人間中心主義

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

人間中心主義/ ˌænθroʊpoʊˈsɛntrɪzəm / ; [ 1 ]古代ギリシャからἄνθρωποςánthrōpos"人間" ;および古代ギリシャκέντρονkéntron _ _ _人間は宇宙の中心的または最も重要な存在であるという信念です[2] この用語は、ヒューマノセントリズムと同じ意味で使用できます、そして一部の人はその概念を人間の覇権または人間の例外主義と呼んでいます。人間中心主義の観点からは、人類は自然から切り離され、自然よりも優れていると見なされ、他のエンティティ(動物植物鉱物など)は人間が使用するためのリソースと見なされます。[2]

人間中心主義は、人間の価値観と経験の観点から世界を解釈または考慮します。[3]それは多くの現代の人間の文化と意識的な行為に深く埋め込まれていると考えられています。それは環境倫理環境哲学の分野における主要な概念であり、生態圏内での人間の行動によって引き起こされる問題の根本的な原因であるとしばしば考えられています[4] しかし、人間中心主義の支持者の多くは、これが必ずしも当てはまらないと述べています。彼らは、健全な長期的見解は、地球環境を継続的に人間に適したものにする必要があり、本当の問題は浅い人間中心主義であることを認めていると主張しています。[5] [6]

環境哲学

人間中心主義は、同心主義または人間の至上主義としても知られ、[7]は、デイブ・フォアマンによるエコウォリアーの告白やクリストファー・メインズによるグリーン・レイジなどの本の中で、人類の根本的な(述べられていない場合)理由として、一部の環境保護論者によって提唱されています。地球の大部分を「開発」する必要性を支配し、見ています。人間中心主義は、環境哲学の中心的な問題のある概念であると信じられており、人間の自己とアイデンティティの感覚を形作る非人間世界に対する伝統的な西洋の態度の体系的な偏りの主張を引き出すために使用されます[8] 。[9]ヴァル・プラムウッド 人間中心主義は、グリーン理論において、フェミニスト理論における男性中心主義および人種差別理論におけるエスノセントリズムと類似した役割を果たしていると主張している[10] [11] 。プラムウッドは、この類似点を強調するために、人間中心主義を「人間中心主義」と呼んでいます。

環境倫理に取り組む最初の拡張された哲学的エッセイの1つであるジョンパスモア自然に対する人間の責任[12]は、人間中心主義のためにディープエコロジーの擁護者から批判されてきました[13]確かに、生態学的危機に関係する人間中心主義の擁護者健康で持続可能な環境の維持は、それ自体のためではなく、人間の幸福のために必要であると主張します。ウィリアム・グレイによれば、「浅い」視点の問題は、それが人間中心であるということではありません。この見解によれば、私たちは、支配的な短期的、部門的、そして自尊心のある概念に取って代わる、人間の関心の豊かで強化された人間中心主義の概念を開発する必要があります。」[14]次に、環境文化におけるプラムウッド:理由の生態学的危機は、グレイの人間中心主義は不十分であると主張した。[15]

多くの熱心な環境保護論者は、人間中心主義に基づいた哲学的見解を包含しており、人々のために環境を保護することに賛成するという事実を支持しています。グレイは次のように書いています。「私たちは豊かで多様で活気のある生物圏を促進することを懸念すべきです。人間の繁栄は確かにそのような繁栄の正当な部分として含まれるかもしれません。」[16]しかしながら、全体としての生命の繁栄の中での人間の繁栄に対するそのような懸念は、人間中心主義のアンチテーゼとして提案されているディープエコロジー生命中心主義の懸念と区別がつかないと言われています。[17]そして人間中心主義の一般化された形として。[18]

キリスト教の伝統

1985年のCBCシリーズ「APlanefor the Takeing」では、デビッドスズキ博士が、旧約聖書の人間中心主義のルーツと、それが人間以外の動物に対する人間の見方をどのように形作ったかを探りました。人間中心主義のキリスト教支持者の中には、創世記の1:26節のように、聖書に基づいている人もいます。

神は言われた、「わたしたちの似姿の後に、わたしたちのかたちに人を造りましょう。彼らに海の魚、空の鳥、牛、地全体、そしてすべての人を支配させましょう。地球に忍び寄る忍び寄る物。

創世記での「支配」という言葉の使用は、人間中心主義の世界観を正当化するために使用されてきましたが、最近、ヘブライ語からの誤訳である可能性があると見なして、物議を醸している人もいます。[19]しかしながら、聖書は実際には創造主としての神と、創造の単なる別の部分としての人間をすべて重要視しているという議論をすることができます。[20]

人権

人間中心主義は、人権のいくつかの自然主義的な概念の基礎です人間中心主義の擁護者は、道徳的に重要なのは単に人間であることであるため、世界人権を擁護することが必要な基本的前提であると主張しています。たとえば、著名な哲学者モーティマーJ.アドラー「すべての人間は、人間性において平等であり、共通の人間性に関係するすべての点で平等に扱われるべきであるという道徳的理由で有害な差別に反対する人々は、実際には彼らの規範的原則を支持する確固たる根拠を持たないだろう。 「」アドラーはここで、現在人間の例外主義と呼ばれているものを否定することは専制政治につながる可能性があると述べ、人間が独自の道徳的地位を持っていないと信じるようになった場合、自由の知的基盤は崩壊する、と書いています。優れた男性のグループは、私たちが重荷の獣として利用する動物の扱いを正当化するために私たちが現在頼っているものと同様の事実上および道徳的な理由で、彼らの奴隷化、搾取、または劣った人間グループの大量虐殺を正当化することができます。食べ物や衣類、[21]

著者であり人間中心主義の擁護者であるディスカバリーインスティテュートのウェズリーJ.スミスは、人間の例外主義は、お互い、自然界に人間の義務を生じさせ、動物を人道的に扱うことであると書いています。動物の権利のイデオロギーを批判する「ラットはブタである」は「犬は少年である」と書くことは、「私たち間違いなくユニークな種であり、倫理的な問題を熟考し、責任を負うことができる唯一の種であるため、独自に理解することができます。善と悪、善と悪、動物に対する適切と不適切な行動の違い。もっと簡潔に言えば、人間であることが私たちに動物を人道的に扱う必要があるのでなければ、世界で何をしているのでしょうか?」[22]

動物の権利

人間中心主義は、動物の権利福祉の擁護者 によって批判されてきました。彼らは、人間は他の動物よりも重要であるという信念は誤りであり、人間と同様に、人間以外の動物には本質的な価値があると主張しています。[23]これらの批評家の最も初期の一人は、動物学者で哲学者のJ.ハワードムーアであり、ユニバーサルキンシップ(1906)で、チャールズダーウィンの 種の起源(1859)は「人間中心主義の運命を封印した」と主張した[24] :319 とそれ:

人間と非人間の間の想定される精神的な隔たりは、かつて想定されていた物理的な隔たりよりも、人間の華やかな想像力の外に存在しません。純粋なフィクションです。仮定は、人間中心主義の急速に減少する虚栄心の遺物であり[原文のまま]、人間の利己主義とうぬぼれによって年齢から年齢へと永続します。科学にも常識にも根拠がありません。人は自分自身の称賛と犠牲者の誹謗と堕落によって罪悪感を和らげようと努めています。[24] :108 

ピーターシンガーデイヴィッドピアースなどの哲学者は、人間中心主義の倫理に反対し、種のメンバーシップに基づいて人間により多くの価値を与えるのではなく、種主義者や感覚主義者の倫理を主張しています。 。」[25]この功利主義の原則は、功利主義のジョン・スチュアート・ミル(1876)によるジェレミ・ベンサムに帰せられた「誰もが1つを数え、誰も1つ以上を数えない」という口述に基づいています。[26]

認知心理学

認知心理学では、人間中心主義的思考という用語は、人間との類似性によって、なじみのない生物種またはプロセスについて推論する傾向」として定義されています。[27]類推による推論は魅力的な思考戦略であり、人間であるという自分自身の経験を他の生物学的システムに適用したくなるかもしれません。[27]たとえば、死は一般に望ましくないと感じられるため、細胞レベルまたは自然界の他の場所での死も同様に望ましくないという誤解を形成したくなるかもしれません(実際にはプログラム細胞死は本質的な生理学的現象であり、生態系また、死に依存しています)。[27]逆に、人間中心主義の思考は、人間の特徴を他の生物に過小評価するように人々を導く可能性もあります。たとえば、昆虫などの人間とは大きく異なる動物は、生殖や血液循環などの特定の生物学的特性を共有しないと誤って考えたくなるかもしれません。[27]

人間中心主義的思考は、生物学教育との関連性に関心のある発達心理学者によって、主に幼児(主に10歳まで)で研究されてきました6歳の子供は、ウサギ、バッタ、チューリップなど、人間の特徴を彼らに馴染みのない種(日本では)に帰することがわかっています。[27]後の年齢でのその持続性については比較的ほとんど知られていないが、生物学でますます教育を受けている学生の間でさえ、この人間の例外主義的思考のパターンは少なくとも若い成人期まで続くことができるという証拠が存在する。[28]

人間中心主義の思考は人間の生来の特徴であるという概念は、都市環境で育ったアメリカの子供たちの研究によって異議を唱えられました。その中で、それは後天的な視点として3歳から5歳の間に出現するようです。[29]人間中心主義的思考への子供たちの頼りは、彼らの自然の経験、および自然界における人間の位置についての文化的仮定によって異なるように思われる。[27]たとえば、金魚を飼っている幼児はカエルを金魚に似ていると考える傾向がありましたが、他の子供は人間の観点からカエルを考える傾向がありました。[27]より一般的には、農村環境で育った子供たちは、さまざまな種類の動植物に精通しているため、都市部の子供たちよりも人間中心主義の考え方を使用していないようです。[27]南北アメリカの先住民の子供たちを対象とした研究では、人間中心主義の考え方はほとんど使用されていません。[27] [30]南アメリカのウィチ族の子供たちの研究は、彼らの知覚された分類学的類似性生態学的考察、およびアニミズムの観点から生物を考える傾向を示した伝統は、西洋社会の多くの子供たちが経験するよりもはるかに少ない人間中心主義の自然界の見方をもたらします。[30]

大衆文化で

すべての時代と社会のフィクションには、動物を別の種として乗せたり、食べたり、搾乳したり、その他の方法で扱ったりする人間の行動を通常どおりに扱うフィクションがあります。言葉を話す動物など、時折例外がありますが、人と動物を区別する規則の逸脱として、一般的に例外として扱われます。[要出典]

サイエンスフィクションではヒューマノセントリズムは、存在としても種としても、人間が優れた衆生であるという考えです。本質的に銀河系のスケールでの人種的覇権と同等であり、人種至上主義者が彼らの人種以外のものを差別するのと同じように、それは知覚力のある非人間に対する不寛容な差別を伴います。このコンセプトの代表的な例は、マスエフェクトのストーリー要素として利用されていますシリーズ。人類の最初の接触が短い戦争をもたらした後、シリーズの多くの人間は、ゲームのさまざまなエイリアンの種族に対して疑わしい、あるいは敵対的な態度を示します。戦後数十年の最初のゲームの時までに、多くの人間は「親人間」組織を形成することに加えて、まだそのような感情を保持しています。

この考えは、反ヒューマニズムによって打ち消されます。時には、この理想には、強力なAIサイボーグに対する恐れや優位性、 統合サイバーネットの反乱機械の支配ティルデンのロボットの法則の軽視も含まれます。[要出典]

マーク・トウェインは、地球からの手紙(1909年頃に書かれ、1962年に出版された)で人間の覇権に対する信念を嘲笑しました。[31]

猿の惑星シリーズは、類人猿が社会で支配的な種になり、人間が滅亡するというアナロジーに焦点を当てています(人類の絶滅も参照)。1968年の映画で、人間のテイラーは「あなたの臭い足を私から離してください、あなたは汚い類人猿を酷評します!」と述べています。2001年の映画では、これはAttar(ゴリラ)の「あなたの臭い手を私から離してください、あなたは汚い人間を酷評します!」という引用とは対照的です。これは、優勢な種になることで類人猿が人間のようになりつつあるというほのめかしと関連しています(擬人化)。映画「猿の惑星の戦い」では、オランウータンのウェルギリウス「類人猿は類人猿の子供はもちろん、類人猿を殺したことはありません。アルドは類人猿の子供を殺しました。枝は折れませんでした。剣で切りました。」計画された殺人に関連して; ステレオタイプの人間の概念。さらに、猿の惑星:新世紀の中で、シーザーは「私はいつも...人間よりも猿の方が優れていると思います。今は...私たちがどれほど彼らに似ているかを理解しています」と述べています。

ジョージ・オーウェルの小説「動物農場」には、この人間中心主義のテーマもあります。もともと動物は人間からの解放と動物の平等を計画していたのに対し、「2本の足にかかるものはすべて敵」、「4本の足にかかるもの、または翼を持っているものはすべて友達」などの「7つの戒め」から明らかです。 、 "すべての動物は平等です。"; 豚は後に、「すべての動物は平等ですが、一部の動物は他の動物よりも平等です」などの言葉で戒めを要約します。「4本足がいい、2本足がいい」[要出典]

2012年のドキュメンタリーTheSuperiorHuman?人間中心主義を体系的に分析し、価値は基本的に意見であると結論付けます。生命体は自然に自分の特性を評価するため、ほとんどの人間は、他の種よりも実際に価値があると誤解されています。映画によると、この自然な偏見は、受け入れられた快適さの感覚と非人間の搾取の言い訳と組み合わさって、人間中心主義を社会に残します。[32] [33] [34]

も参照してください

参考文献

  1. ^ ジョーンズ、ダニエル(2003)[1917]、ピーターローチ; ジェームズ・ハートマン; Jane Setter(eds。)、English Pronouncing Dictionary、Cambridge:Cambridge University Press、ISBN 978-3-12-539683-8
  2. ^ a b Boslaugh SE(2013)。「人間中心主義」ブリタニカ百科事典2021年5月29日にオリジナルからアーカイブされました。
  3. ^ 「人間中心主義」メリアム・ウェブスター辞書
  4. ^ PhilPapers、システム思考と普遍主義の対話:今日のグローバリゼーションの時代におけるヌースフィアの創造、著者-マーサC.ベック、対話と普遍主義23(3):123-136(2013)
  5. ^ 「環境倫理、参照:1。はじめに:環境倫理の挑戦」スタンフォード哲学百科事典2013年8月13日取得
  6. ^ 「環境倫理、参照:1a。人間」哲学のインターネット百科事典2013年8月13日取得
  7. ^ プラムウッド、ヴァル(2002)。環境文化:理由の生態学的危機(Googleブックスオンラインプレビュー版)ISBN  97804151787782013年6月12日取得
  8. ^ Naess、A(1973)。「浅くて深く、長距離のエコロジー運動」。お問い合わせ16:95〜100。土井10.1080 / 00201747308601682
  9. ^ Milstein、T。&Castro-Sotomayor、J。(2020)。エコカルチュラルアイデンティティのルーチンハンドブック。英国ロンドン:ラウトレッジ。https://doi.org/10.4324/9781351068840
  10. ^ Plumwood、V.1993。フェミニズムと自然の習得ロンドン:ラウトレッジ
  11. ^ プラムウッド、V.1996。男性中心主義と人間中心主義:平行線と政治。倫理と環境1
  12. ^ パスモア、J。1974年。ロンドンの自然に対する人間の責任:ダックワース
  13. ^ Routley、R。and V. 1980.環境哲学(編)DS Mannison、M。McRobbie、R。Routleyの「HumanChauvinism andEnvironmentalEthics」。キャンベラ:ANU社会科学研究科:96-189
  14. ^ グレイ、W(1993)。「人間中心主義とディープエコロジー」哲学のオーストラリアジャーナル71(4):463–475。土井10.1080 / 000484093123454422008年7月26日にオリジナルからアーカイブされました2006年11月12日取得
  15. ^ プラムウッド、ヴァル(2002)。「第6章哲学、慎重さ、人間中心主義」(Googleブックスオンラインプレビュー版)環境文化:理由の生態学的危機pp。(123–)130–142。ISBN  97804151787782013年6月12日取得
  16. ^ 「クイーンズランド大学」2015年5月4日取得
  17. ^ テイラー、サンドラG.(1990)。「自然性:オーストラリアの生態系への概念とその応用」。サンダースでは、デニスアレン。ホプキンス、アンガスジョンマルコム; どのように、RA(編)。オーストラリアの生態系:200年の利用、劣化、再建オーストラリアの生態系:200年の利用、劣化、再建:1988年8月28日から9月2日まで西オーストラリア州ジェラルトンで開催されたシンポジウム。オーストラリア生態学会の議事録。16.チッピングノートン、ニューサウスウェールズ州:オーストラリア生態学会のサリービーティ&サンズ。pp。411–418。ISBN 0949324264
  18. ^ "insurgentdesire.org.uk" 2015年5月4日取得
  19. ^ Hiebert、Theodore(2019年12月12日)。「創世記1–2の再翻訳:聖書の思想と現代の経験を再接続する」聖書翻訳者70(3):261–272。土井10.1177 / 2051677019877229S2CID213322770 _ 2020年9月15日取得 
  20. ^ Simkins、Ronald(2014年12月)。「聖書と人間中心主義:人間を彼らの代わりに置く」方言人類学38(4):397–413。土井10.1007 / s10624-014-9348-zJSTOR43895115_ S2CID145211787 _ 2020年9月15日取得  
  21. ^ モーティマー・J・アドラー、人間の違いとそれがもたらす違い、(ニューヨーク、フォーダム大学出版局、1993年)、p.264。
  22. ^ ラットはブタであり、犬は少年である:動物の権利運動の人的コスト [1]、(ニューヨーク、エンカウンターブック、2010年)、243〜244ページ。
  23. ^ Gruen、Lori(2017)、"The Moral Status of Animals"、in Zalta、Edward N.(ed。)、The Stanford Encyclopedia of Philosophy(Fall 2017 ed。)、Metaphysics Research Lab、Stanford University 、Retrieved 2019-10 -14
  24. ^ a b ムーア、J。ハワード(1906)。ユニバーサル親族シカゴ:Charles H. Kerr&Co。
  25. ^ Pearce、David(2013)。「反種主義革命」www.hedweb.com 2019-10-14を取得
  26. ^ ミル、ジョン・スチュアート(1863)。功利主義ロンドン:パーカー、ソン、ボーン。pp。91  _
  27. ^ a b c d e f g h i Coley、John D; タナー、キンバリーD(2012)。「多様な誤解の一般的な起源:認知原理と生物学的思考の発達」CBE:ライフサイエンス教育11(3):209–215。土井10.1187 /cbe.12-06-0074ISSN1931-7913_ PMC3433289_ PMID22949417_   
  28. ^ コーリー、ジョンD; アレンソン、メラニー; Xu、Yian; タナー、キンバリーD(2017年2月)。「直感的な生物学的思考:青年期後期における生物学教育の発達上の変化と影響」認知心理学92:1–21。土井10.1016 /j.cogpsych.2016.11.001PMID27865155_ 
  29. ^ Herrmann、Patricia; ワックスマン、サンドラR; メディン、ダグラスL(2010年6月1日)。「人間中心主義は、自然界についての子供たちの推論の最初のステップではありません」国立科学アカデミーの議事録107(22):9979–9984。Bibcode2010PNAS..107.9979H土井10.1073 /pnas.1004440107ISSN0027-8424_ PMC2890461_ PMID20479241_   
  30. ^ a b マーシャル、ピーターJ; ブレンネマン、キンバリー(2016)。「幼い子供たちの生物学的世界の理解の発達」早期教育と開発27(8):1103〜1108。土井10.1080 /10409289.2016.1220772ISSN1040-9289_ 
  31. ^ マークトウェイン。「ダムドヒューマンレース:マークトウェイン」skeptically.org 2013年9月18日取得
  32. ^ "「優れた人間?」映画の公式ウェブサイト」。20155月4日閲覧。
  33. ^ 「今オンライン!新しい反種差別映画のデビュー、「優れた人間?」-スティーブ・ベスト博士」スティーブベスト博士2012-04-02 2015年5月4日取得
  34. ^ 「優れた人間?私たちは誰だと思いますか?」今日の心理学2015年5月4日取得

さらに読む