雪崩

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
エベレスト近くのヒマラヤの泡雪崩
フランスのオートサボアにあるSaint-Gervais-Vallorcine鉄道雪崩によりサービスが中断された後、重機が稼働中(2006年)。

雪崩(雪崩とも呼ばれます)は、丘や山など斜面をが急速に流れることです。[1]

雪崩は、降水量の増加や積雪の弱体化などの要因によって、または人間、動物、地震などの外部手段によって、自然に発生する可能性があります。主に流れる雪と空気で構成されている大きな雪崩は、氷、岩、木を捕獲して移動させる機能を備えています。

雪崩は、2つの一般的な形態、またはそれらの組み合わせで発生します。[2] 下にある弱い雪層の崩壊によって引き起こされる、密集した雪でできたスラブ雪崩と、緩い雪でできた緩い雪崩です。雪崩は、雪崩が発生した後、通常は急速に加速し、雪をより多く取り込むにつれて質量と体積が増加します。雪崩が十分に速く動くと、雪の一部が空気と混ざり合い、泡雪崩を形成する可能性があります。

それらは類似点を共有しているように見えますが、雪崩は、雪泥流、泥岩石滑り、およびセラック崩壊とは異なります。それらはまた、氷の大規模な動きとも異なります。

雪崩は、積雪が続く山脈で発生する可能性があります。それらは冬または春に最も頻繁に発生しますが、一年中いつでも発生する可能性があります。山岳地帯では、雪崩は生命と財産に対する最も深刻な自然災害の1つであるため、雪崩の制御には多大な努力が払われています。

雪崩のさまざまな形態には多くの分類システムがあり、ユーザーのニーズに応じて異なります。雪崩は、そのサイズ、破壊的な可能性、開始メカニズム、構成、およびダイナミクスによって説明できます。

フォーメーション

ノースカスケード山脈のシュクサン山近くの雪崩(左端)とスラブ雪崩(中央付近)破壊の伝播は比較的制限されています。
2010年3月にベイカー山のヘリトオトロープリッジ近くのスノーボーダーによって引き起こされた深さ15cmの柔らかいスラブ雪崩。画像の上部中央に複数のクラウン破壊線が表示されています。降下中にスラブが崩壊した結果として生じる前景の破片の粒状特性に注意してください。

ほとんどの雪崩は、降雪および/または侵食による負荷の増加の下での嵐の間に自発的に発生します自然なだれの2番目に大きな原因は、日射による融解などの積雪の変成変化です。その他の自然の原因には、雨、地震、落石、氷瀑などがあります。雪崩の人為的な引き金には、スキーヤー、スノーモービル、制御爆破などがあります。一般に信じられていることとは異なり、雪崩は大きな音によって引き起こされることはありません。音からの圧力は、雪崩を引き起こすには小さすぎる桁です。[3]

雪崩の開始は、最初は少量の雪しか移動しない時点から開始できます。これは、湿った雪のなだれや乾燥した未固結の雪のなだれによく見られます。ただし、雪が焼結して弱い層の上にある硬いスラブになると、割れ目が非常に急速に伝播する可能性があるため、数千立方メートルにもなる大量の雪がほぼ同時に動き始める可能性があります。

負荷が強度を超えると、スノーパックは失敗します。負荷は簡単です。雪の重さです。ただし、積雪の強度を決定することははるかに困難であり、非常に不均一です。雪粒の特性、サイズ、密度、形態、温度、水分量によって詳細が異なります。と粒子間の結合のプロパティ。[4]これらの特性はすべて、局所的な湿度、水蒸気フラックス、温度、および熱フラックスに応じて時間とともに変化する可能性があります。積雪の上部も、入射する放射と局所的な空気の流れの影響を大きく受けます。雪崩研究の目的の1つは、季節的な積雪の時間の経過に伴う進化を説明できるコンピューターモデルを開発および検証することです。[5]複雑な要因は、地形と天候の複雑な相互作用であり、これにより、深さ、結晶形、および季節的な積雪の層状化の空間的および時間的変動が大きくなります。

スラブ雪崩

スラブ雪崩は、風によって堆積または再堆積した雪の中で頻繁に形成されます。それらは、割れ目によって周囲から切り取られた雪のブロック(スラブ)の特徴的な外観を持っています。スラブ雪崩の要素には、次のものが含まれます。開始ゾーンの上部でのクラウンの破損、開始ゾーンの側面での側面の破損、およびスタウチウォールと呼ばれる下部での破損。クラウンとフランクの割れ目は雪の垂直壁であり、斜面に残った雪から雪崩に巻き込まれた雪の輪郭を描いています。スラブの厚さは、数センチから3メートルまでさまざまです。スラブ雪崩は、バックカントリーユーザーの雪崩関連の死亡者の約90%を占めています。

泡雪崩

最大の雪崩は、泡雪崩または混合雪崩として知られる乱流の浮遊流を形成します[6] 。一種の重力流です。これらは、密な雪崩を覆う粉末雲で構成されています。それらは、あらゆる種類の雪または開始メカニズムから形成される可能性がありますが、通常、新鮮な乾燥粉末で発生します。それらは300km / h(190 mph)の速度、および10,000,000トンの質量を超える可能性があります。それらの流れは、平らな谷底に沿って長距離を移動する可能性があり、短距離では上り坂にさえ移動する可能性があります。

湿った雪崩

シンプロン峠の雪崩(2019)

粉末雪崩とは対照的に、湿雪雪崩は雪と水の低速懸濁液であり、流れは路面に限定されます(McClung、初版1999、108ページ)。[4]移動速度が遅いのは、トラックの滑り面と水で飽和した流れとの間の摩擦によるものです。移動速度が遅い(〜10–40 km / h)にもかかわらず、湿った雪崩は、質量と密度が大きいため、強力な破壊力を発生させることができます。湿った雪崩の流れの本体は、柔らかい雪を耕すことができ、岩、土、木、および他の植生を洗うことができます。雪崩トラックに露出し、しばしば得点された地面を残します。湿った雪崩は、緩い雪の放出またはスラブの放出のいずれかから開始でき、水が飽和し、水の融点に等温的に平衡化された積雪でのみ発生します。湿った雪崩の等温特性は、文献に見られる等温スライドの二次用語につながっています(たとえば、Daffern、1999年、93ページ)。[7]温帯の緯度では、湿った雪崩は、日中の著しい温暖化が見られる冬季の終わりに、気候雪崩サイクルと関連することがよくあります。

氷雪崩

氷雪崩は、セラックや分娩氷河などの大きな氷が氷(クンブ氷河など)に落下し、壊れた氷塊の動きを引き起こすときに発生します。結果として生じる動きは、雪崩よりも落石や地滑りに似ています。[4]通常、それらを予測することは非常に困難であり、軽減することはほとんど不可能です。

雪崩経路

雪崩が斜面を下って移動するとき、それは斜面の急勾配の程度と大量の動きに関係する雪/氷の量に依存する特定の経路をたどります。雪崩の起点は開始点と呼ばれ、通常は30〜45度の傾斜で発生します。経路の本体は雪崩の軌跡と呼ばれ、通常は20〜30度の傾斜で発生します。雪崩が勢いを失い、最終的に停止すると、ランアウトゾーンに到達します。これは通常、傾斜が20度未満の急勾配に達したときに発生します。[8]これらの程度は、各雪崩が積雪の安定性に応じて固有であるという事実のために、一貫して真実ではありません。それは、大衆運動を引き起こした環境または人間の影響と同様に派生したこと。

雪崩による死

雪崩に巻き込まれた人は、窒息、外傷、または低体温症で死亡する可能性があります。米国では、毎年冬に平均して28人が雪崩で亡くなっています。[9]世界的に、毎年平均150人以上が雪崩で亡くなっています。記録された最も致命的な雪崩のうちの3つは、それぞれ1000人以上を殺しました。

地形、積雪、天気

雪崩が発生しやすい急な地形では、一般的に、尾根を移動する方が斜面を移動するよりも安全です。
雪庇降りそうです。エリア(1)に雪の割れ目が見られます。この写真が撮られた直後にエリア(3)が落ち、エリア(2)が新しいエッジとして残りました。

DougFeslerとJillFredstonは、雪崩の3つの主要な要素である地形、天気、積雪の概念モデルを開発しました。地形は雪崩が発生する場所を表し、天気は雪崩を引き起こす気象条件を表し、雪崩は雪崩の形成を可能にする雪の構造的特徴を表します。[4] [10]

地形

雪崩の形成には、雪が積もるのに十分浅いが、(積雪の)機械的故障と重力の組み合わせによって動き始めたら雪が加速するのに十分な急な斜面が必要です。安息角と呼ばれる雪を保持できる斜面の角度は、結晶形や含水率などのさまざまな要因に依存します。乾燥した冷たい雪のいくつかの形態は、より浅い斜面にのみ付着しますが、湿った暖かい雪は非常に急な表面に結合する可能性があります。特に、パタゴニアのコーディレラデルペイン地域などの沿岸の山々では、深い雪のパックは、垂直の、さらには張り出した岩の表面に集まります。移動する雪を加速させることができる傾斜角は、雪のせん断強度(それ自体が結晶形に依存します)や層の構成、層間の界面など、さまざまな要因によって異なります。

日当たりの良い斜面の積雪は、日光の影響を強く受けます。解凍と再凍結の日変化は、沈下を促進することによって積雪を安定させることができます。強い凍結融解サイクルは、夜間に表面クラストを形成し、日中に不安定な表面雪を形成します。尾根または別の風の障害物の風下の斜面は、より多くの雪を蓄積し、深い雪のポケット、風のスラブ、およびコーニスを含む可能性が高く、これらすべてが乱されると、雪崩が形成される可能性があります。逆に、風上斜面の積雪は、風下斜面よりもはるかに浅いことがよくあります。

ワシントン州のグレイシャーピークウィルダネスある800メートル(2,600フィート)の垂直落下を伴う雪崩経路高山地形の雪崩経路は、植生が限られているため、明確に定義されていない可能性があります。樹木限界線の下では、雪崩の経路は、過去の雪崩によって作成された植物のトリムラインによって描かれることがよくあります。開始ゾーンは画像の上部近くに表示され、トラックは画像​​の中央にあり、植物のトリムラインで明確に示され、振れゾーンは画像の下部に表示されます。考えられるタイムラインの1つは、次のとおりです。尾根近くの開始ゾーンで雪崩が形成され、その後、振れゾーンで停止するまでトラックを下降します。

雪崩と雪崩経路は共通の要素を共有しています。雪崩が発生する開始ゾーン、雪崩が流れるトラック、雪崩が停止するランアウトゾーンです。がれきの堆積物は、雪崩ゾーンで静止した後の雪崩雪の蓄積質量です。左の画像では、毎年多くの小さな雪崩がこの雪崩経路に形成されていますが、これらの雪崩のほとんどは、経路の垂直方向または水平方向の全長を走っていません。特定の領域で雪崩が発生する頻度は、確率年として知られています

雪崩の開始ゾーンは、雪が動いたら加速できるように十分に急勾配である必要があります。さらに、雪の層の引張強度と圧縮強度の差のため、凸状の斜面は凹状の斜面よりも安定していません。積雪の下の地表面の組成と構造は、積雪の安定性に影響を与え、強さまたは弱さの原因になります。雪崩が非常に厚い森林で形成される可能性は低いですが、巨礫とまばらに分布した植生は、強い温度勾配の形成を通じて、積雪の奥深くに弱い領域を作成する可能性があります。完全な深さの雪崩(雪崩が事実上きれいな斜面を掃く雪崩)は、草や岩盤などの滑らかな地面のある斜面でより一般的です。

一般的に言えば、雪崩は下り坂の排水路をたどり、夏季の流域と排水路の特徴を共有することがよくあります。樹木限界線以下では、排水路を通る雪崩経路は、トリムラインと呼ばれる植生境界によって明確に定義されます。これは、雪崩によって樹木が除去され、大きな植生の再成長が妨げられた場合に発生します。キッキングホース峠のスティーブン山にある雪崩ダムなどの設計された排水路は、雪崩の流れを変えることによって人と財産を保護するために建設されました。雪崩からの深いがれきの堆積物は、ガリーや川床など、ランアウトの終点の集水域に集まります。

25度より平坦または60度より急な斜面では、通常、雪崩の発生率が低くなります。人間が引き起こした雪崩は、雪の安息角が35〜45のときに最も発生しやすくなります。人間が引き起こした雪崩が最も頻繁に発生する臨界角は38度です。ただし、人間が誘発するなだれの発生率を娯楽目的の使用率で正規化すると、危険は傾斜角とともに均一に増加し、特定の暴露方向での危険に有意差は見られません。[11] 経験則は次のとおりです。雪を保持するのに十分平坦であるが、スキーをするのに十分急な斜面は、角度に関係なく、雪崩を発生させる可能性があります。

スノーパックの構造と特徴

表面の霜が後の降雪によって埋められた後、埋められた霜の層は、上層が滑ることができる弱い層になる可能性があります。

スノーパックは、冬に蓄積する地面に平行な層で構成されています。各層には、雪が形成されて堆積した明確な気象条件を表す氷の粒子が含まれています。一旦堆積すると、積雪後の気象条件の影響下で雪層が進化し続けます。

雪崩が発生するためには、積雪がまとまりのある雪のスラブの下に弱い層(または不安定性)を持っている必要があります。実際には、積雪の不安定性に関連する正式な機械的および構造的要因は、実験室の外では直接観察できません。したがって、雪層のより簡単に観察できる特性(たとえば、浸透抵抗、粒子サイズ、粒子タイプ、温度)は、雪の機械的特性(引張強度摩擦係数、せん断強度延性強度など))。これにより、雪の構造に基づいて積雪の安定性を決定する際の2つの主な不確実性の原因が生じます。空間と時間のさまざまなスケールにわたるレイヤー。第二に、容易に観察できるスノーパックの特性とスノーパックの重要な機械的特性との関係は完全には発達していません。

積雪特性と積雪安定性の間の決定論的関係は、現在も進行中の科学的研究の問題ですが、雪崩の可能性に影響を与える雪の組成と堆積特性についての経験的理解が高まっています。観察と経験から、新しく降った雪は、特に非常に寒くて乾燥した状態で降った場合、その下の雪層と結合するのに時間がかかることがわかっています。周囲の気温が十分に低い場合、岩、植物、および斜面の他の不連続部の上または周囲の浅い雪は、臨界温度勾配の存在下で発生する急速な結晶成長から弱まります。大きくて角張った雪の結晶は弱い雪の指標です。なぜなら、そのような結晶は小さいよりも単位体積あたりの結合が少ないからです。しっかりと詰まった丸みを帯びた結晶。固結した雪は、緩い粉末層や湿った等温雪よりも脱落する可能性が低くなります。ただし、固結雪は発生に必要な条件ですスラブなだれ、およびスノーパック内の持続的な不安定性は、十分に統合された表面層の下に隠れることがあります。雪の安定性に影響を与える要因の経験的理解に関連する不確実性により、ほとんどのプロの雪崩労働者は、現在の雪崩の不安定性と比較して雪崩地形の保守的な使用を推奨しています。

天気

スノーピットを掘った後、不安定な層のスノーパックを評価することができます。この写真では、弱い層からの雪が手で簡単に削り取られ、ピットの壁に水平線が残っています。

雪崩は、立っている積雪でのみ発生します。通常、高緯度、高地、またはその両方の冬季は、降水量の多い雪が季節の積雪に蓄積するのに十分なほど不安定で寒い天候になります。大陸性は、積雪が経験する極端な気象への影響を強化することにより、不安定性の進化における重要な要因であり、結果として雪崩が発生すると、暴風雨サイクル後の積雪の安定化が速くなります。[12]積雪の進化は、積雪への雪の蓄積を可能にする狭い範囲の気象条件内の小さな変動に非常に敏感です。積雪の進化を制御する重要な要因には、次のようなものがあります。放射冷却、立っている雪の垂直方向の温度勾配、降雪量、および雪の種類。一般的に、穏やかな冬の天候は、積雪の定着と安定化を促進します。逆に、非常に寒い、風が強い、または暑い天気は、積雪を弱めます。

水の凝固点に近い温度で、または適度な日射の時間帯に、穏やかな凍結融解サイクルが発生します。雪の中の水の融解と再凍結は、凍結段階で積雪を強化し、解凍段階で積雪を弱めます。水の凝固点を大幅に超える温度までの急激な上昇は、一年中いつでも雪崩を引き起こす可能性があります。

持続的な低温は、新しい雪が安定するのを妨げるか、既存の積雪を不安定にする可能性があります。積雪の基部の地温は通常約0°Cであり、周囲の気温ははるかに低くなる可能性があるため、雪面の冷気温度は雪の温度勾配を生み出します。雪の垂直メートルあたり10°Cを超える温度勾配が1日以上続くと、深さの咆哮と呼ばれる角のある結晶が発生します。または、温度勾配に沿った急速な水分輸送のために、積雪内にファセットが形成され始めます。これらの角のある結晶は、互いに結合しにくく、周囲の雪との結合が不十分であるため、積雪の中で永続的な弱点になることがよくあります。永続的な弱点の上にあるスラブに、スラブと永続的な弱層の強度よりも大きな力がかかると、永続的な弱層が破損して雪崩が発生する可能性があります。

そよ風より強い風は、風下の保護された斜面に雪が急速に蓄積する原因となる可能性があります。風スラブはすぐに形成され、存在する場合、スラブの下の弱い雪は新しい荷重に適応する時間がない場合があります。晴れた日でも、風はある場所から別の場所に雪を吹き付けることで、斜面に雪をすばやく積むことができます。トップローディングは、風が斜面の頂上から雪を堆積させるときに発生します。クロスローディングは、風が斜面に平行に雪を堆積させるときに発生します。山の頂上、風下、または風下に風が吹くと、山の側面は、その風下斜面の頂上から底まで、トップローディングを経験します。山につながる尾根を風が吹くと、尾根の風下側にクロスローディングがかかります。クロスロードされた風スラブは通常、視覚的に識別するのが困難です。

吹雪と暴風雨は雪崩の危険の重要な原因です。大雪は、重量が増えることと、新しい雪が下にある雪の層に結合するのに十分な時間がないことの両方のために、既存の積雪を不安定にする原因になります。雨も同様の効果があります。短期的には、大雪のように、雨は積雪に追加の負荷をかけるため、不安定さを引き起こします。そして、雨水が雪の中を浸透すると、それは潤滑剤として機能し、積雪を一緒に保持する雪の層間の自然な摩擦を減らします。ほとんどの雪崩は、嵐の最中または直後に発生します。

日中の日光への曝露は、日光が雪を溶かすのに十分な強さである場合、スノーパックの上層を急速に不安定にし、それによってその硬度を低下させます。晴れた夜の間に、周囲の気温が氷点下に下がると、長波放射冷却のプロセスを通じて、またはその両方で、スノーパックが再凍結する可能性があります。放射熱損失は、夜間の空気が積雪よりも大幅に冷たくなり、雪に蓄えられた熱が大気に再放射されるときに発生します。

ダイナミクス

スラブ雪崩が形成されると、雪が下り坂を進むにつれて、スラブはますます小さな破片に崩壊します。破片が十分に小さくなると、跳動層と呼ばれる雪崩の外層が流体の特性を帯びます。十分に細かい粒子が存在する場合、それらは空中浮遊する可能性があり、十分な量の空中浮遊雪が与えられると、雪崩のこの部分は雪崩の大部分から分離され、泡雪崩としてより長い距離を移動する可能性があります。[13] 1999年のガルテュア雪崩災害後のレーダーを使用した科学的研究により、跳動層が雪崩の表面と空中のコンポーネントの間に形成され、雪崩の大部分から分離することもできます。[14]

雪崩を運転することは、斜面に平行な雪崩の重量の構成要素です。雪崩が進行すると、その経路にある不安定な雪が組み込まれる傾向があるため、全体の重量が増加します。この力は、斜面の急勾配が大きくなると増加し、斜面が平坦になると減少します。これに抵抗するのは、互いに相互作用すると考えられているいくつかのコンポーネントです。雪崩とその下の表面との間の摩擦。流体内の空気と雪の間の摩擦; 雪崩の前縁での流体力学的抗力。雪崩とそれが通過する空気との間のせん断抵抗、および雪崩自体内の断片間のせん断抵抗。雪崩は、抵抗が前進力を超えるまで加速し続けます。[15]

モデリング

雪崩の振る舞いをモデル化する試みは、20世紀初頭にさかのぼります。特に、シャモニーでの1924年の冬季オリンピック備えたラゴタラ教授の仕事です[16]彼の方法は、A。Voellmyによって開発され、1955年に彼のUeber die Zerstoerungskraft von Lawinen(On the Destructive Force of Avalanches)が出版された後に普及しました。[17]

Voellmyは単純な実験式を使用し、雪崩を、その流れの速度の2乗に比例する抗力で動く雪の滑りブロックとして扱いました。[18]

その後、彼と他の人々は、他の要因を考慮に入れた他の公式を導き出しました。Voellmy-Salm-GublerモデルとPerla-Cheng-McClungモデルは、流れる雪崩をモデル化するための単純なツールとして最も広く使用されるようになりました。[16]

1990年代以降、より洗練されたモデルが数多く開発されてきました。ヨーロッパでは、最近の作業の多くは、現在サービス修復で使用されている最先端のMN2Lモデルを作成した欧州委員会[19]の支援を受けたSATSIE(ヨーロッパでの雪崩研究とモデル検証)研究プロジェクトの一環として実施されました。フランスのdesTerrains en Montagne(Mountain Rescue Service)、および2007年現在も検証中のD2FRAM(Dynamical Two-Flow-Regime Avalanche Model)。[20]その他の既知のモデルはSAMOS-AT雪崩シミュレーションソフトウェアです[21 ]およびRAMMSソフトウェア。[22]

人間の関与

米国森林局の雪崩危険勧告。
アルバータ州バンフ近郊の雪崩の警告サイン

予防

スキーリゾート、山間の町、道路、鉄道など、雪崩が人々に重大な脅威をもたらす地域では、予防策が講じられています。雪崩を防ぎ、その力を弱め、雪崩の可能性とサイズを減らすための予防策を開発する方法はいくつかありますが、受動的な対策は、その場で雪崩を強化して安定させます。最も単純な積極的な対策は、雪が積もるにつれて積雪の上を繰り返し移動することです。これは、ブーツパッキング、スキーカット、または機械の手入れを行うことによって行うことができます。爆発物雪崩を防ぐために広く使用されており、積雪の不安定性を解消する小さな雪崩を引き起こし、大きな雪崩を引き起こす可能性のある表土を取り除きます。爆発物は、手で投げられた爆弾、ヘリコプターで投下された爆弾、Gazexの脳震盪線、大砲や大砲によって発射される弾道発射体など、さまざまな方法で発射されます。防雪柵や防雪壁などの受動的予防システムを使用して、雪の配置を指示できます。柵の周り、特に卓越風に面する側に雪が積もります柵の風下では、積雪が少なくなります。これは、堆積したはずの柵で雪が失われたことと、柵で雪がなくなった風によってすでにそこにある雪が拾われたことによって引き起こされます。樹木の密度が十分にある場合、雪崩の強度を大幅に低下させる可能性があります。彼らは雪を所定の位置に保持し、雪崩があるとき、木に対する雪の衝撃はそれを遅くします。雪崩の強さを減らすために、木を植えるか、スキーリゾートの建物のように保存することができます。

次に、社会環境の変化は、有害な雪崩の発生に影響を与える可能性があります。中緯度の山々における土地利用/土地被覆パターンの変化と雪雪崩被害の進展を関連付けるいくつかの研究は、植生被覆が果たす役割の重要性を示しています。それは、保護林が森林伐採されたときの被害の増加の根源であり(人口動態の成長、乱獲、産業的または法的原因による)、そして伝統的な土地管理の変革による被害の減少の根底にあります土地の限界化と再植林に基づくシステムへの乱獲に基づくシステム。これは主に20世紀半ば以降、先進国の山岳環境で起こったことです[23]。

緩和策

多くの地域では、定期的な雪崩の軌跡を特定し、これらの地域での開発の防止など、被害を最小限に抑えるための予防措置を講じることができます。雪崩の影響を軽減するために、人工バリアの建設は雪崩による被害を減らすのに非常に効果的です。いくつかのタイプがあります:1つの種類のバリア(スノーネット)は、基礎に加えて支線で固定されたポールの間に張られたネットを使用します。これらの障壁は、岩盤滑りに使用されるものと似ています。別のタイプのバリアは、堅い柵のような構造(防雪柵)であり、、またはプレストレストコンクリートで構成されている場合がありますそれらは通常、梁の間に隙間があり、下り坂側に補強梁があり、斜面に垂直に構築されています。特に多くの列を構築する必要がある場合、堅い障壁は見苦しいと見なされることがよくあります。それらはまた高価であり、暖かい季節に落下する岩からの損傷に対して脆弱です。工業的に製造されたバリアに加えて、雪崩ダムと呼ばれる造園されたバリアは、その重量と強度で雪崩を停止または偏向させます。これらの障壁は、コンクリート、岩、または土でできています。それらは通常、保護しようとしている構造物、道路、または鉄道の真上に配置されますが、雪崩を他の障壁に導くためにも使用できます。時折、土墳それを遅くするために雪崩の経路に配置されます。最後に、輸送回廊に沿って、雪崩から交通を保護するために、雪崩と呼ばれる大きな避難所を雪崩のスライドパスに直接構築することができます。

早期警報システム

警告システムは、氷河からの氷瀑によって引き起こされる氷雪崩など、ゆっくりと発達する雪崩を検出できます。干渉レーダー、高解像度カメラ、またはモーションセンサーは、数日から数年続く不安定な領域を長期間監視できます。専門家は記録されたデータを解釈し、適切な対策を開始するために今後の破裂を認識することができます。このようなシステム(スイスのヴァイスミース氷河の監視[24]など)は、数日前にイベントを認識することができます。

警報システム

ツェルマットの雪崩監視用レーダーステーション[25]

最新のレーダー技術により、昼夜を問わず、あらゆる気象条件で広範囲の監視と雪崩の位置特定が可能になります。複雑な警報システムは、危険なエリアを閉鎖(道路や鉄道など)または避難(建設現場など)するために、短時間で雪崩を検出することができます。このようなシステムの例は、スイスのツェルマットの唯一のアクセス道路に設置されています。[25] 2台のレーダーが道路上の山の傾斜を監視します。システムは、人に危害を加えないように、数秒以内にいくつかのバリアと信号機をアクティブにすることにより、道路を自動的に閉鎖します。

生存、救助、および回復

雪崩事故は大きく2つのカテゴリーに分けられます。レクリエーション環境での事故と、住宅、産業、および輸送環境での事故です。この区別は、2つの設定で雪崩事故の原因の観察された違いによって動機付けられています。レクリエーションの場では、ほとんどの事故は雪崩に巻き込まれた人々によって引き起こされます。1996年の研究では、Jamieson etal。(7〜20ページ)[26]は、レクリエーション環境でのすべての雪崩の83%が事故に関与した人々によって引き起こされたことを発見しました対照的に、住宅、産業、および輸送の設定でのすべての事故は、自然発生的な雪崩によるものでした。雪崩事故の原因の違いと、2つの設定で行われる活動のために、雪崩と災害管理の専門家は、それぞれの設定に対して2つの関連する準備、救助、および復旧戦略を開発しました。

注目すべき雪崩

1910年3月にカスケード山脈とセルカーク山脈で2つの雪崩が発生しました。3月1日、ウェリントンの雪崩により、米国ワシントン州で96人が死亡しました。3日後、カナダ のブリティッシュコロンビア州ロジャーズ峠で雪崩が発生し、62人の鉄道労働者が死亡しました。

一次世界大戦中、オーストリア・イタリア戦線のアルプスの山岳作戦中の雪崩の結果、推定40,000〜80,000人の兵士が死亡しましたが、その多くは砲撃によるものでした。[27] [28] 1916年12月、両側から約10,000人の男性が雪崩で命を落とした。[29]

1950年から1951年の北半球の冬には、オーストリア、フランス、スイス、イタリア、ドイツのアルプス全体で3か月間に約649件の雪崩が記録されました。この一連の雪崩により約265人が死亡し、「恐怖の冬」と呼ばれました。

現在キルギスタンにあるレーニンピークの登山キャンプは、地震がキャンプを襲った大きな雪崩を引き起こした1990年に一掃されました。[30] 43人の登山者が殺された。[31]

1993年、トルコバイブルト州のバイブルトで、バイブルトのÜzengili雪崩により60人が死亡しました

フランスのモントロックにある大きな雪崩は、1999年に30万立方メートルの雪が30度の斜面を滑り、時速100 km(62マイル)の速度を達成しました。深さ5メートル(16フィート)の10万トンの雪の下でシャレーで12人が死亡した。シャモニー市長は、その地域を避難させなかったとして二度目の殺人で有罪判決を受けたが、執行猶予付きの判決を受けた。[32]

オーストリアの小さな村ガルチュールは、1999年にガルチュール雪崩に見舞われました。村は安全地帯にあると考えられていましたが、雪崩は非常に大きく、村に流れ込みました。31人が亡くなりました。

2000年12月1日、米国ワイオミング州のティトン山脈内にあるグローリー山にグローリーボウル雪崩が形成されました。ジョエルルーフは、このバックカントリーのボウル型のランでレクリエーション的にスノーボードをし、雪崩を引き起こしました。彼は山のふもとまで約2,000フィート運ばれ、救助に成功しませんでした。[33]

分類

ヨーロッパの雪崩リスク

ヨーロッパでは、雪崩リスクは次のスケールで広く評価されています。これは、以前の非標準の国家スキームに代わるものとして1993年4月に採用されました。説明は、統一性を高めるために2003年5月に最後に更新されました。[34]

フランスでは、ほとんどの雪崩による死亡はリスクレベル3および4で発生します。スイスでは、ほとんどがレベル2および3で発生します。これは、リスクを評価する際の解釈の全国的な違いが原因である可能性があります。[35]

リスクレベル 雪の安定性 アイコン 雪崩リスク
1 –低 雪は一般的に非常に安定しています。 雪崩低危険レベル.svg いくつかの極端な急な斜面に重い負荷がかかる場合を除いて、雪崩は起こりそうにありません。自発的な雪崩はマイナーな脱落になります。一般的に、安全な状態。
2 –中程度 一部の急な斜面では、雪は適度に安定しています。他の場所では非常に安定しています。 雪崩中程度の危険レベル.svg 雪崩は、特にいくつかの一般的に識別される急な斜面で、重い負荷がかかるとトリガーされる可能性があります。大きな自発的な雪崩は予想されていません。
3 –かなり 多くの急な斜面では、雪は中程度または弱く安定しているだけです。 雪崩かなりの危険レベル.svg 雪崩は、軽い負荷しかかけられていない場合でも、多くの斜面で発生する可能性があります。一部の斜面では、中​​程度またはかなり大きな自発的な雪崩が発生する可能性があります。
4 –高 ほとんどの急な斜面では、雪はあまり安定していません。 雪崩の危険レベルが高いまたは非常に高い.svg 雪崩は、軽い負荷しかかけられていなくても、多くの斜面で引き起こされる可能性があります。いくつかの場所では、多くの中規模または時には大規模な自発的な雪崩が発生する可能性があります。
5 –非常に高い 雪は一般的に不安定です。 雪崩の危険レベルが高いまたは非常に高い.svg なだらかな斜面でも、大きな自然雪崩が多く発生する可能性があります。

[1]安定性:

  • 一般的に、雪崩速報でより詳細に説明されています(高度、アスペクト、地形のタイプなどに関して)

[2]追加の負荷:

  • 重い:2人以上のスキーヤーまたはボーダーの間に間隔がない、1人のハイカーまたはクライマー、グルーミングマシン、雪崩ブラスト
  • ライト:1人のスキーヤーまたはスノーボーダーが曲がり角をスムーズにつなぎ、落下することなく、各人の間に最低10 mのギャップがあるスキーヤーまたはスノーボーダーのグループ、1人のスノーシュー

勾配:

  • なだらかな斜面:約30°以下の傾斜
  • 急な斜面:30°以上の傾斜
  • 非常に急な斜面:35°を超える傾斜
  • 非常に急な斜面:傾斜(40°以上)、地形プロファイル、尾根の近接性、下にある地面の滑らかさの点で極端

ヨーロッパの雪崩サイズ表

雪崩サイズ:[要出典]

サイズ なくなる 潜在的な損傷 物理的サイズ
1 –スラフ 転倒の恐れはありますが、人を埋めることができない小さな雪の滑り台。 可能性は低いですが、人が負傷または死亡するリスクがあります。 長さ<50m
体積<100m 3
2 –小さい 坂内で止まります。 人を埋めたり、けがをしたり、殺したりする可能性があります。 長さ<100m
体積<1,000m 3
3 –中 斜面の底まで走ります。 車を埋めて破壊したり、トラックに損傷を与えたり、小さな建物を破壊したり、木を壊したりする可能性があります。 長さ<1,000m
体積<10,000m 3
4 –大 少なくとも50mの長さの平坦な領域(30°未満)を走ると、谷の底に達する可能性があります。 大型トラックや電車、大きな建物、森林地帯を埋めて破壊する可能性があります。 長さ> 1,000m
体積> 10,000 m 3

北米の雪崩危険度

米国とカナダでは、次の雪崩危険度が使用されています。記述子は国によって異なります。

雪崩の問題

雪崩の問題には9つの異なるタイプがあります:[36] [37]

  • ストームスラブ
  • 風スラブ
  • ウェットスラブ雪崩
  • 永続的なスラブ
  • 深く永続的なスラブ
  • 緩い乾いた雪崩
  • ゆるい濡れた雪崩
  • グライド雪崩
  • 雪庇の秋

雪崩サイズのカナダ分類

雪崩のサイズに関するカナダの分類は、雪崩の結果に基づいています。ハーフサイズが一般的に使用されます。[38]

サイズ 破壊的な可能性
1 人々に比較的無害です。
2 人を埋めたり、けがをしたり、殺したりする可能性があります。
3 車を埋めて破壊したり、トラックに損傷を与えたり、小さな建物を破壊したり、数本の木を壊したりする可能性があります。
4 鉄道車両、大型トラック、いくつかの建物、または最大4ヘクタールの森林地帯を破壊する可能性があります。
5 知られている最大の雪崩。40ヘクタールの村や森を破壊する可能性があります。

雪崩サイズの米国分類

雪崩のサイズは、2つのスケールを使用して分類されます。破壊力またはDスケールに関連するサイズ、および雪崩経路またはRスケールに関連するサイズ。[39] [40]両方のサイズスケールは1から5の範囲で、Dサイズスケールのハーフサイズを使用できます。[39] [40]

パスに対する相対的なサイズ
R1〜パスに比べて非常に小さい。
R2〜小さい、パスに対して
R3〜Medium、パスに対して相対的
R4〜Large、パスに対して
R5〜パスを基準にしたメジャーまたは最大
サイズ–破壊力
コード 質量 長さ
D1 人に比較的無害 <10トン 10メートル
D2 人を埋葬、負傷、または殺害する可能性があります 10 2 t 100メートル
D3 車を埋めて破壊したり、トラックに損傷を与えたり、木造家屋を破壊したり、数本の木を壊したりする可能性があります 10 3 t 1000メートル
D4 鉄道車両、大型トラック、いくつかの建物、またはかなりの量の森林を破壊する可能性があります 10 4 t 2000メートル
D5 風景を掘ることができます。既知の最大の雪崩 10 5 t 3000メートル

Rutschblockテスト

スラブ雪崩ハザード分析は、Rutschblockテストを使用して実行できます。幅2mの雪の塊が斜面の残りの部分から隔離され、徐々に積もります。結果は、7段階のスケールでの斜面安定性の評価です。[41] (Rutschはドイツ語でスライドを意味します)。

雪崩と気候変動

気候変動によって引き起こされる気温の上昇と降水パターンの変化は、山岳地帯によって異なる可能性があります。[42] しかし、全体として、季節的な雪線の上昇と積雪日数の減少が予測されています。[42] [43]これらの変化が雪崩に与える影響は、標高によって異なります。より低い標高では、雪の減少に対応する雪崩の数の長期的な減少、および湿った雪崩の数の短期的な増加が予測されます。[42] [44] [45] [46] 季節的な雪線については、より高い標高が続くと予測されており、冬季に降水量が増加する地域では、雪崩活動が増加する可能性があります。[45] [47]予測はまた、雪のイベントでの雨の数の増加[43]と、今世紀の残りの春の早い時期に発生する湿った雪崩サイクルを示しています。[48]

火星の雪崩

火星雪崩
2011年11月27日
2019年5月29日

も参照してください

関連フロー

雪崩災害

参考文献

参考文献

  • マクラング、デビッド。非臨界の断続平衡説としての雪崩:地球科学における非線形ダイナミクスの第24章、AATsonsisおよびJBElsner(編)、Springer、2007年
  • Daffern、Tony:スキーヤー、登山者、スノーボーダーのための雪崩の安全性、Rocky Mountain Books、1999年、ISBN  0-921102-72-0
  • ビルマン、ジョン:雪崩を生き残るためのマイクエルグレンスキーマガジン2007年2月:26。
  • McClung、David and Shaerer、Peter:The Avalanche Handbook、The Mountaineers: 2006。978-0-89886-809-8
  • トレンパー、ブルース:雪崩の地形で生き続ける、登山家:2001年。ISBN0-89886-834-3 
  • Munter、Werner:Drei mal drei(3x3)Lawinen。Risikomanagement im WintersportBergverlag Rother、2002年。ISBN3-7633-2060-1 (ドイツ語) ( PowderGuideに含まれる部分的な英語の翻訳:雪崩リスクの管理ISBN 0-9724827-3-3   
  • Michael Falser:Historische Lawinenschutzlandschaften:eineAufgabefürdieKulturlandschafts-und Denkmalpflege In:kunsttexte 3/2010、unter:http ://edoc.hu-berlin.de/kunsttexte/2010-3/falser-michael-1/PDF/falser .pdf

メモ

  1. ^ 「雪崩|国立雪氷データセンター」nsidc.org 2021-03-23を取得
  2. ^ ルーシェ、フランソワ(2021)。雪崩オックスフォード大学出版局pp。1–2。土井10.1093 / oso /9780198866930.001.0001ISBN 9780198866930
  3. ^ ロイター、B。; Schweizer、J。(2009)。音によって引き起こされる雪崩:神話と真実(PDF)ISSW 09 –国際雪科学ワークショップ、議事録。pp。330–333。弾性波または圧力(音)波を引き起こすさまざまな発生源の圧力振幅の桁違いの推定に基づいて、叫び声または大きな音が雪スラブのなだれを引き起こす可能性があることを除外できます。振幅は、既知の効率的なトリガーよりも少なくとも約2桁小さくなります。音によるトリガーは本当に神話です。
  4. ^ a b c d McClung、David and Shaerer、Peter:The Avalanche Handbook、The Mountaineers:2006。ISBN 978-0-89886-809-8 
  5. ^ SNOWPACK
  6. ^ シンプソンJE。1997年。環境と実験室の重力流。ケンブリッジ大学出版局
  7. ^ Daffern、Tony:スキーヤー、登山家、スノーボーダーのための雪崩の安全性、ロッキーマウンテンブック:1999。ISBN0-921102-72-0 
  8. ^ アボット、パトリック(2016)。自然災害ニューヨーク、ニューヨーク:マグロウヒルエデュケーション。ISBN 978-0078022982
  9. ^ 「雪崩」ready.gov国土安全保障省2019年1月25日取得
  10. ^ Fesler、Doug and Fredston、Jill:Snow Sense、Alaska Mountain Safety Center、Inc。2011. ISBN 978-0-615-49935-2 
  11. ^ Pascal Hageli etal。
  12. ^ Whiteman、Charles David:Mountain Meteorology:Fundamentals and Applications、Oxford University Press2001。ISBN0-19-513271-8 
  13. ^ SATSIE最終報告書(大きなPDFファイル– 33.1 Mb)、94ページ、2005年10月1日から2006年5月31日
  14. ^ Horizo​​n:雪崩の解剖学 BBC '、1999-11-25
  15. ^ Avalanche Dynamics Archived 2009-02-24 at the Wayback Machine、Art Mears、2002-07-11
  16. ^ a b 雪崩、クリストフ・アンシー
  17. ^ VOELLMY、A.、 1955。Ober die Zerstorunskraft vonLawinenSchweizerische Bauzetung(英語:雪崩の破壊力について。米国農務省、森林局)。
  18. ^ 定量化dela sollicitation avalancheuse par analysis en retour du comportementdestructuresmétalliques、14ページ、 PôleGrenobloisd'étudesetderecherchepourlaPréventiondesrisquesnaturels、2003年10月、フランス語
  19. ^ SATSIE –ヨーロッパにおける雪崩研究とモデル検証
  20. ^ SATSIE最終報告書(大きなPDFファイル– 33.1 Mb)、2005年10月1日から2006年5月31日
  21. ^ [1]
  22. ^ [2]
  23. ^ García-Hernández、C。「中緯度の山々(スペイン北西部)における雪崩被害の減少の推進力としての森林再生と土地利用の変化。地球規模と惑星の変化、153:35–50」エルゼビア2017年8月28日取得
  24. ^ 「氷河監視ヴァイスミース」2017年10月23日取得
  25. ^ a b "アバランチレーダーツェルマット" 2017年10月23日取得
  26. ^ ジェイミーソン、ブルース; TorstenGeldstzer。「カナダでの雪崩事故第4巻:1984–1996」(PDF)カナダ雪崩協会。2011年1月25日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年3月7日取得
  27. ^ Lee Davis(2008)。自然災害」。インフォベース出版。p.7。ISBN 0-8160-7000-8 
  28. ^ Eduard Rabofsky et al。、Lawinenhandbuch、Innsbruck、Verlaganstalt Tyrolia、1986、p。11
  29. ^ ヒストリーチャンネル– 1916年12月13日:第一次世界大戦が激化するにつれて、兵士たちは雪崩で死にます
  30. ^ Clines、Francis X.(1990年7月18日)。「雪崩はソビエト中央アジアで40人の登山者を殺します」ニューヨークタイムズ
  31. ^ 「レーニン峰。レーニン峰の歴史的背景。レーニン峰への最初の遠征」中央アジア-travel.com 2013年6月21日取得
  32. ^ PisteHors.com:モントロック雪崩
  33. ^ COMETプログラム(2010)。「雪崩天気予報」meted.ucar.edu/afwa/avalanche/index.htm大気研究大学連合。
  34. ^ [3] 2005年4月17日、 WaybackMachineでアーカイブ
  35. ^ Wayback Machineで2008年9月8日にアーカイブされた2005〜2006年のフランスの雪崩事故の分析
  36. ^ 「雪崩カナダ」avalanche.ca 2020年3月25日取得
  37. ^ 「Avalanche.org»雪崩百科事典」Avalanche.org 2020年3月25日取得
  38. ^ ジェイミーソン、ブルース(2000)。バックカントリー雪崩認識カナダ雪崩協会ISBN 0-9685856-1-2
  39. ^ a b 雪、天気、雪崩:米国での雪崩プログラムの観測ガイドラインアメリカ雪崩協会、国立雪崩センター(米国)。コロラド州パゴサスプリングス2010年。ISBN 978-0-9760118-1-1OCLC798732486 _{{cite book}}:CS1 maint:その他(リンク
  40. ^ a b "SWAガイドライン"アメリカ雪崩協会2020年3月26日取得
  41. ^ ダグアブロメルトとグレッグジョンソン(2011年から2012年の冬)。「方法を学ぶ:Rutschblockテストを実行する」USFS国立雪崩センター。2013-09-01にオリジナルからアーカイブされました2012年11月28日取得
  42. ^ a b c 「第2章:高山地帯—変化する気候における海と雪氷圏に関する特別報告書」2020-03-27を取得
  43. ^ a b ラザール、ブライアン; ウィリアムズ、マークW.(2010)。「気候変動の結果としての米国カスケードスキー場の雪上雨イベントの頻度の潜在的変化:21世紀のオレゴン州バチェラー山の予測」2010年国際雪科学ワークショップ:444–449。
  44. ^ Naaim、Mohamed; エッカート、ニコラス(2016-10-02)。「気候温暖化下のフランスアルプスにおける雪崩活動の減少と湿った雪崩の増殖」International Snow Science Workshop 2016 Proceedings、Breckenridge、CO、USA:1319–1322。
  45. ^ a b Zeidler、アントニア; ストール、エレナ(2016-10-02)。「変化する気候におけるスノーパックへの影響について私たちは何を知っていますか–進行中の作業」International Snow Science Workshop 2016 Proceedings、Breckenridge、CO、USA:970–971。
  46. ^ ウィルバー、クリス; クラウス、スー(2018-10-07)。「将来を見据えて:北米の開業医による雪崩に対する気候変動の影響の予測」International Snow Science Workshop Proceedings 2018、インスブルック、オーストリア:557–560。
  47. ^ Salzer、Friedrich; Studeregger、Arnold(2010)。「ニーダーエスターライヒ州の気候変動–過去100年間の積雪分析、特に前世紀とニーダーエスターライヒ州の雪崩状況の影響に重点を置いています」2010年国際雪科学ワークショップ:362–366。
  48. ^ ラザール、ブライアン; ウィリアムズ、マーク(2006)。「西部のスキー場の気候変動:2030年と2100年のアスペンスキー場の湿った雪崩のタイミング」2006年国際雪科学ワークショップの議事録、コロラド州テルライド:899–906。

外部リンク

ウィキメディアコモンズの 雪崩シュートに関連するメディア