有気音

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
有気音
◌ʰ
エンコーディング
エンティティ(10進数)ʰ
Unicode (16進数)U + 02B0

音声学では吸引は、リリース、または前気音の場合は一部の阻害音の閉鎖に伴う強いバーストです英語では、有気音非有気音相補的に分布する異音ですが、他のいくつかの言語、特にほとんどの南アジア言語インドを含む)と東アジア言語では、違いは対照的です。

吸引のある方言では、吸引された音と吸引されていない音の違いを感じたり見たりするために、手または火のともったろうそくを口の前に置き、スピン [spɪn]と言ってからピン [pʰɪn ]と言います。空気の吹き込みを感じるか、スピンでは得られないピン付きのキャンドルの炎のちらつきを確認する必要があります。

音声文字変換

International Phonetic Alphabet(IPA)では、有気音は無声子音の記号とそれに続く無声声門摩擦音の記号の上付き文字⟨◌ʰ⟩使用書かます⟨h⟩ たとえば、⟨p⟩無声両唇破裂を表し、 ⟨pʰ⟩は有気両唇破裂を表します。

有気音が実際に吸引されることはめったにありません。⟨bʰ⟩のように、有声子音の後に⟨◌ʰ⟩が続く記号は、通常、濁った有声子音を表す子音を表します以下を参照)。サンスクリット語文法上の伝統では、有気音は無声有気音と呼ばれ、息もれ声の子音は有気音と呼ばます。

誤嚥の程度を表す専用のIPA記号はなく、通常は2度のみがマークされます光の願望の古いシンボルは⟨ʻ⟩でし、これは現在では廃止されています。吸引モディファイアの文字は、特に強いまたは長い吸引を示すために2倍にすることができます。したがって、韓国語の停留所での2度の願望は、⟨kʰkʰʰ⟩または⟨kʻ⟩と⟨kʰ⟩と表記されることがあります通常[ k][kʰ][1]と表記され、音声開始時間の詳細が示されます。数値的に。

前気音の子音は、子音記号の前に吸引修飾文字を配置することでマークされます。⟨ʰp⟩は、前気音の両唇音の停止を表します。

吸引されていない子音または無声無気音は、吸引されていないことを示す修飾文字でマークされることがあります⟨◌˭⟩上付き文字 は記号に等しい⟨t˭⟩ただし、通常、吸引されていない子音はマークされないままになります:⟨t⟩

音声学

無声子音は、声帯が開いた状態(広がり)で振動しない状態で生成され、有声子音は、声帯が部分的に閉じて振動しているときに生成されます(モーダルボイス)。子音が解放された後、声帯が開いたままになると、無声の誤嚥が発生します。これを測定する簡単な方法は、子音の発声開始時間を記録することです。これは、次の母音の発声は、声帯が閉じるまで開始できないためです。

ナバホ語などの一部の言語では、停止の願望は無声軟口蓋摩擦音として音声的に認識される傾向があります。破擦音の吸引は、摩擦音の延長として実現されます。

有気音の後には、母音やその他の濁音が続くとは限りません。たとえば、東アルメニア語では、有気音は単語の最後でも対照的であり、有気音は子音クラスターで発生します。ワギ語では、子音は最終的な位置にあるときにのみ吸引されます。

程度

吸引の程度はさまざまです。吸引された停止の音声開始時間は、言語または調音の場所に応じて長くなったり短くなったりします。

アルメニア語と広東語には、吸引されていない停止に加えて、英語で吸引された停止とほぼ同じ長さの願望があります。韓国語には、アルメニア語と広東語の無気音と有気音の間にある軽い有気音の停止音と、アルメニア語または広東語よりも吸引が長く続く強い有気音の停止音があります。音声開始時間を参照してください。)

願望は調音の場所によって異なります。スペイン語の無声停止/ ptk /の有声開始時間(VOT)は約5、10、および30ミリ秒であり、英語の有気音/ ptk /のVOTは約60、70、および80ミリ秒です。韓国語の有声開始時間は、/ ptk /では20、25、50ミリ秒、/pʰtʰkʰ/では90、95、125ミリ秒と測定されています。[2]

倍増

有気音が2倍になるか発声する、ストップはより長く保持され、その後、有気音が放出されます。有気音は、停止、摩擦音、および有気音で構成されます。二重に吸引された破擦音は、停止部分での保持が長くなり、摩擦音と吸引からなるリリースがあります。

前気音

アイスランド語フェロー語には、前気音[ ʰpʰtʰk ]と子音があり、一部の学者[誰?]それらも子音クラスターとして解釈します。アイスランド語では、前気音のストップは、ダブルストップやシングルストップとは対照的です。

IPA 意味
kapp [kʰɑʰp]または[kʰɑhp] 熱意
ギャブ [kɑpp] でっち上げ
ギャップ [kɑːp] オープニング

前気音はスコットランドゲール語の特徴でもあります。

IPA 意味
[kʰɑʰt]

事前に吸引された停止は、ほとんどのサーミ語でも発生します。たとえば、北部サーミ語では、無声後部歯茎と破擦音の音素/ p // t // ts //tʃ// k /は前気音と発音されます([ʰp][ʰt] [ʰts][ʰtʃ][ʰk])中間または最終位置。

摩擦音と共鳴音

世界の言語で最も吸引されている阻害音は停止音と破擦音ですが、[sʰ]、[ɸʷʰ][ ɕʰ ]などの吸引摩擦音は韓国語で文書化されていますが、これらは他の異音の異音です。同様に、有気音、さらには有気音、近似音、およびトリルは、いくつかのチベト・バーマン語、一部のオト・マンゲ語、モンゴ語のHmu、およびスー語のOfoで発生します。Choni Tibetanなどの一部の言語には、対照的な有気音が4つもあります[sʰ] [ɕʰ] [ʂʰ][xʰ][3]

無声志向の有声子音

インドの言語で一般的な[bʱ]、[dʱ]、[ɡʱ]などのつぶやいた(息もれ声)子音とは対照的に、真に吸引された有声子音は非常にまれです。それらはKelabitで文書化されています。[4]

音韻論

願望は言語によって意味が異なります。異音または音素のいずれかであり、基礎となる子音クラスターとして分析できます。

異音

英語などの一部の言語では、吸引は異音です。破裂音は主に有気音によって区別され[要出典] 、無声破裂音が吸引されることがありますが、有声の破裂音は通常無気音です。

英語の 無声 停止音は、ほとんどのネイティブスピーカーが単語の頭文字であるか、強調された音節を開始するときに吸引されます。多くのインド英語話者が行っているように、これらの位置で吸引されていないものとしてそれらを発音すると、他の英語話者による対応する有声両唇破裂と混同される可能性があります。逆に、この混乱は、北京語のように、有気音と無気音はあるが無声の言語のネイティブスピーカーでは発生しません

S +子音クラスターは、クラスターが形態素境界を越えるかどうかに応じて、有気音と非有気音の間で変化する可能性があります。たとえば、distend2つの形態素として分析されないため、無気音[t]ですが、 distasteはdis- +として分析され、 tasteという単語の最初のtが吸引されるため、中間[tʰ]が吸引されます。

単語の最後の無声停止が時々吸引されます。

パシュトゥー語の無声停止は、強調された音節でわずかに有気音で吸引されます。

音素

アルメニア語韓国語ラコタ語、タイ語インド語群、ドラヴィダ語アイスランド語ファロセ語古代ギリシャ語などの多くの言語では、無声無気音や有気音は音声です。[p˭s˭]のような有気音と[pʰʰpsʰ]のような有気音は別々の音素であり、単語はどちらか一方を持っているかどうかによって 区別されます。

子音クラスター

アレマン語のドイツ語の方言は、有気音[p˭t˭k˭]有気音[ pʰtʰkʰ]を持っています。後者のシリーズは通常、子音クラスターと見なされます

緊張

デンマーク語およびドイツ語のほとんどの南部の品種では歴史的な理由で⟨bdɡ⟩と表記されたレニス子音に願望がないという点で、硬音の子音⟨ptk⟩区別されます。[要出典]

不在

フランス語[5] 標準オランダ語[6] アフリカーンス語タミル語フィンランド語ポルトガル語イタリア語スペイン語ロシア語ポーランド語ラトビア語、および現代ギリシャ語は、有気音を伴わない言語です。

中国語

普通話(マンダリン)には、願望によって区別される停止と破擦音があります。たとえば、/ ttʰ / 、/t͡st͡sʰ/拼音では、無声無気音は英語で有気音を表す文字で書かれ、有気音無声無気音を表す文字で書かれます。したがって、 d/ t /を表し、tは/tʰ/を表します。

呉語閩南語には、停車地と破擦音の3つの違いがあります:/ppʰb/有気音と無気音に加えて、/ b /のような一連の泥だらけの子音があります。これらは、たるんだ声または息もれ声で発音されます。つまり、弱い声です。初期の泥だらけの子音は、音節が低音または明るい(陽陽)音発音される原因になります。

インドの言語

多くのインド・アーリア語には、意欲的な停止があります。サンスクリット語ヒンドゥスタニ語、ベンガル語マラティ語、グジャラート語には、4つの方法で停止があります。無声、有気音、有気音、息もれ声、または/ppʰbbʱ/などの有気音です。パンジャブ語は息もれ声の子音を失い、その結果、声調システムが生まれたため、無声、有気音、有気音が区別されます:/ppʰb/

テルグ語マラヤーラム語カンナダ語などのドラヴィダ語の一部は、インド・アーリア語のローンワードでのみ、有気音と無気音、有気音と無気音の区別がありますネイティブのドラヴィダ語では、これらのカテゴリの間に区別はなく、声と願望のために ストップが指定されていません。

アルメニア語

アルメニア語のほとんどの方言には有気音の停止音があり、一部の方言には息もれ声の停止音があります。

古典的なアルメニア語と東アルメニア語には、 /ttʰd/のように、無声、有気音、有声の3つの違いがあります。

西アルメニア語には、有気音と有気音の2つの違いがあります:/tʰd/西アルメニア語の有気音/tʰ /は東アルメニア語の有気音/tʰ/と有気音/ d /に対応し、西アルメニア語の有気音/ d /は東アルメニア語の無声音/ t /に対応します。

ギリシャ語

コイネーギリシャ時代以前のギリシアのいくつかの形態は、有気音の停止を持っているものとして再構築されています。古代ギリシャ語古典的なアッティカ方言、東アルメニア語のような停留所で3つの区別がありました:/ttʰd/これらのシリーズは、コイネーギリシャ語の文法学者によって、それぞれψιλάδασέαμέσαpsilá、daséa、mésa)「スムーズ、ラフ、中間」と呼ばれていました。

唇音、舌頂音、破裂音の3つの調音部位に有気音の停止がありました/pʰtʰkʰ/ミケーネギリシャ語に代表される初期のギリシャ語は、唇音化された軟口蓋吸引停止/kʷʰ/を持っていた可能性があり、方言と音韻環境に応じて、後に唇音化、冠状、または唇音化されました。

他の古代ギリシャ語の方言、IonicDoricAeolic、およびArcadocypriotは、ある時点で同じ3方向の区別を持っていた可能性がありますが、Doricは、古典時代の/tʰ/の代わりに摩擦音を持っていたようです。エオリック方言は時々吸引力を失いました(サイロシス)。

その後、コイネーギリシャ語の時代に、古アテナイ方言の有気音と有声歯摩擦音が無声と有声歯摩擦音になり中世現代ギリシャ語で/ θð /が生成されましたキプロスギリシャ語は、継承された(そして単語の境界を越えて開発された)無声の長子音ストップを吸引し、シリーズ/pʰːtʰːcʰːkʰː/を生み出すことで有名です。[7]

その他の用途

非口腔化

吸引という用語は、子音が声門破裂音または摩擦音になるように子音弱化(弱化)される非口腔化の音変化を指す場合があります[ ʔhɦ ]

息もれ声のリリース

いわゆる有気音は、ほとんどの場合、代わりに息もれ声、声帯の発声または振動の一種で発音されます。インド語群の「有気音」両唇音⟨bʰ⟩のように、有気音の後の修飾文字⟨◌ʰ⟩は、実際には息もれ声またはつぶやいた歯の停止を表しますしたがって、この子音は、息もれ声の発音区別符号、または有声声門摩擦音の記号の上付き文字⟨bʱ⟩を使用して、 ⟨b̤⟩としてより正確に転写されます⟨ɦ⟩

一部の言語学者は、二重ドットの下付き文字⟨◌̤⟩を母音鼻音などのつぶやいた共鳴音に制限し、その期間中ずっとつぶやき、上付き文字のフックアッチ⟨◌ʱ⟩を使用して阻害を吐き出します。

も参照してください

メモ

  1. ^ Ladefoged、ピーター; バーバラブランケンシップ; ラッセル・G・シュー編 (2009年4月21日)。「韓国語」UCLA音声学アーカイブ2015年2月20日取得1977年1966年1975年の単語リスト
  2. ^ Lisker and Abramson(1964)。「最初の停止での発声の言語横断的研究」。Word20:384–422。土井10.1080 /00437956.1964.11659830
  3. ^ Guillaume Jacques 2011.吸引された摩擦音の汎時的研究、Pumi、 Lingua 121.9:1518–1538からの新しい証拠[1]
  4. ^ Robert Blust、2006年、「Kelabit Voiced Aspiratesの起源:歴史的仮説の再検討」、 Oceanic Linguistics 45:311
  5. ^ トラネル、バーナード(1987)。フランス語の音:序論(第3版)。ケンブリッジ、ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。pp。129–130  _ ISBN 0-521-31510-7
  6. ^ Frans Hinskens、Johan Taeldeman、言語と空間:オランダ語、Walter de Gruyter 2014. 3110261332、9783110261332、p.66
  7. ^ Loukina、アナスタシア(2005)。「自発的発話におけるキプロスの長子音の音声学と音韻論」(PDF)CamLing:263–270。

参考文献

  • Cho、T。、&Ladefoged、P。、「VOTのバリエーションと普遍性」。対象言語のフィールドワーク研究V:音声学におけるUCLAワーキングペーパーvol 95.1997。
0.070374011993408