ノースカロライナ州アッシュビル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ノースカロライナ州アッシュビル
アッシュビル市
Asheville at dusk.jpg
18 Haywood St Asheville.jpg
Water Basin at Vance Memorial Asheville 2.jpg
Pritchard Park Asheville 3.jpg
Pack Square Park Asheville 1.jpg
Downtown Asheville Historic District 03.JPG
アッシュビルのダウンタウンとその周辺地域
Flag of Asheville, North Carolina
Official seal of Asheville, North Carolina
ニックネーム: 
「空の国」[1]
モットー: 
「サービスの質、生活の質」
Location in Buncombe County and the state of North Carolina
Asheville is located in North Carolina
Asheville
アッシュビル
ノースカロライナ州の場所
Asheville is located in the United States
Asheville
アッシュビル
米国内の場所
座標:35°35′45″ N 82°33′10″ W / 35.59583°N 82.55278°W / 35.59583; -82.55278座標35°35′45″ N 82°33′10″ W  / 35.59583°N 82.55278°W / 35.59583; -82.55278
アメリカ
ノースカロライナ州
バンコム
組み込まれています1797年
にちなんで名付けられましたサミュエル・アッシュ知事
政府
 •市長エスター・マンハイマー
 • 評議員
Sheneika Smith、
Sandra Kilgore、
Antanette Mosley、
Kim Roney、
Sage Turner、
Gwen Wisler
領域
 • 45.95平方マイル(119.01 km 2
 • 土地45.57平方マイル(118.01 km 2
 • 水0.39平方マイル(1.00 km 2)0.66%
標高
2,134フィート(650 m)
人口
 2020[3]
 • 94,589
 • 密度2,075.69 /平方マイル(801.53 / km 2
 • メトロ469,015(120日
 • 住民の呼称
アシェビラン
 米国国勢調査局の職員
タイムゾーンUTC-5東部
 •夏(DSTUTC-4EDT
郵便番号
28801〜28806、28810、28813〜28816
市外局番828
FIPSコード37-02140 [5]
GNIS機能ID1018864 [6]
Webサイトwww .ashevillenc .gov

アッシュビル/ æ ʃ V ɪリットル/ ASH -vil)で都市で、郡庁所在地バンコム郡ノースカロライナ、米国。[7]フレンチブロードスワンナノアの合流点に位置し、ノースカロライナ州西部で最大の都市であり、州で12番目に人口の多い都市です。よると、2020年米国国勢調査、都市の人口は94589であった[3] 2010年の国勢調査で83393からアップ。[8]2010年に424,858人、2020年に469,015人の人口を抱えた 4郡アッシュビル大都市圏の主要都市です。[4]

歴史

起源

ヨーロッパ人が到着する前は、現在アッシュビルが存在する土地は、現代のノースカロライナ州西部とサウスカロライナ州、テネシー州南東部、ジョージア州北東部に故郷があっチェロキー国家の境界内にありました。[9]川の合流点のある町は、スペインの探検家エルナンド・デ・ソトがこの地域を1540年に遠征した際に、グアクスールとして記録されまし[10] [11]彼の遠征は、最初のヨーロッパの訪問者で構成される[10]実施風土病ネイティブの人口の多くを殺したユーラシア感染症。[12]

チェロキー族は伝統的に合流点の近くで野外狩猟や集会所としてこの地域を利用していました。彼らはそれを19世紀半ばまで「彼らが競争する場所」を意味するUntokiasdiyi(チェロキー語)と呼んでいました[13] [14]

アメリカ独立戦争でアメリカが独立した後、1784年にヨーロッパ系アメリカ人はアッシュビルの地域に定住し始めました。その年、サミュエル・デビッドソン大佐と彼の家族はスワンナノア渓谷に定住し、ノースカロライナ州からの賃金の代わりに行われた兵士の土地の助成金を償還しました。クリスチャンクリークのほとりに丸太小屋を建てた直後、デビッドソンは森に誘い込まれ、白い侵入に抵抗するチェロキーハンターの一団に殺されました。デビッドソンの妻、子供、そして女性の奴隷は、16マイル離れたデビッドソンの砦(デビッドソンの父ジョンデビッドソン将軍にちなんで名付けられた)に一晩歩いて逃げました。

殺害に応じて、デビッドソンの双子の兄弟であるウィリアム・デビッドソン少佐と義兄のダニエル・スミス大佐は、サミュエル・デビッドソンの遺体を回収し、彼の殺害に復讐するための遠征隊を結成した。遠征の数か月後、デイビッドソン少佐と彼の拡大家族の他のメンバーはその地域に戻り、ビーツリークリークの河口に定住しました。[15]

米国国勢調査1790のは、別の国としてチェロキーネイティブアメリカンを除く、地域の住民千を数えます。バンコム郡は1792年に正式に設立されました。1800年の米国国勢調査では、郡内の約107人の入植者が奴隷所有者であり、合計300人の奴隷化されたアフリカ系アメリカ人を所有していました。郡の総人口は5,812人でした。[16]

1793年に「モリスタウン」と名付けられた郡庁舎は、2つの古いインディアントレイルが交差する高原に設立されました。1797年、モリスタウンはノースカロライナ州知事サミュエルアッシュにちなんで法人化され、「アッシュビル」と改名されました[17] [18]

1800年代に、ジェームズマクダウェルは、アッシュビルに彼とスミス家に属する奴隷を埋葬するための土地を設立しました。彼の息子のウィリアムウォレスマクダウェルは、この目的のために約2エーカーの土地を確保して、この慣習を続けました。

南北戦争

アッシュビル、1854年

南北戦争の前夜、アイルランド移民の息子であるジェームズW.パットンは、郡内で最大の奴隷所有者であり、アッシュビルにヘンリエッタとして知られる豪華な邸宅を建てました。[16]バンコム郡はノースカロライナ州西部で最も多くの著名な奴隷所有者を擁し、その多くはアッシュビルに本拠を置く専門家クラスであり、1863年には郡全体で293人に上った。[16]

1861年までに人口約2,500人のアッシュビルは、南北戦争の戦いの影響を比較的受けていませんでした市は、企業の数貢献した連合国陸軍だけでなく、ために数連合軍をしばらくの間、エンフィールドライフル製造施設が町にありました。

戦争は1865年4月初旬にノースカロライナ大学アッシュビル校の現在の場所で「アッシュビルの戦い」が行われるまでアッシュビルに到達しませんでした。北軍は1862年以来占領していたテネシー撤退した。彼らはアッシュビルで南軍の先輩と後輩の予備の小グループからの抵抗に遭遇し、バンコムターンパイクを横切る準備された塹壕線で南軍の兵士を回復させた。連合軍は、重大な損失なしにそれを達成できた場合にのみ、アッシュビルを占領するように命じられていた。[要出典]

その月の後半、ノースカロライナ州西部、バージニア州、テネシー州全体でのより大きなストーンマンズレイドの一環として、スワンナノアギャップで婚約が行われました。連合軍はブリッグからの抵抗に直面して撤退した。ノースカロライナ州西部の南軍の司令官、マーティン将軍。その後、北軍はハワードギャップとヘンダーソン郡を経由してこの地域に戻った[要出典] 1865年4月下旬、ノースカロライナ第3騎馬歩兵からのノースカロライナ連合軍が、ジョージ・ストーンマン連合将軍の指揮下でアッシュビルを占領した。[19]交渉による出発の後、2,700人の軍隊が「数百人の解放された奴隷」を伴って町を去った。[16]

奴隷のジョージ・エイブリーは、軍と共にテネシーに旅行したことが知られている40人の奴隷の1人でした。そこで彼は米国有色軍に入隊しました彼は1866年に正式に解雇された後、アッシュビルに戻りました。戦後、彼は元マスターのウィリアムW.マクダウェルに雇われ、黒い埋葬の公共の場所であるサウスアッシュビル墓地を管理しました。これは、州で最も古く、最大の黒い公立墓地です。最後の埋葬が行われた1943年までに、推定2,000人の遺体が埋葬されました。

その後、連邦軍が戻ってアッシュビルを略奪し、アッシュビルにある南軍の支持者の家を焼き払った。[20]

1880年代

アッシュビルのダウンタウン、1888年

1880年10月2日、ノースカロライナ西部鉄道ソールズベリーからアッシュビルまでの路線を完成させました。これは、市内に到達した最初の鉄道路線です。ほぼ即座にそれはリッチモンドアンドダンビル鉄道会社に売却されて転売され、1894年に南部鉄道の一部となった。[21]最初の鉄道の完成とともに、アッシュビルは産業プラントの数と規模が増加するにつれて着実に成長し、新しい居住者は家を建てました。[22] この地域の綿花を加工するために繊維工場が建設され、木材や雲母製品、食料品、その他の商品を製造するために他の工場が設立されました[23]

旧アッシュビル鉄道とスパルタンバーグ鉄道のヘンダーソンビルとアッシュビルの間の21マイル(34 km)の距離は、1886年に完成しました。[24]その時点までに、この路線は1894年までリッチモンド・ダンビル鉄道の一部として運行され、その後、南部鉄道[25]自動車との競争による業界の大きな変化に続いて、鉄道の再編により、サザン鉄道のカロライナスペシャルのコーチのみの残党であるアッシュビルの最後の旅客列車が1968年12月5日に最後に走った。

アッシュビルにはノースカロライナ州で最初の電気街路鉄道があり、その最初の路線は1889年に開通しました。これらは1934年にバスに置き換えられました。[26]

提示する1900年代

設計されたアッシュビル市庁舎、ダグラス・エリントンで、アールデコ調の1920年代のスタイル
アッシュビルフリーメーソン寺院スコットランド儀式大聖堂

1900年、アッシュビルはウィルミントンシャーロットに次ぐ州で3番目に大きな都市でした。[27]アッシュビルは1910年代と1920年代の数十年で繁栄した。[要出典] [28]この数年間、ラザフォードB.ヘイズ大統領の 息子であるラザフォードP.ヘイズは土地を購入し、アフリカ系アメリカ人の著名な実業家エドワードW.ピアソンシニアと協力して住宅用の土地を開発しましたアフリカ系アメリカ人のバートンストリートコミュニティとして知られています。[29]ヘイズはまた、衛生地区の設立に取り組んだ1913年に統合されたとなり、1917年にアッシュビルと合併したウェストアッシュビルで。[30]

アッシュビルメイソン寺院は、有名な建築家の指示の下、1913年に建設されたリチャード・シャープ・スミスフリーメーソン20世紀のほとんどを通して、地元の石工たちが集まる場所でした。[31]

大恐慌はかなりハードアッシュビルを襲いました。 1930年11月20日、8つの地方銀行が破綻しました。[32]のみワコビアはからの現金の点滴と開いたままウィンストン・セーラム[要出典]過去数十年の爆発的な成長のために、市が(地方債を通じて負っている一人当たりの債務は全国で最も高かった。[33] 1929年までに、市とバンコム郡の両方で、市庁舎、水道システム、ボーキャッチャートンネル、アッシュビル高校など、市やインフラのさまざまな改善のために5,600万ドルを超える担保付き債務が発生しました。市はデフォルトではなく、50年間にわたってこれらの債務を支払いました。[34]

1959年、市議会は、アッシュビル地域空港の開発のために、隣接するヘンダーソン郡に部分的に位置する不動産を購入しましたノースカロライナ州議会は、バンコムとヘンダーソンの境界を再設計して、提案された空港資産を完全にバンコムに含める法案を可決し、アッシュビルがサイト全体を併合できるようにしました。[35]

大恐慌の始まりから1980年代まで、アッシュビルの経済成長は遅かった。金融停滞のこの時期、繁華街のほとんどの建物は変更されていませんでした。その結果、アッシュビルには、米国で最も印象的で包括的なアールデコ建築のコレクションの1つがあります。[36] [37]

1916年7月15〜16日、アッシュビル地域は熱帯低気圧の残骸による深刻な洪水に見舞われ、300万ドル以上の被害をもたらしました。浸水した地域にはビルトモアエステートの一部が含まれ、それを運営した会社は維持費を下げるために不動産の一部を売却しました。この地域は後にビルトモアフォレストとして知られる独立した管轄区域として開発され、現在は国内で最も裕福な地域の1つとなっています。

2004年9月、ハリケーンフランシスイワンの残骸がアッシュビル、特にビルトモアビレッジで大洪水を引き起こしました[38] [39]

1950年代から1970年代にかけて、都市再開発により、アッシュビルのアフリカ系アメリカ人の人口の多くが移動しました。[40]アッシュビルのモンフォードとケニルワースの近隣は、現在ほとんどが白であり、かつては黒人の住宅所有者の過半数を占めていた。[41] 20世紀後半以来、ケニルワース地区のサウスアッシュビル墓地を維持および保護するための努力がなされてきた。州で最大の公共の黒い墓地であり、1800年代初頭から奴隷制時代までの約2000の埋葬があり、1943年までさかのぼります。墓石でマークされている墓は100未満です。

2003年には、100周年オリンピック公園の爆撃機 エリック・ロバート・ルドルフはからアッシュビルに運ばれたマーフィー、ノースカロライナ州のために、罪状認否連邦裁判所に。[42] [43]

2020年7月、アッシュビル市議会は、黒人居住者に市の「奴隷制、差別、基本的自由の否定における歴史的役割」に対する補償を提供することを決議しました。決議は満場一致で可決され、アッシュビルは「黒人居住者が格差に直面している地域に投資する」ことを約束した。[44]また、2020年には、アメリカ連合国または奴隷所有者を祝う市内のいくつかの記念碑を削除または変更するための努力がなされたショーン・デベリュー弁護士は、アーサー・アッシュに敬意を表してアッシュビルの名前を変更することを提案しました。アーサー・アッシュの祖先は、都市の名前が付けられたサミュエル・アッシュが所有していました。[45] [46]

地理

アッシュビルはスワナノア川フレンチブロード川合流点にあるブルーリッジ山脈にあります。よると、米国国勢調査局、市が45.3平方マイル(117.2キロの総面積がある2)、44.9平方マイル(116.4キロそのうち2)土地と0.31平方マイル(0.8キロである2)、または0.66パーセント、水です。[要出典]

アッシュビルは、ノースカロライナ州ヒッコリーの西68.44マイルシャーロットの北西99.51マイル、ウィンストンセーラムの南西133.84マイルにあります。

気候

アッシュは有する温暖湿潤気候ケッペン CFAの残りの部分に似ている)、ピエモンテの領域南東米国が、より高い標高に著しく低い温度を有します。これは、USDAハーディネスゾーン7aの一部です[47]特にこの地域の夏は暖かいですが、州のさらに東の都市の夏ほど暑くはありません。7月の1日の平均気温は73.8°F(23.2°C)で、午後の平均気温は9.4度しかないためです。年間90°F(32.2°C)以上の最高気温。[NS]90°F(32.2°C)の測定値なしで暦年が最後に経過したのは2009年でした。さらに、最低気温が70°Fまたは21.1°C以上にとどまる暖かい朝は、90°Fまたは32.2°よりもはるかに一般的ではありません。 C午後。冬は涼しく、1月の1日平均気温は2.8°C(37.1°F)で、午後5時半の最高気温は氷点下またはそれ以下のままです。[48]

公式の記録的な気温は、1985年1月21日の-16°F(-26.7°C)から1983年8月21日の100°F(37.8°C)の範囲です。[49] 1895年2月4日の記録的な寒い1日の最大値は4°Fまたは-15.6°Cですが、逆に、記録的な暖かい1日の最小値は1887年7月17日の77°Fまたは25°Cです。[48]測定値低いほど0°F(-17.8℃)または95°F(35°C)まれに、最後の出現がある発生しないような高として2014年1月7日及び2012年7月1日にそれぞれ、。[48]氷点下の平均気温は10月17日から4月18日で、181日の成長期があります。[48]

降水量は比較的よく広がっていますが、夏の月はわずかに雨が多く、年間平均49.6インチ(1,260 mm)ですが、歴史的には1925年の22.79インチ(579 mm)から2018年の79.48インチ(2,019 mm)の範囲でした。[50] 降雪は散発的で、冬の季節ごとに平均10.3インチまたは0.26メートルですが、実際の季節的な蓄積は冬ごとにかなり異なります。蓄積は、2011〜12年の微量から1968〜69年の48.2インチまたは1.2メートルの範囲でした。[48]重大な混乱を伴う着氷性の雨がしばしば発生します。ひょうは春と夏に見られる珍しい光景ではなく、激しい激しい雷雨を伴います。アッシュビルでの最初の雷雨の発生は通常2月のいつかであり、シーズンの最後の雷雨の発生は通常9月下旬です。

ノースカロライナ州アッシュビル地域空港の気候データ(1991年から2020年の平年値、[b] 1869年から現在の極値)[c]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
記録的な高°F(°C) 80
(27)
80
(27)
87
(31)
90
(32)
93
(34)
98
(37)
99
(37)
100
(38)
95
(35)
91
(33)
83
(28)
81
(27)
100
(38)
平均最大°F(°C) 67
(19)
69
(21)
77
(25)
82
(28)
86
(30)
89
(32)
91
(33)
90
(32)
87
(31)
81
(27)
74
(23)
67
(19)
92
(33)
平均最高気温°F(°C) 48.9
(9.4)
52.9
(11.6)
59.8
(15.4)
69.4
(20.8)
76.3
(24.6)
82.5
(28.1)
85.3
(29.6)
84.0
(28.9)
78.7
(25.9)
69.6
(20.9)
59.5
(15.3)
51.5
(10.8)
68.2
(20.1)
日平均°F(°C) 38.7
(3.7)
42.1
(5.6)
48.4
(9.1)
57.0
(13.9)
64.8
(18.2)
71.8
(22.1)
75.1
(23.9)
74.0
(23.3)
68.3
(20.2)
57.9
(14.4)
47.8
(8.8)
41.4
(5.2)
57.3
(14.1)
平均最低°F(°C) 28.6
(-1.9)
31.2
(-0.4)
37.0
(2.8)
44.6
(7.0)
53.2
(11.8)
61.1
(16.2)
64.9
(18.3)
64.0
(17.8)
57.9
(14.4)
46.2
(7.9)
36.1
(2.3)
31.3
(-0.4)
46.3
(7.9)
平均最小°F(°C) 10
(-12)
16
(-9)
20
(-7)
29
(-2)
38
(3)
49
(9)
57
(14)
55
(13)
44
(7)
30
(-1)
22
(-6)
16
(-9)
8
(−13)
低い°F(°C)を記録する −16
(−27)
−9
(−23)
2
(-17)
20
(-7)
28
(-2)
35
(2)
44
(7)
42
(6)
30
(-1)
20
(-7)
1
(-17)
−7
(−22)
−16
(−27)
平均降水量インチ(mm) 4.13
(105)
3.46
(88)
3.80
(97)
4.17
(106)
4.13
(105)
4.79
(122)
4.67
(119)
5.04
(128)
4.13
(105)
3.37
(86)
3.72
(94)
4.18
(106)
49.59
(1,260)
平均降雪インチ(cm) 3.6
(9.1)
1.9
(4.8)
1.9
(4.8)
0.2
(0.51)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.0
(0.0)
0.2
(0.51)
2.5
(6.4)
10.3
(26)
平均降水日数(0.01インチ以上) 10.5 9.8 11.9 10.6 11.5 13.4 13.9 13.1 9.2 7.8 8.8 10.0 130.5
平均雪日(≥0.1インチ) 1.6 1.5 1.0 0.2 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.0 0.2 1.1 5.6
平均相対湿度(%) 72.6 69.8 68.4 66.2 75.3 78.6 81.6 83.5 84.1 78.4 74.8 74.1 75.6
月間平均日照時間 175.9 181.2 223.5 252.3 264.1 267.0 257.5 227.8 207.5 219.6 178.8 167.2 2,622.4
可能な日照 56 59 60 64 61 61 58 55 56 63 58 55 59
出典:NOAA [48] [51] [52]

近所

  • アルベマールパーク、ビーバーダム、ビーバーレイク、チェスナットヒルズ、コロニアルハイツ、ファイブポイント、グローブパーク、ヒルクレスト、キンバリー、クロンダイク、モンフォード、ノーウッドパークの近隣地域が含まれます。 チェスナットヒルグローブパークモンフォードノーウッドパークの各地区は、国家歴史登録財に登録されています。モンフォードとアルバマールパークは、アッシュビル市議会によって地元の歴史地区に指定されています。
  • –ケニルワース、ビバリーヒルズ、チャンズコーブ、ホークリーク、オークリーオーティーン、レイノルズ、ライスビル、タウンマウンテンの近隣地域が含まれます。
  • 西–キャメロット、ウィルシャーパーク、ベアクリーク、ディーバービューパーク、エマ、ハイアルタパーク、ルサーンパーク、モルヴァン丘陵、サルファースプリングス、バートンストリート、ヘイウッドロード、ピスガビューの近隣地域が含まれます。
  • – Ballantree、Biltmore Village、Biltmore Park、Oak Forest、Royal Pines、Shiloh、Skylandの近隣が含まれます。ビルトモアビレッジは、アッシュビル市議会によって地元の歴史地区に選ばれました。[53]

アーキテクチャ

アッシュビルの注目すべき建築物には、アールデコ アッシュビル市庁舎や、バッテリーパークホテルなどのダウンタウンエリアにある他のユニークな建物があります。元の建物は長さ475フィートで、多数のドーマーと煙突がありました。パックスクエアで最初の超高層ビルであるネオゴシックジャクソンビル。アメリカ初の屋内ショッピングモールの1つであるグローブアーケード[54]そして聖ローレンス大聖堂S&Wカフェテリアビルも、アッシュビルのアールデコ建築の好例です。[55]グローブパークインは建築とデザインの重要な例であるアーツ・アンド・クラフツ運動

大恐慌からのアッシュビルの回復は遅く、骨の折れるものでした。財政の停滞のため、新築はほとんどなく、繁華街の多くは変更されていませんでした。[要出典]

モンフォールエリア歴史地区と他の中央エリアは、歴史的な地区を考慮し、ビクトリア朝の家が含まれています。有名な邸宅の入り口にあるビルトモアビレッジは、ユニークな建築の特徴を示しています。ジョージ・ヴァンダービルトの邸宅の建設中に労働者が滞在したのはここでした。[要出典] YMI文化センターダウンタウンの中心部にあるジョージ・ヴァンダービルトによって1892年に設立されたが、国の最古のアフリカ系アメリカ人の文化の中心地の一つです。[56] [57]

首都圏

アッシュビルは最大の都市であるアッシュビル含ん都市圏、Buncombeヘイウッドヘンダーソン、およびマディソン国勢調査局によって推定として、442316の組み合わせ2014年の人口で、郡を。[58]

人口統計

Asheville-Brevard CSAとそのコンポーネントの場所:
  アッシュビルメトロポリタン統計地域
  ブレバード小都市統計地域
歴史的な人口
国勢調査 ポップ。 %±
180038
1860年502
1870年1,400178.9%
1880年2,61686.9%
1890年10,235291.2%
1900年14,69443.6%
1910年18,76227.7%
1920年28,50451.9%
1930年50,19376.1%
1940年51,3102.2%
1950年53,0003.3%
1960年60,19213.6%
1970年57,929−3.8%
1980年54,022−6.7%
1990年61,60714.0%
2000年68,88911.8%
2010年83,39321.1%
2019(推定)92,870[59]11.4%
2018年の見積もり[60]

アッシュは、アッシュ・ブルバードCSAの大きい主要都市であり、広域都市圏含むアッシュ首都圏(Buncombe、ヘイウッド、ヘンダーソン、マディソン郡)とブレバードmicropolitan領域トランシルバニア郡[61] [62] [63] 2000年の国勢調査で合計398,505人の人口を持っていた

2000年の国勢調査では、[5]市内には、68,889人、30,690世帯、16,726家族が居住していました。人口密度は1平方マイルあたり1,683.4(650.0 / km 2)でした。 1平方マイルあたり820.3(316.7 / km 2)の平均密度で33,567軒の住宅が建っている。この都市の人種構成は、白人77.95%黒人またはアフリカ系アメリカ人17.61%ヒスパニック系またはラテン系アメリカ人3.76%、アジア系アメリカ人0.92%、ネイティブアメリカン0.35%、ハワイ先住民またはその他の太平洋諸島民0.06%その他の人種1.53%でした。、および1.58%2つ以上のレース

世帯数は30,690世帯で、そのうち22.2%が18歳未満の子供を同居させ、38.1%が夫婦同居、13.0%が夫のいない女性世帯主、45.5%が非家族であった。全世帯の36.8%は個人で構成されており、13.8%は65歳以上の一人暮らしの人がいます。1世帯あたりの平均人数は2.14人であり、家庭の場合は、2.81人である。

年齢分布は18歳未満で19.6%、18歳から24歳で10.3%、25歳から44歳で28.7%、45歳から64歳で23.1%、65歳以上で18.3%でした。年齢の中央値は39歳でした。女性100人ごとに対して男性は87.8人でした。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は84.9人でした。

世帯収入中央値は32,772ドルで、家族収入の中央値は44,029ドルでした。男性の収入の中央値は30,463ドル、女性の収入は23,488ドルでした。市の一人当たりの収入は$ 20,024でした。18歳未満の24.9%と65歳以上の10.1%を含め、家族の約13%と人口の19%が貧困線以下でした。

宗教

多くのバプテスト教会、ローマカトリックメソジストルター派長老派キリスト教会のほか、ドリクンカギュ派のチベット仏教センターであるアーバンダルマなどの非キリスト教の礼拝所がいくつかあります。[64]アッシュビルは、ノースカロライナ州西部司教区の本部であり、すべての魂の大聖堂に座っている。アッシュビルは、セントローレンス大聖堂への巡礼を行うノースカロライナカトリック教徒にとって重要な都市です[65]アッシュビルの最初のバプテスト教会を含む、街中にいくつかの歴史的な教会があります

アッシュビルには、無神論者ヒューマニスト倫理的文化組織も数多くあります。[66]

経済

IMペイによって設計されたアッシュビルのダウンタウンにあるメリルリンチの建物
アッシュビルで最初の超高層ビル、ジャクソンビル

アッシュビルエリアに本社を置くいくつかの大手企業が含まHomeTrust Bancsharesイングレス地球運賃ビルトモア会社ムーグ音楽とのための東部本部シエラネバダブリューイングカンパニー新ベルギーイングカンパニー


最大の雇用主

市の2009年の包括的な年次財務報告によると[67]、市で最大の雇用主は次のとおりです。

雇用者 従業員数
1 ミッションヘルスシステム 3,000以上
2 バンコム郡学校システム 3,000以上
3 Ingles Markets、Inc。 3,000以上
4 ビルトモア社 2,000以上
5 ノースカロライナ州 1,000人以上
6 バンコム郡 1,000人以上
7 アッシュビルVA医療センター 1,000人以上
8 アッシュビル市 1,000人以上
9 ウォルマート 1,000人以上
10 アッシュビル–バンコムテクニカルコミュニティカレッジ 1,000人以上
11 イートン 1,000人以上
12 グローブパークイン 500〜999
13 アッシュビルシティスクール 500〜999
14 コミュニティケアパートナー 500〜999
15 米国郵政公社 500〜999
16 ボルグワーナーターボシステム 500〜999
17 サーモフィッシャーサイエンティフィック 500〜999
18 Arvatoデジタルサービス 500〜999
19 雇用管理 500〜999
20 ボルボ建設機械(現在は閉鎖) 500〜999

芸術と文化

J.ラッシュオーツプラザ
パックスクエアの噴水

音楽

ライブ音楽は、アッシュビルとその周辺地域の観光ベースの経済における重要な要素です。季節のお祭りや数多くのナイトクラブやパフォーマンス会場は、訪問者や地元の人々がさまざまなライブエンターテイメントイベントに参加する機会を提供します。[68]

アッシュビルには、ベレチェアやレキシントンアベニューアーツ&ファンフェスティバル(LAAFF)などのフェスティバルを含む大道芸やアウトドアミュージックの強い伝統があります。 1つのイベントは「Shindigonthe Green」で、7月と8月の土曜日の夜にCity / CountyPlazaで開催されます。伝統的に、シンディグは「日没に沿って」始まり、ステージで地元のブルーグラスバンドとダンスチームをフィーチャーし、郡庁舎を囲む木々の下で非公式のジャムセッションを行います。 「マウンテンダンス&フォークフェスティバル」は、バスコムラマーランズフォードによって1928年に始まりました「フォークフェスティバル」と名付けられた最初のイベントと言われています。もう1つの人気のある屋外音楽イベントは、午後5時から午後9時まで開催される毎月のコンサートシリーズ「DowntownAfter 5」で、人気のツアーミュージシャンや地元のアクトが開催されます。プリチャードパークの住民が主催する定期的なドラムサークルは、誰でも参加でき、毎週金曜日の夜に地元で人気のアクティビティです。

アッシュビルには、モーグミュージック本部[69]ボブムーグ財団の博物館もあります。[70]

アッシュビルはハビタットフォーヒューマニティのために資金を調達する毎年恒例のチャリティーイベントであるウォーレンヘインズクリスマスジャムのホスト役を務め、著名なミュージシャンをフィーチャーしています。[71] DJミュージックだけでなく、小さいながらも活発なダンスコミュニティも、ダウンタウンの音楽界の構成要素です。この町には、アッシュビル交響楽団アッシュビルリリックオペラ、ランドオブザスカイシンフォニックバンド、アッシュビルジャズオーケストラ、スモーキーマウンテンブラスバンド、アッシュビルコミュニティバンドもあります。アッシュビルエリアには、ブルーグラス、カントリー、伝統的なマウンテンミュージシャンがたくさんいます。スマッシング・パンプキンズによる地元の音楽施設オレンジピールのレジデント2007年には、2009年ビースティボーイズとともに、アッシュビルに国民の注目を集めました。[72] ロックバンドのバンド・オブ・ホーセズは、アッシュビルのエコーマウンテンスタジオで最後の2枚のアルバムを録音し、アヴェットブラザーズ(伝統的にアッシュビルで大晦日コンサートを演奏した)も録音した。キングスメンはアッシュビルで生まれたクリスチャンボーカルグループ[73]

舞台芸術

馬の形をした噴水から飲む若い女性のアッシュビルのダウンタウンの彫刻。

アッシュビルコミュニティシアターは1946年に設立され、アパラチアのドラマ「ダークオブザムーン」の最初のアマチュア作品を制作しました[74]その後すぐに、若い俳優のチャールトン・ヘストンと妻のリディア・クラークが小さな劇場を引き継いだ。[75]現在のACTビルには、メインステージオーディトリアム(およびヘストンオーディトリアムと呼ばれる)の2つのパフォーマンススペースがあります。そして35以下のより親密なブラックボックスパフォーマンススペース。[76]

アッシュビルリリックオペラは、フィーチャーコンサートで2009年に10周年を迎えたアンジェラ・ブラウン、デイビット・マリス、およびトニオディパオロのベテランメトロポリタン・オペラを[77] ALOは通常、活気に満ちた教育プログラムに加えて、コミュニティのために3つの完全にステージングされたプロのオペラを実行しました。

フリンジアーツフェスティバルでは、別のパフォーマンスが行われます。[78]

視覚芸術

映画とテレビ

アッシュビル映画祭は6年目を迎えましたが、アッシュビル市は資金提供をやめ、その将来に疑問を投げかけました。市は48時間映画プロジェクトに毎年参加しています。[82]

Twin Rivers Media Festivalは、アッシュビルのダウンタウンで毎年開催される独立したマルチメディア映画祭です。[83] [84] フェスティバルは、2013年5月に20回目の年次イベントを開催した。[85]

礼拝所

アッシュビルの礼拝の場所は、ローマカトリック含まセントローレンス教会聖公会 オールソウルズの大聖堂聖ルカ教会、そしてユダヤ人の会衆ベスイスラエルを

レストラン

アッシュビルは、グリーンレストラン協会によってグリーンダイニングの目的地(かなりの密度のグリーンレストラン)として認められた最初の米国の都市でした[86]

地元の有名なレストランには、高級ビーガンレストランのPlantTupelo HoneyCafeなどがあります。

興味のあるポイント

アッシュビルのダウンタウンにあるトーマスウルフハウス
アメリカ合衆国最大の私邸であるビルトモアエステートのビルトモアハウス(1902年)

スポーツ

現在のチーム

クラブ スポーツ 設立 同盟 会場
アッシュビルツーリスト 野球 1897年 ハイAイースト マコーミックフィールド
アッシュビルシティSC サッカー 2016年 USLリーグ2 メモリアルスタジアム
アッシュビルシティSC(女子チーム) サッカー 2017年 ウィメンズプレミアサッカーリーグ メモリアルスタジアム

以前のチーム

クラブ スポーツ 設立 同盟 会場 アッシュビルでの年
アッシュビルの煙 アイスホッケー 1991 ユナイテッドホッケーリーグ アッシュビルシビックセンター 1998-2002
アッシュビルエース アイスホッケー 2004年 サザンプロホッケーリーグ アッシュビルシビックセンター 2004-2005
アッシュビル高度 バスケットボール 2001年 ナショナルバスケットボールデベロップメントリーグ アッシュビルシビックセンター 2001-2005

その他のスポーツ

ノースカロライナ大学アッシュビル校などの地域の大学は、スポーツで競い合っています。UNCAのスポーツチームはブルドッグとして知られており、ビッグサウスカンファレンスでプレーしています。ウォーレンウィルソン大学のファイティングフクロウは、マウンテンバイクと究極のスポーツチームに参加しています。大学には、フクロウがホームバスケットボールの試合をするフータードームもあります。アッシュビル初の女性用フラットトラックローラーダービーチームであるブルーリッジローラーガールズは、2006年に設立されました。[87]

公園とレクリエーション

アッシュビルは、米国東部のホワイトウォーターレクリエーション、特にホワイトウォーターカヤックの主要なハブです。多くのカヤックメーカーは、アッシュビル地域に拠点を置いています。[88] 最も著名なホワイトウォーターカヤックのいくつかは、アッシュビルまたはその周辺に住んでいます。[89] 2006年7月/ 8月のジャーナルで、グループAmer​​ican Whitewaterは、アッシュビルを米国のホワイトウォーター都市のトップ5の1つに挙げました。[89]アッシュビルには、数多くのディスクゴルフコースもあります。サッカーは、アッシュビルで人気のあるもう1つのレクリエーションスポーツです。アッシュビルには2つのユースサッカークラブ、アッシュビルシールドフットボールクラブがあります。とHFC。アッシュビルホッケーリーグは、キャリアパークの屋外スケートリンクで若者と大人のインラインホッケーの機会を提供します。リンクは一般に公開されており、ピックアップホッケーも利用できます。アッシュビルシビックセンターは、過去にレクリエーションアイスホッケーリーグを開催しました。

政府

地方自治体

アッシュビル市は、その憲章を介して、政府の評議会マネージャー形式の下で運営されています。市議会は、市長、市弁護士、市職員を任命します。[90]市長の不在または障害の場合、副市長は市長の職務を遂行する。副市長は市議会のメンバーによって任命されます。市議会は、対処する必要のあるニーズと、市政府の行政部門が提供するサービスの程度を決定します。

2005年にチャールズウォーリー市長は米国市長会議気候保護協定に署名し、2006年に市議会はエネルギーと環境に関する持続可能な諮問委員会を設立しました。 2007年、理事会はに、すべての地方自治体の建物を構築することにコミットして東海岸に最初の都市となりましたLEED理事会はとの契約を締結し、2007年にゴールドスタンダードとも2040年で2001年基準の80%のエネルギー削減を達成するためのウォーレン・ウィルソン大学は述べて気候パートナーシップの目標に向けて協力するという市と大学の意図。[要出典]

ドナルド・トランプ大統領パリ協定から米国を削除することを決定した、エスター・マンハイマー市長は、市内で協定を支持することを約束した最初の61人の市長の1人でした。[91]

2020年7月14日、アッシュビル市議会は全会一致で市の黒人市民への賠償承認することを決議しました。この動きは、2020年の夏のジョージフロイド抗議の間に起こりました決議は、市内の黒人コミュニティへの投資を増やすことを求めました。バンコム郡委員会はすぐに対策の導入を行いました。[92]抗議はまた、市内のヴァンス記念碑を撤去および交換する動きを開始したが、その決定はまだ進行中である。

現在の市議会議員

  • 市長:エスター・マンハイマー
  • 副市長:シェネイカ・スミス
  • 評議会:S。AntanetteMosley [93]
  • 評議会:サンドラ・キルゴア
  • 評議会:キム・ロニー
  • 評議会:セージターナー
  • 評議会:グウェンウィスラー

論争

2009年、アッシュビル市民のグループは無神論者が公職に就くことを許可していないノースカロライナ州憲法を引用して、セシル・ボスウェルの市議会選挙の正当性に異議を唱えた[94][95]ボズウェルは自分自身を無神論者ではなく「無神論」と表現し[96]、地元のユニテリアン・ユニバーサリスト会衆のメンバーである。彼の選挙の反対者は決して訴訟を起こさなかった。法学者たちは、この告発に応えて、トルカソ対ワトキンス開催された米国最高裁判所は、政治的地位に対する宗教的テストは違憲であると説明した。[97]

ボーズウェルは4年間の評議会任期を務め、2013年に再選された。[98] 2017年に第3期に出馬したとき、彼は初等協会で敗北した。[99]

市議会選挙は無党派ですが、共和党と民主党の党員が登録議員の立候補を支持するため、党政治が始まる可能性があります。党派選挙に戻るための評議会による努力は、2007年11月に開催された国民投票で有権者によって敗北した。[要出典]

州政府

ノースカロライナ州上院、テリー・バン・ダイン(D-アッシュ)とチャック・エドワーズ(R-ヘンダーソン)の両方バンコム郡の部分を表します。Van Duynは、アッシュビルの街のほとんどを代表しています。エドワーズは、アッシュビル南部のごく一部を表しています。[100]

代表のノースカロライナ家スーザン・フィッシャー(D-アッシュビル)、ジョン・エイガー(D-アッシュビル)、そしてブライアン・ターナー(D-アッシュビル)は、すべての郡の部分を表します。[101] 3つすべてが都市の一部を表しているが、その大部分はフィッシャー地区にある。

連邦政府

では2012年の大統領選挙バラク・オバマ大統領は、投票の55%とバンコム郡の全体を獲得しました。オバマは何度か街を訪れた。[102] 2010年4月、彼と彼の家族は市内で休暇をとった。彼が2008年10月5日以来初めて訪れた。[103]

ノースカロライナ州選挙管理委員会によると、2016年の米国大統領選挙では、ヒラリー・クリントンがバンコム郡の投票の54%を獲得し、ドナルド・トランプが40%を獲得しました。

ノースカロライナ州は、米国上院リチャードバー(R-ウィンストンセーラム)とトムティリス(R-グリーンズボロによって代表されています。アッシュビル市はノースカロライナ州の第11議会地区にあり、現在はマディソンコーソーン(R-ヘンダーソンビル)が代表を務めています。

教育

ダグラスエリントンによって設計されたアッシュビル高校

生徒(幼稚園から高校まで)は、住所に基づいて、アッシュビル市の2つの公立学校システム、バンコム郡学校、またはアッシュビル市立学校のいずれかに割り当てられます。

公立アッシュビル市立学校には、アッシュビル高校(Lee H Edwards High School 1935–1969として知られる)、アッシュビルの調査生命科学学校、アッシュビル中学校、クラクストン小学校、ランドルフ学習センター、ホールフレッチャー小学校、アイザックディクソン小学校、イラが含まれます。 B.ジョーンズエレメンタリーとバンスエレメンタリー。アッシュビルハイは、ニューズウィークによって、米国のトップ100高校の1つとしてランク付けされています。

バンコム郡学校システムは、高校、中学校と小学校の内側と外側の両方のアッシュビルの街を運営しています。North Buncombe High SchoolTC Roberson High SchoolAC Reynolds High Schoolは、アッシュビルにある3つのバンコム郡の学校です。[104]

アッシュビルはかつて南東部で数少ないサドベリースクールの1つであるカトゥアサドベリースクールの本拠地でした。また、フランシーヌデラニーニュースクールフォーチルドレン(ノースカロライナ州で最初のチャータースクールの1つ)、ArtSpaceチャータースクール、Invest Collegiate Imagine、エバーグリーンコミュニティチャータースクール、アウトバウンドエクスペディショナルラーニングスクールなど、いくつかのチャータースクールがあります。国内で最も環境に配慮した学校の1つとして認識されています。[105]

アッシュビル地域には、2つの私立住宅高校があります。すべて男性のクライストスクールアーデンにあります)と男女共学のアッシュビルスクールです。他の私立学校には、カロライナデイスクールベリタスクリスチャンアカデミー、アッシュビルカトリックスクール[106]アッシュビルクリスチャンアカデミーがあります。

大学

アッシュビルとその周辺地域には、いくつかの高等教育機関があります。

メディア

アッシュビルは、「グリーンビル-スパルタンバーグ-アッシュビル-アンダーソン」テレビDMA、市内のラジオ局の「アッシュビル」ラジオADIに含まれています。[107]

アッシュビルの主要テレビ局は、ABC系列のWLOS-TVチャンネル13で、ビルトモアパークにスタジオがあり、ピスガ山に送信機があります。アッシュビルにライセンス供与その他のステーションが含まWUNFPBSUNC-TVチャンネル33上)駅とCWアフィリエイトWYCWチャンネル62アッシュビルにもによって提供される北部サウスカロライナ州のステーションWYFFチャンネル4(NBC)、WSPA-テレビチャンネル7(CBS)、WHNS-TVチャンネル21(FOX)、MyNetworkTVステーションWMYAチャンネル40および3ABNステーションチャンネル41。サウスカロライナ州北部のSCETVPBS系列局は、一部の地域ではHDアンテナを介してアクセスできますが、通常、DMAのノースカロライナ部分のケーブルシステムでは放送されません。

アシュビル市民タイムズは、大部分のカバーアッシュビルの日刊紙である西部ノースカロライナ州マウンテンXpressのは、地域の芸術と政治をカバーし、地域で最大の毎週です。アッシュビルデイリープラネットは、毎月の紙です。

ビルトモアビーコンは、具体的など様々なビルトモア・コミュニティの住民や企業に関心があると書かれた週刊新聞であるビルトモアの森ビルトモアパーク、ビルトモア湖、ビルトモア村

WCQS:Blue Ridge Public Radioは、アッシュビルの公共ラジオ局です。それは持っているナショナル・パブリック・ラジオのニュースやその他のプログラム、クラシックやジャズ音楽を。WYQS(BPR News)はWCQSの姉妹局であり、ローカルニュースとNPR番組を提供しています。

Friends of Community Radioは、ボランティアベースの草の根コミュニティラジオ局であるWSFM-LPを作成しましたステーションは「フリーフォーム」フォーマットでライセンスされています。詩、インタビュー、厳選されたトピック、子供向けラジオ、コメディに特化したさまざまな放送もあります。スタッフは、リモートを含む多くの地元のコンサートを放送する(これらに限定されない)しているMonotonixイスラエルから、JEFF同胞を、ナッシュビルから女性悲鳴を上げるニュージャージーから、地元の行為を。

インフラストラクチャ

交通機関

アッシュビルは、市の最南端にあるアッシュビル地域空港[108]と、州間高速道路40(東西)[109] :I-40  州間高速道路240(I-40から北ループ)[110] :によって運行されています。 I-240 および州間高速道路26(南北)。[109] :I-26  アッシュビルへのアクセスを提供する追加の主要道路には、米国のルート1974、およびノー​​スカロライナ州のルート191280が含まれます。[111] 市内では旅客鉄道サービスは利用できません。市は運営しています16本のバス路線で構成されるアッシュビルライドトランジット(ART)[112]は、アッシュビル市全体とノースカロライナ州ブラックマウンテンにサービスを提供しています

マイルストーンは、インターステート26から9マイルに延長されたとき、2003年に達成された火星の丘へ(アッシュビルの北側)ジョンソンシティ、テネシー州7年1/4十億ドル規模の建設プロジェクトを完了し、[113] 20年の一部½-ブルーリッジ山脈を通じた10億ドルの建設プロジェクト米国国道19号線米国国道23号線、および州間高速道路240号線の西部を改良することにより、州間高速道路26号線をマーズヒルから州間高速道路40まで改良し続けています。この建設には、フレンチブロード川を渡る数百万ドルの橋が含まれます[114]

ノーフォーク・サザン鉄道は、市内を通過しませんが、旅客サービスエリアで使用できなくなりました。この都市は、1970年までサザン鉄道アッシュビルスペシャルニューヨーク-ワシントン-アッシュビル、1970年に終了)によって最後に提供されました。それ以前は、サザンのスカイランドスペシャル(アッシュビル-コロンビア-ジャクソンビル、1959年に終了)とカロライナスペシャルシンシナティ-ゴールズボロとチャールストンの支店、1968年に終了)によって提供されていました。

交通のノースカロライナ州省は、提案した列車サービスの復旧アッシュビルとの間ソールズベリーを持っているとして、アムトラックが[115] [116]

2020年に、市は連邦公共交通局から100万ドルの助成金を受け取り、主にARTバス輸送システムで使用されました。[117]

公共サービスとユーティリティ

アッシュビルの住民は、郡全体にある11の支部からなるバンコム郡公立図書館によってサービスを受けています。本社と中央図書館であるパックメモリアル図書館は、アッシュビルのダウンタウンにあります。[118]このシステムには、バンコム郡庁舎にある法律図書館と、中央図書館にある系図および地方史部門が含まれています。

アッシュビルの飲料水は、アッシュビル水道局から提供されています。水システムは、3つの水処理プラント、1,600マイル(2,600 km)を超える送水管、30のポンプ場、27の貯水池で構成されています。[119]

下水道サービスはバンコム郡のメトロポリタン下水道地区によって提供され、電力はデュークエナジーによって提供され、天然ガスはPSNCエナジーによって提供されます。

アッシュビルは、市内全域とブラックマウンテンの町まで運行するART(アッシュビルライドトランジット)バスサービスを介して公共交通機関を提供していますルートは、49CoxeAvenueにある中央駅から始まります。[120]

著名人

大衆文化では

映画で

この地域で少なくとも部分的に制作された追加の映画には、A Breed ApartSearching for Angela SheltonLast of the MohicansBeing ThereMy Fellow AmericansLoggerheadsThe Fugitive(#1 film)、All the Real GirlsRichie RichThunderなどがあります。道路ハンニバル歌追い人パッチ・アダムスネルフォレストガンプ氏デスティニーダーティ・ダンシングさよならゲームプライベートアイズ白鳥クリアカナンの征服詩人の家紫色のボックス、および28日

地元で製造されたフィルムには、黄金の20世紀の喉どこでも、USA [127] 2008年の独立の精神のための審査員特別賞を受賞した、サンダンス映画祭アッシュビルは、アクションフェスト映画祭2010–2012を主催しました2010年の最初のイベントでは、俳優のチャックノリスが最初のアクションフェスト「マンオブアクション」として表彰されました。

持続可能性と環境への取り組み

アッシュビル市には、ジュリアン湖の近くにあるデュークエナジープログレス石炭火力発電所があります。この発電所は、EPAによって危険性の高い石炭燃焼残留物表面貯水池があると指定されています。[128] 2012年、デューク大学の研究では、ノースカロライナ州の湖やアッシュビル発電所の石炭灰池の下流の川で高レベルのヒ素やその他の毒素が見つかった。デュークエナジープログレスプラントの池からバンコム郡のフレンチブロード川に流れる石炭灰廃棄物から収集されたサンプルには、EPA飲料水基準の4倍以上のヒ素レベルと、当局の基準の17倍のセレンレベルが含まれていました。水生生物のために。[129]2013年3月、ノースカロライナ州は、同様の環境コンプライアンス問題に対処するためにデュークエナジープログレスを提訴しました。 2013年7月、デュークエナジー社とノースカロライナ州の環境規制当局は、石炭灰がアッシュビルの水供給を脅かしていると述べた訴訟で和解を提案しました。和解は、デュークがアッシュビルのリバーベンド発電所の汚染源と汚染の程度を評価することを求めた。デュークは99,100ドルの罰金を科されることになっていた。[130]しかしながら、ノースカロライナ州イーデンでの石炭灰の流出に続いて、ノースカロライナDENRはデュークエナジーとの以前のすべての和解をキャンセルした。[131]

アッシュビル市は、持続可能性とグリーン経済の発展に明確に焦点を当てていると主張しています。アッシュビルの場合、この目標はサステナビリティ管理計画で次のように定義されています。「将来の世代のニーズを満たす能力を損なうことなく、現在のニーズを満たすために、環境スチュワードシップ、社会的責任、経済的活力の価値のバランスをとる決定を下す」。[132] 2012年に開始されたゼロウェイストAVLイニシアチブの一環として、各居住者は「ビッグブルー」を受け取ります。これは、すべての材料を分類せずに置くことができるローリングカートです。住民は多種多様な材料をリサイクルすることができ、「プログラムのこの最初の年に、廃棄物の6.30%がリサイクルのために埋め立て地から転用されました」。[133]

アッシュビル市議会の目標は、2030年までに全体的な二酸化炭素排出量を80%削減することです。これは、年間4%以上の削減を意味します。[134] 2009年、「市は3,000を超えるLED街路灯を設置し、環境管理に関するISO 14001規格に基づいて水道システムを管理し、多くの建物のインフラストラクチャと管理を改善し、多くの従業員を4人に切り替えたときに削減が行われました。 -平日労働(通勤からの排出量を節約します)。」[132]アッシュビルは、グリーンレストラン協会によって、グリーンダイニングの目的地(グリーンレストランの密度が非常に高い)として米国で最初の都市として認められています。[86]

姉妹都市

Asheville's sister cities are:[135]


Notes

  1. ^ The record number of annual 90 °F or 32.2 °C readings is 32 in 1952, which would be lower than average in most cities in the southeast U.S.[48]
  2. ^ Mean monthly maxima and minima (i.e. the expected highest and lowest temperature readings at any point during the year or given month) calculated based on data at said location from 1991 to 2020.
  3. ^ Official precipitation records for Asheville were kept at Aston Park from March 1869 to July 1876, various locations in the city from August 1876 to August 1964, and at Asheville Regional Airport since September 1964. Snow and temperature records began December 18, 1869 and November 1, 1876, respectively. For more information, see ThreadEx.

References

  1. ^ "Why Work for BCS?". BCS website. Buncombe County Schools. Archived from the original on September 28, 2016. Retrieved November 3, 2011.
  2. ^ "2019 U.S. Gazetteer Files". United States Census Bureau. Archived from the original on October 10, 2020. Retrieved July 27, 2020.
  3. ^ a b "QuickFacts: Asheville city, North Carolina". United States Census Bureau. Retrieved November 2, 2021.
  4. ^ a b "2020 Population and Housing State Data". United States Census Bureau. Retrieved November 2, 2021.
  5. ^ a b "U.S. Census website". United States Census Bureau. Archived from the original on December 27, 1996. Retrieved January 31, 2008.
  6. ^ "GNIS Feature Search". United States Geological Survey. June 17, 1980. Archived from the original on November 20, 2020. Retrieved January 6, 2015.
  7. ^ "NACo County Explorer". National Association of Counties. March 30, 2020. Retrieved 26 December 2020.
  8. ^ "Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places in North Carolina: April 1, 2010 to July 1, 2019". City and Town Population Totals: 2010-2019 (Excel (XLSX)). United States Census Bureau. May 13, 2020. Asheville city, North Carolina. Retrieved December 28, 2020.
  9. ^ "Original extent of Cherokee claims 1732" (map/.GIF). Collection at the University of Georgia. June 26, 1996. Archived from the original on June 26, 2006. Retrieved July 23, 2006.
  10. ^ a b The Historic News (1999). "A History of Asheville and Buncombe County". Old Buncombe County Genealogical Society. Archived from the original (text/.html) on June 19, 2006. Retrieved July 23, 2006.
  11. ^ Neufeld, Rob (July 29, 2018). "Visiting Our Past: Asheville before Asheville: Cherokee girls, De Soto's crimes". Asheville Citizen-Times. Retrieved July 29, 2018.
  12. ^ "Cherokee History, Part One" (text/.html). Lee Sultzman. February 28, 1996. Archived from the original on July 7, 2006. Retrieved July 23, 2006.
  13. ^ "Asheville – 0–1800 The Early Settlers". Asheville.be. 2006. Archived from the original (text/.html) on July 21, 2006. Retrieved July 23, 2006.
  14. ^ Neal, Dale. "Cherokee reclaim landmarks of ancient Asheville". www.citizen-times.com. Retrieved September 28, 2020.
  15. ^ url=http://www.history.swannanoavalleymuseum.org/samuel-davidson-first-european-settler-west-of-the-blue-ridge/ Archived June 14, 2018, at the Wayback Machine, November 2016.
  16. ^ a b c d Whisnant, David (August 29, 2015). "Retrospective I: A Primer on the Sad Truths of Slavery in Asheville, Buncombe County and Western North Carolina". Asheville Junction: A Blog by David Whisnant.
  17. ^ Alex S. Caton; Rebecca Lamb (1999–2004). "The Early Settlement of Buncombe Country and the Drover's Road". Smith-McDowell House Museum. Archived from the original (text/.html) on July 20, 2006. Retrieved July 23, 2006.
  18. ^ various (2001–2002). "Asheville". Western North Carolina Heritage. Land of the Sky. Archived from the original on May 1, 2006. Retrieved July 23, 2006. In his [Samuel Ashe] honor the name of Morristown was changed to Asheville.CS1 maint: uses authors parameter (link)
  19. ^ Hartley, Stoneman's Raid, p. 362 (Blair, 2010)
  20. ^ Hartley, supra, at p. 350-358.
  21. ^ "NC Business History - Railroad - Western North Carolina Railroad history & officers". Historync.org. Archived from the original on October 30, 2013. Retrieved June 29, 2013.
  22. ^ NEUFELD, ROB (September 22, 2019). "Visiting Our Past: Asheville promotions gained steam before the railroad". Citizen Times. Retrieved September 23, 2019.
  23. ^ The Federal Writers' Project of the Federal Works Agency, Works Projects Administration for the State of North Carolina, North Carolina: A Guide to the Old North State, The University of North Carolina Press, Chapel Hill, 1939, page 139.
  24. ^ Jeffrey, Thomas E. (1998). Thomas Lanier Clingman. ISBN 9780820320236. Archived from the original on November 20, 2020. Retrieved October 15, 2020.
  25. ^ "Appalachian History: Manuscript Resources in Special Collections". Special Collections. University Libraries, Virginia Tech. May 2, 2005. Asheville and Spartanburg Railroad Company. Archived from the original on January 6, 2015. Retrieved January 6, 2015.
  26. ^ The Federal Writers' Project of the Federal Works Agency, Works Projects Administration for the State of North Carolina, "North Carolina: A Guide to the Old North State[permanent dead link]", ISBN 0403021820; The University of North Carolina Press, Chapel Hill, 1939, pages 69, 139.
  27. ^ "North Carolina Cities Population Changes in the 1800s". North Carolina Business History. Archived from the original on June 30, 2017. Retrieved July 5, 2017.
  28. ^ "Asheville School | NCpedia".
  29. ^ "Black History Month: Edward R. Pearson". Citizen Times. Retrieved March 6, 2019.
  30. ^ Neufeld, Rob (July 2, 2017). "Visiting Our Past: President's son helped create West Asheville". Asheville Citizen-Times. Retrieved July 4, 2017.
  31. ^ Hunt, Max. "Passage to the past: Inside the bowels of the Asheville Masonic Temple". Mountain Xpress. Archived from the original on July 10, 2019. Retrieved July 10, 2019.
  32. ^ "8 CAROLINA BANKS FAIL AS BOOM ENDS". The New York Times. November 21, 1930. Archived from the original on February 26, 2018. Retrieved April 25, 2010.
  33. ^ "Preservation-Asheville, North Carolina: A National Register of Historic Places Travel Itinerary". Nps.gov. Archived from the original on November 5, 2012. Retrieved June 29, 2013.
  34. ^ Boyle, John (February 6, 2015). "Did Asheville pay off its Depression-era debt?". Asheville Citizen-Times. p. A2.
  35. ^ "HOUSE BILL 1283" (PDF). North Carolina General Assembly. June 18, 1959. Retrieved June 12, 2021.
  36. ^ "ABOUT". D. H. Ramsey Library Special Collections. University of North Carolina at Asheville. Archived from the original on May 16, 2008.
  37. ^ "Preservation--Asheville, North Carolina: A National Register of Historic Places Travel Itinerary". www.nps.gov. Archived from the original on February 2, 2017. Retrieved November 28, 2016.
  38. ^ Santora, Marc (September 20, 2004). "Storm's Devastation Is Revealed, and a Mountain Hamlet Mourns". The New York Times. Archived from the original on November 20, 2020. Retrieved February 5, 2017.
  39. ^ Postelle, Brian (November 10, 2004). "Sleeping giant | Mountain Xpress |". Mountainx.com. Archived from the original on June 17, 2011. Retrieved June 29, 2013.
  40. ^ "Red lines |". Archived from the original on July 16, 2020. Retrieved March 23, 2020.
  41. ^ Neal, Dale. "Hood tours revisit Asheville's black landmarks". The Asheville Citizen Times. Retrieved March 23, 2020.
  42. ^ Ellingwood, Ken (June 2, 2003). "The Nation; Fugitive's Capture Heightens Speculation; Locals are touchy about the theory that some sympathetic with his anti-government views helped the suspected bomber elude the law". Archived from the original on March 15, 2013. Retrieved August 22, 2017.
  43. ^ Fletcher, Michael A (June 3, 2003). "Rudolph to be tried first in Alabama; Abortion clinic bomb case said to be strongest". Chicago Tribune. Archived from the original on March 15, 2013. Retrieved August 22, 2017.
  44. ^ Burgess, Joel (July 15, 2020). "In Historic Move, North Carolina City Approves Reparations for Black Residents". USA Today. Archived from the original on July 15, 2020. Retrieved July 15, 2020.
  45. ^ Boyle, John (August 2, 2020). "What to do with the Vance obelisk?". Asheville Citizen-Times. Retrieved August 3, 2020.
  46. ^ Wicker, Mackenzie (July 14, 2020). "Confederate monument removed from Buncombe Courthouse property". Asheville Citizen-Times. Retrieved August 3, 2020.
  47. ^ "USDA Plant Hardiness Zone Map". planthardiness.ars.usda.gov. Archived from the original on February 27, 2014. Retrieved November 28, 2016.
  48. ^ a b c d e f g "NowData - NOAA Online Weather Data". National Oceanic and Atmospheric Administration. Archived from the original on November 16, 2018. Retrieved May 11, 2021.
  49. ^ "NOAA records for August – Asheville, NC". noaa.gov. Archived from the original on December 27, 2004. Retrieved November 12, 2007.
  50. ^ "Fletcher, NC Weather History | Weather Underground". www.wunderground.com. Archived from the original on January 7, 2019. Retrieved January 7, 2019.
  51. ^ "Station: Asheville RGNL AP, NC". U.S. Climate Normals 2020: U.S. Monthly Climate Normals (1991-2020). National Oceanic and Atmospheric Administration. Retrieved May 11, 2021.
  52. ^ "WMO Climate Normals for ASHEVILLE/REGIONAL, NC 1961–1990". National Oceanic and Atmospheric Administration. Archived from the original on July 25, 2020. Retrieved September 4, 2016.
  53. ^ "Asheville Neighborhoods". Ashevilleneighborhoods.info. March 20, 2010. Archived from the original on April 4, 2016. Retrieved May 22, 2016.
  54. ^ Chase, Nan K. Asheville: A History, (2007): p.39, 61, 93.
  55. ^ "S&W Cafeteria". Asheville's Built Environment. University of North Carolina at Asheville. Archived from the original on December 28, 2007.
  56. ^ "Homepage". The Urban News. Archived from the original on October 28, 2020. Retrieved October 29, 2020.
  57. ^ "Archived copy". Archived from the original on May 20, 2007. Retrieved May 12, 2007.CS1 maint: archived copy as title (link)
  58. ^ "Census Bureau Home Page". Census.gov. Archived from the original on December 27, 1996. Retrieved May 22, 2016.
  59. ^ "Population and Housing Unit Estimates". United States Census Bureau. May 24, 2020. Archived from the original on July 26, 2019. Retrieved May 27, 2020.
  60. ^ "Population Estimates". United States Census Bureau. Retrieved June 8, 2018.[dead link]
  61. ^ METROPOLITAN STATISTICAL AREAS AND COMPONENTS Archived May 26, 2007, at the Wayback Machine, Office of Management and Budget, May 11, 2007. Accessed 2008-08-01.
  62. ^ MICROPOLITAN STATISTICAL AREAS AND COMPONENTS Archived June 29, 2007, at the Wayback Machine, Office of Management and Budget, May 11, 2007. Accessed 2008-08-01.
  63. ^ COMBINED STATISTICAL AREAS AND COMPONENT CORE BASED STATISTICAL AREAS Archived June 29, 2007, at the Wayback Machine, Office of Management and Budget, May 11, 2007. Accessed 2008-08-01.
  64. ^ "World Buddhist Directory - Presented by BuddhaNet.Net".
  65. ^ "Pilgrimage - Jubilee Year of Mercy". Basilica of Saint Lawrence. Archived from the original on September 4, 2017. Retrieved November 28, 2018.
  66. ^ "Season of Reason - Winter 2020/21 - United CoR".
  67. ^ "City of Asheville Comprehensive Annual Financial Report" (PDF). Ashevillec.gov. Archived from the original (PDF) on April 1, 2017. Retrieved May 22, 2016.
  68. ^ "Music pumps up economy, enlivens nightlife"; Michael Flynn; Asheville Citizen-Times; August 22, 2003
  69. ^ Dewan, Shaila (October 24, 2010). "36 Hours in Asheville". The New York Times. Retrieved June 6, 2011.
  70. ^ "Amped Up". WNC Magazine. April 11, 2019. Archived from the original on February 22, 2020. Retrieved February 22, 2020.
  71. ^ "Music star Warren Haynes gives back to community - CNN.com". edition.cnn.com. Archived from the original on August 10, 2020. Retrieved October 23, 2020.
  72. ^ "Archived copy". Archived from the original on September 27, 2007. Retrieved June 23, 2007.CS1 maint: archived copy as title (link)
  73. ^ "The Kingsmen". New Haven Records. Archived from the original on October 29, 2020. Retrieved October 23, 2020.
  74. ^ "Asheville Community Theatre » PRODUCTION HISTORY". Ashevilletheatre.org. Archived from the original on January 28, 2016. Retrieved January 22, 2016.
  75. ^ "Asheville Community Theatre". Ashevilleguidebook.com. Archived from the original on September 12, 2015. Retrieved January 22, 2016.
  76. ^ "Asheville Community Theatre | Asheville, NC's Official Travel Site". Explore Asheville. Archived from the original on January 29, 2016. Retrieved January 22, 2016.
  77. ^ [1][dead link]
  78. ^ "The Asheville Fringe Arts Festival - Asheville Fringe Arts Festival". Asheville Fringe Arts Festival. Archived from the original on December 30, 2012. Retrieved January 26, 2013.
  79. ^ "Asheville Art Museum re-opens after major three-year expansion project". Art Daily. Jose Villareal. Archived from the original on December 20, 2019. Retrieved December 2, 2019.
  80. ^ "Folk Center". Southern Highland Craft Guild. Archived from the original on February 17, 2020. Retrieved February 14, 2020.
  81. ^ "YMI Cultural Center – Blue Ridge National Heritage Area". Archived from the original on February 22, 2020. Retrieved February 22, 2020.
  82. ^ "48-Hour Film Festival Asheville". 48hourfilm.com. Archived from the original on November 10, 2016. Retrieved May 22, 2016.
  83. ^ staff (May 18, 2012). "Asheville's River Arts District hosts 19th annual Twin Rivers Media Festival beginning Friday" (PDF). ashevillenc.gov. Retrieved August 13, 2015.[permanent dead link]
  84. ^ Moe, Jack. "The Vision of the Twin Rivers Media Festival-Asheville, NC". Appalachian Getaways. Archived from the original on August 10, 2015. Retrieved August 13, 2015.
  85. ^ Motsinger, Carol (May 9, 2013). "20th annual Twin Rivers Media Festival opens May 17". Asheville Citizen-Times. Retrieved August 13, 2015.[dead link]
  86. ^ a b "Archived copy". Archived from the original on December 1, 2013. Retrieved August 9, 2013.CS1 maint: archived copy as title (link)
  87. ^ "Blue Ridge Rollergirls". WFTDA. Archived from the original on October 26, 2020. Retrieved October 23, 2020.
  88. ^ "Rocking the boat". Mountain Xpress. Archived from the original on September 27, 2007. Retrieved June 23, 2007.
  89. ^ a b American Whitewater Journal July/August 2006 (not published on the web yet)
  90. ^ "About City Government". Ashevillenc.gov. Archived from the original on August 1, 2013. Retrieved June 29, 2013.
  91. ^ "468 US Climate Mayors commit to adopt, honor and uphold Paris Climate Agreement goals". Climate Mayors. Climate Mayors. June 2017. Retrieved February 12, 2021.
  92. ^ Burgess, Joel. "In historic move, North Carolina city approves reparations for Black residents". USAtoday.com. USA Today. Retrieved February 14, 2021.
  93. ^ Bush, Matt. "Antanette Mosley Appointed To Asheville City Council". www.bpr.org. Archived from the original on September 25, 2020. Retrieved September 29, 2020.
  94. ^ Jordan Schrader; Dale Neal (December 8, 2009). "Critics of Cecil Bothwell cite N.C. bar to atheists". Asheville Citizen-Times. Archived from the original on August 7, 2011. Retrieved December 10, 2009.
  95. ^ "Article VI: Suffrage and Eligibility to Office - Sec. 8. Disqualifications for office". North Carolina State Constitution. State of North Carolina. Archived from the original on February 9, 2014. Retrieved February 15, 2014. The following persons shall be disqualified for office: First, any person who shall deny the being of Almighty God.
  96. ^ "Critics of Cecil Bothwell cite N.C. bar to atheists". The Asheville Citizen-Times. Archived from the original on January 10, 2013. Retrieved April 13, 2013.
  97. ^ "Asheville councilman atheism debate goes viral: Cecil Bothwell gets wide audience". citizen-times.com.
  98. ^ "Wisler, Smith, Bothwell win council seats". Asheville Citizens-Times. November 5, 2013. Retrieved February 15, 2014.
  99. ^ Bowman, Joel Burgess, Mark Barrett, Alexandria Bordas and Jennifer. "Kapoor, Manheimer dominate Asheville primary; Bothwell loses". The Asheville Citizen Times. Retrieved April 29, 2018.
  100. ^ "United States - North Carolina - NC State Senate - NC State Senate 48". Our Campaigns. May 10, 2007. Archived from the original on January 8, 2014. Retrieved June 29, 2013.
  101. ^ NC General Assembly webmasters. "North Carolina General Assembly - Buncombe County Representation (2013-2014 Session)". Ncleg.net. Archived from the original on June 2, 2013. Retrieved June 29, 2013.
  102. ^ James, Frank (October 17, 2011). "Obama Hearts North Carolina But It May Have Lost That Loving Feeling : It's All Politics". NPR. Archived from the original on August 13, 2013. Retrieved June 29, 2013.
  103. ^ Wing, Nicholas (April 16, 2010). "Obama Vacation: First Family To Visit Asheville, North Carolina". Huffington Post. Archived from the original on March 20, 2012. Retrieved October 25, 2011.
  104. ^ "Schools Directory". www.buncombeschools.org. Archived from the original on October 31, 2020. Retrieved October 23, 2020.
  105. ^ "Evergreen Community Charter School, Asheville North Carolina - Evergreen Community Charter School, Asheville North Carolina". Evergreenccs.org. Archived from the original on July 6, 2013. Retrieved June 29, 2013.
  106. ^ "Asheville Catholic School". Archived from the original on June 16, 2020. Retrieved June 16, 2020.
  107. ^ "Market Ranks". arbitron.com. Archived from the original on August 1, 2007. Retrieved September 2, 2007.
  108. ^ FAA5010_1 (Airport Master Record) (PDF) (Report). U.S. Department of Transportation, Federal Aviation Admininistration. December 3, 2020. AVL (Local ID). Retrieved December 28, 2020.
  109. ^ a b "Table 1 - Main Routes - FHWA Route Log and Finder List - Interstate Highway System - National Highway System - Planning - FHWA". National Highway System. U.S. Department of Transportation, Federal Highway Administration. December 31, 2018. Retrieved December 28, 2020.
  110. ^ "Table 2 - Auxiliary Routes - FHWA Route Log and Finder List - Interstate Highway System - National Highway System - Planning - FHWA". National Highway System. U.S. Department of Transportation, Federal Highway Administration. December 31, 2018. Retrieved December 28, 2020.
  111. ^ "Asheville, NC" (PDF). National Highway System (Map). U.S. Department of Transportation, Federal Highway Administration. October 1, 2020. Retrieved December 30, 2020.
  112. ^ "Maps & Schedules". ashevillenc.gov. Archived from the original on March 6, 2014. Retrieved March 6, 2014.
  113. ^ "Interstate 26". Asheville Citizen-Times. 134 (215) (Final ed.). Asheville, North Carolina: Gannett. August 3, 2003. p. A5. Retrieved December 28, 2020 – via Newspapers.com.
  114. ^ "I-26 Connector, Asheville, NC". Public Information Website. North Carolina Department of Transportation. n.d. Archived from the original on July 6, 2006. Retrieved August 20, 2006.
  115. ^ "Comprehensive State Rail Plan" (PDF). NCDOT Rail Division. August 2015. p. 3-21. Retrieved August 11, 2021.
  116. ^ Lacey, Derek (April 5, 2021). "New plan adds Amtrak rail service from Asheville to Salisbury". Citizen Times. Retrieved August 11, 2021.
  117. ^ Whitehead, Brittany (October 15, 2020). "Asheville Rides Transit bus system to undergo $1.25m in upgrades". MSN. Retrieved December 30, 2020.
  118. ^ "Libraries - Branch Locations". Buncombe County. Archived from the original on March 29, 2016. Retrieved March 28, 2016.
  119. ^ "Water Production". City of Asheville, NC. Archived from the original on March 23, 2016. Retrieved March 28, 2016.
  120. ^ "Asheville Transit". City of Asheville. Archived from the original on March 31, 2016. Retrieved March 28, 2016.
  121. ^ "Riverside Cemetery". cityofasheville.github.io. Archived from the original on January 30, 2018. Retrieved January 30, 2018.
  122. ^ "Frequently Asked Questions - Carl Sandburg Home National Historic Site (U.S. National Park Service)". www.nps.gov. Archived from the original on November 20, 2020. Retrieved January 30, 2018.
  123. ^ "About The Lacuna | Barbara Kingsolver". www.kingsolver.com. Archived from the original on January 30, 2018. Retrieved January 30, 2018.
  124. ^ "Apocalypse WNC". Mountain Xpress. Archived from the original on January 30, 2018. Retrieved January 30, 2018.
  125. ^ "Visit the North Carolina Locations Where 'The Hunger Games' Was Filmed". ABC News. July 16, 2015. Archived from the original on July 19, 2018. Retrieved July 19, 2018.
  126. ^ "Explore Authentic Locations From 'Three Billboards Outside Ebbing,…". VisitNC.com. Archived from the original on February 23, 2018. Retrieved February 23, 2018.
  127. ^ "Anywhere USA Sundance Award". History.sundance.org. Archived from the original on March 4, 2016. Retrieved May 22, 2016.
  128. ^ "Coal Combustion Residuals (CCR) - Surface Impoundments with High Hazard Potential Ratings". Archived from the original on December 3, 2013. Retrieved November 29, 2013.
  129. ^ "Duke University: Progress Energy plant polluting French Broad River, October 15, 2012". Archived from the original on November 29, 2013.
  130. ^ "NC files new lawsuits against Duke Energy today, August 16, 2013". Archived from the original on November 29, 2013.
  131. ^ "Local News - The Asheville Citizen-Times - citizen-times.com". The Asheville Citizen-Times.
  132. ^ a b "Sustainability Management Plan" (PDF). Ashevillenc.gov. August 2009. Archived from the original (PDF) on March 4, 2016. Retrieved May 22, 2016.
  133. ^ "Sustainability". Ashevillenc.gov. Archived from the original on May 20, 2016. Retrieved May 22, 2016.
  134. ^ "City of Asheville Carbon Footprint Annual Report : 2011-2012" (PDF). Ashevillenc.gov. Archived from the original (PDF) on March 4, 2016. Retrieved May 22, 2016.
  135. ^ "Our Sister Cities". Asheville Sister Cities Inc. Archived from the original on October 28, 2020. Retrieved October 25, 2020.

Bibliography

External links