Apache Flex

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Apache Flex
ApacheFlexのlogo.svg
開発者Apache SoftwareFoundationAdobeSystems
初回リリース2004年6月20日; 17年前 (2004-06-20
安定リリース
4.16.1 / 2017年11月23日; 4年前 (2017-11-23
リポジトリFlexリポジトリ
で書かれているActionScriptJava [1]
オペレーティング・システムWindowsmacOSLinuxAndroidiOSBlackBerry Tablet OS
で利用可能ウェブサイト間でさまざま
タイプソフトウェア開発キットアプリケーション
ライセンス2012:Apache-2.0
2008:MPL-1-1
WebサイトApacheFlexAdobeFlex

Apache Flex(以前のAdobe Flex)は、 Adobe Flashプラットフォームに基づくクロスプラットフォームのリッチWebアプリケーションの開発と展開のためのソフトウェア開発キット(SDK)です。当初はMacromediaによって開発され、その後Adobe Systemsによって買収されましたが、Adobeは2011年にFlexをApache Software Foundationに寄付し[2]、2012年12月にトップレベルのプロジェクトに昇格しました。

Flex 3 SDKは、2008年にMPL-1.1ライセンスの下でリリースされました。その結果、FlexアプリケーションはIntelliJ IDEAEclipse無料のオープンソースIDE FlashDevelop、および独自のAdobeFlashBuilder

2014年、Apache Software Foundationは、ActionScript 3をJavaScriptにクロスコンパイルして、Adobe FlashPlayerをサポートしていないブラウザーやAdobeAIRランタイムをサポートしていないデバイスで実行できるようにするFlexJSという新しいプロジェクトを開始しました。[3] [4] 2017年、FlexJSはApacheRoyaleに名前が変更されまし[5] [6] Apache Software Foundationは、Apache Royaleの現在のイテレーションを、開発者がActionScript 3とMXMLでコーディングし、 Apache Cordova上のWeb、モバイルデバイス、デスクトップデバイスを一度にターゲットにできるオープンソースのフロントエンドテクノロジーとして説明しています。 [7] ApacheRoyaleは現在ベータ開発段階にあります。[8]

概要

FlexはMXMLを使用してUIレイアウトやその他の非視覚的な静的アスペクトを定義し、ActionScriptを使用して動的アスペクトに対応し、コードビハインドとして使用します。アプリケーションを実行するには、実行時AdobeAIRまたはFlashPlayerが必要です。[9]

バージョン

Macromedia Flex1.0および1.5

Macromediaは、Flex1.0および1.5の初期リリースでエンタープライズアプリケーション開発市場をターゲットにしました。同社は、CPUあたり約US $ 15,000の価格でこのテクノロジーを提供しました。[10]展開に必要な、Java EEアプリケーションサーバーは、 MXMLおよびActionScriptをオンザフライでFlashアプリケーション(バイナリSWFファイル)にコンパイルしました。各サーバーライセンスには、Flex BuilderIDEの5つのライセンスが含まれていました。

Adobe Flex 2

Adobe Flex(古いアイコン)

アドビは、Flex2のリリースに伴いFlex製品ラインのライセンスモデルを大幅に変更しました。コマンドラインコンパイラとユーザーインターフェイスコンポーネントおよびユーティリティの完全なクラスライブラリで構成されるコアFlex2 SDKが、無料でダウンロードできるようになりました。 。完全なFlexアプリケーションは、Flex 2 SDKのみを使用して構築および展開できます。これには、Flex BuilderIDEに含まれている同じSDKと比較して制限や制限がありません。

アドビは、新しいバージョンのFlexBuilderをオープンソースのEclipseプラットフォームに基づいています。同社は、Flex Builder 2、StandardおよびProfessionalの2つのバージョンをリリースしました。Professionalバージョンには、Flex ChartingComponentsライブラリが含まれています。

エンタープライズ指向のサービスは、Flex Data Services 2を通じて引き続き利用できます。このサーバーコンポーネントは、データ同期、データプッシュ、パブリッシュ/サブスクライブ、および自動テストを提供します。Flex 1.0および1.5とは異なり、Flexアプリケーションの展開にはFlex DataServicesは必要ありません。

Flex 2のリリースに合わせて、Adobeは最新のECMAScript仕様を反映したActionscript3と呼ばれるActionScriptプログラミング言語の新しいバージョンを導入しました。ActionScript3およびFlex2を使用するには、バージョン9以降のFlashPlayerランタイムが必要です。Flash Player 9には、新しいActionScript3を実行するための新しくより堅牢な仮想マシンが組み込まれています。

Flexは、 Adobeの名前 でブランド変更された最初のMacromedia製品でした。

Adobe Flex 3

2007年4月26日、アドビは、 Mozilla PublicLicenseの条件の下でFlex3 SDK(Flex BuilderIDEとLiveCycleData Servicesを除く)をリリースする意向を発表しました[11] Adob​​eは、2007年6月にコードネームMoxie のFlex 3の最初のベータ版をリリースしました。主な機能拡張には、AdobeのCreative Suite製品の新しいバージョンとの統合、AIR(Adobeの新しいデスクトップアプリケーションランタイム)のサポート、およびプロファイリングとFlex BuilderIDEへのリファクタリングツール。

Adobe FlashBuilderおよびFlex4

Adobeは2010年3月22日にFlex4.0(コードネームGumbo)をリリースしました。[12] Flex4開発環境はAdobeFlash Builderと呼ばれ、[13]以前はAdobe FlexBuilderと呼ばれていました。

Adobeによって言及され、Flex4に組み込まれているいくつかのテーマは次のとおりです。

  • Design in Mind:フレームワークは、デザイナーと開発者の間の継続的なコラボレーションのために設計されています。
  • 開発の加速:アプリケーション開発を構想から実現まで迅速に進めることができます。
  • 水平プラットフォームの改善:コンパイラのパフォーマンス、言語の強化、BiDirectionalコンポーネント、強化されたテキスト(Flex 4には新しいテキストレイアウトフレームワーク[14]が含まれています)。
  • Adobe Flash Player10以降の完全サポート。
  • 視野を広げる:フレームワークを軽量化する方法を見つけ、より多くのデプロイメントランタイム、ランタイムMXMLをサポートします。
  • 以前のバージョンよりも簡単なスキニング。
  • Adobe FlashCatalystとの統合。
  • カスタムテンプレート

Flash Builderには、StandardとPremiumの2つのバージョンがあります。[15] Premiumには次の機能が追加されています。

  • テストツール
  • メモリおよびパフォーマンスプロファイラー
  • すべての主要なテストツールに接続するための自動テストハーネス
  • FlexUnitのサポート
  • コマンドラインビルド機能

Adobe Flash Builder4.5およびFlex4.5

2011年5月3日、AdobeはFlash Builder4.5コピーFlex4.5(SDKのみ)を出荷しました。これは、Google Android用のFlexおよびActionScriptアプリケーションの構築を完全にサポートし、BlackBerry TabletOSおよびAppleiOS用のActionScriptアプリケーションを構築するためのサポートを提供します。Flash Builder4.5およびFlex4.5のアップデートにより、BlackBerry TabletOSおよびAppleiOS用のFlexアプリケーションの構築のサポートが追加されます。

Flex 4.5 SDKは、Flash Builder4.5およびFlashCatalyst CS 5.5の統合サポートに加えて、多くの新しいコンポーネントと機能を提供します。次の3つの主要な目標によって管理されるAdobeFlex 4.5SDKを使用します。

  • 開発者がマルチスクリーンアプリケーション開発にFlexを使用できるようにする
  • Flex 4で導入されたSpark(スキニング)アーキテクチャとコンポーネントセットをさらに成熟させる

Adobe Flex 4.6.0

2011年11月、アドビは次の変更を加えたFlexSDKアップデート4.6をリリースしました。

  • SplitViewNavigator、CalloutButton、Callout、SpinnerList、DateSpinner、ToggleSwitchなどのその他のSparkモバイルコンポーネント
  • よりよい性能
  • 更新されたプラットフォームサポート
  • 強化されたツール– Flash Builder 4.6
  • テキストの機能強化

Apache Flex4.8.0-インキュベーション

2012年7月25日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.8.0-incubatingをリリースし、Adobe Flex4.6.0とのパリティリリースとしてリリースしました。これは、Apache Software Foundationのインキュベーターの下での最初のリリースであり、Adobe SystemInc。によるAdobeFlex4.6の最初の寄付を表しています。[16]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flexの商標問題は大部分が解決されました
  • バグ追跡/問題追跡システム(JIRA)がAdobeバグトラッカーからApacheバグトラッカーに転送されました
  • MustelaテストスイートがApacheに寄付されました

Apache Flex 4.9.0

2013年1月11日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.9.0をリリースします。これは、ApacheFlexがApacheSoftwareFoundationのトップレベルプロジェクトになってからの最初のリリースです。[17]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • オーストラリア語、英国語、カナダ語、ギリシャ語、スイス(ドイツ語)、ポルトガル語を含むApacheFlexの新しいロケール
  • Apache Flex SDKは、10.2から11.5までのFlashPlayerの任意のバージョン用にコンパイルできます。
  • 国際郵便番号のフォーマットと検証のための新しいPostCodeFormatterクラスとPostCodeValidatorクラス
  • ベクトルのリストとコレクション用の新しいVectorListクラスとVectorCollectionクラス
  • TLF(テキストレイアウトフレームワーク)の新しいバージョンであるTLF 3.0.33ソースコードは、ApacheFlexの寄付の一部となったため含まれています。
  • Java 7を使用してSDKをコンパイルできます(手順については、READMEを参照してください)。
  • Mustellaテストの多くの改善と更新
  • SDKインストーラーも作成されており、IDEにApache FlexSDKをインストールするための推奨される方法です。
  • さまざまな重要なバグ修正

Apache Flex 4.9.1

2013年2月28日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.9.1をリリースします。これは4.9.0へのマイナーアップデートでした。[18]

Apache Flex 4.10.0

2013年8月6日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.10.0をリリースします。[19]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • 最新バージョンのFlashPlayer(最大11.8)およびAIRランタイム(最大3.8)のサポート
  • 古いバージョンのFlashPlayerのサポートの改善(10.2まで)
  • Linuxサポート
  • 15個の新しいSparkコンポーネント
  • 高度なテレメトリサポート
  • 日付の国際サポートの改善
  • 480dpiモバイルスキン
  • 200以上のバグが修正されました

Apache Flex 4.11.0

2013年10月28日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.11.0をリリースします。[20]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flash Player11.9およびAIRランタイム3.9のサポート
  • mx:AdvancedDataGridおよびmx:DataGridの速度の向上
  • OSMFを最新バージョンに更新
  • モバイルデータグリッドコンポーネント
  • 120および640dpiのモバイルスキン
  • デスクトップコールアウトコンポーネント
  • 50以上のバグが修正されました

Apache Flex 4.12.0

2014年3月10日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.12.0をリリースします。[21]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flash Player12.0および13.0ベータ版とAIRランタイム4.0および13.0ベータ版のサポート[22]
  • モバイルメモリの使用量/パフォーマンスの向上
  • iPadとiOS7のサポートの改善
  • mx:AdvancedDataGridおよびmx:DataGridのパフォーマンスの向上
  • 新しいMaskedTextinputコンポーネント
  • ArrayCollectionとArrayListのJSONサポート
  • 80以上のバグが修正されました

Apache Flex 4.12.1

2014年5月3日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.12.1をリリースします[23]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flash Player13.0およびAIRランタイム13.0のサポート
  • Apache FlexSDKを使用する新しいプロジェクトの作成中に誤った属性を挿入するAdobeFlashBuilderのバグを修正しました
  • 拡張モバイルメディアクエリのサポート
  • 20以上のバグが修正されました

Apache Flex 4.13.0

2014年7月28日、ApacheFlexコミュニティはFlex4.13.0をリリースします。[24]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flash Player14.0およびAIRランタイム14.0のサポート[25]
  • FDBはActionScriptワーカーのデバッグをサポートしています
  • GridColumnのpercentWidth
  • Flexのすべてのインストーラーに中国語の翻訳を追加する
  • 30以上のバグが修正されました

Apache Flex 4.14.0

2015年1月28日、ApacheFlexコミュニティがFlex4.14.0をリリース

違いとハイライトは次のとおりです。

  • iOS7以降およびAndroid4.x以降のモバイルテーマのサポート
  • 新しいSparkコンポーネントスキン:FlatSpark
  • Spark RichTextEditor
  • TLFのテーブルのネイティブサポート
  • 約束/ A +
  • 54個のバグが修正されました

Apache Flex 4.15.0

2016年1月11日、ApacheFlexコミュニティリリースFlex4.15.0 [26]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flash Player 18、19、および20のサポート
  • AIR 18、19、20のサポート
  • 報告された30のバグ修正

Apache Flex 4.16.0

2017年3月14日、ApacheFlexコミュニティリリースFlex4.16.0 [27]

違いとハイライトは次のとおりです。

  • Flash Player 21、22、23、および24のサポート
  • AIR 21、22、23、および24のサポート
  • FontAwesome4.7のサポート
  • 37件の報告されたバグ修正

関連ツール

LiveCycle Data Services

LiveCycle Data Services(以前はFlex Data Servicesと呼ばれていました)は、メインのFlexSDKおよびFlashBuilder IDEをサーバー側で補完するものであり、アドビが提供するサーバーベースの製品ファミリーの一部です。JavaEEアプリケーションとしてデプロイされたLiveCycleData Servicesは、Flexアプリケーションに機能を追加します。

BlazeDS

以前はAdobeLiveCycle Data Services ESの一部としてのみ利用可能でしたが、アドビはLGPLv3の下でコミュニティにBlazeDSテクノロジーを提供することを計画しています。BlazeDSを使用すると、アドビの開発者は、アドビが開発したリモーティングおよびメッセージングテクノロジーに無料でアクセスできます。

BlazeDSのプレリリースと同時に、アドビはBlazeDSリモーティングの実装の基礎となるAMFバイナリデータプロトコル仕様を公開し、コミュニティと提携してこのプロトコルを主要なサーバープラットフォームで利用できるようにしようとしています。

FlexとColdFusion

Flex 2は、ColdFusion MX7との特別な統合を提供します。ColdFusion MX 7.0.2リリースでは、ActionScript 3、Flex Data Servicesイベントゲートウェイ、およびFlex DataServicesアセンブラをサポートするように更新されたFlashRemotingが追加されています。Flex Builder 2には、RADFlex開発用の一連のウィザードを提供するColdFusionの拡張機能も追加されています。Flex 1.5のサブセットも、ColdFusion Flashフォーム機能で使用するために、ColdFusion MX7ミドルウェアプラットフォームに組み込まれています。このフレームワークを使用してリッチWebアプリケーションを作成することは可能ですが、その意図された目的はリッチフォームのみです。[要出典]

アプリケーションフレームワーク

開発者がいくつかの一般的なタスクを解決し、ベストプラクティスに従ってアプリケーション構造を設定するのに役立つ、利用可能なアプリケーションフレームワークがいくつかあります。

Flexを使用している注目のサイト

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「ApacheFlexSDK-GitHub」GitHub 2014年6月27日取得
  2. ^ 「AdobeはFlexをApacheに寄付します」Techworld 2011年11月17日取得
  3. ^ 「FlexJS-はじめに」
  4. ^ @ApacheFlex(2018年4月22日)。「私たちが作成していることをご存知でしたか...」 (ツイート) –Twitter経由
  5. ^ 「FlexJSはApacheRoyaleになりました-トランスパイル-AS3Langコミュニティ」2018-05-04にオリジナルからアーカイブされました。
  6. ^ 「ApacheFlex開発-[DISCUSS] FlexJSフォークの名前| 5ページ」2018-05-04にオリジナルからアーカイブされました。
  7. ^ 「ApacheRoyale™-一度コーディングしてください。どこでも実行できます」
  8. ^ Rovira、Carlos(2020-05-15)。「ApacheRoyalev0.9.7がリリースされました!」ApacheRoyale 2021-02-18を取得
  9. ^ 「AdobeFlex4.6 * Adob​​eFlexの使用」Help.adobe.com 2013年7月21日取得
  10. ^ オキアミ、ポール。「AdobeはFlex2でリッチインターネットアプリを強化します」NetworkWorld 2014年8月4日取得
  11. ^ 「AdobeはFlash、Flexをベストの近くに保ちます」Zdnet2008年2月7日にオリジナルからアーカイブされました2008年2月9日取得
  12. ^ 「AdobeFlashBuilder 4:機能」Adobe.com。2009-07-14。2010年12月3日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月4日取得
  13. ^ Brimelow、Lee(2009-05-15)。「非常に必要な名前の変更(Adobe Flash Builder)」leebrimelow.com。2014年8月21日にオリジナルからアーカイブされまし2014年6月27日取得
  14. ^ 「AdobeLabs-テキストレイアウトフレームワーク」Labs.adobe.com。2010年12月4日にオリジナルからアーカイブされまし2010年12月4日取得
  15. ^ 「フレックス:アップグレードの詳細」アドビ。2009-07-14。2010年12月3日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月4日取得
  16. ^ 「ApacheFlex4.8.0-インキュベーションリリース済み」
  17. ^ 「ApacheFlex4.9.0がリリースされました!」
  18. ^ 「ApacheFlex4.9.1がリリースされました!」
  19. ^ 「ApacheFlex4.10がリリースされました!」
  20. ^ 「ApacheFlex4.11がリリースされました!」
  21. ^ 「ApacheFlex4.12.0がリリースされました!」
  22. ^ 「ApacheFlex4.12.1リリースノート」[永久リンク切れ]
  23. ^ 「ApacheFlex4.12.1がリリースされました!」
  24. ^ 「ApacheFlexSDK4.13.0がリリースされました」
  25. ^ 「ApacheFlex4.13リリースノート」2014年8月21日にオリジナルからアーカイブされまし
  26. ^ 「ApacheFlex4.15がリリースされました!:ApacheFlex」blogs.apache.org 2016年2月13日取得
  27. ^ 「ApacheFlex4.16.0がリリースされました!:ApacheFlex」2017年3月14日取得
  28. ^ 「ペイントカラービジュアライザー」シャーウィンウィリアムズ。2011-10-17 2013年7月21日取得

外部リンク