人類学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アメリカ先住民の人類学者

人類学は、過去の人間種を含む現在と過去の両方における人間の行動人間生物学文化社会関係する人類科学的研究です[1] [2] [3]社会人類学は行動のパターンを研究し、文化人類学[1] [2] [3]は、規範や価値観を含む文化的意味を研究します。言語人類学は、言語が社会生活にどのように影響するかを研究しています。生物学的または物理的人類学[1] [2] [3] 人間の生物学的発達を研究します。視覚人類学は、通常、社会人類学の一部と見なされており、エスノグラフィック映画(写真、映画、新しいメディアが研究に使用される)と、芸術、視覚画像を含む「視覚」の研究の両方を意味します。映画など。オックスフォード書誌は、視覚人類学を「視覚の人類学的研究および人類学の視覚的研究」と説明しています。[4]

物理的証拠の調査を通じて人間の活動を研究する考古学は、米国とカナダでは人類学の一分野と見なされていますが、ヨーロッパでは、それ自体が学問分野と見なされているか、歴史などの他の関連分野に分類されています。考古学と人類学を区別する重要な要素は、考古学に残っている資料の分析に焦点を当てていることです。[5]

語源

抽象名詞の人類学は、最初に歴史を参照して証明されます[6] [n 1]現在の使用法は、ドイツのルネサンス期 マグナス・フントオットー・カスマンの作品で最初に登場しました[7]彼らの新しいラテンanthropologia由来組み合わせるフォームギリシャánthrōposἄνθρωπος、「人間『)とLOGOSλόγος、』研究」)。[6] (その形容詞の形はアリストテレスの作品に登場しました。)[6] 18世紀初頭までに、おそらくフランスの アンソロポロジーを介して英語で使用され始めました[6] [n 2]

歴史

ベルナルディーノデサハグンは、現代人類学の創設者であると考えられています。[8]

19世紀を通して

1647年、コペンハーゲン大学の創設者であるバルトリン腺嚢胞は、人類学を次のように定義しました[9]

人類学、つまり人間を扱う科学は、通常、理由を持って、体と部分を考慮した解剖学と、魂を語る心理学に分けられます。[n 3]

その後、1839年にエティエンヌセールが比較解剖学に基づいて人間の自然史または古生物学を説明するために使用したり、人類学および民族誌学における椅子を作成したりするなど、主題の一部にこの用語が散発的に使用されました。で、1850年の自然史のフランスの国立博物館によるジーン・ルイス・アーマンド・デ・クアターフェッジズ・デ・ブロー。人類学者のさまざまな短命の組織がすでに形成されていました。ソシエテEthnologique・ド・パリ、用語の使用が最初の民族学は、そのメンバーは主に抗奴隷の活動家だった1839年に結成されました。 1848年にフランスで奴隷制が廃止されたとき、ソシエテは放棄されました。

一方、現在はアメリカ民族学会であるニューヨーク民族学会は、1842年にそのモデルに基づいて設立され、1843年には、先住民保護協会の分離グループであるロンドン民族学会が設立されました[10]当時のこれらの人類学者は、リベラルで反奴隷制であり、人権擁護活動家でした。彼らは国際的なつながりを維持しました。

人類学と他の多くの現在の分野は、19世紀初頭に開発された比較方法の知的成果です。解剖学言語学民族などの多様な分野の理論家は、主題を特徴ごとに比較し、動物、言語、およびフォークウェイ間の類似性は、当時彼らが知らなかったプロセスまたは法律の結果であると疑うようになりました。[11]彼らにとって、チャールズ・ダーウィンの種の起源」の出版は、彼らが疑うようになったすべてのもののひらめきでした。ダーウィン自身は、農学と野生で見た種の比較を通じて結論に達しました。

ダーウィンとウォレスは1850年代後半に進化論を発表しました。それを社会科学に持ち込むためにすぐに急いでいました。ポール・ブローカパリ離れから破壊の過程にあったソシエテ・デbiologie明示人類社会の第一形成するソシエテD'アンソロポロジーパリが1859年にパリで初めて満たし、[12] [N 4 ]ダーウィンを読んだとき、フランス人が進化論と呼んだように、彼はすぐにトランスフォーミズムへの改宗者になりました[13]彼の定義は現在、「全体として、その詳細において、そして他の自然との関係において考慮された人間のグループの研究」となった。[14]

今日は脳神経外科医と呼ばれるブローカ野は、発話の病理学に興味を持っていました。彼は、人間と他の動物との違いを突き止めたいと思っていました。彼は人間の脳のスピーチセンターを発見しました。今日は彼にちなんでブローカ野と呼ばれています。彼の関心は主に生物人類学にありましたが、心理学を専門とするドイツの哲学者、テオドール・ヴァイツ、1859年から1864にかけての6巻の著作で一般人類学と社会人類学のテーマを取り上げました。タイトルはすぐに「原始人類学」と訳されました。最後の2巻は死後に出版されました。

ウェイトズは人類学を「人間の本質の科学」と定義しました。ブローカの先導に続いて、ウェイトズは、人類学は他の分野から資料を収集する新しい分野であるが、比較解剖学、生理学、心理学を使用して人間を「彼に最も近い動物」と区別する点で異なると指摘します。彼は、比較のデータは実験によって収集された経験的なものでなければならないと強調しています。[15]文明の歴史と民族学を比較する必要があります。基本的に、種である人間は団結であり、「同じ考え方がすべての人間に適用される」と推定されるべきです。[16]

ウェイトズはイギリスの民族学者の間で影響力を持っていました。 1863年、探検家のリチャード・フランシス・バートンとスピーチセラピストのジェームズ・ハントロンドン民族学協会から脱退し、ロンドン人類学協会を結成しました。これ以降、民族学だけでなく、新しい人類学の道を歩むことになります。それは、現存する一般人類学に専念する第2の社会でした。ブローカではありませんが、フランスのソシエテの代表者が出席しました。新しい出版物の第1巻であるTheAnthropological Reviewに印刷された基調講演で、ハントはウェイトズの仕事を強調し、彼の定義を標準として採用しました。[17] [n 5]最初の仲間の中には文化人類学の発明者である若いエドワード・バーネット・タイラーと、地質学者である彼の兄弟アルフレッド・タイラーがいました。以前、エドワードは自分自身を民族学者と呼んでいました。その後、人類学者。

他の国の同様の組織が続いた:マドリッド人類学協会(1865)、1902年のアメリカ人類学協会、ウィーン人類学協会(1870)、イタリア人類学民族学協会(1871)、そしてその後多くの他の組織。これらの大部分は進化論者でした。注目すべき例外の1つは、進化論者への勝利の攻撃で知られるルドルフ・ヴィルヒョウによって設立されベルリン人類学・民族学・先史学会(1869)でした。彼自身は宗教的ではなく、ダーウィンの結論には経験的根拠が欠けていると主張した。

19世紀の最後の30年間に、人類学の社会と協会が急増し、最も独立し、ほとんどが独自のジャーナルを発行し、すべてが国際的な会員と協会になりました。主要な理論家はこれらの組織に属していました。彼らは、人類学カリキュラムが主要な高等教育機関に徐々に浸透することを支持しました。1898年までに、13か国の48の教育機関が人類学のカリキュラムを取得しました。75人の教員のいずれも人類学という名前の部門の下にいませんでした。[18]

20世紀と21世紀

このわずかな統計は、20世紀に拡大し、数千に及ぶ世界の高等教育機関の大多数の人類学部門で構成されました。人類学は、いくつかの主要な細分化からさらに数十に多様化しています。特定の問題を解決するための人類学的知識と技術の使用である実用的な人類学が到着しました。たとえば、埋葬された犠牲者の存在は、最終的なシーンを再現するための法医学考古学者の使用を刺激する可能性があります。組織はグローバルレベルに達しました。たとえば、「人類学における世界的なコミュニケーションと協力を促進することを目的とした国内、地域、および国際的な協会のネットワーク」である世界人類学協会(WCAA)には、現在約30か国のメンバーが参加しています。[19]

19世紀後半から20世紀初頭フランツ・ボアズブロニスワフ・マリノフスキーが活動して以来、英国の社会人類学と米国の文化人類学は、異文化間の比較に重点を置いていることで他の社会科学と区別されてきました。文脈の詳細な調査、および参加者の観察または研究分野での経験的没頭に彼らが置く重要性。特に文化人類学は、文化相対主義ホリズム、そして文化批評を構成するための調査結果の使用を強調してきました[20]これは、19世紀の人種的イデオロギーに対するボアスの議論からマーガレット・ミード男女平等と性的解放の擁護ポストコロニアル抑圧と多文化主義の促進に対する現在の批判まで、米国で特に顕著でした民族誌学は、その主要な研究デザインの1つであり、人類学的フィールドワークから生成されたテキストでもあります。[21] [22] [23]

英国と英連邦諸国では、社会人類学の英国の伝統が支配する傾向があります。米国では、人類学は伝統的に20世紀初頭にフランツボアズによって開発された4つのフィールドアプローチに分けられてきました生物学的または物理的人類学社会的文化的、または社会文化的人類学;と考古学;プラス人類学的言語学。これらのフィールドは頻繁に重複しますが、異なる方法論と手法を使用する傾向があります。

海外の植民地を持つヨーロッパ諸国は、より多くの民族学を実践する傾向がありました1783年にアダムF.コラーによって造られて定義された用語)。ヨーロッパの伝統に影響を受けた世界の一部では、社会文化人類学と呼ばれることもあります。[24]

フィールド

人類学は、人文科学、社会科学、自然科学を含む世界的な分野です。人類学はホモサピエンスの起源と進化、人間の身体的特徴、人間の行動人間のさまざまなグループ間の違い、ホモサピエンスの進化の過去がその社会組織と文化にどのように影響したについての発見を含む、自然科学からの知識に基づいています。そして、人間の社会的および文化的関係、制度、社会的紛争などの組織を含む社会科学から[25] [26]初期の人類学は古典ギリシアとペルシャに端を発しイスラム黄金時代のアルビルーニーなどによって観察可能な文化的多様性を研究し、理解しようとしました[27] [28]このように、人類学は、認知科学[29]グローバル研究、およびさまざまな民族研究などのいくつかの新しい(20世紀後半)学際的分野の開発の中心となっています。

クリフォード・ギアツよると

「人類学は、おそらく大部分が組織的に無傷である19世紀の偉大なコングロマリット分野の最後のものです。自然史、道徳哲学、文献学、および政治経済学が専門の後継者に溶け込んだ後も、それは民族学の拡散した集合体のままです。 、人間生物学、比較言語学、および先史学は、主に学界の既得権益、沈没費用、および管理習慣によって、そして包括的な学問のロマンチックなイメージによってまとめられています。」[30]

社会文化人類学は、構造主義理論とポストモダン理論、そして現代社会の分析へのシフトに大きく影響されてきました。 1970年代から1990年代にかけて、学問分野に大きな影響を与えてい実証主義の伝統から認識論的な変化がありました[31] [必要なページ]このシフトの間に、知識の性質と生産についての永続的な質問が文化的および社会人類学の中心的な場所を占めるようになりました。対照的に、考古学と生物人類学は主に実証主義者のままでした。認識論におけるこの違いのために、人類学の4つのサブフィールドは、過去数十年にわたって結束を欠いていました。

社会文化

社会文化人類学は、文化人類学社会人類学の主要な軸をまとめています。文化人類学は、人々周囲の世界を理解するための多様な方法の比較研究であり、社会人類学は、個人とグループ間関係の研究です[32]文化人類学は哲学、文学、芸術(自分の文化が自己と集団の経験にどのように影響し、人々の知識、習慣、制度のより完全な理解に貢献するか)に関連しているが、社会人類学はより関連している社会学と歴史。[32]その点で、それは社会的構造、典型的には他の人々や他の集団(マイノリティ、サブグループ、反体制派など)の理解を深めるのに役立ちます。それらの間に明確な区別はなく、これらのカテゴリーはかなりの程度重複しています。

社会文化人類学における探究は、文化相対主義、つまり他の社会を彼ら自身の文化的象徴と価値観の観点から理解しようとする試みによって部分的に導かれています。[21]他の文化を独自の言葉で受け入れることは、異文化間の比較における還元主義を和らげます。[33]このプロジェクトは、しばしば民族誌学の分野で受け入れられています。民族誌学は、方法論と民族誌研究の成果物、すなわち民族誌的モノグラフの両方を指すことができます。方法論として、民族誌学はコミュニティまたは他の研究サイト内の長期的なフィールドワークに基づいています。参与観察は、社会的および文化的人類学の基本的な方法の1つです。[34] 民族学には、異なる文化の体系的な比較が含まれます。参与観察のプロセスは、エミック(概念的、対エティック、または技術的)の観点から文化を理解するのに特に役立ちます

親族は人間の普遍的であるため、親族社会組織の研究は社会文化人類学の中心的な焦点です。社会文化人類学はまた、経済的および政治的組織、法律と紛争の解決、消費と交換のパターン、物質文化、技術、インフラストラクチャ、ジェンダー関係、民族性、育児と社会化、宗教、神話、シンボル、価値観、エチケット、世界観、スポーツ、音楽、栄養、レクリエーション、ゲーム、食べ物、お祭り、そして言語(言語人類学の研究対象でもあります)。

文化間の比較は、工業化された(そして産業空洞化されていない)西部を含む社会文化人類学における方法の重要な要素です。標準的な異文化サンプル(SCCS)は186の、そのような培養物を含みます。[35]

生物学的

法医学人類学者は、西オーストラリアのスクラブに横たわっているのが見つかったような、骨格化された人間の遺体を特定するのに役立ちます。1900〜 1910年。

生物学的人類学と物理的人類学は、生物学的、進化的、人口統計学的な側面での人間と非人間の霊長類の研究に焦点を当てた人類学研究を説明する同義語です。人間や他の霊長類の進化に影響を与え、現代の遺伝的および生理学的変異を生成、維持、または変化させる生物学的および社会的要因を調べます。[36]

考古学

考古学は、その物質的な遺物を通して人間の過去を研究することです。人工物、動物相の遺物、人間が改変した風景は、過去の社会の文化的および物質的な生活の証拠です。考古学者は、過去の人間の行動や文化的慣習のパターンを推測するために、遺物を調べます。民族考古学は、同様の生き方をしたと推定される過去の人間集団が残した証拠をよりよく理解するために、生きている人間集団の慣習と物質的遺物を研究する考古学の一種です。[37]

ロゼッタストーンは古代の通信の例でした。

言語学

言語人類学(と混同しないように、人類学、言語学)人間のコミュニケーションのプロセスを理解しようと、中に口頭と非言語、変動言語、時間と空間全体で、言語の社会的な使用、および言語と文化の関係。[38]人類学の分野であり、言語学的手法を人類学的問題に持ち込み、言語学的形態とプロセスの分析を社会文化的プロセスの解釈に結び付けます。言語人類学者は、社会言語学語用論認知言語学記号論などの関連分野を利用することがよくあります談話分析、および物語分析。[39]

民族誌

民族誌学は、社会的または文化的相互作用を分析する方法です。民族誌学者は社会的相互作用の参加者によって書かれたテキストからも引き出す​​かもしれませんが、それはしばしば参与観察を伴います。民族誌学は、直接の経験と社会的文脈を重要視しています。[40]4

ティム・インゴルドは、民族誌学と人類学を区別し、人類学は人間の経験の一般的な理論を構築しようとし、一般的で斬新な設定に適用できる一方で、民族誌学は忠実性に関係していると主張しています。彼は、人類学者は自分の文章を文学や他の理論の理解と一致させなければならないと主張しますが、民族誌学は人類学者にとって有用であり、分野は互いに情報を提供し合う可能性があると述べています。[41]

分野別の主なトピック:社会文化

アート、メディア、音楽、ダンス、映画

アート

芸術の人類学における中心的な問題の1つは、文化的現象としての「芸術」の普遍性に関するものです。いくつかの人類学者は、独立した芸術活動として考えられている「絵画」、「彫刻」、または「文学」の西洋のカテゴリーは、ほとんどの非西洋の文脈では存在しないか、大幅に異なる形で存在すると指摘しています。[42]この困難を克服するために、芸術の人類学者は、「芸術的」であるだけでなく、特定の明白な「美的」性質を有するオブジェクトの形式的な特徴に焦点を合わせてきました。ボアスの原始芸術クロード・レヴィ=ストロース仮面の道 (1982)またはギアツの「文化システムとしての芸術」(1983)は、「芸術」の人類学を文化的に特定の「美学」の人類学に変換するこの傾向のいくつかの例です。

メディア

プヌ族のマスク、ガボン、中央アフリカ

メディア人類学(メディアまたはマスメディアの人類学としても知られています)は、マスメディアの生産者、聴衆、およびその他の文化的および社会的側面を理解する手段として民族誌的研究強調しています。調査された民族誌的文脈のタイプは、メディア制作の文脈(例えば、新聞のニュースルームの民族誌、現場のジャーナリスト、映画製作)から、メディアへの日常の反応における聴衆を追うメディア受信の文脈にまで及びます。他のタイプには、サイバー人類学インターネット研究の比較的新しい分野、および開発作業、社会運動などのメディアを含む他の研究分野の民族誌が含まれます、または健康教育。これは、ラジオ、マスコミニューメディア、テレビなどのメディアが1990年代初頭から存在感を示し始めた、多くの古典的な民族誌的文脈に追加されたものです。[43] [44]

音楽

民族音楽学は、音楽の研究へのさまざまなアプローチ(広義)を網羅する学問分野であり、孤立した音の構成要素や特定のレパートリーの代わりに、またはそれに加えて、文化的、社会的、物質的、認知的、生物学的、およびその他の次元や文脈を強調します。

民族音楽学は、教育、政治、文化人類学など、さまざまな分野で使用できます。民族音楽学の起源は18世紀から19世紀にまでさかのぼりますが、オランダの学者JaapKunstによって1950年頃に正式に「民族音楽学」として紹介されました。。その後、この分野での研究の影響により、定期的な民族音楽学民族音楽学会の創設が生まれました[45]

ビジュアル

映像人類学は、部分的には、民族誌写真、映画、そして1990年代半ば以降のニューメディアの研究と制作に関係しています。この用語は時々と互換的に使用されている間民族フィルム、ビジュアル人類学はまた、性能、博物館、技術、および生産となどの分野を含む視覚的表現の人類学的研究、包含受信マスメディアを砂絵、入れ墨、彫刻とレリーフ、洞窟壁画、スクリムショー、宝石、象形文字、絵画、写真など、すべての文化からの視覚的表現が視覚人類学の焦点に含まれています。

経済学、政治経済学、応用および開発

経済的

経済人類学は、その最も広い歴史的、地理的、文化的範囲で人間の経済行動を説明しようとします。それは経済学の分野と複雑な関係を持っており、その中でそれは非常に重要です。人類学のサブフィールドとしてのその起源は、人類学のポーランドとイギリスの創設者であるブロニスワフ・マリノフスキーと彼のフランスの同胞であるマルセル・モースが市場交換の代替としての贈答交換(または互恵の性質について始まります。経済人類学は、ほとんどの場合、交換に焦点を合わせたままです。対照的に、マルクスから派生し、政治経済学として知られている思想の学校は、生産に焦点を当てています。[46]経済人類学者は、経済学者に追いやられていた原始主義者のニッチを放棄し、人類学の観点から企業、銀行、そして世界の金融システムを検討するようになりました

政治経済学

人類学における政治経済学は、唯物史観の理論と方法の応用です非資本主義社会を含むがこれに限定されない人類学の伝統的な懸念に。政治経済学は、社会構造と文化の歴史的人類学的理論に歴史と植民地主義の問題を導入しました。 3つの主要な関心分野が急速に発展しました。これらの分野の最初のものは、進化論的な「部族」ステレオタイプの対象となった「前資本主義」社会に関係していた。 「元の豊かな社会」としての狩猟採集民に関するサーリンの研究は、そのイメージを消散させるために多くのことをしました。 2番目の地域は、当時の世界人口の大多数である農民に関係しており、その多くはベトナムなどの複雑な革命戦争に関与していました。第三の分野は植民地主義、帝国主義、そして資本主義の世界システムの創造。[47] 最近では、これらの政治経済学者は、世界中の産業(および脱工業化)資本主義の問題に、より直接的に取り組んでいます。

適用

応用人類学とは、人類学の方法と理論を実際の問題の分析と解決に適用することを指します。これは、「データの提供、直接行動の開始、および/または政策の策定を通じて、特定の文化システムに変化または安定性をもたらす、関連する研究ベースの手段的方法の複合体」です。[48]より簡単に言えば、応用人類学は人類学研究の実際的な側面です。これには、参加コミュニティ内での研究者の関与と活動が含まれます。それは開発人類学と密接に関連しています(開発のより重要な人類学とは異なります)。

開発

開発の人類学は、開発を批判的な視点から見る傾向があります対処された問題の種類とアプローチへの影響は、主要な開発目標が貧困を緩和することである場合、なぜ貧困が増加しているのかを考えることを単に含みます。なぜ計画と結果の間にそのようなギャップがあるのですか?なぜ開発に携わっている人々は、歴史とそれが提供するかもしれない教訓を無視することをいとわないのでしょうか?なぜ開発は内部ベースではなく外部主導なのですか?要するに、なぜそんなに計画された開発が失敗するのでしょうか?

親族、フェミニズム、ジェンダー、セクシュアリティ

親族

親族関係は、1つまたは複数の人間文化における社会的関係のパターンの研究を指すことも、社会的関係自体のパターンを指すこともありますその歴史の中で、人類学は、「降下」、「降下グループ」、「系統」、「親族」、「同族」、さらには「架空の親族など、多くの関連する概念や用語を開発してきました。「大まかに言って、親族のパターンには、子孫(発達中の社会的関係)と結婚による親族の両方に関係する人々が含まれると考えられます。親族内には2つの異なる家族がいます。人々には生物学的家族があり、それは彼らが共有する人々です。 DNAと。これは親族関係または「血縁」と呼ばれます[1]。人々はまた、選択された家族を持つことができます。「選択された家族」を通じてつながりを見つけ、家族の一員になりたい人を選択します。場合によっては人々生物学的家族よりも選択した家族に近い。[49]

フェミニスト

フェミニスト人類学は、人類学(考古学生物学文化言語学への4つの分野のアプローチであり、研究結果、人類学の雇用慣行、および知識の学術的生産における男性の偏見を減らすことを目指しています。人類学はしばしば非西洋の伝統からのフェミニストと関わります。彼らの視点と経験はヨーロッパ、アメリカ、そして他の場所の白人フェミニストのものとは異なるかもしれません。西洋の視点から、歴史的に、そのような「周辺」の視点は無視され、部外者の視点からのみ観察され、西洋世界からの知識よりも有効性が低いか、重要性が低いと見なされてきました。周縁化された人種または民族グループからの女性に対するその二重の偏見を調査し、対処することは、交差するフェミニスト人類学において特に興味深い

フェミニストの人類学者は、彼らの出版物が「人類学(および(学界)の家父長制の起源」」から始まる体系的偏りを是正する過程で人類学に貢献したと述べ、1891年から1930年まで人類学の博士号は85歳以上の男性に渡ったと述べています%以上81%は、このようにすることによって人類の追求における年齢ギャップを反映し、35下にあった、そして40歳以上の人にのみ7.2%第一波フェミニスト後年になるまで。[50] 全身バイアスこの補正主流のフェミニスト理論歴史言語学考古学、および人類学が含まれる場合があります。フェミニスト人類学者は、多くの場合、社会全体のジェンダー性差別を研究する場合、ジェンダー構成は特に興味深いものです。

セントクレアドレイクによればヴェラメイグリーンは「1960年代に入る」まで、カリブ海主義者でもあった唯一のアフリカ系アメリカ人女性人類学者でした。彼女はカリブ海と米国で民族と家族の関係を研究し、それによって黒人の生活、経験、文化を研究する方法を改善しようとしました。[51]しかし、ゾラ・ニール・ハーストンは、主に文学作家と見なされることが多いが、フランツ・ボアによって人類学の訓練を受け、カリブ海でのブードゥー教の「人類学的観察」について 『Tell my Horseを出版した(1938)。[52]

フェミニストの人類学は文化や社会における妊娠出産の人類学的研究である専門分野としての出生の人類学[53]を含みます。

医学的、栄養的、心理的、認知的および対人的

医療

医療人類学は、「人間の健康と病気、医療制度、および生物文化的適応」を研究する学際的な分野です。[54]ウィリアム・コーデルが医療人類学の分野を最初に発見したと考えられている。現在、医療人類学の研究は、人類学全体の分野における主要な成長分野の1つです。次の6つの基本的な分野に焦点を当てています。[55]

  • 医学知識と医療のシステムの開発
  • 患者と医師の関係
  • 文化的に多様な環境における代替医療システムの統合
  • 個人とコミュニティ全体の両方で健康と病気に影響を与える社会的、環境的、生物学的要因の相互作用
  • 精神科サービスと移民集団との間の相互作用の批判的分析(「批判的民族精神医学」:ベネデュース2004、2007)
  • 非西洋環境における生物医学および生物医学技術の影響

世界中で医療人類学の中心となっている他の主題は、暴力と社会的苦痛(Farmer、1999、2003; Beneduce、2010)、および病気の結果ではない身体的および心理的危害と苦痛を伴う他の問題です。一方、文化精神医学文化精神医学民族精神医学など、研究方法論や理論生産の面で医療人類学と交差する分野があります

栄養

栄養人類学は、経済システム栄養状態食料安全保障の間の相互作用、および前者の変化が後者にどのように影響するかを扱う総合的な概念ですコミュニティの経済的および環境的変化が食料へのアクセス、食料安全保障、および食事の健康に影響を与える場合、文化と生物学の間のこの相互作用は、グローバル化に関連するより広範な歴史的および経済的傾向につながります。栄養状態は、特定のグループの人々の全体的な健康状態、仕事のパフォーマンスの可能性、および経済発展の全体的な可能性(人間開発または伝統的な西洋モデルのいずれか)に影響を与えます。

心理学

心理人類学は、文化的および精神的プロセスの相互作用を研究する人類学の学際的なサブフィールドですこのサブフィールドは、人間の発達と中の方法に集中する傾向がある文化化、独自の歴史、言語、習慣、および概念の範疇で- -人間の形プロセスの特定の文化グループ内での認知感情認知動機、および精神的健康を[56]また、認知、感情、動機付け、および同様の心理的プロセスの理解が、文化的および社会的プロセスのモデルにどのように情報を提供するか、または制約するかについても調べます。[57] [58]

コグニティブ

認知人類学は、多くの場合、歴史家、民族誌学者、考古学者、言語学者、音楽学者との緊密な協力を通じて認知科学(特に実験心理学進化生物学の方法と理論使用して、共有知識、文化的革新、および時間と空間にわたる伝達のパターンを説明しようとします文化的形態の記述と解釈従事する他の専門家認知人類学は、さまざまなグループの人々が何を知っているか、そしてその暗黙知が人々が周囲の世界を認識し、関係する方法をどのように変えるかに関係しています。[57]

トランスパーソナル

トランスパーソナル人類学は、意識の変化した状態と文化との関係を研究します。トランスパーソナル心理学同様に、この分野は、意識状態の変化(ASC)とトランスパーソナル体験に大きく関わっています。ただし、この分野は、異文化の問題をより多く認識するという点で、主流のトランスパーソナル心理学とは異なります。たとえば、神話儀式食事、およびテキストの役割は並外れた経験を呼び起こし、解釈します。[59] [60]

政治的および法的

政治

政治人類学は、社会の構造の基礎から見た政治システムの構造に関係しています。政治人類学は、主に国家のない社会の政治に関係する分野として発展し、1960年代から新たな発展が始まり、現在も展開しています。人類学者は、国家、官僚、市場の存在が両方に参入する、より「複雑な」社会的状況をますます研究し始めました。民族誌的説明と地域現象の分析。複合社会への転換は、政治的テーマが2つの主要なレベルで取り上げられることを意味しました。まず、人類学者は政治組織の研究を続けました国家が規制する領域の外にある政治的現象(後援者とクライアントの関係や部族の政治組織など)。第二に、人類学者はゆっくりと国家とその制度(そして公式と非公式の政治制度の関係)に懲戒処分の懸念を抱き始めました。国家の人類学が発展し、今日最も繁栄している分野です。バリの州である「ネガラ」に関するギアツの比較研究は、初期の有名な例です。

法務

法文化人類学または法文化人類学は、「社会秩序の異文化間研究」を専門としています。[61]初期の法的な人類学的研究は、しばしば紛争管理、犯罪、制裁、または正式な規制に焦点を絞っていた。より最近のアプリケーションは、以下のような問題が含ま人権法的多元性[62]と政治的暴動を。

公開

公共人類学は、ハワイパシフィック大学のロバートボロフスキー教授によって作成されました。「人類学と人類学者が学問分野を超えた問題に効果的に対処する能力を実証し、現代のより大きな社会問題を明らかにし、それらについての幅広い公の会話を奨励します。社会の変化を促進するという明確な目標」。[63]

自然、科学、技術

サイボーグ

サイボーグ人類学は、1993年のアメリカ人類学会の年次総会のサブフォーカスグループとして始まりました。サブグループは、STSおよび科学社会研究学会非常に密接に関連していました[64] Donna Harawayの1985年のサイボーグ宣言は、この用語の哲学的および社会学的な影響を最初に調査することにより、サイボーグ人類学の創設文書と見なすことができます。サイボーグ人類学は、人類とそれが構築した技術システム、特に人間であることが何を意味するのかという概念を反射的に形作った現代の技術システムとの関係を研究しています。

デジタル

デジタル人類学は、人間とデジタル時代の技術との関係の研究であり、人類学と技術が交差するさまざまな分野にまで及びますそれは時々社会文化人類学とグループ化され、時には物質文化の一部と見なされます。この分野は新しく、したがって、さまざまな強調を伴うさまざまな名前があります。これらには、テクノ人類学、[65]デジタル民族誌学、サイバー人類学[66]および仮想人類学が含まれます。[67]

エコロジカル

生態人類学は「環境へ文化的適応の研究」として定義されています。[68]サブフィールドは、「人間の集団とその生物物理学的環境との関係の研究」としても定義されています[69]どのように文化的にその研究の懸念「の焦点信念ヒト集団がその環境に適応し、そしてどのようにその環境空間と時間を越え変化を助けたと実践。[70]環境人類学の現代的な視点、そして間違いなく、少なくとも背景に、今日のほとんどの民族学と文化的フィールドワークの焦点では​​ないにしても、政治的生態学です多くの人が、この新しい視点を、文化、政治と権力、グローバリゼーション、局所的な問題、世紀の人類学などについてより多くの情報を得ていると特徴づけています。[71]焦点とデータの解釈は、政策の賛成/反対または作成の議論、および企業の搾取と土地の損傷を防ぐためによく使用されます。多くの場合、オブザーバーは直接的(組織化、参加)または間接的(記事、ドキュメンタリー、本、民族誌)のいずれかで闘争の積極的な一部になっています。これは、環境正義の擁護者であるメリッサ・チェッカーとハイドパークの人々との彼女の関係の場合です。[72]

歴史的

民族史は、歴史的記録を調べることによる民族誌的文化と先住民の習慣の研究ですそれはまた、今日存在するかもしれないし存在しないかもしれない様々な民族グループの歴史の研究でもあります。民族史は、その基盤として歴史的データと民族誌的データの両方を使用しています。その歴史的な方法と資料は、文書や原稿の標準的な使用を超えています。開業医は、地図、音楽、絵画、写真、民間伝承、口頭伝承、遺跡探索、考古学資料、美術館のコレクション、永続的な習慣、言語、地名などのソース資料の有用性を認識しています[73]

宗教

宗教の人類学には、他の社会制度との関係における宗教制度の研究、および文化間の宗教的信念と実践の比較が含まれます。現代の人類学は、魔法の思考と宗教の間に完全な連続性があり[74] [n 6]、すべての宗教はそれを崇拝する人間社会によって作成された文化的産物であると想定しています。[75]

アーバン

都市人類学は、都市化、貧困、新自由主義の問題に関係していますUlf Hannerzは、1960年代の発言を引用して、伝統的な人類学者は「悪名高い広場恐怖症の土地であり、定義上は反都市的でした」と述べています。西側世界と「第三世界」(後者は人類学者の注意の習慣的な焦点である)のさまざまな社会的プロセスは、「「他の文化」の専門家」の注意を彼らの家に近づけました。[76]都市人類学には、都市の種類を調べることと、都市内の社会問題を調べることの2つの主要なアプローチがあります。これらの2つの方法は重複しており、相互に依存しています。さまざまなタイプの都市を定義することにより、社会的要因と経済的および政治的要因を使用して都市を分類します。さまざまな社会問題を直接見ることで、それらが都市のダイナミクスにどのように影響するかを研究することにもなります。[77]

分野別の重要なトピック:考古学および生物学

動物人類学

Anthrozoology(また、「人間と動物の研究」として知られている)は、生物間の相互作用の研究です。それは学際的人類学など、他の分野の数と重複するフィールド行動学、医学、心理学獣医学動物学動物人類学研究の主な焦点は、どちらかの当事者に対する人間と動物の関係のプラスの効果の定量化とそれらの相互作用の研究です。[78]これには、人類学、社会学、生物学、哲学など、さまざまな分野の学者が含まれます。[79] [80] [n 7]

生物文化

生物文化人類学は、人間生物学と文化の関係を科学的に探求することです20世紀前半の自然人類学者は、この関係を人種的な観点から見ました。つまり、類型論的な人間の生物学的差異が文化的差異につながるという仮定からです。[81]第二次世界大戦後、人間生物学の形成において文化が果たす役割を探求する努力に重点が移り始めた。

進化論

進化人類学は学際的研究である進化人間の生理人間の行動との関係homininsと非homininの霊長類。進化人類学は自然科学社会科学基づいており人間開発と社会経済的要因を組み合わせています。進化人類学は、過去と現在の人間の生物学的進化と文化的進化の両方に関係しています。それは科学的アプローチに基づいており、考古学行動生態学心理学などの分野をまとめています霊長類学、および遺伝学それはダイナミックで学際的な分野であり、過去と現在の人間の経験を理解するために多くの証拠を利用しています。

フォレンジック

法医学人類学は、法的な設定での身体人類学と人間のの科学の応用であり、ほとんどの場合、犠牲者の遺体が分解の進行段階にある刑事事件に適用されます。法医学人類学者は、遺体が分解、焼却、切断、またはその他の方法で認識できない死亡者の特定を支援することができます。形容詞「法医学」とは、この科学のサブフィールドを法廷に適用することを指します。

古人類学

カラオ洞窟で見つかったホモ・ルゾネンシスの7つの既知の化石の歯のうちの5つ

人類学は、古生物学自然人類学の分野を組み合わせたものです。見られるように、それは、古代の人間の研究である化石 ヒト科などの証拠petrifacted骨や足跡。標本の遺伝学と形態は、この分野にとって非常に重要です。[82]などの標本、上のマーカーエナメル骨折及び虫歯歯は、また、過去の集団の行動および食事への洞察を与えることができます。[83]

組織

現代人類学は、ほとんどの大学やカレッジの学部で確立された科学です。人類学者の唯一最大の組織は、1903年に設立されアメリカ人類学会(AAA)です。[84]そのメンバーは、世界中の人類学者です。[85]

1989年に、人類学の分野のヨーロッパとアメリカの学者のグループは、ヨーロッパで働く人類学者のための主要な専門組織として機能する社会人類学者のヨーロッパ協会(EASA)を設立しました。 EASAは、ヨーロッパにおける人類学の地位を向上させ、取り残された人類学の伝統の可視性を高め、それによって世界人類学または世界人類学のプロジェクトに貢献することを目指しています。

他の何百もの組織が人類学のさまざまなサブフィールドに存在し、国や地域によって分割されることもあります。多くの人類学者は、地質学物理学動物学古生物学解剖学音楽理論美術史などの他の分野の協力者と協力しています社会学など、それらの分野の専門家協会にも属しています。[86] [87]

主要な組織のリスト

倫理

この分野が成熟するにつれ、人類学研究の主題と研究者自身の両方を保護することを目的とした倫理原則が議論され、到達し、専門家団体は倫理規定を作成しました。[88]

人類学者は、他の研究者(特にフィールド調査に従事する歴史家や科学者)と同様に、時間の経過とともに州の政策やプロジェクト、特に植民地主義を支援してきました。[89] [90]

一部のコメンテーターは次のように主張しています。

  • その規律は植民地主義から生まれたものであり、おそらくそれと同盟関係にあり、意識的かどうかにかかわらず、その重要な概念のいくつかをそこから導き出している。(たとえば、Gough、Pels、Saleminkを参照してください。ただし、Lewis 2004を参照してください)。[91]
  • その民族誌的作品はしばしば歴史的であり、「民族誌的現在」(ヨハンズ・ファビアン、時間とその他)の中で「時間切れ」であるかのように人々について書いています。
  • ハーバート・S・ルイスは、彼の記事「人類学の不実表示とその結果」で、他の文化を奇妙で珍しいものとして提示した古い人類学の作品を批評しました。それらの研究者の発見は捨てられるべきではありませんが、現場はその過ちから学ぶべきです。[92]

文化相対主義

科学的客観性の探求の一環として、現在の人類学者は通常、文化相対主義を強く求めています。これは、人類学のすべてのサブフィールドに影響を及ぼします。[21]これは、文化が他人の価値観や視点によって判断されるべきではなく、彼ら自身の言葉で冷静に検討されるべきであるという概念です。良い人類学では、ある文化が別の文化よりも優れている、または劣っているという概念があってはなりません。[93] [94]

人類学における倫理的コミットメントが気付いや文書などが大量虐殺嬰児人種差別性差別(含む割礼subincision)、そして拷問を。人種差別、奴隷制度、そして人間の犠牲人類学的な注意と栄養不足、の範囲の理論誘致などのトピックス[95]遺伝子には、[96]文化変容は、に植民地主義、その起源を説明するために提案し、再発を続けてきました。

人類学的アプローチの深さを説明するために、「人種差別」などのこれらのトピックの1つだけを取り上げて、すべての主要なサブフィールドとマイナーなサブフィールドにまたがる何千もの人類学的参照を見つけることができます。[97] [98] [99] [100]

軍事的関与

特に、人類学者の米国政府への関与は、この分野で激しい論争を引き起こしました。フランツ・ボアズは第一次世界大戦への米国の参加に公然と反対し、戦後、彼は科学者として彼らのカバーの下でメキシコでのスパイ活動への数人のアメリカの考古学者の参加の簡単な暴露と非難を発表しました。[101]

しかし、1940年代までに、ボアスの人類学者の同時代人の多くは、枢軸国(ナチスドイツ、ファシストイタリア、大日本帝国)に対する連合国の戦争努力に積極的でした。他の人が知性で働いている間、軍に従軍多く(例えば、戦略的なサービスのオフィス戦争情報のオフィス)。同時に、冷戦中のアメリカ人類学に関するデビッドH.プライスの研究は、共産主義者の同情のために彼らの仕事から数人の人類学者を追跡し解雇したことの詳細な説明を提供します。[102]

人類学者がベトナム戦争中にCIAや政府の諜報活動に加担したと非難する試みは驚くほど少ない。多くの人類学者(学生と教師)が反戦運動に積極的でした。アメリカ人類学会(AAA)の年次総会で、あらゆる面で戦争を非難する多数の決議が圧倒的に可決されました[要出典]

専門の人類学団体は、国家の利益のために人類学を使用することに反対することがよくあります。彼らの倫理規定または声明は、人類学者が秘密のブリーフィングを行うことを禁じている可能性があります。英国連邦の社会人類学者協会(ASA)は、特定の奨学金は、倫理的に危険と呼ばれています。アメリカ人類学会によって発行され、1986年11月までに修正された「専門家の責任の原則」は、「自国政府および受入国政府との関係で...秘密の調査、秘密の報告またはいかなる種類の報告も合意されるべきではない」と述べた。または与えられた。」[103]現在の「専門家の責任の原則」は、国家の相互作用を取り巻く倫理について明確に言及していません。[104]

人類学者は、他の社会科学者とともに、アフガニスタンでの米軍の戦略の一環として米軍と協力しています。[105] クリスチャン・サイエンス・モニターヒューマン・テレーン・システム(HTS)プログラムの下で、アフガニスタンでの「対反乱作戦の取り組みは、地域のニーズをよりよく把握し、満たすことに焦点を合わせている」と報告しているさらに、HTSチームはイラクの米軍と協力しています。[106]2009年に、米国人類学協会の米国安全保障および諜報機関との人類学の関与に関する委員会は、「民族誌的調査が軍事任務によって決定され、外部レビューの対象ではない場合、データ収集戦争の文脈で発生し、対反乱作戦の目標に統合され、潜在的に強制的な環境(HTSの概念とその適用のすべての特徴的な要因)では、もはや人類学の合法的な専門家の運動とは見なされません。人類学と軍隊の間の建設的な関与が可能であることを強調し、CEAUSSICは、AAAがHTSと求職者の懲戒倫理および慣行との非互換性を強調し、HTSがDoD内の「人類学」の意味を定義できるようにする問題をさらに認識していることを示唆しています。[107]

第二次世界大戦後の展開

第二次世界大戦前は、イギリスの「社会人類学」とアメリカの「文化人類学」は依然として異なる伝統でした。戦後、十分な数のイギリス人とアメリカ人の人類学者が互いにアイデアと方法論的アプローチを借りたため、一部の人はそれらをまとめて「社会文化的」人類学と呼び始めました。

基本的なトレンド

人類学的研究を統合する傾向があるいくつかの特徴があります。中心的な特徴の1つは、人類学が現象の比較的全体的な説明を提供する傾向があり、非常に経験的である傾向があることです。[20]全体論の探求により、ほとんどの人類学者は、学界の多くの地域で通常よりも長期間にわたって、さまざまな方法を使用して、特定の場所、問題、または現象を詳細に研究するようになります。

1990年代と2000年代には、文化を構成するもの、観察者が自分の文化がどこで終わり、どこから始まるかをどのように知るか、そして人類学を書く上でのその他の重要なトピックの明確化が求められました。多くの局所的な観察をまとめることによって観察できるものとは対照的に、地上で観察できるものの間のこれらの動的な関係は、文化的、生物学的、言語的または考古学的であるかどうかにかかわらず、あらゆる種類の人類学において基本的なままです。[108] [109]

自然人類学者は、人間の多様性[110] [111]と、人間の普遍性(事実上すべての人間の文化によって共有される行動、アイデア、または概念)の可能性の両方に関心を持っています。[112] [113]彼らは多くの異なる研究方法を使用しますが、現代の集団遺伝学参与観察、およびその他の技術は、人類学者を「フィールドワーク」と呼ばれる何かをするために、独自の設定でコミュニティに旅行することを意味する「フィールドに」連れて行くことがよくあります。 。」生物学的または物理的側面では、人間の測定値、遺伝子サンプル、栄養データが収集され、記事またはモノグラフとして公開される場合があります。

人類学者は、理論的な強調によってプロジェクトを分割することに加えて、通常、世界を関連する期間と地理的地域に分割します。地球上の人間の時間は、考古学で特に使用される旧石器時代新石器時代などの資料に基づいて、関連する文化的伝統に分けられます。[要出典]などのツールの種類に応じてさらに文化的な下位区分をOlduwanまたはムスティエ文化Levalloisian人間、過去に主要なトレンドを理解するのに役立つの考古学者や他の人類学者。[要出典]人類学者と地理学者が文化のマッピングは両方の科学の中心であるため、文化圏も同様です。人類学者は、文化的伝統(時間ベース)と文化的地域(空間ベース)を比較することにより、科学の中心的な部分であるさまざまな種類の比較方法を開発しました。

フィールド間の共通点

人類学は、非常に多くの異なる企業から開発されているので(参照人類学の歴史を含む)がこれらに限定されない化石狩り探検、ドキュメンタリー映画制作、古生物学霊長類学、古代のお取引と保佐、文献学語源遺伝学、地域分析、民族学を、歴史、哲学、および宗教学[114] [115]分野全体の歴史を書く試みがなされてきたが、短い記事で分野全体を特徴づけることは難しい。[116]

一部の著者は、人類学は、時間(過去の社会)と空間(非ヨーロッパ/非西洋社会)の両方の観点から、「他の文化」の研究として始まり、発展したと主張しています。[117]の例については、古典的な都市人類学ウルフ・ハヌナーツ彼の精液への導入で市を探る:都市人類学に向けてお問い合わせ「と述べ第三世界は」習慣的な注意のほとんどを受けていました。伝統的に「他の文化」を専門としていた人類学者は、遠く離れた場所でそれらを探し、1960年代後半になって初めて「道を越えて」見始めました。[76]

現在、作者の「家」に非常に近い人々やトピックに焦点を当てた作品がたくさんあります。[118]歴史や社会学のような他の研究分野は、逆に西洋に偏って焦点を合わせているとも主張されている。[119]

フランスでは、西洋社会の研究は伝統的に社会学者任されてきましたが、これはますます変化しており[120]、1970年代にIsac Chivaのような学者やTerrain(「フィールドワーク」)のようなジャーナルから始まり、マルク・オジェLe Center d'anthropologie des mondes contemporains、現代社会人類学研究センター)。

1980年代以降、社会的および文化的人類学者が北大西洋地域で民族誌研究を設定することが一般的になり、研究を単一の場所に限定するのではなく、場所間の関係を頻繁に調査しています。また、一般の人々の日常生活を超えて焦点を広げる方向への関連するシフトがありました。ますます、研究は科学研究所、社会運動、政府および非政府組織や企業などの環境で設定されています。[121]

も参照してください

リスト

注意事項

  1. ^ リチャード・ハーヴェイの1593 Philadelphus、伝説の防衛ブルータスでは英国の歴史、通路を含む『彼らが持っていたの系譜や課題、彼らは勉強アルテス、彼らがしたActesが。歴史のこの部分は、人類という名前です。』
  2. ^ ジョン・カージーの1706年版の英語の新世界には、「人類学、人間の言説または記述、または人間の体」の定義が含まれています
  3. ^ フランス語: L'Anthropologie、c'estàdirelascience qui traite de l'homme、estdiviséeordinairment&avec raison en l'Anatomie、qui thinke le corps&les party、et en la Psychologie、qui parle de l 'アメ[9]
  4. ^ のようフレッチャーが指摘する、フランス社会は、決してそのトピックとして人類学またはその一部を含むように第一号でした。以前の組織は他の名前を使用していました。しかし、サンクトペテルブルクのドイツ人類学協会は、実際には1861年に最初に会合しましたが、創設者の死により、二度と会合することはありませんでした。[12]
  5. ^ ハントの理論家の選択は、大量の人類学的研究を発表し始めていた他の多くの理論家を排除するものではありません。[17]
  6. ^ 「魔法と宗教の間に完全な連続性があるというのは現代人類学の仮説の1つであるようです。[注35:たとえば、原始宗教におけるRRマレット、信仰、希望、慈善、ギフォード講義(マクミラン)を参照してください。 、1932)、レクチャーII、21ページ以降] ...宗教の時代に取って代わられた魔法の時代があったという、経験的な証拠はまったくありません。」[74]
  7. ^ 動物人類学は、しばしば動物実験を指す動物研究と混同されるべきではないことに注意してください

参考文献

  1. ^ B C "人類学"Merriam-Webster.comメリアム・ウェブスター。2020年8月22日にオリジナルからアーカイブされました2020年9月16日取得
  2. ^ B C "人類学"ブリタニカ百科事典2015年4月15日にオリジナルからアーカイブされました取得した3月23日に2015
  3. ^ a b c 「人類学とは」アメリカ人類学会2016年2月16日にオリジナルからアーカイブされました2013年8月10日取得
  4. ^ 「視覚人類学」obo2020年5月8日にオリジナルからアーカイブされました2020年5月8日取得
  5. ^ 「古生物学vs.考古学vs.人類学| PAESTA」www.paesta.psu.edu2018年8月3日にオリジナルからアーカイブされました2020年12月19日取得
  6. ^ a b c d オックスフォード英語辞典、第1版。「人類学、n。」オックスフォード大学出版局(オックスフォード)、1885年。
  7. ^ イスラエル医学史研究所(1952年)。Korothブリル。NS。19. GGKEY:34XGYHLZ7XY。2016年6月10日にオリジナルからアーカイブされました検索された5年11月2015
  8. ^ Burkhart、Louise M.(2003)。「ベルナルディーノデサハグン:最初の人類学者(レビュー)」。カトリックの歴史的レビュー89(2):351–352。土井10.1353 /cat.2003.0100S2CID 162350550 
  9. ^ a b バルトリン、カスパー; バルトリン、トーマス(1647)。"序文"。ガスパー・バルトリンの解剖学、オーグメンテスとエンリッチメントは、意見と観察のヌーベル・デ・モダンを注いでいます。Abrによってラテン語から翻訳されました。デュプラット。パリ:M.HénaultetJ.Hénault。
  10. ^ Schiller 1979、pp。130–132
  11. ^ Schiller 1979、p。221
  12. ^ a b フレッチャー、ロバート(1882)。「ポールブロカとフランス人類学学校」1882年3月と4月にワシントンの人類学および生物学会の後援の下で米国国立博物館の講義室で行われた土曜日の講義ボストン; ワシントンDC:D。Lothrop&Co。; ジャッド&デトワイラー。
  13. ^ Schiller 1979、p。143
  14. ^ Schiller 1979、p。136
  15. ^ Waitz 1863、p。5
  16. ^ Waitz 1863、pp。11–12
  17. ^ a b Hunt 1863、紹介アドレス
  18. ^ マッカーディ、ジョージ・グラント(1899)。「ヨーロッパとアメリカの人類学における指導の範囲」アメリカ科学振興協会の議事録10(260):382–390。Bibcode1899Sci .... 10..910M土井10.1126 /science.10.260.910PMID 17837336 
  19. ^ 「家」人類学協会の世界評議会。2015年4月2日にオリジナルからアーカイブされました取得した3月29日に2015
  20. ^ a b Hylland Eriksen、Thomas。(2004)「人類学とは」冥王星。ロンドン。NS。79. ISBN 0-7453-2320-0 
  21. ^ a b c インゴルド、ティム(1994)。「文化入門」。人類学のコンパニオン百科事典NS。331. ISBN 978-0-415-02137-1
  22. ^ 人類学における文化相対主義の多様性については、Spiro、Melford E.(1987)「Cultureand Human Nature:Theoretical Papers of Melford E.Spiro」の「感情と理由に特に関連した文化決定主義と相対主義に関するいくつかの考察」を参照してくださいB.KilborneとLLLangnessが編集、32〜58ページ。シカゴ:シカゴ大学出版局。
  23. ^ Heyck、Thomas William; ストッキング、ジョージW。; グッディ、ジャック(1997)。「タイラーの後:イギリスの社会人類学1888–1951」。アメリカの歴史的レビュー102(5):1486–1488。土井10.2307 / 2171126ISSN 0002から8762までJSTOR 2171126  
  24. ^ レイトン、ロバート(1998)人類学における理論の紹介ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。
  25. ^ 人類学とは– 2015年10月15日にウェイバックマシンアーカイブされたアメリカ人類学会Aaanet.org。2016年11月2日に取得。
  26. ^ WaybackMachineで2018年12月10日にアーカイブされた人類学とは何ですか 人類学的に生きる。2017-17-01に取得。
  27. ^ Ahmed、Akbar S.(1984)。「アル・ベルーニ:最初の人類学者」。60(60):9–10。土井10.2307 / 3033407JSTOR 3033407 
  28. ^ 他の宗教を理解する:アルビルーニーとガダマーの「地平線の融合」ケマルアタマン59ページ
  29. ^ モーリス・ブロック(1991)。「言語、人類学および認知科学」。26(2):183–198。土井10.2307 / 2803828JSTOR 2803828 
  30. ^ ダニエルA.シーガル; シルビア・J・柳迫編 (2005)。聖なる束を開梱するダーラムとロンドン:デューク大学出版会。pp。裏表紙。ISBN 978-0-8223-8684-1
  31. ^ ギアツ、ベハール、クリフォード&ジェームズ
  32. ^ a b インゴルド、ティム(1994)。「一般的な紹介」。人類学のコンパニオン百科事典テイラーアンドフランシス。pp。xv。ISBN 978-0-415-02137-1
  33. ^ ティム・インゴルド(1996)。人類学における重要な議論NS。18.異文化間または社会間比較の伝統的な人類学的プロジェクト
  34. ^ バーナード、H。ラッセル(2002)。人類学の研究方法(PDF)アルタミラプレスNS。322. ISBN  978-0-7591-0868-42016年11月4日にオリジナル (PDF)からアーカイブされまし
  35. ^ ジョージ・ピーター・マードック; ダグラスR.ホワイト(1969)。「標準的な異文化間サンプル」民族学9:329–369。2009年10月12日にオリジナルからアーカイブされました2013年6月1日取得
  36. ^ 「研究サブフィールド:物理的または生物学的」トロント大学2012年4月22日にオリジナルからアーカイブされまし取得した3月14日に2012
  37. ^ Robbins、RH&Larkin、SN(2007)。文化人類学:問題ベースのアプローチ。オンタリオ州トロント:Nelson Education Ltd.
  38. ^ 「人類学とは何ですか?–あなたのキャリアを前進させてください」www.americananthro.org2016年10月26日にオリジナルからアーカイブされました2017年8月25日取得
  39. ^ ザルツマン、ズデニェク。(1993)言語、文化、社会:言語人類学入門コロラド州ボルダー:Westview Press
  40. ^ アトキンソン、ポール; コフィー、アマンダ; デラモント、サラ; Lofland、Lyn; ロフランド、ジョン; Lofland、Lyn H.教授(2001年3月22日)。民族学ハンドブックセージ。ISBN 978-0-7619-5824-6
  41. ^ インゴルド、ティモシー(2008)。「人類学は民族誌ではありません」イギリス学士院の議事録154:69–92。ISSN 0068から1202まで 
  42. ^ レイトン、ロバート。(1981)芸術の人類学
  43. ^ Spitulnik、Deborah(1993)。「人類学とマスメディア」(PDF)人類学の年次レビュー22:293 DOI10.1146 / annurev.an.22.100193.001453
  44. ^ Abu-Lughod、Lila(1997)。「テレビ後の文化の解釈」(PDF)表現59(59):109–133。土井10.1525 /rep.1997.59.1.99p0026oJSTOR 29288172016年11月4日にオリジナルからアーカイブ(PDF)取得した2年11月2016  
  45. ^ 「民族音楽学」ブリタニカ百科事典2020年9月18日にオリジナルからアーカイブされました2020年5月9日取得
  46. ^ ハン、クリス; ハート、キース(2011)。経済人類学ケンブリッジ:ポリティプレス。pp。55–71。ISBN 978-0-7456-4482-0
  47. ^ ローズベリー、ウィリアム(1988)。"政治経済学"。人類学の年次レビュー17:161–185。土井10.1146 /annurev.an.17.100188.001113
  48. ^ Kedia、Satish、およびWilligen J. Van(2005)。応用人類学:応用の領域コネチカット州ウェストポート:プレーガー。頁。16、150 ISBN 978-0-275-97841-9
  49. ^ Pountney、Laura(2015年10月5日)。人類学の紹介マリッチ、トミスラフ。ケンブリッジ、英国。ISBN 978-0-7456-9977-6OCLC  909318382
  50. ^ Cattell、Maria、Marjorie M. Schweitzer、編集者。人類学の女性:自伝的物語と社会史。(レフトコーストプレス:ウォルナットクリーク)、15〜40ページ。ISBN 1-59874-083-0 
  51. ^ コール、ジョンネッタB.(1982年9月)。「VeraMaeGreen、1928–1982」アメリカ人類学者84(3):633–635。土井10.1525 /aa.1982.84.3.02a00080
  52. ^ トレフツァー、アネット。「自己を所有する:ゾラニールハーストンの「TellMyHorse」のカリブ海のアイデンティティ。」アフリカ系アメリカ人レビュー34、いいえ。2(2000):299-312。2021年9月2日にアクセス。doi:10.2307 / 2901255。
  53. ^ 「Springerリファレンス–Meteor」2013年3月25日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年4月2013
  54. ^ McElroy、A(1996)。「医療人類学」(PDF)D.レビンソン; M.エンバー(編)。文化人類学百科事典2012年10月1日にオリジナル(PDF)からアーカイブされまし2010年6月2日取得
  55. ^ キャンベル、デイブ(2016年10月24日)。「公衆衛生政策開発への人類学の貢献」マギルジャーナルオブメディシン13(1):76 ISSN 1201-026XPMC 3277334PMID 22363184   
  56. ^ LeVine、RA、Norman、K。(2001)。「乳児の文化の習得:人類学的観点から再検討された早期の愛着」。出版物-心理人類学協会12:83–104。CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  57. ^ a b D'Andrade、R。(1999)。「人類学の悲しい物語:1950–1999」Cerroni-Long、EL(ed。)北アメリカの人類学理論Westport:Berin&Garvey。ISBN 978-0-89789-685-6
  58. ^ Schwartz、T。; GMホワイト; et al。、eds。(1992)。心理人類学の新しい方向性ケンブリッジ、イギリス:ケンブリッジ大学出版局。
  59. ^ Schroll、MA、およびSchwartz、SA(2005)。「Psiと人類学はどこにあるのか?SACの起源の不完全な歴史、トランスパーソナル心理学との関係、そしてカスタネダの論争の秘話」。意識の人類学16:6–24。土井10.1525 /ac.2005.16.1.6CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  60. ^ ヤング、デビッドE。; グレット、JG(1994)。異文化間の出会いによって変化する:並外れた経験の人類学ピーターバラ:ブロードビュープレス。
  61. ^ Greenhouse、Carol J.(1986)。正義のために祈る:アメリカの町における信仰、秩序、そして共同体イサカ:コーネルUP。NS。28. ISBN 978-0-8014-1971-3
  62. ^ ヘントデフリース; ローレンスE.サリバン編 (2006)。政治神学:世俗後の世界における公の宗教ニューヨーク:フォーダム大学出版局。
  63. ^ 「公共人類学センター」2020年5月23日にオリジナルからアーカイブされました2020年5月8日取得
  64. ^ ジョセフ、ダミット。デイビス・フロイド、ロビー(2001)。「サイボーグ人類学」。女性のルートレッジ国際百科事典ラウトレッジ。ISBN 0-415-92092-2 
  65. ^ 「テクノ人類学コースガイド」オールボー大学。2013年4月2日にオリジナルからアーカイブされました取得した3月14日に2013
  66. ^ クノール、アレクサンダー(2011年8月)。サイバー人類学Peter Hammer Verlag Gmbh ISBN 978-3-7795-0359-02013年5月8日にオリジナルからアーカイブされました取得した3月14日に2013
  67. ^ ウェーバー、ゲルハルト; ブックスタイン、フレッド(2011)。仮想人類学:新しい学際的な分野へのガイドスプリンガー。ISBN 978-3-211-48647-4
  68. ^ Kottak、コンラッドフィリップ(2010)。人類学:人間の多様性を評価する(第14版)。ニューヨーク:マグロウヒル。pp。579–584。ISBN 978-0-07-811699-5
  69. ^ Townsend、Patricia K.(2009)。環境人類学:豚から政策まで(第2版)。プロスペクトハイツ、イリノイ州:ウェーブランドプレス。NS。 104ISBN 978-1-57766-581-6
  70. ^ Kottak、Conrad P.(1999)。「新しい生態人類学」アメリカ人類学者101(1):23–35。土井10.1525 /aa.1999.101.1.23hdl2027.42 / 66329JSTOR 6833392017年9月29日にオリジナルからアーカイブされました。取得した10年11月2016 
  71. ^ Pyke、GH(1984)。「最適採餌理論:批評的レビュー」生態学と分類学の年次レビュー15:523 DOI10.1146 / annurev.es.15.110184.0025152017年4月3日にオリジナルからアーカイブされました取得した10年11月2016
  72. ^ メリッサチェッカー(2005年8月)。汚染された約束:環境的人種差別と南部の町での正義の探求NYUプレス。ISBN 978-0-8147-1657-1
  73. ^ Axtell、J。(1979)。「民族史:歴史家の視点」。民族史26(1):3–4。土井10.2307 / 481465JSTOR 481465 
  74. ^ a b Cassirer、Ernst(1944)2015年3月19日にウェイバックマシンアーカイブされた人間に関するエッセイ 、pt.II、ch.7神話と宗教、pp。122–123。
  75. ^ ガスリー(2000)宗教の研究へのガイドブルームズベリーアカデミック。pp。225–226 2015年10月25日にWaybackMachineでアーカイブされましたISBN 0-304-70176-9 
  76. ^ a b Hannerz、Ulf(1980)Exploring the City:Inquiries Toward a Urban AnthropologyISBN 0-231-08376-9、p。1.コロンビア大学プレス。 
  77. ^ グリフィス、MB; チャップマン、M。; クリスチャンセン、F。(2010)。「中国の消費者:ロマンチックな再評価」民族誌11(3):331–357。土井10.1177 / 1466138110370412JSTOR 24047982S2CID 144152261  
  78. ^ Mills、Daniel S(2010)。「動物人類学」 は、2016年6月3日にウェイバックマシン応用動物行動と福祉の百科事典でアーカイブされましたCABI、28〜30ページ。ISBN 0-85199-724-4 
  79. ^ DeMello、Margo(2010)。動物を教える:分野を超えた人間と動物の研究ランタンブックス。NS。xi。ISBN 1-59056-168-6 
  80. ^ 「動物と社会研究所」2013年6月25日にオリジナルからアーカイブされまし取得した23年2月2011
  81. ^ グッドマン、アランH。; トーマス・L・レザーマン(編)(1998)。新しい生物文化的統合の構築ミシガン大学出版局。ISBN 978-0-472-06606-32013年6月16日にオリジナルからアーカイブされました2020年9月6日取得CS1 maint: extra text: authors list (link)
  82. ^ ケルソ、ジャネット;ペーボ、スバンテ;マイヤー、マティアス;プルファー、ケイ;ライヒ、デビッド;パターソン、ニック;モンゴメリー・スラトキン;ニッケル、ビルギット;ネーゲル、サラ(2018年3月)。「ネアンデルタール人後期の遺伝史の再構築」(PDF)自然555(7698):652–656。Bibcode2018Natur.555..652H土井10.1038 / nature26151hdl1887/70268ISSN 1476から4687までPMC 6485383PMID 295622322019年4月28日にオリジナルからアーカイブ(PDF)     2019年9月24日取得
  83. ^ Towle、Ian; アイルランド、ジョエルD。; De Groote、Isabelle(2017)。「ホモ・ナレディの高レベルの歯の欠けからの行動の推論」American Journal of PhysicalAnthropology164(1):184–192。土井10.1002 /ajpa.23250PMID 28542710 
  84. ^ AAAnet.org 2009年4月22日にWaybackMachineでアーカイブされましたAAAnet.org。2016年11月2日に取得。
  85. ^ 「アメリカ人類学会-月例会員報告書」(PDF)2010年6月13日。2010年6月13日のオリジナル(PDF)からアーカイブ
  86. ^ Johanson、Donald and Wong、Kate(2007)。ルーシーの遺産Kindleブック。
  87. ^ Netti、ブルーノ(2005)。民族音楽学の研究Ch。1.イリノイ大学出版局。ISBN 0-252-03033-8 
  88. ^ 「倫理に関するAAA声明をレビューする委員会の最終報告書–参加および提唱」アメリカ人類学会。2016年9月18日にオリジナルからアーカイブされました2017年6月18日取得
  89. ^ アサド、タラル、編 (1973)人類学と植民地時代の出会い。ニュージャージー州アトランティックハイランズ:Humanities Press
  90. ^ van Breman、Jan、and Akitoshi Shimizu(1999)アジアとオセアニアの人類学と植民地主義リッチモンド、サリー:カーゾンプレス。
  91. ^ Gellner、Ernest(1992)ポストモダニズム、理由、および宗教 は、2017年4月3日にウェイバックマシンアーカイブされましたロンドン/ニューヨーク:ラウトレッジ。pp。26–29。ISBN 0-415-08024-X 
  92. ^ ルイス、ハーバートS.(1998)。「人類学の不実表示とその結果」アメリカ人類学者100(3):716–731。土井10.1525 /aa.1998.100.3.716ISSN 0002から7294までJSTOR 6820512017年4月3日にオリジナルからアーカイブされました2017年8月30日取得  
  93. ^ Levi-Strauss、Claude(1962)野蛮な心
  94. ^ Womack、Mari(2001)。人間であること.. [必要なページ]
  95. ^ ハリス、マーヴィン。牛、豚、戦争、魔女
  96. ^ 人種差別の遺伝子はありますか?| タイムズハイアーエデュケーション(THE) は、2011年5月22日にウェイバックマシンアーカイブされましたタイムズハイアーエデュケーション(2016年10月27日)。2016年11月2日に取得。
  97. ^ 人種「に関する声明『アメリカ人類学会。1998年5月。2013年6月27日のオリジナルからアーカイブ2007年4月17日取得
  98. ^ マーシャル、E。(1998)。「文化人類学:DNA研究は人種の意味に挑戦する」。科学282(5389):654–655。Bibcode1998Sci ... 282..654M土井10.1126 /science.282.5389.654PMID 9841421S2CID 22257033  
  99. ^ グッドマン、アラン(1995)。「現代の生物人類学における「人種」の問題」。自然人類学:科学の状態国際人間進化研究所。ISBN 0-9644248-0-0 
  100. ^ De Montellano、Bernard R. Ortiz(1993)。「メラニン、アフロセントリズム、疑似科学」American Journal of PhysicalAnthropology36:33–58。土井10.1002 /ajpa.13303606042021年3月5日にオリジナルからアーカイブされました取得した10年11月2016
  101. ^ Browman、David(2011年11月22日)。「第一次世界大戦におけるアメリカの考古学者によるスパイ」考古学の歴史の会報21(2):10–17。土井10.5334 /bha.2123ISSN 2047から6930まで 
  102. ^ 価格、David H.(1998年6月1日)。「冷戦人類学:国家安全保障国家の協力者と犠牲者」。アイデンティティ4(3–4):389–430。土井10.1080 /1070289X.1998.9962596ISSN 1070-289X 
  103. ^ 「倫理に関する過去のAAA声明–参加および支持」www.americananthro.org2018年9月10日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月2日取得
  104. ^ 「倫理フォーラム»2012年倫理声明の全文」倫理フォーラム2019年5月2日にオリジナルからアーカイブされました2019年5月2日取得
  105. ^ アフガニスタンにおける米軍の戦略:より良い人類学 2008年2月11日にウェイバックマシンアーカイブされましたCSMonitor.com(2007年9月7日)。2016年11月2日に取得。
  106. ^ 「人間の地形システム:21世紀のためのコード」2014年1月21日にオリジナルからアーカイブされました。
  107. ^ 「AAA委員会が陸軍の人間の地形システムに関する最終報告書を発表」 2012年5月12日にウェイバックマシンアーカイブされましたアメリカ人類学会(2009年12月8日)
  108. ^ ロサルド、レナート(1993)。 文化と真実:社会的分析の作り直しビーコンプレス。インダ
  109. ^ Xavier、JohnおよびRosaldo、Renato(2007)。 グローバリゼーションの人類学ワイリーブラックウェル。
  110. ^ ジャーマン、ロバート; キルゴア、リン; Trevathan、WendaおよびCiochon、Russell L.(2007)。 物理人類学入門第11版。ワズワース。第I章、第III章および第IV章。ISBN 0-495-18779-8 
  111. ^ Wompack、Mari(2001)。人間であることプレンティスホール。pp。11–20。ISBN 0-13-644071-1 
  112. ^ ブラウン、ドナルド(1991)。 ヒューマンユニバーサルマグロウヒル。
  113. ^ Roughley、Neil(2000)。 人間であること:人類学的な普遍性と学際的な視点における特殊性Walter de GruyterPublishing。
  114. ^ Erickson、PaulA。およびLiamD。Murphy(2003)。人類学理論の歴史ブロードビュープレス。pp。11–12。ISBN 1-4426-0110-8 
  115. ^ ストッキング、ジョージ(1992)「人類学の歴史におけるパラダイムの伝統」、ジョージ・ストッキングのpp。342–361、人類学の歴史における民族学者の魔法と他のエッセイマディソン:ウィスコンシン大学出版局。ISBN 0-299-13414-8 
  116. ^ リーフ、マレー(1979)。人類学の歴史。コロンビア大学プレス。
  117. ^ これに関連する多くのエッセイを、プレムポッダーとデビッドジョンソン、英語での植民地時代後の思想の歴史的伴侶、エディンバラ大学出版、2004年を参照してください。ユニバーシティプレス、2008年
  118. ^ ルイス、ハーバートS.(1998)人類学の不実表示とその結果 2017年4月3日にウェイバックマシンアーカイブされた アメリカ人類学者"100:" 716–731
  119. ^ グッディ、ジャック(2007)ウェイバックマシンで2015年3月19日にアーカイブされた歴史の盗難 ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-87069-0 
  120. ^ Abélès、Marc。「フランスの人類学がフランスの人類学をどのように変えたか:現場での新しい方向性の評価」。文化人類学1999年:407 JSTOR 08867356 
  121. ^ フィッシャー、マイケルMJ(2003)生命の創発形態と人類学的声デューク大学出版会。

さらに読む

辞書と百科事典

  • バーナード、アラン; スペンサー、ジョナサン、編。(2010)。社会文化人類学のRoutledge百科事典ロンドン:ラウトレッジ。
  • バーフィールド、トーマス(1997)。人類学の辞書ホーボーケン:ワイリーブラックウェル出版。
  • ジャクソン、ジョンL.(2013)。オックスフォード書誌:人類学オックスフォード:オックスフォード大学出版局。
  • レビンソン、デビッド; エンバー、メルヴィン、編 (1996)。文化人類学百科事典第1巻から第4巻。ニューヨーク:ヘンリーホルト。 |volume= has extra text (help)
  • Rapport、ナイジェル; オベリング、ジョアンナ(2007)。社会的および文化的人類学:重要な概念ニューヨーク:ラウトレッジ。

フィールドノートと回想録

  • 大麦、ナイジェル(1983)。罪のない人類学者:泥小屋からのメモロンドン:大英博物館の出版物。
  • ギアツ、クリフォード(1995)。事後:2カ国、40年、1人の人類学者マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局。
  • レヴィ=ストロース、クロード(1967)。Tristestropiquesジョン・ラッセルによるフランス語からの翻訳。ニューヨーク:アテネウム。
  • マリノフスキー、ブロニスワフ(1967)。厳密な意味での日記NorbertGutermanによって翻訳されました。ニューヨーク:ハーコート、ブレース&ワールド。
  • ミード、マーガレット(1972)。ブラックベリーの冬:私の初期の年ニューヨーク:ウィリアムマロウ。
  • -(1977)。フィールドからの手紙、1925年から1975年ニューヨーク:ハーパー&ロウ。
  • ラビノウ、ポール(1977)。モロッコでのフィールドワークについての考察量子ブック。バークレー校:カリフォルニア大学出版。

履歴

  • アサド、タラル、編 (1973)。人類学と植民地時代の出会いニュージャージー州アトランティックハイランズ:人文科学k。
  • バース、フレドリック; ギングリッチ、アンドレ; パーキン、ロバート(2005)。1つの分野、4つの方法:イギリス、ドイツ、フランス、アメリカの人類学シカゴ:シカゴ大学出版局。
  • ダーネル、レグナ。(2001)。目に見えない系譜:アメリカ人人類学の歴史リンカーン、ネブラスカ:ネブラスカ大学出版。
  • ギシ、ルーカスマルコ(2007)。Einbildungskraft undMythologie。DieVerschränkungvonAnthropologieundGeschichte im 18.Jahrhundertベルリン; ニューヨーク:deGruyter。
  • ハリス、マーヴィン。(2001)[1968]。人類学理論の台頭:文化理論の歴史カリフォルニア州ウォルナットクリーク:AltaMira Press
  • ハント、ジェームス(1863)。「人類学の研究に関する紹介演説」人類学的レビュー
  • Kehoe、Alice B.(1998)。先史時代の土地:アメリカ考古学の批判的な歴史ニューヨーク; ロンドン:ラウトレッジ。
  • ルイス、HS(1998)。「人類学の不実表示とその結果」アメリカ人類学者100(3):716–731。土井10.1525 /aa.1998.100.3.7162021年3月5日にオリジナルからアーカイブされました取得した10年11月2016
  • -(2004)。「人類学の歴史を想像する」。人類学のレビュー33(3):243–261。土井10.1080 / 00938150490486418S2CID  162956412
  • -(2005)。「人類学、冷戦、そして知的歴史」。ダーネルでは、R。; グリーチ、FW(編)。人類学年次の歴史、Vol。
  • ペルス、ピーター; サーレミンク、オスカー、編 (2000)。植民地時代の主題:人類学の実践的歴史に関するエッセイアナーバー:ミシガン大学出版局。
  • 価格、デビッド(2004)。脅迫的な人類学:マッカーシズムとFBIの活動家人類学者の監視ダーラム:デューク大学出版会。
  • Sera-Shriar、Efram(2013)。イギリス人類学の作成、1813年から1871年19世紀の科学と文化、18。ロンドン; バーモント:ピッカリングとチャット。
  • シラー、フランシス(1979)。ポール・ブロカ、フランス人類学の創設者、脳の探検家バークレー校:カリフォルニア大学出版。
  • ストッキング、ジョージジュニア(1968)。人種、文化、進化ニューヨーク:フリープレス。
  • トレンチャー、スーザン(2000)。ミラーリングされた画像:アメリカ人類学とアメリカ文化、1960年から1980年コネチカット州ウェストポート:Bergin&Garvey。
  • ウルフ、エリック(1982)。ヨーロッパと歴史のない人々バークレー; ロサンゼルス:カリフォルニア大学出版。

教科書と主要な理論的作品

  • クリフォード、ジェームズ; マーカス、ジョージE.(1986)。文化を書く:民族誌学の詩と政治バークレー校:カリフォルニア大学出版。
  • ギアツ、クリフォード(1973)。文化の解釈ニューヨーク:ベーシックブックス。
  • ハリス、マーヴィン(1997)。文化、人、自然:一般人類学入門(第7版)。ボストン:アリン&ベーコン。
  • Salzmann、Zdeněk(1993)。言語、文化、社会:言語人類学入門コロラド州ボルダー:Westview Press
  • Shweder, Richard A.; LeVine, Robert A., eds. (1984). Culture Theory: essays on mind, self, and emotion. Cambridge, UK: Cambridge University Press.
  • Waitz, Theodor (1863). Introduction to Anthropology. Translated by J. Frederick Collingwood for the Anthropological Society of London. London: Longman, Green, Longman, and Roberts.

External links