アニマルズアジア財団

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アニマルズアジア財団AAF)は、アジアの動物への虐待を終わらせることを目的とした香港を拠点とする慈善団体です

設立

AAFは、胸に黄色い三日月があるため「月のクマ」として知られるツキノワグマの窮状を知った後、組織を設立せざるを得ないと感じたジル・ロビンソンによって1998年に設立されました。月のクマは、伝統医学で使用される胆汁のためにアジア全土で飼育されています。この組織は、クマの胆汁培養で使用される非人道的な方法の認識を高めています。これには、小さなケージで25年まで生きるクマが、胆汁を抽出するために腹部に金属製のカテーテルを挿入したり、胆汁が滴る傷口を開いたりします。[1]この組織はまた、「手頃な価格で効果的で虐待のない代替品を促進することにより、アジアでの胆汁の需要を減らすために」取り組んでいます。[1]

場所

財団の本部は香港にあり、中国本土、ドイツオーストラリア米国英国にオフィスがあります。[2]ベトナム中国にもムーンベアサンクチュアリがあります。[1]

選択した履歴

2012年、漢方薬用の胆汁を抽出するために470頭のクマを飼育しているGuizhentang Pharmaceutical社が深圳証券取引所に上場することを入札したとき、組織は懸念を表明しました。[3]

2010年に、この組織は中国の動物園での野生動物の扱いについて不満を述べた報告書を発表しました。これを受けて、中国住宅都市農村開発省は、動物園や野生動物公園に野生動物製品の提供や野生生物のパフォーマンスの開催を停止するよう要請し、動物園が動物福祉基準に準拠しているかどうかを確認するための検査を実施する予定でした。[4]

2009年2月、Animals Asiaは、中国南西部の胆汁採取農場から、栄養不良で病気にかかったツキノワグマを12頭救助しました。クマは、2000年に政府との間で締結された合意に基づいてアニマルズアジアに与えられ、州および違法な農場から病気のクマを救いました。動物たちは成都の外にある財団のムーンベアレスキューセンターに行きました。成都は協定が締結されて以来、何百頭ものクマを扱ってきました。[1]

2014年4月、Animals Asiaは、中国の南寧市に130頭以上のツキノワグマがいるクマの熊農場を動物の聖域に変える計画を発表しました。この農場は、国営の園芸および造園会社であるフラワーワールドの一部でした。[5]

2016年、Animals Asiaは中国広州にあるグランドビューモール水族館の非常に劣悪な状況に光を当てました。

2017年、アニマルズアジアは、ベトナム政府との間で2020年までに国内のすべてのクマの胆汁栽培を終了すること合意したと報告しました。クマはまだベトナム中の農場で檻に入れられています-およそ1,000人であると信じられています。[6] [7] [8]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c d "Animals Asia:Rescuing Moon Bears From Bear Bile Farms"、One Green Planet、2014年8月4日アクセス。
  2. ^ 「お問い合わせ」動物アジア財団2011年1月22日取得
  3. ^ 「熊の胆汁会社の資金調達の入札に対する怒り」、Yang Jian、上海日報、2012年2月13日。
  4. ^ 「中国は動物園に虐待、過失をやめるように促します」、モリー・マリー・カナーレス、グローバル・アニマル、2010年11月7日。
  5. ^ 「クマの胆汁農場を聖域に変える動物の権利グループ」ニューヨークタイムズ
  6. ^ 「ベトナムはすべてのクマの胆汁農場を閉鎖する計画に同意します」
  7. ^ 「ベトナムは熊の胆汁農場を閉鎖することを約束します」
  8. ^ 「ベトナムは胆汁取引を終わらせるために1,000頭のクマを救助する」

外部リンク