麻酔薬

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

コカ植物(Erythroxylum novogranatensevar。Novogranatense の葉。これから、天然に存在する局所麻酔薬であるコカインが得られます。[1] [2] [3]

麻酔薬アメリカ英語)または麻酔薬イギリス英語;綴りの違いを参照は、麻酔を誘発するために使用れる ですそれらは2つの大きなクラスに分けられます:意識の可逆的な喪失をもたらす全身麻酔薬と、必ずしも意識に影響を与えることなく体の限られた領域の感覚の可逆的な喪失を引き起こす局所麻酔薬です。[4]

現代の麻酔の実践では、多種多様な薬が使用されています。多くは麻酔科以外ではめったに使用されませんが、その他は医療のさまざまな分野で一般的に使用されています。麻酔薬の組み合わせは、相乗的かつ相加的な治療効果のために使用されることがあります。ただし、副作用も増加する可能性があります。[5]麻酔薬は、痛みを伴う刺激の感覚のみを遮断する鎮痛薬と は異なります。[要出典]

局所麻酔薬

局所麻酔薬は、意識を失うことなく神経インパルスの伝達を防ぎます。それらは、神経線維内から高速ナトリウムチャネルに可逆的に結合することによって作用し、それによってナトリウムが線維に入るのを防ぎ、細胞膜を安定させ、活動電位の伝播を防ぎます。それぞれの局所麻酔薬には、名前に「–caine」という接尾辞が付いています。

局所麻酔薬は、エステルベースまたはアミドベースのいずれかです。エステル局所麻酔薬(プロカインアメトカインコカインベンゾカインテトラカインなど)は、一般に溶液中で不安定で即効性があり、血漿および肝臓でコリンエステラーゼによって急速に代謝されより一般アレルギー反応を誘発します。局所麻酔薬(リドカインプリロカインブピバカインレボブピバカインロピバカインなど)をアミド化するメピバカインジブカインエチドカイン)は一般的に熱安定性があり、長い貯蔵寿命(約2年)があります。アミドは、エステル麻酔薬よりも発症が遅く、半減期が長く、レボブピバカイン(S(-)-ブピバカイン)とロピバカイン(S(-)-ロピバカイン)を除いて、通常はラセミ混合物です。アミドは、作用の持続時間が長いため、一般的に局所および硬膜外または脊髄の技術で使用され、手術、分娩、および対症療法に適切な鎮痛を提供します。[要出典]

髄腔内に注射できるのは、防腐剤を含まない局所麻酔薬のみです。

ペチジンは、オピオイド効果に加えて、局所麻酔特性も持っています。[6]

全身麻酔薬

吸入麻酔に広く使用されているイソフルランの化学構造

吸入剤

揮発性薬剤は通常、容易に蒸発する有機液体です。それらは、全身麻酔の導入または維持のために吸入によって与えられます。亜酸化窒素とキセノンはガスであるため、揮発性物質とは見なされません。理想的な揮発性麻酔薬は、不燃性、非爆発性、脂溶性でなければなりません。血液ガスの溶解度が低く、末端器官(心臓、肝臓、腎臓)の毒性や副作用がなく、代謝されてはならず、呼吸経路を刺激してはなりません。[要出典]

現在使用されている麻酔薬はこれらすべての要件を満たしておらず、完全に安全であると見なすこともできません。一人一人の患者に固有の固有のリスクと薬物相互作用があります。[7]現在広く使用されている薬剤は、イソフルランデスフルランセボフルラン、および亜酸化窒素です。亜酸化窒素は一般的なアジュバントですガス、それを現在使用されている最も長寿命の薬の1つにします。効力が低いため、それ自体では麻酔をかけることはできませんが、他の薬剤と組み合わせることがよくあります。1950年代に導入された薬剤であるハロタンは、その欠点のために、現代の麻酔診療ではほぼ完全に新しい薬剤に置き換えられています。[8]副作用もあり、エンフルランが広く普及することはありませんでした。[8]

理論的には、吸入麻酔薬は全身麻酔の導入に使用できます。しかし、ハロゲン化麻酔薬のほとんどは気道を刺激し、おそらく咳、喉頭けいれん、および全体的に困難な誘発を引き起こします。すべての揮発性薬剤は、麻酔を維持するために単独で、または他の薬剤と組み合わせて使用​​することができます(亜酸化窒素は、単独の薬剤として使用するのに十分なほど強力ではありません)。

揮発性薬剤は、最小肺胞内濃度に反比例する効力の観点から頻繁に比較されます。効力は脂質の溶解度に直接関係しています。これは、Meyer-Overton仮説として知られています。ただし、揮発性薬剤の特定の薬物動態特性は、別の比較ポイントになっています。これらの特性の中で最も重要なものは、血液/ガス分配係数として知られていますこの概念は、血液中の特定の薬剤の相対的な溶解度を指します。血液溶解度が低い(つまり、血液ガス分配係数が低い、たとえばデスフルラン)薬剤は、麻酔提供者に麻酔深度の滴定をより迅速に行い、投与を中止すると麻酔状態からより迅速に出現できるようにします。実際、新しい揮発性薬剤(セボフルラン、デスフルランなど)は、その効力(最小肺胞内濃度)のためではなく、血液ガス分配係数が低いために麻酔からの出現を早めるための汎用性のために人気があります。

静脈内投与剤(非オピオイド)

麻酔や鎮静をもたらすために静脈内に使用できる多くの薬がありますが、最も一般的なものは次のとおりです。

上記の2つのバルビツール酸塩、チオペンタールとメトヘキシタールは超短時間作用型であり、麻酔を誘発および維持するために使用されます。[9]しかしながら、それらは意識を失いますが、鎮痛(痛みの軽減)を提供せず、他の薬剤と一緒に使用されなければなりません。[9]ベンゾジアゼピンは、手術前または手術後の鎮静に使用でき、全身麻酔を誘発および維持するために使用できます。[9]全身麻酔を誘発するためにベンゾジアゼピンを使用する場合、ミダゾラムが好ましい。[9]ベンゾジアゼピンは、全身麻酔を必要としない処置中の鎮静にも使用されます。[9]バルビツール酸塩と同様に、ベンゾジアゼピンには痛みを和らげる特性がありません。[9]プロポフォールは、全身麻酔を誘発および維持するために使用される最も一般的に使用される静脈内投与薬の1つです。[9]処置中またはICUでの鎮静にも使用できます[9]上記の他の薬剤と同様に、それは痛みを和らげることなく患者を意識不明にします。[9]その好ましい生理学的効果のために、「エトミダートは主に病気の患者に使用されてきました」。[9]ケタミンは、「鮮やかな夢、体外の経験、幻想」など、麻酔からの脱出時に時々発生する不快な経験のために、麻酔で使用されることはめったにありません[10]ただし、エトミダートと同様に、生理的悪影響が少ないため、緊急事態や病気の患者に頻繁に使用されます。[9]前述の静脈麻酔薬とは異なり、ケタミンは、全身麻酔を誘発する用量よりも低い用量でも、深刻な痛みの緩和をもたらします。[9]また、このセクションの他の麻酔薬とは異なり、ケタミンのみを投与された患者は、通常の睡眠に似た他の麻酔状態とは異なり、カタレプシー状態にあるように見えますケタミンで麻酔された患者は、重度の鎮痛を示しますが、目を開いたままにして、多くの反射神経を維持します。[9]

静脈内オピオイド鎮痛剤

オピオイドは意識を失う可能性がありますが、信頼性が低く、重大な副作用があります。[11] [12]したがって、麻酔を誘発するために使用されることはめったにありませんが、静脈内非オピオイド麻酔薬や吸入麻酔薬などの他の薬剤と一緒に使用されることがよくあります。[9]さらに、それらは、手術前、手術中、または手術後の患者の痛みを和らげるために使用されます。以下のオピオイドは、作用の開始と持続時間が短く、全身麻酔中に頻繁に使用されます。

以下の薬剤は、作用の開始と持続時間が長く、術後の痛みの緩和に頻繁に使用されます。

筋弛緩薬

筋弛緩薬は、患者を無意識にしたり、痛みを和らげたりすることはありません。代わりに、患者が意識を失った後(麻酔の導入)に、骨格筋を麻痺させることによって挿管または手術を容易にするために使用されることがあります。[要出典]

悪影響

  • 脱分極性筋弛緩薬(例:スキサメトニウム)
    • 高カリウム血症– 0.5 mmol / lのわずかな上昇が正常に発生します。腎不全などでカリウムがすでに上昇していない限り、これはほとんど重要ではありません
    • 高カリウム血症–火傷患者(負傷後24時間から発生し、最長2年間続く)、神経筋疾患、および麻痺(四肢麻痺、対麻痺)患者におけるカリウム放出の過剰。このメカニズムは、筋細胞内からのカリウムの流出が増加した患者集団におけるアセチルコリン受容体のアップレギュレーションによるものと報告されています。生命を脅かす不整脈を引き起こす可能性があります。
    • 筋肉痛、手術後すぐに動員する若い筋肉患者によく見られる
    • 徐脈、特に反復投与が行われる場合
    • 悪性高熱症、感受性の高い患者の潜在的に生命を脅かす状態
    • スキサメトニウム無呼吸は、神経筋遮断の持続期間を延長するまれな遺伝的状態であり、20分から数時間の範囲である可能性があります。それが認識され、患者が挿管され鎮静されたままである限り、危険ではありません。これが起こらなければ、気づきの可能性があります。
    • アナフィラキシー
  • 非脱分極性筋弛緩薬
    • ヒスタミン放出、例えばアトラクリウムとミバクリウム
    • アナフィラキシー

神経筋遮断が採用されているもう1つの潜在的に厄介な合併症は、麻酔の認識です。'。この状況では、麻痺した患者は、鎮静または鎮痛を提供する薬物のレベルの不適切な低下のために、麻酔中に目覚める可能性があります。これが麻酔提供者によって見落とされた場合、患者は周囲に気づいているかもしれませんが、その事実を動かしたり伝えたりすることはできません。意識の発生率を減らすのに役立つ可能性のある神経学的モニターがますます利用可能になっています。これらのモニターのほとんどは、誘発電位を介して脳活動を監視する独自のアルゴリズムを使用しています。これらのデバイスの広範なマーケティングにもかかわらず、神経学的モニターによって測定されるように明らかに適切な麻酔にもかかわらず、麻酔下での認識が起こったという多くの症例報告が存在します。[要出典]

静脈内逆転剤

  • フルマゼニルは、ベンゾジアゼピンの効果を逆転させます
  • ナロキソン、オピオイドの効果を逆転させる
  • ネオスチグミンは、非脱分極性筋弛緩薬の効果を逆転させるのに役立ちます
  • スガマデックス、ロクロニウムに結合するように設計されているため、その作用を停止する新しい薬剤

参考文献

  1. ^ Biscoping、J。; Bachmann-Mennenga、MB(2000年5月)。"Lokalanästhetika:Vom Ester zum Isomer *"Ains・Anästhesiologie・Intensivmedizin・Notfallmedizin・Schmerztherapie35(5):285–292。土井10.1055 / s-2000-324PMID10858837 _
  2. ^ ゴールドバーグ、MF(1984)。「コカイン:最初の局所麻酔薬と「人類の第3の惨劇」:100周年記念メロドラマ」眼科のアーカイブ102(10):1443–1447。土井10.1001 /archopht.1984.01040031163009PMID 6385930 –jamanetwork.com経由。 
  3. ^ Karch、SB(1998)。コカインの簡単な歴史CRCプレス。
  4. ^ Wollweber、Hartmund(2000)。「麻酔薬、一般」。ウルマン産業化学事典ヴァインハイム:Wiley-VCH。土井10.1002 /14356007.a02_289
  5. ^ Hendrickx、JF。; エゲル、EI。; Sonner、JM。; シェーファー、SL。(2008年8月)。「相乗効果がルールですか?催眠術と不動を生み出す麻酔薬の相互作用のレビュー」AnesthAnalg107(2):494–506。土井10.1213 /ane.0b013e31817b859ePMID18633028_ S2CID8125002_  
  6. ^ ラッタ、KS; ギンズバーグ、B; バーキン、RL(2001)。「メペリジン:批評的レビュー」。American Journal ofTherapeutics9(1):53–68。土井10.1097 / 00045391-200201000-00010PMID11782820_ S2CID23410891_  
  7. ^ Krøigaard、M。; ガーベイ、LH。Menné、T。; Husum、B。(2005年10月)。「麻酔におけるアレルギー反応:疑わしい原因はその後の検査で確認されていますか?」Br JAnaesth95(4):468–71。土井10.1093 / bja / aei198PMID16100238_ 
  8. ^ a b Townsend、Courtney(2004)。サビストン外科教科書フィラデルフィア:サンダース。第17章–麻酔の原則、疼痛管理、および意識下鎮静。ISBN 0-7216-5368-5
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n Miller、Ronald(2005)。ミラーの麻酔ニューヨーク:Elsevier / ChurchillLivingstone。ISBN 0-443-06656-6
  10. ^ ガーフィールド、JM; ガーフィールド、FB; ストーン、JG; ホプキンス、D; ジョンズ、LA(1972)。「ケタミンとチオペンタール-亜酸化窒素-ハロタン麻酔に対する心理的反応の比較」。麻酔学36(4):329–338。土井10.1097 / 00000542-197204000-00006PMID5020642_ S2CID2526481_  
  11. ^ Philbin、DM; Rosow、CE; シュナイダー、RC; コスキ、G; ミネソタ州ダンブラ(1990)。「フェンタニルとスフェンタニルの麻酔の再検討:どれくらいで十分ですか?」麻酔学73(1):5–11。土井10.1097 / 00000542-199007000-00002PMID2141773_ 
  12. ^ Streisand JB、Bailey PL、LeMaire L、Ashburn MA、Tarver SD、Varvel J、Stanley TH(1993年4月)。「フェンタニルによって誘発された人間の志願者の硬直と意識喪失。発生率、期間、および血漿濃度」。麻酔学78(4):629–34。土井10.1097 / 00000542-199304000-00003PMID8466061_ S2CID32056642_  

外部リンク

  • 麻酔薬、David Wilkinson、Stephanie Snow、Anne HardyとのBBCラジオ4のディスカッション(2007年3月29日、In Our Time )