アポロ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アポロ
オラクルの神、癒し、アーチェリー、音楽と芸術、日光、知識、群れと群れ、そして若者の保護
12人のオリンピック選手ディーコンセンテスのメンバー
Apollo of the Belvedere.jpg
住むマウントオリンパス
太陽
シンボルリラ月桂樹の花輪パイソンレイヴン白鳥、弓矢
日曜日hēmérāApóllōnos
個人情報
両親ゼウスレト
兄弟ArtemisAeacusAngelosAphroditeAresAthenaDionysusEileithyiaEnyoErisErsaHebeHelen of TroyHephaestusHeraclesHermesMinosPandiaPersephonePerseus_ _ _ _ Litae_ミューズモイラ
子供達AsclepiusAristaeusCorybantesHymenaeusApollonisAmphiarausAniusApisCycnusEurydiceHectorLinus of ThraceLycomedesMelaneusMeliteMiletusMopsusPhoexesOn _ _ _ _ _ _ _ _ _トロポーニオスその他

アポロ[a]は 、古典的なギリシャローマの宗教、およびギリシャローマの神話におけるオリンピックの神の1つです。ギリシャ人の国民的神性であるアポロは、アーチェリー、音楽とダンス、真実と予言、癒しと病気、太陽と光、詩などの神として認識されてきました。ギリシャの神々の中で最も重要で複雑な人物の1人である彼は、ゼウスレトの息子であり、狩りの女神アルテミスの双子の兄弟です。最も美しい神であり、クーロスの理想であると見なされています(エフェベ、またはひげのない、運動の若者)、アポロはすべての神々の中で最もギリシャ人であると考えられています。アポロは、ギリシャの影響を受けたエトルリア神話ではアプルとして知られています[1]

DelphiApollo Pythiosの守護神として、Apolloはの神であり、DelphicOracleの予言的なです。アポロは助けを与え、悪を追い払う神です。さまざまな形容詞が彼を「悪の回避者」と呼んでいます。Delphic Apolloは、船員、外国人のパトロンであり、逃亡者や難民の保護者です。

医学と癒しは、神自身を通してであろうと、彼の息子アスクレピオスを通して媒介されようと、アポロと関連しています。アポロは人々を疫病から救い出しましたが、彼はまた、彼の矢で不健康で致命的な疫病をもたらす可能性のある神でもあります。アーチェリー自体の発明は、アポロと彼の妹アルテ​​ミスの功績によるものです。アポロは通常、金色の弓と銀色の矢筒を持っていると説明されています。若者を成長させるアポロの能力は、彼の汎ヘレンのカルトペルソナの最も証明された側面の1つです。若者の保護者として(クーロトロポス)、アポロは子供の健康と教育に関心があります。彼は彼らの成人期への移行を主宰しました。男の子の特権であった長い髪は、成人式(エフェベイア)でカットされ、アポロに捧げられました。

アポロは重要な牧歌的な神であり、牧夫と羊飼いの守護神でした。病気、害虫、捕食者からの群れ、群れ、作物の保護が彼の主な任務でした。一方、アポロはまた、新しい町の設立と市民憲法の確立を奨励しました。彼は入植者に対する支配と関係があります。彼は法律の提供者であり、彼の神託は都市で法律を制定する前に相談されました。

ムシケの神として[b]アポロはすべての音楽、歌、ダンス、詩を主宰します。彼は弦楽器の発明者であり、ミューズの頻繁な伴奏者であり、祝賀会で合唱団のリーダーとして機能しています。竪琴はアポロの一般的な属性ですヘレニズム時代、特に紀元前5世紀に、アポロヘリオスとして、彼はギリシャ人の間で太陽の擬人化であるヘリオスと同一視されるようになりました。[2]しかしながら、ラテン語のテキストでは、西暦1世紀まで、古典ラテン語の詩人の間でアポロとソルの混同はありませんでした。[3]アポロとヘリオス/ソルは、西暦5世紀まで、文学と神話のテキストで別々の存在のままでした。

語源

アポロ、ポンペイのフレスコ画、紀元1世紀
竪琴を着たアポロ斑岩と大理石、西暦2世紀。ファルネーゼコレクション、ナポリ、イタリア。

アポロ屋根裏イオンホメリック ギリシャἈπόλλωνアポロンGENἈπόλλωνος;ドーリスἈπέλλων アペロン;アルカドキプロトἈπείλωνアペイル_ _ _ _ _

アポロという名前は、関連する古い名前の ピーアンとは異なり、一般に線形Bミケーネ文明)のテキストには含まれていませんが、ラクノーズ形式で証明される可能性があります] pe-rjo-[(線形B:] 𐀟𐁊- [)KN E 842タブレットでは、[ 4] [5] [6]ですが、名前が実際には「 Hyperion」([u] -pe-rjo- [ne])と表示されることも示唆されています。[7]

名前の語源は不明です。スペルἈπόλλων古典的な屋根裏部屋[a.pól.lɔːn]と発音 )は、西暦の初めまでに他のすべての形式にほぼ取って代わりましたが、ドリック形式のアペロンἈπέλλων)は、以前* Ἀπέλjωνそれはおそらく、ドリック月のアペライオスἈπελλαῖος[8]と、家族の祭りの期間中の若い男性の開始時の供物アペライアἀπελλαῖα )と同族です。apellaiἀπέλλαι)。[9] [10]一部の学者によると、この言葉は、もともと「壁」、「動物の柵」、後に「正方形の範囲内での組み立て」を意味するドリック語のアペラἀπέλλα )に由来します。[11] [12]アペラἈπέλλα)はスパルタで人気のある集会の名前であり[11] 、民会ἐκκλησία )に対応します。RSP Beekesは、神名と名詞apellaiとの関係を拒否し、プレギリシャの原型を提案しました* Apal y un[13]

人気のある語源のいくつかの例は、古代の著者から証明されています。したがって、ギリシャ人はほとんどの場合、アポロの名前をギリシャ語の動詞ἀπόλλυμιapollymi)、「破壊する」と関連付けました。[14] クラテュロスのプラトン、名前をἀπόλυσις謝罪)、「償還」、ἀπόλουσιςアポロシス)、「浄化」、およびἁπλοῦν[h] aploon)、「特に」 [15]と結び付けています。テッサリアの名前の形に、Ἄπλουν)、「常射」。ヘシキウスは、アポロという名前を「集会」を意味するドリックἀπέλλαアペラ)と結び付けて、アポロが政治生活の神となるようにします。また、彼はσηκόςセコス)、「フォールド」についても説明します。この場合、アポロは群れと群れの神になりなさい。[16]古代マケドニア語で は、πέλλαペラ)は「石」を意味し[17]、いくつかの地名はこの単語から派生している可能性があります:Πέλλαペラ[18]古代マケドニアの首都)およびΠελλήνη Pellēnē / Pellene)。[19]

その名前にはギリシャ語以外の語源がいくつか提案されています[20]ヒッタイト語のアパリウナスdx -ap-pa-li-u-na-aš)は、マナパ-タルフンタの手紙で証明されています。[21]ヒッタイト証言は、初期の形式* Apeljōnを反映しています。これは、 CypriotἈπείλωνDoricἈπέλλωνの比較からも推測できます。[22]リディアの神Qλdãns /kʷʎðãns/の名前は、口蓋化、失神、およびリディア以前の音の変化* y > dの前の以前の/kʷalyán-/を反映している可能性があります。[23]プレドリックἈπέλjωνとヒッタイトアパリウナスに見られる陰唇/ p /の代わりに陰唇に注意してください。

Apaliunasに提案されたルウィ語の語源はおそらく「ハンター」の意味で、アポロを「閉じ込めの1つ」にします[24]

グレコローマンスタイルの形容詞

アポロの主形容詞Phoebus/ ˈfiːbəs / FEE - bəs ; ΦοῖβοςPhoibos ギリシャ語の発音:  [ pʰó͜i.bos] 、文字通り「明るい」でした。[25]それは、光の神としてのアポロの役割のためにギリシャ人とローマ人の両方によって非常に一般的に使用されました。他のギリシャの神々のように、彼は神に帰せられる役割、義務、および側面の多様性を反映して、彼に適用された他の多くのものを持っていました。しかし、アポロはギリシャ神話で非常に多くのアペラシオンを持っていますが、ラテン文学で発生するのはごくわずかです。

太陽

起源と誕生

アポロの発祥の地は、デロス島のシンサス山でした。

ギリシャ南部のバッサイにあるアポロエピクリオス(ヒーラー)の寺院の部分図

礼拝所

デルファイアクティウムは彼の主要な礼拝所でした。[29] [30]

デロス島のデリアン神殿、アポロ(紀元前478年)に捧げられた。19世紀のペンとウォッシュの修復。
トルコ、チャナッカレ県のアポロスミンテウス神殿
ウィリアムバーニーライン、アポロ(1889–1894)、ペディメント彫刻、元サンライフビルディング、レンフィールドストリートグラスゴー

癒しと病気

創設者および保護者

予言と真実

音楽と芸術

アーチェリー

アマゾン

ケルトの形容詞とカルトの称号

アポロはローマ帝国全体で崇拝されていました。伝統的なケルトの土地では、彼はほとんどの場合、癒しと太陽の神と見なされていました。彼はしばしば似たような性格のケルトの神々と同一視されていました。[44]

オリジンズ

ギリシャのアポロのカルトセンター、デルファイデロスは、紀元前8世紀にさかのぼります。デロスの聖域は、主にアポロの双子の姉妹であるアルテミスに捧げられました。Delphiでは、Apolloは巨大な蛇Pythonの殺害者として崇拝されていましたギリシャ人にとって、アポロはすべての神々の中で最もギリシャ人であり、何世紀にもわたって彼はさまざまな機能を獲得しました。アルカイック期のギリシャでは、彼は預言者であり、昔は「癒し」と関係があった神託者でした。古典ギリシアでは、彼は光と音楽の神でしたが、人気のある宗教では、彼は悪を遠ざける強力な機能を持っていました。[53] ヴァルター・ブルケルトアポロ崇拝の先史時代に、彼が「ドリア-北西ギリシャの構成要素、クレタ-ミノアの構成要素、およびシロ-ヒッタイトの構成要素」と呼んだ3つの構成要素を識別しました。[54]

ヒーラーと悪からの神の保護者

アポロが蛇のパイソンに勝利したことを描いたピエトロ・フランカヴィラ(1591)によるパイソンに勝利したアポロ[55]ウォルターズ美術館)。

古典時代には、人気のある宗教での彼の主な役割は悪を遠ざけることでした。したがって、彼は「アポトロパイオス」(ἀποτρόπαιος 「悪を回避する」)および「アレキシカコス」(ἀλεξίκακος 病気を防ぐ」)と呼ばれていました .κακόν[56]アポロはまた、ヒーラーとしての彼の機能に関連する多くの形容詞を持っていた。一般的に使用される例としては、「パイオン」(παιών文字通り「ヒーラー」または「ヘルパー」)[57]「エピコリオス」(ἐπικούριος、「succouring」)、「oulios」(οὔλιος、「ヒーラー、バレフル」)[58]などがあります。 「loimios」 、「疫病の」)。後の作家では、通常「Paean」と綴られる「paion」という単語は、癒しの神としての彼の能力において、アポロの単なる形容詞になります。[59]

「ヒーラー」の彼の側面のアポロは、彼自身のカルトを持っていなかった原始的な神Paean(Παιών-Παιήων)と関係あります。ピーアンはイリアスの神々の癒し手としての役割を果たしており、ギリシャ以前の宗教に端を発しているようです。[60]未確認ではあるが、彼はミケーネ文明の人物pa-ja-wo-ne(線文字B:𐀞𐀊𐀺𐀚)と関係があることが示唆されている。[61] [62] [63]ピーアンは、病気を治すとされていた「seer-doctors」( ἰατρομάντεις )によって歌われた聖歌の擬人化でした。[64]

ホーマーは厄祓いの感謝祭または勝利の両方の神ペオンと歌を説明しました。[65]そのような歌はもともとアポロに宛てられ、その後他の神々に宛てられた:ディオニュソス、アポロヘリオス、アポロの息子アスクレピオスヒーラー。西暦前4世紀頃、ピーアンは単なる称賛の公式になりました。その目的は、病気や不幸に対する保護を求めるか、そのような保護が行われた後に感謝を捧げることでした。このようにして、アポロは音楽の神として認められるようになりました。Pythonの殺害者としてのアポロの役割は、戦いと勝利との彼の関係につながりました。したがって、それはローマ人になりましたピーアンが行進中、戦闘に入る前、艦隊が港を出たとき、そして勝利した後、軍隊によって歌われる習慣。

イリアスでは、アポロは神々の下の癒し手ですが、ヴェーダの病気の神ルドラの機能と同様に、彼は矢で病気と死をもたらします。[66]彼は疫病(λοιμός)をアカイア人に送ります。アポロが彼が送った疫病の再発を防ぐことができることを知って、彼らは儀式で彼ら自身を浄化し、彼にヘカトムと呼ばれる牛の大きな犠牲を提供します。[67]

ドーリア起源

アポロへのホメロス風讃歌は、アポロを北からの侵入者として描いています。[68]北部に住むドーリア人と彼らのイニシエーション・フェスティバルapellaiとのつながりは、ギリシャ北西部の暦の月Apellaiosによって強化されています。[69]家族の祭りはアポロ(ドリックἈπέλλων)に捧げられた。[70] Apellaiosはこれらの儀式の月であり、Apellonは「megistoskouros」(偉大なクーロス)です。[71]しかし、それは古代マケドニア語の「ペラ」(ペラ)に関連する名前のドリックタイプしか説明できない。)、石は神の崇拝、特にデルファイ(オムファロス)の神託において重要な役割を果たしました。[72] [73]

ミノア起源

装飾された黄金のミノアの ラブリュス

ジョージ・ハクスリーは、クレタ島で崇拝されていたミノアの神パイアウォンとのアポロの同一性を、デルファイに由来すると見なしました。[74]ホメロス風讃歌では、アポロはイルカのように見え、クレタ島の司祭をデルファイに運び、そこで彼らは明らかに彼らの宗教的慣習を移した。Apollo DelphiniosまたはDelphidiosは、特にクレタ島と島々で崇拝されていた海の神でした。[75]ギリシャの狩猟の女神であったアポロの姉妹アルテミスは、ブリトマルティスと同一視されている(Diktynna)、ミノアの「動物の女王」。彼女の初期の描写では、彼女は「動物の達人」、名前が失われた弓を振るう狩猟の神を伴っていました。この図の側面は、より人気のあるアポロに吸収された可能性があります。[76]

アナトリア起源

アンブラキアのアポロ・アギエウスのコインのイラスト

アポロのギリシャ以外の起源は、長い間奨学金で想定されてきました。[8]アポロの母レトの名前はリディアンに由来し、彼女は小アジアの海岸で崇拝されていましたインスピレーションの神託は、おそらくシビルの起源であり、最も古い神託のいくつかが起源であるアナトリアからギリシャに導入されました。前兆、シンボル、浄化、および悪魔払いは、古いアッシロ-バビロニア語のテキストに表示されます。これらの儀式は、ヒッタイトの帝国に、そしてそこからギリシャに広まりました。[77]

ホメロスは、トロイア戦争中にアカイア人と戦っているトロイア側のアポロを描いています。彼はひどい神として描かれており、他の神よりもギリシャ人からの信頼は低い。神は小アジアのウィルサ(トロイ)の守護神であるアパリウナスと関係があるようですが、その言葉は完全ありませ[78]ホメリック・トロイの門の前で見つかった石は、アポロのシンボルでした。西部のアナトリアの起源は、アルテミスアルテミス)とQλdãnsの並行崇拝への言及によっても強化される可能性があります、その名前は、生き残ったリディアンのテキストで、ヒッタイトとドーリア式の形式と同族である可能性があります[79]しかし、最近の学者たちは、QλdãnsとApolloの識別に疑問を投げかけています。[80]

ギリシャ人は彼に悪を追い払う公共の場所や家の保護神としてἀγυιεύςagyieusという名前を付けました彼のシンボルは先細の石または柱でした [81]しかし、通常ギリシャの祭りは満月で祝われましたが、アポロのすべての祝祭は月の7日目に祝われ、その日(シブツに重点が置かれていることはバビロニアの起源を示しています。[82]

青銅器時代後期紀元前1700年から1200年)ヒッタイトフルリの アプルはペストの神であり、ペストの時代に召喚されました。ここでは厄祓いの状況があり、最初に疫病をもたらした神がそれを終わらせるために呼び出されました。の息子を意味するApluは、太陽のバビロニアの神ShamashにリンクされていたNergal神に与えられた称号でした[83]ホーマーは、アポロを彼の矢で死と病気をもたらすが、他のギリシャの神から彼を分離する魔法の芸術を持って、癒すこともできる恐ろしい神(δεινὸςθεός )として解釈します。[84]イリアド、彼の司祭はアポロ・スミンテウス祈る[85]野ネズミからの保護者として、より古い農業機能を保持しているネズミの神。[33] [86] [87]ミケーネの起源を持っていると思われる ヒーラー神のピーアンの機能を含むこれらすべての機能は、

祖語-インド・ヨーロッパ語族

Vedic Rudraには、Apolloと同様の機能がいくつかあります。恐ろしい神は「射手」と呼ばれ、弓もシヴァの属性です。[88]ルドラは矢で病気をもたらすことができたが、彼はそれらの人々を解放することができ、彼の代わりのシヴァは治療者の医者の神である。[89]しかしながら、アポロのインド・ヨーロッパ語族は、前兆、悪魔払い、および眼のカルトとの彼の強い関係を説明していません。

オラキュラーカルト

ギリシャ、デルファイのアポロ神殿の
眼の三脚。

オリンピックの神々の間では珍しく、アポロには広範囲に影響を与えた2つのカルトサイトがありました。デロスデルファイです。カルトの実践では、DelianApolloPythianApollo(DelphiのApollo)は非常に異なっていたため、どちらも同じ場所に神社がある可能性があります。[90] リュキアは神に神聖でした。なぜなら、このアポロはリュキアとも呼ばれていたからです。[91] [92]書面による情報源が始まったとき、紀元前650年頃、アポロのカルトはすでに完全に確立されていた。アポロは、古代の時代の神としてギリシャの世界にとって非常に重要になりました。アポロドルスまたはアポロニオスとアポロニアという名前の都市は、彼の人気を証明しています。アポロへの眼の聖域は他の場所に設立されました。西暦2世紀と3世紀に、ディディマクラロスの人々はいわゆる「神託」を発表しました。アポロは、すべての神がすべてを網羅する最高の神の側面または使用人であることを確認しています。「3世紀に、アポロは沈黙しました。使徒ジュリアン(359–361)は、デルフィックの神託を復活させようとしましたが、失敗しました。」[8]

神託

デロスライオンズ

アポロはデルファイで有名な神託を持っていました、そしてクラロスディディマで他の注目すべき神託を持っていました。フォキダのアバエにある彼の神託は、地名の形容詞アバエウス(ἈπόλλωνἈβαῖοςアポロンバイオス産んだ場所で、クロイソスに相談されるほど重要でした[93] 彼の神託は次のとおりです。

オラクルはアポロの息子たちからも与えられました。

  • アテネの北にあるオロプスでは、神託のアムピアラーオスがアポロの息子であると言われていましたオロプスにも聖なる泉がありました。
  • デルファイの東20マイル(32 km)にあるラバデアで、アポロのもう一人の息子であるトロポーニオスが兄を殺し、洞窟に逃げました。その後、彼は神託として相談を受けました。

アポロの寺院

多くの神殿はギリシャのアポロとギリシャの植民地に捧げられました。それらは、アポロのカルトの広がりとギリシャ建築の進化を示しています。それは主に形式の正しさと数学的関係に基づいていました。特にクレタ島の初期の神殿のいくつかは、ギリシャの秩序に属していません。最初のペリペテロスの神殿は長方形の木造建築だったようです。さまざまな木製の要素は神聖であると見なされ、それらの形はドーリア式の寺院の大理石または石の要素に保存されていましたギリシャ人は、オブジェクトの世界がいくつかのインスタンスで表現できる一連の典型的な形式であると信じていたため、標準タイプを使用しました。寺院はカノニックでなければなりません、そして建築家はこの審美的な完璧さを達成しようとしていました。[95]初期の頃から、長方形のペリペテロスとプロスタイルの建物で厳密に守られた特定の規則がありました。最初の建物は屋根を保持するために狭く建てられましたが、寸法が変わると、元の形を維持するためにいくつかの数学的関係が必要になりました。これはおそらく、物事の出現の背後に数学の永続的な原理があると信じていたピタゴラスの数論に影響を与えました。[96]

ドーリア式紀元前6世紀と5世紀に支配的でしたが、トリグリフの位置に関する数学的問題があり、元の形式を変更せずに解決することはできませんでした。イオニア式の命令はほとんど放棄されましたが、イオニア式の柱頭も寺院の隅で解決できない問題を引き起こしました。両方の命令は、ヘレニズム時代とローマの下で徐々に コリント式のために放棄されました。

最も重要な寺院は次のとおりです。

ギリシャ神殿

  • ギリシャ、テーベ:おそらくアポロイスメニウスに捧げられた最古の神殿は紀元前9世紀に建てられました。それは曲線的な建物だったようです。ドーリア式の寺院は紀元前7世紀初頭に建てられましたが、一部しか発見されていません[97]アポロ・イスメニウス(またはギャラクシウス)に敬意を表して、ダフネフォリアと呼ばれるお祭りが9年ごとに祝われました。人々は月桂樹の枝(ダフナイ)を持ち、行列の先頭で「ダフネフォロス」と呼ばれる若者(アポロの選ばれた司祭)を歩きました。[98]
  • エレトリア:アポロへのホメロス風讃歌によると、神はその神託を確立する場所を求めて平原に到着しました。アポロダフネフォロスの最初の神殿、「アポロ、月桂樹の担い手」、または「ダフネを運び去る」は、紀元前800年にさかのぼります。神殿は曲線状のヘカトムベドン(100フィート)でした。小さな建物には、最初の建物に使用された月桂樹の枝の基部が保管されていました。おそらくペリペテロスの別の寺院が紀元前7世紀に建てられ、その幾何学的な前身の上に木製の柱の内側の列があります。紀元前510年頃にペリペテロスで再建され、スタイロベートの大きさは21,00 x 43,00mでした。プテロンカラムの数は6x14でした。[99] [100]
  • ドレロスクレタ島)。アポロデルフィニオスの神殿は紀元前7世紀、またはおそらく紀元前8世紀半ばにさかのぼります。伝説によると、アポロはイルカのように見え、クレタ島の僧侶をデルファイの港に運びました。[101]計画の寸法は10,70x 24,00 mであり、建物は周囲にありませんでした。これには、ドーリア式の列の前身と見なされる可能性のあるミノア型の列ベースが含まれています。[102]
  • ゴルテュスクレタ島)。ピューティアーのアポロ神殿は紀元前7世紀に建てられました。計画の大きさは19,00x 16,70 mで、ペリペテロスではありませんでした。壁は石灰岩でできていてしっかりしていて、東側には一枚の扉がありました。
  • サーモン西ギリシャ):アポロテルミオスのドーリア式寺院は、紀元前7世紀半ばに建てられました。これは、おそらく紀元前10世紀に建てられた古い曲線の建物に建てられ、ペリスタイルが追加されました。寺院は狭く、プテロンの柱(おそらく木製)の数は5 x15でした。内側の柱は1列でした。石で作られたスタイロベートの大きさは12.13x 38.23mです。[103]
コリントスのアポロ神殿の間取り
シラキュースのアポロ神殿の間取り
  • シチリア島シラキュース:紀元前6世紀の初めにドーリア式の神殿が建てられました。神殿のスタイロベートの大きさは21.47 x 55.36 mで、プテロンの柱の数は6 x17でした。ギリシャ西部で完全に石で建てられた最初の神殿でした。2列目の列が追加され、内側のポーチの効果が得られました。[107]
  • セリヌンテシチリア島):ドーリア式の 神殿Cは紀元前550年に建てられ、おそらくアポロに捧げられていました。神殿のスタイロベートの大きさは10.48x 41.63 mで、プテロンの柱の数は6 x 17でした。2列目の柱のある柱廊玄関があり、これもシラキュースの神殿で証明されています。[108]
  • デルファイ:アポロに捧げられた最初の神殿は、紀元前7世紀に建てられました。伝説によると、月桂樹の枝で作られた木造でした。「Alcmeonidaeの寺院」はcに建てられました。紀元前513年、重要な大理石の要素を備えた最古のドーリア式寺院です。寺院のスタイロベートは21.65x 58.00 mで、プテロンの柱の数は6 x15です。[109]ギリシャのテーベでのアポロの祭りと同様の祭りが9年ごとに祝われました。少年が神殿に送られ、神聖な道を歩き、月桂樹の枝(ドプネフォロス)を持って戻ってきました。乙女たちは楽しい歌で参加しました。[98]
  • キオス島:紀元前6世紀の終わりにアポロファナイオスのイオン寺院が建てられました。小さな部分だけが見つかり、首都には花の装飾が施されていました。[105]
  • アバエフォキダ)。寺院は紀元前480年にクセルクセスの侵略でペルシア人によって破壊され、後にビオティア人によって破壊されました。ハドリアヌスによって再建されました[110]神託はミケーネ文明の初期からローマ時代にかけて使用されており、ミケーネ文明と古代ギリシャの宗教の連続性を示しています。[111]
バッサイのアポロ神殿の間取り
アポロ神殿、ディディマ

エトルリアとローマの神殿

  • Veiiエトルリア):アポロ神殿は紀元前6世紀後半に建てられ、エトルリアでのアポロの文化(アプル)の広がりを示しています。トスカナ式と呼ばれるプロスタイルのポーチと、幅18,50mのトリプルセラーがありました。[124]
  • ファレリイベテレス(エトルリア):おそらく紀元前4〜3世紀にアポロ神殿が建てられました。テラコッタの首都の一部であり、テラコッタの基地が発見されていますエトルリアの柱は古風なドーリア式に由来しているようです。[124]アポロ・ソラヌスのカルトは、ファレリイの近くで見つかった1つの碑文によって証明されています。[125]
  • ポンペイ(イタリア):アポロのカルトは、紀元前6世紀からカンパニア地方に広まりました。寺院は紀元前120年に建てられましたが、その始まりは紀元前6世紀にあります。紀元63年の地震の後に再建されました。ローマ建築の基礎を形成したスタイルの混合。セラの前の柱はトスカーナのプロスタイルのポーチを形成し、セラは異常に後ろに位置しています。48本のイオニア式柱のペリペテロス列柱は、前面が強調されるように配置されました。[126]
  • ローマ:アポロソシアヌス神殿とアポロメディカスの神殿。最初の神殿の建物は紀元前431年に建てられ、紀元前433年の疫病の後、アポロメディカス(医師)に捧げられました[ 127]ガイウスソシウスによって、おそらく紀元前34年に再建されました。アポロのカルトは、少なくとも紀元前5世紀半ばまでこの地域に存在していたようです[128]。
  • ローマ:アポロパラティヌスの神殿は、街の神聖な境界内のパラティーノの丘にありました。紀元前28年にアウグストゥスによって捧げられました。元の神殿のファサードはイオンで、大理石の固いブロックで作られていました。入り口の大理石の神像や地下室のアポロ像など、ギリシャの巨匠による多くの有名な像が寺院内とその周辺に展示されていました。[129]
  • メリテ(現代のイムディーナマルタ):アポロ神殿は西暦2世紀に市内に建てられました。その遺跡は18世紀に発見され、その建築の断片の多くは個人のコレクションに分散されたり、新しい彫刻に作り直されたりしました。神殿の表彰台の一部は2002年に再発見されました。[130]

神話

アポロは、神話、戯曲、賛美歌によく登場します。ゼウスのお気に入りの息子として、アポロはゼウスの心に直接アクセスし、この知識を人間に明らかにすることをいとわなかった。人間の理解を超えた神性であり、彼は有益であり、憤慨している神のように見えます。

誕生

LazarWidmannによるApolloを保持しているLeto
ウィリアム・ヘンリー・ラインハートによる彼女の子供たちとのレト

アポロは神々の王ゼウスの息子であり、レトは彼の前の妻[131]または彼の愛人の一人でした。成長したアポロは、真実の擬人化であるニンフのコリタリアとアレテイアによって育てられました[132]

ゼウスの妻ヘラは、レトが妊娠していることを発見したとき、レトがテラ・ファームで出産することを禁止しましたレトは多くの土地で避難所を探しましたが、彼らに拒絶されました。最後に、生まれていないアポロの声が母親に、かつてはレトの妹であったアステリアーだったデロスという浮島について知らせました。[133]それは本土でも島でもなかったので、レトはそこですぐに歓迎され、ヤシの木の下で彼女の子供たちを産んだ。ヘラを除くすべての女神がイベントを目撃するために出席しました。ヘラがエイレイテュイアを誘拐したとも言われています、出産の女神、レトが出産するのを防ぐため。他の神々はヘラをだまして、長さ9ヤード(8.2 m)の琥珀のネックレスを差し出して彼女を手放させました。[134]

アポロが生まれたとき、金の剣を握りしめ[135]、デロス島のすべてが金に変わり[133]、島は野蛮な香りで満たされました。[136]白鳥は島を7回周回し、ニンフは喜んで歌った。[133]彼は女神によってきれいに洗われ、女神は彼を白い衣服で覆い、彼の周りに金色の帯を締めた。レトは彼を養うことができなかったので、神定法の女神であるテミスは彼に蜜またはアンブロシアを与えました。神聖な食べ物を味わうと、アポロは彼に固定されていたバンドを解き放ち、彼が竪琴とアーチェリーの達人になると宣言し、ゼウスの意志を人類に解釈しました。[134]その時までにヘラを落ち着かせていたゼウスがやって来て、息子を金色のカチューシャで飾りました。[137] [138]

フランチェスコ・ポッツィによるアポロとアルテミスのレト

アポロの誕生は、浮かんでいるデロスを地球に固定しました。[134]レトは、息子が常にデリアンに有利であると約束した。ある人によると、アポロはしばらくしてデロスを海底に固定した。[139] [140]この島はアポロにとって神聖になり、神の主要なカルトセンターの1つでした。

アポロは7日目に生まれました(ἑβδομαγενήςhebdomagenes[141]月のThargelion — Delianの伝統によると—または月のBysios —Delphianの伝統による。新月と満月の日である第7と第20は、その後ずっと彼に神聖なものとして扱われました。[16]神話家たちは、アルテミスが最初に生まれ、その後アポロの誕生を支援したか、オルティジャ島で生まれ翌日、レトが海を渡ってデロス島に行き、アポロを誕生させるのを助けた ことに同意します。

ハイパーボレア

永遠の春の神秘的な土地であるハイパーボレアは、すべての神々よりもアポロを崇拝していました。ハイパーボリアンは常に彼に敬意を表して歌ったり踊ったりし、ピューティア大祭を主催しました。[142]そこでは、美しい木の広大な森が「アポロの庭」と呼ばれていました。アポロはハイパーボリアンの間で冬の数ヶ月を過ごしました。[143] [144]彼の世界からの不在は冷たさを引き起こし、これは彼の毎年の死としてマークされた。この間、予言は出されませんでした。[145]彼は春の初めに世界に戻った。テオファニアフェスティバルは、彼の帰国を祝うためにデルファイで開催されまし[146]

レトはオオカミの群れを連れてハイパーボレアからデロスにやってきたと言われています。今後、ハイパーボレアはアポロの冬の家になり、オオカミは彼にとって神聖になりました。彼のオオカミとの親密な関係は、オオカミのような形容詞Lyceusから明らかです。しかし、アポロはまた、捕食者から群れを保護した神としての彼の役割のオオカミ殺し屋でもありました。アポロのハイパーボリアン崇拝は、太陽神として崇拝されているアポロの最も強い痕跡を持っています。アポロのカルトのシャーマニズムの要素は、しばしば彼のハイパーボリアンの起源に好まれており、彼は同様に太陽のシャーマンとして始まったと推測されています。[147] [148]アバリスアリステアスのようなシャーマンハイパーボレア出身のアポロの信奉者でもありました。

神話では、息子のアスクレピオスが亡くなったときに流された琥珀色のアポロの涙が、ハイパーボレアを囲むエリダノス川の水になりました。アポロはまた、彼がサイクロプスを殺すために使用した矢をハイパーボレアに埋めまし彼は後にこの矢をアバリスに与えました。[149]

幼年期と青年

子供の頃、アポロは妹のアルテミスが狩った山羊の角を使ってデロス島に土台と祭壇を建てたと言われています。彼は若い頃に建築の芸術を学んだので、後にアルケゲテスとして知られるようになりました。これは(町の)創設者であり、男性に新しい都市を建設するように導いた神です。[144]彼の父ゼウスから、アポロは白鳥によって描かれた金色の戦車も受け取っていた。[150]

フィービーは、ジョン・フラクスマンによって、眼の三脚をアポロに贈ります

アポロが牛を放牧することに時間を費やした初期の頃、彼は彼を訓練し、彼の予言的スキルを高めたミツバチの幼虫であるトリアイによって育てられました。[151]アポロはまた、アーチェリーの芸術であるアルテミスと一緒に、リラを発明したと言われています。それから彼は人間に癒しとアーチェリーの芸術を教えました。[152] 彼の祖母であるフィービーは、誕生日プレゼントとしてデルファイの神託をアポロに贈った。テミスは彼にデルファイの口頭の声になるように促しました。[153]

Python

フランソワ・ガスパール・アダムによるPythonで勝利したアポロ
木版画、レトとその子供たちを追うパイソン

クトニオスの蛇竜であるPythonは、ガイアの子供であり、デルフィックオラクルの守護者でした。彼の死は、アポロがまだレトの胎内にいたときに予告されていました。[144] Pythonは巨大なTyphonの看護師でした。[134]ほとんどの伝統では、アポロはパイソンを殺したときまだ子供だった。

Pythonは、妊娠中のLetoを狩り殺すためにHeraから送られ、彼女を襲撃しました。母親に与えられた問題を復讐するために、アポロはパイソンを探しに行き、ヘファイストスから受け取った弓と矢でデルファイの神聖な洞窟でそれを殺しましたそこにいたデルフィアンのニンフは、「ヒエ・ピーアン」との戦いの最中にアポロを励ましました。アポロが勝利した後、彼らは彼に贈り物を持ってきて、コリシアンの洞窟を彼に与えました。[145] [154]ホーマーによれば、アポロは自分の神社を設立する場所を探していたときにパイソンに遭遇して殺した。

別のバージョンによると、LetoがDelphiにいたとき、Pythonが彼女を攻撃していました。アポロは母親を守り、Pythonを殺しました。[155] アウリスのイピゲニアのエウリピデスは、Pythonとの戦いとイベントの余波について説明しています。

あなたは彼を殺しました、oフィーバスはまだ赤ん坊の間に、あなたの愛する母親の腕の中で跳躍し、そしてあなたは神々から死すべき者に予言を分配するあなたの真実の王位で、聖なる神社に入り、黄金の三脚に座った。

アポロとガイアとの対立とゼウスが幼い息子に代わって介入したことについての詳細な説明もあります。

しかし、アポロがやって来て、地球の子供であるテミスをピトの神託から遠ざけたとき、地球は夜の夢の幻視を生み出しました。そして彼らは、地面の暗い眠りのベッドを通して、現在、そして将来何が起こるかを男性の都市に話しました。それで、地球は彼女の娘のために、羨望の的に、フィーバスから予言のオフィスを奪いました。主はオリンパスに素早く向かい、ゼウスに赤ん坊の手を巻きつけ、ピティアンの家から地球の女神の怒りを奪うように頼んだ。ゼウスは微笑んだので、子供はすぐに金で支払う崇拝を求めるようになりました。彼は髪の毛を振り、夜の声に終止符を打ち、暗闇に現れる真実を人間から奪い、再びロキシアスに特権を与えた。

アポロはまた、他のすべての占い方法を彼より劣らせることを要求しました。ゼウスが彼にすぐに与えてくれた願いです。そのため、小石を投げて占いをしていたアテナは、小石を不愉快に捨ててしまいました。[156]

ヘンドリック・ホルツィウスによるアポロがPythonを殺す

しかし、アポロは血の殺人を犯し、浄化されなければなりませんでした。PythonはGaiaの子だったので、GaiaはApolloが罰としてTartarusに追放されることを望んでいました。[157]ゼウスは同意せず、代わりに息子をオリンパスから追放し、浄化するように彼に指示した。アポロは9年間奴隷として奉仕しなければなりませんでした。[158]奴隷制が終わった後、彼の父の命令に従って、彼はペネイオスの水を浴びるためにテンペ渓谷に旅行した。[159]そこでゼウス自身がアポロに浄化の儀式を行った。浄化されたアポロは、妹のアテナによってデルファイに連れて行かれ、そこでガイアから神殿がついに引き渡されました。[160]バリエーションによると、アポロはまた、カーマナーが彼を浄化したクレタ島に旅行した。アポロは後に、適切なガイアにピューティア大祭を設立しました。今後、アポロは殺人の罪から身を清め、人に罪悪感を悟らせ、清めた神となりました。[161]

その後すぐに、ゼウスはアポロにデルファイに行って彼の法を確立するように指示しました。しかし、アポロは父親に背いて、ハイパーボレアの地に行き、そこに1年間滞在しました。[162]デルフィアンが賛美歌を歌い、戻ってくるように彼に懇願した後、彼は戻った。ゼウスは息子の誠実さに満足し、アポロに彼の右側の隣の席を与えました。彼はまた、金色の三脚、金色の弓矢、金色の戦車、デルファイの街など、さまざまな贈り物をアポロに贈りました。[163]

帰国後すぐに、アポロは人々をデルファイに採用する必要がありました。それで、彼がクレタ島から出航している船を見つけたとき、彼はイルカの形で船に飛び乗った。乗組員は服従に畏敬の念を抱き、船をデルファイに導くコースをたどりました。そこでアポロは自分自身を神として明らかにしました。彼は彼らに奉仕を始め、彼らの心に義を保つように彼らに指示しました。ピューティアーはアポロの大巫女であり、彼が予言を与えたマウスピースでした。ピューティアーは、間違いなく、定命の者の間でアポロの絶え間ないお気に入りです。

ティテュオス

アポロ殺害ティテュオス、アッティカ赤像式キュリクス、紀元前460〜450年

ヘラは再び別の巨人、ティテュオスを送り、レトをレイプした。今回、アポロは彼の矢で彼を撃ち、彼の金の剣で彼を攻撃しました。他のバージョンによると、アルテミスはまた、彼女の矢でティテュオスを攻撃することによって母親を保護するのを助けました。[164]戦いの後、ゼウスはついに彼の援助を容赦し、ティテュオスをタルタロスに投げ落とした。そこで、彼は9エーカー(36,000 m 2 )の面積をカバーする岩の床に釘付けにされ、そこではハゲタカのペアが彼の肝臓で毎日ごちそうを食べました。

アドメートス

アポロはアドメートス王の群れ(または群れ)を守るフェリーチェ・ジャーニ

アドメートスは、おもてなしで知られるフェライの王でした。アポロがパイソンを殺したためにオリンパスから追放されたとき、彼はアドメートスの下で牧夫を務めました。アドメートスは当時若くて未婚でした。アポロは滞在中にアドメートスと恋愛関係を共有したと言われています。[144]長年の奴隷状態を終えた後、アポロは神としてオリンポスに戻った。

アドメートスはアポロをよく扱っていたので、神はその見返りに彼に大きな利益を与えました。アポロの単なる存在は、牛に双子を産ませたと言われています。[165] [144]アポロは、アドメートスの戦車を引くためにライオンとイノシシを飼いならすことによって、アドメートスがペリアース王の娘であるアルケースティスの手に勝つのを助けた[ 166] [167] 。彼は彼の祝福を与えるために彼らの結婚式の間に出席しました。アドメートスが女神アルテミスに正当な供物を与えるのを忘れて怒らせたとき、アポロは救助に来て妹を落ち着かせました。[166]アポロはアドメートスの早すぎる死を知ったとき、運命を説得または騙してアドメートスを彼の時代を過ぎて生きさせた。[166][167]

別のバージョンによると、またはおそらく数年後、ゼウスが死者を復活させるために稲妻でアポロの息子アスクレピオスを打ち倒したとき、アポロは復讐でゼウスのためにボルトを作ったサイクロプスを殺しました。[165]アポロはこれでタルタロスに追放されたであろうが、母親のレトが介入し、ゼウスに彼らの古い愛を思い出させ、息子を殺さないように彼に懇願した。ゼウスは、アドメートスの下で再びアポロに1年間の重労働を義務付け、刑を宣告した。[165]

アポロとアドメートスの間の愛は、オウィディウスセルウィウスのようなローマの詩人のお気に入りのトピックでした。

ニオベ

ニオベの子供たちはアポロに殺され、ダイアナピエール・チャールズ・ジョンバートに殺される

ニオベの運命は、アポロがまだレトの胎内にいる間に予言されました。[144]ニオベはテーベの女王であり、アンフィオンの妻でした。彼女は14人の子供がいたのでレトより優れていると自慢したときに傲慢を示しました( Niobids)、7人の男性と7人の女性、レトは2人しかいませんでした。彼女はさらに、アポロの女々しい外観とアルテミスの男らしい外観を嘲笑しました。これに侮辱されたレトは、ニオベを罰するように子供たちに言いました。それに応じて、アポロはニオベの息子たちを殺し、アルテミスは彼女の娘たちを殺しました。神話のいくつかのバージョンによると、ニオビッドの中で、クロリスと彼女の兄弟アミュクラースは、レトに祈ったために殺されませんでした。アンフィオンは、死んだ息子たちを見て、自分自身を殺したか、復讐を誓った後にアポロに殺されました。

荒廃したニオベは小アジアのシピロス山に逃げ、泣きながら石に変わりました。彼女の涙はアヘロオス川を形成しましたゼウスはテーベのすべての人々を石に変えたので、死後9日目、神々が彼らを葬るまで、誰もニオビッドを葬りませんでした。

クロリスが結婚して子供をもうけたとき、アポロは息子のネスターにニオビッドから連れ去った年数を与えました。したがって、ネスターは3世代にわたって生きることができました。[168]

トロイの壁を建てる

ヨアヒムフォンサンドラートによるポセイドンとアポロへの支払いを拒否するラオメドン

かつてアポロとポセイドンはゼウスの言葉に従ってトロイの木馬王ラオメドンの下で仕えました。アポロドルスは、神々が彼の傲慢さをチェックするために人間を装った王に進んで行ったと述べています。[169]アポロはアイダ山の谷でラオメドンの牛を守り、ポセイドンはトロイの城壁を建てた。[170]他のバージョンでは、アポロとポセイドンの両方が壁の建設者になっています。Ovidのアカウントでは、Apolloは自分のリラで曲を演奏することでタスクを完了します。

ピンダロスの頌歌では、神々は彼らの助手としてアイアコスという名の死すべき者を取りました。[171]作業が完了すると、3匹のヘビが壁に押し寄せ、神々によって建てられた壁の部分を攻撃した2匹は倒れて死んだが、3匹目は建てられた壁の部分を通って街に押し入った。 Aeacusによる。アポロはすぐに、トロイがアイアコスの子孫であるアイアコスの手に落ちると予言しました(つまり、息子のテラモンがラオメドンの支配中に都市を包囲したときにヘラクレスに加わりましその後、彼のひ孫のネオプトレモスが木製の馬に乗って倒れました。トロイ)。

しかし、王は約束した賃金を神々に与えることを拒否しただけでなく、彼らの足と手を縛り、奴隷として売ると脅しました。無給労働と侮辱に腹を立てたアポロは街を疫病に感染させ、ポセディオンは海の怪物ケトスを送っそこから街を救うために、ラオメドンは娘のヘシオネー(後にヘラクレスによって救われる)を犠牲にしなければなりませんでした。

トロイに滞在中、アポロにはポセイドンのニンフと娘であるオウレアという恋人がいました。彼らには一緒に、アポロが心から愛していたイレウスという息子がいました。[172]

トロイ戦争

アポロは、ギリシャ人がトロイアに対して行っ たトロイア戦争中にトロイアを支持した。

戦争中、ギリシャの王アガメムノンは、アポロの司祭クリューセースの娘であるクリューセーイスを捕らえ、彼女を返すことを拒否しました。これに腹を立てて、アポロはペストに感染した矢をギリシャの野営地に撃ち込みました。彼は彼らに少女を返すように要求し、アカイア人(ギリシャ人)はそれに応じて、間接的にイリアスのテーマであるアキレスの怒りを引き起こした。

アポロはヘクターの前にイージスを置き、ジョン・フラクスマンによってギリシャ人を分散させた

ゼウスからイージスを受け取ったアポロは、父親の命令に従って戦場に出て、戦争の叫び声で敵に大きな恐怖を引き起こしました。彼はギリシャ人を押し戻し、多くの兵士を破壊した。彼はトロイの木馬の軍隊が崩壊したときに集結したので、彼は「軍隊の騒ぎ」と呼ばれています。

ゼウスが他の神々が戦争に参加することを許可したとき、アポロはポセイドンによって決闘に挑発されました。しかし、アポロは、死すべき者のために叔父と戦うつもりはないと言って、彼と戦うことを断った。

アポロはディオメーデースがアイネイアースを追いかけるのを防ぎます

ギリシャの英雄ディオメーデースがトロイの木馬の英雄アイネイアースを負傷せたとき、アフロディーテは彼を救おうとしましたが、ディオメーデースも彼女を負傷させました。その後、アポロは彼を守るためにアイネイアースを雲に包んだ。彼はディオメーデースが彼に行った攻撃を撃退し、主人公に神への攻撃を控えるように厳しい警告を与えました。その後、アイネイアースはトロイの聖地であるペルガモスに連れて行かれ、そこで癒されました。

ゼウスの息子であるサルペードーンの死後、アポロは父親の望み通りに死体を戦場から救出し、それを掃除した。それから彼はそれをSleep(Hypnos)とDeath(Thanatos)に与えました。アポロはかつてアテナにその日の戦争をやめるように説得していたので、戦士たちはしばらくの間自分自身を和らげることができました。

ジョン・フラクスマンによるヘクトールの体を保護するアポロ

トロイの木馬の英雄ヘクトール(ヘカベー[173]によって神の息子であったとのことですが)はアポロに支持されました。彼が重傷を負ったとき、アポロは彼を癒し、彼に腕を上げるように勧めました。アキレスとの決闘中、ヘクターが負けそうになったとき、アポロはヘクターを霧の雲の中に隠して彼を救った。ギリシャの戦士パトロクロスがトロイの砦に入ろうとしたとき、彼はアポロに止められました。ヘクトルにパトロクロスを攻撃するように勧め、アポロはギリシャの戦士の鎧を剥ぎ取り、武器を壊した。パトロクロスは最終的にヘクトールによって殺されました。ついに、ヘクターの運命の死後、アポロは死体の上に魔法の雲を作ることによって、アキレスが死体を切断しようとする試みから彼の死体を保護しました。

アポロは戦争が始まる前にアキレスが息子のテネスを殺害し、自分の寺院で息子のトロイロスを残酷に暗殺したため、戦争中ずっとアキレスに恨みを抱いた。アポロはヘクトールをアキレスから救っただけでなく、トロイの木馬の戦士になりすましてゲートから追い払うことでアキレスをだましました。彼はヘクターの死体を切断しようとするアキレスの試みを阻止した。

最後に、アポロはパリスが撃った矢をアキレスのかかとに導くことによってアキレスの死を引き起こした。いくつかのバージョンでは、アポロ自身がパリを装ってアキレスを殺しました。

アポロは、戦場でアゲーノールポリュダマースグラウコスを含む多くのトロイの木馬の戦士を助けました。彼はトロイの木馬を大いに支持しましたが、アポロはゼウスの命令に従う義務があり、戦争中は父親に忠実に仕えました。

ヘラクレス

ヘラクレス(当時はアルシデスと名付けられていた)が狂気に襲われて家族を殺した後、彼は自分自身を浄化しようとし、アポロの神託に相談した。アポロは、ピューティアーを通じて、ユーリステウス王に12年間奉仕し王が彼に与える10の任務を完了するように彼に命じました。そうして初めて、アルシデスは彼の罪を免除されるでしょう。アポロはまた彼をヘラクレスと改名した。[174]

コリント式ヘルメット(紀元前5世紀初頭)に描かれているように、ヘラクレスとアポロがハインドをめぐって奮闘している

彼の3番目のタスクを完了するために、ヘラクレスはアルテミスの神聖なケリュネイアの鹿を捕らえ、それを生き返らせる必要がありました。後ろを1年間追いかけた後、やがて疲れてしまい、ラドン川を渡ろうとしたところ、ヘラクレスが捕まえました。彼がそれを取り戻している間、彼はこの行為のためにヘラクレスに怒りを覚えたアポロとアルテミスに直面しました。しかし、ヘラクレスは女神をなだめ、彼の状況を彼女に説明しました。多くの訴えの後、アルテミスは彼が後ろをとることを許可し、後でそれを返すように彼に言いました。[175]

ヘラクレスはアポロの三脚、アッティカの黒像式オイノコエを盗みます。紀元前520年。

彼が年季奉公から解放された後、ヘラクレスはオエチャリアの王子であるイフィトゥスと衝突し、彼を殺害した。その後すぐに、彼はひどい病気にかかりました。彼は病気を取り除くことを期待して、もう一度アポロの神託に相談した。しかし、ピューティアーは予言を与えることを拒否しました。怒りの中で、ヘラクレスは神聖な三脚をひったくり、彼自身の神託を始めるつもりで立ち去り始めました。しかし、アポロはこれを容認せず、ヘラクレスを止めました。彼らの間で決闘が続いた。アルテミスはアポロを支援するために急いで、アテナはヘラクレスを支援しました。すぐに、ゼウスは戦いの兄弟の間に彼の落雷を投げて、彼らを引き離しました。彼はこの違反行為についてヘラクレスを叱責し、アポロにヘラクレスに解決策を与えるように頼んだ。その後、アポロは英雄にオムパレーの下で奉仕するよう命じました、自分を浄化するために1年間 リディアの女王。

ペリパース

ペリパースはアッティカの王であり、アポロの司祭でした。彼は高貴で、公正で、金持ちでした。彼はすべての義務を正しく果たした。このため、人々は彼をとても好きで、ゼウスと同じ程度に彼を称え始めました。ある時、彼らはゼウスの代わりにペリパースを崇拝し、彼のために神殿や神殿を建てました。ペリパースの家族全員を全滅させることを決心したこのイライラしたゼウス。しかし、彼はただの王であり、善良な信者だったので、アポロは介入し、父親にペリパースを惜しまないように要求しました。ゼウスはアポロの言葉を考慮し、彼を生きさせることに同意しました。しかし、彼はペリパースをワシに変身させ、ワシを鳥の王にしました。ペリパースの妻がゼウスに夫と一緒にいるように頼んだとき、ゼウスは彼女をハゲタカに変え、彼女の願いを叶えました。[176]

プラトンのソウルメイトの概念

昔、人間には3種類ありました。男性、太陽の子孫。女性、地球から降りてきた; 両性具有、月から降りてきました。それぞれの人間は完全に丸く、4本の腕と4本の脚、4本の耳を持つ頭の反対側にある2つの同一の面、その他すべてが一致していました。彼らは強力で手に負えないものでした。オーティスエフィアルテスはあえてオリンパス山をスケーリングしました。

彼らの無礼をチェックするために、ゼウスは彼らを完全に破壊するのではなく、彼らを謙虚にし、彼らのマナーを改善する計画を考案しました。彼はそれらをすべて2つに切り、アポロに必要な修理を依頼し、人間に現在も残っている個々の形を与えました。アポロは頭と首を傷の方に向け、腹部で皮膚を引き寄せ、その真ん中で皮膚を縫い合わせました。これが今日私たちがへそと呼んでいるものです。彼はしわを滑らかにし、胸を形作りました。しかし、彼は彼らが彼らの罰を思い出させることができるように腹部とへその周りにいくつかのしわを残すことを確認しました。[177]

「彼(ゼウス)が次々とそれらを切ったとき、彼はアポロに顔と首の半分を回転させるように命じました...アポロはまた彼らの傷を癒しそしてそれらの形を構成するように命じられました。それでアポロは顔に回転を与えましたそして、私たちの言葉で腹と呼ばれるものの側面から、引き込む財布のように皮膚を引っ張り、彼は結び目で留めた[腹の]中央に1つの口を作りました(これは同じですおへそと呼ばれる);彼はまた、靴職人が最後に革を滑らかにするのと同じように、胸を成形し、ほとんどのしわを取り除きました;しかし、彼は腹とおへその領域に、の記念としていくつかのしわを残しました原始状態。

若者の養育者

アポロクーロトロポスは、子供や若者、特に男の子を育て、保護する神です。彼は彼らの教育と成人期への移行を監督しています。教育はアポロとミューズから始まったと言われています。多くの神話は彼に彼の子供たちを訓練させます。男の子は大人になってから長い髪を切ってアポロに捧げるのが習慣でした。

放棄されたケンタウロスであるカイロンは、医学、予言、アーチェリーなどを指導したアポロによって育てられました。カイロンは後に彼自身素晴らしい教師になるでしょう。

子供の頃のアスクレピウスは、父親から薬の芸術に関する多くの知識を得ました。しかし、彼は後にさらなる教育のためにカイロンに委託されました。

ロイオーによるアポロの息子であるアニオスは、彼の誕生後すぐに母親に見捨てられました。アポロは彼を育て、マンティックアートで彼を教育しました。アニオスは後にアポロの司祭とデロスの王になりました。

IamusはApolloとEvadneの息子でした。エヴァドネが出産したとき、アポロは彼の恋人を助けるためにモイラを送りました。子供が生まれた後、アポロは子供に蜂蜜を与えるためにヘビを送りました。イアムスが教育の時代に達したとき、アポロは彼をオリンピアに連れて行き、鳥の言語を理解して説明する能力を含む多くの芸術を彼に教えました。[178]

イドモーンはアポロによって予言者になるように教育されました。彼はアルゴナウタイとの旅で起こるであろう彼の死を予見していましたが、彼は彼の運命を受け入れ、勇敢な死を遂げました。息子の勇気を記念して、アポロはボエオティア人に英雄の墓の周りに町を建て、彼を称えるように命じました。[179]

アポロはゼウスとエウローペーの捨てられた息子であるカルヌスを養子しました。彼は母親のレトの助けを借りて子供を育て、予言者になるように彼を教育しました。

息子のメラネウスが結婚年齢に達したとき、アポロはストラトニケ王女に息子の花嫁になるように頼み、彼女が同意したときに彼女を家から連れ去りました。

アポロは、ハゲタカによって、大きな深い洞窟で羊飼いの少年(名前は不明)を死から救いました。彼に感謝するために、羊飼いはアポロにヴルトゥリウスという名前の寺院を建てました。[180]

音楽の神

球の音楽。イタリアのルネサンスからのこの彫刻に示されているのは、アポロ、ミューズ、惑星の球体、音楽の比率です。

生まれた直後、アポロはリラを要求し、ピーアンを発明し、音楽の神になりました。神聖な歌手として、彼は詩人、歌手、音楽家のパトロンです。弦楽の発明は彼のおかげです。プラトンは、音楽、リズム、ハーモニーを楽しむ人間の生来の能力は、アポロとミューズの賜物であると述べました。[181]ソクラテスによれば、古代ギリシャ人は、アポロが神と人間の両方のために調和を導き、すべてのものを一緒に動かす神であると信じていました。このため、ホモがAに置き換えられる前は、彼はホモポロンと呼ばれていました。[182] [183]アポロの調和のとれた音楽は人々を彼らの苦痛から解放しました、そしてそれ故に、ディオニュソスのように、彼は解放者とも呼ばれます。[144]鳥の中で最も音楽的であると考えられていた白鳥は、「アポロの歌手」であると信じられていた。彼らはアポロの神聖な鳥であり、ハイパーボレアへの旅行中に彼の乗り物として行動しました[144] アイリアノスは、歌手がアポロに賛美歌を歌うとき、白鳥は一斉に聖歌に加わるだろうと言います。[184]

アンドレア・アッピアーニによるアポロとパルナッサスのミューズ

ピタゴラス教徒の間では、数学と音楽の研究は、彼らの主要な神であるアポロの崇拝に関連していました。[185] [186] [187]彼らの信念は、薬が体を浄化するのと同じように、音楽が魂を浄化するというものでした。彼らはまた、音楽は宇宙の力学と同じ数学的調和の法則に委ねられ、球の音楽として知られるアイデアに進化したと信じていました。[188]

アポロはミューズの仲間として登場し、ムサゲテス(「ミューズのリーダー」)としてダンスで彼らを導きます。彼らは彼らの神聖な場所の1つであるパルナッサスに時間を費やしています。アポロはミューズの恋人でもあり、彼らによって彼はオルフェウスライナスのような有名なミュージシャンの父になりました。

アポロはしばしば、リラの歌と音楽で不滅の神々を喜ばせているのが見られます[189]宴会の神としての彼の役割において、彼はエロスプシュケペレウステティスの結婚のように、神々の結婚式で音楽を演奏するために常に存在していた。彼はバッカス祭の頻繁なゲストであり、多くの古代の陶器は彼がメナドとサテュロスの中で安心していることを描いています[190]アポロはまた、他の人に挑戦されたときに音楽コンテストに参加した。彼はそれらすべてのコンテストで勝利者でしたが、彼は敵を彼らの傲慢さのために厳しく罰する傾向がありました。

アポロのリラの詳細

アポロのリラ

竪琴の発明は、エルメスかアポロ自身のどちらかに起因しています。[191]エルメスが亀の甲羅で作られたリラを発明したのに対し、アポロが発明したリラは通常のリラであることが区別されています。[192]

神話によれば、幼児のエルメスはアポロの牛を何頭も盗み、パイロス近くの森の洞窟に連れて行き、彼らの足跡を覆いました。洞窟の中で、彼はカメを見つけて殺し、そして中身を取り除きました。彼は牛の腸の1つと亀の甲羅を使い、竪琴を作りました。

ノエル・コワペルによるアポロとエルメスの友情

盗難を発見すると、アポロはエルメスと対峙し、牛を返すように頼みました。エルメスが無実の行動をとったとき、アポロはその問題をゼウスに持ち込みました。ゼウスはその出来事を見て、アポロの側に立ち、エルメスに牛を返すように命じました。[193]その後、エルメスは彼が発明したリラで音楽を演奏し始めた。アポロは楽器に恋をし、牛をリラと交換することを申し出ました。したがって、アポロはリラのマスターになりました。

他のバージョンによると、アポロは自分でリラを発明しました。彼はマルシュアスに与えた過剰な罰を悔い改め、その弦を引き裂きましたしたがって、エルメスの竪琴は再発明となるでしょう。[194]

パンとのコンテスト

ラウリツ・トゥクセンによるパンとアポロの音楽の決闘

かつてパンは彼の音楽をアポロの音楽と比較し、音楽の神にコンテストに挑戦する大胆さを持っていました。山の神トモーロスが審判に選ばれました。パンはパイプを吹き飛ばし、素朴なメロディーで彼自身と彼の忠実な信者であるミダスに大きな満足を与えました。それから、アポロは彼の竪琴のひもを打ちました。とても美しかったので、トモーロスはすぐにアポロに勝利を与えました、そして誰もが判断に満足していました。ミダスだけがこの賞の正義に異議を唱え、疑問を呈した。アポロはもはやそのような堕落した耳に苦しむことを望まず、ロバの耳になりました。

マルシュアスとのコンテスト

マルシュアスは彼の傲慢さのためにアポロによって罰せられたサテュロスでした。彼は地面にアウロスを見つけました。それが彼女の頬をふくらませたので、アテナによって発明された後に投げ捨てられました。アテナはまた、楽器に呪いをかけ、それを手に取った人は誰でも厳しく罰せられるだろうと言っていました。マルシュアスがフルートを演奏したとき、誰もが喜びに熱狂しました。これにより、マルシュアースは自分がアポロよりも優れていると考え、神に音楽コンテストに挑戦しました。コンテストは、ミューズ、またはニサのニンフによって審査されました。アテナもコンテストを目撃するために出席しました。

マルシュアスは、「髪を長く着て、顔がきれいで、体が滑らかで、多くの芸術に精通している」とアポロを罵倒しました。[195]彼はさらに言った、

'彼の[アポロ]の髪は滑らかで、房とカールになっていて、額の周りに落ちて顔の前にぶら下がっています。彼の体は頭から足まできれいで、手足は明るく輝き、舌は神託を与え、散文でも詩でも同じように雄弁で、あなたがどちらを提案するかを提案します。彼のローブのどれがとてもきめが細かく、手触りがとても柔らかく、紫色に輝いていますか?金色に光り、象牙で白く輝き、虹色の宝石で輝きを放つ彼の竪琴はどうでしょうか。彼の歌はどうですか、とても狡猾でとても甘いですか?いや、これらの魅力はすべて、贅沢を救うものではありません。美徳のために、彼らは一人で恥をもたらします!」[195]

ミューズとアテナはこのコメントにくすくす笑いました。出場者は交代で自分のスキルを表示することに同意し、ルールは勝者が敗者に「やりたいことは何でもできる」というものでした。

パルマ・イル・ジョヴァンによるアポロとマルシュアスのコンテスト

ある報告によると、最初のラウンドの後、彼らは両方ともニュシアデスによって平等であると見なされましたしかし、次のラウンドで、アポロは彼のリラで演奏し、彼のメロディアスな声を彼のパフォーマンスに加えることに決めました。マルシュアスはこれに反対し、アポロには有利であると述べ、アポロが不正行為をしたと非難した。しかし、アポロは、マルシュアスがフルートを演奏したので、喉から空気を吹き込む必要があるので、歌うのと似ていて、両方が同じ機会にスキルを組み合わせるか、どちらも口を使わないようにする必要があると答えました。ニンフは、アポロの主張は正しいと判断しました。その後、アポロはリラを演奏し、同時に歌い、聴衆を魅了しました。マルシュアースはこれを行うことができませんでした。アポロは勝者と宣言され、マルシュアスの傲慢さと彼の告発に怒り、サテュロスを剥ぎ取ることにしました。[196]

シャルル・アンドレ・ヴァン・ルーによるアポロ騎士団の皮剥ぎのマルシュアス

別の説明によると、マルシュアスはある時点でフルートの調子を狂わせ、敗北を受け入れました。恥ずかしさから、彼は自分自身にワインの袋のために皮を剥がれたという罰を割り当てました。[197]別のバリエーションは、アポロが楽器を逆さまに演奏したことです。マルシュアスは彼の楽器ではこれを行うことができませんでした。それで、裁判官であったミューズはアポロを勝者と宣言しました。アポロはマルシュアスを木から吊るして剥ぎ取った。[198]

アポロは、彼の傲慢さが神に挑戦するためにフリュギアのセラエナエ近くの洞窟で生きているマルシュアスの手足を剥ぎ取った。その後、彼は体の残りの部分を適切な埋葬のために与え[199]、他の人への教訓として、マルシュアースの剥がれた皮膚を近くの松の木に釘付けにしました。マルシュアスの血はマルシュアス川に変わりました。しかし、アポロはすぐに悔い改め、自分のしたことに悩まされ、竪琴の弦を引き裂いて捨てました。竪琴は後にミューズとアポロの息子であるライナスオルフェウスによって発見されましたミューズは真ん中の弦を固定し、ライナスは人差し指で叩いた弦、オルフェウスは一番下の弦とその隣の弦を固定しました。彼らはそれをアポロに戻したが、しばらく音楽から離れることを決心した神は、デルファイでリラとパイプの両方を置き、キュベレーと一緒にハイパーボレアまでさまよった[196] [200]

Cinyrasとのコンテスト

Cinyrasは、アガメムノンの友人であったキプロスの支配者でした。キニュラースはトロイア戦争でアガメムノンを支援することを約束したが、彼の約束を守らなかった。アガメムノンはキニュラースを呪った。彼はアポロを呼び出し、神に破られた約束に復讐するように頼んだ。その後、アポロはキニュラースとリラ演奏のコンテストを行い、彼を打ち負かしました。Cinyrasは負けたときに自殺したか、Apolloに殺されました。[201] [202]

アポロンラオン、ヴェルサイユ

船乗りの守護聖人

アポロは、ポセイドンと共有する任務の1つである、船員の守護者および保護者として機能します。神話では、彼は安全な旅のために彼に祈る英雄を助けているのが見られます。

アポロは嵐に巻き込まれたクレタ島の船員の船を見つけたとき、すぐにイルカの形を取り、彼らの船を安全にデルファイに案内しました。[203]

アルゴナウタイがひどい嵐に直面したとき、ジェイソンは彼らを助けるために彼の常連客、アポロに祈った。アポロは弓と金色の矢を使って島に光を当て、そこでアルゴナウタイはすぐに避難しました。この島は「アナフェ」と改名されました。これは「彼がそれを明らかにした」という意味です。[204]

アポロは、ギリシャの英雄ディオメーデースが帰国の旅の最中に大暴風雨から逃れるのを助けました。感謝の印として、ディオメーデースは、形容詞エピバテリウス(「乗船者」)の下にアポロに敬意を表して神殿を建てました。[205]

トロイ戦争中、オデュッセウスはトロイアの陣営にやって来て、アポロの司祭クリューセースの娘であるクリセイスを返し、アポロに多くの供物をもたらしました。これに満足して、アポロはオデュッセウスがギリシャの陣営に無事に戻るのを助けた穏やかなそよ風を送りました。[206]

アリオンは、彼が持っていた豊富な賞品のために何人かの船乗りに誘拐された詩人でした。アリオンは彼らに彼に最後に歌わせるように要求し、船員たちはそれに同意した。アリオンは神の助けを求めて、アポロを称えて歌を歌い始めました。その結果、多くのイルカが船を取り囲み、アリオンが水に飛び込んだとき、イルカは彼を無事に連れ去りました。

戦争

ティーターノマキ

ヘラは、それにもかかわらず、タイタンをゼウスと戦うように呼び起こし、彼の王位を奪いました。したがって、タイタンがオリンパス山に登ろうとしたとき、ゼウスはアポロ、アルテミスアテナの助けを借りて彼らを打ち負かし、タルタロスに投げ込みました。[207]

トロイ戦争

アポロはトロイア戦争全体で極めて重要な役割を果たしました。彼はトロイの木馬を支持し、ギリシャの陣営にひどい疫病を送りました。それは間接的にアキレスアガメムノンの間の紛争につながりました。彼はギリシャの英雄パトロクロス、アキレス、そして多くのギリシャの兵士を殺しました。彼はまた、多くのトロイの木馬の英雄を助けました。最も重要なのはヘクターです。戦争が終わった後、アポロとポセイドンは一緒に街の残骸とキャンプを掃除しました。

パリ(左側)が鎧を着て、アポロ(右側)が彼を見守っています。屋根裏の赤像式カンタロス、紀元前425〜420年

テレゴニー戦争

ブライゴイオデュッセウスの支援を受けたテスプロティア人の間で戦争が勃発した神々のアテナとアレスが戦場にやって来て、味方になりました。アレスがブリゴイと一緒に戦っている間、アテナは英雄オデュッセウスを助けました。オデュッセウスが負けたとき、アテナとアレスは直接の決闘に参加しました。戦いの神々と彼らの戦いによって引き起こされた恐怖を止めるために、アポロは介入し、彼らの間の決闘を止めました。[208] [209]

インディアン戦争

ゼウスがディオニュソスが神々の間で地位を獲得するためにインディアンを打ち負かすことを提案したとき、ディオニュソスはインディアンとの戦争を宣言しバッカンテスサテュロスの軍隊と一緒にインドに旅行しました。戦士の中には、アポロの息子であるアリスタイオスがいました。アポロは息子を自分の手で武装させ、弓と矢を与え、腕に強力な盾を取り付けました。[210]ゼウスがアポロに戦争に参加するように促した後、彼は戦場に行った。[211]彼のニンフとアリスタイオスの何人かが川で溺れているのを見て、彼は彼らを安全な場所に連れて行き、彼らを癒した。[212]彼はアリスタイオスにもっと役立つ癒しの芸術を教え、ディオニュソスの軍隊を助けるために彼を送り返しました。

テーベ戦争

オイディプスの息子たちの間の戦争の間、アポロは予言者であり戦争の指導者の一人であるアムピアラーオスを支持しました。予言者が戦争で運命づけられる運命にあったことを悲しみましたが、アポロは「彼の盾と彼の舵を星空の輝きで照らす」ことによってアンフィアラオスの最後の時間を輝かしくしました。Hypseusが槍で英雄を殺そうとしたとき、Apolloは代わりにAmphiarausの戦車兵に槍を向けました。その後、アポロ自身が戦車兵に取って代わり、手綱を握りました。彼は多くの槍と矢をそらしてそれらを遠ざけた。彼はまた、メラネウスアンティフス、アエティオン、ポリテス、ランプスような敵の戦士の多くを殺しましたついに出発の瞬間が来たとき、アポロは彼の目に涙を浮かべて彼の悲しみを表現し、すぐに地球に飲み込まれたアンフィアラオスに別れを告げました。[213]

巨人の殺害

アポロは、母親のレトを襲った巨人のパイソンとティテュオスを殺害した。

ギガントマチー

巨大な魔術の最中、アポロとヘラクレスは巨大なエフィアルテス彼の目で撃ち、アポロは彼の左を撃ち、ヘラクレスは彼の右を撃ちました。[214]彼はまた、彼の弓と矢を使って、巨人の王であるポルピュリオーンを殺した。[215]

アローアダイ

アローアダイ、すなわちオーティスとエフィアルテスは、神々に戦争をすることを決心した双子の巨人でした。彼らは山を積み上げてオリンパス山を襲撃しようとし、海を山で満たし、乾燥した土地を氾濫させると脅した。[216]彼らは、結婚の際にヘラとアルテミスの手を求めることさえあえてしました。これに腹を立てて、アポロは矢で彼らを撃つことによって彼らを殺しました。[217]別の話によると、アポロは彼らの間に鹿を送ることによって彼らを殺した。彼らがやり投げでそれを殺そうとしたとき、彼らは偶然にお互いを刺して死にました。[218]

ポルバス

ポルバスは、ブタのような特徴を持っていると言われたプレギュアースの野蛮な巨人でした。彼はその富のためにDelphiを略奪したかった。彼はデルファイへの道をつかみ、巡礼者に嫌がらせを始めました。彼は老人と子供たちを捕らえ、身代金のために彼らを保持するために彼らを彼の軍隊に送りました。そして彼は若くて丈夫な男たちにボクシングの試合に挑戦しましたが、彼らが彼に敗北するときだけ彼らの頭を切り落としました。彼は切り刻まれた頭を樫の木にぶら下げた。ついに、アポロはこの残酷さに終止符を打つようになりました。彼はPhorbasとボクシングのコンテストに参加し、一撃で彼を殺しました。[219]

他の物語

昇る太陽としてのアポロ、フランソワ・ブーシェ作

最初のオリンピックでは、アポロはアレスを破り、レスリングの勝利者になりました。彼はレースでエルメスを上回り、1位を獲得しました。[220]

アポロは月を夏と冬に分けます。[221]彼は冬の間、白鳥の背中に乗ってハイパーボリアンの土地に行き、冬には暖かさがないのは彼の出発によるものである。彼の不在の間、デルファイはディオニュソスの世話をしており、冬の間は予言は与えられませんでした。

モルパディアとパルテノス

モルパディアとパルテノスは、アポロの元恋人であるロイオーの姉妹でした。ある日、彼らは父親の先祖代々のワインの壺を監視する責任を負いましたが、この任務を遂行している間に眠りに落ちました。彼らが眠っている間、彼らの家族が飼っていた豚によってワインの壺が壊れました。姉妹たちは目を覚まして何が起こったのかを見たとき、父親の怒りを恐れて崖から身を投げ出しました。通りかかったアポロは彼らを捕まえ、ケルソネソスの2つの異なる都市、モルパディアからカスタバス、パルテノスからブバスティスに運びました。彼は彼らを女神に変えました、そして、彼らは両方とも神の名誉を受け取りました。モルパディアの名前は、彼女の神格化によりヘミテアに変更されました。[222]

プロメテウス

プロメテウスは、火を盗んだことでゼウスに罰せられた巨人でした。彼は岩に縛られ、そこで毎日ワシがプロメテウスの肝臓を食べるために送られました。そして、それは翌日再び食べられるために一晩成長しました。彼の窮状を見て、アポロはゼウスに親切なタイタンを解放するように懇願し、アルテミスとレトは涙を浮かべて彼の後ろに立った。アポロの言葉と女神の涙に感動したゼウスは、ついにヘラクレスを解放するプロメテウスに送りました。[223]

ニコラス・ガイ・ブレネットによる芸術の戴冠式アポロ

ロイカスの岩

Leukatasは、 Leukas島から海に突き出た白い色の岩であると考えられていました。それはアポロロイケーツの聖域に存在していました。この岩からの飛躍は、愛の憧れに終止符を打ったと信じられていました。[224]

かつて、アフロディーテはアドニスに深く恋をしました。アドニスは、後にイノシシに偶然に殺された素晴らしい美人です。失恋したアフロディーテは、ロイカスの岩を探してさまよった。彼女がアルゴスのアポロの聖域に到着したとき、彼女は彼に彼女の愛と悲しみを打ち明けました。アポロはそれから彼女をロイカスの岩に連れて行き、岩の上から身を投げるように彼女に頼んだ。彼女はそうし、彼女の愛から解放されました。彼女がこの背後にある理由を探したとき、アポロはゼウスが別の恋人を連れて行く前に、ヘラへの彼の愛から自分自身を解放するためにこの岩の上に座るだろうと彼女に言いました。[225]

別の話では、アテナのカルト像に恋をしたニーレウスという男が岩にやって来て、自分を和らげるためにジャンプしたというものです。ジャンプした後、彼は漁師の網に落ちました、そこで彼が引き抜かれたとき、彼は金で満たされた箱を見つけました。彼は漁師と戦い、金を手に入れましたが、アポロは夢の中で夜に彼に現れ、他人の所有する金を適切に使用しないように警告しました。[225]

悪を回避するためにアポロに敬意を表して行われた犠牲で毎年この岩から犯罪者を投げ出すことは、ロイカディアンの間の先祖の習慣でした。しかし、多くの男性が岩の下のいたるところに配置され、犯罪者を捕まえ、島から追放するために彼を国境から連れ出しました。[226] [225]これは、伝説によると、サッフォーが自殺の飛躍を遂げたのと同じ岩でした。[224]

夕日としてのアポロ、フランソワ・ブーシェ作

女性愛好家

アポロに起因する恋愛は、ギリシャ神話の後半の発展です。[227]彼らの鮮やかな逸話的な資質は、ルネッサンス以来、彼らの一部を画家のお気に入りにしました。その結果、彼らは現代の想像力の中でより際立っています。

ダフネアポロの進歩を軽蔑し、彼から逃げ出したニンフでした。アポロが彼女を説得するために彼女を追いかけたとき、彼女は月桂樹に身を変えました。他のバージョンによると、彼女は追跡中に助けを求めて泣きました、そしてガイアは彼女を連れて行って彼女の代わりに月桂樹の木を置くことによって彼女を助けました。[228]ローマの詩人オウィディウスによると、追跡はキューピッドによってもたらされた。キューピッドは愛の黄金の矢でアポロを、憎しみの鉛の矢でダフネを襲った。[229]神話は、月桂樹の起源と、彼の巫女がデルファイで雇った月桂樹とその葉とのアポロの関係を説明いる葉は勝利の象徴となり、月桂樹の花輪がピューティア大祭の勝利者に贈られました

アポロとミューズ、ロバート・サンダーソン

アポロは9人のミューズすべての恋人だったと言われており、そのうちの1人を選ぶことができなかったため、未婚のままでいることにしました。はミューズ・タリアによるコリュバンテス[230]カリオペーによるオルフェウスカリオペーまたはウラニアによるリノス、そしてミューズの一人によるヒュメナイオス(ヒュメナイオス)の父となった

キュレネは、アポロが愛したテッサリアの王女でした。彼女に敬意を表して、彼は都市キュレネを建設し、彼女をその支配者にしました。彼女は後に彼女をニンフに変えたアポロによって長寿を与えられました。夫婦には2人の息子、アリスタイオスイドモーンがいました。

エヴァドネはポセイドンのニンフの娘であり、アポロの恋人でした。彼女は彼に息子のイアモスを産んだ出産の時、アポロは彼女を助けるために出産の女神 エイレイテュイアを送りました。

ナクソス島の王女、ロイオーはアポロに愛されていました。彼女への愛情から、アポロは彼女の姉妹を女神に変えました。デロス島で、彼女はアニオスという名前の息子アポロを産んだ。彼女は子供を産むことを望まず、幼児をアポロに預けて去った。アポロは自分で子供を育て、教育しました。

ポセイドンの娘であるオウレアは、アポロとポセイドンがトロイの木馬の王ラオメドンに仕えていたときに恋に落ちました。トロイの壁が建てられた日に、彼らは両方とも団結しました。彼女はアポロが生まれた町イリオン(トロイ)にちなんで、アポロがイレウスと名付けた息子をアポロに産んだイレウスはアポロにとってとても大切でした。[231]

月光のように美しい乙女、フィラスの娘であるセロは、輝くアポロに愛され、その見返りに彼を愛した。彼らの組合によって、彼女は「馬の飼いならし」として有名なチェロンの母になりました。彼は後に都市カイロネイアを建設しました。[232]

HyrieまたはThyrieはCycnusの母親でした。アポロは、湖に飛び込んで自殺しようとしたとき、母と息子の両方を白鳥に変えました。[233]

ヘカベートロイのプリアモス王の妻であり、アポロにはトロイロスという名前の息子がいました。オラクルは、トロイロスが生きている20歳に達する限り、トロイは敗北しないだろうと予言しました彼はアキレウスに待ち伏せされて殺され、アポロはアキレスを殺すことで彼の死を復讐した。トロイの略奪の後、ヘカベーはアポロによってリュキアに連れて行かれました。[234]

コロニスは、ラピテースの王であるプレギュアースの娘でした。アスクレピウスを妊娠している間、コロニスはエラトゥスの息子であるイスキュスに恋をし、彼と一緒に寝ました。アポロは彼の予言力を通して彼女の不貞を知ったとき、彼の妹、アルテミスをコロニスを殺すために送りました。アポロはコロニスの腹を切り開いて赤ちゃんを救出し、ケンタウロスの カイロンに育ててもらいました。

ドライオプスの娘であるドライオペは、ヘビの形でアポロに含浸されました。彼女はアンフィサスという名前の息子を出産しました。[235]

エウリピデスの戯曲「イオン」では、アポロはクスートスの妻であるクレウサによってイオンの父となった。彼は自分の力を使って彼女の妊娠を父親から隠した。後に、クレウサが野生で死ぬためにイオンを去ったとき、アポロはエルメスに子供を救い、彼を巫女によって育てられた デルファイのオラクルに連れて行くように頼んだ。

男性愛好家

アポロとヒュアキントスカルロ・セシオ作
アレクサンダー・キセリョフによるヒヤシンスの死

美しく運動能力のあるスパルタの王子であるヒヤシンス(またはヒヤシンス)は、アポロのお気に入りの恋人の1人でした。[236]アポロが投げた円盤投げが嫉妬深いゼピュロスによってコースから吹き飛ばされ、ヒヤシンスの頭を殴り、即座に彼を殺したとき、ペアは円盤投げを練習していた。アポロは悲しみに満ちていると言われています。ヒヤシンスの血から、アポロは彼の死の記念として彼にちなんで名付けられたを作りました、そして彼の涙は花びらを感動詞αἰαῖで汚しまし[237]彼は後に復活し、天国に連れて行かれた。ヒュアキンティアヒヤシンスの死と復活を記念したスパルタの全国的な祝賀会でした。[238]

もう一人の男性の恋人は、ヘラクレスの子孫であるキュパリッソスでした。アポロは彼に仲間として飼いならされた鹿を与えました、しかしそれが下草で眠っていたとき、キュパリッソスはそれをやり投げで偶然に殺しました。キュパリッソスはその死にとても悲しみ、アポロに涙を永遠に落とすように頼んだ。アポロは彼にちなんで名付けられたサイプレスに彼を変えることによって要求を認めました、それは樹液が幹に涙のような液滴を形成するので悲しい木であると言われました。[239]

アポロとキュパリッソス、ジャン・ピエール・グレンジャー(1779–1840)

フェライの王アドメートスもアポロの恋人でした。[240] [241] 1年または9年続いた亡命中、[242]アポロはアドメートスに牧夫として仕えた。彼らの関係のロマンチックな性質は、アレクサンドリアのカリマコスによって最初に説明されました。彼は、アポロがアドメートスに対して「愛を込めて解雇された」と書いています。[144]プルタルコスはアドメートスをアポロの恋人の一人として挙げており、アポロは彼に溺愛したのでアドメートスに仕えたと言っている。[243]ラテンの詩人、オウィディウスは彼のアルス・アマトリアで、彼は神であったが、アポロは彼のプライドを捨て、アドメートスのために召使いとしてとどまったと言った。[244] Tibullusアポロの王への愛をservitiumamoris(愛の奴隷制)として非難し、アポロが力ではなく選択によって彼の僕になったと主張します。彼はまたチーズを作り、それをアドメートスに提供しました。彼の国内行動は彼の家族に当惑を引き起こした。[245]

ニコラ・アントワーヌ・トーネイによるアドメートスを訪れるアポロ

ああ、妹(ダイアナ)が若い子牛を畑に運んでいるときに兄に会うと顔を赤らめたことがよくあります!....ラトーナは、継母のジュノにも賞賛されている息子の乱れた錠を見て嘆きました。 。[246]

アドメートスがアルケースティス王女と結婚したいと思ったとき、アポロは彼が飼いならしたライオンとイノシシに引っ張られた戦車を提供しました。これはアルケースティスの父を満足させ、彼はアドメートスに娘と結婚させました。さらに、アポロはアルテミスの怒りから王を救い、​​またモイラにアドメートスの死を一度延期するよう説得し

ある日、羊飼いのブランチスが森の中でアポロに出くわしました。神の美しさに魅了され、彼はアポロにキスをしました。アポロは彼の愛情を捨て、彼に報酬を与えたいと思って、彼に予言的なスキルを授けました。彼の子孫であるBranchidesは、影響力のある預言者の一族でした。[247]

アポロの他の男性愛好家は次のとおりです。

子供達

アポロは、死すべき女性やニンフ、そして女神から多くの子供たちを産みました。彼の子供たちは成長して、医師、音楽家、詩人、予言者、射手になりました。彼の息子の多くは新しい都市を設立し、王になりました。それらはすべて通常非常に美しいものでした。

アポロはカイロンにエスカラピウスの教育を任せている

アスクレピウスはアポロの最も有名な息子です。医師としての彼のスキルは、アポロのそれを上回りました。ゼウスは死者を連れ戻したために彼を殺したが、アポロの要請により、彼は神として復活した。 アリスタイオスは、彼の誕生後、カイロンの管理下に置かれました。彼は養蜂、チーズ作り、畜産などの神になりました。彼は最終的に彼が人類に与えた利益のために不死を与えられました。コリュバンテスは槍がぶつかり、踊る半 神でした。

トロイ戦争に参加したアポロの息子には、トロイアの王子ヘクトールトロイロス、そしてテネドスの王テネスが含まれ、3人全員が戦争の過程でアキレスによって殺されました。

Apollo's children who became musicians and bards include Orpheus, Linus, Ialemus, Hymenaeus, Philammon, Eumolpus and Eleuther. Apollo fathered 3 daughters, Apollonis, Borysthenis and Cephisso, who formed a group of minor Muses, the "Musa Apollonides". They were nicknamed Nete, Mese and Hypate after the highest, middle and lowest strings of his lyre.[citation needed] Phemonoe was a seer and a poetess who was the inventor of Hexameter.

Apis, Idmon, Iamus, Tenerus, Mopsus, Galeus, Telmessus and others were gifted seers. Anius, Pythaeus and Ismenus lived as high priests. Most of them were trained by Apollo himself.

Arabus, Delphos, Dryops, Miletos, Tenes, Epidaurus, Ceos, Lycoras, Syrus, Pisus, Marathus, Megarus, Patarus, Acraepheus, Cicon, Chaeron and many other sons of Apollo, under the guidance of his words, founded eponymous cities.

He also had a son named Chrysorrhoas who was a mechanic artist.[255] His other daughters include Eurynome, Chariclo wife of Chiron, Eurydice the wife of Orpheus, Eriopis, famous for her beautiful hair, Melite the heroine, Pamphile the silk weaver, Parthenos, and by some accounts, Phoebe, Hilyra and Scylla. Apollo turned Parthenos into a constellation after her early death.

Additionally, Apollo fostered and educated Chiron, the centaur who later became the greatest teacher and educated many demigods, including Apollo's sons. Apollo also fostered Carnus, the son of Zeus and Europa.

Offspring and mothers
Offspring Mother
Amphithemis (Garamas),[256] Caphauras,[257] Miletus,[258] Naxos, [259] Oaxes,[260] Phylacides,[261] Philander[262] Acacallis
Eleuther[263] Aethusa
Chios[264] Aganippe
Linus (possibly) Alciope[265]
Oaxes[266] Anchiale
Miletus Areia[267] or Deione
Eumolpus (possibly)[268] Astycome, nymph
Asclepius (possibly). Eriopis Arsinoe
Arabus[269] Babylo
Orpheus,[270] Ialemus[271] Calliope
Linus Calliope or Aethusa or Urania[272] or Terpsichore, or father not Apollo
Delphus Celaeno[273] or Melaina or Thyia (or son of Poseidon, not Apollo)
Philammon Chione[274] or Leuconoe[275] or Philonis
Coronus[276] Chrysorthe
Parthenos[277] Chrysothemis
Asclepius[278] Coronis
Leo,[257] Lycorus (Lycoreus)[279] Coryceia
Ion[280] Creusa
Aristaeus,[281] Agetes,[257] Autuchus,[282] Idmon, Nomius[257] Cyrene
The Curetes[283] Danais, Cretan nymph
Telmessus Daughter of Antenor
Dryops[284] Dia
Amphissus[285] Dryope
Agreus[286] Euboea
Linus (possibly) Euterpe
Iamus[287] Evadne
Scylla[288] Hecate
Offspring and mothers, continued
Offspring Mother
Amphiaraus[289] Hypermnestra
Troilus, Hector[290] Hecuba
Cycnus[291] Hyria (Thyria)
Eicadius,[292] Patarus[293] Lycia[294]
Mopsus Manto
Ismenus,[295] Tenerus[296] Melia
Phagrus[297] Othreis
Cynnes[298] Parnethia, nymph
Lycomedes[299] Parthenope
Cinyras Pharnace
Dorus, Laodocus, Polypoetes Phthia[300]
Tenes[301] Procleia
Linus of Argos Psamathe
The Corybantes Rhetia (nymph) or Thalia, or father not Apollo
Anius[302] Rhoeo
Ceos[303][304] Rhodoessa, nymph
Cicon[305][306] Rhodope
Syrus[307] Sinope
Centaurus, Lapithes, Aineus Stilbe
Zeuxippus Syllis[308] / Hyllis
Hymenaeus Terpsichore[309] or Urania[310] or Clio[311]
Galeus[312] Themisto
Chaeron[313] Thero
Ileus[314] Ourea
Trophonius Wife of Erginus
Ptous[315] Zeuxippe
Acraepheus,[316] Chariclo,[317] Erymanthus, Eurynome,[318] Marathus (eponym of Marathon),[319] Megarus,[320] Melaneus,[321] Melite, Oncius,[322][323] Pamphila,[318] Phemonoe, Pisus, founder of Pisa in Etruria[324] Pytheus,[318] Younger Muses,[325] (Cephisso, Apollonis, Borysthenis) unknown mothers

Failed love attempts

Marpessa was kidnapped by Idas but was loved by Apollo as well. Zeus made her choose between them, and she chose Idas on the grounds that Apollo, being immortal, would tire of her when she grew old.[326]

Sinope, a nymph, was approached by the amorous Apollo. She made him promise that he would grant to her whatever she would ask for, and then cleverly asked him to let her stay a virgin. Apollo kept his promise and went back.

Bolina was admired by Apollo but she refused him and jumped into the sea. To avoid her death, Apollo turned her into a nymph and let her go.

Castalia was a nymph whom Apollo loved. She fled from him and dove into the spring at Delphi, at the base of Mt. Parnassos, which was then named after her. Water from this spring was sacred; it was used to clean the Delphian temples and inspire the priestesses.[327]

Cassandra, was a daughter of Hecuba and Priam. Apollo wished to court her. Cassandra promised to return his love on one condition - he should give her the power to see the future. Apollo fulfilled her wish, but she went back on her word and rejected him soon after. Angered that she broke her promise, Apollo cursed her that even though she would see the future, no one would ever believe her prophecies.

Hestia, the goddess of the hearth, rejected both Apollo's and Poseidon's marriage proposals and swore that she would always stay unmarried.

Female counterparts

Apollo and Artemis, by Gavin Hamilton

Artemis

Apollo (left) and Artemis. Brygos (potter signed), tondo of an Attic red-figure cup c. 470 BC, Musée du Louvre.

Artemis as the sister of Apollo, is thea apollousa, that is, she as a female divinity represented the same idea that Apollo did as a male divinity. In the pre-Hellenic period, their relationship was described as the one between husband and wife, and there seems to have been a tradition which actually described Artemis as the wife of Apollo.[citation needed] However, this relationship was never sexual but spiritual,[328] which is why they both are seen being unmarried in the Hellenic period.[citation needed]

Artemis, like her brother, is armed with a bow and arrows. She is the cause of sudden deaths of women. She also is the protector of the young, especially girls. Though she has nothing to do with oracles, music or poetry, she sometimes led the female chorus on Olympus while Apollo sang.[citation needed] The laurel (daphne) was sacred to both. Artemis Daphnaia had her temple among the Lacedemonians, at a place called Hypsoi.[329] Apollo Daphnephoros had a temple in Eretria, a "place where the citizens are to take the oaths".[330] In later times when Apollo was regarded as identical with the sun or Helios, Artemis was naturally regarded as Selene or the moon.

Hecate

Hecate's procession by the witches, by Jusepe de Ribera

Hecate, the goddess of witchcraft and magic, is the chthonic counterpart of Apollo. They both are cousins, since their mothers - Leto and Asteria - are sisters. One of Apollo's epithets, Hecatos, is the masculine form of Hecate, and both the names mean "working from afar". While Apollo presided over the prophetic powers and magic of light and heaven, Hecate presided over the prophetic powers and magic of night and chthonian darkness.[citation needed] If Hecate is the "gate-keeper", Apollo Agyieus is the "door-keeper". Hecate is the goddess of crossroads and Apollo is the god and protector of streets.[331]

Pallas Athene Visiting Apollo on the Parnassus, by Arnold Houbraken

The oldest evidence found for Hecate's worship is at Apollo's temple in Miletos. There, Hecate was taken to be Apollo's sister counterpart in the absence of Artemis.[331] Hecate's lunar nature makes her the goddess of the waning moon and contrasts and complements, at the same time, Apollo's solar nature.

Athena

As a deity of knowledge and great power, Apollo was seen being the male counterpart of Athena. Being Zeus' favorite children, they were given more powers and duties. Apollo and Athena often took up the role as protectors of cities, and were patrons of some of the important cities. Athena was the principle goddess of Athens, Apollo was the principle god of Sparta.[332]

As patrons of arts, Apollo and Athena were companions of the Muses, the former a much more frequent companion than the latter.[333] Apollo was sometimes called the son of Athena and Hephaestus.[334]

In the Trojan war, as Zeus' executive, Apollo is seen holding the aegis like Athena usually does.[335] Apollo's decisions were usually approved by his sister Athena, and they both worked to establish the law and order set forth by Zeus.[336]

Apollo in the Oresteia

In Aeschylus' Oresteia trilogy, Clytemnestra kills her husband, King Agamemnon because he had sacrificed their daughter Iphigenia to proceed forward with the Trojan war. Apollo gives an order through the Oracle at Delphi that Agamemnon's son, Orestes, is to kill Clytemnestra and Aegisthus, her lover. Orestes and Pylades carry out the revenge, and consequently Orestes is pursued by the Erinyes or Furies (female personifications of vengeance).

Apollo and the Furies argue about whether the matricide was justified; Apollo holds that the bond of marriage is sacred and Orestes was avenging his father, whereas the Erinyes say that the bond of blood between mother and son is more meaningful than the bond of marriage. They invade his temple, and he drives them away. He says that the matter should be brought before Athena. Apollo promises to protect Orestes, as Orestes has become Apollo's supplicant. Apollo advocates Orestes at the trial, and ultimately Athena rules in favor of Apollo.

Roman Apollo

The Roman worship of Apollo was adopted from the Greeks.[337] As a quintessentially Greek god, Apollo had no direct Roman equivalent, although later Roman poets often referred to him as Phoebus.[338] There was a tradition that the Delphic oracle was consulted as early as the period of the kings of Rome during the reign of Tarquinius Superbus.[339]

On the occasion of a pestilence in the 430s BCE, Apollo's first temple at Rome was established in the Flaminian fields, replacing an older cult site there known as the "Apollinare".[340] During the Second Punic War in 212 BCE, the Ludi Apollinares ("Apollonian Games") were instituted in his honor, on the instructions of a prophecy attributed to one Marcius.[341] In the time of Augustus, who considered himself under the special protection of Apollo and was even said to be his son, his worship developed and he became one of the chief gods of Rome.[342][337]

After the battle of Actium, which was fought near a sanctuary of Apollo, Augustus enlarged Apollo's temple, dedicated a portion of the spoils to him, and instituted quinquennial games in his honour.[343] He also erected a new temple to the god on the Palatine hill.[344] Sacrifices and prayers on the Palatine to Apollo and Diana formed the culmination of the Secular Games, held in 17 BCE to celebrate the dawn of a new era.[345]

Festivals

The chief Apollonian festival was the Pythian Games held every four years at Delphi and was one of the four great Panhellenic Games. Also of major importance was the Delia held every four years on Delos. Athenian annual festivals included the Boedromia, Metageitnia,[346] Pyanepsia, and Thargelia. Spartan annual festivals were the Carneia and the Hyacinthia. Thebes every nine years held the Daphnephoria.

Attributes and symbols

Apollo's most common attributes were the bow and arrow. Other attributes of his included the kithara (an advanced version of the common lyre), the plectrum and the sword. Another common emblem was the sacrificial tripod, representing his prophetic powers. The Pythian Games were held in Apollo's honor every four years at Delphi. The bay laurel plant was used in expiatory sacrifices and in making the crown of victory at these games.[337]

Gold stater of the Seleucid king Antiochus I Soter (reigned 281–261 BCE) showing on the reverse a nude Apollo holding his key attributes: two arrows and a bow

The palm tree was also sacred to Apollo because he had been born under one in Delos. Animals sacred to Apollo included wolves, dolphins, roe deer, swans, cicadas (symbolizing music and song), ravens, hawks, crows (Apollo had hawks and crows as his messengers),[347] snakes (referencing Apollo's function as the god of prophecy), mice and griffins, mythical eagle–lion hybrids of Eastern origin.[337]

Homer and Porphyry wrote that Apollo had a hawk as his messenger.[348][347] In many myths Apollo is transformed into a hawk.[349][350][351] In addition, Claudius Aelianus wrote that in Ancient Egypt people believed that hawks were sacred to the god[352] and that according to the ministers of Apollo in Egypt there were certain men called "hawk-keepers" (ἱερακοβοσκοί) who fed and tended the hawks belonging to the god.[353] Eusebius wrote that the second appearance of the moon is held sacred in the city of Apollo in Egypt and that the city's symbol is a man with a hawklike face (Horus).[354] Claudius Aelianus wrote that Egyptians called Apollo Horus in their own language.[352]

Apollo Citharoedus ("Apollo with a kithara"), Musei Capitolini, Rome

As god of colonization, Apollo gave oracular guidance on colonies, especially during the height of colonization, 750–550 BCE. According to Greek tradition, he helped Cretan or Arcadian colonists found the city of Troy. However, this story may reflect a cultural influence which had the reverse direction: Hittite cuneiform texts mention an Asia Minor god called Appaliunas or Apalunas in connection with the city of Wilusa attested in Hittite inscriptions, which is now generally regarded as being identical with the Greek Ilion by most scholars. In this interpretation, Apollo's title of Lykegenes can simply be read as "born in Lycia", which effectively severs the god's supposed link with wolves (possibly a folk etymology).

In literary contexts, Apollo represents harmony, order, and reason—characteristics contrasted with those of Dionysus, god of wine, who represents ecstasy and disorder. The contrast between the roles of these gods is reflected in the adjectives Apollonian and Dionysian. However, the Greeks thought of the two qualities as complementary: the two gods are brothers, and when Apollo at winter left for Hyperborea, he would leave the Delphic oracle to Dionysus. This contrast appears to be shown on the two sides of the Borghese Vase.

Apollo is often associated with the Golden Mean. This is the Greek ideal of moderation and a virtue that opposes gluttony.

Apollo in the arts

Apollo is a common theme in Greek and Roman art and also in the art of the Renaissance. The earliest Greek word for a statue is "delight" (ἄγαλμα, agalma), and the sculptors tried to create forms which would inspire such guiding vision. Greek art puts into Apollo the highest degree of power and beauty that can be imagined. The sculptors derived this from observations on human beings, but they also embodied in concrete form, issues beyond the reach of ordinary thought.[citation needed]

The naked bodies of the statues are associated with the cult of the body that was essentially a religious activity. The muscular frames and limbs combined with slim waists indicate the Greek desire for health, and the physical capacity which was necessary in the hard Greek environment. The statues of Apollo embody beauty, balance and inspire awe before the beauty of the world.[citation needed]

Archaic sculpture

Numerous free-standing statues of male youths from Archaic Greece exist, and were once thought to be representations of Apollo, though later discoveries indicated that many represented mortals.[355] In 1895, V. I. Leonardos proposed the term kouros ("male youth") to refer to those from Keratea; this usage was later expanded by Henri Lechat in 1904 to cover all statues of this format.[356][357]

The earliest examples of life-sized statues of Apollo may be two figures from the Ionic sanctuary on the island of Delos. Such statues were found across the Greek speaking world, the preponderance of these were found at the sanctuaries of Apollo with more than one hundred from the sanctuary of Apollo Ptoios, Boeotia alone.[358] Significantly more rare are the life-sized bronze statues. One of the few originals which survived into the present day—so rare that its discovery in 1959 was described as "a miracle" by Ernst Homann-Wedeking—is the masterpiece bronze, Piraeus Apollo. It was found in Piraeus, a port city close to Athens, and is believed to have come from north-eastern Peloponnesus. It is the only surviving large-scale Peloponnesian statue.[359]

Classical sculpture

Apollo of Mantua, marble Roman copy after a 5th-century BCE Greek original attributed to Polykleitos, Musée du Louvre
A marble sculpture of Apollo and Marsyas by Walter Runeberg at the arrivals hall of Ateneum in Helsinki, Finland

The famous Apollo of Mantua and its variants are early forms of the Apollo Citharoedus statue type, in which the god holds the cithara, a sophisticated seven-stringed variant of the lyre, in his left arm. While none of the Greek originals have survived, several Roman copies from approximately the late 1st or early 2nd century exist.

Other notable forms are the Apollo Citharoedus and the Apollo Barberini.

Hellenistic Greece-Rome

Apollo as a handsome beardless young man, is often depicted with a cithara (as Apollo Citharoedus) or bow in his hand, or reclining on a tree (the Apollo Lykeios and Apollo Sauroctonos types). The Apollo Belvedere is a marble sculpture that was rediscovered in the late 15th century; for centuries it epitomized the ideals of Classical Antiquity for Europeans, from the Renaissance through the 19th century. The marble is a Hellenistic or Roman copy of a bronze original by the Greek sculptor Leochares, made between 350 and 325 BCE.[citation needed]

The life-size so-called "Adonis" found in 1780 on the site of a villa suburbana near the Via Labicana in the Roman suburb of Centocelle is identified as an Apollo by modern scholars. In the late 2nd century CE floor mosaic from El Djem, Roman Thysdrus, he is identifiable as Apollo Helios by his effulgent halo, though now even a god's divine nakedness is concealed by his cloak, a mark of increasing conventions of modesty in the later Empire.[citation needed]

Another haloed Apollo in mosaic, from Hadrumentum, is in the museum at Sousse.[360] The conventions of this representation, head tilted, lips slightly parted, large-eyed, curling hair cut in locks grazing the neck, were developed in the 3rd century BCE to depict Alexander the Great.[361] Some time after this mosaic was executed, the earliest depictions of Christ would also be beardless and haloed.

Modern reception

Apollo often appears in modern and popular culture due to his status as the god of music, dance and poetry.

Postclassical art and literature

Dance and music

Apollo has featured in dance and music in modern culture. Percy Bysshe Shelley composed a "Hymn of Apollo" (1820), and the god's instruction of the Muses formed the subject of Igor Stravinsky's Apollon musagète (1927–1928). In 1978, the Canadian band Rush released an album with songs "Apollo: Bringer of Wisdom"/"Dionysus: Bringer of Love".[362]

Books

Apollo been portrayed in modern literature, such as when Charles Handy, in Gods of Management (1978) uses Greek gods as a metaphor to portray various types of organizational culture. Apollo represents a 'role' culture where order, reason, and bureaucracy prevail.[363] In 2016, author Rick Riordan published the first book in the Trials of Apollo series,[364][365] publishing four other books in the series in 2017,[366] 2018,[367] 2019[368] and 2020.[369]

William Blake, The Overthrow of Apollo and the Pagan Gods (1809), illustration for John Milton's On the Morning of Christ's Nativity

Film

Apollo has been depicted in modern films—for instance, by Keith David in the 1997 animated feature film Hercules,[370] by Luke Evans in the 2010 action film Clash of the Titans,[371] and by Dimitri Lekkos in the 2010 film Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief.[372]

Video games

Apollo has appeared in many modern video games. Apollo appears as a minor character in Santa Monica Studio's 2010 action-adventure game God of War III with his bow being used by Peirithous.[373] He also appears in the 2014 Hi-Rez Studios Multiplayer Online Battle Arena game Smite as a playable character.[374]

Psychology and philosophy

In philosophical discussion of the arts, a distinction is sometimes made between the Apollonian and Dionysian impulses where the former is concerned with imposing intellectual order and the latter with chaotic creativity. Friedrich Nietzsche argued that a fusion of the two was most desirable. Psychologist Carl Jung's Apollo archetype represents what he saw as the disposition in people to over-intellectualise and maintain emotional distance.

Spaceflight

In spaceflight, the 1960s and 1970s NASA program for orbiting and landing astronauts on the Moon was named after Apollo, by NASA manager Abe Silverstein: "Apollo riding his chariot across the Sun was appropriate to the grand scale of the proposed program."[375]

Genealogy

Apollo's family tree [376]
UranusGaia
Uranus' genitalsCoeusPhoebeCronusRhea
LetoZeusHeraPoseidonHadesDemeterHestia
APOLLOArtemis    a[377]
     b[378]
AresHephaestus
Metis
Athena[379]
Maia
Hermes
Semele
Dionysus
Dione
    a[380]     b[381]
Aphrodite

See also

Notes

  1. ^ Attic, Ionic, Homeric and Koinē Greek: Ἀπόλλων, romanized: Apóllōn, genitive: Ἀπόλλωνος, romanizedApóllōnos AtticIonic pronunciation: [a.pól.lɔːn], [a.pól.lɔː.nos]; Koine Greek[aˈpol.lon], [aˈpol.lo.nos]
    Doric Greek: Ἀπέλλων, romanized: Apéllōn, Doric Greek pronunciation: [a.pel.lɔ̂ːn]; Arcadocypriot Greek: Ἀπείλων, romanizedApeílōn, Arcadocypriot Greek[a.pěː.lɔːn]; Aeolic Greek: Ἄπλουν, romanized: Áploun, Aeolic Greek[á.ploːn]
    Latin: Apollō, genitive: Apollinis, Classical Latin[äˈpɔ.lːʲoː], [äˈpɔ.lːʲɪ.nɪs̠]; Late Latin[ɑˈpɔ.lːɔ], [ɑˈpɔ.lːi.nis]
  2. ^ Mousike (the art of the Muses) was an integral part of life in the ancient Greek world, and the term covered not only music but also dance, lyrics, theatre and the performance of poetry.

References

  1. ^ Krauskopf, I. 2006. "The Grave and Beyond." The Religion of the Etruscans. edited by N. de Grummond and E. Simon. Austin: University of Texas Press. p. vii, p. 73-75.
  2. ^ For the iconography of the Alexander–Helios type, see H. Hoffmann, 1963. "Helios", in Journal of the American Research Center in Egypt 2, pp. 117–23; cf. Yalouris 1980, no. 42.
  3. ^ Joseph Fontenrose, "Apollo and Sol in the Latin poets of the first century BC", Transactions of the American Philological Association 30 (1939), pp 439–55; "Apollo and the Sun-God in Ovid", American Journal of Philology 61 (1940) pp 429–44; and "Apollo and Sol in the Oaths of Aeneas and Latinus" Classical Philology 38.2 (April 1943), pp. 137–138.
  4. ^ R. S. P. Beekes, Etymological Dictionary of Greek, Brill, 2009, p. 118.
  5. ^ Herda, Alexander (2008). "Apollon Delphinios – Apollon Didymeus: Zwei Gesichter eines milesischen Gottes und ihr Bezug zur Kolonisation Milets in archaischer Zeit". Internationale Archäologie (in German). Arbeitsgemeinschaft, Symposium, Tagung, Kongress. Band 11: Kult(ur)kontakte. Apollon in Milet/Didyma, Histria, Myus, Naukratis und auf Zypern. Akten des Table Ronde in Mainz vom 11.–12. März 2004: 16. ISBN 978-3-89646-441-5.
  6. ^ "KN 842 E", DĀMOS: Database of Mycenaean at Oslo, University of Oslo. Department of Philosophy, Classics, History of Art and Ideas
  7. ^ Felicia Logozzo; Paolo Poccetti (7 November 2017). Ancient Greek Linguistics: New Approaches, Insights, Perspectives. Walter de Gruyter. p. 644. ISBN 9783110551754.
  8. ^ a b c van der Toorn, Karel; Becking, Bob; van der Horst, Pieter Willem (1999). Dictionary of Deities and Demons in the Bible. Brill. p. 73. ISBN 978-90-04-11119-6.
  9. ^ "The young men became grown-up kouroi, and Apollon was the "megistos kouros" (The Great Kouros) : Jane Ellen Harrison (2010): Themis: A study to the Social origins of Greek Religion Cambridge University Press. pp. 439–441, ISBN 1108009492
  10. ^ Leiden, E. J. (1985). Visible Religion. Volume IV–V. Approaches to Iconology. Brill. p. 143. ISBN 9004077723.
  11. ^ a b The word usually appears in plural: Hesychius: ἀπέλλαι (apellai), σηκοί ("folds"), ἐκκλησίαι ("assemblies"), ἀρχαιρεσίαι ("elections"): Nilsson, Vol. I, p. 556
  12. ^ Doric Greek verb: ἀπέλλάζειν ("to assemble"), and the festival ἀπέλλαι (apellai), which surely belonged to Apollo. Nilsson, Vol I, p. 556.
  13. ^ Beekes, 2009, pp. 115, 118–119.
  14. ^ Mike Campbell. "Meaning, Origin and History of the Name Apollo". Behind the Name. Retrieved 30 July 2013.
  15. ^ The ἁπλοῦν suggestion is repeated by Plutarch in Moralia in the sense of "unity".
  16. ^ a b Freese 1911, p. 184.
  17. ^ R. S. P. Beekes, Etymological Dictionary of Greek, Brill, 2009, p. 1168.
  18. ^ πέλλα. Liddell, Henry George; Scott, Robert; A Greek–English Lexicon at the Perseus Project.
  19. ^ Nilsson Vol I, p. 558
  20. ^ Martin Nilsson, Die Geschichte der Griechische Religion, vol. I (C. H. Beck), 1955:555–564.
  21. ^ The reading of Apaliunas and the possible identification with Apollo is due to Emil Forrer (1931). It was doubted by Kretschmer, Glotta XXIV, p. 250. Martin Nilsson (1967), Vol I, p. 559
  22. ^ Angel, John L.; Mellink, Machteld Johanna (1986). Troy and the Trojan War: A Symposium Held at Bryn Mawr College, October 1984. Bryn Mawr Commentaries. p. 42. ISBN 978-0-929524-59-7.
  23. ^ Melchert, Harold Craig (1994). Anatolian Historical Phonology. Rodopi. ISBN 978-9051836974.
  24. ^ Immerwahr, Sara Anderson; Chapin, Anne Proctor (2004). Charis: Essays in Honor of Sara A. Immerwahr. Amer School of Classical. p. 254. ISBN 978-0-87661-533-1.
  25. ^ R. S. P. Beekes, Etymological Dictionary of Greek, Brill, 2009, p. 1582.
  26. ^ Apollonius of Rhodes, 2.1730;Apollodorus, 1.9.26.
  27. ^ a b c d Álvaro Jr., Santos, Allan. Simbolismo divino. Allan Álvaro, Jr., Santos.
  28. ^ Aelian, On the Nature of Animals 4. 4 (A.F. Scholfield, tr.)
  29. ^ Ovid, Metamorphoses 13.715.
  30. ^ Strabo, x. p. 451
  31. ^ Wiliam Smith. Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology Acraepheus
  32. ^ Public Domain Leonhard Schmitz (1870). "Epactaeus". In Smith, William (ed.). Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology.
  33. ^ a b Σμινθεύς in Liddell and Scott.
  34. ^ The epithet "Smintheus" has historically been confused with σμίνθος, "mouse", in association with Apollo's role as a god of disease
  35. ^ Suda, nu, 31
  36. ^ Smith, William (1873). "Acesius". Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology. London. At the Perseus Project.
  37. ^ Euripides, Andromache 901
  38. ^ παιών
  39. ^ κλάρος
  40. ^ Pausanias, Description of Greece, 1.32.2
  41. ^ Μουσαγέτας in Liddell and Scott.
  42. ^ Homer, Odyssey 17.494
  43. ^ Pausanias, Description of Greece, § 3.25.3
  44. ^ Miranda J. Green, Dictionary of Celtic Myth and Legend, Thames and Hudson Ltd, 1997
  45. ^ Corpus Inscriptionum Latinarum XIII, 1863–1986; A. Ross, Pagan Celtic Britain, 1967; M.J. Green, The Gods of the Celts, 1986, London
  46. ^ J. Zwicker, Fontes Historiae Religionis Celticae, 1934–36, Berlin; Corpus Inscriptionum Latinarum V, XI, XII, XIII; J. Gourcest, "Le culte de Belenos en Provence occidentale et en Gaule", Ogam 6.6 (1954:257–262); E. Thevonot, "Le cheval sacre dans la Gaule de l'Est", Revue archeologique de l'Est et du Centre-Est (vol 2), 1951; [], "Temoignages du culte de l'Apollon gaulois dans l'Helvetie romaine", Revue celtique (vol 51), 1934.
  47. ^ W.J. Wedlake, The Excavation of the Shrine of Apollo at Nettleton, Wiltshire, 1956–1971, Society of Antiquaries of London, 1982.
  48. ^ M. Szabo, The Celtic Heritage in Hungary (Budapest 1971)
  49. ^ a b Divinites et sanctuaires de la Gaule, E. Thevonat, 1968, Paris
  50. ^ a b La religion des Celtes, J. de Vries, 1963, Paris
  51. ^ J. Le Gall, Alesia, archeologie et histoire (Paris 1963).
  52. ^ Corpus Inscriptionum Latinarum XIII
  53. ^ Martin Nilsson (1967). "Die Geschicte der Giechischen Religion, Vol I." C.F.Beck Verlag.Munchen. p. 529
  54. ^ Burkert, Walter. Greek Religion, 1985:144.
  55. ^ "Apollo Victorious over the Python". The Walters Art Museum. Retrieved 21 June 2013.
  56. ^ Pausanias VIII 41, 8-IV 34, 7-Sittig. Nom P. 48. f-Aristoph. Vesp. V. 61-Paus. I 3, 4. Martin Nilsson (1967) Vol I, pp. 540, 544
  57. ^ [1]: Harper's Dictionary of classical antiquity
  58. ^ οὔλιος in Liddell and Scott.
  59. ^ Graf, Fritz (2008). Apollo. Taylor & Francis. p. 66. ISBN 978-0-203-58171-1.
  60. ^ Paieon (Παιήων) puts pain-relieving medicines on the wounds of Pluton and Ares ( Ilias E401). This art is related with Egypt: (Odyssey D232): M. Nilsson Vol I, p. 543
  61. ^ Schofield, Louise (2007). The Mycenaeans. The British Museum Press. p. 160. ISBN 978-0-89236-867-9.
  62. ^ "KN V 52+". Deaditerranean: Minoan Linear A & Mycenaean Linear B.
  63. ^ Chadwick, John (1976). The Mycenaean World. Cambridge, UK: Cambridge University Press. p. 89. ISBN 978-0-521-29037-1. At Google Books.
  64. ^ Ἐπὶ καταπαύσει λοιμῶν καὶ νόσων ᾄδόμενος. Which is sung to stop the plagues and the diseases. Proklos: Chrestom from Photios Bibl. code. 239, p. 321: Martin Nilsson. Die Geschicthe der Griechischen religion. Vol I, p. 543
  65. ^ Homer, 750? BCE-650? BCE (1 June 2000). The Iliad. Translated by Butler, Samuel.
  66. ^ "The conception that the diseases come from invisible shots sent by magicians or supernatural beings is common in primitive people and also in European folklore. In North-Europe they speak of the "Elf-shots". In Sweden where the Lapps were called magicians, they speak of the "Lappen-shots". Martin Nilsson (1967). Vol I, p. 541
  67. ^ Ilias A 314. Martin Nilsson (1967). Vol I, p. 543
  68. ^ Herbert W. Park (1956). The delphic oracle. Vol.I, p. 3
  69. ^ Graf, Apollo, pp. 104–113; Burkert also notes in this context Archilochus Fr. 94.
  70. ^ Burkert, p. 255.
  71. ^ Jane Ellen Harrison (2010): Themis: A study to the Social origins of Greek Religion. Cambridge University Press. p. 441. ISBN 1108009492
  72. ^ Compare: Baetylus. In Semitic: sacred stone
  73. ^ Martin Nilsson (1967). Vol I. p. 556
  74. ^ Huxley, George (6 June 1975). "Cretan Paiawones". Greek, Roman, and Byzantine Studies. 16 (2): 119–124. ISSN 2159-3159.
  75. ^ Martin Nilsson (1967). Vol I, p. 554 A4
  76. ^ Martin Nilsson (1967), Vol I, pp. 499–500
  77. ^ Martin Nilsson. Die Geschichte der Griechische Religion Vol I, pp. 563–564
  78. ^ Paul Kretschmer (1936). Glotta XXIV p. 250. Martin Nilsson (1967). Vol I, p. 559.
  79. ^ "EDIANA - Corpus". www.ediana.gwi.uni-muenchen.de. Retrieved 8 March 2018.
  80. ^ "The Archaeological Exploration of Sardis". sardisexpedition.org. Retrieved 8 March 2018.
  81. ^ Martin Nilsson, Die Geschichte der Griechische Religion. vol. I (C. H. Beck), 1955:563f.
  82. ^ Martin Nilsson (1967). Vol I, p. 561.
  83. ^ de Grummond, Nancy Thomson (2006) Etruscan Myth, Sacred History, and Legend. (Philadelphia, Pennsylvania: University of Pennsylvania Museum of Archaeology and Anthropology); Mackenzie, Donald A. (2005) Myths of Babylonia and Assyria (Gutenberg)
  84. ^ Martin Nilsson (1967). Vol I. pp. 559–560.
  85. ^ "You Apollo Smintheus, let my tears become your arrows against the Danaans, for revenge". Iliad 1.33 (A 33).
  86. ^ An ancient aetiological myth connects sminthos with mouse and suggests Cretan origin. Apollo is the mouse-god (Strabo 13.1.48).
  87. ^ "Sminthia" in several areas of Greece. In Rhodes (Lindos) they belong to Apollo and Dionysos who have destroyed the rats that were swallowing the grapes". Martin Nilsson (1967). pp. 534–535.
  88. ^ For Śarva as a name of Shiva see: Apte, p. 910.
  89. ^ For association between Rudra and disease, with Rigvedic references, see: Bhandarkar, p. 146.
  90. ^ Burkert 1985:143.
  91. ^ Diodorus Siculus, Library 1-7, 5.77.5
  92. ^ Diodorus Siculus, Library 1-7, 5.77.5 - GR
  93. ^ Herodotus, 1.46.
  94. ^ Lucian (attrib.), De Dea Syria 35–37.
  95. ^ To know what a thing is, we must know the look of it": Rhys Carpenter: The esthetic basis of Greek art. Indiana University Press. p. 108
  96. ^ C. M. Bowra (1957). The Greek experience, p. 166.
  97. ^ William Dinsmoor (1950),The architecture of Ancient Greece, p. 218, ISBN 0-8196-0283-3
  98. ^ a b William Smith. A Dictionary of Greek and Roman Antiquities, John Murray, London, 1875. p. 384
  99. ^ Hellenic Ministry of culture, Temple of Apollo Daphnephoros Archived 12 September 2014 at the Wayback Machine
  100. ^ Rufus B. Richardson, "A Temple in Eretria" The American Journal of Archaeology and of the History of the Fine Arts, 10.3 (July – September 1895:326–337)
  101. ^ Martin Nilsson (1967). Vol I, p. 529
  102. ^ Robertson pp. 56, 323.
  103. ^ a b Spivey, p. 112
  104. ^ Robertson p. 87
  105. ^ a b c d D.S Robertson(1945):A handbook of Greek and Roman architecture, Cambridge University Press pp. 324-329
  106. ^ Robertson, p. 98
  107. ^ Mertens 2006, pp. 104–109.
  108. ^ IG XIV 269
  109. ^ Temple of Apollo at Delphi, Ancient-Greece.org
  110. ^ Smith, William (1850). New classical dictionary of biography, mythology, and geography. J. Murray. p. 1. Retrieved 14 October 2017.
  111. ^ See reports of the German Archaeological Institute in Archaeological Reports for 2008/9 43-45
  112. ^ Hellenic Ministry of Culture: The Temple of Epicurean Apollo.
  113. ^ Temple of Apollo Epicurius at Bassae, World Heritage Site.
  114. ^ Ministry of culture. Temple of Apollo Pythios Sotir Archived 2 December 2014 at the Wayback Machine
  115. ^ Peter Schneider: Neue Funde vom archaischen Apollontempel in Didyma. In: Ernst-Ludwig Schwandner (ed.): Säule und Gebälk. Zu Struktur und Wandlungsprozeß griechisch-römischer Architektur. Bauforschungskolloquium in Berlin vom 16.-18. Juni 1994. Diskussionen zur Archäologischen Bauforschung
  116. ^ Smith 1873, s.v. Clarus.
  117. ^ Prophecy centre of Apollo Clarius
  118. ^ Bresson (2007) 154-5, citing the excavations reports of Özgünel (2001).
  119. ^ Robertson p. 333
  120. ^ Suda, pi.3130
  121. ^ 1800-year-old stele on way back from Italy after 23 years
  122. ^ Slab with marching ancient Greek warriors discovered at Apollo temples on ancient black sea island in Bulgaria’s Sozopol
  123. ^ Strabo, Geography, 16.3.2.
  124. ^ a b Robertson pp. 200-201
  125. ^ Perseus tufts: Falerii Veteres
  126. ^ Davidson CSA :Temple of Apollo, Pompeii Archived 6 January 2015 at the Wayback Machine
  127. ^ Livy 4.25
  128. ^ Livy 34.43
  129. ^ A topographical dictionary of Ancient Rome
  130. ^ Testa, Michael (19 March 2002). "New find at Mdina most important so far in old capital". Times of Malta. Archived from the original on 13 April 2016.
  131. ^ Homer, Iliad 21.499
  132. ^ Plutarch, Moralia 657e
  133. ^ a b c Callimachus, Hymn to Delos
  134. ^ a b c d Homer, Hymn to Apollo
  135. ^ Hesiod (2007). Works and Days. doi:10.4159/dlcl.hesiod-works_days.2007.
  136. ^ Theognis, Fragment 1. 5
  137. ^ Alcaeus, Hymn to Apollo
  138. ^ Himerius, Oration
  139. ^ Virgil, Aeneid, 3.80
  140. ^ Nonnus, Dionysiaca
  141. ^ ἑβδομαγενής in Liddell and Scott.
  142. ^ Pindar, Pindar, Olympian Ode
  143. ^ Apollonius Rhodius, Argonautica, 2. 674.
  144. ^ a b c d e f g h i Callimachus, Hymn II to Apollo.
  145. ^ a b Joseph Eddy Fontenrose, Python: A Study of Delphic Myth and Its Origins
  146. ^ Plutarch, de his qui sero a num. pun. p. 557F
  147. ^ Anna Afonasina, Shamanism and the Orphic tradition
  148. ^ Fritz Graf, Apollo
  149. ^ Apollonius Rhodius, Argonautica, 4. 594.
  150. ^ Timothy P. Bridgman Hyperboreans: Myth and History in Celtic-Hellenic Contacts
  151. ^ Homeric Hymn 4 to Hermes 550.
  152. ^ Diodorus Siculus, 5.74.5.
  153. ^ Aeschylus, Eumenides 1; Orphic Hymn 79 to Themis (Athanassakis and Wolkow, p. 62).
  154. ^ Children of the Gods by Kenneth McLeish, p. 32.
  155. ^ Euripides Iphigenia in Tauris
  156. ^ John Opsopaus, The Oracles of Apollo: Practical Ancient Greek Divination for Today
  157. ^ Pindar's Paeans: A Reading of the Fragments with a Survey of the Genre
  158. ^ John Lemprière, Bibliotheca Classica
  159. ^ The Uses of Greek Mythology By Ken Dowden
  160. ^ Aristonous: Paean To Apollo
  161. ^ Apollo, Fritz Graf
  162. ^ Timothy P. Bridgman, Hyperboreans: Myth and History in Celtic-Hellenic Contacts
  163. ^ Benjamin Acosta-Hughes, Luigi Lehnus, Susan Stephens - Brill's Companion to Callimachus
  164. ^ Scholia on Pindar, Pythian Odes 4.160 citing Pherecydes
  165. ^ a b c Apollodorus, 3.10.4.
  166. ^ a b c Apollodorus, 1.9.15.
  167. ^ a b Hyginus, Fabulae 50-51.
  168. ^ Hyginus, Fabulae 10
  169. ^ Apollodorus, Bibliotheca 2.5
  170. ^ Homer, The Iliad 21.434
  171. ^ Pindar, Olympian Odes viii. 39, &c.
  172. ^ Hesiod, Catalogues of Women Fragment 83
  173. ^ Stesichorus, Fr. 108; Tzetzes, On Lycophron 266; Porphyry in his Omissions states that Ibycus, Alexander, Euphorion and Lycophron all made Hector the son of Apollo.
  174. ^ Apollodorus, 2.4.12.
  175. ^ Apollodorus, 2.5.3.
  176. ^ Antoninus Liberalis, Metamorphoses 6; Grimal, s.v. Periphas (2), p. 359.
  177. ^ Plato, The Symposium
  178. ^ Pindar, Olympian Ode 6
  179. ^ Apollonius Rhodius. Argonautica ii, 846 ff
  180. ^ The Cyclopedia, Or, Universal Dictionary of Arts, Sciences, and Literature, Volume 37
  181. ^ Plato, Laws 653.4
  182. ^ The prefix A means "without" or "not", and polloi means "many", thus Apollo means "not many" or "united", referring to his ability to create harmony.
  183. ^ Plato, Cratylus
  184. ^ Aelian, On the nature of Animals 11. 1
  185. ^ Aelian, Varia Historia, 2. 26
  186. ^ Diogenes Laërtius, 8.13
  187. ^ Iamblichus, Vit. Pyth. 8.91.141
  188. ^ Landels, John G (1999) Music in Ancient Greece and Rome
  189. ^ Iliad (i. 603)
  190. ^ Detienne, Marcel (2001) Forgetting Delphi between Apollo and Dionysus
  191. ^ "Homeric Hymn to Hermes (IV, 1-506)". Perseus. Retrieved 18 March 2018.
  192. ^ Diodorus Siculus[