AppleTalk

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

AppleTalk
プロトコルスタック
ControlPanel.gifのAppleTalkロゴ
開発者アップル社。
序章1985 ; 37年前 (1985
ハードウェアLocalTalk、その他

AppleTalkは、 Macintoshコンピュータ用にAppleInc.によって開発された廃止された独自 のネットワークプロトコルスイートですAppleTalkには、事前のセットアップや、あらゆる種類の集中型ルーターやサーバーを必要とせずに、ローカルエリアネットワークを接続できるようにする多くの機能が含まれています。接続されたAppleTalkを備えたシステムは、アドレスを自動的に割り当て、分散名前空間を更新し、必要なネットワーク間ルーティングを構成します。

AppleTalkは1985年にリリースされ、1980年代から1990年代にかけてAppleデバイスで使用された主要なプロトコルでした。IBMPCとその互換機およびAppleIIGSのバージョンもリリースされましたAppleTalkのサポートは、ほとんどのネットワークプリンタ(特にレーザープリンタ)、一部のファイルサーバー、および多数のルーターでも利用できました。

1990年代のTCP/IPの台頭により、そのプロトコルでこれらのタイプのサポートのほとんどが再実装され、2009年のMac OSXv10.6のリリースでAppleTalkはサポートされなくなりました。AppleTalkのより高度な自動構成機能の多くはBonjourで導入されて以来Universal PlugandPlayは同様のニーズに対応しています。

歴史

AppleNet

1983年1月にAppleLisaコンピュータがリリースされた後、 Appleはマシンのローカルエリアネットワーク(LAN)システムの開発にかなりの努力を費やしました。AppleNetとして知られ、独創的なXerox XNS プロトコルスタック[1]に基づいていましたが、Xeroxの2.94 Mbit / sイーサネットではなく、カスタムの1 Mbit/s同軸ケーブルシステムで実行されていました。AppleNetは、1983年の初めに発表され、LisaおよびAppleII用のプラグインAppleNetカードの目標価格500ドルで完全に導入されました[2]

当時、イーサネットトークンリングエコネットアークネットなどの初期のLANシステムが市場に登場したばかりでした。これは当時の主要な商業的取り組みのトピックであり、1983年5月にアナハイムで開催されたNational Computer Conference(NCC)のようなショーを支配していました。事実上の標準になることでした。[3]スティーブ・ジョブズがグルシャラン・シドゥに一見無害な質問をしたのはこのショーでした。「なぜネットワーキングがうまくいかなかったのですか?」[4]

4か月後の10月、AppleNetはキャンセルされました。当時、彼らは「Appleはネットワークシステムを作るのはビジネスではないことに気づいた。AppleNetを社内で構築して使用したが、それを出荷すれば新しい標準が登場するだろうと気付いた。 「」[5] 1月、Jobsは、代わりにIBMのトークンリングをサポートすることを発表しました。これは、「数か月」でリリースされると予想されていました。[5]

AppleBus

この期間を通して、アップルはマッキントッシュコンピュータの開発に深く関わっていました。開発中、エンジニアは、シリアルポート接続を提供するために、より低コストでより一般的なUARTの代わりにZilog 8530シリアルコントローラーチップ(SCC)を使用することを決定しました。[6] SCCのコストはUARTよりも約5ドル高くなりますが、最大250キロビット/秒(または追加のハードウェアを使用するとそれ以上)のはるかに高速な速度を提供し、IBMのBisyncなどの多くの基本的なネットワークのようなプロトコルを内部でサポートしました。[7]

SCCが選択されたのは、複数のデバイスをポートに接続できるためです。同様のSCCを備えた周辺機器は、組み込みのプロトコルを使用して通信し、同じバス上の他の周辺機器とデータをインターリーブできます。これにより、マシンの背面にあるポートを増やす必要がなくなり、より複雑なデバイスをサポートするための拡張スロットをなくすことができます。初期の概念はAppleBusとして知られており、ホストMacintoshによって制御されるシステムが最新のユニバーサルシリアルバスと同様の方法で「ダム」デバイスをポーリングすることを想定していました[8]

AppleBusネットワーキング

Macintoshチームは、 LaserWriterになるものについてすでに作業を開始しており、これらの高価なマシンやその他のリソースを共有する方法についての質問に答えるために、他の多くのオプションを検討していました。Bob Bellevilleからの一連のメモは、これらの概念を明確にし、Mac、LaserWriter、およびMacintoshOfficeになるファイルサーバーシステムの概要を示しています。[4] 1983年後半までに、IBMのトークンリングはMacの発売に間に合うように準備ができておらず、これらの他の製品の発売も見逃す可能性があることは明らかでした。結局、トークンリングは1985年10月まで出荷されませんでした。[9]

JobsのSidhuへの以前の質問は、すでに多くのアイデアを引き起こしていました。10月にAppleNetがキャンセルされたとき、SidhuはAppleBusハードウェアに基づく新しいネットワークシステムを開発する取り組みを主導しました。この新しいシステムは、既存の先入観に準拠する必要はなく、Macにふさわしいように設計されています。つまり、ユーザーがインストールでき、構成がゼロで、固定ネットワークアドレスがないシステムです。つまり、真のプラグアンドプレイです。 -ネットワークを再生します。[10] [サードパーティのソースが必要]かなりの努力が必要でしたが、Macがリリースされるまでに、基本的な概念が概説され、いくつかの低レベルプロトコルが完成に向かっていました。Sidhuは、Macが発表されてからわずか2時間後にBellevilleにこの作業について言及しました。[4]

「新しい」AppleBusは1984年の初めに発表され、[N 1]シリアルポートに差し込まれ、ケーブルを介して上流と下流の次のコンピュータに接続された小さなボックスを介してMacまたはLisaから直接接続できるようになりました。AppleIIおよびAppleIII用のアダプタも発表されました。[11] Appleはまた、AppleBusネットワークをトークンリングシステムに接続でき、トークンリングシステム内の単一ノードのように見えることも発表しました。[5]これがどのように機能するかの詳細は大ざっぱでした。[5]

AppleTalkパーソナルネットワーク

1985年初頭にリリースされる直前に、AppleBusはAppleTalkに名前が変更されました。当初はAppleTalkパーソナルネットワークとして販売されていましたが、ネットワークプロトコルのファミリと物理層で構成されていました。

物理層には、速度が230.4 kbit / s、最大距離が端から端まで1,000フィート(300 m)、LANあたり32ノードしかないなど、いくつかの制限がありました。[12]しかし、基本的なハードウェアがMacに組み込まれているため、ノードの追加にかかる費用は、アダプターボックスに約50ドルしかかかりません。それに比べて、イーサネットまたはトークンリングカードは数百ドルまたは数千ドルの費用がかかります。さらに、ネットワークスタック全体で必要なRAMは約6 kBのみであり、どのMacでも実行できます。[13]

AppleTalkの速度が比較的遅いため、コストをさらに削減できました。AppleTalkケーブルは、 RS-422の平衡送信および受信回路を使用する代わりに、単一の共通電気アースを使用しました。これにより、速度が約500 kbit / sに制限されましたが、1本の導体を取り外すことができました。これは、一般的な3芯ケーブルを配線に使用できることを意味します。さらに、アダプタは「自己終端」するように設計されています。つまり、ネットワークの最後にあるノードは、最後のコネクタを接続しないままにしておくことができます。ワイヤーを一緒にループに接続し直す必要も、ハブや他のデバイスも必要ありませんでした。

このシステムは、将来の拡張のために設計されました。アドレス指定システムでは、LAN内の255ノードへの拡張が可能であり(当時は32ノードしか使用できませんでした)、「ブリッジ」(技術的には同じではありませんが「ルーター」として知られるようになりました)を使用することで相互接続できました。 LANをより大きなコレクションに。「ゾーン」により、ブリッジ接続されたインターネット内でデバイスをアドレス指定できました。さらに、AppleTalkは最初から潜在的な基礎となる物理リンクで使用できるように設計されており[14]、数年以内に物理層の名前がLocalTalkに変更され、AppleTalkプロトコルと区別されます。

AppleTalkの主な利点は、完全にメンテナンスフリーであるということでした。デバイスをネットワークに参加させるには、ユーザーはアダプターをマシンに接続し、そこから他のアダプターの空きポートにケーブルを接続するだけです。AppleTalkネットワークスタックは、ネットワークアドレスをネゴシエートし、コンピュータに人間が読める名前を割り当て、ユーザーがセレクタを介してデバイスを参照できるように、ネットワーク上の他のマシンの名前とタイプのリストをコンパイルしましたAppleTalkは非常に使いやすいため、複数のMacが同じ部屋にあるときはいつでもアドホックネットワークが表示される傾向がありました。[15] Appleは後に、飛行機の2つの座席の間にネットワークが作成されていることを示す広告でこれを使用しました。[16]

PhoneNetおよびその他のアダプター

AppleTalkデバイスの繁栄しているサードパーティ市場は、今後数年間で開発されました。特に注目すべき例の1つは、 BMUGによって設計され、1987年にFarallonによってPhoneNetとして商品化された代替アダプタでした。 [17]これは本質的に、Appleの丸型コネクタの代わりに従来の電話ジャックを備えたAppleのコネクタの代替品でした。PhoneNetを使用すると、AppleTalkネットワークを通常の電話線を使用して接続でき、余分な作業をほとんど必要とせずに、1本の4芯電話ケーブルでアナログ電話とAppleTalkを実行できます。

他の企業は、最大1 Mbit / sの高速伝送をサポートするために、外部クロックを読み取るSCCの機能を利用しました。これらのシステムでは、外部アダプタにも独自のクロックが含まれており、それを使用してSCCのクロック入力ピンに信号を送りました。最もよく知られているそのようなシステムは、768 kbit / sで動作するCentramのFlashTalkであり、 TOPSネットワーキングシステムで使用することを目的としていました。[18]同様の解決策は、850 kbit / sのDaynaTalkで、コンピューターと通常のLocalTalk/PhoneNetボックスの間に接続された別のボックスを使用していました。Daynaは、他のDaynaPCカードと通信するときに最大1.7Mbit/sで動作するPC拡張カードも提供しました。[19] [20]さらに高いパフォーマンスを備えた他のシステムもいくつか存在しましたが、これらにはLocalTalk / PhoneNetと互換性のない特別なケーブルが必要であり、ネットワークスタックへのパッチが必要であり、問​​題が発生することがよくありました。

AppleTalk overEthernet

Appleがより多くの商業および教育市場に拡大するにつれて、AppleTalkを既存のネットワークインストールに統合する必要がありました。これらの組織の多くはすでに非常に高価なイーサネットインフラストラクチャに投資しており、Macintoshをイーサネットに直接接続する方法はありませんでした。AppleTalkには、AppleTalkサブネットを相互接続するためのプロトコル構造が含まれていたため、ソリューションとして、EtherTalkは当初、イーサネットをLocalTalkサブネット間のバックボーンとして使用するために作成されました。これを実現するには、組織はLocalTalk-to-Ethernetブリッジを購入する必要があり、Appleはこれらの製品を製造するためにサードパーティに任せました。[21]ヘイズやキネティクスのようないくつかの新しく設立された会社 を含む、多くの会社が回答した。

LocalTalk、EtherTalk、TokenTalk、AppleShare

1987年までに、イーサネットは明らかにトークンリングをめぐる標準の戦いに勝ち、その年の半ばにAppleはイーサネット物理層を介したAppleTalkプロトコルの実装であるEtherTalk1.0を導入しました。新しくリリースされたMacintoshIIコンピュータ、拡張スロットを備えたApple初のMacintosh用に導入されたオペレーティングシステムには、ユーザーがネットワークに使用する物理接続を選択できる新しいネットワークコントロールパネルが含まれていました(「組み込み」または「EtherTalk」から) 。導入時に、イーサネットインターフェイスカードは、 Nubusに接続された3ComおよびKineticsから入手できました。マシンのスロット。新しいネットワークスタックはまた、LANごとに完全な255ノードを許可するようにシステムを拡張しました。EtherTalkのリリースに伴い、AppleTalkパーソナルネットワークはLocalTalkに名前が変更され[22]、その名前はその生涯の大部分で知られていました。トークンリングは、同じネットワークコントロールパネルと基盤となるソフトウェアを使用した同様のTokenTalk製品で後でサポートされます。時間が経つにつれて、多くのサードパーティ企業は、これらの同じドライバを使用する互換性のあるイーサネットおよびトークンリングカードを導入するでしょう。

イーサネットに直接接続されたMacintoshの登場により、イーサネットとLocalTalkの互換性の問題も拡大しました。新旧のMacを使用するネットワークでは、相互に通信するための何らかの方法が必要でした。これは、イーサネットMacIIがLocalTalkにのみ接続されているLaserWriterと通信しようとしているネットワークと同じくらい簡単な場合があります。Appleは当初、前述のLocalTalk-to-Ethernetブリッジ製品に依存していましたが、これらは少量の製品であるというAppleの信念に反して、1987年末までに13万のそのようなネットワークが使用されていました。AppleTalkは当時、世界で最も使用されているネットワークシステムであり、他のベンダーの3倍以上のインストールがありました。[23] [サードパーティのソースが必要]

1987年には、512kB以上のRAMを搭載したMacで動作する専用ファイルサーバーであるAppleShare製品も発表されました。一般的なAppleShareマシンは、外付けSCSIハードドライブを備えたMacPlusでした。AppleShareは、Novell NetWareとMicrosoftのMS-Netに次ぐ、1980年代後半の第3位のネットワークオペレーティングシステムでした。[24] AppleShareは、専用のファイルサーバーデバイスに基づいていたMacintoshOfficeの失敗した取り組みの実質的な代替品でした。

AppleTalkフェーズIIおよびその他の開発

重要な再設計は、1989年にAppleTalkフェーズIIとしてリリースされました。多くの点で、フェーズIIは、以前のバージョン(フェーズIとは呼ばれていません)をより一般的にするための取り組みと見なすことができます。LANは255を超えるノードをサポートできるようになり、ゾーンは物理ネットワークに関連付けられなくなりましたが、ノードを編成するためだけに使用される完全に仮想的な構造でした。たとえば、組織内のすべてのプリンタを一覧表示する「プリンタ」ゾーンを作成したり、同じデバイスを「2階」ゾーンに配置して物理的な場所を示したりすることができます。フェーズIIには、基盤となるインターネットワークプロトコルを変更して、「おしゃべり」を少なくすることも含まれていました。これは、以前はワイドエリアネットワークにブリッジするネットワークで深刻な問題でした。[25]

この時点で、Appleはさまざまな通信製品を開発中であり、それらの多くはAppleTalkフェーズIIとともに発表されました。これらには、EtherTalkおよびTokenTalk、IBM PC用のAppleTalkソフトウェアおよびLocalTalkハードウェア、LaserPrintersおよびその他のネットワークリソースを使用できるようにするAppleのA / UX オペレーティングシステム用のEtherTalk 、およびMacX.25およびMacX製品の更新が含まれます。

イーサネットは1990年までにほぼ普遍的になり、工場から直接Macにイーサネットを組み込む時が来ました。ただし、これらのネットワークで使用される物理的な配線は、まだ完全には標準化されていません。Appleは、コンピュータの背面にある1つのポートを使用してこの問題を解決しました。このポートに、ユーザーは任意のケーブルシステム用のアダプタを接続できます。このFriendlyNetシステムは、業界標準のアタッチメントユニットインターフェイス(AUI)に基づいていましたが、「Apple AUI」( AAUI)と呼ばれる、より小さくて使いやすい非標準のコネクタを意図的に選択しましたFriendlyNetは、Quadra700およびQuadra900コンピューターで最初に導入され、しばらくMacラインの多くで使用されていました。[26]LocalTalkと同様に、多くのサードパーティのFriendlyNetアダプタがすぐに登場しました。

10BASE-Tがイーサネットの事実上のケーブルシステムになったため、第2世代のPowerMacintoshマシンはAAUIに加えて10BASE-Tポートを追加しました。PowerBook3400cとローエンドのPowerMacにも10BASE-Tが追加されました。Power Macintosh 7300/8600/9600AAUIを搭載した最後のMacであり10BASE-TはPowerMacintoshG3PowerBookG3からユニバーサルになりました。

首都-Iインターネット

AppleTalkの当初から、ユーザーはMacintoshをTCP/IPネットワーク環境に接続したいと考えていました。1984年、スタンフォード大学のBill Croftは、SEAGATE(Stanford Ethernet-AppleTalk Gateway)プロジェクトの一環として、DDPにカプセル化されたIPパケットの開発を開拓しました。SEAGATEは、KineticsによってLocalTalk-to-Ethernetブリッジで追加のルーティングオプションとして商品化されました。数年後、MacIPはSEAGATEコードから分離され、LocalTalkネットワークを介してルーティングされるIPパケットの事実上の方法になりました。1986年までに、コロンビア大学は、Unix、TCP / IP、およびAppleTalk環境のより高度な統合を可能にするColumbia AppleTalk Package(CAP)の最初のバージョンをリリースしました。1988年、AppleはMacTCPをリリースしました、適切なイーサネットハードウェアを備えたマシンでMacがTCP/IPをサポートできるようにするシステム。ただし、これにより、多くの大学で、LocalTalkを搭載した多くのMacでIPをサポートするという問題が発生しました。LocalTalk-to-EthernetブリッジにMacIPサポートを含めることがすぐに一般的になりました。[26] MacTCPは、1994年までClassic Mac OSの標準部分にはなりませんでした[27] 。その頃には、 SNMPPPPもサポートしていました

1990年代初頭のしばらくの間、Macは急速に拡大するインターネットの主要なクライアントでした。[要出典]広く使用されているよく知られたプログラムの中には、Fetch、Eudora、eXodus、NewsWatcher、NCSAパッケージ、特にNCSAMosaic [ 28]とその子孫であるNetscapeNavigatorがあります。[29]さらに、Macがインターネットコンテンツをホストできるようにするサーバー製品がいくつか登場した。この期間中、Macは他のプラットフォームの約2〜3倍の数のクライアントをインターネットに接続していましたが、マイクロコンピューターの全体的な市場シェアは比較的小さいにもかかわらず [30] [サードパーティのソースが必要]でした。

世界がLANとWANの両方の用途でIPに急速に移行するにつれて、Appleは、PowerPCベースのマシンの導入だけでなく、ますます幅広いマシンのグループで2つのますます時代遅れのコードベースを維持することに直面しました。これにより、Open Transportの取り組みが始まり、Unix標準STREAMSから採用されたまったく新しいコードベースでMacTCPとAppleTalkの両方が再実装されました初期のバージョンには問題があり、しばらくの間安定しませんでした。[31] その時点までに、Appleは彼らの最終的に運命づけられたCoplandの努力に深く関わっていた。

レガシーと放棄

NeXTの購入とそれに続くMacOSXの開発により、AppleTalkは厳密にレガシーシステムでした。多数の既存のAppleTalkデバイス、特にレーザープリンターとファイル共有のサポートを提供するために、OS Xにサポートが追加されましたが、この時代に一般的な代替接続ソリューション、特にプリンター用のUSBは、それらの需要を制限しました。Appleがこれらの製品カテゴリの多くを放棄し、すべての新しいシステムがIPに基づいていたため、AppleTalkはますます一般的ではなくなりました。AppleTalkのサポートは、2009年にMac OSXv10.6のMacOSから最終的に削除されました。 [32]

ただし、AppleTalkがなくなっても、使いやすさとIPルーティングを組み合わせたネットワーキングソリューションへの要望は減りませんでした。Appleは、 AirMacルーターの導入から、ゼロ構成ネットワークシステムの開発とその実装、Bonjourまで、そのような多くの取り組みの開発を主導してきました

2020年の時点で、AppleTalkサポートはmacOS 11BigSurのレガシーサポートから完全に削除されました。

デザイン

AppleTalkの設計は、プロトコル階層化のOSIモデルに厳密に従ったものです。初期のLANシステムのほとんどとは異なり、AppleTalkは典型的なXeroxXNSシステムを使用して構築されていませんでした。意図したターゲットはイーサネットではなく、ルーティングする48ビットアドレスがありませんでした。それにもかかわらず、AppleTalkシステムの多くの部分はXNSに直接類似しています。

AppleTalkの重要な違いの1つは、システムを完全に自己構成することを目的とした2つのプロトコルが含まれていることでした。AppleTalkアドレス解決プロトコルAARP )により、AppleTalkホストは独自のネットワークアドレスを自動的に生成できます。NameBindingProtocolNBP)は、ネットワークアドレスをユーザーが読み取り可能な名前にマッピングするための動的なシステムでした。AARPに似たシステムは他のシステム、たとえばBanyan VINESにも存在していましたが、NBPのようなものは最近まで存在していませんでした[要出典]

AARPとNBPはどちらも、「コントローラー」デバイスがデフォルトのメカニズムをオーバーライドできるようにする方法を定義していました。コンセプトは、ルーターが情報を提供したり、システムを既知のアドレスや名前に「ハードワイヤード」したりできるようにすることでした。新しいノードが空きアドレスを検索するときにAARPが問題を引き起こす可能性がある大規模なネットワークでは、ルーターを追加すると「おしゃべり」が減る可能性があります。AARPとNBPを組み合わせることで、AppleTalkは使いやすいネットワークシステムになりました。新しいマシンは、それらを接続し、オプションで名前を付けることによってネットワークに追加されました。NBPリストは、ローカルネットワーク上のマシンのリストをファイルサーバーやプリンターなどのクラスに分割して表示する Chooserと呼ばれるプログラムによって検査および表示されました。

アドレス指定

AppleTalkアドレスは4バイトの量でした。これは、2バイトのネットワーク番号、1バイトのノード番号、および1バイトのソケット番号で構成されていました。これらのうち、ルーターから取得したネットワーク番号のみが構成を必要としました。各ノードは、プロトコル(元々はLocalTalkリンクアクセスプロトコルLLAP以降、イーサネット/ EtherTalkの場合はAppleTalkアドレス解決プロトコル、AARP) [33]に従って、独自のノード番号を動的に選択しました。番号。ソケット番号については、AppleTalkプロトコル自体に固有の特別な目的のためにいくつかのよく知られた番号が予約されています。これらとは別に、すべてのアプリケーションレベルのプロトコルは、クライアント側とサーバー側の両方で動的に割り当てられたソケット番号を使用することが期待されていました。

このダイナミズムのため、ユーザーは自分のアドレスを指定してサービスにアクセスすることを期待できませんでした。代わりに、すべてのサービスには、人間が選択した名前があり、ユーザーにとって意味のあるものであると期待でき、競合の可能性を最小限に抑えるのに十分な長さである可能性もあります。

NBP名は、ソケット番号とノード番号を含むアドレスに変換されるため、AppleTalkの名前は、マシン自体の名前とは完全に別の、マシンによって提供されるサービスに直接マップされます。したがって、サービスを別のマシンに移動することができ、同じサービス名を維持している限り、ユーザーがサービスにアクセスし続けるために別のことをする必要はありませんでした。また、同じマシンで、ネットワーク接続の競合なしに、同じタイプのサービスのインスタンスをいくつでもホストできます。

これをDNSのAレコードと比較してください。このレコードでは、名前がマシンのアドレスに変換され、サービスを提供している可能性のあるポート番号は含まれていません。したがって、特定のマシン名を使用して特定のサービスにアクセスすることに慣れている場合、サービスを別のマシンに移動すると、アクセスが中断されます。これは、サービスを参照するために実際のマシン名ではなくサービスを示すCNAMEレコードを使用することを主張することである程度軽減できますが、ユーザーがそのような規則に従うことを保証する方法はありません。KerberosActiveDirectoryなどの一部の新しいプロトコルは、DNSSRVレコードを使用します名前でサービスを識別するため。これはAppleTalkモデルにはるかに近いものです。独自の研究?]

プロトコル

AppleTalkアドレス解決プロトコル

AARPは、AppleTalkアドレスをリンクレイヤー(通常はMAC)アドレスに解決します。機能的にはARPと同等であり、ARPと非常によく似た方法でアドレス解決を取得します。

AARPはかなり単純なシステムです。電源がオンになると、AppleTalkマシンは、ルーターなどのコントローラーからの応答を意図して、ネットワークアドレスを要求するAARPプローブパケットをブロードキャストします。アドレスが指定されていない場合は、「ベースサブネット」0からランダムに1つが選択されます。次に、「このアドレスを選択しています」という別のパケットをブロードキャストし、ネットワーク上の他の誰かが文句を言うかどうかを確認します。別のマシンがそのアドレスを持っている場合、別のアドレスを選択し、空きアドレスが見つかるまで試行を続けます。多くのマシンを備えたネットワークでは、空きアドレスが見つかるまでに数回の試行が必要になる場合があるため、パフォーマンスの目的で、成功したアドレスはNVRAMに「書き留められ」ます。将来的にはデフォルトのアドレスとして使用されます。これは、マシンが一度に数台追加されるほとんどの実際のセットアップでは、アドレスが効果的に一定になるまでに1回または2回の試行のみが必要であることを意味します。

AppleTalkデータストリームプロトコル

これは、AppleTalkプロトコルスイートへの比較的遅い追加であり、 TCPスタイルの信頼できるコネクション型トランスポートが必要であることが明らかになったときに行われました。TCPとの重要な違いは次のとおりです。

  • 接続の試行が拒否される可能性があります
  • 「ハーフオープン」接続はありませんでした。一方の端が接続の切断を開始すると、接続全体が閉じられます(つまり、ADSPは全二重であり、二重シンプレックスではありません)。
  • AppleTalkには、通常のストリームデータフローをバイパスする短いメッセージを送信できるアテンションメッセージシステムが含まれていました。これらは確実に配信されましたが、ストリームに関しては順序が狂っていました。現在のストリームバイトシーケンスポイントが現在になるのを待つのではなく、注意メッセージができるだけ早く配信されます。[34]

Apple FilingProtocol

Apple Filing Protocol (AFP)(以前のAppleTalk Filing Protocol)は、 AppleShareファイルサーバーと通信するためのプロトコルです。AppleTalkセッションプロトコル(レガシーAFP over DDPの場合)またはデータストリームインターフェイス(AFP over TCPの場合)上に構築され、ユーザーの認証(双方向のランダム番号交換を含むさまざまな認証方法に拡張可能)および実行のためのサービスを提供しますMacintoshHFSファイルシステムに固有の操作。他のほとんどのAppleTalkプロトコルは非推奨になっていますが、AFPはまだmacOSで使用されています。

AppleTalkセッションプロトコル

ASPは、ATPの上に構築された中間プロトコルであり、ATPはAFPの基盤でした。帯域外ステータスクエリを実行する任意のコマンドへの応答を要求するための基本的なサービスを提供しました。また、サーバーが非同期の注意メッセージをクライアントに送信できるようにしました。

データグラム配信プロトコル

DDPは、最低レベルのデータリンクに依存しないトランスポートプロトコルでした。配信の保証のないデータグラムサービスを提供しました。インフラストラクチャプロトコルNBP、RTMP、ZIPを含むすべてのアプリケーションレベルのプロトコルは、DDPの上に構築されました。AppleTalkのDDPは、Open Systems Interconnection( OSI)通信モデル のネットワーク層に密接に対応しています。

名前バインディングプロトコル

Name Binding Protocolは、AppleTalk名を管理するための動的な分散システムでした。サービスがマシン上で開始されると、人間の管理者が選択した名前が登録されました。この時点で、NBPは、他のマシンが同じ名前を登録していないことを確認するためのシステムを提供しました。その後、クライアントがそのサービスにアクセスしたい場合、クライアントはNBPを使用してマシンにクエリを実行し、そのサービスを見つけました。NBPは、閲覧性(「利用可能なすべてのサービスの名前は何ですか?」)と、特定の名前のサービスを見つける機能を提供しました。名前は人間が読める形式で、スペース、大文字と小文字を含み、検索のサポートを含みます。

AppleTalkエコープロトコル

AEP(AppleTalk Echo Protocol)は、ネットワークノードの到達可能性をテストするために設計されたトランスポート層プロトコルです。AEPは、ネットワークノードに送信されるパケットを生成し、パケットの[タイプ]フィールドでAEPパケットとして識別されます。パケットは最初に送信元DDPに渡されます。AEPパケットとして識別された後、パケットが宛先のDDPによって検査されるノードに転送されます。パケットがAEPパケットとして識別された後、パケットがコピーされ、パケット内のフィールドが変更されてAEP応答パケットが作成され、送信元ノードに返されます。

プリンタアクセスプロトコル

PAPは、PostScriptプリンターと通信するための標準的な方法でした。それはATPの上に建てられました。PAP接続が開かれると、両端がもう一方の端にATP要求を送信しました。これは、基本的に「より多くのデータを送信する」ことを意味します。サーバーに対するクライアントの応答は、PostScriptコードのブロックを送信することでしたが、サーバーは、結果として生成される可能性のある診断メッセージで応答でき、その後、別の「データの送信」要求が送信されました。このATPの使用により、自動フロー制御が提供されました。応答する未処理のATP要求があった場合にのみ、各エンドはもう一方のエンドにデータを送信できました。

PAPは、個別のATPトランザクションによって処理される帯域外ステータスクエリも提供します。1つのクライアントからの印刷ジョブの処理でビジー状態であったとしても、PAPサーバーは他の任意の数のクライアントからのステータス要求に応答し続けることができます。これにより、印刷を待機しているLAN上の他のMacintoshが、プリンタがビジーであること、およびプリンタがビジー状態であったことを示すステータスメッセージを表示できるようになりました。

ルーティングテーブルメンテナンスプロトコル

RTMPは、ルーターがネットワークのトポロジについて相互に情報を提供するためのプロトコルでした。これは、定期的な一方的なブロードキャストを必要とするAppleTalkの唯一の部分でした。各ルーターは、10秒ごとに、知っているすべてのネットワーク番号と、それらがどれだけ離れていると思ったかのリストを送信する必要がありました。

ゾーン情報プロトコル

ZIPは、AppleTalkネットワーク番号をゾーン名に関連付けるためのプロトコルでした。ゾーンは、人間にとって意味のあるネットワークの下位区分でした(たとえば、「経理部門」)。ただし、ネットワーク番号はネットワークのトポロジ的に隣接するセクションに割り当てる必要がありましたが、ゾーンにはネットワークのいくつかの異なる不連続な部分を含めることができます。

物理的な実装

ローカルケーブルと内部回路基板、左舷
ダストカバーを取り外した自動終端スイッチの背面図
AppleLocalTalkインターフェイスボックスの内部。1989年には、これらのボックスは通常、それぞれ90米ドルの費用がかかりました。コネクタは、LocalTalk信号バスの自動電気的終端機能を備えています。LocalTalkバスケーブルを挿入すると、コネクタの後ろにある通常は閉じているスイッチが押され、そのコネクタの終端が無効になります。
FarallonPhoneNETアダプター

AppleTalkの最初のデフォルトのハードウェア実装は、 Macintoshの組み込みRS-422ポートを230.4 kbit/sで使用するLocalTalkと呼ばれる高速シリアルプロトコルでした。LocalTalkは、RS-422ポートのスプリッターボックスを使用して、単一のポートからアップストリームケーブルとダウンストリームケーブルを提供しました。トポロジはバスでした。ケーブルは、接続された各マシンから次のマシンにデイジーチェーン接続され、LocalTalkで許可されている最大32台まででした。セグメント。システムは今日の基準では低速でしたが、当時、PCマシンでのネットワークの追加コストと複雑さにより、オフィスでネットワーク化されたパーソナルコンピューターはMacだけであることが一般的でした。UNIXやVAXワークステーションなどの他の大規模なコンピューターは、通常、イーサネットを介してネットワーク化されます。

他の物理的な実装も利用可能でした。LocalTalkの非常に人気のある代替品は、Farallon Computing、Inc.(Motorolaが買収したNetopiaに改名)のサードパーティソリューションであるPhoneNetでした。2007年)これもRS-422ポートを使用し、AppleのLocalTalkポートドライバに関する限りLocalTalkと区別できませんでしたが、標準の4線式電話ケーブルで未使用の2本の線を通過しました。ファラロンは、今日のネットワークハブとスイッチの前兆として、「パッシブ」スター接続(電話線が中央点で相互にブリッジされている)と「スター」およびバス構成の両方で使用されるPhoneNetのソリューションを提供しました。 「PhoneNetStarController」ハブハードウェアを備えたアクティブな」スター。AppleのLocalTalkコネクタにはロック機能がなかったため、コネクタが簡単に緩む可能性があり、バス構成により、コネクタが緩むとネットワーク全体がダウンし、追跡が困難になりました。一方、PhoneNet RJ-11コネクタは、所定の位置にスナップし、スター構成では、配線の問題は1つのデバイスにのみ影響し、問題を特定するのは簡単でした。PhoneNetは、低コスト、柔軟性、および簡単なトラブルシューティングにより、1990年代初頭までMacネットワークの主要な選択肢となりました。

AppleTalkプロトコルは、イーサネット(最初は同軸、次にツイストペア)およびトークンリングの物理層でも実行されるようになり、AppleによってそれぞれEtherTalkおよびTokenTalkとラベル付けされました。イーサネットが1990年代を通じてPC業界で一般的に普及するにつれて、EtherTalkは徐々にAppleTalkの主要な実装方法になりました。AppleTalkとTCP/IPに加えて、どのイーサネットネットワークもDECnetIPXなどの他のプロトコルを同時に伝送できます。

ネットワークモデル

OSIモデル 対応するAppleTalkレイヤー
申し込み Apple Filing Protocol(AFP)
プレゼンテーション Apple Filing Protocol(AFP)
セッション ゾーン情報プロトコル(ZIP
AppleTalkセッションプロトコル(ASP)
AppleTalkデータストリームプロトコル(ADSP)
輸送 AppleTalkトランザクションプロトコル(ATP)
AppleTalkエコープロトコル(AEP)
名前バインディングプロトコル(NBP
ルーティングテーブルメンテナンスプロトコル(RTMP)
通信網 データグラム配信プロトコル(DDP
データリンク EtherTalkリンクアクセスプロトコル(ELAP)
LocalTalkリンクアクセスプロトコル(LLAP)
TokenTalkリンクアクセスプロトコル(TLAP)
ファイバー分散データインターフェイス(FDDI
物理的 LocalTalkドライバー
イーサネットドライバー
トークンリングドライバー
FDDIドライバー

バージョン

AppleTalkバージョン Apple Filing Protocol に対応 ノート
56 システム7.0
57.0.4 システム7.12
58.1.1 システム7.1.2
58.1.3 システム7.5
60.3 Mac OS 7.6.1 オープントランスポート1.3
60.0a6 Mac OS 8.6 オープントランスポート2.0.3
3.0 Mac OS X 10.0.3
2.1、2.0、さらには1.1 Mac OS X v10.2
2.2、3.0および3.1 Mac OS X v10.3
3.2 Mac OS X v10.4

クロスプラットフォームソリューション

AppleTalkが最初に導入されたとき、主要なオフィスコンピューティングプラットフォームは、MS-DOSを実行するPC互換機でした。Appleは1987年の初めにAppleTalkPCカードを発表し、PCがAppleTalkネットワークに参加してLaserWriterプリンタに印刷できるようにしました。[35] 1年後、AppleShare PCがリリースされ、PCがAppleShareファイルサーバーにアクセスできるようになりました。[36]

「TOPSTeleconnector」[37] AppleTalkシステムを介したMS-DOSネットワークシステムにより、MS-DOSPCはAppleTalkネットワークハードウェアを介して通信できるようになりました。これは、PC用のAppleTalkインターフェイスカードと、ファイル、ドライブ、プリンタの共有などの機能を可能にする一連のネットワークソフトウェアで構成されていました。PCのみのAppleTalkネットワークの構築を可能にするだけでなく、TOPSソフトウェアがインストールされたPCとMac間の通信を可能にしました。(TOPSがインストールされていないMacは同じネットワークを使用できますが、他のAppleマシンとの通信にのみ使用できます。)Mac TOPSソフトウェアは、使いやすさ、堅牢性、クラッシュのない点でApple独自の品質とは一致しませんでしたが、DOSソフトウェアはDOS用語での使用は比較的簡単で、堅牢でした。

BSDおよびLinuxオペレーティングシステムは、Netatalkと呼ばれるオープンソースプロジェクトを通じてAppleTalkをサポートします。これにより、完全なプロトコルスイートが実装され、Macintoshコンピューターのネイティブファイルサーバーまたはプリントサーバーとして機能し、ネットワーク経由でLocalTalkプリンターに印刷できるようになります。

Windows Serverオペレーティングシステムは、Windows NT以降、WindowsServer2003以降で終了するAppleTalkをサポートしていましMiramarは、2007年にCAによって廃止されたPC MacLAN製品にAppleTalkを含めました。GroupLogicは、 Windows Server2008WindowsVista、および以前のバージョンをサポートするMacintosh-Windows統合用のExtremeZ-IPサーバーソフトウェアとAppleTalkプロトコルを引き続きバンドルします。HELIOS Software GmbHは、HELIOS UB2サーバーの一部として、AppleTalkプロトコルスタックの独自の実装を提供しています。これは基本的に、さまざまなプラットフォームで実行されるファイルおよびプリントサーバースイートです。

さらに、コロンビア大学は、 UltrixSunOS、* BSDIRIXなどのさまざまなUnixフレーバー用のプロトコルスイートを実装したColumbia AppleTalk Package(CAP)をリリースしましたこのパッケージは、現在アクティブに保守されていません。

も参照してください

メモ

参照

引用

  1. ^ John Markoff、「Appleはより遅く、手頃な価格のローカルエリアネットワークを計画している」 InfoWorld、1983年2月14日、p。14
  2. ^ Oppenheimer 2004、スライド3。
  3. ^ David Ahl、「1983 National Computer Conference、5月16〜19日、カリフォルニア州アナハイム」 Creative Computing、1983年8月、p。188
  4. ^ a b c Sidhu、Andrews&Oppenheimer 1989、p。xxiii。
  5. ^ a b c d Bartimo 1984、p。45。
  6. ^ Oppenheimer 2004、スライド6。
  7. ^ Zilog Z8530ユーザーズマニュアル、Zilog、p。1-1
  8. ^ Oppenheimer 2004、スライド9。
  9. ^ 「トークンリングの技術概要」 2012年4月22日、ウェイバックマシン、セクション1.2でアーカイブ
  10. ^ Oppenheimer 2004、スライド10。
  11. ^ Jim Barimo、「Apple、IBMネットを待っている、microsとAppleBusをリンクする」 InfoWorld、1984年3月26日
  12. ^ Oppenheimer 2004、スライド15。
  13. ^ Oppenheimer 2004、スライド19。
  14. ^ Oppenheimer 2004、スライド17。
  15. ^ Lee Larson、「LocalTalkからEtherTalkへ?」ルイビルコンピュータニュース、1999年10月
  16. ^ 「AppleComputerAd-PowerbookNetworking」
  17. ^ Oppenheimer 2004、スライド28。
  18. ^ Tim Brown、「AppleTalk Made Faster」 Network World、1987年10月26日、p。27
  19. ^ John Battelle、「DaynaTalkアクセラレーターの出荷」 MacWEEK、1989年5月23日
  20. ^ 「ネットワークからより多くのネットワークを活用する」 InfoWorld、1989年12月11日
  21. ^ Oppenheimer 2004、スライド31。
  22. ^ Oppenheimer 2004、スライド30。
  23. ^ Oppenheimer 2004、スライド32。
  24. ^ Laura DiDio、「調査により、NetWareが選択されたOSであることがわかりました」 Network World、1988年7月11日、p。17.17。
  25. ^ Oppenheimer 2004、スライド34。
  26. ^ a b Oppenheimer 2004、スライド36。
  27. ^ Oppenheimer 2004、スライド43。
  28. ^ カロア、マイケル。「1993年4月22日:モザイクブラウザが色と創造性でウェブを照らします」有線2017年10月14日取得
  29. ^ Oppenheimer 2004、スライド46。
  30. ^ Oppenheimer 2004、スライド51。
  31. ^ Oppenheimer 2004、スライド54。
  32. ^ 「MacOSXv10.6:Mac 101 –印刷」2009年9月2日に取得。
  33. ^ Sidhu、Andrews&Oppenheimer1989
  34. ^ Sidhu、Andrews&Oppenheimer 1989、p。12-19。
  35. ^ Mary Petrosky、「AppleShareがついに放送」 Network World、1987年2月2日、p。4
  36. ^ 「AppleはAppleSharePCソフトウェアの出荷を開始」 InfoWorld、1988年1月18日、p。29
  37. ^ Mark Stephens、「TOPS Teleconnectors Link PCs with Own Flashtalk Networks」 InfoWorld、1988年1月25日、p。12

参考文献