アムラ

「イスラム以前の最近の時代」に作られたとされるアムラー/アル・フウェイダの墓地の計画。
2 つのハンドルと金色の釉薬が付いた保存瓶。アムラ/アル・フウェイダの墓 Fu12 から発掘され、PIR のものとされる。
アムラ/アル・フウェイダにあるイスラム以前の後期の墓地から発掘された青銅製のボウルの絵。

アムラまたは ʿAmlāʾ (北緯 23 度 07 分 52 秒 東経 56 度 54 分 07 秒 / 23.13111 度 東経 56.90194 度 / 23.13111; 56.90194 )、アル・ダーヒラ州 (イブリーの東南 41 km)、オマーンのスルタン国。アムラ周辺の地域には、1970 年代半ばの調査で明らかになった数多くの遺跡があります。[1]一般に公開されているものは、青銅器時代の ワディ スーク時代から先イスラム時代後期までのものです。発掘された 26 の墓は、アル・フワイダに墓地があったという証拠を提供します。[2]墓と副葬品は、サマド後期鉄器時代のものではなく、アラブ首長国連邦、プレイスラミーク・レセンテ、つまりPIRのものに最も密接に関連しています。[3]後期鉄器時代の発見で最も印象的なのは、内側に刻まれた青銅の小瓶です。[4]

参考文献

  1. ^ * B. de Cardi、C. Collier、DB Doe、「オマーンの発掘と調査」、オマーン研究ジャーナル2、1976 年、101-187、ISSN  0378-8180
  2. ^ P. Yule、ʿAmlā/al-Zāhirah - Späreisenzeitliche Gräberfelder、Vorläufiger Bericht der Ausgrabungen 1997、in: P. Yule (ed.)、Study in the Archaeology of the Sultanate of Oman、Orient-Archäologie 2 (Rahdan 1999) 119- 186、ISBN 3-89646-632-1 
  3. ^ P. ユール、十字路 – 鉄器時代の初期および後期のアラビア南東部、アブハンドルンゲン ドイツ オリエント ゲゼルシャフト、vol. 30、ヴィースバーデン、2014、62‒9 ISBN 978-3-447-10127-1 
  4. ^ P. Yule、A Bronze Bowl from the Back Country of the Sultanate of Oman、in: (eds. J.-W. Mayer et al.) Beiträge zur vorderasiatischen Archäologie、Winfried Orthmann Gewidmet (Frankfurt Main 2001) 494-509、ISBN 3-00-007995-5 ; P.ユール‒C.パリセル、アル・ジュバ(アル・ウスタ県)産と言われている銀のフィラエ – 考古学パズル、Arab. Arch. and Epigraphy 27、2016、163 – 4 ISSN  0905-7196。 


「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Amlah&oldid=1124927789」から取得