バフォー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

BafourまたはBafurは、モーリタニア西サハラに住む人々のグループですそれらの起源は、最終的にはマンデ人にある可能性が高く、後にウォロフ族セレール族、フラニ族トゥアレグ族などのグループに吸収されます[1]一部の情報筋によると、これは「一部はベルベル人、一部はサブサハラ」であったサンハジャ以前の人々を含む緩い用語です。[2]そして他の人々は、ベルベル人が到着する前にその地域に住んでいたマンデの農業従事者として彼らを説明しています。[1]他の人々は、15世紀にこれらの領土を占領し、17世紀の終わりまでは、ウォロフ族ベルベル族、フラニ族などのさまざまなグループで構成されていたと述べています。

歴史

バフォーは新石器時代の定住者でした[3]彼らの口承によると、彼らは西サハラに住み、徐々に南に移動しました。チャールズ・ムワリムは彼らを「アフリカ系黒人の農業従事者...その後ベルベル人に取って代わられた」と説明しています。アンソニー・パッツァニータは、彼らを「新石器時代にこの地域に移住した牧歌的な、ベルベル人以前の人々」、ソニンケ族や他のマンデ族の祖先と呼んでいます。[1] [4]

20世紀の歴史家は、イスラム時代以前は西アフリカのこの領土に住んでいた可能性があると示唆しています。フランスの美術史家ジャン・ラウデは次のように書いています。「イスラム以前の時代(9世紀以前)、口頭伝承によれば、モーリタニアは、ソンガイ東部、ガンガラ中央部、西部のセレール族が派生している。」[5]

歴史家のジェームズLAウェッブはこう書いています。

「1450年頃または1500年頃から1600年頃までのより湿度の高い時期に、ギブラ中央部と北部の土地が再び定住するようになりました。今回は明らかにバフル族の村人によってです。バフル族の地名とバフル族に関する砂漠の伝統は生き残っています。 、しかし他にはほとんどありません。バフルの民族的アイデンティティは、17世紀後半以前の期間に明らかに変化し、ウォロフ族ベルベル族、フラニ族の民族的カテゴリーに吸収され[6]、したがって幾分神秘的なままです。」[7]

彼らは時々地元のベルベル人以前の人々の子孫と呼ばれます。[8] [9]

1600年から1850年までのウェッブの口頭伝承の研究によると、植民地時代以前には、西サハラとモーリタニアに北に達するシーネガンビアのコミュニティ間に確立された商業ルートがありました。その4世紀以上前、現在の西サハラのワダンでは、アラブ人がバフルとベルベルマスファと混ざり合っていました。Idaw al-Hajj(ハッサニアの「巡礼者の息子」)として知られるグループは、セネガル北西部の貿易地域に徐々に定住し、そこから彼らはアラビア語のガム貿易を支配し、ウォロフ地域からビダンへの穀物の輸送(白北アフリカ人)、そして彼らの軍事作戦のための馬のためのマグレブへのウォロフ族の奴隷貿易。貿易の人々の間で一般的であるように、時間の経過とともに、イドウ・アル・ハッジとウォロフの人々の間で結婚が起こり、北部の人々は、ウォロフを言語として使用することを含め、サハラ以南のアフリカのコミュニティに徐々に同化するようになりました。[2]

メモ

  1. ^ a b c Mwalimu、Charles、The Golden Book:Philosophy of Law for Africa Creation the National State、p 952
  2. ^ a b James LA Webb、「The Evolution of the Idaw al-Hajj Commercial Diaspora」Cahiersd'étudesafricaines、1995年、第35巻:第138-139号、455〜475頁、2013年11月4日アクセス
  3. ^ Pazzanita、Anthony G(2008)。モーリタニアの歴史辞典(第3改訂版)。かかしプレス。p。1.ISBN _ 978-0-8108-5596-0
  4. ^ Jensen、Erik(2005年2月20日)。西サハラ:膠着状態の解剖学リンリエンナー出版社。ISBN 9781588263056–Googleブックス経由。
  5. ^ Laude、Jean、 The Arts of Black Africa、カリフォルニア大学出版、1973年(翻訳者:Jean Decock)、p 50、 ISBN 0-520-02358-7 [1] 
  6. ^ フランス語 Peul ;_ フラニ Fulɓe
  7. ^ Webb、James LA(1994)。砂漠のフロンティア:西サヘルに沿った生態学的および経済的変化、1600年から1850年ウィスコンシン大学プレス。p。28. ISBN 978-0-299-14334-3
  8. ^ Pazzanita、Anthony G(2008)。モーリタニアの歴史辞典(第3改訂版)。かかしプレス。p。264. ISBN 978-0-8108-5596-0
  9. ^ Olson、James Stuart&Shadle、Robert、 Historical Dictionary of European Imperialism、Greenwood Publishing Group(1991)、p 399、 ISBN 0-313-26257-8 

さらに読む