" – via NAMMCO/JCNB Joint Working Group on narwhals and belugas, Copenhagen. {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help) Paper is not online. This table uses their "high" estimate (which includes struck and lost), without harvests from ice entrapments (which would die even if not harvested).
  164. ^ Stanek, Ronald (1 July 1994). "The Subsistence Use of Beluga Whale in Cook Inlet by Alaska Natives, 1993" (PDF). Alaska Dept of Fish and Game. Archived (PDF) from the original on 9 August 2017. Retrieved 7 April 2018.
  165. ^ "Participation in subsistence fishing by residents-Beluga harvested by residents (downloadable data)". 2011. Archived from the original on 27 March 2018. Retrieved 7 April 2018.
  166. ^ Muto, M.M., V. T. Helker, R. P. Angliss, B. A. Allen, P. L. Boveng, J.M. Breiwick, M. F. Cameron, P. J. Clapham, S. P. Dahle, M. E. Dahlheim, B. S. Fadely, M.C. Ferguson, L. W. Fritz, R. C. Hobbs, Y. V. Ivashchenko, A. S. Kennedy, J.M. London, S. A. Mizroch, R. R. Ream, E. L. Richmond, K. E. W. Shelden, R. G. Towell, P. R. Wade, J. M. Waite, and A. N. Zerbini (2017). "Alaska Marine Mammal Stock Assessments, 2017 (draft)". Marine Mammal Laboratory, Alaska Fisheries Science Center, NMFS, NOAA. Retrieved 8 April 2018.
  167. ^ Fisheries, NOAA (31 January 2018). "Draft Marine Mammal Stock Assessment Reports, NOAA Fisheries". fisheries.noaa.gov. Archived from the original on 28 April 2018. Retrieved 8 April 2018.
  168. ^ Hernández, Clara (17 November 2006). "Un grupo de cazadores matará en Canadá a cerca de 80 belugas que han quedado atrapadas por el hielo" (in Spanish). 20 minutos.es – Internacional.
  169. ^ Freeman, Milton M. R. "Polar Bear Predation on Beluga in the Canadian Arctic" (PDF). McMaster University, Hamilton, Ontario. Archived (PDF) from the original on 15 April 2010. Retrieved 12 August 2010.
  170. ^ a b Shelden KE, Rugh DJ, Mahoney BA, Dahlheim ME (2003). "Killer whale predation on belugas in Cook Inlet, Alaska: Implications for a depleted population" (PDF). Mar. Mammal Sci. 19 (3): 529–544. doi:10.1111/j.1748-7692.2003.tb01319.x. Archived (PDF) from the original on 24 December 2012.
  171. ^ Lowry LF, Nelson RR, Frost KJ (1987). "Observations of killer whales, Orcinus orca, in western Alaska: Sightings, strandings, and predation on other marine mammals". Ont. Field-Nat. 101 (1): 6–12. Archived from the original on 5 November 2012.
  172. ^ a b Beland, Pierre (1996). Beluga: A Farewell to Whales (1 ed.). The Lyons Press. p. 224. ISBN 978-1-55821-398-2.
  173. ^ "Marine Pollution: Causes and Effects". Bamfield Marine Sciences Centre Public Education Program. Archived from the original on 18 February 2013.
  174. ^ Metcalfe, C; Metcalfe, T; Ray, S; Paterson, G; Koenig, B (1999). "Polychlorinated biphenyls and organochlorine compounds in brain, liver and muscle of beluga whales (Delphinapterus leucas) from the Arctic and St. Lawrence estuary". Marine Environmental Research. 47 (1): 1–15. doi:10.1016/S0141-1136(98)00107-X.
  175. ^ a b Smith, T. G.; D. J. St. Aubin & J. R. Geraci (1990). Advances in Research on the Beluga Whale, Delphinapterus leucas. Ottawa: Department of Fisheries and Oceans. ISBN 978-0-660-13817-6. OL 7626804M.
  176. ^ Hansen, Carstenthye; Nielsen, Christianovergaard; Dietz, Rune; Hansen, Martinmunk (1990). "Zinc, cadmium, mercury and selenium in minke whales, belugas and narwhals from West Greenland". Polar Biology. 10 (7): 529–39. doi:10.1007/BF00233702. S2CID 10222948.
  177. ^ Loseto, L.L.; Stern, G.A.; Macdonald, R.W. (2015). "Distant drivers or local signals: Where do mercury trends in western Arctic belugas originate?". Science of the Total Environment. 509–510: 226–236. Bibcode:2015ScTEn.509..226L. doi:10.1016/j.scitotenv.2014.10.110. PMID 25442642.
  178. ^ a b c Martineau, D.; Lemberger, K.; Dallaire, A.; Labelle, P.; Lipscomb, T. P.; Michel, P.; Mikaelian, I. (2002). "Cancer in Wildlife, a Case Study: Beluga from the St. Lawrence Estuary, Québec, Canada". Environmental Health Perspectives. 110 (3): 285–92. doi:10.1289/ehp.02110285. PMC 1240769. PMID 11882480.
  179. ^ Guise, S. D.; Lagace, A.; Beland, P. (1994). "Tumors in St. Lawrence Beluga Whales (Delphinapterus leucas)". Veterinary Pathology. 31 (4): 444–9. doi:10.1177/030098589403100406. PMID 7941233.
  180. ^ Caron LM, Sergeant DE (1988). "Yearly variation in the frequency of passage of beluga whales (Delphinapterus leucas) at the mouth of the Saguenay River, Quebec, over the past decade". Nat Can. 115 (2): 111–116.
  181. ^ Lesage, Veronique; Barrette, Cyrille; Kingsley, Michael C. S.; Sjare, Becky (January 1999). "The Effect of Vessel Noise on the Vocal Behavior of Belugas in the St. Lawrence River Estuary, Canada" (PDF). Marine Mammal Science. 15 (1): 65–84. doi:10.1111/j.1748-7692.1999.tb00782.x. Archived (PDF) from the original on 2 February 2012.
  182. ^ Finley KJ, Miller GW, Davis RA, Greene CR (1990). "Reactions of belugas, Delphinapterus leucas, and narwhals, Monodon monoceros, to ice-breaking ships in the Canadian High Arctic. In "Advances in research on the beluga whale, Delphinapterus leucas"". Can Bull Fish Aquat Sci. 224: 97–117. Archived from the original on 5 November 2012.
  183. ^ Sea World.org (2002). "Beluga Whales – Longevity and Causes of Death". Archived from the original on 19 June 2010. Retrieved 30 July 2010.
  184. ^ a b c Dierauf, L. & Gulland, F. (2001). CRC Handbook of Marine Mammal Medicine: Health, Disease, and Rehabilitation. CRC Press. pp. 26, 303, 359. ISBN 978-0-8493-0839-0.
  185. ^ Calle, Paul P.; Kenny, David E.; Cook, Robert A. (1993). "Successful treatment of suspected erysipelas septicemia in a beluga whale (Delphinapterus leucas)". Zoo Biology. 12 (5): 483–90. doi:10.1002/zoo.1430120510.
  186. ^ Wazura, K. W.; Strong, J. T.; Glenn, C. L.; Bush, Albert O. (1986). "Helminths of the Beluga Whale (Delphinapterus leucas) from the Mackenzie River Delta, Northwest Territories". Journal of Wildlife Diseases. 22 (3): 440–2. doi:10.7589/0090-3558-22.3.440. PMID 3735598. S2CID 12088478.
  187. ^ "The Whales, New York Tribune, August 9, 1861". New York Tribune. 9 August 1861. Archived from the original on 7 June 2003. Retrieved 5 December 2011.
  188. ^ Held, Amy (11 June 2019). "Canada Bans Keeping Whales And Dolphins In Captivity". npr. Retrieved 30 September 2019.
  189. ^ a b "Beluga Whales". Mystic Aquarium. Archived from the original on 13 October 2013. Retrieved 21 November 2014.
  190. ^ "Species of the Month, Juno". Mystic Aquarium. Archived from the original on 19 January 2013. Retrieved 21 November 2014.
  191. ^ "Beluga Whales Training". GeorgiaAquarium. 4 March 2008. Archived from the original on 16 March 2016. Retrieved 21 November 2014.
  192. ^ "Mariachi Band Serenades Beluga Whale". HuffPost. 3 August 2011. Archived from the original on 29 November 2014. Retrieved 21 November 2014.
  193. ^ a b "The Story of Navy Dolphins". PBS. Archived from the original on 30 December 2008. Retrieved 12 October 2008.
  194. ^ "Reddet russisk "militærhval" på norgesbesøk". Dagbladet (in Norwegian). 27 April 2019. Retrieved 29 April 2019.
  195. ^ Jon Henley (2 May 2019). "As experts fear for its survival, Tufjord residents told not to feed beluga so that it can learn to forage". The Guardian.
  196. ^ "Merlin Entertainments plc - 2018 Interim Results – Company Announcement - FT.com". Financial Times. 2 August 2018. Retrieved 21 November 2018.
  197. ^ a b Ástvaldsson, Jóhann Páll (28 June 2018). "Beluga Whales Train for Sanctuary in Iceland". Iceland Review. Retrieved 21 November 2018.
  198. ^ Wong, Li Za (10 July 2018). "World's First Open Water Sanctuary For Beluga Whales To Open Spring 2019 In Iceland". Star2.com. Retrieved 21 November 2018.
  199. ^ Mountain, Michael (15 June 2017). "Merlin Entertainment Seeks to Move Belugas to Sanctuary". The Whale Sanctuary Project. Retrieved 21 November 2018.
  200. ^ "Les parcs à thème controversés SeaWorld arrivent bientôt en Asie". Sciences et Avenir (in French). 27 March 2017. Retrieved 23 November 2018.
  201. ^ a b "Belugas "floated away" to China. Белухи "уплыли" в Китай. За что задержан директор ФГБНУ "ТИНРО-Центр" Лев Бочаров?". Porto Franko, Vladivostok. Retrieved 23 November 2018. Article says belugas cost USD 70,000 or 60,000, while orcas cost USD 7 million, while another article says orcas cost USD 1 million (RUB 67 million)
  202. ^ "Косатка на миллион". Novayagazeta.ru. 14 September 2018. Retrieved 23 November 2021.
  203. ^ "Ceta Base – Captive Cetacean Database – Cetacean Inventory • U.S. & Canada". cetabase.org. 31 January 2018. Retrieved 22 November 2018.
  204. ^ "Arrests made in Russia following illegal whale trafficking scandal". WDC, Whale and Dolphin Conservation. 21 March 2017. Retrieved 23 November 2018.
  205. ^ "Beluga (Delphinapterus leucas)Facts – Distribution – In the Zoo". WAZA : World Association of Zoos and Aquariums. Archived from the original on 10 February 2012. Retrieved 5 December 2011.
  206. ^ "Nanuq". Cetacousin. Retrieved 9 September 2012.[permanent dead link]
  207. ^ "Beluga Whale Calf Born at Shedd Aquarium". Association of Zoos and Aquariums. Archived from the original on 14 September 2012. Retrieved 9 September 2012.
  208. ^ "Male Beluga Whale Arrives at Mystic Aquarium". Mystic Aquarium. Archived from the original on 20 January 2012. Retrieved 9 September 2012.
  209. ^ Pedicini, Sandra. "SeaWorld switches beluga whales". OrlandoSentinel.com. Retrieved 22 November 2018.
  210. ^ Inmaculada Sanz (3 November 2006). "Nace la primera cría de ballena beluga en cautividad en Europa" (in Spanish). Noticias 20minutos. Archived from the original on 7 February 2011.
  211. ^ Noticias 20minutos Valencia (27 November 2006). "Muere la ballena beluga que nació hace 25 días en el Oceanográfico de Valencia" (in Spanish). Archived from the original on 1 July 2013.
  212. ^ eldiario.es (16 November 2016). "Kylu, la beluga que nació en el Oceanogràfic de Valencia un día de superluna" (in Spanish). Archived from the original on 17 January 2017.
  213. ^ Lepisto, Christine (2 August 2009). "Beluga Whale Saves Diver". Archived from the original on 30 March 2010. Retrieved 31 August 2010.
  214. ^ "Wal Rettet Ertrinkende Taucherin!". Archived from the original on 2 August 2009. Retrieved 27 September 2009.
  215. ^ "Born to Be Free". IMDb. 18 July 2017. Archived from the original on 14 April 2017. Retrieved 12 October 2017.
  216. ^ "Sonic Sea – Wild & Scenic Film Festival". Wild & Scenic Film Festival. Archived from the original on 12 October 2017. Retrieved 12 October 2017.
  217. ^ Proctor, Jason. "Vancouver Aquarium sues filmmaker over critical documentary". CBC News. Archived from the original on 24 March 2017. Retrieved 12 October 2017.
  218. ^ 5 things you didn’t know about Churchill. frontiersnorth.com (February 4, 2015)
  219. ^ a b UCLA Department of Chemistry and Biochemistry. "Beluga Whale Watching". Archived from the original on 26 May 2010. Retrieved 11 February 2010.
  220. ^ Blane, JM.; Jackson, R (1994). "The impact of ecotourism boats on the St. Lawrence beluga whales". Environmental Conservation. 21 (3): 267–269. doi:10.1017/S0376892900033282. Archived from the original on 5 November 2012.
  221. ^ National Oceanic and Atmospheric Administration (January 2004). "Marine Wildlife Viewing Guidelines" (PDF). Archived (PDF) from the original on 17 June 2010. Retrieved 6 August 2010.
  222. ^ Shpatak A. (2012). "Japan Sea. Rudnaya Bay. Polar White Whale". The 35PHOTO.ru. Archived from the original on 19 January 2015. Retrieved 19 January 2015.
  223. ^ Berg Olsen, Martine (26 September 2018). "Benny the beluga whale spotted swimming in River Thames again". Metro.
  224. ^ "Beluga whale has finally left the Thames, say experts". The Telegraph. The Daily Telegraph. 13 May 2019. Archived from the original on 11 January 2022. Retrieved 7 May 2020.
  225. ^ "Beluga whales sighted in at least 2 P.E.I. locations". Cbc.ca. Retrieved 23 November 2021.
  226. ^ "Police disperse crowds gathered to catch glimpse of beluga". Cbc.ca. Retrieved 23 November 2021.
  227. ^ "Study: Male beluga whale mimics human speech". 23 October 2012. Archived from the original on 14 July 2014.
  228. ^ "The Story of One Whale Who Tried to Bridge the Linguistic Divide Between Animals and Humans". Smithsonian Magazine. June 2014.
  229. ^ Jefferson TA, Karkzmarski L, Laidre K, O'Corry-Crowe G, Reeves R, Rojas-Bracho L, Secchi E, Slooten E, Smith BD, Wang JY, Zhou K (2012). "Delphinapterus leucas". IUCN Red List of Threatened Species. 2012: e.T6335A17690692. doi:10.2305/IUCN.UK.2012.RLTS.T6335A17690692.en.
  230. ^ Lloyd Lowry (University of Alaska Fairbanks, School of Fisheries and Ocean Sciences); University), Greg O’Corry-Crowe (Florida Atlantic; Hobbs, Roderick (4 August 2018). "IUCN Red List of Threatened Species: Beluga". IUCN Red List of Threatened Species. doi:10.2305/iucn.uk.2019-1.rlts.t61442a50384653.en. S2CID 240347088. Retrieved 15 March 2020.
  231. ^ Rosen, Yereth (17 October 2008). "Beluga whales in Alaska listed as endangered". Reuters. Archived from the original on 20 October 2008. Retrieved 17 October 2008.
  232. ^ "Endangered and Threatened Species; Endangered Status for the Cook Inlet Beluga Whale" (PDF). National Oceanic and Atmospheric Administration. 22 October 2008. Archived (PDF) from the original on 12 May 2009. Retrieved 26 August 2009.
  233. ^ Herbert, H. Josef (17 October 2008). "Government declares beluga whale endangered". Associated Press. Archived from the original on 28 October 2008. Retrieved 17 October 2008.
  234. ^ a b "NOAA Releases New Abundance Estimate for Endangered Cook Inlet Beluga Whales". NOAA Fisheries. 3 February 2020. Retrieved 15 March 2020.
  235. ^ a b "Beluga Whale". NOAA. NOAA Fisheries. 2 March 2020. Retrieved 15 March 2020.
  236. ^ a b c Laidre, K. L.; Stirling, I.; Lowry, L.; Wiig, Ø; Heide-Jørgensen, M. P.; Ferguson, S. (2008). "Quantifying the sensitivity of arctic marine mammals to climate-induced habitat change". Ecological Applications. 18 (2): S97–S125. doi:10.1890/06-0546.1. PMID 18494365. S2CID 23765771.
  237. ^ Hauser, Donna D. W.; Laidre, Kristin L.; Stafford, Kathleen M.; Stern, Harry L.; Suydam, Robert S.; Richard, Pierre R. (2017). "Decadal shifts in autumn migration timing by Pacific Arctic beluga whales are related to delayed annual sea ice formation". Global Change Biology. 23 (6): 2206–2217. Bibcode:2017GCBio..23.2206H. doi:10.1111/gcb.13564. PMID 28001336. S2CID 44002260.
  238. ^ a b c d e Liao, Bill (2009). "Beluga Whales and Climate Change" (PDF). IUCN Red List.
  239. ^ O'Corry-Crowe, Greg; Mahoney, Andrew R.; Suydam, Robert; Quakenbush, Lori; Whiting, Alex; Lowry, Lloyd; Harwood, Lois (30 November 2016). "Genetic profiling links changing sea-ice to shifting beluga whale migration patterns". Biology Letters. 12 (11): 20160404. doi:10.1098/rsbl.2016.0404. PMC 5134032.
  240. ^ a b National Oceanic and Atmospheric Administration (January 2004). "MMPA – The Marine Mammal Protection Act of 1972 as Amended (2007)" (PDF). Archived (PDF) from the original on 1 June 2010. Retrieved 6 August 2010.
  241. ^ a b "Appendix II Archived 11 June 2011 at the Wayback Machine" of the Convention on the Conservation of Migratory Species of Wild Animals (CMS). As amended by the Conference of the Parties in 1985, 1988, 1991, 1994, 1997, 1999, 2002, 2005 and 2008. Effective: 5 March 2009.
  242. ^ "Official CITES website". Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora. Archived from the original on 9 December 2009. Retrieved 20 December 2009.
  243. ^ Shih, Xenia. "In-depth: Belugas – Beluga Whales Under Threat". Jean-Michael Cousteau – Ocean Adventures. Archived from the original on 20 June 2017.
  244. ^ St. Lawrence Action Plan – Official Page. "St. Lawrence Action Plan For a Sustainable Development". Archived from the original on 25 January 2011. Retrieved 6 August 2010.
  245. ^ "Beluga Whale (St. Lawrence Estuary population)". Government of Canada. Archived from the original on 21 August 2017. Retrieved 22 August 2017.
  246. ^ a b c O’Brien, J. K.; Robeck, T. R. (28 April 2010). "Preservation of beluga (Delphinapterus leucas) spermatozoa using a trehalose-based cryodiluent and directional freezing technology". Reproduction, Fertility and Development. 22 (4): 653–663. doi:10.1071/RD09176. PMID 20353725.
  247. ^ O’Brien, J. K.; Robeck, T. R. (2010). "The Value of Ex Situ Cetacean Populations in Understanding Reproductive Physiology and Developing Assisted Reproductive Technology for Ex Situ and In Situ Species Management and Conservation Efforts". International Journal of Comparative Psychology. 23 (3). ISSN 0889-3667.
  248. ^ a b c Katsumata, Etsuko; Furuta, Chie; Katsumata, Hiroshi; Watanabe, Gen; Taya, Kazuyoshi (2006). "Basal Body Temperature Method for Detecting Ovarian Cycle in the Captive Beluga (Delphinapterus leucas)". Journal of Reproduction and Development. 52 (1): 59–63. doi:10.1262/jrd.17066. PMID 16276040.
  249. ^ Steinman, K. J.; O’Brien, J. K.; Monfort, S. L.; Robeck, T. R. (1 February 2012). "Characterization of the estrous cycle in female beluga (Delphinapterus leucas) using urinary endocrine monitoring and transabdominal ultrasound: Evidence of facultative induced ovulation". General and Comparative Endocrinology. 175 (3): 389–397. doi:10.1016/j.ygcen.2011.11.008. PMID 22134179.
  250. ^ Richard, Justin T.; Schmitt, Todd; Haulena, Martin; Vezzi, Noël; Dunn, J. Lawrence; Romano, Tracy A.; Sartini, Becky L. (29 May 2017). "Seasonal variation in testes size and density detected in belugas (Delphinapterus leucas) using ultrasonography". Journal of Mammalogy. 98 (3): 874–884. doi:10.1093/jmammal/gyx032.
  251. ^ Robeck, T. R.; Steinman, K. J.; Montano, G. A.; Katsumata, E.; Osborn, S.; Dalton, L.; Dunn, J. L.; Schmitt, T.; Reidarson, T.; O'Brien, J. K. (1 October 2010). "Deep intra-uterine artificial inseminations using cryopreserved spermatozoa in beluga (Delphinapterus leucas)". Theriogenology. 74 (6): 989–1001. doi:10.1016/j.theriogenology.2010.04.028. PMID 20570326.
  252. ^ O’Brien, J. K.; Steinman, K. J.; Schmitt, T.; Robeck, T. R. (6 October 2008). "Semen collection, characterisation and artificial insemination in the beluga (Delphinapterus leucas) using liquid-stored spermatozoa". Reproduction, Fertility and Development. 20 (7): 770–783. doi:10.1071/RD08031. PMID 18842179.
  253. ^ The Internet Movie Database (4 August 1963). "Pour la suite du monde". IMDb. Archived from the original on 4 January 2010. Retrieved 7 August 2010.
  254. ^ "Baby beluga". National Institutes of Health. Archived from the original on 27 May 2010. Retrieved 12 February 2010.
  255. ^ "Airbus beluga service". airbus.com. Archived from the original on 23 December 2010.
  256. ^ O'Hare, Maureen (18 February 2019). "Beluga XL spreads its wings at long last". CNN. Retrieved 7 December 2019.
  257. ^ McCarthy, Kelly (17 June 2016). "Ty Burrell Makes a Splash as a Whale in 'Finding Dory'". ABC News. Retrieved 7 December 2019.
  258. ^ Schillaci, Sophie (9 August 2013). "D23: Disney Sets Voice Casts for 'Finding Dory,' 'Inside Out' and 'Good Dinosaur'". The Hollywood Reporter. Archived from the original on 5 March 2016. Retrieved 9 August 2013.

Further reading

External links