非同期転送モード

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

非同期転送モードATM)は、ANSIおよびITU(以前のCCITT)によって定義され通信規格であり、個別のオーバーレイネットワークを使用せずに、電話(音声)、データ、およびビデオ信号を1つのネットワークで含む複数のタイプのトラフィックをデジタル伝送します[1] [2] ATMは、1980年代後半に定義された[3]ブロードバンド統合サービスデジタルネットワークのニーズを満たすために開発され、通信ネットワークを統合するように設計されました。従来の高スループットデータトラフィックとリアルタイム低レイテンシーの音声やビデオなどのコンテンツ。 ATMは、回線交換およびパケット交換ネットワークの機能を使用する機能を提供します。非同期 時分割多重を使用します[4] [5]

OSI参照モデルのデータリンク層(レイヤ2)、基本転写ユニットは総称されるフレーム。 ATMでは、これらのフレームは固定(53オクテットまたはバイト)の長さであり、特にセルと呼ばれます。これは、可変サイズのパケットまたはフレームを使用するIPやイーサネットなどのアプローチとは異なります。 ATMは使用していますコネクション指向モデルれる仮想回路は、データ交換を開始する前に、2つのエンドポイント間で確立されなければならないが。[5]これらの仮想回線は、永続的、つまり通常はサービスプロバイダーによって事前構成されている専用接続、またはスイッチド、つまりシグナリング使用してコールごとにセットアップされ、コールが終了すると切断されます。

ATMネットワーク参照モデルは、OSIモデルの最下位の3つの層(物理層データリンク層、およびネットワーク層)にほぼマップされます[6] ATMは公衆交換電話網(PSTN)SONET / SDHバックボーンおよび統合サービスデジタルネットワーク(ISDN)で使用されるコアプロトコルですが、インターネットに基づく次世代ネットワークに大きく取って代わられています。プロトコル(IP)テクノロジーは、ワイヤレスおよびモバイルATMが重要な足場を確立することはありませんでした。

IBM Turboways ATM 155 PCIネットワークインタフェースカード
マルコーニForeRunnerLE 25 ATM PCIネットワークインタフェースカード

プロトコルアーキテクチャ

音声信号がパケットに削減され、バーストデータトラフィック(大規模な緊急事態やセルラーネットワークで発生する可能性があるなど、短期間に異常に多数のパケットが発生するトラフィック)とリンクを共有することを余儀なくされた場合オーバーサブスクライブになりました)その場合、音声パケットをいくら小さくしても、常にフルサイズのデータ​​パケットに遭遇します。通常のキューイング条件下では、セルで最大のキューイング遅延が発生する可能性があります。この問題を回避するために、すべてのATMパケットまたは「セル」は同じ小さいサイズです。さらに、固定セル構造により、ATMは、ソフトウェアの切り替えおよびルーティングされたフレームによって生じる固有の遅延なしに、ハードウェアによって簡単に切り替えることができます。

したがって、ATMの設計者は、データストリームの多重化におけるジッターこの場合、パケットのラウンドトリップ時間または一方向時間の大きな変化)を減らすために小さなデータセルを利用しました。デジタル化された音声のアナログオーディオ信号への変換は本質的にリアルタイムのプロセスであり、適切な作業を行うため、音声トラフィックを伝送する場合は、ジッター(およびエンドツーエンドのラウンドトリップ遅延)の削減が特に重要です。デコーダこれには、等間隔の(時間内の)データ項目のストリームが必要です。次のデータ項目が必要なときに利用できない場合、コーデックは無音または推測を生成する以外に選択肢がありません。データが遅れている場合、信号に変換されるべき期間がすでに合格しました。

ATMの設計時には、135 Mbit / sペイロードの155Mbit / s同期デジタル階層(SDH)は高速光ネットワークリンクと見なされ、デジタルネットワーク内の多くのプレシオクロナスデジタル階層(PDH)リンクはかなり低速でした。米国では1.544〜45 Mbit / s、ヨーロッパでは2〜34 Mbit / sの範囲です。

155メガビット/秒、典型的な全長1500バイト(12,000ビット)データ・パケットで、含有するのに十分な最大-sized IPパケットのためのイーサネット(登録商標)、77.42かかるマイクロ秒を送信します。1.544 Mbit / s T1回線などの低速リンクでは、同じパケットに最大7.8ミリ秒かかります。

このようないくつかのデータパケットによって引き起こされるキューイング遅延は、短い音声パケットでのパケット生成遅延に加えて、7.8ミリ秒の数値を数回超える可能性があります。これは、高品質のサウンドを生成するためにコーデックに供給されるデータストリームのジッターを低くする必要がある音声トラフィックには受け入れられないと考えられていました。パケット音声システムは、いくつかの方法でこの低ジッターを生成できます。

  • ネットワークとコーデックの間で再生バッファを使用します。これは、データ内のほぼすべてのジッターでコーデックを処理するのに十分な大きさです。これにより、ジッターを平滑化できますが、バッファーを通過することによって生じる遅延には、ローカルネットワークでもエコーキャンセラーが必要です。当時、これは高すぎると考えられていました。また、チャネル全体の遅延が増加し、遅延の大きいチャネルでの会話が困難になりました。
  • それを必要とするトラフィックに本質的に低いジッター(および最小の全体的な遅延)を提供するシステムを使用する。
  • 1:1のユーザーベース(つまり、専用パイプ)で操作します。

低ジッタのネットワークインターフェイスを目的としたATMの設計。ただし、データグラムトラフィックを引き続きサポートしながら、短いキューイング遅延を提供するために「セル」が設計に導入されました。 ATMは、すべてのパケット、データ、および音声ストリームを48バイトのチャンクに分割し、後で再構築できるように、それぞれに5バイトのルーティングヘッダーを追加しました。 48バイトの選択は、技術的というよりは政治的なものでした。[7]場合CCITT(現在はITU-T)はATMを標準化しており、米国の関係者は64バイトのペイロードを望んでいました。これは、データ送信用に最適化された大きなペイロードと音声などのリアルタイムアプリケーション用に最適化された短いペイロードの妥協点であると考えられたためです。ヨーロッパの関係者は、サイズが小さい(したがって送信時間が短い)ため、エコーキャンセレーションに関して音声アプリケーションが簡素化されるため、32バイトのペイロードが必要でした。ヨーロッパの政党のほとんどは最終的にアメリカ人の主張に近づきましたが、フランスと他のいくつかの政党はより短いセル長を主張しました。 32バイトの場合、フランスは、エコーキャンセレーションを必要とせずに、フランスの一方の端からもう一方の端への通話でATMベースの音声ネットワークを実装できたはずです。 48バイト(および5ヘッダーバイト= 53)が、両者間の妥協案として選択されました。ペイロードの10%がルーティング情報に支払う最大価格であると考えられたため、5バイトのヘッダーが選択されました。[3] ATMは、パケットの代わりにこれらの53バイトのセルを多重化し、最悪の場合のセル競合ジッターをほぼ30分の1に減らし、エコーキャンセラーの必要性を減らしました。

セル構造

ATMセルは、5バイトのヘッダーと48バイトのペイロードで構成されます。上記のように、48バイトのペイロードサイズが選択されました。

ATMは、ユーザーネットワークインターフェイス(UNI)とネットワークネットワークインターフェイス(NNI)の2つの異なるセル形式を定義しますほとんどのATMリンクはUNIセル形式を使用します。

UNIATMセルの図

7     4 3     0
GFC VPI
VPI
VCI
VCI
VCI PT CLP
HEC


必要に応じてペイロードとパディング(48バイト)

NNIATMセルの図

7     4 3     0
VPI
VPI
VCI
VCI
VCI PT CLP
HEC


必要に応じてペイロードとパディング(48バイト)

GFC =汎用フロー制御(GFC)フィールドは、分散キューデュアルバス(DQDB)リングなどの共有アクセスネットワークへのATMネットワークの接続をサポートするために最初に追加された4ビットフィールドです。GFCフィールドは、さまざまなATM接続のセル間で多重化とフロー制御をネゴシエートするための4ビットをユーザーネットワークインターフェイス(UNI)に提供するように設計されています。ただし、GFCフィールドの使用法と正確な値は標準化されておらず、フィールドは常に0000に設定されています。[8]
VPI =仮想パス識別子(8ビットUNI、または12ビットNNI)
VCI =仮想チャネル識別子(16ビット)
PT =ペイロードタイプ(3ビット)
PTビット3(msbit):ネットワーク管理セル。0の場合、ユーザーデータセルと以下が適用されます。
PTビット2:明示的な前方輻輳表示(EFCI)。1 =ネットワークの輻輳が発生しました
PTビット1(lsbit):ATMユーザー間(AAU)ビット。パケット境界を示すためにAAL5によって使用されます。
CLP =セル損失優先度(1ビット)
HEC =ヘッダーエラー制御(8ビットCRC、多項式= X 8 + X 2 + X + 1)

ATMは、PTフィールドを使用して、運用、管理、および管理(OAM)の目的でさまざまな特殊な種類のセルを指定し、一部のATMアダプテーション層(AAL)のパケット境界を示します。PTフィールド最上位ビット(MSB)が0の場合、これはユーザーデータセルであり、他の2ビットは、ネットワークの輻輳を示すため、およびATMアダプテーション層で使用可能な汎用ヘッダービットとして使用されます。 MSBが1の場合、これは管理セルであり、他の2ビットはタイプを示します。 (ネットワーク管理セグメント、ネットワーク管理エンドツーエンド、リソース管理、および将来の使用のために予約されています。)

いくつかのATMリンクプロトコルは、HECフィールドを使用してCRCベースのフレーミングアルゴリズムを駆動します。これにより、ヘッダー保護に必要なオーバーヘッドを超えずにATMセルを見つけることができます。8ビットCRCは、シングルビットヘッダーエラーを修正し、マルチビットヘッダーエラーを検出するために使用されます。マルチビットヘッダーエラーが検出されると、ヘッダーエラーのないセルが見つかるまで、現在のセルと後続のセルがドロップされます。

UNIセルは、ユーザー間のローカルフロー制御/サブマルチプレックスシステム用にGFCフィールドを予約します。これは、2つの統合サービスデジタルネットワーク(ISDN)電話が単一の基本速度ISDN接続を共有できるのと同じ方法で、複数の端末が単一のネットワーク接続を共有できるようにすることを目的としていましたデフォルトでは、4つのGFCビットはすべてゼロである必要があります。

NNIセル形式は、4ビットGFCフィールドがVPIフィールドに再割り当てされ、VPIが12ビットに拡張されることを除いて、UNI形式をほぼ正確に複製します。したがって、単一NNI ATM相互接続は、ほぼ2アドレッシングが可能な12のほぼ2までののVPを16のVC毎(実際にはVPとVC番号の一部が予約されています)。

サービスの種類

ATMは、AALを介してさまざまなタイプのサービスをサポートします。標準化されたAALには、AAL1、AAL2、およびAAL5と、めったに使用されない[9] AAL3およびAAL4が含まれます。 AAL1は、固定ビットレート(CBR)サービスと回路エミュレーションに使用されます。同期もAAL1で維持されます。 AAL2からAAL4は可変ビットレート(VBR)サービスに使用され、AAL5はデータに使用されます。特定のセルでどのAALが使用されているかは、セルにエンコードされていません。代わりに、仮想接続ごとにエンドポイントによってネゴシエートされるか、エンドポイントで設定されます。

ATMの初期設計に続いて、ネットワークははるかに高速になりました。1500バイト(12000ビット)のフルサイズイーサネットフレームは、10ギガビット/秒のネットワークで送信するのにわずか1.2 µsしかかからないため、競合によるジッターを減らすために小さなセルの必要性が少なくなります。リンク速度を上げても、キューイングによるジッターは軽減されません。さらに、IPパケットのサービス適応を実装するためのハードウェアは、非常に高速で高価です。

ATMは、単一の物理メディアまたは仮想メディアで複数の論理回線を伝送する便利な機能を提供しますが、マルチリンクPPPイーサネット VLANSONETを介したマルチプロトコルサポートなどの他の技術も存在ます

仮想回線

ネットワークは、2つのパーティが相互にセルを送信する前に、接続を確立する必要があります。ATMでは、これは仮想回線(VC)と呼ばれます。これは、エンドポイントで管理上作成されるパーマネントバーチャルサーキット(PVC)、または通信当事者が必要に応じて作成するスイッチドバーチャルサーキット(SVC)の場合があります。SVCの作成はシグナリングによって管理されます。シグナリングでは、要求側が受信側のアドレス、要求されたサービスのタイプ、および選択したサービスに適用できるトラフィックパラメータを示します。次に、ネットワークによって「コールアドミッション」が実行され、要求されたリソースが使用可能であり、接続用のルートが存在することを確認します。

動機

ATMは、VCを使用して、チャネルベースのトランスポート層として動作します。これは、仮想パス(VP)と仮想チャネルの概念に含まれています。すべてのATMセルには、ヘッダーで定義された8ビットまたは12ビットの仮想パス識別子(VPI)と16ビットの仮想チャネル識別子(VCI)のペアがあります。[10] VCIは、VPIとともに、セルが宛先に向かう途中で一連のATMスイッチを通過するときにセルの次の宛先を識別するために使用されます。 VPIの長さは、セルがユーザーネットワークインターフェイス(ネットワークのエッジ)で送信されるか、ネットワーク-ネットワークインターフェイス(ネットワーク内)で送信されるかによって異なります。

これらのセルがATMネットワークを通過すると、VPI / VCI値を変更することによってスイッチングが行われます(ラベルスワッピング)。VPI / VCI値は、接続の一方の端からもう一方の端まで必ずしも一貫しているわけではありませんが、回線の概念一貫しています(IPとは異なり、特定のパケットが他のパケットとは異なるルートで宛先に到達する可能性があります)。[11] ATMスイッチは、VPI / VCIフィールドを使用して、セルが最終的な宛先に向かう途中で通過する必要がある次のネットワーク仮想チャネルリンク(VCL)を識別します。VCIの機能は、フレームリレーデータリンク接続識別子(DLCI)の機能、およびX.25の論理チャネル番号と論理チャネルグループ番号に似ています。

仮想回線を使用するもう1つの利点は、仮想回線を多重化レイヤーとして使用できることです。これにより、さまざまなサービス(音声、フレームリレー、n * 64チャネル、IPなど)が可能になります。VPIは、共通パスを持つ一部の仮想回線のスイッチングテーブルを削減するのに役立ちます。[12]

タイプ

ATMは、静的または動的に仮想回線と仮想パスを構築できます。固定回線(固定仮想回線またはPVC)またはパス(永続仮想パスまたはPVP)では、回線が通過するインターフェイスのペアごとに1つずつ、一連​​のセグメントで構成されている必要があります。

PVPとPVCは、概念的には単純ですが、大規模なネットワークでは多大な労力を必要とします。また、障害が発生した場合のサービスの再ルーティングもサポートしていません。対照的に、動的に構築されたPVP(ソフトPVPまた​​はSPVP)およびPVC(ソフトPVCまたはSPVC)は、回線の特性(サービスの「契約」)と2つのエンドポイントを指定することによって構築されます。

ATMネットワークは、機器のエンドピースからの要求に応じて、オンデマンドで交換仮想回線(SVC)を作成および削除します。SVCの1つのアプリケーションは、電話交換機のネットワークがATMを使用して相互接続されている場合に、個々の電話を伝送することです。SVCは、ローカルエリアネットワークをATMに置き換える試みにも使用されました。

ルーティング

SPVP、SPVC、およびSVCをサポートするほとんどのATMネットワークは、プライベートネットワークノードインターフェイスまたはプライベートネットワーク間インターフェイス(PNNI)プロトコルを使用して、スイッチ間でトポロジ情報を共有し、ネットワークを介したルートを選択します。PNNIは、OSPFIS-ISのようなリンクステートルーティングプロトコルですPNNIには、非常に大規模なネットワークの構築を可能にする非常に強力なルート要約メカニズムと、のサービス要件を満たすためにネットワークを介して提案されたルートで十分な帯域幅の可用性を決定するコールアドミッション制御(CAC)アルゴリズムも含まれています。 VCまたはVP。

交通工学

もう1つの重要なATMの概念には、トラフィック契約が含まれますATM回線が設定されると、回線の各スイッチに接続のトラフィッククラスが通知されます。

ATMトラフィックコントラクトは、「サービス品質」(QoS)を保証するメカニズムの一部を形成します。4つの基本タイプ(およびいくつかのバリアント)があり、それぞれに接続を説明するパラメーターのセットがあります。

  1. CBR-固定ビットレート:ピークセルレート(PCR)が指定されており、これは一定です。
  2. VBR-可変ビットレート:平均または持続可能なセルレート(SCR)が指定されています。これは、問題が発生する前に、最大間隔で特定のレベル(PCR)でピークに達する可能性があります。
  3. ABR-使用可能なビットレート:最小保証レートが指定されています。
  4. UBR-不特定のビットレート:トラフィックは残りのすべての伝送容量に割り当てられます。

VBRには、リアルタイムと非リアルタイムのバリアントがあり、「バースト性のある」トラフィックに対応します。非リアルタイムは、vbr-nrtと省略されることがあります。

ほとんどのトラフィッククラスでは、セルの「クランピング」を時間内に定義するセル遅延変動許容値(CDVT)の概念も導入されています。

交通警察

ネットワークパフォーマンスを維持するために、ネットワークは適用することができるポリシングトラフィックを、すなわち、ネットワークへのエントリポイントでそのトラフィック契約にそれらを制限するために仮想回線にユーザネットワークインタフェース(UNIの)とネットワーク・ツー・ネットワークインタフェース(NNIに)使用し/ネットワークパラメータ制御(UPCおよびNPC)。[13] UPCおよびNPCに関するITU-TおよびATMフォーラムによって提供された参照モデルは、リーキーバケットのバージョンであるジェネリックセルレートアルゴリズム(GCRA)[14] [15]です。アルゴリズム。CBRトラフィックは通常PCRとCDVtのみにポリシングされますが、VBRトラフィックは通常デュアルリーキーバケットコントローラーを使用してPCRとCDVtにポリシングされ、SCRと最大バーストサイズ(MBS)にポリシングされます。MBSは通常、セル内のVBR VCパケットSAR - SDU)サイズになります。

GCRAによって決定されたように、仮想回線上のトラフィックがトラフィックコントラクトを超えている場合、ネットワークはセルをドロップするか、セル損失優先度をマークすることができます。(CLP)ビット(セルを潜在的に冗長であると識別するため)。基本的なポリシングはセルごとに機能しますが、これはカプセル化されたパケットトラフィックには最適ではありません(単一のセルを破棄するとパケット全体が無効になるため)。その結果、次のパケットが開始するまで一連のセル全体を破棄する、部分パケット破棄(PPD)や早期パケット破棄(EPD)などのスキームが作成されました。これにより、ネットワーク内の不要なセルの数が減り、完全なパケットの帯域幅が節約されます。EPDおよびPPDは、パケットの終わりマーカー(SARの最後のセルに設定されているヘッダーのペイロードタイプフィールドのATMユーザー間(AUU)表示ビット)を使用するため、AAL5接続で機能します。 SDU。

トラフィックシェーピング

トラフィックシェーピングは通常、ユーザー機器ネットワークインターフェイスカード(NIC)で行われ、VCのセルフローがトラフィック契約を満たしていること、つまり、UNIでセルがドロップされたり優先度が低下したりしないようにします。ネットワークのトラフィックポリシングに指定された参照モデルはGCRAであるため、このアルゴリズムは通常、シェーピングにも使用され、必要に応じてシングルおよびデュアルリーキーバケットの実装を使用できます。

参照モデル

ATMネットワーク参照モデルは、OSI参照モデルの最下位3層にほぼマップされます。次のレイヤーを指定します:[16]

展開

ATMは、1990年代に電話会社や多くのコンピューターメーカーに人気を博しました。ただし、10年の終わりまでに、インターネットプロトコルベースの製品の価格/パフォーマンスの向上は、リアルタイムのバーストネットワークトラフィックを統合するためのATMテクノロジーと競合していました。[17]などの企業FOREシステムズは、のような他の大きなベンダーながら、ATMの製品に焦点を当てた、シスコシステムズがオプションとしてATMを提供します。[18]は、バーストした後、ドットコムバブル、いくつかは、まだ「ATMが支配するようになるだろう」と予測しました。[19]しかし、2005年にATMフォーラム技術を推進する貿易組織であった、は他の技術を推進するグループと合併し、最終的にブロードバンドフォーラムになりました[20]

ワイヤレスまたはモバイルATM

ワイヤレスATM [21]またはモバイルATMは、ワイヤレスアクセスネットワークを備えたATMコアネットワークで構成されています。 ATMセルは基地局から携帯端末に送信されます。モビリティ機能は、GSMネットワークのMSC(モバイルスイッチングセンター)に似た「クロスオーバースイッチ」[22]として知られるコアネットワークのATMスイッチで実行されます。ワイヤレスATMの利点は、レイヤー2で行われる高帯域幅と高速ハンドオフです。1990年代初頭、ベル研究所NEC [23]の研究所はこの分野で積極的に活動していました。アンディ・ホッパーからケンブリッジ大学コンピュータ研究所はまた、この地域で働いていました。[24]ワイヤレスATMネットワークの背後にある技術を標準化するために形成されたワイヤレスATMフォーラムがありました。このフォーラムは、NEC、富士通AT&Tなどのいくつかの通信会社によってサポートされていましたモバイルATMは、GSMやWLANを超えるブロードバンドモバイル通信を提供できる高速マルチメディア通信技術を提供することを目的としています。

バージョン

ATMの1つのバージョンはATM25で、データは25 Mbit / sで転送されます。[25]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Telcordia Technologies、 Telcordia Notes on the Network、Publication SR-2275(2000年10月)
  2. ^ ATMフォーラム、ユーザーネットワークインターフェイス(UNI)、 v。3.1 ISBN  0-13-393828-X、Prentice Hall PTR、 1995、2ページ。
  3. ^ a b アヤノグル、エンダー; アカール、ネイル。「B-ISDN(ブロードバンド統合サービスデジタルネットワーク)」カリフォルニア大学アーバイン校のパーベイシブコミュニケーションおよびコンピューティングセンター取得した3年6月2011
  4. ^ 「推奨事項I.150、B-ISDN非同期転送モードの機能特性」ITU。
  5. ^ a b McDysan(1999)、p。287。
  6. ^ McDysan、David E.およびSpohn、Darrel L.、 ATM:Theory and Application ISBN 0-07-060362-6、McGraw-Hillシリーズのコンピューター通信、1995年、563ページ。 
  7. ^ D. Stevenson、「Electropolitical Correctness and High-Speed Networking、or、Why ATM is like a Nose」、 Proceedings of TriCom '93、1993年4月。
  8. ^ 「ATMセル構造」2017年6月13日取得
  9. ^ 「ATMの概要:プロトコル層、LANエミュレーション、およびトラフィック管理」www.cse.wustl.edu 2021年7月21日取得
  10. ^ ATMテクノロジーのシスコシステムズガイド(2000)。「ATMスイッチの操作」のセクション。2011年6月2日取得。
  11. ^ ATMテクノロジーのシスコシステムズガイド(2000)。セクション「ATMセルヘッダーフォーマット」。2011年6月2日取得。
  12. ^ 「ブロードバンド接続のVPIおよびVCI設定とは何ですか?」テックライン情報スジス2010年7月1日取得
  13. ^ ITU-T、 B ISDNのトラフィック制御と輻輳制御、勧告I.371、国際電気通信連合、2004年、17ページ
  14. ^ ITU-T、 B ISDNのトラフィック制御と輻輳制御、勧告I.371、国際電気通信連合、2004年、付録A、87ページ。
  15. ^ ATMフォーラム、ユーザーネットワークインターフェイス(UNI)、 v。3.1 ISBN 0-13-393828-X、Prentice Hall PTR、1995。 
  16. ^ 「Catalyst8540MSR、Catalyst 8510 MSR、およびLightStream 1010 ATMスイッチルーターのATMテクノロジーガイド」(PDF)顧客注文番号:DOC-786275シスコシステムズ。2000 検索された19年7月2011
  17. ^ スティーブスタインバーグ(1996年10月)。「ネットヘッドvsベルヘッド」有線4(10)取得した24年9月2011
  18. ^ 「FOREの準備は何ですか?」ネットワークワールド1996年9月16日。p。12 取得した24年9月2011
  19. ^ 「光イーサネット会社は嵐の産業の海に勇敢に立ち向かう」ネットワークワールド2001年5月7日。p。14 取得した24年9月2011
  20. ^ 「ブロードバンドフォーラムについて:フォーラムの歴史」2011年10月9日にオリジナルからアーカイブされまし取得した24年9月2011
  21. ^ ワイヤレスATM
  22. ^ ワイヤレスATMネットワークに関する本-ChaiKeong Toh、Kluwer Academic Press 1997
  23. ^ WATMnet:マルチメディアパーソナルコミュニケーション用のプロトタイプワイヤレスATMシステム、D。Raychaudhuri、at.al
  24. ^ 「ケンブリッジモバイルATMの仕事」2015年6月25日にオリジナルからアーカイブされまし2013年6月10日取得
  25. ^ Inc、IDGネットワ​​ークワールド(2001年3月26日)。ネットワークワールドIDG Network World Inc.

外部リンク