類推からの議論

類推または誤った類推からの議論は、特殊なタイプの帰納的議論であり、知覚された類似性が、まだ観察されていないさらなる類似性を推測するための基礎として使用されます。類推論は、人間が世界を理解し、意思決定を下そうとする最も一般的な方法の 1 つです。[1] ある製品で悪い経験をし、そのメーカーからはもう何も買わないと決めた場合、2 つの製品は同じメーカーを持っているため、両方とも「悪い」と認識されるため、これは多くの場合、類推的な推論のケースです。それは多くの科学の基礎でもあります。たとえば、実験用ラットでの実験は、ラットと人間の間の生理学的類似性がさらなる類似性(たとえば、薬物に対する反応の可能性)を暗示しているという事実に基づいています。[2]

構造

類推のプロセスには、2 つ以上の物の共通の特性に注目し、この基礎からそれらがさらに何らかの特性を共有していると結論付けることが含まれます。[1] [2] [3] 構造または形式は次のように一般化できます: [1] [2] [3]

P と Q は、プロパティ a、b、c に関して類似しています。
P にはさらなる特性 x があることが観察されています。
したがって、Q はおそらくプロパティ x も持っています。

この議論は、2 つのものが同一であるとは主張しておらず、単にそれらが似ていると主張しているだけです。この議論は、結論に対する十分な証拠を提供するかもしれませんが、論理的必然性として結論は導かれません[1] [2] [3]議論の強さを判断するには、形式 だけを考慮するだけではなく内容も精査する必要があります。

類推から議論を分析する

アナロジーの強さ

いくつかの要因は類推からの議論の強度に影響します。

  • 既知の類似性と、結論から推測される類似性との関連性(肯定的または否定的)[2] [3]
  • 2 つのオブジェクト間の関連する類似性 (または差異) の程度。[2]
  • 金額アナロジーの基礎を形成するさまざまな事例。[2]

反論

アナロジーからの議論は、非アナロジーを使用したり、反アナロジーを使用したり、アナロジーの意図しない結果を指摘したりすることによって攻撃される可能性があります。[1] 類推から議論を分析する方法を理解するには、哲学者デイビッド ヒュームによって提唱された目的論的議論とその批判を考慮してください。

時計メーカーの議論の背後にある論理は、時計のような複雑で正確な物体が何らかのランダムなプロセスを通じて作成されたと仮定することはできない、と述べています。このような物体には、その使用を計画した知的な創造者がいたことが容易に推測できます。したがって、私たちは別の複雑で明らかに設計された物体、つまり宇宙についても同じ結論を導き出す必要があります。[1]

ヒュームは、宇宙と時計には多くの関連する相違点があると主張した。たとえば、宇宙は非常に無秩序でランダムであることがよくありますが、時計はそうではありません。この形式の議論は「ディアナロジー」と呼ばれます。2 つのオブジェクト間の関連する類似性の量と多様性が類推的結論を強化する場合、関連する相違点の量と多様性はそれを弱める必要があります。[1] ヒュームは、「対比」を生み出し、一部の自然物体(たとえば雪の結晶)には秩序と複雑性があるように見えるが、それは知的な方向性の結果ではないと主張しました。[1] しかし、たとえ雪の結晶の順序と複雑さに方向性がないとしても、その原因には方向性があるかもしれません。したがって、これは声明を欺瞞していますが、疑問が生じます最後に、ヒュームは、この議論によって起こり得る多くの「意図せぬ結果」を示しています。たとえば、時計などの物体は多くの場合、個人のグループの労働の結果です。したがって、目的論的議論で使用される推論は多神教と一致するように見えます。[1]

誤った例え

誤ったアナロジーは、非公式の誤謬、またはアナロジーからの議論の欠陥のある例 です。

類推による議論は、上記の点のいずれかが不十分な場合には弱められます。「偽の類推」という用語は、類推推論を詳細に検討した最初の人物の 1 人である哲学者ジョン スチュアート ミルに由来しています。[2]ミルの例の 1 つは、ある人がその兄弟が怠け者であるという観察から、その人が怠け者であるという推論を含んでいます。ミルによれば、両親を共有することは怠惰の性質とはまったく関係がありません(ただし、特にこれは誤った類推ではなく誤った一般化の一例です)。[2]

基本的な例:

太陽系の惑星は恒星の周りを回っています。
原子内の電子は原子核の周りを周回しており、電子は軌道から軌道へと瞬時にジャンプします。
したがって、太陽系の惑星は軌道から軌道へと瞬時にジャンプします。

これは、太陽系と原子 * の間の関連する違いを説明できないため、誤った類似です。

*違いは次のとおりです。

  1. 電子は明確に定義されたエネルギーシェルに入っていますが、惑星はそうではありません。
  2. 電子はエネルギーを得ることができますが、惑星はエネルギーを得ることができません。
  3. 電子は電磁力によって原子核に引き寄せられますが、惑星は大きな重力によって星に引き寄せられます
  4. 電子は加速すると(速度や方向が変わると)下向きに螺旋を描きながら原子核に向かって進みますが、惑星はそうではありません。
  5. 電子の古い軌道モデルは信用されておらず、実際の原子を単純化したものにすぎません。


こちらも参照

参考文献

  1. ^ abcdefghi スタン男爵男爵 (2008)。ロジックニュージャージー州アッパーサドルリバー:ピアソン・プレンティス・ホール321–325ページ。ISBN 9780131933125
  2. ^ abcdefghi サーモン、メリリー (2012)、「類推からの議論」、論理と批判的思考入門、Cengage Learning、132–142 ページ、ISBN 1-133-71164-2
  3. ^ abcd ゲンスラー、ハリー J. (2003)。ロジックの紹介ニューヨーク州ニューヨーク州:ラウトリッジ333–4ページ。