南北アメリカ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標19° N96°W / 19°N 96°W / 19; -96

南北アメリカ
Americas (orthographic projection).svg
Americas (orthographic projection) blank.svg
領域42,549,000 km 2
(16,428,000平方マイル)
人口964,920,000 [1]
GDP  (名目)26.68兆ドル[1]
一人当たりGDP26,460ドル[1]
HDI北アメリカ0.733、南アメリカ0.738 [2]
住民の呼称アメリカ人[3] New Worlder [4]使用法を参照)
35
言語スペイン語英語ポルトガル語フランス語ハイチ語クレオール語ケチュア語グアラニ語、アイマラ語ナワトル語オランダ語その他多数
時間帯UTC-10:00からUTC
最大の都市最大の大都市圏
最大の都市
UNM49コード019–南北アメリカ
001–世界

総称してアメリカと呼ばれることもある南北アメリカ[ 5] [6] [7]は、南北アメリカ全体を構成する陸地です。[8] [9] [10]南北アメリカは地球西半球の土地の大部分を占め、新世界を構成しています。[5]

南北アメリカは、関連する島々とともに、地球の総表面積の8%、陸地の28.4%を占めています。地形は、西海岸の長さを走る長い山脈であるアメリカ山系によって支配されています。南北アメリカのより平坦な東側は、アマゾンセントローレンス川-五大湖流域、ミシシッピラプラタなどの大きな河川流域によって支配されています。南北アメリカは北から南に14,000km(8,700マイル)伸びているため、カナダ北部グリーンランドアラスカの北極圏のツンドラから、気候と生態系は大きく異なります。中央アメリカと南アメリカ の熱帯雨林へ。

人間は42、000年から17、000年前にアジアから南北アメリカに最初に定住しました。その後、アジアからNa-Deneスピーカーの2回目の移行が行われました。その後のイヌイットの紀元前3500年頃の新北極圏への移住は、アメリカ大陸の先住民によって一般的に定住と見なされているものを完了まし

南北アメリカで最初に知られたヨーロッパ人の入植地は、ノース人の探検家レイフ・エリクソンによるものでした。[11]しかし、植民地化は永続的になることはなく、後に放棄されました。1492年から1504年までのクリストファー・コロンブスのスペインの航海は、ヨーロッパ(そしてその後、他の旧世界)の勢力との恒久的な接触をもたらし、最終的にはコロンブス交換につながり、探検征服、植民地化の期間を開始しました。現在。スペインの存在は奴隷制を含んでいましたアメリカの先住民の多数の。[12]

ヨーロッパ西アフリカ から持ち込まれた病気は先住民を荒廃させ、ヨーロッパの勢力はアメリカ大陸に植民地化しました[13]多数の年季奉公を含むヨーロッパからの大量移民、およびアフリカの奴隷の輸入は、に先住民に取って代わった。

アメリカ大陸の脱植民地化は、1770年代のアメリカ独立戦争で始まり、1890年代後半の米西戦争で大部分が終わりました。現在、南北アメリカの人口のほとんどすべてが独立した国に住んでいます。しかし、ヨーロッパ人による植民地化と定住の遺産は、アメリカ大陸が多くの共通の文化的特徴、特にキリスト教インド・ヨーロッパ語族の使用を共有していることです:主にスペイン語英語ポルトガル語フランス語、そしてより少ない程度でオランダ語

南北アメリカには10億人近くの住民が住んでおり、その3分の2は米国ブラジルメキシコに住んでいます。ニューヨークシティ(2390万人)、メキシコバレーのメトロポリタンエリア(2120万人)、サンパウロ(2120万人)、ロサンゼルス(1880万人)の8つのメガシティ人口1000万人以上の大都市圏)があります。 、ブエノスアイレス(1560万)、[14]リオデジャネイロ(13.0百万)、ボゴタ(10.4百万)、リマ(10.1百万)。

語源と命名

「アメリカ」という名前は、1507年に最初に記録されました。MartinWaldseemüllerによって作成された2次元の地球儀は、この用語の最初の記録された使用法でした。[16]この名前は、南アメリカを参照して、明らかにマティアス・リングマンによって書かれたCosmographiae Introductioでも(関連用語Amerigenと一緒に)使用されました。[17] 1538年にゲラルドゥス・メルカトルによって南北アメリカの両方に適用されました。「アメリカ」は、イタリアの探検家アメリゴ・ヴェスプッチの名のラテン語版であるアメリカスに由来します。フェミニンなフォルムアメリカアジアアフリカヨーロッパの女性の名前と一致します。[18]

現代英語では、北アメリカと南アメリカは一般に別々の大陸と見なされ、まとめてアメリカ大陸、またはまれにアメリカと呼ばれます。[19] [20] [5]単一の大陸として考えられるとき、その形は一般に単数形のアメリカ大陸です。ただし、明確な文脈がなければ、英語での単数のアメリカは一般にアメリカ合衆国を指します。[5]

歴史的に、英語圏では、アメリカという用語は通常、1950年代まで単一の大陸を指していました( 1937年のヴァンルーン地理のように):歴史家のカレン・ヴィゲンとマーティン・W・ルイスによると[21]

1937年に米国で出版された本の中で、南北アメリカがまだ1つの大陸に参加しているのを見つけるのは意外に思われるかもしれませんが、そのような概念は第二次世界大戦までかなり一般的でした。このアイデアが、西半球の支配とヨーロッパ、アジア、アフリカの「旧世界」大陸からの離脱の両方を求めていた当時のアメリカの地政学的設計に役立ったことは偶然ではありません。しかし、1950年代までに、事実上すべてのアメリカの地理学者は、北アメリカと南アメリカの視覚的に異なる陸地が別々の指定に値すると主張するようになりました。

歴史

コロンブス以前の時代

ホンジュラス、コパンオクシデンタル広場

コロンブス以前の時代は、アメリカ大陸歴史と先史時代にすべての時代の細分化が組み込まれており、アメリカ大陸にヨーロッパの重要な影響が現れる前に、後期旧石器時代の最初定住から近世のヨーロッパの植民地化までの期間に及びます。コロンブス以前の用語は、メソアメリカオルメカトルテックテオティワカノ)などのアメリカ大陸の偉大な先住民文明の文脈で特に頻繁に使用されますZapotecMixtecAztec、およびMaya)およびAndesIncaMocheMuiscaCañaris)。

多くのコロンブス以前の文明は、恒久的または都市の集落、農業、市民および記念碑的な建築、および複雑な社会的階層を含む特徴と特徴を確立しましたこれらの文明のいくつかは、ヨーロッパ人が最初に恒久的に到着するまでに長い間衰退しており(15世紀後半から16世紀初頭頃)、考古学を通じてのみ知られています。調査。他のものはこの時代と同時代のものであり、当時の歴史的記述からも知られています。マヤのようないくつかは、彼ら自身の書かれた記録を持っていました。しかし、当時のほとんどのヨーロッパ人は異教徒のようなテキストを見て、多くはキリスト教の火葬場で破壊されました。今日残っている隠された文書はほんのわずかであり、現代の歴史家は古代の文化と知識を垣間見ることができます。[22]

決済

最初の住民はアジアから南北アメリカに移住しました。居住地は、アラスカユーコンで少なくとも20、000年前から知られており、推奨年齢は最大40,000歳です。[24] [25] [26] それを超えて、アメリカ大陸への、そしてアメリカ大陸全体への古インド人の移住の詳細は、旅行された日付とルートを含めて、進行中の研究と議論の対象となります。[27]アメリカ大陸の広範な居住は、16、000年から13、000年前の最終氷期最盛期に発生しました。[26] [28]

マルタバレッタパラッツォフェレリアにある南北アメリカを表す像

伝統的な理論では、これらの初期の移民は、第四紀氷河作用の間に海面が大幅に低下した約40、000〜17、000年前にシベリア東部と現在のアラスカの間のベーリング地峡の陸橋に移動した[29][27] [30]これらの人々は、ローレンタイド氷床コルディエラ氷床の間に広がる氷のない回廊に沿って、現在は絶滅した更新世のメガファウナの群れを追跡したと考えられています。[31]提案​​された別のルートは、徒歩または原始的なボートを使用して、太平洋岸を下って南アメリカに移動することです。[32]後者の証拠は、それ以来、最終氷河期に続く数百メートルの海面上昇によって覆われていたであろう。[33]遺伝的証拠は単一の創設集団を示唆しているが、両方の経路がとられた可能性がある。[34]南アメリカの先住民に特有超小型衛星の多様性と分布は、この地域の最初の植民地化以来、特定の集団が孤立していることを示しています。[35]

2回目の移住は、アメリカ大陸への最初の移住後に発生しました。[36] Na Deneスピーカーは、主に北米のグループでさまざまな遺伝的割合で発見され、アサバスカ諸語で最も高い頻度で42%がこの第2波に由来しています。[37] 言語学者生物学者は、アメリカインディアンの言語グループABO式血液型の分布の分析に基づいて同様の結論に達しています。[36] [38] [39] [40]それから、北極圏小道具文化の人々 、アラスカ半島に沿って発展した幅広い文化的実体ブリストル湾、およびベーリング海峡の東岸c。 紀元前2、500年に北米に移住しました。[41]北極圏小道具文化、古エスキモー文化は、先ドーセット文化とグリーンランドの独立文化を含む2つの文化的変種に分岐した[42]ドーセット文化以前の文化グループの子孫であるドーセット文化は、ベーリング海沿岸線からの最後の移民、現代のイヌイットの祖先であるトゥーレ人によって、西暦1000年 までに置き換えられた。[42]

北欧の植民地化

イヌイットがグリーンランドに移住したのとほぼ同時に、バイキングの入植者は982年にグリーンランドに到着し、その後すぐにヴィンランドに到着し、ニューファンドランドの最北端近くにあるランスオメドーに開拓地を設立しました。[43]ジェームズ・ワトソン・カランが指摘するように、ノース人の植民地とヨーロッパの間の接触は維持された。

985年から1410年まで、グリーンランドは世界と接触していました。その後、沈黙。1492年にバチカンは、「世界の終わりに」その国のニュースは80年間受け取られなかったと述べ、植民地の司教区は、彼がそこに行って「キリスト教を回復する」ならば、ある教会論者に提供されました。彼は行かなかった。[44]

大規模なヨーロッパの植民地化

クリストファー・コロンブスは、1492年に新世界への遠征を指揮します。

以前に大洋横断の接触がありましたが、アメリカ大陸の大規模なヨーロッパ植民地化は、1492年のクリストファーコロンブスの最初の航海から始まりました。アメリカ大陸での最初のスペイン人入植地は、イスパニョーラ島北部のライサベラでした。この町は、1496年に設立された、ヨーロッパで最も古いアメリカの都市であるサントドミンゴデグスマンを支持してすぐに放棄されました。これは、スペインの君主制が新しい植民地とその拡大を管理した拠点でした。サントドミンゴは、イギリスとフランスの海賊による頻繁な襲撃の対象となりましたしかし、18世紀のほとんどの間、サントドミンゴの民間人はオランダ、イギリス、フランス、デンマークの船を賞品とするアンティル。[45]

大陸では、1519年8月15日に設立された中央アメリカの太平洋岸にあるパナマシティが重要な役割を果たし、南アメリカのスペインによる征服の拠点となりました。コンキスタドールの ルーカス・バスケス・デ・アイロンは、サウスカロライナ州のピーディー川、現在の米国で最初のヨーロッパ人の入植地であるサンミゲルデグアダルーペを設立しました[46] 16世紀の前半、スペインの入植者はカリブ海盆地全体で襲撃を行い、中央アメリカ、南アメリカ北部、フロリダからの捕虜をイスパニョーラ島や他のスペインの集落に連れ戻した。[47]

ジャック・カルティエジョバンニ・ダ・ベラザーノ率いるフランス[48]は、主に北米に焦点を当てていた。南北アメリカのイギリスの探検は、ジョバンニ・カボット[49]ウォルター・ローリー卿が主導しました。ニューネーデルラントのオランダ人は、マンハッタン島、ロングアイランド、ハドソンリバーバレー、そして後にニュージャージーになった場所に活動を限定しました。ヨーロッパ人とアフリカ人の奴隷によってもたらされた新しい病気の蔓延は、北アメリカと南アメリカの住民の多くを殺しました[ 50 ] [ 51]。連絡先。[52]最も壊滅的な病気の1つは天然痘でした。[53]

ヨーロッパの移民は、しばしば、南北アメリカで植民地を見つけるための国家が後援する試みの一部でした。人々が宗教的迫害から逃れたり、経済的機会を求めてアメリカ大陸に移住したため、移住は続きました。何百万人もの個人が奴隷、囚人、または年季奉公として南北アメリカに強制的に移送されました

ヨーロッパの大国からの独立の日付を示す地図。黒は属領または南北アメリカ以外に資本がある国の一部である地域を意味します。

アメリカ大陸の脱植民地化は、 1700年代後半のアメリカ独立戦争ハイチ革命から始まりました。これに続いて、1800年代初頭にラテンアメリカの独立戦争が数多く発生しました。1811年から1825年の間に、パラグアイアルゼンチンチリ、大コロンビア中央アメリカ連合州メキシコブラジルペルーボリビアは、武力革命でスペインとポルトガルからの独立を獲得しました。ドミニカ共和国がハイチからの独立を勝ち取った後、1861年にスペインによって再併合されましたが、ドミニカ回復戦争の終結時に1865年に独立を取り戻しました。脱植民地化の最後の暴力的なエピソードは、米西戦争となったキューバ独立戦争であり、その結果、1898年にキューバが独立し、プエルトリコの主権がスペインから米国に移りました。

平和的な脱植民地化は、1803年にフランスからルイジアナ州 1819年にスペインからフロリダ州、1867年にロシアからアラスカ州、1916年にデンマークからデンマーク西インド諸島を購入したことから始まりました 1926年バルフォア宣言、1931年のウェストミンスター法、そして1982年のカナダ憲法の愛国心で終わる。ニューファウンドランドの支配同様に、ウェストミンスター憲章のバルフォア宣言と制定法の下で部分的な独立を達成しましたが、1934年にイギリスに再吸収されました。その後、1949年 にカナダと連合しました。

カリブ海に残っているヨーロッパの植民地は、第二次世界大戦後も平和的な独立を達成し始めました。ジャマイカトリニダード・トバゴは1962年に独立し、ガイアナバルバドスは1966年に独立を達成しました。1970年代に、バハマグレナダドミニカセントルシアセントビンセントおよびグレナディーン諸島はすべてイギリスから独立しました。そしてスリナメはオランダから独立しました。ベリーズアンティグアバーブーダセントクリストファーネイビス1980年代にイギリスからの独立を達成しました。

地理

地球上の南北アメリカの衛星写真

範囲

南北アメリカは、地球の西半球の土地の大部分を占めています。[54]南北アメリカの最北端はカフェクルベン島であり、これは地球上で最も北にある陸地です。[55]最南端は南トゥーレの島々ですが、南極大陸の一部と見なされることもあります。[56]南北アメリカ本土は、世界で最も長い南北の陸地です。カナダ北部ブーシア半島にあるマーチソン岬とチリのパタゴニアにあるカボフロウアルの2つの極地間の距離、約14,000 km(8,700マイル)です。[57]本土の最も西の地点は、アラスカのスワード半島の終わりです。アラスカ沿岸のさらに西にあるアッツ島は、南北アメリカの最西端と見なされています。ブラジル北東部のポンタドセイシャスは本土の最東端を形成し[57]、グリーンランドのノードーストランディンゲンは大陸棚の最も東の地点です。

地質学

南アメリカは約1億3500万年前に超大陸ゴンドワナの西から分裂し 独自の大陸を形成しました。[58]約1500万年前、カリブプレート太平洋プレートの衝突により、国境に沿って一連の火山が出現し、多くの島ができた。北アメリカと南アメリカから侵食された物質で埋められた中央アメリカの群島のギャップに加えて、継続的な火山活動によって作成された新しい土地。300万年前までに、北アメリカと南アメリカの大陸はパナマ地峡によって結ばれ、それによってアメリカ大陸の単一の陸塊を形成しました。[ 59]アメリカ大陸間大交差の結果、クーガーヤマアラシオポッサムアルマジロハチドリなど、多くの種が南北アメリカに広がりました[60]

地形

アルゼンチンのアコンカグアは、南北アメリカで最も高いピークです。

西アメリカ大陸の地理はアメリカ山系によって支配されており、アンデスは南アメリカの西海岸に沿って走っていて[61]ロッキー山脈や他の北アメリカ山系は北アメリカの西側に沿って走っています。[62]長さ2,300キロメートル(1,400マイル)のアパラチア山脈は、アラバマからニューファンドランドまで北アメリカの東海岸に沿って走っています。[63]アパラチア山脈の北にある北極山脈は、カナダの東海岸に沿って走っています。[64]

最大の山脈はアンデス山脈ロッキー山脈です。シエラネバダ山脈カスケード山脈ロッキー山脈と同様の標高に達しますが、かなり小さいです。北米では、14人の最大数は米国、より具体的には米国コロラド州にあります。南北アメリカの最高峰はアンデスにあり、アルゼンチンのアコンカグア最高です。北米では、米国アラスカ州のデナリ(マッキンリー山)が最も高いです。

沿岸の山脈の間に、北アメリカには広大な平坦な地域があります。中央平原は大陸の大部分に広がり、浮き彫りは低かった。[65]カナディアンシールドは、北米のほぼ500万km 2をカバーし、一般的に非常に平坦です[66]同様に、南アメリカの北東は平らなアマゾン盆地で覆われています。[67]東海岸ブラジル高地はかなり滑らかですが、地形にいくつかの変化が見られますが、さらに南のグランチャコパンパスは広い低地です。[68]

気候

ケッペンの気候区分システムにおける南北アメリカの気候帯

南北アメリカの気候は地域によって大きく異なります。熱帯雨林の気候は、アマゾン、アメリカの雲霧林、フロリダ南東部、ダリエンギャップの緯度で発生します。ロッキー山脈アンデスでは、乾燥した大陸性気候が観察されます。多くの場合、これらの山のより高い標高は雪をかぶっています。

北米南東部は竜巻ハリケーンの発生でよく知られており、その大部分の竜巻は米国の竜巻街道[69]と、北米の冬の終わりから早い時期の南のディクシーアリーで発生します。春の季節。多くの場合、カリブ海の一部はハリケーンの暴力的な影響にさらされています。これらの気象システムは、カナダからの乾燥した冷たい空気と大西洋からの湿った暖かい空気の衝突によって形成されます。

水文学

沿岸の山々と中央平原がある南北アメリカには、大陸を排水するいくつかの大きな河川流域があります。北米で最大の河川流域はミシシッピ川の流域であり、地球上で2番目に大きな流域をカバーしています。[70]ミシシッピ-ミズーリ川システムは、米国の31州のほとんど、グレートプレーンズのほとんど、およびロッキー山脈とアパラチア山脈の間の広い地域を排水している。この川は世界で4番目に長く、世界10番目に強力です

北米では、アパラチア山脈の東に、主要な川はなく、ハドソン川セントジョン川サバンナ川など、大西洋を終点として東に流れる一連の川と小川があります。同様の例は、ハドソン湾に流れ込むカナダ中央部の川でも発生します最大のものはチャーチル川です。北米の西海岸では、主な河川はコロラド川コロンビア川ユーコン川フレーザー川サクラメント川です。

コロラド川は、ロッキー山脈南部の大部分とベイスンアンドレンジ州の一部を流れています。川はカリフォルニア湾に約1,450マイル(2,330 km)流れ込み[71]その間にグランドキャニオンなどの自然現象を切り開き、ソルトン湖などの現象を生み出してきましたコロンビアは、北アメリカ中西部にある長さ1,243マイル(2,000 km)の大きな川であり、南北アメリカの西海岸で最も強力な川です。北米の北西端にあるユーコン準州は、アラスカ半島の大部分を排水し、1,980マイル(3,190 km)を流れています[72]。ユーコン準州と北西部領土の一部から太平洋まで。カナダ南部の五大湖を大西洋に排水するセントローレンス川とは対照的に、マッケンジー川はカナダの北極海に流れ込み、北極圏カナダの北極五大湖から水を排水します。マッケンジー川はカナダで最大であり、1,805,200平方キロメートル(697,000平方マイル)を排水します。[73]

南アメリカで最大の河川流域はアマゾンの流域であり、地球上のどの河川よりも流量が最も多い流域です。[74]南アメリカで2番目に大きい流域は、約250万km2をカバーするパラナ流域です。[75]

エコロジー

北アメリカと南アメリカは、大陸移動がパナマ地峡を介して2つの大陸を接触させたとき、約250万年前に動植物の共有集団を発達させ始めました当初、生物相の交換はほぼ同等であり、北アメリカの属は南アメリカに移動したのとほぼ同じ割合で南アメリカに移動しました。この交換は、アメリカ大陸間大交差として知られています。交換はおよそ100万年後に偏ったものになり、南アメリカの属の北アメリカへの全体的な広がりは、北アメリカの属の南アメリカへの広がりよりも範囲がはるかに限定されていました。[76]

国と地域

アメリカには35の主権国家があり、デンマーク自治国、フランスの3つの海外部門フランスの3つの海外集団[77] 、フランスの1つの無人領土、イギリスの8つの海外領土、3つの構成要素があります。オランダの国々オランダの3つの公的機関、米国の2つの法人化されていない地域、および米国の1つの無人の地域。[78]

国または地域 総面積
(km 2[79]
人口
[注1]
ポップ。
密度
(1 km 2あたり)
一般的な言語(太字
の公式
資本
 アンギライギリス 91 13,452 164.8 英語
 アンティグアバーブーダ 442 86,295 199.1 クレオール[80] 英語 セントジョンズ
 アルゼンチン 2,766,890 42,669,500 14.3 スペイン語 ブエノスアイレス
 アルバオランダ 180 101,484 594.4 パピアメント語、スペイン語、 [81] オランダ語 オラニエスタッド
 バハマ、 13,943 351,461 24.5 クレオール[82] 英語 ナッソー
 バルバドス 430 285,000 595.3 バジャン[83] 英語 ブリッジタウン
 ベリーズ 22,966 349,728 13.4 スペイン語、クレオール語、英語[84] ベルモパン
 バミューダ(イギリス) 54 64,237 1,203.7 英語 ハミルトン
 ボリビア 1,098,580 10,027,254 8.4 スペイン語36の先住民言語 ラパススクレ[85]
 ボネール(オランダ) 294 12,093 41.1 パピアメント語、スペイン語、オランダ語[86] クラレンダイク
 Bouvet Island(ノルウェー)[87] 49 0 0 無人  —
 ブラジル 8,514,877 203,106,000 23.6 ポルトガル語 ブラジリア
 イギリス領ヴァージン諸島(イギリス) 151 29,537 152.3 英語 ロードタウン
 カナダ 9,984,670 37,411,592 3.8 英語フランス語 オタワ
 ケイマン諸島(イギリス) 264 55,456 212.1 英語 ジョージタウン
 チリ[88] 756,950 17,773,000 22 スペイン語 サンティアゴ
 クリッパートン島フランス 6 [89] 0 [90] 0.0 無人  —
 コロンビア 1,138,910 47,757,000 40 スペイン語 ボゴタ
 コスタリカ 51,100 4,667,096 89.6 スペイン語 サンノゼ
 キューバ 109,886 11,167,325 102.0 スペイン語 ハバナ
 キュラソー(オランダ) 444 150,563 317.1 パピアメント語オランダ語[86] ウィレムスタッド
 ドミニカ 751 71,293 89.2 フランス語パトワ英語[91] ロゾー
 ドミニカ共和国 48,671 10,378,267 207.3 スペイン語 サントドミンゴ
 エクアドル 283,560 15,819,400 53.8 スペイン語、ケチュア語[92] キト
 エルサルバドル 21,041 6,401,240 293.0 スペイン語 サンサルバドル
 フォークランド諸島(イギリス) [93] 12,173 3,000 0.26 英語 スタンリー
 フランス領ギアナフランス 91,000 237,549 2.7 フランス語 カイエン
 グリーンランドデンマーク王国 2,166,086 56,483 0.026 グリーンランド語、デンマーク語 ヌーク
 グレナダ 344 103,328 302.3 英語 セントジョージズ
 グアドループ(フランス) 1,628 405,739 246.7 フランス語 バセテール
 グアテマラ 108,889 15,806,675 128.8 スペイン語、ガリフナ語、マヤ語23言語 グアテマラシティ
 ガイアナ 214,999 784,894 3.5 英語 ジョージタウン
 ハイチ 27,750 10,745,665 361.5 クレオール語フランス語 ポルトープランス
 ホンジュラス 112,492 8,555,072 66.4 スペイン語 テグシガルパ
 ジャマイカ 10,991 2,717,991 247.4 パトワ英語 キングストン
 マルティニーク島(フランス) 1,128 392,291 352.6 パトワ[94] フランス語 フォールドフランス
 メキシコ 1,964,375 119,713,203 57.1 スペイン語、68の先住民言語 メキシコシティ
 モントセラト(イギリス) 102 4,922 58.8 クレオール英語英語[95] プリマス; ブレード[96]
ナヴァッサ島(アメリカ合衆国/ハイチ) 5 [89] 0 [90] 0.0 無人  —
 ニカラグア 130,373 6,071,045 44.1 スペイン語 マナグア
 パナマ 75,417 3,405,813 45.8 スペイン語 パナマ市
 パラグアイ 406,750 6,783,374 15.6 グアラニー語、スペイン語 アスンシオン
 ペルー 1,285,220 30,814,175 22 スペイン語、ケチュア語、およびその他の先住民言語 リマ
 プエルトリコ(アメリカ合衆国) 8,870 3,615,086 448.9 スペイン語英語 サンファン
 サバ(オランダ) 13 1,537 [97] 118.2 英語オランダ語 ボトム
 サンバルテルミー(フランス) 21 [89] 8,938 [90] 354.7 フランス語 グスタビア
 セントクリストファーネイビス 261 55,000 199.2 英語 バセテール
 セントルシア 539 180,000 319.1 英語、フランス語クレオール カストリーズ
 サンマルタン(フランス) 54 [89] 36,979 552.2 フランス語 マリゴ
Flag of Saint-Pierre and Miquelon.svg サンピエール島ミクロン島(フランス) 242 6,081 24.8 フランス語 サンピエール
 セントビンセントおよびグレナディーン諸島 389 109,000 280.2 英語 キングスタウン
 シントユースタティウス島(オランダ) 21 2,739 [97] 130.4 オランダ語英語 オラニエスタッド
 シントマールテン(オランダ) 34 37,429 1,176.7 英語、スペイン語、オランダ語 フィリップスバーグ
South Georgia and the South Sandwich Islands サウスジョージアおよび
サウスサンドイッチ諸島
(英国)
[98]
3,093 20 0.01 英語 グリトビケン
 スリナム 163,270 534,189 3 オランダ語[99] パラマリボ
 トリニダード・トバゴ 5,130 1,328,019 261.0 英語 ポートオブスペイン
 タークス・カイコス諸島(英国) 948 31,458 34.8 クレオール英語英語[100] コックバーンタウン
 アメリカ合衆国[注2] 9,629,091 320,206,000 34.2 英語、スペイン語 ワシントンDC
 アメリカ領バージン諸島(アメリカ合衆国) 347 106,405 317.0 英語、スペイン語 シャーロットアマリエ
 ウルグアイ 176,220 3,286,314 19.4 スペイン語 モンテビデオ
 ベネズエラ 916,445 30,206,307 30.2 スペイン語と40の先住民言語 カラカス
合計 42,320,985 973,186,925 21.9

人口統計

人口

2021年の南北アメリカの総人口は約10億3000万人で、次のように分けられます。[注1] [101]

  • 北米:5億9,660万人(中央アメリカとカリブ海諸国を含む)
  • 南アメリカ:4億3430万

最大の都市中心部

3つの主要な人口統計学的概念に基づいて、それぞれが最大の人口地域であるという称号を保持している3つの都市センターがあります。[102]

市域とは、法的に固定された境界と、通常は何らかの形の地方自治体によって特徴付けられる行政的に認められた都市の地位を備えた地域です。[103] [104] [105] [106] [107]
都市部は、その周辺地域と比較して、人口密度が高く、人間の特徴が広大であるという特徴があります。都市部は、都市、町、または大都市圏である可能性がありますが、この用語は通常、村や集落などの農村集落に拡張されることはありません。都市部は都市化の過程で作成され、さらに発展し、大都市圏のように広大な農村部の土地は含まれていません。[要出典]
都市部とは異なり、大都市圏には、都市部だけでなく、衛星都市に加えて、都市の中心都市と社会経済的に接続されている、通常は通勤による雇用関係によって、都市の中心都市が主要都市である介在する地方の土地が含まれます。労働市場。[要出典]

これらの定義によれば、南北アメリカで最大の3つの人口中心地は次のとおりです。メキシコシティ、南北アメリカで最大の大都市圏に停泊します。ニューヨーク市、南北アメリカで最大の都市部に停泊します。そして、南北アメリカで最大の都市であるサンパウロ。3つの都市はすべて、アルファ分類と大規模な影響力を 維持しています。

都市人口 大都市圏の人口
メキシコ メキシコシティ 8,864,000 [108] 22,300,000 [109]
ブラジル サンパウロ 12,038,175 [110] 21,742,939 [111]
アメリカ ニューヨーク市 8,405,837 [112] 19,949,502 [113]
アルゼンチン ブエノスアイレス 2,891,082 [14] 15,594,428 [14]
アメリカ ロサンゼルス 3,928,864 [114] 13,131,431 [115]

民族学

南北アメリカの人口は、4つの大きな民族グループの子孫とそれらの組み合わせで構成されています。

人口の大部分はラテンアメリカに住んでおり、その支配的な文化にちなんで名付けられ、ラテンヨーロッパ(2つの支配的な言語、スペイン語とポルトガル語、両方ともロマンス諸語を含む)、より具体的にはポルトガルとスペインのイベリア諸国に根ざしています(したがって、同義語としての用語イベロアメリカの)。ラテンアメリカは通常、ドイツ語である英語が普及し、カナダを構成するアングロアメリカとは対照的です(ラテンヨーロッパ[フランス]に根ざしたフランコフォンカナダを除く。ケベックアカディア)と米国。両国は北米にあり、文化は主にアングロサクソン人や他のゲルマン人のルーツに由来しています。

宗教

南北アメリカで最も普及している信仰は次のとおりです。

  • キリスト教(86パーセント)[116]
    • ローマカトリック:ラテンアメリカの人口の69パーセント[117](ブラジルでは61パーセント[117]、ローマカトリックの人口は1億3400万[118]であり、米国の人口の約24パーセント)によって実践されています。 [119]そしてカナダの約39パーセント。[120]
    • プロテスタント:人口の半分がカナダのプロテスタントであり、人口の4分の1強がグリーンランドである米国で主に実践されています。主にカトリックのラテンアメリカでは、福音派ペンテコステ派の運動の偶発が増えています。[121]
    • 東方正教会:主に米国(1%)とカナダで見られます。このクリスチャングループは、カナダの他の多くのクリスチャングループよりも急速に成長しており、現在、カナダの人口の約3パーセントを占めています。[120]
    • 非宗派のキリスト教徒と他のキリスト教徒(南北アメリカで実践されている約1,000の異なるキリスト教の宗派と宗派)。
  • 無宗教:無神論者や不可知論者、および何らかの形の精神性を公言しているが、組織化された宗教のメンバーとして自分自身を特定していない人々を含めて、約12パーセント。
  • イスラム教:合わせて、イスラム教徒は北米の人口の約1パーセント、ラテンアメリカ人全体の0.3パーセントを構成しています。それはカナダ人の3パーセント[120]と米国の人口の0.6パーセントによって実践されています。[119] アルゼンチンはラテンアメリカで最大のイスラム教徒人口を抱えており、最大60万人、つまり人口の1.5パーセントを占めています。[122]
  • ユダヤ教(北米人の2%、米国人口の約2.5%、カナダ人の1.2%[123]、ラテンアメリカ人の0.23%が実践)アルゼンチンはラテンアメリカで最大のユダヤ人人口であり、20万人の会員がいます)[124]

他の信仰には仏教が含まれます; ヒンドゥー教; シーク教; バハイ教; 多種多様な土着宗教。その多くはアニミズムとして分類できます。ニューエイジの宗教と多くのアフリカおよびアフリカ由来の宗教。シンクレティズムの信仰は、南北アメリカ全体でも見られます。

2010年の国勢調査によると、各国の宗教人口統計
クリスチャン カトリック教徒 プロテスタント なし/無神論者/不可知論者 その他
アルゼンチン[125] 86.2% 76.5% 9.7% 11.3% 2.5%
ボリビア 95.3% 73.7% 21.6% 3.7% 1.0%
ブラジル[126] 86.8% 64.6% 22.2% 8.4% 4.8%
カナダ[120] 62.6% 38.7% 23.9% 28.5% 8.9%
チリ[127] 76.0% 60.0% 16.0% 21.0% 3.0%
コロンビア[128] 93.9% 80.3% 13.6% 5.2% 1.7%
コスタリカ[129] 84.3% 70.5% 13.8% 11.3% 4.3%
ドミニカ共和国[130] 87.1% 68.3% 18.8% 10.6% 2.2%
エクアドル[131] 95.6% 87.8% 7.7% 3.5% 1.0%
エルサルバドル[132] 75.5% 45.8% 29.7% 24.3% 1.2%
グアテマラ[133] 79.3% 47.6% 31.7% 18.3% 2.4%
ホンジュラス[134] 83.0% 47.9% 35.1% 14.3% 2.7%
メキシコ[135] 92.2% 82.7% 8.7% 4.9% 2.9%
ニカラグア[136] 81.1% 54.3% 26.8% 16.8% 2.1%
パナマ 90.0% 75.0% 15.0% 7.0% 3.0%
パラグアイ 96.8% 90.4% 6.4% 1.4% 1.8%
ペルー[137] 96.7% 81.3% 12.5% 1.9% 1.4%
アメリカ合衆国[138] 79.9% 25.9% 54.0% 15.2% 5.0%
ウルグアイ[139] 58.2% 47.1% 11.1% 40.4% 1.5%
ベネズエラ[140] 89.0% 72.0% 17.0% 8.0% 3.0%

言語

南北アメリカで話されている言語

南北アメリカではさまざまな言語が話されています。ヨーロッパ起源のものもあれば、先住民によって話されているものや、さまざまなクレオールのようなさまざまな言語が混在しているものもあります。[129]

南北アメリカで最も広く話されている言語はスペイン語です。[141]ラテンアメリカの主要言語はスペイン語ですが、ラテンアメリカで最も人口の多い国であるブラジルはポルトガル語を話します。ラテンアメリカ、特にフランス領ギアナスリナムベリーズガイアナには、フランス語オランダ語英語を話す地域の小さな飛び地もあります。ハイチのクレオール語は、フランス語も話されているハイチの国で支配的です。ネイティブ言語ラテンアメリカではアングロアメリカよりも目立ち、ナワトルケチュア語アイマラ語グアラニー語が最も一般的です。他のさまざまな母国語は、アングロアメリカとラテンアメリカの両方でより少ない頻度で話されています。ハイチクレオール以外の クレオール言語もラテンアメリカの一部で話されています。

アングロアメリカの主な言語は英語です。フランス語はカナダでも公用語であり、ケベックでは主要言語であり、ニューブランズウィックでは英語とともに公用語です。また、ルイジアナ州、およびニューハンプシャー州メイン州バーモント州の一部でも重要な言語です。スペイン語は米国南西部で継続的な存在感を維持しており、米国南西部はニュースペインの副王権の一部を形成しており、特にカリフォルニアニューメキシコはスペイン語の種類が異なります。17世紀以来話されてきました。最近では、ラテンアメリカからの移民が多いため、米国の他の地域でも広く話されています。一般に、高レベルの移民は、米国だけで話されることが知られている300以上の言語で、アングロアメリカに大きな言語の多様性をもたらしましたが、ほとんどの言語は、小さな飛び地と比較的小さな移民グループによってのみ話されています。

ガイアナ、スリナム、ベリーズの国々は一般的に[誰によって?]ラテンアメリカとの言語の違い、アングロアメリカとの地理的な違い、および両方の地域からの文化的および歴史的な違いのために、アングロアメリカまたはラテンアメリカのいずれにも該当しないこと。ガイアナとベリーズの第一言語は英語で、スリナムの第一言語はオランダ語です。

非母国語のほとんどは、程度の差はあれ、母国とは異なって進化してきましたが、通常は相互に理解できます。しかし、いくつかは組み合わされており、ポルトガル語、スペイン語、オランダ語(それぞれの植民者を表す)、ネイティブのアラワク族、さまざまなアフリカの言語、そして最近では英語を組み合わせたパピアメント語など、まったく新しい言語にさえなりました。ポルトガル語とスペイン語の混合物であるリングワフランカポルトニョールは、ブラジルの国境地域と隣接するスペイン語圏の国々で話されてます[142]より具体的には、RiverensePortuñol ブラジルとウルグアイの国境地域で約10万人が話しています。移民のために、他の言語が世界のすべての地域、特に米国、ブラジル、アルゼンチン、カナダ、チリコスタリカ、ウルグアイから話されている多くのコミュニティがあります。これは移民にとって非常に重要な目的地です。[143] [144] [145]

用語

南北アメリカの細分化
地図 伝説
LocationNSAm.png
  北米(NA)
  南アメリカ(SA)
 NAまたはSA のいずれかに含まれる可能性があります
       
LocationNSAm2.png
  北米(NA)
  NAに含まれる可能性があります
  中米
  カリブ海
  南アメリカ
LocationNSAm3.png
  北米(NA)
  NAに含まれる可能性があります

       北アメリカ

  中米(MA)
  カリブ海(MAに含まれる場合があります)
        
  南アメリカ(SA)
 MAまたはSA に含まれる場合があります
        
LocationNSAngloLatin.png
  英米(AA)
  AAに含まれる可能性があります
  ラテンアメリカ(LA)
  LAに含まれる可能性があります

英語

英語を話す人は、一般に、北アメリカと南アメリカの陸地を南北アメリカ西半球、または新世界と呼びます。[6]形容詞のアメリカ人は、アメリカ大陸に関係する何かを示すために使用される場合があります[3]が、この用語は主に英語でアメリカに関係する何かを示すために使用されます。[3] [146] [147]形容詞のパンアメリカン[148]、または密接に関連する新世界の居住者の呼称としての新世界人など、いくつかの明確な代替案が存在します。[4]半球的な意味でのアメリカの使用は、保持される場合もあれば、他の言語から翻訳された場合に発生する可能性もあります。[149]たとえば、パリの国内オリンピック委員会連合(ANOC)は、5つのオリンピックリングの1つで表される「アメリカ」の単一の大陸協会を維持しています。[150]

アメリカのエッセイスト、 HLメンケンは、「ラテンアメリカ人は正式な文章で北アメリカを使用しますが、パナマを除いて、口語でのニックネームを好みます」と述べています。[151]「アメリカ人」を避けるために、「アメリカ合衆国」または「北アメリカ」から派生した言語で構築された用語を使用することができます。[147] [152] [153]カナダでは、その南隣人はしばしば「米国」、「米国」、または(非公式に)「米国」と呼ばれ、米国市民は一般に「アメリカ人」と呼ばれます"。[147]ほとんどのカナダ人は、「アメリカ人」と呼ばれることに憤慨している。[147]

スペイン語

スペイン語で、Américaは、 AméricadelSurAméricadelNorteの亜大陸AméricaCentral陸橋、およびAntillasの島々で構成される単一の大陸です。スペイン語でアメリカーノまたはアメリカーノはヨーロッパまたはヨーロッパエウロパ人を指すのと同じように、アメリカの人を指します。用語sudamericano / acentroamericano / aantillano / anorteamericano / a人が住んでいる可能性のある場所をより具体的に参照するために使用できます。

アメリカ合衆国の市民は通常、落胆しているアメリカーノアメリカーナの代わりにestadounidense(大まかな文字通りの翻訳:「UnitedStatesian 」)という用語で呼ばれ[154] [155]、国の名前自体は正式にEstadosとして翻訳されていますUnidosdeAmérica(アメリカ合衆国)、一般にEstados Unidos(EEUU)と略されます。[155]また、norteamericano(北アメリカ)という用語は、米国市民を指す場合があります。この用語は、主に米国市民を指すために使用され、他の北米諸国の市民を指すことはあまりありません。[154]

ポルトガル語

ポルトガル語では、América [156]は、 AméricadoSul(南アメリカ)、AméricaCentral(中央アメリカ)、AméricadoNorte (北アメリカ)で構成される単一の大陸です。[157] Américaはアメリカ合衆国を指すために使用できるため、あいまいになる可能性がありますが、印刷物や正式な環境では避けられます。[158] [159]

フランス語

フランス語では、アメリカ大陸に関連するものにアメリカという言葉が使われることがありますただし、英語と同様に、米国に関連するものに最もよく使用され、わかりやすくするためにétats-unienという用語が使用されることもあります。Panaméricainは、曖昧さなしに南北アメリカを指す形容詞として使用できます。[160]フランス語を話す人は、 Amériqueという名詞を使用して、陸地全体を1つの大陸、または2つの大陸、AmériqueduNordAmériqueduSudと呼ぶことがあります。フランス語では、Amériqueが米国を指すために使用されることはめったにないため、米国を指す場合はあいまいになります。英語の使用法と同様に、lesAmériquesまたはdesAmériquesは、南北アメリカを明確に指すために使用されます。

オランダの

オランダ語では、アメリカという言葉主に米国を指します。[161] [162]米国は、同様にしばしばde Verenigde Staten(「米国」)またはde VS(「米国」)と呼ばれますが、Amerikaが南北アメリカを指すことは比較的まれですが、一般的にはそれだけです。南北アメリカではオランダ語を使用しました。これはしばしばあいまいさをもたらします。そして、何かが南北アメリカ全体に関係していることを強調するために、オランダは組み合わせ、すなわちNoord-en Zuid-Amerika(南北アメリカ)を使用します。

ラテンアメリカと中央アメリカは、一般的にそれぞれLatijnsAmerikaMidden-Amerikaと呼ばれます。

形容詞Amerikaansは、米国に関連するものや人々に最もよく使用されます。米国または南北アメリカに関連するものを区別するための代替の言葉はありません。オランダ語は、アルゼンチンのArgentijnsなど、南北アメリカの他の場所に関連するものにローカルの代替手段を使用します

多国籍企業

以下は、南北アメリカの多国籍企業のリストです。

経済

ランク GDP (名目、ピーク年)
数百万米ドル[163]
ピーク年
1  アメリカ 22,939,580 2021年
2  ブラジル 2,614,027 2011
3  カナダ 2,015,983 2021年
4  メキシコ 1,315,356 2014年
5  アルゼンチン 643,861 2017年
6  コロンビア 382,093 2013年
7  ベネズエラ 352,540 2011
8  チリ 331,250 2021年
9  ペルー 230,865 2019年
10  エクアドル 108,108 2019年
ランク GDP (PPP、ピーク年)
数百万米ドル
ピーク年
1  アメリカ 22,939,580 2021年
2  ブラジル 3,437,609 2021年
3  メキシコ 2,685,253 2021年
4  カナダ 2,027,371 2021年
5  アルゼンチン 1,049,401 2021年
6  コロンビア 812,799 2021年
7  ベネズエラ 561,817 2013年
8  チリ 522,790 2021年
9  ペルー 453,652 2021年
10  キューバ 254,865 2015年

輸出入では、2020年に米国は世界第2位の輸出国(1.64兆米ドル)であり、最大の輸入国(2.56兆米ドル)でした。メキシコは10番目に大きな輸出入国でした。カナダは12番目に大きな輸出入国でした。ブラジルは24番目に大きな輸出国であり、28番目に大きな輸入国でした。チリは45番目に大きな輸出国であり、47番目に大きな輸入国でした。アルゼンチンは46番目に大きな輸出国であり、52番目に大きな輸入国でした。コロンビアは54番目に大きな輸出国であり、51番目に大きな輸入国でした。とりわけ。[164] [165] [166]

大陸の農業は非常に強く、多様です。米国ブラジルカナダメキシコアルゼンチンなどの国々は、地球上で最大の農業生産国の1つです。2019年、大陸は世界の大豆生産量を支配し(世界全体のほぼ90%、ブラジル、米国、アルゼンチン、パラグアイ、カナダ、ボリビアは地球上で最大の10の中にあります)、サトウキビ(世界全体の約55%)世界全体で、ブラジル、メキシコ、コロンビア、グアテマラが地球上で最大の10の中にあります)、コーヒー (about 55% of the world total, with Brazil, Colombia, Honduras, Peru and Guatemala among the 10 largest on the planet) and maize (about 48% of the world total, with the United States, Brazil, Argentina and Mexico among the 10 largest on the planet). The continent also produces almost 40% of world's orange (with Brazil, the US and Mexico among the top 10 producers), about 37% of world's pineapple (with Costa Rica, Brazil, Mexico and Colombia among the 10 largest producers), about 35% of world's lemon (with Mexico, Argentina and Brazil among the 10 largest producers) and about 30% of world's cotton (with the US, Brazil, Mexico and Argentina among the top 10 producers), among several other products.[167]

家畜では、アメリカにも巨大な生産物があります。2018年、大陸は世界の牛肉の約45%を生産しました(世界の10大生産国の中に米国、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、カナダがあります)。世界の鶏肉の約36% (米国、ブラジル、メキシコが世界最大の生産国10社)、世界の牛乳の約28% (米国とブラジルが世界最大の生産国10社)他の製品。[167]

産業用語では、世界銀行は、生産の総価値に基づいて、毎年トップの生産国をリストしています。2019年のリストによると、米国は世界で2番目に価値のある産業(2.3兆米ドル)、メキシコは世界で12番目に価値のある産業(2,178億米ドル)、ブラジルは13番目に価値のある産業です。世界で価値のある(1,736億米ドル)、カナダは世界で15番目に価値のある産業(1,517億米ドル)、ベネズエラは30番目に大きい(582億米ドル、ただしこの金額を取得するには石油に依存)、アルゼンチンは31位でしたとりわけ、最大(577億米ドル)、コロンビアが46番目に大きい(354億米ドル)、ペルーが50番目に大きい(287億米ドル)、チリが51番目に大きい(283億米ドル)。[168]

石油の生産において、大陸は2020年に30の世界最大の生産者のうち8つを持っていました:米国(1位)、カナダ(4位)、ブラジル(8位)、メキシコ(14位)、コロンビア(20位)、ベネズエラ(26位)、エクアドル(27位)とアルゼンチン(28位)。[169]

天然ガスの生産において、大陸は2015年に32の世界最大の生産者のうち8つを持っていました:米国(1位)、カナダ(5位)、アルゼンチン(18位)、トリニダード・トバゴ(20位)、メキシコ(21位)、ベネズエラ( 28位)、ボリビア(31位)、ブラジル(32位)。[170] [171]

石炭の生産において、大陸は2018年に30の世界最大の生産者のうち5つを持っていました:米国(3位)、コロンビア(12位)、カナダ(13位)、メキシコ(24位)、ブラジル(27位)。[172]

車両の生産では、2019年に世界で最大の生産者30社のうち5社が大陸にありました。米国(2位)、メキシコ(7位)、ブラジル(9位)、カナダ(12位)、アルゼンチン(28位)です。[173]

鉄鋼の生産において、大陸は2019年に31の世界最大の生産者のうち5つを持っていました:米国(4位)、ブラジル(9位)、メキシコ(15位)、カナダ(18位)、アルゼンチン(31位)。[174] [175]

鉱業では、大陸で大量のが生産されています(主に米国、カナダ、ペルー、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン)。[176] (主にメキシコ、ペルー、チリ、ボリビア、アルゼンチン、米国)。[177] (主にチリ、ペルー、米国、メキシコ、ブラジル)。[178] プラチナ(カナダおよび米国); [179] 鉄鉱石(ブラジル、カナダ、米国、ペルー、チリ); [180] 亜鉛(ペルー、米国、メキシコ、ボリビア、カナダ、ブラジル); [181] モリブデン(チリ、ペルー、メキシコ、カナダ、米国); [182] リチウム(チリ、アルゼンチン、ブラジル、カナダ);[183] ​​鉛(ペルー、米国、メキシコ、ボリビア); [184] ボーキサイト(ブラジル、ジャマイカ、カナダ、および米国); [185] スズ(ペルー、ボリビア、ブラジル); [186] マンガン(ブラジルとメキシコ); [187] アンチモン(ボリビア、メキシコ、グアテマラ、カナダ、エクアドル); [188] ニッケル(カナダ、ブラジル、ドミニカ共和国、キューバ、米国); [189] ニオブ(ブラジルおよびカナダ); [190] レニウム(チリおよび米国); [191]およびヨウ素(チリ)、 [192]とりわけ。

国際通貨基金(IMF)によると、ドミニカパナマドミニカ共和国は南北アメリカで最も急速に成長している経済を持っています[193] 16、南北アメリカ南部の5〜7か国は、南北アメリカの北部ではたった3カ国。[194] [195]ハイチの経済は2016年の時点でわずかに成長していたが、ハイチは南北アメリカで一人当たりのGDPが最も低い[194] [195]

も参照してください

Notes

  1. ^ Includes the states of Hawaii and Alaska, which are both separated from the US mainland, with Hawaii distant from the North American landmass in the Pacific Ocean and therefore more commonly associated with the other territories of Oceania, while Alaska is located between Canada and Asia (Russia).

参考文献

  1. ^ a bc 「世界経済の見通し」国際通貨基金2020年。
  2. ^ 「人間開発指数(HDI)の大陸比較」2020年。
  3. ^ a bc 「アメリカンオックスフォード英語辞典(オンライン版)。オックスフォード大学出版局 (サブスクリプションまたは参加機関のメンバーシップが必要です。)
  4. ^ a b "NewWorlder"オックスフォード英語辞典(オンライン版)。オックスフォード大学出版局 (サブスクリプションまたは参加機関のメンバーシップが必要です。)
  5. ^ a b cd 「 アメリカ オックスフォードの英語の仲間ISBN 0-19-214183-X)。マッカーサー、トム編、1992年。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、p。33:「[16c:アメリカスの女性から探検家アメリゴ・ヴェスプッチ(1454–1512)のラテン語化された名。アメリカという名前は、1507年にドイツのカートグラファー、マルティン・ヴァルトゼーミュラーによって地図に最初に登場しました。ブラジル]。16c以降、西半球の名前であり、多くの場合、複数のアメリカスで、多かれ少なかれ新世界と同義です。 18c以来、アメリカ合衆国の名前。第二の感覚は現在英語で主流です:...しかし、この用語は不確実性にさらされています:...」
  6. ^ a b Burchfield、RW2004。ファウラーの現代英語用法ISBN 0-19-861021-1)英国オックスフォード:オックスフォード大学出版局; p。48。 
  7. ^ 「アメリカ」オックスフォード辞書
  8. ^ Webster's New World College Dictionary、2010年、Wiley Publishing、Inc。、オハイオ州クリーブランド。
  9. ^ メリアムウェブスター辞書Merriam-Webster、Incorporated。2013 2016年3月23日取得
  10. ^ 「大陸n。5.a。」(1989)オックスフォード英語辞典、第2版。オックスフォード大学出版局; 「大陸1n(2006)簡潔なオックスフォード英語辞典、第11版が改訂されました。(編)キャサリン・ソアネスとアンガス・スティーブンソン。オックスフォード大学出版局; 「大陸1n(2005)ニューオックスフォードアメリカンディクショナリー、第2版。(編)エリン・マッキーンオックスフォード大学出版局; 「大陸[2、n] 4 a」(1996) Webster's Third New International Dictionary、UnabridgedProQuestの情報と学習; 「大陸」(2007)ブリタニカ百科事典2007年1月14日、EncyclopædiaBritannicaOnlineから取得。
  11. ^ 「レイフエリクソン(11世紀)」BBC 2011年11月20日取得
  12. ^ 仮面、ヘンリー。スペインの帝国への道:世界大国の形成、1492年から1763年
  13. ^ テイラー、アラン(2001)。アメリカ植民地ニューヨーク:ペンギンブックス。ISBN 9780142002100
  14. ^ a b c "Censo 2010. Resultadosprovisionales:cuadrosygrá"(スペイン語)。2010年12月20日にオリジナルからアーカイブされました2011年2月25日取得
  15. ^ 「500年前に地図製作者が「アメリカ」を地図に載せた」USAトゥデイワシントンDCAP通信。2007年4月24日2008年11月30日取得
  16. ^ 無法者、ジル(2017年11月7日)。「「アメリカ」という言葉を使った最古の地図が売りに出されている」ニュースと記録AP通信2019年6月5日取得
  17. ^ 「アメリカに名前を付けた地図(2003年9月)–米国議会図書館情報速報」Loc.gov
  18. ^ Toby Lester、「Putting America on the Map」、 Smithsonian、40:9(2009年12月)
  19. ^ 例を参照してください:アメリカ– Merriam-Webster OnlineDictionaryからの定義2008年1月27日に取得。 dictionary.reference.comアメリカ」。Dictionary.com。アメリカヘリテッジ英語辞典第4版。ホートンミフリンカンパニー、2004年。アクセス:2008年1月27日。
  20. ^ Marjorie Fee and Janice MacAlpine, Oxford Guide to Canadian English Usage (2008) page 36 says "In Canada, American is used almost exclusively in reference to the United States and its citizens." Others, including The New Zealand Oxford Dictionary, The Canadian Oxford Dictionary, The Australian Oxford Dictionary and The Concise Oxford English Dictionary all specify both the Americas and the United States in their definition of "American".
  21. ^ "The Myth of Continents: A Critique of Metageography (Chapter 1)". University of California Press. Retrieved August 14, 2018.
  22. ^ マン、チャールズC.(2005)。1491年:コロンブス以前のアメリカ大陸の新しい啓示ニューヨーク:KnopfISBN 978-1-4000-4006-3OCLC56632601 _
  23. ^ ブレンハルト、ヨラン(2000)。Die erstenMenschenWeltbildVerlag。ISBN 3-8289-0741-5
  24. ^ 「はじめに」カナダ政府パークスカナダ。2009年。 2011年4月24日のオリジナルからアーカイブ2010年1月9日取得カナダで最も古い既知の家は、米国のサイトのように12、000年前ではなく、少なくとも20、000年前に占領されたユーコンの洞窟です。
  25. ^ 「古いカラスの干潟の更新世の考古学」カナダのヴントゥト国立公園。2008年。 2008年10月22日のオリジナルからアーカイブ2010年1月10日取得しかし、この決定的で広範な証拠がないにもかかわらず、約24、000年前のユーコン北部での人間の占領の示唆があり、約40、000年前のオールドクロウ盆地での人間の存在のヒントがあります。
  26. ^ ab 「人類 旅」ブラッドショー財団2009年11月17日取得
  27. ^ ab 「人間の旅 アトラス-ジェノグラフィックプロジェクト」ナショナルジオグラフィック協会。1996〜 2008年。2011年5月1日にオリジナルからアーカイブされました2009年10月6日取得
  28. ^ Bonatto、SL; Salzano、FM(1997)。「ミトコンドリアDNA配列データによってサポートされているアメリカ大陸への移住のための単一かつ早期の移行」アメリカ合衆国科学アカデミー紀要全米科学アカデミー。94(5):1866–71。Bibcode1997PNAS ... 94.1866B土井10.1073 /pnas.94.5.1866PMC20009_ PMID9050871_  
  29. ^ ウェルズ、スペンサー; 読む、マーク(2002)。人間の旅–遺伝的オデッセイ(Googleブックスによってオンラインでデジタル化)ランダムハウス。pp。138–140。ISBN  0-8129-7146-92009年11月21日取得
  30. ^ Fitzhugh、博士。ウィリアム; ゴダード、アイブス; オーズリー、スティーブ; オーズリー、ダグ; スタンフォード、デニス。「古アメリカ人」スミソニアン協会人類学アウトリーチオフィス。2009年1月5日にオリジナルからアーカイブされました2009年1月15日取得
  31. ^ 「アメリカ大陸への移住:遺伝的祖先は健康に影響を与える」サイエンティフィックアメリカン2009年11月17日取得
  32. ^ フラッドマーク、KR(1979年1月)。「北アメリカの初期の人のための代替の移動回廊」。アメリカンアンティクティ44(1):55–69。土井10.2307 / 279189JSTOR279189_ 
  33. ^ ""海は '最後の氷河期のレベルに上昇する' ""への68の応答コロンビア大学気候システム研究センター2009年10月27日にオリジナルからアーカイブされました2009年11月17日取得
  34. ^ Ledford、Heidi(2009年1月8日)。「初期のアメリカ人は2つの道をたどった」ネイチャー土井10.1038 /news.2009.7
  35. ^ 「ハプログループQのサブクレードに関する知識の要約」Genebaseシステム。2009年。 2011年5月10日のオリジナルからアーカイブ2009年11月22日取得
  36. ^ a b Meltzer、David J.(2009年5月27日)。新しい世界の最初の人々:氷河期アメリカの植民地化カリフォルニア大学出版。p。146. ISBN 978-0-520-25052-9
  37. ^ ライヒ、デビッド; etal。(2012年8月16日)。「ネイティブアメリカンの人口の歴史を再構築する」ネイチャー488(7411):370–374。Bibcode2012Natur.488..370R土井10.1038 / nature11258PMC3615710_ PMID22801491_  
  38. ^ Lyovi、Anatole(1997)。世界の言語の紹介オックスフォード大学出版局。p。309. ISBN 0-19-508115-32010年3月25日取得
  39. ^ Mithun、マリアンヌ(1990)。「北米インディアン言語の研究」。人類学の年次レビュー19(1):309–330。土井10.1146 /annurev.an.19.100190.001521S2CID146205659_ 
  40. ^ ヴァイダ、エドワード(2010)。「ナデネ語族とのシベリアのリンク」アラスカ大学の人類学論文。[デッドリンク]
  41. ^ フェイガン、ブライアンM.(2005)。古代北アメリカ:大陸の考古学(4版)。ニューヨーク:Thames&Hudson Inc.pp。390、p396。ISBN 0-500-28148-3
  42. ^ a b T. Kue Young; Peter Bjerregaard(2008年6月28日)。北極圏の人口の健康の変化トロント大学出版局。p。121. ISBN 978-0-8020-9401-8
  43. ^ 「ヴィンランド」カナダ文明博物館。2010年11月10日にオリジナルからアーカイブされました。
  44. ^ カラン、ジェームズワトソン(1939年)。ここにヴィンランドがありました:アメリカの五大湖地域スーセントマリー オンタリオ州マリー:スーデイリースターp。207。
  45. ^ 「サントドミンゴのCorsairsの社会経済学的研究、1718年-1779年」(PDF)Ruor.uottawa.ca 2021年12月14日取得
  46. ^ 「LucasVázquezdeAyllón」ブリタニカ
  47. ^ 「スペインと新世界の奴隷制・新帝国のためのアフリカの労働者:イベリア、奴隷制、そして大西洋世界・低国デジタル歴史イニシアチブ」ldhi.library.cofc.edu
  48. ^ 「ジョバンニダヴェラッツァーノ」ブリタニカ
  49. ^ 「ジョンカボット」ブリタニカ
  50. ^ ソーントン、ラッセル(1997)。「アボリジニの北アメリカの人口と減少率、およそAD 1500–1900」現在の人類学38(2):310–315。土井10.1086 / 204615JSTOR00113204_ S2CID143901232_  [デッドリンク]
  51. ^ クロスビー、アルフレッドW.(1976年4月)。「アメリカのアボリジニの過疎化の要因としての未伝播地流行」。ウィリアムとメアリークォータリー33(2):289–299。土井10.2307 / 1922166JSTOR1922166_ PMID11633588_ S2CID44458578_   
  52. ^ Dobyns、Henry F.(1993)。「接触時の病気の移動」。人類学の年次レビュー22(1):273–291。土井10.1146 /annurev.an.22.100193.001421JSTOR2155849_ 
  53. ^ 「天然痘」ブリタニカ
  54. ^
    • 「西半球」、メリアム・ウェブスターの地理辞書(第3版)、マサチューセッツ州スプリングフィールド:メリアム・ウェブスター、2001年、p。1294年、北アメリカと南アメリカおよび周辺海域を含む地球の一部。経度20°Wと160°Eはしばしばその境界と見なされます
    • オニール、メアリー、編 (2011)。チェンバース辞書(12版)。ロンドン:Chambers Harrap Publishers、Ltd.p。1780年。ISBN 978-0-550-10237-9
    • ワールドブックディクショナリーシカゴ:World Book、Inc。2003.p。2377. ISBN 0-7166-0299-7北アメリカと南アメリカを含む世界の半分である西半球。
    • American Heritage College Dictionary(第4版)。ボストン:ホートンミフリンハーコート。2010.p。1557. ISBN 978-0-618-83595-9西半球北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカからなる地球の半分
    • スティーブンソン、アンガス; Lindberg、Christine A.、eds。(2010)。新しいオックスフォードアメリカン辞書(第3版)。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。p。1963年。南北アメリカを含む地球の半分
    • ウェブスターの新世界大学辞書(第5版)。ボストン:ホートンミフリンハーコート。2014年。ISBN 978-0-544-16606-6北アメリカと南アメリカを含む地球の半分の西半球
  55. ^ Burress、Charles(2004年6月17日)。「北バークレーの探検家をロマンスすることは、古代のトゥーレを踏んだかもしれません」サンフランシスコクロニクル
  56. ^ 「サウスジョージアおよびサウスサンドイッチ諸島、南極大陸–旅行」2015年2月19日にオリジナルからアーカイブされました。
  57. ^ ab アメリカ」。ワールドブック百科事典1. World Book、Inc。2006.p。407. ISBN 0-7166-0106-0
  58. ^ Story, Brian C. (September 28, 1995). "The role of mantle plumes in continental breakup: case histories from Gondwanaland". Nature. 377 (6547): 301–309. Bibcode:1995Natur.377..301S. doi:10.1038/377301a0. S2CID 4242617.
  59. ^ "Land bridge: How did the formation of a sliver of land result in major changes in biodiversity". Public Broadcasting Corporation. Archived from the original on October 11, 2007.
  60. ^ 「パナマ:世界を変えた地峡」NASA地球観測所。2007年8月2日にオリジナルからアーカイブされました2008年7月1日取得
  61. ^ 「アンデス山脈」2017年4月29日にオリジナルからアーカイブされました2014年9月8日取得
  62. ^ 「ロッキー山脈」2007年7月14日にオリジナルからアーカイブされました。
  63. ^ 「アパラチア山脈」オハイオヒストリーセントラル。2007年5月1日にオリジナルからアーカイブされました。
  64. ^ 「北極山脈」evergreen.ca
  65. ^ 「中央平原地域」2013年8月9日にオリジナルからアーカイブされました2014年9月8日取得
  66. ^ 「ケベックの自然史」2011年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2014年9月8日取得
  67. ^ 「戦略」アマゾン保護協会。2007年4月3日にオリジナルからアーカイブされました。
  68. ^ 「南アメリカの画像」2014年9月8日取得
  69. ^ パーキンス、シド(2002年5月11日)。「竜巻街道、アメリカ」サイエンスニュースpp。296–298。2006年8月25日にオリジナルからアーカイブされました2011年5月29日取得
  70. ^ 「ミシシッピ川」2007年7月15日にオリジナルからアーカイブされました。
  71. ^ Kammerer、JC 「米国で最大の河川」米国地質調査所2010年7月2日取得
  72. ^ 「Yukoninfo.com」Yukoninfo.com。2013年10月24日にオリジナルからアーカイブされました2012年1月30日取得
  73. ^ "Mackenzie River". Encyclopædia Britannica. Archived from the original on November 18, 2008. Retrieved September 8, 2014.
  74. ^ "Greatest Places: Notes: Amazonia".
  75. ^ "Great Rivers Partnership – Paraguay-Parana". Archived from the original on January 5, 2011.
  76. ^ Webb, S. David (1991). "Ecogeography and the Great American Interchange". Paleobiology. Paleontological Society. 17 (3): 266–280. doi:10.1017/S0094837300010605. JSTOR 2400869.
  77. ^ "Les Collectivités". Ministère des Outre-Mer. Retrieved August 30, 2012.
  78. ^ "Composition of macro geographical (continental) regions, geographical sub-regions, and selected economic and other groupings". United Nations Department of Economic and Social Affairs. September 20, 2011. Retrieved August 30, 2012.
  79. ^ Unless otherwise noted, land area figures are taken from "Demographic Yearbook—Table 3: Population by sex, rate of population increase, surface area and density" (PDF). United Nations Statistics Division. 2008. Retrieved October 14, 2010.
  80. ^ Kras, Sara Louise (2008). Antigua and Barbuda. Marshall Cavendish. p. 95. ISBN 978-0-7614-2570-0.
  81. ^ "Aruba Census 2010 Languages spoken in the household". Central Bureau of Statistics. Archived from the original on November 13, 2012.
  82. ^ Lewis, Paul M. (2009). "Languages of Bahamas". Dallas: Ethnologue.
  83. ^ Paul M. Lewis, ed. (2009). "Languages of Barbados". Dallas: Ethnologue: Languages of the World.
  84. ^ "Belize 2000 Housing and Population Census". Belize Central Statistical Office. 2000. Retrieved June 24, 2011.[dead link]
  85. ^ La Paz is the administrative capital of Bolivia; Sucre is the judicial seat.
  86. ^ a b "Households by the most spoken language in the household Population and Housing Census 2001". Central Bureau of Statistics. Archived from the original on October 29, 2012.
  87. ^ "Bouvet Island is part of South America according to the United Nations geoscheme".
  88. ^ Includes Easter Island in the Pacific Ocean, a Chilean territory frequently reckoned in Oceania. Santiago is the administrative capital of Chile; Valparaíso is the site of legislative meetings.
  89. ^ a b c d Land area figures taken from "The World Factbook: 2010 edition". Government of the United States, Central Intelligence Agency. Archived from the original on January 31, 2014. Retrieved October 14, 2010.
  90. ^ a b c これらの人口推計は2010年のものであり、「The World Factbook:2010edition」から引用したものです。アメリカ合衆国政府、中央情報局。2018年12月25日にオリジナルからアーカイブされました2010年10月14日取得
  91. ^ ポール・M・ルイス; M.ポール編 (2009)。「ドミニカの言語」ダラス:エスノローグ:世界の言語2012年8月30日取得
  92. ^ Levinson、David(1998)。世界中の民族グループ:すぐに使えるリファレンスハンドブックグリーンウッド出版グループ。p。 347ISBN 1-57356-019-7
  93. ^ アルゼンチンによって主張され
  94. ^ ポール・M・ルイス編 (2009)。「マルティニーク語」ダラス:エスノローグ。
  95. ^ ポール・M・ルイス編 (2009)。「モントセラトの言語」ダラス:エスノローグ。
  96. ^ 1995年7月に始まったスーフリエールヒルズ火山の継続的な活動は、プリマスの大部分を破壊しました。官公庁はブレイドに移転しました。プリマスは依然としてデジュリの首都です。
  97. ^ a b 人口の推定値は、中央統計局オランダ領アンティルから取得されます。「統計情報:母集団」オランダ領アンティルの政府。2011年7月6日にオリジナルからアーカイブされました2010年10月14日取得
  98. ^ アルゼンチンによって主張された; 南大西洋サウスジョージア島とサウスサンドイッチ諸島は、一般に南極大陸と関連があり(その近接性のため)、恒久的な人口はなく、約100人の研究者と訪問者の定期的な派遣団のみを受け入れています。
  99. ^ ルイス、ポール(2009)。「スリナムの言語」テキサス州ダラス:エスノローグ。
  100. ^ ルイス、M。ポール(2009)。「タークス・カイコス諸島の言語」エスノローグ:世界の言語、第16版ダラス:SILインターナショナル。2012年12月24日にオリジナルからアーカイブされました。
  101. ^ 「大陸2021による人口」worldpopulationreview.com 2021年10月31日取得
  102. ^ デビッドE.ブルーム; デビッドカニング; ギュンター・フィンク; タルン・カンナ; パトリックセイラー。「都市集落」(PDF)ワーキングペーパーNo.2010 / 12ヘルシンキ:世界開発経済研究所2011年6月13日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2011年5月29日取得
  103. ^ Kästle、Klaus(2009年8月31日)。「米国で最も人口の多い都市」Nationsonline.org。2010年7月22日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月26日取得
  104. ^ 「世界の都市化の見通し:2007年の改訂人口データベース」国連。2010年8月22日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月26日取得
  105. ^ 「国連統計部–人口統計および社会統計」Millenniumindicators.un.org 2010年7月26日取得
  106. ^ 人口統計年鑑2005、第57巻国連。2008.p。756. ISBN 978-92-1-051099-82010年7月19日取得
  107. ^ 国連経済社会局(2002)。人口統計年鑑、2000年国連出版物、2002年。p。23. ISBN 92-1-051091-7
  108. ^ 「メキシコシティ人口2013」世界人口統計世界人口統計2014年9月6日取得
  109. ^ 「ProyeccionesdelapoblacióndelaszonasMetropolitanas、2010–2030」(スペイン語)。ConsejoNacionaldePoblación(CONAPO)2016年1月9日取得
  110. ^ 「サンパウロ人口2013」世界人口統計世界人口統計2014年9月6日取得
  111. ^ 「CidadedeSãoPaulochegaa12milhõesdehabitantes」(ポルトガル語)。エスタド2016年8月30日取得
  112. ^ ソール、マイケルハワード(2014年3月27日)。「ニューヨーク市の人口は過去最高を記録しました」ウォールストリートジャーナル2014年9月6日取得
  113. ^ 「居住者人口の年次推定:2010年4月1日から2013年7月1日–米国–大都市統計地域;およびプエルトリコの場合」国勢調査局国勢調査局2014年9月6日取得
  114. ^ 100万マイルストーン米国国勢調査局
  115. ^ データアクセスおよび配布システム。「米国国勢調査のウェブサイト」census.gov
  116. ^ 「グローバルキリスト教」ピュー2011年12月19日。
  117. ^ a b "ラテンアメリカの2014年の宗教"2014年11月13日2014年11月16日取得
  118. ^ Presse、フランス(2013年3月13日)。「AméricaLatinaabriga40%doscatólicosdomundo」ムンド
  119. ^ a b "アメリカ合衆国"CIAワールドファクトブック中央情報局2010年11月16日2010年11月30日取得
  120. ^ a b c d 「カナダの宗教— 2011年国勢調査」カナダ統計局/カナダ統計局。2013年5月8日。
  121. ^ 「今日の世界–カトリック教徒はプロテスタントの台頭に直面しました」オーストラリア:ABC。2005年4月19日2010年10月5日取得
  122. ^ 「アルゼンチン」国際宗教の自由報告米国国務省。2006 2009年9月1日取得
  123. ^ 「今日のカナダのユダヤ人:変化の過程における共同体の肖像– IraRobinson」Jcpa.org。2009年9月17日にオリジナルからアーカイブされました2010年10月5日取得
  124. ^ シーガル、ナオミ。「アルゼンチンから逃げるユダヤ人の最初の飛行機がイスラエルに到着する」Ujc.org。2008年2月1日にオリジナルからアーカイブされました2010年10月5日取得
  125. ^ 「PrimeraEncuestasobre Creencias y Actitudes Religiosas enArgentina」(PDF)Clarin.com 2021年12月14日取得
  126. ^ 「CorouRaça」(PDF)CensoDemográfico2010:Característicasgeraisdapopulação、religiãoepessoascomdeficiênciaInstituto BrasileirodeGeografiaeEstatística。2010 2013年10月5日取得
  127. ^ 「Encuesta– 2015」(PDF)(スペイン語)。プラザパブリカカデム。2017年2月7日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  128. ^ 「コロンビア」Vanderbilt.edu 2015年1月17日取得
  129. ^ a b "Las religiones en tiempos del Papa Francisco"(スペイン語)。Latinobarómetro。2014年4月。p。6. 2015年5月10日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2015年4月4日取得
  130. ^ 「国際的な宗教の自由に関する2010年の報告–ドミニカ共和国」UNHCR2010年11月17日2011年3月30日取得
  131. ^ 「El80%deecuatorianosescatólico」2016年5月27日にオリジナルからアーカイブされました。
  132. ^ "CID Gallup | Latinoamérica". Ccidgallup.com. Archived from the original on March 7, 2016.
  133. ^ Public Opinion Polls on Religious Affiliation in Guatemala. Prolades.com
  134. ^ "Religion in Honduras – CID Gallup Poll 2007". US. State
  135. ^ inegi.org.mx Religiones 2010.pdf Archived October 21, 2015, at the Wayback Machine
  136. ^ "CONELA/PRLADES – 2010 – Nicaragua" (PDF). Prolades.com. Retrieved December 14, 2021.
  137. ^ DirecciónTécnicadeDemografíayEstudiosSocialesyCentrodeInvestigaciónyDesarrollodelINEI、Web.archive.org
  138. ^ キャロリン・スチュワート、ACSD。「宗教–出版物–米国国勢調査局」1999年5月8日にオリジナルからアーカイブされました。
  139. ^ 「EncuestaNacionalde Hogares Amplidada – 2006」(PDF)国立統計研究所(スペイン語)。INHA。2013年9月27日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年9月7日取得
  140. ^ "Informe sociográfico sobre la religión en Venezuela" (PDF). Archived from the original (PDF) on September 24, 2015. Retrieved January 30, 2016.
  141. ^ "Official Languages of the Americas and the Caribbean – Nations Online Project". Nationsonline.org.
  142. ^ Lipski, John M. (2006). Timothy L. Face; Carol A. Klee (eds.). "Too Close for Comfort? The Genesis of "Portuñol/Portunhol"". Selected Proceedings of the 8th Hispanic Linguistics Symposium: 1–22. ISBN 978-1-57473-408-9. Retrieved November 26, 2010.
  143. ^ Juan Bialet Massé en su informe sobre "El estado de las clases obreras en el interior del país" Archived September 27, 2011, at the Wayback Machine
  144. ^ "SOCIAL IDENTITY Marta Fierro Social Psychologist". Archived from the original on February 20, 2012.
  145. ^ "Etnicidad y ciudadanía en América Latina".
  146. ^ "American". The American Heritage Dictionary. Houghton Mifflin Harcourt. Retrieved September 8, 2014.
  147. ^ a b cd 「 アメリカ カナダ英語の使用法に関するオックスフォードガイド。ISBN 0-19-541619-8)Fee、Margery and McAlpine、J.、ed。、1997。トロント:オックスフォード大学出版局; p。36。 
  148. ^ 「PAN-AMERICANの定義」Merriam-webster.com
  149. ^ リーダーズダイジェストオックスフォードコンプリートワードファインダー1993.( ISBN 0-276-42101-9)米国ニューヨーク:リーダーズダイジェスト協会; p。45。 
  150. ^ The Olympic symbols. Archived July 31, 2010, at the Wayback Machine International Olympic Committee. 2002. Lausanne: Olympic Museum and Studies Centre. The five rings of the Olympic flag represent the five inhabited, participating continents: (Africa, America, Asia, Europe, and Oceania Archived July 31, 2010, at the Wayback Machine)."Archived copy" (PDF). Archived from the original (PDF) on August 22, 2011. Retrieved February 4, 2009.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  151. ^ メンケン、HL(1947年12月)。「アメリカ人の名前」。アメリカンスピーチ22(4):241–256。土井10.2307 / 486658JSTOR486658_ 243ページの引用。
  152. ^ 「アメリカ人。」オックスフォードの英語の仲間 ISBN 0-19-214183-X); マッカーサー、トム編、1992年。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局、p。35。 
  153. ^ 「EstadosUnidos」Diccionariopanhispánicodedudas(スペイン語)。リアルアカデミアエスパニョーラ2005年10月2010年11月30日取得
  154. ^ a b Diccionario panhispánico de dudas:Norteamérica. Real Academia Española. 2005.
  155. ^ a b Diccionario panhispánico de dudas: Estados Unidos. Real Academia Española. 2005. "debe evitarse el empleo de americano para referirse exclusivamente a los habitantes de los Estados Unidos" ("the use of the term americano referring exclusively to the United States inhabitants must be avoided")
  156. ^ "Países da América". Brasil Escola. Retrieved March 29, 2014.
  157. ^ "América". Mundo Educação. Retrieved March 29, 2014.
  158. ^ "Estados Unidos". Itamaraty. Archived from the original on February 22, 2014. Retrieved March 29, 2014.
  159. ^ "Estados Unidos". ESPN. Archived from the original on March 30, 2014. Retrieved March 29, 2014.
  160. ^ "panaméricain". Office québéqois de la langue français. 1978. Retrieved November 22, 2013.
  161. ^ "aadas.nl/" (PDF). Archived from the original (PDF) on May 4, 2018. Retrieved May 4, 2018.
  162. ^ "The Memory". geheugen.delpher.nl.
  163. ^ "2021 April WEO database".
  164. ^ Trade Map - List of exporters for the selected product in 2018 (All products), Trademap.org
  165. ^ "Opportunities and risks in world trade at a glance | ABRAMS world trade wiki". en.abrams.wiki.
  166. ^ "International Trade Statistics". International Trade Centre. Retrieved August 25, 2020.
  167. ^ a b "FAOSTAT". Fao.org.
  168. ^ "Manufacturing, value added (current US$) | Data". data.worldbank.org.
  169. ^ "International - U.S. Energy Information Administration (EIA)". Eia.gov.
  170. ^ IEA. Key World Energy Statistics 2014. Natural Gas. Archived April 5, 2015, at the Wayback Machine, Iea.org, Access date - 01/17/2021
  171. ^ "html CIA. The World Factbook. Natural gas - production". Cia.gov. Retrieved December 14, 2021.[permanent dead link]
  172. ^ "Statistical Review of World Energy | Energy economics | Home". Bp.com.
  173. ^ 「2019年の統計| www.oica.net」Oica.net
  174. ^ 「世界の粗鋼生産」(PDF)Worldsteel.org2020年1月30日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2021年12月14日取得
  175. ^ 「世界鉄鋼|世界の原油生産量は2019年に3.4%増加します」Worldsteel.org
  176. ^ 「USGS金生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  177. ^ "Production statistics of USGS Silver" (PDF). Pubs.usgs.gov. Retrieved December 14, 2021.
  178. ^ "Copper production statistics for the USGS" (PDF). Pubs.usgs.gov. Retrieved December 14, 2021.
  179. ^ "USGS platinum production statistics" (PDF). Pubs.usgs.gov. Retrieved December 14, 2021.
  180. ^ "Production statistics of USGS iron ore" (PDF). Pubs.usgs.gov. Retrieved December 14, 2021.
  181. ^ 「USGSからの亜鉛生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  182. ^ 「USGSモリブデン生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  183. ^ 「USGSリチウム生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  184. ^ 「USGS鉛生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  185. ^ 「USGSボーキサイト生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  186. ^ 「USGSスズ生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  187. ^ 「USGSからのマンガン生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  188. ^ 「USGSアンチモン生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  189. ^ 「USGSニッケル生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  190. ^ 「USGSニオブ生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  191. ^ 「USGSレニウム生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  192. ^ 「USGSヨウ素生産統計」(PDF)Pubs.usgs.gov 2021年12月14日取得
  193. ^ 「世界経済見通しデータベース」Imf.org
  194. ^ a b 国際通貨基金(2016年10月)。「一人当たりGDPによる北米諸国のリスト」世界経済の見通し国際通貨基金。2017年10月10日にオリジナルからアーカイブされました2017年2月22日取得
  195. ^ a b 国際通貨基金(2016年10月)。「一人当たりGDPによる南米諸国のリスト」世界経済の見通し国際通貨基金2017年9月25日取得

参考文献

External links

0.14997291564941