動物倫理

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

動物倫理は、人間と動物の関係、動物の道徳的配慮、および人間以外の動物をどのように扱うべきかを調べる倫理の一分野です。主題には、動物の権利動物福祉動物法種族主義動物の認知野生生物の保護野生動物の苦しみ[1]人間以外の動物の道徳的地位、人間以外の人間性の概念人間の例外主義、動物の使用の歴史、と正義の理論。[2] [3]道徳的および政治的哲学で現在擁護されているさまざまな理論に従って、この分野を調査するためにいくつかの異なる理論的アプローチが提案されています。[4] [5] [6]倫理という用語の意味についての理解が異なるため、完全に受け入れられる理論はありませんしかし、動物の権利功利主義など、社会でより広く受け入れられている理論があります[7] [8]

歴史

動物研究の規制の歴史は、「動物倫理」という用語が最初に登場したときであったため、動物倫理の発展に向けた基本的な一歩でした。[9]当初、「動物倫理」という用語は残虐行為とのみ関連しており、現代社会では不十分であると見なされていた20世紀後半にのみ変更されました。[10]米国の動物福祉法1966年、動物研究の問題に取り組むことを試みました。ただし、それらの効果は無駄であると見なされました。テストの結果として人間の利益があれば、動物の苦しみは正当であると伝えられたため、多くの人がこの行為を支持しませんでした。人々が公の場で意見を支持し、表明し始めたのは、動物の権利運動の確立ではありませんでした。動物倫理はこの運動を通じて表現され、動物倫理の力と意味に大きな変化をもたらしました。

動物の権利

最初の動物の権利に関する法律は、1635年から1780年の間に最初に導入されました。1635年、アイルランドは動物保護法「テイルによる耕作と生きている羊からのウールの引き離しに反対する法律」を可決した最初の国でした。[11] 1641年、マサチューセッツ植民地は自由の体と呼ばれ、動物に対する「暴君または残酷」に対する規制が含まれています。[12] 1687年、日本は肉を食べたり動物を殺したりすることの禁止を再導入した。[13] 1789年、哲学者のジェレミベンサムは、道徳および立法の原則の紹介で、動物の知性ではなく苦しむ能力は、権利を与えられるべきであると主張しました。理由また、彼らは話すことができますか?しかし、彼らは苦しむことができますか?なぜ法律は敏感な存在に対する保護を拒否すべきなのか?」[14]

1822年から1892年の間に、動物を保護するためにさらに多くの法律が可決されました。1822年、英国議会は牛の残酷な扱い法を可決しました。[15] 1824年、最初の動物の権利協会は、リチャード・マーティンアーサー・ブルームルイス・ゴンペルツウィリアム・ウィルバーフォース、動物虐待防止協会によって設立され、後にRSPCAとなった。[16]同じ年、ゴンペルツは人間とブルートの状況に関する道徳的調査を出版しました。これは、1世紀以上後にビーガニズムとして知られることを提唱した最初の本の1つです。[17]1835年、英国は最初の動物虐待法を可決しました。[18] 1866年、アメリカ動物虐待防止協会はニューヨーカーのヘンリーバーグによって設立されました。[19] 1875年、フランシスパワーコブは英国に全英動物実験反対協会を設立しました。[20] 1892年、英国の社会改革者ヘンリー・スティーブンス・ソルトは「動物の権利:社会の進歩に関連して検討」を発表しました。[21]

1970年、リチャードD.ライダーは種差別を作り出しました。これは、動物の種のメンバーシップに基づく動物に対する差別の用語です[22]この用語は、哲学者で倫理学者のピーター・シンガーが1975年の著書「動物の解放」で広めた。1970年代後半は、動物が衆生として認識され、不必要な危害から保護されなければならないという信念を描いた動物の権利運動の始まりを示しました。[23]18世紀以来、多くのグループが動物の権利のさまざまな側面をサポートし、さまざまな方法でサポートを実行するために組織されてきました。一方では、「動物解放戦線」は、ペンの侵入を調整し、法を自分たちの手に委ねた英国のグループであり、「動物の倫理的扱いのための人々 」などのグループは、支援しているものの、米国で設立されました同じ目標で、立法上の利益を目指します。[24]

動物実験

生物医学研究のための動物実験は、古代ギリシャ人の著作にまでさかのぼります[25]アリストテレスエラシストラトスなどの医師-科学者が生きている動物で実験を行ったことが理解されています。[25]その後、ギリシャ人であるがローマに住んでいガレンも、解剖学生理学病理学薬理学の知識を向上させるために生きている動物の実験を行っていた[25]それ以来、動物実験はかなり進化し、現在でも実施されており、世界中で何百万もの実験動物が使用されています。[26]しかしながら、近年、それは一般市民や動物活動家グループから厳しい批判を受けている。反対する人々は、動物実験が人類にもたらす利益は、それらの動物の苦しみを正当化するものではないと主張します。のためのそれらは、動物実験が生物医学的知識の進歩のための基本であると主張します。

動物実験は20世紀に爆発しました。1937年、米国の製薬会社が「エリキシルスルファニルアミド」と呼ばれる悪名高い薬を作成しました。この薬にはDEGと呼ばれる人体に有毒な化学物質が含まれていましたが、当時は人体に有害であるとは知られていませんでした。予防措置なしに、薬物は一般に公開され、大量中毒の原因となりました。DEGは結局100人以上を殺し、文明の間で騒動を引き起こした。[25]したがって、1938年に米国食品医薬品局(FDA)は連邦食品医薬品化粧品法を制定しました。[27]これにより、製品を販売する前に動物での薬物検査が確実に行われ、人間に有害な影響がないことが確認されました。

しかし、規制が施行されて以来、動物実験による死亡が増加しています。米国では毎年100万頭以上の動物が検査で殺されています。[28]さらに、これらの動物の死は病気と見なされます。有毒ガスを吸い込んだり、皮膚を焼き払ったり、頭蓋骨に穴を開けたりすることから。

3つのR

3つのRは、動物学者WMSRussellと微生物学者RLBurchによる「ThePrinciplesof HumaneExperimentaltechnique」と呼ばれる1959年の本で最初に紹介されました。[29] 3つのRは、交換、削減、および改良の略であり、テストおよび実験に使用される動物の倫理的治療の指針となる原則です。[30]

  1. 交換:コンピューターモデルなどの生きていないもの、または実験に関連して痛みの影響を受けにくい動物に動物を切り替えることにより、テストに動物を使用することを避けます。
  2. 削減:可能な限り少ない動物を使用する計画を考案します。より少ない動物を使用して十分なデータを取得することと、各動物からのデータ量を最大化してより少ない動物を使用することの組み合わせ。
  3. 洗練:動物に与えられた不必要な痛みの減少。苦痛を最小限に抑えるために実験手順を適応させる。[31]

Three Rsの原則は現在、多くの国で広く受け入れられており、動物実験を伴うあらゆる慣行で使用されています。

動物実験の倫理的ガイドライン

研究に使用される動物に関しては、幅広い倫理的評価があります。動物には道徳的地位があり、動物の扱い方は倫理的配慮が必要であるという一般的な意見があります。いくつかのポジションは次のとおりです。

  • 動物には、尊重されなければならない本質的な価値観があります。
  • 動物は痛みを感じる可能性があり、彼らの興味を考慮に入れる必要があります。
  • すべての動物/実験動物に対する私たちの扱いは、私たちの態度を反映し、私たちの道徳的存在に影響を与えます。[32]

ノルウェー国立科学技術研究倫理委員会(NENT)には、研究における動物の使用に関する一連の倫理ガイドラインがあります。

  1. 動物の尊厳の尊重:研究者は、動物の価値や生きている感性のある生き物としての動物の興味に関係なく、動物の価値を尊重しなければなりません。研究者は、トピックや方法を選択するとき、および研究を拡大するときに敬意を払う必要があります。研究者はまた、各実験動物のニーズに合わせたケアを提供する必要があります。[32]
  2. オプションを検討する責任(置換):利用可能な代替案がある場合、研究者は動物実験のためにそれらの代替案を研究する責任があります。利用できる良い代替案がない場合、研究者は、良い代替案が開発されるまで研究を延期できるかどうかを検討する必要があります。動物での実験を正当化することはできますが、研究者は代替の選択肢がないことと、知識をすぐに得たいという衝動について説明責任を負わなければなりません。[32]
  3. 比例の原則:苦しみと利益を考慮し、バランスを取る責任:研究者は、実験動物が直面する痛みと苦痛の両方のリスクを考慮し、動物、人、環境の研究との関係の価値においてそれらを評価する必要があります。研究者は、研究が動物、人、または環境に改善をもたらすかどうかについて責任があります。研究の考えられるすべての利点は、短期および長期の両方で考慮され、実証され、特定されなければなりません。この責任には、実験の科学的品質と、実験に関連する科学的利益があるかどうかの両方を考慮する義務も伴います。苦しみは、動物、人、または環境に実質的でありそうな利益の釣り合いがある場合にのみ、動物によって引き起こされる可能性があります。害と利益を分析する方法はたくさんあるので、[32]
  4. 動物の数を減らすことを検討する責任(Reduce):研究者は、実験で使用する予定の動物の数を減らし、実験の科学的品質と実験の両方に必要な数を含めることが許容できるかどうかを検討する責任があります。結果のみに関連します。実験の前に、研究者は読書研究を実施し、代替設計を検討し、実験を開始する前に必要な計算を実行する必要があります。[32]
  5. 苦しみのリスクを最小限に抑え、動物福祉を改善する責任(洗練):研究者は、実験動物に期待される影響を評価する責任があります。研究者は苦しみのリスクを減らし、優れた動物福祉を提供する必要があります。苦しみには、痛み、空腹、栄養失調、喉の渇き、異常な寒さ/暑さが含まれます。恐怖、ストレス、病気、怪我、そして動物が自然にそして正常に行動することができない場所への制限。かなりの苦しみが何であるかを知るために、研究者の評価はどの動物が最も苦しんでいるかに基づいているべきです。動物が直面する苦しみに関して疑問がある場合は、動物を考慮することが決定的な要因です。研究者は、実験中に動物が耐える可能性のある直接的な苦痛を考慮する必要がありますが、繁殖、輸送、捕獲、安楽死、ラベル付けなど、苦痛の前後にリスクがあります。麻酔をかけ、厩舎に入れます。これは、すべての研究者が実験の前後の適応のための期間の必要性を考慮に入れなければならないことを意味します。[32]
  6. 生物多様性を維持する責任:研究者は、実験動物の使用が生物多様性を破壊または危険にさらさないようにする責任もあります。これは、研究者が資源とその生態系全体への影響を考慮しなければならないことを意味します。絶滅危惧種の使用は最小限に抑える必要があります。研究に動物を含めること、および特定の方法を使用することが、資源および生態系全体に倫理的に容認できない結果をもたらす可能性があるという信頼できる不確実な知識がある場合、研究者は予防原則を遵守する必要があります。
  7. 生息地に介入する際の責任:研究者は、研究の直接の被験者ではない動物を含む動物の自然な行動の混乱と影響、および個体群とその周辺を減らす責任があります。環境技術や監視に関するもののようなほとんどの研究や技術関連のプロジェクトは、動物とその生活環境に影響を与える可能性があります。そのような場合、研究者は比例の原則を遵守し、起こりうる悪影響を減らすよう努めなければなりません(ガイドライン3を参照)。[32]
  8. データと資料の公開と共有に対する責任:研究者は、研究結果の透明性を確保し、すべての動物実験からのデータと資料の共有を促進する責任があります。動物で同じ実験を繰り返さないためには、透明性と共有が重要です。透明性は、データを一般に公開するためにも重要であり、研究者の非シミュレーションに対する責任の一部です。動物実験の否定的な結果は、公の知識でなければなりません。否定的な結果を他の研究者に公開することで、どの実験を行う価値がないかについての情報をより多く得ることができ、不幸な研究デザインに光を当て、研究に使用される動物の数を減らすことができます。
  9. 動物に関する専門知識の要件:生きている動物を扱い、扱う研究者およびその他の関係者は、すべての動物に関する適切で最新の文書化の専門知識を持っている必要があります。これには、問題の動物種の生物学に関する知識が含まれ、動物を適切に世話することができます。
  10. 十分な注意の必要性:研究者と研究管理者の両方が従わなければならない実験動物に関する多くの法律、規則、国際条約、および合意があります。実験で動物を使用したい人は誰でも、現在の規則に精通している必要があります。[32]

倫理理論

倫理的思考は、社会が動物の倫理を認識する方法に少なくとも3つの方法で影響を与えてきました。第一に、動物倫理の本来の台頭と動物の扱い方。第二に、人々がこのイデオロギーが最初に提案されたほど単純ではないことに気づき始めたときの動物倫理の進化。3番目の方法は、人間がこれらの倫理を熟考する際に直面する課題を介することです。道徳の一貫性、およびいくつかの場合の正当化。[33]

帰結主義

帰結主義は、その結果に対する行動の正誤を判断する倫理理論の集まりです。行動が害よりも利益をもたらすのであればそれは良いことであり、利益よりも害をもたらすのであればそれは悪いことです。[34]最もよく知られているタイプの結果主義理論は功利主義です。[35] [36]

ピーター・シンガーの著書「動物の解放」の1975年の出版は、かなりの牽引力を集め、動物の権利の問題について彼の心を話すためのプラットフォームを彼に提供しました。[33]シンガーが注目を集めたため、彼の見解は最もアクセスしやすく、したがって一般の人々に最もよく知られていました。彼は功利主義の理論を支持しました。それはまだ物議を醸していますが、動物研究の基礎として高く評価されています。功利主義の理論は、「行動は、利用可能な代替行動よりも利益と害のバランスが良い場合にのみ正しい」と述べています。したがって、この理論は、喜びと苦しみを比較検討することによって、何かが正しいかどうかを判断します。結果。[33]それはプロセスに関係せず、プロセスに対する結果の重みだけに関係し、結果主義理論は行動が悪いか良いかを示唆しますが、功利主義は結果の利益にのみ焦点を当てます。これはいくつかの動物研究や餌の飼育に適用できるかもしれませんが、功利主義に対していくつかの反対意見が出されています。歌手は、感性に基づいて功利主義を支持することを決定し、その側面を人間と動物の差異要因として選択しました。自己意識、自律性、そして道徳的に行動する能力。[33]これは結局「限界事件からの議論」と呼ばれることになった。[33]しかし、批評家は、すべての道徳的に関連する存在がこのカテゴリーに該当するわけではないと主張しています。たとえば、遷延性植物状態にあり、自分自身や周囲のことを認識していない人もいます。[37]シンガーの議論に基づくと、他の(感性の)動物よりもこれらの非感性の人間の医学研究で実験を行うことは(またはそれ以上に)正当化されるだろう。動物倫理に功利主義を適用することの別の制限は、例えば医学実験において、害を受けた動物の苦しみを受益者の利益と正確に測定して比較することが難しいことです。

ジェフ・セボは、功利主義は動物倫理に3つの主要な影響を与えると主張しています。第二に、功利主義は、私たちが道徳的に動物福祉を促進し、多くの現実の事例で動物の権利を尊重することを試みる必要があることを意味します。第三に、功利主義は、私たちが飼育および野生動物の福祉を優先し、さまざまな介入を追求する必要があることを意味します。これらの問題を進展させるために一度」。[8]

デントロジー

デントロジーは、行動の結果ではなく、自分の義務を果たすことだけに基づいて道徳的行動を評価する理論です。[38]これは、仕事を遂行することがあなたの義務である場合、結果に関係なく道徳的に正しいことを意味し、あなたが義務を果たさない場合、あなたは道徳的に間違っていることを意味します。デントロジカル理論には多くの種類がありますが、最も一般的に認識されているものは、多くの場合、イマヌエル・カントに関連しています。[39]この倫理理論は相反する側面から実行することができます。たとえば、研究者は、デントロジーによれば道徳的に正しい、何百万もの人間に影響を及ぼしている病気の治療法を見つけるために動物を苦しめることが彼らの義務であると考えるかもしれません。一方、動物活動家は、テストされているこれらの動物を救うことが彼らの義務であると考えるかもしれず、この考えに矛盾を生み出します。さらに、この理論のもう1つの相反する性質は、逃げ出した鶏がどこに行ったかについて嘘をつくべきか、真実を伝えて鶏を死に至らしめるかなど、2つの堂々とした道徳的義務のどちらかを選択しなければならない場合です。嘘をつくことは不道徳な義務ですが、鶏を死に至らしめることも同様です。

カントの理論で強調された欠陥は、それが人間以外の動物には適用できず、特に人間にのみ適用できたということです。[38]この理論は、結果に関係するのではなく、義務に焦点を当てているという意味で功利主義に反対している。しかし、どちらも動物倫理に貢献する基本的な理論です。

美徳倫理

美徳倫理は、行動の結果または義務のいずれかを正確に特定するのではなく、善良な人のように振る舞う行為から特定します。[40]したがって、そのような行動が高潔な人または悪意のある人から生じるのかどうかを尋ねる。それが善良な人に由来するのであれば、それは道徳的に正しいと言われ、悪意のある人に由来するのであれば、不道徳であると言われています行動。善良な人は、尊敬、寛容、正義、平等などの資質を持っていると言われています。この理論が他の理論よりも優れている点の1つは、人間の感情を考慮に入れて、前の2つにはなかった道徳的決定に影響を与えることです。しかし、高潔な人に対する人々の意見は非常に主観的であり、したがって、その人の道徳的な羅針盤に劇的な影響を与える可能性があるという欠点があります。この根本的な問題により、この倫理理論はすべての場合に適用できるわけではありません。

環境倫理との関係

動物倫理と環境倫理の範囲内で、動物、特に野生に住む動物の扱いと義務についての異なる概念は、2つの倫理的立場の間の対立の原因となっています。一部の哲学者は、2つの立場が両立しないと主張しましたが[41]、他の哲学者は、そのような不一致を克服できると主張しました。[42]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Moen、Ole Martin(2016-05-09)。「野生動物の苦しみの倫理」Etikk IPraksis-応用倫理学の北欧ジャーナル10(1):91–104。土井10.5324 /eip.v10i1.1972ISSN1890-4009 _
  2. ^ Beauchamp、Tom L.「はじめに」、Tom L.BeauchampおよびRGFrey。オックスフォード動物倫理ハンドブックオックスフォード大学出版局、2011年。
  3. ^ シャフナー、ジョアンE.動物と法の紹介パルグレイブマクミラン、2011年、p。xvii
  4. ^ ウィルソン、スコット。2001年。「動物と倫理」。Fieser、James&Dowden、Bradley(eds。)インターネット哲学百科事典
  5. ^ アームストロング、スーザンJ.&ボッツラー、リチャードG.(編)。2003.動物倫理リーダーニューヨーク:ラウトレッジ。
  6. ^ 「倫理理論と非人間動物」動物倫理2020年4月27日取得
  7. ^ Ideland、M。(2009-04-01)。「倫理に関するさまざまな見解:動物倫理が委員会の文化の中でどのように位置づけられているか」Journal of MedicalEthics35(4):258–261。土井10.1136 /jme.2008.026989hdl2043/8746ISSN0306-6800_ PMID19332584_ S2CID27790049_   
  8. ^ a b セボ、ジェフ(2021)。「功利主義と非人間動物」Utilitarianism.net 2021-11-06を取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  9. ^ Rollin、Bernard E.「動物研究の規制と動物倫理の出現:概念的な歴史」。理論医学と生命倫理27.4(2006):285-304。
  10. ^ Rollin、Bernard E.(2006)。「動物研究の規制と動物倫理の出現:概念的歴史」(PDF)理論医学と生命倫理27(4):285–304。土井10.1007 / s11017-006-9007-8ISSN1386-7415_ PMID16937023_ S2CID18620004_    
  11. ^ ガネット、ジェニファー(2011)。「動物虐待に立ち向かう:法、犯罪学、および人間と動物の関係」(PDF)批判的動物研究ジャーナル9
  12. ^ 「1641:マサチューセッツの自由の体」自由のオンラインライブラリ2019-10-14を取得
  13. ^ ホワイト、クリス(2014-07-08)。「ベジタリアン日本:短い歴史」JapanTravel 2019-10-14を取得
  14. ^ ベンサム、ジェレミー(1789)。道徳と立法の原則の紹介
  15. ^ Uvarov、Dame Olga(1985年1月)。「動物を使った研究:要件、責任、福祉」。実験動物19(1):51–75。土井10.1258 / 002367785780890640ISSN0023-6772_ PMID3883054_ S2CID35799876_   
  16. ^ 「RSPCAの歴史」動物法務歴史センター1972年2020年7月26日取得
  17. ^ ゴンペルツ、ルイス(1992)[1824]。歌手、ピーター(編)。人間とブルートの状況に関する道徳的調査フォントウェル、サセックス:Centaur Press ISBN 978-0-900001-37-6OCLC27752919 _
  18. ^ カー、ダニエル・ジェームズ(2017-10-31)。「19世紀のスコットランドにおける動物福祉法の歴史的発展」。ニューヨーク州ロチェスター。SSRN3062845_  {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
  19. ^ 「ASPCAの歴史」ASPCA 2019-10-14を取得
  20. ^ 「NAVSの歴史」全英動物実験反対協会2012-07-24 2020年7月26日取得
  21. ^ 「社会の進歩に関連して考慮される動物の権利」ヘンリーS.ソルトソサエティ2020年7月26日取得
  22. ^ ライダー、リチャードD.(2010年春)[1970]。「種差別再び:オリジナルのリーフレット」(PDF)クリティカルソサエティ22012年11月14日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました
  23. ^ Francione、Gary L.(1995–1996)。「動物の権利と動物福祉」ラトガース法のレビュー48:397。
  24. ^ ロビンズ、ウィリアム; タイムズ、ニューヨークに特別(1984-06-15)。「動物の権利:私たちの成長する動き」ニューヨークタイムズISSN0362-4331 _ 2020年7月26日取得  
  25. ^ a b c d Hajar、レイチェル(2011)。「動物実験と医学」ハートビュー12(1):42。doi10.4103 /1995-705X.81548ISSN1995-705X_ PMC3123518_ PMID21731811_   
  26. ^ Doke、Sonali K。; Dhawale、Shashikant C.(2015-07-01)。「動物実験の代替案:レビュー」Saudi PharmaceuticalJournal23(3):223–229。土井10.1016 /j.jsps.2013.11.002ISSN1319-0164_ PMC4475840_ PMID26106269_   
  27. ^ Schechtman、Leonard M.(2002)。「安全性評価プロセス—シーンの設定:FDAの視点」ILARジャーナル43補足:S5–10。土井10.1093 /ilar.43.suppl_1.s5ISSN1084-2020_ PMID12388844_  
  28. ^ 「動物の実験:概観」PETA2004-11-11 2020年7月26日取得
  29. ^ Zurlo、J; Rudacille、D; ゴールドバーグ、AM(1996年8月)。「3つのR:前進への道」環境衛生の展望104(8):878–880。土井10.1289 /ehp.96104878ISSN0091-6765_ PMC1469425_ PMID8875163_   
  30. ^ 「実験動物倫理:3つのR」一口サイズのバイオ2017-02-21 2019年4月24日取得
  31. ^ Badyal D.、Desai C.(2014)。「薬理学の教育と研究における動物の使用:変化するシナリオ」薬理学のインドジャーナル46(3):257–65。土井10.4103 /0253-7613.132153PMC4071700_ PMID24987170_  {{cite journal}}: CS1 maint: uses authors parameter (link)
  32. ^ a b c d e f g h 「研究における動物の使用に関する倫理的ガイドライン:テキスト:ノルウェー国立研究倫理委員会写真:MaikenAaSolbakken」Etikkom2018年9月24日2019年4月22日取得
  33. ^ a b c d e Russow、Lilly-Marlene(1999-01-01)。「生命倫理、動物研究、および倫理理論」ILARジャーナル40(1):15–21。土井10.1093 /ilar.40.1.15ISSN1084-2020_ PMID11533512_  
  34. ^ Sinnott-Armstrong、Walter(2019)、"Consequentialism"、in Zalta、Edward N.(ed。)、The Stanford Encyclopedia of Philosophy(Summer 2019 ed。)、Metaphysics Research Lab、Stanford University 、retrieved 2020-07-26
  35. ^ 「倫理の説明者:結果主義とは何ですか?」倫理センター2016-02-15 2020年7月26日取得
  36. ^ MacAskill、William; チャペル、リチャード(2020)。「功利主義の要素と種類」Utilitarianism.net 2021-11-06を取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  37. ^ PVSに関する多社会タスクフォース(1994-06-02)。「遷延性植物状態の医学的側面」。ニューイングランドジャーナルオブメディシン330(22):1572–1579。土井10.1056 / NEJM199406023302206ISSN0028-4793_ PMID8177248_  
  38. ^ a b Misselbrook、David(2013年4月)。「義務、カント、およびデントロジー」ブリティッシュジャーナルオブジェネラルプラクティス63(609):211。doi10.3399 / bjgp13X665422ISSN0960-1643_ PMC3609464_ PMID23540473_   
  39. ^ Secker、B。(1999年2月)。「現代のカント主義におけるカントのデントロジーの出現:生命倫理における患者の自律性の概念」。医学と哲学のジャーナル24(1):43–66。土井10.1076 /jmep.24.1.43.2544ISSN0360-5310_ PMID10223442_  
  40. ^ ハーストハウス、ロザリンド(2011-10-26)。ボーシャン、トムL; Frey、R。G(eds。)「美徳倫理と動物の治療」オックスフォード動物倫理ハンドブック土井10.1093 / oxfordhb /9780195371963.001.0001ISBN 97801953719632020年7月26日取得
  41. ^ Faria、Catia; Paez、Eze(2019年7月)。「それはスプリットビルです:なぜ動物倫理と環境倫理は両立しないのですか」。アメリカの行動科学者63(8):1047-1060。土井10.1177 / 0002764219830467ISSN0002-7642_ S2CID150854523_  
  42. ^ Callicott、J。Baird(1988-07-01)。「動物の解放と環境倫理:再び一緒に戻る」種間4(3)。土井10.15368 /bts.1988v4n3.1

さらに読む

  • フィッシャー、ボブ。動物倫理:現代の紹介ラウトレッジ、2021年。
  • Frasch、Pamela D. etal一言で言えば動物の法則西、2010年。
  • グルーエン、ロリ。倫理と動物:はじめに。ケンブリッジ大学出版局、2011年。
  • ローランズ、マーク。私たちのような動物Verso、2002年。
  • Sunstein、Cass R.およびNussbaum、Martha(eds)。動物の権利:現在の議論と新しい方向性オックスフォード大学出版局、2005年。
  • テイラー、アンガス。動物と倫理:哲学的討論の概要、第3版。Broadview Press、2009年。
  • ワグマン、ブルースA。; ワイズマン、ソニアS。; Frasch、Pamela D.動物法:事例と資料カロライナアカデミックプレス、2009年。
  • ポール・ワルドー。動物の権利:誰もが知っておくべきことオックスフォード大学出版局、2011年。

ウェブリンク