動物実験

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

動物研究は、動物がさまざまな学際的な方法で研究されている最近認識された分野です。動物研究に従事する学者は、地理学美術史人類学生物学映画研究地理学歴史心理学文学研究音楽学哲学、コミュニケーション、社会学など、さまざまな分野で正式に訓練を受けることができます。彼らは、「動物性」、「動物化」、または「動物になる」の概念についての質問に取り組み、「動物」の人間による表現と文化的アイデア、および「動物」とそれが人間であるということを、次のようなさまざまな理論的視点を使用して理解します。フェミニズムマルクス主義理論クィア理論これらの視点を使用して、動物研究に従事する人々は、それらの知識によって定義されるように、現在および過去の人間と動物の関係の両方を理解しようとします。この分野はまだ発展途上であるため、学者やその他の人々は、どの問題が分野を構成する可能性があるかについて独自の基準を定義する自由があります。[1]

歴史

学際的な主題として、動物研究は多くの異なる研究分野の交差点に存在します。さまざまな分野がさまざまな時期にさまざまな理由で重要なトピックとして動物に目を向け始めました。これらの別々の懲戒歴は、学者が動物研究に取り組む方法を形作っています。歴史的に、環境史の分野は動物への注目を促してきました。[2]

一部には、動物研究は動物解放運動から発展し、他の種との共存についての倫理的問題に基づいていました:動物を食べることが道徳的かどうか、人間の利益のために動物の科学的研究を行うことなど。倫理的な観点からこの分野を探求する動物研究学者は、オーストラリアの哲学者ピーター・シンガーの1975年の著作、動物の解放[3]を動物研究の創設文書として頻繁に引用しています。歌手の仕事は、ジェレミ・ベンサムの仕事に続いて、人間を超えて他の知覚力のある生き物 に喜びと痛みについての功利主義的な質問を拡大しようとしました。

文学、文化、大陸哲学における動物の役割に関心のある理論家は、ジャック・デリダの晩年の仕事が人文科学における動物研究への関心の高まりの背後にある原動力であると考えています。[3] デリダの最後の講義シリーズ、The Animal Thatしたがって、私は、動物の生命との相互作用が、言語を通じて人類と自己を定義しようとする人間の試みにどのように影響するかを調べました。デリダの脱構築を取り上げ、それを他の文化的領域に拡大したケアリー・ウルフは、2003年にアニマル・ライトを出版し、ピーター・シンガーなどの初期の動物の権利哲学者を批判しましたとトーマスリーガン。ウルフの研究は、彼らの哲学や他の人々の中で陰湿なヒューマニズムが働いていることを指摘しています。最近、イタリアの哲学者ジョルジョ・アガンベンも動物の問題に関する本を出版しました:オープン。人と動物

研究トピックと方法論

動物研究の研究者は、人間的および科学的調査の伝統的なモードが動物を思考と活動の主題として真剣に受け止め始めたときに生じる質問と問題を調べます。動物研究の学生は、動物との関係で人類がどのように定義されているか、または動物の表現が他の種の理解(および誤解)をどのように生み出すかを調べることができます。そうするために、動物研究は人間が動物を擬人化する方法に細心の注意を払い、人間が他の生き物を観察する際の偏見をどのように回避できるかを尋ねます。たとえば、Donna Harawayの本、Primate Visionsは、ジオラマがどのように作成されたかを調べています。アメリカ自然史博物館は、野生で観察された動物の行動を誤って表現した、伝統的な人間の核家族に準拠した家族のグループ分けを示しました。[4]動物研究における批判的なアプローチは、アニメーション映画の種の多様性を含む、大衆文化における非人間動物の表現も考慮しています。[5]

これらの問題を強調することにより、動物研究は、動物の生命への新たな注意と尊重の文脈で、伝統的な倫理的政治的認識論的カテゴリーを再検討するよう努めています。動物に焦点を当てることで人間の知識が明らかになるかもしれないという仮定は、動物は「考えるのが良い」というクロード・レヴィ=ストロースの有名な口述にきちんと表現されています。[6]

も参照してください

参照

  1. ^ Kruse、Corwin(2002年1月1日)。「社会的動物:動物研究と社会学」社会と動物10(4):375–379。土井10.1163/156853002320936836ISSN1568-5306 _
  2. ^ リトボ、ハリエット(2002)。「歴史と動物研究」社会と動物10(4):403–406。土井10.1163/156853002320936872ISSN1063-1119_ 
  3. ^ a b ゴーマン、ジェームズ(2012年1月12日)。「動物研究は研究室から講堂に移動します」ニューヨークタイムズ2012年6月13日取得
  4. ^ ハラウェイ、ドナ(1984年から1985年の冬)。「テディベア家父長制:エデンの園の剥製術、ニューヨーク市、1908年から1936年」。ソーシャルテキストデューク大学出版会(11):20–64。土井10.2307/466593JSTOR466593_ S2CID147688966_  
  5. ^ ローリー、ティモシー(2015)、「動物になることは人間の罠である」ドゥルーズと非人間、eds。ハンナ・スタークとジョン・ロフェ。
  6. ^ Lévi-Strauss、Claude。トーテムボストン:ビーコンプレス、1963年、p。89。

参考文献

  • Bjorkdahl、Kristian、およびAlex Parrish(2017)Rhetorical Animals:Boundaries of the Human in the StudyofPersuasion 。ランサム:レキシントンプレス。ISBM9781498558457。
  • Boehrer、Bruce、編集者、A Cultural History of Animals in the Renaissance、Berg、2009 ISBN9781845203955 

外部リンク