アラブ世界

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アラブ世界
アラブ世界のロケーションmap.svg
領域13,132,327 km 2(5,070,420平方マイル)[1]
人口423,000,000 [2]
人口密度29.839 / km 2(70.37 /平方マイル)[3]
GDP  (名目)2.782兆ドル[4]
一人当たりGDP6,647ドル[5]
住民の呼称アラブ
2つの部分的に認識された状態
依存関係アラブ連盟[6]
時間帯UTC +0からUTC + 4
インターネットTLD.africa.asia
最大の都市アラブ世界の主要都市

アラブ世界アラビア語العالمالعربي al -ʿālamal -ʿarabī)、正式にはアラブの故郷الوطنالعربي al-waṭanal-ʿarabī[7] [8] [9]アラブ諸国الأمةالعربي -ummah al-ʿarabīyyah)、Arabsphere、またはアラブ諸国[10]は、アラブ連盟のメンバーである22のアラブ諸国で構成されています。[6]これらの国の大部分は西アジアにあり、 北アフリカ西アフリカ、および東アフリカこの地域は、西の大西洋から東のアラビア海まで、そして北の地中海から南東のインド洋まで広がっています。[6]アラブ世界の東部はマシュリク、西部はマグレブとして知られています。アラビア語は、アラブ世界全体で 共通語として使用されています。

南ヨーロッパの島国であるマルタは、その国語もアラビア語(シチリアアラビア語を介して)に由来していますが、この地域には含まれていません。同様に、チャドエリトリアイスラエルはアラビア語を公用語または作業言語の1つとして認識していますが、アラブ連盟のメンバーではないため、この地域には含まれていません(ただし、チャドエリトリア は2014年にフルメンバーシップを申請しました)。アラブ世界の人口は合計で約4億2200万人(2012年現在)[11]であり、国内総生産は2.782兆ドル(2018年)です。

前近代の歴史では、アラブの世界は歴史的なアラブ帝国とカリフ制の代名詞でした。アラブ民族主義は、オスマン帝国内の他の民族主義運動とともに19世紀の後半に発生しましたアラブ連盟は、アラブ人の利益を代表し、特にアラブ諸国の政治的統一を追求するために1945年に結成されました。汎アラブ主義として知られるプロジェクト[12] [13]

意味

アラブという用語に固有の言語的および政治的意味は、一般に、系図上の考慮事項よりも支配的です。アラブ諸国では、政府は標準アラビア語を使用しています。現地は、マシュレクではダリヤالدَّارِجَة「日常/口語」[14])、マシュレクではAammiyyaلعَامِيَّة「共通言語」)と呼ばれています。これらの土語の語彙の大部分は標準アラビア語と共有されていますが、ベルベル語フランス語などの他の言語からも大幅に借用していますマグレブのスペイン語イタリア語。[15]

標準的な領土

世界的に認められているアラブ世界の定義は存在しませんが[6] 、アラブ連盟のメンバーであるすべての国は、一般的にアラブ世界の一部であると認められています。[6] [16]

アラブ連盟は、(とりわけ)アラブ諸国の情勢と利益を一般的な方法で検討することを目的 とした地域組織であり、アラブの次の定義を定めています。

アラブ人とは、言語がアラビア語で、アラビアの国に住んでいて、アラビア人の願望に共感している人のことです。[17]

この標準的な地域の定義は、不適切[18]または問題がある[19]と見なされることがあり、特定の追加要素で補足される場合があります(以下の補助的な言語定義を参照)。[20]

アラブ連盟の加盟国

補助言語学

標準的な領土の定義[21]の代わりとして、または[6]と組み合わせて、アラブ世界は、アラビア語、文化、または地理的隣接によって少なくともある程度統一された人々と国家で構成されると定義される場合があります[22]。 ]または、人口の大部分がアラビア語を話す州または準州。したがって、アラブディアスポラの人口も含まれる場合があります。[6]

補助的な言語定義を標準の領土定義と組み合わせて使用​​する場合、アラブ世界のこの代替定義に州または領土を含めるかどうかを決定するために、さまざまなパラメータを適用できます[明確化が必要] 。これらのパラメータは、アラブ連盟の州と準州(標準の定義ではアラブ世界を構成する)および他の州と準州に適用される可能性があります[明確化が必要] 。適用される可能性のある典型的なパラメータは次のとおりです。アラビア語が広く話されているかどうか。アラビア語が公用語であるか国語であるか。または、アラビア語の同族言語が広く話されているかどうか。

アラビア語の方言はアラブ連盟の多くの州で話されていますが、アラビア語の文学はそれらすべてで公式です。アラビア語は公用語または国語であると宣言している州もありますが、アラビア語はそれほど広く話されていません。ただし、アラブ連盟のメンバーとして、彼らは標準的な領土の定義の下でアラブ世界の一部と見なされます。

ソマリアにはアラビア語とソマリ語の2つの公用語があり、ソマリランドにはアラビア語、ソマリ語、英語の3つの公用語があります。[23]アラビア語とソマリ語はどちらも、より大きなアフロアジア語族に属しています。アラビア語は北部と南部の都市部で多くの人々によって広く話されていますが、ソマリ語は最も広く使用されている言語であり、多くのアラビア語の外来語が含まれています。[24]

同様に、ジブチにはアラビア語とフランス語の2つの公用語があります。また、いくつかの正式に認められた国語があります。ソマリ語以外にも、多くの人がアフロ・アジア語族であるアファール語を話します。人口の大部分はソマリ語とアファール語を話しますが、アラビア語は貿易やその他の活動にも広く使用されています。[25]

コモロには、アラビア語、コモロ語、フランス語の3つの公用語があります。コモロ語は最も広く話されている言語であり、アラビア語には宗教的な意味があり、フランス語は教育システムに関連付けられています。

チャドエリトリア[26]イスラエルはすべてアラビア語を公用語または作業言語として認識していますが、いずれもアラブ連盟の加盟国ではありませんが、チャドとエリトリアはどちらも同盟のオブザーバー国であり(将来の加盟の可能性があります)、アラビア語を話す人がたくさんいます。

イスラエルはアラブ世界の一部ではありません。いくつかの定義によれば、[20] [27] イスラエルのアラブ市民は、同時にアラブ世界の構成要素と見なされる可能性があります。

イランには約150万人のアラビア語話者がいます。[28] イランのアラブ人は、主にフーゼスターンの南西部であるアフヴァーズで見られます。他の人々は、ブーシェフル州とホルモズガーン州、そしてコム市に住んでいます。マリセネガルは、ムーア人の少数民族のアラビア語方言であるハッサニア語を国語として認識しています[29]ギリシャキプロスは、アラビア語キプロス語 地域またはマイノリティ言語のためのヨーロッパ憲章さらに、マルタはアラブ世界の一部ではありませんが、公用語としてマルタ語を使用しています。言語は文法的にマグレビアラビア語に似ています。

アラブ連盟の州

エリア(ランク) 面積(km 2[注1] 面積(平方マイル) 面積(全体の%) エリア(メモ) 人口[30] [31]
(2018)
ポップ(世界ランク) 密度(ランク) 密度(/ km2) 密度(/ mi2)
アルジェリア 1 2,381,741 919,595 18.1% アフリカとアラブ世界で 最大の国。 42,228,408 34 17 16 41
バーレーン 22 758 293 0.005% 1,569,446 155 1 1,646 4,263
コモロ 21 2,235 863 0.01% 832,322 163 4 309 800
ジブチ 16 23,200 9,000 0.1% 958,923 159 15 37 96
エジプト 6 1,002,000 387,000 7.6% ハライブトライアングル(20,580 km2 / 7,950平方マイル) を除く。 98,423,598 16 9 105 272
イラク 10 435,244 168,049 3.3% 38,433,600 40 12 70 181
ヨルダン 14 89,342 34,495 0.7% 9,965,318 106 11 71 184
クウェート 17 17,818 6,880 0.1% 4,137,312 134 5 200 518
レバノン 19 10,452 4,036 0.08% 6,859,408 125 3 404 1,046
リビア 4 1,759,540 679,360 11.4% 6,678,559 103 21 3.6 9.3
モーリタニア 5 1,025,520 395,960 7.8% 4,403,313 138 22 3.2 8.3
モロッコ 9 446,550 172,410 3.3% 西サハラ(266,000 km2 / 103,000平方マイル) を含む。 36,029,093 35 10 82 212
オマーン 11 309,500 119,500 2.4% 4,829,473 139 20 9.2 24
パレスチナ 20 27,000 10,000 0.05% 4,862,979 126 2 687 1,779
カタール 18 11,586 4,473 0.08% 2,781,682 149 6 154 399
サウジアラビア 2 2,149,690 830,000 16.4% 西アジア最大の国 33,702,756 45 19 13 34
ソマリア 7 637,657 246,201 5.0% アフリカアラブ連盟最長の海岸線 15,008,226 80 18 14 36
スーダン 3 1,861,484 718,723 14.2% 以前はアフリカで最大の国でした。 41,801,533 39 16 16 41
シリア 12 185,180 71,500 1.4% 現在イスラエルが占領しているゴラン高原の一部(1,200 km2 / 460平方マイル)を含みます。 16,945,057 55 7 118 306
チュニジア 13 163,610 63,170 1.2% 11,565,201 77 13 65 168
アラブ首長国連邦 15 83,600 32,300 0.6% 9,630,959 93 8 99 256
イエメン 8 527,968 203,850 4.0% 28,498,683 49 14 45 117
アラブ連盟合計 13,130,695 5,069,790 406,691,829

人口統計

アラブ世界では、古典アラビア語(アラビア語のdiglossiaの症状)から派生した現代標準アラビア語がアラブリーグ諸国の公用語として機能し、アラビア語の方言が言語フランカとして使用されています。アラビア語の普及に先立つさまざまな先住民言語も話されています。これは、隣接するイラン、パキスタン、アフガニスタンでペルソアラビア語の文字が使用され、アラビア語が主要な典礼言語である、より広いイスラム世界の状況とは対照的ですが、舌は州レベルで公式ではなく、俗語

アラブ人はイスラム世界の15億人のイスラム教徒の約4分の1を占めています。[32]

宗教

アラブ世界の大多数の人々はイスラム教に固執しており、その宗教はほとんどの国で公式の地位を持っています。シャリーア法は、一部の国(特にアラビア半島)の法制度に部分的に存在しますが、他の国は法的に世俗的です。アラブ諸国の大多数はスンニ派イスラム教に固執しています。ただし、イラクバーレーンはシーア派の多数派の国であり、レバノンイエメンクウェートはシーア派の少数派が多い。サウジアラビアで、イスマーイール派のポケットは、アルハサ地域の東部とナジュラーンの南部の都市にも見られます。イバード派イスラム教はオマーンで実践されており、イバード派はイスラム教徒の約75%を占めています。

アラブ世界、特にエジプトシリアレバノンイラクヨルダンパレスチナにもキリスト教信者がいます。小さなネイティブクリスチャンコミュニティは、アラビア半島北アフリカ全体にも見られます[33]コプティックマロナイトアッシリアのキリスト教の飛び地は、それぞれナイル渓谷、レバント、イラク北部に存在する。アッシリア語アルメニアシリア語-アラム語、 イラク、シリア、パレスチナ、レバノン、ヨルダン中のアラブ人キリスト教徒。アルジェリア、 [34]バーレーン、[35]モロッコ、[36] [37]クウェート[38]、チュニジアにもアラブ人キリスト教徒のネイティブコミュニティがあります。[39]

アラブ連盟全体の少数民族の少数派には、イェジディスヤルサンシャバク(主にイラク)、ドゥルーズ(主にシリア、ヨルダンのレバノン)[40]マンダ人(イラク)が含まれます。以前は、アラブ世界全体にユダヤ人のかなりの少数派がいました。しかし、アラブとイスラエルの紛争は1948年から1972年の間に大規模な脱出を引き起こしました。今日、小さなユダヤ人コミュニティは、バーレーンのわずか10から、チュニジアの1,000以上、モロッコの約3,000までの範囲で残っています。

歴史的に、イスラム世界の奴隷制は、アラブ世界のイスラム以前 の奴隷制の慣行から発展してきました[41] [42]

教育

ユネスコによると、この地域の成人の識字率(15歳以上)の平均は76.9%です。モーリタニアとイエメンでは、その割合は平均より低く、50%をわずかに超えています。シリアレバノンパレスチナヨルダンは、90%を超える高い成人識字率を記録しています。[要出典]成人の識字率の平均は着実な改善を示しており、成人の非識字者の絶対数は1990年から2000年から2004年の間に6,400万人から約5,800万人に減少しました。全体として、この地域では成人の識字率の男女格差が大きく、非識字率の3分の2を女性が占めており、識字率の高い男性100人に対して女性は69人に過ぎません。成人の識字率の平均GPI(Gender Parity Index)は0.72であり、エジプト、モロッコ、イエメンで男女格差が見られます。とりわけ、イエメンのGPIは、53%の成人識字率でわずか0.46です。[43]国連の調査によると、アラブ世界では、平均的な人が1年に4ページを読み、12,000人ごとに毎年1つの新しいタイトルが発行されています。[44]アラブ思想財団アラブ諸国の8%強の人々が教育を受けたいと望んでいると報告しています。[44]

識字率は、成人よりも若者の方が高くなっています。アラブ地域の若者の識字率(15〜24歳)は、1990年から2002年にかけて63.9から76.3%に増加しました。GCC諸国の平均率*湾岸アラブ諸国協力会議(GCC)

湾岸アラブ諸国協力会議(GCC)は94%で、マグレブが83.2%、マシュリクが73.6% と続いた。

国連は2002年、2003年、2004年にアラブ人間開発報告書を発表しました。これらの報告書はアラブ世界の研究者によって書かれ、アラブ諸国の開発におけるいくつかのデリケートな問題、とりわけ女性のエンパワーメント、教育の利用可能性、情報に取り組んでいます。

ジェンダー平等と女性の権利

アラブ世界の女性は依然として機会均等を否定されていますが、国連が後援する報告書によると、女性の権利の剥奪は、商業、学習、文化の世界的リーダーの第一位に戻るというアラブ諸国の探求を損なう重要な要因です。 2008. [45]

子供の結婚

国連によると、アラブの少女の14%は18歳までに結婚しています。[46]

暴力

レイプ犯は、犠牲者と結婚した場合、アラブ地域で寛大に扱われたり無罪判決を受けたりすることがよくあります。アラブの女性の37%は生涯で暴力を経験しましたが、指標によるとその数はもっと多いかもしれません。一部の国では、親密なパートナーによる暴力や虐待を経験している女性の割合は70%に達します。[46]

最大の都市

公式の市域別のアラブ世界最大の都市の表[47]

ランク 人口 設立日 画像
1 エジプト カイロ 16,225,000 969 AD カイロタワーからの眺め31march2007.jpg
2 イラク バグダッド 7,960,000 西暦762年 5628442718 b10fc2c47f o.jpg
3 サウジアラビア リヤド 6,030,000 西暦100〜200年 KING FAHD ROAD FEB1.JPG
4 スーダン ハルツーム 5,345,000 1821 AD Khartoum.jpg
5 ヨルダン アンマン 4,995,000 紀元前7250年 WadiSaqra.jpgからの5番目の円のビュー
6 エジプト アレクサンドリア 4,870,000 紀元前331年 アレクサンドリア-Egypt.jpg
7 クウェート クウェートシティ 4,660,000 1613 AD クウェートシティcropped.jpg
8 モロッコ カサブランカ 4,370,000 西暦768年 ハサン2世の夜.jpg
9 サウジアラビア ジェッダ 3,875,000 紀元前600年 ジェッダファウンタテン1.jpg
10 アラブ首長国連邦 ドバイ 3,805,000 1833 AD [48] DubaiSkyline.JPG

歴史

初期の歴史

カイルアンの大モスク(ウクバのモスクとも呼ばれます)は、アラブの将軍で征服者のウクバイブンナフィによって670年に設立されました。[49]ケルアンの大モスクは、チュニジアの歴史的な都市ケルアンにあります。

アラブ人は歴史的に、レバント南部とアラビア半島北部の中央セムとして生まれました。[50]ナバテア人タヌーフ族、サリヒド、ガッサーン族などのアラブの部族と連邦、および他の多くのグループがレバント南部(シリア砂漠)とアラビア北部に蔓延していた。アラビアとシリアの砂漠を越えた彼らの拡大は、7世紀と8世紀のイスラム教徒の征服によるものです。イラクは633年に征服されました、レバント(現代のシリア、イスラエル、パレスチナ、ヨルダン、レバノン)西暦636年から640年の間。

エジプトは639年に征服され、中世に徐々にアラブ化されました。独特のエジプトのアラビア語は16世紀までに出現しました。

マグレブも7世紀に征服され、ファーティマ朝の下で徐々にアラブ化されましイスラム教は8世紀から11世紀の間にエジプト からスーダンにもたらされました。

今日のスーダンの文化は部族に依存しており、純粋なヌビア、ベジャ、またはアラビアの文化を持っているものもあれば、アラブとヌビアの要素が混在しているものもあります。[51]

オスマン帝国と植民地支配

アラブのアッバース朝は13世紀にモンゴルの侵略に陥りました。エジプト、レバント、ヘジャズもトルコのマムルーク朝の支配下にありました。

1570年までに、トルコのオスマン帝国はアラブ世界のほとんどを支配しました。しかし、モロッコは、16世紀から17世紀にサアド朝に引き継がれたゼナタワッタース の支配下にとどまりました。アジュラーン・スルタン国もホーン地域の南部で揺れ動いた

アラブ民族主義の感情は、衰退するオスマン帝国内の他のナショナリズムとともに、19世紀の後半に生じました

第一次世界大戦の結果としてオスマン帝国が崩壊したとき、アラブ世界の多くはヨーロッパ植民地帝国によって支配されるようになりました:委任統治領パレスチナ、委任統治領イラクエジプトの英国保護領、モロッコのフランス保護領イタリアのリビアフランスのチュニジアフランスのアルジェリアシリアとレバノンの委任統治、いわゆる休戦オマーン、旧「海賊海岸」のシェイクダムによって形成されたイギリスの保護領。

これらのアラブ諸国は、第二次世界大戦中またはその後にのみ独立を獲得しました。1943年のレバノン共和国、1946年のシリア・アラブ共和国ヨルダンのハシェミット王国、1951年のリビア王国、1952年のエジプト王国、王国1956年にモロッコチュニジア、1958年にイラク共和国、1960年にソマリア共和国、1962年にアルジェリア、1971年 にアラブ首長国連邦。

対照的に、サウジアラビアはオスマン帝国の崩壊とともに断片化し、1932年 までにサウジアラビアのイブンサウドの下で統一されました。

イエメンのムタワッキライト王国も1918年にオスマン帝国から直接離脱しました。オマーンは、短い断続的なペルシャとポルトガルの支配は別として、8世紀以来自治を続けてきました。

アラブ民族主義の台頭

アラブ連盟は、アラブ人の利益を代表するために、そして特に汎アラブ主義として知られるプロジェクトであるアラブ世界の政治的統一を追求するために、1945年に結成されました。[12] [13] 20世紀半ば、特に1958年から1961年のアラブ連合共和国で は、このような統一の試みが短期間で行われた。アラブ連盟の主な目標は、そのように定義されたアラブの人口を政治的に統一することである。その常設本部はカイロにあります。しかし、エジプトがキャンプデービッド合意(1978年)に署名したために追放された後、1980年代に一時的にチュニスに移されました

汎アラブ主義は1980年代以降、イデオロギーとしてほとんど放棄されており、一方では汎イスラム主義に、他方では個々のナショナリズムに取って代わられました。

現代の紛争

サウジアラビアの統一

サウジアラビアの統一は30年間にわたる軍事的および政治的キャンペーンであり、1902年から1932年にかけて、アラビア半島のほとんどのさまざまな部族首長国、首長国がサウド家またはアルサウドによって征服されました。現代のサウジアラビア王国が宣言されたとき。カリスマ的なアブドゥルアジズイブンサウドの下で行われたこのプロセスは、アルサウド一族の下に存在し た第1および第2の州と区別するために、第3サウジアラビア州と呼ばれることもあります。

アルサウドは、第二次サウード国家の崩壊とアルラシード一族の下でのジェベルシャンマルの台頭に続いて、1893年以来オスマンイラク亡命していた。1902年、イブンサウドはアルサウド王朝の旧首都であるリヤドを奪還しました。彼は1913年から1926年にかけて、残りのナジュドアルハサジェベルシャンマルアシールヘジャズイスラム教の聖地メッカメディナの場所)を征服しました。1927年から1932年にアルハサとカティーフとサウジアラビア王国にさらに統合されるまで。

アラブとイスラエルの紛争

1948年のイスラエル国家の樹立は、未解決の主要な地政学的紛争の1つであるアラブ-イスラエル紛争を引き起こしました。

アラブ諸国は、1948年から1973年にかけて、イスラエルとその西側の同盟国との間で、1948年のアラブ・イスラエル戦争、1956年の第二次中東戦争、1967年の第三次中東戦争、中東戦争など、多くの戦争に巻き込まれました。 1973年の。1979年に エジプトとイスラエルの平和条約が調印された。

イラク・イラン戦争

イラン・イラク戦争(第一次湾岸戦争とも呼ばれ、他のさまざまな名前でも知られています)は、1980年9月から1988年8月まで続いた、イラクとイランの軍隊間の武力紛争であり、20回目の2番目に長い通常の戦争になりました。世紀。1990年の「湾岸戦争」以前は、当初は英語で「湾岸戦争」と呼ばれていました。

戦争は、イラクがイランに侵攻し、1980年9月22日、国境紛争の長い歴史と、イラン革命の影響を受けたイラクの長く抑圧されたシーア派の大多数の間でのシーア派イスラムの反乱に対する恐怖に続いて、空と陸によるイラン領土への同時侵略を開始したときに始まりました。イラクはまた、支配的なペルシャ湾岸諸国としてイランに取って代わることを目指していた。イラクはイランの革命的混乱を利用することを望み(イラン革命、1979年を参照)、正式な警告なしに攻撃したが、イランへの進展は限られており、1982年6月までに事実上すべての失われた領土を取り戻したイラン人によってすぐに撃退された。次の6年間、イランは攻撃的でした。

レバノン内戦

レバノン内戦レバノンでの多面的な内戦であり、1975年から1990年まで続き、推定12万人の死者を出しました。さらに100万人(人口の4分の1)が負傷し[要出典]、今日でも約76,000人がレバノン内で避難を余儀なくされています。レバノンからのほぼ100万人の大規模な流出もありました。

西サハラ紛争

西サハラ戦争1975年から1991年にかけてのサハラウィーポリサリオ戦線とモロッコの間の武力闘争であり、西サハラ紛争の最も重要な段階でした。紛争は、マドリッド協定に従ってスペイン領サハラからスペインが撤退した後に勃発しました。これにより、領土の管理権はモロッコとモーリタニアに移されましたが、主権は移されませんでした。1975年、モロッコ政府は約35万人のモロッコ市民の緑の行進を組織し、約2万人の軍隊が西サハラに入り、モロッコの存在を確立しようとしました。モロッコは、最初はポリサリオ戦線からわずかな抵抗に見舞われましたが、後にサハラウィー民族主義者との長期にわたるゲリラ戦に参加しました。1970年代後半、ポリサリオ戦線は、領土内に独立国家を設立することを望んでいました。モーリタニアとモロッコの両方と連続して戦った。1979年、モーリタニアはポリサリオとの平和条約に署名した後、紛争から撤退しました。モロッコは1989年から1991年にかけて何度か優位に立つことを試みましたが、戦争は1980年代を通じて低強度で続きました。1991年9月、ポリサリオ戦線とモロッコの間で停戦合意がついに達成されました。

北イエメン内戦

北イエメン内戦、1962年から1970年にかけて、イエメン王国のムタワッキライト王国の王族とイエメンアラブ共和国の派閥の間で北イエメンで戦われました。戦争は、共和国の指導者アブドラ・アズ・サラルによって行われたクーデターから始まりました。 、これは新たに戴冠したイマーム・アル・バドルを退位させ、イエメンを彼の大統領の下で共和国と宣言した。イマームはサウジアラビアとの国境に逃げ込み、大衆の支持を集めました。

ソマリア内戦

ソマリア内戦は、ソマリアで進行中の内戦ですそれは、氏族ベースの武装野党グループの連立が国の長年の軍事政権を追放した1991年に始まりました。

その後、さまざまな派閥が権力の真空の影響力をめぐって競争を始め、1990年代半ばに国連平和維持活動の中止を引き起こしました。地方分権化の時期が続き、多くの地域で慣習法および宗教法に復帰し、国の北部に自治地方政府が設立されたことを特徴としています。2000年代初頭には、駆け出しの暫定連邦政府が創設され、2004年に暫定連邦政府(TFG)が設立されました。2006年、TFGは、エチオピア軍の支援を受けて、国の南部紛争地帯のほとんどを新しく結成されたイスラム法廷会議(ICU)。その後、ICUはより過激なグループ、特にアル・シャバブに分裂しました。、それ以来、地域の支配のためにソマリア政府とそのAMISOM同盟国と戦ってきました。2011年に、ソマリア軍と多国籍軍の間の協調的な軍事作戦が開始されました。これは、戦争のイスラム教徒の反乱の最終段階の1つであると考えられています。[52]

アラブの春

2010年後半から現在までのアラブ世界全体で人気のある抗議は、権威主義的リーダーシップとそれに関連する政治的腐敗に向けられており、より民主的な権利の要求と対になっています。アラブの春の余波で最も暴力的で長引く2つの紛争は、リビア内戦とシリア内戦です。

石油

アラブ世界はヨーロッパの植民地勢力に限定的な関心を持っていましたが、大英帝国は主に英領インドへのルートとしてスエズ運河に関心を持っていましたが、1930年代に大規模な石油鉱床が発見された後、経済的および地政学的状況は劇的に変化しました。第二次産業革命の結果として西部で石油の需要が大幅に増加したことと相まって

ペルシャ湾はこの戦略的原材料に特に恵まれていますペルシャ湾の5つの州、サウジアラビア、イラク、アラブ首長国連邦、クウェート、カタールは、世界の石油またはガスの輸出国トップ10に入っています。アフリカでは、アルジェリア(世界第10位)とリビアが重要なガス輸出国です。さらに、バーレーン、エジプト、チュニジア、スーダンはすべて、小さいながらもかなりの埋蔵量を持っています。存在する場合、これらは地域の政治に重大な影響を及ぼし、しばしばレンティア国家を可能にしました、特に石油が豊富な国と石油が不足している国の間の経済的格差につながり、特にペルシャ湾とリビアの人口がまばらな州では、大規模な労働移民を引き起こします。アラブ世界は、世界の実証済み石油埋蔵量の約46%、世界の天然ガス埋蔵量の4分の1を保有していると考えられています。[53]

イスラム主義汎イスラム主義は1980年代に増加していました。レバノン過激派イスラム党であるヒズボラは1982年に設立されました 。1970年代から1980年代にかけて、アラブ世界でイスラムテロが問題になりました。ムスリム同胞団1928年以来エジプトで活動していたが、彼らの過激な行動は政治指導者に対する暗殺の試みに限定されていた。

近年の歴史

今日、アラブ諸国は独裁的な統治者と民主的な支配欠如を特徴としています。2016年の民主主義指数は、レバノンイラクパレスチナを「ハイブリッド体制」、チュニジアを「欠陥のある民主主義」、その他すべてのアラブ諸国を「権威主義体制」に分類しています。同様に、2011年のフリーダムハウスの報告書は、コモロモーリタニアを「選挙民主主義」、[54] レバノンクウェートモロッコを「部分的に自由」、その他すべてのアラブ諸国を「

イラク軍によるクウェート侵攻は、1990年から91年の湾岸戦争につながりました。エジプトシリアサウジアラビアは、イラクに反対する多国籍連合に加わった。ヨルダンパレスチナによるイラクへの支持の表明は、アラブ諸国の多くの間で緊張した関係をもたらしました。戦後、いわゆる「ダマスカス宣言」は、エジプト、シリア、GCC諸国間の将来の共同アラブ防衛行動のための同盟を公式化した。[55]

アラブ世界全体で1950年代に確立された権威主義体制の不安定化につながる一連の出来事は、21世紀の初めに明らかになりました。2003年のイラク侵攻は、バース党政権の崩壊とサダム・フセインの最終的な処刑につながりました

アルジャジーラ(1996年以降)などの現代メディアにアクセスし、インターネットを介して通信する、若くて教育を受けた世俗的な市民の増加するクラスは、支配していた汎アラブ主義と汎イスラム主義の古典的な二分法に加えて、第3の力を形成し始めました20世紀の後半。これらの市民は、自国の宗教施設の改革を望んでいます。[56]

シリアでは、2000年から2001年のダマスカスの春が民主的な変化の可能性を告げましたが、バース党政権はなんとかその動きを抑制しました。

2003年、一般にケファヤとして知られるエジプトの変化運動は、ムバラク政権に反対し、エジプトに民主的改革とより大きな市民的自由を確立するために発足しました。

州および準州

アラブ世界を構成する州と準州については、上記の定義を参照してください。

政府の形態

アラブ世界では、さまざまな形態の政府が代表されています。一部の国は君主制です。バーレーン、ヨルダン、クウェート、モロッコ、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦です。他のアラブ諸国はすべて共和国です。レバノン、チュニジア、パレスチナ、そして最近のモーリタニアを除いて、アラブ世界全体の民主的選挙は、完全な不正投票、野党の脅迫、市民の自由と政治的反対に対する厳しい制限のために、一般的に妥協したと見なされています。

第二次世界大戦後アラブ主義はすべてのアラビア語圏の国々を1つの政治的実体に統合しようとしました。シリアイラクエジプトスーダンチュニジアリビア北イエメンだけが、アラブ連合共和国の短期間の統一を検討しました歴史的分裂、競合する地方のナショナリズム、および地理的な無秩序な広がりが、汎アラブ主義の失敗の主な理由でした。アラブ民族主義20世紀半ばにピークに達し、エジプト、アルジェリア、リビア、シリア、イラクの多くの指導者によって公言されたこの地域のもう1つの強力な勢力でした。この時代のアラブ民族主義の指導者には、エジプトのガマール・アブデル・ナセル、アルジェリアのアフメド・ベン・ベラ、ミシェル・アフラクサラ・アル・ディン・アル・ビタールザキ・アル・アルスジコンスタンティンズレイク、シリアのシュクリー・アル・クワトリ、アフメド・ハッサン・アル・バクルが含まれていました。イラク、チュニジアのハビブ・ブルギバ、モロッコのメディ・ベン・バルカ、レバノンの シャキブ・アルスラン。

後期および現在のアラブ民族主義の指導者には、リビアのムアンマル・アル・カダフィ、シリアのハフェズ・アル・アサドバシャール・アル・アサドが含まれます。多様なアラブ諸国は一般的に緊密な関係を維持していましたが、過去60年間の社会的、歴史的、政治的現実によって、明確な国民的アイデンティティが発展し、強化されました。これにより、汎アラブ国家の考えはますます実現可能性が低くなり、可能性が高くなっています。さらに、政治的イスラム教の急増により、一部のアラブイスラム教徒の間では、汎アラブ主義のアイデンティティよりも汎イスラム主義のアイデンティティがより重要視されるようになりましたかつて彼らの権力に対する脅威としてイスラム運動に反対していたアラブ民族主義者は、現在、政治的現実の理由で彼らに異なった扱いをしている。[57]

現代の境界

アラブ世界の現代の国境の多くは、19世紀から20世紀初頭にかけてヨーロッパの帝国勢力によって描かれました。ただし、一部の大規模な州(特にエジプトシリア)は、歴史的に地理的に定義可能な境界を維持しており、現代の州の一部は大まかに基づいています。たとえば、14世紀のエジプトの歴史家アル・マクリーズィーは、エジプトの境界を北の地中海から南のヌビアの下部まで伸びていると定義しています。そして東の紅海と西部/リビア砂漠のオアシスの間したがって、エジプトの現代の国境はヨーロッパの力の創造ではなく、少なくとも部分的には、特定の文化的および民族的識別に基づいている歴史的に定義可能なエンティティに基づいています。

他の時には、王、アミール、またはシェイクは、新しく作成された国民国家の半自律的な支配者として配置されました。通常、大英帝国のようなヨーロッパの大国に提供されたサービスのために、新しい国境を描いたのと同じ帝国の大国によって選ばれました。シェリフ・フセイン・イブン・アリ多くのアフリカ諸国は、自由のための血なまぐさい反乱の後、1960年代までフランスからの独立を達成しませんでした。これらの闘争は、与えられた独立の形態を承認する帝国の力によって解決されたので、結果として、これらの国境のほとんどすべてが残っています。これらの国境のいくつかは、英国またはフランスの植民地の利益に奉仕した個人の協議なしに合意されました。レーニンが全文を発表するまで完全に秘密裏に署名された、英国とフランスの間だけで(シェリフ・フセイン・イブン・アリを除いて)そのような協定の1つは、サイクス・ピコ協定でした。地元住民の合意なしに書かれた別の影響力のある文書は、バルフォア宣言でした。

イスラエルの諜報機関モサドの元所長として、現在ヘブライ大学の所長であるエフライム・ヘイルビーは次のように述べています。

中東の地図を見ると非常に直線である境界線は、地図を持って座って定規でフロンティアの線を描いたイギリスとフランスの製図技師によって描かれました。誰かの手が震えたために、何らかの理由で支配者が地図上を移動した場合、フロンティアは(手で)移動しました。[58]

彼は例を挙げ続けました、

透明な紙を使ってイラクとヨルダンの間の地図を描いた英国領事、ガートルード・ベルという女性についての有名な話がありました。彼女は誰かと話をするようになり、紙を回すと支配者が動き、それが(新しい)ヨルダン人にかなりの領土を追加しました。[58]

ニューカッスル大学の歴史家ジムクロウは、次のように述べています。

その帝国の彫刻がなければ、イラクは今日の状態にはなりませんでした...ガートルード・ベルは、中東で英国に有利なアラブ諸国の創設に尽力した2、3人の英国人の1人でした。[59]

現代経済

2006年の時点で、アラブ世界は国内総生産の5分の2を占め、より広いイスラム世界の貿易の5分の3を占めています。[要出典]

アラブ諸国は、排他的ではありませんが、ほとんどが発展途上国であり、輸出収入は石油やガス、またはその他の原材料の販売から得られます。近年、アラブ世界では、2001年から2006年の間に3倍になった石油とガスの価格の上昇だけでなく、経済基盤を多様化するための一部の州の努力により、大幅な経済成長が見られました。工業生産は増加しており、例えば、2004年から2005年の間に生産された鉄鋼の量は840万トンから1900万トンに増加しました。(出典:アルジェリア、MahmoudKhoudriの開会のスピーチの産業大臣、第37回鉄鋼アラブ連合総会、アルジェ、2006年5月)。しかし、1900万トン/年でさえ、依然として世界の鉄鋼生産の1.7%に過ぎず、ブラジルのような国の生産よりも劣っています。[60]

アラブ世界の主要な経済組織は、ペルシャ湾の州で構成される湾岸協力会議(GCC)と、北アフリカ諸国で構成されるアラブマグレブ連合(UMA)です。GCCは、ペルシャ湾地域で共通通貨を確立する計画を含め、財政的および金銭的にある程度の成功を収めています。1989年の設立以来、UMAの最も重要な成果は、モーリタニアからリビアのエジプトとの国境まで北アフリカを横断する7000kmの高速道路の確立でした2010年に完成する予定の高速道路の中央区間は、モロッコアルジェリアチュニジアを横断します。近年、より大きな経済地域を定義するために新しい用語が造られました。MENA地域(「中東および北アフリカ」の略)は、特に現在の米国政権の支援を受けて、ますます人気が高まっています。

世界銀行によれば、2009年8月の時点で、サウジアラビアは最強のアラブ経済であると報告されています。[61]

サウジアラビアは、GDP全体でアラブ経済のトップを維持しています。これはアジアで11番目に大きな経済であり、2006年にはエジプトアルジェリアがアフリカで2番目と3番目に大きな経済でした(南アフリカに次ぐ。一人当たりGDPの観点から、カタールは世界で最も豊かな発展途上国です。[62]

1999年のすべてのアラブ諸国の総GDPは5,312億米ドルでした。[63]すべての最新のGDPの数値をグループ化することにより、アラブ世界のGDPの合計は2011年に少なくとも2.8兆ドルの価値があると推定されます。[64]これは米国、中国、日本、ドイツのGDPよりも小さいだけです。

地理

アラブ世界は、北アフリカの13,000,000平方キロメートル(5,000,000平方マイル)以上、北東アフリカと南西アジアの一部に広がっています。アラブ世界の東部はマシュリクと呼ばれています。アルジェリア、モロッコ、チュニジア、リビア、モーリタニアはマグレブまたはマグリブです。

マグレブ西アラブ世界)

「アラブ」という用語はしばしばアラビア半島を意味しますが、アラブ世界のより大きな(そしてより人口の多い)部分は北アフリカです。その800万平方キロメートルには、アフリカ大陸で最大の2つの国、地域の中心にあるアルジェリア(240万km 2 )と南東にあるスーダン(190万km 2)が含まれます。アルジェリアは、インドの約4分の3の大きさ、または米国最大の州であるアラスカの約1.5倍の大きさです。アラブ西アジアで最大の国はサウジアラビア(200万km 2)です。

もう一方の極端な例では、アラブ本土の最小の自治国はレバノン(10,452 km 2)であり、アラブの最小の島国はバーレーン(665 km 2)です。

特に、完全に内陸国であるチャド北部のアラブ地域を除いて、すべてのアラブ諸国は海または海と国境を接しています。イラクはペルシャ湾へのアクセスが非常に狭いため、実際にはほとんど内陸国になっています。

歴史的境界

アラブ世界の政治的国境はさまよっており、アラブの少数派はサヘルアフリカの角の非アラブ諸国だけでなく、キプロストルコイランの中東諸国にも残されており、アラブ以外の少数派もアラブに残されています国。しかし、海、砂漠、山の基本的な地理は、この地域に永続的な自然の境界を提供します。

アッバース朝カリフ(750 – 1258 CE)

アラブ世界は、アフリカとアジアの2つの大陸にまたがっています。主に東西軸に沿って配置されています。

アラブアフリカ

アラブアフリカは大陸の北3分の1全体を占めています。3つの側面(西、北、東)が水に囲まれ、4つ目(南)が砂漠または砂漠の低木地に囲まれています。

西は大西洋岸に囲まれています北東から南西にかけて、モロッコ西サハラにモロッコが一方的に併合)、モーリタニアがアラブ大西洋岸の約2,000キロメートルを構成しています。海岸の南西の広がりは穏やかですが、実質的であり、モーリタニアの首都ヌアクショット(18°N、16°W)は、アイスランド(13–22°W)と経度を共有するのに十分西にあります。ヌアクショットはアラブ世界の最西端の首都であり、アフリカで3番目に西の首都であり、サハラ南西部の大西洋岸に位置しています。モーリタニアから海岸に沿って次の南はセネガル、その突然の国境は、歴史的に西アフリカのこの部分を特徴付けるアラブから先住民族のアフリカへの文化の勾配を覆っています。

北へのアラブアフリカの境界は、再び大陸の境界、地中海です。この境界は西からジブラルタル海峡で始まります。ジブラルタル海峡は、地中海と大西洋を西に接続し、モロッコとスペインを北に隔てる幅13kmの海峡です。モロッコから海岸沿いの東にはアルジェリア、チュニジア、リビアがあり、続いてエジプトがこの地域(および大陸)の北東の角を形成しています。海岸はチュニジアで短時間ですが急激に南に曲がり、リビアの首都トリポリを通って南東に緩やかに傾斜し、リビアの2番目の都市であるベンガジを通って北にぶつかり、エジプトの2番目の都市を通って再びまっすぐ東に曲がります。ナイル川の河口にあるアレクサンドリア。チュニジアは、北にあるイタリアの背骨とともに、地中海西部と東部の交差点を示し、文化の変遷も示しています。エジプトの西部は、マグレブとして知られるアラブ世界の地域を開始します(リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコとモーリタニア)。

歴史的に、4,000キロメートルの地中海の境界ははためきました。ヨーロッパの北にある人口密集地は、接触とアラブの探検を招きました。ほとんどの場合友好的ですが、そうでない場合もあります。アラブ沿岸近くの島々と半島は手を変えました。シチリア島マルタの島々は、紀元前1千年紀の創設以来、ヨーロッパとの接点であったチュニジアの都市カルタゴから東にわずか100キロのところにあります。シチリア島とマルタの両方が時々アラブ世界の一部でした。モロッコからジブラルタル海峡を渡ったところにあるイベリア半島の地域は、中世を通してアラブ世界の一部でした。、時には北の境界をピレネー山脈の麓まで拡張し、地元のより広いヨーロッパと西洋の文化に実質的な痕跡を残します。

アフリカのアラブ世界の北の境界線もまた、最初は十字軍を通り、後にフランスイギリススペインイタリアの帝国の関与を介して、反対方向に一時的にはためきました北岸からの別の訪問者であるトルコは、植民者としてではありませんが、何世紀にもわたってこの地域の東を支配していました。スペインはまだ2つの小さな飛び地、セウタメリリャを維持しています(「モロッコエスパノール」と呼ばれる)、そうでなければモロッコの海岸沿い。全体的にこの波は衰退しましたが、北のアラブの拡大のように、それはその痕跡を残しました。北アフリカのヨーロッパへの近さは常に相互作用を促進してきました、そしてこれはヨーロッパへのアラブ移民と今日のアラブ諸国へのヨーロッパの関心を続けています。しかし、人口密集地と海の物理的事実により、アラブ世界のこの境界は地中海の海岸線に定着しています。

東部では、紅海がアフリカアジアの境界を定義し、したがってアラブアフリカとアラブ西アジアの境界も定義しています。この海は北西に傾斜した細長い水路で、エジプトシナイ半島南東からアフリカのジブチイエメンの間のバブエルマンデブ海峡まで2,300キロメートル伸びています。アラビアではありますが、平均して幅はわずか150キロメートルです。海はその長さに沿って航行可能ですが、歴史的にアラブアフリカとアラブ西アジアの間の多くの接触は、シナイ半島を越えて陸路で、または地中海または狭いバブアルメンデブ海峡を横切って海で行われてきました。北西から南東にかけて、エジプト、スーダン、エリトリアがアフリカの海岸線を形成し、ジブチがバブアルメンデブのアフリカの海岸を示しています。

ジブチから海岸に沿って南東にソマリアがありますが、ソマリアの海岸はすぐに90度回転して北東に向かい、イエメンの海岸の曲がり角を北の水面に映し出し、アデン湾の南海岸を定義します。その後、ソマリアの海岸はヘアピンで南西に戻り、アフリカの角を完成させます。1年の6か月間、モンスーンの風が赤道ソマリアからアラビアを過ぎ、ソコトラの小さなイエメン諸島を越えて吹き、インドに雨が降ります。その後、方向を切り替えて吹き返します。したがって、アラブアフリカの東海岸、特に南東海岸の境界は、歴史的に、東アフリカの両方との海上貿易と文化交流の玄関口でした。と亜大陸。貿易風はまた、アラブ世界の最南端である インド洋マダガスカル近くのモザンビーク沖にある、アラブ・アフリカの国であるコモロ諸島の存在を説明するのに役立ちます。

アラブ北アフリカの南の境界は、サハラの南の大陸を横切る サヘルとして知られている低木地のストリップです。

アラブ西アジア

西アジアのアラブ地域は、アラビア半島レバントの大部分(キプロスとイスラエルを除く)、メソポタミアの大部分(トルコとイランの一部を除く)、ペルシャ湾地域で構成されています。半島はおおよそ傾斜した長方形で、北東アフリカの斜面に寄りかかっており、長軸はトルコヨーロッパを指しています。

も参照してください

ノート

全般的

  1. ^ 出典:特に明記されていない限り、「人口統計年鑑—表3:性別による人口、人口増加率、表面積および密度」 (PDF)国連統計部。2008 2010年9月24日取得 {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
    このソースに記載されている数値以外の数値を示すこの表のエントリは、[注記]フィールドにアスタリスク()で囲まれています。使用されている数値の根拠は、関連する注記で説明されています。

ソース

  1. ^ 「アラブ世界–表面積」indexmundi.com
  2. ^ 「世界アラビア語の日|国連教育科学文化機関」unesco.org2016年12月15日。
  3. ^ 「人口密度(土地面積の平方キロメートルあたりの人々)|データ」data.worldbank.org
  4. ^ 「GDP(現在のUS $)|データ」data.worldbank.org
  5. ^ 「一人当たりGNI、アトラス法(現在の米ドル)|データ」data.worldbank.org
  6. ^ a b c d e f g Frishkopf:61:「「アラブ世界」の普遍的に受け入れられている定義は存在しませんが、一般に、合計人口が約280人のアラブ連盟に属する22か国が含まれると想定されています。百万(Seib 2005、604)この紹介の目的のために、この領土の定義は言語の定義(アラビア語の使用、またはアイデンティティにとって重要であるというその認識)と組み合わされ、それによって複数のディアスポラ、特にアメリカ大陸に拡張されます、ヨーロッパ、東南アジア、西アフリカ、オーストラリア。」
  7. ^ カーン、ザファルル-イスラム教。「アラブ世界–アラブの視点」milligazette.com
  8. ^ フィリップス、クリストファー(2012)。日常のアラブ人としてのアイデンティティ:アラブ世界の毎日の複製ラウトレッジ。p。94. ISBN 978-1-136-21960-3
  9. ^ メラー、ノハ; Rinnawi、Khalil; ダジャニ、ナビル; Ayish、Muhammad I.(2013)。アラブメディア:グローバリゼーションと新興メディア産業ジョン・ワイリー&サンズ。ISBN 978-0745637365
  10. ^ 「アラブ世界の多数派と少数派:統一された物語の欠如」エルサレム公共問題センター
  11. ^ 「世界アラビア語の日」ユネスコ2012年12月18日2014年2月12日取得
  12. ^ ab 「アラブ連盟はイラクに代表団を送るEncyclopedia.com2005年10月8日2011年2月13日取得
  13. ^ ab 「アラブ連盟はイラクの内戦を警告するEncyclopedia.com2005年10月8日2011年2月13日取得
  14. ^ ハンス・ヴェーア:現代文語アラビア語辞典(2011); ハレル、リチャードS。:モロッコアラビア語辞書(1966)
  15. ^ Tilmatine Mohand、Substrat etconvergences:Leberbéreetl'arabenord-africain(1999)、in Estudios de Dialectologia norteaafricana y andalusi 4、pp 99–119
  16. ^ ベンジャミン・ヘッティンガー、アラブ諸国連盟、(GRIN Verlag:2009)、p.2。
  17. ^ Dwight Fletcher Reynolds、アラブ民俗学:ハンドブック、(Greenwood Press:2007)、p.1。
  18. ^ バウマン:8
  19. ^ 鄧:405
  20. ^ a b クロンホルム:14
  21. ^ Rejwan:52
  22. ^ サリバンとイスマエル:ix
  23. ^ 「ソマリランド共和国:国のプロフィール」archive.ph2001年3月2日2021年10月13日取得
  24. ^ Diana Briton Putman、Mohamood Cabdi Noor、 The Somalis:彼らの歴史と文化、(応用言語学センター:1993)、p.15。
  25. ^ Colin Legum、アフリカの現代記録:年次調査および文書、第13巻、(AfricanaPub。Co.: 1985)、pB-116。
  26. ^ エリトリアワールドファクトブック中央情報局
  27. ^ リンナウィ:xvi
  28. ^ 「中東–イラン」ワールドファクトブック2013年10月24日取得
  29. ^ 「Hassaniyya–モーリタニアの言語」Ethnologue.com 2011年10月17日取得
  30. ^ "「世界人口の見通し–人口部門」" 。population.un.org国連経済社会局、人口課2019年11月9日取得
  31. ^ "「総人口」–世界人口の見通し:2019年改訂」 (xslx).population.un.org ウェブサイトから取得したカスタムデータ)。国連経済社会局、人口課。 2019年11月9日取得
  32. ^ 「世界には何人のイスラム教徒がいますか?」About.com宗教とスピリチュアリティ
  33. ^ *ファレス、ワリド(2001)。「アラブ人キリスト教徒:はじめに」アラビア語聖書アウトリーチ省。
  34. ^ 「カナダの移民および難民委員会」カナダ移民難民委員会。2015年6月30日。アルジェリアには推定2万から10万人の福音派クリスチャンがおり、カビル地域の主に未登録の教会で信仰を実践しています。
  35. ^ 「2010年国勢調査結果」2012年3月20日にオリジナルからアーカイブされました2012年6月15日取得
  36. ^ Carnes、Nat(2012)。野蛮なライオン、アル・マグレッド:イスラム教を見てくださいケンブリッジ大学出版局。p。253. ISBN 9781475903423推定40,000人のモロッコ人がキリスト教徒に改宗しました
  37. ^ "「家の教会」と沈黙の大衆—モロッコの回心したキリスト教徒は秘密裏に祈っています– VICEニュース " 。2015年3月23日。
  38. ^ Sharaf、Nihal(2012)。「」「キリスト教徒は宗教の自由を享受する」:教会と国家の結びつきは素晴らしい」アラビアタイムズ。 2015年4月2日のオリジナルからアーカイブ。
  39. ^ M. Shaw Ph.D、ジェフリー(2019)。宗教と現代政治:グローバル百科事典[2巻]ABC-CLIO。p。200. ISBN 9781440839337
  40. ^ C.開催、コルベール(2008)。中東のパターン:場所、人、政治ラウトレッジ。p。109. ISBN 9780429962004世界的には100万人程度で、シリアでは約45〜50%、レバノンでは35〜40%、イスラエルでは10%未満です。最近、Druzeのディアスポラが増えています。
  41. ^ ルイス1994、 Ch.1
  42. ^ Bernard Lewis、 Race and Color in Islam、 Harper and Yuow、1970、38ページの引用。括弧はLewisによって表示されます。
  43. ^ 「地域の概要:アラブ諸国」(PDF)ユネスコ。2007 2018年4月6日取得
  44. ^ a b RIA Novosti(2008年11月11日)。「平均的なアラブ人は年に4ページを読む」2010年8月16日取得
  45. ^ 進歩と繁栄のために重要なアラブ世界の男女平等、国連報告書は警告し ます2015年9月6日、E-joussourのWayback Machineでアーカイブされました(2008年10月21
  46. ^ ab 「事実 数字」UN Women | アラブ諸国2020年3月9日取得
  47. ^ 「人口統計世界の都市部」(PDF)人口統計2017年7月20日取得
  48. ^ 「ドバイの歴史」dubai.aeドバイ政府2019年8月5日取得
  49. ^ Kng、ハンス(2006年8月31日)。ハンス・キュング、道をたどる:世界の宗教の精神的側面、éd。Continuum International Publishing Group、2006年、p。248ISBN 97808264942382011年10月17日取得
  50. ^ アルジャラド、アフマド。「古代レバントアラビア語:最も初期の情報源と現代の方言に基づく再構成」
  51. ^ Bechtold、Peter R(1991)。スーダンの「スーダンのさらなる混乱」:危機の国家と社会ed。ジョン・ヴォル(ウェストビュー・プレス(ボルダー))p。1.1。
  52. ^ ハインライン、ピーター(2011年10月22日)。「E.アフリカ諸国はソマリアでケニアの攻勢を後押しする」ボイスオブアメリカ2011年10月23日取得
  53. ^ 「持っているものと持っていないもの」 –エコノミスト経由。
  54. ^ 「フリーダムハウスカントリーレポート」Freedomhouse.org。2004年5月10日。 2011年5月10日のオリジナルからアーカイブ2011年2月13日取得
  55. ^ アラブのリーダーシップに対するエジプトの入札:米国の政策への影響、グレゴリーL.アフタンディリアン著、外交問題評議会発行、1993年、 ISBN 0-87609-146-X、6〜8ページ 
  56. ^ Boms、Nir Tuvia、HusseinAboubakr。 「宗教。」 MDPI2022年。2022年1月20日。
  57. ^ 「アラブ民族主義:マーティン・クレーマーによる誤ったアイデンティティ」2009年10月25日にオリジナルからアーカイブされました。
  58. ^ a b Halevy、Efraim(2015年4月16日)。「中東の変化の風」(PDF)ロサンゼルス世界問題評議会。2010年12月6日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  59. ^ Royle、Trevor(2016年1月3日)。「フロンティアのあるゲーム」サンデーヘラルド2003年3月7日にオリジナルからアーカイブされました。
  60. ^ 「世界鉄鋼協会–ホーム」Worldsteel.org 2011年10月17日取得
  61. ^ 「世界銀行:サウジアラビア、最強のアラブ経済」2009年11月30日にオリジナルからアーカイブされました。
  62. ^ CIA World Factbook、国別のGDP分類
  63. ^ ルイス、バーナード(2004)。イスラムの危機ニューヨーク市:ランダムハウスp。 116ISBN 978-0-8129-6785-2
  64. ^ El-Shenawi、Eman(2011年5月5日)。「野獣を突く:アラブ世界はどれくらいの価値があるのか​​?」アラビーヤ​​ニュース2011年5月11日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月19日取得

参考文献

参考文献

外部リンク