アフリカ系アメリカ人

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アフリカ系アメリカ人
Black Americans by county.png
総人口
46,936,733(2020)[1]
米国の総人口の14.2%(2020)[1]
41,104,200(2020)(1レース)[1]
米国の総人口の12.4%(2020)[1]
人口が多い地域
アメリカ全土、特に南部都市部
言語
英語アメリカ英語方言アフリカ系アメリカ人英語
ルイジアナクレオールフランス語
ガラクレオール英語
宗教
歴史的に黒人のプロテスタント(53%)、福音派のプロテスタント(14%)、メインラインのプロテスタント(4% )を含む主にプロテスタント(71% )。
重要な[注1]その他には、カトリック(5%)、エホバの証人(2%)、イスラム教徒(2%)、および無所属(18%)が含まれます[2]

アフリカ系アメリカ人(黒人アメリカ人および以前はアフリカ系アメリカ人とも呼ばれます)は、アフリカの黒人の人種グループのいずれかから部分的または完全な祖先を持つアメリカ人で構成される民族グループです。[3] [4]「アフリカ系アメリカ人」という用語は、一般に、米国出身の奴隷化されたアフリカ人の子孫を意味します。[5] [6] [7]一部の黒人移民またはその子供たちもアフリカ系アメリカ人として特定するようになるかもしれませんが、第一世代の移民の大多数はそうではなく、出身国と特定することを好みます。[8] [9]

アフリカ系アメリカ人は、白人アメリカ人に次ぐ米国で2番目に大きな人種グループであり、ヒスパニック系アメリカ人とラテンアメリカ人に次ぐ3番目に大きな民族グループです。[10]ほとんどのアフリカ系アメリカ人は、現在の米国の境界内で奴隷にされた人々の子孫です。[11] [12]平均して、アフリカ系アメリカ人は西/中央アフリカ人であり、ヨーロッパ系の子孫がいます。ネイティブアメリカンや他の祖先を持つ人もいます。[13]

米国国勢調査局のデータによると、アフリカ系移民は一般的にアフリカ系アメリカ人として自己識別しません。圧倒的多数のアフリカ移民は、代わりに彼ら自身のそれぞれの民族と同一視しています(〜95%)。[9]一部のカリブ海諸国中央アメリカ諸国、および南アメリカ諸国からの移民とその子孫も、この用語を自己認識している場合とそうでない場合があります。[7]

アフリカ系アメリカ人の歴史は16世紀に始まり、西アフリカのアフリカ人はヨーロッパの奴隷貿易業者に売られ、大西洋を越えて13植民地に運ばれましたアメリカ大陸に到着した後、彼らはヨーロッパの入植者に奴隷として売られ、特に南部植民地でプランテーションに従事しました。解放奴隷制や脱出によって自由を達成し、アメリカ独立戦争の前と最中に独立したコミュニティを設立した人もいます。

1783年にアメリカ合衆国が設立された後も、ほとんどの黒人は奴隷化され続け、アメリカ南部に最も集中し、1865年の南北戦争および終戦時にのみ400万人の奴隷が解放されました。市民権と投票権を獲得たが、白人の覇権のために、彼らは主に二流の市民として扱われ、すぐに南部で権利を剥奪されたこれらの状況は、米国の軍事紛争への参加により変化しました、南部からの実質的な移住、法的な人種分離の排除、および政治的および社会的自由を求めた公民権運動。2008年、バラクオバマは、米国の大統領に選出された最初のアフリカ系アメリカ人になりました。[15]

歴史

植民地時代

大西洋奴隷貿易で奴隷化され輸送された人々の大多数は、沿岸襲撃で奴隷貿易業者によって直接捕らえられた[16]か、他の西アフリカ人によって売られたか、または半分によって、中央および西アフリカからの人々でした。ヨーロッパの「商人の王子」[17]からヨーロッパの奴隷貿易業者へ。彼らは彼らを南北アメリカに連れて行った。[18]

最初のアフリカ人奴隷は、サントドミンゴを経由して、1526年にスペインの探検家ルーカスバスケスデアイロンによって設立されたサンミゲルデグアラペ植民地(現在のサウスカロライナ州のウィンヤー地域にある可能性が高い)に到着しました。植民地は、リーダーシップをめぐる争いによってほぼ即座に混乱しました。その間、奴隷は反乱を起こし、植民地から逃げ出し、地元のネイティブアメリカンの間で避難を求めました。デ・アイロンと多くの入植者は、流行の直後に亡くなり、植民地は放棄されました。逃げなかった入植者と奴隷はハイチに戻り、そこから彼らはやって来ました。[19]

セビリアからの自由黒人の国内使用人であるルイサ・デ・アブレゴと、1565年にセントオーガスティン(スペイン領フロリダ)で白人のセゴビアンの征服者であるミゲル・ロドリゲスとの結婚は、現在の大陸で最初に知られ、記録されたキリスト教の結婚です。州。[20]

イギリス系アメリカ人(将来の米国のほとんどを含む)で最初に記録されたアフリカ人は、1619年8月に年季奉公としてケープコンフォート経由バージニア州ジェームズタウンにやってきた「20人の奇妙なニグロ」でした。[21]多くのバージニア人入植者が過酷な条件で死に始めたため、ますます多くのアフリカ人が労働者として働くようになった。[22]

17世紀のバージニア州でタバコを処理する奴隷、1670年のイラスト

年季奉公(白または黒の可能性があります)は、賃金なしで数年間(通常は4〜7年)働きます。初期のバージニア州とメリーランド州の年季奉公の地位は奴隷制と同様でした。使用人は売買されたり、借りられたりする可能性があり、不従順や逃亡のために肉体的に殴打される可能性があります。奴隷とは異なり、彼らは任期満了または買収された後に解放され、彼らの子供たちは彼らの地位を継承せず、契約からの解放時に彼らは「トウモロコシ、ダブルアパレル、必要な道具の1年の提供」と小さなものを受け取りました「自由会費」と呼ばれる現金支払い。[23]

アフリカ人は合法的に作物や牛を飼育して自由を購入することができます。[24]彼らは家族を育て、他のアフリカ人と結婚し、時にはネイティブアメリカンやヨーロッパ人入植者と結婚した。[25]

1655年のニューアムステルダムでの最初の奴隷オークション、ハワードパイルによる1895年のイラスト[26]

1640年代と1650年代までに、いくつかのアフリカの家族はジェームズタウン周辺に農場を所有し、いくつかは植民地の基準によって裕福になり、彼ら自身の年季奉公を購入しました。1640年、バージニア州裁判所は、ニグロのジョンパンチに、彼の主人であるヒューグウィンの下で逃亡したとして生涯奉公を宣告したとき、生涯奴隷制の最も初期の文書を記録しました。[27] [28]

スペイン領フロリダでは、一部のスペイン人がペンサコーラクリーク、またはアフリカの女性と結婚したか、奴隷と自由の両方の女性と組合を結び、その子孫は メスティーソムラートの混血集団を作りました。スペイン人はジョージア植民地からの奴隷が避難所としてフロリダに来ることを奨励し、カトリックへの改宗と引き換えに自由を約束したチャールズ2世は、スペインのフロリダに逃亡し、回心と洗礼を受け入れたすべての奴隷を解放する王室の宣言を発表しました。ほとんどがセントオーガスティン周辺に行きました、しかし逃亡した奴隷もペンサコーラに到着した。セントオーガスティンは早くも1683年にスペイン領フロリダを守る全黒民兵部隊を召集していた。 [29]

オランダのアフリカ系アメリカ人の到着者の1人であるアンソニージョンソンは、後に、民事訴訟の裁判所の判決の結果として、最初の黒人の「奴隷」の1人であるジョンカソーを所有することになりました。[30] [31]

人種ベースの奴隷制度の一般的な概念は、18世紀まで完全には発展しませんでした。オランダ西インド会社1625年に奴隷制を導入し、11人の黒人奴隷をニューアムステルダム(現在のニューヨーク市)に輸入しました。しかし、植民地の奴隷はすべて、イギリス軍に降伏したときに解放されました。[32]

1769年にサウスカロライナ州チャールストンで奴隷オークションを宣伝するチラシの複製

マサチューセッツは1641年に奴隷制を法的に認めた最初のイギリスの植民地でした。1662年、バージニア州は、奴隷制の女性の子供がコモンローのように父親ではなく母親の地位を占めるという法律を可決しましたこの法的原則は、partus sequiturventrumと呼ばれていました。[33] [34]

1699年の行為により、植民地はすべての自由黒人を強制送還するよう命じ、事実上、植民地に残ったアフリカ系アメリカ人のすべての人々を奴隷と定義しました。[35] 1670年、植民地議会は、自由で洗礼を受けた黒人(およびインディアン)がキリスト教徒(この法律では白人ヨーロッパ人を意味する)を購入することを禁止するが、「自国の」人々を購入することを許可する法律を可決した。[36]

スペイン領ルイジアナでは、アフリカの奴隷貿易の廃止に向けた動きはありませんでしたが、スペインの支配は、奴隷が自分たちの自由や他の人たちの自由を買うことを許可するcoartaciónと呼ばれる新しい法律を導入しまし[37]自由を買うお金がなかった人もいたが、奴隷制に関する政府の措置により、多くの自由黒人が許可された。それはスペインのルイジアナにも住んでいたフランスのクレオールとスペイン人に問題をもたらしました、フランスのクレオールはその測定をシステムの最悪の要素の1つとして引用しました。[38]

1704年にサウスカロライナで最初に設立された、武装した白人男性のグループ、つまり奴隷パトロールは、奴隷にされた黒人を監視するために結成されました。[39]彼らの機能は、奴隷、特に逃亡者を警察することでした。奴隷所有者は奴隷が反乱や奴隷反乱を組織するのではないかと恐れていたので、奴隷パトロール内に軍事命令構造と規律を提供するために州防衛軍が結成されました。反乱や反乱に。[39]

初期のアフリカ系アメリカ人の会衆と教会は、大覚醒後の北部と南部の両方の都市で1800年以前に組織されました1775年までに、アフリカ人はアメリカ植民地の人口の20%を占め、イギリス系アメリカ人に次ぐ2番目に大きな民族グループになりました[40]

アメリカ独立戦争から南北戦争へ

1770年代、奴隷と自由の両方のアフリカ人は、アメリカ独立戦争でイギリス人を打ち負かすことによって、反抗的なアメリカ人入植者が彼らの独立を確保するのを助けました。[41]黒人はアメリカ独立戦争の両側で役割を果たした。パトリオット運動の活動家には、ジェームズアーミステッドプリンスウィップルオリバークロムウェルが含まれていました。[42] [43]戦後、約15,000人の黒人ロイヤリストがイギリス人と共に去り、そのほとんどがイギリスまたはその植民地で自由な人々として終わった。[44]

スペイン領ルイジアナでは、ベルナルドデガルベス知事がアメリカ独立戦争中にニューオーリンズを守るためにスペインの自由な黒人男性を2つの民兵会社に組織しました。彼らはスペインがイギリスからバトンルージュを捕らえた1779年の戦いで戦った。ガルベスはまた、アラバマ州モビールとフロリダ州ペンサコーラのイギリスの前哨基地に対するキャンペーンで彼らを指揮し、重傷を負った人を解放することを誓い、民兵の奴隷を募集しまし。他の人の)より少ない傷を受けた人のために。1790年代、知事カロンデレットの男爵であるフランシスコルイスヘクターは、地元の要塞を強化し、民兵のためにさらに多くの無料の黒人男性を採用しました。Carondeletは、奉仕した自由黒人の数を2倍にし、さらに2つの民兵会社を設立しました。1つは黒人メンバーで構成され、もう1つはパルド(混血)で構成されていました。民兵に仕えることで、自由な黒人男性は白人との平等に一歩近づき、たとえば、武装権を持ち、稼ぐ力を高めることができました。しかし、実際には、これらの特権は、奴隷にされた黒人から自由な黒人男性を遠ざけ、白人と同一視するように彼らを促しました。[38]

奴隷制は、一般に3/5妥協として知られている、第1条、第2条、第3条などの条項を通じて、米国憲法に暗黙のうちに祀られていました。セクション9、条項1のため、議会は1807年まで奴隷の輸入を禁止する法律を可決することができませんでした。[45]逃亡奴隷法(憲法の逃亡奴隷条項から派生)は1793年1850年に議会によって可決され、奴隷所有者が米国内で逃亡した奴隷を取り戻す権利[46]奴隷制は、当時はほぼ独占的に黒人を意味していたが、 南北戦争以前の南部、次々と危機につながる。これらの中には、ミズーリ妥協1850年の妥協、およびドレッドスコット判決がありました。

南北戦争の前は、8人の大統領が奴隷を所有していました。これは米国憲法によって保護されている慣習です。[47] 1860年までに、大西洋奴隷貿易のために米国には350万から440万人の奴隷化された黒人がおり、さらに488,000から500,000人の黒人が(法定の制限付きで)全国で自由に暮らしていた[48] 。ヘンリー・クレイよれば、白人からの「征服できない偏見」に加えて、法的な制限が課せられた[ 50]奴隷にされなかった黒人の一部は、西アフリカのリベリアに向けて米国を離れた。[48]リベリアはアメリカ植民地協会の入植地として始まった(ACS)1821年、ACSの廃止論者のメンバーは、黒人がアフリカの自由と平等のより良いチャンスに直面すると信じていました。[48]

奴隷制は多額の投資を構成しただけでなく、アメリカで最も価値のある製品と輸出品である綿花を生産しました。彼らは米国議会議事堂の建設を支援しただけでなくホワイトハウスやその他のコロンビア特別区の建物を建設しました。ワシントンは奴隷貿易の中心地でした。)[51]同様の建築プロジェクトが奴隷保有国に存在しました。

販売を待っている奴隷:バージニア州リッチモンド、 1853年。国内の奴隷貿易は多くの家族を解散させ、個人は家族や氏族とのつながりを失いました。

1815年までに、国内の奴隷貿易は米国の主要な経済活動になりました。それは1860年代まで続きました。[52]歴史家は、この新しい「ミドルパッセージ」の強制移住に合計で100万人近くが参加したと推定している。歴史家のアイラ・バーリンは、この奴隷の強制移住をアメリカ独立戦争と南北戦争の間の奴隷生活の「中心的な出来事」と呼び、奴隷が直接強制送還されたのか、彼らやその家族が無意識に動かされることを恐れて生きたのかを書いた。 、「大規模な国外追放は黒人を傷つけた。」[53]個人は家族や氏族とのつながりを失い、多くのアフリカ系民族はアフリカのさまざまな部族の起源についての知識を失った。[52]

ルイジアナのブランド奴隷であるウィルソンチンの1863年の写真は、ゴードンと彼の傷ついた背中の写真のように、生まれたばかりの写真媒体が奴隷制の残酷さをどのようにカプセル化できるかを示す2つの初期の例として役立ちました。[54]

自由黒人の出身大陸への移住は、独立戦争以来提案されていました。ハイチが独立した後、米国との貿易関係を再構築した後、そこに移住するためにアフリカ系アメリカ人を募集しようとしました。ハイチ連合は、両国間の関係を促進するために結成されたグループでした。[55]シンシナティでの黒人に対する暴動の後、その黒人コミュニティは、カナダへのアフリカ系アメリカ人移民の最初の成功した定住であるウィルバーフォースコロニーの設立を後援した。植民地は、そのような最初の独立した政治的実体の1つでした。それは何十年も続き、米国の多くの場所から移住する約200人の黒人家族に目的地を提供しました。[55]

1863年、南北戦争中、エイブラハムリンカーン大統領は奴隷解放宣言に署名しました布告は、南軍が支配する領土のすべての奴隷は自由であると宣言した。[56]前進する北軍は宣言を執行し、1865年にテキサスが解放された最後の州となった。[57]

連合国が保有する南軍の領土での奴隷制は、少なくとも紙面では、1865年の修正第13条が可決されるまで続いた。 [58] 1790年の帰化法により、米国市民権は白人のみに制限されたが、[59] [60]修正第14条( 1868年)は黒人に市民権を与え、第15条改正(1870年)は黒人男性に選挙権を与えました( 1920年まですべての女性に拒否されていました)。[61]

復興時代とジム・クロウ

アフリカ系アメリカ人は、白人の支配や監視から離れた場所を確保するために、学校や地域社会/市民団体だけでなく、自分たちのためにすぐに会衆を設立しました。戦後の復興時代は当初アフリカ系アメリカ人にとって進歩の時期でしたが、その期間は1876年に終わりました。1890年代後半までに、南部の州は人種の分離と権利の剥奪を強制するジムクロウ法を制定しました。[62]奴隷制から始まった分離は、ジム・クロウ法に続き、合法的に歩いたり、話したり、飲んだり、休んだり、食べたりできる場所を黒人に示すために使用された標識があった。[63]人種的に混血した場所では、非白人はすべての白人の顧客が取引されるまで待たなければならなかった。[63]ほとんどのアフリカ系アメリカ人は、人種差別的な暴力を避けるために、ジムクロウ法に従いました自尊心と尊厳を維持するために、アンソニー・オーバートンメアリー・マクロード・ベスーンなどのアフリカ系アメリカ人は、独自の学校教会、銀行、社交クラブ、その他の事業を構築し続けました。[64]

19世紀の最後の10年間に、アフリカ系アメリカ人を対象とした人種差別的な法律と人種的暴力が米国で急増し始めました。この時期は、しばしば「アメリカの人種関係の最下層」と呼ばれていました。これらの差別的行為には、1896年のプレッシー対ファーガソンで合衆国最高裁判所の判決によって支持された人種的分離が含まれます。全国的な経済的機会または資源、および政府当局によって妨害または奨励されていないアフリカ系アメリカ人を対象とした私的暴力行為および大規模な人種的暴力。[65]

偉大な移民と公民権運動

ネブラスカ州オマハの1919年のオマハ人種暴動の際にリンチされ、体を切断されて火傷を負った黒人の犠牲者であるウィルブラウンの上に立つと、白人男性のグループが1919年の写真のポーズをとります。はがきやリンチの写真は、アメリカで人気のお土産でした[66]。

南部のアフリカ系アメリカ人の絶望的な状況は、 20世紀の前半に大移動を引き起こし、それが米国北部と西部のアフリカ系アメリカ人コミュニティの成長につながりました。[67]黒人の急速な流入は、北部と西部の都市内の人種的バランスを乱し、2つの地域の黒人と白人の両方の間の敵意を悪化させた。[68] 1919年の赤い夏は、1919年のシカゴ人種暴動や1919年オマハ人種暴動など、30以上の都市で発生した人種暴動の結果として、全米で数百人の死者とより多くの死傷者が出た。全体として、北部と西部の都市の黒人は、生活のさまざまな側面で体系的な差別を経験しました。雇用の中で、黒人の経済的機会は最も低い地位にあり、潜在的な移動が制限されていました。1900年のハンプトン黒人会議で、マシュー・アンダーソン牧師は次のように述べています。[69]住宅市場では、流入に関連してより強力な差別的措置が採用され、「標的を絞った暴力、制限的な契約レッドライニング人種的操舵」が混在した。[70]多くの白人がアフリカ系アメリカ人に対する暴力、脅迫、または法的戦術で自分たちのスペースを守った一方で、他の多くの白人は、より人種的に均質な郊外または準郊外地域に移住しました。これは、ホワイトフライトとして知られるプロセスです。[71]

白人にバスの座席をあきらめなかったために逮捕された後、指紋をとられているローザ・パークス

差別にもかかわらず、南部に絶望を残すためのカードを引くことは、北部の都市におけるアフリカ系アメリカ人の制度とコミュニティの成長でした。機関には、黒人志向の組織(Urban LeagueNAACPなど)、教会、企業、新聞のほか、アフリカ系アメリカ人の知的文化、音楽、大衆文化(Harlem RenaissanceChicago Black Renaissanceなど)の発展に成功した組織が含まれていました。 ハーレムのコットンクラブは白人のみの施設であり、黒人(デュークエリントンなど)の演奏は許可されていましたが、白人の聴衆には許可されていました。[72]アフリカ系アメリカ人はまた、ジム・クロウの強制的な障害なしに、北部の都市で政治権力の新しい基盤を見つけました[73] [74]

1950年代までに、公民権運動は勢いを増していた。不当に対する国民の怒りを引き起こした1955年のリンチは、シカゴ出身の14歳の少年エメットティルのリンチでした。ミシシッピ州マネーで親戚と夏を過ごしたティルは、白人女性に狼の口笛を吹いたとして殺害された。ひどく殴られるまで、彼の片方の目はえぐられ、彼は頭を撃たれた。棺桶を開けた葬式を行うという母親の決定に対する内臓の反応は、全米の黒人コミュニティを動員した[75] Vann R. Newkirk | 「彼の殺人者の裁判は、白人至上主義の専制政治を照らし出すページェントになった」と書いた[75]ミシシッピ州は2人の被告を裁判にかけたが、彼らは真っ白な陪審員によって迅速に無罪となったエメット・ティルが殺害されてから100日後、ローザ・パークスはアラバマ州のバスの座席を放棄することを拒否した。実際、パークスはエメットの母親であるマミー・ティルに次のように語った。彼女はモンゴメリーバスの座席をあきらめることを拒否した。」[77]

1963年8月28日、ワシントン大行進の仕事と自由のために、市民権の指導者と組合の指導者を示しています

ワシントン大行進とそれを実現させた条件は、ジョンF.ケネディ大統領リンドンB.ジョンソン大統領に圧力をかけたことで知られています。ジョンソンは、公共施設、雇用、労働組合での差別を禁止した1964年の公民権法と、有権者登録の保護を通じて黒人の政治参加を確保するために州に対する連邦政府の権限を拡大した1965年投票権法の成立を支持しました。と選挙。[78] 1966年までに、ブラックパワーの出現1966年から1975年まで続いた運動は、公民権運動の目的を拡大し、経済的および政治的自給自足と白人の権威からの自由を含むようになりました。[79]

戦後、多くのアフリカ系アメリカ人は他のアメリカ人に比べて経済的に不利な立場にあり続けました。黒人の平均収入は、1947年には白人労働者の54%、1962年には55%でした。1959年の白人の世帯収入の中央値は5,600ドルでしたが、白人以外の家族の収入は2,900ドルでした。1965年には、すべての黒人家族の43%が貧困層に陥り、年間3,000ドル未満の収入を得ました。60年代には、多くのアフリカ系アメリカ人の社会的および経済的状況が改善されました。[80]

1965年から1969年にかけて、黒人の家族の収入は白人の家族の収入の54%から60%に増加しました。1968年には、黒人家族の23%が年間3,000ドル未満で稼ぎましたが、1960年には41%でした。1965年には、黒人アメリカ人の19%が全国中央値に等しい収入を上げ、その割合は1967年までに27%に上昇しました。黒人の教育レベルの中央値は10。8年でしたが、60年代後半までに、この数字は12。2年に上昇し、白人の中央値から半年遅れました。[80]

公民権後の時代

政治的および経済的に、アフリカ系アメリカ人は公民権後の時代に大きな進歩を遂げました。1967年、サーグッドマーシャルは、最初のアフリカ系アメリカ人最高裁判所判事になりました。1968年、シャーリーチザムは、米国議会に選出された最初の黒人女性になりました1989年、ダグラスワイルダーは、米国史上初のアフリカ系アメリカ人に選出された知事になりました。クラレンス・トーマスはマーシャルを引き継ぎ、1991年に2番目のアフリカ系アメリカ人最高裁判所判事になりました。1992年、イリノイ州のキャロル・モーズリー・ブラウンは、米国上院に選出された最初のアフリカ系アメリカ人女性になりました。2000年の米国の黒人役員は8,936人で、1970年から7,467人の純増を示しました。2001年には、484人の黒人市長がいました。[81]

2005年に、米国に移住するアフリカ人の数は、1年間で、大西洋奴隷貿易の間に米国に無意識に連れてこられたピーク数を超えました[82] 2008年11月4日、民主党の 上院議員 バラク・オバマは 共和党上院議員ジョン・マケインを破り 、アフリカ系アメリカ人として初めて大統領に選出された。アフリカ系アメリカ人の有権者の少なくとも95パーセントがオバマに投票しました。[83] [84]彼はまた、アジア人の大多数である若くて教育を受けた白人[85]ヒスパニック[ 85]から圧倒的な支持を受けた。民主的な選挙のコラムで多くの新しい州を取り上げます。[83] [84]オバマは、ジミー・カーター以来、以前の非現職の民主党大統領候補よりも多くの割合で白票を獲得したものの、全体的な白票を失った[86]オバマは、2012年11月6日に同様のマージンで、 2期目と最終期に再選された。 [87] 2021年、カマラ・ハリスは最初の女性、最初のアフリカ系アメリカ人、そして最初のアジア系アメリカ人が副大統領を務めた。アメリカ合衆国大統領[88]

人口統計

2020年の米国国勢調査の時点での、米国の各州、コロンビア特別区、およびプエルトリコにおけるアフリカ系アメリカ人の割合
25人未満の黒人またはアフリカ系アメリカ人の住民がいる米国の郡を示す米国国勢調査マップ
1790年から2010年にかけて、アメリカ南部に住むアフリカ系アメリカ人の人口の割合を示すグラフ。1910年から1940年と1940年から1970年の間に大幅な減少がられ1970年以降は逆の傾向にあることに注意してくださいそれにもかかわらず、アフリカ系アメリカ人の人口の絶対的な大多数は常にアメリカ南部に住んでいます。

1790年に最初の米国国勢調査が行われたとき、アフリカ人(奴隷と自由人を含む)は約76万人で、人口の約19.3%でした。1860年、南北戦争の開始時に、アフリカ系アメリカ人の人口は440万人に増加しましたが、その割合は国の全人口の14%に低下しました。大多数は奴隷であり、「自由人」として数えられたのはわずか488,000でした。1900年までに、黒人の人口は2倍になり、880万人に達しました。[89]

1910年には、アフリカ系アメリカ人の約90%が南部に住んでいました。より良い雇用機会と生活条件を求めて、そしてジム・クロウ法と人種的暴力から逃れるために、多くの人々が北に移住し始めました。移動は、それが呼ばれたように、1890年代から1970年代に及んだ。1916年から1960年代にかけて、600万人以上の黒人が北に移動しました。しかし、1970年代と1980年代には、その傾向は逆転し、より多くのアフリカ系アメリカ人がサンベルトを離れるよりも南に移動しました。[90]

次の米国のアフリカ系アメリカ人人口の表は、アフリカ系アメリカ人の人口が総人口に占める割合として、1930年まで減少し、その後増加していることを示しています。

アメリカ合衆国のアフリカ系アメリカ人[91]
番号
総人口の%
変化率
(10年)
奴隷 奴隷制の%
1790年 757,208 19.3%(最高)  – 697,681 92%
1800 1,002,037 18.9% 32.3% 893,602 89%
1810年 1,377,808 19.0% 37.5% 1,191,362 86%
1820年 1,771,656 18.4% 28.6% 1,538,022 87%
1830年 2,328,642 18.1% 31.4% 2,009,043 86%
1840年 2,873,648 16.8% 23.4% 2,487,355 87%
1850年 3,638,808 15.7% 26.6% 3,204,287 88%
1860年 4,441,830 14.1% 22.1% 3,953,731 89%
1870年 4,880,009 12.7% 9.9%  –  –
1880年 6,580,793 13.1% 34.9%  –  –
1890年 7,488,788 11.9% 13.8%  –  –
1900年 8,833,994 11.6% 18.0%  –  –
1910年 9,827,763 10.7% 11.2%  –  –
1920年 1,050万 9.9% 6.8%  –  –
1930年 1190万 9.7%(最低) 13%  –  –
1940年 1290万 9.8% 8.4%  –  –
1950年 1,500万 10.0% 16%  –  –
1960年 1890万 10.5% 26%  –  –
1970年 2260万 11.1% 20%  –  –
1980年 2650万 11.7% 17%  –  –
1990年 30.0百万 12.1% 13%  –  –
2000 3460万 12.3% 15%  –  –
2010年 3890万 12.6% 12%  –  –
2020 4110万 12.4% 5.6%  –  –

1990年までに、アフリカ系アメリカ人の人口は約3,000万人に達し、米国の人口の12%を占め、1900年とほぼ同じ割合でした。[92]

2000年の国勢調査の時点で、アフリカ系アメリカ人の54.8%が南部に住んでいました。その年、アフリカ系アメリカ人の17.6%が北東部に住み、 18.7%が中西部に住んでいましたが、西部のには8.9%しか住んでいませんでした。ただし、西部には特定の地域にかなりの黒人が住んでいます。カリフォルニアは、米国で最も人口の多い州であり、アフリカ系アメリカ人の人口が5番目に多く、ニューヨーク、テキサス、ジョージア、フロリダに次ぐものです。2000年の国勢調査によると、アフリカ系アメリカ人の約2.05%がヒスパニックまたはラテン系アメリカ人であると特定されており[10]、その多くはブラジル人プエルトリコ人である可能性があります。ドミニカキューバハイチ、または他のラテンアメリカ系。アフリカ系アメリカ人よりも大きい自己申告の祖先グループは、アイルランド人ドイツ人だけです。[93]

2010年の米国国勢調査によると、黒人であると自己認識した人の3%近くが、他の国から移住した最近の祖先を持っていました。カリブ海、主にジャマイカとハイチからの自己申告による非ヒスパニック系黒人移民は、米国人口の0.9%、260万人を占めていました。[94]サハラ以南のアフリカからの自己申告による黒人移民も0.9%で、約280万人でした。[94]さらに、自己識別された黒人ヒスパニックは、主にプエルトリコ人とドミニカ人のコミュニティ内で発見された、約120万人の米国人口の0.4%を占めていた。[95]ブラジルやカナダなどの南北アメリカの他の国々、およびいくつかのヨーロッパ諸国からの自己申告による黒人移民は、人口の0.1%未満を占めていました。黒人の一部であると特定した混血のヒスパニック系および非ヒスパニック系アメリカ人は、人口の0.9%を占めていました。黒人と特定された米国居住者の12.6%のうち、約10.3%は、奴隷として米国に連れてこられた西/中央アフリカ人の直系の子孫である「ネイティブ黒人」またはアフリカ系アメリカ人でした。これらの個人は、国内のすべての黒人の80%以上を占めています。混血出身の人々を含めると、米国の人口の約13.5%が黒人または「黒人と混血」であると自己認識しています。[96]しかし、米国国勢調査局によると、2000年の国勢調査からの証拠は、多くのアフリカおよびカリブ海の移民民族グループが「黒人、アフリカ系アメリカ人、またはニグロ」として識別されていないことを示しています。代わりに、彼らは「他の人種」の書き込みエントリにそれぞれの民族グループで書き込みました。その結果、国勢調査局は、2010年に、アフリカ系アメリカ人の民族のために、新しい別個の「アフリカ系アメリカ人」民族グループのカテゴリーを考案しました。[97]

米国の都市

アフリカ系アメリカ人が100年間南を離れ、西と北でより良い機会と治療を求めて、大移動と呼ばれる運動をした後、今では逆の傾向があり、新しい大移動と呼ばれています。以前の大移動と同様に、新しい大移動は主に、アトランタシャーロットヒューストンダラスローリータンパサンアントニオメンフィスナッシュビルジャクソンビルなどの都市や大都市圏を対象としています。[98]西部と北部からのアフリカ系アメリカ人の増加する割合は、経済的および文化的な理由で米国の南部地域に移住しています。ニューヨーク市シカゴロサンゼルスはアフリカ系アメリカ人で最も減少が大きく、アトランタダラスヒューストンはそれぞれ最も増加しています。[98]

10万人以上の都市の中で、ミシガン州デトロイトは2010年に米国のどの都市よりも黒人居住者の割合が最も高く、82%でした。アフリカ系アメリカ人が多数を占める他の大都市には、ジャクソン、ミシシッピ(79.4%)、マイアミガーデン、フロリダ(76.3%)、ボルチモア、メリーランド(63%)、バーミンガム、アラバマ(62.5%)、メンフィス、テネシー(61%)、ニューオーリンズ、ルイジアナ(60%)、モンゴメリー、アラバマ(56.6%)、フリント、ミシガン(56.6%)、サバンナ、ジョージア(55.0%)、オーガスタ、ジョージア(54.7%)、アトランタ、ジョージア(54%、参照アトランタのアフリカ系アメリカ人)、クリーブランド、オハイオ(53.3%)、ニューアーク、ニュージャージー(52.35%)、ワシントンDC(50.7%)、リッチモンド、バージニア(50.6%)、モバイル、アラバマ(50.6%)、バトンルージュ、ルイジアナ州(50.4%)、およびルイジアナ州シュリーブポート(50.4%)。

アフリカ系アメリカ人が過半数を占める米国で最も裕福なコミュニティは、カリフォルニア州ビューパークウィンザーヒルズにあり、世帯収入の中央値は年間159,618ドルです。[99]他の大部分が裕福でアフリカ系アメリカ人のコミュニティには、メリーランド州のプリンスジョージズ郡(すなわち、ミッチェルビルウッドモアアッパーマルボロ)、ジョージア州のデカルブ郡サウスフルトン、バージニア州のチャールズシティ郡、カリフォルニア州のボールドウィンヒルズ、ヒルクレストユニオンデールが含まれる。ニューヨーク、およびシーダーヒルDeSoto、およびテキサス州のミズーリシティ。ニューヨーク州クイーンズ郡は、アフリカ系アメリカ人の世帯収入の中央値が白人アメリカ人よりも高い、人口65,000人以上の唯一の郡です。[100]

バージニア州シータックは現在、米国で最も古いアフリカ系アメリカ人コミュニティです。[101]それは活気に満ちた活発な市民コミュニティで今日生き残っています。[102]

教育

元奴隷読書、1870年

奴隷制の間、黒人への教育を禁止する反識字法が米国で制定されました。奴隷所有者は、識字能力を奴隷制制度への脅威と見なしていました。ノースカロライナ州の法律が述べているように、「奴隷に読み書きを教えることは、彼らの心に不満を抱かせ、暴動と反乱を引き起こす傾向があります。」[103]

1863年、公教育制度が全国に拡大していた時期に、奴隷にされたアメリカ人は自由な市民になりました。1870年までに、南部の約74の教育機関がアフリカ系アメリカ人の学生に一種の高度な教育を提供し、1900年までに、これらの学校の100を超えるプログラムが教師を含む黒人専門家にトレーニングを提供しました。フィスク大学の学生の多くは、彼が学生だったときのWEB Du Boisを含め、夏の間、彼らの研究を支援するために学校に教えました。[104]

アフリカ系アメリカ人は子供たちに質の高い教育を提供することに非常に関心を持っていましたが、白人至上主義は政治レベルでの教育政策立案に参加する能力を制限していました。州政府はすぐに、選挙権を制限することによって市民権を弱体化させるように動きました。1870年代後半までに、黒人は権利を剥奪され、アメリカ南部全体に隔離されました。[105]ミシシッピ州および他の州の白人政治家は、黒人学校からの財源と物資を差し控えた。それにもかかわらず、黒人教師の存在と、教室の内外でのコミュニティとの関わりにより、黒人の生徒はこれらの外部の制約にもかかわらず教育を受けることができました。[106] [107]

1970年代以前は、主に幼稚園から12年生までの黒人学校が全米で一般的でした。しかし、1972年までに、分離の取り組みにより、黒人の生徒の25%だけが、90%以上の非白人の生徒がいる学校に通っていました。しかし、それ以来、再分離の傾向は全国のコミュニティに影響を及ぼしました。2011年までに、290万人のアフリカ系アメリカ人の生徒が、以前は分離命令を受けていた学区の黒人生徒の53%を含む、圧倒的に少数派の学校に通っていました。[108] [109]

1947年までに、65歳以上のアフリカ系アメリカ人の約3分の1は、自分の名前を読み書きするための識字能力が不足していると考えられていました。1969年までに、伝統的に定義されていた非識字は、若いアフリカ系アメリカ人の間で大部分が根絶されました。[110]

米国国勢調査によると、1998年までに、25〜29歳のアフリカ系アメリカ人の89%が高校教育を修了しており、白人やアジア人よりは少ないが、ヒスパニックよりは多い。多くの大学入学、標準化されたテストと成績で、アフリカ系アメリカ人は歴史的に白人に遅れをとっていましたが、いくつかの研究は達成のギャップが縮まっていることを示唆しています。多くの政策立案者は、このギャップは、アファーマティブアクション、分離、多文化主義などの政策を通じて解消できるし、解消されるだろうと提案しています。[111]

1995年から2009年の間に、アフリカ系アメリカ人の新入生大学の入学者数は73%増加し、白人の場合はわずか15%増加しました。[112] 2011年の米国国勢調査局によると、黒人女性は他のどの人種や性別グループよりも大学に在籍しており、9.7%が在籍しています。[113] [114] 米国の黒人の平均高校卒業率は2013年に着実に71%に上昇しました。[115]この統計を構成要素に分けると、調査した州や学区によって大きく異なることがわかります。黒人男性の38%がニューヨーク州で卒業しましたが、メイン州では97%が卒業し、白人男性の卒業率を11パーセントポイント上回りました。[116]米国南東部の大部分と米国南西部の一部では、白人男性の62%が高校を卒業したフロリダのように、白人男性の卒業率は実際には70%未満でした。特定の学区を調べると、さらに複雑な状況が描かれます。デトロイト学区では、黒人男性の卒業率は20%でしたが、白人男性の卒業率は7%でした。ニューヨーク市の学区では、白人男性の57%に対して、黒人男性の28%が高校を卒業しています。ニューアーク郡で[どこ?]黒人男性の76%が卒業したのに対し、白人男性は67%でした。2015年には、さらに学術的な改善が見られました。すべての黒人の約23%が学士号を取得しています。1988年には、白人の21%が学士号を取得したのに対し、黒人は11%でした。2015年には、黒人の23%が学士号を取得しましたが、白人は36%でした。[117]黒人人口の9%である外国生まれの黒人は、さらに大きな進歩を遂げた。彼らはネイティブ生まれの黒人を10パーセントポイント上回っています。[117]

歴史的黒人大学

歴史的に黒人大学(HBCU)は、高等教育機関がアフリカ系アメリカ人を認めなかったときに設立され、今日もすべての人種の学生を繁栄させ、教育し続けています。全国の大学の3%を占める101のHBCUがあり、その大部分は南東部に設立されています。[118] [119] HBCUは、アフリカ系アメリカ人の中産階級の確立と拡大に大きな責任を負っています。[120] [121]

経済状況

人種による米国の持家率[122]

経済的には、アフリカ系アメリカ人は、特に教育を受けた人々の間で、公民権時代に行われた進歩の恩恵を受けてきましたが、全体として考えると、歴史的な疎外の長引く影響がないわけではありません。貧困率の人種格差は縮小しています。黒人中産階級は大幅に成長しました。2021年の第1四半期には、アフリカ系アメリカ人の45.1%が家を所有していましたが、全アメリカ人の65.3%でした。[123]アフリカ系アメリカ人の貧困率は、すべてのアメリカ人の10.5%と比較して、2004年の24.7%から2020年には18.8%に減少しました。[124] [125]

このグラフは、人種ごとの米国の実際の世帯収入の中央値を示しています。1967年から2011年まで、2011ドルで表示されています。[126]

アフリカ系アメリカ人の購買力は現在8,920億ドルを超え、2012年までに1.1兆ドルを超える可能性があります。[127] [128] 2002年、アフリカ系アメリカ人が所有する企業は、米国の2,300万の企業のうち120万を占めました。[129] 2011年の時点で、アフリカ系アメリカ人が所有する企業は約200万の米国企業を占めています。[130]黒人所有の企業は、2002年から2011年にかけてマイノリティの中で最大の企業数の増加を経験した。[130]

アメリカ人全体の33.6%と比較して、黒人の25%は2000年にホワイトカラーの職業(管理、専門職、および関連分野)を持っていました。[131] [132] 2001年、夫婦のアフリカ系アメリカ人世帯の半数以上が5万ドル以上を稼いだ。[132]同じ年にアフリカ系アメリカ人は国の貧しい人々の間で過大評価されたが、これは独身女性が率いるアフリカ系アメリカ人の家族の不均衡な割合に直接関係していた。そのような家族は、民族に関係なく、集合的に貧しいです。[132]

2006年、アフリカ系アメリカ人の男性の収入の中央値は、全体として、すべての教育レベルで、黒人および非黒人のアメリカ人女性を上回りました。[133] [134] [135] [136] [137]同時に、アメリカ人男性の間では、所得格差が大きかった。アフリカ系アメリカ人の男性の収入の中央値は、ヨーロッパ系アメリカ人の男性の1ドルあたり約76セントでしたが、教育レベルの上昇に伴い、ギャップはやや狭くなりました。[133] [138]

全体として、アフリカ系アメリカ人男性の収入の中央値は、アジア系アメリカ人の男性が1ドル稼ぐごとに72セント、ヒスパニック系男性が1ドル稼ぐごとに1.17ドルでした。[133] [136] [139]一方、2006年までに、高等教育を受けたアメリカ人女性の間で、アフリカ系アメリカ人女性は大きな進歩を遂げました。アフリカ系アメリカ人の女性の収入の中央値は、少なくともある程度の大学教育を受けたアジア系アメリカ人、ヨーロッパ系アメリカ人、ヒスパニック系アメリカ人の女性の収入よりも多かった。[134] [135] [140]

米国の公共部門は、アフリカ系アメリカ人にとって最も重要な唯一の雇用源です。[141] 2008年から2010年の間に、黒人以外の労働者の16.3%と比較して、すべての黒人労働者の21.2%が公務員であった。[141]大不況の開始前と開始後の両方で、アフリカ系アメリカ人は他の労働者よりも公共部門で雇用される可能性が30%高かった。[141]

公共部門はまた、アフリカ系アメリカ人にとってまともな賃金の仕事の重要な源です。男性と女性の両方で、黒人従業員が稼ぐ賃金の中央値は、他の産業よりも公共部門で大幅に高くなっています。[141]

1999年、アフリカ系アメリカ人の家族の収入の中央値は33,255ドルでしたが、ヨーロッパ系アメリカ人の収入は53,356ドルでした。国の経済的困難の時代に、アフリカ系アメリカ人は失業と不完全雇用に不釣り合いに苦しんでおり、黒人の下層階級が最も大きな打撃を受けています。「最後に雇用され、最初に解雇された」というフレーズは、労働統計局の失業率の数値に反映されています。全国的に、アフリカ系アメリカ人の2008年10月の失業率は11.1%であり[142]、全国的な失業率は6.5%でした。[143]

黒人家族と白人家族の間の所得格差も重要です。2005年、雇用された黒人は白人の賃金の65%を稼ぎ、1975年の82%から減少した。[124] ニューヨークタイムズは2006年に、ニューヨークのクイーンズでアフリカ系アメリカ人の家族の収入の中央値が白人のそれを上回ったと報じた。新聞が2人の親の黒人家族の数の増加に帰した家族。クイーンズはそれが真実であった65,000人以上の居住者を持つ唯一の郡であると述べました。[100] 2011年には、黒人の赤ちゃんの72%が未婚の母親から生まれたと報告されました。[144] Walter E. Williamsによると、2005年のひとり親黒人家族の貧困率は39.5%でした。、それは夫婦の黒人家族の間で9.9%でしたが。白人家族の中で、それぞれの割合は26.4%と6%の貧困でした。[145]

まとめると、アフリカ系アメリカ人は、2004年にこれらのグループの中で最高レベルの有権者登録と選挙への参加によって示されるように、米国の他の少数派グループよりもアメリカの政治プロセスに関与しています米国の少数派グループの議会代表[147]

政治

20世紀半ば以降、アフリカ系アメリカ人の大多数が民主党を支持しています。2004年の大統領選挙では、民主党のジョン・ケリーがアフリカ系アメリカ人の投票の88%を獲得しましたが、共和党の ジョージW.ブッシュは11%でした。[148]外交政策にはアフリカ系アメリカ人のロビーがあるが、それはアフリカ系アメリカ人の組織が国内政策に与えた影響を与えていない。[149]

多くのアフリカ系アメリカ人は、復興の終わりに続く数十年で選挙政治から除外されました。参加できた人々にとって、ニューディールまで、アフリカ系アメリカ人は共和党の支持者でした。なぜなら、アメリカの奴隷に自由を与えるのを助けたのは共和党のエイブラハムリンカーン大統領だったからです。当時、共和党と民主党は、特定のイデオロギーではなく、それぞれ南の部門の利益を代表しており、保守派リベラル派の両方が両党で平等に代表されていました。

民主党に投票するアフリカ系アメリカ人の傾向は、フランクリンD.ルーズベルトニューディールプログラムがアフリカ系アメリカ人に経済的救済を提供した大恐慌の間の1930年代にさかのぼることができます。ルーズベルトのニューディール連合は、地域に関係なく、民主党を労働者階級とそのリベラルな同盟国の組織に変えました。1960年代に民主党のジョン・F・ケネディ大統領リンドン・B・ジョンソン大統領が公民権法を推進したとき、アフリカ系アメリカ人の投票はさらに堅実に民主党になりました。1960年、アフリカ系アメリカ人の3分の1近くが共和党のリチャードニクソンに投票しました。[150]

黒国歌

2014年にホワイトハウスでバラク・オバマスモーキー・ロビンソンなどの家族によって歌われている「すべての声をあげて歌う」

すべての声をあげ歌う」は、米国では黒人国歌と呼ばれることがよくあります。[151] 1919年、全米有色人地位向上協会(NAACP)は、アフリカ系アメリカ人の解放と肯定の叫びを表明する力を理由に、全米黒人地位向上協会を「黒人国歌」と呼んだ。[152]

セクシュアリティ

Gallupの調査によると、 2016年に黒人またはアフリカ系アメリカ人の4.6%がLGBTと自己認識しましたが[153]、2016年にはすべての民族グループのアメリカ人成人の合計が4.1%でした。[153]

健康

全般的

2008年の黒人男性の平均余命は70。8年でした。[154]黒人女性の平均余命は2008年に77。5年でした。[154] 1900年、黒人の平均余命に関する情報が照合され始めたとき、黒人男性は32。5年、黒人女性は33。5年の寿命を期待できました。[154] 1900年、白人男性は平均46。3年、白人女性は平均48。3年生きた。[154]アフリカ系アメリカ人の出生時の平均余命は、ヨーロッパ系アメリカ人よりも永続的に5〜7年低い。[155]黒人男性は、ネイティブアメリカンの男性を除いて、米国の他のどのグループよりも寿命が短い。[156]

黒人は、米国の平均よりも肥満糖尿病高血圧の発生率が高くなっています。[154]成人の黒人男性の場合、2010年の肥満率は31.6%でした。[157]成人の黒人女性の場合、2010年の肥満率は41.2%でした。[157]アフリカ系アメリカ人は、他のどの人種よりも高い死亡率を示します。または死因のトップ10のうち8つの民族グループ。[158]2013年には、男性の中で黒人男性が最も癌の発生率が高く、白人、ヒスパニック、アジア/太平洋諸島系(A / PI)、アメリカインディアン/アラスカ先住民(AI / AN)の男性がそれに続きました。女性の中で、白人女性が癌になる率が最も高く、次に黒人、ヒスパニック、アジア/太平洋諸島系アメリカ人、アメリカインディアン/アラスカ先住民の女性が続きました。[159]

暴力はアフリカ系アメリカ人の平均余命に影響を及ぼします。米国司法省からの報告によると、「2005年には、黒人の殺人被害率は白人の6倍でした」。[160]報告書はまた、「黒人の犠牲者の94%が黒人によって殺された」ことを発見した。[160] 15〜44歳の黒人の少年と男性は、殺人が死因のトップ5である唯一の人種/性別のカテゴリーです。[156]

2020年12月、アフリカ系アメリカ人は、何十年にもわたる虐待と黒人対策に関連する米国の医療システムへの不信感から、COVID-19のワクチン接種を受ける可能性が低くなりました。2021年から2022年にかけて、ワクチン接種を受けたアフリカ系アメリカ人が増加しました。[161] [162] [163]それでも、2022年に、COVID-19合併症はアフリカ系アメリカ人の3番目に多い死因となった。[164]

性的健康

疾病管理予防センターによると、アフリカ系アメリカ人は白人と比較して性感染症(STI)の発生率が高く、梅毒クラミジアの発生率は5倍、淋病の発生率は7.5倍です。[165]

アフリカ系アメリカ人の間で不釣り合いに高いHIV / AIDSの発生率は、同性愛嫌悪の影響と適切な医療へのアクセスの欠如に起因しています。[166]黒人男性のHIV / AIDSの有病率は白人男性の有病率の7倍であり、黒人男性は白人男性の9倍以上HIV / AIDS関連の病気で死亡する可能性が高い。[156]

メンタルヘルス

アフリカ系アメリカ人には、メンタルヘルスサービスにアクセスするためのいくつかの障壁があります。カウンセリングは、アフリカ系アメリカ人コミュニティの多くの人々の有用性と近接性に憤慨し、遠く離れています。2004年に、定性的調査研究は、アフリカ系アメリカ人との断絶とメンタルヘルスを調査しました。調査は、フォーカスグループが彼らの意見や人生経験を表現することを可能にする半構造化された議論として実施されました。結果は、多くのアフリカ系アメリカ人コミュニティがスティグマ、4つの重要な必需品の欠如などのメンタルヘルスサービスを求めるための障壁を生み出すいくつかの重要な変数を明らかにしました。信頼、手頃な価格、文化的理解、非人格的なサービス。[167]

歴史的に、宗教は家族の価値観の一部であったため、多くのアフリカ系アメリカ人コミュニティはカウンセリングを求めていませんでした。[168]信仰の背景を持つアフリカ系アメリカ人は、専門的なメンタルヘルスサービスを求めるよりも、精神的問題の対処メカニズムとして祈りを求める傾向があります。[167] 2015年の調査によると、宗教の価値が高いアフリカ系アメリカ人は、宗教の価値が低いアフリカ系アメリカ人と比較して、メンタルヘルスサービスを利用する可能性が低くなっています。[169]

ほとんどのカウンセリングアプローチは西洋化されており、アフリカ系アメリカ人の文化に適合していません。アフリカ系アメリカ人の家族は家族内の懸念を解決する傾向があり、それは家族から強みと見なされています。一方、アフリカ系アメリカ人がカウンセリングを求めるとき、彼らは社会的反発に直面し、批判されます。彼らは「クレイジー」とラベル付けされ、弱いと見なされる可能性があり、彼らのプライドは低下します。[167]このため、多くのアフリカ系アメリカ人は、代わりに彼らが信頼するコミュニティ内でメンターシップを求めています。

用語は、アフリカ系アメリカ人とメンタルヘルスに関連するもう1つの障壁です。心理療法とカウンセリングという用語には、より多くの柱頭があります。ある研究では、心理療法は精神疾患に関連していますが、カウンセリングは問題解決、指導、支援に取り組んでいます。[167]より多くのアフリカ系アメリカ人は、それが文化的およびコミュニティ内でより歓迎されているため、心理療法ではなくカウンセリングと呼ばれるときに援助を求めます。[170]カウンセラーは、アフリカ系アメリカ人のクライアントの幸福に対するそのような障壁を認識することが奨励されています。ヘルスケアの文化的能力の訓練がなければ、多くのアフリカ系アメリカ人は聞いたことがなく、誤解されてしまいます。[167]

自殺は米国全体で男性の死因のトップ10ですが、黒人男性の死因のトップ10ではありません[156]

遺伝学

ゲノムワイドな研究

Zakharaiaらによる128人のアフリカ系アメリカ人の遺伝子クラスタリング。(2009)。各縦棒は個人を表します。棒グラフの配色は、PCAプロットの配色と一致します。[171]

遺伝子検査サービスを使用したアフリカ系アメリカ人の最近の調査では、祖先の地域や性別によって異なる傾向を示すさまざまな祖先が見つかりました。これらの研究によると、アフリカ系アメリカ人は平均して西アフリカが73.2〜82.1% 、ヨーロッパ人が16.7%〜24%、ネイティブアメリカンの遺伝的祖先が0.8〜1.2%であり、個人差が大きいことがわかりました。[172] [173] [174]遺伝学のウェブサイト自体も同様の範囲を報告しており、ネイティブアメリカンの祖先が1〜2%であり、Ancestry.comがアフリカ系アメリカ人のヨーロッパ系アメリカ人の割合が29%であると報告しています。[175]

Brycらによるゲノムワイドな研究によると。(2009)、さまざまな比率のアフリカ系アメリカ人の混血は、西/中央アフリカ人(より頻繁に女性)とヨーロッパ人(より頻繁に男性)の間の性的接触の結果として生じました。その結果、サンプルに含まれる365人のアフリカ系アメリカ人は、ゲノム全体で平均78.1%の西アフリカ系アメリカ人と18.5%のヨーロッパ系アメリカ人であり、個人間で大きなばらつきがあります(99%から1%の西アフリカ系アメリカ人)。アフリカ系アメリカ人の西アフリカの祖先の構成要素は、ニジェール・コンゴ(ニジェール・コルドファニアン)族の非バントゥー支部の現在の話者の構成要素に最も類似しています。[172] [注2]

それに対応して、Montinaro等。(2014)は、アフリカ系アメリカ人の祖先全体の約50%が、ナイジェリア南西部とベナン南部のニジェール・コンゴ語を話すヨルバ語にまでさかのぼることを観察しました。これは、大西洋奴隷貿易におけるこの西アフリカ地域の中心性を反映しています。アフリカ系アメリカ人の間で次に最も頻繁に見られる祖先の構成要素は、歴史的記録と一致して、イギリスから派生しました。それは彼らの全体的な祖先の10%強を構成し、バルバドスによって運ばれる北西ヨーロッパの祖先の構成要素に最も類似しています。[177]Zakharaia etal。(2009)彼らのアフリカ系アメリカ人のサンプルでヨルバ関連の祖先の同様の割合を発見しました、少数派もマンデンカバントゥーの集団から引き出されました。さらに、研究者らは、ヨーロッパの平均祖先が21.9%であることを観察しましたが、これも個人間で大きな違いがあります。[171] Bryc etal。(2009)大陸の他の地域からの人口も、一部のアフリカ系アメリカ人の祖先の適切な代理人を構成する可能性があることに注意してください。つまり、西アフリカのギニアビサウセネガルシエラレオネ、および南部アフリカのアンゴラの先祖代々の人口です。[172]

要するに、遺伝学的研究は、アフリカ系アメリカ人が遺伝的に多様な人々であることを示唆しています。ペンシルベニア州の遺伝学者マークD.シュライバーが2006年に主導したDNA分析によると、アフリカ系アメリカ人の約58%が少なくとも12.5%のヨーロッパ人の祖先を持っています(1人のヨーロッパ人の曽祖父母とその祖先に相当)、アフリカ系アメリカ人の19.6%が少なくとも25%のヨーロッパ人の祖先(1人のヨーロッパ人の祖父母とその祖先に相当)、および1%のアフリカ系アメリカ人が少なくとも50%のヨーロッパ人の祖先(1人のヨーロッパ人の親とその祖先に相当)を持っています。[13] [178]Shriverによると、アフリカ系アメリカ人の約5%は、少なくとも12.5%のネイティブアメリカンの祖先を持っています(1人のネイティブアメリカンの曽祖父母とその祖父母に相当します)。[179] [180]調査によると、アフリカ系アメリカ人と特定する人々のネイティブアメリカンの祖先は、奴隷船がアメリカの植民地に到着した直後に発生した関係の結果であり、ヨーロッパの祖先は、多くの場合、数十年前からのより最近の起源です。内戦。[181]

Y-DNA

E-V38 (E1b1a)を持っているアフリカ人は、約19、000年前に、サハラから西に横断した可能性があります。[182] E-M2(E1b1a1)は、西アフリカまたは中央アフリカで発生した可能性があります。[183]​​ SimsらによるY-DNA研究によると。(2007)、アフリカ系アメリカ人の大多数(約60%)は、E-M2(E1b1a1、以前はE3a)の父方のハプログループのさまざまなサブクレードに属しています。これは、西/中央アフリカの男性の間で今日見られる最も一般的な遺伝的父系であり、歴史的なバントゥー族の移住の特徴でもあります。アフリカ系アメリカ人の間で次に最も頻繁に観察されるY-DNAハプログループは、アフリカ系アメリカ人の約15%が保有するR1bクレードです。この系統は、今日北西ヨーロッパの男性の間で最も一般的です。残りのアフリカ系アメリカ人は主に父方のハプログループI(約7%)に属しており、北西ヨーロッパでも頻繁に見られます。[184]

mtDNA

SalasらによるmtDNA研究によると。(2005)、アフリカ系アメリカ人の母系は、今日特に西アフリカで一般的であるハプログループ(> 55%)に最も類似しており、西中央アフリカと南西アフリカ(<41%)がそれに続きます。特徴的な西アフリカのハプログループL1bL2b、c、d、およびL3b、dと、特に西中央アフリカのハプログループL1cおよびL3eは、アフリカ系アメリカ人の間で高頻度に発生します。アフリカ系アメリカ人の父方のDNAと同様に、大陸の他の地域から母方の遺伝子プールへの貢献は重要ではありません。[185]

社会的地位

マイノリティに対する正式な政治的、経済的、社会的差別は、アメリカの歴史を通して存在してきました。南カリフォルニア大学の社会学およびアメリカ研究・民族学の准教授であるリーランド・T・サイトウは、次のように述べています。財産の白人男性に。米国の歴史を通して、人種は、違いと社会的、経済的、政治的排除を正当化し、創造するために白人によって使用されてきました。」[60]

公民権運動以来、彼らはより大きな社会的平等を獲得しましたが、アフリカ系アメリカ人は経済的に停滞したままであり、それが中産階級以上に侵入する能力を妨げてきました。2020年の時点で、白人と黒人の人種的富の格差は1968年と同じくらい大きく、白人世帯の典型的な純資産は11.5人の黒人世帯と同等です。[186]それにもかかわらず、アフリカ系アメリカ人は、公民権後の時代に雇用率を高め、アメリカ政府の最高レベルで代表を獲得した。[187]しかしながら、広範な人種差別は依然として社会的地位の発展を弱体化させ続ける問題である。[187] [188]

経済問題

アフリカ系アメリカ人コミュニティ内で最も深刻で長年にわたる問題の1つは、貧困です。貧困は、夫婦間のストレスと解散、身体的および精神的健康の問題、障害認知障害学歴の低さ、および犯罪の発生率の上昇と関連しています。[189] 2004年には、アフリカ系アメリカ人の家族のほぼ25%が貧困レベル以下で生活していた。[124] 2007年、アフリカ系アメリカ人の平均収入は、白人の55,000ドルと比較して、約34,000ドルでした。[190]アフリカ系アメリカ人は、一般の人々よりも高い失業率を経験しています。[191]

アフリカ系アメリカ人には、長く多様な事業所有の歴史があります。最初のアフリカ系アメリカ人の事業は不明ですが、西アフリカから捕らえられた奴隷は、17世紀までさかのぼって行商人や熟練した職人として商業企業を設立したと考えられています。1900年頃、ブッカーT.ワシントンは、アフリカ系アメリカ人ビジネスの最も有名な支持者になりました。彼の批評家でライバルのWEBDuBoisも、アフリカ系アメリカ人の進歩の手段としてビジネスを賞賛しました。[192]

警察と刑事正義

刑務所の受刑者の40パーセントはアフリカ系アメリカ人です。[193]アフリカ系アメリカ人の男性は、他の人種と比較した場合、警察によって殺される可能性が高い。[194]これは、2013年にブラック・ライヴズ・マター運動の創設につながった要因の1つです。 [195]女性が黒人について報告し、しばしば扇動することによって、国で白人特権を武器にした米国の歴史的問題人種的暴力、[196] [197]黒人に警察を呼ぶ白人女性は、2020年に広く公表された。[198] [199]アフリカ系アメリカ人の文化では、おせっかいな白人女性を特定の名前で呼ぶ長い歴史がある。その間ガーディアンは2020年を「カレンの年」と呼びました。[200]

過去10年間、黒人の若者は同じ年齢の白人よりも大麻(マリファナ)の消費率が低かったが、逮捕率は白人よりも不釣り合いに高かった。たとえば、2010年には、黒人は使用したことで逮捕される可能性が3.73倍高かった。それほど頻繁にユーザーであるわけではないにもかかわらず、白人よりも大麻。[201] [202]

社会問題

50年以上後、離婚率と嫡出出生率が上昇する一方で、すべてのアメリカ人の結婚率は低下し始めました。[203]これらの変化は、アフリカ系アメリカ人の間で最大でした。70年以上の人種的平等の後、黒人の結婚率は白人に遅れを取り始めました。[203] ひとり親家庭が一般的になり、2010年1月に発表された米国の国勢調査によると、黒人の子供のうち、両親と同居しているのはわずか38パーセントです。[204]

異人種間結婚の禁止は1948年にカリフォルニアで終了しましたが、芸能人のサミーデイビスジュニアは1957年に白人女性との関わりについて反発に直面しました。

初めての異人種間混交防止法は、1691年にメリーランド州議会で可決され、異人種間結婚を犯罪化しました。[205] 1858年にイリノイ州チャールストンで行われた演説で、エイブラハムリンカーンは次のように述べています。 "。[206] 1800年代後半までに、38の米国の州が異人種間混交防止法を制定した。[205] 1924年までに、異人種間結婚の禁止は29の州でまだ施行されていた。[205]異人種間結婚は1948年以来カリフォルニアで合法であったが、1957年に俳優のサミーデイビスジュニア。ホワイト女優のキム・ノヴァクとの関わりで反発に直面した[207] コロンビア・ピクチャーズの社長であるハリー・コーン(ノバクが契約していた)は、関係に対する人種差別的な反発がスタジオを傷つける可能性があるという懸念に屈した。[207]デイビスは、暴徒の暴力から身を守るために、1958年に黒人ダンサーのロレイ・ホワイトと簡単に結婚した。[207]結婚式で酩酊したデイビスは、親友のアーサー・シルバー・ジュニアに絶望的に言った、「なぜ彼らは私に私の人生を生きさせないのか?」夫婦は決して一緒に住むことはなく、1958年9月に離婚手続きを開始した。[207] 1958年、バージニア州の将校はミルドレッドとリチャード・ラビングの家に入った。そして、「白人は有色人と結婚する」、またはその逆に基づいて、異人種間のカップルとして一緒に暮らすために彼らをベッドから引きずり出しました。各当事者は「重罪で有罪」であり、5年の懲役に直面します。 。[205]法律は、1967年にラヴィング対バージニア州の合衆国最高裁判所によって違憲であると裁定された[205]

2008年、民主党はカリフォルニア州提案8号に圧倒的に70%を投票し、アフリカ系アメリカ人は58%に賛成票を投じ、42%は提案8号に反対票を投じまし。同性結婚を支持する米国大統領。オバマ氏の支持以来、アフリカ系アメリカ人の間で同性結婚への支持が急速に高まっています。2012年の時点で、アフリカ系アメリカ人の59%が同性結婚を支持しており、これは全国平均(53%)および白人(50%)の支持よりも高くなっています。[209]

ノースカロライナ州[210] ペンシルベニア州[211] ミズーリ州[212] メリーランド州[213] オハイオ州[214]フロリダ州、[215]およびネバダ州[216]の世論調査でも、同性結婚への支持が高まっていることが示されています。アフリカ系アメリカ人。2012年11月6日、メリーランド州メイン州ワシントン州はすべて同性結婚の承認に賛成票を投じ、ミネソタ州は同性結婚を禁止する憲法改正を拒否しました。メリーランド州の出口調査によると、アフリカ系アメリカ人の約50%が同性結婚に投票し、この問題についてアフリカ系アメリカ人の間で大きな進展が見られ、メリーランド州での同性結婚の通過を支援する上で重要でした。[217]

アフリカ系アメリカ人は、中絶、婚外性交渉、および子供を嫡出から解放することについて、民主党全体よりもはるかに保守的な意見を持っています。[218]しかしながら、財政問題に関して、アフリカ系アメリカ人は民主党員と一致しており、一般的に社会福祉へのより多くの政府支出を提供するためのより累進的な税制を支持している。[219]

政治的遺産

マーティンルーサーキングジュニア博士は、依然としてアメリカの公民権運動で最も著名な政治指導者であり、おそらく一般的に最も影響力のあるアフリカ系アメリカ人の政治家です。

アフリカ系アメリカ人は、米国の歴史の中であらゆる戦争で戦ってきました[220]

市民権運動ブラックパワー運動でアフリカ系アメリカ人が成し遂げた利益は、アフリカ系アメリカ人に一定の権利を与えただけでなく、広範囲にわたる根本的に重要な方法でアメリカ社会を変えました。1950年代以前は、南部の黒人アメリカ人は、法廷での差別、またはジムクロウ法の対象でした。彼らはしばしば極度の残虐行為と暴力の犠牲者であり、時には死に至ることもありました。第二次世界大戦後の時代までに、アフリカ系アメリカ人は彼らの長年の不平等にますます不満を抱くようになりました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの言葉によれば、アフリカ系アメリカ人とその支持者たちは、「すべての人間は平等に作られているという信条の真の意味を立ち上げて生き抜く」ように国に挑戦しました。 ...」[221]

公民権運動は、アメリカの社会的、政治的、経済的、市民的生活に大きな変化をもたらしました。それは、ボイコット座り込み非暴力のデモと行進、法廷闘争、爆撃、その他の暴力をもたらしました。世界的なメディア報道と激しい公開討論を促した。永続的な市民的、経済的、宗教的同盟を築き上げました。そして、国の2つの主要な政党を混乱させ、再編成しました。

時間の経過とともに、黒人と白人が相互作用し、相互に関係する方法が根本的に変化しました。この運動は、アメリカの生活と法律からの体系化された、正当な人種的分離と差別の排除をもたらし、言論の自由運動障害者女性の運動、そして移民労働者それはまた、ネイティブアメリカンの権利運動に影響を与え、キングの1964年の本でなぜ私たちは待つことができないのか彼は米国を「元々のアメリカ人であるインド人は劣った人種であるという教義を受け入れたときに大量虐殺で生まれた」と書いた。[222] [223]

メディアと報道

一部の活動家や学者は、アフリカ系アメリカ人のニュース、懸念、またはジレンマに関するアメリカのニュースメディアの報道は不十分である[224] [225] [226]、またはニュースメディアはアフリカ系アメリカ人の歪んだイメージを提示していると主張している。[227]

これに対抗するために、ロバートL.ジョンソンは、米国の若いアフリカ系アメリカ人と都市の聴衆を対象としたネットワークであるブラックエンターテインメントテレビジョン(BET)を設立しました。長年にわたり、ネットワークは、ラップR&Bの音楽ビデオ、都市指向の映画やテレビシリーズ、およびいくつかの啓蒙番組などの番組を放送してきました。日曜日の朝、BETはクリスチャン番組を放送しました。ネットワークはまた、毎日早朝の時間帯に、提携していないキリスト教番組を放送していました。Viacomによると、BETは現在、米国、カリブ海、カナダ、および英国の世帯に到達するグローバルネットワークです。[228]ネットワークは、元々ジャズ音楽関連の番組を紹介していたBET Her(元々はBET on Jazzとして立ち上げられた)を含むいくつかのスピンオフチャネルを生み出し、後に一般的な都市プログラムやいくつかのR&Bを含むように拡張されました。ソウル、そしてワールドミュージック[229]

アフリカ系アメリカ人を対象としたもう1つのネットワークは、TVOneですTV Oneのオリジナルの番組は、ライフスタイルやエンターテインメント指向の番組、映画、ファッション、音楽番組に正式に焦点を当てていました。ネットワークはまた、1970年代からエンパイアシスターサークルなどの現在のシリーズまでのクラシックシリーズを再放送します。TVOneはUrbanOneが所有し、 CatherineHughesによって設立および管理されています。アーバンワンは、米国最大のラジオ放送会社の1つであり、米国で最大のアフリカ系アメリカ人所有のラジオ放送会社です。[230]

2009年6月、NBCニュースは、ブラックドキュメンタリー映画Meeting David Wilsonを作成した制作チームと協力して、The Grio [231]という名前の新しいウェブサイトを立ち上げましたこれは、既存の全国ニュースで過小評価されている記事に焦点を当てた最初のアフリカ系アメリカ人のビデオニュースサイトです。グリオは、ニュース速報、政治、健康、ビジネス、エンターテインメント、黒人の歴史などのトピックに関する幅広いオリジナルのビデオパッケージ、ニュース記事、寄稿者のブログで構成されています。[232]

他の黒人が所有し、方向付けられたメディアのアウトレットは次のとおりです。

文化

アフリカ系アメリカ人は、北米での初期の存在から、文学、芸術、農業技術、料理、服装、音楽、言語、社会的および技術的革新をアメリカ文化に大きく貢献してきました。ヤム、ピーナッツ、米、オクラソルガムグリッツスイカインディゴ染料、綿など、米国での多くの農産物の栽培と使用は、西アフリカとアフリカ系アメリカ人の影響に由来する可能性があります。注目すべき例としては、ピーナッツから300の製品、サツマイモから118の製品、ピーカンから75の製品を作成したGeorge WashingtonCarverがあります。ジョージ・クラム、地元の伝説は彼を1853年のポテトチップスの作成と誤って関連付けています。[234] [235] ソウルフードは、アフリカ系アメリカ人に人気のあるさまざまな料理です。それはアメリカ南部の料理と密接に関係しています記述的な用語は、魂がアフリカ系アメリカ人の文化を説明するために使用される一般的な定義者であった1960年代半ばに始まった可能性があります(たとえば、ソウルミュージック)。アフリカ系アメリカ人は、スコットランド人と並んで、米国で最初にフライドチキンを作った人々でした。南への移民。スコットランド人は移住する前に鶏肉を揚げていましたが、アフリカ系アメリカ人が食事を準備するときに使用したスパイスと風味が不足していました。したがって、スコットランド系アメリカ人の入植者は、アフリカ系アメリカ人の鶏肉の調味料を採用しました。[236]しかしながら、フライドチキンは一般的にアフリカ系アメリカ人コミュニティでは珍しい食事であり、通常は特別なイベントやお祝いのために予約されていました。[237]

言語

アフリカ系アメリカ人の英語はアメリカ英語の多様方言民族方言、社会方言)であり、一般的に都市の労働者階級と主に二方言の中流階級のアフリカ系アメリカ人によって話されています。[238]

アフリカ系アメリカ人の英語は、イギリスとアイルランドの16世紀と17世紀の英語の話者とさまざまな西アフリカの言語との相互作用を通じて、前哨戦期間中に進化しました。その結果、この品種はその文法音韻論の一部を南部アメリカ英語の方言と共有しています。アフリカ系アメリカ人英語は、特定の発音特性、緊張した用法、および西アフリカの言語(特にニジェールコンゴ族に属する言語)から派生した文法構造において、標準アメリカ英語(SAE)とは異なります。[239]

アフリカ系アメリカ人英語のほとんどすべての習慣的な話者は、標準的なアメリカ英語で理解し、コミュニケーションすることができます。すべての言語形式と同様に、AAVEの使用法は、地理的、教育的、社会経済的背景、設定の形式など、さまざまな要因の影響を受けます。[239]さらに、特にアフリカ系アメリカ人文学では、この多様な英語の多くの文学的な使用法があります。[240]

伝統的な名前

アフリカ系アメリカ人の名前は、アフリカ系アメリカ人の文化的伝統の一部です。1950年代および1960年代以前は、ほとんどのアフリカ系アメリカ人の名前は、ヨーロッパ系アメリカ人の文化で使用されていた名前とよく似ていました。[241]その時代の赤ちゃんには一般的にいくつかの一般的な名前が付けられ、子供たちは同じ名前のさまざまな人々を区別するためにニックネームを使用していました。1960年代の公民権運動の台頭により、さまざまな起源の名前が劇的に増加しました。[242]

1970年代と1980年代までに、アフリカ系アメリカ人の間で新しい名前を発明することが一般的になりましたが、これらの発明された名前の多くは、人気のある既存の名前から要素を取りました。La / Le、Da / De、Ra / Re、Ja / Jeなどの接頭辞、および-ique / iqua、-isha、-aun / -awnなどの接尾辞が一般的であり、一般名の独創的なスペルも一般的です。今の赤ちゃんの名前:クラシックからクールへ—ファーストネームの最後の言葉」という本は、ニューオーリンズのアフリカ系アメリカ人文化における「ラ」の名前の起源を示しています。[243]

独創的な名前が登場したとしても、アフリカ系アメリカ人が聖書、歴史、または伝統的なヨーロッパの名前を使用することは依然として一般的です。したがって、ダニエル、クリストファー、マイケル、デビッド、ジェームス、ジョセフ、マシューは、2013年にアフリカ系アメリカ人の少年の最も頻繁な名前の1つでした。[241] [244] [245]

LaKeishaという名前は、通常、アメリカに由来すると考えられていますが、フランスと西/中央アフリカのルーツの両方から引き出された要素があります。LaTanisha、JaMarcus、DeAndre、Shaniquaなどの名前も同じ方法で作成されました。句読点は、モニークやダンドレなどの他のアメリカ人の名前よりもアフリカ系アメリカ人の名前の中でよく見られます。[241]

宗教

2007年のアフリカ系アメリカ人の宗教的所属[246]

  エホバの証人(1%)
  その他のクリスチャン(1%)
  イスラム教徒(1%)
  その他の宗教(1%)
  提携していない(11%)
  無神論者または不可知論者(2%)
マウントシオン合同メソジスト教会は、ワシントンDCで最も古いアフリカ系アメリカ人の会衆です。
ニューヨーク市ハーレムのマスジッド・マルコム・シャバズ

アフリカ系アメリカ人の大多数はプロテスタントであり、その多くは歴史的に黒人の教会を追っています。[247]黒人教会という用語は、主にアフリカ系アメリカ人の会衆に奉仕する教会を指します。黒人の会衆は17世紀の終わりに解放された奴隷によって最初に設立され、後に奴隷制が廃止されたとき、より多くのアフリカ系アメリカ人がアフリカの精神的伝統に文化的に影響された独特の形のキリスト教を創造することを許可されました。[248]

2007年の調査によると、アフリカ系アメリカ人の人口の半分以上が歴史的に黒人教会の一部です。[249]アフリカ系アメリカ人の中で最大のプロテスタント宗派はバプテスト教徒であり、[250]主に4つの宗派に分布しており、最大のものは米国の全国バプテスト教会とアメリカの全国バプテスト教会である[251] 2番目に大きいのはメソジストであり、[252]最大の宗派は、アフリカのメソジスト司教教会アフリカのメソジスト司教シオン教会です。[251] [253]

ペンテコステ派はいくつかの異なる宗教団体に分散しており、キリストの神の教会はその中で群を抜いて最大です。[251]アフリカ系アメリカ人のキリスト教徒の約16%は白人プロテスタントの聖体拝領のメンバーであり、[252]これらの宗派(キリスト連合教会を含む)は主に2〜3%のアフリカ系アメリカ人のメンバーシップを持っています。[254]アフリカ系アメリカ人の人口の5%を構成する、多数のカトリック教徒もいます。[249]エホバの証人の総数のうち、22%が黒人です。[247]

一部のアフリカ系アメリカ人はイスラム教に従います。歴史的に、アメリカ大陸に連れてこられた奴隷化されたアフリカ人の15から30%はイスラム教徒でしたが、これらのアフリカ人のほとんどはアメリカの奴隷制の時代にキリスト教に改宗しました。[255] 20世紀の間に、一部のアフリカ系アメリカ人は、主に独特のイスラム慣行で説教したブラックナショナリストグループの影響により、イスラム教に改宗した。アメリカのムーア科学寺院や、1930年代に設立された最大の組織であるネイションオブイスラムを含み、1963年までに少なくとも2万人を魅了しました。[256] [257]著名なメンバーには活動家マルコムXが含まれていました。とボクサーモハメドアリ[258]

マルコムXは、アフリカ系アメリカ人の間で、国を離れてメッカへの巡礼を行った後、主流のイスラム教に向けた動きを始めた最初の人物と見なされています。[259] 1975年、イライジャ・ムハンマドの息子であるワリス・ディーン・モハメッドは、父親の死後、国を支配し、そのメンバーの大多数を正統のイスラム教に導いた。[260]

アフリカ系アメリカ人のイスラム教徒は、米国のイスラム教徒の総人口の20%を占めており[261]大多数はスンニ派または正統派のイスラム教徒であり、これらの一部はW.ディーンモハメッドのコミュニティの下で特定されています[262] [263]ルイス・ファラカーンが率いるイスラム国家は、2万人から5万人の会員を擁している。[264]

アフリカ系アメリカ人のユダヤ人の小さなグループもあり、アフリカ系アメリカ人の0.5%未満、または米国のユダヤ人人口の約2%を占めています。[265] [266]これらのユダヤ人のほとんどは、ユダヤ教の改革保守、または正教会の支部などの主流グループの一部です。非主流のユダヤ人グループの一部であるかなりの数の人々がいますが、その信念にはアフリカ系アメリカ人が聖書のイスラエル人の子孫であるという主張が含まれてます[267]

確認された無神論者は、ヒスパニックの数と同様に、1パーセントの半分未満です[268] [269] [270]

音楽

キング&カータージャズオーケストラが1921年1月にテキサス州ヒューストンで撮影されました
チャックベリーロックンロールのパイオニアと見なされていました。

アフリカ系アメリカ人の音楽は、今日の米国で最も普及しているアフリカ系アメリカ人の文化的影響の1つであり、主流のポピュラー音楽の中で最も支配的なものの1つです。ヒップホップR&Bファンクロックンロールソウルブルース、その他の現代的なアメリカの音楽形式は、ブラックコミュニティで生まれ、ブルースドゥーウォップ理髪店ラグタイムブルーグラスジャズなど、他のブラック形式の音楽から発展しました。ゴスペル音楽

アフリカ系アメリカ人に由来する音楽形式も影響を及ぼし、国テクノを含む世界の他のすべてのポピュラー音楽ジャンルに組み込まれています。アフリカ系アメリカ人のジャンルは、ヨーロッパ人を含む他の移民グループよりも多く発生するアフリカの伝統とは独立して発展してきたため、アメリカで最も重要な民族の伝統です。アメリカで最も広く、最も長く続くスタイルの範囲を構成します。そして、歴史的に、他のアメリカの伝統的な伝統よりも、異文化間、地理的、そして経済的に影響力がありました。[271]

ダンス

アフリカ系アメリカ人もアメリカのダンスで重要な役割を果たしてきました。著名な現代振付師兼ダンサーであるビル・T・ジョーンズは、彼の作品、特に「トムおじさんの小屋での最後の晩餐/約束の地」に歴史的なアフリカ系アメリカ人のテーマを含めました。同様に、1930年代に南部でアフリカ系アメリカ人として育った彼の「啓示」を含むアルビン・エイリーの芸術作品は、モダンダンスに大きな影響を与えました。ダンスのもう1つの形式であるステッピングは、アフリカ系アメリカ人の伝統であり、そのパフォーマンスと競争は、大学の伝統的な黒人の友愛とソロリティを通じて形式化されています。[272]

文学と学者

多くのアフリカ系アメリカ人の作家は、アフリカ系アメリカ人としての経験に影響を受けた物語、詩、エッセイを書いています。アフリカ系アメリカ人文学は、アメリカ文学の主要なジャンルです。有名な例としては、ラングストンヒューズジェイムズボールドウィンリチャードライトゾラニールハーストンラルフエリソン、ノーベル賞受賞者のトニモリソンマヤアンジェロウなどがあります。

アフリカ系アメリカ人の発明家は、世界中で広く使用されている多くのデバイスを作成し、国際的なイノベーションに貢献してきましたNorbert Rillieuxは、サトウキビジュースを白砂糖の結晶に変換する技術を開発しました。さらに、リリューは1854年にルイジアナを離れてフランスに行き、そこで10年間、ロゼッタストーンからエジプトの象形文字を解読するシャンポリオンと協力しました。[273]南軍の海軍が使用する船のプロペラを設計した南軍のジェファーソン・デイビス大統領が所有する奴隷のように、ほとんどの奴隷発明者は無名だった。[274]

1913年までに、1,000を超える発明がアフリカ系アメリカ人によって特許を取得しました。最も著名な発明家の中には、靴を大量生産する最初の機械を開発したJan Matzeliger [ 275]、蒸気エンジン用の自動潤滑装置を発明したElijahMcCoyがありました。[276]グランヴィル・ウッズは、移動中の列車が通信できるようにする最初のシステムを含む、電気鉄道システムを改善するための35件の特許を取得しました。[277]ギャレット・A・モーガンは最初の自動信号機と防毒マスクを開発しました。[278]

ルイスハワードラティマーは、白熱電球の改良を発明しました。[279]より最近の発明者には、トラックや電車での食品輸送用の可動式冷凍ユニットを発明したフレデリック・マッキンリー・ジョーンズが含まれます。[280] ロイド・クォーターマンは、他の6人の黒人科学者と協力して、原子爆弾(マンハッタン計画というコードネーム)の作成に取り組みました[282]

他のいくつかの注目すべき例には、ダニエル・ヘイル・ウィリアムズ博士によって行われた最初の成功した心術[ 283 ]や、フレデリック・マッキンリー・ジョーンズが特許を取得したエアコンが含まれます。[280]マーク・ディーン博士は、すべてのPCが基づいているコンピューターに関する元の9つの特許のうちの3つを保持しています。[284] [285] [286]現在の寄稿者には、誘導ミサイルシステムやコンピューターなどの用途で使用される電気部品を製造するためのいくつかの新しい方法が発明されたオーティスボイキン[287]や、そうではなかったフレデリックグレゴリー大佐が含まれます。最初の黒だけ宇宙飛行士のパイロットですが、最後の3つのスペースシャトルのコックピットを再設計した人です。グレゴリーは、マイクロ波計器着陸装置の先駆者でもありました。[288]

用語

全般的

このパレードフロートは、1911年に「アフリカ系アメリカ人」という言葉を表示しました。

1980年代にジェシージャクソンによって造られたアフリカ系アメリカ人という用語[289]は、重要な政治的意味合いを持っています。アフリカ系アメリカ人を説明するために使用された初期の用語は、祖先よりも肌の色を指し、入植者とヨーロッパ系アメリカ人によってグループに与えられました。肌の色が濃い人は、実際にも法律でも劣っていると見なされていました。他の用語(有色、有色、またはニグロなど)は、白人至上主義抑圧のツールとして使用されていると考えられていたさまざまな法律や法的決定の文言に含まれていました[290]

ミシェルオバマアメリカ合衆国のファーストレディでした。彼女と彼女の夫であるバラク・オバマ大統領は、これらの地位を保持した最初のアフリカ系アメリカ人です。

「コーンウォリス卿の捕獲に関する説教」と題された16ページのパンフレットは、その作者が「アフリカ系アメリカ人」であることに注目しています。1782年に出版されたこの本でのこのフレーズの使用は、50年以上前に特定された他のフレーズよりも前のものです。[291]

1980年代に、アフリカ系アメリカ人という用語は、たとえば、ドイツ系アメリカ人アイルランド系アメリカ人のモデルに基づいて発展し、アメリカ人奴隷の子孫や、奴隷制時代、遺産、文化的基盤を生き抜いた他のアメリカ人黒人を表しています。[290]この用語は口コミで全国の黒人コミュニティで普及し、1988年にジェシージャクソンが国民の聴衆の前でこの用語を公に使用した後、最終的に主流になりました。その後、主要なメディアがその使用を採用しました。[290]

調査によると、黒人アメリカ人の大多数はアフリカ系アメリカ人黒人アメリカ人を好みません[292]が、個人的な設定では後者を、より正式な設定では前者をわずかに好みます。[293]多くのアフリカ系アメリカ人は、現在米国に住んでいる他の多くの民族グループの用語と同じ方法で形成されたため、アフリカ系アメリカ人という用語を好むと表明しています。さらに、動産奴隷制の下で米国の黒人を非アフリカ化するための捕獲、奴隷化、および体系的な試みを取り巻く歴史的状況のために、一部の人々は主張した。、ほとんどのアフリカ系アメリカ人は、特定のアフリカ諸国に祖先をたどることができません。したがって、大陸全体が地理的なマーカーとして機能します。[要出典]

アフリカ系アメリカ人という用語は、マーカスガーベイWEBデュボアジョージパドモアなどの著名なアフリカの思想家によって以前に発表されたパンアフリカ主義を包含しています。アフロウソニアンという用語、およびそのバリエーションは、ほとんど使用されません。[294] [295]

公式アイデンティティ

1977年以来、社会的意見の変化に対応するために、米国政府は黒人(1997年に黒人またはアフリカ系アメリカ人に改訂)を「アフリカの黒人種族のいずれかに起源を持つ」と公式に分類しています。[296]米国国勢調査局などの他の連邦政府機関は、データ収集と集計の取り組みにおいて、行政管理予算局の人種基準を順守しています。[297] 2010年米国国勢調査の準備として、 2010年国勢調査統合コミュニケーションキャンペーン計画と呼ばれるマーケティングおよびアウトリーチ計画(ICC)は、アフリカ系アメリカ人を米国で生まれた黒人として認識し、定義しました。ICCの観点からは、アフリカ系アメリカ人は米国の黒人の3つのグループの1つです。[298]

ICCの計画は、各グループが地理と民族に基づいた独自のコミュニティ意識を持っていることを認めることによって、3つのグループに到達することでした。[299] 3つのグループのいずれかに向けて国勢調査プロセスを売り込む最良の方法は、独自の通信チャネルを介してそれらに到達することであり、米国の黒人人口全体を、単一の民族的および地理的なすべてのアフリカ系アメリカ人であるかのように扱わないことです。バックグラウンド。米国司法省連邦捜査局統計政策ハンドブック(1978)から採用され、連邦統計政策局によって発行されたUCRプログラムで使用される人種カテゴリを通じて、黒人またはアフリカ系アメリカ人を「[a]アフリカの黒人人種グループのいずれかに起源を持つ人」として分類します。および標準、米国商務省、1977年の管理予算局の分類から派生。[300]

混合物

歴史的に、黒人と白人の間の「人種混合」は米国ではタブーでした。黒人と白人が結婚したりセックスしたりすることを禁じる、いわゆる異人種間混交防止法は、早くも1691年に植民地時代のアメリカで確立され[301] 、最高裁判所がラヴィング対ヴァージニア州で違憲であると裁定するまで、多くの南部の州で耐えられた( 1967)。白と黒の関係を取り巻くアメリカの白人の間のタブーは、アフリカ系アメリカ人の抑圧と人種的分離の歴史的な結果です。[302]歴史家デイヴィッドブリオンデイビス奴隷制の間に起こった人種混合は、プランター階級によって「下層階級の白人男性」に起因することが多かったが、デイビスは、「多くの奴隷所有者、奴隷所有者の息子、および監督者が黒人の愛人を連れて行ったか、事実上レイプされたという豊富な証拠がある」と結論付けている奴隷家族の妻と娘たち。」[303]有名な例は、トーマス・ジェファーソンの愛人、サリー・ヘミングスでした。[304]

ハーバード大学の歴史家ヘンリールイスゲイツジュニアは2009年に、「アフリカ系アメリカ人は…人種的に混合した、またはムラートの人々であり、深くそして圧倒的にそうです」と書いています(遺伝学を参照)。解放宣言の後中国系アメリカ人の男性は、米国にいる中国系アメリカ人の女性がほとんどいないため、結婚総数に占める割合が高いアフリカ系アメリカ人の女性と結婚しました。[305]アフリカの奴隷とその子孫は、ネイティブアメリカンとの文化交流と結婚の歴史もありますが[306] 、必ずしもネイティブアメリカンとの社会的、文化的、または言語的なつながりを保持していませんでした。[307]非ヒスパニック系黒人とあらゆる人種のヒスパニックの間、特にプエルトリコ人とアフリカ系アメリカ人(アメリカ生まれの黒人)の間でも、結婚と子孫が増えています。[308]著者のMMドライモンによれば、多くのアフリカ系アメリカ人はスコットランド系アイルランド人の祖先を持っていると特定している。[309]

公民権運動以来、そして今日に至るまで、人種混合結婚は米国でますます受け入れられるようになりました。[310]全国世論調査の承認は、1978年の36%から1991年には48%、2002年には65%、2007年には77%に上昇した。[311] 2013年に実施されたギャラップ世論調査では、白人の84%と96%が黒人の割合は異人種間結婚を承認し、全体の87%を占めています。[312]

第二次世界大戦の終わりに、アフリカ系アメリカ人の男性は日本で日本人の女性と結婚し、米国に移住しました。[313]

用語論争

彼女の著書「黒人の終焉」とサロンエッセイ[314]で、著者のデブラ・ディッカーソンは、黒人という用語は、息子ではなく、奴隷としてアメリカに連れてこられたアフリカ系アメリカ人の子孫を厳密に指すべきであると主張しました。そしてその祖先を欠いている黒人移民の娘たち。したがって、彼女の定義では、ケニア人の息子であるバラク・オバマ大統領は黒人ではありません。[314] [315]彼女は、アフリカ系アメリカ人のすべての人々を彼らの独特の祖先の状況に関係なく一緒にグループ化することは、黒人移民が彼ら自身の独特の祖先の背景を認識することを否定することに加えて、奴隷子孫のアメリカのコミュニティ内の奴隷制の長引く影響を必然的に否定するだろうと主張します。「私たち全員をひとまとめにして、進歩のように見せながら、奴隷制と人種差別を継続することの重要性を消し去る」とディッカーソンは書いた。[314]

同様の見解は、ニューヨークデイリーニュースの記事で著者スタンリークラウチ南部キリスト教指導会議チャールズスティールジュニア[316] 、ロサンゼルスタイムズアフリカ系アメリカ人コラムニストデビッドエーレンシュタインによって表現されています。マジカル・ニグロスだった黒人。過去のない黒人で、主流の白人(文化的主人公/運転手として)の議題を支援しているように見える人を指します。[317]エーレンシュタインは続けて、「彼は、アメリカの歴史における奴隷制と人種分離の役割について彼らが感じる白人の「罪悪感」を和らげるためにそこにいる」と述べた。[317]

アメリカの奴隷制の子孫ADOS)運動は、この見解を中心に融合し、アメリカの奴隷制の黒人の子孫は、米国の他の黒人グループと区別する別の民族カテゴリーに値すると主張しています。[318]彼らの用語は一部のサークルで人気を博しているが、他のサークルは(特に貧しい黒人の)移民に対する偏見の認識と、しばしば炎症を起こすレトリックの動きを批判している。[319] [320] [321]オバマやハリスなどの政治家は、どちらもADOSではなく、彼らに固有の政策に反対することもあるため、運動から特に指摘された批判を受けている。[322] [323]

コンドリーザ・ライス元国務長官(フランス大統領 ニコラ・サルコジによって「最近のアメリカ移民」と間違えられたことで有名[324]は、「奴隷の子孫はあまり有利なスタートを切っていなかった。その効果の。」彼女はまた、アフリカ系アメリカ人の移民指定を拒否し、代わりに、アフリカ系アメリカ人とヨーロッパ系アメリカ人の創設者集団を表すために黒人または白人という用語を好みます。[325]

イデオロギー的にブラックナショナリスト反帝国主義反シオニスト、そして全アフリカ人民革命党(A-APRP)のような科学的社会主義者である多くのパンアフリカン運動と組織はアフリカ系アメリカ人(ディアスポラに関連する)および/または、アフリカ系アメリカ人の代わりにニューアフリカンを使用する必要があります。[326]特に、マルコムXクワメトゥーレアフリカ系アメリカ人は「アメリカにいる可能性が高い」アフリカ人であり、黒人(ニューアフリカ)の解放のために戦っている場合、アメリカ人であると主張または特定すべきではないという同様の見解を表明した。歴史的に、これは大西洋奴隷貿易中のアフリカ人の奴隷化、進行中の反黒人暴力、および米国のような国での構造的人種差別によるものです。[327] [328]

もはや一般的に使用されていない用語

13植民地が独立する前は、1865年に奴隷制が廃止されるまで、アフリカ系アメリカ人の奴隷は一般にニグロとして知られていました。自由黒人は、奴隷ではなかったアフリカ系アメリカ人の領土における法的地位でした。[329]後に着色された用語は、20世紀の第2四半期まで使用され始め、時代遅れと見なされ、一般的にニグロの独占的使用に再び取って代わられました。1940年代までに、この用語は一般的に大文字になりました(Negro)。しかし、1960年代半ばまでに、それは軽蔑と見なされていました。20世紀の終わりまでに、ニグロ不適切と見なされるようになり、蔑称として使用および認識されることはめったにありませんでした[330] [331]この用語は若い黒人によって使用されることはめったにないが、特に米国南部でこの用語とともに成長した多くの年配のアフリカ系アメリカ人によって使用され続けた[332]この用語はいくつかの文脈で使用され続けている。たとえば、黒人学生のための奨学金や歴史的黒人大学39校の一般奨学金に資金を提供するアメリカの慈善団体である United Negro CollegeFundなどです。

他にも多くの意図的に侮辱的な用語があり、その多くは一般的に使用されていましたが(たとえば、ニガー)、20世紀の終わりまでに通常の談話では受け入れられなくなりました。1つの例外は、黒人コミュニティの中で、アフリカ系アメリカ人の英語で単語の発音を表すniggaとしてレンダリングされたslurniggerの使用です。この使用法は、アメリカのラップヒップホップの音楽文化で普及しており、グループ内の辞書やスピーチの一部として使用されています。それは必ずしも蔑称ではなく、黒人の間で使われるとき、その言葉はしばしば「相棒」または「友人」を意味するために使われます。[333]

niggaという単語のグループ内での使用の受け入れは、若い世代の間で足がかりを確立しましたが、まだ議論されています。NAACPは、 nigganiggerの両方の使用を非難します[334]特に話者が白人の場合、ダチの混血の使用は依然としてタブーと見なされます。しかし、傾向は、ラップやヒップホップ文化の人気により、白人の若者の間でもグループ内の設定でこの用語の使用が増加していることを示しています。[335]

も参照してください

ディアスポラ

リスト

ノート

  1. ^ 意味「1%以上」
  2. ^ アフリカ系アメリカ人のDNA研究では、主にニジェール・コンゴ語を話す西/中央アフリカのさまざまな民族グループ、アカンアシャンティファンテのサブグループを含む)、バランタバミレケバムンバリバビアファラブランチョクウェダゴンバ江戸エウェフォンフラグルマハウサイビビオEfikサブグループを含む)、IgboIgalaIjawKalabariサブグループを含む)、ItsekiriJolaLuchazeLundaKpeleKruMahiMandinkaMendeサブグループを含む)、NauluSererSusuTemneTikarウォロフヤカヨルババントゥー族; 具体的には、DualaKongoLubaMbunduOvimbunduサブグループを含む)およびTekeです。[176]

参考文献

  1. ^ a b c dhttps ://census.gov/library/visualizations/interactive/race-and-ethnicity-in-the-united-state-2010-and-2020-census.html2020年米国国勢調査
  2. ^ 「人種/民族による宗教的伝統(2014)」宗教と公的生活に関するピューフォーラム2019年4月5日取得
  3. ^ 「TheBlackPopulation:2010」(PDF)、Census.gov、2011年9月。「黒人またはアフリカ系アメリカ人」とは、アフリカの黒人の人種グループのいずれかに起源を持つ人を指します。黒人種のカテゴリには、「黒人、アフリカ系アメリカ人、または黒人」チェックボックスをオンにした人が含まれます。また、アフリカ系アメリカ人などのエントリを報告した回答者も含まれます。ケニアやナイジェリアなどのサハラ以南のアフリカのエントリ。ハイチやジャマイカなどのアフロカリブ海のエントリ。」
  4. ^ アフリカ系アメリカ人の法律と法的定義:「アフリカ系アメリカ人は、アフリカの黒人集団のいずれかに起源を持つ米国の市民または居住者です。米国では、この用語は一般に、少なくとも部分的にサハラ以南のアメリカ人に使用されますアフリカ系アメリカ人。」
  5. ^ マーティン、キャロルリン; ファベス、リチャード(2008)。子供の発達を発見するセンゲージラーニング。p。19. ISBN 978-11118081122014年10月25日取得アフリカ系アメリカ人のほとんど(すべてではありません)は、人種的に黒人としてグループ化されています。ただし、アフリカ系アメリカ人という用語は民族グループを指し、ほとんどの場合、祖先が米国で奴隷制を経験した人々を指します(Soberon、1996)。したがって、米国のすべての黒人がアフリカ系アメリカ人であるとは限りません(たとえば、一部はハイチ出身で、その他はカリブ海出身です)。
  6. ^ Locke、Don C。; ベイリー、デリルF.(2013)。多文化理解の向上SAGE出版物。p。106. ISBN 978-14833142112018年3月7日取得アフリカ系アメリカ人は、米国出身の奴隷化された黒人の子孫を指します。国(アイルランド系アメリカ人など)ではなく大陸全体(アフリカ)を使用する理由は、奴隷制のマスターが、奴隷にされた人々の精神を破壊するために、部族の祖先、言語、家族単位を故意に抹殺し、それによってそれを不可能にするためです。彼らの子孫が奴隷制に生まれる前に彼らの歴史をたどるために。
  7. ^ a b "黒人人口の規模と地域分布"ルイスマンフォードセンター。2007年10月12日にオリジナルからアーカイブされました2007年10月1日取得
  8. ^ Forson、Tracy Scott(2018年2月21日)。「「アフリカ系アメリカ人」とは誰ですか?定義は米国と同じように進化します」USAトゥデイ2020年8月30日取得
  9. ^ a b クソウ、AM。「米国のアフリカ系移民:アファーマティブアクションへの影響」アイオワ州立大学2016年5月16日取得
  10. ^ a b American FactFinder、米国国勢調査局。「米国– QT-P4。人種、2つの人種の組み合わせ、およびヒスパニック系またはラテン系ではない:2000」Factfinder.census.gov。2011年6月6日にオリジナルからアーカイブされました2011年1月20日取得
  11. ^ ゴメス、マイケルA:私たちの国のマークを交換する:植民地時代と南前庭におけるアフリカのアイデンティティの変容、p。29.ノースカロライナ州チャペルヒル:ノースカロライナ大学、1998年。
  12. ^ Rucker、Walter C.(2006)。川が流れる:初期のアメリカにおける黒人の抵抗、文化、アイデンティティ形成LSUプレス。p。126. ISBN 978-0-8071-3109-1
  13. ^ a b ゲイツ、ヘンリールイスジュニア(2009)。私たちのルーツを求めて:19人の並外れたアフリカ系アメリカ人が過去をどのように取り戻したかニューヨーク:クラウン出版。pp。20–21。
  14. ^ 「奴隷制の終焉が何百万人もの黒人アメリカ人の飢餓と死にどのようにつながったか」ガーディアン2015年10月8日。
  15. ^ MacAskill、Ewen; ゴールデンバーグ、スザンヌ; Schor、Elana(2008年11月5日)。「バラク・オバマがアメリカ初の黒人大統領になる」ガーディアンISSN0261-3077 _ 2016年2月19日取得 
  16. ^ 「大西洋奴隷貿易」BBC 2021年5月6日取得
  17. ^ 「アフリカ社会のための奴隷貿易の含意」ロンドン:BBC 2020年6月12日取得
  18. ^ 「奴隷の捕獲と販売」リバプール国際奴隷博物館2015年10月14日取得
  19. ^ a b ロバート・ライト、リチャード(1941)。「スペインの探検家のニグロの仲間」。ファイロン2(4)。
  20. ^ J. Michael Francis、PhD、Luisa de Abrego:結婚、重婚、およびスペイン異端審問、サウスフロリダ大学、2018年7月21日にオリジナルからアーカイブ、 2018年7月21日取得
  21. ^ Grizzard Jr.、Frank E .; スミス、D。ボイド(2007)。ジェームズタウンコロニー:政治的、社会的、文化的歴史カリフォルニア州サンタバーバラ:ABC-CLIO。p。198. ISBN 978-1-85109-637-4
  22. ^ ウッド、ベティ(1997)。「タバコ奴隷:チェサピーク植民地」。アメリカの奴隷制の起源:イギリス植民地における自由と束縛ニューヨーク:ヒルアンドワン。pp。68–93。ISBN 978-0-8090-1608-2
  23. ^ Hashaw、Tim(2007年1月21日)。「最初の黒人アメリカ人」US News&WorldReport2011年2月2日にオリジナルからアーカイブされました2008年2月13日取得
  24. ^ 「ブラックアメリカの形成:来たる400回目のお祝い」Encyclopedia.com2006年6月26日。2008年3月5日のオリジナルからアーカイブ2011年1月20日取得
  25. ^ 「最初の黒人アメリカ人-米国のニュースおよび世界の報告」Usnews.com。2007年1月29日。2011年2月2日のオリジナルからアーカイブ2011年1月20日取得
  26. ^ 「ニューネーデルラント研究所::奴隷貿易」newnetherlandinstitute.orgニューネザーランドインスティテュート2019年7月8日取得
  27. ^ ジョーダン、ウィンスロップ(1968)。ホワイトオーバーブラック:ニグロに対するアメリカ人の態度、1550年から1812年ノースカロライナ大学プレス。ISBN 978-0807871416
  28. ^ ヒギンボサム、A。レオン(1975)。色の問題:人種とアメリカの法的手続き:植民地時代グリーンウッドプレス。ISBN 9780195027457
  29. ^ Gene Allen Smith、テキサスクリスチャン大学、スペイン帝国の聖域:アフリカ系アメリカ人の将校がフロリダ、国立公園局で自由を獲得
  30. ^ John Henderson Russell、The Free Negro In Virginia、1619–1865、Baltimore:Johns Hopkins Press、1913、pp。29–30、オンラインでテキストをスキャン。
  31. ^ フランク・W・スウィート(2005年7月)。カラーラインの法的な歴史:ワンドロップルールの台頭と勝利Backintyme。p。117. ISBN 978-0-939479-23-8
  32. ^ Hodges、Russel Graham(1999)、Root and Branch:African Americans in New York and East Jersey、1613–1863、Chapel Hill、North Carolina:University of North Carolina Press
  33. ^ Taunya Lovell Banks、「危険な女性:エリザベスキーの自由訴訟– 17世紀の植民地時代のバージニア植民地における主体性と人種化されたアイデンティティ」、41 Akron Law Review 799(2008)、デジタルコモンズ法、メリーランド大学ロースクール。2009年4月21日取得
  34. ^ PBS。アメリカのアフリカ人:ひどい変容。年季奉公から人種奴隷制へ。」2011年9月13日にアクセス。
  35. ^ ウィリアム・J・ウッド、「アメリカの奴隷制の違法な始まり」 ABAジャーナル、1970年、アメリカ法曹協会
  36. ^ ラッセル、ジョンH.(1916年6月)。「バージニアの奴隷所有者としての着色された自由人」ネグロの歴史のジャーナル1(3):233–242。土井10.2307 / 3035621JSTOR3035621_ 
  37. ^ [1] [永久リンク切れ]バーキスト、エミリー。スペインの大西洋世界における初期の奴隷制反対の感情、1765年から1817年
  38. ^ a b スペイン領ルイジアナ植民地時代の奴隷制、knowlouisiana.org、2018年7月21日にオリジナルからアーカイブ、2018年721日に取得
  39. ^ a b 「奴隷パトロール:アメリカの警察の初期の形態」国立法執行博物館2019年7月10日。2020年6月9日のオリジナルからアーカイブ2020年6月16日取得
  40. ^ 「1775年以前の植民地時代のノースカロライナへのスコットランド人」Dalhousielodge.org。nd 2012年2月19日にオリジナルからアーカイブされました2012年4月20日取得
  41. ^ 「アメリカ独立戦争におけるアフリカ系アメリカ人」Wsu.edu:8080。1999年6月6日。2011年5月14日のオリジナルからアーカイブ2011年1月20日取得
  42. ^ ベンジャミン・クォーレス、アメリカ革命の黒人(1961年)。
  43. ^ ゲイリー・B・ナッシュ、「アメリカ独立戦争のオックスフォードハンドブック」編の「アフリカ系アメリカ人の革命」。ジェーン・カメンスキーとエドワード・G・グレイ(2012)オンラインdoi 10.1093 / oxfordhb / 9780199746705.013.0015
  44. ^ フィンケルマン、ポール(2012)。アメリカ合衆国の奴隷制デューク大学ロースクール。p。116。
  45. ^ フィンケルマン、ポール(2007)。「奴隷貿易の廃止」ニューヨーク公立図書館2021年8月30日取得
  46. ^ 「逃亡奴隷法」バージニア百科事典2022年2月18日取得
  47. ^ Calore、Paul(2008)。南北戦争の原因:南北間の政治的、文化的、経済的および領土紛争マクファーランド。p。10.10。
  48. ^ a b c 「リベリアの紛争の背景」、国内法に関する友人委員会、2003年7月30日、2007年2月14日、ウェイバックマシンでアーカイブ
  49. ^ エドモンドテレンスゴメス; ラルフ・プレムダス。アファーマティブアクション、エスニシティ、コンフリクトラウトレッジ。p。48. ISBN 978-0-415-64506-5
  50. ^ マギーモンテシノスセール(1997)。眠りにつく火山:アメリカの奴隷船の反乱と反抗的な男らしさの生成、デューク大学出版会、1997年、p。264. ISBN 0-8223-1992-6 
  51. ^ 2018年11月19日、ウェイバックマシンでアーカイブされたコロンビア特別区での奴隷制の終了 」、2015年6月20日相談。
  52. ^ a b マルキリエナH.モーガン(2002)。アフリカ系アメリカ人文化における言語、言説、権力、p。20.ケンブリッジ大学出版局、2002年。
  53. ^ ベルリン、捕虜の世代、 pp。161–162。
  54. ^ Paulson Gage、Joan(2013年8月5日)。「残酷なアイコン」ニューヨークタイムズ
  55. ^ a b テイラー、ニッキM.自由のフロンティア:シンシナティの黒人コミュニティ、1802年-1868年。オハイオ大学出版局、2005年、ISBN 0-8214-1579-4、50〜79ページ。 
  56. ^ 「奴隷解放宣言」注目のドキュメント国立公文書記録管理局2007年6月7日にオリジナルからアーカイブされました2007年6月7日取得
  57. ^ "History of Juneteenth". Juneteenth.com. 2005. Archived from the original on May 27, 2007. Retrieved June 7, 2007.
  58. ^ Seward certificate proclaiming the Thirteenth Amendment to have been adopted as part of the Constitution as of December 6, 1865.
  59. ^ Schultz, Jeffrey D. (2002). Encyclopedia of Minorities in American Politics: African Americans and Asian Americans. p. 284. ISBN 9781573561488. Retrieved October 8, 2015.
  60. ^ a b Leland T. Saito (1998). "Race and Politics: Asian Americans, Latinos, and Whites in a Los Angeles Suburb". p. 154. University of Illinois Press
  61. ^ "Black voting rights, 15th Amendment still challenged after 150 years". USA Today. Retrieved November 19, 2020.
  62. ^ Davis, Ronald L.F. "Creating Jim Crow: In-Depth Essay". The History of Jim Crow. New York Life Insurance Company. Archived from the original on June 14, 2002. Retrieved June 7, 2007.
  63. ^ a b Leon Litwack, Jim Crow Blues, Magazine of History (OAH Publications, 2004)
  64. ^ Davis, Ronald. "Surviving Jim Crow". The History of Jim Crow. New York Life Insurance Company. Archived from the original on May 26, 2012.
  65. ^ Plessy v. Ferguson 163 U.S. 537 (1896)
  66. ^ Moyers, Bill. "Legacy of Lynching". PBS. Retrieved July 28, 2016.
  67. ^ "The Great Migration". African American World. PBS. 2002. Archived from the original on October 12, 2007. Retrieved October 22, 2007.
  68. ^ Michael O. Emerson, Christian Smith (2001). "Divided by Faith: Evangelical Religion and the Problem of Race in America". p. 42. Oxford University Press
  69. ^ Matthew, Anderson (1900). "The Economic Aspect of the Negro Problem". In Browne, Hugh; Kruse, Edwina; Walker, Thomas C.; Moton, Robert Russa; Wheelock, Frederick D. (eds.). Annual Report of the Hampton Negro Conference. Vol. 4. Hampton, Virginia: Hampton Institute Press. p. 39. hdl:2027/chi.14025588.
  70. ^ Tolnay, Stewart (2003). "The African American 'Great Migration' and Beyond". Annual Review of Sociology. 29: 218–221. doi:10.1146/annurev.soc.29.010202.100009. JSTOR 30036966.
  71. ^ Seligman, Amanda (2005). Block by block : neighborhoods and public policy on Chicago's West Side. Chicago: University of Chicago Press. pp. 213–14. ISBN 978-0-226-74663-0.
  72. ^ Ella Fitzgerald. Holloway House Publishing. 1989. p. 27.
  73. ^ Tolnay, Stewart (2003). "The African American 'Great Migration' and Beyond". Annual Review of Sociology. 29: 217. doi:10.1146/annurev.soc.29.010202.100009. JSTOR 30036966.
  74. ^ Wilkerson, Isabel (September 2016). "The Long-Lasting Legacy of the Great Migration". Smithsonian Magazine.
  75. ^ a b Newkirk II, Vann R. "How 'The Blood of Emmett Till' Still Stains America Today". The Atlantic. Retrieved July 29, 2017.
  76. ^ Whitfield, Stephen (1991). A Death in the Delta: The story of Emmett Till. pp 41–42. JHU Press.
  77. ^ Haas, Jeffrey (2011). The Assassination of Fred Hampton. Chicago: Chicago Review Press. p. 17. ISBN 978-1569767092.
  78. ^ "History of Federal Voting Rights Laws: The Voting Rights Act of 1965". United States Department of Justice. August 6, 2015. Retrieved August 12, 2017.
  79. ^ "The March On Washington, 1963". Abbeville Press. Archived from the original on October 12, 2007. Retrieved October 22, 2007.
  80. ^ a b The Unfinished Journey: America Since World War II by William H. Chafe
  81. ^ Jordan, John H. (2013), Black Americans 17th Century to 21st Century: Black Struggles and Successes, Trafford Publishing, p. 3
  82. ^ Roberts, Sam (February 21, 2005). "More Africans Enter U.S. Than in Days of Slavery". The New York Times. Retrieved October 26, 2014.
  83. ^ a b "Exit polls: Obama wins big among young, minority voters". CNN. November 4, 2008. Retrieved June 22, 2010.
  84. ^ a b Kuhn, David Paul (November 5, 2008). "Exit polls: How Obama won". Politico. Retrieved June 22, 2010.
  85. ^ a b "Exit polls". The New York Times. 2008. Retrieved September 6, 2012.
  86. ^ Noah, Timothy (November 10, 2008). "What We Didn't Overcome". Slate. Archived from the original on January 24, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  87. ^ Barnes, Robert (November 6, 2012). "Obama wins a second term as U.S. president". The Washington Post. Retrieved August 12, 2017.
  88. ^ Blood, Michael R.; Riccardi, Nicholas (December 5, 2020). "Biden officially secures enough electors to become president". Associated Press. Retrieved March 2, 2021.
  89. ^ "We the Americans: Blacks" (PDF). US Bureau of Census. Retrieved May 3, 2019.
  90. ^ Time: Almanac 2005. Time Incorporated Home Entertainment. December 7, 2004. p. 377. ISBN 9781932994414.
  91. ^ This table gives the African-American population in the United States over time, based on U.S. Census figures. (Numbers from years 1920 to 2000 are based on U.S. Census figures as given by the Time Almanac of 2005, p. 377.)
  92. ^ "Time Line of African American History, 1881–1900". Lcweb2.loc.gov. n.d. Retrieved April 20, 2012.
  93. ^ "c2kbr01-2.qxd" (PDF). Archived from the original (PDF) on September 20, 2004. Retrieved January 20, 2011.
  94. ^ a b "Total Ancestry Reported", American FactFinder.
  95. ^ "The Hispanic Population: 2010", 2010 Census Briefs. US Census Bureau, May 2011.
  96. ^ "American FactFinder – Results". factfinder2.census.gov. Archived from the original on February 12, 2020.
  97. ^ "2010 CENSUS PLANNING MEMORANDA SERIES" (PDF). United States Census Bureau. Retrieved November 3, 2014.
  98. ^ a b Greg Toppo and Paul Overberg, "After nearly 100 years, Great Migration begins reversal", USA Today, 2014.
  99. ^ "10 of the Richest Black Communities in America", Atlanta Black Star, January 3, 2014.
  100. ^ a b "Black Incomes Surpass Whites in Queens". The New York Times. October 1, 2006. Retrieved July 18, 2016.
  101. ^ "Video Gallery – U.S. Representative Scott Rigell". Archived from the original on August 21, 2016. Retrieved July 18, 2016.
  102. ^ "Seatack Community Celebrates 200+ Years With Banquet".[permanent dead link]
  103. ^ Jay, William (1835). An Inquiry Into the Character and Tendency of the American Colonization, and American Anti-slavery Societies (2nd ed.). New York: Leavitt, Lord & Co.
  104. ^ Fultz, Michael (February 2021). "Determination and Persistence: Building the African American Teacher Corps through Summer and Intermittent Teaching, 1860s-1890s". History of Education Quarterly. 61 (1): 4–34. doi:10.1017/heq.2020.65.
  105. ^ Anderson, James D. (1988). The Education of Blacks in the South, 1860-1935. Chapel Hill, NC: University of North Carolina Press. ISBN 0-8078-1793-7.
  106. ^ Span, Christopher M. (2009). From Cotton Field to Schoolhouse: African American Education in Mississippi, 1862-1875. Chapel Hill, NC: University of North Carolina Press.
  107. ^ Ladson-Billings, Gloria; Anderson, James D. (February 3, 2021). "Policy Dialogue: Black Teachers of the Past, Present, and Future". History of Education Quarterly. 61 (1): 94–102. doi:10.1017/heq.2020.68.
  108. ^ Kozol, J. "Overcoming Apartheid", The Nation. December 19, 2005. p. 26 Archived March 25, 2013, at the Wayback Machine
  109. ^ Hannah-Jones, Nikole (April 16, 2014). "Segregation Now". ProPublica. Retrieved December 14, 2015.
  110. ^ Public Information Office, U.S. Census Bureau. High School Completions at All-Time High, Census Bureau Reports Archived March 27, 2010, at the Wayback Machine. September 15, 2000.
  111. ^ "California". Closing the Achievement Gap. January 22, 2008. Archived from the original on April 28, 2012. Retrieved April 20, 2012.
  112. ^ Michael A. Fletcher, "Minorities and whites follow unequal college paths, report says", The Washington Post, July 31, 2013.
  113. ^ "Black women become most educated group in US". June 3, 2016. Retrieved July 18, 2016.
  114. ^ "CPS October 2011 – Detailed Tables". Archived from the original on January 18, 2017. Retrieved December 10, 2017.
  115. ^ Allie Bidwell, "Racial Gaps in High School Graduation Rates Are Closing", U.S. News, March 16, 2015.
  116. ^ Alonso, Andres A. "Black Male Graduation Rates". blackboysreport.org. The Schott Foundation for Public Education. Archived from the original on October 16, 2014. Retrieved September 24, 2014.
  117. ^ a b Ryan, Camille L. "Educational Attainment in the United States" (PDF). census.gov. The United States Bureau Of Statistics. Retrieved July 22, 2017.
  118. ^ "Lists of Historical Black Colleges and Universities" Archived July 2, 2017, at the Wayback Machine, The Network Journal.
  119. ^ "TECH-Levers: FAQs About HBCUs". Retrieved July 18, 2016.
  120. ^ "The story of historically black colleges in the US - BBC News". BBC News. February 15, 2019. Retrieved January 10, 2022.
  121. ^ Parry, Marc (September 30, 2019). "Despite Obstacles, Black Colleges Are Pipelines to the Middle Class, Study Finds. Here's Its List of the Best". The Chronicle of Higher Education.
  122. ^ "US Census Bureau, homeownership by race". Archived from the original on March 27, 2010. Retrieved October 6, 2006.
  123. ^ "RESIDENTIAL VACANCIES AND HOMEOWNERSHIP" (PDF). U.S. Census Bureau. Retrieved July 13, 2021.
  124. ^ a b c Carmen DeNavas-Walt; Bernadette D. Proctor; Cheryl Hill Lee (August 2005). "Income, Poverty, and Health Insurance Coverage in the United States: 2004" (PDF). United States Census Bureau. pp. 60–229.
  125. ^ Creamer, John (September 15, 2020). "Inequalities Persist Despite Decline in Poverty For All Major Race and Hispanic Origin Groups". U.S. Census Bureau. Archived from the original on September 17, 2020. Retrieved July 13, 2021.
  126. ^ DeNavas-Walt, Carmen; Proctor, Bernadette D.; Smith, Jessica C. (September 2012). "Real Median Household Income by Race and Hispanic Origin: 1967 to 2010" (PDF). Income, Poverty, and Health Insurance Coverage in the United States: 2011. U.S. Census Bureau. p. 8.
  127. ^ "Report: Affluent African-Americans have 45% of buying power". Bizreport.com. February 22, 2008. Retrieved April 20, 2012.
  128. ^ "Buying Power Among African Americans to Reach $1.1 Trillion by 2012". Reuters. February 6, 2008. Archived from the original on September 12, 2009. Retrieved April 20, 2012.
  129. ^ Minority Groups Increasing Business Ownership at Higher Rate than National Average, Census Bureau Reports U.S. Census Press Release
  130. ^ a b Tozzi, John (July 16, 2010). "Minority Businesses Multiply But Still Lag Whites". Bloomberg BusinessWeek. Retrieved April 20, 2012.
  131. ^ Peter Fronczek; Patricia Johnson (August 2003). "Occupations: 2000" (PDF). United States Census Bureau. Retrieved October 24, 2006.
  132. ^ a b c Jesse McKinnon (April 2003). "The Black Population in the United States: March 2002" (PDF). United States Census Bureau. Retrieved October 24, 2006.
  133. ^ a b c "PINC-03-Part 131". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 15, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  134. ^ a b "PINC-03-Part 254". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 9, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  135. ^ a b "PINC-03-Part 259". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 11, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  136. ^ a b "PINC-03-Part 135". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 9, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  137. ^ "PINC-03-Part 253". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 9, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  138. ^ "PINC-03-Part 128". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 9, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  139. ^ "PINC-03-Part 133". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 11, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  140. ^ "PINC-03-Part 5". Pubdb3.census.gov. August 29, 2006. Archived from the original on May 9, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  141. ^ a b c d ""Black Workers and the Public Sector", Dr Steven Pitts, University of California, Berkeley, Center for Labor Research and Education, April 4, 2011" (PDF). Archived from the original (PDF) on July 13, 2014. Retrieved July 21, 2018.
  142. ^ "BLS.gov". BLS.gov. January 7, 2011. Archived from the original on December 13, 2010. Retrieved January 20, 2011.
  143. ^ "BLS.gov". Data.bls.gov. Archived from the original on January 20, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  144. ^ WASHINGTON, J. (2010). Blacks struggle with 72 percent unwed mothers rate.
  145. ^ Ammunition for poverty pimps Archived May 25, 2017, at the Wayback Machine Walter E. Williams, October 27, 2005.
  146. ^ "Voting and Registration in the Election of November 2007" (PDF). March 2006. Retrieved May 30, 2007.
  147. ^ Jonathan D. Mott (February 4, 2010). "The United States Congress Quick Facts". ThisNation.com. Archived from the original on March 5, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  148. ^ "2004 Election Results". CNN. 2004.
  149. ^ Dickson, David A. (1996). "American Society and the African American Foreign Policy Lobby: Constraints and Opportunities". Journal of Black Studies. 27 (2): 139–151. doi:10.1177/002193479602700201. S2CID 143314945.
  150. ^ John Clifford Green; Daniel J. Coffey (2007). The State of the Parties: The Changing Role of Contemporary American Politics. Rowman & Littlefield. p. 29. ISBN 978-0-7425-5322-4.
  151. ^ Jackson, Jabar; Martin, Jill (July 3, 2020). "NFL plans to play Black national anthem before Week 1 games". CNN. Retrieved July 4, 2020.
  152. ^ "Till Victory Is Won: The Staying Power Of 'Lift Every Voice And Sing'". NPR.org. Retrieved February 22, 2022.
  153. ^ a b "In US, More Adults Identifying as LGBT". Gallup. January 11, 2017.
  154. ^ a b c d e ""Life expectancy gap narrows between blacks, whites", Rosie Mestel, The Los Angeles Times, June 5, 2012". Los Angeles Times. June 5, 2012. Archived from the original on August 26, 2017. Retrieved July 21, 2018.
  155. ^ LaVeist TA (December 2003). "Racial segregation and longevity among African Americans: an individual-level analysis". Health Services Research. 38 (6 Pt 2): 1719–33. doi:10.1111/j.1475-6773.2003.00199.x. PMC 1360970. PMID 14727794.
  156. ^ a b c d Gilbert, Keon L.; Ray, Rashawn; Siddiqi, Arjumand; Shetty, Shivan; Baker, Elizabeth A.; Elder, Keith; Griffith, Derek M. (2016). "Visible and Invisible Trends in Black Men's Health: Pitfalls and Promises for Addressing Racial, Ethnic, and Gender Inequities in Health". Annual Review of Public Health. 37: 295–311. doi:10.1146/annurev-publhealth-032315-021556. PMC 6531286. PMID 26989830.
  157. ^ a b "CDC 2012. Summary Health Statistics for U.S. Adults: 2010, p. 107" (PDF).
  158. ^ Hummer RA, Ellison CG, Rogers RG, Moulton BE, Romero RR (December 2004). "Religious involvement and adult mortality in the United States: review and perspective". Southern Medical Journal. 97 (12): 1223–30. doi:10.1097/01.SMJ.0000146547.03382.94. PMID 15646761. S2CID 6053725.
  159. ^ "Cancer Rates by Race/Ethnicity and Sex". Cancer Prevention and Control. Centers for Disease Control and Prevention. June 21, 2016. Retrieved February 24, 2017.
  160. ^ Johnson, Steven (January 24, 2022). "Study: Black Americans Beat Back Vaccine Hesitancy Faster Than Whites". U.S. News & World Report. Retrieved March 2, 2022.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  161. ^ Black Americans face higher COVID-19 risks, are more hesitant to trust medical scientists, get vaccinated
  162. ^ Haldar, Sweta (February 2, 2022). "Latest Data on COVID-19 Vaccinations by Race/Ethnicity". KFF. Retrieved March 2, 2022.
  163. ^ New Report States COVID-19 Is Third-Leading Cause of Death for Black Americans
  164. ^ "STDs in Racial and Ethnic Minorities". Centers for Disease Control and Prevention: Sexually Transmitted Disease Surveillance 2017. Centers for Disease Control and Prevention. June 17, 2019. Retrieved June 22, 2019.
  165. ^ "Homophobia in Black Communities Means More Young Men Get AIDS". The Atlantic. November 22, 2013. Retrieved January 21, 2014.
  166. ^ a b c d e Thompson, Vetta L. Sanders; Bazile, Anita; Akbar, Maysa (2004). "African Americans' Perceptions of Psychotherapy and Psychotherapists". Professional Psychology: Research and Practice. 35 (1): 19–26. CiteSeerX 10.1.1.515.2135. doi:10.1037/0735-7028.35.1.19. ISSN 1939-1323.
  167. ^ Turner, Natalie (2018). "Mental Health Care Treatment Seeking Among African Americans and Caribbean Blacks: What is The Role of Religiosity/Spirituality?". Aging and Mental Health. 23 (7): 905–911. doi:10.1080/13607863.2018.1453484. PMC 6168439. PMID 29608328.
  168. ^ Lukachko, Alicia; Myer, Ilan; Hankerson, Sidney (August 1, 2015). "Religiosity and Mental Health Service Use Among African-americans". The Journal of Nervous and Mental Disease. 203 (8): 578–582. doi:10.1097/NMD.0000000000000334. ISSN 0022-3018. PMC 4535188. PMID 26172387.
  169. ^ Leland, John (December 8, 2018). "'Don't Show Weakness:' Black Americans Still Shy Away from Psychotherapy". Newsweek.
  170. ^ a b Fouad Zakharia; Analabha Basu; Devin Absher; Themistocles L Assimes; Alan S Go; Mark A Hlatky; Carlos Iribarren; Joshua W Knowles; Jun Li; Balasubramanian Narasimhan; Steven Sidney; Audrey Southwick; Richard M Myers; Thomas Quertermous; Neil Risch; Hua Tang (2009). "Characterizing the admixed African ancestry of African Americans". Genome Biology. 10 (R141): R141. doi:10.1186/gb-2009-10-12-r141. PMC 2812948. PMID 20025784. Archived from the original on March 22, 2015. Retrieved April 10, 2015.
  171. ^ a b c Katarzyna Bryc; Adam Auton; Matthew R. Nelson; Jorge R. Oksenberg; Stephen L. Hauser; Scott Williams; Alain Froment; Jean-Marie Bodo; Charles Wambebe; Sarah A. Tishkoff; Carlos D. Bustamante (January 12, 2010). "Genome-wide patterns of population structure and admixture in West Africans and African Americans". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 107 (2): 786–791. Bibcode:2010PNAS..107..786B. doi:10.1073/pnas.0909559107. PMC 2818934. PMID 20080753.
  172. ^ Katarzyna Bryc; Eric Y. Durand; J. Michael Macpherson; David Reich; Joanna L. Mountain (January 8, 2015). "The Genetic Ancestry of African Americans, Latinos, and European Americans across the United States". The American Journal of Human Genetics. 96 (1): 37–53. doi:10.1016/j.ajhg.2014.11.010. PMC 4289685. PMID 25529636.
  173. ^ Soheil Baharian; Maxime Barakatt; Christopher R. Gignoux; Suyash Shringarpure; Jacob Errington; William J. Blot; Carlos D. Bustamante; Eimear E. Kenny; Scott M. Williams; Melinda C. Aldrich; Simon Gravel (May 27, 2015). "The Great Migration and African-American Genomic Diversity". PLOS Genetics. 12 (5): e1006059. doi:10.1371/journal.pgen.1006059. PMC 4883799. PMID 27232753.
  174. ^ Henry Louis Gates, Jr., "Exactly How 'Black' Is Black America?", The Root, February 11, 2013.
  175. ^ Thornton, John; Heywood, Linda (October 1, 2011). "African Ethnicities and Their Origins". The Root. Retrieved January 2, 2017.
  176. ^ Francesco Montinaro; George B.J. Busby; Vincenzo L. Pascali; Simon Myers; Garrett Hellenthal; Cristian Capelli (March 24, 2015). "Unravelling the hidden ancestry of American admixed populations". Nature Communications. 6: 6596. Bibcode:2015NatCo...6.6596M. doi:10.1038/ncomms7596. PMC 4374169. PMID 25803618.
  177. ^ Henry Louis Gates Jr. (November 8, 2009). "Henry Louis Gates Jr.: Michelle's Great-Great-Great-Granddaddy—and Yours". Retrieved April 11, 2015.
  178. ^ Henry Louis Gates Jr. The Henry Louis Gates, Jr. Reader. Basci Civitas Books.
  179. ^ "5 Things to Know About Blacks and Native Americans". November 20, 2012. Retrieved April 11, 2015.
  180. ^ Zimmer, Carl (May 27, 2016). "Tales of African-American History Found in DNA". The New York Times. Archived from the original on January 1, 2022. Retrieved May 10, 2019.
  181. ^ Shrine, Daniel; Rotimi, Charles (2018). "Whole-Genome-Sequence-Based Haplotypes Reveal Single Origin of the Sickle Allele during the Holocene Wet Phase". American Journal of Human Genetics. Am J Hum Genet. 102 (4): 547–556. doi:10.1016/j.ajhg.2018.02.003. PMC 5985360. PMID 29526279.
  182. ^ Trombetta, Beniamino (2015). "Phylogeographic Refinement and Large Scale Genotyping of Human Y Chromosome Haplogroup E Provide New Insights into the Dispersal of Early Pastoralists in the African Continent". Genome Biology and Evolution. Genome Biol Evol. 7 (7): 1940–1950. doi:10.1093/gbe/evv118. PMC 4524485. PMID 26108492.
  183. ^ Lynn M. Sims; Dennis Garvey; Jack Ballantyne (January 2007). "Sub-populations within the major European and African derived haplogroups R1b3 and E3a are differentiated by previously phylogenetically undefined Y-SNPs". Human Mutation. 28 (1): 97. doi:10.1002/humu.9469. PMID 17154278.
  184. ^ Antonio Salas; Ángel Carracedo; Martin Richards; Vincent Macaulay (October 2005). "Charting the Ancestry of African Americans". American Journal of Human Genetics. 77 (4): 676–680. doi:10.1086/491675. PMC 1275617. PMID 16175514.
  185. ^ "The black-white economic gap remains as wide as in 1968 - The Washington Post". The Washington Post.
  186. ^ a b Thernstrom, Abigail; Thernstrom, Stephan (March 1, 1998). "Black Progress: How far we've come, and how far we have to go". Brookings Institution. Retrieved March 17, 2018.
  187. ^ "3. Discrimination and racial inequality". Pew Research Center. Retrieved November 4, 2020.
  188. ^ Oscar Barbarin. "Characteristics of African American Families" (PDF). University of North Carolina. Archived from the original (PDF) on September 20, 2006. Retrieved September 23, 2006.
  189. ^ "OMHRC.gov". OMHRC.gov. October 21, 2009. Archived from the original on August 13, 2009. Retrieved January 20, 2011.
  190. ^ White, Gillian B. (December 21, 2015). "Education Gaps Don't Fully Explain Why Black Unemployment Is So High". The Atlantic. Retrieved July 3, 2016.
  191. ^ Juliet E.K. Walker, The History of Black Business in America: Capitalism, Race, Entrepreneurship (New York: Macmillan Library Reference, 1998)
  192. ^ Tonn, Shara (August 6, 2014). "Stanford research suggests support for incarceration mirrors whites' perception of Black prison population". Stanford Report. Stanford University. Retrieved July 3, 2016.
  193. ^ Swaine, Jon; Laughland, Oliver; Lartey, Jamiles; McCarthy, Ciara (December 31, 2015). "Young black men killed by US police at highest rate in year of 1,134 deaths". The Guardian. Retrieved July 18, 2016.
  194. ^ Sara Sidner; Mallory Simon. "The rise of Black Lives Matter". Retrieved July 18, 2016.
  195. ^ M. Blow, Charlea (May 27, 2020). "How White Women Use Themselves as Instruments of Terror". The New York Times. Retrieved November 8, 2020.
  196. ^ Lang, Cady (July 6, 2020). "How the Karen Meme Confronts History of White Womanhood". Time. Retrieved February 1, 2021.
  197. ^ "From 'BBQ Becky' to 'Golfcart Gail,' list of unnecessary 911 calls made on blacks continues to grow". ABC. Retrieved November 8, 2020.
  198. ^ "California woman threatens to call police on eight-year-old black girl for selling water". The Guardian. Retrieved November 8, 2020.
  199. ^ Wong, Julia Carrie (December 27, 2020). "The year of Karen: how a meme changed the way Americans talked about racism". The Guardian. Retrieved December 21, 2021.
  200. ^ Matthews, Dylan. "The black/white marijuana arrest gap, in nine charts". The Washington Post.
  201. ^ ACLU. The War on Marijuana in Black and White. June 2013. 2010 rates on page 47.
  202. ^ a b Douglas J. Besharov; Andrew West. "African American Marriage Patterns" (PDF). Hoover Press. Archived from the original (PDF) on May 16, 2008. Retrieved January 20, 2011.
  203. ^ "Census Bureau Reports Families With Children Increasingly Face Unemployment, US Census Bureau, January 15, 2010". Census.gov. n.d. Archived from the original on May 15, 2012. Retrieved April 20, 2012.
  204. ^ a b c d e "Eugenics, Race, and Marriage". Facing History.org. Retrieved February 23, 2021.
  205. ^ Douglas, Stephen A. (1991). The Complete Lincoln-Douglas Debates of 1858. University of Chicago Press. p. 235.
  206. ^ a b c d Lanzendorfer, Joy (August 9, 2017) "Hollywood Loved Sammy Davis Jr. Until He Dated a White Movie Star", Smithsonian Retrieved February 23, 2021.
  207. ^ Patrick J. Egan, Kenneth Sherrill. "California's Proposition 8: What Happened, and What Does the Future Hold?" Archived June 11, 2014, at the Wayback Machine. Taskforce.org. Retrieved October 8, 2015
  208. ^ Scott Clement; Sandhya Somashekhar (May 23, 2012). "After President Obama's announcement, opposition to gay marriage hits record low". The Washington Post. Retrieved September 15, 2012.
  209. ^ "Movement among black North Carolinians on gay marriage". Public Policy Polling. May 17, 2012. Archived from the original on September 8, 2012. Retrieved September 15, 2012.
  210. ^ "PA blacks shift quickly in favor of gay marriage". Public Policy Polling. May 23, 2012. Retrieved September 15, 2012.
  211. ^ "Missouri will be a swing state this year, voters say" (PDF). Public Policy Polling. Retrieved January 3, 2015.
  212. ^ Public Policy Polling Memo.
  213. ^ Siddiqui, Sabrina (July 3, 2012). "Ohio's Black Voters Support Same-Sex Marriage After Obama's Endorsement, Poll Finds". HuffPost. Retrieved October 9, 2012.
  214. ^ "LeBron more popular than Gov. Scott in Florida" (PDF). Public Policy Polling. Retrieved January 3, 2015.
  215. ^ "Black Nevadans Support For Gay Marriage Surges After Obama Nod". Ontopmag.com. August 29, 2012. Archived from the original on October 30, 2012. Retrieved September 15, 2012.
  216. ^ Fowler, Geoffrey A. (November 7, 2012). "Gay Marriage Gets First Ballot Wins". Ontopmag.com. Retrieved November 11, 2012.
  217. ^ "Blacks as Conservative as Republicans on Some Moral Issues". Gallup.com. Archived from the original on January 21, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  218. ^ "PeoplePress.org". People-Press.org. October 31, 2005. Archived from the original on January 10, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  219. ^ "Defenselink.mil". Defenselink.mil. Archived from the original on November 30, 2009. Retrieved January 20, 2011.
  220. ^ "Martin Luther King, Jr". Archived from the original on June 13, 2007. Retrieved May 30, 2007.
  221. ^ Bender, Albert (February 13, 2014). "Dr. King spoke out against the genocide of Native Americans". People's World. Retrieved March 5, 2021.
  222. ^ Rickert, Levi (January 16, 2017). "Dr. Martin Luther King Jr: Our Nation was Born in Genocide". Native News Online. Native News Online. Archived from the original on November 26, 2018. Retrieved March 5, 2021.
  223. ^ "BBN". blackandbrownnews.com. Retrieved October 7, 2010.
  224. ^ "Examining the Future of Black News Media". NPR. April 20, 2005.
  225. ^ "How Will African Americans Get the News?". NPR. April 20, 2005.
  226. ^ Mikal Muharrar (September–October 1998). "Media Blackface". FAIR.
  227. ^ "BET Networks". Archived from the original on August 28, 2012. Retrieved September 6, 2012.
  228. ^ "BET J". Archived from the original on August 29, 2007.
  229. ^ "BlackAmericaStudy.com". BlackAmericaStudy.com. Archived from the original on February 7, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  230. ^ "TheGrio.com". January 16, 2011. Archived from the original on January 20, 2011. Retrieved January 20, 2011.
  231. ^ "NBC News & TheGrio". Thegrio.com. June 2, 2009. Retrieved January 20, 2011.
  232. ^ "Why VH1 Gets to Be Black Without the Burden". The Root. October 29, 2014.
  233. ^ Berry, Steve & Norman, Phil (July 14, 2014). "Crisps buoyed Britain in its darkest hour". The Daily Telegraph. Archived from the original on January 10, 2022. Retrieved November 14, 2016.
  234. ^ "African-American Inventors". Archived from the original on June 13, 2007. Retrieved May 30, 2007.
  235. ^ Servet Gulum Sumnu; Serpil Sahin. Advances in Deep Fat Frying of Foods. pp. 1–2.
  236. ^ Martha B. Katz-Hyman; Kym S. Rice. World of a Slave: Encyclopedia of the Material Life of Slaves in the United States. p. 110.
  237. ^ Edwards, Walter (2004). "African American Vernacular English: phonology". In Kortmann, Bernd (ed.). A Handbook of Varieties of English: CD-ROM. A Handbook of Varieties of English. Vol. 2. Walter de Gruyter. p. 383. ISBN 9783110175325.
  238. ^ a b Encyclopedia of Cross-Cultural School Psychology. Springer Science & Business Media. February 18, 2010. p. 405. ISBN 978-0387717982. Retrieved October 21, 2014.
  239. ^ Green, Lisa J. (2002). African American English : a linguistic introduction (1. publ., 4. print. ed.). Cambridge: Cambridge University Press. pp. 164–199. ISBN 978-0521891387.
  240. ^ a b c Norman, Teresa (1998). The African-American Baby Name Book. Berkley Books. ISBN 978-0425159392. Retrieved May 1, 2016.
  241. ^ Moskowitz, Clara (November 30, 2010). "Baby Names Reveal More About Parents Than Ever Before". Live Science.
  242. ^ Rosenkrantz, Linda; Satran, Paula Redmond (August 16, 2001). Baby Names Now: From Classic to Cool—The Very Last Word on First Names. St. Martin's Griffin. ISBN 978-0312267575.
  243. ^ Lack, Evonne. "Popular African American Names". babycenter.com. Retrieved February 12, 2014.
  244. ^ Conley, Dalton (March 10, 2010). "Raising E and Yo..." Psychology Today.
  245. ^ "A Religious Portrait of African-Americans". Pew Research Center's Religion & Public Life Project. January 30, 2009. Retrieved November 2, 2019.
  246. ^ a b U.S.Religious Landscape Survey Archived April 23, 2015, at the Wayback Machine The Pew Forum on Religion and Public Life (February 2008). Retrieved July 20, 2009.
  247. ^ Charyn D. Sutton, "The Black Church". Energize Inc. Retrieved November 18, 2009.
  248. ^ a b "A Religious Portrait of African-Americans". Pewforum.org. January 30, 2009. Archived from the original on April 25, 2012. Retrieved April 20, 2012.
  249. ^ Bill J. Leonard (2007), Baptists in America, Columbia University Press, p. 34. ISBN 0-231-12703-0.
  250. ^ a b c The NCC's 2008 Yearbook of Churches reports a wide range of health care ministries National Council of Churches USA. February 14, 2008. Retrieved June 22, 2009.
  251. ^ a b William Henry James, Stephen Lloyd Johnson (1997). Doin' drugs: patterns of African American addiction. University of Texas Press. p. 135. ISBN 0-292-74041-7.
  252. ^ Roger Finke, Rodney Stark (2005). The Churching of America, 1776–2005: Winners and Losers in our Religious Economy. Rutgers University Press, p. 235.
  253. ^ Alfred Abioseh Jarrett (2000). The Impact of Macro Social Systems on Ethnic Minorities in the United States, Greenwood Publishing Group, p. 235. ISBN 0-275-93880-8.
  254. ^ Samuel S. Hill, Charles H. Lippy, Charles Reagan Wilson. Encyclopedia of religion in the South. Mercer University Press (2005), p. 394. ISBN 978-0-86554-758-2.
  255. ^ Lomax (1979). When the Word Is Given. pp. 15–16. ISBN 978-0-313-21002-0. Estimates of Black Muslim membership vary from a quarter of a million down to fifty thousand. Available evidence indicates that about one hundred thousand Negroes have joined the movement at one time or another, but few objective observers believe that the Black Muslims can muster more than twenty or twenty-five thousand active temple people.
  256. ^ Clegg, Claude Andrew (1998). An Original Man: The Life and Times of Elijah Muhammad. Macmillan. p. 115. ISBN 9780312181536. The common response of Malcolm X to questions about numbers—'Those who know aren't saying, and those who say don't know'—was typical of the attitude of the leadership.
  257. ^ Jacob Neusner, World Religions in America: An Introduction, Westminster John Knox Press (2003), pp. 180–181. ISBN 978-0-664-22475-2.
  258. ^ William W. Sales (1994). From Civil Rights to Black Liberation: Malcolm X and the Organization of Afro-American Unity. South End Press, p. 37. ISBN 978-0-89608-480-3.
  259. ^ Uzra Zeya (1990–01) Islam in America: The Growing Presence of American Converts to Islam Washington Report on Middle East Reports. Retrieved November 16, 2009.
  260. ^ Muslim Americans: Middle Class and Mostly Mainstream (Technical report). Pew Research Center. May 22, 2007. Archived from the original on November 25, 2012. Retrieved November 27, 2012.
  261. ^ Sacirbey, Omar (September 11, 2001). "When Unity is Long Overdue". Beliefnet.com. Retrieved April 20, 2012.
  262. ^ Terry, Don (May 3, 1993). "Black Muslims Enter Islamic Mainstream". The New York Times. Retrieved April 20, 2012.
  263. ^ "Farrakhan Set to Give Final Address at Nation of Islam's Birthplace". Fox News Channel. December 6, 2011. Archived from the original on April 11, 2012. Retrieved April 20, 2012.
  264. ^ "Racial and ethnic composition among Jews". The Pew Forum on Religion & Public Life. Retrieved August 22, 2021.
  265. ^ Michael Gelbwasser (April 10, 1998). "Organization for black Jews claims 200,000 in U.S". j. Retrieved August 2, 2010.
  266. ^ Angell, Stephen W. (May 2001). "Black Zion: African American Religious Encounters with Judaism". The North Star. 4 (2). ISSN 1094-902X. Archived from the original on October 20, 2007. Retrieved October 19, 2007.
  267. ^ A Reglious Portrait of African Americans Archived July 21, 2018, at the Wayback Machine Pew Research 2009
  268. ^ Sikivu Hutchinson, "Atheism has a race problem", The Washington Post, June 16, 2014.
  269. ^ Emily Brennan, "The Unbelievers", The New York Times, November 27, 2011.
  270. ^ Stewart, Earl L. (1998). African American Music: An Introduction. New York: Schirmer Books. p. 3. ISBN 978-0-02-860294-3.
  271. ^ Harris, Samantha (January 25, 2007). "Stepping into controversy: Some fraternity members fear film 'Stomp the Yard' portrays them as glamorized dance group, trivializes traditions". The Anderson Independent-Mail. Anderson, South Carolina. Archived from the original on June 29, 2011. Retrieved January 11, 2011.
  272. ^ "Norbert Rillieux". Inventors Assistance League. Archived from the original on December 4, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  273. ^ Sluby, Patricia Carter (2004). The Inventive Spirit of African Americans: Patented Ingenuity. Westport, Conn.: Praeger. pp. 30–33. ISBN 978-0-275-96674-4.
  274. ^ "Jan Matzeliger". Lemelson-MIT Program. August 2002. Archived from the original on March 2, 2003. Retrieved January 29, 2011.
  275. ^ "Elijah McCoy (1844–1929)". Lemelson-MIT Program. May 1996. Archived from the original on December 27, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  276. ^ "Granville T. Woods". Lemelson-MIT Program. August 1996. Archived from the original on December 27, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  277. ^ "Garrett A. Morgan (1877–1963)". Lemelson-MIT Program. February 1997. Archived from the original on December 27, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  278. ^ Michael N. Geselowitz (February 2004). "African American Heritage in Engineering". todaysengineer.org. Archived from the original on July 16, 2011. Retrieved October 7, 2010.
  279. ^ a b "Frederick M. Jones (1893–1961)". Lemelson-MIT Program. Archived from the original on February 17, 2003. Retrieved January 29, 2011.
  280. ^ McConnell, Wendy. "Lloyd Albert Quarterman". Project Nova, California State Polytechnic University, Pomona. Archived from the original on September 24, 2006. Retrieved January 29, 2011.
  281. ^ "Dr. Lloyd Quarterman". Black History Pages. Archived from the original on July 23, 2011. Retrieved January 29, 2011.
  282. ^ "Daniel Hale Williams". The Black Inventor Online Museum. Archived from the original on November 5, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  283. ^ "Mark Dean". The Black Inventor Online Museum. Adscape International. Archived from the original on March 11, 2015. Retrieved March 12, 2015.
  284. ^ Ung, Gordon (December 16, 2014). "'The tablet is my device of choice': Why PC creator Mark Dean has largely abandoned his electronic child". PC World. IDG. Retrieved March 12, 2015.
  285. ^ Williams, Scott. "Mark E. Dean". Computer Scientists of the African Diaspora, State University of New York at Buffalo. Archived from the original on June 29, 2011. Retrieved January 29, 2011.
  286. ^ "Otis Boykin". The Black Inventor Online Museum. Archived from the original on November 5, 2010. Retrieved January 29, 2011.
  287. ^ Spangenburg, Ray; Moser, Diane (2003). African Americans in Science, Math, and Invention. New York: Facts on File. pp. 99–101. ISBN 978-0-8160-4806-9.
  288. ^ Wilkerson, Isabel (January 31, 1989). "'African-American' Favored By Many of America's Blacks". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved December 28, 2020.
  289. ^ a b c Baugh, John (1999). Out of the Mouths of Slaves: African American Language and Educational Malpractice. University of Texas Press. p. 86. ISBN 978-0-292-70873-0.
  290. ^ "Exploring the origins of 'African American' Houghton Library Blog". blogs.harvard.edu. Archived from the original on May 7, 2018. Retrieved May 6, 2018.
  291. ^ Newport, Frank (September 28, 2007). "Black or African American?". Gallup. Archived from the original on September 6, 2010. Retrieved September 26, 2010.
  292. ^ Miller, Pepper; Kemp, Herb (2006). What's Black About? Insights to Increase Your Share of a Changing African-American Market. Paramount Market Publishing, Inc. p. 8. ISBN 978-0-9725290-9-9. OCLC 61694280.
  293. ^ Brennan, Timothy. 2008. Secular Devotion: Afro-Latin Music and Imperial Jazz, p. 249.
  294. ^ "Yankees, gringos and USAnians", The Economist, December 9, 2010. Retrieved March 26, 2014.
  295. ^ McKinnon, Jesse. "The Black Population: 2000 United States Census Bureau" (PDF). United States Census Bureau. Retrieved October 22, 2007.
  296. ^ "Revisions to the Standards for the Classification of Federal Data on Race and Ethnicity". Office of Management and Budget. 1997. Archived from the original on March 15, 2009.
  297. ^ "2010 Census Integrated Communications Campaign Plan" (PDF). 2010 Census. U.S. Census Bureau. August 2008. p. 225. Archived from the original (PDF) on March 10, 2013. Retrieved September 6, 2012. The Black audience includes all individuals of Black African descent. There are three major groups that represent the Black Audience in the United States. These groups are African Americans (Blacks born in the United States), Black Africans (Black Immigrants from Africa) and Afro-Caribbeans, which includes Haitians.
  298. ^ "2010 Census Integrated Communications Campaign Plan" (PDF). 2010 Census. U.S. Census Bureau. August 2008. p. 230. Archived from the original (PDF) on March 10, 2013. Retrieved September 6, 2012. Community, both geographic and ethnic, creates a sense of belonging and pride that is unique to the Black audience (African Americans, Afro-Caribbeans, and Black Africans).
  299. ^ "Uniform Crime Reporting Handbook". U.S. Department of Justice. Federal Bureau of Investigation. 2004. p. 97. Archived from the original (PDF) on July 7, 2016. Retrieved July 28, 2016.
  300. ^ Frank W Sweet (January 1, 2005). "The Invention of the Color Line: 1691—Essays on the Color Line and the One-Drop Rule". Backentyme Essays. Archived from the original on April 9, 2007. Retrieved January 4, 2008.
  301. ^ Yancey, George (March 22, 2007). "Experiencing Racism: Differences in the Experiences of Whites Married to Blacks and Non-Black Racial Minorities". Journal of Comparative Family Studies. 38 (2): 197–213. doi:10.3138/jcfs.38.2.197.
  302. ^ Davis, David Brion. Inhuman Bondage: The Rise and Fall of Slavery in the New World.(2006) ISBN 978-0-19-514073-6 p. 201
  303. ^ "Memoirs of Madison Hemings". PBS Frontline.
  304. ^ "The United States". Chinese blacks in the Americas. Color Q Wo