無関心な難民の子供を持つ亡命希望者

無関心な難民の子供を連れた亡命希望者については、2006 年にスウェーデンで無関心な子供を連れてスウェーデンに来た亡命希望者に関する医学的および政治的な議論でした。[1]この期間は 2002 年から 55 件がメディアの報道の対象となり[2]、2005 年には 424 件にまで拡大しました。難民のほとんどはカザフスタンキルギスウズベキスタンアルメニアアゼルバイジャン、旧ユーゴスラビアからの人々でした[3] [4]

長い白熱した議論の末、子供たちは虐待されており、親から引き離すべきだという物議を醸す考えを持った州捜査の専門家である精神科医トーマス・ジャクソンは議論から締め出された。[5] [6]この議論は、「諦め症候群」(スウェーデン語でuppgivenhetssyndrom)と題された、無関心な子供たちのための新たな条件を策定する、より寛大な難民政策で終わった。[7] [8]ジャクソンはこの診断に激しく反対し、児童虐待の強制であると主張した。[9]ジャクソンはまた、児童虐待に間接的に貢献しているとしてスウェーデンの医師と医療制度を批判した。[10]操作や虐待の疑いが明らかになったとき、 2005年にNews24は「スウェーデンで児童虐待詐欺が発覚した」という記事を掲載した。[11]

諦め症候群

辞職症候群は、うつ病無関心、コミュニケーション能力の喪失、身体機能の喪失を特徴とします。深刻な長期ストレスの兆候もあり、亡命手続き、待ち時間、母国による拒否によって悪化します。[12]また、その後、徐々に行動的に離脱し、経管栄養を必要とする意識不明の重度の障害状態に陥ります。[13]

子どもたちは動くことも、食べることも、飲むこともできず、痛みを伴う刺激にも反応することができず、この状態が何か月、あるいは何年も続くこともあります。[要出典]難民家族の社会状況が改善すると、ほとんどの子供たちは回復しました。[14]他の医療専門家では、この症状は永住許可を目的としたでっちあげまたは児童虐待とみなされている。[15]

議論

この討論には数人の医師、記者、活動家が参加し、全員が子供たちが模倣をしているのか、それとも重度の虐待の被害者なのかを理解するという目標に取り組んだ。[16]主治医のハンス・ベンズ氏が『Svenska Dagbladet』に掲載した論文によると、シミュレーションは既知の現象であり、無関心な子供の場合には不可能ではないという。[17] 2016年に実施された研究では、子供たちは亡命を待っていたことによる心因性ストレスの結果として緊張病[18]になったか、代理による詐病の被害者であった[19]ため、食べたり飲んだりできなくなったと述べられている。または話します。

その仮説は、家族に亡命がないために強制送還されることを知った後、子供たちは重度の緊張病になったというものだった。スウェーデン社会保健当局は、 2013年に発表したウプギベンヘッツ症候群に関するガイドラインの中で、家族が永住許可を受け取るまで患者は完全に健康であるとは言えないと書いている。[20]

しかし、現象の起源については議論が続いた。スウェーデンの医師ヘンリー・アッシャーは、アンデシュ・イェルンとともに、難民であることに関連したトラウマが原因であると主張した。[21]この論文はGellert Tamasによって支援されました[22]この現象は「伝染病」と名付けられた。[23] 42人の精神科医が署名した公開書簡の中で、永住権を与えずに児童虐待を促進するのをやめるよう政府に要求した。[24] 2004 年、政府はこの病気の蔓延状況を分析し調査することを目的とした国家調査を開始した[25]が、スウェーデンラジオの記者らは州捜査官が嘘をついていると非難した。[26]

タマス批判

著者で講師のゲレールト・タマスは、 「De Apatiska」(無関心)というタイトルの本を出版し、子供たちが模倣しているか操作されているのではないかと疑うスウェーデンの医師や政治家を批判した。この本はスウェーデンの医師で准教授のトーマス・J・エリクソンによって批判され、タマスはなぜ数年以内に感染者数がゼロから400人に増加したのか、またなぜ再び減少したのかを議論していないと述べた。[27]同氏はまた、タマス氏はなぜこの症状が庇護を待っている家族の付き添いの子供たちにのみ影響を及ぼしたのか説明できなかったとも述べた。タマス氏はまた、なぜこの現象が旧ユーゴスラビアとソ連の共和国の子供たちの間でのみ起こったのかについても全く議論しなかった。エリクソン氏はまた、なぜタマス氏が、なぜ厳しいプレッシャーにさらされているスウェーデンの子供たちの間でこのようなことが決して起こらないのかを説明しないのか疑問を抱いている。

エリクソン氏はSVTに関する討論会で[要説明]、多くの難民の子供たちを治療してきたと述べ、子供たちは毒殺されたか操作されたかのどちらかだと述べた。[28]副院長兼主治医のピーター・エンゲルソイは、アフトンブラデット誌に掲載された記事の中で、タマスの本には不正確な記述が多く、タマスはエンゲルソイに対して人格暗殺を行ったと述べた。[29]スウェーデンの児童青少年精神医療庁(Barnoch ungdomspsykiatrin)の責任者らは、アフトンブラデット誌に掲載された記事の中でタマス氏を批判し、タマス氏が無関心な子供の治療における精神科医の無能疑惑についての噂を広めていると述べた。[30]批判は、精神科医が児童虐待を助長するリスクなしにタマスの出版物のみに基づいて臨床診断を行うことはできないというものであった。

Dagens Nyheterの記事では、タマスの信頼性に疑問の余地があると述べられています。[31]タマスは、スウェーデンのテレビ番組ウプドラッグ・グランスクニングのエピソードで数人の参加者のコメントを意図的に歪曲したとして、政府の国家専門家マリー・ヘスラーとナデル・アフマディによってグランスクニングスナムデン・フォー・ラジオ・オチ・テレビ(ラジオとテレビの調査委員会)に報告され「無感動者のおもちゃ」の。トーマス・ジャクソンは医療従事者向けの講演や著書の中で、タマスの本は無関心な難民の子供たちにとって危険であると述べた。タマスは国家機関が子供達が真似をしているという噂を広めたからだという。[33]DTMedia が掲載した記事によると、記者のゲラート・タマス氏とヤンネ・ジョセフソン氏は、ジャクソン氏がウプドラッグ・グランスクニングに参加した際に提示した強制シミュレーションの基準に耳を傾けなかったという[34]

政府の調査

国家調査SOU:2006の研究リーダー、ナデル・アフマディ氏によると、一部の文化では、家族の存続のために子供たちが「総合的に」利用される可能性があるという。[35] [36] [37]アフマディはまた、ゲフレ・ブラッドの記事の中で「子供たちの操作、シミュレーション、毒殺は不可能ではない」とも述べた。[38]ほとんどの子供たちは旧ソ連諸国と旧ユーゴスラビア出身であった。[39]ストックホルム郡議会の児童精神科部長マリー・ヘスラーは、近隣の北欧諸国では同様のケースを一度も目撃したことがないと述べた。[40]ヘスラーは、白熱した議論の中で自由党中央党から彼女の中立性を厳しく批判された。そしてキリスト教民主党[41]

2005年には重度のうつ病の少年が国外追放の危機に瀕し、スウェーデン人道団体が彼に永住権を与えるよう要求した事件があった。しかし、この提案は穏健党によって反対票が投じられた。当時、移民大臣のバーブロ・ホルムバーグ氏は、特別な扱いを与えると、さらに多くの亡命児童が無関心になるリスクが高まる可能性があると述べた。[42]緑の党の党首グスタフ・フリドリンは、亡命家族が自分の子供たちを操作することは決してないと述べて、彼女を人種差別主義者であると非難した。[43]ホルムバーグはバロメーター誌に掲載された年代記でも批判されたゲフレ・ブラッド氏は「難民の親が自分の子供に薬物を投与し虐待した」と述べた。[44] [45]

ストックホルムのソルナにある移民委員会事務局の幹部であるアニカ・リングが、 Svenska Dagbladetのインタビューに応じましたこのインタビューで彼女は、理事会が難民家族の間で何らかの「不規則性」を調査しており、親が心理操作や投薬などを通じて子どもたちの状態に何らかの責任を負っていることを示唆していると述べた。委員会はこれを社会当局に報告したが、何も起こらなかったので、警察は子供たちが毒殺されたのではないかと疑い、警察に報告を行った。理事会はスウェーデンのメディアから激しく批判された[46] 。[47]ビョルン・スンディン記者は、国家調査の専門家トーマス・ジャクソンが象徴的な抗議としてスヴェンスカルナス党に参加した後はその理論を信じないと述べたが、スンディンはジャクソンの議論には妥当性と信頼性があり、ジャクソンに対する批判はそうではないと指摘した。客観的に会えた。スウェーデンの作家ラース・ウルウェンクロイツは、著書の中でジャクソンを「この現象を児童虐待と呼ぶ勇気を持った」と称賛した。[49]

児童虐待

しかし、精神科医、医師であり、当時労働党時代に国家調査に選ばれた専門家であるトーマス・ジャクソンは、子供たちはスウェーデンの福祉から富を得るために子供を弱らせることを目的として、親または保護者によって経管栄養を与えられている重度の虐待を受けていたと結論付けたシステム。[50] [51] これは大きな論争を引き起こし、ジャクソンは作家のゲレールト・タマス[52]アルベターブラデットの記者マレーナ・ライデルとジェニー・ウェンバーグによって「無能なナチス」というレッテルを貼られた。[53] [54]

ジャクソンさんによると、虐待は続いており、「コマンドー症候群」という言葉を提案したという。ジャクソンは捜査後、東ヨーロッパ諸国の人身売買組織から脅迫を受けると連絡を受けたと報告した[55] 。警察に連絡したところ、警察はこの脅迫は犯罪ネットワークの暴露によるものであると述べた。ジャクソンはDagens Medicinに記事を掲載したが、ジャクソンの立場が物議を醸しすぎたため削除された。[56]ジャクソンの論文は、ミュンヒハウゼンの専門家であるマーク・フェルドマンによって代理で支持されている。[57]州調査の専門家に選ばれたトーマス・エリクソンは、子供たちが操作されたり毒殺された可能性があると述べた。[58]州検察官のリセ・タム氏は、難民の親が子供を犯罪的に虐待しているという報告に基づいて捜査を開始したが、スウェーデンの社会福祉団体であるソーシャルティエンステンは当局と「利害が対立」しており、捜査は不可能だった。[59]

タム氏は2006年、移民委員会がストックホルムで子供を虐待した疑いのある9人の親を報告したと述べた。[60] [61]タムは、タマスが状況に関する彼女の解説を意図的に歪曲したと結論付けた。[62] 2011年、児童の権利の専門家であるライラ・リンドバーグとサラ・ダンバーは、スヴェンスカ・ダグブラデット誌に掲載された記事の中で、医療従事者は児童虐待の可能性を診断する際に勇気も知識も欠けていることが多いため、無関心な児童は支援を拒否されていると述べた。[63] Svenska Dagbladetによる別の記事では国家保健福祉委員会は当局への協力を拒否し、児童虐待の疑いを報告できなかったと述べた。[64]一部の医療関係者は、親が子供たちのチューブから栄養補給の滴を秘密裏に空ける様子を目撃していた。[65]

場合によっては、必ずしも病気ではない子供たちを家族が憎んでいるという報告もあった。[66] 2005年にアフトンブレイデットが発表した記事によると、移住庁長官ジャンナ・ヴァリクは無関心な子供たちの間での虐待報告の調査を怠り、政府によって追放されたという。[67]法務大臣は、正しい手続きが行われたかどうかを判断するために移民局の調査を開始した。[68]

スウェーデン

ヨーテボリ大学のヘンリー・アッシャーが2011年9月に実施した調査では、難民の子どもたちはあいまいな議論に巻き込まれていた。一方では、それは国連子どもの権利条約に従ったスウェーデンの人道的な移民政策でありもう一方では国外追放決定を受けた保護者が子どもを虐待した疑い。[69] BBCの記事によると、この現象はスウェーデンでのみ発生し、「辞任症候群」と名付けられている。[70]ジャクソンはこれについてコメントし、この現象の正しい用語は「コマンドー症候群」であるべきであると述べた。[71]

ランカー誌のメリッサ・サルトーレ氏の記事によると、両親が亡命を拒否された後、子供たちは病気になったという。彼女はそれを「謎の病気」と表現した。[72]ゴーラン・ボデゴールは、「広汎性拒絶症候群(PRS)21年後―再概念化と名前変更」という論文の解説の中で、家族が居住を拒否された後、400人の子供が病気になったと書いた。[73] 2016年、Dagens Medicinは、無関心な難民の子供たちの数が増加しているという記事を発表した。[74] BMJは、子供たちが模倣をしていたか、あるいは虐待を受けていたかにかかわらず、カロリンスカ研究所の論争に関する記事を掲載した。[75]

ウェリントンのビクトリア大学のカール・ロフグレン教授の記事によると、大多数の子供たちは旧ユーゴスラビアとソ連の出身であるため、戦争地域に住んでいないにもかかわらず、子供たちがどのように戦争によってトラウマを負う可能性があるかを論じた[76]ロフグレンはまた、国家捜査に精神科医は関与していないと述べた。トーマス・ジャクソンが公認精神科医として言及されているため、これは誤りです。[77]ロフグレンはまた、2005 年にすべての難民の子供たちに大赦が与えられたとき、2007 年には事件数が減少したと書いている。[78]トーマス・ジャクソンは、保護者の多くが現在、子供の世話をするために州からお金を支払われているため、おそらく2000人以上の子供が虐待されていると述べた。

BBCのビル・シラーは、この現象は他の国には存在しないと述べたラジオエピソードを放送し、子供たちが偽りをしているかどうかについて激しい議論を引き起こした。[79] Svenska Dagbladet の記事によると、自宅の保護者に資金によるケアが提供されて以来、無関心な難民の子供の数は減少したという。[80] スウェーデン移民局であるMigrationsverket は、親が子供を虐待しているのが発見された13件の代理詐称を疑った。[81] [82]数人の医師と看護師はインタビューで、医師がすぐに亡命を勧めなかった場合、両親は医師に身体的暴力を加えたと述べた。多くの医師は、保護者に栄養を与えるための管を提供しました。それによって虐待がさらに進むことになります。窓やカーテンを閉めたまま孤立した子どもたちもいた。

カロリンスカ大学病院の小児科医カール・サリン氏はニューヨーカー紙に、「子供たちに希望を与えるもう一つの方法は、子供たちを適切に治療し、鼻腔チューブを入れたベッドに9か月間寝かせたままにしないことだ」と語った。[83] 2005 年の春、無関心な難民の子供たちに関する議論はさらに強まり、大恩赦を求めて運動する団体、個人、政党、宗教団体を動員して亡命権利運動を展開した。無関心な難民の子供たちとその親たちは、強制的に操作された強要の疑いが高まる可能性があるため、懐疑的な対象となった。ゲラート・タマスは、これらの発言は真実ではないと主張した。[84]

児童・青少年精神科クリニックの主任医師ビョルン・ルンディンと児童・青少年医療クリニックの主任医師ステファン・クローナーは、場合によっては子どもたちが被害者であることを説明する記事の中で、代理ミュンヒハウゼン理論を理論として提示し深刻な虐待。医師らは、こうしたケースでは両親のどちらか、通常は母親が加害者であると述べた。[85]

ノーシーボ効果

2017年のハンナ・ブラッドビー氏の記事によると、プラセボ効果の「悪の双子」である「ノセボ効果」のリスクがあり、中立的なはずの医師が医療介入を通じて望ましくない副作用を引き起こすという。善意の医師たちは、移民委員会に居住許可を与えるよう説得するために、難民の子供たちの極度の苦痛の必要性を強調し、その結果、親が居住許可のみが子供を健康に戻すと判断するという自己成就的予言につながる。この考えは子供の状態に関する適切な医学的調査を妨げるとして批判された。[86]ブラッドビー氏はまた、子どもが親から引き離されてから数日以内には、子どもの以前の状態に関係なく、通常のように健康に飲食できるようになる、とも述べた。[87]ジャクソンは、このような現象の犠牲になった子供たちは回復するかどうかを確認するために親から引き離されるため、この種の現象はノルウェーには存在しないと述べた。

文化

2011年、ストックホルム市立劇場は、ゲレールト・タマスの著書『De Apatiska』(無関心)からインスピレーションを得て、代理詐称を疑い、子供たちがトラウマを負っているという考えに同意しない政治家や医療関係者を揶揄する劇を主催した。戦争から。 「Apathy for Beginners」というオーストラリアのグループも演奏している[ 89 ]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ ブリンク、スーザン。「スウェーデンでは、何百人もの難民の子供たちが人生を諦めた。」NPR.orgいいえ、スウェーデン難民の子供たちです。NPR。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  2. ^ マーク、グラハム (2018). 福祉国家における官僚制、統合、そして疑惑。ラウトレッジ。ISBN 97813172996462020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  3. ^ ジェイコブセン、スタイン・リンダール; トンプソン、グレース (2016)。家族との音楽療法:治療的アプローチと理論的観点。ジェシカ・キングズレー出版社。p. 249.ISBN _ 97817845010512020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  4. ^ ラジオ、スヴェリゲス。「無関心な子供たちは「危険地帯にいる」 - ラジオ・スウェーデン」。sverigesradio.se2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  5. ^ (スウェーデン国営テレビ)、SVT (2012 年 3 月 26 日)。「Läkaren Thomas Jackson går med i ett högerextremt party (トーマス・ジャクソン博士が右翼極端党に加わる)」。SVT ニュヘテル(スウェーデン語)。ニュースはありません。SVT。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  6. ^ レカレ、トーマス・ジャクソン、公認精神科医兼医師。精神科医、スペシャリスト I. アルマン; 精神医学、欧州大学ディレクター(2012年4月22日)。「Nej, jag är inte nazist (いいえ、私はナチスではありません)」。na.se (スウェーデン語)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  7. ^ リーサ、ステイシー (2017 年 3 月 29 日)。「スウェーデンで何百人もの子供たちが昏睡状態に陥るが、その理由は誰も分からない」良いです健康に。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  8. ^ Svenska Akademiens ordlista、第 14 版 (2015)
  9. ^ 国境なき精神医学 (2019). スウェーデンの無関心な難民の子供たちの間で発生する精神医学的および犯罪現象「代理詐称」または「コマンドー症候群」のレビュー。
  10. ^ ジャクソン、トーマス。ジャクソン・ジャガー・ジャーナリスト: (画像 12: ジャクソンが児童虐待に加担しているとしてスウェーデンの医療と医師を批判した Dagens Medicin の 2006 年の記事) (スウェーデン語)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  11. ^ リズナー、マーガレット (2005). 「家族法教授:スウェーデンで児童虐待詐欺が発覚」。lawprofessors.typepad.comいいえ、スウェーデンで児童虐待詐欺が発覚しました。元はNews24によって発行されました。ロバート・H・マッキニー法科大学院。インディアナ大学。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  12. ^ ユディット・ナマー; オリバー・ラズム(2018年4月)。「ユリシーズの定着:難民の精神的健康のための適応された研究課題」。医療政策と管理の国際ジャーナル7 (4): 295.土井: 10.15171/IJHPM.2017.131PMC 5949219PMID  29626396。 
  13. ^ ゴメス=カリージョ、アナ; カーマイヤー、ローレンス J. (2019)。「心身医学の理論と実践における主体性、具現化、実行」。医療人文科学45 (2): 169–182。土井:10.1136/medhum-2018-011618。PMC 6699606PMID  31167895。2019 年 10 月 24 日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得 
  14. ^ ルンドバーグ、ウルフ; クーパー、ケーリー (2010)。産業衛生の科学: ストレス、心理生物学、そして仕事の新しい世界。ジョン・ワイリー&サンズ。ISBN 9781444391114
  15. ^ BMJ: 英国医学ジャーナル。カリフォルニア大学: 英国医師会。2008.p. 1317. 2020年10月29日時点のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  16. ^ ダニエル・ヘドランド (2016). スウェーデンの亡命政策と手続きにおける同伴者のいない未成年者の制限の描き方(PDF) (Holmbergs、Malmö 2016 発行、スウェーデンで印刷、配給元: 児童青少年研究局編)。児童青少年研究学科。ストックホルム大学。p. 22.ISBN _ 978-91-7649-335-92019 年 7 月 15 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 15 日に取得
  17. ^ ベンズ、ハンス (2005 年 12 月 13 日)。「Apatiskepidemiobegriplig(無関心の流行は理解できないわけではない)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。いいえ。(翻訳:多くの小児科医が診断の代替手段として疑似疾患を拒否し、隠蔽しているという事実は、専門的な間違いです。疑似は科学において未知の現象ではありません、と主治医のハンス・ベンズは書いています)。SVD。Svd(スヴェンスカ・ダグブレード)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  18. ^ ヘドストローム、ソフィー (2017). 北欧諸国における亡命希望者の精神的健康(PDF) (Signe Smith Jervelund 編)。コペンハーゲン大学。p. 15. 2019 年 7 月 15 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 15 日に取得
  19. ^ ペトロヴィッチ、プレドラッグ; ヒジェルン、アンダース。エングストローム、インゲマール。エバース、カシンカ。ラーゲルクランツ、ヒューゴ。カール・サリン(2016)。「諦め症候群: 緊張病? 文化に縛られている?」。行動神経科学のフロンティア10 : 7.土井: 10.3389/fnbeh.2016.00007PMC 4731541PMID  26858615。 
  20. ^ クラッツァー、ユルゲン (2017). 「スウェーデン: 難民の子供たちが昏睡状態に陥る」(PDF)クリエ.at. クリエ.at. 2020 年 10 月 29 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 15 日に取得
  21. ^ ランドグレン、エリン・リンドストローム・クラッセン、EVA。「ヘンリー・アッシャー – 困っている人たちへの思いやりを込めて」。www.akademiliv.seアカデミリブ。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  22. ^ タマス、ゲラート。「無関心な人 - (疑いの余地なく、これはバルト人の引き渡しや精神障害者の強制不妊手術と同等のスウェーデンの恥辱である。そしてタマスは明らかにこの問題を明らかにしたことで大きな賞賛を与えられるべきである。)」Gellert Tamas (スウェーデン語). 2019 年 7 月 15 日のオリジナルからアーカイブ. 2019 年7 月 15 日閲覧
  23. ^ トーマス・セジャーセン; ワン・チン・H. (2013)。急性小児神経内科。シュプリンガーのサイエンス&ビジネスメディア。p. 119.ISBN _ 97808572949132020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  24. ^ ピンクストン、ピンクストン。「スウェーデンの緊急治療室には、無関心な子供たちが早くから現れ始めた。」www.coursehero.comノースカロライナ大学ウィルミントン校 (UNCW)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  25. ^ Regeringskansliet、スウェーデン政府機関 (2005)。国連子どもの権利委員会に対するスウェーデンの第 4 回定期報告書 2002 ~ 2007 年 (スウェーデン法典 - SFS 2006:67: 児童および学校生徒の差別およびその他の品位を傷つける扱いを禁止する法律編)。p. 19. 2019年7月16日時点のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  26. ^ ラジオ、スヴェリゲス。「Experter har lurats om apatiska flyktingbarn - Klartext (専門家は無関心な難民の子供たちについて嘘をついています)」。sverigesradio.se (スウェーデン語)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  27. ^ J. エリクソン、スウェーデンの医師、准教授、トーマス。「「Gellert Tamas har fel om de apatiska barnen」 | Nyheter | Expressen (無関心な難民の子供たちについてタマスは間違っている)」。www.expressen.se (スウェーデン語)。いいえ、議論: ゲレールト・タマスは間違っています。エクスプレス。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  28. ^ ラジオ、スヴェリゲス。「Ilska mot läkaren som gav klartecken until utvisning - P4 Sjuhärad(国外退去を許可した医師に対する怒り)」。sverigesradio.se (スウェーデン語)。いいえ、討論: トーマス・エリクソンは、ゲレールト・タマスのエリクソンの解説に返答することを許可されなかったことに怒っています。少年の国外追放に積極的に参加していた。(エリクソン:私は多くの子供たちを治療してきました)。P4 シューハラド。P4 シューハラド。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  29. ^ エンゲルソイ、副院長兼主任医師、ピーター。「論争:「Allvarliga brister i Gellert Tamas bok」(タマス本の重大な誤った記述)」。アフトンブラデット(スウェーデン語)。いいえ、タマス本に対する批判です。アフトンブラデット。アフトンブラデット。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  30. ^ オラフ・ベングトソン; ステン・ルンドクヴィスト。「討論:「タマス・スパイダー・グルンドローサ・リクテン」」[討論:タマスが噂を広めている]。アフトンブラデット(スウェーデン語)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  31. ^ ダーゲンス、ニュヘテル (2009 年 11 月 2 日)。「Gellert Tamas trovärdighet kan ifrågasättas. (Gellert Tamas の信頼性には疑問の余地があります)」。DN.SE (スウェーデン語)。いいえ、タマスは信頼できません。ダーゲンス・ニュヘテル。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  32. ^ ナデル・アフマディ、研究リーダー、マリー・ヘスラー、国家調整官 (2006)。SOU 2006:114 Asylsökande barn med uppgivenhetssymtom - ett svenskt fenomen åren 2001-2006 (スウェーデン語) (亡命プロセスにおけるスウェーデン国家児童コーディネーター編)。スウェーデン: Norstedts Juridik AB。p. 111.ISBN _ 9789138226773
  33. ^ スーク、ヴァヴラ。「Svenska medier skapar apatiska barn(スウェーデンのメディアが無関心な子供たちを生み出す)」。www.eaec-se.orgヴァヴラ・スク。2019年6月26日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 17 日に取得
  34. ^ クリスチャン、ラーセン (2007 年 7 月 11 日)。「Läkare until Attack mot svensk media (医師がスウェーデンメディアを攻撃)」。dt.se (スウェーデン語)。いいえ、強制シミュレーションです。ミットメディア。DT。2019年7月17日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 17 日に取得
  35. ^ スミス、リンダ・ヴァーセル (2017). ミラビリア。p. 75.ISBN _ 97809888554892020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  36. ^ アビブ、レイチェル (2017 年 3 月 27 日)。「強制送還に直面したトラウマ」。ニューヨーカーさん。2019年2月27日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  37. ^ アフマディ N (2006)。Asylsökande barn med uppgivenhetssymtom – トラウマ、文化、亡命プロセス [諦めの症状を持つ亡命希望の子供たち – トラウマ、文化、亡命プロセス]。ステーテンス・オフェントリガ・ウトレドニンガルSOU 2006:49。エディタ、ストックホルム
  38. ^ エリック、ウィクストロム (2006 年 10 月 11 日)。「Ett svårlöst mysterium(解くのが難しい謎)」。gd.se (スウェーデン語)。いいえ。国家調査で流行している無関心な難民の子どもたちの研究リーダー、ナデル・アフマディ氏は、子どもたちの操作と毒殺の危険性についてコメントした。GD。ゲフレ・ブラッド(GD)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  39. ^ ビョルン・アクセル、フォースランド、カール=マグナス; ヨハンソン。「(アフマディ(2006)は、これらの国々、例えばアゼルバイジャンの人々は、場合によっては子供たちが集団、つまり家族の後援者として行動し、集団の生存に利用できる資源を利用できるという『総合的アプローチ』を持っていると主張した)」( PDF)ヨーロッパの児童・青年精神医学。2019 年 7 月 15 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 15 日に取得
  40. ^ リザンヌ、シズー (2005 年 1 月 23 日)。「無関心な難民の子供たち:スウェーデンの現象」。www.thelocal.seローカル。ローカル。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  41. ^ 「『無関心』な難民の子供たちが大幅に減少」. www.thelocal.se2006年12月30日。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  42. ^ オーバーランド、グウィニス; グリバイ、ユージーン。嘘よ、ビルギット (2014) 心に傷を負った難民に対する北欧の取り組み: 私たちは本当に気にかけていますか? ケンブリッジ・スカラーズ・パブリッシング。p. 105.ISBN _ 97814438677712020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  43. ^ 「無関心な難民の子供たちはスウェーデンに留まることができる」. www.thelocal.se2005年6月8日。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  44. ^ ブラッド、ゲフレ (2012 年 3 月 31 日)。「Apatiska – inte "apatiska" (無関心 - 無関心ではない)」。gd.se (スウェーデン語)。いいえ、議論です。GD。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  45. ^ (クロニクル)、バロメーター (2012 年 4 月 2 日)。「"Tomhylsan" fällde sig själv (抜け殻は自らの罠に落ちた)」。バロメーターン(スウェーデン語)。いいえ、討論: トーマス・ジャクソン。バロメーター。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  46. ^ ピーターソン、オーサ (2006)。「LEDARE: En riktigt smutsig flyktingskandal (実に不潔な難民スキャンダル)」。アフトンブラデット(スウェーデン語)。いいえ、議論: 政府の専門家は、無関心な難民の子供たちについて嘘をついています。エクスプレス。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  47. ^ クームズ、W. ティモシー; シェリー J. ホラデイ (2012)。危機コミュニケーションのハンドブック。ジョン・ワイリー&サンズ。p. 491.ISBN _ 97814443619022020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 22 日に取得
  48. ^ スンディン、ビョルン。「Att ge näring åt obehagliga frön – apatiska flyktingbarn, nazistpartier och inefektiva svar – Björn Sundin (不快な種を与える - 無関心な難民の子供たち、ナチ党、そして効果のない答え)」 (スウェーデン語)。いいえ、ジャクソンの信頼性についての議論です。ビョルン・スンディン。ビョルンスンディン.se。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  49. ^ ウルヴェンクロイツ、ラース (2015). Redaktor'n Faktar Vidare (社説は事実確認を続けています) (スウェーデン語)。ルル.com。p. 55.ISBN _ 9781329373990
  50. ^ ジャクソン、精神科医、トーマス (2017). 「BioEdge: スウェーデンだけ? でもなぜ?」。バイオエッジバイオエッジ。バイオエッジ。2019年6月17日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  51. ^ オフェントリーガ・ウトレドニンガル、スタテンス。「諦め症候群を持つ子どもたちの庇護を求める-トラウマ、文化、庇護のプロセス」。ソウストックホルム 2006 年、ストックホルムでの納屋と納屋への協力関係。2017 年 9 月 22 日時点のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  52. ^ ダン、マルムクヴィスト (2017 年 11 月 17 日)。「Thomas Jackson har fått rätt om de apatiska barnen (無関心な難民の子供たちについてトーマス・ジャクソンは正しかった)」。ニャ・タイダー(スウェーデン語)。ニャ・タイダー。ニャ・タイダー。2019年6月26日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  53. ^ ウェンバーグ、ジェニー (2012 年 3 月 27 日)。「Om titelns betydelse(タイトルの本質)」。arbetarbladet.se (スウェーデン語)。いいえ、議論: トーマス・ジャクソンはナチスです。アルベタルブラデット。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  54. ^ ライデル、マレナ (2016). 「マレーナ・ライデル:2010年の無関心な難民の子供たち(同伴者のいない難民の子供たちは2010年の無関心な難民の子供たち)」。ダーゲンス アリーナ(スウェーデン語)。いいえ、議論: 無関心な難民の子供たちと、ナチスであるトーマス・ジャクソン。アルベタルブラデット。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  55. ^ 国境、なしの精神医学、精神医学 (2019). スウェーデンの無関心な難民の子供たちの間で見られる精神医学的および犯罪現象「代理詐称」または「コマンドー症候群」(トーマス・ジャクソン博士の提唱) のレビュー。スウェーデン:国境なき精神医学。
  56. ^ 国境なき医師団、精神医学 (2019). スウェーデン最大の医学紙ダーゲンス・メディシンとスウェーデンの医師らは、2006年から現在(2019年)までスウェーデンの無関心な難民の子供たちの間で起きた精神医学的・犯罪的現象「代理による集団詐病」を隠蔽した。国境なき精神医学。2020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  57. ^ 「スウェーデンの無関心な子どもの問題 – ECP のトーマス・ジャクソン医学博士と米国のマーク・フェルドマン医学博士にインタビュー | ジャクソン・ジャガー・ジャーナリスト」 (スウェーデン語)。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  58. ^ タマス、ゲラート。Apatiska barn hotade igen (無関心な難民の子供たちが再び脅される) (PDF)スウェーデン:アリーナ・グルッペン。2016 年 8 月 27 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 16 日に取得
  59. ^ クリスティーナ・ワールデン (2006 年 9 月 20 日)。「Omöjligt utreda apatiska barn (Lise Tamm: 無関心な難民の子供たちを調査することは不可能)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。いいえ、無関心な難民の子供たちを調査することは不可能です。SVD。Svd(スヴェンスカ・ダグブレード)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  60. ^ SVT、SVT (2006 年 7 月 8 日)。「Utredningar om apatiska barn läggs ned (無関心な難民の子供たちの間の児童虐待の調査は中止される)」。SVT ニュヘテル(スウェーデン語)。SVT。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  61. ^ (スウェーデン国営テレビ)、SVT (2006 年 8 月 17 日)。「Inga åtal om vanvård av apatiska barn (無関心な難民の子どもたちの虐待に対する告発はなし)」。SVT ニュヘテル(スウェーデン語)。いいえ、リーゼ・タム: 犯罪を証明することはできません。SVT。SVT。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  62. ^ タム、リセ。「(無関心な人)」。デ・アパティスカゲレルト・タマス。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  63. ^ サラ・ダンバー、ライラ・リンドバーグ (2011 年 5 月 29 日)。「Apatiska barn nekas rätt hjälp(無関心な難民の子供たちは援助を拒否される)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。スヴェンスカ・ダグブレード。スヴェンスカ・ダグブレード。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  64. ^ クリスティーナ・ワールデン (2005 年 11 月 23 日)。「Vanvården granskas av länsstyrelsen (児童虐待は郡によって調査されている)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。Svd(スヴェンスカ・ダグブレード)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  65. ^ クリスティーナ・ワールデン (2005 年 11 月 22 日)。「Larm om vanvård av apatiska barn (無関心な難民の子供たちの虐待に関する報告)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。SvD(スヴェンスカ・ダグブレード)。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  66. ^ クリスティーナ・ワールデン (2005 年 12 月 15 日)。「Apatiska barn ofta inte sjuka(無関心な子供たちは必ずしも病気とは限りません)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。いいえ、議論です。SvD(スヴェンスカ・ダグブレード)。2019年5月30日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  67. ^ シモーネ・セーデルジェルム、ミラ・ミチッチ。「Miljöpartiet: Direktören måste avgå (緑の党: 事務局長は追放されなければならない)」。アフトンブラデット(スウェーデン語)。いいえ。児童虐待の可能性を報告しなかったヴァリックスの行動を批判。アフトンブラデット。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  68. ^ ダーゲンス、ニュヘテル (2006 年 1 月 18 日)。「JO granskar Migrationsverket (法務大臣が移民局を調査)」。DN.SE (スウェーデン語)。いいえ、移民局の調査です。DN。2019年7月16日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 16 日に取得
  69. ^ ヘンリー・アッシャー、マリタ・イーストモンド、および (2014). 子どもの最善の利益のために? スウェーデンにおける脆弱性の政治と亡命交渉 (Informa Ltd イングランドおよびウェールズ登録番号: 1072954 登録事務所: Mortimer House, 37-41 Mortimer Street, London W1T 3JH, UK ed.)。Routledge、Journal of Ethnic and Migration StudiesVol. 37、No.8、2011年9月、1185ページ。4. 2020年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  70. ^ リンダ・プレスリー (2017). 「スウェーデンだけなのになぜ - Google 検索」。www.google.seいいえ、スウェーデン人は子供たちを辞めさせました。BBC。BBC。2020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  71. ^ ジャクソン、トーマス。「ジャクソン・マル・血圧症候群 | ジャクソン・ジャガー・ジャーナリスト(ジャクソンは記者を狩る)」。Jajj.se (スウェーデン語)。2019年6月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  72. ^ サルトル、メリッサ。「シリア難民は『死ぬまで眠り続ける』がその理由は誰も分からない」ランカーいいえ、スウェーデンの謎の病気。ランカー。ランカー。2020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  73. ^ ナン、ケネス P.; ラスク、ブライアン。オーウェン、イザベル (2013)。「広汎性拒絶症候群 (PRS) から 21 年: 再概念化と名前変更」。ヨーロッパの児童・青年精神医学23 (3): 163–172。土井10.1007/s00787-013-0435-5PMID  23793560。
  74. ^ クレイ、イェンス (2016). 「Antalet apatiska barn ökar(無関心な難民の子供の数が増えている)」。Dagens Medicin (スウェーデン語)。いいえ、無関心な難民の子供たち。ダーゲンス薬。ダーゲンス薬。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  75. ^ カレン、マッコール (2008 年 12 月 1 日)。「この報告は、子供の精神症状の原因をめぐって論争を引き起こす」BMJカレン・マッコール。337 : a2818. 土井:10.1136/bmj.a2818。PMID  19047188。S2CID 42780093。2019 年 7 月 15日時 点のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  76. ^ ロフグレン、カール。「スウェーデンの無関心な難民の子供たち(A)」。政府大学院、オーストラリアおよびニュージーランドケースプログラム。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  77. ^ 国境なき医師団、精神医学 (2019). スウェーデンの無関心な難民の子供たちの間の精神医学的および犯罪的現象「代理詐称」または「コマンドー症候群」(トーマス・ジャクソン博士の提案) のレビュー (DOI: 10.13140/RG.2.2.28490.82887 編)。スウェーデン。2020年10月29日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 17 日に取得
  78. ^ カール、ロフグレン (2013). 「スウェーデンの無関心な難民の子供たち」。ケースプログラム。スクール・オブ・ソート、オーストラリアとニュージーランド。2019年3月26日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  79. ^ ラジオ、スヴェリゲス (ビル・シラー)。「無関心な子どもの症候群が増加中 - ラジオ・スウェーデン」。sverigesradio.seいいえ、無関心な難民の子供たちです。SR。Sveriges Radio (スウェーデンのラジオ)。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  80. ^ クリスティーナ・ワールデン (2005 年 12 月 18 日)。「Färre fall av apatiska barn efter aktiv vård (積極的なケアの後、無関心な難民の子供たちの症例が減少する)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。スヴェンスカ・ダグブレード。2019年6月17日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  81. ^ “スウェーデンの児童虐待詐欺”. ニュース242005年11月22日。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  82. ^ ワールデン、マルクス・ルッテマン、クリスティーナ (2005 年 12 月 15 日)。「Apatiska barn ofta inte sjuka(無関心な難民の子供たちは必ずしも病気ではない)」。スヴェンスカ・ダグブラデット(スウェーデン語)。いいえ、議論です。SVD。SVD。2019年5月30日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  83. ^ ゾーイ・アポストリデス、ゾーイ (2018 年 4 月 15 日)。「現実の『眠れる森の美女』の写真は、悲痛な物語を捉えています。」NewsComAuニュース.com.au。ニュース.com.au。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  84. ^ セイガー、マヤ (2011). 日常の秘密: 市民権と移民政策の限界に関する経験(PDF)ルンド大学。p. 37. 2019 年 7 月 15 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 15 日に取得
  85. ^ オルソン、タチアナ・ラリーナ (2006)。Apatiska flyktingbarn - ur behandlarens perspektiv (無関心な難民の子供たち - セラピストの観点から) (PDF)ストックホルム: ストックホルム大学。pp. 9、31。2019年 8 月 14 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年8 月 14 日に取得
  86. ^ 「スウェーデンの数百人の難民の子供たちがまれな現象で昏睡状態に陥る」. インディペンデント2017年4月1日。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  87. ^ ブラッドビー、ハンナ。「文脈における国外追放と絶望」(PDF)いいえ、スウェーデンの無関心な難民の子供たちです。すべてのコンテンツ © 2015 生活費。全著作権所有。生活費。2019 年 7 月 15 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年7 月 15 日に取得
  88. ^ ケミリ、ジョナス・ハッセン (2011 年 8 月 14 日)。「Apatiska för nybörjare(初心者のための無関心な子供たち)」。ヨナス・ハッセン・ケミリ(スウェーデン語)。2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得
  89. ^ 「初心者のための無関心」. ワガを訪問してください2019年7月15日のオリジナルからアーカイブ2019 年7 月 15 日に取得