古代ギリシャ語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

古代ギリシャ語
ἙλληνικήHellēnikḗ
_
Phidias.jpgによるアテナパルテノスの建設の説明
銅像の建設についての碑文アテナParthenosパルテノン神殿、439分の440 BC
領域地中海東岸
ギリシャ文字
言語コード
ISO 639-2grc
ISO 639-3grc (すべてのプレモダンステージを含む)
Glottologanci1242
ホメリックギリシア-en.svg
この記事には、IPA音声記号が含まれています適切なレンダリングサポートがないとUnicode文字の代わりに疑問符、ボックス、またはその他の記号が表示される場合がありますIPA記号の紹介ガイドについては、Help:IPAを参照してください

古代ギリシャ語には、紀元前1500年頃から紀元前300年までの古代ギリシャ古代世界で使用されていたギリシャ語の形式が含まれています。多くの場合、ミケーネ文明( 紀元前1400〜1200年頃)、暗黒時代 紀元前1200〜800年頃)、アルカイック期(紀元前800 500年頃)、古典派 音楽c  紀元前500〜300年)。[1]

古代ギリシャ語は、ホメロス5世紀のアテナイの歴史家、劇作家、哲学者の言語でした。それは英語の語彙に多くの単語を提供し、ルネッサンス以来、西洋世界の教育機関の標準的な研究対象となっています。この記事には、主に言語 の叙事詩古典派音楽に関する情報が含まれています。

ヘレニズム時代(紀元前 300年頃)から、古代ギリシャ語の後にコイネーギリシャ語が続きました。これは別の歴史的段階と見なされていますが、初期の形式は古アテナイ方言に非常に似ており、最新の形式は中世ギリシャ語近づいています。古代ギリシャ語に はいくつかの地域の方言があり、そのうち古アテナイ方言はコイネーに発展しました。

方言

古代ギリシャ語は複数中心言語であり、多くの方言に分かれていました。主な方言グループは、屋根裏部屋イオンエオリックアルカドキプロトドーリア式であり、それらの多くはいくつかの細分化がされています。一部の方言は、文学で使用される標準化された文学形式で見られますが、他の方言は碑文でのみ証明されています。

いくつかの歴史的な形式もあります。ホメリック・ギリシア語は、叙事詩イリアスオデッセイ、および他の作者による後の詩で使用されているアルカイック期ギリシャ語(主にイオンとエオリックから派生)の文学形式です。ホメリック・ギリシア語は、古典派の屋根裏部屋や他の古典派の方言とは文法や発音に大きな違いがありました。

歴史

Idioma griego antiguo.png
古代ギリシャ語

同時期の証拠がないため、ヘレニック語族の起源、初期の形態、発達はよく理解されていません。一般的なインド・ヨーロッパ祖語からの初期ギリシャ語のようなスピーチの分岐と古典派音楽の間にギリシャ語の方言グループが存在した可能性があることについて、いくつかの理論が存在します。それらは同じ一般的なアウトラインを持っていますが、細部のいくつかが異なります。この時代から証明された唯一の方言[a]ミケーネ文明ですが、歴史的な方言と時代の歴史的状況との関係は、グループ全体がすでに何らかの形で存在していたことを意味します。

学者たちは、古代ギリシャの主要な方言グループが、ドーリア人の侵略の時点で紀元前1120年までに発達し、正確なアルファベットの書き方として最初に登場したのは紀元前8世紀であると想定しています。侵略者が歴史的なドーリア人と何らかの文化的関係を持っていない限り、侵略は「ドリアン」ではありません。侵略は、後の屋根裏部屋-イオン地域に人口を追いやったことが知られており、彼らは自分たちをドーリア人によって追い出された、またはドーリア人と争っている人口の子孫と見なしていました。

この時代のギリシア人は、すべてのギリシア人には、ドーリア人、アイオリス人、イオニア人(アテナイ人を含む)の3つの主要な区分があり、それぞれが独自の明確な方言を持っていると信じていました。あいまいな山の方言であるアルカディアンと、ギリシャの学問の中心から遠く離れたキプロスの監視を考慮に入れると、この人々と言語の区分は、現代の考古学-言語学的調査の結果と非常に似ています。

方言の標準的な定式化の1つは次のとおりです。[2]

古典派時代のギリシャにおけるギリシャ方言の分布[3]
古典派時代のマグナグラエキア(南イタリアとシチリア)における ギリシャ語方言の分布。

西ギリシャ語と非西ギリシャ語は最も強くマークされた最も初期の区分であり、非西はIonic-Attic(またはAttic-Ionic)とAeolic vs. Arcadocypriot、またはAeolicとArcado-Cypriot vs.Ionic-Atticのサブセットにあります。多くの場合、非西部は「東ギリシャ語」と呼ばれます。

アルカドキプロトは、青銅器時代のミケーネ文明からより密接に降りてきたようです。

ヴィオティアはギリシャ北西部の強い影響を受けており、いくつかの点で過渡的な方言と見なすことができます。テッサリアも同様に、程度は低いものの、ギリシャ北西部の影響を受けていました。

アナトリアの南西海岸の小さな地域で話され、碑文にほとんど保存されていないパンフィリアギリシャ語は、5番目の主要な方言グループであるか、ギリシャ語以外のネイティブの影響を受けたドリックによってオーバーレイされたミケーネ文明です。

発言に関しては、古代マケドニアの多様な理論が提唱されているが、碑銘活動とで考古学的発見マケドニアのギリシャの地域過去数十年の間には、光の文書に書かれた中で最初のテキストにもたらしたマケドニアのような、Hatzopoulosや他の学者が指摘しているように、ペラの呪いのタブレット[4] [5]ペラの呪いのタブレットなどのいくつかの研究と発見によって引き出された結論に基づいて、エミリオ・クレスポと他の学者は古代マケドニア人北西ドリア方言あったことを示唆している[6] [7] [5]その隣接している株式のisoglossesテッサリア方言北東部で話テッサリア[6] [5]

上記の方言のサブグループのほとんどには、さらに細分化されており、一般に都市国家とその周辺地域、または島に相当します。ドリックは特に、島ドリック(クレタンドリックを含む)、南ペロポネソスドリック(ラコニアスパルタ方言を含む)、北ペロポネソスドリック(コリントを含む)にいくつかの中間区分を持っていました

レズビアン方言だっ風によるギリシャ

すべてのグループはギリシャ以外の植民地によっても代表され、これらの植民地は一般に、異なるギリシャ語の方言を話す入植者や隣人の影響下で、地域の特徴を発達させました。

Ionicグループ外の方言は、主に碑文から知られていますが、注目すべき例外は次のとおりです。

紀元前4世紀後半にアレキサンダー大王が征服された後、コイネーまたは一般ギリシャ語として知られる新しい国際方言が開発されました。これは主に古アテナイ方言に基づいていますが、他の方言の影響を受けています。この方言は、古い方言のほとんどをゆっくりと置き換えましたが、ドリック方言は、現代のスパルタ地方で話されているツァコン語で生き残っています。ドリックはまた、そのアオリストの終了をデモティキギリシャ語のほとんどの動詞に受け継いでいます。紀元6世紀頃までに、コイネーはゆっくりと中世ギリシャ語に変身していました。

関連言語

フリュギア語は、西アナトリアと中央アナトリアの絶滅したインド・ヨーロッパ語族であり、一部の言語学者はギリシャ語と密接に関連していると考えています。[8] [9] [10]生きている子孫を持つインド・ヨーロッパ語族の中で、ギリシャ語はアルメニア語[11]Graeco-Armenianも参照)およびインド-イラン語Graeco-Aryanを参照)と最も近い遺伝的関係を持っているとしばしば主張されます)。[12] [13]

音韻論

インド・ヨーロッパ祖語との違い

古代ギリシャ語は、特定の点でインド・ヨーロッパ祖語(PIE)や他のインド・ヨーロッパ語族とは異な​​ります。音素配列論では、古代ギリシャ語は母音または/ nsr /でのみ終了する可能性があります。「ミルク」(属格)のγάλακτοςと比較して、 γάλα 「ミルク」のように、最終的な停止は失われました。古典派の古代ギリシャ語も、多くの音の変化のために、元のPIE音素の在庫と分布の両方が異なっていました[14]。特に次のとおりです。

  • PIE * s単語の先頭で/ h /になりました(非口腔化):ラテン語の性別、英語の6つ、古代ギリシャ語のἕξ /héks/
  • PIE * sはして省略さ非口腔音化の中間ステップの後に母音間:サンスクリットjanasas、ラテンgenerisS > Rによってロータシズム)、ギリシャ*のgenesos > * genehos >古代ギリシアγένεος/géneos/ )、屋根裏γένους/génoːs/)「ある種の」。
  • PIE * y / j // h / (非口腔化)または/(d)z /要塞)になりました:サンスクリット語yas、古代ギリシャ語ὅς /hós/ "who"(関係代名詞); ラテン語iugum、英語のくびき、古代ギリシャ語ζυγός /zygós/
  • ミケーネ文明と一部の非屋根裏方言で発生したPIE * wは失われました:初期のドリックϝέργον /wérgon/、英語の作品、古アテナイ方言ἔργον /érgon/
  • 後のギリシャ語の方言では、PIEとミケーネ文明の唇音化口蓋音がプレーンストップ(唇音化口蓋音、歯、軟口蓋音)に変わりました。たとえば、PIE *kʷAttic:AtticGreekποῦ / pôː / " where?"、ラテン語quō ; 古アテナイ方言τίς / tís/、ラテン語quis "who?"。
  • PIEの「有気音」ストップ*bʰdʰǵʰgʰgʷʰは無声で、古代ギリシャ語で有気音φθχ/pʰtʰkʰ/になり ました。

音素インベントリ

古代ギリシャ語の発音は現代ギリシャ語の発音とは非常に異なっていました。古代ギリシャ語には長母音と短母音がありました。多くの二重母音;二重子音と単一子音。有声、無声、および有気音の停止;と高低アクセント。現代ギリシャ語では、すべての母音と子音は短いです。かつてはっきりと発音された多くの母音と二重母音は、/ i /iotacism)として発音されます。二重母音のストップとグライドの一部が摩擦音になり、高低アクセントが強勢アクセントに変更されました。変更の多くはコイネーギリシャ語で行われました限目。ただし、現代ギリシャ語の書記体系は、すべての発音の変更を反映しているわけではありません。

以下の例は、紀元前5世紀の古アテナイ方言を表しています。古代の発音を確実に再構築することはできませんが、その時代のギリシャ語は十分に文書化されており、文字が表す音の一般的な性質に関して言語学者の間でほとんど意見の相違はありません。

子音

両唇音 歯科 ヴェラール 声門
μm
_
νn
_
γ
ŋ
破裂音 有声 βb
_
δd
_
γɡ
_
無声 πp
_
τt
_
κk
_
有気音 φpʰ
_
θtʰ
_
χkʰ
_
摩擦音 σs
_
h
トリル ρr
_
横方向 λl
_

[ŋ]は、軟口蓋音の前に使用された/ n /の異音として、および鼻音の前に/ɡ/の異音として発生しました/ r /は、単語の頭文字( と書かれている)のときはおそらく無声でした。/ s /は、有声子音の前 に[z]に同化されました。

母音

フロント 戻る
丸められていない 丸められます
選ぶ ιiiː
_ _
υyyː
_ _
半狭母音 εειeeː
_ _
οουooː
_ _
オープンミッド ηɛː
_
ωɔː
_
開ける αaaː
_ _

/oː/はおそらく紀元前4世紀 までに[uː]に引き上げられました。

形態学

ギリシャ語は、すべての古いインド・ヨーロッパ語族と同様に、非常に活用されています。それは、祖インド・ヨーロッパ語族の形態の保存において非常に古風です。古代ギリシャ語では、名詞(適切な名詞を含む)には、5つのケース名詞genitivedativeaccusative、およびvocative)、3つの性別男性女性、および中性)、および3つの数字(単数形、数形、および複数形)があります。動詞には4つの気分があります(直説法命令法、接続法、希求法3つの(能動態、中間、受動態)、および3(第1、第2、第3)およびその他のさまざまな形式。動詞は、時制アスペクトの7つの組み合わせ(一般に単に「時制」と呼ばれます)によって結合されます。現在形、未来形、および不完全、アスペクトが不完全です。アオリスト現在完了形、過去形、未来完了形完結相ですほとんどの時制は、4つの気分と3つの声すべてを表示しますが、将来の接続法や命令法はありません。また、不完全な接続法、希求法、命令法はありません。不定詞と分詞は、時制、相、および声の有限の組み合わせに対応します。

増強

過去形を示すものは、(少なくとも概念的には)加音と呼ばれる接頭辞/ e- /を追加ますこれはおそらく元々は別の単語であり、「then」のようなものを意味し、PIEの時制は主にアスペクトの意味を持っていたために追加されました。加音は、アオリスト、不完全、および過去形 の指標に追加されますが、他の形式のアオリストには追加されません(他の形式の不完全および過去形は存在しません)。

ギリシャ語の2種類の加音は、音節と量的です。音節の拡張は、子音で始まる語幹に追加され、単にeの接頭辞が付きます(ただし、rで始まる語幹はerを追加します)。量的増加は、母音で始まる語幹に追加され、母音を長くすることを含みます。

  • a、ā、e、ē→ē
  • i、ī→ī
  • o、ō→ō
  • u、ū→ū
  • ai→ēi
  • ei→ēiまたはei
  • oi→ōi
  • au→ēuまたはau
  • eu→ēuまたはeu
  • ou→ou

一部の動詞は不規則に増加します。最も一般的なバリエーションはeeiです。不規則性は、母音間のsの喪失、または単語の頭文字であるときに拡張に影響を与えた文字wの喪失によって通時的に説明できます。接頭辞として前置詞がある動詞では、加音は単語の先頭ではなく、前置詞と元の動詞の間に配置されます。たとえば、προσ(-)βάλλω 私が攻撃する)は、アオリストのπροσέβαλoνに移動します。ただし、前置詞ではない接頭辞で構成される複合動詞は、単語の先頭に加音を保持します。αὐτο(-)μολῶηὐτομόλησαに移動します アオリストで。

ホメロスの慣習に従って、、特に叙事詩では増強が行われないことがあります。

拡張は、畳語の代わりになることがあります。下記参照。

畳語

完了形、大形形、未来完​​了形のほとんどすべての形式は、動詞の語幹の最初の音節を複製します。(パーフェクトのいくつかの不規則な形式は重複しないことに注意してください。一方、少数の不規則なアオリストは重複します。)重複の3つのタイプ次のとおりです。

  • 音節の畳語:単一の子音で始まるほとんどの動詞、または共鳴音のあるストップのクラスターは、最初の子音とそれに続くeで構成される音節を追加しますただし、有気音は、有気音と同じように複製されます(グラスマンの法則を参照)。
  • 加音:母音で始まる動詞、および以前に示されたもの以外のクラスターで始まる動詞(および場合によっては他のいくつかの動詞)は、加音と同じ方法で複製されます。これは、指標だけでなく、すべての形で完璧なままです。
  • 屋根裏の畳語: aeoで始まり、共鳴音(または場合によってはdまたはg)が続く動詞の中には、最初の母音とそれに続く子音で構成される音節を追加し、次の母音を長くすることで重複するものがあります。したがって、 ererērananēnololōlededēd。これは、その名前にもかかわらず、実際には古アテナイ方言に固有のものではありませんが、屋根裏部屋で一般化されました。これは元々、喉頭からなるクラスターの複製を伴うものでしたそして共鳴音、したがってh₃lh₃leh₃lolōlと喉音の通常のギリシャの発達。(ストップのあるフォームは類似しています。)

不規則な重複は通時的に理解することができます。たとえば、lambanō(root lab )は、元々slambanōであり、完全なseslēphaを持ち、代償延長によって eilēphaになるため、完全なステムeilēpha(* lelēphaではない)を持ちます。

畳語は、特定の動詞の現在時制にも見られます。これらの語幹は、ルートの最初の子音とそれに続くiで構成される音節を追加します。一部の動詞では、畳語の後に鼻音が止まります。[15]

書記体系

古代ギリシャ語の書物(紀元前1450年頃)の最も初期の現存する例は、音節文字線形Bにあります。しかし、紀元前8世紀以降、方言によって多少の違いはあるものの、ギリシャ文字が標準になりました。初期のテキストは牛耕式で書かれていますが、古典派時代には左から右が標準になりました。古代ギリシャ語のテキストの現代版は、通常、アクセントと呼吸マーク単語間の間隔、現代の句読点、場合によっては大文字と小文字が混在して書かれていますが、これらはすべて後で紹介されました。

サンプルテキスト

ホメロスイリアスの始まりは、古代ギリシャのアルカイック期を例示しています(詳細については、ホメリックギリシャ語を参照してください)。

Μῆνινἄειδε、θεά、ΠηληϊάδεωἈχιλῆοςの
οὐλομένην、ἣμυρί 'Ἀχαιοῖςἄλγε' ἔθηκε、
πολλὰςδ 'ἰφθίμουςψυχὰςἌϊδιπροΐαψεν
ἡρώων、αὐτοὺςΔεἑλώριατεῦχεκύνεσσιν
οἰωνοῖσίτεπᾶσι・Διὸςδ' ἐτελείετοβουλή・
ἐξοὗΔηταπρῶταδιαστήτηνἐρίσαντε
Ἀτρεΐδηςτε ἄναξἀνδρῶνκαὶδῖοςἈχιλλεύς。

プラトンによる謝罪の始まりは、古代ギリシャの古典派時代の古 アテナイ方言を例示しています。

Ὅτιμὲνὑμεῖς、ὦἄνδρεςἈθηναῖοι、πεπόνθατεὑπὸτῶνἐμῶνκατηγόρων、οὐκοἶδα・ἐγὼδ 'οὖνκαὶαὐτὸςὑπ' αὐτῶνὀλίγουἐμαυτοῦἐπελαθόμην、οὕτωπιθανῶςἔλεγον。Καίτοιἀληθέςγεὡςἔποςεἰπεῖνοὐδὲνεἰρήκασιν。

IPAの使用

[hótimenhyːmêːs| ɔ̂ːándresatʰɛːnaî̯i̯oi | pepóntʰate| hypotɔ̂ːnemɔ̂ːŋkatɛːɡórɔːn | oːkoî̯da‖éɡɔːdûːŋkai̯au̯tos| hypau̯tɔ̂ːnolíɡoːemau̯tûː | epelatʰómɛːn| hǔːtɔːpitʰanɔ̂ːséleɡon‖kaí̯toi̯alɛːtʰézɡe | hɔːséposeːpêːn| おでんeːrɛ̌ːkaːsin‖]

現代版のエラスミアンスキームを使用してラテンアルファベットに音訳:

Hótimènhūmeîs、ôándresAthēnaîoi、pepónthatehupòtônemônkatēgórōn、oukoîda:egṑd'oûnkaìautòshup'autōnolígouemautoûepelathómē Kaítoialēthésgehōséposeipeînoudèneirḗkāsin。

英語に翻訳:

アテネの人々であるあなたが私の告発者の力の下でどのように感じているか、私にはわかりません。実際、私自身でさえ、彼らのせいで私が誰であるかをほとんど忘れていました。それでも、大まかに言えば、彼らが言ったことは何も真実ではありません。

現代の使用

教育において

ラテン語に加えてヨーロッパ諸国での古代ギリシャ語の研究は、ルネサンスから20世紀初頭までのシラバスの重要な場所を占めていました。古代ギリシャ語は、特に英国公立学校グラマースクールなど、ヨーロッパ中の伝統的な学校やエリート学校で、強制的または任意の科目として教えられています。イタリアの古典リチェオオランダ体育館オーストリアのいくつかのクラス、klasičnagimnazija グラマースクール–オリエンテーション:古典言語)で義務付けられています。クロアチア、ベルギーのASOでの古典研究では、ドイツの人文科学体育館ではオプションです(通常、14歳から18歳までのラテン語と英語に続く第3言語として)。 2006/07年、ドイツ連邦統計局によると、15,000人の生徒がドイツで古代ギリシャ語を学び、280,000人の生徒がイタリアで古代ギリシャ語を学びました。[16]これは、スペインのバカロレアの人文科学部門でラテン語と並んで必須の科目です。古代ギリシャ語は、世界中のほとんどの主要大学でも教えられており、古典の研究の一環としてラテン語と組み合わされることがよくあります。 2010年には、英国の3つの小学校で子供の言語スキルを高めるために提供され[17] [18]、教育水準を高めるための主要な推進力の一環として小学校が2014年に教えることができる7つの外国語の1つでした。[19] [更新が必要]

古代ギリシャ語は、ギリシャのすべての体育館ライシーアム必修科目としても教えられています。[20] [21] 2001年から、毎年恒例の国際コンペティション「古代ギリシャ語と古代ギリシャ語と文化を探る」(ギリシャ語ΔιαγωνισμόςστηνΑρχαίαΕλληνικήΓλώσσακαιΓραμματεία)が、ギリシャ語を介して高等教育機関とRe 、共同主催者としてギリシャ語と文化組織と。[22]教師の認識と受け入れを得ることができなかったため、2010年に終了したようです。[23]

現代の実際の使用法

現代の作家が古代ギリシャ語で書くことはめったにありませんが、ヤン・ケサドロはその言語で詩や散文を書き、ハリー・ポッターと賢者の石[24] アステリックスのいくつか[25]アリックスの冒険は古代ギリシャ語に翻訳されています。ὈνόματαKεχιασμένα(オノマタケキアスメナ)は、古代ギリシャ語のクロスワードとパズルの最初の雑誌です。[26]その創刊号は、2015年4月にHebdomadaAenigmatumの付属書として掲載されました。アルフレッド・ラールフには序文、セプトゥアギンタの短い歴史が含まれていましたセプトゥアギンタの1935年版で古代ギリシャ語に翻訳されたテキストやその他の前書き。Robert Hanhartは、2006年に改訂されたRahlfs–Hanhart版の紹介文もこの言語で含めました。[27] Akropolis World Newsは、古代ギリシャ語で最も重要なニュースの要約を毎週報告しています。[28]

古代ギリシャ語は、この言語の使用に対する敬意、賞賛、または好みを示したいと考えている組織や個人、主にギリシャ語でも使用されています。この使用法は、グラフィカル、ナショナリズム、またはユーモラスと見なされることがあります。いずれにせよ、現代ギリシャ語が古代ギリシャ語の非古風な形式で書かれたテキストをまだ完全にまたは部分的に理解できるという事実は、その祖先の前任者に対する現代ギリシャ語の親和性を示しています。[28]

古代ギリシャ語は、ヨーロッパ言語の現代の専門用語の造語でよく使用されます。ギリシャ語由来の英語の単語を参照してください。古代ギリシャ語のルーツのラテン語化された形式は、種の学名多くや科学用語で使用されています。

も参照してください

ノート

  1. ^ ミケーネ文明は、不適合な音節文字(線文字B)で書かれているため、不正確に証明され、やや再構成されています。

参考文献

  1. ^ ラリ、アンジェラ(2012)。「ギリシャ語」Revue belge de Philologie etd'Histoire90(3):964。doi 10.3406 /rbph.2012.8269
  2. ^ ニュートン、ブライアンE。; Ruijgh、Cornelis Judd(2018年4月13日)。「ギリシャ語」ブリタニカ百科事典
  3. ^ Roger D. Woodard(2008)、「ギリシャ語方言」、in: The Ancient Languages of Europe、ed。RD Woodard、ケンブリッジ:Cambridge University Press、p。51。
  4. ^ ホーンブロワー、サイモン(2002)。「マセドン、テッサリア、ヴィオティア」。ギリシャの世界、紀元前479〜323年(第3版)。ラウトレッジ。p。90. ISBN 0-415-16326-9
  5. ^ a b c Hatzopoulos、Miltiades B.(2018)。「古代マケドニア方言の最近の研究:統合と新しい展望」Giannakisでは、Georgios K。; クレスポ、エミリオ; Filos、Panagiotis(編)。古代ギリシャ方言の研究:中央ギリシャから黒海までWalter de Gruyter pp。299–324。ISBN 978-3-11-053081-0
  6. ^ a b Crespo、Emilio(2018)。「マケドニア方言における阻害子音の軟化」。Giannakisでは、Georgios K。; クレスポ、エミリオ; Filos、Panagiotis(編)。古代ギリシャ方言の研究:中央ギリシャから黒海までWalter de Gruyter p。329. ISBN 978-3-11-053081-0
  7. ^ Dosuna、J.Méndez(2012)。「ギリシャ語方言としての古代マケドニア語:最近の研究に関する批判的調査(ギリシャ語、英語、フランス語、ドイツ語のテキスト)」。Giannakisでは、Georgios K.(ed。)古代マケドニア:言語、歴史、文化ギリシャ語センター。p。145. ISBN 978-960-7779-52-6
  8. ^ Brixhe、Cl。「ル・フリュギア」。神父で Bader(ed。)、 Languesindo-européennes、pp。165-178、Paris:CNRSEditions。
  9. ^ Brixhe、Claude(2008)。「フリュギア」。ウッダードでは、ロジャーD(編)。小アジアの古代言語ケンブリッジ大学出版局。pp。69–80  _ ISBN 978-0-521-68496-5「しかし、疑いもなく、フリュギアはギリシャ語と最も密接に関連しています。」(p.72)。
  10. ^ Obrador-Cursach、Bartomeu(2019年12月1日)。「インド・ヨーロッパ語族の中でフリュギア語の場所について」言語関係ジャーナル(ロシア語)。17(3–4):243。doi10.31826 / jlr-2019-173-407S2CID215769896_  「私たちの知識の現状から、フリュギア語はギリシャ語と密接に関連していると断言できます。」
  11. ^ ジェームズ・クラックソン。インド・ヨーロッパ語族:はじめに。ケンブリッジ大学出版局、2007年、11〜12ページ。
  12. ^ ベンジャミンW.フォートソン。インド・ヨーロッパ語族と文化ブラックウェル、2004年、p。181。
  13. ^ Henry M. Hoenigswald、「ギリシャ語」、インド・ヨーロッパ語族、ed。アンナ・ジャカロン・ラマットとパオロ・ラマット(Routledge、1998pp。228-260)、p。228.
    BBCヨーロッパ全体の言語:ギリシャ語
  14. ^ フォートソン、ベンジャミンW.(2004)。インド・ヨーロッパ語族と文化:はじめにマサチューセッツ州モールデン:ブラックウェル。pp。226–231  _ ISBN 978-1405103152OCLC54529041 _
  15. ^ パーマー、レナード(1996)。ギリシャ語オクラホマ州ノーマン:オクラホマ大学出版局。p。 262ISBN 978-0-8061-2844-3
  16. ^ 「省の出版物」(PDF)www.edscuola.it
  17. ^ 「古代ギリシャ語」公立学校で教えられるデイリーテレグラフ2010年7月30日。2022年1月10日のオリジナルからアーカイブ2015年5月3日取得
  18. ^ 「今、ラテン語は問題ありませんが、ギリシャ語はベータ版でさえあるかもしれません」 2010年8月3日にウェイバックマシンでアーカイブ、TES編集、2010年-TSL Education Ltd.
  19. ^ ラテン語と古代ギリシャ語を提供するより多くの小学校、The Telegraph、2012年11月26日
  20. ^ "ΩρολόγιοΠρόγραμματωνμαθημάτωντωνΑ、Β、ΓτάξεωντουHμερησίουΓυμνασίου" 2015年5月3日取得
  21. ^ "ΩΡΟΛΟΓΙΟΠΡΟΓΡΑΜΜΑΓΕΝΙΚΟΥΛΥΚΕΙΟΥ" 2015年5月3日取得
  22. ^ 「2012年ギリシャ統計の付録」(PDF)ユネスコ。2012.p。26 2018年12月14日取得
  23. ^ 「教育の革新の促進のための第2回汎ヘレニック会議の議事録」。II2016年:548。 引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  24. ^ AreiosPotērkaiētuphilosophulithos Bloomsbury 2004、 ISBN 1-58234-826-X 
  25. ^ 「アステリックスは屋根裏部屋(古典ギリシャ語)を話します-ギリシャ語(古代)」世界中のアステリックス-アステリックスの多くの言語2011年5月22日。
  26. ^ "Enigmistica:nasce prima rivista in greco antico2015"2015年5月4日2018年9月10日取得
  27. ^ Rahlfs、Alfred、およびHanhart、Robert(eds。)、 Septuaginta、editio altera Deutsche Bibelgesellschaft、2006)。
  28. ^ ab アクロポリスワールドニュース」www.akwn.net2016年9月22日にオリジナルからアーカイブされました。

参考文献

  • アダムス、マシュー。「ギリシャ語の英語学校への導入」。ギリシャとローマ61.1:102–13、2014年。
  • Allan、Rutger J.「トピックの変更:古代ギリシャ語の語順におけるトピックの位置」Mnemosyne:Bibliotheca Classica Batava 67.2:181–213、2014年。
  • Athenaze:古代ギリシャ語入門(オックスフォード大学出版局)。[学校用に出版された古代ギリシャ語の一連の教科書。]
  • バッカー、エグバートJ.、編 古代ギリシャ語の仲間。オックスフォード:Wiley-Blackwell、2010年。
  • ビークス、ロバートSPギリシャ語の語彙辞書。オランダ、ライデン:Brill、2010年。
  • シャントレーヌ、ピエールDictionnaireétymologiquedelalanguegrecque、new and update edn。、edited by Jean Taillardat、Olivier Masson、&​​Jean-LouisPerpillou。3巻 パリ:Klincksieck、2009年(第1版、1968年から1980年)。
  • Christidis、Anastasios-Phoibos、ed。古代ギリシャの歴史:始まりから古代末期までケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、2007年。
  • イースターリング、PとHandley、C。ギリシャ語のスクリプト:図解された紹介ロンドン:ギリシャ研究推進協会、2001。ISBN0-902984-17-9 
  • フォートソン、ベンジャミンW.インド-ヨーロッパの言語と文化:はじめに。2ded。オックスフォード:Wiley-Blackwell、2010年。
  • ハンセン、ハーディとクイン、ジェラルドM.(1992)ギリシャ語:集中コースフォーダム大学出版局
  • Horrocks、Geoffrey。ギリシャ語:言語とその話者の歴史。2ded。オックスフォード:Wiley-Blackwell、2010年。
  • ヤンコ、リチャード。「叙事詩の起源と進化」。イーリアス:A解説。4、本13–16。リチャード・ヤンコ編集、8–19。英国ケンブリッジ:ケンブリッジ大学 プレス、1992年。
  • ジェフリー、リリアンハミルトン。アルカイック期ギリシャのローカルスクリプト:AWジョンストンによる補足付きの改訂版。オックスフォード:オックスフォード大学 プレス、1990年。
  • Morpurgo Davies、Anna、およびYvesDuhoux編。線文字Bのコンパニオン:ミケーネ文明のテキストとその世界。1.ベルギー、ルーバン:Peeters、2008年。
  • Swiggers、Pierre、AlfonsWouters。「(ギリシャ語)言語の構成要素の説明。」古代ギリシャの奨学金へのブリルの仲間フランコ・モンタナリとステファノス・マタイオスが編集、757–797。ライデン:ブリル、2015年。

外部リンク

文法学習

古典的なテキスト