バットマン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

バットマン
Batman Infobox.jpg
出版情報
出版社DCコミックス
第一印象探偵コミックス 27
(1939年3月30日) [1]
によって作成された
ストーリー情報
自我を変えるブルース・ウェイン
原産地ゴッサムシティ
チーム所属
パートナーシップ
注目すべきエイリアス
能力
  • 天才レベルの知性
  • 心理戦の習得
  • 脱出術師
  • リーダーシップ
  • 射撃
  • 人間の状態、強さ、反射神経のピーク
  • マスター武道家および戦闘員
  • 剣術
  • アダプティブ
  • ステルスアーティスト
  • 武器マスター
  • ハイテク技術、スーツ、リソースを活用
  • 無制限の富

バットマン[a]は、DCコミックスが発行するアメコミに登場するスーパーヒーローです。キャラクターはアーティストのボブ・ケインと作家のビル・フィンガーによって作成され、1939年3月30日にコミックブックの第27号でデビューしました。DCユニバース継続では、バットマンは裕福なアメリカのプレイボーイであるブルース・ウェインの別名です。慈善家、そしてゴッサム市に住む産業家バットマンの起源物語正義の理想に満ちた復讐者である両親のトーマスマーサの殺害を目撃した後、彼が犯罪者に対する復讐を誓うのが特徴です。彼は肉体的および知的に自分自身を訓練し、コウモリに触発されたペルソナを作り、夜にゴッサム通りを監視します。ケイン、フィンガー、および他のクリエイターは、バットマンに彼の相棒ロビンバットガールを含む脇役を同行しました。同盟国のアルフレッド・ペニーワースジェームズ・ゴードンキャットウーマンペンギンリドラー_ _ _トゥーフェイス、そして彼大敵ジョーカー

ケインは、DCのスーパーマンの人気を利用するために1939年初頭にバットマンを考案しましたケインは頻繁に唯一の作成クレジットを主張しましたが、フィンガーは概念を一般的なスーパーヒーローからよりバットのようなものに実質的に発展させましたキャラクターは1940年に彼自身のスピンオフ出版物であるバットマンを受け取りました。バットマンは元々、犯罪者を頻繁に殺したり傷つけたりする冷酷な自警行為として紹介されましたが、厳格な道徳的規範と強い正義感を持つキャラクターに進化しました。ほとんどのスーパーヒーローとは異なり、バットマンはスーパーパワーを持っておらず、代わりに彼の知性、戦闘スキル、そして富に依存しています。1960年代のバットマンテレビシリーズはキャンプを使用しましたショーが終わった後も何年もの間、キャラクターと関連付けられ続けた美学。1970年代と1980年代に、さまざまなクリエイターがキャラクターをより暗いルーツに戻すために取り組み、1986年のミニシリーズ 「ダークナイトリターンズ」フランクミラー)で最高潮に達しました。

DCは、 VertigoBlack Labelなど出版社の下で出版された漫画を含む、多くの漫画でバットマンを取り上げてきました最長のバットマンコミックである探偵コミックスは、米国で最長のコミックです。バットマンは、ジャスティスリーグアウトサイダーなどの組織のメンバーとして、スーパーマンやワンダーウーマンなどの他のDCスーパーヒーローと一緒に描かれることがよくあります。ブルースウェインに加えて、他のキャラクターは、1993年から1994年の「ナイトフォール」のジャンポールバレー/アズラエルなど、さまざまな機会にバットマンのペルソナを引き受けました「ストーリーアーク; 2009年から2011年までの最初のロビンであるディックグレイソン;そして2021年の時点でウェインの同盟国ルシウスの息子であるジェイスフォックス。 [4] DCはまた、バットマンの代替バージョンをフィーチャーしたコミックを公開しています。ダークナイトリターンズとその後継者、フラッシュポイント(2011)イベントからの化身、そしてエルスワールドの物語からの数多くの解釈。

大衆文化の中で最も象徴的なキャラクターの1つであるバットマンは、これまでに作成された最高の漫画本のスーパーヒーローと架空のキャラクターの1つに挙げられています。彼は最も商業的に成功したスーパーヒーローの1人であり、彼の肖像はライセンスされており、世界中で販売されているさまざまなメディアや商品で取り上げられています。これには、レゴバットマンなどのおもちゃのラインやバットマン:アーカムシリーズなどのビデオゲームが含まれます。バットマンは、アダムウェストが演じた1960年代のバットマンテレビシリーズバットマン(1989)のマイケルキートンが映画に出演したバットマンリターンズなど、実写やアニメーションの化身に適応しています。(1992)とフラッシュ(2022)、ダークナイトトリロジーのクリスチャンベール(2005–2012)、DCエクステンデッドユニバースのベンアフレック(2016–現在)、バットマンロバートパティンソン(2022)。ケヴィン・コンロイジェイソン・オマラウィル・アーネットなどがキャラクターの声を提供してくれました。

出版履歴

創造

バットマンの最初に公開された画像は、アクションコミックス#12で、次の探偵コミックス#27でのキャラクターのデビューを発表しました[5]

1939年初頭アクションコミックスでのスーパーマンの成功により、ナショナルコミックスパブリケーションズ(将来のDCコミックス)の編集者は、そのタイトルにさらに多くのスーパーヒーローを要求するようになりました。それに応えて、ボブ・ケインは「バットマン」を作成しました。[6]共同制作者のビル・フィンガーは、「ケインは 『バットマン』というキャラクターのアイデアを持っていたので、私に絵を見てもらいたいと思っていました。私はケインのところに行き、彼はスーパーマンに非常によく似たキャラクターを描いていました。ある種の...赤みがかったタイツで、ブーツで...手袋もガントレットも...小さなドミノマスクで、ロープを振る。彼はコウモリの羽のように突き出ていた2つの堅い羽を持っていました。そしてその下には大きな看板がありまし... BATMAN "

指は、キャラクターに単純なドミノマスクの代わりにカウル、翼の代わりにケープ、そして手袋を与えることを提案しました。彼はまた、元の衣装から赤い部分を取り除くことを勧めました。[9] [10] [11] [12]フィンガーは、キャラクターの秘密のアイデンティティのためにブルースウェインという名前を考案したと述べた。植民地主義を示唆する名前を探しました。アダムス、ハンコックを試してみました...それからマッドアンソニーウェインのことを考えました。」[13]彼は後に、彼の提案はリー・フォークの人気のあるファントムに影響されたと述べた、ケインもおなじみのシンジケート新聞漫画キャラクター。[14]

ケインとフィンガーは、バットマンの見た目、性格、方法、武器の多くに関するインスピレーションを得るために、1930年代の現代の大衆文化を利用しました。詳細は、パルプフィクション漫画新聞の見出し、およびケイン自身を参照する自伝の詳細の前任者を見つけます。[15]二重のアイデンティティを持つ貴族の英雄として、バットマンは紅はこべバロネス・エムスカ・オルツィによって作成された、1903年)とゾロジョンストン・マッカレーによって作成された)の前任者を持っていました、1919)。彼らのように、バットマンは彼の英雄的な行為を秘密裏に実行し、公の場でよそよそしく遊ぶことによって疑惑を避け、そして彼の作品に署名のシンボルを付けました。ケインは、キャラクターの図像の作成における映画「奇傑ゾロ」(1920年)と「バットウィスパーズ」(1930年)の影響に注目しました。ドック・サヴェジシャドウディック・トレーシーシャーロック・ホームズなどのパルプヒーローからインスピレーションを得た指は、キャラクターをマスターの探偵にしました。[16] [17]

ケインは1989年の自伝で、バットマンの作成に対するフィンガーの貢献について詳しく説明しています。

ある日、ビルに電話して、「バットマンという新しいキャラクターができたので、見てもらいたい粗雑な初歩的なスケッチをいくつか作りました」と言いました。彼がやって来て、私は彼に絵を見せました。当時、私はバットマンの顔に、ロビンが後で着ていたような小さなドミノマスクしか持っていませんでした。ビルは、「彼をコウモリのように見せて、フードをかぶせて、眼球を取り出して、目のスリットを入れて、彼をより神秘的に見せてみませんか?」と言いました。この時点で、バットマンは赤いユニオンスーツを着ていました。翼、幹、マスクは黒でした。赤と黒の組み合わせがいいと思いました。ビルはコスチュームが明るすぎると言いました:「それをより不吉に見えるようにそれを濃い灰色に着色してください。」岬は彼の腕に取り付けられた2つの堅いコウモリの羽のように見えました。ビルと私が話したように、私たちは、バットマンが行動しているときにこれらの翼が厄介になることに気づき、彼が戦っているときやロープで振り下ろしているときにバットの翼のように見えるようにスカラップで覆われた岬に変えました。また、彼は手袋を着用していなかったので、指紋を残さないように手袋を追加しました。[14]

黄金時代

後続の作成クレジット

ケインは、他の補償の中でも、すべてのバットマンコミックの必須の署名と引き換えに、キャラクターの所有権を署名しました。この署名記事は、もともと「ボブ・ケインによって作成されたバットマン」とは言っていませんでした。彼の名前は、各ストーリーのタイトルページに書かれているだけです。その名前は1960年代半ばに漫画から姿を消し、各物語の実際の作家と芸術家のクレジットに置き換えられました。1970年代後半、ジェリーシーゲルジョーシャスターがスーパーマンのタイトルで「作成者」のクレジットを受け取り始め、ウィリアムモールトンマーストンがワンダーウーマンを作成するための署名を与えられたとき、バットマンの物語はさらに「ボブケインによって作成された」と言い始めました他のクレジットに。

指は同じ認識を受けませんでした。彼は1940年代から他のDCの仕事の功績を認められていましたが、1960年代に、バットマンの執筆に対して限定的な謝辞を受け取り始めました。たとえば、バットマン#169(1965年2月)の手紙のページで、編集者のジュリアスシュワルツは、バットマンの繰り返しの悪役の1人であるリドラーの作成者として彼を指名しています。しかし、Fingerの契約は、彼の執筆ページ率のみを残し、署名記事は残していませんでした。ケインは、「ビルは彼のキャリアにおける主要な成果の欠如に失望した。彼は彼の創造的な可能性を最大限に活用しておらず、成功は彼を通り過ぎたと感じた」と書いた。[13] 1974年のフィンガーの死の時点で、DCはバットマンの共同作成者としてフィンガーを公式にクレジットしていませんでした。

現時点でストリップでフィンガーとケインと一緒に働いていたジェリー・ロビンソンは、ケインがクレジットを共有できなかったことを批判しました。彼は、2005年のコミックスジャーナルとのインタビューで、フィンガーが自分の立場に憤慨していることを思い出しました

ボブはバットマンの仕事を奴隷にしている間、ボブが稼ぎ始めた栄光やお金を共有していなかったので、彼をより不安にさせました。それが理由です... [彼は] [ケインの雇用]を去るつもりでした。... [Kane]は、私が知っているので、Billを共同作成者としてクレジットする必要がありました。私はそこにいた。...それは私がボブを決して許さないことの1つであり、ビルの世話をしたり、バットマンの作成における彼の重要な役割を認識したりすることではありませんでした。SiegelとShusterの場合と同様に、ストリップ、ライター、アーティストの共同作成者のクレジットは同じである必要があります。[18]

ケインは当初、キャラクターを作成したというフィンガーの主張に反論しましたが、1965年の公開書簡でファンに次のように書いています。ロビンや他のすべての主要な悪役やキャラクターと同様に。この声明は詐欺的であり、完全に真実ではありません。」ケイン自身もフィンガーの信用の欠如についてコメントした。「「ゴースト」ライターまたはアーティストになることの問題は、「クレジット」なしでかなり匿名のままでなければならないことです。ただし、「クレジット」が必要な場合は、「ゴースト」またはフォロワーになるのをやめてリーダーになる必要があります。またはイノベーター。」[19]

1989年、ケインはフィンガーの状況を再考し、インタビューで次のことを思い出しました。

当時は、ある芸術家と彼の名前がその上にあった[漫画] —漫画のDCの方針は、あなたがそれを書くことができない場合、他の作家を獲得することでしたが、彼らの名前は決して現れませんでした完成版の漫画に。それで、ビルは私にそれを決して求めませんでした、そして、私は決して志願しませんでした—私はその時の私のエゴを推測します。そして、彼[指]が死んだとき、私は本当にひどく感じました。[20]

2015年9月、DCエンターテインメントは、2016年のスーパーヒーロー映画「バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生」と、フィンガーファミリーとDCの間で契約が結ばれた後、ゴッサムの第2シーズンで、バットマンの作成における彼の役割が認められることを明らかにしました。[2] Fingerは、2015年10月にバットマンとロビンエターナル#3およびバットマン:アーカムナイトジェネシス#3のコミックで、バットマンの作成者として初めてクレジットを獲得しましたキャラクターの更新された謝辞は、「ボブ・ケインがビル・フィンガーと一緒に作成したバットマン」として登場しました。[3]

早い時期

最初のバットマンの物語、「化学シンジケートの事件」は、探偵コミックス#27(1939年5月)に掲載されました。フィンガーは、「バットマンはもともとパルプのスタイルで書かれた」と述べており[21]、この影響はバットマンが犯罪者を殺したり傷つけたりすることに対してほとんど後悔を示さないことから明らかでした。バットマンはヒットキャラクターを証明し、彼は探偵コミックスで主演し続けている間、1940年に彼自身のソロタイトルを受け取りましたその時までに、探偵コミックスは業界で最も売れ行きが良く、最も影響力のある出版社でした。バットマンと会社の他の主要なヒーローであるスーパーマンは、会社の成功の基礎でした。[22] 2人のキャラクターは、世界最高のコミックのスターとして並んで紹介されました、 1940年秋にデビューしたときに元々は世界最高のコミックと題されていました。ジェリーロビンソンディックスプラングなどのクリエイターもこの期間にストリップに取り組みました。

最初のいくつかのバットマンストリップの過程で、要素がキャラクターに追加され、バットマンの芸術的な描写が進化しました。ケインは、6号以内にキャラクターの顎のラインをよりはっきりと描き、衣装の耳を長くしたと述べました。「約1年後、彼はほぼ完全な姿になりました、私の成熟したバットマン」とケインは言いました。[23] バットマンの特徴的なユーティリティベルトは、探偵コミックス#29(1939年7月)で紹介され、続いてブーメランのようなバタランと最初のバットをテーマにした乗り物、バットプレーンが紹介されました、#31(1939年9月)。キャラクターの起源は#33(1939年11月)で明らかにされ、両親の死によって動かされたキャラクターであるバットマンの陰気なペルソナを確立する2ページの物語で展開されました。指で書かれた、それは強盗の手で彼の両親の殺害を目撃している若いブルースウェインを描いています。数日後、彼らの墓で、子供は「私の両親の精神によって[私は]すべての犯罪者と戦う私の人生の残りを費やすことによって彼らの死を復讐する」と誓います。[24] [25] [26]

バットマンの初期のパルプに影響された描写は、バットマンの後輩であるロビンの紹介で、探偵コミックス#38(1940年4月)で和らぎ始めました。[27]バットマンはバットマンが話すことができる「ワトソン」を必要としていたので、ロビンはフィンガーの提案に基づいて導入されました。[28]ケインがソロのバットマンを好んだにもかかわらず、売り上げはほぼ2倍になり、「子供の相棒」の急増を引き起こした。[29]ソロスピンオフシリーズのバットマンの創刊号は、彼の最も永続的な敵の2つ、ジョーカーキャットウーマンを紹介しただけでなく、ロビン前の在庫ストーリーでも注目に値しました。バットマンがいくつかの巨大な巨人を撃ち殺す探偵コミックス#38。[30] [31]その話は、編集者ホイットニー・エルズワースに、キャラクターがもはや銃を殺したり使用したりすることはできないと宣言するよう促した。[32]

1942年までに、バットマンコミックの背後にいる作家や芸術家は、バットマン神話の基本的な要素のほとんどを確立していました。[33]第二次世界大戦後の数年間、DCコミックスは「戦後の編集の方向性を採用し、軽快な少年ファンタジーを支持して社会的論評をますます重視しなくなった」。この編集アプローチの影響は、戦後のバットマンコミックで明らかでした。1940年代初頭のストリップの「暗くて威嚇するような世界」から取り除かれたバットマンは、代わりに「明るくカラフルな」環境に住む立派な市民および父方の人物として描かれました。[34]

銀器時代と青銅器時代

1950年代と1960年代初頭

バットマンは、1950年代にこのジャンルへの関心が薄れたため、継続的に公開された数少ないスーパーヒーローキャラクターの1人でした。スーパーマン#76(1952年6月)の「世界で最も強力なチーム」の物語では、バットマンは初めてスーパーマンとチームを組み、ペアはお互いの秘密のアイデンティティを発見します。[35]この物語の成功に続いて、世界最高のコミックが刷新され、以前に実行されていたバットマンとスーパーマンの別々の機能ではなく、両方のヒーローが一緒に主演する物語が登場しました。[36]登場人物のチームアップは、「登場人物がほとんどいなかった時代の経済的な成功」でした。[37]この一連の物語は、1986年に本がキャンセルされるまで続きました。

バットマンの漫画は、1954年に心理学者のフレデリック・ワーサムの著書「無垢への誘惑」の出版で漫画業界が精査されたときに批判されたものの1つでした。若者の。ワーサムは、バットマンの漫画が同性愛の倍音であると批判し、バットマンとロビンは恋人として描かれていると主張した。[38]ワーサムの批判は、1950年代に国民の抗議を呼び起こし、最終的にはコミックス倫理規定委員会の設立につながった。、コミック業界で使用されなくなったコード。戦後の「より賢いバットマン」への傾向は、コミックコードの導入後に強まりました。[39]学者たちは、バットマンとロビンが同性愛者であるという主張に反論するために、バットウーマン(1956年)とバーバラゴードン以前の バットガール(1961年)の登場人物が紹介されたことを示唆している。 、軽い感触。[40]

1950年代後半に、バットマンの物語は徐々にサイエンスフィクション指向になり、このジャンルに手を出した他のDCキャラクターの成功を模倣する試みが行われました。[41]バットウーマン、オリジナルのバットガール、エース・ザ・バットハウンド、バットマイトなどの新しいキャラクターが登場しました。バットマンの冒険には、奇妙な変身や奇妙な宇宙人が含まれることがよくありました。1960年、バットマンはザブレイブアンドザボールド#28(1960年2月)でジャスティスリーグオブアメリカのメンバーとしてデビューし、同じ年の後半からいくつかのジャスティスリーグコミックシリーズに出演しました。

「ニュールック」バットマンとキャンプ

1964年までに、バットマンのタイトルの売り上げは大幅に減少しました。ボブ・ケインは、その結果、DCは「バットマンを完全に殺害することを計画していた」と述べた。[42]これに応えて、編集者のジュリアス・シュワルツがバットマンの称号に割り当てられた。彼は、「ニュールック」としてカバー請求された1964年の探偵コミックス#327(1964年5月)から始まって、劇的な変化を主宰しました。シュワルツは、バットマンをより現代的にし、彼をより探偵志向の物語に戻すように設計された変更を導入しました。彼はキャラクターのオーバーホールを手伝うためにアーティストのカーマイン・インファンティーノを連れてきました。バットモービル再設計され、バットマンの衣装は、バットの記章の後ろに黄色の楕円を組み込むように変更されました。宇宙人、タイムトラベル、バットウーマン、エース、バットハウンド、バットマイトなどの1950年代のキャラクターは引退しました。ブルース・ウェインの執事アルフレッドは殺されたが(彼の死はすぐに逆転したが)、ウェイン家の新しい女性の親戚であるハリエット・クーパー叔母がブルース・ウェインとディック・グレイソンと一緒に暮らすようになった。[43]

1966年のバットマンテレビシリーズのデビューは、キャラクターに大きな影響を与えました。シリーズの成功はコミック業界全体で売り上げを伸ばし、バットマンは90万部近くの発行部数に達しました。[44]バットガールのキャラクターやショーのキャンプなどの要素自然が漫画に導入されました。シリーズはまた、アルフレッドの復帰を開始しました。コミックとテレビ番組の両方がしばらくの間成功しましたが、キャンプのアプローチはやがて薄くなり、ショーは1968年にキャンセルされました。その後、バットマンのコミック自体は再び人気を失いました。ジュリアス・シュワルツが述べたように、「テレビ番組が成功したとき、私は野蛮であるように頼まれました、そしてもちろん、番組が衰退したとき、漫画本も衰退しました。」[45]

1969年から、作家のデニスオニールと芸術家のニールアダムスは、バットマンを1960年代のテレビシリーズの野蛮な描写から遠ざけ、キャラクターを「夜の厳しい復讐者」として彼のルーツに戻すために慎重な努力をしました。[46]オニールは、彼のアイデアは「単にそれを最初の場所に戻すことでした。私はDCライブラリに行き、初期の話のいくつかを読みました。ケインとフィンガーが何を求めているのかを理解しようとしました」と述べました。[47]

オニールとアダムスは探偵コミックス#395(1970年1月)の物語「待っている墓の秘密」で最初に協力しました。オニール、アダムス、シュワルツ、インカーのディックジョルダーノの真のコラボレーションであるストーリーはほとんどなく、実際には、これらの男性は1970年代に他のさまざまなクリエイターと混ざり合っていました。それにもかかわらず、彼らの仕事の影響は「途方もない」ものでした。[48]ジョルダーノは言った:「私たちはより暗いバットマンに戻った、そしてそれがこれらの物語がとてもうまくいった理由だと思う...」[49]オニールとアダムスの作品はファンに人気があったが、称賛売上の減少を改善するためにほとんど何もしませんでした。同じことが、作家のスティーブ・エングルハートによる同様に称賛された実行にも当てはまりました。探偵コミックス#471–476(1977年8月– 1978年4月)のペンシルマーシャルロジャースは、1989年の映画バットマンに影響を与え、 1992年にデビューしたバットマン:アニメーションシリーズに適応しました。 [50]とにかく、流通は続きました1970年代から1980年代にかけて、1985年には史上最低を記録しました。[51]

現代

ダークナイトリターンズ

フランクミラーの限定シリーズ「ダークナイトリターンズ」(1986年2月〜6月)は、雰囲気とトーンの両方で、キャラクターを彼のより暗いルーツに戻しました。将来的に引退した55歳のバットマンの物語を描いた漫画は、キャラクターへの関心を再活性化させました。ダークナイトリターンズは経済的な成功を収め、それ以来、メディアで最も有名な試金石の1つになりました。[52]このシリーズはまた、キャラクターの人気に大きな復活をもたらしました。[53]

その年、デニスオニールがバットマンのタイトルの編集者を引き継ぎ、DCの現状を変える12号のミニシリーズ「無限の地球の危機」に続くバットマンの描写のテンプレートを設定しました。オニールは、彼がキャラクターを刷新するために雇われたという仮定の下で活動し、その結果、以前とは異なるトーンを本に植え付けようとしました。[54]この新しいアプローチの成果の1つは、バットマン#404–407(1987年2月– 5月)の「 1年目」のストーリーで、フランクミラーとアーティストのデビッドマッズケリがキャラクターの起源を再定義しました。作家のアラン・ムーアと芸術家のブライアン・ボランドは、1988年の48ページでこの暗い傾向を続けましたワンショット の問題バットマン:ジョーカーがゴードン委員を狂気に駆り立てようとし、ゴードンの娘バーバラを不自由にし、その後、肉体的および心理的に委員を誘拐して拷問します。

バットマンコミックは、DCコミックが読者が2番目のロビンであるジェイソントッドが生きたか死んだかについて投票するために呼び出す900の番号を作成した1988年に大きな注目を集めました。有権者は、28票のわずかな差でジェイソンの死を支持することを決定しました(バットマン:家族の死を参照)。[55]

ナイトフォール

1993年の「ナイトフォール」ストーリーアークは、バットマンを彼の持久力の限界に追いやった後、彼を重傷を負わせる新しい悪役、ベインを紹介しました。アズラエルとして知られるジャンポールバレーは、ブルースウェインの回復期にバットスーツを着るように求められています。作家のダグ・メンヒチャック・ディクソンアラン・グラントは、「ナイトフォール」でバットマンのタイトルに取り組み、1990年代を通じて他のバットマンのクロスオーバー作品にも貢献しました。1998年の「Cataclysm」ストーリーラインは、1999年の「NoMan'sLand」の前身となりました「、地震で荒廃したゴッサムシティの影響を扱ったバットマン関連のすべてのタイトルを網羅した1年にわたるストーリー。「無人地帯」の終わりに、オニールは編集者を辞任し、ボブに置き換えられましたシュレック[56]

バットマンのコミックシリーズで有名になったもう1人の作家は、ジェフローブでした。長年の協力者であるティム・セイルと一緒に、彼らはバットマンの初期のキャリアバージョンを彼のローグギャラリー全体(その起源が再構想されたトゥーフェイスを含む)と戦う2つのミニシリーズ(ロングハロウィーンダークビクトリー)を書きましたローブ)連続殺人犯ホリデーハングマンを含むさまざまな謎を扱っている間2003年、ローブはアーティストのジムリーとチームを組み、のミステリーアークに取り組みました。「バットマン:ハッシュ 「メインのバットマンの本のために。12号のストーリーラインでは、バットマンとキャットウーマンが、明らかに復活したジェイソン・トッドを含むバットマンのローグギャラリー全体とチームを組み、謎のスーパーヴィランハッシュのアイデンティティを見つけようとしています[ 57]ハッシュは読者に追いつくことができず、アークはDCの販売成功でした。このシリーズは、バットマン#500(1993年10月)以来初めてダイヤモンドコミックディストリビューターの販売チャートで1位になり、トッドの登場は作家ジャッドの基礎を築きました。バットマンのライターとしてのウィニックのその後の実行は、別の複数の問題のアーク、「フードの下で」から実行されましたバットマン#637–650(2005年4月– 2006年4月)。

21世紀

オールスターバットマン&ロビンザボーイワンダー

2005年、DCは、メインのDCユニバースの連続性の外側に設定されたスタンドアロンのコミックミニシリーズであるオールスターバットマン&ロビンザボーイワンダーを発売しました。フランク・ミラーによって書かれ、ジム・リーによって描かれたこのシリーズは、DCコミックスの商業的成功でした[58] [59]が、その執筆と暴力の強力な描写で批評家によって広くパンされました。[60] [61]

2006年以降、グラントモリソンポールディニはバットマン探偵コミックスの定期的な作家であり、モリソンはバットマンの伝承の物議を醸す要素を再び取り入れました。これらの要素の中で最も注目に値するのは、1950年代のバットマンコミックのSFをテーマにしたストーリーで、モリソンは、バットマンがさまざまな心を曲げるガスと広範な感覚遮断トレーニングの影響下で幻覚に苦しんだために改訂しました。モリソンの走りは「バットマンRIP」で最高潮に達し、バットマンを狂気に追いやろうとした悪役の「ブラックグローブ」組織に対抗しました。「バットマンRIP」がファイナルクライシスに巻き込まれた(これもモリソンによって書かれました)、ダークサイドの手でバットマンの明らかな死を見まし2009年のミニシリーズ「バットマン:カウルの戦い」では、ウェインの元プロテジェであるディックグレイソンが新しいバットマンになり、ウェインの息子のダミアンが新しいロビンになります。[62] [63] 2009年6月、ジャド・ウィニックはバットマンの執筆に戻り、グラント・モリソンはバットマンとロビンというタイトルの彼自身のシリーズを与えられました[64]

2010年、ストーリーラインのバットマン:ブルースウェインの帰還は、ブルースが歴史を旅し、最終的には現在に戻るのを見ました。彼はバットマンのマントを取り戻しましたが、グレイソンがバットマンであり続けることも許可しました。ブルースは、バットマン・インコーポレイテッドの中心的な焦点である、彼の犯罪と戦う大義を世界的にとることに決めましたDCコミックスは後にグレイソンがバットマン探偵コミックスバットマンとロビンの主人公になることを発表し、ウェインはバットマンインコーポレイテッドの主人公になるでしょうまた、ブルースは別の進行中のシリーズ、バットマン:ダークナイトに登場しました。

ニュー52

2011年9月、バットマンのフランチャイズを含むDCコミックのスーパーヒーローコミックの全ラインがキャンセルされ、ニュー52の 再起動の一環として新しい#1の問題で再起動されました。ブルースウェインはバットマンとして識別される唯一のキャラクターであり、バットマン探偵コミックスバットマンとロビン、およびバットマン:ダークナイトで紹介されています。ディック・グレイソンはナイトウィングのマントに戻り、彼自身の進行中のシリーズに登場します。多くのキャラクターは、新しい読者を引き付けるために歴史を大幅に変更していますが、バットマンの歴史はほとんどそのままです。バットマンインコーポレイテッドは、「リバイアサン」ストーリーを完成させるために2012年から2013年にリニューアルされました。

ニュー52の始まりでスコットスナイダーはバットマンタイトルの作家でした。彼の最初の主要なストーリーアークは「梟の夜」で、バットマンは何世紀にもわたってゴッサムを支配してきた秘密結社である梟の法廷に立ち向かいます。2番目のストーリーアークは「家族の死」で、ジョーカーはゴッサムに戻り、同時にバットマン家族の各メンバーを攻撃します。3番目のストーリーアークは「バットマン:ゼロイヤー」で、これはバットマンの起源をニュー52で再定義しました。バットマンvol2#0、2012年6月に公開され、キャラクターの初期を調査しました。前の最後のストーリーラインコンバージェンス(2015)のストーリーは「エンドゲーム」で、バットマンとジョーカーが致命的なエンドゲームウイルスをゴッサムシティに放つときの最後の戦いを描いています。ストーリーラインはバットマンとジョーカーの想定される死で終わります。

バットマンvol2#41、コミッショナーのジェームズ・ゴードンがブルースのマントを新しい、国の認可を受けたロボットのバットマンとして引き継ぎ、フリーコミックブックデイの特別コミック「ダイバージェンス」でデビューします。しかし、ブルース・ウェインはすぐに生きていることが明らかになりましたが、バットマンとしての彼の人生のほぼ完全な記憶喪失に苦しんでおり、アルフレッドから学んだことを通してブルース・ウェインとしての彼の人生を覚えているだけです。ブルースウェインは幸せを見つけ、彼のガールフレンド、ジュリーマディソンにプロポーズします、しかしブルーム氏はジム・ゴードンをひどく傷つけ、ゴッサム・シティを支配し、粒子反応器にエネルギーを与えて都市を飲み込むための「奇妙な星」を作ることによって都市を破壊すると脅迫します。ブルース・ウェインは彼がバットマンであったという真実を発見し、多くの笑顔を持つ見知らぬ人と話した後(これは記憶喪失のジョーカーであることが強く示唆されています)、彼はアルフレッドにバットマンとしての記憶を移植するように強制しますが、生まれ変わったブルースウェイン。彼は戻ってきて、ジム・ゴードンがブルーム氏を倒し、原子炉を停止するのを手伝います。ゴードンはコミッショナーとしての仕事を取り戻し、政府のバットマンプロジェクトは閉鎖されました。[65]

2015年、DCコミックスはフランクミラーのダークナイトリターンズダークナイトストライクアゲインの続編であるダークナイトIII:マスターレースをリリースしました。[66]

DCリバース

2016年6月、DC Rebirthイベントは、DCコミックスのコミックタイトルの全ラインアップを再開しました。バットマンは、バットマン:再生#1(2016年8月)というタイトルのワンショットの問題から開始して再起動されました。その後、シリーズはバットマンvol。から始めて、第3巻として月に2回出荷を開始しました。3#1(2016年8月)。バットマンの第3巻はトム・キングによって書かれ、アートワークはデビッド・フィンチとミケル・ジャナンによって提供されました。バットマンシリーズは、ゴッサムとゴッサムガールの2人の自警者を紹介しました探偵コミックスは、2016年6月の#934とニュー52から元の番号付けシステムを再開しましたシリーズはボリューム2としてラベル付けされ、問題番号は#1-52です。[67]バットマンのタイトルと同様に、ニュー52の号は第2巻としてラベル付けされ、第1〜52号が含まれていました。作家のジェームズ・タイニオンIVと芸術家のエディ・バローズとアルバロ・マルティネスが探偵コミックス#934に取り組み、シリーズは当初、バットマンとバットウーマンが率いるティム・ドレイクステファニー・ブラウンカサンドラ・カインクレイフェイスからなるチームを特集しました。

DCコミックスは2017年12月にDCRebirthのブランディングを終了し、より大きなDCユニバースのバナーと名前の下にすべてを含めることを選択しましDC Rebirthによって確立された継続性は、 DetectiveComicsの第1巻とBatmanの第3巻を含むDCの漫画本のタイトル全体で継続しています。[68] [69]

バットマンvol3#85 [70]ジェームズ・タイニオンIVと、トニー・S・ダニエルダニー・ミキのアートで構成される新しいクリエイティブチームが、トム・キング、デビッド・フィンチ、ミケル・ジャナンに 取って代わりました。

特性評価

ブルース・ウェイン

ブルースウェインのDCコミックスのコンセプトアート

バットマンの秘密のアイデンティティは、裕福なアメリカの実業家であるブルース・ウェインです。子供の頃、ブルースは両親のトーマス・ウェイン博士マーサ・ウェインの殺害を目撃し、最終的にバットマンのペルソナを作り上げ、犯罪者に対する正義を求めました。彼はゴッサムシティの郊外にある彼の個人的な住居であるウェインマナーに住んでいます。ウェインは、彼の家族の財産と彼の相続したコングロマリットであるウェインエンタープライズの利益からぼんやりと生きている表面的なプレイボーイの一部を演じることによって疑惑を回避します。[71] [72]彼は非営利のウェイン財団を通じて慈善活動を支援しています。この財団は、犯罪を助長するだけでなく、犯罪の被害者を支援する社会問題にも部分的に取り組んでいますが、有名人の社交界の名士として広く知られています。[73]公の場では、ウェインは実際には彼の肉体的および精神的能力を維持するための厳格な絶対禁酒主義者あるため、彼はハイステータスの女性の会社に頻繁に登場します。ブルース・ウェインは活発なロマンチックな生活を送っていますが、バットマンとしての彼の自警行為は彼の時間のほとんどを占めています。[75]

さまざまな現代の物語は、ファサードとしてブルースウェインの贅沢なプレイボーイのイメージを描いています。[76]これは、クラーク・ケントのペルソナが真のアイデンティティであり、スーパーマンのペルソナがファサードである危機後のスーパーマンとは対照的です。[77] [78]バットマン・アンマスクドでは、キャラクターの心理学についてのテレビドキュメンタリー、行動科学者のベンジャミン・カーニーバットマンの個性はブルースウェインの固有の人間性によって動かされていることに注意してください。「バットマンは、そのすべての利益のために、そしてブルース・ウェインがそれに専念している間ずっと、最終的には世界をより良くするためのブルース・ウェインの努力のためのツールです」。ブルース・ウェインの原則には、将来の危害を防ぎたいという願望と殺さないという誓いが含まれています。ブルース・ウェインは、私たちの行動が私たちを定義していると信じています。私たちは理由で失敗し、何でも可能です。[79]

バットマンとスーパーマンの物語の作家は、しばしば2つを比較対照しました。解釈は、作家、ストーリー、タイミングによって異なります。グラントモリソン[80]は、昼と夜のコントラストにもかかわらず、両方のヒーローが「同じ種類のことを信じている」と述べています。彼は、彼らの本当のアイデンティティにおいても同様にはっきりとしたコントラストを指摘しています。ブルース・ウェインとクラーク・ケントは異なる社会階級に属しています。「ブルースには執事がいて、クラークには上司がいます。」T.ジェームズ・マスラーの本「私たちの中でスーパーヒーローを解き放つ」は、ブルース・ウェインの莫大な個人的富が彼のライフストーリーで重要である範囲と、バットマンとしての彼の努力においてそれが果たす重要な役割を探ります。[81]

ウィル・ブルッカーは彼の著書「バットマン・アンマスクド」で「バットマンのアイデンティティの確認は若い聴衆にある...彼はブルース・ウェインである必要はない。彼はスーツとガジェット、能力、そして最も重要なのは道徳性を必要とするだけだ」と述べている。 、人類。彼にはただの感覚があります:「彼らは彼を信頼しています...そして彼らは決して間違っていません。」[82]

正確

バットマンの主な性格特性は、「富、肉体的能力、演繹的能力と執着」として要約することができます。[83]バットマンの漫画本の詳細とトーンは、クリエイティブチームの違いにより、何年にもわたって変化してきました。デニスオニールは、初期の編集体制ではキャラクターの一貫性は大きな懸念事項ではなかっ述べます。ジュリーとマレーは彼らの努力を調整することを望んでおらず、そうするように求められていませんでした。当時、継続性は重要ではありませんでした。」[84]

ブルースウェインの性格の背後にある原動力は、彼の両親の殺害と彼らの不在です。ボブ・ケインとビル・フィンガーはバットマンの背景について話し合い、「両親を目の前で殺害することほどトラウマ的なことはない」と判断しました。[85]彼のトラウマにもかかわらず、彼は科学者になるために勉強することを決心し[86] [87]、バットマンとしてゴッサムシティで犯罪と戦うために彼の体を肉体的に完璧に訓練する[86] [87]。犯罪者の心に対するウェインの洞察。[86] [87]彼は40以上の異なる言語も話します。[88]

バットマンのもう1つの特徴は、自警行為の特徴です。両親の死から始まった悪を止めるために、彼は時々自分で法律を破らなければなりません。異なる芸術家によって再話されることによって異なって現れますが、それにもかかわらず、バットマンの起源の詳細と主要な構成要素は漫画本でまったく変化していません、「基本的な起源の出来事の繰り返しはそうでなければ異なる表現を一緒に保持します」。[89]起源は、キャラクターの特性と属性の源であり、キャラクターの冒険の多くで発揮されます。[83]

バットマンは、彼の物語の中で他のキャラクターによって自警行為として扱われることがよくあります。フランク・ミラーは、このキャラクターを「ディオニュシアンの人物、個々の秩序を課す無政府状態の力」と見なしています。[90]バットマンはコウモリに扮して、犯罪との戦いを支援するために意図的に恐ろしいペルソナを育成します[91]犯罪者自身の有罪の良心に起因する恐怖[92]ミラーは、バットマンの特徴にアンチヒーローの特徴を再導入したことでしばしば称賛されている[93]。彼の陰気な性格、暴力や拷問を利用する意欲、そしてますます疎外されている行動など。デビューとロビンの紹介からわずか1年後のバットマンは、DC編集者のホイットニーエルスワースがキャラクターが彼の致命的な方法によって汚染されると感じ、DCが独自の倫理規定を確立した後、1940年に変更されました。コード、[32] [94]以来、バットマンのキャラクターにとどまっています。ミラーのバットマンは、必要に応じて犯罪者を殺すことをいとわなかった元のロビン前のバージョンに近かった。[95]

その他

元ロビン・ディック・グレイソンがバットマンを務めたこともあります。最も顕著なのは、ウェインが死んだと信じられていた2009年で、ウェインが2010年に戻った後も、2番目のバットマン務めまし

IGNとのインタビューで、モリソンは、ディック・グレイソンをバットマン、ダミアン・ウェインをロビンとして持つことは、バットマンとロビンの間の通常のダイナミクスの「逆」を表しており、「より気さくで自発的なバットマンと、ひどいロビン"。モリソンは、バットマンの新しい特徴づけに対する彼の意図を次のように説明しまし。彼は非常に異なる種類のバットマンです。彼ははるかに簡単です。彼ははるかに緩く、よりリラックスしています。」[62]

何年にもわたって、バットマンの名前を引き継いだり、ブルースが休職している間に正式に引き継いだりする人は他にもたくさんいます。アズラエルとしても知られるジャンポールバレーは、ナイトフォールの物語の出来事の後にカウルを引き受けました[57] ジム・ゴードンはバットマン:エンドゲームのイベントの後にメカスーツを着用し、2015年と2016年にバットマンを務めました。2021年、フィアステートクロスオーバーイベントの一環として、ルーシャスフォックスの息子ジェイスフォックスはバットマンとしてブルースを引き継ぎますバットマンが死んだと宣言された後 、シリーズI AmBatmanに描かれた2021年のストーリーラインで。

さらに、グループバットマンインコーポレイテッドのメンバー、ブルースウェインの自警行為のブランドをフランチャイズ化する実験は、世界中の都市で公式のバットマンとして時々代役を務めました。[57]ブルース・ウェインのさまざまな元弟子を含む、他のさまざまな人々も、代替宇宙と可能な未来に設定された物語でバットマンの役割を果たしています。

脇役

バットマンと悪役とコホートの両方との相互作用は、時間の経過とともに、強力な支持者のキャラクターを生み出してきました。[83]

敵に囲まれたバットマン、アレックス・ロスによるアート

バットマンは、一般的な犯罪者から風変わりなスーパーヴィランに至るまで、さまざまな敵に直面しています。それらの多くはバットマンの性格と発達の側面を反映しており、しばしば彼らを犯罪の生活に導く悲劇的な起源の物語を持っています。[96]これらの敵は、一般的にバットマンのローグギャラリーと呼ばれています。バットマンの「最も執拗な敵」は、ピエロのような外観の殺人マニアックであるジョーカーです。ジョーカーは、性格と外見においてバットマンのアンチテーゼであるため、批評家からは彼の完璧な敵であると見なされています。ジョーカーはカラフルな外観のマニアックな態度を持っていますが、バットマンは暗い外観の真面目で断固とした態度を持っています。「不合理な擬人化」として、ジョーカーは「[33]バットマンのローグギャラリーの一部である他の長年の繰り返しの敵には、キャットウーマン(時折味方でロマンチックな興味を持っている猫の強盗の反ヒロイン)、ペンギンラーズアルグールトゥーフェイスリドラーかかしフリーズ氏ポイズン・アイビーハーレー・クインベインクレイフェイスキラー・クロックなど。バットマンの敵の多くは、アーカムアサイラムの精神病患者であることがよくあります。

味方

アルフレッド

バットマンの執事、アルフレッド・ペニーワースは、バットマン#16(1943)に最初に登場しました。彼はブルースウェインの忠実な父親の姿を務めており、彼の秘密のアイデンティティを知っている数少ない人物の1人です。アルフレッドは両親の死後ブルースを育て、非常に個人的なレベルで彼を知っています。彼は時々バットマンとブルースを除いてウェインマナーの他の唯一の居住者への相棒として描かれます。キャラクターは、主人公と彼の相棒に「バットマンの周囲に家庭的なタッチを与え、安定した安心できる手を提供する準備ができています」。[96]

「バットマンファミリー」

非公式の名前「バットマンファミリー」は、バットマンと密接に関連しているキャラクターのグループに使用されます。バットマンによって訓練されているか、暗黙の承認を得てゴッサムシティで活動している一般的にマスクされた自警行為者です。彼らには以下が含まれます:バーバラ・ゴードン、バットガールの自警行為のアイデンティティの下で犯罪と戦ったゴードン委員の娘、そしてジョーカーによって負わされた銃創のために彼女が車椅子に閉じ込められていた期間中、オラクルのコンピューターハッカー。暴徒の家族の唯一の生き残ったメンバーであるヘレナ・ベルティネッリは自警行為に転向しました。彼は時々バットマンと一緒に、主にハントレスとして、そして短いスティントのためにバットガールとして働きました。カサンドラ・カイン、プロの暗殺者デビッド・カインの娘、そしてバットガールとしてベルティネリを引き継いだ レディ・シヴァ。

民間人

テクノロジースペシャリストであり、ブルースウェインのビジネスマネージャーであり、雇用主の秘密の自警行為をよく知っているルーシャスフォックス。アルフレッドが好きな家族の友人であるレスリー・トンプキンス博士は、両親の死後、ブルース・ウェインの代理親となり、彼の秘密のアイデンティティも知っています。ヴィッキー・ヴェール、ゴッサム・ガゼットのためのバットマンの活動について頻繁に報告する調査ジャーナリストエース・ザ・バット・ハウンド、主に1950年代と1960年代に活躍したバットマンの犬のパートナー。[97]バットマイト、バットマンを偶像化する1960年代に主に活動した異次元のインプ。[97]

GCPD

ゴッサムシティ警察のバットマンの同盟国として、ジェームズ "ジム"ゴードン委員 はバットマンと一緒に探偵コミックス#27でデビューし、それ以来一貫して存在しています。犯罪と戦うすべての人として彼はバットマンの目標を共有しながら、ワトソン博士のキャラクターがシャーロックホームズの物語で行うように、バットマンの並外れた天才の仕事に対する普通の人の視点を提供します。

ジャスティスリーグ

バットマンは、ジャスティスリーグオブアメリカアウトサイダーズなどのスーパーヒーローチームのメンバーである場合があります。バットマンは、特に世界最高のコミックスーパーマン/バットマンシリーズの共演者として、彼のジャスティスリーグのチームメイトであるスーパーマンと冒険でしばしばペアになっています。危機前の継続性では、2人は親しい友人として描かれています。しかし、現在の継続性では、彼らはまだ親しい友人ですが、犯罪との戦いと正義に関する彼らの異なる見解に重点を置いた不安な関係です。スーパーマン/バットマン#3(2003年12月)では、スーパーマン「時々、私はブルースを衣装を着た男だと思います。それから、彼のユーティリティベルトからいくつかのガジェットを持って、彼は彼が非常に独創的な心を持っていることを私に思い出させます。彼に。」[98]

ロビン

バットマンとロビン、ジャック・バーンリーによるアート

バットマンの自警パートナーであるロビンは、長年にわたって広く認められている脇役です。[99]ビル・フィンガーは、「バットマンには話す相手がいなかったので、ロビンを含めたいと言った。いつも彼に考えさせるのは少し面倒だった」。[100]最初のロビン、ディック・グレイソンは1940年に紹介されました。1970年代に彼はついに成長し、大学に進学し、ヒーローのナイトウィングになりました。2番目のロビンであるジェイソントッドは1980年代に登場しました。物語では、彼は最終的にひどく殴打され、ジョーカーによって設定された爆発で殺されましたが、後で復活しました。彼はジョーカーの古いペルソナであるレッドフードを使用し、使用することに何の不安もなくアンチヒーローの自警行為になりました銃器または致命的な力バットマンの物語に登場した最初の女性ロビンであるキャリー・ケリーは、フランク・ミラーのグラフィック小説「ダークナイトリターンズ」「ダークナイトストライクアゲイン」の連続性の最後のロビンであり、主流の連続性から設定された物語で老化したバットマンと一緒に戦いました。

主流の漫画の3番目のロビンは1989年に最初に登場したティムドレイクです。彼は彼自身の漫画シリーズで主演し続け、現在は伝統的なロビンのペルソナのバリエーションであるレッドロビンを通ります。新しいミレニアムの最初の10年間で、ステファニーブラウンは、彼女の自警行為のアイデンティティであるスポイラーとして、そして後にバットガールとして、スティント間の4番目の宇宙内ロビンとしての役割を果たしました。[101]ブラウンの見かけの死後、ドレイクはしばらくの間ロビンの役割を再開した。その役割は、2000年代後半に、ブルース・ウェインとタリア・アル・グールの10歳の息子であるダミアン・ウェインに最終的に引き継がれました。[102]デュジュールとしてのダミアンの在職期間ロビンは、2013年にバットマンインコーポレイテッドのページでキャラクターが殺されたときに終了しました。 [103]バットマンの次の若い相棒は、ロビンという名前を避けながら、それでも鳥類学のテーマに従った通りの若い女性、ハーパーロウです。彼女は2014年にブルーバードのコードネームとアイデンティティをデビューさせました。ロビンスとは異なり、ブルーバードは非致死性ではありますが、銃を使用することをいとわず許可されています彼女が選んだ武器は、テーザー銃を発射する改造ライフルです。[104] 2015年に、ゴッサムシティで犯罪と戦うためにロビンのペルソナを使用しているティーンエイジャーのグループに焦点を当てた、 We Are ... Robinというタイトルの新しいシリーズが始まりました。

関係

家系図

ヘレナウェインは、ゴールデンエイジの物語が起こった1960年代初頭(マルチバース)に設立され代替宇宙のブルースウェインセリーナカイルの生物学的娘です。ダミアン・ウェインはブルース・ウェインとタリア・アル・グールの実の息子であり[62] [105] [106]、したがってラーズ・アル・グールの孫です。テリー・マクギニスと彼の兄弟のマットは、DCアニメイテッド・ユニバースのブルース・ウェインとメアリー・マクギニスの生物学的息子であり、ブルースが年を取りすぎてそうすることができなくなったとき、テリーはバットマンとしての役割を引き継ぎました。

ロマンチックな興味

作家は、ブルース・ウェインのペルソナの「プレイボーイ」の側面へのアプローチを何年にもわたって変化させてきました。一部の作家は、バットマンとしての彼の使命をサポートするために製造された幻想として彼のプレイボーイの評判を示していますが、他の作家は、ブルースウェインが「ゴッサムの最も適格な独身者」であることの利点を本当に楽しんでいると描写しています。ブルースウェインは、彼のさまざまな化身を通して多くの女性とロマンチックにリンクされているように描かれています。最も重要な関係は、キャットウーマン[107]タリアアルグールでもあるセリーナカイルと発生しました。両方の女性がそれぞれ彼の生物学的子孫であるヘレナウェインとダミアンウェインを出産したからです。

バットマンの最初のロマンチックな興味は探偵コミックス#31(1939年9月)のジュリアマディソンでした。しかし、彼らのロマンスは短命でした。バットマンのロマンチックな興味のいくつかは、ジュリア・マディソンヴィッキー・ヴェールシルバー・セント・クラウドなど、社会で尊敬されている地位にある女性です。バットマンはまた、キャシー・ケイン(バットウーマン)サーシャ・ボルドーワンダーウーマンなどの同盟国や、セリーナ・カイル(キャットウーマン)、イザベル・ジェット、パメラ・アイリー(ポイズン・アイビー)タリア・アル・グールなどの悪役とも恋愛関係にあります。

キャットウーマン
キャットウーマンはバットマンの最も永続的なロマンスであり、[108]アダムヒューズによる芸術

バットマンのロマンチックな関係のほとんどは期間が短い傾向がありますが、キャットウーマンは何年にもわたって彼の最も永続的なロマンスでした。[108]バットマンとキャットウーマン(本名はセリーナカイル)の間の魅力は、1966年の映画バットマンの2つの秘密のアイデンティティ間のラブストーリーを含め、キャラクターが登場するほぼすべてのバージョンとメディアに存在します。キャットウーマンは通常悪役として描かれていますが、バットマンとキャットウーマンは共通の目標を達成するために協力しており、通常はロマンチックなつながりを持っているように描かれています。

1980年代初頭のストーリーでは、セリーナカイルとブルースウェインは関係を築き、最後のストーリーの最後のパネルでは、バットマンを「ブルース」と呼んでいます。しかし、編集チームの変更により、そのストーリーラインは迅速に終了し、明らかに、ストーリーアーク中に発生したすべてのものが発生しました。ブルースとセリーナは衣装を脱いで、ロングハロウィーンの間にロマンチックな関係を築きます。物語は、セリーナがブルースをポイズンアイビーから救うことを示しています。ただし、ブルースが2回の前進を拒否すると、関係は終了します。ブルースとして1回、バットマンとして1回。バットマン:ダークビクトリーでは、彼は2つの休日に彼女を立ち上げ、彼女を永久に彼から去らせ、しばらくの間ゴッサムシティを去らせました。二人が何年も後にオペラで会うとき、12号のストーリーアークのイベントの間に「ハッシュ」、ブルースは、2人はもはやブルースとセリーナのような関係を持っていないとコメントしています。しかし、「ハッシュ」は、バットマンとキャットウーマンがローグのギャラリー全体に対して同盟し、彼らのロマンチックな関係を再燃させるのを見ています。「ハッシュ」では、バットマンは彼の本当のアイデンティティを明らかにしますキャットウーマンに。

スーパーマンファミリー#211に示すように、パラレルワールドのキャラクターであるアース2バットマンは、改革されたアース2セリーナカイルと提携して結婚します。彼らには、ハントレスになるヘレナ・ウェインという名前の娘がいます。ブルース・ウェインが引退して警察長官になると、アース2ロビンのディック・グレイソンとともに、ハントレスはゴッサムの保護者としての役割を果たします。バットマンとしての最後の冒険で殺されるまで、ハントレスはその地位を占めています。

バットマンとキャットウーマンは、キャットウーマンvol。4#1(2011); 同じ問題は、2人が継続的な性的関係を持っていることを意味します。[109] 2016年のDCRebirthの継続性の再起動に続いて、2人はバットマンvol。の建物の上で再び性的な出会いをしました。3#14(2017)。[110]

2016 DC Rebirthの継続性の再起動に続いて、バットマンとキャットウーマンはバットマンの第3巻で協力します。二人はまた、屋上で性的な出会いをし、一緒に寝ているというロマンチックな関係を持っています。[110] [111] [112]ブルースはバットマンvol。でセリーナにプロポーズします。3#24(2017)、[113]そして第32号では、セリーナはブルースにもう一度プロポーズするように頼みます。彼がそうするとき、彼女は「はい」と言います。[112]

バットマンvol。3 Annual#2(2018年1月)は、バットマンとキャットウーマンの間のロマンチックなストーリーに焦点を当てています。終わりに向かって、物語は未来にフラッシュフォワードされます。そこでは、ブルース・ウェインとセリーナ・カイルは彼らの黄金時代の夫婦です。ブルースは最終的な医学的診断を受け、セリーナは彼の死まで彼の世話をします。[112]

能力

スキルとトレーニング

バットマンには固有の超人的な力はありません。彼は「彼自身の科学的知識、探偵スキル、そして運動能力」に依存しています。[27]バットマンの尽きることのない富は、彼に高度な技術へのアクセスを与え、熟練した科学者として、彼はこれらの技術を有利に使用および変更することができます。物語では、バットマンは、世界で最も偉大な犯罪解決者ではないにしても、世界で最も偉大な探偵の1人と見なされています。[114]バットマンは、天才レベルの知性を持ち、DCユニバースで最も偉大な武道家の一人であり、人間の体調が最高であると繰り返し説明されてきました。[115]博学者として、数え切れないほどの分野での彼の知識と専門知識は、DCユニバースの他のどのキャラクターにも匹敵しません。[116]彼はバットマンとしての彼の努力を支援するために必要なスキルを習得して、世界中を旅してきました。スーパーマン:運命物語の弧では、スーパーマンはバットマンを地球上で最も輝かしい心の1つと見なしています。[117]

バットマンはさまざまな戦闘スタイルで幅広くトレーニングを行っており、DCユニバースで最高の白兵戦の1人になっています。彼は写真の記憶を駆使して、合気道ボクシングブラジル柔術カポエイラエスクリマフェンシングガッカハプキドー截拳道柔道など、合計127種類の武道を習得しました。カラリパヤツ空手柔術拳法キックボクシングKobudoKrav MagaKyudoMuay ThaiNinjutsuPankrationSamboSavateSilatTaekwondoレスリング、さまざまなスタイルの武術(カンフー)八卦掌、洪家拳太極拳などChun)、およびYaw-Yan[118]彼の体調に関しては、バットマンはピークのオリンピックアスリートレベルの状態にあり、パルクール風の方法で屋上を簡単に横切ることができます。スーパーマンは、バットマンを「地球上で最も危険な男」と表現し、グラントモリソンのJLAでの最初のストーリーで、投獄されたチームメイトを救出するために、超強力な地球外生命体のチーム全体を一人で倒すことができます。

バットマンは強く訓練されており、彼は大きな肉体的苦痛の下で機能し、ほとんどの形態のテレパシーマインドコントロールに抵抗する能力を持っています。彼は変装の達人であり、多言語であり、スパイ活動の専門家であり、MatchesMaloneという悪名高いギャングのアイデンティティの下で情報を収集することがよくあります。バットマンはステルス運動と脱出術に非常に熟練しており、それにより彼は自由に現れたり消えたりし、ほとんどまたはまったく害を与えることなく、ほとんど 避けられない死の罠から抜け出すことができます。

バットマンは尋問技術の専門家であり、容疑者から情報を入手するために必要なのは、彼の威圧的で恐ろしい外見だけであることがよくあります。敵に危害を加える可能性があるにもかかわらず、バットマンの最も明確な特徴は、正義への強いコミットメントと命を奪うことへの抵抗です。このゆるぎない道徳的正直さは、DCユニバースのいくつかのヒーロー、特にスーパーマンワンダーウーマンの尊敬を彼にもたらしました。

物理的およびその他の犯罪対策関連のトレーニングの中で、彼は他の種類のスキルにも精通しています。これらのいくつかには、(バットプレーンを操作するために)免許を持ったパイロットであること、および他のタイプの機械を操作できることが含まれます。いくつかの出版物では、彼はいくつかの魔術師の訓練を受けました。

テクノロジー

バットマンは、犯罪との戦いに専門のハイテク車両とガジェットの膨大な武器を利用しています。これらのデザインは通常、バットのモチーフを共有しています。バットマンの歴史家レスダニエルズは、ガードナーフォックスが、探偵コミックス#29(1939年7月)にユーティリティベルトを導入し、バットマンをテーマにした最初の武器であるバタランと「バットジャイロ」を探偵コミックス#31に導入したことで、バットマンの武器庫のコンセプトを作成したことを認めています。 32(1939年9月と10月)。[23]

個人用鎧

バットマンのボディアーマードコスチュームは、犯罪者を怖がらせるためにバットのイメージを取り入れています。[119]バットマンのコスチュームの詳細は、さまざまな数十年、物語、メディア、芸術家の解釈を通じて繰り返し変化しますが、最も特徴的な要素は一貫しています。顔の大部分を覆うカウル。コウモリのような耳のペア。胸に定型化されたコウモリのエンブレム。そして常に存在するユーティリティベルト。フィンガーとケインは当初、バットマンを黒いマントとカウルとグレーのスーツを持っていると概念化していましたが、色付けの慣習では、黒を青で強調する必要がありました。[119]したがって、コスチュームの色はコミックに濃紺と灰色で表示されています。[119]だけでなく、黒と灰色。ティムバートンバットマンバットマンリターンズの映画では、バットマンは完全に黒く描かれており、中央にバットが黄色の背景で囲まれています。クリストファー・ノーランダークナイトトリロジーは、真ん中に黒いバットがあり、完全に黒く塗られたハイテクギアを身に着けているバットマンを描いた。DCエクステンデッドユニバース映画のベンアフレックのバットマンは、黒いカウル、ケープ、バットのシンボルが付いた灰色のスーツを着ています。

バットマンのバットスーツは、ケブラーノーメックスの両方の特性を備えた、敵との戦闘を支援しますそれは彼を銃撃や他の重大な影響から保護します。彼の手袋は通常、長いガントレットのような袖口から突き出た3つのホタテ貝を特徴としていますが、彼の初期の外観では、ホタテ貝のない短い無地の手袋を着用していました。[120]キャラクターの全体的な外観、特にカウルの耳と岬の長さは、アーティストによって大きく異なります。デニスオニールは、「バットマンにはバットケイブに200のスーツがぶら下がっているので、同じように見える必要はありません...誰もがバットマンを描くのが大好きで、誰もがそれに自分のスピンをかけたいと思っています。 「」[121]

バットモービル
リンカーンフューチュラのコンセプトカーからジョージバリスによって建てられた1966年のテレビバットモービル

バットマンの主な乗り物はバットモービルで、通常は印象的な黒い車として描かれ、多くの場合、バットの翼を示唆するテールフィンが付いています。バットマンには、バットプレーン(後に「バットウィング」と呼ばれる)と呼ばれる航空機や、その他のさまざまな輸送手段もあります。適切な実践では、「バット」プレフィックス(バットモービルやバタランのように)は、特にいくつかの描写(主に1960年代のバットマン実写テレビ番組スーパーフレンズアニメシリーズ)が引き伸ばされた後、バットマン自身が彼の機器を指すときに使用されることはめったにありませんキャンプのプロポーションへの練習。たとえば、1960年代のテレビ番組では、バットボートが描かれていました。Bat-SubBatcycle、その他のバットをテーマにした乗り物。1960年代のテレビシリーズBatmanには、Bat-computer、Bat-scanner、bat-radar、bat-cuffs、bat-pontoons、bat-drinking water Dispenser、bat-camera with PolarizedBatなどの「bat-」名が含まれています。 -フィルター、コウモリ-サメ忌避剤バットスプレー、およびバットロープ。ストーリーライン「家族の死」は、バットマンの厳しい性質を考えると、彼が自分で「バット」の接頭辞を採用した可能性は低いことを示唆しています。『バットマン:ダークナイトリターンズ』で、バットマンはキャリー・ケリーに、元のロビンが幼い頃に「バットモービル」という名前を思いついたと語っています。これは、子供がバットマンの乗り物と呼ぶものだからです。バットモービルがより重い装甲と新しい美学を与えられている漫画本のその全ライン。

ユーティリティベルト

バットマンは、フィールド機器のほとんどをユーティリティベルトに保管しています。何年にもわたって、犯罪対策ツール、武器、調査および技術機器の品揃えが含まれていることが示されています。ベルトのさまざまなバージョンでは、これらのアイテムがコンパートメントに保管されており、多くの場合、ポーチやハードシリンダーがベルトの周りに均等に取り付けられています。バットマンは、ケーブルに取り付けられた引き込み式の鉤縄を発射する発射体を持っているように描かれることがよくあります。これにより、彼は遠くの物体に付着し、空中に推進され、ゴッサムシティの屋上からスイングすることができます。バットマンの装備の範囲の例外はハンドガンです、彼は両親の殺人で銃が使用されたので、原則として使用することを拒否します。彼の車両に関する現代の物語では、バットマンは、他の車両を非致命的に無効にし、場所に立ち入りを強制し、他の手段で倒すには大きすぎる危険なターゲットを攻撃する目的で、それらに武器システムをインストールするという原則に妥協します。

バットシグナル

バットマンが必要な場合、ゴッサムシティ警察はバットシグナルと呼ばれるレンズの上にバット型の記章が付いたサーチライトを作動させます。これは夜空に輝き、通過する雲の上にバットシンボルを作成します。これはどこからでも見ることができます。ゴッサムで。信号の発信元は、連続性と媒体によって異なります。

さまざまな形で、特に1960年代のバットマンTVシリーズでは、ゴードン委員は、バットフォンと呼ばれる専用の電話回線を持っており、木製のベースに置かれ、上部が透明な真っ赤な電話(TVシリーズ)に接続されています。この回線は、バットマンの住居であるウェインマナーに直接接続します。具体的には、ブルースウェインの研究で机の上に座っている同様の電話と、バットケイブの内線電話の両方に接続します。

バットケイブ

バットケイブはバットマンの秘密の本部であり、彼の邸宅であるウェインマナーの下にある一連の洞窟で構成されています。彼のコマンドセンターとして、バットケイブは複数の目的を果たします。スーパーコンピューター、監視、冗長発電機、法医学研究所、診療所、私立研究、訓練道場、製造ワークショップ、兵器庫、格納庫、ガレージ。バットマンが犯罪と戦うために彼のキャンペーンで使用する車両と機器を収容しています。また、バットマンが取り組んできたさまざまな事例から長年にわたって収集されたバットマンのユニークな記念品のトロフィールームと保管施設でもあります。コミックブック「バットマン:バットの影#45」と2005年の映画「バットマンビギンズ」の両方で、洞窟は地下鉄道の一部であったと言われています。

架空の人物の伝記

バットマンの歴史は、マイナーとメジャーの両方で、多くの後付け設定の改訂を受けています。キャラクターの歴史の要素は大きく異なります。学者のウィリアム・ウリッキオとロバータE.ピアソンは、1990年代初頭に次のように述べています。「一部の架空の人物とは異なり、バットマンには特定の期間に原典版が設定されていません。 。」[122]

20世紀

トーマスマーサウェインは、探偵コミックス#33(1939年11月)でジョーチルによって撃たれ、ボブケインによってアート

バットマンストーリーの中心的な固定イベントは、キャラクターのオリジンストーリーです。ブルース・ウェインは幼い頃、両親である医師のトーマス・ウェイン博士と妻のマーサがジョー・チルという名の強盗に銃で殺害されたのを見て、恐怖とトラウマを抱えていたバットマンは、銃が彼の両親を殺害するために使用されたという原則に基づいて、いかなる種類の銃も利用することを拒否します。この出来事により、彼は体を最高の状態に訓練し、バットマンとしてゴッサムシティで犯罪と戦うようになりました。ピアソンとウリッキオはまた、オリジンストーリーやロビンの紹介などのイベントを超えて、「最近まで、固定されて発生し、したがって列聖されたイベントの数は少ない」と述べた[83]。ストーリー間の一貫性と継続性を確保するために、デニスオニールなどの後のバットマン編集者による努力の増加によって状況が変わりました。[123]

黄金時代

探偵コミックス#27でのバットマンの初登場では、彼はすでに犯罪ファイターとして活動しています。[124]バットマンの起源は、探偵コミックス#33(1939年11月)で最初に提示され、後にバットマン#47で拡張されます。これらの漫画が述べているように、ブルース・ウェインは、トーマス・ウェイン博士と彼の妻マーサ、2人の非常に裕福で慈善的なゴッサムシティの社交界の名士に生まれました。ブルースはウェインマナーで育ち、彼の両親がジョーチルという名前の小さな犯罪者によって殺される8歳まで幸せで特権的な存在を導きます映画館から帰る途中。その夜、ブルース・ウェインは彼の人生を犯罪と戦うために過ごすことを誓います。彼は集中的な知的および身体的トレーニングに従事しています。しかし、彼はこれらのスキルだけでは十分ではないことを認識しています。「犯罪者は迷信的な臆病者だ」とウェインは言う。「だから私の変装は彼らの心に恐怖を与えることができなければならない。私は夜の生き物でなければならず、黒く、ひどい...」彼の欲望に応えているかのように、バットが突然窓から飛び、ブルースにバットマンのペルソナを作るように促しました。[125]

初期のストリップでは、警戒者としてのバットマンのキャリアは彼に警察の怒りをもたらします。この期間中、ブルースウェインはジュリアマディソンという名前の婚約者を持っています。[126]探偵コミックス#38で、ウェインは孤児になったサーカスの曲芸師、ディック・グレイソンを連れて行きます。ディック・グレイソンは彼の警戒のパートナーであるロビンになります。バットマンはまた、ジャスティスソサエティオブアメリカの創設メンバーになり[127]、スーパーマンと同様に名誉会員であり[128]、したがってたまにしか参加しません。バットマンと法との関係はすぐに解け、彼はゴッサムシティの警察署の名誉会員になりました。[129]この間、アルフレッドペニーワースはウェインマナーに到着し、ダイナミックデュオの秘密のアイデンティティを推測した後、執事として彼らのサービスに加わります。[130]

シルバーエイジ

DCコミックのコミックブックのシルバーエイジは、出版社がフラッシュの新しい更新バージョンとしてバリーアレンを紹介した1956年に始まったと考えられることがありますバットマンは、後にEarth-Oneと呼ばれる連続性のために1950年代後半までに大幅に変更されていませんゴールデンエイジとシルバーエイジの間の期間にバットマンが取った明るいトーンは、多くのサイエンスフィクション要素を特徴とする1950年代後半から1960年代初頭の物語につながり、バットマンは探偵コミックスまで他のキャラクターのように大幅に更新されません#327(1964年5月)、バットマンは彼の探偵のルーツに戻り、ほとんどのサイエンスフィクションの要素がシリーズから投棄されました。

1960年代にDCコミックスのマルチバースが導入された後、 DCは、黄金時代のスターである地球2バットマン、パラレルワールドのキャラクターのストーリーを確立しました。このバージョンのバットマンは、改革されたアース2キャットウーマン(セリーナカイル)と提携し、結婚します。二人には、ハントレスになる娘、ヘレナ・ウェインがいます。ブルース・ウェインが引退して警察長官になると、彼女はアース2ロビンのディック・グレイソンとともにゴッサムの保護者としての地位を引き継ぎます。ウェインは、バットマンとしての最後の冒険の最中に殺されるまで、警察長官の地位を保持しています。ただし、バットマンの称号は、改良前のバットマンと改良後のバットマンが区別されていることをしばしば無視していました(Flashやグリーンランタン、バットマンの漫画は1950年代まで途切れることなく出版されていました)、時には黄金時代の物語を参照していました。[131]それにもかかわらず、バットマンの歴史の詳細は、何十年にもわたって変更または拡張されました。追加には、若い頃の将来のスーパーマンとの出会い、両親の死後の叔父フィリップウェイン(バットマン#208(1969年2月)で紹介)による彼の育成、バットマンとロビンの典型的なバージョンとしての父親と彼自身の登場が含まれます、それぞれ。[132] [133] 1980年、当時編集者だったポール・レヴィッツは、バットマンのミニシリーズの秘められた伝説を 依頼しましたバットマンの起源と歴史を徹底的に記録します。

バットマンはシルバーエイジの間に他のヒーロー、特にスーパーマンと出会い、定期的に仕事をします。スーパーマンは、1954年に始まり、1986年にシリーズのキャンセルまで続いて、世界最高のコミックの一連のチームアップで定期的に働き始めました。スーパーマンは通常、親しい友人として描かれています。ジャスティスリーグオブアメリカの創設メンバーとして、バットマンは1960年代のブレイブ&ボールド#28の最初のストーリーに登場します。1970年代と1980年代に、ブレイブ&ボールドはバットマンのタイトルになり、バットマンは毎月 異なるDCユニバースのスーパーヒーローとチームを組んでいます。

青銅器時代

1969年、ディックグレイソンは、バットマンコミックを改訂するDCコミックの取り組みの一環として大学に通いました。さらに、バットマンはまた、ゴッサムシティの犯罪に近づくために、彼の邸宅であるウェインマナーからゴッサムシティのダウンタウンにあるウェイン財団の建物の上にあるペントハウスアパートメントに移動します。1974年の「ストーカーの夜」のストーリーでは、壁の卒業証書により、ブルース・ウェインがイェール・ロー・スクールの卒業生であることが明らかになりました。[134]バットマンは、1970年代から1980年代初頭にかけて、主にソロで働き、ロビンやバットガールと時折チームアップを行った。バットマンの冒険もこの期間中にやや暗くなり、より厳しくなり、ますます暴力的な犯罪を描いています、サイコパス、そしてバットマンの秘密のアイデンティティを知っている何世紀も前のテロリスト、ラーズアルグールの到着。1980年代に、ディック・グレイソンはナイトウィングになります。[135]

1983年のブレイブ&ボールドの最終号で、バットマンはジャスティスリーグを辞め、アウトサイダーと呼ばれる新しいグループを結成しました彼はバットマンとアウトサイダー#32(1986)までチームのリーダーを務め、その後コミックのタイトルが変更されました。

現代

12号のミニシリーズ「 クライシス・オン・インフィニット・アース」の後、DCコミックスは、現代の視聴者向けに更新しようとして、いくつかの主要なキャラクターの歴史を再考しました。フランクミラーは、バットマン#404–407のストーリーライン「YearOne」でバットマンの起源を語りました。これは、キャラクターのよりグリッターなトーンを強調しています[136] Earth-Twoバットマンは歴史から消去されていますが、バットマンのシルバーエイジ/アース-ワンのキャリアの多くの物語(およびゴールデンエイジのキャリアの量)は、危機後も標準的なままです宇宙、彼の起源は本質的に同じままですが、変更されています。たとえば、ゴッサムの警察はほとんど腐敗しており、バットマンの存在に対するさらなる必要性を設定しています。保護者のフィリップ・ウェインは解任され、若いブルースはアルフレッド・ペニーワースに育てられます。さらに、バットマンはもはやジャスティスリーグオブアメリカの創設メンバーではありませんが、1987年に立ち上げられたチームの新しい化身のリーダーになります。危機後のバットマンの改訂された裏話を埋めるために、DCは1989年にレジェンドオブザダークナイトと呼ばれる新しいバットマンのタイトルは、それ以来、主に「1年目」の期間中に行われるさまざまなミニシリーズとワンショットストーリーを公開しています。

その後、バットマンはジェイソン・トッドを失うことの苦痛の結果として、彼の犯罪との戦いへの過度の、無謀なアプローチを示し始めます。バットマンは、ティム・ドレイクが新しいロビンになる10年の終わりまでソロで働きます。[137]

1990年代以降の主要なバットマンのストーリーの多くは、多くの問題に対応するインタータイトルのクロスオーバーでした。1993年、DCは「ナイトフォール」を発表しました。ストーリーラインの最初のフェーズでは、新しい悪役のベインがバットマンを麻痺させ、ウェインにアズラーイールにその役割を引き受けるように依頼します。「ナイトフォール」の終了後、ストーリーラインは2つの方向に分かれ、アズラエル-バットマンの冒険と、もう一度バットマンになるためのブルースウェインの探求の両方が続きました。アズラエルがますます暴力的になり、癒されたブルース・ウェインに敗北すると、ストーリーアークは「ナイトエンド」で再編成されます。ウェインはバットマンのマントルをディック・グレイソン(当時はナイトウィング)に暫定的に渡し、ウェインはその役割に戻るためのトレーニングを行います。[138]

1994年の全社的なクロスオーバーストーリーラインゼロアワー:クライシスインタイム!バットマンの側面を含め、DCの継続性の側面を再び変更します。これらの変化の中で注目に値するのは、一般大衆と犯罪要素がバットマンを既知の力ではなく都市伝説と見なしていることです。

バットマンは、1996年にグラントモリソンがシリーズを再開したときに、JLAというタイトルのジャスティスリーグのメンバーになりました。この間、ゴッサムシティは10年の終わりのクロスオーバーアークで大惨事に直面しています。1998年の「大変動」のストーリーでは、ゴッサムシティは地震によって荒廃し、最終的には米国から切り離されました。彼の技術的資源の多くを奪われたバットマンは、1999年の「無人地帯」の間にギャングの軍団から街を取り戻すために戦います。

一方、バットマンとゴッサムシティ警察との関係は、「バットマン:オフィサーダウン」と「バットマン:戦争ゲーム/戦争犯罪」のイベントで悪化しました。バットマンの長年の法執行機関の同盟国であるゴードン委員とハービーブロックは、「オフィサーダウン」で警察署から追い出され、「戦争ゲーム」と「戦争犯罪」では、バットマンがゴッサムを無力化するという緊急時の計画の後で、逃亡者になりました。市の犯罪の地下世界は偶然に引き起こされ、大規模なギャング戦争が発生し、サディスティックな ブラックマスクが市の犯罪ギャングの誰もが認める支配者で終わります。レックス・ルーサー「ブルース・ウェイン:殺人者?」の間にバットマンの再び、再び離れた愛の関心のヴェスパー・リンド(1990年代半ばに導入された)の殺害を手配します。と「ブルースウェイン:逃亡者」のストーリーアーク。バットマンは彼の名前を明らかにすることができますが、彼は彼の新しいボディーガードサーシャの形で別の同盟国を失います。ルーサーがヴェスパーの殺害の背後にいたことを証明することはできませんでしたが、バットマンはスーパーマン/バットマン#1–6 のタリアアルグール助けを借りて復讐を果たします。

21世紀

2000年代

DCコミックスの2005年のミニシリーズ IdentityCrisisは、JLAメンバーのザターナがバットマンの記憶を編集して、スーディブニーをレイプした後にジャスティスリーグがライト 博士を強姦するのを阻止できないようにしたことを明らかにしていますバットマンは後にブラザーI衛星監視システムを作成して監視し、必要に応じて、思い出した後に他のヒーローを殺します。バットマンの創造の啓示とブルービートルの死に対する彼の暗黙の責任は、インフィニットクライシスに至るまでの原動力になりますミニシリーズ。これもDCの連続性を再構築します。バットマンとスーパーヒーローのチームはブラザーEYEとOMACを破壊しますが、最後に、アレクサンダールーサージュニアがナイトウィングに重傷を負ったとき、バットマンは彼の明らかな限界点に到達します。バットマンは銃を手に取り、ワンダーウーマンが引き金を引かないように説得するまで、以前の相棒に復讐するためにルーサーを撃ちます。

インフィニットクライシスに続いて、ブルースウェイン、ディックグレイソン(傷から回復した)、ティムドレイクは、ブルースが最初にゴッサムシティを離れたときに行った手順をたどって「バットマンを再構築」しました。[139] Face the Faceのストーリーでは、バットマンとロビンは1年間の不在の後、ゴッサムシティに戻ります。この不在の一部は、バットマンが彼の内なる悪魔と戦っているのを示す52シリーズの第30週の間に捕らえられます。[140]その後、52年に、バットマンはナンダパルバットで激しい瞑想の儀式を受けていることが示されています。これは通常のバットマンの重要な部分になりますタイトルは、バットマンがこの儀式を受けている間、彼の心の最後の恐怖の痕跡を「追い詰めて食べた」ことで、より効果的な犯罪ファイターとして生まれ変わったことを明らかにしています。[141] [142]「Facethe Face」ストーリーアークの終わりに、ブルースは正式にティム(キャラクターの歴史のさまざまな時点で両親を失った)を息子として採用します。[143]バットマンバットマンと息子のフォローアップストーリーアークは、タリアアルグールとバットマンの息子であるダミアンウェインを紹介します。もともと、バットマン:悪魔の息子では、ブルースとタリアの結合は合意に達していると暗示されていましたが、このアークはそれをタリアに再拘束し、ブルースに自分自身を強制しました。[144]

バットマンは、スーパーマンやワンダーウーマンとともに、新しいジャスティスリーグオブアメリカシリーズ[145]でジャスティスリーグを改革し、部外者の最新の化身をリードしています[146]

グラントモリソンの2008年のストーリー、「バットマンRIP」は、バットマンが謎めいた悪役のドクターハートによって肉体的および精神的に破壊され、ブルースウェインの死を特徴とする非常に宣伝された結論に先立ってニュース報道を集めました。[147]しかし、バットマンはアークの終わりに滅びる可能性があることが示されていますが、クロスオーバーストーリーライン「ファイナルクライシス」につながる2つの問題のアーク「ラストライト」は、バットマンがゴッサムへのヘリコプターの衝突を生き残ることを示していますシティリバーとバットケイブに戻りますが、新しい神 オリオンの調査を支援するためにJLAによって司法ホールに召喚されるだけですの死。物語は、バットマンがオリオンを殺すために使用された神を殺す弾丸を回収し、「ファイナルクライシス」での使用を設定することで終わります。[148]ファイナルクライシスのページでは、バットマンは焦げた骸骨に縮小されています。[149]ファイナルクライシス#7では、ウェインは最初の男、アンスロの死を目撃していることが示されています。[150] [151]ウェインの「死」は、ウェインの元プロテジがバットマンの役割を引き受ける「権利」を求めて競う、3回発行のカウルミニシリーズの戦いを設定し、グレイソンがバットマンになると結論付けている[152]。ティムドレイクがレッドロビンのアイデンティティを引き継ぐ間[153]ディックとダミアンはバットマンとロビンとして継続し、クロスオーバーストーリーライン「ブラッケストナイト」では、ブルースの死体がブラックランタン ゾンビとして蘇生します[154]が、後にブルースの死体はダークサイドの失敗したバットマンクローンの1つであることが示されています。ディックとバットマンの他の友人は、ブルースが生きていると結論付けています。[155] [156]

2010年代

ブルースはその後、モリソンのミニシリーズ「バットマン:ブルースウェインの帰還」で戻ってきました。これは、先史時代から現在のゴッサムまでの彼の旅を描いたものです。[157] [158] [159]ブルースの復帰により、バットマンインコーポレイテッドが設立されました。これは、ウェインが世界中でバットマンのアイデンティティをフランチャイズ化することに焦点を当てた継続的なシリーズで、ディックとダミアンがゴッサムのダイナミックデュオとして継続できるようにします。ブルースは、ウェイン・エンタープライズが「バットマン・インコーポレイテッド」として知られる彼の任務でバットマンを支援すると公に発表しました。しかし、DCコミックスの2011年のすべてのコミックブックのリニューアルの一環として発生した再起動された継続性のため、The New 52、ディック・グレイソンは、ウェインが再び唯一のバットマンとして機能するナイトウィングとして復元されました。リニューアルにより、バットマン・インコーポレイテッドの出版も中断されました。バットマン・インコーポレイテッドは、新しい現状に合わせて変更を加え、2012年から2013年にストーリーを再開しました。

ニュー52

ニュー52のに、DCのすべての継続性がリセットされ、タイムラインが変更され、バットマンが最初に登場したスーパーヒーローになりました。この出現は、ブルース・ウェインがゴッサムに戻ってバットマンになり、元のレッドフード[160]とリドラーと戦うゼロイヤーの間に起こりました。[161]

現在、バットマンは、ゴッサムで数十年にわたって活動している秘密結社である梟の法廷を発見しました。[162]バットマンは、オウルマンを打ち負かすことによって裁判所をいくらか打ち負かします[163]が、裁判所は小規模で運営を続けています。[164]

ジョーカーは顔の皮膚を失った後戻ってきて(探偵コミックスの第2巻の冒頭の号に示されているように)、バットマンに止められたものの、バットマンの仲間を殺そうとします。[165]

しばらくすると、ジョーカーは再び戻ってきて、彼とバットマンの両方がお互いに戦っている間に死にます。記憶喪失のブルース・ウェインがまだ生きていることが明らかにされる間、ジム・ゴードンはハイテクスーツを使って一時的にバットマンになります。

ゴードンはブルーム氏と呼ばれる新しい悪役と戦おうとしますが、ウェインはアルフレッドペニーワースジュリアマディソンの助けを借りて彼の記憶を取り戻します。ウェインは思い出を持って再びバットマンになり、ゴードンの助けを借りてブルーム氏を打ち負かします。



DCリバース

バットマンの神話に大きな変更は加えられていませんが、 タイムラインは再生中に再びリセットされました。

バットマンは、ゴッサムとゴッサムガールという名前のゴッサムで活動している2人の新しいスーパーヒーローに会います。サイコパイレートはゴッサムの頭に入り、バットマンに背を向け、彼が殺されると最終的に敗北します。このイベントはゴッサムガールにとって非常にトラウマであり、彼女は正気を失い始めています。[166]

バットマンはキャットウーマンを含む彼自身のスーサイド・スクワッドを結成し、ベインを倒そうとしますミッションは成功し、バットマンはベインの背中を壊します。[167]バットマンはキャットウーマンにプロポーズします。

傷から癒された後、怒ったベインはゴッサムに移動し、そこでバットマンと戦い、負けます。[168]

その後、バットマンはキャットウーマンにジョークとなぞなぞの戦争について話し、彼女は彼と結婚することに同意します。[169]

ベインはアーカムアサイラムを支配し、結婚式の前にキャットウーマンを操作してウェインを去らせます。[170]これによりウェインは非常に怒り、バットマンとして犯罪者を激しく非難し、フリーズ氏をほぼ殺害した。[171]

バットマンは、アーカムに対するベインの支配を知り、ペンギンと協力して彼を阻止します。[172]ベインはバットマンを捕らえ、スケアクロウは彼を幻覚に陥らせるが、彼はやがて自由になる。[173]バットマンは脱出し、キャットウーマンと再会し、ベインはアルフレッド・ペニーワースを捕まえて殺す。

バットマンは戻ってベインを倒しますが、アルフレッドを救うには遅すぎます。ゴッサムガールは彼にキャットウーマンと結婚するように促します。[174]

ベインのために働いていたジョーカーは本当に変装したクレイフェイスだったことが明らかになりました。本物のジョーカーは、ゴッサムを引き継ぐためのマスタープランを計画しています。この計画は、ジョーカーが街を支配するジョーカー戦争の間に実現します。バットマンは爆発して消えたジョーカーを倒します。[175]バットマンの過去の敵であるゴーストメーカーがゴッサムに現れ、戦闘後、バットマンの一種の味方になります。[176]

バットマンなどの自警行為を行うことを目標とするサイモン・セイントが率いる、治安判事と呼ばれる新しいグループがゴッサムに現れます。同時に、かかしが戻ってきて[177]バットマンと戦った。フィアステートの間、バットマンはスケアクロウと治安判事の平和維持軍の両方と戦い、敗北します。


他のバージョン

シチズンウェイン

バットマン:シチズンウェインでは、バットマンの顔全体が敵によって破壊された後、バットマンの役割はハーベイデントによって引き継がれます。ブルース・ウェインは、バットマンと彼の残忍な方法に非常に批判的な新聞社であり、彼が実際に問題の敵を殺したときに彼を追いかけます。両方の男性は最後の戦いで死にます。

DC爆弾

第二次世界大戦中に設定されたDC爆弾の連続性のオープニングでは、ブルースの両親はバットウーマンとして知られている野球のスーパーヒロインのおかげでジョーチルの攻撃から救われています。バットマンはこの連続性には存在しませんが、ケイト・ケインはメインバージョンから多くの要素を借りています。たとえば、若いヒロインにバットガールとしてのステップを踏襲したり、ジェイソンという名前の子供を失ったりします。15年後の本の結論では、大人のブルースウェインはバットマンになり(悲劇からではなく、爆弾によるインスピレーションから)、スーパーヒーローの新時代を告げるために年上のキャットウーマンによって訓練されています。[178]

ダークナイトリターンズ

フランクミラーバットマン:ダークナイトリターンズとそのスピンオフからのバットマン、バットマン:ダークナイトストライクアゲインオールスターバットマンとロビンザボーイワンダーは、ミラー自身の家にあるはるかに暗い、エッジの効いた設定で疲れた警戒者ですさまざまなDCキャラクターの新しい解釈。

ダークマルチバース

2017 Dark Nights:Metalイベントでは、メインのDCマルチバースの横にダークマルチバースが存在することが明らかになりました。ダークマルチバースの各現実は、既存の対応物の否定的で一時的な反射であり、モニターとアンチモニターの「三位一体」の3番目の人物によって取得されることを目的としており、これらのタイムラインを彼の「ドラゴン」に送ります。 、バルバトス。しかし、バルバトスが彼の絆を逃れ、拒絶されたタイムラインが何らかの形で存在し続けることを可能にしたとき、このバランスは終わりました。最終的に、バットマンが5つのユニークな金属で処理されると、バルバトスはDCユニバースに解放され、ダークマルチバースへのポータルになります。このオータルにより、バルバトスは、ダークナイトとして知られる邪悪な代替バットマンの軍隊を召喚することもできます。神のようなバットマン、

  • バルバトスはフード付きで、神のようにダークマルチバースにいます。バルバトスは以前にDCマルチバースのプライムアースを訪れ、後にフクロウの法廷となるユダの部族を設立しましたダークマルチバースに戻る前に(喜んでかどうかにかかわらず)、バルバトスはホークマン/カーターホールに遭遇し、メイスに襲われました。バルバトスは多元宇宙に戻ろうとしましたが、ファイナルクライシスの出来事彼がそうするのを防いだ。しかし、ブルース・ウェイン/バットマンがダークサイドのオメガ・ビームスによって時間内に送り返されるのを目撃した後、バルバトスは彼とブルースのバットのエンブレムの類似点に気づき、彼を出入り口として使用できると信じました。バルバトスの信者は、ブルースが出入り口を作成するために必要な5つの金属のうち4つを注入されるようにイベントを操作し、現在の5つ目が注入された後、バルバトスは自分自身とダークナイトをプライムアースに輸送することができました。それを征服する。[179]
  • 笑うバットマンEarth-22のバットマンのバージョンです。Earth-22の暗い反射です。その現実の中で、地球-22ジョーカーは、ブルースウェインとしてのバットマンのアイデンティティを知り、ゴードン委員とともにバットマンの他の悪党のほとんどを殺しました。その後、彼はゴッサムの大衆のかなりの数を彼を変容させた化学物質にさらし、その後、彼らを本質的に彼自身とバットマンの組み合わせに変えることを目的として、子供たちの前で数人の両親を殺しました。バットマンがジョーカーと格闘したとき、バットマンが彼を新しいジョーカーに徐々に変えた化学物質の精製された形にさらされたので、それは後者の死をもたらしました、バットマンが彼に起こっていることを発見するまでに不可逆的であることが証明されました。笑うバットマンがEarth-22を乗っ取りました。彼の仲間のほとんどを殺し、ダミアンをミニジョーカーに変えました。笑うバットマンは、バルバトスのダークナイトの事実上のリーダーまたは副司令官のようで、他のメンバーを募集しました。プライムアースに到着した後、笑うバットマンはゴッサムを支配し、チャレンジャーの山でのイベントを監督します。彼はジョーカーカードをバットマンのローグに配布し、現実を変えて街の一部を引き継ぐ能力を彼らに与えます。彼に同行しているのは、ダミアンと彼が息子とも呼んでいる他の3人の若者で、4人全員がロビンのねじれたバージョンであり、オーバーモニターをアンチモニターのアストラルブレインにリンクすることですべての現実を破壊することを意図していました。しかし、笑うバットマンは、プライムユニバースのバットマンがジョーカーに助けられたときに敗北します。ジョーカーは別のバットマンに注意します。バットマンのバージョンであるため、このシナリオを認識できない。死んだと見なされている間、笑うバットマンは、彼に運命の軍団の場所を提供するレックス・ルーサーの管理下にあることが明らかになりました。
  • 赤い死はEarth-52のバットマンのバージョンで、元々はディック、ジェイソン、ティム、ダミアンの死後に壊れた老人です。ブルースは、より多くの愛する人の喪失を防ぐチャンスがあると信じて、これを達成するためにフラッシュのスピードフォースが必要であると判断し、フラッシュをキャプチャするローグの機器を装備しました。彼はバリーをノックアウトし、コズミックトレッドミルをリバースエンジニアリングして作成されたマシンを搭載したバットモービルに結び付けることができます。ブルースはバリーの意向に反してこのマシンを使用し、その過程でバリーを吸収しながらスピードフォースに直行しました。恐ろしく傷つき、現在、地球の残された痕跡から作成された解離性同一性障害に苦しんでいます-52バリーの心、生まれたばかりの赤い死は彼の新しい力をテストしますが、彼が生きるために新しい地球を約束する笑うバットマンに採用されるまで、彼は地球の破壊を止めることができないことに気づきます。プライムアースに入った後、レッドデスはセントラルシティに到着し、アイリスウェストとウォーリーウェストに直面します。そこで彼は彼の力を使ってウォーリーを遅くし、両方を老化させます。フラッシュは赤い死に立ち向かい、赤い死が攻撃する前に、ドクター・フェイトはバリーを救います。レッドデスは、セントラルシティを救い、それを彼の新しい家にすることを宣言します。ドクターフェイトはバリーを救います。レッドデスは、セントラルシティを救い、それを彼の新しい家にすることを宣言します。ドクターフェイトはバリーを救います。レッドデスは、セントラルシティを救い、それを彼の新しい家にすることを宣言します。[180]バリーがセントラルシティの下の「砂」で満たされた洞窟に運ばれた後、赤い死が到着し、いくつかのフラッシュモービルを明らかにし、バリーを追いかけます。[181]ワイルドハントのイベント中、新たに生まれた宇宙の解放からのエネルギー波にさらされたとき、赤い死は終わり、-52バリーは最終的に彼を消費するエネルギーから破壊された。
  • 殺人マシンEarth-44のバットマンのバージョンです。Earth-44の暗い反射です。アルフレッドを失ったことから取り乱したバットマンは、サイボーグにアルフレッドのAIバージョンであるアルフレッドプロトコルを完成させるのを手伝うように要求しました。しかし、アルフレッドプロトコルはアクティベーション時に誤動作し、バットマンのローグギャラリーのすべてを増殖させて殺し始めました。ブルースはそれを修正する方法を見つけるのを手伝うようにサイボーグに懇願したが、後者は拒否した。アルフレッド議定書はブルースと合併し始め、2つは殺人マシンになりました。この新しい実体としての彼の最初の行動はサイボーグを殺すことでした。笑うバットマンに採用された後、殺人マシンは他のダークナイトと一緒にプライムアースに到着します。彼はジャスティスリーグの望楼に進み、サイボーグと対峙します。サイボーグが他のダークナイトによって無力化された後、[182]
  • Dawnbreakerは、Earth -32のバットマンのバージョンであり、バットマンがグリーンランタンになったEarth-32の暗い反射です。Earth-32ブルースが両親をジョーチルに失ったとき、彼はグリーンパワーリングによってグリーンランタンに選ばれました。しかし、ブルースはリングの致命的な力の禁止を無効にし、それを破壊し、チルとさまざまな犯罪者を殺すためにそれを使用できるようにします。ブルースが最終的に直面したときにゴードンを殺した後、彼はグリーンランタンコーポレーションと宇宙の守護者が彼に直面したときにそれらを一掃します。ブルースはそれから彼の巨大なグリーンランタンパワーバッテリーに入り、新しい衣装とモニカ、ドーンブレイカーで出ます。しかし、彼は自分の地球が崩壊し始めたことに気づき、笑うバットマンに会いました。バットマンは、レッドデスとマーダーマシーンを募集した後、ドーンブレイカーを募集し、暗闇に包まれた新しい世界を約束します。Earth-0に到着した後、DawnbreakerはCoast Cityに向かい、そこでHalJordanと対峙します。ドーンブレイカーは「停電」でハル・ジョーダンを消費しようとしますが、後者はドクター・フェイトによって救出されます。グリーンランタンがなくなると、ドーンブレイカーがコーストシティを支配します。[183]​​ドーンブレイカーは、コーストシティの下の真っ暗な洞窟でハル・ジョーダンと対峙し、グリーンランタンの誓いは彼の洞窟では無価値であると主張した。[181]
  • 溺死はEarth-11のバットマンのバージョンで、逆性のEarth-11の暗い反射です。もともとバットウーマンとして知られていたブライス・ウェインは、メタヒューマンに殺されるまでシルベスター・カイル(Earth-11のセリーナ・カイルの男性バージョン)と関係を持っていました。復讐に駆り立てられたブライスは、アクアウーマンとアトランティスが自主的な亡命から抜け出す前に、18か月間すべての不正なメタヒューマンを追い詰めました。アクアウーマンは彼女の民が平和に来たと主張しましたが、懐疑的なブライスはアトランティスとの戦争を宣言し、アトランティス人は女王が殺されたときに報復としてゴッサムを氾濫させました。ブライスは、変異したハイブリッドDNAを体内に導入し、水中で呼吸し、治癒を促進し、水を操作する能力をブライスに与えることで、自分自身で自動手術を行うことで、災害を乗り切りました。彼女はまた、彼女のために戦うためにデッドウォーターズの軍隊を作りました。ブライスは新しい服を着て、自分自身を溺死と呼び、すべての都市に洪水をもたらすことを犠牲にしてアトランティスを首尾よく征服しました。彼女の信号が点灯しているのを見た後、溺死者は笑うバットマンに会い、彼女をダークナイトとして採用しました。Earth-0に到着した後、DrownedはAmnesty Bayに向かい、そこでAquamanとMeraに直面しました。二人は溺死者と彼女のデッドウォーターズの軍隊と戦うことができず、アクアマンがドクター・フェイトによって救われている間、メラは溺死者によって感染し、支配されました。溺死者はアムネスティ湾の支配権を握り始めました。彼女はアクアマンとメラに直面しました。二人は溺死者と彼女のデッドウォーターズの軍隊と戦うことができず、アクアマンがドクター・フェイトによって救われている間、メラは溺死者によって感染し、支配されました。溺死者はアムネスティ湾の支配権を握り始めました。彼女はアクアマンとメラに直面しました。二人は溺死者と彼女のデッドウォーターズの軍隊と戦うことができず、アクアマンがドクター・フェイトによって救われている間、メラは溺死者によって感染し、支配されました。溺死者はアムネスティ湾の支配権を握り始めました。[184]アクアマンがアムネスティ湾の下に運ばれると、溺死者が彼を攻撃し、感染したメラが巨大なサメ/カニ/タコの生き物に変異したことを明らかにした。[181]
  • Mercilessは、Earth -12のバットマンのバージョンであり、バットマンがワンダーウーマンと関係しているEarth-12の暗い反射です。ワンダーウーマンが死んだと思ったときにアレスを殺して復讐した地球-12バットマンは、アレスのヘルメットを手に入れ、冷酷な残虐行為ではなく、正義と憐れみをもって戦争に力を注ぐことができると考えました。しかし、それは彼を堕落させ、「無慈悲な」バットマンは、彼のすべての敵を排除しながら、ワンダーウーマン(実際にはノックアウトされたばかり)を殺すことになりました。容赦のない人は、サム・レインアマンダ・ウォラースティーブ・トレバーミスター・ボーンズが後にヴァルハラ山を破壊したと描写されています通常のヒーローが明らかに失敗した後、ダークバットマンに対して反撃を試みます。[185]ワシントンDCのARGUS本部の基礎の下に運ばれた後、容赦のないワンダーウーマンは、彼が地球上で殺した神々の神聖な兵器庫で満たされた彼の武器を明らかにした後、ワンダーウーマンに立ち向かう。彼はダイアナが彼に戦うように教えたことを彼女に明らかにし、彼が神々を破壊した後、無慈悲な者はテミスクリアを見つけて3日間彼らと戦った。容赦のない者はまた、ステュクス川のフェリーマンに、死んだアマゾンからすべてのコインを集めて死後の世界への通路を探し、それを溶かして巨大な黄金のドラクマにし、ハンマーで叩いてアンデッドのアマゾンを召喚するように命じたことを明らかにします。[181]
  • Devastatorは、Earth-1のバットマンのバージョンであり、Earth-1の暗い反射です。スーパーマンが悪に転じ、ロイスと一緒に友人と敵を殺すと、Earth-1バットマンは、クリプトン人を人類を犠牲にして、ドゥームズデイのようなモンスターに変身させたため、設計されたバージョンのドゥームズデイウイルスを注入しました。彼の勝利にもかかわらず、荒廃者はスーパーマンの怒りからメトロポリスを守ることができなかったことに対する後悔をまだ感じています。笑うバットマンは、スーパーマンに盲目的に触発されたと感じた人を救うための2度目のチャンスを荒廃者に提供します。ブルースは、Earth-0 Lois Lane、Supergirl、およびすべてのメトロポリスを、スーパーマンの力と誤った予言から保護する唯一の方法であると考えているため、Doomsdayウイルスに感染させます。[186]殺人マシンと一緒に、荒廃者は宇宙チューニングタワーを回収するために送られ、その基礎からそれを引き裂き、孤独の要塞の外に投げました。[187]その後、彼は地球の2つのグリーンランタン(サイモンバズとジェシカクルス)、フラッシュ/ウォーリーウェスト、ファイヤーストーム、ロボに直面し、太陽に投げ込むロボを除くすべてを無力化します。コズミックチューニングタワーをつかむと、荒廃者は宇宙に飛び込み、チャレンジャーズマウンテンに着陸し、その上にタワーを植えます。[186]

不正:私たちの間の神々

インジャスティス:神々、バットマンはもともとスーパーマンと親しい友人でした(スーパーマンはロイスレーンと一緒に彼の子供に代父になるように頼んでさえいました)が、スーパーマンがジョーカーにだまされてロイスを殺し、メトロポリスを破壊したとき、彼らの関係はゆっくりと疎遠から敵対的な敵になりました。スーパーマンは、彼とジャスティスリーグが総当たり攻撃と恐怖を利用して人々に法に従うように強制するという新しい世界秩序を開始しますが、バットマンはこれに専制政治を見て、彼の反乱でスーパーマンの体制に反対します。彼はいくつかの損失を被りました。特に、スーパーマンの側に立った生物学的息子のダミアン(偶然ではありますが)の手によるディック・グレイソンの損失です。1年目の終わりまでに、スーパーマンはバットマンの背中を壊し、将来の反抗を遅らせようとします。2年目のほとんどの期間、バットマンは任務から外れています。グリーンランタン隊が関与したときにレジームを停止するために彼の同盟国に依存しています。3年目に、バットマンは魔法のユーザー、特にジョンコンスタンティンと同盟を結びますが、これはコンスタンティンが自分の目標を推進するためにバットマンを使用していたことが明らかになったところで終わります。4年目はバットマンにスーパーマンを止めるためにギリシャの神々に目を向けさせます。しかし、神々が人類を圧倒することを決心したとき、彼はこれを後悔するようになり、彼を新しい神のハイファーザーに彼らを止めるように頼むように導きました。彼は、倒れたヒーローが彼らの問題について話し合うために会議を行おうとしたときに、スーパーマンによって設定された罠を回避します。ゲームのイベントによって、バットマンはレジームの手によって多くの損失を被り、最後の努力でワンダーウーマン、グリーンランタン、グリーンアロー、アクアマンを主流の宇宙から召喚しました。彼が今は放棄されたバットケイブからクリプトナイトの破片を回収するのを手伝うために彼らを必要としています。クリプトナイトは、スーパーマンが不正になった場合の最後の手段となることを目的としていましたが、バットマンは、リーグの主要メンバーが同意した場合にのみクリプトナイトにアクセスできるようにしました。彼らのほとんどは死んだスーパーマン(グリーンアロー)と同盟を結んでいたので、彼は複製が必要でした。この計画が失敗したとき、彼は主流のスーパーマンを引き継ぐことを躊躇し、スーパーマンのどのバージョンも腐敗しやすいと確信しました。しかし、彼の主要な相手は彼に信仰を持っていることを納得させ、彼はそうします。主流のスーパーマンは彼の相手を打ち負かし、レジームの影響力を終わらせます。彼らのほとんどは死んだスーパーマン(グリーンアロー)と同盟を結んでいたので、彼は複製が必要でした。この計画が失敗したとき、彼は主流のスーパーマンを引き継ぐことを躊躇し、スーパーマンのどのバージョンも腐敗しやすいと確信しました。しかし、彼の主要な相手は彼に信仰を持っていることを納得させ、彼はそうします。主流のスーパーマンは彼の相手を打ち負かし、レジームの影響力を終わらせます。彼らのほとんどは死んだスーパーマン(グリーンアロー)と同盟を結んでいたので、彼は複製が必要でした。この計画が失敗したとき、彼は主流のスーパーマンを引き継ぐことを躊躇し、スーパーマンのどのバージョンも腐敗しやすいと確信しました。しかし、彼の主要な相手は彼に信仰を持っていることを納得させ、彼はそうします。主流のスーパーマンは彼の相手を打ち負かし、レジームの影響力を終わらせます。

JLA /アベンジャーズ

JLA /アベンジャーズでは、バットマンはチームメイトと一緒にジャスティスリーグに登場し、グランドマスターの宇宙ゲームでアベンジャーズと戦わされます。マーベルユニバースを初めてツアーしている間、バットマンはパニッシャーが麻薬の売人のギャングを殺しているのを目撃し、彼を攻撃します(戦いはパネル外で行われます)。彼は後に、対戦相手のスキルをテストするために短い拳闘を行った後、キャプテンアメリカと同盟を結びました。この同盟により、彼はゲームの賭けに気づき、JLAのためにそれを失います。2つの宇宙がクロナによって統合されたとき、ヒーローは実際に彼らの現実で何が起こったのかについて混乱したままになっています。グランドマスターは、彼らの生涯でヒーローを襲ったさまざまな悲劇を彼らに示すことによって明らかにします。バットマンは、彼の一部として、ジェイソン・トッドの死とベインの手による彼の怪我を目撃しています。最後の戦いで、クロナはわずかな難しさでJLAを打ち負かしましたが、フラッシュホークアイが彼の電源の制御を妨害したときに打ち負かされました。

ただ想像します

Just Imagine ...は、スタン・リー(いくつかのマーベルコミックのキャラクターの共同作成者)によって作成された一連のコミックで、さまざまなDCキャラクターを再考しています。この継続性の中で、ウェインウィリアムズは彼が犯さなかった犯罪の枠に入れられ、バットマンとスパイダーマンのオリジンストーリーの組み合わせでバットマンになります。

王国が来ます

キングダムカム限定シリーズは、何年にもわたる犯罪との戦いで荒廃したバットマンが、外骨格を使って身を寄せ合い、遠隔操作のロボットを使ってゴッサムの街の平和を維持している様子を描いています。彼は中年後期で、不気味な笑みを浮かべています。彼がブルース・ウェインであり、民間人の装いで登場した場合でも「バットマン」と呼ばれることはもはや秘密ではありません。

スーパーマン:アメリカンエイリアン

スーパーマンの起源の別の言い回しを示す2016年のコミックであるスーパーマン:アメリカンエイリアンでは、ブルースウェインは、彼のために投げられた誕生日パーティーで誰かが彼を装っているという話を聞いたときに、ラーズアルグールの下でトレーニングします人。数年後、しばらくバットマンをしていた彼は、クラーク・ケントであることが明らかになった同じ人物が、ブルースの新しい病棟ディック・グレイソンに話しかけた記者であることを知りました。ブルースはコスチュームを着てクラークと対峙しますが、すぐに圧倒され、クラークに害を及ぼす装備がない場合はショックを受けます。クラークはマスクとマントを持ってブルースのアイデンティティを見つけ、ブルースは逃げる。彼はクラークのディックとの会話の録音を残しているようで、クラークはブルースの二重の人生を一般に公開していません。ブルースのマントは、彼が最初に犯罪との戦いのキャリアを開始したときに、後にクラークのプロトタイプの衣装の一部になります。

文化的影響と遺産

バットマンは、世界中で認められているポップカルチャーのアイコンになりました。キャラクターの存在は彼の漫画本の起源を超えて広がっています。1989年のバットマン映画のリリースとそれに伴うマーチャンダイジングなどのイベントは、「バットマンを国民の意識の最前線にもたらしました」。[188]キャラクターの60周年を記念する記事で、ガーディアンは次のように書いています。「バットマンは、現代の大衆文化である無限の再発明によってぼやけた人物です。彼は同時にアイコンであり、商品です。 21世紀。" [189]

他のメディアでは

1960年代のバットマンTVシリーズのバットマンとしてのアダムウェスト

バットマンのキャラクターは、新聞の連載漫画、本、ラジオドラマ、テレビ、舞台ショー、いくつかの演劇映画など、漫画以外のさまざまなメディアに登場しています。バットマンの最初の適応は、1943年10月25日に初演された日刊新聞の漫画としてでした。[190]その同じ年、キャラクターは15部構成の連続 バットマンに適応され、ルイス・ウィルソンがバットマンを画面に描いた最初の俳優になりました。バットマンは彼自身のラジオシリーズを持っていませんでしたが、キャラクターはスーパーマンの声優が1945年に始まったスーパーマンの冒険に時折ゲスト出演しましたバッド・コルヤーは休みが必要でした。[191] 2番目の映画シリーズ、バットマンとロビンは、1949年に続き、ロバート・ローリーがバットマンの役割を引き継ぎました。1940年代にこれらの適応によって提供された露出は、「[バットマン]を漫画本を購入したことのない何百万人もの人々の一般的な名前にするのに役立ちました」。[191]

ドナルド・バーセルミの短編小説集の1964年の出版物、カリガリ博士は、バーセルミが「ジョーカーの最大の勝利」を書いた。バットマンは、なりすましの目的で、大げさなフランス語を話す金持ちとして描かれています。[192]

テレビ

アダムウェスト主演バットマンテレビシリーズは、 1966年1月にABCテレビネットワークで初公開されました。キャンプのユーモアのセンスに影響を受けて、ショーはポップカルチャーの現象になりました彼の回想録、Back to the Batcaveで、ウェストは1960年代のシリーズに適用された「キャンプ」という用語に対する嫌悪感を指摘し、ショーは代わりに茶番劇またはランプーンであり、意図的なものであると述べています。シリーズは120エピソードにわたって実行され、1968年に終了しました。バットマンテレビシリーズの第1シーズンと第2シーズンの間に、キャストとクルーが劇場映画バットマン(1966)を作成しました。WHO1966年のEPReady Steady Whoのバットマンショーの主題歌を録音し、キンクスは1967年のアルバムLive at KelvinHallで主題歌を演奏しましたすぐに継続することはできませんでしたが、シリーズはスピンオフのバットガールテレビシリーズの(失敗した)パイロットエピソードを生み出し、数十年後、バットマン'66(2013-2016)コミックシリーズとアニメーション映画バットマン:リターンオブザCaped Crusaders(2016)とBatman vs. Two-Face(2017)、さらにはモックメンタリーのReturn to the Batcave:The Misadventures of Adam and Burt(2003)。

1996年のエピソード「オンリーフールズアンドホースズヒーローズアンドビリアンズ」で、デヴィッドジェイソンはバットマンの役割を偽装しました。[193]

バットマンTVシリーズの人気は、バットマン/スーパーマンアワーでのバットマンの最初のアニメ化にもつながりました[194]シリーズのバットマンセグメントは、 1968年から1977年の間に33のエピソードを生み出したロビンザボーイワンダーとのバットマンとバットマンの冒険として再パッケージ化されました。1973年から1986年まで、バットマンはABCのスーパーフレンズシリーズで主役を務めました。ハンナ・バーベラによってアニメ化されましたオラン・ソウルはこれらすべてのショーでバットマンの声でしたが、最終的にはスーパーフレンズの間にアダム・ウェストに置き換えられました。アダム・ウェストはフィルメーションでもキャラクターを声に出しましたの1977年シリーズ「電光石火バットマン」

1992年、バットマン:アニメーションシリーズは、ワーナーブラザーズアニメーションによって制作され、バットマンの声としてケビンコンロイをフィーチャーしたフォックステレビネットワークで初演されました。このシリーズは、複数のエミー賞に加えて、以前のスーパーヒーローの漫画[195] [196]と比較して、その暗い色調、成熟した執筆、様式的なデザイン、および主題の複雑さでかなりの評価を受けました[197] [198]シリーズの成功は、劇場映画バットマン:マスクオブザファンタズム(1993)、[199]、および以下を含むさまざまなスピンオフTVシリーズにつながりました。スーパーマン:アニメーションシリーズ新しいバットマンアドベンチャージャスティスリーグジャスティスリーグアンリミテッド(それぞれがバットマンの声としてコンロイをフィーチャー)。未来的なシリーズのバットマン・ビヨンドもこの同じアニメーションの連続性で行われ、ウィル・フリードルが声を出した新しい若いバットマンと、メンターとして年配のブルース・ウェイン(再びコンロイが声を出した)が登場しました。

2004年に、バットマンというタイトル無関係なアニメシリーズがリノロマノがバットマンを声に出してデビューしました2008年に、このショーは別のアニメシリーズ、バットマン:ブレイブアンドザボールドに置き換えられました。バットマンとしてのディードリックベーダーの声が特徴です。2013年には、 「ビウェア・ザ・バットマン」というタイトルの新しいCGIアニメーションシリーズがデビューし、アンソニー・ルイヴィヴァーがバットマンを声に出しました。[200]

2014年、実写テレビシリーズのゴッサムがフォックスネットワークで初公開され、12歳のブルースウェインとしてダヴィードマズーズが出演しました。2018年にシリーズが5番目の最終シーズンに更新されたとき、バットマンがショーのシリーズフィナーレのフラッシュフォワードに登場することが発表されました。

イアン・グレンは、2019年のショーの第2シーズンに登場する実写シリーズタイタンズでブルース・ウェインを描いています。 [201]グレンの前は、バットマンは第1シーズンでスタントダブルのアラン・ムーシとマキシム・サヴァリアスによって演じられました。[202] [203]

キャラクターの75周年を記念して、ワーナーブラザースは、DCのYouTubeチャンネルにも投稿さ れたテレビ短編映画バットマン:ストレンジデイズ」を放映しました。

2019年8月、ケヴィン・コンロイが、次のアローバースのクロスオーバーであるCrisis on Infinite Earthで、古いブルース・ウェインとして実写テレビデビューすることが発表されました[204]クロスオーバーでは、彼はEarth-99からのバットマンのパラレルユニバース反復を描写しましたバットウーマンでは、ブルースウェイン/バットマンのアースプライムバージョンがウォーレンクリスティーによって描かれてます[205]

2021年5月、ブルース・ティムJJエイブラムスマット・リーブスによって、バットマン:CapedCrusaderというタイトルの新しいアニメシリーズが開発中であることが発表されましたこのシリーズは、キャラクターのノワールのルーツに戻るCapedCrusaderを再考したものと言われています。[206]

映画

バットマンの最初の映画の冒険は、1943年の連続映画 バットマンとその1949年の続編であるバットマンとロビンで構成されていました連載(特に最初の連載)は、第二次世界大戦時代の設定により、反日感情を強調することで有名です。先に述べたように、1966年に、20世紀フォックスは宇宙を舞台にし た最初のバットマン長編映画「バットマン」を制作し、テレビシリーズのほとんどの俳優をフィーチャーしました。

1989年、ワーナーブラザースは、ティムバートン監督、マイケルキートン主演の実写映画 『バットマン』をリリースしました。この映画は大成功でした。それはその年の最も売上高の高い映画であっただけでなく、当時、歴史上5番目に売上高の高い映画でした。[207]この映画は、アカデミー美術賞も受賞しました。[208]この映画の成功により、バットマンリターンズ(1992年)、バットマンフォーエバー(1995年)、バットマン&ロビン(1997年)の3つの続編が生まれ、後者の2つはジョエルシュマッカーが監督しました。バートンの代わりに、バットマンとしてのキートンをそれぞれヴァル・キルマージョージ・クルーニーに置き換えました。2番目のシューマッハ映画は前作のどれよりも大きくなることができず、批判的にパンされたため、ワーナーブラザースは計画された5番目の続編であるバットマンアンチェインド[209]をキャンセルし、最初の映画シリーズを終了しました。最初の2本の映画は、ティムバートンにインスパイアされたコミックシリーズのバットマン'89の基礎となりました。[210] 2021年4月、キートンは2022年の映画「ザフラッシュ」でブルースウェイン/バットマンとしての彼の役割を再演することが発表されました。[211]

2005年、バットマンビギンズは、クリストファーノーラン監督、クリスチャンベール主演の映画シ​​リーズのリブートとして、ワーナーブラザースからリリースされましたその続編であるダークナイト(2008)は、米国で史上最高の売上を記録したオープニングウィークエンドを記録し、約1億5,800万ドルを稼ぎ[212]、アメリカ史上最速の4億ドルに達する映画となりました。シネマ(リリース18日目)。[213]これらの記録的な出席者は、ダークナイトが(当時)国内で2番目に高いグロス映画として5億3300万ドルでその実行を終了し、タイタニックだけがそれを上回った。[214]この映画は、故ヒース・レジャーの最優秀助演男優賞を含む2つのアカデミー賞も受賞し[215]最終的にはダークナイトライジング(2012)が続き、これはノーランの映画シリーズの結論として役立った。

2008年以来、バットマンはDCユニバースアニメイテッドオリジナルムービーのバナーの下で、さまざまなダイレクトビデオアニメーション映画にも出演しています。ケヴィン・コンロイは、これらの映画のいくつかでバットマンの声優の役割を再演しましたが、他の映画では、ジェレミー・シストウィリアム・ボールドウィンブルース・グリーンウッドベン・マッケンジーピーター・ウェラーなどの有名人の声優が出演しています。[216]バットマンレゴをテーマにしたバージョンは、アニメーション映画「レゴムービー」(2014年)の主人公の1人としても取り上げられ、ウィルアーネットが声を出しました。[217]アーネットは、スピンオフ映画「レゴバットマンムービー(2017)」[218]の声の役割を再演しました(これは、とりわけ、バーバラゴードンとディックグレイソンの両方とのバットマンの最初の出会い、そしてそれぞれバットガールとロビン/ナイトウィングになることを描いています) 、そして続編のレゴムービー2:第2部(2019)は、バットマンの元のキャラクターへの結婚式を不思議なことに描いています。

2016年、ベンアフレックは、ザックスナイダー監督の映画「バットマンvsスーパーマンジャスティスの誕生」のリリースで、 DCエクステンデッドユニバースでバットマンの描写を開始しました[219]。映画。アフレックはまた、デヴィッド・エアーの映画「スーサイド・スクワッド」 (2016年)にバットマンとしてカメオ出演しました。[220]アフレックは、2017年の映画ジャスティスリーグの役割を再演しました。 [221] [222]これもDCエクステンデッドユニバースを舞台にしています。[223] [224] [225]

ダンテペレイラ-オルソンは、2019年の映画ジョーカーで若いブルースウェインを描いています[226] [227]

2019年、ロバート・パティンソンは、2022年にリリースされる次のバットマンでバットマンを演じるためにキャストされました。[228]

美術品

ポップアート時代から始まり、1960年代以降、バットマンのキャラクターは複数のビジュアルアーティストによって「流用」され、現代アートワークに組み込まれてきました[229] [230]特にアンディウォーホル[231 ] [232] Roy Lichtenstein[233] Mel Ramos[234] [235] Dulce Pinzon[236] Mr. Brainwash[237] Raymond Pettibon[238] Peter Saul[239]など。[237]

ビデオゲーム

1986年以来、バットマンは複数のビデオゲームに出演しており、そのほとんどは、キャラクターのさまざまな映画的またはアニメーション化された化身の適応でした。これらのゲームの中で最も成功しているのは、バットマン:アーカムシリーズです。最初の記事、バットマン:アーカムアサイラム(2009)は、ロックステディスタジオによって批評家の称賛を得てリリースされました。レビューアグリゲーターMetacriticは、92%の肯定的なレビューを受けたと報告しています。[240]続編のバットマン:アーカムシティ(2011)が続き、これも広く評価され、メタクリティックランキングは94%を保持しています。[241]バットマン:アーカム・オリジンズ(2013)というタイトルの前編ゲームは後にリリースされましたWBGamesMontréal[242]バットマン:アーカムナイト(2015)というタイトルの4番目のゲームもロックステディからリリースされました。[243]ほとんどのアニメ化されたバットマン作品と同様に、ケビン・コンロイは、若いバットマンがロジャー・クレイグ・スミスによって声をかけられるアーカム・オリジンを除いて、これらのゲームのキャラクターの声を提供しました2016年、Telltale GamesはBatman:The Telltale Seriesアドベンチャーゲームをリリースしました。これは、バットマンの神話に描かれているウェイン家の歴史を変えました。[244] 「バットマン:内なる敵」というタイトルの続編が2017年にリリースされました。[245]

ロールプレイングゲーム

メイフェアゲームズは1985年にDCヒーローズのロールプレイングゲームを公開し、翌年にはマイクスタックポールが書いた80ページの補足バットマンとエドハニガンのカバーアートを公開しました[246] 1989年、メイフェアゲームズは更新された96ページのソフトカバーバットマンソースブックを公開しました。これもマイクスタックポールによって書かれ、J。サンタナ、ルイスプロスペリ、ジャックバーカー、レイウィンニンガーによる追加資料、グレゴリースコットによるグラフィックデザイン、カバーDCコミックスのスタッフによるインテリアアート。[247]

メイフェアは、バットマンの映画と一致するように、1989年にバットマンロールプレイングゲームと呼ばれるDCヒーロー簡略版をリリースしました。[248]

解釈

ゲイの解釈

心理学者のフレデリック・ワーサムが1954年の無垢への誘惑で「バットマンの物語は心理的に同性愛者である...バットマンのタイプの物語は子供たちを同性愛のファンタジーに刺激するかもしれない」と主張して以来、キャラクターのゲイの解釈はバットマンの学術研究の一部となっています。彼らが無意識になっているかもしれない性質。」[249]アンディ・メドハーストは1991年のエッセイ「バットマン、逸脱、キャンプ」で、バットマンは「彼は彼の推定される同性愛を理由に攻撃された最初の架空の人物の一人だった」ので、ゲイの聴衆にとって興味深いと書いた。[250]映画と文化研究の教授ウィル・ブルッカーバットマンの奇妙な読書の妥当性、そしてブルース・ウェイン自身の性格が明らかにゲイであるかどうかにかかわらず、ゲイの読者は自然に描かれたライフスタイルに惹かれるだろうと主張しています。彼はまた、主流のファンダムがキャラクターの同性愛者の読書の可能性を拒否する活力への同性愛嫌悪の要素を識別します。[251] 2005年、画家のマークチェンバレンは、バットマンとロビンの両方を暗示的で性的に露骨なポーズで描いた水彩画を多数展示し[252]、DCに法的措置を脅かすよう促した。[253]

キャラクターに関連するクリエイターは、独自の意見を表明しています。作家のアラン・グラントは、「私が13年間書いたバットマンはゲイではありません...ボブ・ケインにまでさかのぼるみんなのバットマン...誰も彼をゲイのキャラクターとして書いていませんでした。ジョエル・シュマッカーだけが反対意見。」[254]フランク・ミラーは、性的衝動を犯罪との戦いに昇華させ、「境界性パーソナリティ」であると見なし、「同性愛者であればはるかに健康になるだろう」と結論付けている。[255] グラント・モリソンは、「ゲイネスはバットマンに組み込まれている...明らかに彼は異性愛者であることを意図した架空の人物であるが、全体の概念の基本は完全にゲイである」と述べた。[256]

心理的解釈

バットマンはしばらくの間心理学の研究の対象であり、キャラクターの精神には多くの解釈がありました。

バットマンと心理学:暗くて嵐の騎士で、トラヴィス・ラングレー博士は、心理学者のカール・ユングとジョセフ・キャンベルによって説明された原型の概念がバットマン神話存在し、キャラクターが「影の原型」を表すと主張しています。ラングレーによれば、この原型は人自身の暗い側面を表しています。それは必ずしも邪悪なものではなく、外から隠され、世界と自分の両方から隠されているものです。ラングレーは、ブルース・ウェインが人生の早い段階で彼自身の暗闇に直面していると主張しています。彼はそれを使って悪行者に恐怖を植え付けることを選び、彼の明るい面と暗い面が一緒になって悪と戦う。ラングレーは、ユングの視点を使用して、バットマンが私たちの「[257] [258]ラングレーはまた、彼が固執した称号であるバットマンと呼ばれるクラスを教えた。「私はそれを夜行性自警行為の心理学のようなものと呼ぶことができたが、いいえ。私はそれをバットマンと呼んだ」とラングレーは言う。[259]

何人かの心理学者がブルースウェイン/バットマンのメンタルヘルスを調査しました。ロビン。S.ローゼンバーグは、彼の行動と問題を評価して、それらが精神障害のレベルに達しているかどうかを判断しました。彼女は、解離性同一性障害強迫性障害、および他のいくつかを含むいくつかのメンタルヘルス問題の可能性を調べました。彼女は、ブルース・ウェイン/バットマンが障害または障害の組み合わせを持っている可能性があると結論付けましたが、彼の架空の性質のために、確定診断は不明のままです。[260] [261] [262]しかし、ラングレー自身は彼の本の中で、バットマンは彼の訓練、早い段階での彼の恐怖との対決、および他の要因のために、精神的に病気になるにはあまりにも機能的でよく調整されていると述べています。おそらく、彼はバットマンの精神的な態度は熱心なオリンピック選手とはるかに一致していると主張しています。

ノート

  1. ^ もともとバットマンとして様式化され

参考文献

  1. ^ Zalben、Alex(2014年3月28日)。「実際、バットマンの誕生日はいつですか?」MTVニュースニューヨーク市:Viacom2014年7月26日にオリジナルからアーカイブされました2014年8月9日取得
  2. ^ a b 「「ゴッサム」と「バットマンvsスーパーマン」(独占)でクラシックバットマン作家のクレジットを与えるDCエンターテインメント」ハリウッドレポーター2015年9月18日。2015年10月22日のオリジナルからアーカイブ2015年9月21日取得
  3. ^ a b シムズ、クリス(2015年10月21日)。「ビルフィンガーは今週のバットマンコミックでクリエイタークレジットを持っています」コミックスアライアンス2016年3月4日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月21日取得
  4. ^ ゲイエン、サヤンタン(2021年8月18日)。私はバットマン#0コミックレビューです」コミックブックリソース2021年8月19日取得
  5. ^ 「ブログのためのダイヤルB–世界で最もすばらしいコミックブログ」2015年8月19日にオリジナルからアーカイブされました2015年8月3日取得
  6. ^ ダニエルズ(1999)、p。18
  7. ^ ステランコ、ジムコミックのステランコの歴史1ペンシルベニア州リーディング:スーパーグラフィックス、1970年。( ISBN 978-0-517-50188-7 
  8. ^ ダニエルズ(2004)、18〜20ページ
  9. ^ ダニエルズ(1999)、21、23ページ
  10. ^ Havholm、ピーター; サンディファー、フィリップ(2003年秋)。「企業の著者:ジェローム・クリステンセンへの回答」。重要な問い合わせ30(#1):192。doi10.1086 / 380810ISSN0093-1896_ S2CID162105264_  
  11. ^ ジョー・デスリスの伝記、バットマン・アーカイブズ第3巻 DCコミックス、1994年)、p。223. ISBN 978-1-56389-099-4 
  12. ^ ダニエルズ(2004)、21、23ページ
  13. ^ a b ケイン、アンドレ、p。44。
  14. ^ a b ケイン、アンドレ、p。41。
  15. ^ ダニエルズ(2003)、p。23
  16. ^ ボイチェル、ビル。「バットマン:神話としての商品」バットマンの多くの生活:スーパーヒーローと彼のメディアへの批判的なアプローチラウトレッジ:ロンドン、1991年。ISBN978-0-85170-276-6 、 pp。6–7 
  17. ^ ダニエルズ(2004)、p。31
  18. ^ グロス、ゲイリー(2005年10月)。「ジェリーロビンソン」コミックジャーナル1(#271):80–81。ISSN0194-7869_ 2013年12月24日にオリジナルからアーカイブされました2007年11月18日取得 
  19. ^ コミックブックアーティスト#3。1999年冬。TwoMorrowsPublishing
  20. ^ 「コミックブックインタビュースーパースペシャル:バットマン」フィクションプレス、1989年
  21. ^ ダニエルズ(1999)、p。25
  22. ^ ライト、ブラッドフォードW.コミックブックネーションボルチモア:ジョンズホプキンス、2001年。ISBN978-0-8018-7450-5、p19。 
  23. ^ a b Daniels(1999)、p。29
  24. ^ ビル・フィンガー (w)、 ボブ・ケイン (p)、 シェルドン・モルドフ (i)。「バットマンと彼がどのようになってきたか」探偵コミックス #33:1–2(1939年11月)、DCコミックス
  25. ^ 探偵コミックス#33(1939年11月)、ウェイバックマシンで2003年10月25日にアーカイブされたグランドコミックスデータベース
  26. ^ John Jefferson Darowski、「バットマンの神話のシンボルは 、2008年4月21日、ウェイバックマシンでアーカイブされました」2007年12月。2008年3月20日取得。2008年3月20日アーカイブ
  27. ^ a b ライト、p。17.17。
  28. ^ ダニエルズ(1999)、p。38
  29. ^ ダニエルズ(2003)、p。36
  30. ^ Eury、Michael(2009)。バットケイブコンパニオン:「ニュールック」(1964–1969)と青銅器時代(1970–1979)のバットマンと探偵コミックスの調査クローネンバーグ、マイケル。ノースカロライナ州ローリー:TwoMorrowsPub。p。11. ISBN 978-1-893905-78-8OCLC144224145 _
  31. ^ 「GCD ::問題::探偵コミックス#37」www.comics.org 2019年4月24日取得
  32. ^ a b Daniels(1999)、p。42
  33. ^ a b Boichel、p。9.9。
  34. ^ ライト(2001)、p。59
  35. ^ エドモンド・ハミルトン (w)、 カート・スワン (p)。「世界最強のチーム」スーパーマン#76(1952年6月)、DCコミックス
  36. ^ ダニエルズ(1999)、p。88
  37. ^ ダニエルズ(1999)、p。91
  38. ^ ダニエルズ(1999)、p。84
  39. ^ Boichel、p。13.13。
  40. ^ ヨーク、クリストファー(2000)。「家族全員:1950年代の同性愛嫌悪とバットマンコミック」。コミックアートの国際ジャーナル2(#2):100〜110。
  41. ^ ダニエルズ(1999)、p。94
  42. ^ ダニエルズ(1999)、p。95
  43. ^ ビル・フィンガー (w)、 シェルドン・モルドフ (p)。「ゴッサムギャングラインナップ!」探偵コミックス #328(1964年6月)、DCコミックス
  44. ^ ベントン、マイク。アメリカの漫画本:図解された歴史ダラス:テイラー、1989年。ISBN978-0-87833-659-3 p。69。 
  45. ^ ダニエルズ(1999)、p。115
  46. ^ ライト、p。233。
  47. ^ Pearson&Uricchio(1991)、p。18「バットケイブからのメモ:デニスオニールへのインタビュー。」
  48. ^ ダニエルズ(1999)、p。140
  49. ^ ダニエルズ(1999)、p。141
  50. ^ 「バットマンの芸術家ロジャースは死んでいる」SciFiワイヤー2007年3月28日。2009年2月1日のオリジナルからアーカイブ:「彼らのバットマンの実行はわずか6号でしたが、3つは後のバットマンコミックの基礎を築きました。彼らの物語には、古典的な「笑う魚」(ジョーカーの顔が魚に現れた)が含まれます。 1990年代のシリーズ。ダークナイトとしてマイケルキートンが出演した1989年のバットマン映画の初期のドラフトは、彼らの作品に大きく基づいていました。」
  51. ^ Boichel、p。15
  52. ^ ダニエルズ(1999)、pp。147、149
  53. ^ ライト、p。267。
  54. ^ ダニエルズ(1999)、pp。155、157
  55. ^ ダニエルズ(1999)、p。161
  56. ^ ウェルドン、グレン(2016)。帽子をかぶった十字軍:バットマンとオタク文化の台頭サイモン&シュスターISBN 978-1-4767-5669-1
  57. ^ a b c d "2000年代"。DCコミック年ごとにビジュアルクロニクルドーリングキンダースリー2010年。ISBN 978-0-7566-6742-9
  58. ^ 「ダイヤモンドの2005年末の売上高チャートと市場シェア」newsarama.com。2006年。 2006年5月25日のオリジナルからアーカイブ2006年10月26日取得
  59. ^ 「2005年7月の販売チャート:オールスターバットマン&ロビンはその名に恥じない」newsarama.com。2005年。 2006年9月7日のオリジナルからアーカイブ2006年10月26日取得
  60. ^ Iann Robinson
  61. ^ William Gatevackesによるレビュー、PopMatters、2006年2月10日、20062月22日、 WaybackMachineでアーカイブ
  62. ^ a b c フィリップス、ダン(2009年8月8日)。「グラントモリソンの新しいバットマンとロビン」IGN2012年6月9日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月8日取得
  63. ^ ジョージ、リチャード(2009年3月11日)。「モリソンはバットマンとロビンについて話します」IGN2012年3月5日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月6日取得
  64. ^ Wilkins、Alasdair(2009年6月27日)。「バットマンは生まれ変わる...復讐をもって」io92009年6月30日にオリジナルからアーカイブされました2009年8月6日取得
  65. ^ Joshua Yehl(2016年3月23日)。「新しいバットスーツとブルームのアイデンティティに関するバットマンのスコット・スナイダーとグレッグ・カプロ」IGN2016年4月23日にオリジナルからアーカイブされました。
  66. ^ "「ダークナイトIII:マスターレース」コミックブックは反射と先読みを促します。ニューヨークタイムズ。2015年11月23日。2015年11月26日のオリジナルからアーカイブ。 2017年1月16日取得
  67. ^ "「アクション」「探偵コミックス」「再生」の元のナンバリングに戻る"。ComicBookResources.com。2016年2月18日。2016年2月23日のオリジナルからアーカイブ。 2016年10月22日取得「アクションコミック」の番号は#957で、「探偵」は#934で取得されます。両方シリーズは月2回のスケジュールで2.99ドルの価格でリリースされます。
  68. ^ ジョンストン、リッチ(2017年10月6日)。「ニューヨークコミコンで発表されたDCリバースの終わり」ブリーディングクール2018年3月11日取得
  69. ^ Bonthuys、Darryn(2017年12月1日)。「DCユニバースで新しい方向性が始まるので、再生の時代は終わりました」クリティカルヒット2018年3月11日取得
  70. ^ 「バットマン#85」DCComics2019年12月18日2020年2月6日取得
  71. ^ デニスオニールバットマン:ナイトフォール1994年、バンタムブックスISBN 978-0-553-09673-6 
  72. ^ ダニエルズ(1999)[必要なページ]
  73. ^ Pearson&Uricchio(1991)、p。202
  74. ^ ルイス、アンドリュー(2017年1月3日)。「バットマン:ブルースウェインについてあなたが知らなかった15のこと」ScreenRant 2021年12月2日取得
  75. ^ モリソン、グラント (w)。 バットマンインコーポレイテッドv2、#0(2012年9月)、DCコミックス
  76. ^ スコットビーティー、バットマンハンドブック:究極のトレーニングマニュアル2005年、Quirk Books、p51。ISBN 978-1-59474-023-7 
  77. ^ Aichele、G。(1997)。G. Aichele&T。Pippin(eds。)の「RewritingSuperman」、 The Monstrous and the Unspeakable:The Bible as FantasticLiterature、pp。75–101。シェフィールド:シェフィールドアカデミックプレス。
  78. ^ スーパーマンvol。2#53
  79. ^ 「聖なる知恵、バットマン!:24の最も有名なバットマンの引用」brightdrops.com2017年8月25日2019年5月13日取得
  80. ^ Boucher、Geoff(2010年8月13日)。「階級闘争としてのバットマンvsスーパーマン?グラントモリソン:「ブルースには執事がいて、クラークには上司がいる」"ロサンゼルスタイムズ。 2012年10月15日のオリジナルからアーカイブ。
  81. ^ T。ジェームズマスラー。2006.私たち全員のスーパーヒーローを解き放ちます。
  82. ^ ブルッカー、ウィル(2001)。バットマンマスクされていない。NY /ロンドン:Continuum International PublishingGroup。p。368. ISBN 978-0-8264-1343-7
  83. ^ a b c de ピアソン ; ウリッキオ。「 『私はその安っぽい変装にだまされていない。』」p。186。
  84. ^ ピアソン; ウリッキオ。「バットケイブからのメモ:デニスオニールへのインタビュー」p。23。
  85. ^ ダニエルズ(1999)、p。31
  86. ^ a b c 探偵コミックス#33(1939年11月)、ビル・フィンガー、ボブ・ケイン
  87. ^ a b c バットマン#1(1940年春)、ビル・フィンガー、ボブ・ケイン
  88. ^ ルイス、アンドリュー(2017年1月3日)。「バットマン:ブルースウェインについてあなたが知らなかった15のこと」ScreenRant 2019年5月13日取得
  89. ^ Pearson&Uricchio(1991)、p。194
  90. ^ シャレット、クリストファー。「バットマンとアイドルの黄昏:フランクミラーへのインタビュー」。バットマンの多くの生活:スーパーヒーローと彼のメディアへの批判的なアプローチラウトレッジ:ロンドン、1991年。ISBN978-0-85170-276-6、p。44。 
  91. ^ ピアソン、p。208。
  92. ^ デニスオニール、ウィザードバットマンスペシャル1998
  93. ^ テレンスR.ヴァントケ。驚くべき変容するスーパーヒーロー!:漫画本、映画、テレビのキャラクターの改訂に関するエッセイp。91。
  94. ^ ケイン、ボブ(1989)。バットマン&ミー:自伝アンドレ、トム。カリフォルニア州フォレストビル:EclipseBooks。p。45. ISBN 1-56060-017-9OCLC21114759 _
  95. ^ アレックスS.ロマニョーリ; ジャンS.パグヌッチ。スーパーヒーローを入力してください:アメリカの価値観、文化、そしてスーパーヒーロー文学のカノンp。27。
  96. ^ a b Boichel、p。8.8。
  97. ^ a b ダニエルズ(1995)、p。138
  98. ^ ローブ、ジェフ (w)、 マクギネス、エド (p)、 ヴァインズ、デクスター (i)。「ランニングワイルド」スーパーマン/バットマン #3(2003年12月)、DCコミックス
  99. ^ Boichel、p。7。
  100. ^ ラングレー、トラビス(2012)。バットマンと心理学:暗くて嵐の騎士ジョン・ワイリー&サンズ。p。179。
  101. ^ ラングレー、180〜210
  102. ^ Esposito、Joey(2013年3月5日)。「ダミアンウェインが最高のロビンである理由」IGN2014年3月1日にオリジナルからアーカイブされました2014年2月17日取得
  103. ^ Saul、Josh(2013年2月25日)。「DCがバットマンの「ボーイワンダー」ダミアンウェインを新しい漫画で殺害する」ニューヨークポスト2014年4月29日にオリジナルからアーカイブされました2014年2月17日取得
  104. ^ Franich、Darren(2014年2月12日)。「バットマンには新しい女性の相棒があります:ブルーバードに会いましょう」エンターテインメントウィークリーポップウォッチ。2014年2月22日にオリジナルからアーカイブされました2014年2月17日取得
  105. ^ バットマン#666(2ページ)
  106. ^ グラントモリソン。バットマン#676
  107. ^ geek-news.mtv.com/2011/03/22/batman's-top-10-love-interests/ [デッドリンク]
  108. ^ ab 「バットマン トップ10の愛の興味」MTVニュース2011年3月22日。2016年4月10日のオリジナルからアーカイブ2016年5月1日取得
  109. ^ キャットウーマンvol。4#1(2011年9月)
  110. ^ ab バットマンvol 3#14(2017年3月)
  111. ^ バットマンvol。3#15(2017年3月)
  112. ^ a bc バットマンvol 3#32(2017年12月)
  113. ^ バットマンvol。3#24(2017年8月)
  114. ^ Mike Conray、 500人の偉大なコミックブックアクションヒーロー2002年、コリンズ&ブラウン。ISBN 978-1-84411-004-9 
  115. ^ Greenberger, Robert (2008). The Essential Batman Encyclopedia. Del Rey Books. ISBN 978-0-345-50106-6.
  116. ^ Grant Morrison (w), Howard Porter (p). "War of the Worlds" JLA #3 (March 1997), DC Comics
  117. ^ Scott Lobdell (w), Ed Benes and Jack Herbert (p). "Superman: Doomed" Superman #31 (July 2014), DC Comics
  118. ^ Wood, Robert (October 30, 2017). "What Skills Does Batman Have?". Building the Bat. Archived from the original on March 16, 2019. Retrieved September 10, 2019.
  119. ^ a b c Daniels (1999)[page needed]
  120. ^ Daniels (1999), p. 98
  121. ^ Daniels (1999), pp. 159–60
  122. ^ Batman vol. 3 Annual #2 (January 2018)
  123. ^ Pearson, p. 191.
  124. ^ Bill Finger (w), Bob Kane (p). "The Case of the Chemical Syndicate" Detective Comics #27 (May 1939), DC Comics
  125. ^ Bill Finger (w), Bob Kane (p). "The Batman Wars Against the Dirigible of Doom" Detective Comics #33 (November 1939), DC Comics
  126. ^ She first appears in Detective Comics #31 (September 1939)
  127. ^ Paul Levitz (w), Joe Staton (p). "The Untold Origin of the Justice Society" DC Special #29 (September 1977), DC Comics
  128. ^ Gardner Fox (w). All Star Comics #3 (Winter 1940/1941), DC Comics
  129. ^ Bill Finger (w), Bob Kane (p). Batman #7 (November 1941), DC Comics
  130. ^ Batman #16 (May 1943); his original last name, Beagle, is revealed in Detective Comics #96 (February 1945)
  131. ^ One example is the Englehart/Rogers run of the late 1970s, which has editorial notes directing readers to issues such as Detective Comics #46 and Batman #1 and 59.
  132. ^ Bill Finger (w), Sheldon Moldoff (p). "The First Batman" Detective Comics #235 (September 1956), DC Comics
  133. ^ Edmond Hamilton (w), Dick Sprang (p). "When Batman Was Robin" Detective Comics #226 (December 1955), DC Comics
  134. ^ "Why Batman went to Yale". yalealumnimagazine.com. Retrieved August 15, 2020.
  135. ^ Beatty, Scott (2008). "Batman". In Dougall, Alastair (ed.). The DC Comics Encyclopedia. London: Dorling Kindersley. pp. 40–44. ISBN 978-0-7566-4119-1.
  136. ^ Miller, Frank; David Mazzucchelli; Richmond Lewis (1987). Batman: Year One. DC Comics. p. 98. ISBN 978-1-85286-077-6.
  137. ^ Alan Grant (w), Norm Breyfogle (p). "Master of Fear" Batman #457 (December 1990), DC Comics
  138. ^ Dixon, Chuck. et al. "Batman: Prodigal". Batman #512–514, Batman: Shadow of the Bat #32–34, Detective Comics #679–681, Robin vol. 4 #11–13. New York: DC Comics, 1995.
  139. ^ Infinite Crisis #7, p. 32
  140. ^ 52 #30
  141. ^ Batman #673
  142. ^ Batman #681
  143. ^ James Robinson (w), Don Kramer (p). "Face the Face – Conclusion" Batman #654 (August 2006), DC Comics
  144. ^ Batman #656 (October 2006):
    Bruce: "I remember being drugged senseless and refusing to co-operate in some depraved eugenics experiment."
    Talia: "Believe me, you cooperated ...magnificently."
  145. ^ Brad Meltzer (w), Ed Benes (p). "The Tornado's Path" Justice League of America vol. 2 #1 (August 2006), DC Comics
  146. ^ Chuck Dixon (w), Julian Lopex (p). Batman and the Outsiders vol. 2 #1 (November 2007), DC Comics
  147. ^ Adams, Guy. "Holy smoke, Batman! Are you dead?" November 28, 2008, The Independent. Archived November 28, 2008.
  148. ^ Newsarama: "Batman R.I.P. – Finally?" January 15, 2009 Archived January 15, 2013, at the Wayback Machine
  149. ^ Grant Morrison (w), J. G. Jones (p). "How to Murder the Earth" Final Crisis #6 (January 2009), DC Comics
  150. ^ Grant Morrison (w). Final Crisis #7 (January 2009), DC Comics
  151. ^ "Grant Morrison: Final Crisis Exit Interview, Part 2". Archived from the original on February 7, 2009. Retrieved June 7, 2009.
  152. ^ Tony Daniel (w). Battle for the Cowl #3 (May 2009), DC Comics
  153. ^ Chris Yost (w). Red Robin #1 (August 2009), DC Comics
  154. ^ Geoff Johns (w). Blackest Night #0 (June 2009), DC Comics
  155. ^ Grant Morrison (w). Batman and Robin #7 (January 2010), DC Comics
  156. ^ Grant Morrison (w). Batman and Robin #8 (February 2010), DC Comics
  157. ^ Geddes, John (December 9, 2009). "Grant Morrison on return of original Batman". USA Today. Archived from the original on December 12, 2009. Retrieved December 10, 2009.
  158. ^ Segura, Alex (December 9, 2009). "DCU in 2010: The Return of Bruce Wayne hits in April". DC Comics. Archived from the original on December 13, 2009. Retrieved December 10, 2009.
  159. ^ "Batman solicitations for May 2010 at DC's The Source". DC Comics. February 11, 2010. Archived from the original on March 6, 2012. Retrieved June 17, 2010.
  160. ^ Snyder, Scott. Batman Vol. 4: Zero Year- Secret City. DC Comics.
  161. ^ Snyder, Scott. Batman Vol 5: Zero Year- Dark City. DC Comics.
  162. ^ Snyder, Scott. Batman Vol. 1: The Court of Owls. DC Comics.
  163. ^ Snyder, Scott. Batman Vol. 2: The City of Owls. DC Comics.
  164. ^ Snyder, Scott. Batman Vol. 10: Epilogue. DC Comics.
  165. ^ Snyder, Scott. Batman Vol. 3: Death of the Family. DC Comics.
  166. ^ King, Tom. Batman Vol. 1: I Am Gotham. DC Comics.
  167. ^ King, Tom. Batman Vol. 2: I Am Suicide. DC Comics.
  168. ^ King, Tom. Batman Vol. 3: I Am Bane. DC Comics.
  169. ^ King, Tom. Batman Vol. 4: The War of Jokes and Riddles. DC Comics.
  170. ^ King, Tom. Batman Vol. 7: The Wedding. DC Comics.
  171. ^ King, Tom. Batman Vol. 8: Cold Days. DC Comics.
  172. ^ King, Tom. Batman Vol. 9: The Tyrant Wing. DC Comics.
  173. ^ King, Tom. Batman Vol. 10: Knightmares. DC Comics.
  174. ^ King, Tom. Batman Vol. 13: The City of Bane Part 2. DC Comics.
  175. ^ Tynion IV, James. Batman Vol. 2: The Joker War. DC Comics.
  176. ^ Tynion IV, James. Batman Vol. 3: Ghost Stories. DC Comics.
  177. ^ Tynion IV, James. Batman Vol. 4: The Cowardly Lot. DC Comics.
  178. ^ DC Bombshells #1
  179. ^ Dark Nights: Metal #1-2
  180. ^ Batman: The Red Death #1
  181. ^ a b c d Justice League vol. 3 #33
  182. ^ Batman: The Murder Machine #1
  183. ^ Batman: The Dawnbreaker #1, Dark Nights: Metal #2
  184. ^ Batman: The Drowned #1
  185. ^ Batman: The Merciless #1
  186. ^ a b Batman: The Devastator #1
  187. ^ The Flash vol. 5 #33
  188. ^ Pearson, Roberta E.; Uricchio, William. "Introduction." The Many Lives of the Batman: Critical Approaches to a Superhero and His Media. Routledge: London, 1991. ISBN 978-0-85170-276-6, p. 1.
  189. ^ Finkelstein, David; Macfarlane, Ross (March 15, 1999). "Batman's big birthday". The Guardian. London: Guardian News and Media Limited. Archived from the original on January 14, 2008. Retrieved June 19, 2007.
  190. ^ Daniels (1999), p. 50
  191. ^ a b Daniels (1999), p. 64
  192. ^ Olsen, Lance (November 1986). "Linguistic Pratfalls in Barthelme". South Atlantic Review. 51 (#4): 69–77. doi:10.2307/3199757. JSTOR 3199757.
  193. ^ "Only Fools and Horses: David Jason's warning to BBC over Batman and Robin scene leak". December 2, 2020.
  194. ^ Boichel, p. 14.
  195. ^ "The Greatest Comic Book Cartoons of All Time" Archived May 29, 2012, at the Wayback Machine. IGN. January 26, 2007. Retrieved May 31, 2011.
  196. ^ Serafino, Jason (January 13, 2012). "The 25 Best Animated Comic Book TV Shows Of All Time". Complex. Archived from the original on January 30, 2012. Retrieved February 10, 2012.
  197. ^ "Batman" (1992) – Awards. IMDB. Retrieved May 31, 2011.
  198. ^ "Batman / Superman Awards on Toon Zone". toonzone.net. Retrieved July 19, 2010.
  199. ^ "Top 25 Animated Movies of All-Time". IGN. June 25, 2010. Archived from the original on September 5, 2014. Retrieved October 10, 2012.
  200. ^ "Good News/Bad News Batman Fans". toonami.tumblr.com. September 22, 2014. Archived from the original on October 6, 2014. Retrieved September 22, 2014.
  201. ^ Boucher, Geoff (April 11, 2019). "'Game Of Thrones' Star Will Portray Bruce Wayne On 'Titans'". Deadline. Retrieved April 11, 2019.
  202. ^ Estorari, Daniel (December 14, 2018). "Alain Moussi to Be Batman on Titans" (in Spanish). Retrieved December 17, 2018 – via torredavigilancia.com.
  203. ^ Stauffer, Derek (December 20, 2018). "DC Universe's Titans TV Show Batman Actor Revealed". Screen Rant. Retrieved December 21, 2018.
  204. ^ Burlingame, Russ (August 4, 2019). "Kevin Conroy To Play Bruce Wayne in Crisis on Infinite Earths". comicbook.com. Retrieved August 10, 2019.
  205. ^ Damore, Meagan (May 17, 2020). "Batwoman Casts Alphas Star as Bruce Wayne". CBR.com. Retrieved May 18, 2020.
  206. ^ Hibberd, James (May 19, 2021). "Batman Animated Series from J.J. Abrams and Matt Reeves Coming to HBO Max". The Hollywood Reporter. Retrieved May 19, 2021.
  207. ^ "Batman (1989)". Box Office Mojo. Archived from the original on May 13, 2007. Retrieved May 27, 2007.
  208. ^ "Batman". Academy of Motion Picture Arts and Sciences. Retrieved October 4, 2008.[permanent dead link]
  209. ^ "Before 'Batman Begins': Secret History of the Movies That Almost Got Made". The Hollywood Reporter. June 14, 2015. Archived from the original on February 1, 2017. Retrieved January 16, 2017.
  210. ^ Schedeen, Jesse (February 16, 2021). "Batman '89 and Superman '78: Classic DC Movie Universes Return as Comics". IGN. Retrieved August 10, 2021.
  211. ^ "Michael Keaton Confirmed to Return as Batman in The Flash Movie". Entertainment Weekly. April 20, 2020. Retrieved October 18, 2021.
  212. ^ "Opening Weekends". Box Office Mojo. Archived from the original on July 23, 2008. Retrieved July 20, 2008.
  213. ^ "Fastest to $400 million". Box Office Mojo. Archived from the original on May 2, 2014. Retrieved August 6, 2008.
  214. ^ "All Time Domestic Box Office Results". Box Office Mojo. Archived from the original on December 5, 2008. Retrieved November 23, 2008.
  215. ^ "Academy Awards Database – Actor in a Supporting Role, 2008".[permanent dead link]
  216. ^ "Voice(s) of Batman". Archived from the original on December 25, 2016. Retrieved January 16, 2017.
  217. ^ Sneider, Jeff (June 26, 2012). "Super voices in play for WB's Lego movie". Variety. Archived from the original on June 29, 2012. Retrieved June 26, 2012.
  218. ^ Kit, Borys (October 10, 2014). "'Lego Batman' Spinoff Movie in the Works at Warner Bros". The Hollywood Reporter. Archived from the original on October 15, 2014. Retrieved October 11, 2014.
  219. ^ "Ben Affleck To Play Batman In Warner Bros' Batman-Superman Pic; Studio Sets July 17, 2015 Release Date". Deadline Hollywood. August 22, 2013. Archived from the original on November 1, 2013.
  220. ^ "2016 brings Batman, Superman and the 'Dawn' of a new superhero universe, 2016". USA Today. Archived from the original on January 10, 2016.
  221. ^ "Justice League Producers Explain Where The Movie Picks Up, 2016". Comicbook.com. 2016. Archived from the original on June 26, 2016.
  222. ^ "Ben Affleck keeps the title for his Batman movie (very) simple". USA Today. Archived from the original on October 4, 2016.
  223. ^ "Joe Manganiello Cast As Deathstroke In Ben Affleck's Batman Movie". Comicbook.com. Archived from the original on September 10, 2016.
  224. ^ "Batman standalone movie directed by Ben Affleck confirmed, 2018 release date likely". The Independent. April 13, 2016. Archived from the original on September 17, 2016.
  225. ^ "Ben Affleck Reminds Everyone 'The Batman' Doesn't Exist Until It Does, May Have A Different Title". /Film. October 7, 2016. Archived from the original on October 8, 2016.
  226. ^ Davis, Brandon (October 23, 2018). "'Joker': Dante Pereira-Olson Cast as Young Bruce Wayne". ComicBook.com. Retrieved October 23, 2018.
  227. ^ Couch, Aaron (October 23, 2018). "Joker' Finds Its Young Bruce Wayne and Alfred Pennyworth". The Hollywood Reporter. Retrieved October 23, 2018.
  228. ^ McNary, Dave (May 31, 2019). "Robert Pattinson Is Officially 'The Batman'". Variety. Retrieved February 14, 2020.
  229. ^ Martin, Deborah (June 19, 2019). "Crystal Bridges exhibit 'Men of Steel, Women of Wonder' lands in San Antonio". ExpressNews.com. Retrieved July 7, 2020.
  230. ^ "Men of Steel, Women of Wonder Debuts at San Antonio Museum of Art". San Antonio Magazine. June 20, 2019. Retrieved July 7, 2020.
  231. ^ Gural, Natasha. "Quickly To The Whitney, And Back Again To San Francisco, Chicago For Andy Warhol Beyond Superstardom". Forbes. Retrieved July 7, 2020.
  232. ^ Sante, Luc (May 3, 2020). "Andy Warhol, Superstar". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved July 7, 2020.
  233. ^ Cohen, Alina (October 1, 2018). "How Roy Lichtenstein Unwittingly Invented Pop Art". Artsy. Retrieved July 7, 2020.
  234. ^ Genzlinger, Neil (October 31, 2018). "Mel Ramos, Painter of Female Nudes and Comic Heroes, Dies at 83". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on January 1, 2022. Retrieved July 7, 2020.
  235. ^ Inc, M. Shanken Communications. "Pop Goes The Easel: Pop Art". Cigar Aficionado. Retrieved July 8, 2020.
  236. ^ Jesus, Carlos Suarez De (January 31, 2008). "Immigrants Are Superheroes". Miami New Times. Retrieved July 7, 2020.
  237. ^ a b "Mr. Brainwash will convert a Richard Meier-designed building into a Beverly Hills art museum". The Architect’s Newspaper. February 18, 2020. Retrieved July 7, 2020.
  238. ^ Storr, Robert (June 2, 2017). "Pettibon's World". The New York Review of Books. Retrieved July 7, 2020.
  239. ^ Schjeldahl, Peter (February 6, 2020). "The In-Your-Face Paintings of Peter Saul". The New Yorker. Retrieved July 7, 2020.
  240. ^ Batman: Arkham Asylum at Metacritic, accessed June 12, 2012 Archived August 17, 2010, at the Wayback Machine
  241. ^ Batman: Arkham City at Metacritic, accessed June 12, 2012 Archived December 11, 2010, at the Wayback Machine
  242. ^ May Cover Revealed: Batman: Arkham Origins Archived April 11, 2013, at the Wayback Machine
  243. ^ Ramsay, Randolph. (March 6, 2014). "In Batman: Arkham Knight, the Batmobile Is More Than Just a Car, it's a Tank" Archived June 6, 2014, at the Wayback Machine GameSpot. Retrieved June 7, 2015.
  244. ^ Webster, Andrew (September 24, 2016). "Telltale's Batman game continues to put its own stamp on the Dark Knight mythology". Archived from the original on December 21, 2016. Retrieved January 16, 2017.
  245. ^ Telltale. "Batman: The Enemy Within". telltale.com. Retrieved January 30, 2018.
  246. ^ Schick, Lawrence (1991). Heroic Worlds: A History and Guide to Role-Playing Games. Prometheus Books. p. 45. ISBN 0-87975-653-5.
  247. ^ Varney, Allen (January 1991). "Roleplaying Reviews". Dragon. TSR, Inc. (165): 69.
  248. ^ Pearson & Uricchio (1991), p. 58
  249. ^ Wertham, Fredric. Seduction of the Innocent. Rinehart and Company, Inc., 1954. pp. 189–90.
    For discussion of Wertham's impact see Brooker (2001).
  250. ^ Medhurst, Andy. "Batman, Deviance, and Camp." The Many Lives of the Batman: Critical Approaches to a Superhero and His Media. Routledge: London, 1991. ISBN 978-0-85170-276-6, p. 150.
  251. ^ Brooker, Will (2001) Batman Unmasked: Analyzing a Cultural Icon, Continuum. ISBN 978-1-62356-752-1, pp. 101 ff.
  252. ^ "Mark Chamberlain (American, 1967)". Artnet. Archived from the original on March 9, 2014.
  253. ^ "Gallery told to drop 'gay' Batman". BBC News Online. August 19, 2005. Archived from the original on November 4, 2013.
  254. ^ "Is Batman Gay?". Archived from the original on December 1, 2008. Retrieved December 28, 2005.
  255. ^ Sharrett, p. 38.
  256. ^ Playboy Grant Morrison interview, accessed May 2, 2012.
  257. ^ Langley, Travis. Batman and Psychology: A Dark and Stormy Knight. John Wiley & Sons; 1st edition, 2012, ISBN 1-118-16765-1
  258. ^ "A Dark and Stormy Knight: Why Batman?". Hollywood Reporter. Retrieved October 5, 2016.
  259. ^ "Holy Psychology, Batman!".
  260. ^ Rosenberg, Robin S. "Batman's Mental Health, Part 1".
  261. ^ Carlson, Dustin (January 24, 2019). "Psychology Of Batman: Fictional Superhero Gets Troubling Real-Life Evaluation".
  262. ^ Defife, Jared. "Batman Psychological Disorders".

Further reading

External links